議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 大分市

平成18年第2回定例会(第1号 6月12日)




平成18年第2回定例会(第1号 6月12日)





 
第2回大分市議会定例会会議録 (第1号)


―――――――――――――――――――――


平成18年6月12日


   午前10時13分開会


―――――――――――――――――――――


出席議員


  1番    二宮純一


  2番    挾間正


  3番    小手川恵


  4番    廣次忠彦


  5番    福間健治


  6番    大久保八太


  7番    宮邉和弘


  8番    井上香龍


  9番    安東房吉


 10番    篠田良行


 11番    日小田良二


 12番    指原健一


 13番    桐井寿郎


 14番    田?潤


 15番    首藤?憲


 16番    矢野久


 17番    下村淳一


 18番    二宮博


 19番    藤田敬治


 20番    工藤哲弘


 21番    安部剛祐


 22番    野尻哲雄


 23番    永松弘基


 24番    板倉永紀


 25番    足立義弘


 26番    仲道俊寿


 27番    三浦由紀


 28番    河越康秀


 29番    長田教雄


 30番    秦野恭義


 31番    阿部剛四郎


 32番    田島八日


 33番    福崎智幸


 34番    衛藤良憲


 35番    小嶋秀行


 36番    井手口良一


 37番    荻本正直


 38番    徳丸修


 39番    河内正直


 40番    後藤淳夫


 41番    高橋弘巳


 42番    藤沢達夫


 43番    今山裕之


 44番    吉岡美智子


 45番    衞藤三男


 46番    渡部義美


 47番    油布忠


 48番    後藤一裕


―――――――――――――――――――――


欠席議員


 なし


―――――――――――――――――――――


出席した事務局職員


 局長     宮脇邦文


 次長     森卓男


 総務課長   清水勝


 議事課長   指原正廣


 議事課長補佐 後藤陸夫


 政策調査室長 房前賢


 主査     中村義成


 主査     明石文雄


―――――――――――――――――――――


説明のため出席した者の職氏名


 市長  釘宮磐


 副市長  磯?賢治


 収入役  久渡晃


 教育長  秦政博


 水道事業管理者  渕野善之


 消防局長   川野登志之


 総務部長   衛藤嘉幸


 総務部参事兼総務課長  井上英明


 総務部参事兼契約監理課長  安東清


 企画部長   秦忠 士


 国体推進部長  田仲均


 財務部長   藤田茂利


 市民部長   高野雅之


 市民部参事兼鶴崎支所長  三浦能成


 市民部参事兼稙田支所長  安部信孝


 福祉保健部長  阿部俊作


 福祉保健部参事兼大分市保健所所長  井原誠


 環境部長   関貞征


 商工部長   中尾啓治


 農政部長   佐藤日出美


 土木建築部長  田邊信二郎


 都市計画部長  首藤憲治


 都市計画部参事  矢野貞夫


 下水道部長  大山晴久


 教育委員会教育総務部長  三股彬


 教育委員会学校教育部長  大戸愼一郎


 水道局管理部長  林光典


 総務部次長  神矢壽久


 企画部次長  吉田元


 財務部次長兼財政課長  城内健


 市長室長   脇文洋


―――――――――――――――――――――


  議事日程  第1号


    平成18年6月12日午前10時開会


第1 会期の決定


第2 議第54号から議第68号まで及び報第1号から報第17号まで一括上程(市長の提案理


   由説明)


第3 議員提出議案第3号上程、質疑、委員会付託(提案理由説明)


―――――――――――――――――――――


  本日の会議に付した事件


日程第1 会期の決定


日程第2 議第54号から議第68号まで及び報第1号から報第17号まで一括上程(市長の提


     案理由説明)


日程第3 議員提出議案第3号上程、質疑、委員会付託(提案理由説明)


 ◇―――――――――――――――――◇


○議長(長田教雄) ただいまから平成18年第2回定例会を開会いたします。


          午前10時13分開会


○議長(長田教雄) これより本日の会議を開きます。


          午前10時13分開議


○議長(長田教雄) 日程に先立ちまして、諸般の報告を行います。


 諸般の報告は、お手元に報告書を配布してありますので、これにより御了承をお願いいたします。


 次に、去る4月1日付の人事異動に伴う説明員につきましては、お手元に配布の執行部席表のとおりでありますので、御了承を願います。


 本日の議事は、お手元に配布の議事日程第1号により行います。


 ◇―――――――――――――――――◇








◎日程第1 会期の決定





○議長(長田教雄) 日程第1、会期の決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から6月26日までの15日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日から6月26日までの15日間と決定いたしました。


