議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 大分市

平成18年第4回定例会(第5号12月15日)




平成18年第4回定例会(第5号12月15日)





 
第4回大分市議会定例会会議録 (第5号)


―――――――――――――――――――――


平成18年12月15日


   午前10時2分開議


―――――――――――――――――――――


出席議員


  1番    二宮純一


  2番    挾間正


  3番    小手川恵


  4番    廣次忠彦


  5番    福間健治


  6番    大久保八太


  7番    宮邉和弘


  8番    井上香龍


  9番    安東房吉


 10番    篠田良行


 11番    日小田良二


 12番    指原健一


 13番    桐井寿郎


 14番    田?潤


 15番    首藤?憲


 16番    矢野久


 17番    下村淳一


 18番    二宮博


 19番    藤田敬治


 20番    工藤哲弘


 21番    安部剛祐


 22番    野尻哲雄


 23番    永松弘基


 24番    板倉永紀


 25番    足立義弘


 26番    仲道俊寿


 27番    三浦由紀


 28番    河越康秀


 29番    長田教雄


 30番    秦野恭義


 31番    阿部剛四郎


 32番    田島八日


 33番    福崎智幸


 34番    衛藤良憲


 35番    小嶋秀行


 36番    井手口良一


 37番    荻本正直


 38番    徳丸修


 39番    河内正直


 40番    後藤淳夫


 41番    高橋弘巳


 42番    藤沢達夫


 43番    今山裕之


 44番    吉岡美智子


 45番    衞藤三男


 46番    渡部義美


 47番    油布忠


 48番    後藤一裕


―――――――――――――――――――――


欠席議員


 なし


―――――――――――――――――――――


出席した事務局職員


 局長     宮脇邦文


 次長     森卓男


 総務課長   清水勝


 議事課長   指原正廣


 議事課長補佐 後藤陸夫


 政策調査室長 房前賢


 主査     中村義成


 主査     明石文雄


 委託速記者  瀬井美好


―――――――――――――――――――――


説明のため出席した者の職氏名


 市長  釘宮磐


 副市長  磯?賢治


 収入役  久渡晃


 教育長  秦政博


 水道事業管理者  渕野善之


 消防局長   川野登志之


 総務部長   衛藤嘉幸


 総務部参事兼総務課長  井上英明


 総務部参事兼契約監理課長  安東清


 企画部長   秦忠士


 国体推進部長  田仲均


 財務部長   藤田茂利


 市民部長   高野雅之


 市民部参事兼鶴崎支所長  三浦能成


 市民部参事兼稙田支所長  安部信孝


 福祉保健部参事兼大分市保健所所長  井原誠


 環境部長   関貞征


 商工部長   中尾啓治


 農政部長   佐藤日出美


 土木建築部長  田邊信二郎


 都市計画部長  首藤憲治


 都市計画部参事  矢野貞夫


 下水道部長  大山晴久


 教育委員会教育総務部長  三股彬


 教育委員会学校教育部長  大戸愼一郎


 水道局管理部長  林光典


 総務部次長  神矢壽久


 企画部次長  吉田元


 財務部次長兼財政課長  城内健


 市長室長   脇文洋


───―────―────────────


  議事日程  第5号


    平成18年12月15日午前10時開議


第1 委員長の報告 質疑、討論、採決


第2 議員提出議案第4号及び第5号一括上程、審議(委員会付託省略)


第3 議員派遣の件


第4 閉会中各委員会の継続調査について


第5 会議録署名議員の指名


───―────―────────────


  本日の会議に付した事件


発言取り消しの件


日程第1 委員長の報告 質疑、討論、採決


日程第2 議員提出議案第4号及び第5号一括上程、審議(委員会付託省略)


日程第3 議員派遣の件


日程第4 閉会中各委員会の継続調査について


日程第5 会議録署名議員の指名


 ◇─────────────────◇


○議長(長田教雄) これより会議を開きます。


          午前10時2分開議


○議長(長田教雄) 本日の議事は、お手元に配布の議事日程第5号により行います。


 ◇─────────────────◇


  発言取り消しの件


○議長(長田教雄) 日程に先立ちまして、5番、福間議員から、去る8日の発言について一部取り消しの申し出がありました。


 お諮りいたします。


 この際、日程追加の上、5番、福間議員の発言中、後刻、議長において速記録を精査の上、発言の一部取り消しを認めることに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、5番、福間議員の発言の一部取り消しを認めることに決定いたしました。


