議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 天草市

平成22年 2月 定例会(第1回) 02月08日−01号




平成22年 2月 定例会(第1回) − 02月08日−01号







平成22年 2月 定例会(第1回)



         平成22年第1回天草市議会定例会会議録

1.議事日程(第1号)
                    平成22年2月8日(月曜日)午前10時開会
 第1 会議録署名議員の指名
 第2 会期の決定
 第3 廃棄物処理施設建設に関する特別委員会の中間報告
 第4 学校施設等整備に関する特別委員会の中間報告
 第5 議第1号 天草市非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正す
         る条例の制定について
 第6 議第2号 天草市立保育所条例及び天草市保育の実施に関する条例の一部を改
         正する条例の制定について
 第7 議第3号 天草市新和ひだまり館条例の制定について
 第8 議第4号 天草市企業立地促進条例の一部を改正する条例の制定について
 第9 議第5号 天草市学校教育施設整備基金条例の制定について
 第10 議第6号 天草市学校林設置条例の一部を改正する条例の制定について
 第11 議第7号 天草市体育館条例の一部を改正する条例の制定について
 第12 議第8号 天草市学校施設の開放に関する条例の一部を改正する条例の制定に
         ついて
 第13 議第9号 天草市運動広場条例の一部を改正する条例の制定について
 第14 議第10号 天草市社会体育夜間照明施設条例の一部を改正する条例の制定につ
         いて
 第15 議第11号 天草市立幼稚園条例の一部を改正する条例の制定について
 第16 議第12号 天草市立小・中学校設置条例の一部を改正する条例の制定について
 第17 議第13号 天草市公民館条例の一部を改正する条例の制定について
 第18 議第14号 天草市ふれあいセンター条例の一部を改正する条例の制定について
 第19 議第15号 天草市立天草切支丹館条例の一部を改正する条例の制定について
 第20 議第16号 天草市立歴史民俗資料館条例の一部を改正する条例の制定について
 第21 議第17号 天草市立御所浦白亜紀資料館条例の一部を改正する条例の制定につ
         いて
 第22 議第18号 天草市立天草コレジヨ館条例の一部を改正する条例の制定について
 第23 議第19号 天草市立天草ロザリオ館条例の一部を改正する条例の制定について
 第24 議第20号 天草市立天草玩具資料館条例の一部を改正する条例の制定について
 第25 議第21号 天草市小作料協議会条例を廃止する条例の制定について
 第26 議第22号 財産の取得について
 第27 議第23号 工事請負契約の変更について
 第28 議第24号 苓北町と天草市との間の汚泥脱水等の事務委託の廃止について
 第29 議第25号 市道路線の廃止及び認定について
 第30 議第26号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第8号)
 第31 議第27号 平成21年度天草市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 第32 議第28号 平成21年度天草市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)
 第33 議第29号 平成21年度天草市介護保険特別会計補正予算(第3号)
 第34 議第30号 平成21年度天草市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
 第35 議第31号 平成21年度天草市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
 第36 議第32号 平成21年度天草市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
 第37 議第33号 平成21年度天草市浄化槽市町村整備推進事業特別会計補正予算(第
         2号)
 第38 議第34号 平成21年度天草市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
 第39 議第35号 平成21年度天草市国民健康保険診療施設特別会計補正予算(第3号)
 第40 議第36号 平成21年度天草市埠頭事業特別会計補正予算(第1号)
 第41 議第37号 平成21年度天草市斎場事業特別会計補正予算(第1号)
 第42 議第38号 平成21年度天草市病院事業会計補正予算(第3号)
 第43 議第39号 平成21年度天草市水道事業会計補正予算(第3号)
 第44 議第40号 平成22年度天草市一般会計予算
 第45 議第41号 平成22年度天草市国民健康保険特別会計予算
 第46 議第42号 平成22年度天草市老人保健医療特別会計予算
 第47 議第43号 平成22年度天草市介護保険特別会計予算
 第48 議第44号 平成22年度天草市後期高齢者医療特別会計予算
 第49 議第45号 平成22年度天草市公共下水道事業特別会計予算
 第50 議第46号 平成22年度天草市特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
 第51 議第47号 平成22年度天草市農業集落排水事業特別会計予算
 第52 議第48号 平成22年度天草市漁業集落排水事業特別会計予算
 第53 議第49号 平成22年度天草市浄化槽市町村整備推進事業特別会計予算
 第54 議第50号 平成22年度天草市簡易水道事業特別会計予算
 第55 議第51号 平成22年度天草市国民健康保険診療施設特別会計予算
 第56 議第52号 平成22年度天草市歯科診療所特別会計予算
 第57 議第53号 平成22年度天草市埠頭事業特別会計予算
 第58 議第54号 平成22年度天草市斎場事業特別会計予算
 第59 議第55号 平成22年度天草市一町田財産区特別会計予算
 第60 議第56号 平成22年度天草市新合財産区特別会計予算
 第61 議第57号 平成22年度天草市富津財産区特別会計予算
 第62 議第58号 平成22年度天草市病院事業会計予算
 第63 議第59号 平成22年度天草市水道事業会計予算
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
2.本日の会議に付したる事件
   議事日程のとおりである。
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
3.出席議員は次のとおりである。(30名)
  1番 濱   廣 昭 君             2番 野 嶋 健 一 君
  3番 浜 崎 義 昭 君             4番 古 賀 源一郎 君
  5番 中 尾 友 二 君             6番 宮 下 幸一郎 君
  7番 勝 木 幸 生 君             8番 若 山 敬 介 君
  9番 蓮 池 良 正 君             10番 船 辺   修 君
  11番 中 村 三千人 君             12番 鎗 光 秀 孝 君
  13番 赤 木 武 男 君             14番 田 中   茂 君
  15番 松 江 雅 輝 君             16番 池 田 裕 之 君
  17番 脇 島 義 純 君             18番 平 山 泰 司 君
  19番 中 村 五 木 君             20番 楠 本 千 秋 君
  21番 宮 下 重 康 君             22番 平 石 水 穂 君
  23番 大 塚 基 生 君             24番 本 田 武 志 君
  25番 吉 川 ? 澄 君             26番 江 浦 政 巳 君
  27番 ? ? 昭 臣 君             28番 藤 ? 正 博 君
  29番 北 野 鋼 一 君             30番 池 田 次 人 君
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
4.欠席議員は次のとおりである。(なし)
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
5.説明のため出席した者の職氏名
  市長      安 田 公 寛 君   副市長     古 田 勝 人 君
  教育長     岡 部 紀 夫 君   総務部長    鶴 田 謹 一 君
  財務部長    森     孝 君   企画部長    金 子 邦 彦 君
  健康福祉部長  田 代 隆 一 君   市民環境部長  田 口 修 司 君
  経済部長    野 嶋 義 澄 君   建設部長    久保山 義 教 君
  水道局長    山 上 良 一 君   教育部長    嶺     力 君
  病院局次長   森 田 勝 善 君   会計管理者   宮 下 一 成 君
  牛深支所長   中 原 誠 也 君   有明支所長   堀 口   仁 君
  御所浦支所長  脇 島 榮 志 君   倉岳支所長   木 本   光 君
  栖本支所長   原 田   茂 君   新和支所長   浦 田   亨 君
  五和支所長   池 ? 一 彦 君   天草支所長   山 口 義 久 君
  河浦支所長   大 平 健 次 君   総務課長    梅 川 三 郎 君
  財政課長    酒 井 秀 則 君   秘書課長    金 子 正 秀 君
−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−
6.職務のため出席した事務局職員の職氏名
  首席審議員
          濱   仙 明 君   議事調査係長  森 下 洋 一 君
  議会事務局長
  庶務係長    平 山 高 広 君   主任      谷 口 哲 也 君
  主査      石 田 健 作 君




