議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 臼杵市

平成13年 12月 定例会 12月11日−02号




平成13年 12月 定例会 − 12月11日−02号 − P.0 「(名簿)」












平成13年 12月 定例会



 平成13年12月11日

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      平成13年12月11日(火曜日)午前10時開議

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.議事日程第2号

 第1 一般質問

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.本日の会議に付した事件

 日程第1 一般質問

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席議員(21名)

      1番  大塚州章       2番  匹田 郁

      3番  林 壯一朗      4番  武生博明

      5番  吉岡 勲       6番  衛藤忠一

      7番  小野栄子       8番  藤原一弘

      9番  三浦正行      10番  加茂千恵子

     11番  平川哲郎      12番  児玉善生

     13番  牧 宣雄      15番  長野景行

     16番  見河洋子      17番  首藤新一

     18番  池田和秀      19番  川野方男

     20番  西水忠夫      21番  板井孝太郎

     22番  藤丸利光

 欠席議員(なし)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 事務局職員出席者

     局長       齋藤勝美    次長      吉田修二

     次長兼総務係長  三浦 孝    書記      矢野龍二

     書記       齋藤孝弘

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 説明のための出席者

     市長       後藤國利    助役      山本正嗣

     収入役      神田常幸    教育長     岡部観栄

     消防長      二村修次    総務部長    安野正道

     市民部長     近藤隆正    建設産業部長  高橋洋児

     市長室長     渡邊秀一    総務課長    安東睦男

     企画情報課長   亀井重忠    管理課長    神品賢二

     健康課長     粟津栄壽    環境課長    宇薄健一

     商工観光課長   岡村忠生    建設課長    野中誠一

     学校教育課長   佐保謙二    生涯学習課長  菊田 徹

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 午前10時00分 開議



◎事務局長(齋藤勝美君) おはようございます。

 ただいまの出席議員は21名です。



○議長(藤丸利光君) おはようございます。ただいま報告のとおり定足数に達しております。

 よって、本日の会議は成立致しました。

 これより本日の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第一 一般質問



○議長(藤丸利光君) 日程第1、これより一般質問を行います。

 お手元配付のとおり、14名の議員から通告書が提出されております。

 このうち、代表質問が2名から提出されております。

 まず代表質問を行います。

 クラブ21を代表して、林 議員の発言を許可します。



(クラブ21代表)
林 壯一朗議員の通告事項
1 経済活性化対策
 1.市内企業への支援方法
 2.失業率増加傾向に伴う市の雇用対策は
 3.法人住民税をはじめとする税収は(昨年との比較)
   ・国勢調査にもとづく地方交付税への影響は(+・−か)
   ・人口問題「増か減か」その原因について
 4.臼杵市の経済圏をどのように考えているのか
   ・市内における経済圏
   ・市外をどのように確保しようとしているのか



 [3番 林 壯一朗君質問席登壇]



◆3番(林壯一朗君) おはようございます。議席番号3番の林でございます。クラブ21を代表して、質問をさせて頂きたいと思います。

 通告に基づいてお尋ねをしてまいりたいと思います。

 私どもとしては、今日のいわゆる不況状況の中における臼杵市として、臼杵市に存在する企業への支援方法というものについて、どういう方法が考えられておるのか、とりわけ金融破綻に見られるように、臼杵市内の状況も非常に悪化をしてると考えられますので、そうした点についてどのように対策をされようとしてるのか、その点についてまず1点お尋ねをしたいと思います。

 2つ目には、そういった不況状況の中で、失業率が国の調査でも10月が5.3%、11月には5.4%と確実に失業者の数が増えているのが明らかになっております。そういった中で、臼杵市の失業率はどのように把握されているのか、その点についてお尋ねをしたいと思います。

 3つ目と致しまして、そうした不況状況の中における市税としての法人住民税をはじめとする税収は、昨年と比較した場合に増えているのか減っているのか、その点についてお尋ねをしたいと思います。

 そうした中で、平成7年と12年度にそれぞれの国勢調査がされておりますけども、その中でいわゆる人口の関係で、地方交付税への影響はプラスになっているのかマイナスになっているのか、そしてプラスになっていればその原因、マイナスであってもその原因は転入であるのか流出であるのかというような点についてお答えを願いたいと思います。

 4番目に、今日の臼杵市の状況を考えた時に、市内あちこちを見ましても非常に空き地が増えてきております。空き地が増えるということは住む人がそこにいなくなっているわけでありますから、これから先の市内における経済圏を考えた時に、商店街がどのように形成されようとしてるのか、形成するように考えているのか、その点についてお答えを願いたいのと、高速道路が12月の27日に開通をされますけども、その中で市街の関係を考えた時に、どのような臼杵市の中心とした経済圏を確保されようとしてるのか、その点についてお答えを頂きたいと思います。

 以上、4点について質問を致しますので、よろしくお願いを致します。



○議長(藤丸利光君) 市長。

 [市長 後藤國利君登壇]



◎市長(後藤國利君) ただいまの林 議員の代表質問にお答え致します。

 まず、信用金庫破綻についての質問でございますけれども、信用金庫の破綻につきましては、懸念されていた最悪の事態が起きたということで、大変な驚きを抱きましたと共に、関係する市民の皆さん苦衷をお察し申し上げ、その負担が出来るだけ軽く済むように、そしてまた金融等の便宜がいち早く図られるように、市と致しましても商工会議所と協力をしながら、最大の努力を惜しまないところでございますので、企業、市民の皆さんも力を奮って、この苦境を乗り切って頂きたいということを念じております。

 今議会に臼杵市の制度融資である中小企業振興資金の融資枠の拡大のための、市の中小企業振興資金預託金を3,100万円追加する予算案を提出しております。予算を計上しております。ご承認頂ければ預託金は6,200万円となり、金融機関の融資枠は4倍の2億4,800万円ということになります。国あるいは県の制度融資というのもございますので、とりあえずはこの枠の中で何とかなるのではなかろうかというふうに思っております。

 融資利率は現行2.4%でありますが、これを2.0%に引き下げることにつきましても、関係金融機関の了承を既に頂いたところであります。今後その融資枠にもし不足が生じるようなことになれば、その時には専決処分により、更に預託金を追加しなければならないというふうに考えておりますので、議員皆様のご理解をどうぞよろしくお願いを申し上げます。今後とも、大分県及び商工会議所と連携を深め、対応してまいりたいと思っているところであります。

 次に、「臼杵市の経済圏をどのように考えているか」ということについてお答え致します。

 議員ご指摘のとおり、中心市街地における商業の衰退、及びこれに伴う中心市街地の空洞化によりまして、歴史ある街の喪失や産業の凋落が進行しており、少子高齢化、情報化などの新しい時代への対応に対する遅れや、生活環境の利便性の低下など、地域全体の魅力や活力も失い兼ねないということで懸念しております。

 臼杵市では、平成11年度に中心市街地活性化基本計画を策定致しました。この計画では、中心市街地の重要性について再度認識を深め、今後の中心市街地のあり方とこれに必要な整備方策を定めました。この計画の中で中心部に賑いを取り戻すべく、これまでケーブルテレビ局やふれあい情報センター等の拠点整備を中心市街地に行ってまいりました。現在もマルチメディア街中交流施設や、中央通りの電線地中化、アーケード撤去等の事業を進め、中心市街地の活性化に向けた努力をしております。

 また、このような公共施設整備と並行して、まちづくり協議会等の民間協力による施設整備も徐々に姿を現してまいりました。このようなハード整備と併せて、商店街としても顧客ニーズに応じた良質な商品、サービス、ソフトなどの提供、歴史性を活かした商店街景観づくりなどにより、個性と魅力ある商店街づくりを行おうとしているところであります。

 市と致しましては、商工会議所と連携し、的確な情報提供に心掛け、支援を行ってまいりたいと思っております。

 高速道に伴う市内外の商圏は大きく変化することが予想されます。増大する交流人口を相手に臼杵らしさを活かし、どのような商いをするか、臼杵商人の真価が問われる時期にきてると思います。

 あとの質問につきましては部長課長より答弁致します。



○議長(藤丸利光君) 安野総務部長。

 [総務部長 安野正道君登壇]



◎総務部長(安野正道君) 林 議員ご質問の、「平成13年度の税収の状況」についてお答を致します。

 まず、市税全体の状況につきましては、前年度に比較致しまして、額にして約1億5,000万円、率にして5%の減収となる見込みでございます。減収見込みとなる最大の要因は、景気低迷による法人市民税所得割の落ち込みが著しく、額にして約1億円、率にして35%の減収となる見込みであります。そのほか、個人市民税所得割が景気の低迷や課税対象者数の減少等の要因により、額にして約5,000万円、率にして5%の減収となる見込みであります。そのほかの税目につきましては、ほぼ前年度並み程度の収入を確保する見込みであります。

 また、国民健康保険税につきましては、約1,000万円の減収となる見込みであります。

 次に、国勢調査に基づく地方交付税への影響についてお答えを致します。

 地方交付税のうち、普通交付税につきましては、その基準財政需要額の経常経費算定におきましては、多くの項目で国勢調査に基づく人口が基礎数値として使われております。平成12年度算定の基礎数値は人口速報で3万5,789人となっており、前回調査より825人減少しております。減少による影響額を試算致しますと、約8,030万円の減少となります。

 次に人口問題についてお答えを致します。

 平成12年の国勢調査によりますと、臼杵市の人口は3万5,786人となっており、平成7年の国勢調査時の人口に比べますと828人、2.3%の減少となっております。主要な原因と致しましては、少子化・高齢化社会の更なる進行による年少人口の減少や、高校卒業後の就職や進学での転出による生産人口の減少が考えられます。以上です。



○議長(藤丸利光君) 岡村商工観光課長。

 [商工観光課長 岡村忠生君登壇]



◎商工観光課長(岡村忠生君) 林 議員ご質問の「失業率増加傾向に伴う市の雇用対策」についてお答え致します。

 失業率は10月末現在で全国で5.4%、有効求人倍率は全国で0.55、統計上、臼津で0.48であります。

 新規高卒予定者の求人状況は、10月末現在で内定率は67.4%、前年が74.2%で6.8ポイント悪化しております。11月末現在、市内企業の一般求人受理事業所は66事業所です。10月末有効求人倍率は0.48で、前年の0.58に比べ0.10悪化しております。

 今後は、緊急地域雇用創出特別交付金事業の活用等、職業安定所とも連携し、雇用対策を進めてまいりたいと考えております。



○議長(藤丸利光君) 林 議員。

 [3番 林 壯一朗君質問席登壇]



◆3番(林壯一朗君) 大変丁寧な答弁を頂きましてありがとうございます。

 まず再質問の関係で、1点目から順番にまいりますが、市内企業への支援方法ということで、いわゆる貸付金を2億、最大で2億4,000万用意されてるということでありますが、その中身として、今いう巷で言われていますのは、その信用保証協会が保証しないと言った場合にはどうなるのかという話が非常に出ておりますので、そういった点に、信用保証協会が保証しない場合、そのどういう具合に手続きをすればいいんかということについて再度お尋ねをしたいと思いますし、失業率の問題では、いわゆるこれだけ失業者が増えてるわけでありますから、臼杵市として、まあ昔ありました失業対策事業みたいなものができないのかどうかといったような論議をされて、そういったものが検討されたのかどうかということについてお尋ねをしたいと思います。

 と申しますのは、やはり市民の懐に現金をどう戻して、それを消費に回してもらうかと、その中で市内のやはりこの景気を上げていくということを考えた時に、そういった直接的にやはりこの市民の財布の中に現金が入る方法としては、そういう失業対策事業等が考えられるので、そういった点について事業ができるのかできないのかということをお尋ねをしたいと思います。

 それから、これは市民部の方にお尋ねしたいんですけども、これだけ失業者が増えておりますと、社会保険から国民健康保険の方に切り替える方も多くなってるんじゃないかと思いますので、そうした数字がわかればですね、どういうものかということについて、どういう状況になってるかということについて明らかにして頂きたいと思います。

 それから、先程答弁の中で、緊急地域雇用事業というようなことが言われましたけども、こういったものがどういった内容で、どういったものが想定されてるのか、そういったものが明らかになれば答弁をお願いをしたいと思います。

 それから、経済圏の問題では、やはり今市中心部が空洞化をして住む人がいなくなってる、それで今街の中では確かにいろんな拠点はできておるけども住む人がいないと、住む人がおられる場所をどう創っていくのかということについて考えられないのかというような声も出ておりますので、そういったいわゆる拠点整備と併せて、いわゆる居住空間をどう確保していくのかということについてですね、わかれば教えて、答弁を頂きたいというように考えております。

 それから、高速道路の問題では、臼杵商人の真価が問われるということを言われましたけども、高速道路が今回佐伯までですんで、これはやはり宮崎まで延びて、初めて道路としての役目が果たせると思いますし、つながって初めて臼杵市にも大きな経済効果をもたらすのではないかと思いますので、その辺のところをどのように把握をされてるのか、その点について再度ご答弁をお願いをしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(藤丸利光君) 市長。



◎市長(後藤國利君) ただいま再質問を頂きましたけれども、その中の3点につきまして私からお答えさせて頂きたいと思います。

 まず第1点の、信用保証協会に関する問題でありますけれども、市と致しましては先程申し上げましたような形での市の制度融資の拡充というようなことを計画を致しております。そういった中で、信用保証協会が関わってくる問題というのは2つありまして、1つは既に破綻致しました臼杵信用金庫からお金を借りている方々に対する融資に対する保証ということに対する信用保証協会の役目が1つであります。この役目につきましては、公的資金の導入等さまざまな背景のもとにいろいろ制度が整っておりますので、国の制度を十分に利用しながら、信用保証協会が手厚い保護を引き続きして頂くような形というようなものを強力にお願いをしているところであり、今後も働きかけをしていきたいというふうに思っております。

 そしてまた、もう1点は信用保証協会の既存の借入れ枠に関係なく、市内全体で経営が苦しくなるとか、あるいは資金需要があるとか、こういったようなことによる融資額の増加というようなことについてでありますが、このものにつきましては、保証協会にまあ保証協会としての運用を考慮しながら、出来るだけ柔軟に保証して頂くように、これも既にお願いをしているところであります。

 しかしながら、保証の、信用保証協会が保証してないものについてどうするのかというお尋ねに対しましては、これは市が運営しておりますこういうような制度、これは市民皆さんの税金を運営しているわけでありまして、この市民の税金を運営しているという趣旨から申しまして、信用保証をつけて運営をするということ以外でき兼ねるということをご了承願いたいと思います。

 次に、市内の中心市街地に住宅地をというようなお話でありますけれども、住む人がいなくなってるというのが商店街の問題ではなくて、商店街が住宅地に変化してきてるというのが一つの今の臼杵市の商店街の中心市街地の実態であろうというふうに思います。その住む人が商店ではなくて、住宅として利用されてるという部分がかなり多くなってると、もちろん空き家もございますけれども、そういう中でそれらの人々の年齢が高齢化してるということにも大きな問題点があります。

 そういった中で、ここに住宅地を造るかどうかというようなことにつきましては、街の機能等の全体的な機能の中を考えまして、やはり中心市街地はお客さんが来て頂くようになりさえすれば、やはり商店としての機能が一番ふさわしい所であるというふうに考えた都市計画もしているところでありまして、その都市計画の趣旨を重んじながら、利便性をどういうふうに確保していくか、そして街の活性化をどうやって成し遂げるかというのが課題であるというふうに受け止めております。

 高速自動車道が今のところ津久見まで開通する。そして佐伯までは用地買収が進みつつあると、そしてまた整備計画には蒲江までなっている。そして蒲江から先、北川を通って延岡に至る間は、この間について延岡の手前までは、まだ基本計画のままであるというのがただいまの状況であります。

 そういった中で、今後どうなるのかということにつきましては、当初の予定したとおりに、是非早急に作りあげて頂きたい、そして道路はつながってこその道路であって、行き止まりではこれは駄目であるというようなことについては、強くそういうような思いを致しながら今後もお願いをしてまいりますが、先行きの状況につきましては極めて不透明であると、何とも申し上げ兼ねるという実情であることを申し上げます。私からは以上3点であります。



○議長(藤丸利光君) 粟津課長。



◎健康課長(粟津英壽君) 林 議員の再質問についてお答え致します。

 社会保険から国民健康保険の加入状況についてですが、平成12年の10月と平成13年の10月の同期を比較しますと次のとおりになります。平成12年4月から10月までが、社会保険から国民健康保険に加入された方が750名、平成13年4月から10月までが831名、国民健康保険に加入は81人の増で約10.8%の増となっております。以上です。



○議長(藤丸利光君) 岡村商工観光課長。



◎商工観光課長(岡村忠生君) 緊急地域雇用喪失特別基金事業の内容でございますが、臼杵市手話通訳者派遣事業、公立学校周辺環境美化事業、公立学校図書指導強化事業、受入外国人研修委託事業等を計画致しております。

 それから、以前行われていた失業対策事業のことはどうかというようなお尋ねでございましたが、失業対策事業というのは失業者の救済方法につきましては、国等の動向を注視しながら進めてまいりたいと考えております。



○議長(藤丸利光君) 林 議員。

 [3番 林 壯一朗君質問席登壇]



◆3番(林壯一朗君) 信用金庫破綻に伴うですね、市内企業へのいわゆる支援問題でですね、先程市長が言われたように、確かに税金で運営してるという点についてはこれはもう私どもも承知をしております。そういった中で、今ここを乗り切ればもう何とかなる、しかし信用保証協会の保証がもらえないというような部分について、行政として手を差し伸べることができるのかできないのか、その点がですね、いわゆるここを乗り切れば何とかなるんだと、しかしそこに保証ができないというようなところの部分をどう行政として救済する方法があるのかないのか、まあそういった点をですね、どのように検討されたかどうかということですね。いわゆるこれはもう市長のやはり政治的判断の問題になってくると思いますんで、その辺のところをどのようにお考えになってるのかと。