  ◇─────────────────◇








◎日程第1 委員長の報告 質疑、討論、採決





○議長(長田教雄) 日程第1、去る11日の本会議において各常任委員会に付託いたしました議第118号から議第134号まで及び議第136号から議第145号までの議案27件、請願6件、陳情1件、並びに9月議会から継続審査となっております請願5件、陳情1件を一括議題とし、各常任委員長の報告を求めます。


 最初に、総務常任委員長。26番、仲道議員。


○26番(総務常任委員長 仲道俊寿)(登壇) おはようございます。総務常任委員長報告を行います。


 さきの本会議において当委員会に付託されました予算議案3件、一般議案8件及び新たに提出された請願3件、並びに継続審査となっておりました請願4件について、審査いたしました経過並びに結果の御報告を申し上げます。


 初めに、予算議案についてであります。


 まず、議第118号、平成18年度大分市一般会計補正予算第2号第1条歳入歳出予算の補正のうち、歳入についてでありますが、補正予算の主な財源となったのは、繰入金12億円、繰越金20億8,246万5,000円であり、国庫支出金及び市債につきましては、それぞれ3億6,724万7,000円、1億3,830万円の減額補正となっております。


 また、歳出のうち、第1款議会費、第2款総務費、第3款民生費のうち国保年金課関係、第4款衛生費のうち葬斎場費、第9款消防費についてでありますが、主に定年前早期退職者に係る退職手当などの人件費の計上等であり、歳入歳出とも、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 さらに、第2条債務負担行為の補正第2表の1追加、平和市民公園能楽堂管理業務委託料、大分市宇曽山荘管理業務委託料、テレビ広報「フレッシュおおいた」広告料及び「市報おおいた」企画製作費、第3条地方債の補正についてでありますが、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第119号、平成18年度大分市国民健康保険特別会計補正予算第3号、議第121号、平成18年度大分市交通災害共済事業特別会計補正予算第1号の2特別会計についても、いずれも異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、一般議案についてであります。


 まず、議第127号、大分市支所及び出張所設置条例等の一部改正についてでありますが、これは、字の区域及びその名称の変更に伴い所要の改正をしようとするもので、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第128号、大分市手数料条例の一部改正についてでありますが、これは、住民基本台帳法の一部改正に伴い規定の整備をしようとするもので、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第132号、公の施設に係る指定管理者の指定についてでありますが、これは、平和市民公園能楽堂に係る指定管理者の指定をしようとするものですが、指定管理者の応募資格要件に該当しなくなったときの指定の取り消し等に対する執行部の考え方を聞き、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第133号、公の施設に係る指定管理者の指定についてでありますが、これは、大分市宇曽山荘に係る指定管理者の指定をしようとするもので、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第137号、大分県後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議についてであります。


 これは、後期高齢者医療制度の事務を処理するため、大分県のすべての市町村と大分県後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議をしようとするもので、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第142号、大分市職員の給与に関する条例の一部改正についてでありますが、これは、国の給与改定に準じ職員の給与構造の見直しをしようとするもので、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第143号、大分市職員の退職手当支給条例の一部改正についてでありますが、これは、国の改正に準じ所要の改正をしようとするもので、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第144号、大分市技能労務職員の給与の種類及び基準を定める条例の制定についてでありますが、これは、技能労務職員の給与の種類及び基準について条例を制定しようとするもので、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 最後に、請願の審査結果について御報告申し上げます。


 まず、継続審査となっておりました平成17年請願第2号、核兵器廃絶への努力を求める意見書提出方についてでありますが、執行部より、北朝鮮の地下核実験に対する各国の制裁措置の動きを受け、6カ国協議が再開されることとなった経緯などの説明を受け、審査いたしましたが、動向を見守る必要があるとして、継続審査とすることに決定いたしました。


 次に、平成17年請願第19号、消費税増税の中止を求める意見書提出方についてでありますが、執行部より、政府税制調査会の答申には消費税には触れられていない等の説明を受ける中、慎重に審査をいたしましたが、結論を出すに至らず、継続審査とすることに決定いたしました。


 次に、平成18年請願第1号、公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める意見書提出方についてですが、公共サービス改革法及び行政改革推進法の施行後の国においての市場化テストの動向等について説明を受け、審査いたしましたが、結論を出すに至らず、継続審査とすることに決定いたしました。


 次に、平成18年請願第4号、消費税の税率を引き上げないよう求める意見書提出方についてでありますが、消費税増税中止を求める意見書提出方についてと同様、結論を出すに至らず、継続審査とすることに決定いたしました。


