議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 合志市

平成19年 9月 定例会(第3回) 09月25日−06号




平成19年 9月 定例会(第3回) − 09月25日−06号









平成19年 9月 定例会(第3回)


            平成19年第3回合志市議会定例会会議録 第6号

平成19年9月25日(火曜日)
              ―――――――――――――――――
   議事日程 第6号
  平成19年9月25日(火曜日)午前10時開議
 第1 (議案第40号)合志市男女共同参画まちづくり条例」から(陳情第5号)「道路整備の促
    進及び財源の確保に関する意見書」議決の要請について」まで18件について
   [各委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、表決]
    ただし、18件の議案等の番号は
    (1)議案第40号(2)議案第41号
    (3)議案第42号(4)議案第43号
    (5)議案第44号(6)議案第45号
    (7)認定第1号(8)認定第2号
    (9)認定第3号(10)認定第4号
    (11)認定第5号(12)認定第6号
    (13)認定第7号(14)認定第8号
    (15)陳情第2号(16)陳情第3号
    (17)陳情第4号(18)陳情第5号とする。
 第2 閉会中の継続審査申し出について(産業建設常任委員長「陳情第6号」について)
 第3 (議員提出議案第6号)道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書」の提出につい
    て
   [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
 第4 (議員提出議案第7号)平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算改善に関する意見書」
    の提出について
   [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
 第5 (議案第46号)西合志中学校改築本体工事請負契約の締結」について
   [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
 第6 (議案第47号)西合志中学校体育館改築本体工事請負契約の締結」について
   [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
 第7 (議案第48号)菊池環境保全組合の規約の一部変更」について
   [提案理由の説明、質疑、討論、表決]
 第8 閉会中の所管事務継続調査の申し出について(総務、産業建設、健康福祉、文教、議会
    運営の各委員長)
 第9 議員の派遣について
    閉 会
              ―――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
 議案第40号 合志市男女共同参画まちづくり条例
 議案第41号 平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)
 議案第42号 平成19年度合志市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
 議案第43号 平成19年度合志市老人保健特別会計補正予算(第1号)
 議案第44号 平成19年度合志市介護保険特別会計補正予算(第2号)
 議案第45号 平成19年度合志市下水道特別会計補正予算(第1号)
 認定第1号 平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算
 認定第2号 平成18年度合志市国民健康保険特別会計歳入歳出決算
 認定第3号 平成18年度合志市老人保健特別会計歳入歳出決算
 認定第4号 平成18年度合志市介護保険特別会計歳入歳出決算
 認定第5号 平成18年度合志市下水道特別会計歳入歳出決算
 認定第6号 平成18年度合志市農業集落排水特別会計歳入歳出決算
 認定第7号 平成18年度合志市水道事業会計決算
 認定第8号 平成18年度合志市工業用水道事業会計決算
 陳情第2号 平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算改善に関する要請書
 陳情第3号 平成20年度在園保障問題等に関する要請書
 陳情第4号 平成20年度ハンセン病盲人関係予算改善に関する要請書
 陳情第5号 「道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書」議決の要請について
 議員提出議案第6号 道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書
 議員提出議案第7号 平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算改善に関する意見書
 議案第46号 西合志中学校改築本体工事請負契約の締結
 議案第47号 西合志中学校体育館改築本体工事請負契約の締結
 議案第48号 菊池環境保全組合の規約の一部変更
                ――――――○――――――
出席議員氏名(23人)
         1番  濱 元 幸一郎 君
         2番  青 木 照 美 君
         3番  坂 本 早 苗 君
         5番  辻   敏 輝 君
         6番  島 田 敏 春 君
         7番  尾 方 洋 直 君
         8番  濱 口 正 曉 君
         9番  坂 本 武 人 君
        10番  吉 永 健 司 君
        11番  神 田 公 司 君
        12番  来 海 恵 子 君
        13番  木場田 孝 幸 君
        14番  松 井 美津子 君
        15番  木 村 祐 一 君
        16番  池 永 幸 生 君
        17番  今 村 直 登 君
        18番  柏 尾 武 二 君
        19番  松 下 広 美 君
        20番  吉 廣 満 男 君
        21番  青 木 伸 一 君
        22番  東   孝 助 君
        23番  丸 内 三千代 君
        24番  佐々木 博 幸 君
                ――――――○――――――
欠席議員氏名(なし)
                ――――――○――――――
説明のため出席した者の職氏名
        市 長  大 住 清 昭 君
        副市長  加 久 伸 治 君
        収入役  上 野 正 勝 君
     総務企画部長  安 武 俊 朗 君
       市民部長  園 田 康 通 君
     健康福祉部長  塚 本 英 明 君
     産業振興部長  松 永 宗 昭 君
     都市建設部長  森   主 税 君
       水道局長  前 田 保 光 君
      教育委員長  藤 井  鴻  君
        教育長  末 永 節 夫 君
  教育委員会事務局長  後 藤 寛 臣 君
  農業委員会事務局長  上西川原 洋一 君
                ――――――○――――――
事務局職員出席者  
     議会事務局長  緒 方  明
  議会事務局次長補佐  財 津 公 正
      議会班主幹  大 嶌 知加子
      議会班主幹  三 苫 幸 浩
                ――――――○――――――
                  午前10時00分 開議







○議長(佐々木博幸君) これから会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。

                ――――――○――――――



△日程第1 議案第40号から陳情第5号まで



○議長(佐々木博幸君) これから、日程第1、議案第40号、「合志市男女共同参画まちづくり条例」から、陳情第5号、「道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書議決の要請について」まで、18件についてを一括して議題とします。

              ―――――――――――――――――

 議案第40号 合志市男女共同参画まちづくり条例

 議案第41号 平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)

 議案第42号 平成19年度合志市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

 議案第43号 平成19年度合志市老人保健特別会計補正予算(第1号)

 議案第44号 平成19年度合志市介護保険特別会計補正予算(第2号)

 議案第45号 平成19年度合志市下水道特別会計補正予算(第1号)

 認定第1号 平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算

 認定第2号 平成18年度合志市国民健康保険特別会計歳入歳出決算

 認定第3号 平成18年度合志市老人保健特別会計歳入歳出決算

 認定第4号 平成18年度合志市介護保険特別会計歳入歳出決算

 認定第5号 平成18年度合志市下水道特別会計歳入歳出決算

 認定第6号 平成18年度合志市農業集落排水特別会計歳入歳出決算

 認定第7号 平成18年度合志市水道事業会計決算

 認定第8号 平成18年度合志市工業用水道事業会計決算

 陳情第2号 平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算改善に関する要請書

 陳情第3号 平成20年度在園保障問題等に関する要請書

 陳情第4号 平成20年度ハンセン病盲人関係予算改善に関する要請書

 陳情第5号 「道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書」議決の要請について

              ―――――――――――――――――

 ただいま議題といたしました18件は、各常任委員会に付託した事件です。

 各常任委員会から、委員会審査報告書が提出されております。

 これから、各常任委員会における審査及び調査の経過及び結果について、各常任委員長の報告を求めます。

 まず、柏尾総務常任委員長。



◎総務常任委員長(柏尾武二君) ただいまから、総務常任委員長報告を行います。

 平成19年9月10日(平成19年第3回定例会)において、総務常任委員会に付託された事件の審査結果を会議規則第105条の規定により報告します。

 本委員会に付託された事件名、議決の結果及びその理由につきましては、お手元に配布しております総務常任委員会審査報告書のとおりです。

 審査の経過は、9月11日、12日、13日、14日の4日間の日程で委員会を開催、担当部長及び担当課長、班長、主幹等から詳細な説明を受け慎重に審査いたしました。

 付託された事件の審査結果と審査の過程において論議された主なものをご報告いたします。

 まず、審査結果につきまして、議案第40号、合志市男女共同参画推進まちづくり条例の制定については、内容を妥当なものと認め、全会一致で原案を可決すべきものと決定いたしました。

 議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)。ただし、総務常任委員会に付託された事項に限る。認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算。ただし、総務常任委員会に付託された事項に限る。以上2件は、起立による表決の結果、賛成多数で原案を可決、認定すべきものと決定いたしました。

 続きまして、審査の過程で論議されました主なものを報告します。

 議案第40号、合志市男女共同参画推進まちづくり条例の制定について。委員より、セクシュアル・ハラスメント、ドメスティック・バイオレンスなど、用語の定義は厳密に、また、わかりやすく別に解説を加えた方がいいと思うが、どう考えられるか、との質疑があり、市民への周知の際には注釈を加えたいとの答弁がありました。また、審議会ではなく懇話会となっている設置条項があるが、諮問、答申は行うのか、との質疑があり、第21条第2項で、必要に応じ意見を述べることができるとあるので、会議等で議題に上げながら意見を伺いたい、との答弁がありました。

 議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)について。

 まず企画課関係であります。委員より、市町村合併補助金8,020万円の減額補正の理由は、との質疑に、平成18年度の実績に基づいて、平成19年度も予算計上したところでありますが、国の事情により減額がなされたもので、今後の補正も見込めないので今回補正をお願いするものです、との答弁がありました。

 また、補助金の削減による影響はないのか、との質疑に、減額については県の補助金や合併特例債の措置、また、老人保健や介護保険特別会計からの繰入金等により対応しています、との答弁がありました。

 総務課・選挙管理委員会事務局関係であります。委員より、男女共同参画推進費及び非常備消防費の財源の組み替えは合併補助金によるものか、との質疑に、課長より、そのとおりです。合併補助金によるものですと答弁がありました。

 環境衛生課関係。委員より、財団法人熊本県環境整備事業団に対し、合志市も参加しているが、その理由と今後の予定は、との質疑に、民間の施設は何か問題が生じたとき心配ですが、県が主体であれば安心です。また、台風時の倒木の処理等も可能であることから、参加するようにいたしました。今後は、大臣の認可を得て10月頃の発足になると思います、との答弁がありました。

 議案第41号に対する討論として、歳入8,020万の減額によって基金からの繰入や市債の発行も増えている。そのため、ユーパレス弁天内の物産館増築への補助金なども予算組み替えがおこなわれるもので、認めることはできません。反対します、との討論がありました。

 また、賛成討論として、予算編成後生じたことであり、今回の補正はやむを得ないことであり、賛成します、との討論がありました。

 次に、認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算について。

 まずは企画財政課関係でありますが、委員より、分煙システムの委託料及び賃貸料は高すぎる。禁煙にすれば節約につながる。禁煙基準を設置してほしい、との質疑に、庁議においても検討はしていますが、禁煙・喫煙両面の意見があって統一は難しく、出来る部分から取り組んでいきたい、との答弁がありました。また、まちづくり交付金事業の中で、一部人件費の捻出がなされている。そのようなことができるのか、との問いに、補助基準に基づき人件費に計上できる部分があり、これを計上しているところです、との説明がありました。

 市長公室関係。委員より、各種補助金や交際費はもっと削減・廃止に向けて検討すべきではないか。各地域からの行事等の案内も多いようだが、区長さん方と協議されたらどうか、との質疑に、意見は参考にしたい、との答弁がありました。

 総務課関係。委員より、顧問弁護士の委託料についての質疑があり、弁護士は河津弁護士で、委託料は月額5万円で年額60万円です。旧町時代から同額である、との答弁がありました。また、法律相談の状況についての質疑があり、各庁舎支所で月3回行っており、18年度は297件の相談があったという説明がありました。なお、本会議の議案質疑であった、報酬と費用弁償の取り扱いについては、代理出席の場合、どうするのかなど庁議で取り決め、統一的な基準を設けたい、との答弁がありました。

 会計課関係は特にありませんでした。

 市民課関係。委員より、合併して1年が経過したところだが、総合窓口は十分機能を果たしてきたか、総括をお願いしたい、との質疑に、なるべく市民に不便を与えないように努めてきたところですが、専門的な内容になると担当課に聞かざるを得ない点もあり、今後は改善をして行きたいと思います。また、税制の改正に伴い本年度は混乱もあったようですから、来年度は税務課とも協議して、市民部全体で取り組んで行きたい、との答弁がありました。

 税務課関係であります。委員より、滞納整理のあり方と税の徴収、特にコンビニからの方法について質疑があり、滞納整理では、昨年12月より差し押さえを実施しており、これまで40件の差し押さえを行いました。また、コンビニの収納は銀行振り込みより手数料が高いところが難点でありますが、納税者側に立って対応したい、との答弁がありました。

 環境衛生課関係。委員より、生ごみ処理機の補助制度は現行だと2台目からは補助対象にならないところですが、処理機は約5年ほどで壊れます。2台目も補助対象にしてもらいたい、との質疑に、以前より補助率を上げたところで今すぐ制度の見直しは難しいと思いますが、状況を見ながら検討はしたい、との答弁がありました。