 そして、先程国保から社会保険等にもいわゆる加入者が増えてきてるというようなことをお聞きして、先程の比較数字を上げて頂きました部分をいわゆる見てもですね、臼杵市のいわゆる雇用状況というのは、非常に悪くなっていると、確かに街を歩いてみましてももう本当悲鳴を上げてる、決して楽な状況ではないということがわかるわけでありますが、そういった中で、平成12年度の主要の施策の成果、決算の資料を見た時にですね、平成11年度にですね、11年度の普通建設事業費のいわゆる単独事業が27億ございましたものが、平成12年度は14億ということで、13億減少をしてるわけです。約4割近い数字が下がってきてるということを見た時にですね、臼杵市内の土木建設事業に携わるところもですね、本当に厳しいということになっておると思いますし、そのことが先程の税金の関係で言うならば、法人所得税がやはり落ち込んできてるということにつながってくるんじゃないかというように思うわけです。

 税金はこれはもう憲法30条に納税の義務というのが謳われているわけでありますから、納めて頂かなくてはならないんでありますけども、今国や県も人海戦術で、いわゆる不納になっているところについて調査をして徴収をしておりますけども、佐賀関町では悪質なものについては逮捕も辞さないというようなその新聞報道がなされておりますけども、臼杵市ではそのようなことまで市長として考えるのかどうか、その点についてお尋ねを致したいと思います。

 そして、先程申しました中心商店街の問題は、いわゆる商店街を住宅地にして下さいということじゃあなくて、商店街を構成するために、その回りに住宅地をどう配置するかという問題であるとも私は考えておりますので、今の臼杵市の中心商店街を力づけて市外からのお客もやっぱり呼び込んでいくと、高速道路を使って臼杵市の発展を図っていくというような視点で考えておられるのかどうか、その点についてですね、整理をして頂いて答弁をお願いしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(藤丸利光君) 市長。



◎市長(後藤國利君) ただいまの質問、最後の質問の住宅の問題でありますけれども、住宅につきましては確かに商店街を取り巻く地域が住宅化するということが望ましわけでありまして、そういったような点につきましてはここ数年間と言いますか、10年間程度の動きを見てみますと、例えばフジジン醤油さんが移転されて、そのあとが工場の跡地が住宅化した、そしてまたグンゼの跡地にも住宅ができたというようなことで、市内のそういう利用可能地として住宅になり易い所ということについては、確実にそういうふうになってきている。そして周辺の地域について、やはり住宅が徐々にと言いますか張りつきつつあるというようなところでありまして、そういったようなことをふまえて考えていきたいというふうに思います。

 それから、市民税の未納者につきましては、これは税務課を中心に致しまして、チームを編成致しまして徴収に心掛けてるということでありますので、ご了承を願いたいと思います。

 最後に、金融の問題でありますけれども、先程申し上げましたように、市民の大変大切な税金を預かって市の財政を運営しております。そういった中で議員ご指摘のここを乗り切ればそのあとは何とかなるというそのところでありますけれども、ここを乗り切ればあとは必ず良くなるというようなことについて、私自身そういう判断をするすべを持ち合わせておりません。市役所の担当課に致しましても、そこのところにつきましてはそれだけの、必ずここを乗り切りさえすればというような、そういうようなことがわからないというような状況であります。そういうようなことでありますので、皆さん方の苦悩はよくわかりますので、金融機関あるいは信用保証協会等に出来るだけ親切丁寧な、そして柔軟な対応をして頂くようにというようなお願いをしてまいりたいと思います。



○議長(藤丸利光君) 休憩します。

  午前10時35分 休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午前11時40分 再開



○議長(藤丸利光君) 再開します。

    林 議員。

 [3番 林 壯一朗君質問席登壇]



◆3番(林壯一朗君) 最後の質問でありますので、今会派で最終的に意見統一をしました。そして、その中で市内企業への支援方法の問題については、先程市長がここを乗り切ればというその判断ができないということを言われましたけども、いわゆるもう本当に厳しいところにその判断ができないということであれば、今回の2億4,000万というお金は、ある意味で絵に描いた餅になってしまう可能性もあるんではないかという感がしますので、ここはやはりいわゆる事務事業ということじゃなくて、臼杵市としての政策、政治的判断というものを是非示して頂いて、臼杵市内のやはり厳しい企業に手を差し伸べるということが、今一番求められてることであろうというように思いますので、その点について是非、更に踏み込んだ判断を市長としてして頂くことをお願いをしたいと思います。

 それと、雇用問題の関係では、先程課長の方からも答弁をいろいろ頂きましたが、手話通訳の関係とかいうような事業もあるということでございますけども、今いわゆる臼杵市でも10人仕事を求めて、5人しか仕事に就くことができないというような状況を考えた時に、行政としての失業対策事業というものを、今しなければいけないのじゃないかというように考えるわけであります。

 先程の答弁で、失業対策事業は国の動向等をみながら判断をしたいということを言われましたけども、先程の平成12年度の決算を見た時に、いわゆる単独事業、建設における単独事業は臼杵市独自の事業でありますから、そのお金が27億から14億と、予算総額は変わってない中で、そういう決算になってるわけでありますから、使えないことはないと思います。

 したがって、今市独自の失業対策事業ができないとするならば、是非市内の既存の事業に雇用拡大ができるような形で、税金を投入をしていくということが一番必要であろうと思います。もう年末も押し迫ってるわけでありますから、是非その対策を急いで頂きたい。そして税金というものは残すものではないと思います。要るからこそ税金を徴収し、市民は納付をしてるわけでありますから、税金が残るようであればある意味ではそれは減税をしなければならないことになってくると思います。

 そうした意味で、今不況対策にこの年の瀬を乗り切るために、是非手を打って頂きたい。そのことは市内の企業、そして市民を救うことにつながっていくと思いますので、大きな工事をするんではなくて、市民生活に密着した小さな工事を是非拡大をして頂きたい。そして今後の臼杵市の経済をよくするかしないかというのがかかって、この12月議会における議決の判断、そうしたものが大きく横たわっているというように思います。

 今国の財政も悪いと言われておりますけども、国の財政が80兆円で、地方の財政が100兆円規模になっております。だから地方が元気づけば、活性化すれば国の財政も良くなってくると思います。そして市民の収入が上がれば市税の収入も上がってくるということにつながっていくわけで、一点だけを見据えた取り組みではなくて、全体を見て、一つのコマの動きを追うんではなくて、全体を見据えた、是非大所高所に立った政策展開というものをお願いをしたいと思いますし、いずれにしても今大きな山場にかかっておりますこの年末の景気対策の問題で、失業対策事業等については臼杵市として何ができるのかということについて、是非早急に検討を加えて頂くことを申し上げまして、私の質問を終わらせて頂きたいと思います。ありがとうございました。



○議長(藤丸利光君) 市長。



◎市長(後藤國利君) ただいま再質問の融資制度について再度ご指摘がありまして、一番求められているのが私の政治判断だというようなことでございました。このことにつきましては先程答弁申し上げましたとおりでありまして、制度につきまして、その制度に対する行政判断を超えて、政治判断をするということは許されないことであると私は思っております。そして、その制度の運用につきましては、この運用を温かく運用してほしいということは私どもの願いでもありますので、そういった方向で今後ともお願いしてまいりたいというふうに思っております。



○議長(藤丸利光君) 以上で林 議員の代表質問を終了致します。

 次に、保守系を代表して、板井議員の発言を許可します。



(保守系代表)
板井孝太郎議員の通告事項
1 道路行政
 1.臼坂有料道路
 2.大泊、浜〜徳浦線
 3.県道502号線の今後の取り組み
2 経済
 1.国の2次補正への取り組み
3 教育
 1.幼稚園の取り組み
4 その他
 1.小田急不動産の土地について



 [21番 板井孝太郎君質問席登壇]



◆21番(板井孝太郎君) 保守系議員15名を代表致しまして、道路、経済、教育について5点ほど質問させて頂きます。

 まず、臼坂道路の無料化についてでありますが、市長は、地区懇談会において、平成14年4月1日から無料化の可能性があるとの発言をされておりましたが、10月16日、平松知事さんが国土交通省から12月27日に東九州自動車道が津久見市まで開通されれば、臼坂有料道路を無料化することは高速道路の通行量に影響が心配されるので、様子を見て時期を延ばしてほしいとの要請がなされたことで、県としては困ったことになったとの話がありました。

 こうした状況の中、早速志村県議はじめ、津久見市の古手川県議ら関係皆さんと協議し、強力に県に働きかけるとの返事を頂き、早急に実施してもらうために、来週の18日に市長、志村県議らと共に保守系議員で県に陳情に行く予定を致しておりますが、無料化の実現まで陳情等がとぎれることのないよう、引き続き働きかけることが大切であり、臼杵市はもとより、津久見市、佐伯市等県南地区が一体となっての取り組み、また臼杵市としての今後の取り組み等について市長のお考えをお聞きします。

 次に、大泊・浜・徳浦線についてですが、この道路は昭和48年、県道に昇格してから27年間経過しておりますが、その間一部の改良しかできてないのが現状であります。特に深江トンネルは非常に狭く、通行に困難をきたしておりますが、トンネルの改良は最も緊急を要する懸案事項でありますので、県、市の取り組みはどのようになっているのかお伺いを致します。

 また、今回深江小中学校の手前が崩壊し、全面通行止めとなり、陸の孤島として住民の生活に大きな影響が出たことは、行政として深刻に受け止めるべきだと考えられます。市は県土木と早急に対策を行い、現在片側通行ができ、バスに代わり行政がワゴン車で1日4往復しているとお聞きしておりますが、復旧工事が終わり、全面通行ができる時期がわかればお知らせをお願いします。

 また、津久見市との間の清水から楠屋に抜ける道路及びトンネルの設計はできているのか、できていればいつごろ着工し、完成予定はいつごろなのかお聞かせ願います。この道路が出来ていれば、今回の災害による陸の孤島にはならないで済んだと思うし、どうか住民の生活道路として、県はじめ関係機関に対して早期完成に向けての取り組みをお願いするものであります。

 次に、毎議会、地元議員であります長野議員、牧議員等から質問が出ております国道502号線の今後の取り組みについてでありますが。高速道路が12月27日にいよいよ開通することが決定致しておりますが、開通までには4車線化はどこまで完成するのか、また石仏までの4車線化に対する取り組みと併せ、都市計画決定はどのようになっているのかお尋ねを致します。

 次に、国の二次補正への取り組みについてでありますが、今回国の第二次補正では、環境関係に対する予算措置がなされておりますが、臼杵市としては久木小野地区の不燃物処理場の取り組みを取り上げるべきではと思いますが、市長のお考えをお伺い致します。

 次に、幼稚園の取り組みについてでありますが、平成12年度に市立幼稚園設置条例を改正し、3園の統合が決定しております。その統合について、新しい園舎の場所、その場所の選定の理由、今後の予定について、以上3点についてお聞きしますが、場所選定にあたり、将来児童数の減少を考慮しての小中学校の統廃合を視野に入れての検討も含めてなされたのかどうかについても併せてお尋ねを致します。

 次に、小田急不動産の土地についてでありますが、小田急不動産所有の土地は12月7日、臼杵市に無償譲渡されましたが、この土地は第一次列島改造ブームの1974年、大分市郊外にニュータウン構想を持っていた小田急不動産から臼杵市に協力の申し入れがあり、市も全面協力を約束し、下ノ江の関係地区に数回の説明会を開き、協力の依頼をしてまいった経過がございますが、計画面積約100ヘクタール、このうち共有地が約44%、残りが民有地ということで地区の皆様の合意を受けて、市としても都市計画での第一種低層住居専用地域に指定をし、下ノ江ニュータウン計画として将来臼杵の発展を期待して、民有地約9万平方メートルの買収を進めてまいりましたが、会社の都合により計画が進展しないまま現在に至っておりましたが、今回小田急センチュリーホテルの撤退に伴い、市長が小田急の社長に機を失せず、市として活用したいので譲渡して欲しいとの要請され、このたび無償で譲渡されることになったことは、後藤市長の政治力の賜物であり、感謝申し上げる次第であります。

 今後は、民有地が虫食い状態でありますので、これを機会に、残った民有地を早急に買収して、全体をまとまった土地として活用をお願いするとともに、併せて、将来的な構想としての土地の有効利用について市長のお考えをお聞きします。

 以上、保守系としての代表質問を終わりますが、明解なるご答弁をよろしくお願いします。



○議長(藤丸利光君) 市長。

 [市長 後藤國利君登壇]



◎市長(後藤國利君) ただいまの板井議員の代表質問にお答え致します。

 まず、臼坂有料道路についてでありますが、臼杵坂ノ市有料道路は昭和53年に開通し、県南地域と県と大分市を結ぶ主要路線として、これまで関係地域の住民生活や産業経済の向上に大きな貢献をしてきた大変重要な道路であります。

 この主の一般有料道路は、供用開始から30年間を最長期限として、建設資金の返済を終えた時点で無料開放されるということになっております。このため、最長の場合は平成20年ということになっているわけであります。

 先程板井議員からご指摘のとおりでありまして、兼ねてよりこの無料化につきましては議員皆様方はじめ、また地元の皆さん、そして臼杵、津久見、佐伯市民の念願であったというようなものであります。

 市と致しましては、本年12月27日に東九州自動車道臼杵インターが開通するということになっていることから、東九州自動車道も有料、そして臼坂も有料、そして更に国道10号線を出て米良を通っても大分市に入るのは有料という、県南に入るのはあちらにもこちらにも有料の関所があるというようなことでは困るではないかというようなことで、これを機に、この道路が無料化されることで住民生活に密着した生活道路としての役割を更に増すのではないかということで、商工会議所をはじめ、各種団体の協力を得ながら、官民一体となって県に働きかけてきたところであります。

 市議会におきましても、昨年9月議会で無料開放を求める意見書を可決し、津久見、佐伯の市議会とともに県知事に要望して頂いたところであります。また、志村県議も県南の県議会議員と一致団結して、要望活動を展開して下さってるというようなことにつきましては、先程ご指摘のとおりでありまして、この道路の無料化は臼杵市民の悲願であることから、今後も引き続き、強力にお願いしていくということで、県に対しましても近々陳情を申し上げたいということを計画しておりますので、皆様もどうぞご協力をよろしくお願いを申し上げます。

 次に、「二次補正への取り組み」についてお答え致します。

 国は事業規模で4兆円となります2001年度第二次補正予算の編成作業に着手しております。その内容は都市再生、科学技術、少子高齢化など重点7分野に関連した改革推進公共投資というものを行うということで、4兆円の補正予算を組んでおります。道路建設など一般公共工事、研究施設や保育所、介護施設の整備など施設費、こういったようなようなものが対象になっておりまして、その中に環境の関係のものももちろん含まれているわけであります。

 市と致しましては、介護予防、それから議員ご指摘の処理場整備事業といったものがただいまの二次補正の対象になると考えて、是非これを入れて頂きたいというようなことで努力をしているところであります。

 臼杵市の計画する最終処分場建設事業について、この二次補正に導入して頂くように取り組みを行っているところでありますが、この不燃物処理センターは昭和58年に供用開始し、既に19年が経過して、埋立残容量も少なくなっております。このため、不燃物処理センターの増設を計画し、地元地区とも協議を重ねた結果、温かいご理解のもとに大筋で合意に達しました。平成14年度からこの事業実施をしたいというような予定で国の方と相談をしているところであります。

 国の補正予算の採択条件は、この環境関係につきましては平成14年12月からダイオキシンの対策が施行されますので、このダイオキシン対策を全体としては環境関係の第一義として考えたいというようなことでありまして、それで余分が出た場合にはほかの環境対策にも回せるとこういうふうに伺っております。

 それで、臼杵市では14年に計画している不燃物処理センターを是非平成13年度の二次補正で取り上げて頂きたいと、採択して頂きたいということで、機会あるごとに関係機関への要望等を行っているところでありまして、議員ご指摘のように、この事業を前倒しできるように最大の努力をしてまいりたいと思っております。

 次に、「旧小田急不動産所有の土地の利用計画」についてお答えを致します。

 今回対象になった土地の経緯につきましては、ただいま議員が詳しくその当時のことからお話頂いたそのとおりであります。

 この土地なんですが、この土地は旧217号線、熊崎から下ノ江に行ってるあの217号線と、それからそこから分かれまして鉄道を通って大坪に至ってるこの線と、それから新しい217号線、いわゆる下ノ江バイパス、そして下ノ江バイパスの柏のところから大野まで既に完成しております広域農道、これに囲まれた地域の現状林野、山林原野という土地でありまして、これがただいまご指摘のとおり、およそ100ヘクタールというふうに見積もられてるそのような土地であります。皆さんもご承知のとおり、大変価値のある土地であるというふうに思っております。

 このたび小田急不動産株式会社より譲与していただいた土地は、当時ニュータウン造成のために買収した土地約9万平米でありまして、この土地は現在都市計画法上の第1種低層住居専用地域に指定されたその中であります。この地域はご承知のとおり、臼杵・坂ノ市有料道路及び関臼津広域農道に面し、交通の便が非常にいいということと、更に今後この有料道路が無料化されるならば、その利用価値はますます高くなってくるものと考えられます。

