議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 天草市

平成21年12月 定例会(第5回) 12月18日−06号




平成21年12月 定例会(第5回) − 12月18日−06号







平成21年12月 定例会(第5回)



          平成21年第5回天草市議会定例会会議録

1.議事日程(第6号)
                  平成21年12月18日(金曜日)午前10時開議
 第1 議案の撤回の件
 第2 総務企画委員長報告
    1.議第 180号 天草市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正
            する条例の制定について
    2.議第 181号 天草市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の
            一部を改正する条例の制定について
    3.議第 183号 天草市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
    4.議第 195号 工事請負契約の変更について
    5.議第 196号 工事請負契約の変更について
    6.議第 197号 工事請負契約の変更について
    7.議第 198号 工事請負契約の変更について
    8.議第 199号 工事請負契約の変更について
    9.議第 200号 訴えの提起について
    10.議第 201号 字の区域の変更について
    11.議第 202号 あらたに生じた土地の確認について
    12.議第 203号 字の区域の変更について
    13.議第 204号 あらたに生じた土地の確認について
    14.議第 205号 字の区域の変更について
    15.議第 243号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第7号)所管部門
    16.議第 257号 工事請負契約の変更について
    17.請願第7号 消費税増税に反対し、住民税を元に戻し、社会保障の充実を
            求める請願書
 第3 市民環境委員長報告
    1.議第 189号 天草市病院事業の設置等に関する条例の制定について
    2.議第 190号 天草市立病院の使用料等に関する条例の制定について
    3.議第 191号 天草市病院事業管理者の給与及び旅費に関する条例の制定に
            ついて
    4.議第 192号 天草市病院事業企業職員の給与の種類及び基準に関する条例
            の制定について
    5.議第 193号 天草市病院事業に地方公営企業法の規定の全部を適用するこ
            とに伴う関係条例の整備に関する条例の制定について
    6.議第 243号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第7号)所管部門
    7.議第 252号 平成21年度天草市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)
    8.議第 253号 平成21年度天草市国民健康保険診療施設特別会計補正予算
            (第2号)
    9.議第 254号 平成21年度天草市歯科診療所特別会計補正予算(第1号)
    10.議第 255号 平成21年度天草市病院事業会計補正予算(第2号)
    11.議第 256号 平成21年度天草市水道事業会計補正予算(第2号)
 第4 建設経済委員長報告
    1.議第 185号 天草市営客船待合所条例の一部を改正する条例の制定につい
            て
    2.議第 186号 天草市港湾管理条例の一部を改正する条例の制定について
    3.議第 218号 指定管理者の指定について
    4.議第 219号 指定管理者の指定について
    5.議第 220号 指定管理者の指定について
    6.議第 221号 指定管理者の指定について
    7.議第 222号 指定管理者の指定について
    8.議第 223号 指定管理者の指定について
    9.議第 224号 指定管理者の指定について
    10.議第 225号 指定管理者の指定について
    11.議第 226号 指定管理者の指定について
    12.議第 227号 指定管理者の指定について
    13.議第 228号 指定管理者の指定について
    14.議第 229号 指定管理者の指定について
    15.議第 230号 指定管理者の指定について
    16.議第 231号 指定管理者の指定について
    17.議第 232号 指定管理者の指定について
    18.議第 233号 指定管理者の指定について
    19.議第 234号 指定管理者の指定について
    20.議第 235号 指定管理者の指定について
    21.議第 236号 指定管理者の指定について
    22.議第 237号 指定管理者の指定について
    23.議第 238号 指定管理者の指定について
    24.議第 239号 指定管理者の指定について
    25.議第 240号 指定管理者の指定について
    26.議第 241号 指定管理者の指定について
    27.議第 242号 指定管理者の指定について
    28.議第 243号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第7号)所管部門
    29.議第 247号 平成21年度天草市公共下水道事業特別会計補正予算
            (第1号)
    30.議第 248号 平成21年度天草市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正
            予算(第1号)
    31.議第 249号 平成21年度天草市農業集落排水事業特別会計補正予算
            (第1号)
    32.議第 250号 平成21年度天草市漁業集落排水事業特別会計補正予算
            (第1号)
    33.議第 251号 平成21年度天草市浄化槽市町村整備推進事業特別会計補正予
            算(第1号)