 ◇―――――――――――――――――◇








◎日程第2 議第54号から議第68号まで及び報第1号から報第17号まで一括上程(市長の提案理由説明)





○議長(長田教雄) 次に参ります。


 日程第2、本日提出されました議第54号から議第68号まで及び報第1号から報第17号までを一括上程いたします。


―――――――――――――――――――――


  議案


 番号    件名


 議第54号  大分市男女共同参画推進条例の制定について


 議第55号  大分市ポイ捨て等の防止に関する条例の制定について


 議第56号  議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例及び大分市職員公務災害等見舞金支給条例の一部改正について


 議第57号  大分市職員の特殊勤務手当支給条例の一部改正について


 議第58号  大分市税条例の一部改正について


 議第59号  大分市手数料条例の一部改正について


 議第60号  大分市保健所及び保健福祉センター条例の一部改正について


 議第61号  大分市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正について


 議第62号  大分市葬斎場条例の一部改正について


 議第63号  大分市国民健康保険税条例の一部改正について


 議第64号  大分県市町村会館管理組合を組織する地方公共団体の数の増減に関する協議について


 議第65号  事務の委託の協議について


 議第66号  地震体験車の購入について


 議第67号  市道路線の認定及び廃止について


 議第68号  損害賠償の額の決定並びに示談について





  報


 番号    件名


 報第 1号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市一般会計補正予算(第5号))


 報第 2号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市国民健康保険特別会計補正予算(第3号))


 報第 3号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市老人保健特別会計補正予算(第3号))


 報第 4号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市国立公園高崎山自然動物園事業特別会計補正予算(第3号))


 報第 5号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号))


 報第 6号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市土地取得特別会計補正予算(第1号))


 報第 7号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市中央卸売市場事業特別会計補正予算(第1号))


 報第 8号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号))


 報第 9号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号))


 報第10号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市介護保険特別会計補正予算(第3号))


 報第11号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市下郡土地区画整理清算事業特別会計補正予算(第1号))


 報第12号  専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市三佐土地区画整理清算事業特別会計補正予算(第2号))


 報第13号  専決処分した事件の承認について(大分市税条例の一部改正について)


 報第14号  専決処分した事件の承認について(大分市国民健康保険税条例の一部改正について)


 報第15号  専決処分した事件の承認について(平成18年度大分市国民健康保険特別会計補正予算(第1号))


 報第16号  専決処分した事件の承認について(平成18年度大分市老人保健特別会計補正予算(第1号))


 報第17号  専決処分した事件の承認について(平成18年度大分市国立公園高崎山自然動物園事業特別会計補正予算(第1号))


―――――――――――――――――――――


○議長(長田教雄) この際、提案理由の説明を求めます。


 釘宮市長。


○市長(釘宮磐)(登壇) 本日ここに、平成18年第2回大分市議会定例会が開会されるに当たりまして、提出いたしました諸議案の概要を御説明申し上げます。


 まずその前に、本日早朝発生しました地震の状況について御報告申し上げます。


 本日午前5時1分、大分県中部を震源とする、震度5弱――マグニチュード6.2の地震が発生いたしました。


 本市では震度4を観測し、直ちに災害警戒連絡室及び消防震災対策本部を設置いたしましたが、現時点での被害状況は、ビルのガラス破損等の報告を受けております。引き続き、情報の収集に努めてまいりたいと存じます。


 それでは、最近の市政の動きについて御報告申し上げます。


 最初に、市民総参加と協働のまちづくりの一環として取り組んでおります「おでかけ市長室」についてであります。


 市長就任以来、これまでの3年間で延べ70回開催し、約6,000人の市民の皆さんと市政の現状や課題について意見交換を行い、積極的に情報の共有化を図ってまいりました。これにより、市民の市政に対する認識は着実に高まり、「行政にすべてを頼るのではなく自分たちでできることは自分たちでやろう」という市民との協働によるまちづくりの機運が醸成されてきているものと考えております。


 任期の締めくくりとなります今年度は、4月末に開催いたしました竹中地区を皮切りに、27の中学校区を単位に実施してまいります。


 特に今年度は、重点施策として掲げております「地域コミュニティーの再生」「市民の健康づくり」「安心・安全のまちづくり」を主要テーマに私の思いや考えを述べさせていただくとともに、地域づくりの現状や課題、創意工夫などについて市民の皆様の思いをお聞きし、市民との協働のまちづくりをさらに進めてまいりたいと考えております。


 次に、「大分市武漢友好都市交流拠点業務委託事業」についてでありますが、この事業は、「大分市国際化推進計画」に基づいて武漢市との友好交流をサポートするとともに、大分市の情報を発信する拠点を中国・武漢市に整備しようとするもので、去る5月1日に常設窓口としての事務所を開設したところであります。


