議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 大分市

平成17年第3回定例会(第1号 9月12日)




平成17年第3回定例会(第1号 9月12日)





 
第3回大分市議会定例会会議録 (第1号)


―――――――――――――――――――――


平成17年9月12日


   午前10時0分開会


―――――――――――――――――――――


 出席議員


  1番    二 宮 純 一


  2番    挾 間   正


  3番    小手川   恵


  4番    廣 次 忠 彦


  5番    福 間 健 治


  6番    大久保 八 太


  7番    宮 邉 和 弘


  8番    井 上 香 龍


  9番    安 東 房 吉


 10番    篠 田 良 行


 11番    日小田 良 二


 12番    指 原 健 一


 13番    桐 井 寿 郎


 14番    田 ?   潤


 15番    首 藤 ? 憲


 16番    矢 野   久


 17番    下 村 淳 一


 18番    二 宮   博


 19番    藤 田 敬 治


 20番    工 藤 哲 弘


 21番    安 部 剛 祐


 22番    野 尻 哲 雄


 23番    永 松 弘 基


 24番    板 倉 永 紀


 25番    足 立 義 弘


 26番    仲 道 俊 寿


 27番    三 浦 由 紀


 28番    河 越 康 秀


 29番    長 田 教 雄


 30番    秦 野 恭 義


 31番    阿 部 剛四郎


 32番    田 島 八 日


 33番    福 崎 智 幸


 34番    衛 藤 良 憲


 35番    小 嶋 秀 行


 36番    井手口 良 一


 37番    荻 本 正 直


 38番    徳 丸   修


 39番    河 内 正 直


 40番    後 藤 淳 夫


 41番    高 橋 弘 巳


 42番    藤 沢 達 夫


 43番    今 山 裕 之


 44番    吉 岡 美智子


 45番    衞 藤 三 男


 46番    渡 部 義 美


 47番    油 布   忠


 48番    後 藤 一 裕


―――――――――――――――――――――


欠席議員


 な し


―――――――――――――――――――――


出席した事務局職員


 局   長  野 尻 政 文


 次   長  伊 藤 清 彦


 次長兼総務課長 工 藤 健 一


 議事課長   田 原 精 一


 議事課長補佐 大津留   仁


 議事課長補佐兼議事記録係長 河 野 文四郎


 調査係長   国 広   治


 主   査  明 石 文 雄


―――――――――――――――――――――


説明のため出席した者の職氏名


 市   長  釘 宮   磐


 副 市 長  磯 ? 賢 治


 収 入 役  久 渡   晃


 教 育 長  秦   政 博


 水道事業管理者 渕 野 善 之


 消防局長   川 野 登志之


 総務部長   衛 藤 嘉 幸


 企画部長   秦   忠 士


 財務部長   藤 田 茂 利


 市民部長   高 野 雅 之


 市民部参事兼鶴崎支所長  三 浦 能 成


 市民部参事兼稙田支所長  安 部 信 孝


 福祉保健部長  三 股   彬


 福祉保健部参事兼大分市保健所所長  井 原    誠


 環境部長   関   貞 征


 商工部長   中 尾 啓 治


 農政部長   首 藤 哲 也


 土木建築部長  大 山 晴 久


 都市計画部長  田 邊 信二郎


 都市計画部参事  矢 野 貞 夫


 下水道部長  首 藤 憲 治


 教育委員会教育総務部長  宮 脇 邦 文


 教育委員会学校教育部長  大 戸 愼一郎


 水道局管理部長  林   光 典


 総務部次長  神 矢 壽 久


 企画部次長  吉 田   元


 財務部次長兼財政課長  城 内   健


 市長室長   脇   文 洋


―――――――――――――――――――――


  議  事  日  程  第1号


    平成17年9月12日午前10時開会


第1 会期の決定


第2 議第89号から議第125号まで及び報第22号一括上程(市長の提案理由説明)


―――――――――――――――――――――


  本日の会議に付した事件


日程第1 会期の決定


日程第2 議第89号から議第125号まで及び報第22号一括上程(市長の提案理由説明)


