議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 合志市

平成22年 3月 臨時会(第1回) 03月31日−01号




平成22年 3月 臨時会(第1回) − 03月31日−01号









平成22年 3月 臨時会(第1回)


            平成22年第1回合志市議会臨時会会議録

平成22年3月31日(水曜日)
              ―――――――――――――――――
   議事日程 第1号
  平成22年3月31日(水曜日)午前10時00分開会
 第1 会議録署名議員の指名について
 第2 議席の指定及び全部変更
 第3 会期の決定について
 第4 諸般の報告について
 第5 常任委員会委員の選任について
 第6 (議案第22号)合志市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例」に
    ついて
    [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
 第7 (議案第23号)職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正す
    る条例」について
    [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
 第8 (議案第24号)平成21年度合志市一般会計補正予算(第6号)」について
    [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
 第9 (議案第25号)平成22年度合志市一般会計補正予算(第1号)」について
    [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
 第10 (議案第26号)平成22年度合志市介護保険特別会計補正予算(第1号)」について
    [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
 第11 (議案第27号)平成22年度合志市水道会計補正予算(第1号)」について
    [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
              ―――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
 議案第22号 合志市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第23号 職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例
 議案第24号 平成21年度合志市一般会計補正予算(第6号)
 議案第25号 平成22年度合志市一般会計補正予算(第1号)
 議案第26号 平成22年度合志市介護保険特別会計補正予算(第1号)
 議案第27号 平成22年度合志市水道事業会計補正予算(第1号)
                ――――――○――――――
出席議員氏名(24人)
         1番  上 田 欣 也 君
         2番  濱 元 幸一郎 君
         3番  青 木 照 美 君
         4番  坂 本 早 苗 君
         5番  辻   敏 輝 君
         6番  島 田 敏 春 君
         7番  尾 方 洋 直 君
         8番  濱 口 正 曉 君
         9番  坂 本 武 人 君
        10番  吉 永 健 司 君
        11番  神 田 公 司 君
        12番  来 海 恵 子 君
        13番  木場田 孝 幸 君
        14番  松 井 美津子 君
        15番  木 村 祐 一 君
        16番  池 永 幸 生 君
        17番  佐々木 博 幸 君
        18番  今 村 直 登 君
        19番  丸 内 三千代 君
        20番  松 下 広 美 君
        21番  吉 廣 満 男 君
        22番  東   孝 助 君
        23番  青 木 伸 一 君
        24番  柏 尾 武 二 君
                ――――――○――――――
欠席議員氏名(なし)
                ――――――○――――――
説明のため出席した者の職氏名
        市 長  大 住 清 昭 君
        副市長  中 園 三千代 君
        収入役  上 野 正 勝 君
     総務企画部長  齋 藤 正 昭 君
       水道局長  前 田 保 光 君
     健康福祉部長  合 志 良 一 君
                ――――――○――――――
事務局職員出席者
     議会事務局長  出 口 増 穗
  議会事務局次長補佐  財 津 公 正
      議会班主幹  田 嵜   勝
      議会班主事  宮 崎 淳 子
                ――――――○――――――
                  午前10時00分 開会 開議







○議長(柏尾武二君) ただいまから平成22年第1回合志市議会臨時会を開会します。会議に先立ちまして、大住市長から発言したい旨の申し出があります。これを許します。



◎市長(大住清昭君) それでは、臨時議会の開催にあたり一言ご挨拶を申し上げます。

 もう、自然界もご案内のように桜花爛漫、桜以外もいろいろな花が咲いて、自然の躍動を強く感じるところであります。今日はそういう中で臨時議会を開催しましたところ、それぞれ議員の皆さん方、全員ご出席をいただきまして、誠にありがとうございます。

 まずは、上田欣也議員の補欠選挙の当選、誠におめでとうございます。これから24名の議員さんと一緒になって合志市の発展の為に大活躍をされることを心からご祈念をするところであります。年度末のぎりぎりになって、臨時議会の招集をしましたけれども、今、申しました上田欣也議員の議席の指定等も含めて今日の臨時議会に年度内に是非提案をしておかなければならない案件がございましたので、本日の議案につきましては、お手元に配布のとおり、合志市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例のほか、5件を予定をしておりますので、どうか慎重、審議ご決定くださるようお願いをいたしまして、簡単でございますが、開会にあたってのご挨拶といたします。どうぞよろしくお願いします。



