議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 臼杵市

平成14年  6月 定例会 06月20日−04号




平成14年  6月 定例会 − 06月20日−04号 − P.0 「(名簿)」












平成14年  6月 定例会



 平成14年6月20日

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      平成14年6月20日(木曜日)午前10時開議

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.議事日程第4号

 第1 一般質問

 第2 議案質疑(第62号議案から第71号議案及び請願第2号)

 第3 委員会付託(第62号議案から第71号議案及び請願第2号)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.本日の会議に付した事件

 日程第1 一般質問  削除

 日程第2 議案質疑(第62号議案から第71号議案及び請願第2号)

 日程第3 委員会付託(第62号議案から第71号議案及び請願第2号)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席議員(22名)

      1番  足立善己       2番  佛坂健二

      3番  岩倉義勝       4番  土谷桂山

      5番  大塚州章       6番  匹田 郁

      7番  林 壯一朗      8番  武生博明

      9番  吉岡 勲      10番  衛藤忠一

     11番  藤原一弘      12番  三浦正行

     13番  加茂千恵子     14番  平川哲郎

     15番  児玉善生      16番  牧 宣雄

     17番  長野景行      18番  藤丸利光

     19番  川野方男      20番  西水忠夫

     21番  板井孝太郎     22番  首藤新一

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 欠席議員(0名)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 事務局職員出席者

     局長      吉田修二     次長      三浦 孝

     係長      矢野龍二     書記      柴田 監

     書記      齋藤孝弘

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 説明のための出席者

     市長        後藤國利   収入役     神田常幸

     教育長       岡部観栄   消防長     後藤國利

     市民生活部長    宇薄健一   建設産業部長  長野道徳

     教育次長      倉見昇一   市長室長    渡邊秀一

     総務課長      安東睦男   企画情報課長  亀井重忠

     管理課長      齋藤克己   消防長代理   田口 徹

     都市デザイン課長  吉田 定

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午前10時00分 開議



◎事務局長(吉田修二君) おはようございます。

 ただいまの出席議員は22名であります。



○議長(首藤新一君) おはようございます。

 ただいま報告のとおり、定足数に達しております。

 よって、本日の会議は成立致しました。

 これより本日の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 一般質問



○議長(首藤新一君) 日程第1、一般質問は昨日終結致しましたので、これを削除いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案質疑



○議長(首藤新一君) 日程第2、第62号議案から第71号議案及び請願第2号を一括議題と致します。

 これより議案質疑に入ります。

 1名の議員から質疑の通告を受けておりますので、発言を許可します。

 林 議員。

 [7番 林 壯一朗君質問席登壇]



◆7番(林壯一朗君) おはようございます。7番の林でございます。

通告に基づきまして、議案質疑をしていきたいと思います。

 まず、第62号議案でございますが、臼杵市特定公共賃貸住宅の設置及び管理に関する条例の制定について、この条例が市民のどの範囲にどういった影響を及ぼすのか、その点についてご説明を願いたいのと、所得要件というものがどのようになっておるのか、そして家賃の額はどの程度なのかということについて、お尋ねをしたいと思います。

 次に第63号議案でございますが、臼杵市ふるさと創生事業基金条例の一部改正ということで、創生を活性に字を置き換えるような形になっておりますが、創生と活性による違いの中で、どのような事業が新たに包含をされることになるのか、その点について明らかにして頂きたい。2つとして、基金のより効果的な運用を図るためと、理由に書かれておりますが、これまでの基金運用に比べて、どのように効果的に運営が図られるのか、方法としてどのようなことがあるのか、その点について説明をお願いをしたいと思います。

 よろしくお願いします。



○議長(首藤新一君) 都市デザイン課長。

 [都市デザイン課長 吉田 定君登壇]



◎都市デザイン課長(吉田定君) 林 議員のご質問にお答え致します。

 第62号議案、臼杵市特定公共賃貸住宅の設置及び管理に関する条例の制定についてでありますけども、公営住宅法による住宅は低所得者層を対象にしておりますが、中堅所得者層からも市営住宅への入居希望が多く、これに対応するため、現在新たに36戸の内、4戸を特定公共賃貸住宅として建設中であります。所得要件でありますが、所得金額が公営住宅法では原則として月額20万円までに対して、この住宅の対象者は月額32万2,000円までとなっております。また、災害や特定の公共事業による場合は、規則で定めることとなっておりますが、60万1,000円まで入居対象としたいと考えております。家賃の額につきましてですが、法により近傍同種の住宅家賃と均衡を失しないように定めることが基本になっております。具体的な額につきましては、今議会でお願いをしております鑑定評価委託料により、近傍同種の家賃を求め、条例に基づく規則において規定することとしております。

 以上です。



○議長(首藤新一君) 総務課長。

 [総務課長 安東睦男君登壇]



◎総務課長(安東睦男君) 林 議員のご質問にお答えを致します。

 第63号議案、ふるさと創生事業基金条例の一部改正についてお答えを致します。

 この基金につきましては、竹下内閣のときに、失われつつあるふるさとの創生に資することを目的として、全国の各自治体にそれぞれ1億円が交付され、平成元年条例を制定し、これを原資として基金積み立てを行ってきたところでございます。この基金を充てて整備を行ってまいりました事業は、臼杵城址の大門櫓の整備、畳み櫓の整備、そして石垣の修復事業等が主なものであります。これらふるさと創生に関わる一連の事業につきましては、平成2年度から事業実施してまいりましたが、平成14年度をもって、総務省の事業は終了致す予定となっております。今後は臼杵市独自で現在積み立てております積立金を原資と致しまして、臼杵市の産業をはじめ、あらゆる分野の振興について、活力に溢れた勢いあるまちづくりを推進してまいりたいと思っており、このため当基金を使って行える事業の選択肢の幅を広げようとするものであります。事業実施に際しましては、職員全員で知恵を出しながら、具体的な事業の選定を行い、厳選しながら推進してまいりたいとこういうふうに思っております。

 以上です。



○議長(首藤新一君) 林 議員。

 [7番 林 壯一朗君質問席登壇]



◆7番(林壯一朗君) 住宅の条例設置の関係は、今の説明で大体理解できましたが、創生と活性という言葉の違いですね、創生でそのままいけるのか、いけないのか、その活性という言葉がどうなのかということについての説明をちょっと説明をお願いします。



○議長(首藤新一君) 総務課長。



◎総務課長(安東睦男君) 先程申し上げましたように、創生と言いますのは、失われつつあるふるさとの創生ということで、昔からのものを生き生きとさせるという意味がありますが、今回のは活性ということは、活力に溢れた勢いあるまちをつくるというふうに捉えております。以上です。



○議長(首藤新一君) 以上で議案質疑を終結致します。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 委員会付託



○議長(首藤新一君) 日程第3、これより委員会付託を行います。

 ただいま議題となっております第62号議案から第71号議案及び請願第2号ついては、お手元に配付のとおり、それぞれ所管の委員会に付託を致します。

 なお、関連のある議案については、それぞれ合議をお願いいたします。



△議案付託表



付託委員会
議案


総務委員会
第63号議案 第64号議案 第65号議案 第66号議案  第67号議案


建設委員会
第62号議案 第68号議案


産業経済委員会
 


教育民生委員会
第70号議案 第71号議案 請願第2号


関連・各委員会
第69号議案





 以上で本日の日程はすべて終了致しました。

 本日は以上をもって散会致します。

  午前10時10分 散会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−