 この利用先としては、住宅地域のほかに学園地域としても適した所であり、そのほか多種多様な利用計画が今後考えられると思います。臼杵市の今後長期間のことを考えますと、この土地の利用価値というのは非常に高いものがあろうかというふうに思われます。

 この地域は、ただいま9万平米というのは虫食い状態になっておりますけれども、全部まとまってこそより利用価値が高くなるものということでありますので、今後の用地買収等周辺地権者のご協力を得ながら、長期的な見地に立って買収を進め、そして事業計画を検討していきたいと考えているところであります。

 そのほかの質問につきましては教育長、部長より答弁致します。



○議長(藤丸利光君) 教育長。

 [教育長 岡部観栄君登壇]



◎教育長(岡部観栄君) ただいまの板井議員ご質問の「幼稚園の取り組み」についてお答え致します。

 公立幼稚園につきましては、昨年度設置条例を改正して、1園に統合し、本年度より保護者の要望の強かった2年保育を実現したところであります。しかしながら園舎は暫定措置として3園舎を使用しています。

 教育委員会と致しましては、本来の統合の趣旨に沿って、1園での保育を実現するため、公立幼稚園問題検討委員会を開催し、検討を重ねました。

 一方、児童・生徒減少期の小中学校の適正規模、適正配置につきましては、幼稚園問題とは別に現在臼杵市教育問題検討会議で議論を頂いてる最中でございます。幼稚園の場所選定にあたっては、小中学校とは別に私立幼稚園や保育所とのバランスを考えた上で、園舎は現在の南園舎の場所が適切であると判断致しました。

 その理由ですが、まず第一に教育文化施設の全市的な視野に立った均衡の取れた配置であります。近くに幼稚園や保育所がない地域に対して考慮するとともに、幼児数が減少する中で、公立幼稚園と私立幼稚園や保育所の関係についても配慮した上で、全市的なバランスが取れた配置であると考えています。

 2点目に、健全でたくましい心身の基礎を培う幼稚園教育に適した環境であります。南津留地区の田園や野山、公園や文化財など恵まれた自然環境の中で、心豊かでたくましい幼児教育が展開できるものと考えます。さらには地域の人々とのふれあいを通して、活性化にもつながればと期待しています。

 3点目として、通園バス導入の際の道路事情が、他の2園舎の周辺より良いと考えられます。これらを総合的に判断し、場所の選定を行ったところであります。

 次に、用地確保等の時期についてでありますが、用地については新たな確保は考えていません。現在の計画では平成14年度中に園舎整備を行い、通園の諸条件を整えた上で移転し、平成15年4月より新しい園舎で、活力ある2年制保育を開始したいと考えています。



○議長(藤丸利光君) 高橋建設産業部長。

 [建設産業部長 高橋洋児君登壇]



◎建設産業部長(高橋洋児君) 板井議員ご質問の「大泊・浜・徳浦線」についてお答え致します。

 県道大泊浜徳浦線は、昭和48年に県道昇格以来、県から局部的改良をして頂いておりますが、現在までの整備率は18.6%と低く、地区住民の方には迂回路のないこの道路は日常生活に不便を強いられております。ご承知のように、去る10月12日、柿ノ浦久保浦間で一部路肩が崩壊して、一時的に全面通行止めになり、地域住民に多大な影響を及ぼしました。幸いに人身事故につながらず安堵しているところであります。その後直ちに普通自動車が通行可能な程度に仮復旧をされております。本復旧の工事は既に発注しておりますので、14年3月末に完成する予定であると聞いております。

 今回の教訓から、県はこの県道全線にわたり危険箇所の調査を行っておりますが、市と致しましても補強工事を早急に実施して頂くよう、県に強く要望しているところであります。

 このような状況の中で、議員ご質問のとおり、津久見市に至る清水楠屋トンネルは、迂回道路としての整備が急務と考えております。清水楠屋トンネルは平成10年度に概略設計でルートの検討を行い、今年度清水地区と津久見側の楠屋地区に計画説明をしてきたところであります。計画概要はトンネルと前後の取付道を含めて総延長1,270メートル、幅員7メートルとなっておりますが、着工年次は未定と伺っております。

 この清水楠屋トンネルに着手するには、工事用の大型機械の搬入搬出のため、深江トンネルの整備と清水地区の道路整備が急がれております。深江トンネルにつきましては平成12年度にトンネル部、今年度にトンネル前後の取付道路の概略設計を行っております。

 大泊浜徳浦線全線における臼杵側の総延長約9キロメートルは、地域の発展に欠くことのできない道路であり、災害に強い道路として整備して頂き、全線の早期完成と迂回路としての清水から楠屋に至るトンネルの早期着工を県に強くお願いしてまいります。

 次に、「国道502号の今後の取り組み」についてお答え致します。

 現在国道502号の整備は、12月27日の東九州自動車道臼杵インターチェンジの開通に合わせて急ピッチで進んでおります。当初開通までに旧下南生協までを幅員25メートルの4車線で供用開始という予定でしたが、開通時期が早まったことや用地買収に期間を要したことから、一木橋までを4車線で整備を行い、引き続き今年度中に旧下南生協までを整備していきたいと県より伺っております。また、石仏入口までは国道事業として4車線化の計画で現在測量を行っております。

 都市計画道路としての計画決定の作業も県の事業の進捗状況に併せながら進めております。

 新川地区につきましては、交通のネックになっており、特に東九州自動車道開通後は「国宝臼杵石仏」の観光客の増加が見込まれることから、一日も早く着工できるように県に働きかけてまいりたいと考えております。以上でございます。



○議長(藤丸利光君) 休憩します。

  午前11時16分 休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午前11時30分 再開



○議長(藤丸利光君) 再開します。

 板井議員。

 [21番 板井孝太郎君質問席登壇]



◆21番(板井孝太郎君) それでは再質問致します。

 ただいま休憩中に、議員さんと協議した結果、有料道路の無料化について、大変まあ県も難しい面もあるようでございますが、我々地元としても、また議会臼杵市としてもでくるだけ早く無料化して欲しいという願いは変わらないとこのように考えておりますので、市長には大変でしょうけど、是非頑張って、1日も早く早急に無料化されますようにご尽力を今後ともお願いしたいということはこれは要望致します。よろしくお願いします。

 それから、次に502号についてでございますが、これは平成14年から17年に向けて、荒田橋から深田までの間は何とか改良したいという計画が出ておるようでございますが、ご案内のように、新川地区が非常に狭くて危険な状態にあります。それで県に話をして、工事が出来るんであれば今年度3月までで、その次14年からはこの新川地区から工事を始めるということは出来ないんであろうかと、出来たらこういう形でこの危険地域の解消をやって欲しいということでございまして、当面、地権者も早くこれをということを強く要望しておりますので、何とか片側だけの家でも取り壊しが協議が出来れば、早くして、仮道にしてでも危険がないような状態にということの努力をして頂きたいということを我々議員協議したわけでございますので、国宝の石仏もありますし、高速道路が開通すれば、是非ここが一番ネックになるし、こういう狭い道は国道ではほかにはないと思いますので、市長や担当者は県に強く要望して、このことは早急に実現するようにやって欲しいなとこのように思いますので、是非これについての取り組みをお願い致します。

 それともう1点は、旧生協から荒田橋の間が何か1メートルぐらい嵩上げをする予定ということは聞いておるけど、こういう中で予定だけでなくて、嵩上げを素早く、早くして頂かないと水浸しになってまた危険になると困るという面がございますので、このことも含めて県の方に強く要望して頂きたいとこのように考えておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 そのほかの件については、市長や皆さん方のご答弁に対し、心から敬意を表しまして、その答弁のとおりに頑張ってやって頂きたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(藤丸利光君) 市長。



◎市長(後藤國利君) ただいまの質問の中でありました、特に新川地区の問題でありますけれども、この地区の改修につきましては、今後都市計画の変更という手続きを経なければいけないというようなことがありますが、この都市計画の変更というようなことも今鋭意進めているところであります。

 したがいまして、ただいまのお話のように、あの地区が最も急を要するということはそのとおりでありますので、県の方に、県に対しまして、臼杵市としてはやって欲しいところもいろいろあるけれども、あすこが一番急いでるんだというようなことにつきましては、すぐさまその旨伝えまして、そしてその方向に向かって、実現に向かって努力したいというふうに思います。



○議長(藤丸利光君) 高橋建設産業部長。



◎建設産業部長(高橋洋児君) 荒田橋から生協の間の嵩上げ等につきましても、県の方に要望してまいりたいと思います。



○議長(藤丸利光君) 以上で板井議員の代表質問を終了致します。

 これより個人質問を行います。

 三浦議員の発言を許可します。



三浦正行議員の通告事項
1 財政
 1.地方自治体もプライマリーバランスの均衡を見据えた財政運営が必要と考えられるが、市長のお考えを聞きたい。
2 IT塾講座
 1.豊の国IT塾の一環としてのパソコン講習を終えた人たち(特に高齢者)に対しての今後の対応について
3 観光
 1.12年度に比べての観光客の推移は
 2.観光客の増加することが予想される中、パーク&ライド方式も視野に入れるべきでは



 [9番 三浦正行君質問席登壇]



◆9番(三浦正行君) 通告にしたがいまして、財政、IT、観光関係の3点について質問をさせて頂きます。

 最初に、財政について質問をさせて頂きます。

 小泉首相が掲げる「聖域なき構造改革」の中身が徐々に姿を現し、私たちの身近にも痛みが実際に出てきました。先程の代表質問でも取り上げられました信用金庫の破綻や公共事業の削減など、中小企業を取り巻く環境は本当に厳しい状況にあります。それと同時に、これから地方自治体にとっても本当に厳しい時代が迫ってることは確かです。

 ところで、臼杵市の12年度の決算報告を見ますと、経常収支比率が87.8%、起債制限比率が13.4%となっていますが、平成9年度の数字と比較すると、経常収支比率で8%、起債制限比率で0.7%減少しています。この結果は市長以下職員の皆さんの絶え間ない努力の成果だと敬意を表します。しかしある程度数字が改善されたからといっても、財政的にはまだまだ厳しいものがあります。

 また、先程述べたように、聖域なき構造改革によって地方交付税や補助金の見直し、そして交付税の一部を赤字地方債で補填するなど、地方財政も今までのような感覚ではやっていけない時代となりつつあります。また臼杵市の財政も徐々に好転しつつあるといっても、これから広域ゴミ焼却場の負担金や、不燃物処理場の新たな建設、そしてし尿処理場の処理など大きな起債が控えています。

 そのような厳しい財政状況の中で、これから歳入歳出から借金を除いたプライマリーバランスの均衡ということも視野に入れた財政運営が必要ではないでしょうか。政府は2008年度までにプライマリーバランスを黒字化に持っていくと発表しています。地方自治体にとってプライマリーバランスを完全に均衡するということは不可能に近いことですが、常にそういう意識を持って財政運営にあたることは、非常に大事なことではないでしょうか。自治体に対する交付税や補助金の手当が地方の放漫財政を招いたと言われる中で、政府も、交付税が支えてきた自治体の護送船団方式という実質からの脱却を促しています。そしてこれからが地方自治体にとってふんばりどころであり、健全財政を目指す本当にいいチャンスだと思いますし、プライマリーバランスを見据えた財政運営も考えるべきだと思いますが、市長のお考えをお聞かせ下さい。

 次に、IT講習会に関しての質問です。

 豊の国IT塾の一環として、初心者のための無料パソコン教室が開かれ、老若男女を問わずたくさんの方がパソコンの講習を受けています。またふれあい情報センターでは、パソコンの無料開放も行っているようですし、今までパソコンは難しいと思いこんでいた人たちもパソコンはとっつきにくく覚え易いということが理解できたのではないかと思います。

 パソコンを使い出すと1〜2時間はあっという間に過ぎます。特にメールやインターネットなどを覚えると時間のたつのも忘れてしまうことがよくあります。

 ところで、講習を終えられた方々、特に年配者の方々ですが、家に帰っていざパソコンを使おうと思ってもど忘れしたり、機種が違ってたりしてうまく作動させることができないという話をよく聞きます。実際私も近所の方から言われて教えに行ったことが何度かあります。家族の中にパソコンに詳しい人がいれば問題はありませんが、お年寄りの夫婦だけとか一人暮らしの方にとっては、いくら近所の人とは言え、何回も教えてもらうのはなかなか言いにくいものがあるのではないでしょうか。

 そこで、講習を終えられた方に対して、わからないことやトラブルが起こった時に手助けができるような体制づくりも必要だと思いますが、市としては何か考えているのかお伺いします。

 また、もう1つ疑問があります。それはパソコン購入のことです。現在パソコンもいろんな大型電気店や通販で販売されていますし、非常に安く購入することができます。IT関係に詳しい人にとってはいろんな選択肢があり、低価格で購入が可能でいいことなんですが、パソコンを習ったばかりのお年寄りにとってはパソコンを選ぶことは本当に大変なことではないでしょうか。買いたくてもどのような機種がいいのか、またいくらぐらいなのかさっぱりわからないと思います。行政からどこのメーカーがいいのか、どこの電気店がいいとかいうことは勧めるのは無理だと思いますが、せめて臼杵の電気組合やパソコン講習を事業として行っている事業主などと提携して、そういう方々に購入に関してのアドバイスをするような態勢をつくることも必要なのではと思いますが、併せてお答え下さい。

 次に観光に関しての質問です。

 先月に臼杵石仏が国宝になってからの入場者数が150万人を達成して、150万人目のカップルに記念品が贈呈されました。市長の議会初日の説明によると、予想より早い達成だということですが、石仏や市内を訪れている観光客は増えているのではと思います。実際深田の業者の方々も、去年よりも石仏を訪れる観光客が増えていると言っていますし、市内を散策する団体客も近頃頻繁に見かけます。本当に嬉しいことですが、去年と比べて観光客の推移はどうなっているのか、また増えているとしたらその要因はどのようなことが考えられるのか、お聞きします。

 最後に、これから増えると予想される観光客や車に対応するためのパーク&ライド方式についてお伺い致します。

 臼杵市を訪れる観光客は、来年以降相当増えると考えられます。一昨年臼杵市で全国町並みゼミが開催され、今年に入ってナショナルトラスト全国大会が開催されました。両大会とも臼杵の良さを全国の方に知ってもらえた大変意義深い大会だったと思います。そしてこの大会に出席された多くの方々が、もう一度臼杵の街を訪れてみたいとおっしゃっていましたし、そのような人たちが口伝えで臼杵の良さをアピールしてくれているようです。

 今月の27日には待望の高速道路が開通します。そして来年の春には臼杵映画「なごり雪」の上映が決まっています。観光客が増える要素には事欠きません。また、現在バランスシートの行政視察が多いと聞いていますが、まちなかの整備が進めばそちらの方の視察も相当増えてくると思います。多くの方が訪れてくれて、活気ある街になることは市民の願うところですが。市外、県外の資本が好き勝手に進出してこられては、臼杵の良さがなくなりかねませんし、十分注意を払ってもらわなくてはなりません。このことは前の議会でも指摘しましたし、市長も十二分に理解していると思います。

 ただ、もう1つ心配なことがあります。これも何度か指摘されてきたことですが、これから起こり得る中心部の交通渋滞と駐車場問題です。先月の日曜日でしたが、稲葉屋敷前に9台の大型観光バスが入り込んで身動きができないような状態になっていました。当然地元の車も立ち往生していました。これからこのような光景は十分考えられますし、行政として早めに何らかの対策を打つべきだと思います。そしてその対策の1つとしてパーク&ライド方式が有効ではないかと考えます。

 先月のNHK放送で、この方式を取り入れている白川郷と鎌倉の街が紹介されていました。中心部から少し離れた場所に駐車場を設け、そこからシャトルバスなどを使って街の中心部に入る方式です。これだとまちなかが車で渋滞することもなく、市民や観光客も安心して買い物や散策ができるわけです。ただ、白川郷の場合は人口も少なく、いい結果が出ていましたが、鎌倉の場合人口も多く、また鎌倉の街に入る道路がいくつもあり、複雑で成功しているとは言い難く、まだまだ多くの課題を残しています。

 臼杵市の場合は、人口的には白川郷程度であり、工夫次第ではいい結果が出るのではと思います。観光客が電車などで訪れてくれれば言うことはないのですが、有名になればなるほど観光業者がねらいをつけますし、大型観光バスの増加は避けられないのではと思います。

 また、石仏を訪れた観光客を市内に引き込むのであれば、なおさら大型観光バスの市内への導入は避けられないのではと思います。そのような状況を考えると、パーク&ライド方式を検討する価値は十分あると思いますが、市の考えをお聞かせ下さい。以上です。



○議長(藤丸利光君) ここで休憩します。午後は1時30分から再開致します。

  午前11時47分 休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午後1時30分 再開



○議長(藤丸利光君) 再開致します。

 市長。

 [市長 後藤國利君登壇]



◎市長(後藤國利君) 三浦議員ご質問の「地方自治体もプライマリーバランスの均衡を見据えた財政運営が必要ではないか」ということにつきましてお答え致します。

 プライマリーバランスという言葉は最近時々耳にする言葉ですけれども、私もよくわからないので調べてみましたら、プライマリーバランスというのは要するに次の世代に借金を残さないで済むようにバランスを取ること、言ってみればその年度の返すべき借金であるところの返済する公債費と利払い、その限度内に国債、国の場合ですと国債ですけれども、国債発行を抑えるということで、新たな借金をして大きなつけを次の世代に残すというようなことをしないようにバランスを取るという、それがプライマリーバランスの意味であるというふうに言われているということがわかりました。

