議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 臼杵市

平成14年  3月 定例会 03月14日−04号




平成14年  3月 定例会 − 03月14日−04号 − P.0 「(名簿)」












平成14年  3月 定例会



 平成14年3月14日

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      平成14年3月14日(木曜日)午前10時開議

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.議事日程第4号

 第1 一般質問

 第2 議案質疑(第3号議案から第31号議案及び第39号議案から第50号議案並びに請願第1号)

 第3 委員会付託(第3号議案から第31号議案及び第39号議案から第50号議案並びに請願第1号)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.本日の会議に付した事件

 日程第1 一般質問 削除

 日程第2 議案質疑(第3号議案から第31号議案及び第39号議案から第50号議案並びに請願第1号)

 日程第3 委員会付託(第3号議案から第31号議案及び第39号議案から第50号議案並びに請願第1号)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席議員(20名)

      1番  大塚州章       2番  匹田 郁

      3番  林 壯一朗      4番  武生博明

      5番  吉岡 勲       6番  衛藤忠一

      7番  小野栄子       8番  藤原一弘

      9番  三浦正行      10番  加茂千恵子

     11番  平川哲郎      12番  児玉善生

     13番  牧 宣雄      15番  長野景行

     16番  見河洋子      17番  首藤新一

     18番  池田和秀      19番  川野方男

     20番  西水忠夫      22番  藤丸利光

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 欠席議員(1名)

     21番  板井孝太郎

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 事務局職員出席者

     局長      齋藤勝美     次長      吉田修二

     次長兼総務係長 三浦 孝     書記      矢野龍二

     書記      齋藤孝弘

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 説明のための出席者

     市長      後藤國利     助役      山本正嗣

     収入役     神田常幸     教育長     岡部観栄

     消防長     二村修次     総務部長    安野正道

     市民部長    近藤隆正     建設産業部長  高橋洋児

     市長室長    渡邊秀一     総務課長    安東睦男

     企画情報課長  亀井重忠     管理課長    神品賢二

     福祉課長    田口 徹     商工観光課長  岡村忠生

     学校教育課長  佐保謙二

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午前10時03分 開議



◎事務局長(齋藤勝美君) おはようございます。

 ただいまの出席議員20名です。



○議長(藤丸利光君) おはようございます。

 ただいま報告のとおり、定足数に達しております。

 よって、本日の会議は成立致しました。

 これより本日の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 一般質問



○議長(藤丸利光君) 日程第1、一般質問は昨日終結致しましたので、これを削除します。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案質疑



○議長(藤丸利光君) 日程第2、第3号議案から第31号議案及び第39号議案から第50号議案並びに請願1号を一括議題と致します。

 これより議案質疑に入ります。

 2名の議員より質疑の通告を受けていますので、逐次発言を許可します。

 林 議員。

 [3番 林 壯一朗君質問席登壇]



◆3番(林壯一朗君) 議席番号3番の林 壯一朗であります。

 発言通告書にしたがいまして、質疑をしていきたいと思います。

 まず、第7号議案の「サーラ・デ・うすき」の条例制定の関係につきまして、条例の名称の問題でありますが、これまでは大体事業名を冠していたんではないかというように思いますが、今回その愛称と言われるような格好の名前がそのまま条例名になってるので、この部分についてはどうしてこういう形になったのか、その点についてまずお尋ねをしたいと思います。

 次に、第39号議案の92ぺージの3款民生費、1項の社会福祉費、6目の老人措置費の中で、13節委託料の安生寮運営管理委託料1億3,440万9,000円ということになっておりますが、平成13年度の委託料は1億3,328万円となっておりました。120万円の増加となっておりますが、増額となった原因についてご説明を願いたいと思います。

 次に99ぺージの3款民生費の2項児童福祉費、3目の児童措置費、13節委託料の保育所運営管理委託料1億3,263万8,000円、これが平成13年度は1億1,643万円でありましたが、平成14年今度新年度予算を見ますと、1,600万円の増額となっております。特に一般財源は平成13年度9,030万4,000円だったのが、平成14年度には1億5,664万9,000円と、約6,634万5,000円の大幅な増になっております。したがいまして、一般財源の持ち出しがどうして増えたのか、その原因は何かについてご説明を願いたいと思います。

 次に146ぺージの7款商工費、1項商工費の2目の商工振興費、19節の負担金補助の中の、商店街活性化事業補助金200万円、商工会議所事業費補助金120万円でありますが、平成13年度も同じ額を補助しておりますが、この事業目的と事業の効果、そしてどこに補助しているのか、その実績、いつまでの計画かということについてご説明を願いたいと思います。