 第5 文教厚生委員長報告
    1.議第 187号 天草市立保育所条例の一部を改正する条例の制定について
    2.議第 188号 天草市老人憩の家条例の一部を改正する条例の制定について
    3.議第 208号 指定管理者の指定について
    4.議第 209号 指定管理者の指定について
    5.議第 210号 指定管理者の指定について
    6.議第 211号 指定管理者の指定について
    7.議第 212号 指定管理者の指定について
    8.議第 213号 指定管理者の指定について
    9.議第 214号 指定管理者の指定について
    10.議第 215号 指定管理者の指定について
    11.議第 216号 指定管理者の指定について
    12.議第 217号 指定管理者の指定について
    13.議第 243号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第7号)所管部門
    14.議第 244号 平成21年度天草市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
    15.議第 245号 平成21年度天草市介護保険特別会計補正予算(第2号)
    16.議第 246号 平成21年度天草市後期高齢者医療特別会計補正予算
            (第1号)
    17.請願第5号 介護保険制度見直しに関する請願書
    18.請願第6号 後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書の提出に関する請
            願書
 第6 議第 243号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第7号)採決
 第7 議第 258号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて
 第8 議第 259号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて
 第9 継続審査並びに調査について
    1.請願第8号 改正貸金業法の早期完全施行等を求める請願書
    2.議会運営委員会の所管事務調査について
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.本日の会議に付したる事件
   議事日程のとおりである。
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.出席議員は次のとおりである。(30名)
  1番 濱   廣 昭 君             2番 野 嶋 健 一 君
  3番 浜 崎 義 昭 君             4番 古 賀 源一郎 君
  5番 中 尾 友 二 君             6番 宮 下 幸一郎 君
  7番 勝 木 幸 生 君             8番 若 山 敬 介 君
  9番 蓮 池 良 正 君             10番 船 辺   修 君
  11番 中 村 三千人 君             12番 鎗 光 秀 孝 君
  13番 赤 木 武 男 君             14番 田 中   茂 君
  15番 松 江 雅 輝 君             16番 池 田 裕 之 君
  17番 脇 島 義 純 君             18番 平 山 泰 司 君
  19番 中 村 五 木 君             20番 楠 本 千 秋 君
  21番 宮 下 重 康 君             22番 平 石 水 穂 君
  23番 大 塚 基 生 君             24番 本 田 武 志 君
  25番 吉 川 ? 澄 君             26番 江 浦 政 巳 君
  27番 ? ? 昭 臣 君             28番 藤 ? 正 博 君
  29番 北 野 鋼 一 君             30番 池 田 次 人 君
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.欠席議員は次のとおりである。(なし)
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.説明のため出席した者の職氏名
  市長      安 田 公 寛 君   副市長     古 田 勝 人 君
  教育長     岡 部 紀 夫 君   総務部長    鶴 田 謹 一 君
  財務部長    森     孝 君   企画部長    金 子 邦 彦 君
  健康福祉部長  田 代 隆 一 君   市民環境部長  田 口 修 司 君
  経済部長    野 嶋 義 澄 君   建設部長    久保山 義 教 君
  水道局長    山 上 良 一 君   教育部長    嶺     力 君
  病院局次長   森 田 勝 善 君   会計管理者   宮 下 一 成 君
  有明支所長   堀 口   仁 君   御所浦支所長  脇 島 榮 志 君
  倉岳支所長   木 本   光 君   栖本支所長   原 田   茂 君
  新和支所長   浦 田   亨 君   五和支所長   池 ? 一 彦 君
  天草支所長   山 口 義 久 君   総務課長    梅 川 三 郎 君
  財政課長    酒 井 秀 則 君   秘書課長    金 子 正 秀 君
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
6.職務のため出席した事務局職員の職氏名
  首席審議員
          濱   仙 明 君   議事調査係長  森 下 洋 一 君
  議会事務局長
  庶務係長    平 山 高 広 君   主任      谷 口 哲 也 君
  書記      石 田 健 作 君




              午前10時00分 開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) おはようございます。

 定足数以上の御出席でありますので、再開いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に印刷配付してあるとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案の撤回の件