 議会事務局関係。委員より、交際費の使用に基準がないと、公人、私人の分け方が難しいのではないか。また、今後はなくす方向でいった方が良い、との質疑に、局長より、交際費の使用については、申し合わせとか基準は今のところありませんが、市より補助金を受けている団体には出さないようにしています。経費削減の意味からも、減額はしていきますが、完全になくすのはなかなか難しい、との答弁がありました。また、会議録テープの反訳は、CD化したほうが便利で経費も削減できると思う。さらにはインターネットに対応したシステムにならないと、情報公開の意味からして時代に合わない、との意見がありました。局長からは、かなりの経費が伴うことであり、今後、議運の研修等を通し、まずは勉強をしてみたい、との答弁がありました。

 監査委員事務局関係については、特に質疑はありませんでした。

 認定第1号に対する反対討論として、食糧費、各種補助金及び旅費の支出では、基準があいまいで認められない。住基ネットやユーパレス弁天については、基本的に反対の立場であり、これらに関する支出も認められない。また、健康増進法の観点から、分煙機は早く撤去すべきだと思っている。このようなことから、認めることはできない、反対です、との討論がありました。

 賛成討論として、18年度の予算の執行上、問題はなく賛成です。食糧費、補助金等は委員会の質疑において指摘がなされており、次第に改善されると思います。また、住基ネットについては、国の方針で構築されたことであり、支出は認めるべきである、との討論がありました。

 以上で、平成19年第3回定例会において、総務常任委員会に付託された議案2件、認定1件についての委員会の審査報告を終わります。

 議員の皆様には、委員会の決定どおりご賛同いただきますようお願いをいたします。

 大変失礼をいたしました。ミスプリントでありますので、お断りしてご訂正をお願いしたいと思います。1ページでございます。認定第1号、平成18年度合志町になっておりますが、合志市一般会計補正予算でございますので、ご訂正方、お願いをしたいと思います。



○議長(佐々木博幸君) 次に、木村産業建設常任委員長。



◎産業建設常任委員長(木村祐一君) おはようございます。ただいまより、産業建設常任委員長報告を行います。

 平成19年第3回定例会、産業建設常任委員長報告。平成19年9月10日(平成19年第3回定例会)において、産業建設常任委員会に付託された事件の審査結果を会議規則第105条の規定により報告します。

 本委員会に付託された事件名、議決の結果及びその理由につきましては、お手元に配布しております産業建設常任委員会審査報告書のとおりです。

 審査の経過としましては、9月11日、12日、13日、14日の4日間の日程で委員会を開催し、担当部局長、課長及び班長、主幹等から詳細な説明を受け、また現地調査を実施し慎重に審査しました。

 付託された事件の審査結果と審査の過程において論議された主なものをご報告いたします。

 まず、審査の結果につきましては、議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)。ただし、産業建設常任委員会に付託された事項に限る。議案第45号、平成19年合志市下水道特別会計補正予算(第1号)。以上、2件については、内容を妥当なものと認め、全会一致で原案を可決すべきものと決定しました。

 次に、認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算、ただし、産業建設常任委員会に付託された事項に限る。

 認定第5号、平成18年度合志市下水道特別会計歳入歳出決算。認定第6号、平成18年度合志市農業集落排水特別会計歳入歳出決算。認定第7号、平成18年度合志市水道事業会計決算。認定第8号、平成18年度合志市工業用水事業会計決算。以上、5件の決算認定については、いずれも内容を妥当なものと認め、全会一致で原案を認定すべきものと決定しました。

 次に、陳情第5号、「道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書」議決の要請について。本件は、願意を妥当なものと認め、全会一致で採択すべきものと決定しました。

 陳情第6号、合志市須屋区内下須屋地区内(須屋観音堂〜ファミリー銀行間)における道路環境の整備に関する陳情。本件は、調査研究を必要とするため継続審査とすることに決定しました。

 続きまして、審査の過程で論議されました主なものを報告します。

 まず、議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)中、農政課関係。委員より、強い農業づくり交付金についての質疑があり、合志市土壌改良組合9名の方が、約5ヘクタールの天地返しするための補助事業である、との答弁がありました。

 また、使用料及び賃借料については、再度の予算措置であり早急に解決すべきとの意見がありました。

 商工振興課関係。委員より、国県支出金削減について質疑があり、当初4,000万円の国県支出金の計上だったが、市町村合併補助金の削減で、県補助金と合併特例債と一般財源に組み替えた、との答弁がありました。

 建設課関係。委員より、公用車購入について質疑があり、購入後14年を経過しており、エンジンが不良のため新たに購入する必要がある。下取り等については検討する、との答弁がありました。

 都市計画課関係。委員より、都市計画総務費2,400万円の減額について質疑があり、マスタープランは合併の補助対象にならなかったため、との答弁がありました。

 議案第45号、平成19年度合志市下水道特別会計補正予算(第1号)。本件については、質疑がありませんでした。

 次に、認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算について。農業委員会関係。委員より、農業者年金加入者数についての質疑があり、今までの加入者が74名、18年度新規加入者が1名との答弁があり、また加入促進は何回行われたか、の質疑に、事務局と一体となった促進は行われていないが、今年から農業委員の中に年金加入推進部長制度ができ、10月より事務局と一体で加入促進を行う、との答弁がありました。

 農政課関係。委員より、地域営農組織育成緊急支援事業(12団体)について質疑があり、品目横断的経営安定対策に基づく集落営農団体の組織づくりのための補助事業で、全額県補助金である。12団体については、主に大字を母体とした組織である、との答弁がありました。

 商工振興課関係。委員より、合併記念事業委託料について、委託の方法等についての質疑があり、事業実績の評価を行い、検討していかなければならない、との答弁があり、また、第三セミコンテクノパーク調査費について、調査だけに終わらず精査すべき、の質疑に、市単独では、現況の財政面では厳しく、民間を含めた手法を検討している、との答弁がありました。

 建設課関係。委員より、土木総務費中の旅費について質疑があり、用地交渉に関する研修で最新の情報が得られ、職員の資質向上につながった、との答弁がありました。また、道路用地等の未登記について質疑があり、多くの時間と経費が必要であり、どのような仕方が効率に出来るか検討する、との答弁がありました。

 都市計画課。委員より、公園施設、遊具の点検・調査について質疑があり、公園の維持管理業務について、自治会・シルバー人材センター・管理組合に委託しており、施設については、目視等による簡易点検を行い、危険箇所について報告を受けた施設については状況に応じ、修繕、撤去、使用禁止等の措置をとっている、との答弁がありました。

 次に、認定第5号、平成18年度合志市下水道特別会計歳入歳出決算について。委員より、今後の下水道事業運営の見通しについて質疑があり、合併後3年で統一するということで、来年10月に統一して3年ごとに見直す、との答弁がありました。また、区域外の取り扱いについての質疑に、公共・流域関連公共下水道にあわせて70件を合併浄化槽で対応したい、との答弁がありました。不納欠損への対応についての質疑には、未納者から誓約書を取り時効を遅らせる対応をとっている、との答弁がありました。

 次に、認定第6号、平成18年度合志市農業集落排水特別会計歳入歳出決算について。委員より、受益者数についての質疑があり、3月31日現在で541軒である、との答弁がありました。

 次に、認定第7号、平成18年度合志市水道事業会計決算について。委員より、漏水の現状と配水管の布設替えについての質疑に、全体で約300件の漏水があり、うち道路が110件である。布設替えについては、漏水が多い杉並台、泉ヶ丘、すずかけ台地区を本年度計画している、との答弁がありました。また、前年度と比較した供給単価・給水原価と今後の見通しについて質疑があり、平成17年度と比較して給水原価が約6円安くなっており、今後もあまり変わらない、との答弁がありました。

 次に、認定第8号、平成18年度合志市工業用水道事業会計決算について。委員より、契約水量の増加をはかるため、営業活動を行っているのか、の質疑に、18年度は局長と担当で行った。また、企業の増、新設もあり、契約水量が17年度に比べ増加した、との答弁がありました。

 なお、9月12日、14日行いました現地調査は下記の通りです。

 産業振興部関係。セミコンテクノパーク(緑地維持管理)関係、出分ボーリング関係、新地線舗装工事関係、ガラスハウス関係、アグリシステム合志関係、芝原地区農道改良工事関係。

 都市建設部関係。蛇ノ尾公園関係。新栄温泉団地内改良関係、南原住宅関係、須屋線改良関係、市道下須屋線、南須屋公園関係、みずき台団地調整池関係、すずかけ2号線改良関係、杉並台団地内改良関係。

 水道局関係。工業用水配水池関係、塩浸川浄化センター関係、合生清流館関係、野々島蘇水苑関係、須屋浄化センター関係、新開配水池関係、群配水池関係。

 以上で、平成19年度第3回定例会において、産業建設常任委員会に付託された、議案2件、認定5件、陳情2件についての委員会の審査報告を終わります。議員の皆様には、委員会の決定どおりにご賛同いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(佐々木博幸君) 次に、松下健康福祉常任委員長。



◎健康福祉常任委員長(松下広美君) おはようございます。健康福祉常任委員長報告を行います。

 平成19年9月10日(平成19年第3回定例会)において、健康福祉常任委員会に付託された事件の審査結果を会議規則第105条の規定により報告します。

 本委員会に付託された事件名、議決の結果及びその理由につきましては、お手元に配布してあります健康福祉常任委員会審査報告書のとおりです。

 審査の経過は、9月11日、12日、13日、14日の4日間の日程で委員会を開催、担当部長、課長及び班長、主幹等から詳細な説明を受け、また現地調査を実施し慎重に審査しました。

 付託された事件の審査結果と審査の過程において、論議された主なものをご報告いたします。

 まず、審査結果につきましては、議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)中、ただし健康福祉常任委員会に付託された事項に限る。議案第42号、平成19年度合志市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)。議案第43号、平成19年度合志市老人保健特別会計補正予算(第1号)。議案第44号、平成19年度合志市介護保険特別会計補正予算(第2号)。認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算、ただし、健康福祉常任委員会に付託された事項に限る。認定第3号、平成18年度合志市老人保健特別会計歳入歳出決算。以上の6件は、いずれも内容を妥当なものと認め、全会一致で原案を可決、認定すべきものと決定しました。

 認定第2号、平成18年度合志市国民健康保険特別会計歳入歳出決算。認定第4号、平成18年度合志市介護保険特別会計歳入歳出決算。以上の2件は、挙手による表決の結果、賛成多数で原案を認定すべきものと決定しました。

 陳情第2号、平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算改善に関する要請書。陳情第3号、平成20年度在園保障問題等に関する要請書。陳情第4号、平成20年度ハンセン病盲人関係予算改善に関する要請書。陳情第4号、平成20年度ハンセン病盲人関係予算改善に関する要請書。以上3件は、願意を妥当なものと認め、全会一致で採択すべきものと決定しました。

 続きまして、審査の過程で論議された主なものを報告します。

 まず、議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)について。

 子育て支援課関係。当初予算と今回100万円を補正してあるが、20年度からチャイルドシート購入補助金が廃止されると聞くが、子育て日本一を掲げている中、残すべきでは、との質疑があり、担当課長より、チャイルドシート着用の啓発と経済的支援を目的に市の単独事業として実施してきた。現在、他の経済支援対策や普及啓発の目的は達成しているため廃止したい、と答弁がありました。

 健康づくり推進課関係。質疑ありませんでした。

 福祉課関係。障害者通所サービス利用促進事業は利用者への補助なのか、との質疑があり、担当課長より、利用事業者への1人当たりの単価を基準に送迎代を補助している、との答弁がありました。

 高齢者支援課関係。老人福祉費の繰出金で、介護保険特別会計繰出金のうち、事務費繰出金のうち、事務費繰出金の内容は、との問いに、担当課長より、事務費はある程度決まった金額であるため、昨年度補正すべきでした。本年度に事務費を見込みまして、補正を行い翌年度精算時には誤差が大きくならないようにします、との答弁がありました。

 次に、議案第42号、平成19年度合志市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について。質疑ありませんでした。

 次に、議案第43号、平成19年度合志市老人保健特別会計補正予算(第1号)について。歳入の医療費交付金で減額になった理由は、との質疑に、担当課長より、歳出で当初見込額より老人受給者等の減少により、交付金が減額になった、との答弁がありました。

 次に、議案第44号、平成19年度介護保険特別会計補正予算(第2号)について。基金積立残高はいくらか。また、国県への償還金について、利子は発生するのか、との質疑があり、担当課長より、基金残高は0円、また、利子は発生しない、との答弁がありました。

