議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 津久見市

平成19年第 1回臨時会(第1号 5月10日)




平成19年第 1回臨時会(第1号 5月10日)





 
平成十九年


第一回津久見市議会臨時会会議録(第一号)


   ――――――――――――――――――――――――――


   平成十九年五月十日(木曜日)


   ――――――――――――――――――――――――――


〇議事日程(第一号)


    平成十九年五月十日(木曜日)午前十時開議


  第 一 議長の選挙


  第 二 議席の決定


  第 三 会議録署名議員の指名


  第 四 会期の決定


  第 五 副議長の選挙


  第 六 常任委員の選任


  第 七 議会運営委員の選任


  第 八 常任委員会及び議会運営委員会所管事務の閉会中継続審査について


  第 九 臼津広域連合議会議員の選挙


  第 十 大分県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙


  第十一 報告第四号及び議案第三五号から四二号まで


      (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


  第十二 議案第四三号


      (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)


   ――――――――――――――――――――――――――


〇本日の会議に付した事件


 日程の全部


   ――――――――――――――――――――――――――


〇出席議員(一六名)


   一 番      黒 田 浩 之 君


   二 番      森 脇 千恵美 君


   三 番      金 只 昌 平 君


   四 番      宮 本 和 壽 君


   五 番      小手川 初 生 君


   六 番      ? 野 幹 也 君


   七 番      小 谷 栄 作 君


   八 番      知 念 豊 秀 君


   九 番      清 水 美知子 君


   一〇番      石 田 哲 彦 君


   一一番      板 井 王 成 君


   一二番      成 松 裕 利 君


   一三番      岩 ?   蒐 君


   一四番      西 村 徳 丸 君


   一五番      安 藤 康 生 君


   一六番      中津留 麒一郎 君


〇欠席議員(なし)


   ――――――――――――――――――――――――――


〇説明のため出席した者


   市長部局


   市長          吉 本 幸 司 君


   副市長         川 ? 信 人 君


   収入役         石 井 英 一 君


   秘書課長        高 瀬 茂 人 君


   総務課長(兼)


   契約検査室長      久保田   直 君


   総務課主幹       石 井 達 紀 君


   総務課主幹       麻 生 達 也 君


   企画商工課長(兼)


   合併推進課長      大 塚 好 裕 君


   企画商工課参事     高 ? 計 臣 君


   税務課長        佐々木 英 治 君


   市民生活課長      竹 内 ゆか子 君


   環境保全課長      塩 ? 英 次 君


   健康推進課長(兼)


   地域包括支援センター長 中津留 和 昭 君


   会計課長        三 浦 保 雄 君


   上下水道課長      御手洗   寛 君


   国体推進課長      新 名 敏 秀 君


   福祉事務所長      新 納   淳 君


   農林水産課長      木 許 政 春 君


   都市建設課長      原 尻 育史郎 君


   都市建設課参事(兼)


   土地開発公社事務局長  竹 田 光 徳 君


   消防長         市長が兼務


   消防本部次長(兼)


   消防署長        迫 村 幸 嗣 君





 教育委員会


   教育長         植 田 善 徳 君


   管理課長        宇都宮   崇 君


   学校教育課長      深 江 克 寿 君


   生涯学習課長      平 山 徳 治 君





 監査委員


   事務局長        今 宮 民 雄 君


 選挙管理委員会


   事務局長        (監査委員事務局長が兼務)





 農業委員会


   事務局長        (農林水産課長が兼務)





 公営企業


   水道課長        (上下水道課長が兼務)


   ――――――――――――――――――――――――――


議会事務局職員出席者


      事務局長     塩 ? 祐 二 君


   主幹(兼)書記     岩 ? 英 樹 君


      書  記     宗   篤 史 君


      書  記     草 場 やよい 君


   ―――――――――――△―――――――――――――


                   午前十時〇〇分 開会


○事務局長(塩?祐二君)  本臨時会は、一般選挙後最初の議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第百七条の規定により、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。


 出席議員中、岩? 蒐議員さんが年長の議員でありますので、ご紹介申し上げます。


   [臨時議長 岩? 蒐君着席]