○議長(柏尾武二君) これから会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布したとおりです。

                ――――――○――――――



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(柏尾武二君) これから、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第83条の規定により、松井美津子議員と木村祐一議員を指名します。

                ――――――○――――――



△日程第2 議席の指名及び全部変更



○議長(柏尾武二君) これから、日程第2、議席の指定及び全部変更を議題といたします。今回、当選された上田欣也議員の議席は会議規則第4条2項の規定により、議長において議席番号1番に指定いたします。

 次に、上田欣也議員の議席の指定に伴い、議席の全部を変更したいと思います。その議席番号、及び指名を議会事務局長に朗読いたさせます。出口事務局長。



◎議会事務局長(出口増穗君) それでは、朗読いたします。2番、濱元幸一郎議員、3番、青木照美議員、4番、坂本早苗議員、5番、辻敏輝議員、6番、島田敏春議員、7番、尾方洋直議員、8番、濱口正曉議員、9番、坂本武人議員、10番、吉永健司議員、11番、神田公司議員、12番、来海恵子議員、13番、木場田孝幸議員、14番、松井美津子議員、15番、木村祐一議員、16番、池永幸生議員、17番、佐々木博幸議員、18番、今村直登議員、19番、丸内三千代議員、20番、松下広美議員、21番、吉廣満男議員、22番、東孝助議員、23番、青木伸一議員、24番、柏尾武二議員。以上です。



○議長(柏尾武二君) お諮りいたします。ただいま朗読いたしましたとおり、議席の全部を変更することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって議席の全部を変更することに決定しました。

                ――――――○――――――



△日程第3 会期の決定について



○議長(柏尾武二君) これから、日程第3、会期の決定についてを議題といたします。

 今期臨時会の会期は、本日1日とすることにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、今期臨時会の会期は、本日1日とすることに決定しました。

                ――――――○――――――



△日程第4 諸般の報告について



○議長(柏尾武二君) これから、日程第4、諸般の報告を行います。本臨時会の説明委員は、地方自治法第121条の規定により、大住市長に出席の要求を致しましたところ、お手元に配布しておりますように、それぞれ関係部局、課等長に説明の委任がなされております。以上で日程第4、諸般の報告は終了しました。

                ――――――○――――――



△日程第5 常任委員会委員の選任



○議長(柏尾武二君) これから、日程第5、常任委員会委員の選任を行います。お諮りします。常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において文教常任委員に、上田欣也議員を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、上田欣也議員を文教常任委員に選任することに決定しました。

                ――――――○――――――



△日程第6 議案第22号 合志市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について



○議長(柏尾武二君) これから、日程第6、議案第22号 合志市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題と致します。提案理由の説明を求めます。大住市長。



◎市長(大住清昭君) それでは議案第22号、合志市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして、ご説明を申し上げます。今回の改正につきましては、労働基準法及び地方公務員法の改正に伴い、月60時間を超える時間外勤務に係る、時間外勤務手当の割増分の支給に代えて、代替給を指定することが出来るとする内容で、昨年11月の議会臨時会において同条例の一部改正を行ったところですが、第8条の3の条文の中で、「勤務日等」という文言についての説明が不足していましたので、今回改正を行うものでございます。また、関連して第10条の規定の改正を行うものでございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(柏尾武二君) 提案理由の説明が終了しましたので、これから質疑を行います。本件については質疑の通告がありませんので、これで質疑を終ります。

 ここでお諮りします。ただいま、議題となっております議案第22号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。従って委員会付託を省略することに決定致しました。

 引き続き議案第22号について審議します。これから討論を行います。本件については、討論の通告がありませんので、これで討論を終ります。これから、議案第22号 合志市職員の勤務時間休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。お諮りします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。従って議案第22号については、原案のとおり可決されました。