              午前10時00分 開会

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) おはようございます。定足数以上の御出席でありますので、これより平成22年第1回天草市議会定例会を開会いたします。

 直ちに、本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に印刷配付してあるとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−

 諸般の報告



○議長(濱廣昭君) 諸般の報告。

 去る2月4日、福岡県北九州市において開催されました九州市議会議長会第4回理事会に出席いたしましたので、その内容について御報告いたします。

 理事会では、会長あいさつのあと、議事に入り、役員の補欠選任、前理事会以降の諸会議事務報告が行われ、いずれも異議なく了承されました。そのあと、次年度開催予定の全国市議会議長会及び九州市議会議長会定期総会への提出議案等についての説明が行われ、いずれも異議なく、原案のとおり決定されました。

 次に、平成21年度11月分及び12月分の「例月出納検査結果報告書」が提出されましたので、議会事務局に保管いたしております。必要な方は御閲覧願います。

 ここで、市長から、発言の申し出があっておりますので、これを許します。

 安田市長。

          [市長 安田公寛君 登壇]



◎市長(安田公寛君) おはようございます。諸般の報告をいたします。

 最初に、去る1月21日、熊本県庁におきまして、九電工との間で、オリーブ栽培に関して、企業の農業参入に関する協定を締結いたしましたので御報告いたします。

 九電工では、企業の社会貢献事業として、農業参入を挙げられており、国内生産が極めて少ないオリーブを作物に選定され、栽培地として幾つかの候補地の中から天草市に決定されたものでございます。

 九電工の計画では、平成22年度から3年間で直営農場約8ヘクタールに5,000本、農家との共同研究として1,700本、合わせて6,700本を栽培し、直営農場は本渡五和地区の旧ゴルフ場予定地の一部も利用される予定でございます。平成23年度には、搾油機械を導入し、食用や化粧品などの商品化に向けた調査・研究も行う計画となっております。

 市といたしましても、新規農作物と位置づけ、農協はもとより、農家や営農組合、各地区などへの説明会を開催し、耕作放棄地の有効活用と安定的なオリーブ生産が図られるよう取り組んでまいりたいと考えております。

 次に、去る1月22日、韓国の忠清大学と官学共同に関する協定を締結いたしましたので御報告いたします。

 忠清大学は、韓国のほぼ中央、忠清北道の清州市にあり、36学部学科に約6,000人の学生が学び、韓国にある約150の専門大学の中でも名門大学として知られております。これまで観光学部の学生のインターンシップやホームステイの受け入れなどを行い、天草からも平成18年日韓青少年伝統芸能交流に参加した苓明高校の郷土芸能部が忠清大学を訪問させていただくなどの交流を行ってまいりました。今回、そのような交流の成果を踏まえまして、正式に調印を行ったものでございますが、忠清大学は現在、福祉分野でも高い実績を上げられておりますので、これまでの観光部門に加えまして、福祉部門でも連携が図られるよう取り組んでまいりたいと考えております。

