議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 津久見市

平成21年第 1回臨時会(第1号 5月28日)




平成21年第 1回臨時会(第1号 5月28日)





 
平成二十一年


 第一回津久見市議会臨時会会議録(第一号)


   ―――――――――――――――――――――


   平成二十一年五月二十八日(木曜日)


   ―――――――――――――――――――――


〇議事日程(第一号)


  平成二十一年五月二十八日(木曜日)午後一時開議


  第 一 会議録署名議員の指名


  第 二 会期の決定


  第 三 諸般の報告


  第 四 報告第二号及び議案第五五号から議案第六四号まで


     (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


   ―――――――――――――――――――――


〇本日の会議に付した事件


 日程の全部


   ―――――――――――――――――――――


〇出席議員(一六名)


   一 番      黒 田 浩 之 君


   二 番      森 脇 千恵美 君


   三 番      金 只 昌 平 君


   四 番      宮 本 和 壽 君


   五 番      小手川 初 生 君


   六 番      ? 野 幹 也 君


   七 番      小 谷 栄 作 君


   八 番      知 念 豊 秀 君


   九 番      清 水 美知子 君


   一〇番      石 田 哲 彦 君


   一一番      板 井 王 成 君


   一二番      成 松 裕 利 君


   一三番      岩 ?   蒐 君


   一四番      西 村 徳 丸 君


   一五番      安 藤 康 生 君


   一六番      中津留 麒一郎 君


〇欠席議員(な し)


   ―――――――――――――――――――――


〇説明のため出席した者


    市長部局


    市長          吉 本 幸 司 君


    副市長         宇都宮   崇 君


    秘書課長        塩 ? 祐 二 君


    総務課長(兼)


    契約検査室長      大 塚 好 裕 君


    総務課主幹       石 井 達 紀 君


    総務課主幹       麻 生 達 也 君


    まちづくり推進課長(兼)


    合併推進課長      内 田 隆 生 君


    税務課長        幸   泰 秀 君


    市民生活課長(兼)


    人権対策室長      岩 崎 幸 弥 君


    環境保全課長      谷 本 義 則 君


    健康推進課長      宇都宮 雅 春 君


    健康推進課参事     塩 崎 雄 司 君


    会計管理者(兼)


    会計課長        高 ? 計 臣 君


    上下水道課長      鳥 越 雄 二 君


    福祉事務所長      増 田 浩 太 君


    農林水産課長      川 辺 邦 彦 君


    都市建設課長      原 尻 育史郎 君


    都市建設課参事(兼)


    土地開発公社事務局長  竹 田 光 徳 君


    消防長         市長が兼務


    消防本部次長(兼)


    消防署長        中津留 周 次 君





 教育委員会


    教育長         植 田 善 徳 君


    管理課長        塩 ? 英 次 君


    学校教育課長      仲 村 善 彦 君


    生涯学習課長      軸 丸 重 信 君





 監査委員


    事務局主幹(兼)書記  宗   昭 太 君





 選挙管理委員会


    事務局長        (監査委員事務局主幹(兼)書記が兼務)





 農業委員会


    事務局長        (農林水産課長が兼務)





 公営企業


    水道課長        (上下水道課長が兼務)


   ―――――――――――――――――――――


議会事務局職員出席者


      事務局長  木 許 政 春 君


   主幹(兼)書記  岩 ? 英 樹 君


      書  記  宗   篤 史 君


      書  記  山 尾 真 理 君


   ――――――――――△――――――――――


                   午後一時〇〇分 開会


○議長(西村徳丸君)  これより平成二十一年第一回津久見市議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配布いたしましたとおり定めましたので、ご協力願います。


   ――――――――――△――――――――――





◎日程第一 会議録署名議員の指名





○議長(西村徳丸君)  日程第一、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第八十一条の規定により、議長において、?野幹也君及び小谷栄作君を指名いたします。


   ――――――――――△――――――――――





◎日程第二 会期の決定





○議長(西村徳丸君)  日程第二、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日一日といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日一日と決定いたしました。