                ――――――○――――――



△日程第7 議案第23号 職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例について



○議長(柏尾武二君) これから、日程第7、議案第23号 職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例についてを議題と致します。提案理由の説明を求めます。大住市長。



◎市長(大住清昭君) それでは、議案第23号職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例について、につきましてご説明申し上げます。

 今回の改正につきましては、議案第22号と同様に労働基準法及び地方公務員法の改正に伴い、月60時間を超える時間外勤務に係る、時間外勤務手当の割増分の支給にかえて代替給を指定することができるとする内容で、昨年11月の議会臨時会において、関係条例の一部を改正を行っているところですが、本条例につきまして、総務省から改正依頼が示されましたので、今回改正するものでございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(柏尾武二君) 提案理由の説明が終了しましたので、これから質疑を行います。本件については、質疑の通告がありませんのでこれで質疑を終ります。ここでお諮りします。ただいま、議題となっております、議案第23号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。従って委員会付託を省略することに決定しました。

 引き続き、議案第23号について審議します。これから、討論を行います。本件については、討論の通告がありませんのでこれで討論を終ります。これから、議案第23号職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。お諮りします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。従って、議案第23号については、原案のとおり可決されました。

                ――――――○――――――



△日程第8 議案第24号 平成21年度合志市一般会計補正予算(第6号)について



○議長(柏尾武二君)  これから、日程第8、議案第24号 平成21年度合志市一般会計補正予算(第6号)についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。大住市長。



◎市長(大住清昭君) 議案第24号、平成21度合志市一般会計補正予算(第6号)につきまして、ご説明を申し上げます。今回の補正は、交付額や事業費の確定によるもので、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ3億2,417万9千円を追加し、歳入歳出予算の増額を、歳入、歳出それぞれ173億7,317万9千円といたしております。第1表「歳入歳出予算補正」から、歳入につきまして、ご説明申し上げます。款6地方消費税交付金、項1同交付金を3,954万5千円追加いたしております。これは、交付額の確定によるものでございます。

 款11地方交付税、項1同交付税を2億8,463万4千円追加いたしております。これも交付額の確定によるものでございます。

 続きまして、歳出につきましてご説明申し上げます。款2総務費、項1総務管理費を総額3億7,547万5千円追加。内訳は今年度市債の繰上償還に、減債基金を2億円取り崩しておりますので、今回その補填をいたしております。次に、公共施設整備基金に1億7,547万5千円を追加。これは今後見込まれます庁舎、その他施設の改築、修繕に必要な財源を確保するためでございます。

 款4衛生費・項2清掃費を5,129万6千円減額いたしております。これは、菊池環境保全組合から事業精算により、戻出のあった負担金を、地方自治法施行令第159条の規定に基づき処理しました結果、不要となる負担金を減額するものでございます。以上でございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(柏尾武二君) 提案理由の説明が終了しましたので、これから質疑を行います。本件については、質疑の通告がありませんので、これで質疑を終ります。ここでお諮りします。ただいま、議題となっております議案第24号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、委員会付託を省略することに決定しました。

 引き続き、議案第24号について審議します。これから討論を行います。本件については、討論の通告がありませんので、これで討論を終ります。これから議案第24号 平成21年度合志市一般会計補正予算第6号についてを採決します。お諮りします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、議案第24号については、原案のとおり可決されました。

                ――――――○――――――



△日程第9 議案第25号 平成22年度合志市一般会計補正予算(第1号)について



○議長(柏尾武二君) これから、日程第9、議案第25号 平成22年度合志市一般会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。大住市長。



◎市長(大住清昭君) 議案第25号 平成22年度合志市一般会計補正予算(第1号)の決定について今回の補正は、去る2月12日の議会全員協議会でご説明いたしました、合志市情報ネットワークシステム機器更新事業について、多面的に検討いたしました結果、合志市総合行政システム事業、全員協議会説明時の時は、合志市総合行政ASP事業で説明をいたしました。予算組替えを行なうもので、その予算組み替えを行うものでございます。合志市総合行政システム事業では、現有のサーバー更新に係る機器の一部を自ら調達せず、委託先、データセンターのサーバを使用するものでございます。