 そういうようなことから、小泉内閣におきましては、聖域なき構造改革するんだというようなことで、遠くない将来にプライマリーバランスを目指したいと、さしあたってはそれができるような状況ではない、やはり次世代に借金を残してでもさしあたっては国債の発行を大量に続けねばならないという状況ではありますけれども、将来的にはそのバランスをさせたいと、こういうようなことであるというようなことでありますが、2002年度から国債発行を30兆円以内に抑えると、そして国債の利払いと元本償還費以外の歳出を新たな借金に頼らず、税収などで賄う、そのような時を出来るだけ早く実現したいとこういうようなことであります。

 地方公共団体と地方自治体と国のシステムは違います。それで国の方がこのようなことをしなければいけないというようなことは、これはもうごく当然のことだというふうに思いますが、国がそのような政策を取りますと、地方自治体の財政は極めて難しくなってまいります。地方自治体の赤字も含めまして、そういったようなものを結局補填するのは国でありますから、だから国の方がそういうような補填をする、それを将来につけを残さないということになりますと、地方自治体の方はこれまで以上に更に大きな財政の改善の努力を必要とするということになろうかというふうに思います。

 そういうような中でありますが、臼杵市でも特に優良債と言われる後年度地方交付税で補填措置のある地方債を厳選して事業を行ってまいりました。したがいまして、数年間は名目上の借金は増大していますけれども、実質借金の状況はあまり変化なく推移しております。

 このあたりのところが大変難しいところでありまして、地方自治体の場合は名目の借金と実質借金が大きな差があります。名目の借金と実質の借金の差はおよそ実質借金の倍ぐらいの名目借金があると、だから名目の市債の半分くらいは、これは補助金的性格で、将来国が自治体に支払うということを確約したそういう市債であります。こういうような市債まで含めた名目の市債だけでいきますと、これをバランスさせることはとても不可能であります。しかしこれを差引いた実際の市債の増加というようなことでは、これを増やさないように、実際の市債が将来の臼杵の臼杵を担う人たちにそれを残すということがないようにということで、市政運営に心掛けておりまして、一般会計におきましては、昨年1年間だけを、12年間だけをとってみますと、12年はそれはプライマリーバランスは均衡してるというようなそのようなことになっております。即ち新たな実質的な借金の積み増しをしてないというようなことであります。しかし、名目的な借金は相当積み増しておりますから、これらを考えた時に、国の将来がどうなるかということになりますと、極めて厳しい状況であると。

 したがいまして、国がそのような状況を取る限り、そういうような政策を取る限り、地方自治体はますます財政運営が厳しくなるので、それに耐えられるようなそのような形の改善をしていかなければいけないというようなことになろうかと思います。

 臼杵と致しましては、歳入の名目上の借金を含む地方債が歳出の公債費を上回っておりますが、表面的なプライマリーバランスの均衡を達成するということは、今申し上げましたように、制度上難しいということでありますけれども、実質的なプライマリーバランスというものについては、これを今後ともバランスが取れるようにしていきたいということを考えております。以上であります。



○議長(藤丸利光君) 菊田生涯学習課長。

 [生涯学習課長 菊田 徹君登壇]



◎生涯学習課長(菊田徹君) 三浦議員ご質問の「IT塾講座」についてお答え致します。

 豊の国IT塾講座につきましては、議員も既にご承知のとおり、市民の情報活用能力の向上に努めるため、平成12年、13年度の2カ年間、国の全額補助を受け、市民を対象としたパソコン操作等基礎技能習得のため、中央公民館、中学校、ふれあい情報センター等を利用して、無料の講習会を開催してるところです。

 1講座20名で、年間90回の開催予定をしておりましたが、受講希望者が多くなり、8講座増やしております。11月末で83講座終了し、あと2月末までの15講座となっておりますが、既に13講座が予約でいっぱいになっている状況です。

 このようなパソコン操作技能を習得したいと希望している多くの市民ニーズと、更に講習を受けたい人が購入したパソコン操作をしていて、一部操作がわからなくなった場合のケアとして、市と致しましては、来年度も生涯学習課あるいは公民館事業として、初心者対象のパソコン講座を開催していきたいと考えております。

 また、受講者がパソコン機器を購入する場合、その機種等の選定に当たって、議員ご指摘のとおり、市としての立場上斡旋は難しいと考えておりますが、パソコン機器を扱う業者の方や、講師をしている方々に対し、市民からの相談があった場合、懇切丁寧に対応して下さるようお願いしていきたいと思っております。



○議長(藤丸利光君) 岡村商工観光課長。

 [商工観光課長 岡村忠生君登壇]



◎商工観光課長(岡村忠生君) 三浦議員ご質問の「観光」についてお答え致します。

 まず初めに、「12年度に比べての観光客の推移」につきましては、11月末現在で石仏、稲葉家下屋敷、吉丸記念館の有料入場者数は16万7,000名で、前年が15万5,000名ですので1万2,000名の増となっております。

 観光客の増加要因と致しましては、石仏の古代ハスが全国でテレビで紹介されたこと、臼杵映画「なごり雪」の撮影が行われたこと、うすき竹宵祭、またアメリカにおける同時多発テロにより、海外旅行の自粛等があると思われます。今後も宣伝、広報を行い、観光客の誘致に努力したいと考えています。

 次に、「観光客の増加が予想される中、パーク&ライド方式も視野に入れるべきでは」につきましては、議員ご指摘のとおり、東九州自動車道の開通、臼杵映画「なごり雪」の来春上映を機に、観光客の増加が見込まれます。11月の竹宵祭で実施致しました市役所等に駐車して頂き、シャトルバスを運行するという方法も考えられるところですが、先般国土交通省が実験を行った鎌倉市、白川郷の状況を把握し、今後駐車場のことも念頭におきながら、検討を致したいと思います。



○議長(藤丸利光君) 三浦議員。

 [9番 三浦正行君質問席登壇]



◆9番(三浦正行君) どうもありがとうございました。

 財政につきましてはですね、市長も言われてるように、今、市としてはいろんないい起債を借りながら、財政再建に向かっていい形で進んでいるというふうに私も考えます。ただ、先程申しましたように、これからゴミ処理場の問題とかいろいろ後年度負担が相当かかってくると思いますし、また今日の新聞ですか、地方財政が10兆円の不足をするというようなことも書かれておりましたし、ますます起債におきましても厳しくなってくるんじゃないかなと地方がですね、そういう中で、やはりこれからもですね、プライマリーバランスを含めたいろんな角度からやっぱり検証をしていくことが必要じゃないかなというふうに考えますし、市長も民間会社を経営してる中で、やっぱり今まで民間経営のそういう感覚を行政に取り入れたということで、まあいい形になってると思いますし、そういう意味でも、これからもっと思いきったいろんなことをやりながら、財政再建をお願いしたいと思います。

 また、パソコンの購入なんですけど、今、市としてはケーブルテレビのインターネットの拡充はこれからイントラネットの構築とかいろいろ考えてるみたいですし、まあはっきり言って双方向を目指してるというふうに考えております。その中で、やはりそういう高齢者も一緒に巻き込んだそういう形を取っていかなきゃいけないと思いますし、やはりそういう高齢者にやはりパソコンというのがちゃんと手元に持てるような形ですかね、そういうのをやはり市として考えて頂きたいと。まあやはり私たちが考えてる以上に何ちゅうか高齢者はパソコンを購入するというのは、本当にちょっと難しいところがあるというふうに考えますので、行政としてもいろいろ難しい部分があると思いますが、そこのところはプッシュして頂きたいというふうに思います。

 それから、観光の面でちょっと市長に聞きたいんですけど、金沢市ですね、この前行ってきたんですが、そこでフラットバスというのを、まあ100円バスなんですけど、そういう運行をしてるんですね、フラットというのがまあふらっと乗れるということと、その平らなバス、フラット、その2つを掛け合わせたフラットバスという形で、市内を2〜3台ですかねえ15分おきぐらいにずっと回ってるんですけど、臼杵市としても将来的にそういうことを考えられないのかと、是非考えて頂きたいというように思うんですが、その辺ちょっと市長の考え方をお聞きしたいと思いますが、よろしくお願い致します。



○議長(藤丸利光君) 市長。



◎市長(後藤國利君) 金沢市のフラットバスということについての質問でございますけれども、これまでにも他の議員さんからも市に循環バスはできないかというような、そういうようなこと、あるいはパーク&ライドということもありますけれども、市内に駐車場からのシャトルバスを運行してはどうかとか、そういったようなさまざまなご提言を頂いております。

 今法律の改正があってまして、運送業に関する規制が相当に緩和されます。緩和された暁には、いろんなことができるようになるということを思っておりまして、今後財政状況の推移を見守りながら、財政が許すならば、15年度からそういうような市内の循環が便利になるような、そういうような制度を導入できないものかというような考えを持っておりますが、このような時期でありますから、それができるような財政状況になるのかどうかというようなことを慎重に見守って、優先課題として考えていきたいというふうに思います。

 それから、さっきの質問の中にありましたパソコンの指導についてちょっと一言お答えしておきますが、パソコンの教室を今やっておりまして、先日も情報センターの最終講座にちょっと傍聴するようなそういうような機会がありました。そしたらやはり今後困った時はどうしたらいいんですか、誰に尋ねたらいいんですかというようなことを真剣に質問をしておりまして、確かにそういうところがネックんだなあというようなことをつくづく思いました。

 臼杵市役所は幸いにも市役所全員がパソコンを持って、ほぼ全員が持って、そしてほぼ全員が使いこなすという大変恵まれた役所になっております。県庁にもない、他の市役所にもない、そのような恵まれた状況が出来上がっております。そういうようなことから、職員は程度の差はありますけれども、全員かなり使いこなせるようになっております。したがいまして、困った時のお助けマンはですね、市役所職員全員がお助けマンというような形になれて、それで何か困ったことがあったら市役所の職員をつかまえて聞いて下さいと、こういうようなことを言えるようになればいいなというふうに思っております。今後そういうようなさまざまなことを考えて、情報化時代に対応してまいりたいというふうに思っております。



○議長(藤丸利光君) 以上で三浦議員の質問及び答弁は終了致しました。

 三浦議員の質問及び答弁に対し、関連質問のある方は挙手を願います。

 見河議員。



◆16番(見河洋子君) 三浦さんの観光について関連質問をします。

 臼杵石仏が国宝になった時、この議会でも今度は世界遺産にという話がありました。その後どうなっているのかお尋ねします。



○議長(藤丸利光君) 休憩します。

  午後1時48分 休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午後1時50分 再開



○議長(藤丸利光君) 再開します。

 菊田生涯学習課長。



◎生涯学習課長(菊田徹君) ただいま見河議員からご質問のありました世界文化遺産についてお答え致します。

 この問題につきましては、国宝指定後、大分県の中でもこの国宝を中心にしまして、世界文化遺産に指定をしたらどうかという話がございました。平成9年別府大学あるいは大分県教委が音頭を取りまして、大分県のユネスコ協会長を中心に致しまして会議を持って、大分県において世界文化遺産の登録をどうしょうかという話が持たれた経過がございます。

 ただ、この中でいろいろ意見が出まして、石仏だけでは面積的にも非常に狭いと、やはり世界文化遺産というのはかなりの広範囲の面積を必要とするというのが条件になっております。その中で臼杵磨崖仏だけではなくて、この大野川流域のあらゆる磨崖仏を含めて、豊後磨崖仏という形ではどうかという意見が1つございました。

 それともう1つは、宇佐を中心に致しまして、それから国東半島の六郷満山文化というものを中心に、ここを世界遺産に登録したらどうかという話が出てまいりました。この中でいろいろ議論を重ねましたが、なかなか結論が出るに至っておりません。特に面積的な問題が非常に多く関わっておりまして、臼杵磨崖仏確かに日本でここしかないだけの素晴らしいものでございますが、やはりそれだけではなくて、周辺を取り巻く面積というのは当然必要になってくると、ですから皆様ご存知のように、指定地としましてはいろんな今神社でもまあ奈良ですとか、あるいは京都、そして日光というようにかなり広範囲な部分について、自然景観も含めての指定というのが今は主流になってきております。

 それともう1つは、大体年に1件程度の文化遺産の指定がございますけども、今候補としてかなりの数が上がっております。高野山もその中の1つに上がっておりますし、いろんな地域での運動が行われておりますけども、これはその文化財を持っている自治体だけではなくて、その大分県なら大分県全体で民意を一つにして盛り上げて、世界文化遺産の道を取り組まない限りなかなか難しい状況でございます。ですから、今大分県としましても、大分県の中でどこをじゃあ世界文化遺産にしたら一番いいのかと言うことを協議してるところでございます。現在はまだそういった状況でございます。以上でございます。



○議長(藤丸利光君) 見河議員。



◆16番(見河洋子君) 先々月の10月だったと思いますが、全国からナショナルトラスト運動にたくさんの方が見えて、臼杵石仏に来ました。その時大日如来のところでリストラ除けとか看板が立ってるのを見て、これはとても不評でした。あの石仏を文化として見るのではなくて商品として見ているのではないかということです。臼杵市がこんな状況であるので、やっぱり世界遺産としてやっぱりこういうことであれば認められないのではないかと思いますので、やはり市民挙げて、この大事な石仏を文化としてもっと盛り上げて頂けないか、市長に対してお尋ね致します。



○議長(藤丸利光君) 休憩します。

  午後1時53分 休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午後1時54分 再開



○議長(藤丸利光君) 再開します。

    市長。



◎市長(後藤國利君) ただいまのがもともとの質問に対する再質問なのかどうもよくわからなかったもんですから、ちょっとお答えを躊躇していたんですが、お答え申し上げます。

 いろんな考え方があると思います。世界文化遺産そのものにつきましても、ユネスコが世界文化遺産の指定をしてるんですけども、文化遺産を指定するということがだんだん変化してきて、もともと世界文化遺産の指定を頂くということで、壊れかけてたものが保護されるというような、そういうような働きから、最近では観光地のその名所を取得するためにというような形にだんだん変質してきてまして、世界文化遺産を取るということがどういうふうな意味があるのかということもよくわからないというような、そういうような一面も出てきております。

 そういうことですから、世界文化遺産に是が非でも臼杵の石仏をしなければいけないというような、こういうようなことではどうかということはよくわからないことだというふうに思います。

 そしてまた、世界文化遺産にしなければいけないということの背景に、保護をしっかりしなければいけないということであると思います。幸いにも文部省のお陰をもちまして、しっかり保護ができております。

 商業化というようなことについてのご懸念もありますけれども、維持していくためにも、またそして実際にお参りをいただく方々のためにも、さまざまな皆さんに評価して頂けるように、喜んで頂けるようなそういうようなことも一面では必要だというふうに考えております。そういったようなことで、決して保護するということと相反するようなことは決してやっていないつもりであります。

 仏様でありますから、宗派の方いろいろいらっしゃいます。そういった中でさまざまなご意見もあると思います。そしてまたこれを仏様として拝観するのではなくて、美術品として保護したいというそういうまた別の考え方もあります。いろんな方のご意見がありますので、そんな方々のご意見も参考にしながら、石仏を持ってる臼杵市としては今後考えていきたいというふうに思っております。



○議長(藤丸利光君) 以上で三浦議員の質問及び答弁に対する関連質問を終わります。

 小野議員の発言を許可します。



小野栄子議員の通告事項
1 町づくりについて
 1.町まもりの具体的な施策
 2.外部資本に対して
 3.臼杵らしさの温存
 4.駐車場
2 市町村合併について
 1.基本的な考え方
 2.民意の集結の具体策
 3.高速道との関連



 [7番 小野栄子君質問席登壇]



◆7番(小野栄子君) 席次7番小野栄子です。通告に基づき2点質問させて頂きます。

 先の三浦議員と重複する部分があるかと思いますけれど、観点が多少違いますのでご勘弁頂きましてご答弁をお願いしたいと思います。

 まず、臼杵のまちづくりの今後について、この観点から3つほど質問させて頂きます。

 今臼杵の街は、先程観光客の推移のご答弁がありましたけれど、まだまだ入場しない観光客も含めるともっとたくさん増えてるんじゃなかろうかと思っております。小さな民間のグループではありますけれど、私どもがやっております町並み案内という観点から見ますと、実に2年ほど前から微増、微増で口コミによる観光客がたくさん増えておりましたけれど、今年の春ごろから明らかにパーセンテージを見ますと、前年度対比で20%から30%という増える度合いで、そのような推移をしております。

 それから、今年の8月、盛夏にも関わらず35%余り増加しておりました。それから9月、10月が40〜50%を維持しておりまして、11月に至りましては何と倍増ていうこういう現状でございます。11月にはほとんどの日がお客様がお見えになるということで、懸命の対応を強いられているわけではありますけれど、こういう臼杵の良さを私も本当誇りとしてるところなんですが、このたび高速が開通ていう事態に至りますと、ひとつの大きな危惧を持っております。それは後藤市長も事あるごとに心痛の度合いをお話されているようですけれど、臼杵の街がたくさんの観光客が入って下さる分には本当に有難いことで、そして市民が潤うてことに対しても非常に大きな喜びなんですけれど、本当の意味の臼杵らしさ、臼杵の情緒が飛んでしまうのではなかろうかという不安です。

 湯布院の町の主だった方々が近年、昨年、一昨年と3年続けてお見えになりまして、やっぱり臼杵の街はいいなあていう感慨を持ってお帰りになるですけれど、湯布院の二の舞には絶対臼杵はしないで下さいよというようなお話をして帰られます。

 そういうことを考えます時に、町まもりという、後藤市長がいつもおっしゃっている観点で3つほど質問させて頂きたいと思います。

 まず、外部資本に対する対応、これが一番重大なことではなかろうかと思っております。全国どこの街でもあるような通俗的な街になっては臼杵の良さは飛んでしまいます。臼杵の良さを保持しながら、なおかつ街が潤う、大変難しいこととは思いますけれど、こういう施策を是非具体的に推進して頂きたい、このように1点目は思います。

