議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 臼杵市

平成13年  6月 定例会 06月22日−05号




平成13年  6月 定例会 − 06月22日−05号 − P.0 「(名簿)」












平成13年  6月 定例会



 平成13年6月22日

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      平成13年6月22日(金曜日)午前10時開議

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.議事日程第5号

 第1 委員長報告(付託諸議案)質疑、討論、採決

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.本日の会議に付した事件

 日程第1 委員長報告(付託諸議案)質疑、討論、採決

 日程追加 第66号議案 公有水面埋立てに関し意見を述べることについて

      意見書案第4号 学校事務職員・栄養職員の人件費半額国庫負担制度を堅持し、義務教育費国庫負担制度の見直し反対に関する意見書

      意見書案第5号 「緊急地域雇用特別交付金事業の改善・継続」と「緊急の就労事業」に関する意見書

      一括上程、説明、質疑、討論、採決

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席議員(21名)

      1番  大塚州章       2番  匹田 郁

      3番  林 壯一朗      4番  武生博明

      5番  吉岡 勲       6番  衛藤忠一

      7番  小野栄子       8番  藤原一弘

      9番  三浦正行      10番  加茂千恵子

     11番  平川哲郎      12番  児玉善生

     13番  牧 宣雄      15番  長野景行

     16番  見河洋子      17番  首藤新一

     18番  池田和秀      19番  川野方男

     20番  西水忠夫      21番  板井孝太郎

     22番  藤丸利光

 欠席議員(なし)

 欠員(1名)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 事務局職員出席者

     局長       齋藤勝美    次長       吉田修二

     次長兼総務係長  三浦 孝    書記       矢野龍二

     書記       齋藤孝弘

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 説明のための出席者

     市長       後藤國利    助役       山本正嗣

     収入役      神田常幸    教育長      村上 直

     消防長      二村修次    総務部長     安野正道

     市民部長     近藤隆正    建設産業部長   高橋洋児

     市長室長     渡邊秀一    総務課長     安東睦男

     企画情報課長   亀井重忠    管理課長     神品賢二

     農林水産課長   兒玉 清

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午前10時02分 開議



◎事務局長(齋藤勝美君) おはようございます。

 ただいまの出席議員は21名です。



○議長(藤丸利光君) おはようございます。

 ただいま報告のとおり、定足数に達しております。

 よって、本日の会議は成立致しました。

 これより本日の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 委員長報告(付託諸議案)質疑・討論・採決



○議長(藤丸利光君) 日程第1、第52号議案から第59号議案及び第61号議案から第65号議案を一括議題と致します。

 これより委員長の報告を求めます。



○議長(藤丸利光君) 教育民生委員長。

 [教育民生委員長吉岡 勲君登壇]



◆教育民生委員長(吉岡勲君) おはようございます。教育民生委員長の吉岡 勲です。

 教育民生委員会に付託を受けました議案につきまして報告させて頂きます。

 6月定例市議会におきまして、本委員会に付託を受けました議案5件につきまして、その審査経過と結果について、ご報告致します。

 まず、第52号議案、臼杵市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続きに関する条例の制定についてですが、この条例は、当該一般廃棄物処理施設の設置及び変更に関し利害関係を有する者に意見書を提出する機会を付与することを目的とするものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に第54号議案、臼杵市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正についてですが、臼杵市立佐志生保育所の改築移転に伴い、保育所の位置を変更するものであり、全会一致で原案のとおり可決すべきものとして決しました。内容については、改築により地番を「3007番地」を「2047番地の2」に改めるものであります。

 次に第55号議案、臼杵市営体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正についてですが、臼杵市武道場の解体、撤去に伴う条例の一部改正であり、全会一致で原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に第61号議案、平成13年度臼杵市一般会計補正予算(第1号)中、所管事項ですが、環境課では視察費として地元公害委員会が先進地視察のため旅費の追加や最終処分場の生活環境影響調査を縦覧するにあたり測量及び地質調査を事前に行うための委託料が補正計上されています。なお、地元と公害委員会との事前協議を十二分に行うようにとの意見があったことを付け加えます。