 これにより期待できる効果としましては、コスト縮減、庁舎の有効利用、管理体制の強化などがございます。コスト縮減面では、システム本体が委託先となるため、自庁で機器更新する場合に必要な、基幹系システム移行に係る臨時的経費や、経常的経費では庁舎電気代、メンテナンス立会い等の職員人件費、機器保守に係る出張料などを削減することができ、これらをトータルしますと5年間で約8,500万円の縮減ができると試算しております。

 次に「庁舎の有効利用」面では、機能を外部に移すことで、現在設置している機器が不要となり電算室の一部に空き部屋が生じますので、これを有効利用することができます。次に、管理体制の強化面では、万一トラブルが生じた場合にも、委託先は24時間管理体制を執っておりますので、迅速な対応が可能となります。

 一方、機能を外部に移す問題として、個人情報の外部委託による情報漏洩等がございますが、これにつきましては、先に開かれました個人情報保護審査会の答申を遵守し、システム運用の徹底に努めてまいります。

 それでは、平成22年度合志市一般会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明申し上げます。

 第1表歳入歳出予算補正で、歳入の補正はございませんので、歳出につきまして、ご説明申し上げます。款2総務費、項1総務管理費を総額123万1千円追加いたしております。追加となった主なものは、減債基金積立金を7,897万1千円追加、これは、今後増加が見込まれる臨時財政対策債等の市債償還に必要な財源を確保するためでございます。

 次に合志市総合行政システム使用料1,278万9千円は委託先に支払うシステム使用料でございます。減の主なものは基幹系システム移行費7,140万円、事務機器借上料1,121万9千円、で、これらは合志市総合行政システム事業に移行することで不用となる経費でございます。

 款3民生費、項1社会福祉費を123万1千円減額いたしております。これは前述のシステム移行に伴い、介護保険特別会計で計上されておりました、機器借上料等が不用になることから、介護保険特別会計繰出金を減じるものでございます。以上が歳出予算の補正に関するものでございます。

 次に、第2表債務負担行為補正につきまして、ご説明申し上げます。これは、地方自治法第214条の規定により債務負担行為の事項、期間及び限度額について定めていくもので、第2表債務負担行為補正につきまして、ご説明申し上げます。合志市総合行政システム使用料を平成22年度から27年度までの5年間、限度額を2億5,578万円と定め追加をお願いするものでございます。この債務負担行為がはじめに申し上げました、委託先でありますデータセンターのサーバーを使用するためのものに当たります。

 次に、先の市議会定例会でご承認いただきました合志市ネットワークシステム機器使用料の限度額を3億4,129万円から9,616万8千円減額し、2億4,512万2千円に変更するものでございます。この分が自庁の現有のサーバー更新に係る機器使用料に当たるものでございます。以上でございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(柏尾武二君) 提案理由の説明が終了しましたので、これから質疑を行います。本件については、質疑の通告がありませんので、これで質疑を終ります。ここでお諮りします。ただいま、議題となっております議案第25号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、委員会付託を省略することに決定しました。

 引き続き、議案第25号について審議します。これから討論を行います。本件については、討論の通告がありませんので、これで討論を終ります。これから議案第25号 平成22年度合志市一般会計補正予算(第1号)についてを採決します。お諮りします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、議案第25号については、原案のとおり可決されました。

                ――――――○――――――



△日程第10 議案26号 平成22年度合志市介護保険特別会計補正予算(第1号)について



○議長(柏尾武二君) これから、日程第10、議案26号 平成22年度合志市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。大住市長。



◎市長(大住清昭君) それでは、議案第26号平成22年度合志市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明申し上げます。

 今回の補正は、一般会計の電算システム移行に伴うもので、既定の歳入歳出予算の総額から123万1千円を減額し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ31億5,456万円といたしております。

 第1表歳入歳出予算補正から、歳入につきまして、ご説明申し上げます。款10繰入金、項1一般会計繰入金を123万1千円減額いたしております。これは歳出の財源となる一般会計繰入金を減じるものでございます。次に歳出につきまして、ご説明申し上げます。

