議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 天草市

平成23年 3月 定例会(第1回) 03月11日−05号




平成23年 3月 定例会(第1回) − 03月11日−05号







平成23年 3月 定例会(第1回)



        平成23年第1回天草市議会定例会会議録

1.議事日程(第5号)
                平成23年3月11日(金曜日)午前10時開議
 第1 一般質問
    1.鶴 戸 継 啓 君
      (1)学校給食について
         ?倉岳町給食センターについて
      (2)重要文化的景観選定地域について
         ?棚底地区選定について
      (3)県道59号線道路改良について
         ?有明倉岳線について
    2.浜 崎 義 昭 君
      (1)天草市総合計画
         ?住民サービス向上のために支所への人員配置を
         ?水産業の振興について
         ?燃料高騰への対策支援について
         ?港の整備について
    3.黒 田 忠 広 君
      (1)天草ジオパークの整備状況について
         ?進捗状況や今後の予定について
      (2)御所浦を起点としたフェリー航路の再開について
         ?進捗状況
         ?今後の取り組みについて
      (3)行政区長会との意見交換会を踏まえて
         ?天草市の行政区長会長会の開催要望ほか
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
2.本日の会議に付したる事件
   議事日程のとおりである。
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
3.出席議員は次のとおりである。(28名)
  2番 松 江 雅 輝 君             3番 鶴 戸 継 啓 君
  4番 濱 洲 大 心 君             5番 福 嶋 啓 子 君
  6番 奈良? 利 幸 君             7番 黒 田 忠 広 君
  8番 浜 崎 義 昭 君             9番 古 賀 源一郎 君
  10番 中 尾 友 二 君             11番 宮 下 幸一郎 君
  12番 勝 木 幸 生 君             13番 若 山 敬 介 君
  14番 蓮 池 良 正 君             15番 船 辺   修 君
  16番 中 村 三千人 君             17番 鎗 光 秀 孝 君
  18番 赤 木 武 男 君             19番 田 中   茂 君
  20番 池 田 裕 之 君             21番 脇 島 義 純 君
  22番 平 山 泰 司 君             23番 中 村 五 木 君
  24番 楠 本 千 秋 君             25番 大 塚 基 生 君
  27番 江 浦 政 巳 君             28番 ? ? 昭 臣 君
  29番 北 野 鋼 一 君             30番 池 田 次 人 君
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
4.欠席議員は次のとおりである。(2名)
  1番 本 田 武 志 君             26番 吉 川 ? 澄 君
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
5.説明のため出席した者の職氏名
  市長      安 田 公 寛 君   副市長     古 田 勝 人 君
  教育長     岡 部 紀 夫 君   総務部長    鶴 田 謹 一 君
  財務部長    酒 井 秀 則 君   企画部長    金 子 邦 彦 君
  健康福祉部長  田 代 隆 一 君   市民環境部長  田 口 修 司 君
  経済部長    野 嶋 義 澄 君   建設部長    久保山 義 教 君
  水道局長    山 上 良 一 君   教育部長    坂 本 安 敏 君
  病院事業部長  森 田 勝 善 君   牛深支所長   中 原 誠 也 君
  有明支所長   堀 口   仁 君   御所浦支所長  長 塚 信 弘 君
  倉岳支所長   木 本   光 君   栖本支所長   倉 田   徹 君
  新和支所長   浦 田   亨 君   天草支所長   山 口 義 久 君
  河浦支所長   大 平 健 次 君   総務課長    金 子 正 秀 君
  財政課長    平 嶋 弘 一 君   秘書課長    宮 ? 哲 彦 君
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
6.職務のため出席した事務局職員の職氏名
  首席審議員
          濱   仙 明 君   議事調査係長  森 下 洋 一 君
  議会事務局長
  庶務係長    平 山 高 広 君   主任      佐 尾 秀 和 君
  主査      石 田 健 作 君




             午前10時00分 開議

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(松江雅輝君) おはようございます。

 定足数以上の御出席でありますので、再開いたします。

 これより、本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に印刷配付してあるとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 一般質問



○副議長(松江雅輝君) 日程第1、一般質問を行います。順次質問を許します。

 3番鶴戸継啓君の質問を許します。

          [3番 ?戸継啓君 登壇]



◆3番(鶴戸継啓君) おはようございます。3番、新風天草、鶴戸継啓です。議長のお許しをいただきましたので、通告に従いまして一般質問をさせていただきます。

 今回、初めての一般質問ということで、不慣れな点があるかとは思いますが、お許しをいただき、最後までよろしくお願いを申し上げます。

 今回質問をさせていただきますのは、次の3点であります。執行部におかれましては、明確な御答弁をよろしくお願いいたします。

 まず1つ目は学校給食について、2つ目は重要文化的景観選定地域について、3つ目は県道59号線道路改良についてであります。以上3点について随時質問をさせていただきます。

 まず、1つ目の学校給食についてですが、倉岳町の給食センターについてお尋ねいたします。

 この給食センターは昭和54年の4月より運用開始になりまして、収容人員は500食分であります。運用開始当時の学校数は3つの小学校と1つの中学校の4校を賄っていたわけですが、現在では小学校の統合もあり、小学校、中学校の1校ずつの2校になりまして、現在の利用食数では小学校が162食、中学校が88食、教職員を合わせまして現在256食分を調理している状況であります。

 給食センターの現状としましては、建物も調理機材も当時のままということで、30年以上経過しておりまして、建物につきましてはスレート構造で、建物自体も古く、自然災害などで破損した場合は、かわりの材料はないとお聞きしています。また、空調設備はなく、夏場は暑い中、過酷な作業を強いられていまして、職員の方には大変御苦労をしていただいているという状況であります。調理機材におきましては、重要な機材でもある食器洗浄機は当然当時のままであり、30年を経過していますが、この製品は現在では生産されてないとのことですが、教育委員会としては今後どのようなお考えがあられるのか質問をさせていただきます。

 2市8町の合併時において、倉岳町の計画の中に、給食センターの改修工事が入っていたとお聞きしていますが、市の取り組みとしましてはどのような理由でなくなったのかお尋ねいたします。

 機材の対応については、30年以上が経過している建物の構造や調理機材についても、当時のままの機材で現在調理を行っていただいておりますが、その食器洗浄機に関しては、過去ベルトの部分の部品を交換したということをお聞きしていますが、現在ではこの機械が生産されてないということで、部品自体も手に入らないという状態になっております。もし、この機械が故障した場合や、建物に対してもどのような対応をなされるのか、また今後の給食センターの計画については、どのようにお考えなのかお尋ねいたします。

 次に、重要文化的景観選定地域についてですが、棚底地区選定地域についてお伺いいたします。

 日ごろより市の取り組みに対して感謝申し上げます。このことにつきまして、12月の議会におきましても、先輩議員が一般質問をされましたが、倉岳町においても文化的景観選定地域の取り組みがなされておりますので、質問をさせていただきます。

 倉岳におきましては、天草最高峰の倉岳山があり、21年の7月には棚底城跡が国指定になりまして、地元としてはこの景観を生かしたまちづくり、地域振興を行っているところでありますが、今回、棚底地区の重要文化的景観選定において、防風石垣、こぐりなどの景観地域に選定に向けて調査を行っていただいているわけですが、そのことについて質問をさせていただきます。

 景観地域というものはどういうものなのか、選定地域になった場合の波及効果が見込まれ、地域の活性化につながるのか、それによって住民の方に期待されることはどのようなものなのかお伺いいたします。

 景観地域指定の制約について、この計画の中では、倉岳山のふもとより海岸までの棚底地区の約全体が景観地域の選定になっておりますが、地域の範囲が広く、その中で生活している住民の皆さんの生活や公共事業等の道路整備や、御所浦町の玄関口である棚底港及び臨港道路等の整備にどのように制約がかかり、それによって住民の皆さんの要望に応えられるのかお尋ねいたします。

 選定に向けて、今後の課題ですが、先日、「重要文化的景観の活性化につなげる」という講演会が東大の教授をお招きして、選定に向けての長所について素晴らしいお話をいただきました。ただ、後々誤解がないように、先ほどお話をしました制約がかからない点についてもあわせて住民説明会を行っていただきますようよろしくお願いをするものであります。住民説明会なので、地域の方に今後御理解をいただいていかれるかと思いますが、まずは住民の方の同意が得られるかどうかだと思いますので、慎重に進めていただきたいと思っておりますけれども、この点につきましてはどのようにお考えいただいているのかをお尋ねいたします。

 次に、県道59号線道路改良についてですが、有明倉岳線の道路改良についてお伺いいたします。

 この県道につきましては、天草市の東玄関口でもある有明倉岳線は、上天草市の教良木ダムを通る山坂道でありまして、熊本市内や上天草市に向かうには、この道を通らなければならない道であります。この県道の現状は曲がりくねった道で、大型車両はセンターラインを越えなければ1回では曲がりきれないほどの急カーブになっており、地元の人も気分が悪くなるほどの道筋で、地元ではこの県道59号を通称「七曲がり」といって昔から言い伝えてありますが、この道がまさに地元の生活用道路になっているわけであります。倉岳住民の方のみならず、御所浦の方や龍ヶ岳の方も利用されておりますし、また第1次産業である御所浦町の養殖業の方の年間推定3,500トン、8割から9割方を宮田漁港よりほぼ毎日出荷されていて、大型の活魚車にも大変不便さが生じており、路線バスにおいても同様の状況でありますが、それが大事な幹線道路とされている県道であります。

 このたび、九州新幹線全線開通に伴い、その波及効果を天草市全体で考えておられるわけですが、天草市の東玄関口である県道を整備していただいて、観光の方をお迎えできるようにと考えているわけであります。住民にとっても、産業においても大事な道路ですので、現状について説明をいたしましたが、有明倉岳線の現状をどのように把握していらっしゃるのかお尋ねいたします。

 今後の県道改良計画についてですが、市のほうからは強く要望されているのかお尋ねいたします。倉岳町においては、道路工事が遅れていると思います。私は、地区住民の代表として、この県道も計画に組み込んでいただけるように願っているものであります。この県道を市のほうから県に計画をつないでいただいて、早期実現に向けてお願いをするものであります。今後の市の対応や考え方について御答弁をお願いいたします。

 以上で、1回目の質問を終わらせていただきます。

 なお、総括方式で行いますので、2回目以降も登壇して質問をさせていただきます。



○副議長(松江雅輝君) 教育部長。

          [教育部長 坂本安敏君 登壇]



◎教育部長(坂本安敏君) 私のほうから学校給食について並びに重要文化的景観選定地域についてお答えをさせていただきます。

 まず、1点目の市町合併時における倉岳学校給食センターの改修計画についてお答えをいたします。

 議員御指摘のように、2市8町の合併時に旧倉岳町の懸案事項となっておりました倉岳学校給食センターの改修計画がございました。倉岳学校給食センターは、昭和54年から処理能力1日当たり500食の施設として運用しておりますけれども、児童・生徒数は年々減少の一途をたどっておりまして、現在では処理能力の約半数の給食をつくっている状況でございます。一方、隣接する栖本町には平成14年に建設をされました処理能力500食の栖本学校給食センターがございますが、現在の食数は約270食となっております。そのようなことから、栖本学校給食センターの有効活用を図る必要があるという観点から、倉岳学校給食センターを栖本学校給食センターに統合することで検討を加えてまいりました。しかしながら、改修を進めるに当たって検討する中で、調理室でありますとか、休憩室等の増築あるいは排水処理施設について大規模な改修が必要ということが判明をしまして、限られた栖本学校給食センターの敷地の中での改修に課題が多く、倉岳学校給食センターの改修統合問題につきましては、本市の学校給食施設の全体的な見直しの中で検討することとしたところでございます。