 それから、2つ目です。臼杵らしさ、いわゆる中世の城下町の遺物がたくさん残ってる臼杵は本当に素晴らしい街ですけれど、まだまだ街の処々かしこに掘り出したらたくさんの臼杵らしさが残っております。臼杵の街は文化や歴史を見て頂く、そして香りを味わって頂く、まあ通俗的な言い方になりますけれど、こういう街だと思っておりますが、それを倍加させる、付加させる要因がまだいっぱい転がっております。

 例えば、迷路がたくさん通じておりますけれど、そういう小路、小路、そういうとこは未だかってまだ何も手がけられておりません。それから藩政時代に町民と武家屋敷を分割する分岐点に建てられておりました茶屋、それから木戸、木戸口、こういう所も表示があれば無案内の観光客もわかりが非常に倍増するんじゃなかろうかと思います。それからもちろん小路で法音寺小路なんかはいつの間にか表示が消えてしまいましたけれど、はまぐり小路、八軒小路、いろいろ小路が残っております。それから辰巳屋さんの座店、田町のふいご、こういうものも街を守るという観点から是非整備して頂きたい、このように思います。

 それは臼杵をこれからまたイメージアップさせる大きな要因にもなると思いますので、そう予算もかかることではなかろうかと思いますので、この点を市長はどのようにお考えか、お伺い致します。

 それから、三浦議員が先程駐車場の件で質問されました。それからそれに対する答弁もありましたけれど、パーク&ライド方式というんでしょうか、そういうものを導入する優先課題としてという市長の答弁がありましたけれど、私どもが考えてる駐車場というのは二王座の歴史通りのこと、この県外ナンバーの乗用車のことを大変今対応に苦慮しております。と申しますのは、私どもはどんなに人数が多くても徒歩で歩いて頂くというのを基本にしております。臼杵の街はまた徒歩で歩かないとその真価がわからない街であると思っております。そういう対応をしておりますと、非常に臼杵の街をしっとりとしたいい街だということでいい気分で散策されてる時に、車の往来が非常にこの頃とみに多くなってまいりました。そう致しますと、折角臼杵の情緒に浸ってお歩きになってる散策のお客様は、塀にぺたっと背をつけて、数分間その往来を通過を待つというような事態が非常に多くなりました。それではやっぱりお客様に対しても非常に気の毒な思いが致しますし、これでまた高速でお客様が増えるということになると、非常に大きな障害になるのじゃないかと思っております。

 それで、生活者があそこの道路を使っていらっしゃいますので、生活者にかけてはもうこれ致し方ないと思いますけれど、県外ナンバーの車が右往左往するような市になったら非常に困りますので、その対応を何とか改善する方法はなかろうかと、これに関しての質問です。

 以上、まちづくりていうのを、町まもりの観点から3つほど質問させて頂きました。

 2点目の質問は、市町村合併についてです。

 市町村合併につきましては、いろんな角度や視点からいろいろな今論議、討議を重ねております。私ども議員もいろんな研修会や勉強会、それから個人の学習会等も通じていろいろ勉強させて頂いておりますけれど、行政の方も11月の市報で市町村合併に関する特集て言うんでしょうか、広報をして頂きました。にもかかわらずですね、私はいろんな小さい座談会に寄せて頂いておりますと、市民の方々が非常にあのう市町村合併について、いわゆる知らないていう、既成事実でもう国の施策に則って県の試案が出ました。それをもう既成事実のような受け止め方をしてる市民が非常に多いんです。もう津久見と合併することが前提で、もう決まっているていうような方、それからしなければならないんじゃないかていうような受け止め方をしている市民が非常に多いこと、びっくりして驚いております。

 で、市の方にお伺いしましたら、11月の市報に関する反応もまず市民もあまりないということで、これは大変な問題ではなかろうかと思っております。

 9月議会で市長は、その市町村合併に対する基本的な考え方として、しなくてもおおかたやっていけるんじゃあなかろうかというようなニュアンスでご答弁をされておりました。これは臼杵市の自治体の長として、財政的にも少しずつ好転しておりますし、基礎体力をつけつつある市長の自信の表れかなあと思ってお聞き致しましたけれど、市町村合併に対する基本的な理念というんでしょうか、方向を、方向付けを具体的にお知らせ頂ければと思います。それが1つ目です。

 それから、2つ目は、そういう市民サイドの、市長のいつもの考えで、主役は市民ということでいつもおっしゃっております。そういう観点から致しますと、この一過性のものでなくて、非常に長い展望に立たなければならない市町村合併ということを、民意を入れなければならないということになるかと思います。そういう視点で考えました時に、市民の市町村合併に対する民意の集約ということがとても大事なこととなると思います。そういう意味で具体的に市民に対する民意の集約をどのような方法でお取りになるおつもりなのかということを2つ目にお伺い致します。

 それから、3つ目です。市町村合併にちょっと外れるかも知れませんけれど、これ高速道が開通致しますと、この変革的な交通態勢の変革で非常に自治体としての臼杵市も大きく変わるんではないかと思います。経済的にももちろん交通体系の上でも大きな変化が現れるんじゃあなかろうかと思っております。現に野津町民の方は、もうほとんどの方が臼杵インターから乗るというようなことを今でもおっしゃっております。

 そういうことを考えました時に、そういうことを視野に含めて、市町村合併との関連をどのようにお考えになっているか、以上市町村合併に対する3つの質問をさせて頂きました。よろしくご答弁をお願い致します。



○議長(藤丸利光君) 市長。

 [市長 後藤國利君登壇]



◎市長(後藤國利君) ただいまの小野議員の質問に対してお答え致します。

 まず最初に、「町まもりの具体的な施策と外部資本に対してどうするのか」というような質問でございますが、実態は今小野議員が質問の中でいろいろ述べられたそのとおりでありまして、それに対する対応をどうしょうかということを市政の一番中心的な課題として関係部門努力をしているところでありまして、それを直ちにこうするというような案があれば、それは苦労がないわけでありますけれども、それが簡単にいかない問題であるだけに、これをどういうふうに解決するかということの工夫を今苦労しながらやってるところでありまして、まだ今のところどうするこうするというようなことを申し上げるような段階ではありませんけれども、先程申しました循環バスを運行するというのもその1つの方法であろうかというふうに思っております。

 臼杵市は、ほかの観光地とちょっと違いまして、臼杵市内にあちこちにきらりと光るそういったものがたくさんあるところでありまして、これは簡単に車を乗りつけて目玉だけ見て歩くというようなそういうようなところとはまったく違うところだというふうに認識しております。それに対応するためにどうしたらいいかというのは大きな課題でありますので、今後真剣に取り組んでいきたいということで、具体的な答弁は控えさせて頂きます。

 次に、「市町村合併」についてでありますけれども、まず基本的な考え方と致しましては、国や県の都合ではなくて、住民の意志が最大の決めてになるということはこれまでも何度も申し上げてきたところであります。合併を考える時に、最も大切なことはいろいろありますけれども、行政効率というのもこれは確かに一つの大きな考えなければいけない課題であります。

 それと同時に、市民の自由がどういうふうに守られるか、そして便利性がいかに守られるかということを真剣に考えていかなきゃいけないと、この2つをどういうふうに考えるか、どっちをどの程度優先させるかというのが一番大きな問題であります。今問われてる問題は、行政効率が小さな自治体では悪過ぎるということで、行政効率を改善するために合併をしたらどうだということを今言われているわけです。

 行政効率から言いますと、どうかと言いますと、当初は人口4,000以下のところを効率が悪い、人口1万人以下のところでは効率が悪いから、だからそういうようなところについては財政的に今まで優遇してたものを廃止すると、こういうような言い方でありました。しかし最近の国の財政事情の急激な悪化等から見まして、事情が相当変わってきております。最近の状況は人口10万以下のところは不利になるというような、そういうような地方交付税の配分方式の上でですね不利になると、だから人口10万以上にならないと行政効率は良くないと、財政効率も良くないんだと、こういうようなところであります。

 先程自治体の自由度が問題だというふうに申しましたけれども、自由と住民の郷土愛、これがどういふうに保たれるかということが一番大きな考えなければいけない一番大きな点であるというふうに思っております。自由というのはこれは自由を守ろうということになりますと、それは自主と自立ということが一番大事なことでありまして、自由を求めれば自主自立を自らの力で達成するんだという覚悟がなければ自由は達成出来ません。

 したがいまして、行政効率という点で押し付けられたそういうような形のものを、自由ということを求めなくてそれに従うか、あるいは苦しい道ではあるけれども、お金を有効に使う、そして配分が例え少なくともそれに耐えて自立していくという、そういうような気概を持ってやっていくのか、そのあたりのところが一番大きな問題でありまして、民意を集約するということですけれども、その民意の集約というのは、一つにはどちらがいいですかということで多数意見を聞くということもありますけれども、それ以上に実際に行政効率を追求すると、例えば人口10万ということで考えますと、臼杵から佐伯までが一つの市になって、佐伯に市役所がある場合にそれでどうなんだと、臼杵市民の自由裁量が出来るのかどうか、あるいは便利性はどうなんだと、こういうようなことをいろいろ考えなきゃいけないと思うんです。

 そういうような自由を確保する、そして便利性を確保する、そのためには今度は犠牲ではないですけれどもしっかりと持たなければいけない覚悟というものが出て来きますから、その覚悟を市民が持ち得るのかどうかということが実は一番大きな鍵になろうかと、今後そのような形で、皆さん方の気持ちがどういうふうになるのかというようなことを、慎重に見守り、また耳を傾けながら、合併問題をどうしたらいいんだろうかということを考えていきたいというふうに思います。以上です。



○議長(藤丸利光君) 小野議員。

 [7番 小野栄子君質問席登壇]



◆7番(小野栄子君) 町まもりのところで、小さいことですけれど環境整備をして頂きたいというお答えがなかったようにありますけれど、よろしくお願い致します。

 それから、くれぐれも、まあ今のところ答弁が出来ないと市長のご答弁でしたけれど、いわゆる臼杵らしさを本当に保持して頂きたい。湯布院の方の話ですと、外部資本というのがもう本当にあっと言う間に洪水のように入ってきて、もう毒されてしまいましたというようなお話でしたので、本当にご苦労なこととは思いますけれど、臼杵らしさを持続するための最大限のご努力をよろしくお願いしたいと思います。

 それから、先程の小さい環境整備についてのご答弁をよろしくお願い致します。

 それから、その中で重ねて申し上げますけれど、今折角臼杵にはCATVの社屋ができております。それからふれあい情報センターもとても素晴らしいものが着々と臼杵の風情に合った形で手がけられて、大変有難いことですけれど、外部の方がまったく表示がないんです。それで久家の大蔵のアズレージョもロベルさんの意図があって物語になってるんですけれど、私どもがご案内する分にはいくらかのお口添いをして大体の輪郭がわかって頂けるんですが、自前で散策される方はまったく何のことかわからないというようなことがあります。それでそういう決め細やかな臼杵らしさも是非入れて頂きたい。併せて、どういうふうにお考えなのか、どういうふうに手がけて下されるのか、そのご答弁をお願いしたいんですが。



○議長(藤丸利光君) 市長。



◎市長(後藤國利君) 今小野議員の言われたことについてはいちいちよくわかります。わかりますが、行政としてやらなければいけないというようなことについてどういうふうになるのかというところについては、多少難しい問題があります。まず市が通りとかですね、そういうその言われとか、こういったものについて市が全部その説明書を書いていかなければいけないのかどうかと、何もかも全部市にお任せというようなことで、それでそういうような町まもりからですね、街の説明からこういったようなことを全部市の責任で市がやると、これまでそういうところも多かったもんですから、ついついそういうような姿勢になってしまいますけれども、そうではなくて、それぞれのお店の方がやるとか、いろんなボランティアの方がやるとか、いろんな形で市民の皆さんがそういうようなことが大切だと思えばそういうふうにして頂くという、そういうような気持ちにもなって、何もかも全部市がやるということがどうかなというふうに思います。

 そしてまた、確かに案内もしなければいけません。案内もしなければいけないんですけれども、あまりにも丁寧過ぎる案内というのもこれまたどうかと、やはりこの街は自ら皆さんが発見して頂く、そういうようなことがいいところでありまして、だからと言って決して不親切なのにほっといていいというわけではありませんけれども、そのあたりのバランスがですね、非常に難しいところがあります。

 したがって、そういったような説明とか、こういったようなものにつきましても、市と致しましても、最低限のことは致しますけれども、それ以上のことについて出来るだけ民間の力でそういうようなことをやって頂くというようなことを取り入れながらやっていきたいと、これは外部資本に対する取り組みについてもそうなんですけれども、湯布院のように何もなかった温泉地が急速に開けてきたというようなところで、外部資本が入ってきたということで非常な困惑があったということもあると思いますが、臼杵もそういうふうになりかねない要素があるので、心配して何とかしなきゃあというふうに思っています。思ってますが、これを法的に規制して、それでやっていくというんではなくて、この臼杵の街は赤猫と言われた商人の街であります。そういうような街でですね、商人がそういうようなものに対して団結して、むしろ臼杵で守るというそこのところを期待したいと。

 で、これを市の手で法律によって、法律条例によって入ってきてはいけないというようなこういうような条例を作ってしまうということではなくて、市民自らの手でやっていく、それだけの臼杵には歴史があるし、臼杵の育ち方をしてると思います。そこに期待したいというふうに思いますが、市としてもそういうようなことに協力するような手立てがあれば、協力するという面ではいろんな規制等の面でもそれはしていかなければいけない問題だとこのように思います。



○議長(藤丸利光君) 小野議員。

 [7番 小野栄子君質問席登壇]



◆7番(小野栄子君) どうもありがとうございました。よくわかりました。

 で何年か前に、私どもボランティアの団体でその表示をさせて頂こうというふうになったんですけれど、市の方から条例とかいろいろ法的なものがあっていけないと言われましたので、今回質問として挙げさせて頂いたんですけれど、今市長のご答弁のとおり、また係の方と相談致しまして、それぞれの市民サイドで改善していきたいと思いますので、その節はどうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。



○議長(藤丸利光君) 以上で小野議員の質問及び答弁は終了致しました。

 小野議員の質問及び答弁に対し、関連質問のある方は挙手を願います。

 首藤議員。



◆17番(首藤新一君) ただいまの小野議員さんの駐車場問題、それとまちづくり、それにまちのこしと言いますか、それでちょっとお伺いしたいと思うんですが、前々より話はあったと思うんですが、これはもう空想かもわかりませんが、駐車場問題と言いますと、今第一駐車場もトキハに貸しておるというような状況でありますし、第二が道を拡幅したために狭くなったと、そういう中でまあ1点駐車場があるんですが、かなり小さいと。

 それに比較致しまして、今マルショクの土地がありますが、あの土地についてお聞きしたいと思いますが、あれも当時情報センターですか、ふれあいセンターを造る場合に、農協と言いますか市役所にというような話も私聞きました。それ本当か嘘かわからんのですが、そういう中で、あすこがようなればということでマルショクも建てようということで、当時やろうということだったと思うんですが、それが何らかのことでやらなくなった、建てないようになったということでありますが、それでどうしてもまちづくりとかまちのこしということになりますと、あの駐車場というのはかなり私は必要になってくるんじゃないかと思います。

 そこで、これはもう金とも兼ね合いになってくるんですが、将来の中央通り商店街、また臼杵を考えた場合に、あすこを他のいろんな業者が買収したとした場合は、街が変なことになってしまうんじゃないかと私こう思うわけであります。そういうことを考えた場合に、これはどうしてもまちづくり、まちのこしに私あすこは必要じゃないかとこう思うわけであります。

 そういうことで、マルショクの方から市に何らかの今現在話があっておるのか、また市として、ないとした場合でも市としてむこうがあればですね、市長としてどのように考えを持たれるのか、その点を市長お聞きしたいとこう思います。よろしく。



○議長(藤丸利光君) 市長。



◎市長(後藤國利君) マルショクさんの駐車場と言いますか、マルショクさんのあそこの今空き地になってる広場についてなんですけれども、これはマルショクさんともこれまで何度も話し合いましたけれども、あすこにお店を造るんだというようなことで落ち着きまして、その後、取り合えずのところは江無田店の方を補強して、あそこの今の本町店については、着工を延期するということを伺っているというようなところまでであります。

 あそこのお店を継続するということにつきましては、これは地元商店街とマルショクさんとの間で約束も交わされてるという問題でもありますから、これをマルショクさんが履行してそういうふうにやるんだ、もうちょっと時間が欲しいということにつきましては、それはそれで見守っていきたいと、そのあと事態の変化があった時にはどうするかということにつきましては、そのようなことがある時にはその対応を考えまして、改めて相談申し上げたいというようなことであります。



○議長(藤丸利光君) 首藤議員。



◆17番(首藤新一君) はいわかりました。是非臼杵のまちづくり、まちのこしを考えた場合に、マルショクさんが是非とも言うなにがあれば、市として積極的に買収の方をお願いしたいと私は思っています。そういうことでございます。



○議長(藤丸利光君) 以上で小野議員の質問及び答弁に対する関連質問を終わります。

 ここで10分間休憩致します。

  午後2時26分 休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午後2時35分 再開



○議長(藤丸利光君) 再開します。

    衛藤議員の発言を許可します。



衛藤忠一議員の通告事項
1 市政地区懇談会
 1.下北地区(赤潮について)
 2.深江地区(道路について)



 [6番 衛藤忠一君質問席登壇]