 同月14日には本市から磯?副市長が現地に赴き、来賓として、武漢市の袁副市長を初めとする関係者の方々をお招きする中、オープニングセレモニーを開催いたしました。


 国際化が進展する中にありまして、今回の中国における本市独自の取り組みは、中核市としては初めての試みであり、武漢市との友好交流を推進する上でも大変意義のある事業として高い評価をいただき、現地の新聞でも1面トップで報道されたところであります。


 事務所には、日中両国の事情に精通した専任の現地採用スタッフが2名常駐し、本市の情報発信や武漢市の情報収集を恒常的に行うほか、市民の文化芸術、商工業、農業等の交流のサポート、さらには、武漢市からの観光客や修学旅行生の誘致等の業務を出来高払い方式により行うことといたしております。


 この友好都市交流拠点が、市民交流はもとより、観光や経済交流の窓口として活用され、友好関係のさらなる発展につながるものと大いに期待をいたしているところでございます。


 次に、「おおいた人とみどりふれあいいち」についてであります。


 「豊かな自然を生かし、緑と花に囲まれたまちづくり」をテーマに、4月14日から5月7日まで、平和市民公園で「第14回おおいた人とみどりふれあいいち」を開催したところであります。


 会場では、恒例の「ガーデニング教室」や「炭焼きコーナー」などが人気を呼んだほか、昨今のガーデニングブームを受けて、ことし初めての試みとして「ふれあい花壇コンクール」を実施いたしましたところ、家族やグループの方々から数多くの応募をいただき、その創造性や色彩豊かな作品は、来場された多くの市民の方々を魅了し、大変好評を博したところでございます。


 期間中は好天にも恵まれ、ゴールデンウイークには、親子で楽しむ「ふれあい工作教室」や緑の競り市が開催されるなど、昨年より2万人以上多い14万4,000人の人出でにぎわい、多くの市民の皆様に花や緑との触れ合いを楽しんでいただけたものと思っております。


 次に、「大分市職員非常参集訓練」についてであります。


 去る5月27日の早朝に、災害等緊急時における市職員の非常参集訓練を抜き打ち的に実施いたしました。


 今回の訓練は、大分市地域防災計画に定める防災訓練計画に基づき、東南海・南海地震を想定して、緊急動員体制及び災害発生時の初動体制の確立状況を検証するとともに、職員一人一人の防災に対する意識のさらなる高揚を図ることを目的に実施いたしました。


 訓練の規模は、対策本部要員のうち第1次要員644名とし、参集手段は、実際の災害時には公共交通機関や自動車による参集が困難であることを想定して、徒歩、自転車、単車といたしました。


 訓練当日は、8階の大会議室に災害対策本部を設置し、15分置きに参集状況の報告を受ける中、開始から1時間後には対象者の73%、2時間30分後の最終的な集計では93%の職員が参集いたしました。


 また同時に、15の対策部の部長全員による対策会議を開催し、実際の災害時に想定される被害や諸課題への対応、救急体制のあり方などについて協議をいたしたところであります。


 今回の訓練を通して明らかになった課題や、さまざまな視点から見た新たな取り組みの必要性等を整理し、検証した上で、地震だけでなく、今後予期される風水害等の自然災害への備えを強化することはもちろん、あらゆる危機に即応できる体制を確立し、「安心・安全のまちづくり」に万全を期してまいりたいと考えております。


 次に、「大分市総合計画の策定」についてであります。


 現在の「2010大分市総合計画第2次基本計画」の目標年次が間近に迫る中、市政運営の基本指針となります新たな大分市総合計画を策定することといたしており、去る4月25日には、学識経験者や自治委員を初め、市民各界各層の総勢88名から成る「大分市総合計画検討委員会」を発足させ、本計画の素案についての検討をお願いいたしたところでございます。


 この検討委員会は7つの部会で構成されており、本年9月を目途に中間報告の取りまとめを行うことといたしております。その中間報告をもとに原案を作成し、その後、パブリックコメントやテレビ公聴会を通じて広く市民の皆様からの御意見、御提言をいただきながら、地方分権、少子・高齢化、情報化、国際化といった時代の変化に適応した新しいまちづくりの指針となる総合計画の策定を目指してまいりたいと考えております。


 それでは、提出いたしました議案の主なものについて御説明申し上げます。


 まずは、議第54号、大分市男女共同参画推進条例の制定についてでありますが、これは、男女共同参画の推進に関し基本理念を定め、市、市民、事業者等、自治会などの役割を明らかにするとともに、市が実施する男女共同参画の推進に関する施策の基本となる事項及び苦情等の申し出への対応に関する事項を定めようとするものであります。