 福祉課では、去る4月21日に二王座で住宅の全焼火災があり5名死亡により災害見舞金を扶助費として支給するための追加計上がされています。

 健康課では、老人医療特別会計繰出金の追加計上であります。

 教育委員会の管理課では、上北小学校・深江小学校及び深江中学校・南中学校が、地区の共聴アンテナに加入しており、CATVの実施に伴い地区のアンテナが廃止になり、CATVを各校に設置するための工事費と、西中学校のトイレ入口が男女共同になっており、別々の入口を設置するための改修工事費や、給食配達者の更衣室が無く設置を行うための備品購入費であります。

 文化財課ではマルショク跡地の発掘に伴う人件費、そして生涯学習課では豊の国IT塾の人件費に対する予算項目の変更や、西中学校グラウンドの社会体育トイレの老朽化により上下水の改修が歳出としての主な追加補正であります。

 歳入については、西中学校トイレの改修に伴う国庫補助金600万円と市債900万円、及び文化財調査受託収入155万円の追加補正であります。

 以上、執行部の詳細な説明を受け審査した結果、原案については、別に異議なく全会一致で可決すべきものとして決しました。

 次に、第64号議案、平成13年度臼杵市老人医療特別会計補正予算(第1号)ですが、歳入については、老人保健法の一部改正、社会保険制度の移行、平成12年度の発生件数増加等の要因により一般会計より繰り入れるものであります。

 歳出については、支払基金交付金精算返納金であります。

 執行部の説明を受け慎重に審査した結果、別に異議なく全会一致で可決すべきものとして決しました。

 最後に、各所管課より平成13年度の主要事業説明がありましたので、報告申し上げます。

 環境課では、小型合併処理浄化槽設置事業は、国、県、市の3分の1の補助で水質汚濁防止、環境保全のため、予算の範囲内で約40基の浄化槽の設置を行うものです。また、広域ごみ処理場建設ですが、大分市佐野に建設する広域化事業における市負担金分を支出することにより円滑な事業実施に努めるものであります。

 健康課では、基本検診の受診率の向上と要指導者に対する保健指導の充実や、生活習慣病の予防について健康教室の実施、来年度策定予定の「健康日本21地方計画」の資料としてのアンケート調査や、生涯現役事業の新規事業の取組みとして、各種健康教室、そして制度の紹介等の番組を自主制作し、CATVで放送を行うとのことです。

 市民課では、戸籍事務コンピューター化は、早い時期に設置が必要とのことでした。

 また、教育委員会では、冒頭で教育長から大阪府の池田小学校で起きた児童殺傷事件後の、臼杵市での対応の報告がありました。その内容は、事件報道直後、早急に市内各小中学校へ、外来者への対応の方法や校内巡視、不審者へは2人での対応等を指示しましたが、地域へ開かれた学校として、自由に授業参観等が行われている今日では、逆に地域内で孤立してもいけないので地域と学校周辺をも含めた学校の安全を考えていきたい、との報告がありました。

 管理課の主要事業では、小・中学校の改修工事が主なものであり、学校教育課で、は幼稚園園舎建設に向けて協議を進め、学校5日制の導入、新しい教科書の採用、新指導要項の実施等の説明がありました。また、生涯学習課の新規事業として、臼杵市「豊の国IT塾」推進事業として90回の講座開設を行うものであります。

 以上で、教育民生委員会に付託を受けました議案の審査結果の報告を終わりますが、議員皆様方のご賛同をよろしくお願い致します。

 以上で報告を終わります。



○議長(藤丸利光君) 総務委員長。

 [総務委員長林 壯一朗君登壇]



◆総務委員長(林壯一朗君) おはようございます。総務委員長の林でございます。本6月定例市議会におきまして、総務委員会に付託を受けました議案4件について報告をいたしたいと思います。

