議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 臼杵市

平成14年  6月 定例会 06月28日−05号




平成14年  6月 定例会 − 06月28日−05号 − P.0 「(名簿)」












平成14年  6月 定例会



 平成14年6月28日

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      平成14年6月28日(金曜日)午前10時開議

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.議事日程第5号

 第1 委員長報告(付託諸議案及び請願)質疑、討論、採決

 第2 農業委員会の委員推薦について

 第3 議員提出議案第2号 上程、説明、質疑、討論、採決

 第4 特別委員会の設置及び閉会中継続審査(調査)について

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.本日の会議に付した事件

 日程第1 委員長報告(付託諸議案及び請願)質疑、討論、採決

 日程第2 農業委員会の委員推薦について

 日程第3 議員提出議案第2号 上程、説明、質疑、討論、採決

 日程第4 特別委員会の設置及び閉会中継続審査(調査)について

 日程追加 意見書案第2号 学校事務職員・栄養職員の人件費半額国庫負担制度を堅持し、義務教育費国庫負担制度の見直しを反対する意見書

      意見書案第3号 「国民の健康、食品の安全性を確保」するための、食品の安全に係わる包括的法律(食品安全新法)制定と新行政組織設置、食衛法抜本改正を求める意見書

      意見書案第4号 道路特定財源の確保を求める意見書

      一括上程、説明、質疑、討論、採決

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席議員(22名)

      1番  足立善己       2番  佛坂健二

      3番  岩倉義勝       4番  土谷桂山

      5番  大塚州章       6番  匹田 郁

      7番  林 壯一朗      8番  武生博明

      9番  吉岡 勲      10番  衛藤忠一

     11番  藤原一弘      12番  三浦正行

     13番  加茂千恵子     14番  平川哲郎

     15番  児玉善生      16番  牧 宣雄

     17番  長野景行      18番  藤丸利光

     19番  川野方男      20番  西水忠夫

     21番  板井孝太郎     22番  首藤新一

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 欠席議員(0名)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 事務局職員出席者

     局長      吉田修二     次長      三浦 孝

     係長      矢野龍二     書記      柴田 監

     書記      齋藤孝弘

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 説明のための出席者

     市長      後藤國利     助役      山本正嗣

     収入役     神田常幸     教育長     岡部観栄

     消防長     後藤國利     市民生活部長  宇薄健一

     建設産業部長  長野道徳     教育次長    倉見昇一

     市長室長    渡邊秀一     総務課長    安東睦男

     企画情報課長  亀井重忠     管理課長    齋藤克己

     消防長代理   田口 徹

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午前10時15分 開議



◎事務局長(吉田修二君) おはようございます。

 ただ今の出席議員は22名であります。



○議長(首藤新一君) おはようございます。

 ただ今の報告のとおり、定足数に達しております。

 よって、本日の会議は成立致しました。

 これより本日の会議を開きます。

 初めに、本日の会議に入る前に執行部より、発言の申し出がありましたので、これを許可致します。

 市長。

 [市長 後藤國利君登壇]



◎市長(後藤國利君) おはようございます。

 6月13日、開会日に説明致しました報告第3号 臼杵市一般会計繰越明許費の繰越しの中で、平成14年度に繰り越す臼杵市一般会計繰越明許費は5億4,576万2,000円と説明申し上げましたが、5億4,417万7,000円の誤りでありましたので、お詫びして、訂正させて頂きます。

 なお、訂正の詳細につきましては、お手元に配付した正誤表にて訂正をお願い致します。



○議長(首藤新一君) 次に土谷議員より、6月18日の本会議における発言について、会議規則第65条の規定により、発言修正の申し出がありましたので、議長において許可致しました。

 次に、林 議員より、6月18日及び6月19日の本会議における発言について、不穏当な発言がありましたので、会議規則第65条の規定により、その分を取り消したいとの申し出がありました。

 おはかり致します。

 取消しの申し出を許可することにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(首藤新一君) ご異議なしと認めます。

