議事ロックス -地方議会議事録検索-


大分県 大分県

平成25年 第1回定例会(3月) 03月04日−02号




平成25年 第1回定例会(3月) − 03月04日−02号







平成25年 第1回定例会(3月)



平成二十五年三月四日(月曜日)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議事日程第二号

       平成二十五年三月四日

           午前十時開議

第一 第五二号議案から第六七号議案まで

   (議題、提出者の説明)

第二 協議等の場の構成員変更の件

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本日の会議に付した案件

日程第一 第五二号議案から第六七号議案まで

     (議題、提出者の説明)

日程第二 協議等の場の構成員変更の件

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席議員 四十三名

  議長         志村 学

  副議長        元吉俊博

             小野弘利

             久原和弘

             三浦正臣

             守永信幸

             藤田正道

             原田孝司

             小嶋秀行

             馬場 林

             尾島保彦

             玉田輝義

             深津栄一

             酒井喜親

             首藤隆憲

             吉冨幸吉

             平岩純子

             江藤清志

             古手川正治

             後藤政義

             土居昌弘

             嶋 幸一

             毛利正徳

             油布勝秀

             衛藤明和

             濱田 洋

             三浦 公

             末宗秀雄

             御手洗吉生

             桜木 博

             麻生栄作

             田中利明

             渕 健児

             近藤和義

             阿部英仁

             井上伸史

             荒金信生

             佐々木敏夫

             戸高賢史

             吉岡美智子

             河野成司

             堤 栄三

             竹内小代美

 欠席議員 なし

 欠員   一名

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席した県側関係者

  知事         広瀬勝貞

  副知事        二日市具正

  副知事        小風 茂

  教育委員長      岩崎哲朗

  代表監査委員     米浜光郎

  総務部長       奥塚正典

  企業局長       堤  隆

  病院局長       坂田久信

  教育長        野中信孝

  警察本部長      大沢裕之

  企画振興部長     塩川也寸志

  福祉保健部長     永松 悟

  生活環境部長     直野清光

  商工労働部長     山本和徳

  農林水産部長     阿部良秀

  土木建築部長     畔津義彦

  会計管理者兼

             平田茂雄

  会計管理局長

  人事委員会

             山本清一郎

  事務局長

  労働委員会

             山蔭政伸

  事務局長

  財政課長       長谷尾雅通

  知事室長       草野俊介

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前十時三分 開議



○志村学議長 これより本日の会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○志村学議長 本日の議事は、お手元に配付の議事日程第二号により行います。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第一 第五二号議案から第六七号議案まで(議題、提出者の説明)



○志村学議長 日程第一、第五二号議案から第六七号議案までを一括議題といたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第五二号議案 平成二十四年度大分県一般会計補正予算(第五号)

第五三号議案 平成二十四年度大分県公債管理特別会計補正予算(第一号)

第五四号議案 平成二十四年度大分県母子寡婦福祉資金特別会計補正予算(第一号)

第五五号議案 平成二十四年度大分県中小企業設備導入資金特別会計補正予算(第一号)

第五六号議案 平成二十四年度大分県流通業務団地造成事業特別会計補正予算(第一号)

第五七号議案 平成二十四年度大分県林業・木材産業改善資金特別会計補正予算(第一号)

第五八号議案 平成二十四年度大分県沿岸漁業改善資金特別会計補正予算(第一号)

第五九号議案 平成二十四年度大分県就農支援資金特別会計補正予算(第一号)

第六〇号議案 平成二十四年度大分県県営林事業特別会計補正予算(第一号)

第六一号議案 平成二十四年度大分県臨海工業地帯建設事業特別会計補正予算(第一号)

第六二号議案 平成二十四年度大分県港湾施設整備事業特別会計補正予算(第一号)

第六三号議案 平成二十四年度大分県用品調達特別会計補正予算(第一号)

第六四号議案 平成二十四年度大分県病院事業会計補正予算(第一号)

第六五号議案 平成二十四年度大分県電気事業会計補正予算(第二号)

第六六号議案 平成二十四年度大分県工業用水道事業会計補正予算(第二号)