 次に、2点目の建物の傷みや食器洗浄機などの機械類が故障した場合への対応についてでございますが、議員御指摘のとおり、倉岳の学校給食センターは築30年余りが経過をしております。建物や機械類が相当老朽化しておりますので、安心・安全な給食づくりを最優先に、修繕費等の必要な予算措置を講じているところでございます。

 次に、今後の学校給食センターの整備計画についてでございますが、本市の学校給食センターは昭和50年に建設をいたしました本渡学校給食センターを初めとして老朽化が進んでおりまして、施設の整備が喫緊の課題となっております。一方、児童・生徒数は減少の一途をたどっておりまして、昨年1月に策定をいたしました学校規模適正化推進計画に基づきまして、現在、小・中学校の統廃合を進めているところでもございます。そのようなことから、学校規模の適正化と学校給食センターの統廃合の整合を図りつつ、安心・安全でおいしい給食を提供するため、学校給食基本計画の策定を準備を進めているところでございます。

 次に、御質問の2点目でございます。重要文化的景観選定地域についてでございます。

 本市では平成19年度から河浦町?津地区の漁村景観、それから天草町大江地区の農村景観、それと倉岳町棚底地区の防風石垣をめぐらす集落景観を国の重要文化的景観選定に向けて取り組みを進めているところでございます。このうち、地域住民の協力によりまして、?津の漁村景観が去る2月7日に国の重要文化的景観に選定をされたところでもございます。

 棚底地区の取り組みにつきましては、倉岳から吹き下ろす北風を防ぐための防風石垣をめぐらす独特の集落景観として、平成20年度から保存調査等の取り組みを行っております。

 重要文化的景観は、地域における人々の生活または生業及び地域の風土により形成された景観地で、我が国民の生活または生業の理解のため欠くことのできないものとされております。国の重要文化的景観として選定をされますと、地域の誇りとして皆様に認識いただけるものと信じております。また、選定を契機に地域の理解、あるいは景観保全、景観を生かしたまちづくりが期待をされ、交流人口の増加による地域振興へつながるものと考えているところでもございます。

 次に、選定による制限についてですが、文化的景観制度は景観法やその他の法律に基づき、保存のための必要な規制を定める条例等の制定がなされております。棚底地区におきましては、天草市景観計画の中で、倉岳を背景に民家の防風石垣等が残る自然と文化的景観が調和した地区、景観形成重点地区として位置づけられております。しかしながら現在のところ、その範囲を定めた景観形成地域の指定はされておりません。今後、景観担当課との連携を図りながら、範囲や景観保全のための必要な基準などについて、それぞれ地域住民との協働により御理解を得ながら取り組みを進めたいと考えております。

 特に棚底地区におきましては、合併前の倉岳町のころより、防風石垣をめぐらす集落景観保存運動がありますし、石垣のある風景フォトコンテストあるいは石垣復元棚底探検ウォークなどが開催をされておりまして、地域の機運も高いものと認識をいたしております。

 重要文化的景観の選定には、地区ごとの合意形成や重要な構成要素の同意が求められます。今後、住民説明会あるいはワークショップなどを開催しながら、地域住民の方々の御理解をいただけるように進めてまいりたいと考えております。

 公共工事との関連等につきましては、現在、文化的景観予定区域内の公共工事につきましては、天草市文化的景観整備管理委員会を設置し、区域内の工事あるいは工法等につきまして、学識経験者や地元代表者等による検討会を開催をいたしております。棚底地区の工事計画につきましても、今後この委員会で審議をすることといたしております。

 以上です。



○副議長(松江雅輝君) 建設部長。

          [建設部長 久保山義教君 登壇]



◎建設部長(久保山義教君) 県道59号有明倉岳線道路改良についてお答えをいたします。

 主要地方道有明倉岳線は、有明町大浦の国道324号と倉岳町浦の国道266号を結ぶ延長約15.7キロメートルの道路で、途中、主要地方道松島馬場線とも接続する路線となっており、平成22年4月1日現在における改良率は57.5%となっております。

 今回お尋ねがありました本路線の倉岳区間における改良計画について、熊本県に確認を行いましたところ、議員より御指摘がありました急カーブの区間につきましては、改良済み区間と位置づけされているため現時点における計画はないとのことでございました。また、本路線におきましては、以前より名桐大橋から倉岳支所方面への区間約440メートルに、歩道の設置を含めた改良の要望を行っておりますが、用地買収が難航していることなどにより、現在休止の状況であるとのことでございます。

 本市としましても、本路線は国道266号と同じく上天草市、さらには熊本方面へとつながる道路であり、観光や物流の面においても上島の東側地域を縦断する重要な路線であると認識をいたしておりますので、安全な交通機能の確保と利便性の向上が図られる整備を実施していただくよう、引き続き熊本県に要望をしてまいります。

 以上です。



○副議長(松江雅輝君) 3番鶴戸継啓君。

          [3番 ?戸継啓君 登壇]



◆3番(鶴戸継啓君) 2回目の登壇になります。

 まず、1つ目の給食センターについてですが、今の答弁では懸案事項となっており、改修工事が計画の中にあったということですが、説明の中で栖本町と統合するということで検討されたので、倉岳町の計画はなくなったということですが、お尋ねしますが、改修工事については栖本町の給食センターと合併するという計画をなされたのに、敷地面積の問題とか制約とか言われておりますが、処理能力など合併したら生徒数・職員数分など調べればわかることだと思いますが、そのことについては事前にお調べにならなかったのですか、お聞かせください。

 懸案事項の計画ではあったのに、市のほうでは栖本町と合併するということで計画をされ、制約があるのでできませんということは計画の甘さが出ているのではありませんか。そしてまた、このことは一向に進んでいないようですが、現場は大変心配をされています。学校給食の安心・安全な給食と言われているのにかけ離れていると思いますが、今後の改修計画においては倉岳独自ではなく、市全体の見直しをするということですが、ますます計画が先送りになるものではないかと心配するものでありますが、このことについてもお尋ねいたします。

 建物についてですが、倉岳の給食センターは老朽化が進み、建物の材料はスレートということで簡単に修理ができない状態でもあります。必要な予算措置を講じていると言われますが、現状の一番心配している食器洗浄機が生産中止で、部品もないということを申し上げましたが、これからどう対応されるおつもりなのかをお聞かせください。

 学校給食は毎日稼動しているもので、もしそれがストップするようであれば、どのように対応されるおつもりですか。そのときの受け皿は考えてあるのでしょうか。即座には、近くの給食センターには当然対応はできないと思いますが、そのようなときの対応は考えておられるのでしょうか。現場や学校への対応に追われ、児童・生徒や保護者に対しても御迷惑をおかけすると思いますが、そういうことがないように事前に対応できるように準備をしていただいてもよろしいのではありませんか。今後の対応をお聞かせください。

 次に、重要文化的景観選定地域についてですが、よい面ばかり聞こえてくるのでありますが、選定を受けて本当に地域活性化や波及効果が期待されるのか不安な材料がたくさんあります。一番心配しているのは、その中で生活をしておられる住民の皆さんにおいて、不便さが出てくるのではないかと思うわけであります。選定について明確な御答弁をお願いいたします。

 市としましては、時期はいつぐらいになるのか明確な計画を立てておられるのかお伺いいたします。制約については具体的に答弁はありませんでしたが、この選定地域になった場合制限があるとお聞きしていますが、制限の中で自分の所有する建物や土地、あるいは地域の道路なども制約がかかってくると思いますが、このような場合制限がなされ、だれの所有かわからなくなり、かえって指定地域にならなかったほうがよかったというようなことにならないのでしょうか。地域の範囲が広く、住民の皆さんの生活や公共事業や道路整備にどのように制約がかかってくるのか、明確な御答弁をよろしくお願いいたします。

 今後は住民説明会など進む中、詳しい内容、よい点、不備な点など明確に説明をお願いいたします。それによっては、住民の皆様の御意見が出てくると思いますが、十分検討されてから指定区域の計画に推進していかれるかどうかを決定してもよろしいのではありませんか、お伺いいたします。

 市長に答弁を求めるものでありますが、天草市景観計画のもとに景観指定についての質問をさせていただきましたが、住民の声を反映していただきたいと思っております。誇れる棚底城跡の国指定、地域の自然と歴史、文化の里のもと、地域振興を考えているわけであります。今回の施政方針で述べられておられますので、棚底地区の重要文化的景観が指定区域になって、制約や公共事業に本当に影響が出ないのかと地元の声を代表して質問をさせていただきましたが、住民の皆様に今以上に住みにくくなったと言われないように慎重に考えていただきたいと思いますので、市長、最後に御答弁をよろしくお願いいたします。

 県道59号有明倉岳線道路改良についてでありますが、答弁を聞きますと、この線は延長約15.7キロメートルの道路ということですけども、全体の改良率が57.5%の中にあって、改良済みということで判断していただければ大変困るわけであります。

 先に述べましたように、この県道は地元としても大変重要な道路であり、御所浦の方や龍ヶ岳の方の道でもあり、産業としても大きな役割を果たしているところでもあり、路線バスにおいてもセンターラインを越えなければならないような大変不便な道であります。これは地元からの強い要望でもあります。私も代表として、この県道に対してはこれからも強く要望をしていきますので、改良区間として現時点としては計画がないと県の回答であったかと思いますが、改良済み区間ではありませんので、よろしくお願いいたします。地元としては、利便性の向上が図られていません。安全性のことも考えると、事故につながらないように安全な交通機能の確保をよろしくお願いをするものであります。安全な交通機能の確保と利便性の向上が図られる整備を実施ということで認識をしていただいておりますので、強く要望をお願いするものであります。

 この県道につきましては現状について説明をいたしましたが、東の玄関口の整備をお願いするものであり、文化的景観も関連しますが、活性化も当然つながってきますし、もちろん第1次産業である漁業関連の活魚車など、利用性、利便性を効果的に考えていただき、住民の生活用道路としても最も重要な県道有明倉岳線ですので、現状を御理解いただき、早期実現に向けてぜひ働きかけをお願いしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 県道について質問をさせていただきましたが、国道266号線望薩峠線全面改良が実現化になり、計画が進んでおります。この計画につきましては、長年、先輩議員さん方の強い働きかけや、市や県の担当職員の皆様方の御尽力のおかげでありまして、感謝を申し上げる次第であります。この国道に関しても、長年にわたっての計画であったゆえに、今回の県道に関しても早期実現につないでいくためにも要望していかなければならないと痛感しておりますので、今回質問をさせていただきました。市のほうからも強く要望していただくということですので、今後ともよろしくお願いいたします。県道59号線道路改良についての有明倉岳線につきましては、これで質問を終わります。

 2回目の質問を終わります。



○副議長(松江雅輝君) 安田市長。

          [市長 安田公寛君 登壇]



◎市長(安田公寛君) 重要文化的景観選定と地域住民の問題につきましては、私から御答弁をいたします。

 棚底地区におきましては、誇れる棚底城跡が平成21年7月に国史跡の重要文化財に指定をされ、地域においても歴史と文化の里として、地域住民の意識も高まっていると感じておるところでございます。