 よって、林 議員の発言取消しの申し出を許可することに決しました。

 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 委員長報告(付託諸議案及び請願)質疑、討論、採決



○議長(首藤新一君) 日程第1、第62号議案から第71号議案及び請願第2号を一括議題と致します。

 これより委員長の報告を求めます。



○議長(首藤新一君) 総務委員長。

 [総務委員長 三浦正行君登壇]



◆総務委員長(三浦正行君) おはようございます。総務委員長の三浦です。

 総務委員会に付託を受けました議案6件につきまして、6月24日に総務委員会を開催し、慎重審査致しましたので、ご報告致します。

 まず、第63号議案、臼杵市ふるさと創生事業基金条例の一部改正についてですが、これは「臼杵市ふるさと創生事業基金」を「臼杵市ふるさと活性事業基金」に改めるものです。これまでふるさと創生事業基金は、主に臼杵城跡修復に使われてきましたが、基金を活力ある臼杵のまちづくりのために、より効果的に運用することを目的として、基金条例の一部を改正するものであり、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に、第64号議案、臼杵市税条例の一部改正についてです。これは、土地や株の売買を活性化させるために、土地等の譲渡所得及び上場株式等の譲渡所得にかかる税率を引き下げるための条例改正ですが、審査の結果、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に、第65号議案、臼杵市国民健康保険税条例の一部改正についてですが、地方税法の一部改正に伴う条例の改正であり、特に異議なく、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に、第66号議案、臼杵市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてですが、農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する法律の施行に伴い、条例を改正するもので、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に、第67号議案、臼杵市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてですが、これは非常勤消防団員に対する退職報償金の支給額を一律4,000円引き上げるために条例を改正するものであり、審査の結果、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に、第69号議案、平成14年度臼杵市一般会計補正予算(第1号)中、関係各課の所管事項についてです。

 まず、総務課の所管事項についてです。歳入としては、財政調整基金3,000万円と繰越金400万円であり、歳出としては、江無田地区と望月地区の集会所の修理に対する補助金の追加が計上されています。

 次に、企画情報課です。歳入としては、大分県豊の国IT塾推進事業費の県からの補助金であり、歳出としては、臼杵市・野津町任意合併協議会負担金の計上と豊の国IT塾講師謝礼金の追加が主なものであります。

 次に、税務課ですが、歳出として、固定資産評価事業委託料の減額、固定資産土地評価事務取扱要領作成委託料及びパソコンとソフトの備品購入費が計上されています。

 慎重審査の結果、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 また、各議案の審査の後、各課の事業説明を受け、総務委員会を閉会致しました。

 以上で、総務委員会に付託を受けました議案の審査経過と結果の報告を終わりますが、議員皆様方のご賛同をよろしくお願い致します。



○議長(首藤新一君) 建設委員長。

 [建設委員長 大塚州章君登壇]



◆建設委員長(大塚州章君) 皆さんおはようございます。建設委員長の大塚州章です。

 本6月定例市議会におきまして、建設委員会に付託を受けました議案3件につきまして、去る6月21日委員会を開き、執行部より説明を受け、慎重に審査致しました。

 その経過と結果についてご報告申し上げます。

 まず、第62号議案、臼杵市特定公共賃貸住宅の設置及び管理に関する条例の制定についてです。

 現在建設中の市営荒田住宅がこの7月中に完成致します。公営住宅法による住宅は、低所得者層を対象にしておりますが、中堅所得者から市営住宅への入居希望が多く、これに対応するため現在36戸のうち4戸を特定公共賃貸住宅として建設中であります。

 所得要件については、公営住宅法で所得金額が原則として、月額20万円までに対して、この住宅の対象者は月額32万2,000円までとなっているとのことです。

 また、災害や特定の公共事業による場合は、規則で定めることとなっており、60万1,000円まで入居対象と考えられるが、家賃の額については、法により近傍同種の住宅家賃と均衡を失しないように定めることが基本となっており、鑑定評価委託料をもって近傍同種の家賃を求め、条例に基づく規則において規定することとして、募集は7月の市報、ケーブルテレビにて行う予定であるとの説明を受けました。