 以上で、諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(濱廣昭君) 日程第1、会議録署名議員の指名。

 会議録署名議員に、13番赤木武男君、21番宮下重康君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(濱廣昭君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期を、お手元に配付の会期日程表のとおり、本日から2月26日までの19日間とすることに御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は、19日間とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 廃棄物処理施設建設に関する特別委員会の中間報告



○議長(濱廣昭君) 日程第3、廃棄物処理施設建設に関する特別委員会の中間報告。

 廃棄物処理施設建設に関する特別委員会に付託中のごみ及びし尿処理施設等の建設に関する件については、会議規則第45条第2項の規定により、同委員会から中間報告を行いたいとの申し出があっておりますので、この際、これを許します。

 廃棄物処理施設建設に関する特別委員長池田裕之君。

          [廃棄物処理施設建設に関する特別委員長 池田裕之君 登壇]



◆廃棄物処理施設建設に関する特別委員長(池田裕之君) おはようございます。廃棄物処理施設建設に関する特別委員長報告を行います。

 去る9月定例会において付託を受けました廃棄物処理施設建設に関する諸事項について、これまで3回にわたり特別委員会を開きましたので、審査を行ったその概要等について報告をいたします。

 まず、天草市における廃棄物処理施設の現状について、執行部より説明を受けたところでありますが、市管理の牛深や御所浦の施設においては、竣工から18年経過し、延命措置を行いながら使用している状況であり、今後、全面的な改修が必要になってくるとのことであります。

 天草広域連合管理の本渡地区清掃センターにおいては、広域連合と地区との間で取り交わされている協定の期限が迫っているとのことです。いずれにしましても、新施設の完成が急がれるところであります。

 なお、ごみ処理施設の耐用年数は、処理施設全体で一般的に15年とのことでありますが、耐用年数を経過しても基幹設備の大規模改修工事等で延命措置は可能であります。一定の年数経過後は建物の?体そのものに重大な損傷が生じる場合もあり、延命年数も限られてくるとのことであります。

 特別委員会におきましては、今回の計画は広域連合の事業ではあるが、場合によっては、市の単独事業として行うことも考慮すべきとの意見も出たところでありますが、施設建設に係る補助を受けるためには、県の広域化計画との整合性を図らなければならないとのことであります。

 廃棄物の処理については、市民が直接影響を受ける問題であることから、天草市としての意思を明確にし、市民に不都合が生じることがないよう進められるよう求めたところであります。

 以上、簡単ではございますが、本特別委員会における審査概要等を御報告いたしましたが、天草市の意思が反映されるよう、引き続き議員各位におかれましても御議論いただきますようお願い申し上げ、廃棄物処理施設建設に関する特別委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 学校施設等整備に関する特別委員会の中間報告



○議長(濱廣昭君) 日程第4、学校施設等整備に関する特別委員会の中間報告。

 学校施設等整備に関する特別委員会に付託中の学校統廃合及び耐震化に係る学校施設の建設等に関する件については、会議規則第45条第2項の規定により、同委員会から中間報告を行いたいとの申し出があっておりますので、この際、これを許します。

 学校施設等整備に関する特別委員長楠本千秋君。

          [学校施設等整備に関する特別委員長 楠本千秋君 登壇]



◆学校施設等整備に関する特別委員長(楠本千秋君) おはようございます。学校施設等整備に関する特別委員長報告をいたします。

 去る9月定例会において付託を受けました学校統廃合及び耐震化に係る学校施設の建設等について、これまで3回にわたりまして特別委員会を開き、審査を行っておりますので、その概要等について御報告いたします。

 まず、天草市にとりまして大きな懸案事項であります学校規模適正化の問題につきましては、これまでの議会でも多くの議論を経てきておりまして、皆様御承知のとおり、ようやく本年1月、教育委員会において学校規模適正化学校統廃合推進計画として策定されたところであります。

 特別委員会におきましては、学校規模適正化推進計画の素案の段階から、特に子どもたちの教育環境に直結する問題でありますので、慎重審議を行い、教育委員会に対して格段の配慮をもって地域の御意見を十分反映した計画策定に努められるよう求めてきたところであります。

 さらには、学校規模適正化推進計画が教育委員会において成案を見ましてからも、今後の関係条例改正案の議会審議を見据えまして、教育委員会の執行体制の問題や、地域からいただいた御提言に対する説明責任の問題、そして学校統廃合が子どもたちに不利益をもたらさぬような取り組みなど、天草市における教育環境の確立に向けた配慮ある対応を求めたところであります。

 現在、教育委員会では、各地区説明会等を連日開催されるなど、引き続き周知に努められていかれるとのことであります。

 一方、学校耐震化の問題では、学校施設について耐震診断を行い、優先度に応じた耐震化に取り組んでおられます。特別委員会では短期間に多くの施設の整備を図るためには、教育委員会側の組織体制の整備充実が必要不可欠である旨の意見も出したところであります。

 このような中、学校耐震診断業務の入札が不調であった事例も先の議会で報告があっておりましたが、その後、地元業者の育成を図られたことから、本年に入りまして、本業務委託の入札及び契約が完了したとのことでありますので、併せて御報告させていただきます。

 以上、大変簡単でございますが、本特別委員会における審査概要等について御報告いたしましたが、議員各位におかれましては、天草市の子どもたちをより良い教育環境の中で育むためにも、引き続き格段の御配慮を賜りまして御議論いただきますようお願い申し上げ、学校施設等整備に関する特別委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議第1号から日程第63 議第59号まで一括上程