◆6番(衛藤忠一君) 衛藤です。

 今年で4回目となりました市政地区懇談会が10から11月にかけて、14地区において実施されました。市長を先頭に新任の助役、収入役、教育長をはじめ、各部課長が打ち揃って市政の出前をしたわけであります。ご苦労様でありました。

 給食問題、介護保険、ケーブルテレビ等も一段落して、また長年の懸案であった中臼杵地区、深江地区の水問題も中央の昭和11年通水からは約50年を経ておりますが、いよいよ平成16年度には通水の見込みとなり、両地区とも普通の水が普通に利用出来ることになるわけであります。

 ゴミ問題も、また可燃物については14年度から大分市と共同の佐野ゴミ工場で処理出来ることとなり、近年は市の課題が一つひとつ解決されてきております。これも市長をはじめ職員の方々、また関係者の絶え間ないご努力のお陰であると思います。

 そういうことで、今年の地区懇談会のテーマは「市長と語るまちづくり・ひとづくり」ではありましたが、残念ながら時間の関係もあり、各地区とも生活環境改善についての要望、お願いばかりで終始したようであります。市長においても一面残念であったのではないかと思います。

 しかしながら、下北地区の赤潮、深江地区の道路、この問題は長年に渡っての切実な問題であります。熊崎川の赤潮については、懇談会のあと、地区の有志から意見書が届いておりますので、まずお聞き下さい。

 約10年ほど前から、熊崎川は一定の時期になると赤潮が発生します。しじみも死んでしまいました。市の保健所に調査をお願いしましたが、人体には影響ないと言っております。市長もヘドロの撤去しかないが、その処分先の問題もあるので、早急の対応は困難であると言っております。これでは住民の不安は募るばかりであります。住民が納得のいく調査をして、皆がわかるような説明をして頂きたいと思います。

 以上ですが、この調査については、市と、市の環境保全団体の委託によって、県の水質部が平成6年度から調査にかかっており、9年度にはその結果が出されております。それによりますと、赤潮はプランクトンの異常発生であり、川に流入する生活排水、工場排水、農業、園芸の肥料などが鉄分やマンガンと相まって、流れの停滞しやすいところで栄養化となり、プランクトンを異常に発生させると思われる。また人体の影響は今までその記録にないのでないと思われるとなっております。要するにすべて思われるであり、未だ原因は特定されておりません。その対策もなされておりません。

 また、臼杵の3つの主要河川の中で、流入物が臼杵川の3分の1で、一番少ない熊崎川がなぜそこだけ発生するのか、これも住民の不安とするところであります。

 赤潮発生の原因を追求して頂きたい。1つ、プランクトンの温床と思われるヘドロを撤去して頂きたい。現在の旧熊崎川は雨水対策における湧水地であるとともに、プランクトンの栄養流入物のため池ともなっています。公共下水の整備など何か対策はありませんか。以上、3点が地区住民からの切実なお願いであります。

 深江地区の道路問題については、池田議員が6月議会で、首藤議員においては毎議会取り組んでおります。また先の板井議員とも一部重複しますが、この問題は「なぜ今まで」の感が強くする問題であります。市民のためにまず安全な水と道路の確保は行政の根本であり、責任でもあると思います。毎日の生活に必要なただ1本の道が災害に弱く、雨、台風ではどこかが崩れて落ちております。住民はそのたびに難渋してきているわけであります。その対症療法的補修などはなされておりますが、全体的な見直しは未だありません。

 この10月にも、柿ノ浦久保浦間の高さ約30メートルの部分が徐々に傷んで崩落し、現在も片側通行であります。市長は11月の地区懇談会で、住民の切実な要望に対して、今後は腰を据えて取り組んで頂くように県に働きかけていきたいと答えておられましたが、本当に腹をくくって頑張って頂きたいと思います。

 以上です。



○議長(藤丸利光君) 宇薄環境課長。

 [環境課長 宇薄健一君登壇]



◎環境課長(宇薄健一君) 衛藤議員ご質問の「下北地区赤潮」についてお答え致します。

 熊崎川の赤潮につきましては、昭和40年代から冬季において、海水と淡水が混じり合っている水域に発生しております。平成6年度より市内の事業所、大分県、臼杵市で構成される「うすき環境プロジェクト」が本格的に原因調査を行った結果、平成10年度には赤潮の原因は渦鞭毛藻類カトディニウムというプランクトンの増殖によるものであり、その原因は水質の汚れ、温度、天候、川の流れ具合とともに、熊崎川周辺土質中の微量金属であることが判明致しました。

 この調査結果につきましては、地元はもとより、市報にて説明してきたところであります。

 赤潮対策と致しましては、水質の汚染防止、浚渫改良工事が効果的であると考えております。

 水質の汚染対策として、工場においては引き続き排水処理施設の監視を行うとともに、生活排水対策については、小型合併処理浄化槽の普及促進に努めてまいりたいと考えております。

 旧熊崎川の湧水地につきましては、現在県が年次計画で浚渫を実施しております。また、現熊崎川の浚渫につきましては、河川管理者である県土木事務所に要望致しておりますが、地域の不安を解消するためにも、今後とも早急な実施を強力に要望してまいりたいと考えております。以上です。



○議長(藤丸利光君) 野中建設課長。

 [建設課長 野中誠一君登壇]



◎建設課長(野中誠一君) 衛藤議員ご質問の「深江地区道路について」お答え致します。

 深江地区における道路の状況につきましては、板井議員の代表質問でお答えしたところであり、重複する点もございますが、県道大泊浜徳浦線は、臼杵側の総延長が8,987メーターとなっておりまして、現在まで県道に昇格して以来、18.6%と低い整備率にあります。

 去る11月17日に、深江地区市政懇談会にて、この県道の整備促進については、沿道地区民から生の声をお聞きし、当地区民が抱えている切実な問題であると改めて受け止めているところです。

 基本的には、国道、県道に関わる整備にあたっても、これまで市は機会あるごとに関係当局に整備促進の要望をしてきたところであります。現在県としては、この路線の改良にあたり、工区分けを行いまして、土木予算で4カ所、漁港予算で2カ所を事業化しておりますが、大泊から泊ヶ内までの路線延長も長く、用地の問題もあり、全線の改良見通しは至ってないところです。この県道の整備が遅れていることにつきましては、議員ご指摘のとおりです。

 県道大泊浜徳浦線の道路改良につきましては、市の重点施策として位置づけており、全線の改良が完成するには問題点も多くありますが、今後も地元期成会、関係区長さんにご協力をお願いし、県に対しても積極的に整備促進を要望してまいりたいと考えております。以上であります。



○議長(藤丸利光君) 衛藤議員。

 [6番 衛藤忠一君質問席登壇]



◆6番(衛藤忠一君) この問題は長年に渡る積年のものでありますので、3月議会で再質問致したいと思います。

 最後に、市政地区懇談会について要望があるのですが、いいでしょうか。

 1年に1時間半の懇談会では、本来の趣旨である市長と市民の語らいとはならず、住民の要望とお願いだけに終わります。それで来年度からは1地区に1年2カ月のうち、両者が都合の良い一日をあてて、昼地区を歩き、夜語らってはどうでしょうか。答弁は要りません。



○議長(藤丸利光君) 以上で衛藤議員の質問及び答弁は終了致しました。

 衛藤議員の質問及び答弁に対し、関連質問のある方は挙手を願います。

 (なし)



○議長(藤丸利光君) 以上で衛藤議員の質問及び答弁に対する関連質問を終わります。

 匹田議員の発言を許可します。



匹田 郁議員の通告事項
1 財政について
 1.新年度予算編成に当たっての取り組みについて
 2.民間委託施設の現状とこれからの取り組みについて
2 市有地について
 1.駅前再開発の取り組みと駐車場使用の現況について
3 福祉について
 1.臼杵市障害者福祉計画の現状と今後の取り組みについて
4 教育について
 1.地方教育行政の在り方について
 2.30人学級について



 [2番 匹田 郁君質問席登壇]



◆2番(匹田郁君) 議席2番の匹田 郁です。通告にしたがまして4点ほどお尋ね致します。

 第1点の新年度予算編成の取り組みについてお伺い致します。

 私は、市民サービスという視点に立った場合に、地方分権の時代は単に財政運営を行っていくというよりは、民間企業的発想で地方自治体を経営する感覚が必要と思っています。地方分権、地域間競争と言われる今日、地方が独自性を発揮し、自主自立を果たすためには財源の確保や財政の弾力化を目指すことが必要不可欠と考えます。

 しかしながら、国や県も慢性的な借金によって、少しずつ地方にしわ寄せがきてるのが現状ではないかと認識しています。

 そこで、後藤市長の取り組みは、財政運営の効率化やコスト面の見直しを図るためにも、バランスシートやサービス形成勘定を用い、更に行政サービスの最終形である市民サービス改善スパイラルシステムを導入することによって、市民の皆様に市民サービスの事業評価が分かり易く、また新しい取り組みに対しても理解をして頂くようになることで完成されるものと認識しています。

 つまり、私なりの言葉で言わせてもらえば、現在行われている市民サービスあるいは将来必要とされるサービス、ニーズを適確に捉え、より良いものをより早く、より安くサービスを提供すると共に、結果を市民の皆様に評価して頂くシステムと私は思っています。起債制限比率や経常収支比率が大幅に改善された今日でも、市民生活になくてはならない市民ニーズ、例えば約27億円の不燃物埋立場や負担金約28億円のゴミ焼却場、更には泊ヶ内の浄化センターに代わるミックス施設等大型プロジェクトが控えています。

 そこで、新年度予算でどこからどのように事業化を進めようとしているのか、またそれに伴う財政指数がどのようになっていくのか、シミュレーションをお聞かせ下さい。

 次に、民間委託施設の現状と、これからの取り組みについてお尋ね致します。

 平成10年に安生寮を社会福祉法人同心会に、また平成12年に中央、佐志生両保育所を民間の保育所に委託を行っております。それぞれ各施設を委託することによって、財政面においてもサービス面においてもずいぶん良くなったと聞いておりますし、実際私も現場に行って聞いてみましても、職員の方々はプロ意識をもって従事されていることがよくわかります。民間経営の発想や取り組みが、行政コストを抑えることができ、更に今以上のサービスの向上を行うことができるのではれば、臼杵市の管理運用をしている施設、例えば図書館や中央公民館、あるいは市民会館、更に各スポーツ施設などの市民サービスと直結した各施設に対しては、民間委託を検討してもおかしくない時期にきているのではないでしょうか。

 と言いましても、その各施設を受け入れる受け皿会社等課題も多いとは思いますが、前向きに協議検討をしていく必要性があると考えますが、行政としてどのようにお考えかお尋ね致します。

 第2点目の、臼杵駅前再開発の取り組みと給食センター残地の利用についてお伺い致します。

 平成12年にまちんなか活性化基本計画が策定され、その中で駅前再開発整備事業として案内所や物販店などの商業施設などを検討していたわけですが、未だ事業案が執行部より出ぬままになっているのが現実です。現在給食センターの残地は土地開発公社から土地開発基金に移され、駐車場として駅前利用者に暫定的に解放していますが、今後は駅前利用者にとどまらず、高速道路の開通や市民の観光施設整備に伴い、増えるであろう中心市街地への観光客の利用が増加されると予想され、この駅前駐車場の活用がこれまで以上に重要になってくると思います。

 まず、駅利用者の立場に立って現状を見てみますと、給食センター側に車を駐車した場合、駅前広場と給食センターの残地の間にフェンスがあり、駅舎へ行くために大きく迂回しなければなりません。またこれまで他の議員からも質問があり、善処する旨の答弁がありました駐輪場もこれまでのまま放置され、大変乱雑なままで放置自転車もたくさんあり、利用し辛いのが現状です。景観の面からしても、臼杵市の顔であるべき駅前広場にしては不十分と言わざるを得ません。

 私は公共施設には機能性が携わってこそいい景観と言えると考えます。まちんなか活性化基本計画の中では、駅前再開発整備事業として、案内所や物販店などの商業施設を提言していますが、これを実現するためには多額の資金を必要となり、中長期的に整備していかなかればならないと思います。

 しかし、給食センターの残地が、土地開発公社から土地開発基金に移された今、給食センターの残地にある駐車場とフェンスで隣接する駐輪場の整備を早急に検討してはどうかと考えます。

 そこで質問ですが、まちんなか活性化基本計画で提言されています駅前再開発整備事業のこれからの取り組み方と、今提案しました給食センターの残地にある駐車場と駐輪場の整備について、お考えをお聞かせ下さい。

 次に、第3点目の臼杵市障害者福祉計画の現状と今後の取り組みについてお尋ね致します。

 この計画は障害のある人が社会の一員として共に生活をし、あらゆる分野の活動に参加できる地域社会の実現を目指すものであります。高齢化、核家族化がますます進む中で、弱者に対する思いやり、いたわりを持つことは当然のことと思います。

 さて、平成11年に作成されたこの計画は、その後臼津圏域障害者計画に組み込まれ、臼杵、津久見両市の中で具体的な数字を明示し、その目標に向かって取り組むことは、これからの広域化、更にその向こうにある合併を見据えた時、大事な事業であると思います。臼津圏域には平成10年度で身体障害者2,967名、知的障害者357名の方々が暮らしておられます。社会参加するためには地域に住んでおられる方々の理解や協力なくしては実現しません。プライバシーの保護や個人生活の侵害は避けながら取り組むことは大変なことと思いますが、臼杵市として現在どのように取り組んでおられるのか、またこれからどのような指導、実践を行ってこの計画を進めていこうと考えておられるのか、お聞かせ下さい。

 第4点目の、教育問題についてお尋ね致します。

 まず先に、教育長に就任されました岡部観栄氏には心からお祝い申し上げます。戦後教育から新たなる教育を築こうとしている今日、どうか臼杵市の教育行政のためにリーダーシップをもって頑張って欲しいと思います。

 そこでまず地方行政、地方教育行政のあり方についてであります。来年度よりいよいよ学校にも完全週休二日制が導入され、新しい学習指導要領がスタートします。ご存知のように新しい学習指導要領は平成14年度から実施される完全週休二日制の下、ゆとりの中で一人ひとりの子供たちに生きる力を育成することを基本的なねらいとして改定されました。

 文部科学省が挙げている改定の4つのねらいとは、1、豊かな人間性や社会性、国際社会に生きる日本人のしての自覚を育成します。2、自ら学び自ら考える力を育成します。3、ゆとりのある教育活動を展開する中で、基礎、基本の確実な定着を図り、個性を活かす教育を充実します。4、各学校が創意工夫を活かして、特色ある学校、特色ある教育、特色ある学校づくりを進めます。となっています。

 この改定については、教育現場やPTAを中心とした保護者の方々の中に、賛否両論があり、私も子を持つ一人の親として大変不安に思っている一人ですが、その議論は別の機会に回し、改定理由の4番目、「各学校が創意工夫を活かして、特色ある教育、特色ある学校づくりを進めます」この部分についてお尋ねしたいと思います。

 調べてみますと、全国各地でいろいろな工夫が始まっています。中でも教科書の内容づくりを独自に行っている愛知県犬山市や、学校選択制を導入し、それぞれ各学校が特色ある学校づくりを始めた東京都品川区などが注目を集めているようです。

 私は、この特色ある教育、特色ある学校づくりの方針を是非進めて頂き、これからの臼杵の子供たちに郷土を愛する心をより強く感じて頂きたいと思っています。そこでお尋ね致しますが、各学校が創意工夫を活かして、特色ある教育、特色ある学校づくりという新しい教育指導要領に対し、教育委員会としてどのような取り組み、創意工夫を考えているのかをお聞かせ頂きたいと思います。

 最後に、30人学級制についてお伺い致します。

 先般、大分県も30人学級制を検討と発表されました。戦後からずっと堅持され続けた学級40人体制から、学級30人制は、私が以前からこの一般質問の場を借りて、学校統合問題と併せて、複式学級の是正を訴えてきましたが、この問題と同じく、いじめや不登校といった心のバランスをなくした生徒が増えた今日、非常に良いことだと考えています。

 臼杵市において単純に考えた場合、小中学校を合わせて11学級が該当し、複式学級と合わせて考えてみますと16学級が対象となります。とは言うものの、この30人学級制の導入により、必要となる教職員給与の増加等に対し、国からの財政面での手立てはまだ未整備のようです。そこで、今後教育委員会としてこの問題をどのように考え、進めていくのかをお聞かせ下さい。以上で質問を終わります。



○議長(藤丸利光君) 市長。

 [市長 後藤國利君登壇]



◎市長(後藤國利君) ただいまの匹田議員の質問にお答え致します。

 まず、「新年度編成にあたっての取り組み」についてでありますが、去る12月4日に決定された政府の来年度予算編成方針におきましては、2002年度予算は財政構造改革の第一歩として、「国債発行額を30兆円以下」との目標の下、歳出構造を抜本的に見直す「改革断行予算」とするということを決定しております。

 地方財政においても、その健全化を図るため、国の方針をふまえ、行政サービス水準の見直しなどに応じて、補助金や地方交付税等を手当てをする地方歳出を見直すこととされております。

 国・県ともに、公共事業予算につきましては、前年対比10%カットを打ち出しており、厳しい経済状況の中、より事業の厳選が求められている状況となっております。

 昨日、本日と新聞を見ますと、状況は更に厳しくなっておりまして、国の厳しい財政運営の中で、地方財政の先行きというのは誠に予断を許さないものがあろうというふうに思われます。