 審査の結果、別に異議なく、全会一致原案どおり可決すべきものとして決しました。

 次に、第68号議案、市道の廃止及び認定についてです。

 平成20年に予定されています2巡目国体の野球会場となる臼杵市総合公園と県道臼杵坂ノ市線の熊崎からのアクセス道路として、市道総合公園線を整備するにあたり、現況市道における起終点の変更が生じたための廃止及び認定が3路線と、諏訪地区における宅地造成による新たな市道認定が1路線です。

 審査の結果、別に異議なく、全会一致原案どおり可決すべきもとして決しました。

 次に、第69号議案、平成14年度臼杵市一般会計補正予算(第1号)のうち、都市デザイン課所管事項では、第62号議案で報告致しました特定公共賃貸住宅の家賃決定に関して、近傍同種の家賃等の資料を作成するために、鑑定評価を求めるための委託料40万円を計上しております。

 建設課所管事項では、道路新設改良費における組み替えは、補償補填及び賠償金100万円は、広域連合道づくり事業におけるNTT、ケーブルの移設補償の見直しによる補填を、公有財産購入費から補填するものです。

 また、橋梁新設改良費における組み替えの委託料100万円は、当初自前で測量設計の予定が、精度の高い測量が必要となり、工事費からの補填です。

 同じく、公共道路新設改良費組み替えの補償補填及び賠償金100万円は、高山本線災害防除事業に関して工事費からの補填、街路事業費は街なみ環境整備事業における経常経費の使途協議による組み替えです。

 審査の結果、別に異議なく、全会一致原案どおり可決すべきものとして決しました。

 また、議案審査の後、各課の主要事業説明を受け、建設委員会を閉会しました。

 以上、本建設委員会に付託を受けました議案の審査経過と結果の報告を終わります。

 議員皆様方のご賛同をよろしくお願いします。



○議長(首藤新一君) 教育民生委員長。

 [教育民生委員長 吉岡 勲君登壇]



◆教育民生委員長(吉岡勲君) おはようございます。教育民生委員長の吉岡 勲です。

 本委員会に付託を受けました議案3件、請願1件について、去る6月21日、委員会を開催致しましたので、その審査経過と結果につきまして、ご報告致します。

 まず、第69号議案、平成14年度臼杵市一般会計補正予算(第1号)中、所管事項ですが、環境課では衛生費として、塵芥焼却場の修繕費1,440万円が追加計上されており、その内容は焼却施設廃止に伴う資源化施設等の改修であります。工事請負費614万8,000円は最終処分場建設事業費の国の内示が確定したことに伴う追加補正であります。

 審査の過程において、し尿処理施設の鉄筋部分が塩分により老朽化しており、地震等があった場合に危険ですので検査をして早急に対処して頂きたいとの意見があったことを報告しておきます。

 市民課では、戸籍住民基本台帳費の追加は、除籍簿のマイクロ・フィルム用プリンターのリース料であります。

 福祉課では、授産施設重度知的障害者補助金159万円の追加は、あらかしの園、八風園、うばめ園への5名増加に伴う追加補正であります。児童福祉総務費125万1,000円の追加は、地域子育てサポート事業に伴う、講師謝礼や事業委託料が主なものであり、この事業の歳入として、県補助金2分の1が計上されております。

 執行部の説明を受け、委員から地域子育てサポート事業の講師依頼の件で質疑があり、県の方から適切な資格を有した講師リストとを頂いており、その中から講師を依頼するとの答弁がありました。

 健康課では、老人医療特別会計繰出金の追加計上であります。

 教育委員会の所管では、学校管理費として、南中学校へ卒業生より50万円の寄附金があり、歳入として計上されております。その50万円を南中学校へ図書等の購入費として、追加計上されています。

 児童・生徒災害給付費については、歳入・歳出に350万円が新たに計上されております。これは、今まで災害給付金が、学校経由で児童・生徒に給付されていたものを、日本体育学校健康センターより、教育委員会から直接、児童・生徒の保護者へ給付するために新設するものであります。

 以上、執行部の詳細な説明を受け、審査した結果、原案については、別に異議なく全会一致で可決すべきものとして決しました。

 次に、第70号議案、平成14年度臼杵市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)ですが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出1,000万円を追加し、総額を歳入歳出それぞれ31億597万9,000円とするものであります。歳入については、基金繰入金の追加であり、歳出については、疾病予防として万歩計の購入費及び万歩計をパソコンに入力し、市民の健康を管理するための委託料が計上されております。