 文化的景観につきましては先ほどからお話がありましたとおり、先人たちが築き上げてきた生活となりわいの中ではぐくんできた、全国でも珍しい防風石垣や「こぐり」のある地域として、文化庁からも高い評価を受けているところでございます。

 御指摘のとおり、文化的景観は地域の御理解と御協力が大変重要かと思っております。推進に当たっては、地域住民の意見を尊重し十分反映できますよう、地域との連携を深めて推進を図ってまいりたいと考えております。選定等の時期あるいは制約につきましては、後ほど担当部長のほうからお答えをさせていただきます。



○副議長(松江雅輝君) 教育部長。

          [教育部長 坂本安敏君 登壇]



◎教育部長(坂本安敏君) まず、学校給食センターの件についてお答えをいたします。

 栖本学校給食センターとの統合を検討する際に、処理能力あるいは児童・生徒数などについて事前に調査しなかったのかといったお尋ねでございます。

 倉岳・栖本の両学校給食センターの統合計画を進めていく中で、当然、児童・生徒数の把握はしておりますし、栖本給食センターでの対応ができないか、休憩室あるいは調理室等の改修についての検討をしてきたところでございます。その結果としまして、特に排水処理施設についての課題が出てきたのも要因の一つでありますけれども、学校規模適正化計画を進める中で、栖本センターの有効活用を図ることを考え、今後の児童・生徒の推移を見ながら、改修については再度見直すこととしたところでございます。そのようなことから、全体的な学校給食センターのあり方を定めた学校給食基本計画を23年度中に策定をしまして、早期に対応を進めてまいりたいと考えております。

 次に食器洗浄機等が故障した場合の対応についてでございますけれども、議員御指摘のように機械類も相当老朽化をしてきております。必要な予算措置を講じて最悪の事態を招かないようにですね、細心の注意を図ってまいりたいと考えております。万が一、ストップするような事態が生じた場合はですね、本渡センターを含めた近隣センターで対応してまいる所存でございます。いずれにしましても、学校給食センターの整備につきましては、児童・生徒に迷惑がかからないように、計画を立てて進めてまいりたいと考えておりますし、修繕等につきましては臨機応変に対応してまいりたいと考えております。

 次に、重要文化的景観の選定時期等についてのお尋ねでございます。

 御承知のとおり現在、棚底地区におきましては、保存調査や住民の周知活動などを実施をいたしております。

 平成23年度は調査と並行して景観形成地域の区域や形成基準等について、地域住民の方との協働により、具体的なルールづくりの検討を計画をいたしております。選定申し入れにつきましては、地区民の方の合意形成が必要であり、さらに重要な構成要素につきましても、所有者の方からの同意が必要となってまいります。選定申し入れの時期につきましては、平成24年度を目指しておりますけれども、いずれにしましても地域住民の方の理解を得ながら合意形成に向けて取り組みを進めていきたいと考えております。

 次に選定地域になった場合の制約についてでございますが、棚底地区の防風石垣をめぐらす集落景観は、先に説明を申し上げましたとおり、地域住民の方と話し合いをしながら、景観形成のルールづくりに取り組みを進めてまいります。

 このため、具体的な制約につきましては、現時点で明確なお答えができませんけれども、地域の生活や生業の中ではぐくまれ、先人たちが築き上げてきた地域の宝を後世に伝えていくためにも、地域で守るルールづくりが必要かと考えております。

 なお、公共事業等につきましては、先ほども説明を申し上げましたけれども、計画の時点で事前に担当課と連携をしながら、工法等について協議をし進めてまいりたいと考えております。



○副議長(松江雅輝君) 3番鶴戸継啓君。

          [3番 ?戸継啓君 登壇]



◆3番(鶴戸継啓君) 3回目、最後の登壇になります。

 まず給食センターについてですが、学校給食法の中に学校給食の目標、第2条4項、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこととうたってありますように、環境を整える必要が十分あると思いますので、今後の対応をよろしくお願いいたします。

 合併時の計画により給食センターの改修工事を行っていただいていれば、ここまでお尋ねをしなくてもよい問題ですが、その計画はなくなり栖本町の給食センターにおきましても計画性がないことや、給食センターの状況が把握されていなかったのではないかと疑問に思っておりましたので質問をさせていただきました。

 今後においては学校統廃合に伴い、上天草地域において1カ所の給食センターの考え方があるということをお聞きしておりますが、それまでもつのかどうかという問題もありますが、今そういう時期なのかと思うところもあります。学校統廃合に伴い、校舎にも予算が要る中で、給食センターも大きくつくる必要性があるのかということも思いますし、今ある給食センターの施設を無駄にしないように、修理費ぐらいで抑えて、学校自体が大きな合併を迎えるときに計画をしていただければよろしいのではないかと私は思っております。

 今後は、計画性のあり方や学校の合併を見越した対応を考えていただき、教育現場として大事な学校給食ですので、合併につきまして慎重な計画、現状の給食センターについては早急な今後の対応をよろしくお願いいたします。

 次に重要文化的景観選定地域についてですが、市の取り組みに対しては感謝をしております。しかしながら、そこで生活をしている住民にしては、生活の中に今までと違って制約がかかることによって、不合理な生活を強いられるのではないかと懸念するわけであります。選定されれば、選定を解除してくれと言ってもできないわけでありますので、このことも十分御理解をいただきたいと思います。

 また、選定だけが活性化につながるとは思わないところもあります。今後、選定だけを、



○副議長(松江雅輝君) 制限時間5分前です。



◆3番(鶴戸継啓君) 計画するのではなく、景観を本当に生かしたまちづくりの地域振興につなげるためにも、この計画を成功するには、創意工夫をしながら形にしていかなければならないと思っております。

 2月に景観について講演会がありましたけれども、教育長も教育部長も同席をしていただきましたが、その講演の中で行政の箱物という指摘がありましたが、これから案内場などの計画をされているとお聞きしていますが、立派な建物を建てましたからといって人が集まる時代ではないと思います。これからは箱物ではなく、そういう計画があるのであれば、人が楽しんで集まれる場につながる建物を計画していただきますようよろしくお願いいたします。そのためには、プロのコーディネーターの方にお願いをしながら計画を行っていただきたいと思います。景観を生かしたまちづくりということで、棚底の景観を天草市のモデル事業として進めていただければと思っております。

 地域活性化に向けて住民の方々の明るい日差しをなくさないように、住民の強い期待感を実現に向けて、選定だけにとらわれず、景観を生かしたまちづくりを目指しておりますので、ぜひ行政だけではなくプロの方も交えていただいて、慎重な計画・協議を行っていただくように今後もよろしくお願いいたします。

 市長にも御答弁をいただきましたが、地域住民の意見も十分尊重していただき、御理解をいただいたものと思いますので、今後においても慎重なる推進をお願いするものであります。よろしくお願いいたします。

 以上3点について質問させていただき御答弁をいただきましたが、今回の質問をさせていただいたことが今後、市民の皆様方に反映され、地域振興となりますことを願い、私の一般質問を終わらせていただきます。

 御静聴ありがとうございました。

          (拍手)



○副議長(松江雅輝君) 以上で、3番鶴戸継啓君の質問を終わります。

 ここで、10分間休憩いたします。

             午前10時46分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−

             午前10時56分 再開



○副議長(松江雅輝君) 休憩前に引き続き、一般質問を行います。

 8番浜崎義昭君の質問を許します。

          [8番 浜崎義昭君 登壇]



◆8番(浜崎義昭君) おはようございます。日本共産党の浜崎義昭です。

 天草市総合計画、大きく分けて住民サービスの向上のために支所への人員配置を、そして水産業の振興について、燃料高騰への対策支援について、港の整備について行います。

 まず、「天草市総合計画後期基本計画」(答申)(平成23年度〜26年度)の中でも、今回特に取り上げておかなければならないものについて質問いたします。

 平成23年度施政方針では、「日本の宝島天草の創造の実現に向け、基礎・基盤づくりに取り組んでまいりましたが、前期基本計画の目標年次としておりました今年度、主要施策の検証を行い、活力ある産業と安心・安全な暮らしを実現するために、基本構想で定めた6本の施策の柱に、28の主要施策を掲げた後期基本計画を策定し、今後の重点施策の実現のため、財源と人的支援を集中的に投入して、だれもが誇りに思い安心して心豊かに暮らせる宝の島の実現に向け、引き続き各種施策を展開してまいりたいと考えております」と述べられました。

 今年度から天草市総合計画後期基本計画が始まります。総合計画後期基本計画答申が出されましたが、この天草をどのように持っていこうとしているのか、天草の将来像が見えてきません。

 まず、住民サービス向上のために支所への人員配置について伺います。

 第1章、基本計画のあらまし、第1節、計画の目的には、第一次天草市総合計画基本計画、平成19年度から平成22年度の取り組みを総括・評価し、さらに取り組むべきものを明らかにして、計画期間における市政運営の指針とするために策定するものですとあります。第3章、計画の基本方針、第1節、重点課題の設定、基本構想が目指すまちの姿(都市の将来像)の実現に向け、限られた資源の中で本計画を効果的・効率的に推進していくため、以下のとおりそれぞれの分野において重点課題を設定し、その課題解決のために財源および人的資源を集中的に投入し、事業を優先的に実施することとしますとあります。

 さきに行われました2月18日金曜日の全員協議会で、組織見直しの説明を受けましたが、各支所の組織見直しについて、このことをそのまま受け入れていいのか、実際行われようとしていることを見ると、合併して周辺地域が衰退し、将来は天草市自体が衰退していくように思えてなりません。基本計画に示されているような方向に持っていけるのか、支所の課統合・係縮小により、仕事量の増大で住民サービスが低下することはないのか、仕事の内容が増える、そして仕事量と人員は大丈夫なのか、適正な人員配置となっているのか伺います。

 次に水産業の振興について伺います。

 まず、藻場造成についてであります。

 現状は藻場の減少によって、稚魚の育つ環境が激減、有害プランクトンなどの発生、浄化作用の役割が激減しているなどの、藻場の減少が及ぼす影響には大きなものがあります。本年度の藻場現況調査事業の進捗状況を伺います。また、対策として地元漁業者の協力を得て、自然にやさしい循環型の藻場造成事業の取り組みが必要だと考えますが、いかがでしょうか。例えば、昔ながらのシュロの皮や稲わらを利用した自然にかえる縄などの物質活用で、藻場の再生に取り組むことが第1次産業、農業も取り入れた再生事業ができると思いますが、いかがでしょうか。

 二つ目に、稚魚放流事業についてですが、藻場の造成とともに必要なのが稚魚の放流事業です。後期基本計画答申にも中間育成を行い、資源の増大を図ることがうたわれています。今まで、幾度となく稚魚放流事業のことを取り上げてまいりましたが、漁獲高にあらわれてきていないように思います。水産予算の中で稚魚放流事業の割合を見ると、放流予算の拡大が必要ではないかと思いますが、いかがでしょうか。

 三つ目に、燃料高騰への対策支援について伺います。

 現在、漁業者は漁獲の減少・魚価の低迷で、出漁するたびに赤字といった状況であります。このままでは近い将来、漁業だけでは生活が維持できなくなる、漁獲の減少が進んでいるとはいえ、熊本県でも漁獲高の半数を占めるこの天草の基幹産業が危機的状況にあります。最近の世界情勢を見てもわかるように、燃料の高騰が基幹産業の漁業に直接影響を与えています。燃料高騰への対策支援はできないのか、国・県への支援対策などの要請はしないのか伺います。