 去る6月15日と19日の2日にわたり、総務委員会を開催し、執行部の説明を受けながら慎重に審査を致しました。その経過と結果についてご報告を申し上げます。

 まず、第56号議案、臼杵市消防団員等公務災害補償条例の一部改正については、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴い、補償基礎額等を引き上げ、条文の整備をするもので、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に、第57号議案、臼杵市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてでありますが、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部改正に伴い、非常勤消防団員に対する退職報償金の支給額を引き上げるとともに、条文の整備を行うもので、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に第61号議案、平成13年度臼杵市一般会計補正予算(第1号)につきましては、補正予算の歳入歳出それぞれ125万円を追加し、予算総額132億8,510万4,000円となります。

 所管事項のうち、歳入では17款繰入金の財政調整基金繰入金8,700万円、18款繰越金2,000万円及び19款雑入で自治総合センター(宝くじ)還元金の240万円が追加となっています。

 歳出では、総務管理費がふるさとづくり事業費と諸費で327万4,000円の追加で、総額13億291万円、徴税費は固定資産状況類似地区区分等事業委託料の200万円が追加され、総額1億8,811万2,000円、選挙費としては参議院議員選挙に伴う開票所設営等の委託料175万円が追加され、総額4,748万2,000円となりますとの説明を執行部より受けました。

 審査の結果、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 最後に、第53号議案、臼杵市教育委員会教育長の任命手続に関する条例の制定については、執行部より地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律による地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正により、教育長の任命手続が変更されたことに伴い、教育長の任命手続を定めるために制定をするものであるとの説明を受けました。

 委員会は、15日と19日の2日にわたり、執行部の説明と併せ教育委員会にも総務委員会への出席を願い現況について調査を致しました。総務委員会としては慎重に審査を行い、「市長が教育行政に関与するものではないが地方公共団体の長としての責任の所在を明らかにするための条例である」ということを確認し、原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 以上、総務委員会に付託を受けました議案4件につきまして、審査結果の報告を終わります。

 議員皆様方のご賛同をよろしくお願い致します。



○議長(藤丸利光君) 建設委員長。

 [建設委員長児玉善生君登壇]



◆建設委員長(児玉善生君) 皆さんおはようございます。建設委員長の児玉でございます。建設委員会の委員長報告を行います。

 本6月定例市議会において、建設委員会に付託を受けました議案6件につきまして、その審査経過と結果の報告を申し上げます。

 まず、委員会に入る前に契約検査室長より、入札方法について本年7月1日から、建設委員会所管130万円以上の工事の競争入札方法に関し、入札価格の最低制限価格と、予定価格を事前に公表し、資格別に入札を行うとの説明を受けました。

 委員からは、最低制限価格について適正価格はどのような基準で決めるのか。同額の場合はどうなるのか。最低何社の入札業者で行うのか等意見が出され、委員会としては入札の適正価格の設定や経費等、一定の基準を設けることや、入札方法の公平性と公表できる体制づくりが必要との意見を付し、慎重な対応を図るようお願いしました。

 ご承知にように、市内業者は景気の低迷と公共工事の減少から、厳しい環境下におかれており、資材、物資の購入にあたり極力地元業者を最優先するようご配慮をするよう申し添えます。

 それでは建設課所管事項、第58号議案、市道の認定についてでありますが、野田37号線、野田38号線、海添57号線、市浜千代田線の4路線を新たに市道として認定するものであり、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に、第61号議案、平成13年度臼杵市一般会計補正予算(第1号)中、建設課所管事項について、歳入では、平成11年度から広域道づくり事業の12年度繰越明許費による13年度予算からの土木債の減額であります。歳出では、広域道づくり事業の中央線の12年度繰越明許費にしたための道路新設改良工事費の減額、中央線他確定に伴う家屋工作物移転補償費の追加、高山線測量設計委託料の追加、道路改良工事請負費の減額、街並み環境整備事業の街路整備工事費の減額、電線地中化委託による街路整備工事費と家屋工作物移転補償費の組み替え、月経寺下の公園用地購入費の追加等が主なものであります。要望として、委員から特に電線地中化工事着工前に、公共下水道の未接続世帯に対し工事完了するようご指導を図るよう申し添えます。