 次に、新たに提出された平成18年請願第10号、最低保障年金制度の実現を求める意見書提出方についてであります。


 これは、無年金者や低所得者の生活を保障する無拠出で一定年齢に達すると受給できる年金制度の創設を求めるものですが、現行の年金制度を根本的に変える制度であること等の説明を受け、審査しましたが、結論を出すに至らず、継続審査とすることに決定いたしました。


 次に、平成18年請願第11号、医療制度改正に関する意見書提出方についてでありますが、これは、リハビリテーションの日数制限や療養病床の削減の取りやめや、後期高齢者医療制度の見直しを求める請願ですが、執行部より、本年6月に成立した医療制度改革関連法の中で行われた見直しについての説明を受け、審査しましたが、さらに検討する必要があるとして、継続審査とすることに決定いたしました。


 次に、平成18年請願第14号、国保・介護保険の保険料・利用料減免制度の創設と拡充を求める請願のうち、当委員会付託の国民健康保険分についてでありますが、これは、国保税と一部負担金の減免制度の拡充を求めるもので、本市の減免制度の概要説明を受け、審査いたしましたが、結論を出すに至らず、継続審査とすることに決定いたしました。


 以上で総務常任委員長報告を終わります。


○議長(長田教雄) 次に、厚生常任委員長。42番、藤沢議員。


○42番(厚生常任委員長 藤沢達夫)(登壇) おはようございます。厚生常任委員長報告を行います。


 さきの本会議におきまして当委員会に付託されました予算議案3件、一般議案3件及び請願3件、並びに継続審査となっておりました請願1件、陳情1件につきまして、審査いたしました経過並びに結果の御報告を申し上げます。


 最初に、予算議案についてであります。


 まず、議第118号、平成18年度大分市一般会計補正予算第2号第1条歳入歳出予算の補正のうち、当委員会所管の歳出第3款民生費、第4款衛生費についてであります。


 第3款民生費については、社会福祉法人に対する施設整備事業費補助金を国の内示に伴い調整したほか、生活保護費や児童手当費の調整などがその主なものでありまして、異議なく原案を承認することに決定をいたしました。


 また、第4款衛生費については、制度拡大に伴う乳幼児医療費助成金の追加計上、大洲園処理場整備事業について事業進捗に応じた調整などでありまして、異議なく原案を承認することに決定をいたしました。


 続いて、第2条債務負担行為の補正第2表中、当委員会所管分については、大分エコライフプラザ運営業務委託料、リサイクルプラザ工場棟日常保守管理業務委託料の追加、大洲園処理場整備事業の変更であり、異議なく原案を承認することに決定をいたしました。


 続いて、議第123号、平成18年度大分市母子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算第1号についてでありますが、これは、前年度繰越金が確定したことから貸付金の追加計上をするものでありまして、異議なく原案を承認することに決定をいたしました。


 続いて、議第124号、平成18年度大分市介護保険特別会計補正予算第1号についてでありますが、これは3,900万円の減額補正をするものでありまして、異議なく原案を承認することに決定をいたしました。


 次に、一般議案についてであります。


 まず、議第126号、大分市環境基本条例の制定についてであります。


 これは、環境の保全及び創造について基本理念を定め、市、事業者及び市民の責務を明らかにするとともに、環境の保全、創造に関する施策の基本となる事項を定めようとするものでありまして、異議なく原案を承認することに決定をいたしました。


 続いて、議第129号、大分市廃棄物処理施設条例の一部改正についてでありますが、リサイクルプラザを含む福宗環境センターの整備に伴い所要の改正をしようとするものでありまして、異議なく原案を承認することに決定をいたしました。


 続いて、議第138号、大型深ボデーダンプの購入についてでありますが、これは大型深ボデーダンプ2台を購入しようとするものでありまして、一部反対意見がありましたが、原案を承認することに決定をいたしました。


 最後に、請願、陳情の審査結果について御報告を申し上げます。


 まず、継続審査となっておりました平成17年陳情第2号、社会福祉センター存続に関する陳情についてでありますが、結論を出すに至らず、継続審査とすることに決定をいたしました。


 続いて、平成18年請願第7号、医師・看護師等の増員を求める意見書提出方についてでありますが、医師会でも看護師の不足を認識し、国に確保の申し入れをしている、また、新聞等でも医師不足が指摘されており、採択して国に意見書を上げてほしいとの意見もありましたが、結論を出すに至らず、継続審査とすることに決定をいたしました。