○臨時議長(岩? 蒐君)  皆様方、このたびの選挙におかれましては、晴れのご当選おめでとうございます。


 私もこれから四年間皆様方のお世話になることと思いますが、何とぞよろしくお願い申し上げます。


 私が年長ということで、地方自治法第百七条の規定により、臨時に議長の職務を行うことになりましたが、議員各位のご協力によりまして、無事任務を果たしたいと思います。


 何とぞ格段のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶といたします。


○臨時議長(岩? 蒐君)  これより平成十九年第一回津久見市議会臨時会を開会いたします。


 市長より招集の挨拶があります。


 吉本市長。


  [市長吉本幸司君登壇]


○市長(吉本幸司君)  本日ここに、新しく選出されました議員各位をお迎えして、平成十九年第一回津久見市議会臨時会の開会にあたり、一言ごあいさつを申し上げます。


 議員各位におかれましては、先の市議会議員選挙において、極めて厳しい選挙戦を戦い抜かれ、地域の皆様の厚い信頼と期待を担って、めでたく当選の栄に浴されましたことは、誠に喜ばしく、心よりお祝い申し上げます。


 本日皆様方をこの議場にお迎えすることができ、私も心を新たにし、議員の皆様とともに、「元気ある津久見、活力あるまちづくり」に努めてまいりたいと考えております。


 特に、国、地方を問わず大変厳しい財政状況から、財政再建団体への転落の回避と将来にわたって持続可能な財政運営の確立を図るため、平成十六年十月に「津久見市緊急行財政改革実行計画」を策定し、不退転の決意でその計画を実行中であります。


 また、重要な課題であります臼杵市との市町村合併につきましては、臼杵市・津久見市任意合併協議会を本年六月市議会定例会で設置することが両市で合意されており、すでに4月はじめよりその準備会の事務所及び職員配置を大分県中部振興局臼杵事務所内に設置しているところでございます。


 今後、協議に望むにあたっては、お互い建設的な意見や情報を出し合い、将来的に両市の市民が幸せになれるよう議員の皆さんとともに努力してまいる所存でありますのでご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 なお、本会議は、正副議長をはじめ議会構成に関わる重要案件と、報告一件、議案九件の計十件を提案しておりますが、何とぞ慎重にご審議のうえご賛同賜りますようお願い申し上げる次第であります。


 以上、ご当選を心からお慶び申し上げましてご挨拶といたします。


  [市長吉本幸司君降壇]


○臨時議長(岩? 蒐君)  次に出席職員の紹介を求めます。


 副市長さんよりお願いします。


  [秘書課長出席職員紹介]


○臨時議長(岩? 蒐君)  これより本日の会議を開きます。


 この際、議事の進行上、仮議席を決定いたします。


 仮議席は、ただいまご着席の議席を指定いたします。


 暫時休憩いたします。


                 午前十時 九 分 休憩


                ─────────────


                 午前十時三十六分 開議


○臨時議長(岩? 蒐君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第一 議長の選挙





○臨時議長(岩? 蒐君)  日程第一、これより議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


  [議場閉鎖]


○臨時議長(岩? 蒐君)  ただいまの出席議員数は十六人であります。


 おはかりいたします。


 会議規則第三十一条第二項の規定により、立会人に黒田浩之君、金只昌平君及び板井王成君を指名いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


 [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○臨時議長(岩? 蒐君)  ご異議なしと認めます。


 よって、立会人に黒田浩之君、金只昌平君及び板井王成君を指名いたします。


 投票用紙を配布いたさせます。


  [投票用紙配布]


○臨時議長(岩? 蒐君)  投票用紙の配布漏れはありませんか。


  [配布漏れなし]


○臨時議長(岩? 蒐君)  配布漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


  [投票箱点検]


○臨時議長(岩? 蒐君)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙の裏に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。


 なお、白票は無効とみなします。


 点呼を命じます。


  [氏名点呼]


  [各議員投票]


○臨時議長(岩? 蒐君)  投票漏れはありませんか。


  [投票漏れなし]


