議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 天草市

平成23年 6月 定例会(第2回) 06月10日−02号




平成23年 6月 定例会(第2回) − 06月10日−02号







平成23年 6月 定例会(第2回)



        平成23年第2回天草市議会定例会会議録

1.議事日程(第2号)
                平成23年6月10日(金曜日)午前10時開議
 第1 報告第1号 専決処分事項の報告について
 第2 報告第2号 専決処分事項の報告について
 第3 報告第3号 繰越明許費繰越計算書の報告について(平成22年度天草市一般会
          計)
 第4 報告第4号 繰越明許費繰越計算書の報告について(平成22年度天草市公共下
          水道事業特別会計)
 第5 報告第5号 繰越明許費繰越計算書の報告について(平成22年度天草市簡易水
          道事業特別会計)
 第6 報告第6号 繰越明許費繰越計算書の報告について(平成22年度天草市歯科診
          療所特別会計)
 第7 報告第7号 繰越計算書の報告について(平成22年度天草市病院事業会計)
 第8 報告第8号 繰越計算書の報告について(平成22年度天草市水道事業会計)
 第9 報告第9号 財団法人天草下島北部地域観光振興公社の経営状況の報告につい
          て
 第10 報告第10号 株式会社くらたけの経営状況の報告について
 第11 報告第11号 株式会社うしぶかの経営状況の報告について
 第12 報告第12号 株式会社プラスファイブの経営状況の報告について
 第13 報告第13号 有限会社愛夢里の経営状況の報告について
 第14 議第57号 専決処分事項の承認について(天草市国民健康保険税条例の一部を
         改正する条例)
 第15 議第58号 専決処分事項の承認について(天草市国民健康保険条例の一部を改
         正する条例)
 第16 議第59号 専決処分事項の承認について(天草市税条例の一部を改正する条例
         )
 第17 議第60号 天草市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定
         について
 第18 議第61号 天草市税特別措置条例の一部を改正する条例の制定について
 第19 議第62号 天草市議会の議決に付すべき事件に関する条例の制定について
 第20 議第63号 天草市福祉有償運送運営協議会条例を廃止する条例の制定について
 第21 議第64号 天草市立小・中学校設置条例の一部を改正する条例の制定について
 第22 議第65号 あらたに生じた土地の確認について
 第23 議第66号 字の区域の変更について
 第24 議第67号 熊本県市町村総合事務組合規約の一部変更について
 第25 議第68号 平成23年度天草市一般会計補正予算(第1号)
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
2.本日の会議に付したる事件
   議事日程のとおりである。
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
3.出席議員は次のとおりである。(29名)
  1番 本 田 武 志 君             2番 松 江 雅 輝 君
  3番 鶴 戸 継 啓 君             4番 濱 洲 大 心 君
  5番 福 嶋 啓 子 君             6番 奈良? 利 幸 君
  7番 黒 田 忠 広 君             8番 浜 崎 義 昭 君
  9番 古 賀 源一郎 君             10番 中 尾 友 二 君
  11番 宮 下 幸一郎 君             12番 勝 木 幸 生 君
  13番 若 山 敬 介 君             14番 蓮 池 良 正 君
  15番 船 辺   修 君             16番 中 村 三千人 君
  17番 鎗 光 秀 孝 君             18番 赤 木 武 男 君
  19番 田 中   茂 君             20番 池 田 裕 之 君
  21番 脇 島 義 純 君             22番 平 山 泰 司 君
  23番 中 村 五 木 君             24番 楠 本 千 秋 君
  25番 大 塚 基 生 君             27番 江 浦 政 巳 君
  28番 ? ? 昭 臣 君             29番 北 野 鋼 一 君
  30番 池 田 次 人 君
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
4.欠席議員は次のとおりである。(1名)
  26番 吉 川 ? 澄 君
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
5.説明のため出席した者の職氏名
  市長      安 田 公 寛 君   副市長     古 田 勝 人 君
  教育長     岡 部 紀 夫 君   総務部長    鶴 田 謹 一 君
  財務部長    酒 井 秀 則 君   企画部長    金 子 邦 彦 君
  健康福祉部長  池 ? 一 彦 君   市民環境部長  池 林 通 秋 君
  経済部長    野 嶋 義 澄 君   建設部長    江 ? 和 男 君
  水道局長    竹 林 良 高 君   教育部長    坂 本 安 敏 君
  病院事業部長  田 代 隆 一 君   会計管理者   嶺     力 君
  牛深支所長   中 原 誠 也 君   有明支所長   堀 口   仁 君
  御所浦支所長  長 塚 信 弘 君   倉岳支所長   歳 川 喜三生 君
  栖本支所長   倉 田   徹 君   新和支所長   浦 田   亨 君
  五和支所長   岩 崎 周 司 君   天草支所長   山 口 義 久 君
  河浦支所長   久 保   滋 君   総務課長    金 子 正 秀 君
  財政課長    平 嶋 弘 一 君   秘書課長    宮 ? 哲 彦 君
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
6.職務のため出席した事務局職員の職氏名
  首席審議員
          濱   仙 明 君   議事調査係長  森 下 洋 一 君
  議会事務局長
  庶務係長    平 山 高 広 君   主任      佐 尾 秀 和 君
  主査      石 田 健 作 君




             午前10時00分 開議

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(本田武志君) おはようございます。定足数以上の御出席でありますので、再開いたします。ただいまから本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に印刷配付してあるとおりであります。

 なお、本日の日程は質疑となっておりますが、先日、議会運営委員会で御協議いただきました結果、議第57号、議第58号、議第59号及び議第67号、以上4件につきましては、委員会の審査を省略し、本日議決することに御了解をいただき、質疑の回数を3回まで許可することで協議が整っておりますので、よろしく御協力をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−

 諸般の報告



○議長(本田武志君) 諸般の報告。

 議事に入ります前に、市長から発言の申し出があっておりますので、これを許します。

 安田市長。

     [市長 安田公寛君 登壇]



◎市長(安田公寛君) おはようございます。諸般の報告をいたします。

 去る6月8日、東京において開催されました、第81回全国市長会通常総会の概要につきまして御報告を申し上げます。

 会議は、会長あいさつの後、東日本大震災の被災地を代表して、宮城県仙台市の奥山市長から被災地の現状報告と全国各地からの支援に対するお礼、さらには、被災地の復興に向けた国を挙げての早急な支援の取り組みのお願いがあり、続いて、菅内閣総理大臣及び片山総務大臣の来賓祝辞がありました。開会行事終了後、議事に入り、会務報告、平成21年度全国市長会決算報告、平成23年度全国市長会予算承認に続いて、各委員長から前日開催された所管の各委員会での各支部提出議案の審議過程及び結果の報告があり、慎重審議の結果、提出された87件の議案と東日本大震災に関する緊急決議ほか、4件の決議案がいずれも原案のとおり可決・承認されました。

 続いて、役員改選が行われ、会長に森長岡市長が再選されたほか、副会長に各支部から推薦された9市長が選任されました。

 以上で、諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 報告第1号専決処分事項の報告について



○議長(本田武志君) 日程第1、報告第1号専決処分事項の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 1カ月以上前、先月、本市の職員の方が事故に遭遇されてお亡くなりになりました。謹んで哀悼の意を表しますとともに、早くその事件が解決することを願うものであります。

 この1号、2号は、公用車にかかわる損害賠償の件でありますが、まず1号について、先日過失割合が50対50ということだったんですけども、損害賠償額が書いてある金額でありますが、この場合にはどう理解すればいいのか。被害は先方が高かったということなのか。

 それから、公用車にかかわる修理等々はどうだったのかお願いしたいと思います。

 それから、公用車事故や公務中の交通事故に関して、損害賠償のある場合は報告をしていただくわけですが、そういうものがない場合に、公用車だけの修理に終わる場合もあるのかもしれませんけれども、そういう共済から給付される事例があっているのか。直近でいいですので御紹介ください。



○議長(本田武志君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) お答えをいたします。

 今回の事故につきましては、公用車の損害額と相手車両の損害額が異なっております。仮に、その双方の損害額が同額の場合は、お互いに責任額を相殺し、損害賠償額が発生しないなどのケースも出てまいりますけれども、今回は、過失割合によりまして、それぞれの責任額を損害額として支払うために、各自の負担金を相殺し、結果として相手方車両への損害額が大きいために、差額を損害賠償の額として本市が相手方に支払うものでございます。また、公用車の修理費用につきましては、2万1,315円でございます。過失割合の50%相当の1万658円を相手方から受領し、残額は全国市有物件災害共済会から補てんをされております。

 次に、公用車のみの修理の件でございますけれども、市の加入しております全国市有物件災害共済会の自動車損害共済の補償内容は、車両共済と賠償共済があります。車両本体の事故につきましても、給付をされることになっております。

 以上でございます。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 金額等細かいのはいいですけど、事例の件数としては世間相場並みにやっぱり高齢者も巻き込まれることもあると思いますので、それなりに発生しているんですか。例えば、昨年1年間ぐらいで、その今のことにかかわったような件数でどのくらいありますか。まあなければ幸いですけど。



○議長(本田武志君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) 21年度が30件、22年度が22件、それから本年度に入りまして2件発生をいたしております。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。23番中村五木君。



◆23番(中村五木君) 関連でちょっとお尋ねしたいんですが、何日前か知りませんけど、新聞報道等でこの職員の交通違反とか、事故等で、私もよく詳細は知らないんですが、日曜日に何かスピード違反を起こしになった職員さんがおいでになって、そして、その処分として、上席者が何か処分をなさったということですが。大変我々の今までの認識からしますと、その通常、個人の休暇日にそういう違反を起こされて、上席者まで訓告か戒告か知りませんけど、そういう注意をなさったということですが、それどういうあれなんでしょうか。これからそういう形でどんどんおやりになるのか。それがその交通事故じゃなくして、いろいろな刑事事件とかいろいろなものが起きても、そっちに波及していくのかということですよね。上席者としてどこまで、じゃあ個人的な自分の部下の、地方公務員である職員の方々の身分を、どこまで管理できるのかという問題は大変難しい問題もあろうかと思ってですね、大変珍しいケースで、初めて私もお聞きしたもんですから、その辺ちょっと今部長がお持ちの資料だけでよございますから、お話いただければと思っております。



○議長(本田武志君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) 今、御指摘がありましたように、新聞報道等もありましたけれども、職員のいわゆる交通違反でございます。交通違反もこう表現があまり適切ではございませんけれども、10キロ、15キロ程度の交通違反、それから30キロ以上の交通違反というのが出てまいります。今回の分は、30キロを超えるスピード違反だったために、いわゆるその切符を切られるということでなくて、検挙ということになってまいります。市のほうでは、いわゆるその非行為ということで、その罰則に値するような行為につきましては、基準を定めておりますけれども、この非行為に該当する場合は、当該職員の処分並びに上司である管理職等の管理処分というようなことも行っております。ただ、今お話がありましたように、休日であるとか、時間外であって、いわゆるその職員のプライベートな時間に起こった場合にも、その管理職に管理という部分での責任を問うのはいかがか、というようなその課題といいますか、問題点も私どもの中でも認識はいたしております。ただ、一般的に私たち公務員といたしましては、全体の奉仕者というようなものが地方公務員法でも定められておりますので、やはり勤務時間中、勤務時間外ともに注意する必要があるというような観点から、現時点では管理職の訓告ということもいたしておりますけれども、今後の管理職に対するこの訓告等につきましての処分のあり方については、検討していくことも必要になってくるのかなというふうには考えております。

 以上です。



○議長(本田武志君) 23番中村五木君。



◆23番(中村五木君) 今、部長の説明でよくわかりました。ただですね、私があえてここで御質問申し上げたのは、いかにその、やっぱり公務員といえども、やっぱり個人が目の届かない、自分の行動において、それは当然本人はそれだけの処分をなさるってことは、それはもう当然のことだと思うんですね。これはやっぱりそういう処分も規則の中で十分やっていかないと、個人については。しかし、その全く目の届かないところ、自分がその個人に与えられた自由な時間の範囲内で起きたものについて、やはり職場の上席者がどこまで責任をとるかというのは、大変これ難しいと思うんですね。ですから、交通事故に限ってということはできないんですよ、これ通常。やはり地方公務員として、やはりあるべき姿ということからきますと、ほとんどのものにかかわってくるということなんです。ですから、大変難しい問題だから、やっぱり今後、やはり本当に今おっしゃったように、本当によく検討して、やはりあまり私は使ってほしくないっていうような気もいたします。そうしないと、なかなかどこで線引きをするかというのは、大変難しい問題が出てくるんじゃなかろうかと。交通事故だけでいくというならいいですが。それ一たんやった以上は交通事故だけじゃだめなんですね、これ。全部照らし合わせて、やはり上席者の処分も常に考えていかないかんということになってきますので、今後はやっぱりこれ、もうちょっと私は検討に値するものじゃないだろうかと思っておりますので、職員の方も自分の時間もないような気もしますよ。自分の部下が知らないところで起こすことについてですよ。やはり自分のことは自分が責任とるというのが、私は人間社会と思っているんです。職場であったことは、それは当然、組織として責任をとる。個人でやったことは個人でとるのが、私はまず一番じゃろと思ってますから、その辺ですね、私が言うことはどうか、まあ規則があるわけですから、規則に照らしておやりになったなら、やはりもう少し規則をしっかり検討なさる必要があるんじゃなかろうかという気もしますので、ひとつ、御検討なさっていただきますように要望いたしときます。

 よろしくお願いします。



○議長(本田武志君) ほかに質疑ありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 報告第2号専決処分事項の報告について



○議長(本田武志君) 日程第2、報告第2号専決処分事項の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、順次発言を許します。

 4番濱洲大心君。



◆4番(濱洲大心君) 先ほどの報告第1号に引き続いてですけども、今回のこの事故の報告内容から見ますと、道路をふさぐ状態で停止とありますので、かなり激しくガードレールに接触したのではないかと、私は思ったんですけども、そのときの職員の方はどのような状態で運転をされていたのでしょうかね。例えば、脇見運転とか、ないと思いますけども、携帯電話の使用などがあったんじゃないでしょうか。御説明お願いいたします。