○議長(濱廣昭君) 日程第1、議案の撤回の件を議題といたします。

 去る11月30日の本会議に上程し、12月4日の本会議において市民環境委員会に付託いたしました議第184号天草市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定について、市長から撤回したい旨の申し出があっておりますので、市長より、撤回理由の説明を求めます。

 安田市長。

          [市長 安田公寛君 登壇]



◎市長(安田公寛君) おはようございます。最初に、本議会に御提案を申しております議第184号天草市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、諸般の事情によりまして、取り下げをさせていただきたいと存じます。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(濱廣昭君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案の撤回の件については、これを承認することに御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案の撤回の件については、これを承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 総務企画委員長報告



○議長(濱廣昭君) 日程第2、総務企画委員長報告。

 先日の本会議におきまして、総務企画委員会に付託いたしました議第180号天草市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について外16件を議題といたします。

 総務企画委員長より、審査の経過並びに結果について御報告を求めます。

 総務企画委員長藤?正博君。

          [総務企画委員長 藤?正博君 登壇]



◆総務企画委員長(藤?正博君) おはようございます。総務企画委員長報告をいたします。

 さきの本会議において付託を受けました案件について、去る15日に委員会を開き審査を行いましたので、その経過並びに結果について御報告いたします。

 まず、議第180号天草市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてでありますが、本件は、国における勤務時間の改正等を踏まえ職員の勤務時間等について改正するもので、これまでの勤務体系が変わることはないということでありましたので、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第181号天草市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定についてでありますが、本件は、日本年金機構法が制定されたことに伴い、一部改正条例の附則部分を改めるものでありましたので、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第183号天草市手数料条例の一部を改正する条例の制定についてでありますが、本件は、地籍調査に係る成果品の閲覧や交付手数料について所要の改正を行うものでありましたので、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第195号工事請負契約の変更についてから議第198号工事請負契約の変更についてまで、以上4件につきましては、関連があり、一括審査いたしましたので御報告いたします。

 委員会では、本渡中学校校舎建設に係る設計図書の変更理由について、予想以上に激しい塩害に対する対策とあるが、建設予定地は海に直面している場所で、塩害については当初設計に見込まれているべきものではないかとの意見がありましたが、説明によりますと、設計当初から現地確認も行い慎重に対応してきたが、定期的に開催している工程会議の中で、当初想定していた以上の塩害が発生したため、設計図書の変更をお願いするものであり、今後はこういうことがないよう、設計内容の審査を厳密に行い、あわせて職員の設計技術の向上に努めていきたいとのことでありましたので、委員会では、現在、発注している工事も多いことから、さらなる職員の資質向上に努めるよう、あわせて要望したところであります。

 以上、主な内容について御報告をいたしましたが、以上4件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第199号工事請負契約の変更についてに関連して、天草キリシタン館の開館の予定時期について質したのでありますが、説明によりますと、外溝工事及び展示工事完了を5月末まで予定していることから、7月1日開館を目指しているとのことであり、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第200号訴えの提起についてでありますが、本件につきましては、特に御報告申し上げるべきようなこともなく、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第201号字の区域の変更についてから議第205号字の区域の変更についてでありますが、以上5件につきましては、いずれも現地を確認し、審査いたしましたが、特に御報告申し上げるべきようなこともなく、いずれも、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第243号平成21年度天草市一般会計補正予算(第7号)の所管部門について御報告いたします。

 委員会では、逐次、詳細に執行部の説明を求め審査を行ったのでありますが、主な内容について御報告いたします。

 歳入については、特に質疑もなく、歳出では、総務管理費の電算情報処理費において計上されている情報通信基盤整備補助金について、今後の事業計画について質したのでありますが、説明によりますと、本事業は、天草ケーブルネットワーク株式会社が、市所有のネットワーク回線を借用し視聴エリアの拡大を図るもので、同社が立てた年次計画において実施を図るとのことでしたが、本計画では、地域からの要望も含め、事前に市と検討調整を行っているとのことでありました。

 次に、消防費に関連して、五和町・新和町が本年4月1日から救急分遣所に移行したことに伴い、救急車両の火災現場出動実績について質したのでありますが、説明によりますと、現在、五和町手野地区における火災現場1件に出動したのみとのことでした。また、消防ポンプ車等の代用として使用される救急車両の衛生面について質したのでありますが、説明によりますと、積載品は消防ホース等で、ポンプは積み込まないとのことで、また、使用後の消防ホース等積載については、連絡車等を利用するなど臨機応変に対応したとのことでした。