○臨時議長(岩? 蒐君)  投票漏れなしと認めます。


○臨時議長(岩? 蒐君)  投票を終了いたします。


○臨時議長(岩? 蒐君)  議場の閉鎖を解きます。


  [議場開鎖]


○臨時議長(岩? 蒐君)  開票を行います。 黒田浩之君、金只昌平君及び板井王成君の立ち会いをお願いします。


  [開票]


○臨時議長(岩? 蒐君)  それでは選挙の結果を報告いたします。


   投票総数  十六票


 これは、先程の出席議員数に符合いたしております。そのうち


   有効投票  十四票


   無効投票   二票


 有効投票中


  西 村 徳 丸 君  十三票


  知 念 豊 秀 君   一票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は四票であります。


 よって西村徳丸君が議長に当選されました。


 ただいま、議長に当選されました西村徳丸君が議場におられますので、本席から会議規則第三十二条第二項の規定により告知をいたします。


 十四番西村徳丸君。


○臨時議長(岩? 蒐君)  十四番西村徳丸君、登壇あいさつをお願いいたします。


  [十四番西村徳丸君登壇]


○十四番(西村徳丸君)  大多数の議員皆さん方のご選任を得まして、議長という大役を仰せつかりました。誠にありがとうございます。なったからには、公平、中立をモットーに議会運営をやっていきたいと思っております。


 また、同時に、臼杵市との市町村合併、行財政改革、まちづくり等々、津久見が課せられた課題であります政治的な課題を何とか議員皆さん方、吉本市長以下執行部の皆さん方と解決するよう努力いたします。また、そういうことで、市民皆さん方の誇りが持てるようなまちづくりをみんなで目指していきたいと思います。


 なにぶん不慣れで未熟者でございます。どうか皆さん方の温かいご支援、ご協力を、ご指導、ご鞭撻またよろしくお願いいたします。よろしくお願いします。ありがとうございました。


                        (拍 手)


  [議長西村徳丸君降壇]


○臨時議長(岩? 蒐君)  西村議長、議長席にお着き願います。


  [臨時議長岩? 蒐君退席]


  [議長西村徳丸君着席]


○議長(西村徳丸君)  本日の議事日程は、お手元に配布いたしましたとおり定めましたので、ご協力をお願いいたします。


  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第二 議席の決定





○議長(西村徳丸君)  日程第二、議席の決定を行います。


 会議規則第四条第一項の規定により、議長において議席の決定をいたします。


 議席はただいま、ご着席の席を指定いたします。


  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第三 会議録署名議員の指名





○議長(西村徳丸君)  日程第三、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第八十一条の規定により、議長において、黒田浩之君及び森脇千恵美君を指名いたします。


  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第四 会期の決定





○議長(西村徳丸君)  日程第四、会期の決定を議題といたします。


 おはかりいたします。


 今期臨時会の会期は、本日一日といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日一日と決定いたしました。


 暫時休憩いたします。


                 午前十時五十二分 休憩


                ─────────────


                 午前十一時 十分 開議


○議長(西村徳丸君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第 副議長の選挙





○議長(西村徳丸君)  日程第五、これより副議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


  [議場閉鎖]


○議長(西村徳丸君)  ただいまの出席議員数は十六人であります。


 おはかりいたします。


 会議規則第三十一条第二項の規定により、立会人に黒田浩之君、金只昌平君及び板井王成君を指名いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


 [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、立会人に黒田浩之君、金只昌平君及び板井王成君を指名いたします。


 投票用紙を配布いたさせます。


  [投票用紙配布]


○議長(西村徳丸君)  投票用紙の配布漏れはありませんか。


  [配布漏れなし]


○議長(西村徳丸君)  配布漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


  [投票箱点検]


○議長(西村徳丸君)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙の裏に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。


 なお。白票は無効とみなします。


 点呼を命じます。


  [氏名点呼]


  [各議員投票]


○議長(西村徳丸君)  投票漏れはありませんか。


  [投票漏れなし]


○議長(西村徳丸君)  投票漏れなしと認めます。


○議長(西村徳丸君)  投票を終了いたします。


○議長(西村徳丸君)  議場の閉鎖を解きます。


  [議場開鎖]


