議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 合志市

平成21年 5月 臨時会(第3回) 05月29日−01号




平成21年 5月 臨時会(第3回) − 05月29日−01号









平成21年 5月 臨時会(第3回)


            平成21年第3回合志市議会臨時会会議録 第1号

平成21年5月29日(金曜日)
              ―――――――――――――――――
   議事日程 第1号
  平成21年5月29日(金曜日)午前10時00分開会
 第1 会議録署名議員の指名について
 第2 会期の決定について
 第3 諸般の報告について
 第4 (議案第32号)合志市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」について
    [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
               ――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
 議案第32号 合志市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」について
                ――――――○――――――
出席議員氏名(23人)
         1番  濱 元 幸一郎 君
         2番  青 木 照 美 君
         3番  坂 本 早 苗 君
         4番  辻   敏 輝 君
         5番  島 田 敏 春 君
         6番  尾 方 洋 直 君
         7番  濱 口 正 曉 君
         8番  坂 本 武 人 君
         9番  吉 永 健 司 君
        10番  神 田 公 司 君
        11番  来 海 恵 子 君
        12番  木場田 孝 幸 君
        13番  松 井 美津子 君
        14番  木 村 祐 一 君
        15番  池 永 幸 生 君
        16番  佐々木 博 幸 君
        17番  今 村 直 登 君
        18番  丸 内 三千代 君
        19番  松 下 広 美 君
        20番  吉 廣 満 男 君
        21番  東   孝 助 君
        22番  青 木 伸 一 君
        23番  柏 尾 武 二 君
                ――――――○――――――
欠席議員氏名(なし)
                ――――――○――――――
説明のため出席した者の職氏名
        市 長  大 住 清 昭 君
        副市長  中 園 三千代 君
        収入役  上 野 正 勝 君
     総務企画部長  齋 藤 正 昭 君
        教育長  末 永 節 夫 君
       教育部長  山 戸 宇機夫 君
                ――――――○――――――
事務局職員出席者
     議会事務局長  出 口 増 穗
  議会事務局次長補佐  財 津 公 正
      議会班主幹  田 嵜  勝
      議会班主事  宮 崎 淳 子
                ――――――○――――――
                 午前10時00分開会 開議







◎議会事務局長(出口増穗君) 皆さんご起立お願いいたします。



○議長(柏尾武二君) おはようございます。



◎議会事務局長(出口増穗君) ご着席願います。



○議長(柏尾武二君) ただいまから、平成21年第3回合志市議会臨時会を開会いたします。

 会議に先立ちまして、大住市長から発言したい旨の申し出があります。これを許します。大住市長。



◎市長(大住清昭君) それでは、開会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 もうすっかり初夏の季節になり、自然界の緑も濃ゆくなってきました。自然の躍動、そして植物の命の美しさに感動をするところであります。

 そのような中で、臨時議会を招集しましたところ全員ご出席をいただき、誠にありがとうございます。

 去る5月16日の「地域とともにこんにちは 熊日ですin合志」では、「壮大な混住化合志市のまちづくり」と題して、熊本大学徳野教授の基調講演や人との幸せまちづくりをテーマとしたパネルディスカッション、地産地消合志のとれたて市など多彩な大イベントがヴィーブルを中心に開催されました。市といたしましても全面的にバックアップし、ご案内のように、連日熊日紙上にも掲載され、合志市のPRにもなりました。私たちも合志市のことを再確認し、これからの合志市の発展の思いを新たにしたところであります。多くの市民の皆さんにご協力をいただいたことにこの場で深く感謝を申し上げます。

 本日の議案は既にご案内しておりますように、合志市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてのみであります。内容につきましては、提案理由の中でご説明いたしますので、慎重審議いただきましてご決定されますよう、お願いいたしまして冒頭のごあいさつといたします。どうぞ、よろしくお願いします。



○議長(柏尾武二君) これから、会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりです。

                ――――――○――――――



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(柏尾武二君) これから、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第83条の規定により、濱元幸一郎議員と、青木照美議員を指名します。

                ――――――○――――――



△日程第2 会期の決定について



○議長(柏尾武二君) これから、日程第2、会期の決定についてを議題とします。今期臨時会の会期は、本日1日とすることにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、今期臨時会の会期は本日1日とすることに決定いたしました。

                ――――――○――――――



△日程第3 諸般の報告について



○議長(柏尾武二君) これから、日程第3、諸般の報告を行います。今臨時会の説明員は、地方自治法第121条の規定により、大住市長、藤井教育委員長に出席の要求をいたしましたところ、お手元に配付しておりますように、それぞれの関係部局、課等の長に説明の委任がなされております。