 このような状況の下で、市と致しましても地方税の減少、地方交付税の見直し、国・県支出金の縮減など、非常に厳しい予想をしております。

 一方、来年度以降の予算編成の重点事業としては、「広域ゴミ焼却場建設負担金、不燃物処分場、し尿処理施設の更新など、大型生活関連施設建設事業」が並んでおりまして、これらいずれも待ったなしの状況であります。

 したがって、当初予算の編成にあたっては、来年度の事務事業から適用予定の「サービス検証システム」を有効に活用することにしております。このシステムは各事務事業を必要性、有効性、効率性、公共性、優先性などから総合的に事業の効果を評価するものでありまして、この評価に基づいて不要不急のものにつきましては、しばらく辛抱して頂く、またさまざまな形での辛抱をして頂くということになろうと思います。

 更に、これまでやってきた決算に加えまして、最近はご承知のとおりバランスシート、サービス形成勘定などを作っておりまして、これらを加えることにより、正確なコスト把握が出来ますので、最小の経費で最大の効果をもたらす住民サービスの向上を目指さなければならないと考えております。

 サービス形成勘定を作ったというようなことによりまして、これまでよくわからなかったさまざまな正確なコストがわかるようになってまいりました。大まかに申しますと、サービスをこれまでのサービス水準でサービスを行うためには、そのサービスにはおよそ100億円が毎年必要であるというようなこともわかってまいりました。そして先程質問の中にもありました委託をしたということに伴う効果でありますけれども、委託をする、そのほか職員の協力等、そしてまた組織改革とかさまざまなことを行いまして、職員数がかなりの減少してきてると、そういうようなことの一方で、委託をいたしましたので物件費は上昇しております。人件費と物件費を合わせた金額につきましては、平成12年度は平成10年度に比べると、この3年間で人件費は減少し、物件費が上昇してきたと、そしてその総額はどうであるかと言いますと、1億、確か1億3,000万円ほどだったと思いますけれども、その数字が減少してきております。

 このような形で、人件費と物件費が合わせたものが減少してきてるというようなことで、委託の財政的効果はあった、財政的効果は別に致しまして、実際のサービスに対する評価については、先程議員もご指摘のとおり、サービスを受けた人からかは今度の委託後の方がはるかに良くなったというようなことを、保育園あるいは養護老人施設といったようなところで、そのような評価を頂いてるというようなことで、委託の効果というようなものもそのような面から図られようかというふうに思っております。

 財政の健全性を示す経常収支比率は87.8%と、県下11市の中で6位まで回復してるということは、先にもお話し致しましたけれども、公債費比率17.6%、起債制限比率の13.4%というのは、以前厳しい状況を示しているということであります。更に真剣に市の財政の健全化に向けて積極的に取り組むようにしております。

 ご質問の中に、生活関連施設建設が控えているから、これらを建設した場合の財政のシュミレーションをしてみたらどうかというようなお話でございますけれども、今のところそのシュミレーションはできておりません。

 シュミレーションができてない理由と致しましては、もうひとつ時期が不確定であります。先程代表質問で不燃物処理場のことにつきまして板井議員からご質問を頂きましたけれども、その時もお答え致しましたけれども、不燃物処理場につきましては、国の方に不燃物処理場を早急に作らせて頂きたいということで、かねてよりお願いをしておりますが、今お願いするということは、通常でいきますと平成14年度事業としてお願いをするということであります。

 ところが、平成14年度事業としてお願いを致しましたところ、平成14年度事業では平成14年度に解決しなければいけないゴミ焼却場に環境関係の予算をほとんど持って行くので、それで14年度予算としてはできないんで、15年度でないと無理であるというのが当初の返事でありました。

 そこでどうしても14年度にならないもんなら、15年度の順番一番先にして欲しいというようなことのお願いをしてずっときたんですけれども、そのような中での今回の補正予算であります。この補正予算がついたというようなことによりまして、平成14年度分に予定しておりましたゴミ焼却施設、この事業のほとんどが促進されるというふうに思いますし、もし残りがありましたらその時には不燃物処理場までその中に入れて欲しいという強いお願いをしてきてるというのが、先程板井議員にお答えした内容でありますけれども、それに伴いまして、少なくとも14年度までには繰り上がるというふうに期待はしております。そういうふうに思ってはおりますが、13年度になるのか、14年度になるのか、15年度になるのか、そのあたりのところがまだもうひとつはっきりしてない。

 そして、このし尿処理場の関係につきましては、この申請をしておりますけれども、都市下水と一緒にやって欲しいやらせて欲しいということでお願いをしておりますが、何しろこれがポピュラーな事業ではありませんので、ミックス事業というのは初めてということで慎重に検討して頂いておりまして、そのあたりの先行きがもうひとつ見えませんが、14年度事業には何とか入るんではなかろうかと強い期待をしております。

 そして、清掃センターについてなんですけれども、この清掃センターにつきましては、ただいま建設工事が進んでおります。建設工事が進んでおりますが、これは広域処理場として大分市が中心になってやって頂いております。この財政負担の仕方ですが、大分市がすべて起債を起こして、全部やって頂くということで、大分市が一括して工事をやり、そして財政措置もして頂くと、そし起債を償還する時には、借金を返す時にそれを臼杵市が負担をするとこういうようなことになります。

 したがいまして、これは債務負担を起こすということで、起債とは違った形の性格のものになってくるというようなこともあります。

 そういったようなことで、今のところこのシュミレーションはしておりませんということでありますが、起債をするというようなことについて、大変厳しい中ではあるんですが、例えば今申し上げましたようなこの3施設でありますけれども、今これから造りますとこの施設を造る、使うのは今年いる我々が今使うんではなくて、今後20年間にわたってずっと使っていく施設であります。この今後20年間にわたって使っていく施設を建設する場合に、今の我々の手によってどこまでお金を出さなきゃあいけないか、そしてどれだけはそれぞれ使うときの20年間にわたって使う人たちの負担をして頂いてもいいのかというそのようなことも考えなければいけません。そういうようなことを考えて、今後これをどういうふうにして負担して頂くのかというようなことも考えながら、これらの建設について、これは避けて通れない問題でありますから、まずは建設を是非やらせて頂く、その上でその負担に耐えるようなそのような財政状態に持っていくというようなことでのシュミレーションを今後やっていかなきゃあいけないと、今後の課題と思っております。以上です。



○議長(藤丸利光君) 岡部教育長。

 [教育長 岡部観栄君登壇]



◎教育長(岡部観栄君) 匹田議員のご質問の、「地方教育行政のあり方」についてお答えします。

 「教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し直接に責任を負って行われるべきものである。」これは教育基本法第10条に謳われています。また、地方教育行政の組織及び運営に関する法律においても、学校及び児童生徒に関することは、教育委員会の職務権限として認められています。

 臼杵市の教育行政も、地方分権を尊重し、さまざまな分野で既に地域的独自性を発揮しております。まず、学校運営に地域住民の意向を生かすしくみとして、平成12年4月から取り入れられた学校評議員制度も、他市に先駆けまして、同年の10月には制度化しております。各学校では、学校評議員の協力を得ながら、子供や地域の実情に応じて創意工夫を積み重ねることで、特色ある教育活動を積極的に展開でき、もう一つの目的である地域に開かれた学校づくりの推進にも効果を表しております。

 学校施設設備の面でも、地場産木材を使用し、建設した北中学校体育館や、新しいしくみ、機能を取り入れた学校給食センターがあります。特に情報化社会への低年齢化からの環境整備という観点に立った小学校3年生以上の全クラス対象のインターネット環境の構築などは、最近では他市町村が参考にしようとしています。臼杵独自の取り組みでございます。

 また、学校教育で特色ある教育活動、自ら学び自ら考える力などの「生きる力」を育成するために取り入れられた総合的な学習の面でも、例えば豊洋中学校の「豊洋タイム」といった生徒一人ひとりの問題解決能力、自己責任能力、自己表現力等を引き出すための新しい実践は高く評価され、新聞や教育雑誌にも取り上げられています。このように臼杵市の教育行政は、既にさまざまな面で独自性を発揮しております。

 これらの教育上の新しい試み、取り組みについて、他県市からの視察が多いことも、臼杵市の教育実践の独自性、新鮮さを表していると思います。

 臼杵市では、地域や学校現場における教育の独自性を重視しているため、多様な教育目標や教育実践が実現しています。今後も、それぞれの地域や学校に蓄積された財産を活用して、独自の教育実践を展開させていくことを奨励したいと考えております。

 学校改革は、それぞれの学校がイニシアチブを取って、特色づくりを推し進めることが必要であります。国から示された学習指導要領を漠然と実施するだけでは血の通った具体的な教育は成立しないと私は考えております。私たちが行うのは、「臼杵市の子供を育てる教育」なのです。このように教育の独自性を認識し、実践を可能にすることによって、これまでの画一な教育内容を変革し、臼杵市の教育の発展のために頑張ってまいります。



○議長(藤丸利光君) 近藤市民部長。

 [市民部長 近藤隆正君登壇]



◎市民部長(近藤隆正君) 匹田議員の、「障害者福祉計画」についてお答えを致します。

 市では、平成11年3月に、障害のある人も障害のない人も、生まれ育った家庭や地域で共に生活する社会を目指すことを基本理念として、「臼杵市障害者福祉計画」を策定し、障害者福祉サービスの推進に取り組んでおります。

 また、単独の市町村では、実施することが困難な障害者福祉サービスも、広域で実施することにより、効率的に提供することが可能となることから、平成12年2月には県及び津久見市と共に、「臼津圏域障害者計画」を策定し、福祉サービスの数値目標を掲げ、障害のある人の自立を支援するための事業推進に努めております。

 これらの計画に基づき、現在在宅生活を支援するため、介護保険事業所や近隣の障害者施設を利用し、ホームヘルプサービス、デイサービス、ショートステイなどの事業を実施しておりますが、障害者固有のサービスの確保も必要であることから、来年1月から身体障害者デイサービスの事業開始を予定しております。

 また、身体に障害のある方やその家族に対し、在宅サービスの利用援助や趣味活動などを含めた生活する上で必要な社会資源の情報提供などを総合的に行う相談窓口として、障害者生活支援事業を本年10月から、障害者生活支援センター「四季の郷」で開始しております。

 さらに、県の事業でありますが、障害児や知的障害者の相談及び総合調整機能を持つ「障害児者地域療育等支援事業」も昨年度より開始され、身近なところで気軽に相談できる体制づくりに努めております。

 障害のある方に対し、これらの事業を利用して頂く広域活動につきましては、ケーブルテレビやインターネット及び市報等を活用しながら、利用促進に努めてまいりたいと思います。しかしながら、サービスの必要な方への個別の周知につきましては、民生委員や福祉委員等の地域の皆様からの個別の情報提供が最も効果的であると考えておりますので、そういった方々へのご協力をお願いしてまいりたいと思います。以上です。



○議長(藤丸利光君) 亀井企画情報課長。

 [企画情報課長 亀井重忠君登壇]



◎企画情報課長(亀井重忠君) ご質問の「民間委託施設の現状とこれからの取り組み」についてお答え致します。

 市民サービスの向上と経費の節減という2つの目的を達成するため、これまでに業務の一部を委託するゴミの収集業務や公共施設の清掃業務等に加え、平成10年度より養護老人ホーム「安生寮」の運営管理、平成11年度より公立保育所の運営管理の委託業務にも取り組んでまいりました。

 利用されている方々の話によりますと、民間の活力を活かした弾力的な運営が行われているという評価を頂いております。

 今後も、市民の皆さんの要望に応えられ、コストの低減につながるような競争原理が働く業務については、積極的に検討してまいりたいと考えております。

 また、平成14年度事業より導入を予定しておりますサービス検証システムの中では、それぞれの事務事業について、市民の皆さんによる事業評価を頂きますので、民間委託についての参考になるものと考えております。

 以上です。



○議長(藤丸利光君) 安東総務課長。

 [総務課長 安東睦男君登壇]



◎総務課長(安東睦男君) 匹田議員ご質問の駅前の土地利用の現状と開発計画についてお答えを致します。

 駅前の土地につきましては、本年10月24日、土地開発公社と土地売買契約を締結し、土地開発基金にて購入しております。購入金額は1億3,863万39円、面積は4,746平方メートルとなっております。現在は一部分を駅前駐車場として、無料開放しておりまして、毎日多くの市民の方が利用している状況でございます。

 今後の利用計画につきましては、今月開通します東九州自動車道及び来春封切られる臼杵映画「なごり雪」の影響によりまして、入り込み客がかなり多くなることが予想されますので、当面は駐車場、あるいは駐輪場として利用したいと考えております。

 議員ご提案の、これを駐車場、あるいは駐輪場として整備したらどうかということなんですが、現在この基金でもっております土地につきましては、一般会計で購入する必要がございます。そして普通財産に所管替えをすると、そうしなければ一般会計でこの整備、例えば区画線とか、そういう工事ができませんので、今後は一般会計で購入することを目指してから、それによって整備をしたいと考えております。いずれにしても駅前の立地条件のよい場所でありますので、駐車場として、あるいは駐輪場として利用する以外により有効な活用の方法がないか、今後とも検討を重ねていきたいと考えております。



○議長(藤丸利光君) 佐保学校教育課長。

 [学校教育課長 佐保謙二君登壇]



◎学校教育課長(佐保謙二君) 匹田議員ご質問の30人学級についてお答え致します。

 義務教育標準法の改正に伴って、文部科学省はこの春、学級編制の弾力化を図るため、制度の改正を行いました。その内容は、公立の小・中学校の学級編制は国の基準に従い、各都道府県において基準を定めるという制度の基本は変えないが、都道府県教育委員会の判断により、児童・生徒の実態を考慮して、特に必要があると認められる場合には、国の基準により定められる1学級の児童、または生徒の数を下回る数を基準として定めることができるというものであります。これにより今年度鹿児島県など5県が特定の学年において30人編成や35人編成を実現しています。そのほか、2府3県が特別な事情がある場合に学級編制の弾力化を認める措置を取っています。これらはいずれも県教育委員会の判断による全県的な措置であり、市町村独自の判断ではありません。したがいまして、市と致しましても県の判断を待って措置されるものと捉えており、市独自で30人学級の予算措置をすることは考えていません。

 複式学級の問題につきましては、今年度小学校3校の6学級が複式学級となっていますが、これが平成19年度には6校、10学級に増加します。複式学級解消教員の加配等では、このような状況には対応できないものと考えられます。今後ますます増えていく複式学級の抜本的な解消を図るために、適正規模の活力ある学校教育を行う観点から、小規模校化の著しい小学校の適正配置等について議論をし、その具体案を検討する時期にきているものと考えています。

 以上でございます。



○議長(藤丸利光君) 匹田議員。

 [2番 匹田 郁君質問席登壇]



◆2番(匹田郁君) 大変具体的、また前向きな答弁をたくさん頂きまして、大変ありがたく思っております。

 財政については、三浦議員もおっしゃいましたが後年度負担がどのくらいになるのか、そしてまた新規の事業がこれからどういうふうに関わっていくのかが、やはり私たちのすごく気になりますし、また思いも掛けないような、またいろんな大きな支出等があるやも知れませんので、そういうときのためにやはりある程度バランスと言うか、やはり予定できること等はできるだけ早目に検討していくということをお願いしたいということで、シュミレーションをお願いしたつもりでありまして、よくわかりました。

 それと民間委託に関しましては、先程言われた市民の皆様からそういうアンケートを頂いて、考えるべきとこは考えるというふうに言って頂きましたので、やはりこれもコスト面が下がるということがまず前提であろうし、そういう面ではこれから少し見守っていく事業と言いますか、計画だろうと私も考えております。ただ、もしそれが本当にいいことであれば、決断して頂くという勇気も持って頂きたいと思います。

 駅前に関しては、例えばあすこの駐輪場に関してはJRの持ち物であるというふうに認識しておりますし、あすこのフェンスがあるばかりに、そういう迂回をしなければいけないと質問に申しましたように、迂回をしなければいけないんで、そのへんの協議と整備ですね、をJRの方々と是非協議をして頂きたい。そして前向きに処理して頂きたいということのお願いをしたいと思います。

 福祉に関しましては、やはり生まれてよかったと、そういう観点からいきますと、皆さんにやはり行政がより取り組んでほしいなと思いました。よろしくお願いします。

 教育は豊洋が新しい取り組みをしてると、そしてITもいろんな臼杵市として取り組みをしてるということでありますが、それがそういう1学校とか、地域じゃなくて、全市的に取り組むようなやり方をしてほしいと思います。

 では逆に言えば、なぜ豊洋がそういう取り組みをしたのかということを、もしできますればちょっとお聞かせ願いたいと思います。

 30人学級に関しては、確かに財政措置も必要ですし、複式学級の問題もあると思います。やはりこれはオープンに考えなければ、地域性の問題とかいろいろ出てくると思いますので、協議会もできてますが、是非オープンで、そして皆さんの意見を聞くということをできるだけ考慮した進め方をして頂きたいと思います。

 以上です。質問、だから教育の豊洋中学校の問題だけで結構です。



○議長(藤丸利光君) 佐保学校教育課長。



◎学校教育課長(佐保謙二君) 豊洋中学につきましては、文部科学省の3年間の研究指定校に平成10年から12年まで指定をされまして、12年度にその発表を大々的に行ったわけであります。その3年間にわたる取り組みの中で、特に注目をされましたのは、生徒一人ひとりが3年間貫いた一つのテーマをもって、それを3年間発展追及しまして、そしてそれを3年生は皆さんに発表するということで、その継続性等が大変注目されたわけであります。