 上下水道課所管事項では、歳出として中臼杵の簡易水道事業特別会計の繰出金の追加、泊ケ内にあるし尿処理浄化センターを公共下水道施設に共同処理するための基礎調査費として、公共下水道事業特別会計への繰出金の追加であります。

 それぞれ詳細な説明を受けながら審査した結果、別に異議なく、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に、上下水道課所管事項で、第62号議案、平成13年度臼杵市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)の歳入では、一般会計への繰入金、低利に借り換える下水道高資本費対策借換債であります。

 歳出では、臼杵市の共同処理施設に伴う公共下水道計画設計委託料、長期償還元金の追加が主なもので、委員からは臼杵市の泊ケ内にあります、し尿処理浄化センターも老朽化しており共同施設利用計画のプロジェクトチームを編成して強力に推進するよう要望し、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に、第63号議案、平成13年度臼杵市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について、歳入では、簡易水道事業費国庫負担補助金の追加、一般会計繰入金の追加、簡易水道整備事業債の追加であります。

 歳出では、中臼杵簡易水道事業の管理監督委託料、設計測試委託料の追加、簡易水道施設整備工事費の追加が主なものであり、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 また、平成12年度公共下水道雨水計画案は、市浜地区雨水計画の市浜排水区159.8ヘクタール内に狭間圧力雨水幹線と新地圧力雨水幹線を引き3箇所のポンプ場を設置し、雨水排水を図る計画と温井地区雨水計画図では、野田排水区31ヘクタール、望月排水区22.1ヘクタール、温井排水区31.8ヘクタール、千代田排水区24.7ヘクタール、小河内排水区25.2ヘクタール内に野田雨水幹線や神崎川雨水幹線を臼杵川に引き込む計画となっており、土橋雨水ポンプ場や温井雨水ポンプ場からポンプアップによる排水対策で、今後関係地域の協力を仰ぎ短期中期長期計画案を立て、今年度より地域説明会や測量設計に入り、平成14年から18年にかけて工事を計画する旨の説明を受けました。

 委員からは、市浜、温井地区のみではなく浜地区や諏訪地区も浸水の被害を受け困っており、長期計画に折り込むよう要望意見があったことを申し添えます。

 次に、都市デザイン課所管事項中、第59号議案、字の区域の変更についてでありますが、臼杵市市浜土地区画整理組合による土地区画整理事業の施行に伴い、字の区域を変更するもので、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 次に、第65号議案、工事請負費契約の締結についてでありますが、荒田団地建て替え(第3期)建築主体工事の請負契約を締結することについては、委員から6月4日に仮契約をしており議会開会時に提出すべきだ、工事に当たって工事や資材、購入品等できるだけ地元業者を使用する要望意見を申し添え、全会一致原案のとおり可決すべきものとして決しました。

 また、都市デザイン課関連では、臼杵市歴史環境保全審議会で、歴史環境保全地域の指定の拡大と第1種、第2種の地域の格上げ申請を提出する等の説明を受けました。

 以上で、建設委員会に付託を受けました議案6件について審査経過と結果の報告を終わりますが、議員皆様のご賛同をよろしくお願い申し上げます。



○議長(藤丸利光君) 産業経済委員長。

 [産業経済委員長匹田 郁君登壇]



◆産業経済委員長(匹田郁君) 産業経済委員会委員長報告を行います。

 本6月定例市議会におきまして、産業経済委員会に付託を受けました議案は1件であります。その審査経過と結果についてご報告申し上げます。

 第61号議案、平成13年度臼杵市一般会計補正予算(第1号)中、商工観光課所管事項でありますが、文化振興費の備品購入費では、盆踊り保存会の団体からユカタを作って欲しいという要望があり、35着分購入し、貸し出ししようとするものであります。