 執行部の説明を受け、慎重に審査した結果、別に異議なく全会一致で可決すべきものとして決しました。

 次に、第71号議案、平成14年度臼杵市老人医療特別会計補正予算(第1号)ですが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出155万5,000円を追加し、総額を歳入歳出それぞれ50億9,456万2,000円とするものであります。歳入については、一般会計繰入金の追加であり、歳出については、支払基金交付金精算返納金の追加であります。

 執行部の説明を受け、慎重に審査した結果、別に異議なく全会一致で可決すべきものとして決しました。

 次に、請願第2号「国民の健康、食品の安全性を確保」するための、食品の安全に係わる包括的法律制定と新行政組織設置、食衛法抜本改正を求める請願書については、審査の結果、別に異議なく全会一致原案のとおり採択すべきものとして決しました。

 なお、議案審査を行う前に、執行部より、平成14年度の主要事業説明がありましたので、併せて報告します。

 以上で、教育民生委員会に付託を受けました議案及び請願の審査結果の報告を終わりますが、議員皆様方のご賛同をよろしくお願い致します。



○議長(首藤新一君) 以上で委員長の報告を終わります。

 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 (なし)



○議長(首藤新一君) 以上で質疑を終結致します。

 これより討論に入ります。

 (なし)



○議長(首藤新一君) 以上で討論を終結致します。

 これより採決を行います。

 第62号議案から第71号議案及び請願第2号の各議案については、委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(首藤新一君) ご異議なしと認めます。

 よって、第62号議案から第71号議案及び請願第2号の各議案については、委員長報告のとおり可決されました。



△議決結果

議案





番号
件名
結果


第62号議案
臼杵市特定公共賃貸住宅の設置及び管理に関する条例の制定について
原案可決


第63号議案
臼杵市ふるさと創生事業基金条例の一部改正について
原案可決


第64号議案
臼杵市税条例の一部改正について
原案可決


第65号議案
臼杵市国民健康保険税条例の一部改正について
原案可決


第66号議案
臼杵市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について
原案可決


第67号議案
臼杵市非常勤消防団員に係る退職報奨金の支給に関する条
例の一部改正について
原案可決


第68号議案
市道の廃止及び認定について
原案可決


第69号議案
平成14年度臼杵市一般会計補正予算(第1号)
原案可決


第70号議案
平成14年度臼杵市国民健康保険特別会計補正予算(第1
号)
原案可決


第71号議案
平成14年度臼杵市老人医療特別会計補正予算(第1号)
原案可決


請願第2号
「国民の健康、食品の安全性を確保」するための、食品の安
全に係わる包括的法律(食品安全新法)制定と新行政組織設
置、食衛法抜本改正を求める請願書
採択



     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 農業委員会の委員推薦について



○議長(首藤新一君) 日程第2、農業委員会の委員推薦についてを議題と致します。

 地方自治法第117条の規定により、板井議員、藤丸議員の退席を求めます。

 (板井議員、藤丸議員退席)



○議長(首藤新一君) おはかり致します。

 農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号の規定により、吉田ヨシヱさん、板井議員、藤丸議員、以上、3名を農業委員会の委員に推薦致します。

 これにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(首藤新一君) ご異議なしと認めます。

 よって、吉田ヨシヱさん、板井議員、藤丸議員、以上、3名を農業委員の委員に推薦することに決しました。





△議会推薦





件名
氏名


農業委員会の委員推薦について
吉田ヨシヱ 板井孝太郎 藤丸利光




 (板井議員、藤丸議員入場)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議員提出議案第2号 上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(首藤新一君) 日程第3、議員提出議案第2号を議題と致します。

 提出者の説明を求めます。

 武生議員。

 [8番 武生博明君登壇]