○議長(本田武志君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) お答えをいたします。

 運転者本人に事故後に確認をいたしておりますけれども、本人は事故当時の状況は全く覚えていないというようなことでございます。同乗しておりました職員もおりますけれども、事故当時、そのいわゆる脇見運転であるとか、携帯電話の使用はなかったという報告を受けております。それから、健康上におきましても、特に問題もなく、いわゆる薬あたりをその常時飲んでるような状態でもなかったということでございます。

 以上です。



○議長(本田武志君) 4番濱洲大心君。



◆4番(濱洲大心君) 今、御説明いただきましたけども、事故当時のことをあまり覚えていないということで、先般、新聞に載ってたクレーン車が、小学校の児童のところに飛び込んだ事故もあったと思いますけども、あのときも運転手さんは時々意識をなくされるような方だったんで、その辺も重々、行政のほうもしっかり指導のほうをお願いいたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(本田武志君) 次に、14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 交通事故は加害者も被害者も大変不幸だと思いますけども、この例の場合は、偶発的な発生なのかというそもそもの疑問があります。ただいまもありましたけど、私はその業務上の影響ですね、その方がどういう業務か知りませんけど、過労などは考えられないのか。一応分析してあると思いますので、お答えいただければと。

 それから、公用車の修繕等にかかった費用は幾らと積算をされているのか、お願いします。



○議長(本田武志君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) お答えをいたします。

 1点目のその業務上の影響あたりの件でございますけれども、その、いわゆるその交通事故の発生には人的要因とか、車両的要因、それから環境的要因の3つの要因がかかわっているといわれておりますけれども、今回の事故につきましては、先ほども申しましたように、特段のことは本人の自覚にもあっておりませんけれども、運転者による判断であるとか、操作ミスなどによる人的要因ではなかろうかなというふうに考えております。先ほども申しましたけれども、本人でありますとか、同乗者、それから職場等からも、いわゆるその過労などで業務上の影響はなかったというふうなことを聞いております。

 それから、2点目のその公用車の修繕の件でございますけれども、本市公用車につきましては、修理不能というようなために廃車をし、修理は行っておりません。

 以上です。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) ここでせんさくするつもりは全くありませんので、再発防止という意味でですね、やはり衛生管理といいますか、どう生かしていくかということで質疑をしているわけですけれども、なかなか今のお話聞くだけでもようわからんわけですね。ですから、常日ごろ、さっき言うたのは被害者のほうですけれども、できるだけそういう災難に遭わないように、もう加害者にもならないようにということは、どの職場でも言われていると思うんですが、こういうのがあるときに、総務部長が代表して頭を下げらすわけですけど、まあそれはそれとして大事なのかもしれませんけど、どういうこう再発防止をですね、厳しくせろというだけではかけ声だけに終わってしまいますので、疲れ過ぎないようにとかですね。個々のやっぱり配慮が必要なんだろうと思います。

 それから、滅失額的なものでいうとどうなのか。それからガードレール等々のこうそういうのもあるわけでしょう。いわゆる賠償的な、それはいいんですか。今回の場合はよかっですか。



○議長(本田武志君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) 確かに、その天草市となりまして、市の区域が広がったり、職員数、公用車も多くある中で、確かに、公用車によります交通事故が多いのも事実でございます。例年、4月に本庁・支所を問わずに、各課単位で交通違反をしない、交通事故防止に最善の注意を払うなどということを目的に全職員の記名、押印による職員申し合わせをして、事故防止に努めておりますけれども、今回みたいに油断と申しますか、漫然運転といいますか、交通事故を起こしまして、相手の方を初め、議員の皆様にまで御迷惑をおかけしますことを改めて申しわけなく思っております。

 今年度も交通事故あるいは交通違反の防止を目的に、警察署でありますとか関係機関にもお願いをいたしまして、職員研修でありますとか、交通安全教育をさらに徹底してまいりたいと思っておりますけれども、何よりもその職員一人一人が交通事故や交通違反の防止に強い自覚を持って、日々の生活を営むことが重要であると考えておりますので、今後も部長、支所長会を初め、さまざまな機会をとらえながら職員の指導に努めてまいりたいというふうに考えております。

 よろしくお願いいたします。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑ありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 報告第3号繰越明許費繰越計算書の報告について(平成22年度天草市一般会計)



○議長(本田武志君) 日程第3、報告第3号繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 主に3点お尋ねします。

 まず、一つは、ナンバー18の?津漁港漁業集落環境整備事業で関係機関との協議に不測の日数を要したとあるわけですが、地質調査は年度内に終了したのか。それから、2月の重要景観指定がありましたけれども、こういうのは設計に反映するようにされるんだろうと思うんですが、そこんところをお願いします。

 それから、二つ目に、ナンバー21ですが、白木河内西高根線、読み方はちょっと自信ありません。道路改良交付金事業で国からの交付決定が12月末となって云々と、年度内が完了困難になったとあるわけですけど、これは国の事情といえばそれまででしょうばってん、なぜそういう決定が遅れるような、今の状況になって、こちら側に全く責任はないということであればそうおっしゃってください。

 まあ工事は中断したのかどうかも教えてください。

 それから、3点目ですが、3月議会の補正で計上された事業はいっぱいあるわけですけど、見比べてみますとですね、4月当初より執行されている、いわゆる着工になっているものと、いまだに未着工のものと、結構グループ分けができるわけですけど、どういう理由によるものなのか。もう個別、具体的にはいいですけど、入札時期を分散しようという大きな方針があるのかですね。あるいは、工期は案外余裕を持たせたほうがいいとは思うわけですけども、そういう配慮はないのか。事業課、係の都合なのか。そういう点でお答えいただければと思います。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) ?津漁港の漁業集落環境整備事業につきましてお答えしますが、地質調査につきましては、3月いっぱいで完了しております。

 今回、繰り越してますのは、基本設計の見直しの業務であります。これにつきましては、この事業の実施地域が、その第2期のこの国の重要文化的景観の申し入れ地域でありますので、そのためにですね、天草市文化的景観整備管理委員会というふうな委員会とですね、調整をしながらその重要的・文化的景観に配慮した設計となるようなですね、手だてをしなければならないということで今繰り越しをして事業をしているというようなとこです。



○議長(本田武志君) 建設部長。



◎建設部長(江?和男君) 白木河内西高根線についてお答えいたします。

 12月末の交付決定につきましては、国の経済対策に伴う交付金の追加でございます。工事につきましては、当初配分されておりました交付金により、工事が実施いたしておりました。

 以上です。



○議長(本田武志君) 建設部長。



◎建設部長(江?和男君) 3月議会補正で計上された事業で、4月当初より執行されているものとないものについてでございますけども、建設部所管につきましてお答えさせていただきたいと思います。

 これにつきましては、道路に関する事業につきましては、測量設計委託後に工事を発注するというふうなことで考えております。それと港湾関係につきましては、港湾利用者との調整を必要とする部分でございますので、それらの理由によりまして、着工と未着工があるというふうに考えていただければと思います。

 以上です。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 最初の件ですけど、それはそうだろうと思うんですけど、指定を受けてですね、それを設計に生かされるんだろうと思うんですけど、工期が一応書いてあるです、予定を。何ですか、その辺のスケジュールもかなり変わった面があるんですか。これは業務委託になっとでしょうけん、大体業者さんを中心にされるんだろうと思うんですけど、その現地といいますか、いろんな関係のある方々との意見聴取みたいなのは、当然こうしていくようなスケジュールでなっているのかというのがちょっと疑問といいますかね。そうなってればまあ、それはそれでいいことなんですけど。なってなくて、ただ便宜上書いてあるとちょっとどうかなという感じがしますので、一応確認をさせてください。

 それから、建設部長が答弁された、最初の交付金云々だったんですけど、ここに書いてある説明、繰越理由と今言わしたとかようわからんですので、まあ後で補講を受けに行きますが、ちょっとわかるように書いてもらったがいいんじゃないかと。何となく国の都合で遅れたというふうな印象になってますので、そうではないんですか。まあプラスしてということになっているわけですかね。まあ詳しいのはいいですけど。

 それから、補正のいっぱいあったですたいね。道路なんかいっぱいありますので、今お答えになったとおりなんですけど、その時期はかなり弾力的に考えてあって、各その、路線ごとに今からまあ最終的に終わりがここに書いてあるように、年度末ぐらいということで、そう理解していいんですか。できるだけやはり、そこそこの人たちは早目に着工して、早目にできてほしいというふうな願いもあるだろうし、業者さんはこうあんま集中せんでしてほしいとあると思いますので、そこはやはり調整してもらうほうがいいんじゃないかな。もう全部繰り越してしまったわけですからですね。それはそういうふうになるかどうかだけ、一言お願いします。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) これは管理委員会の委員の中に、やっぱり学識経験者あたりの方がいらっしゃってですね、そういう方との調整の中でですね、この景観に配慮した工法等の指摘等あってますんで、そこあたりをですね、考慮しながら設計をしていくというようなところでですね、時間を要するというようなことになっています。



○議長(本田武志君) 建設部長。



◎建設部長(江?和男君) 繰り越しの分につきましては、私どもも早期に発注するということを目的で、今皆さん方にお願いをいたしているところでございます。

 以上です。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 報告第4号繰越明許費繰越計算書の報告について(平成22年度天草市公共下水道事業特別会計)



○議長(本田武志君) 日程第4、報告第4号繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 繰り越し理由のところにですね、ナンバー2のほうですが、公共下水道事業、国との協議に不測の日数を要して、着工がここにあるように3月29日と書いてあるわけですけど、まあかなり押し迫ったところで、当然繰り越してますからそういう流れになるんでしょうけど、どういう内容か説明を求めたいと。当初は、いつから始まったか、正式には忘れましたけど、当初は年度内に間に合う予定でこれはしとらしたわけですかね。



○議長(本田武志君) 建設部長。



◎建設部長(江?和男君) お答えいたします。

 今回、繰り越しをさせていただいている分につきましては、大川尻の雨水ポンプ場の建設でございます。このポンプ場の建設につきましては、平成22年度に土木工事と建築工事を7,000万円で予定いたしております。機械設備などにつきましては、債務負担行為により、23年度予算で執行するということで進めておりました。22年度の土木工事が9月着工、それから建築工事が11月着工をしたわけですけども、それの入札及び工事を進める中で、変更等により900万円の執行残が11月に確定いたしております。この執行残につきまして県との協議の中で、当該機械設備工事に前倒しして執行するということといたしましたが、工事期間が、機械設備が2カ年にわたることにより、全体計画の協議と承認が必要となりました。この協議に2カ月の日数を要したことにより、工事発注が遅れ、着工が5月、失礼しました、3月29日となっております。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 報告第5号繰越明許費繰越計算書の報告について(平成22年度天草市簡易水道事業特別会計)



○議長(本田武志君) 日程第5、報告第5号繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、これを許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) まず、ナンバー1の一町田簡易水道再編事業で一町田浄水場工事についてでありますけど、環境省の工作物新築許可国立公園内とありますが、これが12月となったということで繰り越しになってますけど、この許可への条件は何かついているのか。お願いしたいと思います。

 それから、二つ目に、現在の一町田簡易水道水源は、ダムができれば全く使わない前提に立った事業なんですけども、そもそも不測の事態も全くないほうがいいわけですけれども、最近は想定外がはやってますので、そういう場合も想定してですね、やはり使えるようにしておくべきではないかと思うんですが、事業当局としては、浄水場ができるようになったので、一安心という思いなんでしょうけども、今使うとるのは全く使わないというところが何回も言ってますけど、なかなか私には納得できないですね。そこを一言お願いします。



○議長(本田武志君) 水道局長。



◎水道局長(竹林良高君) 工作物新築許可について、条件は何かあったのかという御質問でございます。建築物における条件としましては、屋根の色や形態、壁面の色、それから高さ等の条件がございます。また、構造物も公園を管理する道路から20メートル離さなければならないなどの指導がありましたので、協議を重ねながら修正を行いまして、最終的な許可条件はついておりません。

 次に、現在の一町田簡易水道の水源を使えるようにしておくべきという御質問でございますけども、現在の水源を使用するとした場合、浄水するために路木の浄水場まで原水を導水することは、多額の費用を要することになります。今回の事業で取り組む未普及地区解消のためには、既存水源では水量が不足する等の問題もございます。渇水時には水量が減少することから、既設水源は不安定水源と判断して廃止することとしております。

 以上です。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 最初の件ですけど、正式なその許可の条件はまだ今からなんですかね、よっとわからんやったんですけど。そもそもはここが理由書に書いてあるように、国立公園の範囲に入ってますので、いわゆる国立公園、特に県の河川整備計画とか、方針の中にもあったように、希少動植物種が生息していると。その影響については定かではないというクエスチョンはあるんですよね。だから、ずっとこの事業の進め方の中に、その影響があったら対策を検討するというふうに、もうほとんどこう、絵にかいたもちのような進め方になっとるわけですよ。だから、少なくとも環境省のチェックというのはそういうところについて、まあ水道局長がそれを求めるということにはならないと思うんですけども、客観的にやっぱりそれがないとですね、何のための国立公園なのか。あるいは、管轄する環境省なのかとなるんですよね。頼りになるべきところがいっちょん頼りにならんというふうになりかねませんので、局長が言うてくださいといったっちゃそれは無理な話だと思いますので、しかるべき、やっぱりそういう構図で見て行く必要があるんじゃないかなと。だから、正式にはまだということですので、よくそこを見ていただきたいと思います。

 後半の問題は、また別の機会に議論したいと思います。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 報告第6号繰越明許費繰越計算書の報告について(平成22年度天草市歯科診療所特別会計)



○議長(本田武志君) 日程第6、報告第6号繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 報告第7号繰越計算書の報告について(平成22年度天草市病院事業会計)



○議長(本田武志君) 日程第7、報告第7号繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 二つほどお尋ねします。

 まず一つは、事業ナンバー4のですね、建物附属設備改修事業ですが、牛深市民病院の無停電設備の蓄電池交換の一部ということなんですが、交換までの耐用年数、これまでの利用機会の有無をお知らせいただきたいと思います。