 委員から『借りたい時はどうすればいいのか、また、市報には載せるのか』という意見に対し、『市報及びケーブルテレビでのお知らせを検討し、市民の皆様に貸し出したい』との説明がありました。

 委員会では、全会一致で可決すべきものとして決しました。

 なお委員会の中で、各所管課での主要事業の概要について説明があり、商工観光課では、仮称『まちんなか交流館』の建設や、11月に行われる『竹宵まつり』などの事業説明がありました。委員会の意見では、竹光芸まつりの補助事業が今年度で終了するということであり、来年度以降についても、何らかの補助を探して頂くよう要望致しました。

 農林水産課所管では漁協の合併や、深田地区の農業集落排水事業で処理場の建設が準備中であること、その他カボス産地として、生産量、生産額の伸び悩み等が挙げられており、本定例会においての市長答弁にもありました『黄色いカボス』の有効利用など、新しい加工品の開発に取り組みたいということもあり、委員会でも『カボスのソフトクリーム』や『カボスドリンク』などを開発してはどうかなど、いろいろなアイデアや意見が出され、今後も引き続きカボスの振興対策については、生産の拡大に努力して頂くよう要望致しましたことをご報告申し上げます。

 以上、産業経済委員会に付託を受けました議案の審査結果及び報告を終わりますが、議員皆様方のご賛同をよろしくお願い致します。



○議長(藤丸利光君) 以上で委員長の報告を終わります。

 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 児玉議員。

 [12番児玉善生君登壇]



◆12番(児玉善生君) 総務委員長より報告を受けたわけですが、第53号議案、臼杵市教育委員会教育長の任命手続に関する条例の制定についてでありますが、今報告の中の内容として、市長が教育行政に関与するものではないが、地方公共団体の長としての責任の所在を明らかにするための条例であると、こういう話があったわけですが、経過の中で、実際に3月の27日付けで市長の方から、教育委員会に具体的に教育長の任命に関する諮問を行っておるわけで、それを受けまして、5月には委員長の方から市長に対して答申という形を出しておるわけです。

 答申の中に教育長としての適任か否かを審査する何らかの措置は必要であるとの意見に達しましたと、こういう委員長としての意見が市長に対する答申として出されており、これを受けて今回の53号議案というものが提案されたんじゃないかというふうに判断がされるわけですが、県の方からもこの問題については、全国で大分市が12月に提案し、6月には教育人事というふうなことが実際に出ておるようでありますけど、ほとんどのところが今回の地方分権に伴って、それぞれの地域に委員会としての主体性を持たせるという方向に変わってきておるわけでありますけど、これにあえて関与するものではないと言いながら、今回の条例制定というものがされておるわけで、この点の、県からの教育委員会からもこちらに、教育長なり助役にあったというような経過も聞いております。その点の具体的に審議経過の内容についてあったのかなかったのか、具体的な内容として指導的なことが県からされておるんかどうか、その点でもし報告ができましたらお願いしたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(藤丸利光君) 総務委員長。

 [総務委員長林 壯一朗君登壇]



◆総務委員長(林壯一朗君) 総務委員長の林でございます。

 ただいまの児玉議員のご質問に対してお答えをしたいと思います。

 今、経過の関係につきましては、児玉議員が把握をされてるとおりでよろしいかと思います。あといわゆる県からの指導の問題についての関係については、総務委員会として教育委員会にもご出席を、報告の中にも書きましたように、教育委員会にもご出席を願ってどういう話があったのかということも含めてお聞きをしまして、特にこういう形でしてくださいという話はなかったということで聞いておりますので、そういう点で判断をさせて頂きました。

 以上です。



○議長(藤丸利光君) 平川議員。



◆11番(平川哲郎君) 私は今質問がありました第53号議案について継続審査の動議をしたいと思います。

 これは大分市で提案された際に、文部省から地方教育行政の組織及び運営に関する法律に触れる疑いがあると再検討を求める動きがありましたので、動議を出します。県教委の指導もありましたので、もっと論議を尽くすべきと思いますので、第53号議案については継続審議を要求致します。