 四つ目に港の整備について伺います。

 港の有効利用でありますが、天草市の漁港は県管理漁港7港、市管理漁港が36港の合わせて43港あります。港湾施設は県管理港湾施設6港、市管理港湾施設20港の合わせて26港あります。日本の宝島天草、この名称のとおり、本市は有明海・不知火海・東シナ海の三つの海域に囲まれた自治体で、これを構成するそれぞれの町に多彩な個性があります。この天草は海から恩恵を受け、海から生産物流が発展してきたということは言うまでもありません。この天草市の海の玄関口である港づくりをどのようにつくっていこうとしているのか伺いまして、次の質問は質問席より行います、



○副議長(松江雅輝君) 安田市長。

          [市長 安田公寛君 登壇]



◎市長(安田公寛君) 市民サービス向上のための支所への人員配置については、私から御答弁いたします。

 まず、基本計画に示されているような方向に持っていけるのかという御質問でございますが、基本計画に上げます各種施策の実現のためには、行財政改革を強力に推し進めていかなければなりません。行財政改革の大きな柱が財政健全化計画と職員定員適正化計画であると思っております。

 定員適正化計画につきましては、本市の人口規模を基本に広い市域であること、高齢化が進んでいるという状況も踏まえた上で、本庁・支所ともに行っていかなければならないと考えております。そうした中で、特定の課題・施策の推進に当たっては、行政面や人員の配置についても十分な配慮が必要であると考えております。

 次に、支所の課の統合・係の縮小により、住民サービスが低下することはないのかという御懸念についてでございますけれども、支所組織につきましては平成20年度から見直しのたたき台等を作成いたしまして、支所長や課長等と協議をしながら仕事の内容・仕事量・人員等につきまして検討をしてまいったところでございます。

 御案内のとおり、平成23年4月からの組織につきましては、主に支所の組織見直しを行うことといたしております。牛深支所については、市民課と保健福祉課を、有明支所など8つの支所につきましては、総務振興課と市民生活課をそれぞれ統合することといたしておりますが、これは、主にどの支所にも共通します住民窓口サービスを一体的に対応できるようにするため、課の統合を行うものでございます。適正な職員数につきましては、業務の種類や業務量といったものが基本と考えますが、今回は住民サービスに影響を及ぼさないことを基本に、組織のスリム化によりまして人員の削減を行うこととしたところでございます。



○副議長(松江雅輝君) 経済部長。

          [経済部長 野嶋義澄君 登壇]



◎経済部長(野嶋義澄君) 私のほうから、水産振興についてからお答えをさせてもらいます。

 まず、本年度の藻場現況調査についてでございますが、牛深地域を対象に事業を行っております。藻場の調査箇所の選定について、素潜り漁業や釣り漁業などの漁業者からのヒアリングを行っております。そして藻場群生、そして集落環境、漁業者の意見及び調査に当たっての留意事項等を収集し、情報を今整理しているというふうなところでございまして、今後、調査候補地を選定していくというようなことになります。

 また、次に自然にやさしい循環型の藻場造成の取り組みというふうな御質問でございますが、現在でも間伐材を利用した木材魚礁の設置、それにイカの産卵施設としては「いかしば」あたりの設置事業もしているということでございます。今、御提案がありましたシュロやワラ縄などの活用によるその藻場環境の再生というふうな御提案でございますが、その方法あたりが効率的なのか、有益なのかということを含めてですね、資料あたりを含めて研究はさせていただきたいというふうに考えております。

 次に、稚魚の放流事業についてでございますが、本市でもつくり育てる漁業の推進というのが重要というふうに思っております。そのために次年度の予算では資源管理推進事業として1,589万5,000円、栽培漁業地域展開事業という事業で1,435万2,000円というような予算を計上して、積極的に進めているというような状況であります。

 次に、燃油高騰への対策でございますが、漁業振興策としても燃油高騰の対策は非常に重要であろうというふうに思っています。この燃油高騰の、ここまた数日間、上がったりしておりますので、漁業者の方へは大きな課題だというふうには認識しております。推移を見ますと、14年度までは重油が1リットル当たり47円程度で推移してたんですが、それ以降原油高で、20年には138円まで高騰したというふうな状況もありますし、ことしの1月からはまた下がっていたのが8円60銭、急に上がりまして89円程度だったんですが、また2、3日前も上がってますので、厳しい状況かなというふうには思っています。

 国においても、20年の燃油高騰を契機に経営安定対策が講じられている中に、漁業用燃料価格の変動に備えた経営安定策の漁業経営セーフティネット構築事業というのをされております。本市におきましては4人といいますか、4団体といいますか、が加入していらっしゃるというふうな状況であります。それに加えまして、県の漁連を中心としまして、資源管理漁場生産力強化事業ということで、通称輪番事業というふうな事業を行っておりますが、今年度、22年度には天草漁協の各支所、御所浦、牛深、深海、久玉、魚貫、そして御所浦町漁協、そして嵐口漁協において、総額1億円の事業で実施されている事業もございます。この燃油対策につきましては、市独自で直接対応するというのはなかなか難しい事業でもございますので、国・県の事業等を積極的に情報収集しながら関係者等に流しながらですね、協議をしてまいりたいというふうに考えております。

 続きまして、港の整備についてというお尋ねでございますが、漁港を含めてというふうな質問だろうというふうなことで、私のほうから回答させていただきます。

 海の玄関口である港づくりにおきましては、第1次総合計画で地域別構想がございまして、5つのゾーン設定を行い、それぞれの地域の特性に応じた重点的な施策を展開しているというふうな状況であります。

 その中で、海上物流及び海上交通拠点である港湾施設におきましては、本市及び県との連携により、計画的に改修などに取り組み、利用者の利便性の向上と安全性の確保を図っていくとしております。

 また、水産物の生産流通拠点である漁協施設の整備につきましては、これも市・県と連携して計画的に取り組むとともに、既存施設の改修を図って、高齢化が進んでおります、高齢者や女性就業者を初めとする漁業利用者にとって安全で利用しやすい漁港整備を進めていくというふうなことでですね、進めているというふうな状況であります。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) まず最初に、天草市総合計画、住民サービス向上のために支所への人員配置をについてお伺いいたします。

 牛深支所については市民課と保健福祉課を、有明支所など8つの支所については、総務振興課と市民生活課をそれぞれ統合することとしておるということで、これは主にどの支所にも共通して、窓口サービスを一体化対応できるようにするために移管・統合を行うものだということを市長は述べられましたが、まずやるべきことは支所の課の統合ではなく、支所の地域特性を生かした人員配置、適正な人員配置を行うべきだと思いますが、いかがでしょうか。



○副議長(松江雅輝君) 安田市長。



◎市長(安田公寛君) 先ほども申し上げましたとおり、基本計画の実現のためには、財政の健全化を図っていく必要があるわけでございますが、その中心となるのは、やはりどうしても人件費の抑制ということになってまいります。そのことをどうか御理解をいただきたいと思いますし、それぞれの地域におきまして、あるいは支所・本庁に限らず、今、市の職員の皆さん方には、どんどん地域に出ていって、そして地域の皆さん方と一緒に地域活性化のために努力をしましょうと。まず出ていかないと、その地域の特性もなかなか見えてこない。今、支所にもその地域の方々だけではなくて、いろんなところから職員さん方行っていただいておるところでございますので、まずは地域の実情をよく把握するためにも、どんどん出て行って、地域住民の方々と手を携えて地域のために頑張ってくれということを、私ども常々申し上げておるところでございます。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) まあそのことはですね、後期基本計画答申の中にも職員の意識改革と能力の向上ということで、市民に身近な行政サービスの担い手として、社会情勢の変化に柔軟かつ弾力的に対応できるよう、管理職はもとより職員一人一人の行政運営に関する意識の高揚を図り、そして、2番目に市民活動への職員の積極的な参加を促すとともに、職員の市民活動のコーディネーターであるという意識を醸成しますという形を含まれています。

 しかしですね、市民活動への参加などは、やっぱり地元、やっぱり今統合されてですね、統合というか天草市になって、今まで牛深には200人おった職員が今100人を切った状態でいるとかですね、そういう地元にいないで、通勤で1時間かけて牛深から例えば本渡まで来るとか、よその地域もそうですよね。そういう意味で地元にほとんど、まあ土・日はいるでしょうけど、普段から帰る時間帯も遅くて、その地域に密着したような実態じゃないんですよね。

 そこで、市民活動への参加などは地元で生活してこそ発揮できるという形だと思うんですね。全体的に本庁への人員集約という形で今されているようにしか思えないんです。例えば、こういう考え方を言うと分庁方式という考え方を言われるけど、分庁方式じゃなくてですね、例えば水産の中心拠点として、牛深支所には水産部門の人員を重点的に配置するとか、歴史・景観・文化の拠点として河浦支所、天草支所には関係のですね人員配置を行うとか、高齢化が進む中では、対応人員の配置など、各支所それぞれ高齢化が進んでいますから、その地域に必要な人材、それなりの職員の人員配置が必要だということでの質問なんですね。その職員をですね、増やせということじゃなくてですね、やっぱりそれだけの地域に合った職員の配置、人員の適正な数が必要じゃないかということなんですけど、いかがでしょうか。



○副議長(松江雅輝君) 安田市長。



◎市長(安田公寛君) 本庁・支所等に関係なく、これから先の行政は、それぞれに協力をしてやっていかなければならないということは、私は基本であろうというふうに思っております。その上でございますけれども、今回の課の統合あるいは係の統合等々につきましては、今日まで支所長あるいは本庁、相当議論を交わしながらですね、やってきたところでございます。先ほど、その総合計画の御披露いただいたところでございますけれども、今後はそういう中で、それぞれの職員がそれぞれに能力を高めながら、そしてそれぞれ育った地域として、そしてまた、そうでない地域も地域としてですね、やはり天草全体を愛するという心を持ってですね、かかっていかなければならんのだろうというふうに思っております。そのことについて、今後も支所の皆さん方の御意見あるいは本庁の意見、それぞれに調整を図りながらですね、配置の問題等々も考えてまいりたいというふうに思っております。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 支所長もヒアリングしながら今、今回のですね、統合というか課の統合と係の縮小という形でのことにつながってきたということでありましたけどですね、全員協議会の中でもだし、一般質問でも今までずっと述べてきましたけど、合併してですね、支所の人員がどんどん減ったことによって、最初にダメージを受けたのが地域の飲食業者そしてガソリンスタンドなど、そこに人がいてですね、初めてその、機能していく職業が今衰退している状況ですよね。本庁に限らずですね、そのイントラネット、光ファイバを引いてから、莫大な予算をつぎ込んでですねしたわけですよね。そういう面じゃ、人員をわざわざ本庁に集中するんじゃなくて各支所にですね、それだけ置いて体制的には十分できると思うんですよね。天草市全体の経済発展につながるためにもですね、人員はやっぱり各地域別にですね、それだけの動ける体制で、この前も災害があったときですね、支所に人員がいなくてすぐ動けなかったと。機能的にもやっぱりそこに人員がいてこそ、初めてその機能が果たせるわけですよね。そういう面でどうなのかなと、やっぱり人員をですね、各支所支所にそれだけヒアリングをされたということですけど、本当のその人員配置というのが果たしてヒアリングで出てきたのかなという面は、どうも疑問が残るんですね。その辺では人員についてのヒアリングはされたんですか。