 それから、他の天草市立病院においては、非常用の電源設備は完備されているのかもあわせてお願いしたいと思います。

 それから二つ目ですが、4事業で、この着工日に時期的な違いがありますけれども、それぞれ事情があったんだろうと思うんですが、簡単に御紹介いただきたいと思います。



○議長(本田武志君) 病院事業部長。



◎病院事業部長(田代隆一君) お答えいたします。

 まず1点目の、牛深市民病院の無停電設備の蓄電池交換の件でございますが、耐用年数につきましては、通常6年となっております。現在、使用しているものは、平成14年の現病院開設時に導入したもので、既に設置後8年を経過しております。

 病院では、多種多様の医療機器が使用されておりまして、電源の供給遮断は機器の作動に影響を与え、トラブルにつながる恐れがございます。これらに対処するために、非常用電源として無停電設備と自家用非常発電機が準備されており、牛深市民病院でもこれまで停電時に何度か稼働いたしております。

 ほかの3病院につきましては、非常用の電源設備として、自家用非常発電装置を設置しており、非常時の停電に備えております。

 2点目の着工日の違いでございますが、これは医療機器や車両購入等の入札までに時間を要しない物品購入に係る事業と、工事等で設計等に入札までに時間を要する事業の違いということでございます。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 最初の非常用電源設備の件ですが、それぞれきちんと整備されているということは、もう皆さん安心されると思うんですが、もう一つ、日常的な点検といいますかね、維持管理というか、メンテナンスといいますか、その辺が大事ですので、抜かりなくされていると思うんですが、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 報告第8号繰越計算書の報告について(平成22年度天草市水道事業会計)



○議長(本田武志君) 日程第8、報告第8号繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 1点だけですが、ナンバー1の路木ダム遠距離導水管施設整備事業で、工事設計、道路及び河川の占用協議に不測の日数を要した、との理由が記載してございますけれども、その内容を簡単に説明してください。



○議長(本田武志君) 水道局長。



◎水道局長(竹林良高君) 路木ダム遠距離導水管整備事業に関しましては、平成22年度に実施設計業務を委託をしまして、平成23年度から平成25年度までの3年間で導水管整備工事を行う予定でおります。

 平成22年度導水管実施設計業務委託の入札を実施しましたところ、執行残金が発生し、事業促進を図る観点から平成23年度から予定していた導水管布設工事を前倒しして行うよう、国と協議を行い、了承を得ましたので、前倒しして行う工事の業務委託が完了しましてから、工事設計書の作成や河川及び道路管理者との占用協議を行いました。

 このようなことから、平成23年1月14日に着工はいたしましたけども、適正な工期が確保できないと判断しまして、工期を5月20日までとして繰り越しを行ったものでございます。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 報告第9号財団法人天草下島北部地域観光振興公社の経営状況の報告について



○議長(本田武志君) 日程第9、報告第9号財団法人天草下島北部地域観光振興公社の経営状況の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 決算書の中で事業費支出に地権者との協議というがありますけれども、まだ用地交渉されているのか、教えてください。

 それから、二つ目に、今年度事業計画は非常に箇条書きですけれども、その他の業務のところに?仮登記用地の相続発生事案の調査及び?として、相続関連書類の作成というのがありますけれども、初めてじゃないと思うんですけども、どういう進行状況の、あるいはしようとされているのかお願いしたいと思います。



○議長(本田武志君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) まず1点目の地権者との協議でございますけれども、新たな土地の取得を行うための協議は行っておりません。この協議につきましては、仮登記の土地がございますけれども、その仮登記の登記名義に、あるいは相続人との少し疑義が生じましたので、それを解決を図るために協議を行って、御理解をいただいております。

 次に、本年度事業の中での仮登記用地の相続発生事案の調査等についてでございますけれども、蓮池議員、御承知のとおり、この旧ゴルフ場の中には農地がございまして、これは農地法の関係で仮登記の状態のままでございます。名義人が亡くなられたりした場合に、その相続関係というのを随時把握しておいて、そしてその土地を活用する場合には速やかに対応ができるように、その相続関係の続き柄等について、調べを毎年実施を行っているところでございます。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) そういう状況ですので、この公社、理事会としてもあんまりこう活発な議論は多分ないんだろうと推察いたします。大変御苦労はわかりますけど、どういう方向に行くかというのは、いろいろ憶測がこう呼んでいるわけですよね。結構まとまった土地ですので、いろんなその何かを、箱物をつくるときの用地として、あそこはどうかみたいなのを勝手にというか、自由に当てにするケースも漏れ伝わってまいります。一つ一つそういう例があったのかどうかもちょっと御紹介いただければと思うんですが、今、部長がおっしゃったように、新たな交渉はしていないということなんで、かなりこう虫食い的ですもんね。オリーブは、植えたところは五和町の関係でこう造成してあったとこ、一番よかところをその、オリーブにやらしたわけですので、これもまあクエスチョンがつきまとうわけですけど、そこらあたりで、その農業的利用とかですね、いわゆる自然をそのまま生かすということでの利用でのその土地の利活用については、その後、とりわけないんですかね。その方向性みたいなのですね。



○議長(本田武志君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) 先ほど答弁いたしましたけれども、これが用地交渉が断念されてから二十数年を経過しており、仮登記の土地についても相続等々が発生しておりますし、当時の協議をした地権者、それと市町村側にも担当職員あたりも入れかわってきて、なかなかその交渉の経過等々についても疑義が生じるような場合ございます。この土地については、毎年、この公社を報告をするときに、議員からも御指摘いただいておりますけれども、この公社そのものの新法人へ移行等々の問題もございますので、本年5月に開催いたしましたこの土地開発公社の理事会の中でも、本年度末までにはどうかその土地の利用の形態、大まかな考え方、ここら辺も県も入れた中で協議をしようというふうな話し合いにはしております。

 それと、新公社への移行の問題もございますので、本年度中には理事会の中で、そういった具体的な詰めの作業を行っていくことを確認をいたしております。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

 23番中村五木君。



◆23番(中村五木君) これ私昨年もですね、このことについてちょっと御質疑をお願いしたんですが、もともとその、結局法律改正に伴ってだったから、ちょうど去年が中間だったもんですから、今後、まあこれについてはどうなさるのかということです。20年の12月1日から25年の11月末日までに法人はすべて、結局は新制度に移行してくださいと。その移行期間が終われば、自然に解散ですよということがあったもんですから。しかし、その新制度の中のやはりその新たに継続する申請書類のその結局は認定、認定の中に大変その若干厳しくなっているという気がしたもんですから。昨年思い切って、もう今の現状では大変難しい状況であるにもかかわらず、一般会計のほうに持ち込んで、一般会計のほうでやれる事務的な処理しかないから、そっちのほうにもう解散をなさって移行されたらどうですかっていうことを申し上げたつもりでおります。よくちょっと若干狂ってれば申しわけありませんが、そういう中で、この1ページに新公益法人制度についてっちゅうことは、検討なさってるっちゅうことでしょうね。あと2年、まあこれは2年間のうちに申請を、届けをすれば、結局申請期間が5年ですよと。申請期間の5年のうちにその事務的な処理を終えないと、自動的に消滅ですよという形ですから、まあ、あと2年あるわけですが、この認定の基準からいきますとですね、大変、若干難しい面が出てくるんじゃなかろうかというような気もします。そういうことで、行政機関がやっている公益法人ですから、ある程度緩和された面もあるでしょうけども、その点ですね、どうなんでしょう。その結局は、公益法人に移行して、今後も、今の現状のところを何とかまあ維持していきますよという考えで、この議題としてお上げになったのか。それとももっと違う形でこの新しい新制度に向かった、新たな計画を地域にお立てになるのかどうか。その辺だけ、もしわかれば金子部長のほうからお願いしたいんですが。詳しくは要りません。



○議長(本田武志君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) まずはお答えいたします。

 今、中村議員御指摘のとおり、今度の新しい新公益法人制度の違いでございますけども、これまでは民法規定で、公益法人等々も設立できましたが、新しい公益法人の中では、まずは法人法というのがございまして、その中で一般法人、社団法人に登記を満たせば設立できると。しかし、その後の公益的事業については、今度は認定法という法律がございまして、その中で公益事業に当たるかどうかというのを基準が示されて、その公益性があるかないかで公益法人になるかならないかというふうな規定がございます。現在の私たちの土地、下島北部地域観光振興公社の事業といたしましては、土地の管理しかいたしておりませので、今度、改めて、その公益性を求められているということであれば、例えば、観光事業でありますとか、教育事業、そういったものをしなければなりませんので、なかなかそこまで今の段階で移行するのは非常に難しいだろうというふうに思います。

 それと土地に関しましても、これまでも経過のことについては、議会でも答弁しているとおりでございますけれども、特に水資源でありますとか、環境問題、そういったことについての反対があって、ゴルフ場を断念したわけでございますので、公社の話し合いの中では、開発から環境へというふうな取り組みの中でですね、今の土地にあまり手をつけない形ででも何かこうできないかとか、そういったいろんな提案を市の担当、それと県の担当、そういったのも入れて、まずは今年度いっぱいまでにはたたき台をつくろうと、いうふうなことで進めているところでございます。



○議長(本田武志君) 23番中村五木君。



◆23番(中村五木君) 進行状況とすればそういうことだろうと思ってます。あと2年あるわけですので。ただ問題は、ただ単に継続するためにその結局、この法人を取得されるのがいいのか。やはりこれもリゾート法からきて長くかかってるわけですね。そして、十数年、この法人を取得されてからなると。その現状の中では全然動いてないものだと。そして事務的、今その事務局のほうで処理なさるものが、一般会計の職員を結局兼務辞令を出して、2名がただ登記関係だけにやっぱりやってるということです。ですから、私は逆に一般会計のほうに取り込んで、思い切ってやっぱりこれ仮登記ですから。要するに、所有、もうちょっとですね、もし私が、ただ一つだけお願いしたいのは、結局、仮登記の場合は、所有者は、所有者がいるわけですね。私もそうだったですが、私の父が死んだときに、私が相続するときに、他人に売却している土地で、私の所有が残っているものについては、私は登記しませんでした。そういうことで、代々とこれ時間が経ちますと、所有者がお亡くなりになります。そうすると、非常に難しくなってきます、登記が。そういうことも含めてですね、やはり早くやっぱりできるものについては早く調査をして、1日でも早くやっぱり登記事務を済ませるということが、私は今やられることだろうと思ってるんです。そういうことも含めて、やはりもう少し40万円ぐらいじゃなくて、予算をぼんと持っていかれて、やはり登記、まずこの2年間はやっぱりその登記のほうをできるだけですよ、処理する形を、私はそれぐらいはおとりにならんと、公益法人として残す意味は全く今ないというふうに、今、昨年からこの新法人制度に移行するということがわかってたから質疑を申し上げてるんです。これなさるならなさるでいいですけど、今おっしゃったように、無理な計画を立てて、この取得をしてみても、また後日大変なことになりますよ。ですから、ここはですね、2年間かけて思い切った判断をなさっていただくように、また要望しときます。あと2年ありますから、ひとつよろしくお願いしたいと思います。



○議長(本田武志君) ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 報告第10号株式会社くらたけの経営状況の報告について



○議長(本田武志君) 日程第10、報告第10号株式会社くらたけの経営状況の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 1点は、3ページに作付状況等一覧表がありますが、作付面積、会員数、収穫量、それから製品の数量、それぞれ著しく低下をしてきているわけですけれども、何となく想像ができるわけですけど、どういう理由背景があると整理されておりますか。

 それから、二つ目ですが、新年度の経営方針というのが一応書いてはあるわけですけど、どうもわかりにくいんですけど、販売管理費の人件費を極端に引き下げてあったり、リース料をですね、3分の1にしてあったり、売上原価の加工委託費をおよそ半額ぐらいになっているわけですけども、事業としてはこれで成り立っていくというふうに多分なってるんだろうと思いますけど、本当にそれでよろしいのでしょうか。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) シモンの作付につきましては、基本的に1年作付したら2年休ませて、次の年に作付するというような工程で作付するのが理想でありますが、しかし、現在もう連作を続けておりまして、連作障害というのが出てきております。それで収穫量等が少なくなっているということもありますし、シモン製品の売り上げが落ち込んでいるという事実もございますんで、それに基づいて作付面積等が減少していると。また、農家の方の高齢化も進んでおりまして、若い方でも62歳というふうな状況になってます。それに加えて、倉岳町以外の地域への作付の拡大というのも、なかなか進まないというような状況があったもんですから、こういうふうな状況になっております。

 あと1点、販売管理費ですが、人件費の減額につきましては、今回、思い切った削減というようなところでですね、パート職員を7名解雇するというふうなところで計画を立てています。工場、そしてえびす茶屋、そして事務所、事務局を含めたところでですね、正規の職員でそれを回す。そして繁忙期だけですね、パートさんを雇うということで、常時今雇ってらっしゃったパートを解雇するというようなところで金額が出ております。そしてリース料につきましては、えびす茶屋のソフトクリーム機の機械、そしてパソコンと会計ソフト、そして工場の金属探知機等のですね、リース期間が終わったということでですね、この金額になっているということです。売上原価の加工委託品につきましては、シモン芋とシモンの葉の加工費でありますけど、シモン芋の製粉がストックがありますんで、本年度はそのシモン芋の分をですね、せず、葉っぱだけの加工というふうなことになりますんで、この金額でいけるということでですね、計画をされているということで説明を受けております。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 現場のところでですね、非常に厳しい判断をされた計画だろうと思いますけども、一応目的になるところはですね、地元の雇用を確保するとか、地元のその商品作物を推進して農家の所得を上げるという、非常に美しいといいますかね、原則的な目標があるわけですよ。そうすると、その売れないのばつくれというのはちょっと変なことですけども、もともとやっぱり商品作物として注目をされてきたわけですけども、そのいまいち、この需要が低下しているとか、いろいろ観光、土産物的な色彩が強いので、その売り込みのほうの課題もあるんだろうと思うんですが、もうちょっとそのあんまり売れんぞというふうな位置づけになっているんですか。市としては、バックアップを一応する立場でいうと、どういうことなんですかね。

