議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 大分市

平成18年第4回定例会(第1号12月 1日)




平成18年第4回定例会(第1号12月 1日)





 
第4回大分市議会定例会会議録 (第1号)


―――――――――――――――――――――


平成18年12月1日


   午前10時2分開会


―――――――――――――――――――――


出席議員


  1番    二宮純一


  2番    挾間正


  3番    小手川恵


  4番    廣次忠彦


  5番    福間健治


  6番    大久保八太


  7番    宮邉和弘


  8番    井上香龍


  9番    安東房吉


 10番    篠田良行


 11番    日小田良二


 12番    指原健一


 13番    桐井寿郎


 14番    田?潤


 15番    首藤?憲


 16番    矢野久


 17番    下村淳一


 18番    二宮博


 19番    藤田敬治


 21番    安部剛祐


 22番    野尻哲雄


 23番    永松弘基


 24番    板倉永紀


 25番    足立義弘


 26番    仲道俊寿


 27番    三浦由紀


 28番    河越康秀


 29番    長田教雄


 30番    秦野恭義


 31番    阿部剛郎


 32番    田島八日


 33番    福崎智幸


 34番    衛藤良憲


 35番    小嶋秀行


 36番    井口良一


 37番    荻本正直


 38番    徳丸修


 39番    河内正直


 40番    後藤淳夫


 41番    高橋弘巳


 42番    藤沢達夫


 43番    今山裕之


 44番    吉岡美子


 45番    衞藤三男


 46番    渡部義美


 47番    油布忠


 48番    後藤一裕


―――――――――――――――――――――


欠席議員


 20番    工藤哲弘


―――――――――――――――――――――


出席した事務局職員


 局長     宮脇邦文


 次長     森卓男


 総務課長   清水勝


 議事課長   指原正廣


 議事課長補佐 後藤陸夫


 政策調査室長 房前賢


 主査     中村義成


 主査     明石文雄


―――――――――――――――――――――


説明のため出席した者の職氏名


 市長  釘宮磐


 副市長  磯?賢治


 収入役  久渡晃


 教育長  秦政博


 水道事業管理者  渕野善之


 消防局長   川野登志之


 総務部長   衛藤嘉幸


 総務部参事兼総務課長  井上英明


 総務部参事兼契約監理課長  安東清


 企画部長   秦忠士


 国体推進部長  田仲均


 財務部長   藤田茂利


 市民部長   高野雅之


 市民部参事兼鶴崎支所長  三浦能成


 市民部参事兼稙田支所長  安部信孝


 福祉保健部参事兼大分市保健所所長  井原誠


 環境部長   関貞征


 商工部長   中尾啓治


 農政部長   佐藤日出美


 土木建築部長  田邊信二郎


 都市計画部長  首藤憲治


 都市計画部参事  矢野貞夫


 下水道部長  大山晴久


 教育委員会教育総務部長  三股彬


 教育委員会学校教育部長  大戸愼一郎


 水道局管理部長  林光典


 総務部次長  神矢壽久


 企画部次長  吉田元


 財務部次長兼財政課長  城内健


 市長室長   脇文洋


―――――――――――――――――――――


  議事日程  第1号


    平成18年12月1日午前10時開会


第1 会期の決定


第2 議第118号から議第141号まで一括上程(市長の提案理由説明)


―――――――――――――――――――――


  本日の会議に付した事件


日程第1 会期の決定


日程第2 議第118号から議第141号まで一括上程(市長の提案理由説明)


 ◇―――――――――――――――――◇


○議長(長田教雄) ただいまから平成18年第4回定例会を開会いたします。


          午前10時2分開会


○議長(長田教雄) これより本日の会議を開きます。


          午前10時2分開議


○議長(長田教雄) 日程に先立ちまして、諸般の報告を行います。


 諸般の報告は、お手元に報告書を配布してありますので、これにより御了承をお願いいたします。


 次に、阿部福祉保健部長が、入院加療のため今定例会中欠席する旨の届け出がありましたので、御了承願います。


 本日の議事は、お手元に配布の議事日程第1号により行います。


 ◇―――――――――――――――――◇








◎日程第1 会期の決定





○議長(長田教雄) 日程第1、会期の決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から15日までの15日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日から15日までの15日間と決定いたしました。


 ◇―――――――――――――――――◇








◎日程第2 議第118号から議第141号まで一括上程(市長の提案理由説明)





○議長(長田教雄) 次に参ります。


 日程第2、本日提出されました議第118号から議第141号までを一括上程いたします。


―――――――――――――――――――――


 議案


 番号     件名


 議第118号 平成18年度大分市一般会計補正予算(第2号)


 議第119号 平成18年度大分市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)


 議第120号 平成18年度大分市国立公園高崎山自然動物園事業特別会計補正予算(第2号)


 議第121号 平成18年度大分市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)


 議第122号 平成18年度大分市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)


 議第123号 平成18年度大分市母子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)