 議第55号は、大分市ポイ捨て等の防止に関する条例の制定についてでありますが、これは、本市が目指す「日本一きれいなまちづくり」の実現に向け、市、市民等及び事業者が一体となって快適な生活環境を確保するため、たばこの吸い殻、空き缶等及び飼い犬のふんの散乱防止並びに喫煙の制限に関し、必要な事項を定めようとするものであります。


 議第57号は、大分市職員の特殊勤務手当支給条例の一部改正についてでありますが、これは、職員の特殊勤務手当の各項目の必要性及び支給の妥当性について見直しを行い、手当の廃止等の改正を行おうとするものであります。


 次に、報第1号、平成17年度一般会計補正予算第5号についてでありますが、これは、市税を初め、地方交付税、国県支出金、市債等の決定並びに事業費の確定に伴い既決予算の調整を行う必要があり、3月31日付で専決処分いたしたものであります。


 その概要を申し上げますと、歳入におきましては、市税、地方交付税、財産収入等で9億3,191万5,000円の増収がありましたものの、地方消費税交付金、国県支出金、基金繰入金、市債等で28億2,491万5,000円の減額が生じましたので、差し引き18億9,300万円の減額補正となったところであります。


 歳出におきましては、国、県の補助事業費等の確定に伴う調整を行った結果、18億9,300万円の減額補正となり、収支の均衡を得たところであります。


 これを既決予算と合わせますと、予算総額は、1,510億4,600万円となります。


 また、報第2号から報第12号までは、平成17年度の各特別会計ごとに事業費等の確定に伴い予算の調整を行う必要があり、3月31日付で専決処分をいたしたものであります。


 さらに、報第15号から報第17号までにつきましては、平成17年度の国民健康保険、老人保健、国立公園高崎山自然動物園事業の各特別会計においてそれぞれ歳入不足を生じましたので、平成18年度予算をもって繰り上げ充用を行う必要があり、専決処分をいたしたものであります。


 その他の議案につきましては、その都度担当者より説明いたさせます。


 何とぞ慎重御審議の上、御決定賜りますようにお願い申し上げます。


 ◇―――――――――――――――――◇








◎日程第3 議員提出議案第3号上程、質疑、委員会付託(提案理由説明)





○議長(長田教雄) 次に参ります。


 日程第3、同じく本日提出されました議員提出議案第3号を上程いたします。


―――――――――――――――――――――


  議案


 番号        件名


 議員提出議案第3号  大分市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正について


―――――――――――――――――――――


○議長(長田教雄) この際、提案理由の説明を求めます。


 3番、小手川議員。


○3番(小手川恵)(登壇) おはようございます。日本共産党の小手川恵です。


 私は、議員提出議案第3号、大分市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正につきまして、共同提案者を代表いたしまして提案理由の説明をいたします。


 乳幼児医療費助成制度は、医療費を助成することにより早期治療を促進することで乳幼児保健の向上を図るとともに、子育て支援としても、長年にわたり役割を果たしてきた制度であります。


 本案は、新たに通院に係る対象年齢を6歳まで拡大しようとするものであり、その際、一定の自己負担をしていただくものであります。ただし、従前の助成制度の対象者につきましては引き続き無料化を継続するとともに、入院時食事療養費につきましても、これまで同様、助成の対象とするものであります。


 出生率の低下に歯どめがかからない現状を考えるとき、子育て世代の子育てに係る経済的負担の軽減は、国、県、市を挙げて最優先で取り組むべき課題であるものと考えるものです。


 議員の皆様方におかれましては、慎重御審議の上、御決定賜りますようお願いいたします。


 以上です。


○議長(長田教雄) 以上で提案理由の説明は終わりました。


 これより本案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 質疑なしと認めます。


 次に、本案の委員会付託を行います。


 本案は、お手元に配布の議案付託表のとおり、厚生常任委員会に付託いたします。


―――――――――――――――――――――


  議案


 番号        件名      付託委員会


 議員提出議案第3号  大分市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正について 厚生


―――――――――――――――――――――


 ◇―――――――――――――――――◇


○議長(長田教雄) 以上で本日の日程を終了いたしました。


 お諮りいたします。


 あす13日から15日までの3日間は、議案考案のため本会議を休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、あすから15日までの3日間は、本会議を休会することに決定いたしました。


 次の本会議は、16日午前10時に開きます。


 本日は、これにて散会いたします。


          午前10時32分散会











地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





  平成18年6月12日





大分市議会 議長    長田教雄











      署名議員  日小田良二











      署名議員  今山裕之