 次に、認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算について。

 子育て支援課関係。保育所施設整備補助金の事業内容と、市の助成はどうなっているのか、との質疑があり、担当課長より、合志中部保育園は保育室の増築と調理室の改修、また、竹迫みのり保育園は、遊戯室の増築工事に対する補助金で、国2分の1、市4分の1である。今後、他の保育所より申請があった場合は、財政状況を考慮しながら対応したい、との答弁がありました。

 健康づくり推進課関係。決算書の各項に見られる電算処理委託料及び使用料に競争原理が働いていないようで、独占的な価格支配は許されない。公平公正な自由競争入札を制度化すべきである。関係機関とも協議しながら進められることを強く指摘する、との意見がありました。

 福祉課関係。時間外勤務手当については、労働基準法に則って厳格に対応すべきである、との指摘に、担当課長より、多少のサービス残業があったと思われます。今後は、正確に取り組みたい、との答弁がありました。

 高齢者支援課関係。敬老事業補助金の対象年齢と人数についての質疑に、担当課長より、年齢は70歳以上で、対象者数は81地区6,973人、との答弁がありました。

 次に、認定第2号、平成18年度合志市国民健康保険特別会計歳入歳出決算について。督促手数料は予算に対して非常に多くなっているがなぜか、との質疑があり、担当課長より、納期限までに納入していない人に督促状を発送しており、その手数料として1通80円を徴収したもので、納期限日まで納めなかった人が多くなった結果、との答弁がありました。反対討論として、低所得者は税を払いたくても払えない状況にあります。市民の生活と権利を守る立場からも安心した国保運営にするために、一般財源からの繰入を行い、誰でも払える国保税に引き下げることを要求して、決算の認定に反対します、との討論がありました。賛成討論として、この保険は病気等をしたときに安心して治療ができるための制度であり、一般財源からの繰入も行われ、公平負担の原則からも妥当なものとして、決算の認定に賛成します、との討論がありました。

 次に、認定第3号、平成18年度合志市老人保健特別会計歳入歳出決算について。質疑ありませんでした。

 次に、認定第4号、平成18年度合志市介護保険特別会計歳入歳出決算について。役務費の中で、認定調査費について、今後の見通しは、との質疑があり、担当課長より、主治医意見書手数料のことであるが、現在も増加しており、今後も意見書発行による手数料は増加します、との答弁がありました。反対討論として、18年度からの保険料改定は住民には深刻な影響を与えた。本市においては、月額基本額4,200円、年間5万400円に引き上げられて高齢者には厳しい負担増になった。誰しもが安心して介護サービスが受けられるということで介護保険法が制定されたが、実際は重い負担になり、思うようなサービスが受けられないだけでなく、生活をも圧迫している。これから始まる後期高齢者医療制度や、国民健康保険制度も合わせ、高齢者の生活はますます苦しくなるばかりです。よって、この決算の認定に反対します、との討論がありました。賛成討論として、高齢化社会の中、介護サービスが必要な方は増加しており、安心して介護が受けられるための制度である。また、一般会計からの繰入も行っており、介護保険の重要性を認識して、この決算の認定に賛成します、との討論がありました。

 以上で、平成19年第3回定例会において、健康福祉常任委員会に付託された議案4件、認定4件、陳情3件についての委員会の審査報告を終わります。

 議員の皆様には、委員会の決定どおりご賛同いただきますようお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 坂本文教常任委員長。



◎文教常任委員長(坂本早苗君) おはようございます。ただいまより、文教常任委員長報告を行います。

 平成19年9月10日(平成19年第3回定例会)において、文教常任委員会に付託された事件の審査結果を会議規則第105条の規定により報告いたします。

 本委員会に付託された事件名、議決の結果及びその理由につきましては、お手元に配布してあります文教常任委員会審査報告書のとおりです。

 審査の経過としましては、9月11日、12日、13日、14日の4日間の日程で委員会を開催し、教育長、教育委員会事務局長、各担当課長、教育審議員及び班長等から詳細な説明を受け、また現地調査を実施し、慎重に審査いたしました。

 付託された事件の審査結果と審査の過程において論議された主なものをご報告いたします。

 まず、審査結果につきまして、議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)。ただし、文教常任委員会に付託された事項に限る。認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算。ただし、文教常任委員会に付託された事項に限る。以上2件は、全会一致で原案を可決すべきもの、及び原案を認定すべきものと決定しました。

 続きまして、審査の過程で論議された主なものを報告します。

 議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)。ただし、文教常任委員会に付託された事項に限る。

 生涯学習課関係。公民館費の野々島公民館と黒石市民センターの空調工事費について質疑があり、これは西合志中学校の取り壊しによって不要となった空調設備を移設して使用するものであり、コミュニティセンター利用者からの要望に応えるもの、との答弁がありました。また、同じ公民館費の中の負担金補助及び交付金は、今年盗難にあった原口、出分地区公民館のエアコン購入費補助金、との答弁でした。

 認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算。ただし、文教常任委員会に付託された事項に限る。

 学校教育課関係。委員から、平成17年度と18年度の財政比較分析を行ったか、との質疑に対し、学校教育課関係の歳入については、17年度に比べ約26%の増額になっている。これは、合志小学校建設の国庫負担金、補助金の増、合併特例債や合併補助金によるものであり、今後は、国の財政状況も厳しく、補助金等の伸びは見込まれない。歳出については、学校教育課としては約5,000万円の減額になっている。今後、施設面では西合志中学校の建て替え、西合志東小学校、西合志南小学校の大規模改造工事、耐震診断による耐震工事等を控え、財政が厳しい中ではあるが、これまでの事業の検証を行い、より効果のある教育行政を推進する、との答弁がありました。

 委員から、教育委員会の議事録開示について質疑があり、申請があれば閲覧できる、との答えでしたが、ホームページでの公表、また図書館や支所での閲覧など積極的な開示はできないか、との意見に、検討したい、との答弁がありました。

 合志市身体障害児通学援助費には、知的障害児は含まれていないのか。含まれているなら名称を変えてはどうか、との問いに、通学援助が必要な障害児全体を対象にしているので、名称を検討します、との答弁がありました。

 生涯学習課関係。委員から、コミュニティ制度は全市に広げていくのか、との質疑があり、建物の建設は財政的に難しいが、活動は活性化させたい、との答弁があり、センターの建設はすぐには無理でも、指導員の配置を旧合志地区にもお願いしたい、との要望がありました。委員から、三つの木の家の4泊5日宿泊体験事業が人気で、抽選漏れ等も多く、回数を増やせないか、との質疑があり、負担金の削減により、今後は事業数削減も考えなければならない状況です、との答弁でしたが、ほかの委員からも、ボランティアの活動や、大学生の参加など、とても魅力的な事業なのでニーズに合わせた取り組みができるよう再度、要望がありました。委員から、18年度の図書館の利用実績について質疑があり、17年度の貸し出し数は56万8,106に対し、18年度では58万7,138で、1万9,032増加している、との報告がありました。ちなみに、平成17年度の人口100人当たりの貸し出し点数は、県内トップで1005.1冊となっています。図書購入費は平成17年度に比べ、150万円の減額になっていて、費用削減の中で利用率を上げていることに委員から評価の声がありました。

 人権啓発教育課。委員から、映画「新・あつい壁」は作品の評価が高く、合志市として製作・上映にも協力しているので、市内の小中学校で上映はできないか、との質疑があり、できるだけその方向で努力したい、との答弁がありました。以上で、平成19年第3回定例会において、文教常任委員会に付託された議案1件、決算認定1件についての委員会の審査報告を終わります。

 議員の皆様には、委員会の決定どおりにご賛同いただきますようお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 以上で、委員長報告が終了しました。これから、各委員長報告に対する質疑を行います。

 まず、総務常任委員長報告に対する質疑を行います。

 総務常任委員長報告に対しましては、質疑の通告がありますのでこれを許します。

 今村直登議員。



◆17番(今村直登君) 17番の今村でございます。

 総務委員長の報告の中で、男女共同参画まちづくり条例について、質問をいたします。

 これは、まちづくり条例というふうになっておりますが、果たしてどの程度の位置付けになるかですね。そういうことを論議したのかどうか、お伺いしたいと思います。

 それから、議案の質問のときに、例えばこの条例をつくってまちづくりしていくわけですから、当然そこを一番、他に模範を示さにゃいかんということで、女子職員の幹部職員への登用があるかということをお聞きしましたが、そのときには、非常に難しいという答弁がありましたので、それに関連してですね、じゃあせっかくこれ作ってですね、条例はつくったもののですね、果たして努力目標なのか。必ずこういうまちを実現していくということなのかということを議論されているかということをお聞きしたいと思います。それから、いろいろ条文、条例の中の文言についてですね、削除したり作り加えたりした方が良いと思うところが私はありました。同じく、共産党の濱元議員もですね、ここは削除した方がいいというようなところがありましたが、そういうことについては議論されたのかどうかですね、お聞きしたいと思います。



○議長(佐々木博幸君) 柏尾総務常任委員長。



◎総務常任委員長(柏尾武二君) 今村議員の質疑、3点だったと思いますが、お答えをさせていただきたいと思います。

 まずはじめの、条例がどの程度の位置付けになるのか、ということでありますが、この位置付けということで議論というか、それはございませんでした。

 2点目の、努力目標なのか、必ず実現すべきことなのかについてと、3点目の条例の文言につきましては、かなりの論議があったところでございます。

 委員会では、この条例の審査を行いますのに、条項ごとに1つずつ議論をし、検討をしてきたところであります。その結果、現段階では全会一致でこの条例を可決すべきものと決定をさせていただいたところでございます。しかし、今後この条例を運用していく中で、社会情勢などによりまして、課題が出てくる可能性はあると思います。今村議員お尋ねのように、そのときは執行部と今後協議をしていくということが必要になっていくと、必要であるというふうに思っておるところでございます。



○議長(佐々木博幸君) 今村直登議員。



◆17番(今村直登君) あんまりいろいろ言うつもりはないんですが、これは議案の質疑のときにも言いましたけれども、この男女共同参画社会の、これ政府がつくった法律の中で、基おこしは女性差別撤廃条例からきておるわけですね。ここが基本です。ですから、本当はですね、僕はそのことを議会が始まるときの質議で申し上げましたので、多少、そういうことも議論されたかなというふうに思っていたんですけれども、ただですね、うちの議会には4人の女性議員さんがいらっしゃって、どなたもこの議案に対してですね、質疑もなされませんでしたということは、この程度のことでいいのかと、これ女性差別撤廃条例からきているということを考えると、もう少し女性の議員さんたちがそういう意見があるのかなと思っておりましたけど、全然ないということでありますので、男の私がいらんことを差し出がましいことを言う必要もないかなと、こういうふうに思いますので、先ほど、委員長が言われましたようにですね、社会情勢が変わったときとかということもあるでしょうけども、そうじゃなくてもですね、私たちはこれは一般質問とかで取り上げてですね、いきたいというふうに思っておりますので、今日の質問はこれだけで終わりたいと思います。



○議長(佐々木博幸君) これで、総務常任委員長報告に対する質疑は終わります。

 次に、産業建設常任委員長報告に対する質疑、及び健康福祉常任委員長報告に対する質疑、並びに文教常任委員長報告に対する質疑の通告はありませんので、これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 まず、議案第40号、合志市男女共同参画まちづくり条例について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで議案第40号の討論を終わります。

 次に、議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありますので、発言を許します。委員長報告に反対の討論を許します。

 神田公司議員。



◆11番(神田公司君) 11番、神田です。議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)について、反対の立場から討論を行います。

 まず、歳入の部分、予算書19ページにあります、市町村合併補助金8,020万円の減額についてです。この合併補助金については、10年間で3億円が認められており、今回の予算措置の中では昨年同様の金額、約1億円、9,823万6,000円が国庫補助金として計上されております。実際には、大幅な減額をされました。この減額に関しては、ひとえに国の責任とはいえ、この結果、市債、赤字地方債としての臨時財政対策債などを増やす結果となり、さらに商工振興費や企画費、非常備消防などの財源の組み替えが行われております。たしかに総務省は臨時財政対策債の元利償還金が100%、後年度、交付税措置をするということでなっておりますけども、これはあくまでも基準財政需要額に算入されるに過ぎず、基準財政収入額と基準財政需要額の差し引き計算で決まる普通交付金の交付税額は、基準財政収入額との増減の動向、市町村での53費目のそれぞれの基準財政需要額の動向に合わせ、動向の合算相殺によって決まり、これらのこの減額に伴う臨時財政対策債等に耐えることというのは、決してこの赤字地方債として後年度ですね、交付されるというのは限らないというふうに思います。こうした甘い見通しにおける結果が、公債比率や公債費負担比率を上げさせ、財政指数を一層厳しいものにするのではないか。非常に酷であるかもしれませんが、そう言わざるを得ませんし、改めて申しますが、このような形で実際に基金や取り崩し、そして市債に頼ることが結果的に有利な借金だという形で、ますます市債を増やし財政を厳しくしていくというふうに言わざるを得ない。こうしたことから、これらの歳出が合併補助金をあてにする、あるいはこれについて補正をするということについては、極めて慎重な対応がもとめられるというふうに私は考えます。