○議長(藤丸利光君) ただいま、平川議員から第53号議案については、継続審査にされたいとの動議が提出されました。

 賛成者はほかにございませんか。

 [賛成者見河議員、児玉議員]



○議長(藤丸利光君) 児玉議員、見河議員、所定の賛成者がありますので、動議は成立致しました。

 よって、第53号議案については継続審査とする動議を議題と致します。

 採決致します。

 本動議のとおり継続審査とすることに賛成諸君の起立を求めます。

 [起立せる者少数]



○議長(藤丸利光君) 起立少数であります。

 よって、本動議は否決されました。



○議長(藤丸利光君) これより各議案に対する討論に入ります。

 (なし)



○議長(藤丸利光君) 以上で討論を終結致します。

 これより採決を行います。

 第52号議案から第59号議案及び第61号議案から第65号議案のうち、第53号議案を除く各議案については、委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(藤丸利光君) 異議なしと認めます。

 よって、第52号議案から第59号議案及び第61号議案から第65号議案のうち、第53号議案を除く各議案については、委員長報告のとおり可決されました。



△議決結果

    議案



番号
件名
結果


第52号議案
臼杵市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例の制定について
原案可決


第54号議案
臼杵市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正について
原案可決


第55号議案
臼杵市営体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について
原案可決


第56号議案
臼杵市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について
原案可決


第57号議案
臼杵市非常勤消防団員に係る退職報奨金の支給に関する条例の一部改正について
原案可決


第58号議案
市道の認定について
原案可決


第59号議案
字の区域の変更について
原案可決


第61号議案
平成13年度臼杵市一般会計補正予算(第1号)
原案可決


第62号議案
平成13年度臼杵市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決


第63号議案
平成13年度臼杵市簡易市水道事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決


第64号議案
平成13年度臼杵市老人医療特別会計補正予算(第1号)
原案可決


第65号議案
工事請負契約の締結について
原案可決



 次に、第53号議案、臼杵市教育委員会教育長の任命手続に関する条例の制定については、委員長報告のとおり決することに賛成諸君の起立を求めます。

 [起立せる者多数]



○議長(藤丸利光君) 起立多数であります。

 よって、第53号議案については委員長報告のとおり可決されました。



△議決結果

    議案



番号
件名
結果


第53号議案
臼杵市教育委員会教育長の任命手続に関する条例の制定について
原案可決



 おはかり致します。

 ただいまお手元に配付のとおり、第66号議案及び意見書案第4号及び第5号が提出されました。

 この際これを日程に追加し、議題と致したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(藤丸利光君) ご異議なしと認めます。

 よって、第66号議案並びに意見書案第4号及び第5号を日程に追加し、議題とすることに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 第66号議案 上程・説明・質疑・討論・採決



○議長(藤丸利光君) まず第66号議案を議題と致します。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

 [市長後藤國利君登壇]



◎市長(後藤國利君) ただいま上程されました第66号議案、公有水面埋立てに関し意見を述べることにつきまして、ご説明申し上げます。

 臼杵市が佐志生漁港海岸環境整備事業に伴う道路、多目的広場等の用地として、大字佐志生字藤田の地先の公有水面を1,999.12平方メートル埋め立てることにつきまして、大分県知事から意見を求められたので、これに異議ない旨の意見を申し述べることについて、議決をお願いしようとするものであります。

 何とぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(藤丸利光君) 以上で説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。

 (なし)



○議長(藤丸利光君) 以上で質疑を終結致します。

 おはかり致します。

 ただいま議題となっております第66号議案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略致したいと思います。これにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(藤丸利光君) ご異議なしと認めます。

 よって、第66号議案については委員会付託を省略することに決しました。



○議長(藤丸利光君) これより討論に入ります。

 (なし)



○議長(藤丸利光君) 以上で討論を終結致します。

 これより採決を行います。

 第66号議案については、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(藤丸利光君) ご異議なしと認めます。