 議第124号 平成18年度大分市介護保険特別会計補正予算(第1号)


 議第125号 平成18年度大分市水道事業会計補正予算(第1号)


 議第126号 大分市環境基本条例の制定について


 議第127号 大分市支所及び出張所設置条例等の一部改正について


 議第128号 大分市手数料条例の一部改正について


 議第129号 大分市廃棄物処理施設条例の一部改正について


 議第130号 大分都市計画下水道事業受益者負担等に関する条例の一部改正について


 議第131号 大分市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について


 議第132号 公の施設に係る指定管理者の指定について


 議第133号 公の施設に係る指定管理者の指定について


 議第134号 公の施設に係る指定管理者の指定について


 議第135号 公の施設に係る指定管理者の指定について


 議第136号 公の施設に係る指定管理者の指定について


 議第137号 大分県後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議について


 議第138号 大型深ボデーダンプの購入について


 議第139号 土地買収について


 議第140号 土地買収について


 議第141号 市道路線の認定及び廃止について


―――――――――――――――――――――


○議長(長田教雄) この際、提案理由の説明を求めます。


 釘宮市長。


○市長(釘宮磐)(登壇) 本日ここに、平成18年第4回大分市議会定例会が開会されるに当たりまして、提出いたしました諸議案の概要を御説明申し上げます。


 まずその前に、最近の市政の諸事項について御報告申し上げます。


 最初に、財政収支の中期見通しについてであります。


 私は、市長就任以来、市政オープン宣言のもと、市民に、本市の財政状況について、社会、経済状況や国の制度改正等による影響を加味しながら、これまで毎年度公表してまいりました。


 今回の平成18年度から22年度までの財政収支見通しにおきましては、三位一体改革による税源移譲や定率減税廃止などの税制改正、新型交付税導入の影響などを見込む一方、社会保障関係費や団塊世代の大量退職に伴う人件費など義務的経費の増嵩を見積もるとともに、投資的経費には各年度230億円の事業量を確保するものとして試算をいたしました。その結果、この5年間における収支不足は113億円に達し、仮に、これを基金で補てんをいたしますと、財政調整基金など主要3基金の残額は14億円まで減少する見通しとなり、まだまだ厳しい財政状況が続くものと予測いたしております。


 このようなことから、今後においても、行政改革への不断の取り組みとコスト意識の一層の徹底を図るとともに、企業誘致や地場産業の活性化などに積極的に取り組み、市税を初めとする自主財源の確保を図りながら、健全で安定的な財政基盤を確立していく必要があると考えております。


 また、地方財政は国の制度改正に大きく影響されますことから、今後予定されている地方交付税制度改革や税制改正に関しては、真の地方分権につながる地方財政の充実強化が図られるよう、あらゆる機会を通じ、国に対して声を上げてまいりたいと考えております。


 次に、大分生活文化展についてであります。


 大分の秋の風物詩として親しまれているこの催しもことしで40回目を迎え、10月6日から15日までの10日間にわたって、城址公園など17会場で開催されました。


 それぞれの会場では、植木造園展、工業展、暮らしフェスタや技能ふれあい広場での製作体験など各種イベントが繰り広げられる中、今回は、新たな取り組みとして大分市工業連合会青年部会による「第1回おおいた協働ものづくり展」が開催されました。これは、市民の皆様に「ものづくり」について関心を持ってもらうとともに、地場企業等の技術力の情報発信を目的としたもので、会場のアートプラザでは、企業や大学、高専、工業系高校による製品の展示や技術の発表が行われ、大変好評を博したところであります。


 生活文化展も回を重ねるごとに創意工夫に満ちた取り組みにより盛り上がりを見せており、これらの熱意や努力は、魅力と活力あふれるまちづくりに生かされていくものと考えております。


 次に、南消防署の新庁舎開庁についてであります。


 南消防署は、本市南西地区の防災拠点として平成17年度より移転新築を進めてまいりましたが、本年8月末に完成し、10月1日から業務を開始いたしました。新庁舎には、はしご車、高規格救急車など15台を配備するとともに、5階建ての訓練塔を併設したほか、太陽熱温水の利用や水洗トイレ等に雨水利用を取り入れるなど、環境や省エネにも配慮いたしております。


 また、災害時には避難所としての機能をあわせ持っており、市民の安心、安全の確保に努めたところであります。


 次に、歩行者天国についてであります。


 去る10月28日の正午から午後4時までの間、中央通り東側3車線で歩行者天国が開催され多くの市民でにぎわいました。これは、中心市街地のにぎわい創出を目的に、民間主導で組織された歩行者天国実施協議会の主催によるもので、車道を利用した広場では、ファッションショーや大分土曜市の出店、豊後牛焼肉の試食会などさまざまなイベントが行われました。


 主催者である同協議会では、中央通り周辺の交通量及び来街者数調査並びに意識調査なども実施しており、その分析結果をもとに、歩行者天国のあり方や中心市街地の活性化へ向けたさらなる取り組みを進めていくことといたしております。