 よって、議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)に反対を表明いたします。

 議員の皆様のご賛同、よろしくお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 次に、委員長報告に賛成の立場から討論を許します。

 丸内三千代議員。



◆23番(丸内三千代君) 23番、丸内です。

 議案第41号、平成19年度一般会計補正予算(第4号)について、賛成の立場で討論を行います。

 合併補助金8,020万の減額についてでありますが、18年度は国の増額補正等もあって、実績9,595万1,000円の交付があったところであります。それを基に19年度も同程度の金額、9,823万6,000円を計上し、要請をしたところでありますが、国等の事情もあり、要求額の2割程度の約1,800万の内示を受けたところであると説明があったところです。その後、県よりの情報によりますと、19年度の補正は見込めないとのことであり、今回、減額補正が行われたものであります。なお、財源の組み替え等については、市債ではありますけれども、優位な合併特例債や県の補助金、及び特別会計等の繰入等で対応されていて、事業そのものに影響があるものではないということであり、よって賛成するものであります。

 どうぞ議員の皆様のご賛同方をよろしくお願い申し上げまして、賛成討論といたします。



○議長(佐々木博幸君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 これで、議案第41号の討論を終わります。

 次に、議案第42号、平成19年度合志市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで議案第42号の討論を終わります。

 次に、議案第43号、平成19年度合志市老人保健特別会計補正予算(第1号)について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで議案第43号の討論を終わります。

 次に、議案第44号、平成19年度合志市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで議案第44号の討論を終わります。

 次に、議案第45号、平成19年度合志市下水道特別会計補正予算(第1号)について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで議案第45号の討論を終わります。

 次に、認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありますので、発言を許します。

 委員長報告に反対の討論を許します。

 神田公司議員。



◆11番(神田公司君) 11番、神田です。

 認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算について。認定に反対の立場から討論を行います。

 以降、決算の中の具体的な数字が書いてあるページについては、決算説明資料の項目で示していきます。

 まず、決算報告の11ページの基金の状況です。基金総額で昨年度からいわゆる、正確には一昨年になりますが、2億2,454万円余りが減っていることがわかります。土地の開発基金としての土地の金額が4億3,145万円余り掲載されていますが、その多くは、一昨年度、NTT西日本から西合志町時代に購入した購入代金がそのまま載せられており、実際にこの資産価値というか、価格が多いのか少ないのか、これでは非常にわからないというふうに思います。定額運用基金の総額5億8,395万円余りについては、極めて正確ではなく、早急に是正される必要があるというふうに考えます。

 次に、歳出に移ります。まず、総務部。総務企画部会計関係の9ページになります。市長公室関係の9ページになります。市長公室関係の電子計算費の委託料、役務費686万1,162円、委託料の住基ネットプログラム修正委託18万9,000円、同10ページ、住基ネット関連機器リース、旧西合志町、旧合志町分207万6,144円、177万930円を認めることはできません。住基ネットワークは全国の自治体を端末とするコンピューターネットワークで、全国どこからでも本人確認、情報を簡単に入手できる仕組みです。この仕組みは、国が国民一人ひとりの情報を一元管理することであり、極めて危険なシステムであり、事実、技術的にマイクロソフトのウィンドウズを使い、NTTの一般回線を利用したシステムであり、いつ国民一人ひとりの情報が漏洩するかわからない状況があると思います。こうした国民の危惧に対して、一部とはいえ、地裁、高裁段階での違法性の判決が下されております。また、原告敗訴の判決の中でも、憲法第13条に基づく自己、自分自身の情報のコントロール件に関して、ある程度、容認する傾向にあります。この現実は、国民にも浸透しており、昨年の3月の段階で住基カードは91万人、普及率0.7%です。合志市でも、今年8月で現在のカードは304枚しか発行されておりません。

 12ページ、総務関係、防災対策費の国民保護会議委員の報酬と費用弁償も認めることはできません。軍隊としての自衛隊を含めた国民保護計画は、明らかにジュネーブ協定に違反しており、国民を守ることにはならず、極めて無駄な出費であるというふうに考えます。

 18ページ、財産管理費の委託料としての合志、西合志庁舎での分煙システム保守点検料75万7,680円、使用料及び賃借料での分煙機借上料93万392円、公共施設での喫煙を禁じた健康増進法に反しており、直ちに撤去すべきであるというふうに考え、認めることはできません。なお、市民部、3ページ、泉ヶ丘支所の分煙システム借上料9万3,240円についても、同様に認めることはできません。

 同じく、使用料及び賃借料での総合健康センター、いわゆるユーパレス弁天の借地料が今だに10万3,600円支払われていること、同公有財産購入費としての株式会社にしごうしの株4口200万円が、いわゆる民間から買い戻された形になっており、絶対にこのような無駄な支出は認められません。

 また、同19ページ、政策調査費の委託料、北熊本スマートインターチェンジ利用意向調査費用は、バイオフォレスト関連の費用からの流用であり、一度も議会の審議を経てない支出であり、認めることはできません。

 市民部関係では、1ページ、須屋支所の使用料及び賃借料での土地借上料180万円は、これは10年間借りる契約になっております。近くに須屋市民センターがあることを考えれば、早急に施設の統合を考えるべきであります。須屋支所の役割を否定するものではありませんが、少しでも無駄な支出をなくすためにも、あるいは市民の利便性を図る意味でも、統合を図るべきであり、破格の借上料を払い続けることは認められません。

 健康福祉部関係、14ページ、熊本県後期高齢者医療広域連合負担金67万4,000円も認められません。後期高齢者医療制度は75歳以上の高齢者を現在加入している国民健康保険や組合健保から強制的に脱退させて、後期高齢者だけの独立した保険であり、保険料を高齢者が増えるごとに自動的に値上げされ、介護保険同様に年金天引きになります。そのうえ、診療報酬も他世代とは別立てされ、後期高齢者の心身の特性にふさわしい診療体系を口実に、差別される危険性があるというものです。こういう現状の中で、私はこれを、後期高齢者医療広域連合への支出については認めることができません。

 さらに、市長交際費や各種補助金、教育委員会関係23ページ、部落解放同盟合志支部補助金660万150円、全日本同和会合志支部補助金122万円でも、基準があいまいで、中には人件費が計上されているケースがあり、多くの福祉、教育の部分での支出がカットされる一方で、支出基準があいまいなものが依然として多く残されております。これらについても、基準を明確にされるべきと考え、認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算について、認定に反対の立場から討論を終わります。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(佐々木博幸君) 次に、委員長報告に賛成の立場から討論を許します。

 青木照美議員。



◆2番(青木照美君) 2番の青木です。

 認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算の認定中、総務常任委員会に付託されました事項につきまして、賛成の立場で討論をいたします。

 まず、土地開発基金につきましては、合志市土地開発基金条例及び管理運用規定に基づき、適正に運用されております。また、執行部より、長期的に土地を保有した場合、基金として活用できなくなることから、現在、基金で保有する土地について、早期かつ計画的に買い戻しが促されなければならないとの答弁がありました。

 防災会議委員、国民保護会議委員の費用弁償につきましては、条例に基づき支出されており、問題ないと思います。ただ、代理出席者に対します費用弁償の支払について、統一がなされていない節も見受けられますので、今後は庁内統一基準の整備をお願いするところであります。

 情報電算関係では、熊本県市町村電子自治体共同運営協議会負担金571万3,510円、基幹系回線使用料686万1,162円、住基ネットプログラム修正委託料につきましては、国が進めます電子自治体の構築や事務の効率化、スピード化に寄与するものであり、妥当なものであると認めるものであります。

 企画財政課関係で、合志、西合志、分煙システム保守点検業務委託料75万7,680円、分煙システム借上料93万392円につきましては、健康増進法を受け、受動喫煙防止対策に対応したものであり、公共施設として必要な取り組みと思います。なお、今年度におきましては、市民からの苦情や職員からの提案により、分煙機の一部撤去も実施されており、財政も厳しく、適切な対応を望むものであります。

 次に、公有財産購入費200万円ですが、株式会社にしごうしの株購入でございます。施設の設置者である自治体として、指定管理者の意見、要望等を受け入れ、対応していくことは当然のことであり、今後とも施設の設置目的達成のため、十分な協議をお願いするものであります。

 次に、市民課関係で、須屋支所の土地借上料180万円ですが、提出されました資料によると、取り扱い件数は対前年比の2倍と増えており、支所として市民サービスに十分寄与しているところであり、契約に基づく支出であり、何ら異論のないところであります。

 以上のとおり、予算が議決の目的に沿って計画的かつ効率的に執行されておりましたことを報告し、賛同するものであります。

 議員各位のご賛同を心よりお願い申し上げまして、賛成討論といたします。



○議長(佐々木博幸君) 続いて、委員長報告に反対の討論を許します。

 濱元幸一郎議員。



◆1番(濱元幸一郎君) 1番、日本共産党の濱元幸一郎です。

 私は、認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算に反対の立場から討論を行います。

 反対の理由は、住宅新築資金貸付の元利金約2,500万のほかにも、同和関係に5,500万円以上も使われていることです。中には、ハンセン病啓発事業謝金や映画「新・あつい壁」への助成金が含まれていますが、それらと県の助成金を差し引いても約3,500万円も使われております。この3,500万円の中には、部落解放同盟合志支部への補助金660万150円、全日本同和会合志支部への補助金123万円の合計783万150円が含まれております。執行部は、財政の厳しさを市民に訴えて暮らしを守る住民のニーズにも応えられない状況を抱えながら、いつまでこのような不当な支出を続けるのですか。2002年3月、国の特別措置が終了してから5年も経過して、まだなお同和を冠した特別施策にこのように多額の費用が支出されていることに驚きます。異常としか言いようがありません。特別対策の根拠は、同和地区内外の格差の存在でした。しかし、こうした格差は1980年代後半には基本的に解消したと言っていい状況に達し、1990年代には特別対策の終結が部落問題解決の重要課題と位置付けられてきました。事実、この間に多くの自治体が同和政策を終結させてきています。私は同和施策を続けることはいたずらに同和問題の解決を遅らせるだけで、何の解決にもならないと思います。本市においても早急に同和施策を終結させて、市民の暮らしを守るために健全かつ有効な財政運営に徹することを要求して、反対討論を終わります。



○議長(佐々木博幸君) 次に、委員長報告に賛成の立場から討論を許します。

 吉永健司議員。



◆10番(吉永健司君) 10番、吉永です。

 認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算について、各常任委員長の賛成の立場から討論を行います。

 同和行政に対する反対ということですけれども、今だに根強い差別問題が残っている中、それを解決するために多くの団体等々が努力なさっております。確かに今後はなくなっていくものであろうと思われますけれども、ゼロになるというのはなかなか難しい問題であります。

 よって、毎年減額もなされておりますし、委員長の報告のとおり、賛成の立場から討論とさせていただきます。

 皆さんのご賛同をよろしくお願いします。



○議長(佐々木博幸君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 これで、認定第1号の討論を終わります。

 次に、認定第2号、平成18年度合志市国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありますので、発言を許します。

 委員長報告に反対の討論を許します。

 今村直登議員。



◆17番(今村直登君) 17番の今村でございます。

 私は、この認定2号、平成18年度合志市国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、反対の立場から討論を行います。

 憲法25条は、全ての国民が、最低限度の文化的な生活をおくることができるとしております。昨日、発足しました福田、正式には発足とは言いませんけれども、福田内閣が発足するわけですけれども、この選挙、総裁選挙の中でもですね、新しく総理になられる福田さんは、自立と共助ということを強調されました。これこそがですね、参議院選挙で敗北に至ったですね、格差社会を広げですね、そして大金持ちには減税、住民にはですね、大増税という、その路線がこの自立と共助の奥にあるわけですね。ところが、こうやって見ますと、収入の多い人はですね、例えばスポーツ選手など何十億ととっている人でも頭打ち60万までという決まりがあります。所得の少ない人は、収入が少ないほどですね、それに占める保険料とか税金の割合が大変高くなっています。こういうことから、この国民健康保険の問題はですね、制度的にですね、国保料が支払えない仕組みになっています。多少の減免制度はあるもののですね、私は地方自治体はこういう弱い立場にある人、何も手を差し伸べなくていい人たちには減税するようなことではなくてですね、弱い立場に立っている人たちにしっかり目を向けて、行政をつかさどる必要がありますし、そうなければならないと思います。資格証明書の発行が増えていることなどを考えますと、弱者に配慮した運営がされているとは言い難いというふうに思います。