○議長(西村徳丸君)  開票を行います。


 黒田浩之君、金只昌平君及び板井王成君の立ち会いをお願いいたします。


  [開票]


○議長(西村徳丸君)  それでは選挙の結果を報告いたします。


   投票総数  十六票


 これは、先程の出席議員数に符合いたしております。そのうち


   有効投票  十五票


   無効投票   一票


 有効投票中


  清水美知子君  十四票


  知念 豊秀君   一票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は四票であります。


 よって清水美知子君が副議長に当選されました。


○議長(西村徳丸君)  ただいま副議長に当選されました清水美知子君が議場におられますので、本席から会議規則第三十二条第二項の規定により告知をいたします。


 九番清水美知子君。


○議長(西村徳丸君)  九番清水美知子君、登壇あいさつをお願いいたします。


  [九番清水美知子君登壇]


○九番(清水美知子君)  こんにちは。一言ご挨拶を申し上げます。


 ただいま、議員の皆様からご推薦をいただきまして、副議長に推薦をいただきました清水でございます。


 もとより力はございませんが、皆様にお力添えをいただきながら、議長の足手まといにならないよう、西村議長をしっかり支え、執行部の皆様とともに、住みよい、たくましい津久見市にしていきたいと思っています。


 執行部の皆さん、議員の皆さん、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございます。


                        (拍 手)


  [副議長清水美知子君降壇]


○議長(西村徳丸君)  暫時休憩いたします。


                 午前十一時二十分 休憩


                ─────────────


                 午後一 時三十分 開議


○議長(西村徳丸君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第六 常任委員の選任





○議長(西村徳丸君)  日程第六、常任委員の選任を行います。


 常任委員の選任については、委員会条例第八条第一項の規定により


   宮 本 和 壽 君


   小手川 初 生 君


   知 念 豊 秀 君


   清 水 美知子 君


   石 田 哲 彦 君


   板 井 王 成 君


   中津留 麒一郎 君


   西 村 徳 丸


 以上八人を総務常任委員に


   黒 田 浩 之 君


   森 脇 千恵美 君


   金 只 昌 平 君


   ? 野 幹 也 君


   小 谷 栄 作 君


   成 松 裕 利 君


   岩 ?   蒐 君


   安 藤 康 生 君


 以上八人を社会文教建設常任委員に


   黒 田 浩 之 君


   森 脇 千恵美 君


   金 只 昌 平 君


   宮 本 和 壽 君


   小手川 初 生 君


   ? 野 幹 也 君


   小 谷 栄 作 君


   知 念 豊 秀 君


   清 水 美知子 君


   石 田 哲 彦 君


   板 井 王 成 君


   成 松 裕 利 君


   岩 ?   蒐 君


   安 藤 康 生 君


   中津留 麒一郎 君


 以上十五人を予算常任委員にそれぞれ指名いたします。





  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第七 議会運営委員の選任





○議長(西村徳丸君)  日程第七、議会運営委員の選任を行います。


 本委員の選任については、委員会条例第八条第一項の規定により


   金 只 昌 平 君


   ? 野 幹 也 君


   知 念 豊 秀 君


   石 田 哲 彦 君


   安 藤 康 生 君


   中津留 麒一郎 君


 以上六人を指名いたします。


 暫時休憩いたします。


                 午後一時三十二分 休憩


                ─────────────


                 午後二時 五 分 開議


○議長(西村徳丸君)  休憩前に引き続き会議を開きます。


 常任委員会並びに議会運営委員会の正副委員長の当選者を報告いたします。


 総務常任委員長      石 田 哲 彦 君


 総務常任副委員長     小手川 初 生 君


 社会文教建設常任委員長  ? 野 幹 也 君


 社会文教建設常任副委員長 黒 田 浩 之 君


 予算常任委員長      板 井 王 成 君


 予算常任副委員長     宮 本 和 壽 君


 議会運営委員長      安 藤 康 生 君


 議会運営副委員長     金 只 昌 平 君


 以上、報告を終わります。


  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第八 常任委員会及び議会運営委員会所管事務の閉会中継続審査について