 分遣所については、今後、小型動力ポンプ付積載車の配備が検討されているとのことでしたが、分遣所の職員は少なく、同積載車を実際に活用できるか疑問が残ることから、さらなる非常備消防の充実を図られるよう要望した次第であります。

 以上、主な内容について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第257号工事請負契約の変更についてでありますが、海底光ケーブルの総延長が短縮されたことに伴う変更内容等について質したのでありますが、説明によりますと、机上で5.6キロメートルと積算していたものが、実際の海底調査で5.3キロメートルとなり設計変更を行ったとのことで、変更後の数値でケーブルの製造・敷設を行なったとのことであります。

 また、工事請負契約額の減額に対する主な内容について質したのでありますが、説明によりますと、船舶の借り上げについて、天候不良時の待機費用を計上していたが、敷設時は天候に恵まれ、待機費用を必要としなくなったことによるものとのことでありました。

 以上、主な内容について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、請願第7号消費税増税に反対し、住民税を元に戻し、社会保障の充実を求める請願書につきましては、本年6月議会で審査したものと同趣旨のものであり、その後、特に国の情勢が変わっていないとの意見が大勢を占め、採決の結果、不採択とすべきものと決定した次第であります。

 以上で、総務企画委員長報告を終わりますが、よろしく御賛同をお願いいたします。



○議長(濱廣昭君) ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。

 9番蓮池良正君。



◆9番(蓮池良正君) まず199号。4日の日の質疑でもお聞きしたんですが、オープンまでの−−今、委員長報告で御紹介されたような日程に、若干こうずれたようですけれども、そのソフト面の準備とかですね、集客目標に見合う積極的な利活用計画というのがあまり見えません。委員会では、そういう点では何か紹介されたのか。お願いいたします。

 それから、工期内竣工は可能なの−−まあ、その工期をずらしたんだろうと思うんですけど、その点はどうなのか。お願いしたいと思います。

 それから、243号一般会計補正予算(第7号)についてですが、歳入について−−すみませんけど、今回繰越金の確定計上でですね、財調からの繰入金が6億弱繰り戻すような補正になっているんですが、これはその技術的なことではありますが、新たな歳出目的が当然あればですね、繰り戻さないということも可能なのかどうかを、ちょっと確認をお願いしたいと思います。

 それから、歳出についてですけれども、私の所管の方でもありましたので、それは総務部ということでしたので、まあここで聞くんですけど、人事異動関係が結構多かったんですよね。この人件費の調整については、4月の人事異動、それから、及び6月の期末勤勉手当減額ありましたけれども、そこまで含んでいるのか。総額等もお願いしたいと思います。

 それから、勧奨退職等によるですね、退職金の手当ては、まだその計上してないと思うんですが、そういうものでありますとか、本議会冒頭にされた期末手当等々の減額及び給料表の改定に伴う調整というのは、2月の定例会に出されるのか。概算どのくらいか、教えていただければと思います。

 それから、いわゆる今年度末までのですね、歳出の増減をどのように見込んでいらっしゃるのか、お願いしたいと思います。

 最後に、御報告のあった請願第7号についてですが、委員長報告のとおりと受け止めます。一応、念のために、審議の−−もうちょっとあればですね、主に4項目ありましたので、そのまあどれもつまらんということなのか。教えていただければと思います。



○議長(濱廣昭君) 総務企画委員長。

          [総務企画委員長 藤?正博君 登壇]



◆総務企画委員長(藤?正博君) 最初に、議第199号キリシタン館に関連の質問についてお答えします。

 オープンまでのソフト面につきましては、総務企画委員会では論議しませんでした。

 工期内竣工につきましては、キリシタン館本体工事のほかに外構工事、展示工事完了を5月末までに予定されているということでした。開館は、ですから7月1日を目指しているという説明を聞いたところです。

 それと、議第243号一般会計補正予算につきましては、慎重に審議をしたところでございますが、議員お尋ねの件につきましては論議がなさてれいませんでしたので、担当部局よりお答えをお願いします。