 したがって、私はこの認定第2号には反対の意を表明するものであります。

 議員諸氏のご協力をよろしくお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 次に、委員長報告に賛成の立場から討論を許します。

 池永幸生議員。



◆16番(池永幸生君) 16番、池永です。

 認定第2号、平成18年度合志市国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、賛成の立場から討論を行います。

 本市の国民健康保険事業は、疾病の多様化、また重病化等により、医療費が高くなっていく状態の中で、健康づくりや疾病予防対策にも重点を置き、医療費の適正化も推進しておられ、国保財政の適切な運営も図られております。病気に対しても安心して医療にかかることのできる国の必要な制度であると認識しております。被保険者の国保税の削減のためにも、保険者である市から一般会計への繰入も行われ、減免措置も行われております。公平負担の原則からも、妥当な決算と思われます。

 議員各位の賛同をお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 これで、認定第2号の討論を終わります。

 次に、認定第3号、平成18年度合志市老人保健特別会計歳入歳出決算について、討論を行います。

 本件については、討論の通告はありませんので、これで認定第3号の討論を終わります。

 次に、認定第4号、平成18年度合志市介護保険特別会計歳入歳出決算について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありますので、発言を許します。

 委員長報告に反対の討論を許します。

 濱元幸一郎議員。



◆1番(濱元幸一郎君) 1番、日本共産党の濱元幸一郎です。

 私は、認定第4号、平成18年度合志市介護保険特別会計歳入歳出決算に反対の立場から討論を行います。

 昨年4月に、全面的に改悪された介護保険法で、介護の社会化という理念が投げ捨てられ、高齢者の生活を介護取り上げや負担増が襲っています。平成18年度から本市の介護保険料は旧合志町住民の場合で年間7,200円、旧西合志町では6,000円の値上げとなりました。その上、改悪された税制の影響で、1,200人を超える被保険者、被保険者総数の13%の方たちが収入が増えもしないのに、保険料ランクが跳ね上がるという被害を受けております。例えば前年度の保険料が第2段階の人が、税制の影響で4段階に上がると、年間1万8,000円もの負担増になります。介護保険は、強制加入の制度で、65歳以上は全て1号被保険者になって、負担能力のない人にも保険料を求め、保険料を払えない人には給付を認めないという冷酷な制度です。しかも、保険料は3年に一度見直されることになっていて、そのたびに値上げされる仕組みとなっております。

 一方で、給付の面はどうかというと、新予防給付の実施は、自立支援や介護予防を口実に、軽度と決めつけた人からは介護取り上げが進められております。例えば介護ベッド、車椅子などの福祉用具は要支援1、2、要介護1という軽度者は原則として利用できなくなるなど、給付の抑制が図られています。このような状況のもとで、今全国には独自の介護支援策を実施している自治体も少なくありませんが、本市では全く支援策が講じられておりません。私は、高齢や障害など、困難を抱えている人たちをはじめ、全ての国民が自立するために、必要な社会保障制度の整備は憲法25条で規定された行政の責任だと考えます。

 全ての国民に自己責任に基づく生活を求め、サービスを利益と見なして応益負担は当然と考えることには大反対であります。市が自治体として、低所得者対策をすすめ、保険料、利用料の引き下げをしなければ、劣悪な介護をめぐる状況に市民を追い込んでしまうことになります。

 また、国に対して国庫負担の増額を強く求めていくことが必要です。私は、このような立場から本決算を認定することに反対いたします。



○議長(佐々木博幸君) 次に、委員長報告に賛成の立場から討論を許します。

 尾方洋直議員。



◆7番(尾方洋直君) 7番の尾方洋直でございます。

 認定第4号、平成18年度合志市介護保険特別会計歳入歳出決算についてでございます。賛成の立場から討論いたします。

 本件につきまして、高齢社会の中、介護サービスが必要な方は増加しております。一部の値上げという形で大変だと思いますけども、一般会計の中からも繰入を行なって、安心して介護が受けられるようになっております。

 介護保険特別会計につきましても、事務等、的確に運営されております。

 よって、18年度合志市介護保険の決算は、賛成するものでございます。

 議員各位のご賛同をお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 これで、認定第4号の討論を終わります。

 次に、認定第5号、平成18年度合志市下水道特別会計歳入歳出決算について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで認定第5号の討論を終わります。

 次に、認定第6号、平成18年度合志市農業集落排水特別会計歳入歳出決算について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで認定第6号の討論を終わります。

 次に、認定第7号、平成18年度合志市水道事業会計決算について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで認定第7号の討論を終わります。

 次に、認定第8号、平成18年度合志市工業用水道事業会計決算について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで認定第8号の討論を終わります。

 次に、陳情第2号、平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算改善に関する要請書について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで陳情第2号の討論を終わります。

 次に、陳情第3号、平成20年度在園保障問題等に関する要請書について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで陳情第3号の討論を終わります。

 次に、陳情第4号、平成20年度ハンセン病盲人関係予算改善に関する要請書について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで陳情第4号の討論を終わります。

 次に、陳情第5号、道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書議決の要請について、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありますので、発言を許します。

 委員長報告に、反対の討論を許します。

 神田公司議員。



◆11番(神田公司君) 神田です。陳情第5号、道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書議決の要請について、反対の立場から討論を行います。

 この意見書の中、要請文にも書いてありますように、陳情書の中にも書いてありますように、主には道路特定財源について討論を行なっていきたいと思います。

 これについては、かねてより無駄な道路をつくるという批判が高く、近年の公共投資抑制により、特定財源税収が道路整備事業を上回り、余剰金が発生することによって、小泉内閣の時代に入ってから見直しの機運が高まったというふうに言えます。道路特定財源は、もともと受益者負担、原因者負担の考え方を基に創設されたもので、道路整備は自動車を使う人が負担すべきとの発想ですが、しかしこれでいいのかというのが今、問われているというふうに思います。

 この道路を建設することにより、車が増えていく。その中で、実際には車が増えることにより、大きな問題が発生しております。これを社会的費用と、車による社会的費用というふうに言えますが、一つは交通安全、道路建設整備、交通安全のための多大な費用、そして自動車事故による生命、健康の損傷、三番目には、自動車交通によっての公害の現象、環境の破壊。観光道路などによる自然破壊、そして道路混雑というふうにあります。この中で明らかにされていますが、自動車交通は自動車負担者が負担していない多額の社会的、先ほど言いました費用を発生し続けていて、まだまだ社会に対して本当に自動車社会、自動車交通が義務を負っているのかというのは、甚だ疑問でありますし、自動車利用者はその受ける恩恵、社会に与える外部不経済を精算しきってないというふうに思います。その一方で、鉄道やバスなど、公共機関はこれらのエネルギーを消費しますし、時には事故を起こしますが、しかし輸送人員あたりの輸送距離あたりの単位はとてもなく少なく、これから発生する外部不経済は自家用車あるいは自動車の交通に比べてはるかに小さいというふうに言えます。

 本来、このように日本の道路特定財源に対する考え方に対して、すでにヨーロッパや、あるいはアメリカ等でも出てますように、ガソリン税が単なる物品税ではなく、その使用にもたらせる環境負荷に対する償却税、環境税という考えが起こっており、これは自動車交通における環境負荷があまりにも多くなった時代における利用者の義務論に基づく既決だというふうに考えます。そして、近年では日本でも一部行われておりますけども、これらの道路特定財源から路面電車の維持、発展や、バス路線の拡充など、公共交通に用いれ始めているというふうに思います。

 ガソリン税に代表される、道路特定財源の使途を限定されない、一般財源化させるこの議論の中に、このような使われ方が一層、公共交通にシフトしていく議論が行われるべきであるというふうに思います。

 こうした考え方は、今年の5月に成立した、地域公共交通活性化再生に関する法律にも示され、広がっているというふうに思います。私は、これ以上の自動車道路建設による多額の社会費用の発生には反対ですし、道路整備だけによる快適な都市基盤整備の整ったまちづくりはあり得ない。むしろ、公共交通機関を含めた自動車との役割分担を含めた模索を始めるべきであり、この陳情の趣旨には心から反対を表明して、反対の討論を終わりたいと思います。

 ご賛同、よろしくお願いします。



○議長(佐々木博幸君) 次に、委員長報告に賛成の立場から、討論を許します。

 来海恵子議員。



◆12番(来海恵子君) 12番、来海です。陳情第5号、道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書について、賛成の立場から討論を行います。

 道路特定財源とは、道路の建設に使い道が限られた財源のことで、公共事業のうち、道路整備費として使われています。

 道路特定財源には、ガソリン税、自動車重量税、石油ガス税などがあり、2004年度予算では、国だけで3兆1,000億円、地方で2兆2,000億円を計上されています。これらの財源は、自動車燃料の使用や、車両の取得、保有によって課せられる税金であり、道路の整備に必要となる財源を安定的に確保しようとする狙いがあります。

 受益者負担の原則に基づき、道路の利用者(車両の保有者)がその利用に応じて負担する制度となっています。大部分は、道路の建設、整備に充てられるものの、使途は多岐にわたり、最近では地下鉄、モノレール、路面電車のインフラ整備や、連続立体交差事業(開かずの踏切の解消)、幹線道路沿いの光ファイバー網整備、まちづくり総合支援事業、DPF(ディーゼル微粒子除去装置)などの購入助成、ETC車両器リース制度などにも使用されています。

 使途は次第に拡大されていますが、根本は自動車ユーザーの利便性を向上するために充てられています。道路や自動車と、一見関係が薄いものも見られますが、道路混雑の緩和や、安全性向上により、自動車ユーザーの利便性向上が期待できるからとされています。

 また、本四公団の債務処理にも自動車重量税から2003年度以降、多額が充当されています。

 私は、昨年までは一般財源化に賛成でしたが、昨年末、女性議員が全国から集まり、道路特定財源の一般財源化について話し合ったとき、まだまだ地方は道路が整備されていない、地方には地方の事情があるという意見が多数出ました。そのとき、地方格差を是正するために、まずは目的税に沿い、道路をしっかり整備すべきだと考えを改めました。我が合志市も例外ではなく、交通網がネックになっています。新市建設計画の中にも、道路整備が描かれ、道路特定財源を充てることで企業誘致や少子高齢化時代の交通対策、LRT、東熊本市実現に一歩近づくと確信します。

 議員皆様のご賛同をお願いして、賛成討論を終わります。



○議長(佐々木博幸君) 続いて、委員長報告に反対の討論を許します。

 濱元幸一郎議員。



◆1番(濱元幸一郎君) 1番、日本共産党の濱元幸一郎です。私は、陳情第5号、道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書議決の要請について、反対の立場から討論を行います。

 無駄な公共事業への批判が高まる中で、見直しが問題になっているのが道路特定財源であります。税金は本来、国家のどの経費にも使われる一般財源という性質を持ちます。だから、特定財源、すなわち使い道を特定した税金は例外であり、それには特別の事情がなければなりません。

 道路特定財源は、1953年当時、国道や都道府県道の舗装率が5%以下という状況から、その早急な整備を目的として作られた制度であります。しかし今、国道、都道府県道の舗装率は96%に達しています。日本の面積あたりの道路密度も1平方キロ当たり3キロを超え、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなどの2倍から3倍になっています。このように見ると、道路を特別扱いする理由はなくなったと考えます。

 また、使途が限定されているために、税収が増えれば増えただけ道路をつくるという、無駄を拡大する原因の一つにもなっています。道路特定財源を充てて返済していた本四架橋の債務処理が平成18年度に終了したため、今年度は大幅な余剰が生じることになります。

 この道路特定財源の扱いを巡っては、昨年7月の骨太の方針2006では、一般財源化を図ることを前提に、早急に検討を進め、納税者の理解を得つつ、年内に具体案を取りまとめるとされていました。ところが、自民党の道路族議員や国土交通省、石油、自動車業界などの抵抗を受け、安倍首相は結局一般財源化を見送ってしまいました。

 今回出されている陳情は、生活不安に怯えている圧倒的多数の市民の求める要求とは程遠いもので、逆に自民党の族議員や関連業界、大企業の要望に一致する内容だと考えます。

 なお、一般財源化したら道路に回らなくなるかのような論調がありますが、むしろ現行の道路特定財源制度の下では、財源配分の国への偏りも続くことになり、かえって地方道路のための財源確保の展望は開けないのではないでしょうか。

 今日では、道路整備意外の少子化、高齢化対策や環境対策をはじめ、多様な政策課題に対応していかなければならない状況にあります。

 6兆円規模の道路特定財源を一般財源とし、道路以外の事業、とりわけ社会保障に財源を振り分けられるようにすることが必要だと考えます。

 よって、反対いたします。



○議長(佐々木博幸君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 これで、陳情第5号の討論を終わります。