 次に147ぺージの同じ款項目節の商店街町並み景観統一事業補助金2,935万6,000円、平成13年度は1,500万円計上しておりましたが、平成14年度の新年度予算はその2倍近い補助金を計上しております。平成13年度の実績というのは一体どうなっているのか、そのへんについてご説明を願いたいと思います。

 それから次に180ぺージの10款教育費、1項教育総務費、3目の教育振興費の中の賃金の中の臨時傭人料1,140万円、平成13年度には計上されておりませんが、平成14年度新規として計上されております。その内容と予定人数、それからどういった形で採用するのか、その内容について説明を願いたいと思います。同じ、教育振興費で8の報償費144万円、平成13年度は241万5,000円計上されておりましたけども、平成14年度は100万円の減額となっております。その取り組み方について説明をお願いをしたいと思います。

 よろしくお願いします。



○議長(藤丸利光君) 岡村商工観光課長。

 [商工観光課長 岡村忠生君登壇]



◎商工観光課長(岡村忠生君) 林 議員ご質問の第7号議案、「サーラ・デ・うすき」の設置条例の条例名称についてお答え致します。

 「サーラ・デ・うすき」の名称が、これまでの条例とは趣が変わっていることについてですが、建物の中に南蛮コーナーを初め、概要を付して、この名称を広く公募したところ、「サーラ・デ・うすき」が応募され、決定致しました。よって、建物の名称自体が「サーラ・デ・うすき」と命名されたので、この名称により条例を制定したところであります。

 次に第39号議案中、商工観光課所管事項についてお答え致します。

 146ぺージ、19節負担金補助及び交付金の内、商店街活性化事業補助金200万円は、臼杵市商店街連合会が行うスタンプ事業等補助金であり、商業の発展を目的とし、販売促進に効果があるものです。商工会議所事業補助金120万円は、商工会議所に対する補助金であり、地域商工業の発展を目的とし、臼杵市の産業発展に効果があるものです。また、いずれも産業活性化に寄与するものであり、今後も補助が必要なものと考えます。

 147ぺージ、商店街町並み景観統一事業補助金は、個店改修事業で13年度3店舗1,358万4,000円、14年度は7店舗を予定しています。

 以上です。



○議長(藤丸利光君) 田口福祉課長。

 [福祉課長 田口 徹君登壇]



◎福祉課長(田口徹君) 林 議員ご質問の第39号議案、平成14年度臼杵市一般会計予算書の内、福祉課所管事項のご説明致します。

 92ぺージ、3款民生費、1項社会福祉費、6目老人措置費、13節委託料、安生寮運営管理委託料の増につきましては、入所者の加齢に伴う老弱者等介護加算の対象者の増によるものです。

 次に99ぺージ、3款民生費、2項児童福祉費、2目児童措置費の一般財源が増になった理由につきましては、昨年10月から、保育所への入所円滑化対策として、認可定員の25%を超えても入所することが可能となったことによる、児童数の増及び主任保育士専任加算の要件が緩和されたことによる増、並びに平成13年度当初予算における財源の内、国、県支出金額を多く見積もったことによるものです。

 以上であります。



○議長(藤丸利光君) 佐保学校教育課長。

 [学校教育課長 佐保謙二君登壇]



◎学校教育課長(佐保謙二君) 林 議員ご質問の第39号議案、平成14年度臼杵市一般会計予算の所管事項についてご質問にお答えします。

 180ぺージの教育費、1項教育総務費、3目教育振興費の7節賃金の内の臨時傭人料1,140万円でございますが、緊急雇用創出の事業に伴う学校司書教諭の採用の分でございます。仕事内容は、学校図書館の管理運営でございます。予定人数でございますが、予算の計上は10人で算定していますが、この予算内ですべての小中学校に配置することはできないか、ただいま検討中でございます。

 採用方法につきましては、4月号の市報により公募し、採用致したいと考えております。

 引き続きまして、同じく180ぺージの8節の報償費144万、心の教室相談員報償費でございますが、平成13年度との差額が97万5,000円となります。で、平成13年度はこの報償費にスクールカウンセラーの分が含まれておりましたが、平成14年度からはスクールカウンセラーの分は県から本人に直接払いとなりました。したがいまして、平成14年度は心の教室相談員のみの予算計上となります。で、心の教室相談員はスクールカウンセラー未配置の中学校5校に配置をされますが、来年度は深江中学校が相談員の配置を辞退致しましたので、4校分で計上致しております。