 一番気になるのはですね、その農家が高齢化してですね、つくらっさんというふう、ここが一番逃げ道ていう感じがしないでもないもんですから、せっかく地域おこしをしてきた流れをもうこれで事実上終わりじゃないですけどね、今ちょっとまた交流していけばいいと思うんですが、そのいく道筋が見えないんです。このことしの計画書では。そこら辺は、部長はもうそういうふうにまた上げていこうというふうなおつもりは持っておられるんですか。もちろん主体のほうが考えらす、主として考えらっさんばいかん話ですけど。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) まず、連作障害関係につきましてですね、県の地域振興局の農業普及振興課の協力を得ながらですね、連作障害についてのですね、土壌分析、そして無菌でつくった苗あたりをですね、試験的に今年度からまた作付するということでですね、対策をしているというようなところであります。販売先等につきましては、今までがですね、大手の百貨店とか、量販店を対象としてですね、されておりましたが、昨年も大手の百貨店がですね、経営陣の異動によりまして取り引きが、その人の取り引き部署自体がなくなったんですが、なくなってしまったというふうなところあったんで、今年度はですね、まずは地元で営業活動を充実するということでですね、工場長をですね、営業専門のですね、職員として配置をされていると。そして、地元外につきましては、熊本駅、そして福岡の博多等にですね、販売ブースを設置するというふうなところでですね、その大手じゃないですが、そのブースあたりをですね、設置をするというふうな取り組みをして、販売を拡大していきたいというふうなところでですね、計画を立ておられますし、その百貨店あたりのですね、つながりの中で、通信販売等の事業にも手を出していくというふうなですね、計画を立てているというふうな説明を受けております。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 報告第11号株式会社うしぶかの経営状況の報告について



○議長(本田武志君) 日程第11、報告第11号株式会社うしぶかの経営状況の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、順次発言を許します。

 28番??昭臣君。



◆28番(??昭臣君) (株)うしぶかでございますが、多分、今年度初めて赤字になったんではないかと思うんですけども、皆さん非常にですね、頑張っていらっしゃいまして、今のスタッフは、僕は個人的に最高だというふうに思っております。平山アドバイザーを筆頭に、海彩館の山下支配人、そしてまた、やすらぎ荘の蓑田支配人、みずから先頭に立ってですね、一生懸命頑張っていただいていますことに敬意を表するものでございます。たまたま赤字でございましたけれども、逆に、全員の努力でもって、この時期、指定管理料がなしでですね、これくらいの赤字で済んだというのは、みんなの頑張りではなかったろうかというふうに思うわけでございますが、気づいたことを2点ほどお尋ねをいたします。

 牛深海彩館の資料展示室の件でございますけども、資料館自体は教育委員会になっているそうですが、答弁はどちらですか、経済部長ですか。教育部長ですね。展示室が、資料展示室が今回、天草海道博のインフォメーションカウンターにもなっているわけでございますけども、どうしても暗いという意見が届いております。今は全国的にですね、節電の傾向でもございますし、時代に逆行するかなと思わないでもないですけども、実際行ってみますと、やはり暗いと思うんですよね。明るくできないかをお尋ねいたします。決算書では、水道光熱費ということで一括計上でございますので、電気代はわかりませんけども、検討できないかをまず1点目お尋ねいたします。

 それから2点目ですが、10ページです。個別注記表とございます。もちろんこの(株)うしぶかばかりじゃなくて、どこもそうなっているわけですけども、これは今までの利益処分決算書が変更になったんですかね。なったとすれば、まあ何かの改正なのか。そしてまた、個別注記表によっての利点というものがあれば教えていただきたいと思います。



○議長(本田武志君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) 海彩館の資料展示の照明につきましては、私のほうからお答えをさせていただきます。

 従来、展示物につきましては、スポット照明等を行っておりますけれども、おっしゃるように部屋全体的には暗いといったことでございます。今後、そういったことで照明の方法でありますとか、部屋全体の照明につきましては、再度点検をさせていただきまして、対応してまいりたいというふうに思っております。

 よろしくお願いします。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 前年までしとりました利益処分計算書にはですね、今年度は配当予定等ありませんので添付はしておりませんが、今回、個別注記表を添付したのは、重要な会計方針に係る事業をあらわす資料等が必要じゃないかというふうなところでですね、ほかの3セクあたりと同じ書類を添付するということを今までもお約束してきておりますので、そこで添付していただいたということです。



○議長(本田武志君) 28番??昭臣君。



◆28番(??昭臣君) 今、資料展示室のほうの前向きな答弁に感謝をいたしますが、ぜひまた、御検討をよろしくお願いしたいと思います。

 ついでにもう一つですが、天草海道博インフォメーションカウンターというんですか、これが天草で6箇所、下島では本渡の天草キリシタン館、そして牛深の海彩館ということでございますけども、何かもう少し工夫が欲しいのかなと。入口がもうちょっとこう何かできないかなと、個人的に思うんですが、先ほど申しますように、今非常にですね、海彩館というか、(株)うしぶかのスタッフは優秀でございますので、何か一言でも「どうかちょっとしてくれんか」と、「もう少し何か工夫はないか」というような声をかけてもらうと、何かこう海道博の一つの説明、インフォメーションカウンターにしては、ちょっとこうどうかなと思います。とにかく海彩館とか熱意もございますし、取り組む姿勢も非常にいいと思いますので、ぜひそちらも話し合っていただきたいと思います。

 話は飛びますけども、海のフェスティバルというのを毎年やっておりまして、今、海族祭といいまして、今年で第7回目、7月17日になるんですけども、それのメイン会場としてもですね、非常に協力いただいておりまして、いろんな意味で地域に貢献をしていただいております。貢献が大でございますし、海族祭のスタッフとして感謝をいたしております。

 それから、先ほどの個別注記表ですけども、各報告書を見るとですね、ほかの施設とちょっと差があるんですが、どうなんでしょう。ここだけが余りにも少ないのかなと思うんですが、大変失礼な言い方ですけども、報告事項だから上がってきたらそれでよかろうじゃ、多分、これですね、多分何項目かは注記するようになっとると思いますよ。ここだけが残念ながらちょっとケチがついたようで、余りにもちょっと注記が少ないですので、次年度からぜひよろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(本田武志君) 次に、14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) ただいまもありましたけど、海彩館ですけれども、あそこのその展示コーナーの位置づけについてですね、どこで担当をされるのか。一応指定管理してあるので、直接的にはその管理そのものは、この牛深の範疇に入るんだろうと思います。大体ただで入れますからですね。みんないい施設であることは分かっているんですが、多少マンネリ化もあるんじゃないかなと。海道博はそのことは尊いことだと思いますけど、このことについてまずお願いしたい。

 それから、前年度比で見るとですね、利用者が増えた月と減った月があるわけです。温泉センターのほうも、やすらぎ荘もですね。それぞれまあ経営改善のヒントに、すばらしいスタッフだとお話がありましたので、なるんだろうと思うんですけども、やはり利用者総数の減少というのを何となくもう、人口が減ってるからしょうがないという見方もどうしても生まれてくるんですけども、宿命とは見ないほうがいいと思うんですけれども、この辺ではですね、その事業計画をみる限りでは、いまいちその、数字上は出てますけどもですね。この力強いメッセージということには、いまいちちょっとわかりにくいという面もあるんですけど、そこはどういうふうに見ておられるのかですね。これも市のほうの立場としてぜひお願いできればと。そこの直接の指定管理してますからね。そこのお考えということで、今かわって部長からお話ありましたけど、それはそれでわかりますけど、市としてはどういう位置づけかということでぜひお願いしたいと思います。



○議長(本田武志君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) 最初の質問に対してお答えをさせていただきますが、海彩館は文化財に関する情報提供の業務といったことで、条例上はなっております。展示資料の担当につきましてはですね、現在、本渡歴史民俗資料館の管理係のほうで行っているという状況でございます。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) この施設も含めましてですね、やっぱり設置したときの思いございます。住民の方の福祉の向上、そしてやはり地産地消等を含めたですね、地域振興のためにですね、施設を設置してありますので、その基本的なですね、考えはですね、そのままでですね、私どももお願いをしてるところであります。そして、事業自体はですね、やはり利用者が増えたり減ったりしておりますが、人口の減少というようなことを言われますが、まあ常連客あたりが高齢化によってですね、デイケアセンター等へ行かれるというふうな状況もございますが、それにもめげずですね、やはり利用者の増加対策あたりをですね、鋭意努力されてまして、他地域への営業活動等もされておりますし、温泉券の販売等でですね、若い方々への販売対策というのもされております。

 ただ、昨年につきましては、口蹄疫、そして鳥インフルエンザ等でですね、やはり九州の南のほうからのですね、入り込み客が少なかったというふうなことにはあってますが、その中でもやっぱり伊勢えび祭りやヒラメ・アンコウの鍋プラン、そして各種のグルメ宿泊プラン等もされてですね、集客に努めてらっしゃるというふうな状況です。その月によってですね、利用者が増加、減少というのがありますが、これにつきましてはですね、やはりテレビやラジオ、広報紙等でですね、PRが行き届いていたときには、その相乗効果でですね、一時的に利用者が増えるというふうな状況があるというのが現状でございますので、今後もですね、そのPR活動にはですね、力を入れていきたいというふうに考えてらっしゃるというような状況であります。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 最初の件だけですけど、結局、その歴史民俗資料館の資料室が担当といいますか、その範囲になるわけですたいね。そうすると、そのいわゆる展示の業務については、もうあそこに全部お任せしてあるわけですか。だから、その活用という面では、どっちが主導権といいますかね。まあ現場の人が大体わからすはずですので、その歴史民俗資料館の人がたまに行かすとか、そこら辺を含めてですね、まあせっかく立派なものがまだ隠れている、眠っているものもあるんだろうと思うんですけども、そこらあたり、まあお金にはならんかもしれんですけど、やっぱり多くの人があそこでいろいろ学ぶ機会になりますので、そこはもうちょっと活用の方向をですね、位置づけたらどうなんですかね。うまく機能しているんですかね。そこがちょっと、今の部長の答弁で逆にわからんごとなったわけですけど。全部任せてあるということならば、逆にそっちがすっきりするわけ、まあそれじゃいかんとでしょうけど、どういうこう分業してあっとですかね。



○議長(本田武志君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) お答えをいたします。

 今回、歴史民族資料館のほうにも学芸員を配置をさせていただいております。今回、今年度でそれぞれの資料館の資料につきましてデータベース化を図るというようなことでですね、予算も計上させていただいておりますが、それぞれに配置しております学芸員が定期的に会合を持ちましてですね、そういったものをまとめて、そしてまたその展示資料についても今後は特別展の開催とか、そういったものも含めて、それぞれの館の資料物についてもその資料館、学芸員の間の会合等でですね、検討を進めていくというようなことで、今計画をしております。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、ここで10分間休憩いたします。

             午前11時09分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−

             午前11時20分 再開



○議長(本田武志君) 再開いたします。

 休憩前に引き続き質疑を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 報告第12号株式会社プラスファイブの経営状況の報告について



○議長(本田武志君) 日程第12、報告第12号株式会社プラスファイブの経営状況の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 三つお尋ねしますが、一つは11ページの監査報告書というのありますが、結局、指摘すべき事項が認められませんと、最後の結論になります。これもまあ一種の内部監査でありましょうが、一応、損益で見れば赤字決算ですので、指摘すべきことが何もないというのは、なかなかわからないんですが、経営陣に遠慮されているのではないかと思います。あるいは、ここに書いてなくても、口頭で何か言われたことがもしあって、差し支えなければ何か教え、そういうことでもいいですので、教えていただければと思います。受けられたほうがおっしゃるのか、監査をされたほうがおっしゃるのか、どっちでもいいですが、お願いしたい。

 それから二つ目は、営業外の雑損失の約300万円、例の一酸化炭素中毒の関係のですね、関係ですけれども、これはもう一応計上、決算に載ってますけど、もう完全に終わったというふうに理解していいのか。まあ事故対策は昨年いろいろ報告はされておりますので。

 それから三つ目ですけど、天草海道博についても事業計画の中で幾つかの箇所に記載してございます。この協賛はこういう施設ですから理解できますけども、どういう効果をここのプラスファイブの関連の場合には期待されているのか、教えてください。



○議長(本田武志君) 会計管理者。



◎会計管理者(嶺力君) お尋ねの1点目につきましては、プラスファイブの監査役であります私のほうからお答えをさせていただきます。

 議員御指摘のとおり、当会社も赤字が出ておりますけれども、指摘すべき事項が見られなかったということにつきましては、会計帳簿等の記入など、会計に関するものに限って報告をさせていただいたものでございます。

 営業活動につきましては、地域の老人クラブを対象に、入浴と食事をセットされた生きがいデイサービス、あるいはグラウンドゴルフを加えたセットプランなどを提供されているところでございます。

 また、地元産品の販売促進やオリーブオイルを使った新しいメニューの提供なども考えているというふうな説明を受けましたので、さらなる収益の向上に向けて営業努力をしていただくように、お願いを口頭でいたしたところでございます。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 2点目ですが、これにつきましては、23年、今年の1月でですね、示談が整いまして、すべて支払い済みとなっています。19名分の医療費と慰謝料等になります。

 あと海道博のことですが、この海道博の中身につきましては、ユメールに関係する街道として立ち寄り温泉海道、あわび海道、ちゃんぽん海道、せどわ海道、漁村海道等があります。今現在は、天草内の公共の温泉で連携しまして、チャンポンと食事をセットして700円で提供する、天草八湯巡りスタンプラリーを展開しているというようなことです。それとともに、海道博の3大特典であります、その宝を探せというふうなチェックポイントにもなってますし、スペシャルクーポンのチケットも販売してあります。そして、天草満喫チケットという事業にも参加してますんで、そういうふうなポイント、そしてチケット販売というふうなところでですね、集客を見込んでいるというようなところです。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 最初の件ですけれども、監査役の方、それぞれ就任されておりますので、ここには会計管理者が、今答弁されたとおりで、それはよく理解できます。ただ、外部補助監査人という方のお名前と印鑑もついてあるわけで、いろいろ行革の中でもですね、ほかのこう検査機関みたいなところに委託して、経営状況をこう判断しようとか何とか、まあ当然出てくっですたいね。その手前の段階として、やっぱりこういう内部の監査というのが、それなりに大事だろうと思うんです。一応客観的に報告はもうそのとおりで、そこの経営者からですね。それは今おっしゃったとおりで、前向きの動きはあるだろうと思うんですが、何が必要かというあたりみたいなところも遠慮なく、ずばずば言わすほうが私はこういう職務においてはいいのではないかなと。今おっしゃったぐらいの範囲であれば、もうちょっとやっていただいてもいいのではないかなと。だから、遠慮があるのではないかなというふうに、逆に私が心配したぐらいであります。そこはですね、やっぱり経営者だけでわかることとわからんこととあると思いますので、やっぱり機能をもっと働かせて、その書類上どうこうというのはもうここに書いてあるとおりですので、それはそのとおり、疑う余地はないと思うんですが、せっかく毎年されるわけですので、そこあたりはもうちょっと位置づけていただければなと思います。そうせんとですね、もういきなり何か、またコンサルか何かに委託してですね、これどうかとかみたいな話にしかなっていかないわけですよ。できることはどんどんやっぱり内部で改善の努力をされるべきではないかなと思います。