 これで、討論を終了します。

 これから採決を行います。

 反対討論のありました、議案第41号、認定第1号、認定第2号、認定第4号、陳情第5号の5件を除き、議案第40号、議案第42号、議案第43号、議案第44号、議案第45号、認定第3号、認定第5号、認定第6号、認定第7号、認定第8号、陳情第2号、陳情第3号、陳情第4号。以上の13件を一括して採決します。

 お諮りします。

 本13件に対する各委員長の報告は可決及び認定並びに採択です。

 本13件は、各委員長報告のとおり、決定することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第40号、議案第42号、議案第43号、議案第44号、議案第45号、認定第3号、認定第5号、認定第6号、認定第7号、認定第8号、陳情第2号、陳情第3号、陳情第4号。以上の13件は、各委員長報告のとおり、可決及び認定、並びに採択されました。

 これから、反対討論がありました、議案第41号、平成19年度合志市一般会計補正予算(第4号)についてを、起立により採決します。

 本件に対する委員長の報告は可決です。

 本件は、各委員長報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。

                  (賛成議員 起立)



○議長(佐々木博幸君) 起立多数です。

 したがって、議案第41号については、各委員長報告のとおり可決されました。

 次に、反対討論がありました、認定第1号、平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算についてを、起立により採決します。

 本件に対する各委員長の報告は原案認定です。

 本件は、各委員長報告のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。

                  (賛成議員 起立)



○議長(佐々木博幸君) 起立多数です。

 したがって、認定第1号については、各委員長の報告のとおり、認定することに決定しました。

 次に、反対討論がありました、認定第2号、平成18年度合志市国民健康保険特別会計歳入歳出決算についてを、起立により採決します。

 本件に対する委員長の報告は原案認定です。

 本件は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。

                  (賛成議員 起立)



○議長(佐々木博幸君) 起立多数です。

 したがって、認定第2号については、委員長の報告のとおり、認定することに決定しました。

 次に、反対討論がありました、認定第4号、平成18年度合志市介護保険特別会計歳入歳出決算についてを、起立により採決します。

 本件に対する委員長の報告は原案認定です。

 本件は、委員長報告のとおり認定することに賛成の方は、起立願います。

                  (賛成議員 起立)



○議長(佐々木博幸君) 起立多数です。

 したがって、認定第4号については、委員長の報告のとおり、認定することに決定しました。

 次に、反対討論がありました、陳情第5号、道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書議決の要請についてを、起立により採決します。

 本件に対する委員長の報告は採択です。

 本件は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                  (賛成議員 起立)



○議長(佐々木博幸君) 起立多数です。

 したがって、陳情第5号については、委員長の報告のとおり、採択することに決定しました。

                ――――――○――――――



△日程第2 閉会中の継続審査申し出について



○議長(佐々木博幸君) これから、日程第2、閉会中の継続審査申し出についてを議題とします。

 本件につきましては、産業建設常任委員会に付託した事件のうち、陳情第6号、合志市須屋区内、下須屋地区内、須屋観音堂からファミリー銀行間における道路環境の整備に関する陳情について、引き続き審査が必要とするため、お手元に配布しております申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出が産業建設常任委員長から提出されています。

 お諮りします。

 産業建設常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、産業建設常任委員長からの申し出のとおり、陳情第6号については、閉会中の継続審査とすることに決定しました。

                ――――――○――――――



△日程第3 議員提出議案第6号 道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書」の提出について



○議長(佐々木博幸君) これから、日程第3、議員提出議案第6号、道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書の提出についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 木村祐一議員。



◆15番(木村祐一君) 議員提出議案第6号、道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書提出について、提案理由の説明をいたします。

 本件は、産業建設常任委員会での陳情の採択を受けて、意見書を国に対して提出しようとするものであります。

 本市における交通基盤は、国道387号線をはじめ、重要な路線の整備が遅れており、1日も早い整備が必要であります。その財源の確保は不可欠であります。

 よって、別紙意見書を国、関係機関に提出するものであります。

 ぜひ議員一同、ご賛同いただきますお願いいたしまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。



○議長(佐々木博幸君) 提案理由の説明が終わりましたので、これから質疑を行います。

 本件については、質疑の通告がありませんので、これで質疑を終わります。

 ここでお諮りします。

 ただいま議題となっております、議員提出議案第6号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、委員会付託を省略することに決定しました。

 引き続き、議員提出議案第6号について、審議します。

 これから、討論を行います。

 本件については、討論の通告がありますので、発言を許します。

 議案に反対の通告があります。

 神田公司議員。



◆11番(神田公司君) 神田です。議員提出議案第6号、道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書について、反対の討論を行います。

 これについては、先ほどの陳情第5号、道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書議決の要請のときに、反対の内容を述べましたので、省略します。

 議員の皆さんのご賛同、よろしくお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 次に、原案に賛成の通告があります。

 来海恵子議員。



◆12番(来海恵子君) 12番、来海です。

 先ほどの陳情第5号、道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書の賛成討論と全く趣旨が同じですので、省略させていただきます。

 議員皆様の賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 これで、討論を終わります。

 これから、議員提出議案第6号、道路整備の促進及び財源の確保に関する意見書の提出についてを、起立により採決します。

 本件は、原案のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。

                  (賛成議員 起立)



○議長(佐々木博幸君) 起立多数です。

 したがって、議員提出議案第6号については、原案のとおり可決されました。

                ――――――○――――――



△日程第4 議員提出議案第7号 平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算改善に関する意見書」の提出について



○議長(佐々木博幸君) これから、日程第4、議員提出議案第7号、平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算改善に関する意見書の提出についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 松下広美議員。



◆19番(松下広美君) 議員提出議案第7号、平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算改善に関する意見書の提出について、提案理由の説明をいたします。

 本件は、健康福祉常任委員会で陳情の採択を受けて、意見書を国に提出するものであります。

 全国的なハンセン病療養所入所者協議会の統一的な活動が行われておりまして、陳情は3件出ておりましたけれども、意見書は1件にまとめております。

 本市の菊池恵楓園においても高齢化が進み、入所者が不安のない生活を送るためには、医療や福祉の充実は欠かせないものでございます。

 よって、別紙意見書を国に提出するものであります。

 議員の皆様方にはご賛同をよろしくお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(佐々木博幸君) 提案理由の説明が終わりましたので、これから質疑を行います。

 本件については、質疑の通告はありませんので、これで質疑を終わります。

 ここでお諮りします。

 ただいま議題となっております、議員提出議案第7号については、議会規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、委員会付託を省略することに決定しました。

 引き続き、議員提出議案第7号について審議します。

 これから討論を行います。

 本件については、討論の通告がありませんので、これで討論を終わります。

 これから、議員提出議案第7号、平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算改善に関する意見書の提出についてを、採決します。

 お諮りします。

 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、議員提出議案第7号については、原案のとおり可決されました。

                ――――――○――――――



△日程第5 議案第46号 西合志中学校改築本体工事請負契約の締結」について



○議長(佐々木博幸君) これから、日程第5、議案第46号、西合志中学校改築本体工事請負契約の締結についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 大住市長。



◎市長(大住清昭君) それでは、議案第46号、西合志中学校改築本体工事請負契約の締結につきまして、ご説明を申し上げます。

 西合志中学校校舎は、建築後35年以上が経過し、老朽化が進み、また平成16年度に耐震診断調査を行った結果、耐震性能不足とあわせてコンクリート強度不足が指摘されたため、本年度から2カ年で改築するものでございます。

 去る8月29日に指名競争入札を行い、三ツ矢・酒井特定建設共同企業体が落札いたしましたので、現在、同企業体と仮契約を結んでいるところでございます。

 つきましては、地方自治法第96条第1項第5号の規定、並びに議会の議決に付すべき契約及び財産の取得及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定によりまして、議会の議決を経る必要がありますので、お願いをするものでございます。

 補足説明を担当部長よりさせますので、よろしくお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 安武総務企画部長。



◎総務企画部長(安武俊朗君) 補足説明の方をさせていただきます。

 追加議案書の1ページをお開きいただきたいと思います。

 契約の目的、西合志中学校改築本体工事でございます。契約の方法は指名競争入札、契約金額が6億9,615万円、契約の相手方が熊本市神水2丁目12番11号、三ツ矢・酒井特定建設工事共同企業体、三ツ矢建設株式会社、代表取締役社長、宮崎隆。

 1ページ開けていただきまして、3ページでございます。こちらの方に仮契約の伺いのコピーを付けてございます。開けていただきまして、4ページが仮契約書でございまして、工期の方が平成19年10月1日から平成20年の10月31日までとなっております。

 それから、5ページの方が指名の入札の参加者の一覧でございます。

 6ページの方が、開札調書でございます。

 7ページ以降が配置図、平面図、立面図等々でございます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 提案理由の説明が終わりましたので、これから質疑を行います。

 本件については、質疑の通告がありますので、通告順により、順次発言を許します。

 吉永健司議員。



◆10番(吉永健司君) 10番、吉永です。

 議案第46号、西合志中学校改築本体工事請負契約の締結について、質疑を行います。

 これ、以前の請負契約のときにもお聞きしたと思うんですけれども、JVの理由、またその基準ですね。それと、地元企業、合志営業所で1社だけ相手方として1つ入っておりますけれども、地元企業が入ってない理由について、お聞きいたします。



○議長(佐々木博幸君) 安武総務企画部長。



◎総務企画部長(安武俊朗君) お答えいたします。

 第1点目のJVの理由でございます。今回の西合志中学校の改築本体工事につきましては、予定価格が7億3,000万という大規模な工事でございまして、危険の分散を図り、工事を適正円滑かつ確実に施工するために、JVで行ったものでございます。

 基準としましては、合志市特定建設工事共同企業体運用基準を定めております。その中で、特定JVに発注することができる建設工事は、工事の種類及び規模等に照らし、共同企業体による施工が必要と認められる工事で、概ね3億円以上の規模のものとしているところでございます。

 また、この基準につきましては、構成員の組み合わせにつきましては、特定JVの結成理由でございます、確実かつ円滑に施工するために基づきまして、対象工事の格付けにおける最上位等級の企業での組み合わせということにしているところでございます。

 今回の工事にありましては、建設工事の最上位の等級でございますので、A1等級ということになりまして、このA1等級につきましては、この格付けについては、県の格付けを準用するとしているところでございます。

 それから、地元企業が入らない理由につきましてでございますけれども、今申しました、特定JVの場合、確実かつ円滑に施工するため、対象工事の格付けにおける最上位等級の企業での組み合わせといたしておりまして、今回の工事にありましては、建設工事のA1等級ということになりまして、A1等級を有する地元企業がないため、指名に入っていないということでございます。

 以上です。



○議長(佐々木博幸君) 吉永健司議員。



◆10番(吉永健司君) 今3億とおっしゃったですかね、その確認。それと、最上位等級A1がいないということですけど、今までJVを組むときにA1A1というのはなかなかなかったと思います。A1とプラスA2、もしくはB1と。そのためにJVを組んだと思うんですけども、いまいち同A1同士、これはA1同士ということで確認していいんですかね。それと、なぜA1同士でなければならなかったか。そこをもう一度お願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 安武総務企画部長。



◎総務企画部長(安武俊朗君) お答えいたします。

 第1点目、3億円以上ということで、概ね3億円以上ということで決めているところであります。

 それから、A1というのは、理由ということでございますけれども、先ほど申しましたとおり、確実かつ円滑に施工するためにA1以上というようなことで、基準で定めているというようなことでございます。A1同士ということで、基準で定めているということでございます。



○議長(佐々木博幸君) 吉永健司議員。



◆10番(吉永健司君) 終わります。



○議長(佐々木博幸君) 次に、神田公司議員。



◆11番(神田公司君) 議案第46号について、質疑を行います。

 まず、落札価格が予定価格に比べて0.95ということで、95%になっているということです。一般的にも、一般指名競争入札の有り様も含めて見直しが起こっておりますし、予定価格の公表もされてないことも含め、入札制度の有り様についてはですね、非常にこの95%、94%台ぐらいまでは、非常に談合というような疑いが、一般論です、これは証拠はありませんけども、多いというふうに思いますが、こういう落札価格の現状に対して、どのような認識があるのかということです。