○議長(濱廣昭君) 日程第5、議第1号天草市非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから日程第63、議第59号平成22年度天草市水道事業会計予算まで、以上59件を一括議題といたします。

 議第1号から順次、提案理由の説明を求めます。

 安田市長。

          [市長 安田公寛君 登壇]



◎市長(安田公寛君) 平成22年第1回天草市議会定例会に御提案をいたします議案につきましては、条例の制定及び改廃が21件、その他の議決事項が4件、予算関係は平成21年度補正予算が14件、平成22年度予算が20件、合計59件でございます。

 それでは、順次、提案理由につきまして御説明を申し上げます。

 最初に、条例の制定及び改廃でございますが、一部改正につきましては、条例新旧対照表を参考資料1として作成いたしております。また、議案に関する資料や関係図面等につきましては、参考資料2に掲載いたしておりますので、あわせて御参照いただければと存じます。

 それでは、議案書の1ページをお願いいたします。

 議第1号天草市非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、本件は6つの職種の報酬額につきまして、新設または改定を行うものでございます。

 最初は、児童福祉法の一部改正に伴い、本年4月から新たに乳児家庭全戸訪問事業を実施するため、乳児訪問員を設置するものでございます。

 次に、保育士嘱託員及び保育所給食調理員でございます。現在、人材派遣会社に委託しております保育士及び調理員の派遣期間が本年度末で満了することに伴い、来年度からは非常勤職員で対応することといたしておりますが、現行の報酬額は市内の民間保育園や各市と比較いたしまして低額のため、人員確保が困難な状況にありますので、所要の改正を行うものでございます。

 次に、長時間勤務が困難な障がい者の方への対応や、育児短時間勤務職員の代替などに対応するため、事務補助嘱託員について柔軟な勤務時間を設定できるよう時間当たりの報酬額を新たに設けるものでございます。

 次に、学習指導補助教員につきましては、現在、1日5時間の勤務となっておりますが、児童生徒への支援が行き届きにくい状況下にありますので、1日6時間勤務とし、さらなる学習指導の充実強化を図ることに伴い、報酬額を改めるものでございます。

 最後に、幼稚園補助教員につきましては、幼稚園教諭の免許保持が条件であり、近年の特別な配慮を要する園児の増加に伴い、業務の重要性が増しておりますので、業務の専門性や各種の報酬額等を考慮し、報酬額を改めるものでございます。

 次に、2ページの議第2号天草市立保育所条例及び天草市保育の実施に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、本件は児童福祉法の一部改正に伴い、本年4月から家庭的保育事業が施行されることにより、保育所における保育と家庭的保育事業による保育を区別する必要が生じましたので、所要の改正を行うものでございます。

 なお、家庭的保育事業とは、保育に対する需要の増大などにより、保育所における保育ができないやむを得ない事由がある場合に、家庭的保育者の居宅等で保育を行うものでございます。

 次に、4ページの議第3号天草市新和ひだまり館条例の制定についてでございますが、本件は旧新和町において、浴場及び研修施設として設置されました新和高齢者生きがい研修センターにつきまして、今回、施設の有効な利活用を図るため、簡易宿泊施設としての機能を設け、スポーツ合宿誘致事業を実施するため、現在の天草市新和高齢者生きがい研修センター条例を廃止し、施設の名称を新和ひだまり館に改め、新たに条例を制定するものでございます。

 なお、本件に係る関係図面を参考資料2の1ページから2ページに掲載いたしておりますので御参照いただければと存じます。

 次に、10ページの議第4号天草市企業立地促進条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、本件は条例で用いております用語の定義の仕方を改めるものでございます。

 次に、11ページの議第5号天草市学校教育施設整備基金条例の制定についてでございますが、本件は現在、御所浦町の旧牧島小学校を構造改革特別区域の設定を受けて設置された広域通信制の勇志国際高等学校に学校用施設として貸与いたしております。今回、同校の学校法人化に向けた取り組みに伴い、貸与しております建物及び土地を売却することといたしておりますが、旧牧島小学校建設時に国庫補助を受けているため、本来ならば補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律に基づき補助金を返納する必要がありますが、国庫納付金相当額以上の額を学校施設整備の経費に充てる基金に積み立てる場合は補助金を返納しなくてもよい旨の取り扱いとされておりますので、今回基金を設置し積み立てをいたすものでございます。

 次に、13ページの議第6号天草市学校林設置条例の一部を改正する条例の制定についてから、17ページの議第10号天草市社会体育夜間照明施設条例の一部を改正する条例の制定についてまでの5件でございますが、いずれも現在の本渡中学校、本町中学校及び佐伊津中学校の統合に関連するものでございます。

 13ページの議第6号では、本渡中学校及び本町中学校の学校林につきまして、それぞれ廃止するものでございます。なお、佐伊津中学校は学校林を所有しておりません。

 14ページの議第7号では、本渡中学校の体育館は解体し、本町中学校及び佐伊津中学校の体育館は社会体育施設として市民の利用に供するため、条例の所要の改正を行うものでございます。

 15ページの議第8号では、新設します本渡中学校の体育館を市民の利用に供するとともに、廃校になる佐伊津中学校の屋外運動場夜間照明施設に関する規定を削除するものでございます。

 16ページの議第9号では、本町中学校及び佐伊津中学校の運動場につきまして、社会体育施設である運動広場として市民の利用に供するため、条例の所要の改正を行うものでございます。