   ――――――――――△――――――――――





◎日程第三 諸般の報告





○議長(西村徳丸君)  日程第三、諸般の報告であります。


   ―――――――――――――――――――――


 諸 般 の 報 告


   意見書提出の件


┌───────┬────────────┬───────────┐


│ 発 送 日 │   内   容    │  提  出  先  │


├───────┼────────────┼───────────┤


│平成二十一年 │インフルエンザ菌b型  │衆議院議長      │


│三月二十三日 │ワクチン接種の助成を  │参議院議長    │


│       │求める意見書      │内閣総理大臣    │


│       │            │厚生労働大臣    │


├───────┼────────────┼───────────┤


│平成二十一年 │ 新保険業法の適用除外 │衆議院議長      │


│三月二十三日 │ を求める意見書    │参議院議長    │


│       │            │内閣総理大臣    │


│       │            │総務大臣    │


│       │            │財務大臣       │


│       │            │金融担当大臣     │


├───────┼────────────┼───────────┤


│平成二十一年 │「協同出資・協同経営で │衆議院議長      │


│三月二十三日 │働く協同組合法(仮称)」│参議院議長   │


│       │の速やかな制定を求め  │内閣総理大臣   │


│       │る意見書        │厚生労働大臣   │


│       │            │経済産業大臣     │


└───────┴────────────┴───────────┘


   ―――――――――――――――――――――


○議長(西村徳丸君)  本日、議長において報告する事項は、去る三月の第一回定例会において可決されました意見書三件の処理についてであります。


 この意見書の取り扱いについては、本会議可決後、直ちに、お手元に配布しております意見書提出一覧のとおり、各関係機関に送付して、その処理を終わっておりますので、ご報告いたします。


   ――――――――――△――――――――――





◎日程第四 報告第二号及び議案第五五号から議案第六四号まで


      (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(西村徳丸君)  日程第四、報告第二号及び議案第五十五号から議案第六十四号まで、以上一括議題といたします。


   ―――――――――――――――――――――


         付 議 事 件


 報告第 二号 繰越明許費繰越計算書の報告について(平成二十年度一般会計繰越明許費繰越計算書)


 議案第五五号 専決処分の承認を求めることについて(平成二十年度一般会計予算の補正)


 議案第五六号 専決処分の承認を求めることについて(平成二十年度国民健康保険事業特別会計予算の補正)


 議案第五七号 専決処分の承認を求めることについて(平成二十年度津久見都市計画土地区画整理事業特別会計予算の補正)


 議案第五八号 専決処分の承認を求めることについて(平成二十年度老人保健事業特別会計予算の補正)


 議案第五九号 専決処分の承認を求めることについて(津久見市税条例の一部改正)


 議案第六〇号 専決処分の承認を求めることについて(津久見市都市計画税条例の一部改正)


 議案第六一号 専決処分の承認を求めることについて(津久見市国民健康保険税条例の一部改正)


 議案第六二号 専決処分の承認を求めることについて(津久見市税特別措置条例の一部改正)


 議案第六三号 津久見市職員の給与に関する条例の一部改正について


 議案第六四号 津久見市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について


   ―――――――――――――――――――――


○議長(西村徳丸君)  提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


  [市長吉本幸司君登壇]


○市長(吉本幸司君)  平成二十一年第一回市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様方にはご壮健にて全員の出席を賜り、心から厚くお礼を申し上げます。


 さて、本年四月下旬よりメキシコやアメリカ等で新型インフルエンザの発生が確認され、また、国内においても、五月中旬より渡航歴がない新たな患者が発生し、国内の感染者は、五月二十五日現在で、国内の八都府県で計三百四十八人となっております。


 津久見市といたしましても、新型インフルエンザ対策本部を設置し、市民への広報、休日の電話対応、市役所各課及び関係機関と準備体制の確認など、大分県中部保健所と連絡協議をかさねながら対応に努めてまいりました。


 議員さんや市民の皆さんにおかれましては、引き続き国や県、市が発信する情報に注意していただき、冷静に対応していただくようお願いいたします。


 私も対策本部長として先頭に立って、職員とともに対処してまいりたいと考えていますので、議員の皆さんのご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


 それでは、今臨時会に提案いたしました議案につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 報告第二号は、地方自治法施行令第百四十六条第二項の規定による繰越明許費繰越計算書の報告であります。


 本件は、平成二十年度一般会計予算で繰越を行った定額給付金給付事業ほか十件の事業について繰越額の財源内訳を示したものであります。


 議案第五十五号から議案第五十八号までは、地方自治法第百七十九条第一項の規定により、平成二十年度予算の専決処分をいたしましたので、同条第三項の規定に基づきこれを報告し、承認を求めるものであります。


 まず、議案第五十五号は、一般会計予算の補正であります。


 三月議会終了後に額が確定したことなどに伴います地方譲与税や利子割交付金、地方交付税、市債など歳入の追加および減額、歳出では、老人保健事業特別会計、津久見都市計画土地区画整理事業特別会計への繰出金の調整を行ったものであります。