○副議長(松江雅輝君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) お答えいたします。

 人員についてのヒアリングというよりも、私たちがそれぞれ本庁・支所で進めていく事務についての中身を議論をしております。当然、その中で人員についての話も出てきております。ですから、今例えばお話がちょっとありました防災関係あたりにつきましては、本庁の関係部署の中で、本庁に配属している職員であっても、緊急時あるいは災害時におきましては、それぞれの支所に配属をするような形で、中で検討はいたしております。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 先ほども言いましたように、後期基本計画の中にですね、職員の意識改革と能力の向上、市民に身近な行政サービスの担い手として、社会情勢の変化に柔軟かつ弾力的に対応できるよう、管理職はもとより職員一人一人の行政運営に関する意識の高揚を図り、そして地域に入っていくということもうたわれていますけど、市民活動への参加は、やっぱりその地元におってこそ初めて参加できるというのがやはり基本だと思うんですね。わかるようにですね、しょっちゅう通勤などで来ていると。帰るのは夜遅いと。そういう中で、地域にあなたはいたのかという状況も生まれているんですよね。やはり統合−−支所をですね、どんどん支所に、分庁方式にしろとは言いませんけど、そこに合った人員をですね、適材適所それだけの人員をして、例えば観光の面で言えば、天草支所にこれだけの景観を守っていくためにはどうしたらいいか、常時人員を置いていくとか、牛深だったら水産のやっぱり拠点づくりとして、港づくりの拠点としてですね、そこに人間を配置して、どういうふうな地域性があるのかというのも含めてですね、やっぱりしていかないと、通勤に相当時間を食って、そしてまたその地域地域にまた入っていくというのは、大変今から先ですね、見通しが立たないと思うんですね。その面でぜひですね、職員を人員をですね、各支所に応分の配置をして、本庁には中心の人が何人かいればいいと思うんですよ。そういう方向性を要望しますけど答えは同じだと思うので、どうかお願いします。



○副議長(松江雅輝君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) 私どもの一番の仕事の大切な部分といいますのは、住民サービスの低下につながらない中でのいろいろな見直しが必要になってくるということは、まず申し上げたいと思います。その中で、今いろいろお話をしていただきました分について、当然、仕事もさることながら、日常生活においても一人一人の職員が創意工夫をしながら、いろいろな意味で御期待に添えるような形での努力は必要になってこようというふうに考えております。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 次に藻場造成について、水産業についてお伺いいたします。

 藻場造成についてですが、藻場造成についてだけではありませんが、前期基本計画と後期基本計画の答申を見比べてみるとですね、中身がさほど変わっているようには思えません。後期基本計画、目的で前期基本計画、平成19年度から平成22年度の取り組みを総括・評価し、さらに取り組むべきものを明らかにしてと書かれています。前期基本計画と後期基本計画のですね、違いはどこにあるのか、前期基本計画の5年間は何を行ってきたのか伺います。



○副議長(松江雅輝君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 前期と後期の違いということで今、議員が言われています藻場造成について考えてみますと、この藻場造成というのは、水産資源の持続的な利用ということで重要なものだということで、前期も続けていますし、後期も引き続き位置づけております。その中で前期としましては、やっぱり波型魚礁から木材魚礁そして築いそ、先ほど言いました部分の事業をですね、順次進めてきたというところですが、それに加えまして後期にはですね、藻場をどういうふうな状況であるかという状況の調査あたりを含めてですね、藻場造成というふうな部分がですね、さらに加わってくるというふうなところであります。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 前期のですね、基本計画と中身がですね、どういうふうに変わったかということについては具体的には述べられないんですけど、最初5年間する段階、最初の前期をですね、始める段階でまったく同じ、今回、後期基本計画にうたわれているような内容が前期もうたわれているんですよね。つい最近になって藻場造成とかですね、そういう調査予算がついて初めてその実施計画に移ってきたと。その辺では、やっぱりその前期が始まる時点で、どういうふうな全体的に持っていこうとかいう方向性というのがあったと思うんだけど、それの予算措置というのがですね、なされてなかったと思うんですよね。今回、後期に期待はするんですけど、その辺ではですね、この5年間が前期の5年間、やっぱりもう少しその第1次産業にうたってある以上はですね、書いてあることにうたってある以上は、やはりもう少し目に見える形での予算措置も必要ではなかったのかなと思います。

 自然環境にやさしい藻場造成についてということで、もう1回質問します。

 耕作放棄地ですね、これは水田・田畑が今、耕作放棄地になって、水質の悪化で養分などが海に流れ込まない、拡大している中でですね、河口から河口といっても天草には大きな川はないのでですね、河口から川からの流れ込み、これに注ぎ込む水質の改善にも目を向けるべきではないかと思いますが、こういった耕作放棄地ですね、耕作放棄地はただ単に畑だけじゃなくて、そういう河川の上部あたりのそういう耕作放棄地の調査というのは行うべきだと思いますが、いかがでしょうか。



○副議長(松江雅輝君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 農業サイドでですね、耕作放棄地という調査は今、農業振興課と農業委員会を含めてやっているというような状況ですが、そのほかの部分の耕作放棄地、荒れてる調査というのはですね、そこは今、現場はまだしてないというような状況です。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 藻場造成にですね、欠かせないのが陸地からの養分補給ですね。部長もその辺ではちゃんと知っておられると思うんですけどね。海に注ぎ込む川からの流れ込みについても、今後ですね、調査して、そして耕作放棄地の復活を行うことが海の再生にもつながります。そして、藻場造成に、ここにやっぱり着目するのであればそっちのほうとやっぱり一緒にですね、海だけの問題じゃなくて、やっぱり山も海もという形でのですね、調査対象も視野に入れてから、今後の方向性を見出してもらうようお願いいたします。

 稚魚放流事業についてですが、予算を計上しているということでありますが、前にも紹介しましたが、牛深のハイヤ祭りのときにですね船団パレードを行います。その出航代金、これは現在約120万円が経費として任意組合に支払われていますが、その金額は、そのまま稚魚放流購入費に使用しています。ちっちゃいお金と言われればそれまでなんですけどね、これだけ本来なら経費として支払われる金を、もうそのまま稚魚放流購入費にも使おうという努力をされてるんですね。この金額からするとですね、資源管理型推進事業1,589万5,000円、栽培漁業地域展開事業が1,435万2,000円やっぱりですね、120万円がこのハイヤパレード、船団パレードに使われる金からするとですね、どうしてもその、少ないと思いますが、いかがでしょうか。



○副議長(松江雅輝君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 予算の多い少ないということはちょっと差し控えますが、稚魚放流につきましては、先ほど言いましたように本当に重要な事業というふうなことでですね、もう合併以前の自治体からもやっておりますし、合併後もですね、そういうとらえ方でしているということであります。そして、それに加えまして、その種苗放流自体もですね、単にするんじゃなくて今年度からはですね、その種苗を大型化するということで中間育成施設あたりのですね、支援事業も立ち上げているというふうなところでございますし、そういうことをしながらですね、充実させていくというようなことを考えています。それに加えまして、この大きなのは先ほど言いました2つの予算ですが、山口県からですね、山口・福岡・佐賀・長崎・熊本県、5県と共同事業としまして、広域に及ぶ魚、今回はトラフグをしていますが、そのトラフグのですね、広域に及ぶ魚の共同放流という事業も今計画をしていますし、それに含めてですね、漁港整備の事業がございますが、そのソフト事業というようなところでですね、放流事業という事業もまた計画を入れていますので、そういう事業を含めてですね、充実を図っていきたいというふうに考えています。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 予算の多い少ないということではないというような発言もありましたが、今の予算がベストではないんですね。第1次産業が大きく浮上するためにもこの四方を海に囲まれた天草の漁業、農業、第1次産業にこそ力を注ぎ込むべき予算措置が必要であります。今後に期待します。

 次に、燃料高騰への対策支援について伺います。

 2008年の漁業センサス結果でありますが、〔2008年漁業センサス結果提示〕漁業経営体数の推移では33年前の1978年が熊本県全体で1万1,650、そして天草市が3,641で、そしてずっと推移していきますが、3年前の2008年、熊本県全体が4,314、天草市が1,379と30年間で熊本県全体が7,336、天草市が2,082経営体の数の減少であります。このままの形で推移していくことは、これは絶対に止めなければならない状況なんですね。現状を把握するために、やっぱり経営体数がどんどん減っていく、これへのやっぱり歯止めをかけるためにも、現状の把握・実態を調査するべきだと思いますが、その辺を伺います。



○副議長(松江雅輝君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 漁協を取り巻く環境というのは高齢化、そしてやっぱり漁獲高の減少というようなことでですね、今おっしゃいますように、経営体も大分減少しているというのは事実でありますし、厳しい状況かなというのは認識しております。個々の聞き取りというのはなかなか難しいと思いますが、漁業者の代表ということでやっぱり漁協等がいらっしゃいますので、そういう関係機関と協議しながら今までも来ておりますので、そこは協議する内容等もですね、検討しながらですね、お互いに協議しながら支援事業あたりの構築に向けてまいりたいというふうに思っています。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 燃料の高騰で水揚げしても漁業者というのは、どこにもその燃料代が上がったからといって転嫁できないんですね、入札制度だから。そういう面じゃですね、やっぱりそこのところに、ほかのところはですね、仕入れが高くなったから経費が幾らあったから、どれだけ高く売ろうかという形ではできるんですよ。しかし、こういう農業・漁業というのはですね、水揚げとかそういう市場に出したりして、その価格によってもう全然どこにも転嫁できない、こういった状況があるのでですね、今の天草の管内におる漁業者、先ほど4業者、4人ですかね、という数字も出されましたが、国の定めた法律では今、実際は、そういう活用できない法律なんですね。そのためにはやっぱり独自にこの天草市がですね、救済方法なり国に対してですね、こういうちっちゃい経営体がひしめく天草市の漁業者、まあ農業者も含めてですけど、第1次産業の経営者に対してもですね、支援をするという方向性というのはどうなんでしょうか。考えていらっしゃらないですかね。



○副議長(松江雅輝君) 制限時間5分前です。

 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 先ほども言いましたように、単独でですね、直接的にするというのはなかなか難しいことだというふうに思っていますので、関係団体等とですね、やっぱり協議しながらですね、支援の要請等を国・県に働きかけていくということから始めなくちゃいけないというふうには考えています。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 先ほど言ったように漁獲物の価格などはですね、全然、燃料が高騰したからといって、それにすぐ転嫁できない状況なのでですね、それについても、全国の漁獲物の価格に近づけ、そして本当に地域格差があるんですよね。ここの地域はこういう漁獲物がいっぱいとれても価格が安いとか、よその地域では高額になるんだけど、高額の漁獲物についてはこっちのほうと取り引きをするとか、そういう流通面まで含めてですね、やっぱりしないと、体力的にやっぱりもうこれ以上無理だという方向性が出てきている状況ですのでですね、燃料高騰に耐えられる体力づくりも必要になりますから、漁獲物の価格についても調査を行っていくように、これは要望しておきます。

 次に、港の整備について伺います。

 一昔前と違ってですね、船舶も大型化して、水深がマイナス5メートル以上なければ着岸できない。この前入港した「ぱしふぃっくびぃなす」などはさらに水深が必要になります。港の整備計画についてですね、青写真はつくってあるのか伺います。



○副議長(松江雅輝君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) 議員がおっしゃるのは牛深港と思いますが、牛深港は県の管理港でありますので県に確認をしたところでございます。