○議長(西村徳丸君)  日程第八、常任委員会及び議会運営委員会所管事務の閉会中継続審査についてを議題といたします。


  ――――――――――――――――――――――――――


    議会閉会中継続審査申出書


 本委員会は、下記の事件について、閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、津久見市議会会議規則第百四条の規定により申し出ます。


        記


 一 事 件


    (1)職員の定数及び勤務条件について


    (2)市三役の処遇について


    (3)市有財産の管理取得及び処分について


    (4)市政の総合計画について


    (5)行政機構の改善について


    (6)市の予算及び税の賦課徴収について


    (7)国民健康保険事業の運営について


    (8)商工業の振興対策について


    (9)観光の施設整備及び誘客について


    (10)消防、防災について


    (11)他の委員会に属さない事項について


 二 審査期間  委員の任期満了の日まで


    平成十九年五月十日


         津久見市議会総務常任委員会


             委員長 石 田 哲 彦


 津久見市議会議長 西 村 徳 丸 様


  ――――――――――――――――――――――――――


    議会閉会中継続審査申出書


 本委員会は、下記の事件について、閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、津久見市議会会議規則第百四条の規定により申し出ます。


        記


 一 事 件


    (1)清掃行政の公害対策について


    (2)保健衛生及び総合医療対策について


    (3)福祉行政の推進について


    (4)小中学校、幼稚園、保育園の施設管理及び整備について


    (5)社会教育及び体育の振興について


    (6)文化の振興及び文化財保護について


    (7)河川、港湾の整備及び維持管理について


    (8)道路橋梁の新設、改良及び維持管理について


    (9)公営住宅の計画及び管理について


    (10)災害対策、土木事業について


    (11)都市計画事業の実施について


    (12)公共下水道及び都市下水路の整備について


    (13)上水道の使用料及び整備について


    (14)農林水産業の振興対策について


    (15)土地改良事業の計画及び実施について


    (16)農道、林道の整備について


    (17)漁港整備事業について


 二 審査期間  委員の任期満了の日まで


    平成十九年五月十日


         津久見市議会社会文教建設常任委員会


               委員長 ? 野 幹 也


 津久見市議会議長 西 村 徳 丸 様


  ――――――――――――――――――――――――――


    議会閉会中継続審査申出書


 本委員会は、下記の事件について、閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、津久見市議会会議規則第百四条の規定により申し出ます。


        記


 一 事 件


    (1)議会運営に関する事項について


    (2)議会関係例規類の制定改廃について


    (3)決議案・意見書案・請願及び陳情の取り扱いについて


    (4)議長の諮問事項について


 二 審査期間  委員の任期満了の日まで


    平成十九年五月十日


         津久見市議会運営委員会


             委員長 安 藤 康 生


 津久見市議会議長 西 村 徳 丸 様


  ――――――――――――――――――――――――――


○議長(西村徳丸君)  各常任委員会及び議会運営委員会で決定をいたしました、閉会中における所管事務審査については、会議規則第百四条の規定により、お手元に配布いたしましたとおり、各常任委員長及び議会運営委員長から議長に申出書が提出されております。


○議長(西村徳丸君)  おはかりいたします。


 各常任委員長及び議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員長及び議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。


  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第九 臼津広域連合議会議員の選挙





○議長(西村徳丸君)  日程第九、臼津広域連合議会議員の選挙を行います。


 おはかりいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第百十八条第二項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 おはかりいたします。


 議長において指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 臼津広域連合議会議員に


   黒 田 浩 之 君


   森 脇 千恵美 君


   小手川 初 生 君


   石 田 哲 彦 君


   板 井 王 成 君


   成 松 裕 利 君


   岩 ?   蒐 君


   安 藤 康 生 君


   中津留 麒一郎 君


   西 村 徳 丸


 以上、十人を指名いたします。


 おはかりいたします。


 ただいま、議長において指名いたしました諸君を、当選人と定めることにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました


   黒 田 浩 之 君


   森 脇 千恵美 君


   小手川 初 生 君


   石 田 哲 彦 君


   板 井 王 成 君


   成 松 裕 利 君


   岩 ?   蒐 君


   安 藤 康 生 君


   中津留 麒一郎 君


   西 村 徳 丸


 以上十人が、臼津広域連合議会議員に当選いたしました。


 ただいま、当選されました諸君が議場におられますので、本席から会議規則第三十二条第二項の規定により告知をいたします。


  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第十 大分県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙





○議長(西村徳丸君)  日程第第十、大分県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙の選挙を行います。


 おはかりいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第百十八条第二項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 おはかりいたします。


 議長において指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 大分県後期高齢者医療広域連合議会議員に、清水美知子君を指名いたします。


 おはかりいたします。


 ただいま、議長において指名いたしました清水美知子君を、当選人と定めることにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました清水美知子君が大分県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選いたしました。


 ただいま、当選されました清水美知子君が議場におられますので、本席から会議規則第三十二条第二項の規定により、告知をいたします。


  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第十一 報告第四号及び議案第三五号から議案第四二号まで


       (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(西村徳丸君)  日程第十一、報告第四号及び議案第三十五号から議案第四十二号まで、以上一括議題といたします。


  ――――――――――――――――――――――――――


       付 議 事 件


 報告第 四号 専決処分の報告について(損害賠償額の決定)


 議案第三五号 専決処分の承認を求めることについて(平成十八年度一般会計予算の補正)


 議案第三六号 専決処分の承認を求めることについて(平成十八年度津久見都市計画土地区画整理事業特別会計予算の補正)


 議案第三七号 専決処分の承認を求めることについて(平成十八年度簡易水道布設事業特別会計予算の補正)


 議案第三八号 専決処分の承認を求めることについて(平成十八年度老人保健事業特別会計予算の補正)


 議案第三九号 専決処分の承認を求めることについて((平成十八年度保戸島診療所特別会計予算の補正)


 議案第四〇号 専決処分の承認を求めることについて(津久見市税条例の一部改正)


 議案第四一号 専決処分の承認を求めることについて(津久見市都市計画税条例の一部改正)


 議案第四二号 専決処分の承認を求めることについて(津久見市税特別措置条例の一部改正)


 議案第四三号 津久見市監査委員の選任につき同意を求めることについて


  ――――――――――――――――――――――――――


○議長(西村徳丸君)  提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


  [市長吉本幸司君登壇]


○市長(吉本幸司君)  それでは、提案いたしました諸議案につきまして提案理由のご説明を申し上げます。


 報告第四号は、専決処分の報告についてであります。


 本件は、平成十九年二月十四日(水)午後四時ごろ、臼坂バイパス臼杵側入り口で、嘱託職員が庁用車を公務運転中、信号で停車していた軽自動車に追突、弾みでその軽自動車が前の佐伯市の公用車に玉突き衝突し、両方の車輌、運転手及び同乗者を負傷させたもので、今回は、佐伯市の車輌に対する和解及び損害賠償の額の決定について平成十九年四月十六日に専決処分をしたものであります。


 議案第三十五号から議案第四十二号までは、地方自治法第百七十九条第一項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第三項の規定に基づきこれを報告し、議会の承認を求めるものであります。


 まず、議案第三十五号は、平成十八年度一般会計予算の補正についてであります。


 本件は、歳入では、三月議会終了後に額が確定した地方譲与税や利子割交付金など、また事業費の確定などに伴い地方交付税、繰入金、市債などで予算の調整を行ったものであります。


 また、歳出では、津久見都市計画土地区画整理事業特別会計、簡易水道布設事業特別会計並びに老人保健事業特別会計への繰出金の調整を行ったものであります。


 その結果、補正予算額は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ二千九十万六千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ八十六億三百七十五万二千円とするものであります。