◆8番(武生博明君) 武生博明です。

 ただ今上程されました議員提出議案第2号、臼杵市議会会議規則の一部改正について、ご説明を申し上げます。

 議員派遣についての、地方自治法の改正に伴い、会議規則の一部を改正するものであります。

 何とぞ、慎重審議のうえ、ご賛同賜りますようお願いを申し上げ、説明を終わります。



○議長(首藤新一君) 以上で説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 (なし)



○議長(首藤新一君) 以上で質疑を終結致します。

 おはかり致します。

 ただ今議題となっております議員提出議案第2号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(首藤新一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議員提出議案第2号については、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 (なし)



○議長(首藤新一君) 以上で討論を終結します。

 これより採決を行います。

 議員提出議案第2号については、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(首藤新一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議員提出議案第2号については、原案のとおり可決されました。







△議決結果

議案




番号
件名
結果


議員提出議案第2号
臼杵市議会会議規則の一部改正について
原案可決




     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 特別委員会の設置及び閉会中継続審査(調査)について



○議長(首藤新一君) 日程第4、特別委員会の設置及び閉会中の継続審査についてを議題と致します。

 おはかり致します。

 市町村合併に伴う調査について、12人の委員をもって構成する市町村合併調査特別委員会を設置し、これに付託のうえ、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(首藤新一君) 異議なしと認めます。

 よって、本件については、12人の委員をもって構成する市町村合併調査特別委員会を設置し、これに付託のうえ、閉会中の継続審査に付することに決しました。

 おはかり致します。

 ただ今設置されました市町村合併調査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第5条の1項の規定により、お手元に配付のとおり、12人の委員を指名致したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(首藤新一君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただ今指名致しました12名の諸君を、市町村合併調査特別委員に選任することに決しました。

 なお、正副委員長につきましては、休憩後、委員会を開会し、互選のうえ、議長まで報告を願います。



△市町村合併問題調査特別委員会構成表

1.目的  市町村合併について、議会として重要な役割を担う中で、現状と将来像について、具体的かつ計画的に検討するための調査

2.定数  12人





委員
板井孝太郎
委員
西水忠夫


委員
藤丸利光
委員
長野景行


委員
児玉善生
委員
平川哲郎


委員
三浦正行
委員
藤原一弘


委員
吉岡 勲
委員
武生博明


委員
大塚州章
委員
足立善己





 ここでしばらく休憩致します

  午前10時43分 休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午前10時53分 再開



○議長(首藤新一君) 再開致します。

 市町村合併調査特別委員会の正副委員長が決定致しましたので報告致します。

  委員長に、西水議員

 副委員長に、板井議員

以上、決定致しましたので報告致します。

 おはかり致します。

 ただ今お手元に配付のとおり、意見書案第2号から第4号が提出されました。

 この際、これを日程に追加し、議題と致したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(首藤新一君) ご異議なしと認めます。

 よって、意見書案第2号から第4号を日程に追加し、議題とすることに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 意見書案第2号から第4号 一括上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(首藤新一君) 意見書案第2号から第4号を一括議題と致します。

 順次提出者の説明を求めます。

 林 議員。

 [7番 林 壯一朗君登壇]



◆7番(林壯一朗君) おはようございます。

 意見書案第2号についてご提案を申し上げます。

 学校事務職員・栄養職員の人件費半額国庫負担制度を堅持し、義務教育費国庫負担制度の見直しを反対する意見書

 教育基本法は施行55周年を迎えました。その理念・精神を生かした教育改革の推進及び教育条件の充実を図ることが今求められています。

 教育基本法第10条では、教育行政の責務としての条件整備を明記し、現行の義務教育費国庫負担制度は、教育の機会均等とその水準の維持・向上のために今日まで大きな役割を果してきました。

 しかしながら財務省は、公立小・中学校の学校事務職員及び栄養職員の「人件費適用除外」を、1984年11月の「義務教育費国庫負担制度改革草案」の発表以来、長年にわたり執拗に求めてきました。

 制度が改悪されれば、学校事務職員・栄養職員の賃金は全額都道府県負担となり、財政危機が深刻化する中で、定数削減につながることは必至であります。

 こうした政策は、国民の教育に対する期待にそむくものであります。

 したがって、義務教育費国庫負担制度の見直しに反対し、以下の事項を強く要請するものであります。

 1.学校事務職員・栄養職員の人件費国庫負担制度を堅持すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

 議員皆様方のご賛同をよろしくお願い申し上げます。



○議長(首藤新一君) 加茂議員。

 [13番 加茂千恵子君登壇]