 17ページの議第10号では、夜間照明施設がある佐伊津中学校の運動場を運動広場として市民の利用に供することに伴い、条例の所要の改正を行うものでございます。

 次に、18ページの議第11号天草市立幼稚園条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、本件は少子化に伴い入園希望者が減少し、現在休園をいたしております本渡地区の瀬戸幼稚園を廃止するものでございます。

 次に、19ページの議第12号天草市立小中学校設置条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、本件は平成22年度から23年度にかけて、牛深小学校を改築するに当たり、新校舎が完成するまでの間、別の土地に仮設校舎を設置することに伴い、学校の所在地を変更するものでございます。

 なお、本件に係る関係図面を参考資料2の3ページから4ページに掲載いたしておりますので御参照いただければと存じます。

 次に、20ページの議第13号天草市立公民館条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、本件は倉岳町の宮田公民館に新たに陶芸用の部屋を設け、陶芸用の窯を、旧倉岳町母子センターから移設することに伴い、使用料に関する規定を設けるものでございます。

 なお、本件に係る関係図面を参考資料2の5ページに掲載をいたしておりますので御参照いただければと存じます。

 次に、21ページの議第14号天草市ふれあいセンター条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、本件は久玉町の大之浦いきいきふれあい館につきまして、地区内に自治公民館もあり、近年、利用者もないことなどから、施設のあり方について地区住民への説明会を開催し、理解が得られたことから、本年度末をもって廃止するものでございます。

 次に、22ページの議第15号天草市立天草切支丹館条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、改築移転後の天草切支丹館は本年7月の開館予定でございますが、市民の皆様や全国の旅行業者など、関係者に早期に周知をしておく必要があるため、本定例会に御提案をいたすものでございます。

 改正の内容は、施設の名称を片仮名表記にするとともに、新たに観覧料に関する規定を設けるなど、所要の改正を行うものでございます。

 なお、施設の名称が片仮名表記となることに伴い、館長の名称も片仮名表記に変わりますので、附則におきまして非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例中の館長の名称の改正を行っております。

 また、本件に係る関係図面を参考資料2の6ページから9ページに掲載をいたしておりますので御参照いただければと存じます。

 次に、24ページの議第16号天草市立歴史民俗資料館条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、現行条例では月曜日を休館日と指定していますが、利用促進を図るため、月曜日が祝日にあたるときは、その日を休館日とはせず、それ以後において最も近い休日ではない日を休館日とする旨の規定を新たに設けるものでございます。

 次に、25ページの議第17号天草市立御所浦白亜紀資料館条例の一部を改正する条例の制定についてから、30ページの議第20号天草市立天草玩具資料館条例の一部を改正する条例の制定についてまでの4件でございますが、いずれもただいまの議第16号と同じ趣旨の改正に加え、旅行業者が発行します観光券、クーポン券にも対応するため、観覧料を後納できる取り扱いを新たに設け、また観覧料を徴収する区分及び金額について、類似施設間で統一を図るなどの改正を行うものでございます。

 次に、31ページの議第21号天草市小作料協議会条例を廃止する条例の制定についてでございますが、本件は農地法の一部改正により、小作料の標準額制度が廃止され、今後の対応については改正後の農地法において、実態に即した賃借料情報の提供を行うこととなりましたので、本条例を廃止するものでございます。

 次に、その他の議決事項でございます。まず、32ページの議第22号、財産の取得についてでございますが、本件は本渡地区の中学校に配置しているパソコン及び周辺機器につきまして、本年3月末でリース契約が終了しますが、今後の利活用のあり方などを考慮し、今後はリース方式から購入方式に切りかえて整備するものでございます。予定価格が2,000万円以上の動産の買い入れを行うには、天草市財産条例の規定により議会の議決を要するため御提案をするものでございます。指名競争入札を行い、天草市大浜町の株式会社北星堂、代表取締役、高井昌八氏と、2,488万5,000円で1月22日に仮契約を締結しております。

 次に、34ページの議第23号工事請負契約の変更についてでございますが、本件は本渡中学校のプール等建築工事に係る設計図書の変更に伴う契約金額の変更でございます。本渡中学校の建設事業は、各棟ごとに分離発注し施工いたしておりますが、先行して工事を行っております体育館等の仮設足場とプール等建設のためのくい打ち作業を行う機械が接触する危険性が生じ、安全上、支障を来すおそれがありますので、プール等の位置を南東側へ1メートル移動して建設いたしております。このため、体育館等からプール等への通路に雨がかりの部分が生じるため、屋根のひさしの施工の範囲を延長し、あわせて屋外に設置します金物におきまして、防錆処理を追加施工するものでございます。このようなことから、総額112万703円を増額し、変更後の工事請負契約の金額を1億7,332万703円とするものでございます。

 なお、契約変更に伴います仮契約につきましては、1月18日に締結をしております。

 また、本件に係る変更事項や工事概要及び関係図面を参考資料2の10ページから15ページに掲載いたしておりますので御参照いただければと存じます。

 次に、35ページの議第24号苓北町と天草市との間の汚泥脱水等の事務委託の廃止についてでございますが、本件は合併前に旧五和町、旧天草町、旧河浦町の下水道事業等に伴って発生する汚泥を脱水処理する業務全般につきまして、苓北町に委託し、合併後は本市がその事務委託を引き継ぎ、現在に至っておりますが、苓北町が固定式脱水機を設置したことに伴い、本年4月から、旧3町と苓北町が共同で購入した脱水車の管理者、所有者が苓北町から本市へ移行するため、事務委託を廃止するものでございます。