 ◇―――――――――――――――――◇


○議長(長田教雄) ただいまから平成17年第3回定例会を開会いたします。


          午前10時0分開会


○議長(長田教雄) これより本日の会議を開きます。


          午前10時0分開議


○議長(長田教雄) 日程に先立ちまして、諸般の報告を行います。


 諸般の報告は、お手元に報告書を配布してありますので、これにより御了承をお願いいたします。


 本日の議事は、お手元に配布の議事日程第1号により行います。


 ◇―――――――――――――――――◇








◎日程第1 会期の決定





○議長(長田教雄) 日程第1、会期の決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から28日までの17日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日から28日までの17日間と決定いたしました。


 ◇―――――――――――――――――◇








◎日程第2 議第89号から議第125号まで及び報第22号一括上程(市長の提案理由説明)





○議長(長田教雄) 次に参ります。


 日程第2、本日提出されました議第89号から議第125号まで及び報第22号を一括上程いたします。


―――――――――――――――――――――


  議案


 番 号    件 名


議第 89号 平成17年度大分市一般会計補正予算(第2号)


議第 90号 平成17年度大分市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


議第 91号 平成17年度大分市介護保険特別会計補正予算(第1号)


議第 92号 平成17年度大分市三佐土地区画整理清算事業特別会計補正予算(第1号)


議第 93号 平成17年度大分市水道事業会計補正予算(第1号)


議第 94号 大分市市民行政センター条例の制定について


議第 95号 大分市支所及び出張所設置条例の一部改正について


議第 96号 大分市こどもルーム条例の一部改正について


議第 97号 大分市老人いこいの家条例の一部改正について


議第 98号 大分市保健所条例の一部改正について


議第 99号 大分市交通安全対策会議条例の一部改正について


議第100号 大分市手数料条例の一部改正について


議第101号 大分市民いこいの家条例の全部改正について


議第102号 大分市社会福祉センター条例の一部改正について


議第103号 大分市多世代交流プラザ条例の一部改正について


議第104号 大分市活き活きプラザ潮騒条例の一部改正について


議第105号 大分市海部古墳資料館条例の一部改正について


議第106号 大分市葬斎場条例の一部改正について


議第107号 大分市浄化槽の保守点検業者の登録に関する条例の一部改正について


議第108号 大分市農業委員会の選挙による委員の定数並びに選挙区等に関する条例の一部改正について


議第109号 大分市火災予防条例の一部改正について


議第110号 大分市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


議第111号 大分市立幼稚園条例の一部改正について


議第112号 大分郡環境衛生組合規約の変更に関する協議について


議第113号 字の区域の変更について


議第114号 土地買収について


議第115号 土地買収について


議第116号 工事請負契約の締結について(大分市南消防署移転新築工事)


議第117号 工事請負契約の締結について(大分市立王子中学校屋内運動場増改築工事)


議第118号 工事請負契約の締結について(大分市元町雨水排水ポンプ場建設(建築)工事)


議第119号 工事請負契約の締結について(大分市元町雨水排水ポンプ場建設(ポンプ機械設備)工事)


議第120号 工事請負契約の締結について(大分市元町雨水排水ポンプ場建設(沈砂池機械設備)工事)


議第121号 工事請負契約の締結について(大分市元町雨水排水ポンプ場建設(電気設備)工事)


議第122号 工事請負契約の締結について(大分市原川終末処理場水処理施設更新(機械設備)工事)


議第123号 工事請負契約の締結について(大分市原川終末処理場水処理施設更新(電気設備)工事)


議第124号 市道路線の認定及び廃止について


議第125号 平成16年度大分市水道事業会計決算の認定について





  報


 番 号    件 名


報第 22号 専決処分した事件の承認について(平成17年度大分市一般会計補正予算(第1号))


―――――――――――――――――――――


○議長(長田教雄) この際、提案理由の説明を求めます。


 釘宮市長。


○市長(釘宮磐)(登壇) 本日ここに、平成17年第3回大分市議会定例会が開会されるに当たりまして、提出いたしました諸議案の概要を御説明申し上げます。


 まずその前に、去る9月6日、九州を直撃する形で上陸をした大型で強い台風14号についてでありますが、本市においても長時間にわたり強風と豪雨に見舞われ、床上浸水や床下浸水、道路の冠水、農作物被害、農地災害などが発生しております。被害に遭われた方々には、心からお見舞いを申し上げます。