 漁港の漁港漁場整備計画という計画がございまして、5年間の計画です。その中でですね、水深を含めた整備計画は行っているというようなところでございます。これは、岸壁等をですね、改修する場合にやはり水深まで含めて検討しなくちゃいけないということでですね、していると。ただですね、これは、地元の漁船を今のところ重点的に対象として事業を打っていますから、そういう部分の計画であります。次年度、次年度といいますか、これが23年度までですから、今の計画が。それ以降24年度から新規の計画となりますが、その分についてはまだ未定というふうなことであります。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 経済部と建設部はまた所管が違うようですので、港の整備については港湾と漁港課がありますのでですね、その辺では全体的な構想というのは、課によって違うと思いますが。今、牛深の港づくりワークショップというのが開催されていますが、この地域振興会などの団体、全23団体との協議が今行われているようですが、その内容についてもお伺いいたします。



○副議長(松江雅輝君) 建設部長。



◎建設部長(久保山義教君) 今現在、牛深の港まちづくりでワークショップを行っております。これは、牛深港周辺地域でまちづくりや地域の活性化などで活動しておられる各種団体から参加をしていただきまして、これまで3回実施をいたしました。ワークショップでは、牛深港周辺地域の現状や課題、地域や各団体などが行っておられる地域活性化などの取り組みの状況、そして地域としてどのような取り組みができるのかなどについて、また魅力あるまちづくりのための連携や組織づくりについて、牛深港や周辺地域に望まれるハード・ソフト面での取り組みなどをテーマとしてグループ討議を行っていただきまして、さまざまな御意見をいただいているところでございます。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) このワークショップに参加されてる方から聞いたんですけど、やっぱりこの港づくりという面でですね、やっぱり大型船が今、牛深も含めてですね、商港としての役割はできないのかという意見も言ったと聞いているんですね。そういう意味では、さっき言ったようにですね、経済部と建設部という一つの課ではない全然違う、同じ港の中でもですね、港湾と漁港という形での、やっぱり中身を一緒に話し合う。そして、それを一つ統一的にやっぱりやっていくという考え方を持っていけばいいと思うんですけど、そして避難港としての役割についてちょっとお尋ねしますけど、しけの日など牛深と長島海峡に大型船舶が避難してきます。しけの時は一番安全な海域でもありますし、大型船舶の避難港としての整備がやっぱり必要だと思いますが、その辺では2つの課でどっちが答えられるかわからないけど、中身について、避難港としての役割はどうなのかということで、整備は考えていらっしゃらないのかお伺いいたします。



○副議長(松江雅輝君) 建設部長。



◎建設部長(久保山義教君) 牛深港につきましては、港湾と漁港、これが重複している全国でも数少ない港でございます。現在、庁内では港まちづくりのプロジェクトチームということで、これは関係各課、建設関係、経済関係、企画関係等、そこらも入れましてプロジェクトを今立ち上げております。その中で、今後、港のあり方について、来年度ちょっと基本計画あたりを策定をいたします。その中で、どのようなあり方がいいのか、港湾・漁港の整備あわせて検討していきたい、そして計画を策定していきたいと思っております。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) ぜひ、よろしくお願いします。

 牛深のハイヤ祭りが4月15、16、17日に、今年度40周年を迎え行われますが、ハイヤ祭りの前身は港祭りです。海からの来客を迎え、にぎわってきたことが歴史的にもうかがえます。ハイヤ祭りの歴史を見ると港の受け入れがいかに重要であるか、これはもう見えてきます。副市長ですね、ぜひ副市長にお伺いしたいんですが、牛深のちっちゃいころから見ておられるから御存じだと思いますが、牛深の歴史を見ると、牛深の港の受入体制がいかに重要か、その歴史的にいかに重要な役割を果たしてきたかということについて、その重要性について一言お願いします。



○副議長(松江雅輝君) 副市長。



◎副市長(古田勝人君) 御指名をいただきましたので、私からお答えさせていただきます。

 牛深は天草の南の玄関口として、歴史的にも大変重要な役割を果たしてきたと思います。それは経済面、生活面、文化面こういった意味で長崎あるいは熊本、鹿児島、3県にまたがる大変有利な、私は地理的条件のもとにこれまで栄えてきた港だろうというふうに思っておりますし、いささかも今でもそれは損なわれていないと。一般的な目で見ましても牛深のあの港の景観、さらには世界的にも優れたハイヤ大橋、これは素晴らしいものだろうと思います。これを資源に現在、もちろんハイヤ祭りはそうでございますが、あかね市さらには夏には海のフェスティバルなど、地元でも大変努力をいただいております。これをさらに地元の皆さん方のお力によって盛り上げていただきたい。そのシンボルが今度行われるハイヤ祭りだろうというふうに思います。40周年記念の大変節目となる大事なイベントでございますので、地元でも大いに盛り上げていただき、今後、港の活性化につなげていただきたい。さらにまた市としても、精いっぱい牛深の活性化のために応援してまいりたいとそのように思います。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) 時間がなくなりましたので、急ぎます。

 大型船舶を呼び込むための基本として給水・給電これについて何度も質問してまいりましたが今現在、どういう進捗状況になっているのかお伺いいたします。



○副議長(松江雅輝君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) これは県の管理港ですから県にお尋ねしたところ、県はですね、何の事業も予定はされてないというふうなところです。



○副議長(松江雅輝君) 8番浜崎義昭君。



◆8番(浜崎義昭君) やはりですね、その辺でやっぱり現状調査をすべきだというのはそこなんですね。もう少しやっぱり現状を見てから、やっぱりどういうのが必要なのかという受入体制も含めてやっていくように要望しておきます。

 最後に新幹線開通が行われ、



○副議長(松江雅輝君) 浜崎議員に申し上げます。制限時間がまいりましたので、速やかな終結をお願いします。



◆8番(浜崎義昭君) 牛深から八代海を利用して水俣、八代にも交通海上面で、海上物流の面からもですね、港湾機能の充実を図るべきだと思いますので、どうか検討のほうをよろしくお願い申し上げまして一般質問を終わります。

 ありがとうございました。

          (拍手)



○副議長(松江雅輝君) 以上で、8番浜崎義昭君の質問を終わります。

 ここで、昼食のため休憩いたします。午後は1時から再開いたします。

             午前11時50分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−

             午後1時00分 再開



○副議長(松江雅輝君) 再開いたします。

 午前に引き続き、一般質問を行います。

 7番黒田忠広君の質問を許します。

          [7番 黒田忠広君 登壇]



◆7番(黒田忠広君) こんにちは。7番、政友会、黒田忠広でございます。

 平成23年第1回定例会の最後の質問者となりましたが、今しばらく御静聴のほど、よろしくお願い申し上げます。

 それでは、議長のお許しをいただきましたので、さきの通告に従いまして順を追って一般質問をさせていただきたいと思います。市長を初め、執行部の方々におかれましては、明快かつ誠意ある御答弁をお願いいたします。

 まず、天草ジオパーク構想の整備状況についてお伺いいたします。

 昨年9月の定例会におきまして一般質問にジオパーク関連の内容をいたしましたところ、執行部の御答弁では、22年度中に2市1町のジオパーク推進協議会を立ち上げ、日本ジオパークネットワークへの再度の認定を受ける必要があることから、平成24年度に日本ジオパークネットワークへの申請を行う予定で、その後に世界ジオパークネットワークへの認定申請を目指すとお聞きいたしました。そこで、ジオパーク構想の現在の進捗状況や今後の予定について教えてください。あわせて天草御所浦ジオパークの整備状況についてもお願いいたします。

 次に、御所浦を起点としたフェリー航路の再開についてお尋ねいたします。

 いよいよ待ちに待った九州新幹線の全線開業があすでございます。関係自治体は、この千載一遇の好機会を逃すまいと、いろいろな手立てを考えています。フェリー航路が存続しておれば経済的恩恵を受けたであろう御所浦町が、現在の状況では心底喜べません。さきの定例会でも申し上げましたように、私たち離島で生活をする住民にとって、フェリー航路は道路の延長であります。限界率にも迫る高齢化地区もあり、入院施設を持った病院までのお年寄りの足としてもフェリー航路は必要であります。また、ジオパークで掲げられているジオツーリズムという観光振興、基幹産業の一つである養殖業の運営コスト削減などにも必要不可欠であると考えます。

 九州新幹線が開業した今、フェリー航路による九州本土から横軸の交通路として交流人口の増加が期待でき、天草の観光振興のみならず経済発展にも大きく貢献できると考えています。天草の観光客の伸び悩みは、交通アクセスの不便さに大きく起因していることが考えられます。この解決の一つとして、自動車で行き来できるフェリーでの海上交通の充実を図ることは重要であると思っております。昨年9月議会での一般質問の答弁で、水俣市と航路の必要性について事務レベルでの協議を行っていくと答弁を受けましたが、その後の進捗状況についてお伺いいたします。

 最後に、行政区長会との意見交換会を踏まえて質問をさせていただきたいと思います。去る1月24日、午後3時から御所浦保健福祉センター運動指導室で、御所浦地区の脇島議員と私、議員2名、行政区長12名、御所浦支所より支所長ほか5名の出席のもと、初めての試みとして意見交換会を実施いたしました。まず初めに、議員よりそれぞれの取り組みについて講演というか、報告を1人5分から10分程度し、その後質疑・応答及び意見交換を行った次第です。そこで何点か質問、御要望いたしたいと思います。

 一つが、水産業の振興についてであります。

 皆さん御承知のように昨年、一昨年と、八代海で発生をした赤潮の被害は、養殖業者に甚大な被害をもたらしました。赤潮対策の一環として、水産研究センターの警戒船「しおはや」に顕微鏡など充実した設備を備えることにより、赤潮の原因の判別などより迅速に行え、業者もいち早く対策がとれると思うが、設備の改善などのお考えはないのでしょうか、お尋ねをいたします。

 次に行政区長会の開催についてであります。

 天草市におきまして、各地区の行政区長の代表者が参加する会議が一度も開かれていないとのことでしたが、開催の予定はないのでしょうか、お伺いをいたします。

 以上関係者の御答弁をお願いいたしまして、1回目の質問を終わります。2回目は折衷方式にて質問者席よりお尋ねをいたしますので、よろしくお願いをいたします。



○副議長(松江雅輝君) 教育部長。

          [教育部長 坂本安敏君 登壇]



◎教育部長(坂本安敏君) 天草ジオパークの整備状況についてお答えをいたします。

 天草ジオパーク構想の進捗状況といたしましては、昨年の12月13日に本市と上天草市、苓北町の2市1町と関係諸団体で構成する天草ジオパーク構想推進協議会を設立をいたしました。現在は、天草ジオパーク構想計画の策定及び主要ジオサイトの選定を行っておりまして、並行して天草地域内のボランティアガイド団体を対象としたジオパークの勉強会と現地研修を実施をしているところでございます。

 認定に向けてのスケジュールといたしましては、ジオサイトの解説所の整備やボランティアガイドなどの地元の受入体制を強化する必要があることから、平成24年度中に日本ジオパークネットワークへの申請を行い、平成25年度の認定に向けて取り組んでいくということにいたしております。