 款1総務費、項1総務管理費を123万1千円減額いたしております。これは介護保険システムサーバー賃借料、機器補修費の減でございます。次に、第2表債務負担行為補正につきまして、ご説明申し上げます。

 一般会計同様に、先の市議会定例会でご承認いただきました合志市ネットワークシステム機器使用料(介護保険システム)を一般会計の電算システム移行に伴い廃止するものでございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(柏尾武二君) 提案理由の説明が終了しましたので、これから質疑を行います。本件については、質疑の通告がありませんので、これで質疑を終ります。ここでお諮りします。ただいま、議題となっております議案第26号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、委員会付託を省略することに決定しました。

 引き続き、議案第26号についてを審議します。これから討論を行います。本件については、討論の通告がありませんので、これで討論を終ります。これから議案第26号 平成22年度合志市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてを採決します。お諮りします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、議案第26号については、原案のとおり可決されました。

                ――――――○――――――



△日程第11 議案第27号 平成22年度合志市水道事業会計補正予算(第1号)について



○議長(柏尾武二君) これから日程第11、議案第27号 平成22年度合志市水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。大住市長。



◎市長(大住清昭君) それでは、最後に議案第27号 平成22年度合志市水道事業会計補正予算(第1号)について、ご説明申し上げます。

 今回の補正は、一般会計の電算システム移行に伴うもので、水道事業費用のうち営業費用を20万2千円減額し、水道事業費用総額を6億1,889万8千円とするものでございます。これは企業会計システムサーバー賃借料、および機器費の減でございます。

 次に、これも先の市議会定例会でご承認いただきました予算第5条の債務負担行為補正でございますが、合志市ネットワークシステム機器使用料(水道関係機器)の限度額を1,358万9千円から125万2千円減額し、1,233万7千円に改めるものでございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(柏尾武二君) 提案理由の説明が終了しましたので、これから質疑を行います。本件については、質疑の通告がありませんので、これで質疑を終ります。ここでお諮りします。ただいま、議題となっております議案第27号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、委員会付託を省略することに決定しました。

 引き続き、議案第27号について審議します。これから討論を行います。本件については、討論の通告がありませんので、これで討論を終ります。これから議案第27号 平成22年度合志市水道事業会計補正予算(第1号)についてを採決します。お諮りします。本件は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、議案第27号については、原案のとおり可決されました。

 以上で日程の全てが終了しましたのでここで議事を閉じます。

 閉会にあたり市長ならびにこの3月をもって退職をされる副市長、収入役、部長職の方々にそれぞれご挨拶をいただきたいと思います。まずは、大住市長。



◎市長(大住清昭君) それでは、閉会の挨拶とあわせて議長から紹介がありましたように、私は明日付でありますけれども、退任の挨拶というようなことで、ご挨拶をさせていただきます。

 ただいまは、執行部が提案いたしました、6件の議案について全てご承認いただき誠にありがとうございました。年度末の大変こうぎりぎりになって議会招集ということで、皆様方にはご迷惑かけたかと思います。明日から新しい年度に22年度になります。平成21年度、けじめがついて22年度も新たな合志市の歩みが始まります。そしてまた、体制につきましても先の選挙で新しい新市長が誕生いたしましたので、2日から就任ということになります。

 合志市のこの4年間の経過を踏まえてさらなる発展が約束されるものと期待をしております。私事でございますけれども、合併をし、18年の4月の2日に市長に就任ということで、今までも再三申してきましたように、合併協議で決められたこと、新市建設計画、そして総合計画等を議会で論議し、決定をされましたことをベースにしながら、私の市政運営の思いを加えてこの4年間市政を担当してきました。重要施策につきましては、今までご案内のように県道大津植木線にしろ、御代志周辺問題にしろ、スマートインター、企業誘致等々それなりの計画から実行へとそういう状況になっております。全体的に見ましても、この4年間の合志市の歩みは私は着実に、確実に前進をしていると。そういう手前味噌な評価もしております。したがって、これを踏まえて、これからの新しい市の発展がなされるものと思います。私なりに4年間、誠心誠意この合志市をなんとか全国に誇れるそして個性のあるそして、高度な発展した社会では市民の生活の質が高いそんな合志市を作ろうということでそれぞれ具体的なことにも取り組んできましたが、先の選挙では残念ながら、市民の理解が得られなかったという結果になりました。もう1回やっていろいろなことを進化定着させてたいという思いでいっぱいでありましたので、すごく残念でありますけれども、このことは重く受けとめなければならないというふうに思っております。