 請願第7号消費税増税に反対し、住民税を元に戻し、社会保障の充実を求める請願書につきましては、先ほど委員長報告で申し上げましたとおりの審議結果によりまして、不採択とした次第であります。

 以上です。



○議長(濱廣昭君) 財務部長。



◎財務部長(森孝君) 財政調整基金の今後の動向でございますが、最終の補正の要求を今取り集めておりまして、最終的には、財調の動向がはっきりどうなるかとはわかりませんが、もし歳出の方が歳入を上回るようなことになりますと、留保財源というのがほとんど持ち合わせておりませんので、再度財政調整基金の取り崩しというような形になるかと考えております。



○議長(濱廣昭君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) 私の方からは、人件費関係の歳出についてお答えをさせていただきます。

 まず、今回の補正は、4月からの給与改定、それから6月での期末勤勉手当の改正など、調整すべきものすべてを含んでおります。

 それから、額でございますけれども、当初予算と比較いたしますと、給料で約3,074万円、手当てで、総額で1億9,500万円の減額となっております。

 次に、2点目の勧奨退職等による退職金関係でございますけれども、退職手当の補正につきましては、次の定例会に提案することといたしております。見込みにつきましては、一般会計で当初予算が9億5,556万円と計上しておりますけれども、約2億2,000万円の増額を予定いたしまして、総額で約11億7,000万円程度になってこようかというふうに思っております。

 それから、12月の期末・勤勉手当の改定に伴う調整につきましては、今回の補正で減額をいたしております。金額については、期末・勤勉手当合わせまして7,400万円の減額となっております。

 給料表の改定につきましては、減額は12月から3月までで、今後の見込みですけれども約71万円となってまいります。

 それから、今年度末までの歳出の増減というようなことでお尋ねがありましたけれども、当初予算と比較をいたしますと、給料で約3,074万円、手当は総額で1億9,500万円の減額となっております。

 以上でございます。



○議長(濱廣昭君) 9番蓮池君。



◆9番(蓮池良正君) ポルトについて−−いやいや、ポルトじゃなかった−−キリシタン館ですね。キリシタン館については、委員長からお話があったんですけど、一応、7月1日オープンはそういうことなんでしょうけど、まちづくり交付金の年度が今年度までですかね。その点は多少延びても構わないと。だから、無理しないように余裕をもって工事そのものはちゃんとできますというふうに理解していいのか。ちょっと教えていただければと思うんです。

 あわせて、そのハード面はそういうふうに進行していくんでしょうけど、ポルトの場合がですね、オープンした後も、いろいろまあ不評がありました。ですから、目標をやっぱり持っていらっしゃると思うので、それにふさわしい、そのソフト面の対応というのがないとですね、結局、いろいろ御意見のとおりというふうになってしまいかねないと。関連した周辺施設がいっぱいありますね。それが、案外、天草市の宝だと思うんですが、中にはですね、旧町の時代にはきちんとしていたものが、もう預けっぱなしでですね、お客さんもほとんど来らっさんというところもありますですね、歴史民俗資料館の中にはですね。ですから、やはり、関連施設の連携をどうされていくのか。そういうソフト面をですね、まあ、現在、この議案そのものは工事ですね。そっちから上がってきたんでしょうばってん。結局、どこが責任を持ってやっていかれるのかというのは、極めて心配なんですよね。まあ、そこは深い御紹介はなかったということなんですが、できたら担当されるところから、短くていいですけれども、教えていただければと思います。

 それから、一般会計の方なんですけど、結局、うんと節約をされたということは市民の目から見れば当然というふうに大体今はなっています。厳しいですからね。私が非常に不思議に思うのは、そうやって人件費を節約したのをどう生かすのかというところが、その、まあ中身でですね、どんな話がされているのかっちゅうのがよくわからない。まあ、とりあえず、財調にまた戻したという、それはそうなんでしょうけれども、そこがよく見えないんですよね。そこも、ちょっと教えていただければと思います。

 それから、請願の件は、まあ、また出さしたということで、もう委員長のおっしゃったとおりなんですけれども、その中にですね、例えば−−所得税法だったですかね−−56条というのがありまして、これは自営業者のですね、奥さんの給料、子どもさん、そういうものが認められていない規定になっているんですよね。だから、そういうものを改正してほしいということもあるんです。ですから、全体としては、今おっしゃったような判定なんでしょうけれども、中身は、これは問題がそのまま引きずっているんです。国がどうこうじゃないんです。そこんところについては、まあどういうふうに理解すればいいのか、教えてください。



