議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 大分県

平成25年 第3回定例会(9月) 09月03日−01号




平成25年 第3回定例会(9月) − 09月03日−01号







平成25年 第3回定例会(9月)



平成二十五年九月三日(火曜日)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議事日程第一号

     平成二十五年九月三日

           午前十時開会

第一 会議録署名議員の指名

第二 会期決定の件

第三 第九〇号議案から第一一二号議案まで

   (議題、提出者の説明)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本日の会議に付した案件

日程第一 会議録署名議員の指名

日程第二 会期決定の件

日程第三 第九〇号議案から第一一二号議案まで

     (議題、提出者の説明)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席議員 四十二名

  議長        近藤和義

  副議長       田中利明

            阿部英仁

            志村 学

            古手川正治

            後藤政義

            土居昌弘

            嶋 幸一

            毛利正徳

            油布勝秀

            衛藤明和

            濱田 洋

            三浦 公

            末宗秀雄

            御手洗吉生

            桜木 博

            麻生栄作

            三浦正臣

            守永信幸

            藤田正道

            原田孝司

            小嶋秀行

            馬場 林

            尾島保彦

            玉田輝義

            深津栄一

            酒井喜親

            首藤隆憲

            吉冨幸吉

            平岩純子

            江藤清志

            久原和弘

            小野弘利

            元吉俊博

            井上伸史

            荒金信生

            佐々木敏夫

            戸高賢史

            吉岡美智子

            河野成司

            堤 栄三

            竹内小代美

 欠席議員 一名

            渕 健児

 欠員   一名

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席した県側関係者

  知事        広瀬勝貞

  副知事       二日市具正

  副知事       小風 茂

  教育委員長     岩崎哲朗

  公安委員長代行   高橋治人

  人事委員長     石井久子

  代表監査委員    米浜光郎

  労働委員会会長   麻生昭一

  総務部長      島田勝則

  企業局長      坂本美智雄

  病院局長      坂田久信

  教育長       野中信孝

  警察本部長     大沢裕之

  企画振興部長    塩川也寸志

  福祉保健部長    平原健史

  生活環境部長    冨高松雄

  商工労働部長    西山英将

  農林水産部長    工藤利明

  土木建築部長    畔津義彦

  会計管理者兼

            小野嘉久

  会計管理局長

  財政課長      長谷尾雅通

  知事室長      岡本天津男

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前十時三分



○近藤和義議長 開会に先立ち、先般、人事委員長に再任されました石井久子君ほか二名の方々からごあいさつがあります。石井久子君。



◎石井久子人事委員長 七月二十二日付で人事委員会委員に再任され、同日付で人事委員会委員長に再任されました石井久子でございます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)



○近藤和義議長 高山精二君。



◎高山精二人事委員 七月四日付で人事委員会委員に就任いたしました高山精二でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)



○近藤和義議長 松田順子君。



◎松田順子教育委員 七月二十二日付で教育委員に再任されました松田順子でございます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前十時五分 開会



○近藤和義議長 ただいまから平成二十五年第三回定例会を開会いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○近藤和義議長 これより本日の会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○近藤和義議長 日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。

 まず、監査委員から、地方自治法第百九十九条第九項の規定により東部振興局など二十六カ所の定期監査について、また、同法第二百三十五条の二第三項の規定により六月及び七月の例月出納検査について、それぞれ結果に関する報告がありました。

 なお、調書は朗読を省略いたします。

 次に、知事から、地方自治法第百八十条第二項の規定に基づく損害賠償の額の決定についてなど三十二件の報告及び書類の提出がありました。

 なお、報告書等は、いずれもお手元に配付の議案書の末尾に添付してあります。

 次に、会議規則第百二十五条第一項ただし書きの規定により、お手元に配付の表のとおり議員を派遣いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議員派遣報告

一 目的

   九州・沖縄未来創造会議出席のため

二 場所

   佐賀県

三 期間

   平成二十五年九月二日

四 派遣議員

   三浦公、小野弘利、河野成司

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○近藤和義議長 以上、報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○近藤和義議長 本日の議事は、お手元に配付の議事日程第一号により行います。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第一 会議録署名議員の指名



○近藤和義議長 日程第一、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第百二十三条の規定により三浦公君及び久原和弘君を指名いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第二 会期決定の件