 以上でございます。



○議長(藤丸利光君) 林 議員。

 [3番 林 壯一朗君質問席登壇]



◆3番(林壯一朗君) どうもわかりやすい説明をありがとうございました。

 ちょっともう一度お尋ねしますけども、保育所の管理運営委託料は今、定員増との関係で説明を頂いたわけですが、今後も上昇していくことになるのかどうか、その方向性について一つお尋ねをしておきたいのと、商店街の町並み景観統一事業補助金の関係で、この補助事業がいつまで続く事業なのか、今後の計画がわかればですね、その点についてご説明を願いたいというように思います。

 それから教育振興費の関係で、いわゆる心のケア問題の関係で、心のケアだけじゃなくて、今、不登校の問題や児童虐待といった部分が非常に社会問題化してますんで、そういった部分の予算措置というものはされてるのかどうか、その点についてご説明を願いたいと思います。



○議長(藤丸利光君) 岡村商工観光課長。



◎商工観光課長(岡村忠生君) 商店街町並み景観統一事業補助金についてでございますが、一応16年度まで想定をされております。



○議長(藤丸利光君) 佐保学校教育課長。



◎学校教育課長(佐保謙二君) 不登校等に対する予算措置でございますが、13年度までいじめ・不登校対策相談室というのを開設をしておりまして、14年度には更にそれを発展させまして、相談事業でなくて、不登校生徒そのものがそこに集まって、何らかの形で適応指導を受けるようなところの開設の予算計上をしております。

 以上でございます。



○議長(藤丸利光君) 田口福祉課長。



◎福祉課長(田口徹君) 保育所の運営管理委託料が増えるかという質問にお答え致します。

 児童措置費が増えた分はそのまま保育所運営管理委託料として支出します。

 以上です。



○議長(藤丸利光君) 児玉議員。

 [12番 児玉善生君質問席登壇]



◆12番(児玉善生君) 議席12番の児玉善生です。通告に基づきまして、議案質疑を行います。

 第39号議案、臼杵市一般会計予算、40ぺージの16款、2項基金繰入金の3、ふるさと創生事業基金繰入金1億3,921万2,000円、この基金の目的については、ふるさと創生ということで設立したものでありますけど、歳出の費目と目的の説明をお願い致します。

 40ぺージ、同じく5の減債基金繰入金の1億4,000万円でありますが、歳出費目とその趣旨について説明を頂きたいと思います。

 61ぺージ、2款、1項、12目の市営駐車場費、13節の委託料の中の駐車料金徴収事務委託料1,176万2,000円、これ13年度も計上されておるわけでありますが、委託先についての説明をお願いしたいと思います。

 それから61ぺージの13目、電算処理事務費でありますけど、それの13節、委託料の中の総合行政電算システム管理運営委託料5,006万8,000円、これについてでありますが、13年度は予算化されてなかったわけですが、今回その委託先の選考に入るものというふうに思われますけど、選考の方法、あるいは事業の概要についての説明を頂きたいと思います。

 また、この委託料についてでありますけど、今後何年間続くのか、その考え方についての計画を説明を頂きたいというふうに思います。

 63ぺージ、2款総務費、1項総務管理費、14目ふるさとづくり事業費、19節の負担金補助の中の頑張れポルトガル実行委員会補助金の210万円ですが、この実行委員会の実態の状況について、どのような形になっておるのか、説明頂きたい。

 それから69ぺージ、同じ款でありますけど、18目の地域情報化総務費、13節インターネット実験委託料でありますが、1,600万円と、19節の負担金補助の中のケーブルテレビのインターネット通信負担金620万7,000円、これについてでありますけど、実験委託先の決定方法と特に今回インターネット通信負担金ということで、予算を上げておりますけど、その目的について説明頂きたいというふうに思います。

 それと今回一般会計予算として、この中でこの通信負担金ということで一般会計から組まれておるわけでありますけど、使用料とかいろいろ取っておる関係から、本来ならば特別会計で地域情報化推進事業としての予算を計上するというふうに思われますけど、この一般会計と特別会計で組まなかったこの違いについての説明を頂きたい。

 以上、よろしくお願い致します。



○議長(藤丸利光君) 安東総務課長。

 [総務課長 安東睦男君登壇]