 それから、海道博がいまいち、その、受けとめ方がばらばらでですね、ここが一つの事業、事業所ですから、プラスになるように頑張ってもらえるのはもうそのとおりだと思うんですけど、海道博そのものとしてもやっぱりやるといいますかね、金をかけろということじゃないですけども、もうちょっといろんな場所で市民の皆さんにもわかりやすくしていく努力を、結局、これ経済部長が責任者でされるんですかね。どこがするんですかね。そこも何となく漠然として、市長の施政方針にもあったばってんですね、実際、これどがんなっていくのか。八湯巡りもそれはそれとしてわかります。しかし、五和のこの関係で言えば、あのイルカウォッチングが集客力は一番あるわけですけども、そういうのとこう連動させていくような仕掛けになっているのかがいまいち見えないんですね。ことしに限らずあるようなことを、たまたま海道博ということで看板を掲げてやっているぐらいの範囲なのかなとしか、だからどうも期待がいまいちこう、上がっていかない面もあるので、関係者はやっぱり意気込んでおられるのであればですね、そこらあたりの行政としても考えるべきじゃないかなと思いますけど。一言お願いします。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 海道博につきましては、事務局が商工観光課になってですね、おりますんで、そっちのほうで周知活動あたりしております。出発のときがちょうど東日本の震災で、その翌日がオープニングだったんで、そこでちょっとその事業が中止というふうなところでですね、まあスタートがつまづいたというような状況だったんですが、周知活動あたりはですね、それでうまくできてないというところもございますんで、今年度に入りましてですね、市内の事業所、大型の事業所あたりにもですね、直接出向いてですね、地元の人から知ってもらおうというような取り組みもしております。そういうことをしながらですね、周知活動をして、その海道博自体をですね、地域全体として盛り上げていこうというふうなところで、今取り組んでいるというふうな状況であります。



○議長(本田武志君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑ありませんか。

 28番??昭臣君。



◆28番(??昭臣君) 済みません、先に。

 先ほどの関連ですけども、今、監査の指摘すべき事項は認められません。昨年もそう書いてあるとですよ。おっしゃるように、会計等に関してはそうかもしれませんが、経営的なもんはどこが立ち入ったらいいんですか。皆さんも私が言うまでもなく、皆さんもですね、ご覧になってわかってらっしゃると思うのに、改めてもう一度1ページを見ていただきたいんですが、対前年、21年に対して売り上げはマイナスです。指定管理料は184万円プラスです。売上総利益、これは指定管理料を除くと実質マイナスです。人件費はプラスです。労働分配率は約80%になります。正確には79.6なんですが、昨年が76.2を上回ってるんですよね。職員数もですね、19年のほうが売り上げは多いんですが、12名です。今が増えております。それは確かに地域の雇用の関係もございますので、一概には言えないと思うんですけども、こういうのをやはり議会が黙認して、指定管理料だけはどんどん上げていくというふうなこと、どうなんでしょうか。見解をちょっとお願いします。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) ここにつきましては、昨年の折にもお話しましたように、業務関係のですね、見直しの検討委員会を昨年度から設置しております。昨年度3回してですね、課題の抽出等をして3回目には、方向性あたりでですね、指導というふうなところでですね、1回目のその指導までのですね、工程は済んで、今後はですね、方向性あたりの検討に入るというふうなところで、そういうふうな状況でですね、内容の、運営あたりのチェックというのは、私たちのほうで検討委員会というようなところを踏まえてですね、させていただいているところであります。



○議長(本田武志君) 28番??昭臣君。



◆28番(??昭臣君) 実は、開会日の議運の中で、報告事項も委員会で検討すべきではないかというような意見も出ました。もちろん議長もいらっしゃいましたし、議運の者は聞いとったと思うんですが、報告はあります。質問をします。答弁して終わります。また、これが毎年続く。当然、改善点が見られたりなんかしたらいいと思うんですが、例えば、ケチつけるわけじゃないんですが、2ページを開けます。レストランというところにあります。バイキング料理、11年も検討課題なんですよ。ちなみに、去年が11期、その前の前の9期も検討中なんです。3ページの観光とのイベント、観光との関連、イベント開催。これも昨年も検討課題、あるいはその、あっちこっちいきますけども、公衆浴場の回数券の割引販売なんか、ことしはただ年に何回の、年3回の販売としかございませんが、前年は、例えば2月は82セット、2月は81セットというふうにこう書いてあったんですね。さらにまた、20ページの事業計画、大変こう失礼な言い方ですけど、多分僕は去年も言ったんじゃないかと思うんですが、ほとんど一緒なんですよ。もうびっくりするぐらい。

 例えば、1番目の、1番の管理運営方針の中に、下から3行目、天草海道博の、これは何て読むんですか。参画し、集客増員にも努める。これはことしんとです。あとは多分一語一句一緒だと思いますよ。多分、2も3も一緒のが多いんですよね。まあ人数は違いますけど。だからこう、改善する姿がですよ、頑張る姿が見えたら一つ一つ言う必要もなかと思うんですね。地域の事情もありますから。先ほど言いますように、雇用の関係、もろもろもあります。あんまり頑張るのがいいのか、悪いのか。また、この辺も非常にちょっとこう問題かと、いろんな意味で考えられるんですが、やはり牛深のことを言うちゃ何ですけど、差があり過ぎますよね。牛深は1回ももらいませんから。平成19年までは市に500万円寄附してますよ。そういうところもあるし、全くその赤字であれば指定管理料をどんどん取れる。私はよく労働分配率を言います。

 次に出てくる愛夢里さんです。去年よりも労働分配率が少し悪くなりました。それでも40%台です。80ちゅうのがですね、いかに大変な数字かというのは、事業なさった方はみんなわかると思うんですが、我々民間であったら50を超すということは考えられません。こういう第3セクとか何かというのは、まあ50台までは認められるんでしょうけど、この辺の感覚がいいんだと。だってこれしかないんですよ。従業員、あるいは職員の方が一生懸命に、その頑張ってるかどうなのかという採点するのはですね。だから、同じ指定管理料でも愛夢里さんは40%台、牛深も1回も指定管理料は取らない。ところが、その旧態依然、毎回同じようなことが続く場合に、もう少し立ち入ってやっていかないと、私はむしろ議会の、くどいようですが、議運の中で出たように、余りにも指定管理料が多いところは、やはりこう委員会でも立ち入ることはできないんでしょうかね。そうしないと、やはり税金がですよ。そしてまたついでにですが、ちゃんと今年度の予定も1,500万円書いてありますよね。23ページに、指定管理料1,500万円、ちゃんとこれはもう予定しとらすとですよね。だから、そこら辺をもう少しでもいいから、100万円でも減らそうとか、もう少し何かの改善がないと、やはり議員は何しとるかと、議会は何してるんだというようなことになるんじゃなかろうかと思うんですよね。大変厳しい指摘ばかりで申しわけございませんけども、今年度の奮起をお願いしますとともに、今のを聞かれて何かもう一言あったら、もうなかったら要望で終わります。

 以上です。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 私どももですね、このプラスファイブのユメールというところですね、やはり選択肢が少ないところでもございます。宿泊もございませんし、物販のコーナーも少ないし、あとはやっぱりお風呂のお客さんと食事のお客さんをいかに増やすかというような、その選択しかございませんが、以前、19年度に行いました経営診断によります指摘事項に基づいてですね、今、経営努力はされてます。それに加えて、先ほども言いましたように、検討委員会も立ち上げてですね、今回、検討の中でですね、やはり改善点というようなことでですね、組織についての提言もしてますし、支配人の権限分散化というような提言、そしてレストランメニューの再構築等のですね、検討課題あたりをですね、指摘して改善を求めているというようなところでですね、私どものほうもですね、指導していきたいというふうに、そういう姿でですね、望んでいきたいというふうに考えてます。



○議長(本田武志君) ほかに質疑ありませんか。

 9番古賀源一郎君。



◆9番(古賀源一郎君) ほとんどですね、今、同僚議員がおっしゃったとおりなんですよ。別に私もプラスファイブさんにケチをつけようとか、内部干渉をしようとかということじゃないです。本当、労働分配率の余りにも異常の事態には、あまり目をつぶることができないというのは確かなことです。その中でですね、実はこれが波及をせんならいいのになと思っとることが事実なんです。これが当たり前になってしまえば、ほかの施設にも指定管理を受けてるような施設にも、これが当たり前になってしまえば、全くやっていることが逆行しやせんかなと思って、あえてこのプラスファイブさんを舞台にしてこういう質問をさせていただきます。

 先ほどから部長は、改善をしますということですけども、やはり民間の企業だったら、1年1年が決算ですので、そんなやっぱ3年もかけて改善をするとか、4年をかけても改善するというのはなかなか難しいだろうと思うとですよね。やはりそこにやっぱりスピード感をもっと持っていただきたいなということがありますし、中で一つ気になるのがですね、もう役員報酬なくなりました。給与・賞与・賃金のところで、やっぱ賞与がまだ出よるですたいね。この賞与については、やっぱどうしても法的に出さないかんのかなというのがあります。それをお聞きします。それを出さないかんとかなというところがちょっと疑問です。

 実は、愛夢里さんあたりはもう10年ぐらい賃金のアップはしてらっしゃいませんよね。そして、ましてや類似施設である、もちろん第3セクターじゃないですから、下田温泉センターも管理組合になってから、あえて本採用を臨時パートにして、全部給与も大分下げてきたという内部的な努力もしよるけども、ここに対しては、そのやっぱり賞与が出とるということはですね、余りにも1,500万円の指定管理料をいただいている中で、改善点が見られない中でという中ではですね、どうなのかと思いますので、その1点、ちょっと教えていただけませんか。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) そこのところはですね、私どもも踏み込んでまだ検討していなんですが、議員おっしゃるとおりですね、やはり経営状況に基づいてですね、賞与というものは払うべきというふうに考えますので、そこあたりはですね、再度支配人等とですね、打ち合わせしながら指導していきたいと思います。



○議長(本田武志君) 9番古賀源一郎君。



◆9番(古賀源一郎君) 本当にこれはやってください。そうせんとですね、もう本当実は、ほかの施設からですね、こういう相談があってるんですよ。「指定管理料をもらいながら、それは赤字出して、そのボーナスまでもろて」という話はですね、やっぱりちまたじゃ出るんですね。片や別のところになっと、「自分たちもパートにして努力はしているけども、給料は上がらんし」て、「これじゃやりがいもなかですもんね」という話も出てくるし、ましてや手前みそなって失礼なんですが、うちの温泉センターは、天草町の下田温泉センターについては、今回、どうしても売り上げが悪い部分に関しては、あえて時間を短縮してでも、もちろん温泉センターがあるからなんですけども、公衆浴場の時間を短縮して、一部のお客さんには迷惑かけるけども、その分の湯量の節約だけでもしようじゃないかというような努力も、これは民間に任せとったら半年、3カ月ぐらいの会議でしよるわけですよね。これが、この努力が全然実らんし、逆にこれが悪につながればないかんなと思いますので、この五和支所長、このユメールさん、これは地域にとってどういう位置づけで、町民の皆さん、これどがん思とらすし、これやっぱり大切ですばいて、これは五和にとって大切だけん、もうちゃんとしっかりみんなで守ろうやっかというようなことを思とらすとですかね。そこだけ一つ教えてください。



○議長(本田武志君) 五和支所長。



◎五和支所長(岩崎周司君) 当施設は、地域の老人健康、五和には老人施設等がありませんので、合併以前から老人会等の利用も多数利用されておりますし、また、周辺には民宿も多数ありまして、民宿のお客さんも相当利用されておりますので、そこら辺で地域にとっては重要な施設ということで認識しております。



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 報告第13号有限会社愛夢里の経営状況の報告について



○議長(本田武志君) 日程第13、報告第13号有限会社愛夢里の経営状況の報告についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 2ページ、3ページに営業報告書並びに利用者状況というのが載っています。ほぼ年間を通じて前年度割れ、三角がついてるわけですけど、ただ1月と3月は増加を示しているのは、それなりに分析をしてみるヒントになるんじゃないかなと思います。

 それから、他の施設に比べて、町内利用者の割合が低いのもですね、私はちょっと見ただけですから、そがんじゃなかとおっしゃるかもしれませんけど、低く見えますので、それは改善の余地があるのではないかと。まだ伸びしろがあるのではないかなと思えてしまうんですが、そのあたりについてお願いしたいと。