 なお、現行の事務委託に関する規約などを参考資料2の16ページから18ページに掲載をいたしておりますので御参照いただければと存じます。

 次に、36ページの議第25号市道路線の廃止及び認定についてでございますが、今回御提案いたしますのは、河川改良事業に伴う廃止及び認定と、開発行為や市道の改良及び地区からの要望に伴う認定など、合計で1路線の廃止と16路線の認定をするものでございます。

 なお、本件に係る位置図及び路線図を参考資料2の19ページから26ページにかけて掲載いたしておりますので御参照いただければと存じます。

 次に、予算につきまして御説明を申し上げます。

 最初に、補正予算でございます。

 議案書38ページの議第26号平成21年度天草市一般会計補正予算(第8号)でございますが、今回の補正は国の経済対策等に計上されております地域活性化・きめ細かな臨時交付金、その他の国の二次補正対応分及び事業費の確定に伴う増減を中心に補正予算を御提案いたすものでございます。

 第1条、歳入歳出予算の補正につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ27億3,638万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を581億8,760万5,000円とするものでございます。

 最初に歳入の主なものでございますが、款14の国庫支出金では地域活性化・きめ細かな臨時交付金7億8,948万5,000円や、小学校建設事業費5億3,405万8,000円を増額し、款15の県支出金では市町村合併特別交付金1億6,850万円を増額し、款18繰入金では財政調整基金繰入金を2億3,098万1,000円増額、款21市債では小学校施設整備事業債4億5,850万円を増額いたしております。

 次に、歳出の主なものでございますが、まず歳出全体の概要といたしましては、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を含む国の二次補正対応分が9億7,853万8,000円、通常補正分が17億5,784万9,000円の増額となっております。それぞれの項目では、款2の総務費に退職手当2億5,349万4,000円、財政調整基金積立金に8,594万9,000円、款3の民生費では知的障害者旧法施設支援費4,908万2,000円、款4衛生費では病院会計負担金4億2,933万8,000円、款5農林水産業費では強い水産業づくり交付金事業4億円、款6の商工費では観光施設維持補修事業に2,000万円、款7の土木費では市道維持補修事業8,000万円と市道改良事業2億500万円、款9教育費では楠浦小学校改築事業4億9,124万円と、牛深小学校改築事業7億7,896万6,000円をそれぞれ増額し、小学校施設耐震補強事業では3億1,584万2,000円を減額いたしております。

 次に、43ページの第2表では繰越明許費の補正を、45ページの第3表では債務負担行為の補正を、46ページの第4表では地方債の補正をそれぞれ計上いたしております。

 なお、繰越明許費につきましては、別冊の補正予算関係資料の20ページから23ページに、繰越理由書を添付いたしておりますので御参照いただければと存じます。

 次に、47ページの議第27号平成21年度天草市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は財産運用収入及び他会計繰出金の決定等に伴い、補正予算を御提案いたすものでございます。既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ283万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を144億2,384万2,000円とするものでございます。

 次に、49ページの議第28号平成21年度天草市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)でございますが、今回の補正は医療費などを補正するため御提案いたすものでございます。既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ1億4,111万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を3,908万9,000円とするものでございます。

 次に、52ページの議第29号平成21年度天草市介護保険特別会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は本年度整備の地域密着型サービスの開設準備に係る県補助金等を補正するため御提案いたすものでございます。既定の歳入歳出の予算の総額にそれぞれ4,720万円を追加し、歳入歳出予算の総額を97億6,653万2,000円とするものでございます。

 次に、54ページの議第30号平成21年度天草市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)でございますが、今回の補正は今年度の熊本県後期高齢者医療広域連合保険基盤安定負担金の確定に伴い、補正予算を御提案いたすものでございます。既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ4,642万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を11億5,363万6,000円といたすものでございます。

 次に、56ページの議第31号平成21年度天草市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)でございますが、今回の補正は公共下水道に係る受益者負担金と使用料の減額及びそれに伴う一般会計繰入金の増額につきまして補正するため御提案をいたすものでございます。既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ1,863万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を13億4,738万5,000円とするものでございます。

 次に、58ページの議第32号平成21年度天草市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)でございますが、今回の補正は昨年4月から一部供用開始をいたしました佐伊津地区の接続件数が当初見込みより増えたことによる使用料の増額と、施設管理費の経費節減及び委託契約が安価にできたことによる減額など、事業費を減額する必要が生じましたので補正予算を御提案いたすものでございます。既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ681万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を4億3,690万2,000円とするものでございます。

 次に、60ページの議第33号平成21年度天草市浄化槽市町村整備推進事業特別会計の補正予算(第2号)でございますが、今回の補正は浄化槽の設置要望が当初見込みより少なかったため、事業費を減額する必要が生じましたので御提案いたすものでございます。既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ729万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を1億6,174万8,000円とするものでございます。

 次に、63ページの議第34号平成21年度天草市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は簡易水道使用料及び高料金対策分繰入金の減額に伴い一般会計繰入金を補正するもので、歳入歳出予算の総額は現行のとおりでございます。