◎総務課長(安東睦男君) 児玉議員の議案質疑にお答えを致します。

 まず、第39号議案、平成14年度臼杵市一般会計予算の40ぺージ、ふるさと創生事業基金繰入金1億3,921万2,000円の充当事業、それから充当箇所等についてお答えを致しますと、まず、二王座地区の石畳舗装及び側溝改良を行うために、8款に計上しております身近なまちづくり支援事業、これに3,400万円、中央通り商店街の石畳舗装を行う町並み環境整備事業に750万円、それから10款に計上しております臼杵城跡石垣整備事業に200万円、荘田平五郎記念館修復事業に7,800万円、3款に計上致しております生涯現役のまちづくりの一環として建設を致します、介護予防拠点整備事業に1,771万2,000円となっておりまして、いずれもふるさと創生事業基金の趣旨に沿った事業であると考えております。

 次に同じく40ぺージの減債基金繰入金につきましては、今年度は1億4,000万を繰り入れをしております。この内、8款に計上しております公共下水道事業会計繰出金につきましては、公共下水道の事業についてその年度に行う事業量に応じて、県から調整交付金が交付されます。この交付金を減債基金の方に積み立てております。で、後年度の起債償還時にこの基金を取り崩して財源に充てる、そういうような仕組みになっておりまして、今年度は1,000万円を通常の基金額に積みまして計上しております。

 それから12款に計上しております公債費の一般財源軽減のために、取り崩しを致しております。

 次に61ぺージの駐車料金徴収事務委託料、これにつきましては現在定年等を迎えた方、8人に料金徴収事務を委託しております。これにつきましては今後とも高齢化社会の進展、あるいは経済不況に応えるためにも、働く意欲のある市民の方々の職場として残していきたいと、そういうふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(藤丸利光君) 亀井企画情報課長。

 [企画情報課長 亀井重忠君登壇]



◎企画情報課長(亀井重忠君) 39号議案、一般会計予算、61ぺージ、13目の電算事務処理費についてお答え致します。

 総合電算システムにつきましては、これまでのシステムの老朽化、本年8月から施行予定の全国一斉住民基本台帳総合ネットワーク、この対応などのため、昨年度から庁内のプロジェクトチームや事務改善委員会で検討を行い、その結果、機器の更新と業務の委託を行ういわゆるアウトソーシング方式を採用する方針を決定したところであります。この件につきましては、昨年9月の議会におきまして、全員協議会で議員さんに説明をし、9月議会におきまして債務負担行為の議決を頂いたところであります。その後、業務選定につきましては、全員協議会でもご説明申し上げましたように、従来の機器との整合並びにシステム取扱い業者との関係などから、株式会社OECと10月に契約を締結し、システム構築を進めるとともに、機器につきましては、12月にリース入札を行ったところであります。金額につきましては、業務委託は平成18年度末まで、総額約2億5,460万円、また機器につきましては、共同リース株式会社と5年間の総額6,700万円の契約を行ったところであります。こうしたことから、平成14年当初予算につきましては、電算事務処理費として、総額8,654万4,000円を計上し、前年度より約1,200万円の増加となっております。13年度予算につきましては、従来の機器の主要な部分が5年リースを終え、再リースとして、約10分の1程度となっておりましたことから、大きく減額されていたところであります。

 今回、機器の老朽化等によりまして、システムを更新するにあたり、機器のみを入れ替える自己導入方式に比べ、このたびのアウトソーシング方式は現状で最も効率的であると考えているところであります。

 次に69ぺージ、18目、地域情報化総務費についてお答え致します。

 まず、13節のインターネット実験委託料1,600万円についてでございますが、現在のケーブルテレビインターネット参加者はもとより、光ケーブルを活用しております学校インターネットやNTTなど、ケーブル以外でインターネットなどの通信を利用する皆さんとの、速度の比較や利用状況並びにこれを利用したコミュニティなど市民生活への影響などについて調査、比較することとし、15年度末までの2年間を実験期間としているところであります。

 ご質問の実験委託費に関しましては、現在株式会社東芝から2名の技術者の派遣を得ている費用であります。特にケーブルインターネットや学校インターネット関係のネットワーク管理や運用につきましては、高度な技術と経験が必要でありますし、また、メーカー固有の情報などもありますことから、14年度につきましても同様の委託により実施したいと考えているところであります。

 また、19節のCATVインターネット通信負担金620万7,000円につきましては、ケーブルネットワークからインターネットへ接続するバックボーンの費用であります。このたび計上した予算は、3メガを予定しております。この通信費用は市役所及び市の出先機関、公共施設など、インターネット実験だけでなく、ケーブルネットワークに接続するすべての施設のインターネット接続に利用しているものであります。予算の区分につきましては、13年度はインターネット実験費用を特別会計で計上しておりましたが、実験の趣旨から、一般会計で計上すべきと判断したところであります。