 二つ目ですけど、24ページにですね、事業計画書のその他の特記事項というのが書いてあります。最後に何とぞよろしくお願いいたしますということで、どういうつもりかもよくわからん、読んだわけですけど。確かに、耐用年数がきた老朽化施設は、順次こう改修して、更新していかなければいけないのはそのとおりだと思うんですけど、修繕、いわゆる予算の中に、修繕費が若干組まれていますけど、ここも市が建てた、旧町ですけども、市が建てている施設ですので、その大規模な、その修繕等々については、市が持つというふうなありますね、取り決めみたいなのが。それに該当するんだろうと思うんですが、最後のこの要望されているようなことについて、どういうふうに取り扱いになっていくのか。個別にはちょっと難しい問題もあると思いますので、一つ一ついいですけども、基本的にはどういう取り扱いか、流れを教えてください。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 1月と3月がこの増加しておりますが、これは愛夢里杯のグラウンドゴルフ大会とかゲートボール大会、そしてアンコウ鍋の宿泊プラン等、そういうようなことを打ってますので、その相乗効果というようなところもありますし、3月につきましてはですね、入浴のとくとく券、優待券ですが、それが使用期限が年度年度で切ってますから、その分が利用客が増えているというような状況だそうです。そして、町内の利用者の増加につきましては、これは先ほど言いました、経営診断の折にもですね、指摘を受けて一昨年からですね、河浦町の団体長会という会を組織して利用促進を図っております。今後もその会のですね、活性化あたりをしながらですね、利用を伸ばしていきたいというふうに考えております。設備等の修繕等につきましてですが、この3セクでしております施設、温泉施設と大体平成7、8年、9年ぐらいにつくられて15年前後の期間を過ぎてます。それで、所管のほうでもですね、計画的に支配人等からですね、支配人会議の中でですね、出していただいて、計画的に進めております。22年度は牛深とプラスファイブのユメールあたり。愛夢里につきましては、今年度にですね、今してます繰り越しの事業の中でですね、対応していきたいというふうに考えております。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 去年もその河浦町の団体紹介ですか、そういうのがあっていいですねということで、お尋ねしたのを覚えてますけれども、確かに、河浦町の人口自体は減っているんだろうと思います。それなりに、かなりですね。だから厳しい面はあると思うんですが、せっかくその、町のときにつくられた施設ですので、ここに限らずですが、やっぱり地域住民の皆さんでよくこう利用される。もちろん、温泉はほかになかでしょうばってん。飲食店はですね、ほかに民間の業者がおられますので、あまりここばっかりというふうにいかない面はわかりますけれども、やっぱりその、じり貧になってくのはもったいない話ですから、どういうふうにすればもっと利用が広がるというのは、その団体からいろんな要望があると思うんですが、ぜひそこはもうちょっと数字にあらわれるようなですね、ことが出るといいなというふうに期待したいと思います。

 それから、後半のほうは、流れはわかったんですけど、例えば、大きな要するに修繕に相当かかるものというのは、この愛夢里自体の予算の中に載るものと、そうでないものとあっとでしょう。そこはしっかりこう分けてあるんですか。そこがですね、自主的な営業努力もされるでしょうけど、設備の維持についてもですね。はなはだもう無理というのもあるとでしょうから、そこは大きな改修についても、一応当面やっていくと、そうすると、相当長いスパンでここは位置づけるんだという市のメッセージにもなっていくわけですね。そこまで踏み込んでやっていくのかどうか、まあ今は無理かもしれませんけど、お願いしたいと。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) この修繕費につきましては、指定管理の協定の中にですね、10万円を超えるような大規模な部分についてはですね、市が行うというふうな取り決めをしておりますんで、それ以下の部分についてですね、指定管理者のほうでしていただくと。それ以上につきましてはですね、市が設置責任というふうなところでですね、修繕をしていくということで、今行っております。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、次に進みます。

 間もなく正午になりますが、このまま会議を続行したいと思いますので、御協力のほどよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 議第57号専決処分事項の承認について



○議長(本田武志君) 日程第14、議第57号専決処分事項の承認についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 2点です。

 まず、この課税限度額の性格ですが、そこまで課税してもよいというラインであって、強制ではないはずですので、そこの確認です。それから、3分野に今なってますので、その値上げの幅、いわゆるパーセントに差があるのはどういう意味なのか。これは上で決めらしたけんていうことはそのとおりなんですけど、どういうことなのかお願いしたい。

 それから、2点目ですけど、引き上げによる本市での影響額ですね、税増収見込み額は幾らで、払う人たちは結局このことに影響を受ける世帯、被保険者数でいうと何件おられるのかお願いします。



○議長(本田武志君) 財務部長。



◎財務部長(酒井秀則君) 課税限度額の課税ラインについてでございますが、地方税法で国民健康保険税の税額は政令で定める金額を超えることができないということで規定されております。御指摘のとおり、そこまで課税してよいラインということでございます。しかし、据え置いた場合にはですね、結果的に限度額、課税限度額に達しない中低所得者への負担が増すことになりますので、今回、引き上げをさせていただきました。

 また、分野ごとの引き上げの額や率が異なる理由でございます。限度額につきましては、昨年度から協会けんぽ、これはいわゆる全国健康保険協会というのがございますけれども、まあ従来は政管健保と言われておりましたが、で、これの上限額まで引き上げていくという方針が出されております。設定の方法といたしまして、従来どおり、限度額を超える世帯の割合を基礎に設定されていると思われますけれども、詳細については、資料は持ち合わせておりません。

 次に、引き上げによる本市への影響でございます。世帯にしまして450世帯、これが大体2.7%程度になります。それから、被保険者にしますと1,600人、額にして約700万円を試算しております。

 以上でございます。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) まず、中低所得者の負担増になると、もしこれを上げないとですね。それは部長がおっしゃった答弁ですが、うそてな言わんばってんですね、事実上はそうならないわけですね。事実上はそうならない。もう税率は別の時限で決めますから、そうはならないんですね。だから、ちょっと無理があると私は解釈します。

 それから、あえて確認しますが、これについては、その、上げなくてもペナルティーはないですよね。いろいろ調整交付金等々で差をつけられるというのはないですね。それも一応確認をさせていただきたいと思うんですが、実際、その、今回の影響を受けるその所得、階層ですたい。これは高額所得者層、これは比較的な問題ですから高額といえば高額かもしれませんけど、全体的な中で、市民の中でいえば中間層ですもんね。これも被保険者の構成によっていろいろですから、一概にその高額と決めつけていうのは、私はこれも正確ではないと思います。実際、それだけ上がると、それでなくても上がるわけです。ことしはですね、今年度は。だから、相当やっぱり納税困難になる人が出てくる可能性はあると。今おっしゃったパーセントのところですね。うんと上の人は全然低っかわけですよ。もう相当免除されてますからですね。だから、そのボーダーのところに対する影響というのは、やはりかなり心配する必要があると私は思います。

 それで、一つの事例ですけれども、天草市はこの国保行政はかなり法律に忠実にやっておられます。それは私が褒める意味じゃなくてですね、統計数値として資格証明書の発行数がですね、県内でトップなんですね。それから、子どもさんにですね、今資格証明書をなくしましたけど、短期の保険証を出しています。子どもにその短期にせんでよかと思いますけれども、その出している数も県下トップという数値をこの前見ました。まあ、それもうそであってほしいと思いますけどですね。だから、そういう忠実な面が一方では行われているんですけども、ますますそうならざるを得ないような状況を、これも一つのきっかけになるのではないかと、私は心配するんですが、実際、その辺、今紹介した数値でいうと、細かい数値はいいですけど、大体そういう窓口対応といいますか、国保の行政になっているということはそうですかね。こっちの部長のほうの最初の確認と。



○議長(本田武志君) 財務部長。



◎財務部長(酒井秀則君) 限度額まで上げなかった場合のですね、ペナルティーというのはございません。

 私のほうからは以上です。



○議長(本田武志君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(池?一彦君) 今、議員から御質問がありました資格証明書制度についてでございますが、これにつきましては、従前から御説明を申し上げておりますとおり、保険税の納付期限から1年間の保険税を滞納している場合にですね、罰則等ということで認識はしておりません。納税者に均等なやはり納税をしていただくために、私どもと接触の機会を十分に設けるということを原則としておりますし、短期被保険者証の交付につきましてもですね、災害時等特別な場合には交付をするということで実施をしておりますので、私といたしましては、制度に基づいて今でき得る限りのことを実施しておると認識をしております。

 以上です。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、本件は委員会の審査を省略して、直ちに採決いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員会の審査を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 14番蓮池良正君から討論の通告があっておりますので、これを許します。

 14番蓮池良正君。

     [14番 蓮池良正君 登壇]



◆14番(蓮池良正君) おはようございますを過ぎました。大変失礼いたしますが、討論をさせていただきます。

 毎年のようにこの種の改正には、正直悩むわけであります。先ほど私の質疑に部長が答弁をされましたように、財源が限られた国保会計ですので、所得の比較的高い被保険者の皆さんの国保税納税額が増えれば、その範囲でも財源確保になることはそのとおりであり、肯定的に見るべきだろうと思います。しかし、単純に賛成できないのは二つの理由からであります。

 第1は、所得のものすごく多い人ほど、軽減される税額が大きいという国保税の課税構図を引きずっているということであります。曲がりなりにも税と名前をつけるからには、応能負担の原則を貫くべきではないかと思います。

 第2は、それでは改定前のボーダーとなる医療給付費分で50万円、後期高齢者支援金分で13万円、介護納付金分で10万円、合わせると73万円の国保税課税となるのは、世帯の家族構成でどういう所得段階の市民であるかが気になります。かなり高額所得者ならボーダーを4万円引き上げることもやむを得ない。あるいはもっと上げてもいいんだろうと、そっちが正解だろうと思いますが、しかし、果たして、そううまく今回の4万円上げることによってうまくいくのかと。

 例えば、自営業者で4人家族の場合、全員が64歳以下でですね、そのうちお二人が40代以上とすれば、医療給付費分につきましてはですね、大体597万円で限度額に達します。同様に、後期高齢者支援金分では、363万円ぐらいで限度額に達します。介護納付金分ではですね、558万円ぐらいで限度額に達します。もちろん家族構成によって若干こう違いますので、一番低くなった場合というふうに、それよりもっと早くなる場合もあります。家族の人数によってですね。

 以上、御紹介したようにですね、この限度額周辺の所得段階の方々というのはですね、国保の被保険者では高額に分類されておりましても、1人当たり、さっき4人家族と言いましたので、例え500万円、600万円あってもですね、1人当たりにすれば200万円にいかないわけです。百何十万ぐらいの水準です。これは1人当たり市民所得の統計と比較した場合にはですね、決して高額所得者と言えないと、そのあたりの方々については言えると思います。課税限度額引き上げてよいほどに余裕のある階層ではありません。

 問題は、国保税の税率そのものが高すぎることに私は起因していると思います。しかも、この6月に届く国保税の納付書は、平均9.17%の値上げをしてありますので、ボーダー近辺の世帯では単純ではありませんが、その分の値上げに加えて、課税限度額のアップに伴う上昇が加わります。国民健康保険会計を財政上からも健全な運営にしていくには、構成員である被保険者の所得収入が増えて、担税力が大きくなること。それが容易に期待できないなら保険者である天草市が応分の下支えをすることが当然であると考えます。医療保険など、他の健康保健と比較しても、天草市の国民健康保険税率は大変高いものです、先ほど御紹介した、500万円ぐらいの、例えば給料取りの方々の自分の負担している保険料と比べても、国民健康保険税は大変高いということを、ぜひやはり市民の皆さんにも知っていただきたい。県内の他の自治体より相対的に天草市の国民健康保険税が低いから我慢せよと押しつけるのは、私は間違っていると思います。しかも、先ほど部長がおっしゃったように、協会けんぽの水準まで上げていくというんです。しかし、協会けんぽはですね、曲がりなりにも事業主負担がありますので、御本人が負担するのは半分なんですね。ここも割と知られていないからくりですので、それだけ言うのは私はひきょうだと思います。

 最後に、今年度の各種税金の課税計算書や納付書が届き、とりわけ国保税ではびっくりされる世帯も多いと思います。天草市に今ある条例規則も活用して、納税相談、さっきもおっしゃいましたけども、市民の立場で納税相談を広げていただきたい。これはもちろんのこと。それから、申請減免や医療費の一部負担金軽減制度も活用されて、安心して医療を受けることができる国民皆保険、市民皆保険制度としての機能を確立するために、無保険証状態の被保険者の未解決や1年以上国保税未納者への資格証明書の乱発をとめることを求めます。先ほどは、罰則ではないと部長おっしゃったんですが、事実上、そういうふうになっている、とりわけ見せしめ的な資格証明書発行世帯や、短期保険証発行の国保世帯で、18歳以下の被保険者に短期保険証を交付している問題は、正規の保険証交付に是正されることを強く求めるものです。天草市は、先ほど御紹介しましたように、資格証明書発行数でも、18歳以下の被扶養者への短期保険証発行数でも熊本県下トップという数字を見まして、愕然といたしました。間違いであってほしいと願います。冷たい国保行政で県下ナンバーワンになることは、私は国保行政として職務に忠実というより、不名誉なことだと考えます。国保滞納額で断トツの熊本市でさえ、すべての国民健康保険の被保険者に保険証を送付する措置をとっています。ことしになってからであります。そうしたら、保険証を手元に持たなかった市民から感謝の声が市役所に、担当の方に届いたそうです。熊本市でも発想を変えたほうがよいという経験が生まれております。よいことは私たちの天草市でも生かしていただきたいことを申し上げ、私の討論といたします。



○議長(本田武志君) 以上で、14番蓮池良正君の討論を終わります。ほかに討論はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、討論を終わります。

 議第57号を採決いたします。本件は原案のとおり、承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

     [賛成者起立]



○議長(本田武志君) 起立多数であります。

 よって、本件は原案のとおり、承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第15 議第58号専決処分事項の承認について



○議長(本田武志君) 日程第15、議第58号専決処分事項の承認についてを議題といたします。

 本件について、質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、本件は委員会の審査を省略して、直ちに採決いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員会の審査を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、討論を終わります。

 議第58号を採決いたします。本件は原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり、承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第16 議第59号専決処分事項の承認について



○議長(本田武志君) 日程第16、議第59号専決処分事項の承認についてを議題といたします。

 本件について、質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、本件は委員会の審査を省略して、直ちに採決いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員会の審査を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、討論を終わります。

 議第59号を採決いたします。本件は原案のとおり、承認することに御異議ありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり、承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第17 議第60号天草市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(本田武志君) 日程第17、議第60号天草市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 2点です。

 一つは、今回の改定で対象に加えられる非常勤職員で1年以上勤務の方というのは、現在、本市で何人おられるのか、お願いします。

 それから、改正箇所を含めて、条文の表現というのが一目瞭然とはなかなかいかないんですけれども、もっと平易な表現、わかりやすくできないのかという素朴な疑問がありますが、こういう点ではまあずっと流れてくるでしょうから、それにこう当てはめるだけの作業だと思いますけど、こういうのを考える部署はないんでしょうか。我々が考えんばいかんとでしょうけど。