 従って私もこれから一市民となりまして、まだ、健康状態はいたって健康でありますので、いろいろな意味で町の、合志市の発展にはかかわって出来ることはやっていきたいとそういう気も持っております。この4年間本当に議員の皆様方には叱咤激励、激論も交わしましたけれども、合志市の発展という思いの共通認識のもとにこの議会と執行部の関係、そして私との関係もそんな共通目的を達成するためにやってきたことでありますので、今までの失礼についてはご勘弁いただきたいと思います。本当に、4年間ご指導、ご支援、心から感謝を申し上げます。これからは、さらに議会の議員の皆様方の4年、さらなるそれぞれの皆様方の合志市の発展という共通目的のためにご活躍されますことを心から期待と念願をするところであります。また、新しい荒木新市長におかれましてもこれから、もう市民が主役の、そして、民主的な行政運営、これは避けて通れない課題でありますので、このことを皆さんと一緒にすすめていただきたいと思います。本当に長い間、お世話になりました。

 それから、もうあの、私の登壇はこれで最後と思いますので、あとで副市長、収入役その他部長のご挨拶もありますので、それぞれの方にも若干私なりのお礼を申し上げたいと思います。中園副市長におかれましては、2年前に私が任命をいたしました。任命の理由としては、1つは、合志市がまだ合併後の基礎的な発展段階であるから、県から招聘しようということが1つでありましたし、もう1つはやはり私の大きな生涯の考えであります、人権の問題、男女共同参画の問題を考えた場合、論より証拠、実際、政策決定の場で副市長を任命することによって、論より証拠で議会、市民の皆様方にこのことを理解していただこうとそういうことで、任命を議会の同意を得てしたところであります。私の思いが的中し、中園副市長におかれましては、この合志市の重要案件、今、申しました大津植木線にしろ、御代志周辺、スマートインター、そして企業誘致、さらには男女共同参画を個別にいろいろなご指導もされましたし、市民の女性グループも大変信望厚いやりがいのある男女共同参画がすすめられたと。職員の指導につきましても、テキパキと指導され、とくに女性職員の指導等にも力を尽くされたということで、この2年間の功績は本当に高いものがあるというふうに私は評価をしております。これからも任期が今日でいっぱいということでございます。退任されましても新天地の県庁に戻り、さらに活躍をされるものと確信をいたします。出来たら、この2年間のおつきあいをいろいろな意味で合志市の発展にもご協力いただくならとそんな勝手なお願いもしたいところであります。中園副市長のますますのご発展、ご多幸、それからご祈念をするところであります。

 上野収入役におかれましても、任命時から多少論議も議会の場でもありました。収入役の廃止の問題がありましたけれども、議員の皆さん、そして市民の皆さんの意見を聞くなかで、やっぱり合併当初の大事な時期で合志市の方から是非重要役職を置くべきだという進言を受け入れて、収入役を、上野収入役を任命をいたしました。従って、上野収入役は金庫番だけではなくして、合志市の副市長的な役割も果たしてほしいと。そういう要望をしながら任命をし、そのことをこの4年間誠実に努めてこられました。いろいろな意味で私の片腕として、この合志市の発展にご尽力をされたということで心から感謝をしております。これから、上野収入役におかれましては、合志市の市民としておられますので、合志市のさらなる発展についてご尽力をされることと思いますし、心からご健康とご多幸をご祈念するものであります。