○近藤和義議長 日程第二、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から十九日までの十七日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○近藤和義議長 ご異議なしと認めます。

 よって、会期は十七日間と決定いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第三 第九〇号議案から第一一二号議案まで(議題、提出者の説明)



○近藤和義議長 日程第三、第九〇号議案から第一一二号議案までを一括議題といたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第九〇号議案 平成二十五年度大分県一般会計補正予算(第二号)について

第九一号議案 平成二十五年度大分県港湾施設整備事業特別会計補正予算(第一号)について

第九二号議案 平成二十五年度大分県病院事業会計補正予算(第一号)について

第九三号議案 物品の取得について

第九四号議案 大分県地域医療再生基金条例の一部改正について

第九五号議案 大分県消費者行政活性化基金条例の一部改正について

第九六号議案 工事請負契約の締結について

第九七号議案 大分県立学校の設置に関する条例の一部改正について

第九八号議案 平成二十四年度大分県病院事業会計決算の認定について

第九九号議案 平成二十四年度大分県電気事業会計利益の処分及び決算の認定について

第一〇〇号議案 平成二十四年度大分県工業用水道事業会計利益の処分及び決算の認定について

第一〇一号議案 平成二十四年度大分県一般会計歳入歳出決算の認定について

第一〇二号議案 平成二十四年度大分県公債管理特別会計歳入歳出決算の認定について

第一〇三号議案 平成二十四年度大分県母子寡婦福祉資金特別会計歳入歳出決算の認定について

第一〇四号議案 平成二十四年度大分県中小企業設備導入資金特別会計歳入歳出決算の認定について

第一〇五号議案 平成二十四年度大分県流通業務団地造成事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第一〇六号議案 平成二十四年度大分県林業・木材産業改善資金特別会計歳入歳出決算の認定について

第一〇七号議案 平成二十四年度大分県沿岸漁業改善資金特別会計歳入歳出決算の認定について

第一〇八号議案 平成二十四年度大分県就農支援資金特別会計歳入歳出決算の認定について

第一〇九号議案 平成二十四年度大分県県営林事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第一一〇号議案 平成二十四年度大分県臨海工業地帯建設事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第一一一号議案 平成二十四年度大分県港湾施設整備事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第一一二号議案 平成二十四年度大分県用品調達特別会計歳入歳出決算の認定について

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(参照)