 議案第三十六号は、平成十八年度津久見都市計画土地区画整理事業特別会計予算の補正についてであります。


 本件は、保留地の売払い収入の減額や事業費の確定による市債の増額などに伴う、歳入予算の調整によるものでありますが、予算総額に変更はございません。


 議案第三十七号は、平成十八年度簡易水道布設事業特別会計予算の補正についてであります。


 本件は、事業費の確定などによる市債の減額に伴い、歳入予算の調整を行ったものでありますが、予算総額に変更はございません。


 議案第三十八号は、平成十八年度老人保健事業特別会計予算の補正についてであります。


 本件は、歳出の医療給付費や歳入の支払基金交付金、国・県支出金の確定などに伴い歳入歳出の調整を行ったものであります。


 その結果、補正予算額は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ一億百十万七千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ二十九億二千三百五十一万四千円とするものであります。


 議案第三十九号は、平成十八年度保戸島診療所特別会計予算の補正についてであります。


 本件は、歳入歳出について医業費などの確定及び国民健康保険診療収入や社会保険診療収入などの決算見込みにより、予算の追加及び減額の調整を行ったものでございます。その結果、補正予算額は歳入歳出予算の総額に百三十六万三千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ八千百三十三万二千円とするものであります。


 議案第四十号から議案第四十二号までは、地方税法等の一部を改正する法律が公布、施行されたことに伴い、市税条例など関連条文の一部改正を行ったものであります。


 まず、議案第四十号は、津久見市税条例の一部改正についてであります。


 本件は、現下の経済、財政状況等を踏まえ、持続的な経済社会の活性化を実現するため、上場株式等の配当、譲渡益に係る軽減税率の適用期限を延長するほか、固定資産税におけるバリアフリー改修促進税制の創設など、地方税法等の一部を改正する法律が公布施行されたことに伴い、所要の改正を行ったものであります。


 議案第四十一号は、津久見市都市計画税条例の一部改正についてであります。


 本件は、議案第四十号と同様に地方税法の一部を改正する法律が公布施行されたことに伴い、所要の改正を行ったものであります。


 議案第四十二号は、津久見市税特別措置条例の一部改正についてであります。


 本件は、過疎地域自立促進特別措置等の法律の一部が改正されたことに伴い、適用期限の延長など所要の改正を行ったものであります。


 以上をもちまして、提案いたしました諸議案の説明を終わります。


 なにとぞ、慎重にご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


  [市長吉本幸司君降壇]


○議長(西村徳丸君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 議案第三十五号から議案第四十二号までについて、ご質疑はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これをもって質疑を終結いたします。


 おはかりいたします。


 ただいま議題となっております議案第三十五号から議案第四十二号までの八件については、会議規則第三十七条第二項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第三十五号から議案第四十二号までの八件については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  これより討論に入ります。


○議長(西村徳丸君)  議案第三十五号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第三十五号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に、議案第三十六号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第三十六号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に、議案第三十七号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第三十七号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に、議案第三十八号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第三十八号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に、議案第三十九号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第三十九号は承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に、議案第四十号については、討論の通告がありますので、発言を許します。


 八番知念豊秀君。


  [八番知念豊秀君登壇]


○八番(知念豊秀君)  議案第四十号について、反対討論を行います。


 市条例の改正は、地方税法の改正に伴うものであります。地方税法の改正に伴うものとして、固定資産税についての住宅のバリアフリー解消に伴う減免、減額措置の創設にあることと、鉄道用地の評価方法の見直しがありますが、これらは改善点として受け止められます。また、市民税について、信託法の改正に伴う規定の整備や租税条約実施特例法の改正に伴う社会保険料控除の拡大、上場株式等の譲渡所得等に係る課税の特例の延長であります。上場株式等の譲渡所得等に係る減税措置は、平成十六年から二十年までの所得について、本来税率が、所得税が十五パーセント、県民税二パーセント、市民税三パーセント、計二十パーセントであるものを、所得税七パーセント、県民税一・二パーセント、市民税一・八パーセント、計十パーセントに半減するもので、これを一年間延長するものであります。


 津久見市では、新年度予算の中で株式譲渡所得割交付金三百五十万円が計上されております。この減免措置がなければ、推定で七百万円入ってくるものと思われます。政府の統計資料による試算では、株式譲渡益に係る減税総額は千三百五十七億円、このうち譲渡所得五千万円を超える階層の減税額総額は八百六十九億円に達しており、一人当たり千百五十五万円もの減税を受けてることになります。一方、公的年金等控除の縮小や老齢者控除の廃止、低所得者、高齢者の非課税限度額の廃止によって、高齢者に押し付けられた一昨年と昨年の所得税、住民税の増税の総額は、年間約三千九百七十億円にも上っております。津久見市におきましても、今年度の住民税の負担増は約八千百万円にもなっています。金持ちには優遇、庶民には負担増の税制の逆立ちを改めることを求めて、反対いたします。