○議長(本田武志君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) まず、お答えをいたします。

 1点目の対象者でございますけれども、今回の改定で対象となります非常勤職員は469人で、1年以上勤務する非常勤の方が334人となっております。

 それから、二つ目のその改正のあり方と申しますか、今回の改正につきましては、関係法律の改正に伴いまして、非常勤職員の方にも一般職に準じて一定の条件のもとで育児休業、それから部分休業の取得を可能とするものでございます。確かに、法律の定め方が取得に関する例外規定などを定める条文になっておりますので、わかりづらい表現になっておりますけれども、改正条文につきましては、国が示す例に基づいての作成になりますので、御理解を賜りたいというふうに思っております。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 今、数字をあげられた方々には、特にその方がみんな対象になるとは限らないと思うんですが、周知をされるように、これは当然されると思うんですが、その場合もわかりやすくしていただきたいというのが一つあります。それから、実際にその育児休業等々とられると、その現場はやっぱり影響を受けるわけですよね。これは当然配慮していかれるわけですか、増員をするとか。今は増員はあんまりはやりませんけども、その職場の理解がないとまた遠慮すると、自粛するというふうになりがちかと思うんです。これは正職員の方もそうだと思うんですが、その辺について何か考えておられるんですかね。



○議長(本田武志君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) 1点目のわかりやすい周知には、私どものほうも努めてまいりたいと思います。

 それから、仮に取得があった場合のそこの部署への対応でございますけれども、ここも同じようにそこの担当部と協議を重ねながら、業務に支障がないように対策はとっていきたいというふうに考えております。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、本件は総務企画委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第18 議第61号天草市税特別措置条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(本田武志君) 日程第18、議第61号天草市税特別措置条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 本件について、質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、本件は総務企画委員会に付託をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第19 議第62号天草市議会の議決に付すべき事件に関する条例の制定について



○議長(本田武志君) 日程第19、議第62号天草市議会の議決に付すべき事件に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 1点ですが、3月議会での施政方針との関係で、この構想策定の議決の必要性をいつ判断されたのか。全員協議会でもたしか説明がありましたので、そのとき、もししておられれば私が忘れているんだと思いますけど、どういう流れだったのかお願いしたいと。

 それから二つ目、条例の名称がですね、今回の条例制定の直接的理由とはしっくりこないわけですが、例えば、議決が必要な事案をですね、整理したものにこれをベースとしてですね、あるいは整理、発展させていくということはできるんだろうと思うんですが、そういうふうに理解していいのか。もうこのことについても議会がもっと主体的に考えるべきことだとは思うんですけどですね。



○議長(本田武志君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) お答えいたします。

 今回の条例改正の件でございますけれども、定住自立圏の形成方針というのを策定する上では、議会の議決を必要とするというようなことが、定住自立圏構想の推進要綱のほうで定められておりますので、その手続に沿って今回条例改正をさせていただきました。この条例等がしっくりこないということでございますけれども、地方自治法の96条の規定の中では、条例を設けたり、改廃すること、あるいは予算を定めること、決算を認定することなどの15項目が議会の議決案件となっております。そして、2項の中では、前項に定めるものを除くほか、普通地方公共団体は、条例で普通地方公共団体に関する事件につき、議会の議決にすべきものを定めることができるというふうな規定になっておりますので、今回はこの事務次官通達の定住自立圏構想推進要綱に基づいて、この定住自立圏形成方針を策定する前の段階として、議決する案件を今回条例で上程をさせていただいたところでございます。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、本件は総務企画委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第20 議第63号天草市福祉有償運送運営協議会条例を廃止する条例の制定について



○議長(本田武志君) 日程第20、議第63号天草市福祉有償運送運営協議会条例を廃止する条例の制定についてを議題といたします。

 本件について、質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、本件は文教厚生委員会に付託をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第21 議第64号天草市立小・中学校設置条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(本田武志君) 日程第21、議第64号天草市立小・中学校設置条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 本件について、質疑の通告があっておりますので、順次発言を許します。

 4番濱洲大心君。



◆4番(濱洲大心君) 素朴な質問でございますけども、新しく誕生するこの天草市立本渡東小学校、それと天草市立河浦小学校ですけど、これまた平成28年にはこの瀬戸小、志柿小なども合併する目標になっているんですけども、この二つの学校の制服とか校歌はこれからどうされるのか。

 それと、閉校となる学校の閉校式典なんかもされると思いますけども、その辺の御説明をお願いいたします。



○議長(本田武志君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) お答えをいたします。

 学校統合に関する大枠につきましてはですね、学校統合の組み合わせごとにそれぞれ保護者の代表、あるいは地域の代表、校長先生などで組織をします学校統合推進協議会の中で検討・協議を行っていただいているところです。さらにまた、今質問ございましたけど、校歌あるいは制服、それからPTAの会則でありますとか、通学に関することなどですね、実務に関することにつきましては、それぞれ該当校の保護者、教職員等で組織をいたします学校統合準備委員会の中で協議をしていただいて、決定をしていただくというようなことに現状ではなっております。

 それから、閉校式につきましては、基本的には学校の設置者である市が実施をいたします。その後の閉校記念事業とかにつきましてはですね、地元でそれぞれ実行委員会などを組織をされて、実施をされているという状況でございます。



○議長(本田武志君) 4番濱洲大心君。



◆4番(濱洲大心君) 一応、今御説明あったんですけども、もう4月に一応合併予定なんで、現段階では、もう行政の側では制服はどうなる、校歌がどうなるというのは、まだ全然わからない状態で、これから進められるんですか。



○議長(本田武志君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) それぞれ今、準備委員会をもう設置をしましたのでですね、その中で、これからそれぞれ意見を出し合って、決めていかれるというようなことになろうかと思います。



○議長(本田武志君) 次に、8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 4点ほど質疑いたします。

 本渡東地区4校、4小学校のうち、今回のですね、2校が先行統合する計画になります。4校とも耐震診断、そして補強はできているのか。

 2点目に、本渡東小学校という校名、これから2度の統合が控えてる、その負担軽減のためといって聞いていますが、最小限の統合にするという選択肢を最初から排除した協議はしているんじゃないかと。新しい本渡東小学校を建設する構想がその前にですね、一人歩きしてないか。伺います。

 三つ目に、河浦の5小学校についても、耐震診断、補強はできているのか。先行する、今回ですね、先行する三つの小学校は、現在の一町田小学校から近い2校を加えた範囲での校名、河浦小学校としていますが、場合によっては、この範囲で当面維持すること、そして、あと2校区の関係者の判断によっては、それが可能であることも確認できるか。

 四つ目に、学校統合で通学手段がバスになります。既にいろんな課題、要望が出されてきていると思いますが、バス停から自宅が遠い児童、そして生徒への配慮、安全対策などどのようにされていますか。今回の本渡東と河浦については、その面での対応はどのようになっているのか伺います。



○議長(本田武志君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) お答えをいたします。

 まず1点目ですけれども、耐震診断につきましては、平成22年度ですべて終了をいたしております。それから、本渡東、4校のうち金焼小学校については、補強の必要はないということで、残る3校のうち瀬戸小を除く2校については、応急的な対策も含めて補強は済んでおります。本年度、瀬戸小学校の渡り廊下が補強の必要がありますので、本年度に補強工事を行うことといたしております。

 それから2点目ですけれども、本渡東小学校という校名はですね、平成24年4月の下浦第一小学校と金焼小学校の統合時から用いるというようなことになっておりますけれども、これは学校統合推進協議会におきましてですね、東4校の中で設置をしております推進協議会におきまして、平成28年4月の4校の統合というようなことでの合意がなされまして、それを見通した協議の結果、こういったことで公募してですね、校名が決定をされたという状況でございます。

 それから、28年4月の4校統合の前に、その下浦第一小学校と金焼小学校が統合することとなりましたのは、保護者などからですね、複式学級の早期解消を強く望まれるといったことの結果でありまして、議員お尋ねの最小限度の統合によるその選択肢を排除したっじゃなかかといった結果ではございませんので、どうぞ御理解をいただきたいと思います。

 それから、河浦町の五つの小学校につきましては、これも耐震診断はすべて終了しております。補強が必要と診断されております一町田小学校の屋内体育館、富津小、宮野河内小につきましては、本年度に一町田小学校の屋内体育館の補強工事を実施するということにいたしております。

 次に、河浦町の小学校5校につきましては、これも推進協議会におきまして1日も早く複式学級を解消してほしいという保護者の強い御要望等もありまして、24年の4月に富津小、一町田小、一町田小第一分校の3校を統合して、25年の4月にその統合した3校と新合小、宮野河内小が統合するということで合意がなされているところでございます。

 それから、通学手段等のことでのお尋ねですが、スクールバスの経路でありますとか、乗降場所ですね、バス停とか、あるいは通学路等につきましては、保護者や教職員で組織をします、先ほど御説明いたしましたが、準備委員会の中でですね、それぞれ協議をいただいているという状況でございます。その際に通学路の危険箇所等につきましても保護者の方、点検をしていただきまして、その通学路での安全対策等も講じることにいたしております。

 以上です。



○議長(本田武志君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 1点だけ再度お伺いしますが、通学手段ですね。統合後に今まで天草市に合併前も含めてですね、統合した学校の生徒たちのその通学路についてはですね、保護者からいろんな意見が出て、そういうのを解消しますからということで統合していくんですよね。しかし、その段階でどうしてもその、実際に保護者からの要望が出たところがされてないと。で、それで相当統合等の話が違うじゃないかという面がですね、やっぱり出てくるんですね。統合のときにこういう条件で通学路もちゃんと整備しますということでやっとったけど、実際にはやられてなかったとか。そういう面がいっぱい出てきますので、今後ですね、やっぱ保護者の要望というのをやっぱり最大限ですね、受け入れて、そして、その実行のためにどういうふうな形をとるのかというのをですね、今後どんどん委員会とかですね、そういうのの中で出してもらえればいいと思いますけど、よろしくお願いします。



○議長(本田武志君) 以上で通告による質疑は終わりました。ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、本件は文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第22 議第65号から日程第23 議第66号まで一括上程



○議長(本田武志君) 日程第22、議第65号あらたに生じた土地の確認について及び日程第23、議第66号字の区域の変更について、以上2件を一括議題といたします。

 以上2件について、質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、以上2件は総務企画委員会に付託をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第24 議第67号熊本県市町村総合事務組合規約の一部変更について



○議長(本田武志君) 日程第24、議第67号熊本県市町村総合事務組合規約の一部変更についてを議題といたします。

 本件について、質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、本件は委員会の審査を省略して、直ちに採決いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員会の審査を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかになければ、討論を終わります。

 議第67号を採決いたします。本件は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり、可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第25 議第68号平成23年度天草市一般会計補正予算(第1号)



○議長(本田武志君) 日程第25、議第68号平成23年度天草市一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 まず、第1条、第1表歳入歳出予算補正の歳入について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 2点ほどお尋ねします。

 まず民生費、県補助金55万5,000円の件ですが、自殺対策緊急強化事業の10割補助事業の受け入れとなっています。県の取り組みはどうなっているのか気になるわけですが、緊急強化が求められるほど熊本県の状況はよくないのか。県内に平均的にばらまかれたのか。天草は特に重点的な位置づけなのか。お願いしたいと思います。

 それから、財政調整基金からの繰り上げが今回大半ですけれども、不足財源調達としては、この措置以外にはなかったのかですね。よく言うのは、繰越金はもうちょっと増えますので、それを先行してこう計上する方法もあると思うんですが、この繰り入れの場合はどうせ帳消しになることありますので、一応念のためお願いします。



○議長(本田武志君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(池?一彦君) 自殺対策緊急強化事業についてお答えをいたします。

 本事業は、平成21年度に内閣府から交付されました地域自殺対策緊急対策交付金を基金といたしまして、熊本県が平成21年から23年までの3年間で実施しているものでございます。メニューといたしましては、対面型相談支援事業、電話相談支援事業、人材育成事業、普及啓発事業、強化モデル事業、五つのメニューがございます。この中から市町村が選択をいたしまして申請をするものでございます。

 熊本県の実情といたしましては、平成21年度の自殺者数が452人で全国23番目となっております。人口10万人当たりの自殺者でございますが、率といたしましては、熊本県は25.0でございます。全国平均が24.4でございますので、若干高いと。全国で20位となっております。ちなみに、天草市の状況でございますが、452人のうちに約25人が本市の自殺者数となっております。10万人当たりの率でございますが、27.7人ということで、熊本県平均を上回っている状況でございます。

 以上です。



○議長(本田武志君) 財務部長。



◎財務部長(酒井秀則君) 今回の財源でございますけれども、繰越金につきましては、出納閉鎖、5月30日でございますので、今回間に合いません。で、財政調整基金のほうで手当てをさせていただきました。

 よろしくお願いします。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 細かい数字はまた委員会で歳出でしますけど、そうすると、それなりに問題意識は持っておられるわけですよね。そうすると、県の、今回はこのくらいの金額の歳入になってますけど、もうちょっとその活用する方法等もあったわけですかね。そこの確認だけ。今、部長が答弁された数字でいえば、結構天草はその重点地域になるわけですね、見ればですね。だから、そこのくれらすけんもろたというだけなのか、こっちがもうちょっと能動的なモーションをかけて今回こうなったのかというのがいまいちわかりませんので、お願いしたいと思います。

 それから、一応もう6月になりましたので、概算でいいですけど、結局幾らになったんですか。



○議長(本田武志君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(池?一彦君) 能動的な部分なのかということでございますが、この事業を申請します前に、健康福祉部といたしましては、今年度、自殺対策事業を重点的に実施をしようということで実施計画をつくっております。まあ県よりも下げるという意味ではございません。極力ゼロに近づけることを目標に自殺者の周辺にいらっしゃる方でございますとか、その行政内部でですね、連携をとりまして、極力自殺者を減らしていくということで考えております。

 以上です。



○議長(本田武志君) 財務部長。



◎財務部長(酒井秀則君) 22年度の概算でございますけれど、まず歳入が約583億円、歳出が約563億円で差し引き約20億円なんですが、翌年度に繰り越しの充当財源として5億円ございますので、差し引きますと約15億円が繰越実質収支となります。