 この台風の接近に際しましては、9月5日15時30分に災害警戒本部を、翌6日午前6時に災害対策本部を設置したところでありますが、自主避難された方々のための避難所開設を初め、11地区832世帯の方々には避難勧告並びに避難指示を発令するなど、市民の生命と安全を確保するため万全を期して対応をいたしたところであります。


 被害状況の詳細につきましては、現在調査いたしておりますが、復旧に急を要するものについては予備費等により対応するなど、早期復旧に努めてまいりたいと考えております。


 今後とも、災害対策には万全を期し、災害の未然防止と被害への迅速な対応に努めてまいりたいと存じます。


 次に、最近の市政の動きについて御報告を申し上げます。


 まず最初は、去る8月7日、「日本一きれいなまちづくり」の一環として、また、佐賀関町、野津原町との合併記念事業として実施をいたしました「ギネスに挑戦「全市いっせい ごみ拾い大作戦」」についてであります。


 この取り組みは、ただ単にまちをきれいにするという目的だけでなく、「ギネスに挑戦」という話題性を持たせることで、子供からお年寄りまですべての市民が1つの目標に向かって汗を流すことにより市民の一体感が醸成されるとともに、自治会において地域住民が協働してごみ拾い作業を行うことにより地域コミュニティーが再構築されるというねらいも込めて企画したものであります。


 したがいまして、この取り組みを全市的に広げていくため、年度当初には自治委員連絡協議会や企業等各種団体の代表者から成る実行委員会を設置し、自治会や事業所などから協力を得るための説明会の開催やイベントのPR、ボランティアの募集など、目標達成に向けて広く市民の参加を呼びかけてまいりました。


 実施に当たりましては、市民の皆様がより参加しやすいよう自治会単位に702カ所、事業所や団体単位に42カ所のごみ集積会場を設置したところであり、地元自治会やボランティアスタッフ総勢約6,500人の方々に受付などの業務に携わっていただきました。


 当日は、午前7時から市内全域で一斉に清掃活動がスタートしましたが、炎天下にもかかわらず、参加者数が午前9時の時点で早くも9万七千有余人と目標を上回り、終了時には、目標の2倍近い14万7,410人に達したところであります。この数字は、これまでのギネス社公式記録7万4,206人を大幅に上回りましたことから、現在進めております参加者名簿の確認が終了次第、ギネス社へ申請することといたしております。


 今回のイベントが大成功をおさめることができましたのは、市民の皆様の地域づくりや社会参加に対する関心の高まりが1つの共通した思いとして形となってあらわれたものと受けとめており、感謝にたえません。御協力をいただきました議員各位を初め、各自治会、事業所、関係団体など多くの皆様に改めて心から御礼を申し上げる次第でございます。


 次に、大分市の夏を彩る夏祭りについてであります。


 7月から8月にかけまして、「大野川合戦まつり」「ななせの火群まつり」「大分七夕まつり」「本場鶴崎踊大会」「関の鯛つりおどり大会」などが各地域で開催されました。このうち、今年度からスタートしました「大野川合戦まつり」は、昨年度までの「手作りイカダ大野川河下り大会」にかわって大南地域の皆様が地域の活性化につながる祭りとして一から立ち上げたものであります。祭りでは、戸次河原の合戦を再現した勇壮な合戦絵巻が繰り広げられたほか、郷土料理が味わえる大南市場の開催など、地域の特色を生かした催しが行われ、大勢の人々でにぎわったところであります。


 また、合併後初めての開催となりました「関の鯛つりおどり大会」は、今大会から佐賀関地域の各種団体で構成された佐賀関地域振興協議会が中心となり、運営されたところであります。大会のオープニングでは、海女の神、黒砂と真砂に扮した女性が踊り子を先導するという新しい演出が行われたほか、野津原文化協会など市内各地の皆様が踊りに参加するといった趣向も加わり、合併後の新大分市の一体感を感じる祭りとなりました。


 また、「ななせの火群まつり」「大分七夕まつり」「本場鶴崎踊大会」もそれぞれ盛大に開催をされ、本市の歴史、文化に彩られたさまざまなイベントが勇壮かつ華やかに繰り広げられ、多くの市民を魅了いたしました。