 それから、そのほかの学校につきましても、昨年度末、学校評議員の方々の反省の中に、私たち以外にも地域には様々な体験や、それから技能をお持ちの指導者がたくさんいますという意見を受けまして、今年6月に地域達人名簿と名前を付けましたが、そういった名簿を教育委員会で作成をして、各学校で様々な特色ある取り組みをするときに、講師が必要なときにどういった特技をお持ちの方、あるいは指導力のある方、体験をお持ちの方ということで、そのお役に立つように全市で200名を超える名簿を登録しまして、そういった活動にも備えております。

 以上です。



○議長(藤丸利光君) 以上で匹田議員の質問及び答弁は終了致しました。

 匹田議員の質問及び答弁に対し、関連質問のある方は挙手を願います。

 [なし]



○議長(藤丸利光君) 以上で匹田議員の質問及び答弁に対する関連質問を終わります。

 加茂議員の発言を許可します。



加茂千恵子議員の通告事項
1 雇用機会の創出について
 1.緊急地域雇用特別交付金が創設されるが、どの様な事業をお考えか
2 新園舎とシャトルバスの運行について
 1.新幼稚園舎の進捗状況は
 2.送迎用バスをシャトルバスとして利用できないか
3 母子、障害者医療費の現物給付を
 1.乳幼児医療費の現物給付と合わせて、母子、障害者医療費も現物給付へ
4 子どもの読書運動について
 1.「子どもの読書推進法案」が成立したが、どの様に取り組まれるのか
 2.ブックスタート事業の前向きな取り組みを
5 布製買物袋の配布について
 1.ゴミ減量化と環境教育としてエコバックの配布を



 [10番 加茂千恵子君質問席登壇]



◆10番(加茂千恵子君) 皆様こんにちは。加茂千恵子でございます。私からは5点程質問をさせて頂きます。

 最初に、雇用機会の創出についてです。

 国の13年度補正予算の重点項目の中で、長引く不況の失業対策としての事業が目を引きます。新たな緊急地域雇用特別交付金の創設です。この事業は各都道府県が交付金を財源として基金を造成し、市町村はその基金を財源に様々な事業を展開します。期間は平成16年度までの3年間、総額3,500億円で大分県には約46億円の交付金が配分見込額となっています。もちろん雇用創出効果が高い事業でなければならないため、事業費に占める人件費割合や、失業者の雇い入れ割合など厳しい制約があります。しかし全額補助金が支給されるわけですから、このチャンスを逃す手はありません。真剣に取り組むところにしか交付されないお金です。

 例えば、教育、文化面での振興を図る事業、環境保全を図る事業、治安や防災、福祉、保育に関わる事業等、知恵を出せばたくさんあると思います。是非この機会に前向きにお取り組みを頂きたいと思いますが、事業計画と認定された場合の雇用人数、予算規模等、どの程度を想定されているのか、具体的にお教えください。

 2点目です。新園舎とシャトルバスの運行についてです。

 公立幼稚園の2年生に伴い、新しい園舎の構想も固まりつつあるようです。いずれにしましても、離れた3園を統合するわけですから園児の送迎用のバス運行は避けられないものと思います。このバスをシャトルバスとして市内を走らせることはできないでしょうか。幼児と高齢者、3世代が利用できるバスを1日数便、公営住宅や病院、市役所など一定料金で回ることができれば、高齢者の方々にとっては大変助かります。どのような構想を持たれているのか、新園舎の進捗状況とともにお聞かせください。

 3点目、母子、障害者医療費の現物給付をについてです。

 乳幼児医療費が償還払いから、現物給付になり、窓口でお金を払わずに済むようになったと大変喜ばれております。しかし、実現するまでには医療機関との話し合いや、コンピューターシステムの組み替え等、諸問題を解決するのに十数年かかりました。しかしこのシステムが出来上がった今もなお、母子医療や障害者医療は償還払いのままです。乳幼児を持ったお母さん方も、以前は病院からの申請書を市役所に持ってくるのは大変だったと言います。障害を持たれた方はそれ以上にご苦労されると思います。是非現物給付のお取り組みをお願い致します。

 次に子供の読書運動についてです。

 読書の効用については今更申し上げるまでもありませんが、今国会で「子ども読書推進法案」が成立致しました。この法案は子どもの読書活動を推進するため、国や自治体の責務を定め、子どもの健やかな成長の一助とすることを目的としたいます。読書は、子どもが言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにします。人生をより深く生きる力を身に着けていく上で、欠くことができないものです。先の議会でも質問致しましたが、始業前の10分間、朝の読書を始めた学校が7,000校になりました。今年の4月から始めた中学生の感想も、「朝から読書なんて眠くなるだけで、とても嫌だった。でも熱中すると意外と面白い」とか、「読書すると焦っている気持ちが安らぐ。」「本が前より好きになった」などと好評です。簡単な運動ですが、継続の効果は大きく、先生方からは「1時限目にスムーズに入れるようになった」「授業への集中度が高まった」など、驚きの声が聞かれます。そこで教育委員会として、この法案に対し、どのように読書運動の推進をされるのか、また併せて乳幼児のブックスタート事業も是非前向きに取り組まれますよう、併せてお願い致します。

 最後に布製の買物袋の配布についてです。

 ゴミ減量化のため、買い物の際の包装紙やレジ袋を減らそうという各自治体や商店街などの取り組みを、よく見聞きするようになりました。先日も湯布院町の商店街でエコバッグの記事が紹介されていました。レジ袋もゴミにはなるのですが、少人数の家族の場合、ゴミを捨てるのに市販のゴミ袋は大き過ぎるし、レジ袋がちょうど良い大きさなのです。ですから布製のバッグ等持参した方には、スタンプやレシートを集めることで大小のゴミ袋と交換できるようなシステムがつくれたらと思うのですが、ゴミ減量化は一人ひとりの自覚ですが、全市的にエコバッグを配布するなどして取り組めば、子どもたちにも生きた環境教育ができるのではないでしょうか。ご検討ください。

 以上で終わります。よろしくお願い致します。



○議長(藤丸利光君) 高橋建設産業部長。

 [建設産業部長 高橋洋児君登壇]



◎建設産業部長(高橋洋児君) 加茂議員ご質問の「雇用機会の創出」についてお答え致します。

 議員ご質問のとおり、長引く不況により厳しい雇用失業情勢の中で、国において臨時応急の措置として、緊急地域雇用創出特別基金事業として、当市配分予定額5,650万円が内示されたところであります。

 これを受け、各担当課で検討の結果、平成14年度からの着手事業として、「手話通訳者派遣事業」、「公立学校周辺環境美化事業」、「公立学校図書指導強化事業」及び「受入外国人研修委託事業」の4事業計画を県へ送付したところであります。

 これによる雇用創出人数は、3カ年で68人、総額で4,800万円になります。今後も引き続き、この事業を有効に活用するために、積極的に取り組んでまいりたいと考えております。



○議長(藤丸利光君) 佐保学校教育課長。

 [学校教育課長 佐保謙二君登壇]



◎学校教育課長(佐保謙二君) 加茂議員ご質問の新園舎の進捗状況についてお答え致します。

 本年度、臼杵市幼稚園問題検討委員会を2回開催し、統合園舎は南園舎の場所が最適であると判断致しました。選定の理由等については、板井議員の代表質問にお答え申し上げたとおりでございます。

 今後、南園舎の場所で豊かな自然環境を生かした、のびのびした保育が安全に行われるよう施設設備の条件整備に力を入れたいと考えています。

 また、来年度に向けて一番大事な保護者の理解を得るための努力と、園児の確保について最大限の努力をしてまいりたいと思います。

 今後の日程等につきましては、平成14年度中に園舎を初めとして、通園条件等を整備し、平成15年4月から新園舎での保育を開始してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(藤丸利光君) 亀井企画情報課長。

 [企画情報課長 亀井重忠君登壇]



◎企画情報課長(亀井重忠君) ご質問の「送迎用バスをシャトルバスとして利用できないか」についてお答え致します。

 公立幼稚園統合に伴う園児送迎用のバス運行については、現在教育委員会で議論をしているところでありますが、一般的にはこのバスを利用して公営住宅、病院、市役所を結び、有料で旅客運送を行うためには、道路運送法による運送事業の免許を受ける必要があります。既存の自動車運送業者との関連もありますので、困難なものと考えております。

 しかし、一連の規制緩和策により、来年には道路運送法の改正が予定されていますので、この改正によりバス事業への参入や路線の廃止が容易になります。

 今後、既存の運送事業者の動向にも配慮しながら、シャトルバスや地域循環型バス等の公共交通機関を通園に使うことを含め、これらの整備や活用方法について調査・検討を行ってまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(藤丸利光君) 田口福祉課長。

 [福祉課長 田口 徹君登壇]



◎福祉課長(田口徹君) 加茂議員ご質問の「母子、障害者医療の現物給付」についてお答え致します。

 母子家庭及び重度障害者の医療費の助成につきましては、現在該当者からの申請に基づき、償還払いの方式で行っております。現物給付制度への移行につきましては、県へ問い合わせたところ、現物給付をすることにより、助成額の増大による財政的な問題が生じるとともに、制度上では母子医療の対象者は変動があり、医療機関での確認が困難であることや重度障害者の制度は1カ月を単位として、同一の医療機関で支払った自己負担額が1,000円未満の場合は、対象とならないことなどの問題があり、現在のところ困難であるとの見解でありました。

 市と致しましては、医療制度改革や財政の状況を見極めるとともに、市全体の母子福祉施策や障害者福祉施策を総合的に勘案しながら、必要に応じ、県へ要望してまいりたいと考えております。

 以上であります。



○議長(藤丸利光君) 菊田生涯学習課長。

 [生涯学習課長 菊田 徹君登壇]



◎生涯学習課長(菊田徹君) 加茂議員ご質問の子どもの読書運動についてお答え致します。

 まず、第1点目の子どもの読書活動推進についてですが、去る、12月7日、子どもの活字離れを防ぎ、読書で心を豊かに育てることを目的とした「子ども読書活動推進法案」が国会で可決成立致しました。その内容は、国や自治体は学校、地域と連携しながら、子どもたちが様々な機会に自主的な読書ができるよう推進する責務を定めたものとなっております。

 子どもにとって読書は想像力や考える習慣を身に付け、豊かな感性や情操、そして思いやりの心を育む上で大切な営みであり、人としてよりよく生きる力を育み、人生をより味わい深い豊かなものとしていくために欠くことのできないものであると認識致しております。

 このような観点から、現在、市内の全小学校では「読書朝会」「学級読書」という形で読書に親しむ機会を設け、その推進に取り組んでおります。また、図書館では子どもたちに読書への親しみや楽しさ、面白さを感じてもらい、感想文として発表してもらう「読書感想文コンクール」を開催しての、読書推進、さらに、市内6カ所の地区公民館に巡回文庫を設け、地域の方たちが身近で読書に親しむ機会が持てるように、積極的に努めております。今後も図書館の機能や蔵書を充実させ、子どもたちを初め、多くの市民から愛される図書館として、読書の普及と推進に取り組んでまいりたいと考えております。

 次にブックスタート事業についてですが、乳幼児期にお母さんから本を読み聞かせてもらうことは、本に慣れ親しむ第一歩であり、大切なことであると考えております。このブックスタートにつきましては、先の6月議会の折にもお答えしたところですが、生涯学習という立場は何らかの要因によって啓発された方が次の段階に進んでいこうと思ったときに、その求めているものに出会えるような機会の提供と、それを整備充実させていくことであると考えております。機会の提供ということでは、すでに読み聞かせボランティアグループのご協力を頂き、幼児、児童を対象とした絵本や紙芝居を利用しての読み聞かせを毎月開催して、親子で本に親しんで頂けるように努めているところです。

 市と致しましては、今後とも乳幼児をお持ちのお母さんたちが、いつでも気楽に集まれ、自由に読書ができ、さらに読書相談に応じられるような図書館等の環境整備と蔵書の充実に前向きに取り組んでまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(藤丸利光君) 宇薄環境課長。

 [環境課長 宇薄健一君登壇]



◎環境課長(宇薄健一君) 加茂議員ご質問の「エコ・バッグの配布」についてお答え致します。

 買い物袋を持参することは、ゴミの減量化やリサイクルを推進していくうえで有効な方法のひとつであります。県では毎年10月にマイ・バッグ・キャンペーンを実施しており、臼杵市におきましてもこれに併せてスーパー等に対し、店内放送やレジでの声かけ・得点制度による還元等について、協力をお願いしているところであります。

 今後は、商店街も含め、キャンペーン月間だけにとどまらず、年間を通して推進するとともに、住民への啓発に努めながら、意識の高揚を図ってまいりたいと考えております。全市的にエコ・バッグを配布することにつきましては、住民のマイ・バッグ持参に対する意識が大きく関係しますので、その状況を見ながら、今後の検討課題とさせて頂きます。

 以上です。



○議長(藤丸利光君) 加茂議員。

 [10番 加茂千恵子君質問席登壇]



◆10番(加茂千恵子君) 何点か要望致します。

 最初の雇用機会の創出の件ですけれども、これは上限があるんですね。市に5,600万、私はやる気があるところはたくさん出せばどんどん出るのかなというふうに思っておりましたので、やっぱりなかなか事業費に占める人件費割合を8割とか、また失業者の雇い入れ割合とか、いろいろ厳しい制限がありますので、制約があるので、何市町村かお聞きしたんですけれども、なかなか取り組みが難しいというような話を聞きました。そのときに臼杵市としてはもうすでにこういう形でいくつか出してますという話を聞いて、すごくうれしく思ったんですが、これは10分の10の補助率ですので、とにかく貪欲にもっともっと考えたらあるんじゃないかなっていうのを思いました。教育文化でも今、教育の方でも出ましたけども、こういうときに図書館の司書を何とかできないかなとか、また来年度から教育の指導要領が変わりまして、文化芸術の中の和楽器とか、そういうのが取り入れられるようになりましたので、そういう先生方の何か雇い入れだとか、また環境では不法投棄の監視員とか、大分の方でもちょっと新聞にも載っておりましたけれども、こういうのも失業対策として、また雇用の機会になるんじゃないかなと思いました。福祉、保育にしても、地域振興にしても、考えたらいろんなことがまだできそうだなというのを思いましたので、是非これは12月いっぱいぐらいに県が国へということをお聞きしたんですが、もう間に合うかどうかわかりませんが、また機会がありましたらどんどんこういうのを取り入れて頂きたいなと思いましたので、よろしくお願い致します。

 シャトルバスについては、これはたまたま幼稚園のバスが昼間は空いてるので、何かそれができないかなというのを思ったんですが、運送上のそういう法律とか、そこらへんじゃなくて、今もそういうシャトルバスが市内を運行する時期がもう来てるんじゃないかなて、そういうふうに思いましたので、午前中にもいろんなそういう意見が出ましたが、是非市長も財政が許すなら15年からということでしたが、これは難しいかなとは思ったんですけれども、こういう形で何らかのバス、タクシーをって言うんじゃなくて、委託事業のような形でどこも守っていけるような形のものができたらいいなと思いましたので、前向きにこれもご検討お願い致します。

 母子、障害者の医療費の件です。これ私もつい先日、公明党の女性局として県の方に予算要望に行ってまいりました。このときに障害者を持たれたお母さんのお話の中に、朝、目覚めたときに、「ああ、この子は今日も生きてる」っていう、まずそういう障害者を持たれてるご家族の方は生存確認から始まるっていう、そういう厳しい中で子育てをやってるという、こういうときにせっかく現物給付という窓口で払わなくていい制度が乳幼児でできたのに、どして障害者にそういうのが適用できないのかっていう話を直に伺いまして、県としても今、一部負担のこととかもありました。でもこれはできるだけ福祉の後退を招かないような形で検討したいということは約して頂いたんですけれども、自治体からの働き掛けというのはもう絶対に不可欠だと思いますので、是非機会あるごとに声を出して頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

 子どもの読書運動の件です。これ先の議会でも申し上げまして、かなり全国的にも進んでまいりました。今、学校教育課長、感想文なども書いてもらったりとかおっしゃってたんですが、読書をする中で、感想文を書けだとか、これをこうしろと言うとなかなか読書が進まないという話を伺ったこともあります。とにかくどんな本でもいいから毎日、朝10分間読もうということがものすごくいいんだそうです。何かいろんな制約、規制をせずにみんなが本を読めるような環境がつくれたらいいなと思いまして、これは教育委員会の方から是非また校長会なり、そういう形のものがあるときに進めて頂きたいと思います。

 そして、ブックスタートの件も、環境整備をやっていくということでしたが、まずその最初の段階でお母さん方に「この乳幼児のときにはこんな本がいいですよ」という形で、市がまずそれを進めて頂いて、そのあと環境整備を是非取り組んで頂きたいと思います。

 布製の買い物袋はちょっと難しいかなと、つい先日の新聞記事でも、なかなか使ってる方が少ないというのを目にしました。何かこう女性団体とか、消費者団体にモデル事業のような形で何か少しずつでも取り組んで頂いて、その結果で市全体で取り組めるようになれば、本当に子どもたちももう「ああこの布の袋を持って必ず買い物には行くんだ。ゴミはもう少なくするんだ。」というような、もう生きた環境教育ができるんじゃないかなということを感じましたので、また何かそういう機会がありましたら、モデル的に何か団体とかに1回使ってもらって、感想を聞いて見るとか、そういうお取り組みもお願いできたらと思います。

 要望で結構でです。どうもありがとうございました。以上です。



○議長(藤丸利光君) 以上で加茂議員の質問及び答弁は終了致しました。

 加茂議員の質問及び答弁に対し、関連質問のある方は挙手を願います。

 [なし]



○議長(藤丸利光君) 以上で加茂議員の質問及び答弁に対する関連質問を終わります。

 本日は以上をもって散会致します。

  午後4時5分 散会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−