 よろしくお願いします。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

 5番福嶋啓子君。



◆5番(福嶋啓子君) 歳出のほうで(「歳入です」と呼ぶ者あり)あ、歳入のほうで、あ、済みません、じゃあ後で。



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、次に歳出に移ります。

 まず、款2.総務費について質疑の通告があっておりますので、順次発言を許します。

 4番濱洲大心君。



◆4番(濱洲大心君) 款2の総務費、項1の総務管理費の目21の被災地支援費についてちょっとお尋ねします。

 私たちも会派で5月に東北の被災地を視察してまいりました。地震、津波の被害の物すごさを目の前にして、本当にこれは日本中から手を差し伸べて支援をせねばならないなというふうに感じました。

 そこで、今回は東日本大震災の関連予算の中で、被災者就業事業で1,350万円の予算をつけておられます。被災地の方の失業者数も約12万人と聞いておりますので、天草市のすばらしい取り組みだと感じております。ただ、この被災者支援事業、これはどのようにして広報して、募集をされるのか。それと、この1,350万円の内容を少し聞きましたところ15万円の補助で10名分、9カ月というふうに説明を受けましたが、この9カ月間の期間が終わった後はどのようにされるのか。

 それと、きょうの新聞にも載っておりましたが、被災者の中にも農業関係、漁業関係の方がおられると思います。県内ではハローワークで被災農家を対象に就農と住居移転費用の対策を打ち出しておられますけども、この市としてのこの補助事業は企業じゃなければ受けられないのでしょうか。それ、もしくは個人の農家や漁業は受けられないのでしょうか。その辺の御説明をお願いいたします。



○議長(本田武志君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) 最初にお尋ねがありました被災地の方々への呼びかけにつきましては、まずは天草市のホームページの掲載によります周知を考えております。ただ、インターネットによる情報発信は被災地におきましては、パソコンもない、それからインターネット情報を閲覧するというようなことが厳しい状況下にあると思われますので、被災地の県等を通じまして、さらに被災県の新聞社などへの情報提供を行うなど、効果的な方法を検討しながら呼びかけてまいりたいというふうに考えております。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) この補助、個人の農家、漁業は受けられないかというふうなところですが、この要件としましては、ハローワークを通してくるというふうなことを要件としてます。だから、その社会保険の手続等をできるようなところであればですね、法人、個人含めてですね、対象となると。その受け入れ側のですね、対象とはなるというふうになります。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 今のはですね、受け入れ側の、天草市の受け入れ態勢はですね、その社会保険の手続をできるような団体であれ、個人であれ、農業者であれ、漁業者であれ、そういう手続をできるようなところであれば受け入れは可能ということです。

 そして、向こうからですね、来られる農業者、漁業者もですね、あればですね、こちらで受け入れる態勢が整えばですね、それも対象になっていきます。そういうふうな分の周知についてはですね、農林水産省のホームページとか、全国農業会議のホームページの中にですね、東日本の震災、被災者の求人情報というふうなページがございますんで、そこあたりで周知すればですね、周知はできますんで、そこあたりの対象になりますということです。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) まずはですね、今年度事業ということでですね、9カ月をですね、予算化させていただきたいと。今後はですね、その実施の状況をですね、把握してですね、24年度に向けて検討したいと思います。



○議長(本田武志君) 4番濱洲大心君。



◆4番(濱洲大心君) はい、ありがとうございました。総務部長のほうからはちょっと広報のことで御説明を受けましたけども、市のホームページ、新聞、なかなか被災者の方がホームページを見るかって難しいところと思うんですよ。ですから、できればハローワークなんかと連携して広報ができればなと、検討をお願いいたします。

 それと、経済部長のほうから御説明がありましたけども、社会保険を受けられるというとらえ方なんですけども、ちょっとやっぱりこれは個人では難しいことですよね。個人の農家とか、漁業者ですね。やっぱり企業じゃないとやっぱり今のところはだめだということですね。

 それと、この雇用者を受け入れる今度は企業のほうですけども、この企業に対しては、どういうふうな募集をされるのか。それと、この受け入れ企業にもここまでの基準というのがあるのかですね。御説明をお願いいたします。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) これは、受け入れる天草市のほうについてはですね、まずは市報でこういう制度ができましたので、希望しませんかというふうな周知をしていきたいというふうに思ってます。そこでですね、企業、個人問わずですね、こういう制度がありますという周知をするということです。



○議長(本田武志君) 次に、14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 今の関連が一つありますが、熊本県もいわゆる熊本県内の耕作放棄地をですね、向こうの被災された農家の方々に来ていただいて、活用してもらおうという何か構想が知事を通じて発表されて、それを期待するわけですけど、そういうのにも今部長が答えらしたのは若干リンクしていくんですか。それはそれでまた別になっとですかね。これがものになればですね、少しでもいいなと。しかし、いろんな自治体が、特に、こう地方の自治体は手を挙げてますね。そこをこう被災者の方々が見つけてくれるのがなかなか大変と思うので、その橋渡しみたいなのをですね、やっぱりどっかで努力していかないと、したばってんだれもこらっさんやったというふうになりかねないと。これは住宅もそうだと思うんですね。3番目に書いていたことですけれども、市営住宅をですね、その被災者用に一応空けているんですかね。利用してもらうことはいいことなんで、それ必要だと思うんですけども、そのことによって、この市民の利用を待ってもらうというふうになると、またちょっとどうなのかなと思いますので、そこはどう調節されてるんですかね。この機会に市営住宅自体をもうちょっと快適にされるのであればなおさら結構だと思います。

 それから、順番が逆になりましたが、まず、東日本大震災支援で、当初、天草市はですね、直接的な公金での見舞金の支出はしないと、我々は説明を受けておりました。それはそれなりに理由はあることで私も納得しておりますが、今回の補正予算の計上額を見るとですね、この、何がこうベターかというのはよくわかりませんけれどもですね、妥当なのかなという素朴な疑問がわいてきます。ですから、金額に直すとこのくらいでいいのかなという、ちょっとそういう感じがするわけです、はっきり言ってですね。だから、今回はこれで出したけれども、これですべてじゃないと一言言ってもらえれば安心します。市民の中にはですね、よそと比べることがいいか悪いかは別として、ああいうふうに出しているところもある。天草市もそうしていただいたら市民としてもちょっとほっとするという御意見もあります。これは評価はいろいろあると思います。金額の高ではないと私は思います。

 それから、派遣、職員の派遣がされて、その奮闘に本当に感謝するところですが、同時に、その派遣要請に自主的にこたえる用意を持っておられる職員さんが200名超えていらっしゃると報告を受けております。今回の予算計上額でこの派遣自体がですね、制約にならないのかと。受け入れてくれるところがなければですね、ボランティアで行くのも結構ですが、なかなかうまくいかないので、そういう感じということで聞いておりますけれども、できればこの積極面は生かすようにしていってもらえないのかなというのがあります。

 以上、まずお願いします。



○議長(本田武志君) 建設部長。



◎建設部長(江?和男君) 住宅のほうにつきまして、私のほうからお答えさせていただきたいと思います。

 今、被災者の方々への住宅につきましては、今、市のほうで管理しております、市営住宅の空き住宅を提供するような形で考えております。現在のところは申し込みも今のところございませんし、それと先ほど言われますように、市民の方の利用に待ってもらうというようなことはないのかという質問だったですけども、それについても現在はございません。



○議長(本田武志君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) 私のほうからは、今回の補正計上につきましてお答えをさせていただきますけれども、被災地支援費につきましては、四方を海で囲まれております天草地域でも類似するような被害も考えられ、決してその他人事では済まされないことから、被災地に対しての人的支援、物的支援及び就業支援等の経費として計上させていただいております。今回の補正予算計上が市民の皆様にも改めてその被災地への支援、復興に向けたさらなる結束力にもつながればと考えておりますし、今、被災地の状況変化の中で、さらに要請が出てまいりましたら、できるだけの支援は実施する必要があるというふうに考えておりますので、必要に応じましては、さらなる補正予算をお願いすることも出てこようかと思っております。

 それから、予算計上がその派遣の制約にならないかの件でございますけれども、被災地支援のための派遣につきましては、熊本県及び県内市町村での合同による派遣、並びに保健師を派遣しております熊本県保健医療チームの二つの派遣を継続的に実施している状況でございます。今後も引き続き、被災自治体からの要請に基づくこの二つの派遣を中心に、継続的に実施する計画で補正予算は提案させていただいておりますので、今後、要請に大きな変化がなければ、現時点ではこの予算で対応できるものと考えております。

 以上です。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 農業関係で、熊本県が行うのはですね、東日本大震災被災農家就農支援事業という事業であります。これは農業法人等を一応登録しといて、そこが受け入れるというところですので、天草地域にはその登録農家ありませんので、その事業には乗せられませんが、今回、提案してお願いしているこの事業でですね、天草内でそういう受け入れをしていいですよというふうなところがあればですね、農業者を受け入れるということは十分可能だというふうに考えています。



○議長(本田武志君) 14番蓮池良正君。



◆14番(蓮池良正君) 1点だけに絞りますが、災害派遣でこう行かれた職員の皆さんのいろんな経験があります。それなりにレポートが出たり、いろいろ見る機会があると思うんですが、ぜひそれも活用していただければなと。みんなが行ければなおさら結構なんです。市長を先頭にしてですね、ぜひ我々もそうですけども、議員の中にも行かれた方が何人もいらっしゃるので、やっぱり百聞は一見にしかずということでありますので、実際、足を運んでですね、やっぱり何らかのお手伝いができればなおさらと思うんですが、行かれた方のその体験を、みんなの共有財産にしていただく努力をしていただきたいと。まあ全部詳しい報告書を書いてもらう必要はないと思うんですが、少しでもやっぱりその職場ですね、それから、送り出した職場の御苦労もあると思うんです。決して人は余っていないと思いますので、そこの送ったところについては、やっぱり一定のこう評価をしていくと。今後もう余りないという部長の答弁だったんですけど、そうではないと思いますので、やっぱりいろんなつながりを生かしてですね、市の職員さんに限らずと思うんですが、これはこの前要望して無理やったんですけど、民間でもですね、やっぱりボランティアに行かれることが多いと思います。その財力があるところはいいと思いますけども、いわゆる気持ち先行していかれる場合もあると思いますので、そういう分野についてもですね、もうちょっと検討していいんじゃないか。自治体によってはですね、そのボランティアに行かす旅費等々をですね、自治体で出しているところもあります。だからきょうどうこうじゃありませんけれども、ぜひ検討していただきたい。

 以上です。



○議長(本田武志君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

 5番福嶋啓子君。



◆5番(福嶋啓子君) 先ほどは失礼いたしました。

 総務費の東日本大震災被害者就業支援事業について、先ほど同僚議員からもありましたが、受け入れる企業はこれから募集ということでしょうか。まだ決まっていないということでしょうか。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) まだ予算が通ってませんので、予算の承認が済んでから募集というふうな。



○議長(本田武志君) 5番福嶋啓子君。



◆5番(福嶋啓子君) それで、私からの一つの提案があるんですけど、ここに予算がある中で、向こうのほうに御案内を出すときに、自分がどこでどういった部分で働けるかという部分があったら、安心してこちらのほうに移住してこれるのかなと思います。私が以前一般質問で質問いたしました、月15万円で研修生という部分の提案をまたここで持ってこれないのかなって。海士町の青山課長みえたときに、いろいろとちょっと質問したんですが、天草には51の振興会があってすばらしいですって。その中で、「そこの中に研修生が入ったらもっとすばらしいですよね」ていうお話伺いました。その中で、せっかくこういう予算をとられるんであれば、受け入れる企業、何軒あるかわからないですけども、それにあわせて、市のほうとして、市の事業として、その被災者地域の方から天草に移り住んで、東北のほうと九州のほうでは違いますから、その違いを利用して、こちらのいいものの発見っていうのができるんではないかなというふうに思います。そういうふうに市のこういった事業として職員を1年間、まあいろんな条件あるでしょうか。そういった募集をすると安心してこちらのほうに、ああ1年間そういった部分で行ってみようかなっていう人も出てくるのではないかなと思ったので、一つ提案させていただきます。



○議長(本田武志君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) これはこう窓口は広い事業ですから、そういう被災者がおられて、そしてこちらでも望まれるところがあればですね、それは対象となりますので、そこあたりは調整をしながらですね、進めていくこととなると思います。



○議長(本田武志君) ほかに質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、同じく款3.民生費について質疑はありませんか。

 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 総務委員会ですので、歳入では質問できませんでしたので。

 先ほどですね、部長の答弁で、天草市で25名の方がみずから命を絶ったようなですね、それで熊本県でも相当そういう、多分いろんな原因があると思うけどですね、その根本的な原因ですね、それについて、やっぱり今後ですね、そういう自殺対策として国の予算、国て、県からかな、これがそのまま歳出でも計上されてますよね。本来ならそういう形じゃなくて、この天草独自ですね、自殺率も多いという天草地域でも独自に何らかの対策ですね。根本的な原因は何なのかということも含めて、対策をとる必要があると思いますね。そのままするんじゃなくて、プラスアルファこの予算をですね、つけていくっていうことは考えられないのかですね。その辺をお伺いいたします。



○議長(本田武志君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(池?一彦君) 今の御質問にお答えをいたします。

 自殺につきましては、それぞれいろいろな問題があるわけです。この中では、国の統計でございますとか、その辺から大体傾向的には見えております。基本的にはですね、職業につきますと、無職の方が大体60%程度、それと健康問題がやはりその中でですね、70%程度、年齢的にみますと50歳から65歳までが非常に多いというような傾向にございます。

 先ほども歳入の部分でお答えをいたしましたが、今回のこの事業だけで自殺対策をやるということではございません。本来の日常的な業務の中で本年度から自殺対策について積極的にかかわりをもっていくということで健康福祉部としては考えておりますので、これだけの予算でやっているというわけではございませんので、御理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、同じく款9.教育費について質疑はありませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(本田武志君) ほかに質疑がなければ、本件は所管の各常任委員会に付託をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(本田武志君) 以上で、本日の議事日程は終了いたしました。

 ここで明日以降の日程について御連絡いたします。

 明11日から19日までは、委員会審査などのため休会とし、次の本会議は20日午前10時から一般質問を行います。

 なお、総務企画委員会及び文教厚生委員会は13日の午後1時から、また、市民環境委員会及び建設経済委員会は、17日の午後1時からそれぞれ開会しますので、よろしくお願いいたします。

 本日は、これにて散会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−

             午後0時44分 散会