 議案第五十六号は、国民健康保険事業特別会計予算の補正についてであります。


 本件は、財政調整交付金の特別調整交付金の確定に伴いまして歳入予算を追加し、歳出では、基金積立金を追加し、予算の調整を行っております。


 議案第五十七号は、津久見都市計画土地区画整理事業特別会計予算の補正についてであります。


 本件は、第二千怒土地区画整理事業の事業費の確定による工事費などの減額や保留地売払収入の減額などに伴い、歳入歳出予算の調整を行ったものであります。


 議案第五十八号は、老人保健事業特別会計予算の補正についてであります。


 本件は、歳出の医療給付費や歳入の支払基金交付金や国県支出金の確定などに伴い、歳入歳出予算の調整を行ったものであります。


 次に、議案第五十九号から議案第六十二号までは、条例の一部改正について地方自治法第百七十九条第一項の規定により、専決処分をいたしましたので、同条第三項の規定に基づきこれを報告し、承認を求めるものであります。


 まず、議案第五十九号は、津久見市税条例の一部改正についてであります。


 本件は、個人住民税における住宅ローン特別控除の創設と平成二十一年度評価替えに伴う土地に係る固定資産税等の負担調整措置について、地方税制の改正に伴い所要の改正を行ったものであります。


 議案第六十号は、津久見市都市計画税条例の一部改正についてであります。


 本件は、固定資産税の負担調整措置に伴い、都市計画税の負担調整措置の適用等、地方税法の改正により所要の改正を行ったものであります。


 議案第六十一号は、津久見市国民健康保険税条例の一部改正についてであります。


 本件は、国民健康保険税の介護給付金に係る課税限度額を九万円から十万円に引き上げ、上場株式等に係る配当所得に係る課税の特例等、所要の改正を行ったものであります。


 議案第六十二号は、津久見市税特別措置条例の一部改正についてであります。


 過疎地域自立促進特別措置法等の改正により、固定資産税の課税免除の適用期間が延長されたことに伴い所要の改正を行ったものであります。


 次に、議案第六十三号は、津久見市職員の給与に関する条例の一部改正について、議案第六十四号は、津久見市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてであります。


 本件は、人事院勧告に伴い条例を改正するものであり、職員の期末勤勉手当につきましては、期末手当〇・一五月、勤勉手当〇・〇五月の計〇・二月の凍結、議会の議員さんにつきましては、期末手当の〇・一五月の凍結を行うため所要の改正を行うものであります。


 なお、市三役につきましては、一般職の給与に例に準じ期末手当の〇・一五月の凍結を行うものであります。


 以上をもちまして、今臨時会に提案いたしました諸議案の説明を終わります。


 なにとぞ、慎重に審議のうえ、ご賛同を賜りますようお願い申し上げます。


  [市長吉本幸司君降壇]


○議長(西村徳丸君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 質疑の通告がありますので、これを許します。


 八番知念豊秀君。


  [八番知念豊秀君登壇]


○八番(知念豊秀君)  日本共産党の知念豊秀でございます。


 議案第六十三号、津久見市職員の給与に関する条例の一部改正について質疑を行います。


 今回の職員給与の条例改正は、これまでに前例としてなかった年度途中の値下げ改正であり、大不況による民間における夏季一時金(ボーナス)のベースダウンを背景として、異例の史上初の臨時減額勧告です。議案第六十四号についても、同様の背景があると思いますが、今回、同六十三号に絞って質疑を行います。


 まず、一つは、人事院勧告の基本的考えについて、勧告遵守に一貫性があったのかどうか。


 日本全国規模でも津久見市内においても、内需を拡大し、景気回復を図ることが必要なときに、消費を萎縮させる施策は、内需と国内生産を縮小させ、雇用を減少させるという悪循環の加速に繋がりかねない懸念があります。


 したがいまして、二つ目が、市経済への波及効果をどう考えているのか。


 次に、市職員と市民が痛みを共有するつもりがあるなら、例えば、高すぎる国保税の減免・免除制度の拡充を図るとか、インフルエンザの予防ワクチンを無料にするとか、それこそ福祉の充実に還元すれば、職員のボーナス一割削減も報われるのではないでしょうか。


 これで一回目の質問を終わります。有益なるご答弁をお願いいたします。


  [八番知念豊秀君降壇質問者席着席]