 次に、今回新たに付託されました請願、陳情についてであります。


 平成18年請願第12号、障害者自立支援法の見直しを求める意見書提出方についてでありますが、9月に改善を求める意見書を提出したばかりであるとの議論や、今回は一部負担を軽くするという見直しの形になっており、意見書を提出してほしいなどの意見が出されたところであります。


 慎重に審査をいたしました結果、一部反対意見がありましたが、不採択とすることに決定をいたしました。


 続いて、平成18年請願第13号、就学前までの乳幼児医療費助成を求める意見書提出方についてでありますが、もう少し状況、動向を見る必要があるので継続すべきではないかとの意見もある中、慎重に審査をいたしました結果、一部反対意見がありましたが、不採択とすることに決定をいたしました。


 続いて、平成18年請願第14号、国保・介護保険の保険料・利用料減免制度の創設と拡充を求める請願のうち、当委員会に付託されました介護保険にかかわる部分についてでありますが、慎重に審査をいたしました結果、継続審査とすることに決定をいたしました。


 以上で厚生常任委員長報告を終わります。


○議長(長田教雄) 次に、文教常任委員長。10番、篠田議員。


○10番(文教常任委員長 篠田良行)(登壇) おはようございます。文教常任委員長報告を行います。


 さきの本会議において当委員会に付託されました予算議案1件、一般議案4件、及び新たに提出されました陳情1件につきまして、審査いたしました経過並びに結果の御報告を申し上げます。


 最初に、予算議案についてであります。


 議第118号、平成18年度大分市一般会計補正予算第2号第1条歳入歳出予算の補正のうち、当委員会所管分の歳出第10款教育費についてでありますが、これは、退職手当等の人件費の追加計上であり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 また、第2条債務負担行為の補正第2表中、大分市営温水プール管理業務委託料ほか3件についてでありますが、これは、指定管理者の指定に伴う経費の計上が主なものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、一般議案についてであります。


 まず、議第134号、公の施設に係る指定管理者の指定についてでありますが、これは、アートプラザに係る指定管理者の指定をするものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第136号、公の施設に係る指定管理者の指定についてでありますが、これは、大分市営温水プールに係る指定管理者の指定をするものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第139号、土地買収についてでありますが、これは、鶴崎中学校グラウンド用地として土地を買収しようとするものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第145号、大分市立学校職員の給与に関する条例の一部改正についてでありますが、これは、義務教育諸学校の教育職員に準じ、大分市立学校職員の扶養手当の額の改定等をするものであり、一部反対意見がありましたが、原案を承認することに決定いたしました。


 最後に、新たに提出されました平成18年陳情第9号、地域交流施設を備えた新設小学校、中学校を求める陳情については、12月12日付で陳情者から取り下げ届が提出されましたので、委員会としてこれを承認いたしました。


 以上で文教常任委員長報告を終わります。


○議長(長田教雄) 次に、建設常任委員長。24番、板倉議員。


○24番(建設常任委員長 板倉永紀)(登壇) おはようございます。建設常任委員長報告を行います。


 さきの本会議において当委員会に付託されました予算議案3件、一般議案4件、及び新たに提出されました請願1件について、審査いたしました経過並びに結果の御報告を申し上げます。


 最初に、予算議案についてであります。


 議第118号、平成18年度大分市一般会計補正予算第2号第1条歳入歳出予算の補正のうち、当委員会所管分の歳出第4款衛生費のうち浄化槽費は、人件費の調整であります。また、第8款土木費は、人件費の調整のほか、4項1目都市計画総務費の県工事負担金の追加計上等であります。


 土木費に、一部反対意見がありましたが、原案のとおり承認することに決定いたしました。


 第11款災害復旧費のうち土木施設災害復旧費は、台風10号などによる市道、河川の災害復旧に係る経費の計上であり、異議なく原案のとおり承認することに決定いたしました。


 次に、議第122号、平成18年度大分市公共下水道事業特別会計補正予算第2号であります。


 これは、管渠費汚水雨水施設整備事業に係る2億7,000万円の債務負担行為の追加であり、異議なく原案のとおり承認することに決定いたしました。


 次に、議第125号、平成18年度大分市水道事業会計補正予算第1号であります。


 これは、佐賀関、野津原両地区の上水道料金、簡易水道料金の減免に対する一般会計からの補助金1億5,000万円の計上であり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、一般議案であります。