 以上です。



○議長(藤丸利光君) 渡邊市長室長。

 [市長室長 渡邊秀一君登壇]



◎市長室長(渡邊秀一君) 児玉議員よりご質問のございました第39号議案、平成14年度臼杵市一般会計予算中、市長室所管に係る分についてご説明申し上げます。

 63ぺージをお願い致します。2款、1項、14目、ふるさとづくり事業費の内、19節負担金補助金及び交付金の中の、頑張れポルトガル実行委員会補助金についてご説明申し上げます。

 今年、5月31日より6月30日まで、日韓両国で開催されます2002FIFAワールドカップの試合会場として、大分県のビッグアイを使用しますので、各自治体で様々な取り組みを行い、大会を盛り上げていくこととしています。財源と致しましては、財団法人大分県市町村振興協会から、2002 FIFAワールドカップ関連イベント助成金200万円に、市の単費10万円を加えました、計210万円で臼杵市としては同大会に出場するポルトガルと歴史的にも深い関係があることから、実行委員会を組織し、同国を応援する事業を行うものであります。実行委員会の実態についてでありますが、文化に係るイベントを市長室、企画情報課、商工観光課の3課で担当し、食に係るイベントを市内の料理教室の方に、スポーツに係るイベントを臼杵市サッカー協会の方に担当して頂くようお願いしているところであります。

 以上でございます。



○議長(藤丸利光君) 児玉議員。

 [12番 児玉善生君質問席登壇]



◆12番(児玉善生君) 総合行政電算システムの管理運営委託という内容についての説明を今、受けたわけですが、これ総合という言葉を使っとるようにですね、すべて今、庁内を含めた、例えば税務とか、それぞれ健康管理課全体のですね、行政全体の水道とか、そういうものも全部すべてこのシステムの中に組み込まれた形の対応か、たださっき言われました住民基本台帳そのものの内容かですね、そこのところをもう少し説明を頂きたいというふうに思います。

 それからこのインターネットの関係につきましては、今、実験期間だということでありますんで、いろんな形のテストケースという形が、これからその実験期間中に行われると思うんですが、こういう形で一般会計予算として、更に今後ですね、こういうものというものが発生するのかどうか、そういうところの考え方がわかれば2点だけお願い致します。



○議長(藤丸利光君) 亀井企画情報課長。



◎企画情報課長(亀井重忠君) お答え致します。

 業務の内容につきましては、平成13年度まで臼杵市の総合電算、自庁方式で行っていたすべての業務というふうにご理解を願いたいと思います。税関係もすべてでございます。本機をOECに置いております。その中で作業を進めているということでございます。

 もう1点のインターネット実験のバックボーン費用の件、これは先程も申し上げましたように、利用者が実験参加者だけが利用しているこのバックボーンではないと、市役所も利用しておりますよと、学校も利用している。市の方の利用が大部分を占めております。現在このインターネット実験の参加者は約500名、500名の方が利用しているんですが、それ以外に公共で利用している部分が大部分を占めております。で、そういうことで今回このバックボーンの費用は一般会計の方に持つように方針を決定したということでございます。



○議長(藤丸利光君) 以上で議案質疑を終結致します。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 委員会付託



○議長(藤丸利光君) 日程第3、これより委員会付託を行います。

 ただいま議題となっております第3号議案から第31号議案及び第39号議案から第50号議案並びに請願第1号ついては、お手元に配布のとおり、それぞれ所管の委員会に付託を致します。

 なお、関連のある議案については、それぞれ合議をお願いします。

 以上で本日の日程は全部終了致しました。

 本日は以上をもって散会致します。

  午前10時38分 散会



△議案付託表

    平成14年3月14日付託



付託委員会
議案


総務委員会
第3号議案  第4号議案  第5号議案
第11号議案  第12号議案  第13号議案
第14号議案  第15号議案  第16号議案
第17号議案  第18号議案  第19号議案
第20号議案  第23号議案  第24号議案
第26号議案  第47号議案


建設委員会
第25号議案  第31号議案  第40号議案
第42号議案  第46号議案


産業経済委員会
第6号議案  第7号議案  第10号議案
第27号議案  第28号議案  第29号議案
第30号議案  第41号議案  第44号議案
第45号議案


教育民生委員会
第8号議案  第9号議案  第21号議案
第22号議案  第43号議案  第48号議案
第49号議案  第50号議案  請願第1号


関連・各委員会
第39号議案



     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−