報第九号 損害賠償の額の決定について

報第一〇号 地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく健全化判断比率の算定について

報第一一号 地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく資金不足比率の算定について

報第一二号 公立大学法人大分県立芸術文化短期大学の経営状況を説明する書類の提出について

報第一三号 公立大学法人大分県立芸術文化短期大学の平成二十四事業年度の業務実績に関する評価結果について

報第一四号 公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団の経営状況を説明する書類の提出について

報第一五号 大分高速鉄道保有株式会社の経営状況を説明する書類の提出について

報第一六号 大分航空ターミナル株式会社の経営状況を説明する書類の提出について

報第一七号 公立大学法人大分県立看護科学大学の経営状況を説明する書類の提出について

報第一八号 公立大学法人大分県立看護科学大学の平成二十四事業年度の業務実績に関する評価結果について

報第一九号 公益財団法人大分県地域保健支援センターの経営状況を説明する書類の提出について

報第二〇号 公益財団法人大分県臓器移植医療協会の経営状況を説明する書類の提出について

報第二一号 公益財団法人大分県生活衛生営業指導センターの経営状況を説明する書類の提出について

報第二二号 一般財団法人大分県中小企業会館の経営状況を説明する書類の提出について

報第二三号 公益財団法人大分県産業創造機構の経営状況を説明する書類の提出について

報第二四号 公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所の経営状況を説明する書類の提出について

報第二五号 公益財団法人日田玖珠地域産業振興センターの経営状況を説明する書類の提出について

報第二六号 大分ブランドクリエイト株式会社の経営状況を説明する書類の提出について

報第二七号 株式会社大分国際貿易センターの経営状況を説明する書類の提出について

報第二八号 公益財団法人大分県総合雇用推進協会の経営状況を説明する書類の提出について

報第二九号 公益社団法人大分県農業農村振興公社の経営状況を説明する書類の提出について

報第三〇号 財団法人大分県主要農作物改善協会の経営状況を説明する書類の提出について

報第三一号 株式会社大分ボール種苗センターの経営状況を説明する書類の提出について

報第三二号 公益社団法人大分県畜産協会の経営状況を説明する書類の提出について

報第三三号 公益財団法人森林ネットおおいたの経営状況を説明する書類の提出について

報第三四号 公益社団法人大分県漁業公社の経営状況を説明する書類の提出について

報第三五号 公益財団法人大分県建設技術センターの経営状況を説明する書類の提出について

報第三六号 大分県土地開発公社の経営状況を説明する書類の提出について

報第三七号 大分県住宅供給公社の経営状況を説明する書類の提出について

報第三八号 公益財団法人暴力追放大分県民会議の経営状況を説明する書類の提出について

報第三九号 県有地の信託に係る事務の処理状況を説明する書類の提出について

報第四〇号 大分県長期総合計画の実施状況について

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○近藤和義議長 提出者の説明を求めます。広瀬知事。

  〔広瀬知事登壇〕



◎広瀬勝貞知事 平成二十五年第三回定例県議会の開会に当たり、県政諸般の報告を申し上げ、あわせて今回提出しました諸議案の概要について説明申し上げます。

 まず、諸般の報告を申し上げます。

 北部九州四県で開催した全国高等学校総合体育大会が八月二十日に無事終了いたしました。

 皇太子殿下には、総合開会式へのご臨席や競技のご覧を賜り、また、高校生や地域の皆さんとも親しく触れ合っていただきました。

 県内チームの選手並びに監督、コーチの皆さんには、力の限り戦い、優勝が四種目、ベストエイト以上が五十四種目と大健闘していただきました。

 大会の主役は高校生です。総合開会式での歓迎演技や企画運営などに多くの高校生が若い力で存分に活躍してくれました。

 大会を通じて、一万一千人を超える選手、監督、コーチや二十四万人を超える観覧者を県民挙げて心のこもったおもてなしで歓迎し、交流の輪を広げるとともに、大分県の魅力を全国に発信することができました。県民並びに関係各位に厚く御礼を申し上げる次第であります。

 この機運の盛り上がりを今後のスポーツ振興や地域振興など大分県の元気につなげてまいりたいと思います。

 元気といえば、景気が気になるところであります。国内の景気は、全体として着実に持ち直してきており、自律的回復に向けた動きも見られます。県内においても、ようやく個人消費などに緩やかに持ち直しの動きが広がりつつあります。これが生産拡大や設備投資などにつながっていけばと期待をしているところです。

 県としても、この機に、「安心・活力・発展プラン」の取り組みを加速し、地域の元気創出に努めてまいります。

 このため、農林水産業の構造改革や中小企業への支援、創業促進などを展開するとともに、ツーリズム戦略を推進してまいります。

 特に、ツーリズムについては、ことし上半期の宿泊客数が前年を六万八千人、三・四%上回るなど、「日本一のおんせん県おおいた」としての知名度も上がってきております。ここでもうひと押しするために、福岡圏域や関西圏域、首都圏域などでターゲットを絞った効果的な誘客対策を行います。

 ツーリズムはもとより、経済の活性化に向け、海外戦略にも力を入れていきます。八月二十日から四日間、大分県・モンゴル関係促進協会の訪問団とともに、初めてモンゴルを訪問しました。豊富な資源を背景にした経済発展の勢いを感じるとともに、アルタンホヤグ首相との会談では「人、技術、物などさまざまな交流を進めたい」とのお話をいただきました。

 さらに、十一月には、観光客数が増加傾向にある香港において、三回目となる香港プロモーションを行い、国内外から元気を取り込んでまいります。

 ところで、景気回復を促進し、「安心・活力・発展プラン」の取り組みを加速するためにも、これを支える財政基盤を確かなものにすることが重要であります。

 その観点から国の財政運営の動向が大変気になるところですが、さきに公表された国の中期財政計画では、基礎的財政収支の改善に積極的に取り組むこととしています。特に地方財政に関しましては、一方で、地方の一般財源の総額について、二十五年度地方財政計画の水準を下回らないと言いつつ、他方で、リーマンショック後の危機対応モードとして設けられた一兆五千億円の歳出特別枠の見直しも示されており、予断を許さない状況であります。