 それと、一つはですね、今日がご存じのようにもう議会の最終日で、7億にわたるこの議案をですね、工事請負をしなければならない、もっとやはり総務企画部長はですね、議運で了解もらいましたからといっても、このようなのはやっぱり委員会の中できちっと設計の有り様を含めてですね、やらなければならないし、9月議会の日程はほぼわかっていたはずです。そうすると、やはり9月議会の冒頭できちっとですね、やっぱり出して、各委員会で、つまりこの問題は、学校給食とか様々な問題が設計の中に取り込まれている。それはもう教育長からもお聞きしております。つまり、重要なですね、多額な税金を使っての請負工事について、私たち議会が認めるわけですけども、今、連休前にいただいたとしてもですね、ほとんど審議する場がない、議会での責任を負ってきちっと議論する場がない中での提出のあり方というのは、議運ではなくて、執行部のですね、有り様がやっぱり問われる。この短時間の中で、次の議案も含めて10億以上のものをですね、認めていく、そして議会が通りましたから、議決したから急がなきゃならないということですから、当然ですね、9月議会、日程わかっていたわけで、それに合わせた入札なり、そういうことをきちっとやって、議会をやっぱり経て、この工事をですね、きっちりやっていかなければ、落札の有り様や含めて、全然点検ができないというふうに思っております。

 ということで、落札の価格と議案の提出の有り様について、お答えいただきたいと思います。



○議長(佐々木博幸君) 安武総務企画部長。



◎総務企画部長(安武俊朗君) お答えしたいと思います。

 落札価格につきましては、議員ご指摘のとおり95%程度の落札でございますが、設計当初、仕様書に基づき積算された妥当な入札額であるというふうに考えているところでございます。

 それから、今回の追加提案といたしました理由につきましては、8月22日が議会運営委員会でございまして、この入札につきましてが、8月の29日に予定しておりましたので、先ほど議員も触れられましたけども、議会運営委員会の承諾をいただきまして、追加提案という形にさせていただいたところでございます。

 以上でございます。



○議長(佐々木博幸君) 次に、神田公司議員。



◆11番(神田公司君) 議会があるのがわかってて、そういうふうにスケジュールを組まれたら議会の審議にきちっと通して、各委員会として通すような形でのですね、入札のあり方としてできなかったのかというふうに聞いているわけです。でないと、今日本当、短時間でこの膨大なところをですね、ほとんど見て質疑するといっても、何もほとんどできない状況です。それと、一般論と言いますけども、現実に90%台の落札については、非常に多くの疑念がやっぱりあって、やはりそれを払拭するためにもきちっとした審議の有り様なりをしなければならない。それと、先ほど吉永議員からも出ましたけど、A1同士で非常に県内の大手がジョイントベンチャーを組んでいるわけですけども、やはりそのようなあり方を含めても、こういうやりとりの中で決めていくということに対してですね、やっぱり改めるべきではないか。やっぱりこの議案の審議ではありますけども、落札価格や有り様を含めてですね、議会できっちり審議するという意味で言えば、今後やっぱり改めるべきではないかというふうに、私は思いますけど、いかがでしょうか。



○議長(佐々木博幸君) 安武総務企画部長。



◎総務企画部長(安武俊朗君) お答えしたいと思いますけれども、日程につきましてはですね、設計の準備ですとか、諸準備がございます。そういう関係で、議会の9月定例会の日程は当然わかっておりますことでございますけれども、この日程でないと、設計が仕上がらなかったというようなこともございます。そういうことで、こういうことの追加提案をさせていただいているといううようなことでございます。



◆11番(神田公司君) 終わります。



○議長(佐々木博幸君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 これで質疑を終わります。

 ここでお諮りします。

 ただいま議題となっております、議案第46号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、委員会付託を省略することに決定しました。

 引き続き、議案第46号についてを審議します。

 これから討論を行います。

 本件については、討論の通告はありませんので、これで討論を終わります。

 これから、議案第46号、西合志中学校改築本体工事請負契約の締結についてを採決します。

 お諮りします。

 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第46号については、原案のとおり可決されました。

                ――――――○――――――



△日程第6 議案第47号 西合志中学校体育館改築本体工事請負契約の締結」について



○議長(佐々木博幸君) これから、日程第6、議案第47号、西合志中学校体育館改築本体工事請負契約の締結についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 大住市長。



◎市長(大住清昭君) それでは、議案第47号、西合志中学校体育館改築本体工事請負契約の締結につきまして、ご説明を申し上げます。

 西合志中学校体育館は、建築後48年以上が経過し、老朽化が進み、また、耐力度調査の結果、鉄骨の腐食や柱の傾斜などで特に不具合がある、との調査結果を受けたため、本年度から2カ年で改築するものでございます。

 去る9月7日に指名競争入札を行い、株式会社日動工務店が落札いたしましたので、同社と仮契約を結んでいるところでございます。

 つきましては、前議案同様に、議会の議決を経る必要がありますので、議決のお願いをするものでございます。

 補足説明を、担当部長よりいたしますので、どうぞよろしくお願いします。



○議長(佐々木博幸君) 安武総務企画部長。



◎総務企画部長(安武俊朗君) 議案第47号の補足説明をさせていただきます。

 追加議案書の12ページでございます。

 契約の目的が、西合志中学校体育館改築本体工事。契約の方法、指名競争入札。契約金額が3億765万円。契約の相手方、熊本市水前寺公園28番10−301号、株式会社日動工務店、代表取締役、園田健治。

 14ページでございますが、仮契約についての締結の伺い、15ページの方が仮契約書でございまして、工期の方が平成19年10月1日から20年10月31日までとなっております。

 16ページが、指名競争入札の参加者一覧でございます。

 17、18ページが開札調書でございます。

 19ページからが施設の案内図、配置図から平面図、立面図となっているところでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 提案理由の説明が終わりましたので、これから質疑を行います。

 本件については、質疑の通告がありますので、通告順により、順次発言を許します。

 吉永健司議員。



◆10番(吉永健司君) 10番、吉永です。

 先ほどに引き続き、質疑を行います。

 JVでない理由ですね。最上位A1で、今回も設けられたと思うんですけれども、先ほどの答弁の中に3億円というお答えがありました。で、今度も3億円を超えております。しかし、JVではございません。今一度明確なお答えをいただきたいと思います。



○議長(佐々木博幸君) 安武総務企画部長。



◎総務企画部長(安武俊朗君) お答えいたしたいと思います。

 先ほど申し上げましたように、基準という形で、合志市特定建設工事共同企業体運用基準というような形で、概ね3億円以上という形で、この基準の中では定めておりますけれども、体育館につきましては、3億2,000万ということで、2,000万ほど超えておりますけれども、体育館ということでございまして、建築物の構造上、これまでも単独で発注を行っておりまして、そういう建物の構造上ということで、割とシンプルな建物でございますので、そういう関係でJVにはしなかったというようなことでございます。

 それから、地元企業が入らない理由につきましては、先ほど県の基準を準用しているというようなことで申し上げておりますけれども、運用につきましても、これを準用させていただいておりまして、県の方のその基準の方で、一応1億5,000万円以上の建築につきましては、A1以上というような形で定めてありますので、そういう形でさせていただいているというようなことでございます。



○議長(佐々木博幸君) 吉永健司議員。



◆10番(吉永健司君) 建物がシンプルだからとか、それもちょっといまいち私にはですね、理解できなかったんですけれども、金額で定めているはずですから、3億という金額で概ねということですけど、概ね3億円以上で定めてるということですよね。建物の構造で基準を定めているわけじゃないということだと、僕は理解できる、解釈しているんですけども、それで3億で、仕事がどうだからとかいうことで、JVを組むと。ただ、3億円を下回っているならまだしも、3億円を2,000万円以上超えているわけですからですね、予定価格でいえばもっと上がっているはずですから、今一度僕にはその、もう一度だけお答えください。その3億円はシンプルだから、ただ構造だけの理由でJVを組んだり組まなかったりするのかですね。

 それと、県の規定、1億5,000万ということでおっしゃっていますけれども、県の中でA2は2億ぐらいまで入っているわけですよね。そういうことも考えれば、地元企業でもできないところはないんじゃないかという気もしますし、もう少し、地元に対するやはり税金を持ち出すわけですから、地元に対するやっぱり企業育成ということももうちょっと考えてもよかったんじゃないかという気がしますけど、再度その3億円に対してのお答えをいただきたいと思います。



○議長(佐々木博幸君) 安武総務企画部長。



◎総務企画部長(安武俊朗君) お答え申し上げたとおりでございますけれども、基準としては概ね3億円ということになっておりますので、建物の構造を配慮して、今回についてはJVではなかったというようなことでございますし、先ほども申しましたように、県の運用基準を準用しているというような関係で、その定めの中に1億5,000万以上の建築資金についてはA1というような定めがございまして、今回はそういう形でさせていただいたとうようなことでございます。



◆10番(吉永健司君) 終わります。



○議長(佐々木博幸君) 次に、神田公司議員。



◆11番(神田公司君) 議案第47号の、西合志中学校の今度は体育館の本体工事の請負契約の締結についての質問になります。

 先ほどと同じです。先ほどのいわゆる西中のですね、本体工事の落札価格が0.9517ですね。今回が0.9568です。つまりですね、非常に95%前後で、私は偶然の一致だというふうに思わないんですよね。で、本当に両方合わせて今回、こっちの分は3億ですが、10億以上の膨大なお金を投入して、もちろん中学校の建て替えという大切ではありますが、そして12日にやられる。結局先ほどと議論、全く一緒なんですけども、そうして先ほどの質疑もそうですが、なぜJVなのか、今回はJVでないのか、設計の細かいところまで一切、ほとんどこういう質疑が事前に出さなければ、ほとんど点検できないということなんですけども、改めてお聞きしますけど、この落札価格については、妥当かどうか、あるいはどのようなお考えを持っているのか。お互い、両方ともですね、0.95、四捨五入すれば96というふうに今回なりますけども、96%、95%ということですが、これ偶然の一致なのか、あるいはこの程度でやはりどうしてもやはり話し合いが行われているのではないかと疑わざるを得ないんですが、ご見解、聞かせていただきたい。

 そして、こういう大事なですね、設計に対しての先ほども同じ質問になりますけども、議会への提出がですね、こういう形で行われて、こういう形での議決でやっていくということに対して、執行部として本当にいいのかどうか、お考えいただきたいと思います。



○議長(佐々木博幸君) 安武総務企画部長。



◎総務企画部長(安武俊朗君) 落札額についてのお尋ねでございますけれども、設計当初、仕様書に基づいて積算された妥当な入札額であると判断しておりますし、話し合いはなかったものということで考えているところでございます。

 それから、日程につきましては、9月の7日に入札をいたしておりますので、今回、追加というような形で議会運営委員会の了解を得て提案をさせていただいているというようなことでございます。



○議長(佐々木博幸君) 次に、神田公司議員。



◆11番(神田公司君) やはり、先ほども、もう繰り返しになりますけども、やはりこのような大きい、大型の公共事業をやり、それをやはり仔細にチェックしてですね、そして議会が了解するなり、これがおかしいという指摘をする間もなくこういう形で提出された有り様、それと落札価格はですね、95%前後でやられていることに対しては、非常にですね、疑念を持たざるを得ないというふうに指摘をしまして、質問を終わります。



○議長(佐々木博幸君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 これで質疑を終わります。

 ここでお諮りします。

 ただいま議題となっております、議案第47号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、委員会付託を省略することに決定しました。

 引き続き、議案第47号についてを審議します。

 これから討論を行います。

 本件については、討論の通告はありませんので、これで討論を終わります。

 これから、議案第47号、西合志中学校体育館改築本体工事請負契約の締結についてを採決します。

 お諮りします。

 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第47号については、原案のとおり可決されました。

                ――――――○――――――



△日程第7 議案第48号 菊池環境保全組合の規約の一部変更」について



○議長(佐々木博幸君) これから、日程第7、議案第48号、菊池環境保全組合の規約の一部変更についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 大住市長。



◎市長(大住清昭君) それでは、議案第48号、菊池環境保全組合の規約の一部変更につきまして、ご説明申し上げます。

 菊池環境保全組合の負担金については、均等割10%、利用割90%の負担割合により算定しておりますが、負担金から減額する収入済ごみ処分手数料については、事業系ごみ処分手数料単価のごみ処分経費に占める割合としています。負担金を算定する利用割90%は、家庭からのごみ量と事業系のごみ量も含んだごみ量としており、各市町のごみ量が大きく影響するものとなっております。このため、収入済ごみ処分手数料を減額していく方式を導入している同組合の負担割合の算定にあたっては、負担金から減額する収入済ごみ処分手数料の額についても収入済額の90%を対象とすることにより、利用割との均衡が図られ、関係市町の負担金が公平になるため、改正を行うものであります。

 つきましては、地方自治法286条第2項の規定により、同組合規約の一部変更を行いたく、地方自治法第290条の規定により、同文議決をお願いするものでございます。

 補足説明を担当部長よりいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(佐々木博幸君) 園田市民部長。