 まず、議第130号、大分都市計画下水道事業受益者負担等に関する条例の一部改正についてであります。


 これは、負担金の減免対象事項を変更するとともに、賦課対象区域の決定について所要の改正をするものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第131号、大分市水道事業の設置等に関する条例の一部改正についてであります。


 これは、野津原東部簡易水道事業の給水区域を変更することに伴い所要の改正をするものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第140号、土地買収についてであります。


 これは、市道賀来横瀬線用地を買収しようとするものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第141号、市道路線の認定及び廃止についてであります。


 フローラルアベニュー団地線外140路線を市道路線として認定、内無丹生2号線外27路線を廃止しようとするものであり、異議なく原案のとおり承認することに決定いたしました。


 最後に、請願の審査結果について御報告申し上げます。


 今回新たに提出されました請願第15号、市内の狭隘道路を拡幅整備するよう求める請願についてであります。


 これは、4メーター未満の道路で、建築基準法第42条第2項の規定により敷地を後退し、道路とみなされた部分の整備に係るものであります。


 審査の中で、地権者に道路後退部分の整備についてのお知らせの文書を渡すだけでなく、寄附をすれば道路として整備をするという説明をした記録や市が努力した証拠を残すべきだとの意見や、その努力は無償提供を強要することにはならないかとの意見、今の財政状況で指導体制の整備などは非常に難しいのではないかなどの意見がありました。


 一部採択を求める意見がありましたが、不採択とすることに決定いたしました。


 以上で建設常任委員長報告を終わります。


○議長(長田教雄) 次に、経済常任委員長。25番、足立議員。


○25番(経済常任委員長 足立義弘)(登壇) おはようございます。経済常任委員長報告を行います。


 さきの本会議において当委員会に付託されました予算議案2件について、審査いたしました経過並びに結果の御報告を申し上げます。


 最初に、議第118号、平成18年度大分市一般会計補正予算第2号第1条歳入歳出予算の補正のうち、当委員会所管の歳出第5款労働費、第6款農林水産業費、第7款商工費、第11款災害復旧費のうち農林水産施設災害復旧費についてであります。


 まず、第5款労働費についてでありますが、これは、主として人件費の追加計上であり、異議なく原案を承認することに決定をいたしました。


 また、第6款農林水産業費についてでありますが、これも人件費等の追加計上が主なものであり、異議なく原案を承認することに決定をいたしました。


 また、第7款商工費についてでありますが、これは、人件費及び大分市観光協会運営費補助金等の追加計上であり、異議なく原案を承認することに決定をいたしました。


 続いて、第11款災害復旧費のうち農林水産施設災害復旧費についてでありますが、これは、台風被害に伴う農地及び林道等の災害復旧に係る経費の計上であり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。


 次に、議第120号、平成18年度大分市国立公園高崎山自然動物園事業特別会計補正予算第2号についてでありますが、これは指定管理業務委託料の追加計上であり、異議なく原案を承認することに決定をいたしました。


 以上で経済常任委員長報告を終わります。


○議長(長田教雄) 以上で委員長報告を終了いたしました。


 これより、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


 4番、廣次議員。


○4番(廣次忠彦)(登壇) おはようございます。4番、日本共産党の廣次忠彦です。


 私は、日本共産党を代表して、各委員長報告に対しての反対討論を行います。


 最初に、議第118号、平成18年度大分市一般会計補正予算第2号についてであります。


 今回の補正は、人件費や扶助費などにおいて所要の補正をしようとすることが主なものです。しかし、第8款土木費4項都市計画費1目都市計画総務費には、庄の原佐野線にかかわる街路事業が含まれています。市街地に高規格道路を通すこと自体、まちづくりのあり方に反すると言えます。


 同じく、7目大分駅南公共団体区画整理事業費については、節の組み替えですが、不合理とも思われる区域の選定、幅100メートルのシンボルロードや、庄の原佐野線などの幹線道路の見直しを求める市民の要望にはこたえようとしていません。こうした内容は、大型事業優先の当初予算を補完するものであり、議第118号に反対をします。


 次に、議第137号、大分県後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議についてです。


 これは、大分県内の全市町村をもって組織する大分県後期高齢者医療広域連合の設置に向けて協議をしようとするものです。


 75歳以上を対象とする後期高齢者医療制度を2008年度に創設しようとしていますが、すべての高齢者から平均で年7万2,000円、月額6,000円の保険料を徴収しようとしています。介護保険料と合わせると1万円を超えることになります。国民年金の平均支給額は月4万6,000円で、2万円、3万円台の人も少なくありませんから、自立すら不可能になりかねません。公費負担は5割を維持すると言われていますが、消費税で賄うことも検討されています。