○議長(西村徳丸君)  塩?秘書課長。


○秘書課長(塩?祐二君)  一点目の(一)人事院勧告の基本的考えについての、(ア)勧告遵守に一貫性はあったのかについてお答えをいたします。


 人事院勧告とは、民間企業に勤める労働者と一般職の国家公務員の給与水準を比較・検討して、双方の給与水準の格差をなくすこと、つまり、官民格差をなくすことを目標にしたものであります。これを尊重することは、大変重要なことであると考えております。津久見市といたしましては、基本的には、人事院勧告を尊重する考えに基づき、給与の改定を行ってきた経緯でございます。


 以上でございます。


○議長(西村徳丸君)  大塚総務課長。


○総務課長(兼)契約検査室長(大塚好裕君)  お答えいたします。


 二点目の地域経済への波及効果をどう考えるかについてお答えいたします。


 今回の凍結額は、職員については、およそ二千百万円となりますが、今回の勧告は、あくまでも暫定的な措置でございますし、また、消費動向等を推し量ることは困難だというふうに考えております。


 次に、三点目の職員の痛みを市民に還元する考えはありませんかについてお答えいたします。


 先ほど申し上げましたように、今回は、あくまでも暫定的な措置であるということや、人件費の財源につきましては、基本的に税等の一般財源でございますので、当初予算全般又は今後の補正予算が必要となれば、その財源になると考えております。


 以上でございます。


○議長(西村徳丸君)  知念豊秀君。


○八番(知念豊秀君)  再質問を行います。


 今回の人事院勧告というのは、先ほどもご答弁の中にもありましたように、異例の勧告であるということは間違いありません。通常でいきますと、一万一千社の企業が、早めに調査をする。そしてその調査に基づいてやられるわけですけども、今回は、二千七百社を対象にした郵送調査しただけであるというふうなことが言われております。私どもは、ずさんな調査による勧告の影響を受ける労働者が、今回六百万人にのぼるだろうというふうに予想されるうえ、民間の一時金の引き下げだとか口実に使われる極めて重大な問題が含まれてるというふうに思います。


 こういった道理のない勧告に、私どもは道理がないというふうに思っておるわけですけども、そういうときでも、右へ倣えということで従っていくのかどうか。その辺について、再度お伺いします。


○議長(西村徳丸君)  塩?秘書課長。


○秘書課長(塩?祐二君)  お答えいたします。


 これにつきましては、暫定的な措置ではございますが、国の人事院、それから大分県の人事院会からも同様な勧告がなされております。津久見市といたしましては、先ほど申しましたように、人事院勧告を尊重してまいっておりますので、これからも尊重してまいりたいとそのように考えております。


 以上でございます。


○議長(西村徳丸君)  知念豊秀君。


○八番(知念豊秀君)  最後に念を押したいんですが、職員の期末手当の削減は、今回暫定的ということであれば、十二月の見通しについて、どうなるか、分かる段階でお聞かせください。


 そして、もう一つ、やはりいずれはそれ補正するわけですけども、今、重税と生活苦にあえいでいる市民がたくさんおります。そういう市民に、還元するつもりがあるのかどうか、最後にお尋ねしたいと思います。


○議長(西村徳丸君)  塩?秘書課長


○秘書課長(塩?祐二君)  今回の暫定措置を人事院が臨時に行った経緯には、通年どおり調査を行いまして、人事院勧告をするとすれば、かなりの減額が予想されると、そういうことになりますと、十二月期で調整するのは大変負担が大きくなると、そういう観点もございまして、今回は、六月、十二月で調整をするということでございますので、一年を通してみますと、かなりの減額が予想されると思っております。どのくらいかということは、ちょっと私どもには分かりませんが、それについては、いずれ人事院からの勧告が出るものと思っております。


 以上でございます。


○議長(西村徳丸君)  大塚総務課長。


○総務課長(大塚好裕君)  お答えいたします。


 先ほど申し上げましたように、津久見市の予算全体としては、住民サービスとして執行してるというふうに考えておりますから、その面では、先ほど申し上げたように、予算の全般もしくは、今後の補正が必要となれば、その財源に充てた形の中で、対応させていただきたいというふうに考えております。


 以上でございます。


○議長(西村徳丸君)  会議規則第五十六条の規定により、同一議題について質疑の回数三回を超えることができないことになっておりますので、大変申し訳ございませんが、ご了承お願いいたします。


 他に議案第五十五号から議案第六十四号までについて、ご質疑はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま、議題となっております議案第五十五号から議案第六十四号までの十件については、会議規則第三十七条第三項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第五十五号から議案第六十四号までの十件については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  これより討論・採決に入ります。