○議長(濱廣昭君) 総務企画委員長。

          [総務企画委員長 藤?正博君 登壇]



◆総務企画委員長(藤?正博君) お答えします。

 議第199号キリシタン館については、まちづくり交付金との絡みとソフト面がどうなるかという面については、担当の方よりお答えをお願いしたいと思います。

 それと議第243号、詳しく説明をいただきましたけれども、議員が御理解できなかったということですので、再度、お答えをお願いします。

 請願7号につきましては、詳しくということですので。請願第7号消費税増税に反対し、住民税を元に戻し、社会保障の充実を求める請願書について、いろいろ議論したところでありますけれども、この件につきましては、本年6月議会で審査をしたものと同趣旨のものであり、その後、特に国の情勢が変わっていないとの意見が大勢を占めまして、採決の結果、不採択ということで、御理解をお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(濱廣昭君) 教育部長。



◎教育部長(嶺力君) お答えをさせていただきます。

 まず、まちづくり交付金事業でございますけども、これは本体工事が対象となっております。本体工事につきましては、今回、工期の延長をお願いをいたしておりまして、来年の3月いっぱい、平成21年度内の竣工は十分可能であるというふうに考えております。

 次に、ソフト面の準備、集客目標にあう積極的な利活用策はということでお尋ねでございますが、まず、天草キリシタン館では、天草島原の乱をテーマに据えまして、天草キリシタン史や南蛮文化の伝来などの歴史を国指定の重要文化財であります天草四郎陣中旗を初めとします豊富な資料に基づきまして、分かりやすく解説をいたしました常設展示を行うよう考えております。

 また、天草といいますと、天草四郎が最も知られた人物でございますので、来年度は天草四郎を中心に据えまして、企画展を考えておるところでございます。

 さらに、キリシタン史は大まかに三つに分類できるということから、まず「キリスト教伝来による南蛮文化」「弾圧に始まる天草島原の乱」「乱後の潜伏キリシタン」などをテーマにしました企画展を年次計画に基づきまして開催するよう計画をいたしておるところでございます。

 加えまして、福岡県朝倉市にございます秋月郷土館の御協力をいただきまして、同館所蔵の「島原陣図屏風絵」のパネルを新たに展示することにいたしております。これは、一揆軍が立てこもりました島原城の本丸の総攻撃の情景が描かれています。これは、天草島原の乱の最大の山場でございますけども、この本丸総攻撃の情景が描かれておりまして、歴史資料としても高く評価されているものでございます。現在、展示工事の中に含めまして、業者に委託して製作を進めているところでございます。

 このほか、天草の歴史講座なども開催し、話題を提供できる魅力ある資料館として、市民の皆様にも一度はぜひ入館していただけるように取り組んでまいりたいというふうに考えております。

 また、天草キリシタン館は、観光振興にも大きく寄与する施設でございますので、天草宝島観光協会との連携を図りながら旅行業者等にも十分周知を図ってまいりたいというふうに思っています。市のホームページも通じまして、PRを図ってまいりたいというふうに考えておるところでございます。



○議長(濱廣昭君) 財務部長。



◎財務部長(森孝君) 人件費の節約の件でございますが、21年度は3月の補正、6月、9月ということで、経済対策も企業会計含めまして約97億円程度、今回新たに予算化をいたしております。特に、また天草市の場合は、地方交付税に依存した財政運営となっております。今後、国勢調査が22年度行われまして、国勢調査の動向次第では、地方交付税自体も今後減少してまいりますので、そういうことを加味いたしますと、どうしても財政調整基金を今後より多く積み立て、そういうことに対応する必要があるかということで、今回の予算といたしております。



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第243号を除く他の案件について討論に入りますが、ただいまのところ討論の通告があっておりませんので、討論なしと認め、これをもって討論を終了いたします。

 ただいま委員長より報告のありました案件中、議第243号を除く他の案件について採決いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) まず、議第180号から議第183号まで、以上3件を一括採決いたします。