 これから本格化する二十六年度予算編成に向けまして、国の動向を注視するとともに、知事会などを通じて必要な財源の確保を国へしっかりと働きかけてまいります。

 次に、提出しました諸議案の主なものについて、その内容を説明申し上げます。

 初めに、一般会計補正予算案であります。

 今回補正します額は三十八億二千四百五十九万三千円であり、これに既決予算額を加えますと五千八百五十七億八千七百六十九万五千円となります。

 今回の補正予算は、おおいた元気創出基金などを活用し、地域振興や産業振興、それに医療、福祉の充実といった喫緊の課題について対応するほか、二十四年度決算剰余金の積み立てなどを行うものであります。

 以下、事業の内容について説明申し上げます。

 国東半島宇佐地域の世界農業遺産については、「坐来大分」を活用した首都圏でのPR活動を初め、農業文化公園内に学習コーナーを整備するなど、地元や関係団体の自発的な取り組みを後押しするほか、シカの食害からクヌギ林を保全する活動や来年度作付米の高付加価値化に向けた取り組みを支援します。

 日本一を誇る本県の乾シイタケについては、消費が減少し、価格が低迷するなど大変厳しい状況にあります。このため、都市圏における販売促進を強化するとともに、原木シイタケの生産意欲を後押しするため、臨時、緊急措置として、ほだ木の造成経費に助成します。

 九月下旬の日本ジオパーク認定を目指している姫島村及び豊後大野市に対して、日本ジオパーク公開審査などで指摘された今後の研究課題に着実に対応するため、地形や地質、動植物などの追加調査を行います。また、国内の研究者や火山という同じ特性を持つアジアの世界ジオパーク関係者を招いて、来年二月に国際フォーラムを開催し、国内外へ大分のジオパークをアピールいたします。

 製造業などで注目を集めている3Dプリンターについて、大分県工業連合会を中心に研究会を立ち上げるほか、企業向け専門講座や学生、女性を初めとする県民向け地域・基礎講座を開催するなど、国の成長戦略に先駆けて取り組みを始めます。

 本格的な高齢化社会を迎える中、在宅医療の充実も急がれます。医師会等を中心とした医療と介護などの連携拠点を各地域に整備し、より効率的、効果的な在宅医療体制の確立を目指します。

 また、後を絶たない悪徳商法や詐欺被害を未然に防止するため、広報啓発を強化するとともに、ネットトラブル相談窓口を設置いたします。

 このほか、二十四年度の決算剰余金二十三億七千九百余万円を財政調整基金、減債基金、県有施設整備基金におのおの三分の一積み立てます。

 これら歳出に対する主な歳入予算は、国庫支出金九億七千五百余万円、繰入金四億六千五百余万円、繰越金二十三億七千九百余万円であります。

 次に、予算外議案について説明申し上げます。

 第九七号議案大分県立学校の設置に関する条例の一部改正については、高校改革推進計画に基づき、県立佐伯豊南高等学校及び県立佐伯鶴岡高等学校を発展的に統合し、新たに県立佐伯豊南高等学校を設置するものであります。

 第一〇一号議案平成二十四年度大分県一般会計歳入歳出決算の認定につきましては、昨年度決算は、豪雨災害に伴う復旧・復興事業や国の緊急経済対策を積極的に受け入れたことによりまして、財政調整用基金が減少する一方、県債残高は増加しましたが、臨時財政対策債を除いた県債残高は十一年連続で減少させるなど、厳しい中でも財政の持続性を何とか確保したと考えております。

 以上をもちまして、提出しました諸議案の説明を終わります。

 何とぞ、慎重ご審議の上、ご賛同いただきますようお願い申し上げます。



○近藤和義議長 これをもって提出者の説明は終わりました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○近藤和義議長 以上をもって本日の議事日程は終わりました。

 お諮りいたします。明四日から六日まで及び九日は、議案調査のため休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○近藤和義議長 ご異議なしと認めます。

 よって、明四日から六日まで及び九日は休会と決定いたしました。

 なお、七日及び八日は、県の休日のため休会といたします。

 次会は、十日定刻より開きます。

 日程は、決定次第通知いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○近藤和義議長 本日は、これをもって散会いたします。

     午前十時二十分 散会