  [八番知念豊秀君降壇]


○議長(西村徳丸君)  ほかに討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 議案第四十号については、ご異議がありますので、起立により採決いたします。


○議長(西村徳丸君)  本件は、承認することに賛成の諸君の起立を求めます。


  [起立多数]


○議長(西村徳丸君) 起立多数であります。


 よって、議案第四十号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に、議案第四十一号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第四十一号は、承認することに決しました。


○議長(西村徳丸君)  次に、議案第四十二号について、討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


○議長(西村徳丸君)  これより採決を行います。


 本件は承認することに、ご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第四十二号は、承認することに決しました。


  ―――――――――――△―――――――――――――





◎日程第十二 議案第四十三号


       (提案理由説明・質疑・委員会付託省略・討論・表決)





○議長(西村徳丸君)  日程第十二、議案第四十三号を議題といたします。


  ――――――――――――――――――――――――――


       付 議 事 件


 議案第四三号 津久見市監査委員の選任につき同意を求めることについて


  ――――――――――――――――――――――――――


○議長(西村徳丸君)  地方自治法第百十七条の規定により、成松裕俊君の退席を求めます。


  [十二番番成松裕俊君退席]


○議長(西村徳丸君)  提案理由の説明を求めます。


 吉本市長。


  [市長吉本幸司君登壇]


○市長(吉本幸司君)  ただいま上程されました議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 議案第四十三号は、地方自治法第百九十六条第一項の規定に基づき、監査委員の選任についてであります。


 議員のうちから選任する監査委員につきましては、成松裕俊氏を選任いたしたいと存じます。


 なにとぞ、慎重にご審議の上、ご同意を賜りますようお願い申し上げます。


  [市長吉本幸司君降壇]


○議長(西村徳丸君)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 本件について、ご質疑はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これをもって質疑を終結いたします。


 おはかりいたします。


 ただいま、議題となっております議案第四十三号については、会議規則第三十七条第二項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第四十三号については、委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


○議長(西村徳丸君)  本件について討論はありませんか。


  [「なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  これにて討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


○議長(西村徳丸君)  本件は、同意することにご異議ありませんか。


  [「異議なし」と呼ぶ者あり]


○議長(西村徳丸君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第四十三号は、同意することに決しました。


  [十二番番成松裕俊君着席]


○議長(西村徳丸君)  以上で今期臨時会の議事は全部終了いたしました。


 市長あいさつ。


  [市長吉本幸司君登壇]


○市長(吉本幸司君)  平成十九年第一回市議会臨時会の閉会にあたり、一言ごあいさつを申し上げます。


 本日は、正副議長をはじめ、各常任委員会の正副委員長並びに各委員会の構成及び臼津広域連合議会議員、大分県後期高齢者医療広域連合議会議員が、議員の皆さんのご努力により選任されましたことに対し、心からお喜びを申し上げます。


 さて、本会議におきまして提案いたしました諸議案につきましては、慎重にご審議を賜り、いずれも原案のとおりご賛同をいただきまして誠にありがとうございました。


 開会のあいさつの中でも申し上げましたが、私も新たな気持で、行財政改革や臼杵市との市町村合併問題のほか諸課題に取り組み、市政発展のために最大限の努力をいたす所存でございます。


 議員の皆さん方のご指導とご支援を心からお願い申し上げまして閉会のごあいさつといたします。


  [市長吉本幸司君降壇]


○議長(西村徳丸君)  これをもって平成十九年第一回津久見市議会臨時会を閉会いたします。


                 午後二時三十二分 閉会











 地方自治法第百二十三条第二項の規定によりここに署名する。








      津久見市議会議長








      津久見市議会臨時議長








      署名議員








      署名議員