 以上3件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議第180号から議第183号まで、以上3件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第195号から議第198号まで、以上4件を一括採決いたします。

 以上4件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議第195号から議第198号まで、以上4件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第199号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、賛成の諸君の起立を求めます。

          [賛成者起立]



○議長(濱廣昭君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第200号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第201号から議第205号まで、以上5件を一括採決いたします。

 以上5件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議第201号から議第205号まで、以上5件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第257号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、請願第7号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は不採択であります。

 委員長報告のとおり不採択とすることに、賛成の諸君の起立を求めます。

          [賛成者起立]



○議長(濱廣昭君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり不採択と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 市民環境委員長報告



○議長(濱廣昭君) 日程第3、市民環境委員長報告。

 先日の本会議におきまして、市民環境委員会に付託いたしました議第189号天草市病院事業の設置等に関する条例の制定について外10件を議題といたします。

 市民環境委員長より、審査の経過並びに結果について御報告を求めます。

 市民環境委員長。17番脇島委員長。

          [市民環境委員長 脇島義純君 登壇]



◆市民環境委員長(脇島義純君) おはようございます。市民環境委員長報告を行います。

 さきの本会議におきまして付託を受けました案件について、去る14日に委員会を開き審査を行いましたので、その経過並びに結果について御報告いたします。

 まず、議第189号天草市病院事業の設置等に関する条例の制定についてでありますが、委員会では、地方公営企業法の全部適用に関する職員への説明について質したのですが、説明によりますと、各病院及び診療所において説明会を9回開催するなど、職員の理解は十分得られているものと考えているとのことでありました。

 次に、病院事業部の配置先について質したのでありますが、説明では、病院事業管理者と同じところに配置することが理想的ではあるが、現段階では、はっきり決まっていないとのことであります。

 次に、医師が病院事業管理者になった場合について、また、その場合の給与の取り扱いについて質したのでありますが、説明によりますと、医師が病院事業管理者となった場合も想定しており、他の医師との給与に不均衡が生じないように手当等において調整をするとのことでありました。

 以上、主な内容等について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第190号天草市立病院の使用料等に関する条例の制定についてでありますが、委員会では、特別室の使用料の見直しについて質したのでありますが、説明によりますと、特別室の利用率が減少していることから、病室の稼働率を上げ、経営の健全化を図るためとのことでありました。このことに対し、利用率が低いのならば、それぞれの院長の判断において対応することはできないか質したのでありますが、説明によりますと、各院長等で構成する病院事業経営会議において、ある程度の基準を設けた上で、状況を見ながら対応していくということでまとまったとのことでありました。

 次に、病院長が特に必要と認め、特別室を使用できるのは、どのような場合なのか質したのでありますが、説明では、主に感染症の患者や乳児など診療上の都合による場合とのことでありました。

 委員会では、天草市の経済状況等を考慮した上で、特別室の利用については柔軟に対応されるよう要望がなされたことを申し添えます。

 以上、主な内容等について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第191号天草市病院事業管理者の給与及び旅費に関する条例の制定についてでありますが、委員会では、まず、病院事業管理者の給与の算定方法等について質したのでありますが、説明によりますと、病院事業管理者は特別職の公務員になるため、地方公営企業法の規定の全部を適用した多くの自治体が市長等の特別職の給与を適用しており、4病院の管理をするなど、事業管理の広範な責任等を考慮し、副市長と同額にしたとのことでありました。

 次に、事業管理者に秘書を配置する考えはないのか質したのでありますが、説明によりますと、病院事業部において管理者の補佐をするとのことで、秘書を配置する予定はないとのことでありました。

 次に、今後の経営方針等はどのように決定するのか質したのでありますが、説明では、平成21年度から、病院局長を中心に病院局次長、各病院の院長、事務長、看護総師長で構成する病院事業経営会議で経営方針を決定しており、今後は毎月、同様の会議を開く形をとりたいとのことでありました。

 以上、主な内容等について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第192号天草市病院事業企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の制定についてでありますが、委員会では、退職手当の引当金について、今までの積み立て分はどうなるのか質したのでありますが、説明によりますと、栖本・新和・河浦病院において、合併前から加入した退職手当組合への積立金の一般会計との精算が完了しておらず、現在、精査中とのことで、その積立分をいつの時点で予算化するかなどについては、今後、病院事業経営会議等において決定していきたいとのことでありました。このことに対し、委員会では、病院事業管理者にとっては、退職給与の引当金等が初めから確保されていれば経営の面では大きな財源になり、今後の経営方針等の決定に影響することも考えられるため、全適スタート時にある程度の方向性をはっきりさせた方がいいのではないかとの意見が出されましたことを申し添えます。