 同時に、拠出金制度が廃止され、企業による高齢者医療への社会的責任が回避されるとともに、企業負担が軽減される可能性があります。若年層には、介護保険料と同様の高齢者医療連帯保険料という──仮称ですが、新たな負担が押しつけられることになります。高齢の患者への負担増を初め、国民にさらなる痛みを押しつける医療制度改革とあわせて差別医療の危険性が指摘されている後期高齢者医療制度の創設は大問題です。


 よって、議第137号、大分県後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議について、強く反対します。


 次に、議第138号、大型深ボデーダンプの購入についてです。


 これは、新たに設置されるリサイクルプラザに搬入された不燃ごみを破砕処理、及び有価物を取り除いた後の残渣物を福宗清掃工場や鬼崎埋立場に運ぶ大型深ボデーダンプ2台を購入しようとするものです。運搬業務を民間委託するのであれば購入は必要ないと考えられます。搬入搬出業務を民間業者に適正な競争で委託するのではなく、同和対策として事業を特定の業者に委託させるための購入契約であり、認められません。


 以上の理由から、議第138号、大型深ボデーダンプの購入に反対します。


 次に、議第142号、大分市職員の給与に関する条例の一部改正について、議第145号、大分市立学校職員の給与に関する条例の一部改正についてですが、これらは、国の給与改定に準じ給料の支給額を減額することなどです。


 議第144号、大分市技能労務職員の給与の種類及び基準を定める条例の制定については、いわゆる現業職員の給与規程を技能労務職員として新たな規程をつくるものですが、給料の減額が含まれています。公務員の給料が高過ぎるという批判がありますが、現行では民間の給与水準となっているとも言われています。これをさらに引き下げることは、民間の給与引き下げの要因ともなりかねません。


 議第143号、大分市職員の退職手当支給条例の一部改正については、長期勤続者の退職金の支給率を減じようとするものですが、こうしたことは早期退職などの要因ともなり、経験の蓄積、継承も懸念の材料となると思われます。


 以上の理由から、議第142号、議第143号、議第144号、議第145号に反対します。


 次に、請願、陳情についてであります。


 平成18年請願第12号、障害者自立支援法の見直しを求める意見書提出方についてです。この請願の趣旨は、最も障害者の負担となっている定率負担である応益負担を応能負担にすることを求めたものです。請願者の趣旨を尊重し、委員会で引き続き審議すべきであり、不採択は納得できません。


 よって、請願第12号について、委員長報告に反対します。


 平成18年請願第13号、就学前までの乳幼児医療費助成を求める意見書提出方についてです。


 少子化対策や子育て支援には、乳幼児医療費の助成は有効な手段の1つです。大分県では、ことし10月から、就学前までの医療費について一部負担金はあるものの、医療費の助成をするようになりました。しかし、3歳未満児の一部負担金の導入、入院の給食費の無料が有料化など、負担増が始まりました。こうした負担増は、子育て支援などに逆行するものであり、県や国においても十分な措置をすることこそ重要と考えます。


 以上の理由から、請願第13号について委員長報告に反対します。


 次に、平成18年請願第15号、市内の狭隘道路を拡幅整備するよう求める請願についてです。


 これは、市内の狭隘道路の拡幅整備を実現するための具体的な審議、検討がされるように求めるものです。財政的な問題などがありますが、狭隘道路の拡幅整備は市民生活にとって重要な課題であり、請願の趣旨を踏まえて取り組むことは重要であると考えます。


 また、今回結論を出せないとするならば、少なくとも継続審議として調査研究すべきと考えます。我が党委員はそうした趣旨の意見を述べていたにもかかわらず、委員長が採決を進めたことも看過できません。


 以上の理由から、請願第15号について委員長報告に反対します。


 最後に、要望を1件行います。


 公の施設に係る指定管理者の指定についてであります。


 本来、公の施設は、市が直接運営することが望ましいと我が党は考えていますが、指定管理者制度すべてに対して反対するものでもありません。しかし、今回、議第135号で、陸上競技場の指定管理に見られるように、予定した事業者の関係で議案を撤回せざるを得ないという事態が発生しました。指定管理者の選定に当たっては慎重に対応することを要望して、討論を終わります。