 それから、天草御所浦ジオパークにつきましては、日本ジオパーク委員会の認定審査時の指摘事項等を踏まえまして、パンフレットを作成し、御所浦港にはジオパークの歓迎看板と、島内の案内看板を設置したところでございます。あわせましてジオパークの環境整備としまして、烏峠展望所の整備なども行っております。さらに、独自のホームページの開設でありますとか、新幹線開業に伴います配布用のチラシについても本年度中に作成することといたしております。

 以上です。



○副議長(松江雅輝君) 企画部長。

          [企画部長 金子邦彦君 登壇]



◎企画部長(金子邦彦君) 昨年の9月議会後の御所浦水俣航路に関する協議等の進捗状況についてお答えいたします。

 昨年の10月14日に水俣市へお伺いし、交通担当部との協議を行っております。

 まず、天草市側からフェリー「かまがり」運休後の代替措置として運行しております、乗合海上タクシーの利用状況等について説明を行い、その後、フェリー就航の考え方について話し合いを行いました。水俣市側の主な意見としては、フェリー航路廃止前の利用状況や長引く不況による産業界の停滞を考えると、新規に運行事業者のフェリー就航は厳しいと思われますけれども、九州新幹線の全線開業を考えたとき、水俣から御所浦への海上交通手段の確保が必要であると認識をしているということでございました。今後も御所浦、そして水俣航路については必要に応じ、両市で事務レベルでの情報交換を行っていくことを申し合わせてまいりました。

 また、天草市で乗合海上タクシーの利用者に対する意見を聞くために、昨年の11月から12月にかけてアンケート調査を実施しております。利用者132人中74人の方から御回答をいただいている中で、御所浦水俣航路に関しての自由意見をお尋ねをいたしております。乗合海上タクシーの現在の週3日の運行に土曜日を追加して運行してほしいという要望が32人、43%と一番多かったため、この要望を受けまして、平成23年度中に2カ月間程度、土曜日の試験運行を行ってもらうべく運行事業者である天草海上タクシー協会と現在協議を行っております。



○副議長(松江雅輝君) 経済部長。

          [経済部長 野嶋義澄君 登壇]



◎経済部長(野嶋義澄君) 赤潮対策についてお答えをさせていただきます。

 今御意見があったのは、赤潮の早期予防対策ということであろうと思いますが、早期予防対策につきましては、県の水研センターそして本市の研究センターあたりとでですね、赤潮の顕微鏡あたりを使って検査していますが、それをより良くですね、早く検査するということで、22年度から各地区に漁業者みずからが検査できるような体制をとるということで、顕微鏡等をですね、配布して予防に努めてもらうということでお願いをしておりますし、次年度もですね、そういう対策を今考えているところでございます。22年度に御所浦地区につきましても、2台顕微鏡を配置しているというような状況でございますし、次年度は水産研究センターのほうでですね、その顕微鏡の見方の勉強会・研修会をですね、漁業者の方を対象に行うというふうな取り組みをしております。「しおはや」に顕微鏡などを備えてというふうなことも一つの方法とも思いますので、今後の研究課題かなというふうにとらえております。



○副議長(松江雅輝君) 総務部長。

          [総務部長 鶴田謹一君 登壇]



◎総務部長(鶴田謹一君) 私のほうからは、各地区行政区長の代表者会を対象とした会議の開催につきましてお答えをいたします。

 先月の22日に各地区行政区長の代表者にお集まりをいただき、会議を開催したところでございます。その中で、今後の各地区代表行政区長会議につきましては、各地区の取り組みや参考になる事案等も多く、あわせて情報交換等もでき非常に有意義であるので、定期的に開催できないかなどの御意見もあっておりますので、次回の開催の中で今後のあり方につきまして御協議をいただき、対応してまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) それでは、天草ジオパーク構想について、この事業に最も期待をする一人として再質問を行います。

 市長のマニフェストにある天草地域のジオパーク認定を目指すという点についての質問です。世界ジオパークを目指す最初の段階として、昨年12月に天草地域2市1町で協議会を設立されたとのことですが、これは大変よいことでありますし今後、世界認定には不可欠なことだと思います。そこで、委員会とか専門部会とかの設置は考えておられるのか教えてください。



○副議長(松江雅輝君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) お答えをいたします。

 天草ジオパーク構想推進協議会の規約第14条の第2項の規定によりまして、ジオパークに関する調査検討を行うために、協議会に委員会を置くことができるとされております。したがいまして、今後は、必要に応じまして委員会を設置をしまして、広く意見を聴取しながら、ジオパークの推進に役立てていきたいというふうに思っております。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) ある委員さんからお聞きしたことですが、協議会の委員の何人かの方は、自分が何で委員に選ばれたのか不思議に思っておられたそうであります。

 そこで、協議会だけでは形式だけの感が強く懸念をされます。委員会等を設け、ジオパーク構想に理解がある方に参加をしていただくことにより、活発な議論がなされ、会の発展にもつながるというふうに思うわけです。天草御所浦ジオパークでは、昨年16名、本年14名のボランティアガイドが認定を受けました。講習を受け、認定試験にも合格され、現在既にボランティアガイドとして活動されておられる方などに委員になっていただくことなどのお考えはないかお尋ねをいたします。



○副議長(松江雅輝君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) お答えをいたします。今後はですね、そういったことで委員会の中身につきましても、またその検討する目的に沿ってですね、そういった今、議員御提案のとおり、先月ですか、第2回目のボランティア初級のですね、ガイドさんの認定もされておりますし、そういった方々、幅広くそういった方々もお願いをしながらですね、進めてまいりたいと思っております。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) はい。ぜひそのように進めていっていただきたいと思います。

 それでは、ジオパークはほかの自治体とのネットワークが大切とお聞きをしていますが、連携はとれているのかお伺いをいたします。



○副議長(松江雅輝君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) お答えをいたします。

 現在、日本ジオパークネットワークにおきましては、それぞれ担当者間におきまして、いろんなイベント等の情報の提供でありますとか、それぞれ各地域の課題等について意見交換などをですね、頻繁に電子メール等を利用して行っているところでございます。また、九州内には、現在、世界認定をされております島原半島のジオパークを初めとしまして、阿蘇でありますとか昨年、日本ジオパークネットワークに認定をされました霧島のジオパークも含めて、今4地域ございます。そういったところで、広域的な事業の展開でありますとか、今後ですね、情報交換等によって、それぞれ内容の充実を図っていくことなどを目的といたしまして、九州内でのネットワークというのも構築していく必要があるのではないかというふうに思っております。今後、そういった九州内のジオパークとも十分に連携をしながらですね、連携を図っていきたいというふうに思っております。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) 平成24年度に日本ジオパークのネットワークへの申請を行い、平成25年度の認定を目指すとのことですが、整備が十分整っていない段階で、1年でできるだけの予算と人材は用意できているのか御答弁をお願いいたします。



○副議長(松江雅輝君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) お答えをいたします。

 先ほども議員のほうからも御指摘がございましたが、既にボランティアガイドも今初級ですけれども、30人ほど認定をしたところです。本年1月から3月にかけましても、それぞれの天草地域内のですね、各ガイド団体に対しても勉強会並びに現地研修等を実施をしております。平成23年度からは、2市1町の負担金を事業費としまして、年次計画に従いまして必要な整備を行うというようなことにしております。日本ジオパーク委員会の現地審査というのは、通常、夏ごろに実施をされるというようなことで、それまでは2年数カ月の期間がありますのでですね、十分に対応できるというふうに認識をいたしております。推進体制につきましても、事務局であります本市の職員を初めとして、2市1町の担当職員で対応しまして、ジオパークの推進に努めていきたいというふうに考えております。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) 十分に24年度に進めて、25年度には間に合うというような御答弁でございましたが、私にはですね、どうしてもここがちょっと無理のような気がしてならないわけですね。23年度の予算としてですね、ジオパークの推進事業費に985万円ですね、これだけ計上されています。それから、それに整備などを広めていく面でですね、さっきも申し上げましたようにですね、御所浦のジオパークのですね、広さもいっぱい広いわけですよ。だから、天草市だけでも683.17平方キロ、上天草市126.12平方キロ、苓北町67.08ですね。さっき申しましたように、御所浦は20.23、44倍というような広さをですね、現在のスタッフと予算でですね、果たしてできるのか私はどうしても机上の空論にしか思えないんですけど、いかがでしょうか。



○副議長(松江雅輝君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) お答えをいたします。

 先ほども申し上げましたとおり、平成23年度からは、2市1町協力して進めてまいるというようなことにしております。その上で、事務局体制につきましてもですね、強化をしてまいりますし、天草ジオパークとして年次計画に従いましてですね、必要な整備を行っていきたいと。天草御所浦ジオパークも引き続きあわせてですね、整備を今も行っているところですが、この2年間の間で整備を十分できるような方向で進めていきたいというふうに思っております。

 それから、また協議会には顧問の先生でありますとか、学術専門のそれぞれ各大学の先生方にも委員として御協力をいただいておりますので、そういった先生方のですね、御意見も聴取しながら現段階では平成24年度の申請を目標としてですね、全力を上げて取り組んでまいりたいと考えております。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) 協議会には、顧問や学術専門の各大学の先生方にも委員として御協力をいただいておりますとの答弁でございますが、協議会なんかではですね、この先生の方に参加していただくことは本当大変よいことだと思うわけですよ。しかし、実際にジオサイトや開設看板設置なんかを整備していく場合にはですね、専門の学芸員が必要ではないかと思うわけですよ。それで、現在2名いる学芸員が、御所浦白亜紀資料館と天草御所浦ジオパークを担当しつつ、天草ジオパークの整備に果たして時間がとれるのか、そこのところをちょっとお聞かせ願いたいと思います。



○副議長(松江雅輝君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) このことにつきましては、先般の議員さんの御質問の中でもですね、お答えをしたかと思いますけれども、幸い天草御所浦ジオパークの申請についてですね、今の白亜紀資料館におります学芸員が、ずっとそれに携わってきておりまして、いろんなほかのジオパーク等にもですね、参加をしながらそのノウハウといいますか、そういったものも十分身につけて、優秀な学芸員がおります。そういったところで、私どもも今後、今既に天草・上天草・苓北も含めたところのジオサイトの調査もしておりますけれども、連携をしながら進めていきたいというふうに思っております。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) これは私の一つの考えですけど、今も申しましたようにですね、なかなか学芸員は2人いてもですね、その時間がとれるかというところについてですね、御所浦で本当私もずっといろんな事業なんかでかかわることも多いんですけど、本当2人はですね、事務もして、そういう整備運営なんかもしていくような状況ですよ。そるけん私のこれは提案とすれば、専門職の事務方をですね、ぜひ1人御所浦に配置することによって、学芸員の1人がその分だけですね、時間もとれて天草のジオパークの整備なんかにもですね、大いにその専門の分野で活躍をすることができるんじゃないかと思うわけでございますが、いかがでしょうか、そのような考え。



○副議長(松江雅輝君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) 今後のその体制につきましてはですね、私どもも十分天草ジオパーク、御所浦ジオパークも推進できるようなところで今、御提言ありましたけれども、とにかく職員も含めて他の部署の職員といいますか、教育部内も含めてですね、職員それぞれ協力をし合って進めてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いをいたしたいと思います。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) 天草ジオパークとして再認定を受け却下された場合、天草御所浦ジオパークの認定も取り消される可能性があると思うが、御答弁をお願いいたします。