 以上で、日程第3、諸般の報告は終了しました。

                ――――――○――――――



△日程第4 議案第32号 合志市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(柏尾武二君) これから、日程第4、議案第32号 合志市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。大住市長。



◎市長(大住清昭君) それでは、議案第32号 合志市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして、ご説明申し上げます。

 本年5月1日に、人事院の勧告がなされ、国においては、現下の経済社会情勢等に鑑み、本年6月に支給する期末手当及び勤勉手当の一部を暫定的に凍結するため、国家公務員における一般職の職員の給与に関する法律の一部改正が行われたところであります。本市においても同様に凍結するため、本条例を一部改正し、特例措置として附則事項を追加するものでございます。改正内容としましては、6月に支給する期末手当について、一般職で0.15月、給料の級が7級の特定幹部である部長級の職員で0.10月の引き下げ。勤勉手当について一般職で0.05月、給料表の級が7級の特定幹部である部長級の職員で0.10月の引き下げとなり、期末手当と勤勉手当の合計で0.2月引き下げるものでございます。

 つきましては、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 なお、合志市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例、合志市長等の給与及び旅費に関する条例、合志市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の各条例において、期末手当の支給については一般職の職員の例によるとなっていますので、同様に0.15月の引き上げとなります。

 どうぞ、よろしくお願いします。



○議長(柏尾武二君) 提案理由の説明が終了しましたので、これから質疑を行います。

 本件については質疑の通告がありますので、発言を許します。吉永健司議員。



◆9番(吉永健司君) 9番、吉永です。議案第32号 合志市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、質疑を行います。

 この条例の提出について、人事院の勧告だから提案ということでよろしいでしょうか。



○議長(柏尾武二君) 齋藤総務企画部長。



◎総務企画部長(齋藤正昭君) そのとおりでございます。人事院勧告ということで、人事院勧告を尊重して減額ということでございます。



○議長(柏尾武二君) 吉永健司議員。



◆9番(吉永健司君) 市の財政状況はありますけども、その財政状況による手法というのは模索されなかったのでしょうか。



○議長(柏尾武二君) 齋藤総務企画部長。



◎総務企画部長(齋藤正昭君) 市の財政状況による模索はということでございますけども、先ほど言いましたように、今回の改正というのは、国が人事院勧告を受けて減額するということになりましたので、これを受けて市の方も改正するものでございます。

 この人事院勧告というのは、民間事業の春期賃金改定において春期一時金が大幅に減少しているということが伺えるということで、特別に今回調査を行って、暫定的に凍結するというふうなことでございます。

 なぜ財政状況による検討しなかったかということでございますけども、地方公務員法の第24条で、職員の給与は生計費並びに国及び他の地方公共団体の職員並びに民間事業の従事者の給与、その他の事情を考慮して定めなければならないという、いわゆる均衡の原則というのが定めてあります。ですから、今回の改正につきましては、各自治体の財政状況によって独自にカットするということではございませんでして、この均衡の原則というものに基づく改正でございますので、先ほど言いましたように、この人事院勧告を尊重して改正するということでございます。



◆9番(吉永健司君) 終わります。



○議長(柏尾武二君) 次に、濱元幸一郎議員。



◆1番(濱元幸一郎君) 1番、共産党の濱元です。

 議案第32号についてですけれども、この減額分ですよね、一時金の減額分は総額でどれだけになるのかまず一つ聞かせてください。



○議長(柏尾武二君) 齋藤総務企画部長。



◎総務企画部長(齋藤正昭君) 減額の総額はということでございますけども、今回の改正に伴う減額は、一般職の総額で約2,220万円、それから特別職と議会議員の総額で約169万円、合計で約2,389万円程度になるという見込みでございます。



○議長(柏尾武二君) 濱元幸一郎議員。



◆1番(濱元幸一郎君) 2,300万円以上の減額になると。私は四役とか議員のカットというのは、ある意味仕方がないということで賛成なんですが、この職員の減額ですよね。2,220万円の減額になると。これで、地域経済に与える影響というのをどう分析されておるのか、一つ聞かせてください。



○議長(柏尾武二君) 齋藤総務企画部長。



◎総務企画部長(齋藤正昭君) この減額で地域経済に与える影響はということでございますけども、実際に支給額が減額というふうになりますので、その分、当然消費は少なくなってくるかと思います。