○議長(長田教雄) 以上で討論を終結し、これより採決いたします。


 最初に、反対討論のありましたうち、平成18年請願第15号、市内の狭隘道路を拡幅整備するよう求める請願について、起立により採決いたします。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(長田教雄) 起立多数であります。


 よって、平成18年請願第15号は、委員長報告のとおり決定いたしました。


 次に、同じく反対討論のありました、議第118号、議第137号、議第138号、議第142号から議第145号まで、及び平成18年請願第12号、平成18年請願第13号について、起立により採決いたします。


 以上の議案7件、請願2件は、委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。


     〔賛成者起立〕


○議長(長田教雄) 起立多数であります。


 よって、以上の案件は、委員長報告のとおり決定いたしました。


 次に、ただいま決定を見ました案件を除く、議第119号から議第134号まで、議第136号及び議第139号から議第141号までの議案20件並びに請願8件、陳情2件は、それぞれ委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、以上の案件は、それぞれ委員長報告のとおり決定いたしました。


―――――――――――――――――――――


 議決結果


 議案


 番号     件名     結果


 議第118号 平成18年度大分市一般会計補正予算(第2号) 原案可決


 議第119号 平成18年度大分市国民健康保険特別会計補正予算(第3号) 原案可決


 議第120号 平成18年度大分市国立公園高崎山自然動物園事業特別会計補正予算(第2号) 原案可決


 議第121号 平成18年度大分市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号) 原案可決


 議第122号 平成18年度大分市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号) 原案可決


 議第123号 平成18年度大分市母子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算(第1号) 原案可決


 議第124号 平成18年度大分市介護保険特別会計補正予算(第1号) 原案可決


 議第125号 平成18年度大分市水道事業会計補正予算(第1号) 原案可決


 議第126号 大分市環境基本条例の制定について 原案可決


 議第127号 大分市支所及び出張所設置条例等の一部改正について 原案可決


 議第128号 大分市手数料条例の一部改正について 原案可決


 議第129号 大分市廃棄物処理施設条例の一部改正について 原案可決


 議第130号 大分都市計画下水道事業受益者負担等に関する条例の一部改正について 原案可決


 議第131号 大分市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について 原案可決


 議第132号 公の施設に係る指定管理者の指定について 原案可決


 議第133号 公の施設に係る指定管理者の指定について 原案可決


 議第134号 公の施設に係る指定管理者の指定について 原案可決


 議第136号 公の施設に係る指定管理者の指定について 原案可決


 議第137号 大分県後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議について 原案可決


 議第138号 大型深ボデーダンプの購入について 原案可決


 議第139号 土地買収について 原案可決


 議第140号 土地買収について 原案可決


 議第141号 市道路線の認定及び廃止について 原案可決


 議第142号 大分市職員の給与に関する条例の一部改正について 原案可決


 議第143号 大分市職員の退職手当支給条例の一部改正について 原案可決


 議第144号 大分市技能労務職員の給与の種類及び基準を定める条例の制定について 原案可決


 議第145号 大分市立学校職員の給与に関する条例の一部改正について 原案可決





 請願


 番号     件名     結果


 第 10号 最低保障年金制度の実現を求める意見書提出方について 閉会中審議


 第 11号 医療制度改正に関する意見書提出方について 閉会中審議


 第 12号 障害者自立支援法の見直しを求める意見書提出方について 不採択


 第 13号 就学前までの乳幼児医療費助成を求める意見書提出方について 不採択


 第 14号 国保・介護保険の保険料・利用料減免制度の創設と拡充を求める請願 閉会中審議


 第 15号 市内の狭隘道路を拡幅整備するよう求める請願 不採択





 陳情


 番号    件名    結果


 第  9号 地域交流施設を備えた新設小学校、中学校を求める陳情 撤回





 閉会中審査案件の結果


  請願


 番号    件名    結果


 第  2号 核兵器廃絶への努力を求める意見書提出方について 閉会中審議


 第 19号 消費税増税中止を求める意見書提出方について 閉会中審議


 第  1号 公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める意見書提出方について 閉会中審議


 第  4号 消費税の税率を引き上げないよう求める意見書提出方について 閉会中審議


 第  7号 医師・看護師等の増員を求める意見書提出方について 閉会中審議





  陳情


 番号    件名    結果


 第  2号 社会福祉センター存続に関する陳情 閉会中審議


―――――――――――――――――――――


 ◇─────────────────◇








◎日程第2 議員提出議案第4号及び第5号一括上程、審議(委員会付託省略)