 それから、この庁議のメンバーとして、松永部長、市民部長、それから前田水道局長も退任という、退職ということになりますけれども、両方とも2人とも長い間、地方自治に関わられ、本当にこう、地方自治実際の運営とか、厳しいとくに、現在は環境になってますが、そういう中で本当に一筋に合志市の発展、自治体の振興ということに献身的にご尽力をされてこられました。そのことにも最後に心から感謝をするところであります。お2人におかれましても、新しい人生を確実に歩んでいただきたい。そして、これからが本物、本当の自分の人生とそういうことにもなることを期待をするところであります。それぞれ退職される方の、対する感謝をするところであります。

 重ねて申し上げますけれども、議員の皆様方のさらなるご活躍とそしてまた、ご健康、ご多幸、そして合志市のさらなる飛躍、発展、そのことを心からご祈念いたしまして、私の閉会の挨拶とあわせて、もう最後のお別れの挨拶というふうにさせていただきます。本当に4年間ありがとうございました。



○議長(柏尾武二君) 中園副市長。



◎副市長(中園三千代君) 本日は、本当に最後の日にこういう機会を与えていただきましてありがとうございます。

 また、本当に最後の日に初めて満席の議会を見せていただきました。おめでとうございました。2年前に合志市2人目の副市長として、皆様に本当に温かく迎えていただきまして、議会のご協力を得ながら大住市長と共に職員の皆様と共に合併後の市政を軌道に乗せるべく仕事をしてまいりました。

 自治体運営の厳しい時代にありまして、大住市長の元、この4年間で合志市は本当に他の自治体がうらやむほどに順調に発展してきたと思いますし、市としての基盤作りは出来たと思っています。先の大住市長の話とちょっとだぶりますけれども、加えさせていただきますと、まだ他がやってないですね、合併の検証もやりましたし、合併自治体どこでも悩みの種であります、庁舎問題、これにも決着をつけました。また、合志市独自の大きなテーマでありました、恵楓園の将来構想、これも出来上がりまして念願でした園内の保育所これもやがて動き始まると思います。

 それから、大津植木線バイパス、スマートインターこれも下準備は出来ておりますので、やがて形が見えてくると思います。今はもうとにかくやれるだけやったという気持ちと、もう少し頑張れたんじゃないかなというこう気持ちが交錯してますけれども、あとは、側面からの支援をしていきたいと思っております。

 最後になりましたけれども、合志市、及び市議会のご発展と、皆様方のご健勝をお祈りしましてお礼の言葉にいたします。本当にありがとうざいました。



○議長(柏尾武二君) 次に上野収入役。



◎収入役(上野正勝君) 本日をもちまして、一応退職することになりましたので、この場を借りてご挨拶を申し上げたいと思います。

 私、昭和37年に入りまして約47年間の公務員生活を終えることになります。若干振り返ってみますと、福祉課国保係で採用されまして、皮切りに、いろんな思い出がございます。農業委員会時代には、その当時、農地改法関係の未登記が数千筆ございましたけれども、これを一掃いたしまして、そして農地流動化の熊本県一を勝ち取り、県内外からたくさんの視察が訪れたことを思い出すところでもございます。また、総務課関係では、この庁舎の建設、それから防災行政無線に携わったこと、それから農政課関係では、竜門ダム関連の県営、畑そう、担い手対策事業でいわゆる農地に水道の蛇口をひねると水が出るということで、夢のような農家と一緒に喜んだことを思い出します。

 それから、最後に今合志町の収入役を3年2ヶ月、合併と同時に一応退職いたしまして、新市になりまして再度皆様方の議論の中で、就任いたしましたけれども、大住市長に十分こう満足補佐が出来なかったことをお詫びしながら、私なりにも一生懸命頑張ったことをお伝えしたいと思います。その間、関係者、諸先輩方のご指導、ご協力によりまして、今の現在の私はあると思っております。

 この4年間、合併してからたくさんの人との出会い、交流をしながら、このことのつきましては、私のこれからの人生としての財産として大事に活かしていきたいというふうに思います。最後になりましたが、議員皆様の今後のますますのご活躍、合志市の発展、そして、皆様のご健勝とご多幸をお祈りしながらお礼の言葉といたします。大変ありがうとうございました。