第六七号議案 平成二十四年度における農林水産関係事業に要する経費の市町村負担について

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○志村学議長 提出者の説明を求めます。広瀬知事。

  〔広瀬知事登壇〕



◎広瀬勝貞知事 ただいま上程されました諸議案について説明申し上げます。

 追加提案しました議案は、第五二号議案から第六七号議案までの十六件であります。

 まず、一般会計補正予算案についてです。

 一部に明るい兆しも見え始めてきた県内景気の回復を後押しするため、国の補正予算を積極的に受け入れ、投資的事業の切れ目ない執行を図ることとし、約二百五十五億円を追加します。これにより、河川の築堤、護岸整備や山腹崩壊防止などの防災減災対策、トンネル、橋梁等の緊急点検やその補修、補強などの社会インフラの老朽化対策、また、東九州自動車道を初め道路ネットワークの整備や農産物の市場競争力強化に向けたトマトの広域集出荷施設の整備など産業の構造改革を前倒して実施します。これに加え、梅雨時期までの河床掘削等の事業進捗などを図るため、債務負担行為として三十億円を追加いたします。

 また、中小企業金融円滑化法の終了に備え、補正予算におきましても、県制度資金に借りかえ資金として五億円の融資枠を確保するなど、県内中小企業の資金繰りに万全を期してまいります。

 このほか、保育所整備など子育て環境の充実や起業支援による雇用の創出、地域材の需要拡大などを図る交付金を基金に積み立てます。

 他方、年度末に行う例年の予算整理といたしまして、昨年の豪雨災害への対応後も、台風等に備えていた災害復旧関係費や中小企業支援のための融資枠を確保していた県制度資金を減額し、あわせて予算執行における節約額等を減じます。

 この結果、差し引き補正額は三十九億千二百十五万二千円の減額となり、一般会計予算の累計は六千百八十六億四千三百二十六万二千円となります。

 歳入予算の主な内訳は、県税二億円、地方交付税十九億二千三百余万円、国庫支出金八十四億九千二百余万円、県債四十五億五千七百余万円のそれぞれ増、繰入金七十七億五千五百余万円の減などであります。

 今年度は、未曾有の被害をもたらした梅雨前線豪雨からの復旧、復興とあわせ、景気雇用対策など喫緊の課題に積極的に取り組んでまいりました。

 その結果、県債では、災害復旧関係のため既に発行した九十四億円に加え、今回の補正予算の受け入れに伴い、百十五億円を追加発行いたします。これにより、今年度末の県債残高見込みは、前年度末に比べ二百三十二億円増加し、一兆六百五十億円となりますが、臨時財政対策債を除く実質的な県債残高は、わずかながらも抑制することができ、十一年連続で減少させております。

 また、財政調整用基金は、当初予算の七十五億円に加え、豪雨災害からの復旧、復興に当たり、これまでの補正予算で二十三億円を取り崩しました。今回の補正では、行革による歳出削減等の成果として、何とか五十億円を繰り戻し、今年度末の基金残高は、四百三十四億円を確保できる見込みですが、三年ぶりに前年度を下回ります。

 こうした状況のもとでこそ、先を見据えた健全な財政運営が求められます。現在、二十五年度当初予算案とこの三月補正予算案を踏まえた今後の財政の見通しを作成しているところであり、その中で今後の財政健全化に向けた取り組みについても検討してまいりたいと考えております。

 このほか、特別会計では、公債管理特別会計など十一の会計で合わせて六億四千五百八十七万円を減額するとともに、企業会計では、病院事業会計など三つの会計で九億五千百二十二万四千円を増額しています。

 以上をもちまして、提出しました諸議案の説明を終わります。

 何とぞ、慎重ご審議の上、ご賛同いただきますようお願い申し上げます。



○志村学議長 これをもって提出者の説明は終わりました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第二 協議等の場の構成員変更の件



○志村学議長 日程第二、協議等の場の構成員変更の件を議題といたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議員定数問題調査会の構成員

  新

 各会派から推薦された委員(自由民主党・無所属の会六名、県民クラブ五名、自由民主党一名、公明党一名、日本共産党一名、無所属「新しい風」一名)

  旧

 各会派から推薦された委員(県民クラブ六名、自由民主党・無所属の会五名、自由民主党一名、公明党一名、日本共産党一名)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○志村学議長 お諮りいたします。協議等の場として臨時的に設けられた議員定数問題調査会の構成員をお手元に配付の表のとおり変更いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○志村学議長 ご異議なしと認めます。

 よって、議員定数問題調査会の構成員を変更することに決定いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○志村学議長 以上をもって本日の議事日程は終わりました。

 お諮りいたします。明五日は、議案調査のため休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○志村学議長 ご異議なしと認めます。

 よって、明五日は休会と決定いたしました。

 次会は、六日定刻より開きます。

 日程は、決定次第通知いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○志村学議長 本日は、これをもって散会いたします。

     午前十時十一分 散会