○議長(長田教雄) 次に参ります。


 日程第2、議員提出議案第4号及び第5号を一括上程いたします。


―――――――――――――――――――――


 議案


 番号     件名


 議員提出議案第4号 大分市議会委員会条例の一部改正について


 議員提出議案第5号 大分市議会会議規則の一部改正について


―――――――――――――――――――――


○議長(長田教雄) 本案につきましては、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、委員会条例、会議規則の一部を改正するものであります。


 お諮りいたします。


 本案は、会議規則第38条第2項の規定により提案説明及び委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、本案は、提案説明及び委員会付託を省略することに決定いたしました。


 本案に対する質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 討論なしと認めます。


 これより採決いたします。


 議員提出議案第4号及び第5号は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、本案は、原案のとおり決定いたしました。


―――――――――――――――――――――


 議案


 番号     件名     結果


 議員提出議案第4号 大分市議会委員会条例の一部改正について 原案可決


 議員提出議案第5号 大分市議会会議規則の一部改正について 原案可決


―――――――――――――――――――――


 ◇―――――――――――――――――◇








◎日程第3 議員派遣の件





○議長(長田教雄) 次に参ります。


 日程第3、議員派遣の件を議題といたします。


 お手元に配布いたしておりますように、各議員から、議員派遣の申し出がありました。


 お諮りいたします。


 各議員から申し出のとおり議員派遣することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、各議員から申し出のとおり議員派遣することに決定いたしました。


 なお、やむを得ない事情による変更または中止については、その決定を議長に委任していただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、やむを得ない事情による変更または中止については、その決定を議長に委任することに決定いたしました。


 ◇―――――――――――――――――◇








◎日程第4 閉会中各委員会の継続調査について





○議長(長田教雄) 次に参ります。


 日程第4、閉会中各委員会の継続調査に関する件を議題といたします。


 各常任委員会、議会運営委員会並びに各特別委員会の継続調査については、それぞれの委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配布の一覧表のとおり継続調査いたしたいとの申し出がありました。


 お諮りいたします。


 各委員長の申し出のとおり、それぞれ閉会中継続調査することに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、申し出のとおり閉会中継続調査することに決定いたしました。


―――――――――――――――――――――


   閉会中における委員会の継続調査事件


  総務常任委員会


   1、市政の総合企画について


   2、市税、その他財務について


   3、職員の定数及び勤務条件について


   4、市政の広聴広報及び統計について


   5、出納及び財産管理について


   6、自治振興及び消費、物価対策について


   7、消防、防災について


   8、国民健康保険及び国民年金について


   9、文化行政及び国際交流について


   10、国体の推進について


   11、その他、他の委員会に属さない事項


  厚生常任委員会


   1、社会福祉について


   2、保健、環境衛生及び予防衛生について


   3、清掃について


   4、人権・同和対策について


  文教常任委員会


   1、義務教育及び市立幼稚園について


   2、社会教育及び体育振興について


   3、芸術文化の振興及び文化財保護について


   4、教育財産について


  建設常任委員会


   1、都市計画及び公園の整備管理について


   2、道路橋梁について


   3、治水及び下水道について


   4、住宅及び建築について


   5、上水道について


   6、失業対策事業について


  経済常任委員会


   1、農林水産業及び園芸畜産について


   2、商工業及び観光について


   3、公設地方卸売市場について


  議会運営委員会


   1、議会の運営に関する事項について


   2、議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項について


   3、議長の諮問に関する事項について


  地方分権等調査特別委員会


   1、地方分権及び行政改革を推進するための調査について


  都市環境・交通対策特別委員会


   1、生活環境保全に関する調査及び交通安全対策に関する調査について


  大分駅高架・都市整備特別委員会


   1、大分駅高架の進捗状況調査及び総合都市整備基本計画に関する調査について


―――――――――――――――――――――


 ◇―――――――――――――――――◇








◎日程第5 会議録署名議員の指名





○議長(長田教雄) 次に参ります。


 日程第5、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、


  15番 首藤?憲 議員


  48番 後藤一裕 議員


 以上の2名を指名いたします。


 ◇―――――――――――――――――◇


○議長(長田教雄) 以上で、今期定例会に付議された案件は、すべて議了いたしました。


 お諮りいたします。


 今期定例会は、これをもって閉会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、平成18年第4回定例会は、これをもって閉会いたします。


          午前10時45分閉会





地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





  平成18年12月15日











大分市議会 議長    長田教雄











      署名議員  首藤?憲











      署名議員  後藤一裕