◆13番(加茂千恵子君) おはようございます。加茂千恵子でございます。

 意見書案第3号 「国民の健康、食品の安全性を確保」するための、食品の安全に係わる包括的法律(食品安全新法)制定と新行政組織設置、食衛法抜本改正を求める意見書のご説明を申し上げます。

 日本でもBSEが発生し、さらに新たに牛肉を始めとする様々な偽装事件の続発により、消費者は食品の安全や表示に大きな不信と不安を抱き、行政や事業者に対して憤りを高めています。

 現在、政府や国会等の場で、食品の安全に係わる包括的法律(食品安全新法)の制定や新しい行政組織設置の検討が行われておりますが、今日的な食品安全の社会システムを求める立場から、消費者を最優先に位置付け、国民の健康や食品の安全性を確保することが第一義的に必要であります。

 よって、実際の食品の安全を確保するための中心的な法律である食品衛生法を大幅に改正し、国民の健康と食品の安全性を確保することを目的とした「食品安全新法」の制定、新行政組織の設置を進め、同時に食品衛生法の抜本的改正や運用の強化について実施するよう国に強く要望致します。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出致しますが、議員皆様方のご賛同をよろしくお願い致します。



○議長(首藤新一君) 大塚議員。

 [5番 大塚州章君登壇]



◆5番(大塚州章君) 意見書案第4号 道路特定財源の確保を求める意見書案についてご説明を申し上げます。

 道路は、豊かな生活の実現を図る最も基本的な社会資本であるが、都市部に比較して、地方においては整備水準は依然として立ち遅れているのが実情であります。

 臼杵市においては、平成13年12月末に開通しました、東九州自動車道と連結する道路の整備が急務となり、また、周辺市町村との連携強化のためにも、主要幹線道路を骨格とした体系的及び生活道路の整備が強く求められているために、次の事項について特段の措置をされるよう強く要望するものであります。

 1. 道路特定財源は、受益者負担の原則に基づき、自動車利用者に特別な負担を求めているものであり、一般財源化や他へ転用することなく、道路整備に充てること。

 2. 平成15年度予算においては、新道路整備5ヶ年計画の円滑な推進に必要な額を確保し、事業費の地方への重点配分を図るとともに、地方の道路財源を確保すること。

 以上、提案理由の説明とさせて頂きます。

 議員皆さま方のご賛同をよろしくお願い致します。



○議長(首藤新一君) 以上で説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 (なし)



○議長(首藤新一君) 以上で質疑を終結致します。

 おはかり致します。

 ただ今議題となっております意見書案第2号から第4号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略致したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(首藤新一君) ご異議なしと認めます。

 よって、意見書案第2号から第4号については、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 (なし)



○議長(首藤新一君) 以上で討論を終結致します。

 これより採決を行います。

 意見書案第2号から第4号については、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(首藤新一君) ご異議なしと認めます。

 よって、意見書案第2号から第4号につきましては、原案のとおり可決されました。





△議決結果

意見書案



番号
件名
結果


意見書案第2号
学校事務職員・栄養職員の人件費半額国庫負担制度を堅持し、義務教育費国庫負担制度の見直しを反対する意見書
原案可決


意見書案第3号
「国民の健康、食品の安全性を確保」するための、食品の安全に係わる包括的法律(食品安全新法)制定と新行政組織設置、食衛法抜本改正を求める意見書
原案可決


意見書案第4号
道路特定財源の確保を求める意見書
原案可決





 なお、意見書案の取り扱いについては、議長に一任願います。

 以上で、今期定例会の日程はすべて終了致しました。

 これをもちまして、平成14年臼杵市議会6月定例会を閉会致します。

  午前11時02分 閉会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   平成14年6月28日

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

               臼杵市議会議長  首藤新一

               会議録署名議員  土谷桂山

                  〃     大塚州章

                  〃     匹田 郁