 なお、別冊の補正予算関係資料24ページに繰越理由書を添付いたしておりますが、3件の繰越明許費も計上するものでございます。

 次に、66ページの議第35号平成21年度天草市国民健康保険診療施設特別会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は歳入では診療収入、繰入金及び諸収入を、歳出では予備費を補正するものでございます。既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ1,138万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を1億9,883万5,000円とするものでございます。

 次に、68ページの議第36号平成21年度天草市埠頭事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、今回の補正は埠頭用地の使用料の減額分を一般会計繰入金で予算措置をするもので、歳入歳出予算の総額は現行のとおりでございます。

 次に、70ページの議第37号平成21年度天草市斎場事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、今回の補正は繰越金の確定及び繰入金と市債の減額、新斎場建設費につきまして建設用地が確定できなかったことから、測量調査等委託料を補正するものでございます。既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ1,980万円を減額し、歳入歳出予算の総額を1億700万3,000円とするものでございます。

 次に、73ページの議第38号平成21年度天草市病院事業会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は平成18年度末に脱退をいたしました退職手当組合へのそれぞれの負担金につきまして、地方公営企業法の全部適用前に一般会計と病院事業会計間の清算を行うものでございまして、収益的収入及び支出の額をそれぞれ4億2,933万8,000円増額し、補正後の予定額を41億3,967万4,000円とするものでございます。

 次に、74ページの議第39号平成21年度天草市水道事業会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は高料金対策の繰り出し基準額が変更となったことに伴い、収益的収入の額を215万1,000円増額し、補正後の予定額を14億9,225万5,000円とするものでございます。

 なお、平成21年度の補正予算の内容につきましては、一般会計及び特別会計につきましては別冊の「天草市補正予算書」及び「補正予算の概要」を、病院事業会計につきましては「天草市病院事業会計補正予算書(第3号)」を、水道事業会計につきましては「天草市水道事業会計補正予算書(第3号)」を御参照いただければと存じます。

 続きまして、平成22年度予算でございます。

 最初に、75ページの議第40号平成22年度天草市一般会計予算でございますが、最初に予算編成の基本的な考え方及びその概要につきまして御説明を申し上げます。

 まず、国の平成22年度の地方財政対策につきましては、地方税収入や地方交付税の原資となる国税収入が落ち込む中で、社会保障関係の経費の自然増や、公債費が高い水準で推移することなどによりまして、財源不足が大幅に拡大するものと見込まれているところでございます。このため、安定的な財政運営に必要な地方交付税及び一般財源の総額を確保することを基本とし、国の歳出予算と歩みを一にし、職員定員の純減と給与構造改革等によります給与関係経費の抑制を図ることとする一方、極めて厳しい財政運営を強いられている地方の切実な声を踏まえ、地域のニーズに適切にこたえられるよう、地方単独事業の実施に必要な歳出を計上するため、地方交付税が1兆1,000億円増額されるとともに、地方財政計画の歳出が増額されているところでございます。

 次に、本市の財政状況でございますが、歳出におきまして依然として人件費、扶助費及び公債費の義務的経費の割合が高く、歳入では市税等の自主財源比率が低く、地方交付税等に依存した財政運営となっております。そのような中、地方公共団体の財政健全化に関する法律に基づく本市の平成20年度の決算に係る財政健全化判断比率等では、いずれも財政再生団体になるような深刻な状況ではなかったものの、自主財源に乏しく、財政基盤が脆弱な本市の財政構造を考慮いたしますと、決して楽観視できるものではないと考えております。このため、定員適正化計画に基づく職員数の削減による人件費の抑制や地方債発行額の抑制などによりまして、将来の義務的経費の削減に向けた行財政改革を強力に実行し、健全財政の運営に今後も努めてまいります。

 次に、本市の平成22年度当初予算につきましては、骨格予算といたしており、経常的経費や法律等により、年度当初から計上しなければならない事業や、普通建設事業につきましては、前年度からの継続事業を基本的に計上いたしております。

 まず、一般会計の予算規模でございますが486億4,995万円で、前年度予算と比較いたしますと1.6%の減となっております。

 歳入面では、地方公共団体が地域のニーズに適切にこたえられるよう、地方単独事業の実施に必要な経費として、地方財政計画上では地方交付税が前年度と比較いたしますと1.0%の増加となっております。

 自主財源の基幹であります市税は、依然として地域経済の低迷によりまして減少し、財源確保が厳しい中ではありましたが、地域経済の活性化を考慮した上で、財政調整基金を取り崩しすることなく予算編成を行ったところでございます。

 一方、歳出面では、義務的経費であります人件費や退職者数の増に伴う退職手当の増や、共済費等の増によりまして、人件費総額は前年度と比較して1.4%の増加となっております。

 扶助費につきましては、子ども手当の創設等により、17.8%の増加となっております。

 投資的経費につきましては、骨格予算としているところから、総額では前年度と比較して32.7%の減少となっております。内訳といたしましては、補助事業が新本渡中学校建設工事等の完了によりまして47.2%の減少、単独事業費につきましても10.4%減少いたしております。

 なお、投資的経費の予算計上に当たりましては、国・県の補助金を積極的に活用し、地方債の発行におきましても地方交付税措置のある有利な地方債を活用し、後年度負担をできる限り少なくするような予算措置といたしております。

 その他の経費につきましては、補助費等におきまして中山間地域等直接支払交付金などの減により減少、また繰り出し金では国民健康保険特別会計繰り出し金などの増により増加をいたしております。