 次に、武漢市との交流についてであります。


 去る11月2日から6日までの5日間、武漢市長の招聘により、久渡収入役を団長に、長田市議会議長を顧問とする15名の公式訪問団が武漢市を訪問いたしました。今回は、地域コミュニティーの再生や地域活力の創出をテーマに、初めて公募による市民の参加をいただいたところであります。


 武漢市では、住民自治を実践している水塔聯保社区や百歩亭社区などを視察し、地域コミュニティーのあり方などについて多くの事例を学ぶとともに、来年度の友好交流について協議を行い、北京で開催される日中友好交流都市小学生卓球大会へ大分市と武漢市の合同チームで参加することを取り決めるなど、今後も、幅広い分野での交流を進めていくことを確認してまいりました。


 また、時期を同じくして、武漢市からは武漢市民友好都市訪問団の133名が本市を訪れましたが、これは、大分市武漢事務所の企画によって実現した最初の観光客誘致事業であります。本市では、観光やショッピングを楽しまれるとともに、武漢の森の和風庭園において野点や邦楽等の日本文化にも触れていただくなど、友好都市ならではの交流で本市の魅力を肌で感じていただきました。


 今回の相互訪問により、両市の多方面からの友好交流がますます発展していくことを期待いたしております。


 それでは、予算議案について御説明申し上げます。


 まず、一般会計補正予算についてでありますが、今回の補正予算では、定年前早期退職者103人に係る退職手当などの人件費として30億2,289万3,000円を計上いたしたほか、7月の豪雨及び台風10号による道路、橋梁、河川並びに農林水産施設、それぞれに係る災害復旧費として1億7,497万7,000円を計上いたしております。


 また、平和市民公園能楽堂など5施設につきまして、指定管理者制度導入に伴う債務負担行為を計上するとともに、大友氏遺跡用地取得及び鶴崎中学校運動場整備について所要の措置をいたしております。


 そのほかの歳出の主なものといたしましては、民生費は、社会福祉法人に対する施設整備事業費補助金を国の内示に伴い調整いたしたほか、生活保護費や児童手当費などについて今後の所要額を見通す中で調整を行うなど、4億5,264万4,000円を減額いたしております。


 また、衛生費には、制度拡大に伴う乳幼児医療費助成金の追加計上のほか、佐賀関、野津原両地区の水道料金激変緩和措置に対する水道事業会計への繰出金を計上いたすとともに、大洲園処理場整備事業について事業進捗に応じた調整を行い、1億862万2,000円を減額いたしております。


 なお、来年4月から稼動いたしますリサイクルプラザの保守管理業務委託についても所要の措置をいたしております。


 その結果、補正額は29億2,700万円となり、補正後の一般会計予算総額は1,530億9,500万円となったところであります。


 次に、歳入についてでありますが、今回の補正予算の財源といたしましては、繰入金12億円、繰越金20億8,246万5,000円が主な財源となっており、国庫支出金及び市債につきましては、それぞれ3億6,724万7,000円、1億3,830万円の減額補正となったところであります。


 続きまして、特別会計補正予算についてでありますが、国民健康保険特別会計には、7億4,100万円を計上いたしております。その主なものは、一般被保険者高額療養費及び老人保健医療費拠出金の追加計上であります。


 その他の特別会計につきましては、事務費及び事業費の調整が主なもので、その補正額は、1億1,400万円となっております。


 次に、一般議案の主なものについて御説明申し上げます。


 まず、議第126号は、大分市環境基本条例の制定についてであります。


 これは、環境の保全及び創造について基本理念を定め、並びに市、事業者及び市民の責務を明らかにするとともに、環境の保全及び創造に関する施策の基本となる事項を定めようとするものであります。


 次に、議第132号から議第136号までは、平和市民公園能楽堂、大分市宇曽山荘、アートプラザ、大分市営陸上競技場及び大分市営温水プールの5施設につきまして、それぞれ指定管理者を指定しようとするものであります。


 次に、議第139号は、土地買収についてでありますが、これは、鶴崎中学校グラウンド用地として、1万647.31平方メートルの土地をツルサキヒューム株式会社ほか4名から購入しようとするものであります。


 その他の議案につきましては、その都度担当者より説明いたさせます。


 何とぞ慎重御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。


 ◇―――――――――――――――――◇


○議長(長田教雄) 以上で本日の日程を終了いたしました。


 お諮りいたします。


 あす2日から6日までの5日間は、議案考案等のため本会議を休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、あすから6日までの5日間は、本会議を休会することに決定いたしました。


 次の本会議は、7日午前10時に開きます。


 本日は、これにて散会いたします。


          午前10時17分散会











地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





  平成18年12月1日





大分市議会 議長    長田教雄











      署名議員  首藤?憲











      署名議員  後藤一裕