 ですから、地域経済に与える影響も多少はあるというふうに考えております。先ほど申しましたように、地域経済に対する影響というのは多少ともありますけれども、今回の改正は民間企業の人事院調査に基づく人事院の勧告を受けてということでの改正でございますので、そういうことで。



○議長(柏尾武二君) 濱元幸一郎議員。



◆1番(濱元幸一郎君) 影響多少あると言われましたけどね、私、この景気悪化にますます拍車をかけることになるというふうに感じております。

 人事院も既に決まっていたものを前倒しでやるというルール無視のことやってきているんですよ。こんなこと前代未聞です。ですから、やっぱり自治体としてもしっかり声をあげるべきだと、私そう思っておりますので。

 以上で、質疑終わります。



○議長(柏尾武二君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 これで質疑を終わります。

 ここでお諮りいたします。ただいま議題となっております議案第32号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(柏尾武二君) 異議なしと認めます。したがって、議案第32号につきましては、委員会付託を省略することに決定しました。

 引き続き、議案第32号について審議します。

 これから討論を行います。本件については討論の通告がありますので、発言を許します。まず、原案に反対者の発言を許します。吉永健司議員。



○議長(柏尾武二君) 吉永健司議員。



◆9番(吉永健司君) 9番、吉永です。議案第32号 合志市の一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、反対の立場から討論を行います。

 合志市におきましては、市長も普段から県内で上位3位にあると常々申されておりますし、財政状況を悪い方ではないと私は思っております。一般の会社では経営状況により、給与ももちろん増減しております。公務員と言われればもちろん安定しており休みも多く、人からはいろんな意味でいいと言われておりますが、しかし、この財政状況が安定しているということは市の職員の努力であります。その努力を無駄にするような条例改正は、私はいけないと、士気の低下を招くというような気がいたします。

 特に、人事院勧告という手法により、今までも当たり前のごとく引き下げ、引き下げできております。

 ただ、本市も合志市となり、人事委員会を設置することも可能だと思います。本来なら、その財政状況にあった市の給与等々、人事委員会を設置しやるべきものと思っておりますので、私は反対をいたします。



○議長(柏尾武二君) 次に原案に賛成者の発言を許します。松井美津子議員。



◆13番(松井美津子君) 皆さん、おはようございます。13番、松井です。

 議案第32号 合志市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、賛成の立場で討論をいたします。

 日本は、昨年からのアメリカ発サブプライムローンの焦げ付き、大手証券会社リーマンの破綻に端を発しまして、今100年に1度と言われる経済危機の真っただ中でございます。

 今日の新聞によりますと、アメリカ最大の自動車会社ゼネラルモータースも破綻濃厚と出ておりました。

 このような景気の悪化で、民間企業のボーナスが大幅に落ち込んでおります。人事院による平成21年度民間企業におけます夏期一時金に関する調査によりますと、産業別夏期一時金決定する企業の前年増減率ということで、漁業・工業・建設業・採石業ではマイナス3%、製造業ではマイナス22%、電気・ガス・水道業・情報通信業・郵便業ではマイナス5.1%、卸売業・小売業ではマイナス3.3%、金融業・保険業・不動産業ではマイナス1.4%、教育・医療・福祉サービス業ではマイナス4.3%、非製造業ではマイナス6.3%になっており、支給額が決定しない企業も多くあります。この調査でいかに民間企業が景気の悪化でボーナスが落ち込むかがわかると思います。

 最近の人事院の動きといたしまして、2009年度5月1日、人事院は民間企業で夏期一時金の大幅削減が見られるとして、既に決まっている国家公務員の夏期一時金、期末勤勉手当を0.2カ月分減額するよう国会と内閣府に通知したとあります。

 日本経済や企業実績の急激な悪化という異常事態に対応して、民間準拠を基本とする国家公務員の給与水準を適正に保つため、臨時勧告を行う必要があると報道をされておりました。

 今回の条例につきましては、5月1日の人事院勧告によりまして本市におきましても条例の一部が改正されることと思います。

 したがいまして、この議案に賛成をいたします。議員の皆様のご賛同、よろしくお願い申し上げます。



○議長(柏尾武二君) 次に、原案に反対者の発言を許します。濱元幸一郎議員。



◆1番(濱元幸一郎君) 1番、日本共産党の濱元幸一郎です。

 私は、議案第32号 合志市の一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、反対の立場から討論を行います。