 議案第五十五号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第五十五号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に議案第五十六号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第五十六号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に議案第五十七号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第五十七号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に議案第五十八号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第五十八号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に議案第五十九号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第五十九号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に議案第六十号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第六十号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に議案第六十一号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第六十一号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に議案第六十二号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第六十二号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に議案第六十三号について、討論はありませんか。


 八番知念豊秀君。


  [八番知念豊秀君登壇]


○八番(知念豊秀君)  私は、議案第六十三号、市職員の給与に関する条例の一部改正する条例に反対をいたします。


 先ほどの答弁からして、十分な回答がございませんでした。今回は、まず第一に、期末手当〇・一五ヶ月及び勤勉手当〇・〇五ヶ月分を合わせて、〇・二ヶ月分の引き下げは、予算ベースで二千百万円にもなると言われております。この大幅賃下げが、市職員とその家族の生活悪化をもたらすとともに、関連する民間福祉施設の職員や外郭団体の職員などにも影響を及ぼす恐れがございます。また、学童保育や小規模作業所など、そういったところにも単価引き下げの懸念があります。


 それから第二に、期末手当、つまりボーナスの引き下げは、民間企業の賃金引き下げをあおり、そしてまた民間との格差を理由に市職員の給与を引き下げるという、賃下げの悪循環を招いていく可能性がございます。公務員と民間との?賃金引き下げ競争?ともいうべき事態は、消費をさらに冷え込ませ、地域経済にも悪影響を与えるのは当然でございます。


 第三に、私はこれまで、市職員給与の改定にあたっては、労使合意を尊重する立場から、引き下げの提案であっても賛成をしてまいりました。しかし、今回のような不況のまっただ中で引き下げられることは容認できません。どうしても職員の手当を削減するなら、それに見合う市民への還元、すなわち、子どもの医療費を中学校まで無料にするとか、妊婦健診を全額補助するとか、高い保育料を安くするとか、介護保険の利用料を安くするとか、あげればきりがありませんが、こういった職員の痛みを市民に還元すべきだと思います。


 ひっ迫した市の財政の状況や失業の不安など、厳しい生活実態のもとで、市職員の給与水準に対する市民の目は厳しいものがあることも事実でございます。だからこそ、私は、市職員や労働組合の力を合わせ、ムダや浪費にメスを入れて、真の財政再建をすすめるとともに、今後予想される、津久見市内の企業によるリストラが起こらないように、労働者・市民の暮らしを守るために全力を尽くさなければならないと考えるものです。


 以上でもって反対といたします。


  [八番知念豊秀君降壇]


○議長(西村徳丸君)  他に討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 議案第六十三号については、ご異議がありますので、起立により採決いたします。


 本件は、原案のとおり決することに、賛成の諸君の起立を求めます。


  [起立多数]


○議長(西村徳丸君)  起立多数であります。


 よって、議案第六十三号は、原案のとおり可決されました。


○議長(西村徳丸君)  次に議案第六十四号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は、原案のとおり決することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第六十四号は、原案のとおり可決されました。


○議長(西村徳丸君)  以上で今期臨時会の議事は全部終了いたしました。


 市長あいさつ。


  [市長吉本幸司君登壇]


○市長(吉本幸司君)  平成二十一年第一回市議会臨時会の閉会にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。


 本会議におきまして提案いたしました諸議案につきましては、慎重にご審議を賜り、いずれも原案のとおりご賛同をいただきまして誠にありがとうございます。本会議で可決いただきました議案につきましては、その執行に万全を期したいと考えております。


 さて、最近、津久見市の観光は、広域観光の流れから積極的にPRをして来たところであります。その結果、「オンパク」を進めている別府ほかの方々が、今月二十二日に保戸島での体験型観光を実施しました。大手旅行会社では、商品になりえなかった地域にスポットを当てて、隠れた観光資源として紹介し、また、提言をいただいたところであります。


 私も挨拶をいたしましたが、今後、五月二十九日、六月五日にも予定しており、新たな観光開発が進むことを期待しております。


 議員の皆様方にもより一層のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げまして、閉会の挨拶といたします。


  [市長吉本幸司君降壇]


○議長(西村徳丸君)  これをもって、平成二十一年第一回津久見市議会臨時会を閉会いたします。


                 午後一時二十九分 閉会











 地方自治法第百二十三条第二項の規定によりここに署名する。








       津久見市議会議長








       署名議員








       署名議員