 よって、第66号議案については、原案のとおり可決されました。



△議決結果

    議案



番号
件名
結果


第66号議案
公有水面埋立てに関し意見を述べることについて
原案可決



     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△意見書案第4号及び第5号 一括上程・説明・質疑・討論・採決



○議長(藤丸利光君) 次に意見書案第4号及び第5号を一括議題と致します。

 提出者の説明を求めます。

 林議員。

 [3番林 壯一朗君登壇]



◆3番(林壯一朗君) 議席3番の林でございます。

 意見書案第4号、学校事務職員・栄養職員の人件費半額国庫負担制度を堅持し、義務教育費国庫負担制度の見直し反対に関する意見書についてご提案を致したいと思います。

 教育基本法では、教育行政の責務としての条件整備を明記をしております。義務教育費国庫負担制度は、教育の機会均等とその水準の維持向上のために大きな役割を果してまいったところであります。

 財務省は、2002年度の予算編成において、義務教育費国庫負担制度等における費用負担の在り方について見直しを行っていくという方向のもとに、学校事務職員・栄養職員の人件費適用除外を従来どおり強力に進める意向であると伝えられております。

 もしも、「人件費適用除外」が強行されますと、学校事務職員・栄養職員の賃金は全額都道府県負担となり、財政危機が深刻化する地方の中では大きな負担となります。また、学校教育を根底から破壊することにほかなりません。

 したがいまして、義務教育費国庫負担制度の見直しに反対し、以下の事項を強く要請するものであります。

 1 学校事務職員・栄養職員の人件費国庫負担制度を堅持することを国に意見書として提出をしたいと思いますので、議員皆様のご賛同をよろしくお願い致します。



○議長(藤丸利光君) 武生議員。

 [4番武生博明君登壇]



◆4番(武生博明君) 4番の武生でございます。

 意見書案第5号について説明を申し上げます。

 緊急地域雇用特別交付金事業の改善継続と緊急の就労事業に関する意見書でございます。

 長期不況とリストラによって完全失業率4.7%、完全失業者は318万人にも及び、失業者の雇用と生活を守る課題は一刻も猶予できない状況でございます。

 政府は、30万人の雇用創出を掲げ2,000億円の緊急地域雇用特別交付金事業を実施しましたが、300万人以上の失業者を救済する上で極めて不十分であります。今日の失業雇用情勢を打開し、失業者や高齢者の要求に応えるためには、この交付金事業の内容、運営、改善とともに2002年以降も予算規模を拡大して継続する必要があります。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出致します。

 議員皆様方のご賛同をよろしくお願い致します。



○議長(藤丸利光君) 以上で説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。

 (なし)



○議長(藤丸利光君) 以上で質疑を終結致します。

 おはかり致します。

 ただいま議題となっております意見書案第4号及び第5号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(藤丸利光君) ご異議なしと認めます。

 よって、意見書案第4号及び第5号については、委員会付託を省略することに決しました。



○議長(藤丸利光君) これより討論に入ります。

 (なし)



○議長(藤丸利光君) 以上で討論を終結致します。

 これより採決を行います。

 意見書案第4号及び第5号については、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

 [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(藤丸利光君) 異議なしと認めます。

 よって、意見書案第4号及び第5号については、原案のとおり可決されました。



△議決結果

    意見書案



番号
件名
結果


意見書案第4号
学校事務職員・栄養職員の人件費半額国庫負担制度を堅持し、義務教育費国庫負担制度の見直し反対に関する意見書
原案可決


意見書案第5号
「緊急地域雇用特別交付金事業の改善・継続」と「緊急の就労事業」に関する意見書
原案可決



 なお、意見書の取り扱いについては、議長に一任願います。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤丸利光君) 以上で今期定例会の日程は全部終了致しました。

 以上をもって平成13年臼杵市議会6月定例会を閉会致します。

  午前10時40分 閉会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   平成13年6月22日

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

               臼杵市議会議長  藤丸利光

               会議録署名議員  見河洋子

                  〃     首藤新一

                  〃     池田和秀