◎市民部長(園田康通君) それでは、議案第48号の菊池環境保全組合の規約の一部変更につきまして、補足申し上げます。

 規約改正につきまして、文言だけでは皆さん方に理解しにくいかと思いますので、現状での試算を行なってみましたので、数字を示しながら説明してまいります。

 現在、事業所ごみにつきましては事業所が処理場に搬入する際、トン当たり2万1,000円を組合が徴収しまして、受け入れておる状況でございます。しかし、このごみ処理経費は事業所が所属する市町の負担金の中に既に含まれておりまして、構成事業所から徴収いたしますと、二重納付ということになりますので、事業所から徴収しましたトン当たり2万1,000円は、所属市町に属する事業所が搬入しましたごみの量に応じまして返還するものでございます。

 従来の改正前の計算方式で計算しますと、共通経費としまして、組合が24.6%、残りの75.4%を構成市町へ返還しておったのでございますが、今回の改正で、共通経費としまして、組合が10%、残りの90%を搬入量に応じまして構成市町へ返還するものと改正されるものでございます。

 ちなみに、これを18年度の実績で試算してみますと、平成18年度中に保全組合が受け入れた全体の事業所ごみの量が9,414トン、徴収金額にしまして、1億8,207万5,828円となっております。これを、従来の計算方式で計算しますと、構成市町への返還金は、1億3,911万5,604円となりますが、改正後の方式にしますと、1億6,386万8,245円の返還額となっております。従来よりも、今回の改正後の方式が2,475万2,641円ほど構成市町に返還される金額が増額となってまいります。

 それでは、改正後、合志市の状況がどのようになるのかといったことにつきまして、試算をやってみました。

 合志市の事業所からの搬入量は、昨年2,313トンとなっております。従来の算定方式で試算してみますと、合志市の場合は3,422万2,439円でございましたが、今回の改正後の計算で行いますと、4,031万1,588円となりまして、従来方式よりも608万9,149円の増額として返還されることとなっております。

 ご承認いただければ、改正後の方式で今後、計算がなされて返還されるものと思いますけれども、今後、これにつきましては今後、本市が支払います保全組合の負担金から相殺するというものでございます。

 以上のような状況でございます。以上で説明を終わります。



○議長(佐々木博幸君) 提案理由の説明が終わりましたので、これから質疑を行います。

 本件については、質疑の通告がありますので、これを許します。

 池永幸生議員。



◆16番(池永幸生君) 丁寧な説明、ありがとうございました。このまま聞けば私の頭でも理解できました。何ら聞くことがございません。

 終わります。



○議長(佐々木博幸君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 これで質疑を終わります。

 ここでお諮りします。

 ただいま議題となっております、議案第48号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、委員会付託を省略することに決定しました。

 引き続き、議案第48号についてを審議します。

 これから討論を行います。

 本件については、討論の通告はありませんので、これで討論を終わります。

 これから、議案第48号、菊池環境保全組合の規約の一部変更についてを採決します。

 お諮りします。

 本件は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第48号については、原案のとおり可決されました。

                ――――――○――――――



△日程第8 閉会中の所管事務継続調査の申し出について



○議長(佐々木博幸君) これから、日程第8、閉会中の所管事務継続調査の申し出についてを議題といたします。本件につきましては、柏尾総務委員長、木村産業建設委員長、松下健康福祉委員長、坂本文教委員長、木場田議会運営委員長から、会議規則第106条の規定により、お手元に配布のとおり、所管事務について、継続調査の申し出があります。

 これを承認することにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、本件は承認されました。

                ――――――○――――――



△日程第9 議員の派遣について



○議長(佐々木博幸君) これから、日程第9、議員の派遣についてを議題といたします。

 本件については、お手元に配布しておりますとおり、熊本県市議会議長会等の開催が計画されております。会議規則第162条の規定により、関係議員を派遣したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、熊本県市議会議長会等に関係議員を派遣することに決定しました。

 なお、新たに議員派遣が生じたときや、議員派遣する場合において、諸事情により期間や派遣場所、または派遣議員等の変更が生じる場合は、その変更にあたっては議長に一任をいただきたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐々木博幸君) 異議なしと認めます。

 したがって、新たに議員派遣が生じたときや、議員派遣する場合において、諸事情により、期間や派遣場所、または派遣議員等の変更が生じる場合は、その変更にあたっては議長に一任することに決定しました。

                ――――――○――――――



○議長(佐々木博幸君) これで、日程の全てが終了しましたので、議事を閉じます。

 閉会するにあたり、大住市長から発言を求められております。

 これを許します。

 大住市長。



◎市長(大住清昭君) 9月定例会の閉会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今期定例会は、9月に入りましても連日30度を超す真夏を思わせる残暑が厳しい中での議案審議で、大変皆様方にはお疲れさまでございました。

 議案につきましては、執行部提案の全てをご決定、ご認定いただきまして、誠にありがとうございます。特に、各会計の決算につきましては、厳しい財政状況の中で、いろいろな論議がされ、財政の健全化について、なお一層の取り組みの強化を覚悟したところであります。

 男女共同参画まちづくり条例につきましても、市、市民、事業者等の責務を細分化され、男女がともに支え合い、志を高めるまちづくりを目標に、人間の尊厳が最大限尊重される合志市となるよう、日常的な努力を積み重ねていく所存であります。

 また、定例会の審議の過程でご指摘いただいたことや、一般質問での質問やご提案につきましては、今後の行政運営や政策立案の中で生かしていきたいというふうに思います。

 9月も終わりに近づき、これからベストシーズンになり過ごしやすくなります。公的にも私的にも何かと多忙な季節になるかと思いますが、議員の皆さん方のますますのご活躍とご健勝をご祈念いたしまして、閉会のごあいさつといたします。

 どうもありがとうございました。



○議長(佐々木博幸君) 平成19年第3回合志市議会定例会を閉会するにあたり、一言ごあいさつを申し上げます。

 今期定例会は9月4日から始まりまして、本日25日まで22日間の会期でありました。会期中は、連日猛暑が続き、執行部、議員の皆様方も体調管理に苦慮されたことと存じます。

 本定例会では主に昨年度の決算関係、そして条例、補正予算、陳情などが提出されたわけですが、この議案等に対する慎重審議、お疲れさまでした。

 提出されました議案等は陳情1件が継続審査となりましたが、他の案件はいずれも可決、認定、採択となりました。

 議案審議の過程で、あるいは一般質問などでいろいろな意見要望がありました。市長はじめ執行部の皆さん方には、このような点を十分検討され、適切な市政運営にあたっていただきたいと存じます。

 今、合志市の基本構想など、策定作業が佳境に来ております。また、本年度も6カ月を経過し、それぞれの事業推進についても積極的な取り組みをお願いしておきたいと思います。

 お陰様で本日ここに、全日程を終了し、閉会できますことは、皆様方のご理解とご協力の賜物であり、深甚なる敬意を表したいと思います。

 最後に、皆様方のご健勝とさらなるご活躍をご祈念申し上げまして、閉会のことばといたします。

 ありがとうございました。

                      

                  午後0時42分 閉会



地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





 合志市議会議長   佐々木 博 幸





 合志市議会議員   辻   敏 輝





 合志市議会議員   島 田 敏 春









            平成19年第3回定例会議案議決事件名一覧表
(市長提出)
┌───────┬───────────────────────┬─────────┬────────┐
│ 議案番号等 │       事   件   名       │  議決年月日  │  議決の結果  │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│ 承認第 6号 │専決処分(平成19年度合志市一般会計補正予  │         │        │
│       │算(第3号))の承認             │ 平成19年9月 4日 │  原案承認  │
│       │  (専決第1号 平成19年7月30日専決)     │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│ 議案第40号 │合志市男女共同参画まちづくり条例       │ 平成19年9月25日 │  原案可決  │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成19年度合志市一般会計補正予算      │         │        │
│ 議案第41号 │                       │ 平成19年9月25日 │  原案可決  │
│       │(第4号)                  │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成19年度合志市国民健康保険特別会計補正  │         │        │
│ 議案第42号 │                       │ 平成19年9月25日 │  原案可決  │
│       │予算(第1号)                │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成19年度合志市老人保健特別会計補正予算  │         │        │
│ 議案第43号 │                       │ 平成19年9月25日 │  原案可決  │
│       │(第1号)                  │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成19年度合志市介護保険特別会計補正予算  │         │        │
│ 議案第44号 │                       │ 平成19年9月25日 │  原案可決  │
│       │(第2号)                  │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成19年度合志市下水道特別会計補正予算(  │         │        │
│ 議案第45号 │                       │ 平成19年9月25日 │  原案可決  │
│       │第1号)                   │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│ 議案第46号 │西合志中学校改築本体工事請負契約の締結    │ 平成19年9月25日 │  原案可決  │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │西合志中学校体育館改築本体工事請負契約の締  │         │        │
│ 議案第47号 │                       │ 平成19年9月25日 │  原案可決  │
│       │結                      │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│ 議案第48号 │菊池環境保全組合の規約の一部変更       │ 平成19年9月25日 │  原案可決  │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│ 認定第 1号 │平成18年度合志市一般会計歳入歳出決算    │ 平成19年9月25日 │  原案認定  │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成18年度合志市国民健康保険特別会計歳入  │         │        │
│ 認定第 2号 │                       │ 平成19年9月25日 │  原案認定  │
│       │歳出決算                   │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成18年度合志市老人保健特別会計歳入歳出  │         │        │
│ 認定第 3号 │                       │ 平成19年9月25日 │  原案認定  │
│       │決算                     │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成18年度合志市介護保険特別会計歳入歳出  │         │        │
│ 認定第 4号 │                       │ 平成19年9月25日 │  原案認定  │
│       │決算                     │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成18年度合志市下水道特別会計歳入歳出決  │         │        │
│ 認定第 5号 │                       │ 平成19年9月25日 │  原案認定  │
│       │算                      │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成18年度合志市農業集落排水特別会計歳入  │         │        │
│ 認定第 6号 │                       │ 平成19年9月25日 │  原案認定  │
│       │歳出決算                   │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│ 認定第 7号 │平成18年度合志市水道事業会計決算      │ 平成19年9月25日 │  原案認定  │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│ 認定第 8号 │平成18年度合志市工業用水道事業会計決算   │ 平成19年9月25日 │  原案認定  │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│ 報告第 7号 │平成18年度合志市一般会計継続費精算の報告  │ 平成19年9月10日 │  報告終了  │
└───────┴───────────────────────┴─────────┴────────┘


(陳情・要望等)
┌───────┬───────────────────────┬─────────┬────────┐
│ 議案番号等 │       事   件   名       │  議決年月日  │  議決の結果  │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算改  │         │        │
│ 陳情第 2号 │                       │ 平成19年9月25日 │  採  択  │
│       │善に関する要請書               │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│ 陳情第 3号 │平成20年度在園保障問題等に関する要請書   │ 平成19年9月25日 │  採  択  │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │平成20年度ハンセン病盲人関係予算改善に関  │         │        │
│ 陳情第 4号 │                       │ 平成19年9月25日 │  採  択  │
│       │する要請書                  │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │「道路整備の促進及び財源の確保に関する意見  │         │        │
│ 陳情第 5号 │                       │ 平成19年9月25日 │  採  択  │
│       │書」議決の要請                │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │合志市須屋区内下須屋地区内(須屋観音堂〜フ  │         │        │
│ 陳情第 6号 │ァミリー銀行間)における道路環境の整備に関  │ 平成19年9月25日 │  継続審査  │
│       │する陳情                   │         │        │
└───────┴───────────────────────┴─────────┴────────┘


(議員提出)
┌───────┬───────────────────────┬─────────┬────────┐
│ 議案番号等 │       事   件   名       │  議決年月日  │  議決の結果  │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│       │議会運営委員会委員の補充選任         │         │ 濱元幸一郎議員 │
│選任第3号  │ 議会運営委員会正副委員長互選結果報告    │ 平成19年9月 4日 │        │
│       │ 委員長 木場田孝幸 副委員長 吉廣満男    │         │  選  任  │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│議員提出   │「道路整備の促進及び財源の確保に関する意見  │         │        │
│       │                       │ 平成19年9月25日 │  原案可決  │
│ 議案第6号 │書」の提出                  │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│議員提出   │「平成20年度ハンセン病療養所の医療と予算  │         │        │
│       │                       │ 平成19年9月25日 │  原案可決  │
│ 議案第7号 │改善に関する意見書」の提出          │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│閉会中の継続 │                       │         │        │
│       │(陳情第6号)産業建設常任委員会       │ 平成19年9月25日 │  承  認  │
│審査の申し出 │                       │         │        │
├───────┼───────────────────────┼─────────┼────────┤
│閉会中の所管 │各常任委員会                 │         │        │
│事務継続調査 │                       │ 平成19年9月25日 │  承  認  │
│の申し出   │議会運営委員会                │         │        │
├───────┴───────────────────────┼─────────┼────────┤
│  議員の派遣について                    │ 平成19年9月25日 │  派遣決定  │
└───────────────────────────────┴─────────┴────────┘