 次に、82ページの債務負担行為でございますが、商工業設備投資利子補給を計上いたしております。

 83ページの地方債におきましては、庁舎整備事業ほか20件を計上いたしております。

 以上、平成22年度の天草市一般会計予算の基本的な考え方等につきまして御説明申し上げましたが、当初予算の詳細につきましては、別冊になりますが、「平成22年度天草市一般会計予算書」及び「平成22年度当初予算の概要」を御参照いただきますようよろしくお願いいたします。

 次に、84ページの議第41号平成22年度天草市国民健康保険特別会計予算でございますが、国民健康保険事業に要する経費を前年対比2.6%減の総額141億8,225万5,000円を計上いたしております。

 次に、89ページの議第42号平成22年度天草市老人保健医療特別会計予算でございますが、本予算につきましては高齢者医療制度の改正に伴い、老人保健医療制度が廃止され、平成20年度から後期高齢者医療制度に移行されたことによりまして、今年度をもって終了いたします。予算総額につきましては、老人保健医療制度の廃止に伴い、前年対比95.8%減の総額755万6,000円を計上いたしております。

 次に、92ページの議第43号平成22年度天草市介護保険特別会計予算でございますが、介護保険事業に要する経費を前年対比で3.4%増の総額94億3,155万3,000円を計上いたしております。

 次に、95ページの議第44号平成22年度天草市後期高齢者医療特別会計予算でございますが、後期高齢者医療に要する経費を前年対比で5.9%増の総額12億7,324万9,000円を計上いたしております。

 次に、下水道事業関係の予算でございますが、98ページの議第45号平成22年度天草市公共下水道特別会計予算は、前年対比で10.9%減の総額12億2,866万3,000円とし、102ページの議第46号平成22年度天草市特定環境保全公共下水道事業特別会計予算は、前年対比で13.3%減の総額6億8,360万2,000円とし、106ページの議第47号平成22年度天草市農業集落排水事業特別会計予算は、前年対比で5.3%減の総額5,269万4,000円、110ページの議第48号平成22年度天草市漁業集落排水事業特別会計予算は、前年対比90.9%増の総額8億3,447万6,000円、114ページの議第49号平成22年度天草市浄化槽市町村整備推進事業特別会計予算は、前年対比で3.0%増の総額1億7,173万9,000円、それぞれ環境整備のため施設の管理や施設の整備などに要する経費を計上いたしております。

 次に、118ページの議第50号平成22年度天草市簡易水道事業特別会計予算でございますが、市内各所の簡易水道について、安全で安定した飲料水を供給するための経費といたしまして、前年対比で27.4%減の予算総額17億6,096万4,000円を計上いたしております。

 次に、122ページの議第51号平成22年度天草市国民健康保険診療施設特別会計予算では、前年対比で7.3%増の予算総額を2千−−失礼しました2億255万5,000円とし、125ページの議第52号平成22年度天草市歯科診療所特別会計予算では、前年対比で4.5%増の予算総額を4,762万2,000円とし、御所浦地区の地域医療及び歯科診療の確保のため、それぞれ予算計上をいたしたところでございます。

 次に、128ページの議第53号平成22年度天草市埠頭事業特別会計予算では、倉岳町の棚底港及び新和町の大宮地港の埠頭用地の管理と運営などに要する経費として、前年対比で21.7%減の予算総額1,137万円を、131ページの議第54号平成22年度天草市斎場事業特別会計予算では、本市の4か所の斎場事業に要する経費として、前年対比で21.5%減の予算総額9,953万3,000円をそれぞれ計上いたしております。

 次に、134ページの議第55号平成22年度天草市一町田財産区特別会計予算、137ページの議第56号平成22年度天草市新合財産区特別会計予算及び140ページの議第57号平成22年度天草市富津財産区特別会計予算の3件は、いずれも財産区管理会の運営に必要な経費をそれぞれ計上いたしております。

 次に、143ページの議第58号平成22年度天草市病院事業会計予算でございますが、市内の4病院に係る収益的収入及び支出の予定額を、収入・支出それぞれ37億9,340万円とし、資本的収入及び支出の予定額を、収入で2億3,345万4,000円、支出で4億1,420万1,000円を予定し、不足額につきましては、過年度分損益勘定留保資金などで補てんすることといたしております。

 次に、147ページの議第59号平成22年度天草市水道事業会計予算でございますが、本市の水道事業に係る収益的収入及び支出の予定額を、収入を14億2,530万7,000円、支出は13億8,389万8,000円とし、資本的収入及び支出では収入を7億3,156万3,000円、支出は14億5,923万8,000円と予定いたしております。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する分につきましては、過年度分損益勘定留保資金などで補てんすることといたしております。

 また、平成22年度の各特別会計及び企業会計における予算の説明や内容等につきましては、別冊の「特別会計予算書」、「病院事業会計予算書」、「水道事業会計予算書」並びに「平成22年度当初予算の概要」を御参照いただければと存じます。

 以上で、平成22年第1回天草市議会定例会に御提案をいたします議案につきまして提案理由の説明を終わりますが、どうぞよろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 以上で、本日の議事日程は終了いたしました。

 明9日から11日までは議案研究等のため休会いたし、次回の本会議は12日午前10時から質疑の予定となっております。

 また、17日は一般質問となっておりますので、質問希望者は本日の会議終了後直ちに通告し、質問順位の抽選をされるようお願いいたします。

 本日は、これにて散会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−

              午前11時00分 散会