○副議長(松江雅輝君) 教育部長。



◎教育部長(坂本安敏君) お答えをいたします。

 このジオパーク申請に当たりましては、昨年からですね、それぞれ世界ジオパーク申請の国内候補地選定に伴います日本ジオパーク委員会の審査がそれぞれあっておりますけれども、その際には、本市の担当職員も出向いてですね、同行させていただいております。室戸のジオパークでありますとか、阿蘇のジオパーク等にですね。その折にですね、日本の委員会の審査内容でありますとか指摘等の情報の収集、それから、それぞれの担当職員同士の意見交換等も十分に行っているというようなことでございます。

 天草ジオパークにおきましても、先進地でこういったことで学びましたことを参考にしながらですね、整備を進めてまいりたいと考えております。申請の際には、万全の状態で日本の委員会の審査に臨むつもりでありまして、また、天草御所浦ジオパークにつきましてもですね、認定審査時の指摘事項等を踏まえて内容の充実を現在も図っておりますけれども、再審査の際には、その辺を十分に日本の審査会のほうにもアピールをしてまいりたいというふうに考えております。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) 私が資料でも提出していますようにですね、御所浦ジオパークをですね、今までしてくるのにどれぐらいの時間とか人間が要ったかなど大まか参考になると思います。どうぞこのことも踏まえてですね、十分展開をされていってほしいと思います。

 それでは私はですね、このジオパーク構想を成功させるためには天草市長はもちろんでございますが、ほかの自治体の首長も国外のジオパーク地域を訪問することが必要ではないかと思います。外国のジオパークの整備のあり方とか地域づくりなどを体験することで、天草ジオパークの将来像が見えてくると思います。ジオパークの整備には時間も費用もかかります。どこまで整備しなくてはならないのか、今後の天草ジオパークの進退も含めて、天草ジオパークの将来像を確立するためには、市長みずからの国外の世界ジオパーク地域訪問を御提案をいたします。



○副議長(松江雅輝君) 安田市長。



◎市長(安田公寛君) 先ほど来申し上げておりますとおり、天草ジオパークといたしましては、まず日本ジオパークネットワークに認定をいただくということが先決でございます。そのためには、国外といわず国内の各種大会にもですね、積極的に参加をしていかなければならないというふうに思っております。

 構成団体でございますが、上天草市そして苓北町、お互いに連携をとり合ってですね、積極的にそういう国内の大会にも参加をしてまいりたいというふうに思っております。あわせまして、平成24年度には、世界ジオパークに認定されておりますお隣の島原ジオパークがですね、ジオパークの世界大会を開催をされます。そこには、市町長といわず関係者、特に協議会の委員の皆様方にはですね、数多く参加をしていただきたいというふうにも思っております。

 いずれにいたしましても、各地の取組状況等をつぶさに勉強させていただきながら、一日も早く世界ネットワークに登録がされますように努力をしてまいりたいというふうに思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) それでは期待を込めて、どうぞそのように取り組んでいただきたいと思います。

 それでは、次に、フェリー再開の質問をいたしたいと思います。

 天草市がフェリー休止後に海上タクシーを便宜上、運航してくれていることには大変感謝をしています。しかし、私が言っていることとは次元が違っているんですね。フェリーでないと大型貨物の運搬、車両の輸送、修学旅行生など大きな団体の受け入れや高齢者の方の病院への入退院のときなど、海上タクシーでは対処できないんです。このことについて執行部のお考えをお聞かせ願いたいと思います。



○副議長(松江雅輝君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) 確かに水俣側からのフェリーというのが走っておりませんので、車両の運送というのはそういうのに大変厳しい面があるのかなあと思いますけれども、ただ、現在のところ修学旅行生の受け入れでありますとか、勇志国際高校、それと通院・通学には海上タクシーをうまく活用されておりますし、病院の通院につきましても、先ほど申し上げましたが、市と一緒に共同運行している乗合海上タクシーのほうでうまく活用していただいております。まずは、先ほど答弁いたしましたようにこの海上タクシーの推移、利用者数の増、これに向けて私たちは取り組んでまいりたいというふうに考えております。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) 天草への観光客が伸び悩んでいるのは、天草と熊本への道路が幹線道路1本しかないということが大きな要因であると考えておるわけですよ。もしも、そこで事故が発生をしたり交通渋滞になったら、旅行計画が大きく狂ってしまってツアー客に迷惑がかかってしまうわけです。そこで、そういうことがネックになって、なかなか次の計画が立てられんじゃないかというようなことを考えております。というのは、以前は阿蘇と天草も400万人ぐらい一緒に来てたのが、同僚議員も申しましたようにですね、今、天草300万、阿蘇1,500万、1,700万かというようにですね、大きくこういうのが原因で一番差がついていると思っています。そこでですね、海上交通をそういう観点からも、もっと見直すべきではないかと思っているわけでございますが、だれかにその件についてお伺いをいたします。



○副議長(松江雅輝君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) 先にこれは議員も御出席だったと思うんですけれども、天草の観光を考えるという、民間も加えられた会合の中でもお話があったんですけれども、確かに旅行商品を造成されるときに、天草が一方通行でほかの代替手段がなく、五橋等が通行止めになったときに迂回の方法もなく、大変旅行商品がつくりづらいというお話は聞いております。黒田議員はそこでフェリーの活用というお話だろうと思うんですけれども、南国海運さんが「かまがり」を運航されておった時代に2,000万円程度の赤字を抱えて、どうしても廃止せざるを得なくなったというお話の中で、これは手元にはちょっと17年度の資料しかございませんけれども、御所浦・水俣間の車両輸送というのが3,000台ぐらいでございましたので、ここをどうしても引き上げなければですね、なかなかその、事業者だけの運航では厳しいということで断念したわけでございます。黒田議員の御指摘もございますけれども、まずは、この航路再開をする際に、どういった費用負担がいるのかといったことについてもですね、運行事業者さんあたりとも、もう少し詳しく詰める必要があるのではないかというふうに思っております。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) 行財政改革など無駄を省くことも大切であると思うわけですが、守りだけでは衰退の一途をたどるだけだと思うんですよ。こういう景気低迷のときだからこそ、時と場合によっては逆手の発想で投資をして攻めることをやらなければ活路は開けないし、また発展にもつながらないと考えています。

 事業者は、経営が今おっしゃったように成り立たないといけませんが、行政は経営面ばかりでなく、観光振興などの経済波及効果も考えてほしいわけですね。そのような観点からいたしましても、フェリー航路の再開は、費用対効果の視点から見ても大きな経済効果と御所浦住民の福利厚生にも大きく貢献できると思っていますが、御答弁をお願いいたします。



○副議長(松江雅輝君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) 確かにフェリー航路が再開いたしますと、展望というのは今以上に開けるかと思うんですけれども、まず私たちが考えなければならないのは確かに道路とは違いまして、航路というのは、もう選択肢が限られていると。今、共同フェリーさんも、大道そして御所浦、そして棚底という区間を走っておられますけれども、仮にここに競合する航路を持っていった場合に、やっぱり今ある既存の業者さんも成り立たなくなる可能性があるということで、これを入れていくときには、かなり慎重に入れていかなければ、海上タクシーそして共同フェリーさん、そして今度仮に入られた場合の会社の運営、そこら辺をですね、やはりトータルで見ていく必要があろうかというふうに思っておりますので、そういう点をもう少し慎重に検討させていただければと思います。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) 私たちがですね、今、業者と話し合っている航路としてはですね、御所浦を起点として水俣港・大道港間を就航するようにしたらどうかというようなことを考えているわけですよ。それで、私も三角の運輸局とかですね、水俣の商工会議所、観光協会などにもですね、お尋ねをして協力をお願いしたら、ぜひそのように協力をしていくというようなことを言っていただいて、今いるところでございます。

 そこで、業者は今、部長がおっしゃられましたが、前はですね、そういうふうに五、六業者あったけど、今度も市も就航する場合は、今御所浦から棚底には共同フェリーが通ってますね。だから、共同フェリーでそちらの航路も就航するから、ほかの会社とのですね、競合とか何とかはですね、そういうふうなことはないと考えております。

 そこで、私からの一つのお願いですというよりも、こういうことをやられてみたらどうかなと思っとっとですよ。

 21年7月に、水俣病患者救済特別措置法及び救済措置の方針における地域振興や健康増進等に関する規定というのが設けられたわけですね。そこから抜粋をしてみたんですけど、水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法第35条、36条というのをちょっと言ってみたいと思いますが、「政府及び関係地方公共団体は、必要に応じ特定事業者の事業所が所在する地域において、事業会社が事業を継続すること等により、地域の振興及び雇用の確保が図られるよう努めるものとする」ですね。第36条、「政府及び関係地方公共団体は、指定地域及びその周辺の地域において、地域住民の健康の増進及び健康上の不安の解消を図るための事業」というようなことが載っているわけですよ。これをこうすればですね、御所浦地域も水俣市も天草市も上天草市もですね、3市とも水俣病の対象地域になっているんですね。だから、こういうのを利用してですね、したらどんどん市が国に働きかけていったら、僕は何とかそのようにできるんじゃないかと思っていますが、執行部のお考えはいかがでしょうか。



○副議長(松江雅輝君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) 水俣病の特措法について私も詳しくはわかりませんけれども、これまでの地域振興については、その航路までの範囲というのがちょっとなかったんじゃないかというふうに思います。そして、その特措法の中でも、健康増進事業につきましては、離島の方が通院される際に、その船賃の補助というのは、何かあるようでございます。ただ、黒田議員が今説明をされました、いろんな法制度そういったものを使って何か有効な手立てがないのか、そこら辺は研究させていただきたいと思います。



○副議長(松江雅輝君) 7番黒田忠広君。



◆7番(黒田忠広君) 今読んだ資料も、一応そちらにも送付をいたしております。ありがとうございました。どうぞ市としても、県下唯一の離島である御所浦のことを考えていただき、努力をしていただきたいと思います。

 それでは、次は、意見交換会を踏まえてですね、ちょっと質問なり御要望をいたしたいと思います。

 ほかにもですね今、最初答弁したのとほかに資料でも送っておるとおりですね、フェリーの運航についてとかイノシシ対策、農道の整備、診療所の医師の問題などなど、多くの御要望がありました。私からも重ねて御検討いただきますよう御要望いたしておきます。

 初めての区長さんとの意見交換会を終えての感想といたしまして、双方にとりまして、大変意義ある意見交換会であったと思っています。私たちにとりましても、今回のような話し合いは必要であり、ありがたいことだと思っております。区長さんからも恒例としてほしいとの要望があり、継続してまいりたいと考えています。

 そして、もう終わりに、九州新幹線の全線開業など、地域環境が減変する中、天草市域の活性化は2市1町間の現状把握や、統一した将来ビジョンなどの構築が不可欠であると思われます。どうか安田天草市長におかれましては、天草のリーダーとしてより一層の御活躍を御期待をいたしまして、私の質問を終わります。

 御静聴、まことにありがとうございました。

          (拍手)



○副議長(松江雅輝君) これで、7番黒田忠広君の質問を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(松江雅輝君) 以上で、本日の議事日程は終了いたしました。

 ここで、あす以降の日程について御連絡いたします。明12日から17日までは委員会審査などのため休会とし、次の本会議は、18日午前10時から会議を開きます。

 なお、建設経済委員会は現地調査のため14日午前9時から、市民環境委員会は14日午前10時から、また、総務企画委員会は現地調査のため15日午前9時から、文教厚生委員会は15日午前10時からそれぞれ開会いたしますので、よろしくお願いいたします。

 本日は、これにて散会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−

             午後1時44分 散会