 特に、これらの夏祭りが多くのボランティアスタッフの活躍や地域住民による企画運営などにより支えられ、地域の特色を生かした市民主導による祭りに姿を変えてきており、こうした市民の活力や熱意がこれからの自治体間競争に勝ち抜き、魅力あるまちづくりへの推進力になっていくものと考えております。


 次に、42年ぶりに大分県で開催されることになりました国民体育大会についてであります。


 去る7月13日、日本体育協会理事会において平成20年の第63回国民体育大会が大分県で開催されることが正式に決定をいたしました。この正式決定を受けて、本市では、これまでの準備段階から本格的な推進段階へと移行することに伴い、7月29日、長田市議会議長を初め、市内各界各層の代表者から成る「チャレンジ!おおいた国体大分市実行委員会」を設立いたしたところであります。


 本市では、ビッグアイなどの会場において開会式や閉会式を初め、陸上競技、サッカー、テニスなどの正式種目11競技と公開競技である高校野球、さらにはデモンストレーションとしてのグラウンドゴルフが開催されることとなっております。


 この大分国体は、大会の充実、活性化とともに、大会運営の簡素、効率化が一層推進される、いわゆる国体改革元年と位置づけられる国体であり、本市といたしましても、この趣旨に沿い、簡素な中にも魅力と活力に満ちた大会運営を目指してまいりたいと考えております。


 また同時に、障害者スポーツの全国的な祭典である第8回全国障害者スポーツ大会も本県で開催されることが決定されておりますが、この大分国体並びに全国障害者スポーツ大会の開催に向け、今後も、大分県及び関係機関、団体とも連携を図りながら全力で取り組んでまいりますので、議員各位を初め、市民の皆様方の御支援、御協力をお願い申し上げます。


 次に、市民の政策提言の中から具体的な施策として今回新たに取り組むことといたしました大分市路上違反広告物除却推進員制度についてであります。


 これまで、張り紙などの違反広告物対策につきましては市で対応してまいりましたが、後を絶たない違反広告物に適切に対処し、まちの景観を守っていくことが喫緊の課題となっておりました。こうした中、自治会など市民と協働して違反広告物を除去してはどうかという市民からの貴重な政策提言を受けまして、今回、大分市路上違反広告物除却推進員制度を創設をいたしたところでございます。


 この制度は、市の委任を受けたボランティアの皆様が電柱等の張り紙を除去することを目的としており、早速この制度に基づき推進員を募集をいたしましたところ、市内各地域から500人を超える多くの皆様からの応募をいただいたところでございます。


 今後は、講習会等を通じて研修を重ねながらより事業効果の上がる方法を検討し、違反広告物の一掃に努めてまいりたいと考えております。


 次に、予算議案について御説明申し上げます。


 まず、一般会計補正予算についてでありますが、今回の補正予算は、国の補助事業の内示に伴う事業費の調整や災害復旧経費の追加等、投資的経費を中心に編成いたしたところでございます。その結果、補正額は4億1,300万円となり、補正後の一般会計予算総額は1,470億4,100万円となっております。


 それでは、歳出の主なものについて御説明申し上げます。


 まず、総務費には1億9,070万円を計上いたしております。


 その主なものは、旧土地改良会館の耐震補強工事費及び佐賀関地域、野津原地域において老朽化などにより未利用となっております旧庁舎などの解体に要する経費の計上であります。


 教育費には1億8,559万9,000円を計上いたしております。


 その主なものは、大友氏遺跡用地取得費並びにのつはる少年自然の家のり面地すべり対策工事費や坂ノ市小学校の児童数増加に対応するための一時使用教室設置工事費の計上であります。


 災害復旧費には8,000万円を計上いたしております。


 その主なものは、平成16年台風被害による単独農林水産施設災害復旧事業費及び社会教育施設災害復旧事業費の計上であります。


 農林水産業費には2,593万4,000円を計上いたしております。


 その主なものは、圃場整備に係る文化財調査経費及び有害鳥獣駆除に係る経費の追加計上であります。


 衛生費には2,263万1,000円を計上いたしております。


 その主なものは、平成19年度末の完成に向けた保健所建設に係る設計費の計上であります。


 土木費は、3,112万1,000円の減額をいたしております。


 その主なものは、街路建設事業費及び大分駅南公共団体区画整理事業費について、国の補助内示に伴いそれぞれ調整をいたしたものであります。


 民生費は、7,418万1,000円の減額をいたしております。


 その主なものは、社会福祉法人に対する施設整備事業費補助金を国の内示に伴い減額調整をいたしたものでございます。


 次に、歳入についてでございます。


 今回の補正予算の財源といたしましては、市税14億7,126万9,000円、地方特例交付金1億2,122万5,000円、市債2億6,500万円が主な財源となっており、地方交付税につきましては、15億9,593万1,000円の減額となったところであります。