 この条例改正は、職員の期末勤勉手当について、人事院の勧告に基づき減額をしようとするものであります。

 この改正により、職員の夏期一時金2,220万円が削減をされることになります。また、この一時金カットは市議会議員、四役などにも適用されることになっております。

 私は市議会議員の一時金をカットする、あるいは特別職の一時金をカットするのは市民の暮らしの状況を考えれば仕方がないことであり、賛成をするものです。ぜひこの議員の一時金カット分は市民の役に立つように、市民のために役立てていただきたいと考えます。

 私が反対をするのは、職員の一時金を削減することについてであります。人事院が既に決まっていた公務員の夏期一時金をカットする勧告を出したことは、内需拡大による景気回復に逆行するものであると考えます。

 民間による一時金削減が相次いだので、公務員の一時金も削減しようとするものですけれども、もともと勧告というものは、夏の一時金支給に間に合わないため年末一時金に反映をされており、時間差はあっても全体として水準調整が行われる仕組みになっております。それを無視して、今回前倒しで削減するなどというのはルール無視もはなはだしいと思います。

 今回の削減によって、消費者である職員の収入を2,200万円以上も削減させ、合志市周辺で2,200万円以上もの購買意欲を減退させることになります。これは、地域経済にとって大打撃であります。見かけ上は、市の支出は節約できても、地域の購買力を低下させ景気悪化にますます拍車をかけることになれば、結局は市税の減収にもつながり、市としても好ましくない事態を招くのではないでしょうか。

 また公務員の一時金カットは、民間企業の今でも行われている賃金抑制をさらに抑制するという、さらなる賃金抑制に影響を与えると考えます。内需拡大による景気回復が求められているときに、国は一方でばらまきだらけの補正予算、定額給付金に見られるような補正バラマキを出していながら、内需を冷やす一時金削減をあえて前倒しで行う道理はどこにもありません。

 私は、今回の職員の一時金削減は消費低迷と景気悪化を加速させることにしかならないと考えます。よって、反対します。



○議長(柏尾武二君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 これで議案第32号の討論を終わります。

 これから、議案第32号 合志市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを、起立により採決します。本件は、原案のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。

                   〔賛成者起立〕



○議長(柏尾武二君) 起立多数です。したがって、議案第32号については、原案のとおり可決されました。

 以上で、日程のすべてが終了いたしましたので、ここで議事を閉じます。

 閉会するにあたり、大住市長から発言したい旨の申し出があります。これを許します。大住市長。



◎市長(大住清昭君) それでは、閉会のごあいさつを申し上げます。

 本日の臨時議会では、職員の期末勤勉手当の削減の条例改正が決定をされましたが、改めて市役所職員の給与とはということを考えたところであります。

 4月1日の職員の定期異動で、課長級10人が昇格、部長級も6人の昇格をしたので、鉄は熱いうちに打てとの言葉どおり、5月13日に部課長の幹部職員の意識改革の研修を行いました。

 講師には日本経営協会の関山祐介さんにお願いし、管理監督者の役割と任務というテーマで3時間ほど研修を行ったところであります。私はその時、河津寅雄元小国町長の言葉を引用し、「職員は、知恵のある者は知恵を出せ。知恵の少ない者は汗を出せ、動け。知恵も汗も出すことが嫌いな者は、辞表を出せ。やる気のない人は、小国町役場にはいらない。」との話をしたところであります。自治基本条例の素案もできましたが、今一度市民が主役の行政のあり方、市職員の責務を、私を含めて深く考えていくことが必要だと思っております。

 今日、このあと6月定例会に向けての議会運営委員会も開催される予定であります。これから議員の皆さんにも何かとご多用なことがあるかと思いますけど、それぞれご自愛いただき、ご活躍くださいますようご祈念いたしまして、閉会の言葉といたします。本日は、どうもありがとうございました。



○議長(柏尾武二君) これにて、平成21年第3回合志市議会臨時会を閉会します。大変お疲れでございました。



                   午前10時26分閉会



地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。







   合志市議会議長   柏 尾 武 二



   合志市議会議員   濱 元 幸一郎



   合志市議会議員   青 木 照 美








           平成21年第3回合志市議会臨時会提出事件名一覧表
(市長提出)
┌──┬───────┬─────────────────────┬─────────┬────────┐
│一連│       │                     │         │        │
│  │ 議案番号等 │     事    件    名     │  議決年月日  │  議決の結果  │
│番号│       │                     │         │        │
├──┼───────┼─────────────────────┼─────────┼────────┤
│  │       │合志市一般職の職員の給与に関する条例の一 │         │        │
│ 1 │ 議案第32号 │                     │ 平成21年5月29日 │  原案可決  │
│  │       │部を改正する条例について         │         │        │
└──┴───────┴─────────────────────┴─────────┴────────┘