○議長(柏尾武二君) 次に前田水道局長。



◎水道局長(前田保光君) おはようございます。本日は年度末のお忙しい中、私共に素晴らしい機会をお与えいただきまして、誠にありがとうございます。本日付けをもちまして、私、退職することになりました。省みますと、在職中、大過なく勤務出来たことは、皆様方の公私にわたる温かいご厚情とご指導の賜と心から感謝申し上げる次第でございます。皆様方の今後のご活躍とご健勝をご祈念申し上げまして退職のご挨拶とさせていただきます。長い間、いろいろお世話になりました。ありがとうございました。



○議長(柏尾武二君) ご挨拶ありがとうございました。閉会にあたり一言ご挨拶を申し上げます。

 ただいま、市長をはじめ4名の方から退任、ならびに退職のご挨拶をいただきました。大住市長におかれましては、平成18年2月に産声を上げた新制合志市の初代市長として、4年間、旧西合志町長として4年間、2期8年にわたり連日連夜、実に精力的に地方自治の発展と、住民福祉の向上のために尽くしてこられました。このたび、ご退任され、長い間の激務から解放されますが、健康には十分留意され、これからは違った角度から市政運営を見守っていただきたいと思います。本当にお疲れ様でございました。

 中園副市長には、2年間市長の補佐役として市政を支えていただきました。なれない土地で副市長という要職を務め上げるには、大変なご苦労があったろうと思います。ありがとうございました。明、4月1日から県職員に復帰されますが、これからますますの御活躍をご祈念いたします。また、県と合志市のパイプ役としてもご一助願いたいと存じます。

 上野収入役、前田水道局長におかれましても、本日をもって退職されますが、収入役には会計管理はもちろん、市長の補佐役としてもご活躍をいただきました。また、局長におかれましては、本当に長い間職員として、さらには幹部職員として行政運営に携わってこれられました。お2人とも明日からそれぞれ地域に戻られますが、これからの第2、第3の人生をますますご壮健で、多方面にわたって多いに活躍されることを心からご期待申し上げます。

 これをもちまして、平成22年第1回合志市市議会臨時会を閉会します。大変お疲れでございました。



                   午前10時56分 閉会







地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





   合志市議会議長     柏 尾 武 二





   合志市議会議員     松 井 美津子





   合志市議会議員     木 村 祐 一








            平成22年第1回臨時会議案議決事件名一覧表

(市長提出)
┌───────┬───────────────────┬──────────┬────────┐
│ 議案番号等 │     事   件   名     │   議決年月日   │  議決の結果  │
├───────┼───────────────────┼──────────┼────────┤
│       │合志市職員の勤務時間、休暇等に関す  │          │        │
│ 議案第22号 │                   │ 平成22年3月31日 │  原案可決  │
│       │る条例の一部を改正する条例      │          │        │
├───────┼───────────────────┼──────────┼────────┤
│       │職員団体のための職員の行為の制限の  │          │        │
│ 議案第23号 │特例に関する条例の一部を改正する条  │ 平成22年3月31日 │  原案可決  │
│       │例                  │          │        │
├───────┼───────────────────┼──────────┼────────┤
│       │平成21年度合志市一般会計補正予算   │          │        │
│ 議案第24号 │                   │ 平成22年3月31日 │  原案可決  │
│       │(第6号)              │          │        │
├───────┼───────────────────┼──────────┼────────┤
│       │平成22年度合志市一般会計補正予算   │          │        │
│ 議案第25号 │                   │ 平成22年3月31日 │  原案可決  │
│       │(第1号)              │          │        │
├───────┼───────────────────┼──────────┼────────┤
│       │平成22年度合志市介護保険特別会計補  │          │        │
│ 議案第26号 │                   │ 平成22年3月31日 │  原案可決  │
│       │正予算(第1号)           │          │        │
├───────┼───────────────────┼──────────┼────────┤
│       │平成22年度合志市水道事業会計補正予  │          │        │
│ 議案第27号 │                   │ 平成22年3月31日 │  原案可決  │
│       │算(第1号)             │          │        │
└───────┴───────────────────┴──────────┴────────┘