 次に、特別会計補正予算についてであります。


 公共下水道事業特別会計には、国の補助内示に伴う事業費の調整及び企業債の借りかえに伴う経費など4億5,000万円を計上いたしております。


 介護保険特別会計は、介護保険制度の改正に伴う調整として2億7,400万円の減額をいたしております。


 三佐土地区画整理清算事業特別会計には、清算金の追加として300万円を計上いたしております。


 水道事業会計には、企業債の借りかえに伴う経費として1億1,000万円を計上いたしております。


 次に、8月9日付で専決処分いたしました補正予算について御報告申し上げます。


 これは、8月8日に解散され、9月11日に執行されました衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査に係る経費につきまして専決処分を行い対応いたしたもので、補正額は、1億5,800万円であります。


 次に、一般議案の主なものについて御説明申し上げます。


 まず、議第94号は、大分市市民行政センター条例の制定についてでありますが、これは、大分市鶴崎市民行政センター及び大分市稙田市民行政センターを平成17年11月7日から設置し、その管理について条例を制定しようとするものであります。


 鶴崎、稙田両市民行政センターにつきましては、鶴崎、稙田両支所の建てかえに伴い、本市で初めてのPFI方式により平成15年度から整備を進めてまいりましたが、それぞれの市民行政センターには、地域住民の利便性の向上と行政運営の効率化を目指し、支所を初めとして、資産税事務所、保健福祉センター、こどもルーム、図書室、コミュニティーゾーン、防災備蓄施設等を設置するほか、鶴崎には三佐北地区住環境整備事務所や水道局東部営業所を、稙田には老人いこいの家などを設置することといたしており、本市の東部、西南部のさまざまな行政サービスを提供する拠点施設として、多くの皆様に御利用いただけるものと考えております。


 議第101号は、大分市民いこいの家条例の全部改正についてであります。


 これは、昭和58年に開設いたしました市民いこいの家につきまして、市民サービスの向上と行政コスト縮減のため指定管理者制度を導入するための条例改正を行うとともに、消費税相当分の改定を除いては開設以来据え置いてきました利用料金を、応益負担の観点から改定しようとするものであります。


 議第102号から議第105号までは、いずれも社会福祉センター、多世代交流プラザ、活き活きプラザ潮騒、海部古墳資料館の各施設につきまして、それぞれ指定管理者制度を導入するための条例改正を行おうとするものであります。


 議第111号は、大分市立幼稚園条例の一部改正についてでありますが、平成18年度から国の基準に準じて大分市立幼稚園の保育料の額を改定しようとするものであります。


 議第125号は、平成16年度大分市水道事業会計決算につきまして、地方公営企業法第30条第4項の規定に基づき、認定をいただこうとするものであります。


 その概要を申し上げますと、収益的収支では、収入総額113億6,452万5,000円、支出総額101億2,720万3,000円となり、税引き後、10億4,043万3,000円の当年度純利益を計上いたしました。


 次に、資本的収支では、収入総額27億2,649万7,000円、支出総額70億6,907万4,000円となり、43億4,257万7,000円の収支不足額を生じましたが、損益勘定留保資金等で補てんいたしたところであります。


 その他の議案につきましては、その都度担当者より説明をいたさせます。


 何とぞ慎重御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。


 ◇―――――――――――――――――◇


○議長(長田教雄) 以上で本日の日程を終了いたしました。


 お諮りいたします。


 あす13日から15日までの3日間は、議案考案のため本会議を休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長田教雄) 御異議なしと認めます。


 よって、あすから15日までの3日間は、本会議を休会することに決定いたしました。


 次の本会議は、16日午前10時に開きます。


 本日は、これにて散会いたします。


          午前10時22分散会





地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する





平成17年9月12日














大分市議会 議  長  長 田 教 雄














      署名議員  宮 邉 和 弘














      署名議員  矢 野   久