 次に、全適後の病院事業職員の採用等について質したのでありますが、説明では、病院事業管理者によって事務職員や専門職員を採用できるようになるとのことで、病院改革プランにも盛り込んでいるとのことでありました。

 次に、赤字が出た場合の対応について質したのでありますが、説明によりますと、最終的には職員の給与にもかかわることになる可能性があるため、市からの応援体制を整えるとのことでありました。これに対し、委員会では、応援体制を整えることはいいことであるが、それに頼ることによりいつまでも事態が好転しなくなることも予想されるため、十分考慮した上で対応されるよう要望がなされたことを申し添えます。

 以上、主な内容等について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第193号天草市病院事業に地方公営企業法の規定の全部を適用することに伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてでありますが、本件につきましては、特に御報告すべきこともなく、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第243号平成21年度天草市一般会計補正予算(第7号)の本委員会所管部門についてでありますが、本件は、人事異動に伴う人件費の補正が主な内容でありましたので、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第252号平成21年度天草市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)から議第254号平成21年度天草市歯科診療所特別会計補正予算(第1号)まで、以上3件につきましては、特に御報告すべきこともなく、いずれも、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第255号平成21年度天草市病院事業会計補正予算(第2号)についてでありますが、委員会では、全適後の会計はどうなるのか、また、一般会計からの繰り入れ等はどうなるのか質したのでありますが、説明によりますと、全適後も現行と変わらないとのことでありました。本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第256号平成21年度天草市水道事業会計補正予算(第2号)についてでありますが、本件につきましては、特に御報告すべきこともなく、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 以上、報告を終わりますが、よろしく御賛同いただきますようお願いを申し上げます。



○議長(濱廣昭君) ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。

 9番蓮池良正君。



◆9番(蓮池良正君) 公営企業法の全部適用に関連したものですので、ちょっと3点だけお尋ねします。

 結局、この全部適用によってですね、メリット・デメリットといいますか、何が改善されるのかというのが、何となくもやもやしてあらわしきらないわけですけれども、今、委員長報告で具体的なお話もあったんですけど、一言で言うと、どういうことなのか。

 行政改革の流れなのかという感じはしますが、教えていただきたいと思います。

 それから2点目ですが、事業管理者の存在というのは、どういう方が就任されるかによってですね、経営改善につながる期待が持てる場合と、あるいは権限の集中による一種のワンマン経営になるのではないかと。とりわけ、病院・診療所がですね、複数ありますので、各院長の独自性と協調性というのがどのように担保されるのか、まあ、懸念されるところではないかと思うんです。そしてまた、医師がですね、兼任される場合には、全く、その事業管理者としてというふうにはならんでしょうから−−お医者さんが足りませんからですね。診療行為時間の確保ほか任務をどのように調整することとなるのかですね。そういう物理的、体制的な問題もあると思うんですが、イメージとしてはさっき委員長がおっしゃった−−経営何とか会議ですかね−−そこが母体になるような感じがしましたけれども、ちょっと確認の意味で、お願いしたいと思います。

 それから3点目ですけど、現行の病院局が新年度から病院事業部となると、場所がよくわからないという報告ではあり−−まだ決まっていないということだったんですが、大体そういうものと認識してよろしいんですかね。



○議長(濱廣昭君) 市民環境委員長。

          [市民環境委員長 脇島義純君 登壇]



◆市民環境委員長(脇島義純君) 委員会で、説明・審議された分については、私からお答えしたいと思います。

 全部適用で何が改善されるかという質問ですけども、これは繰り返し議会の中でもありましたけども、委員会の中でも、職員の意識改革、それから患者へのサービス向上、それから経営、医師確保、こういったことを改善していきたいというふうな、我々にはこう説明がございました。

 それから、各医院・所については、執行部から答えてもらいますので。

 それから三つ目が、医師等が兼任した場合ということですけれども、管理業務に支障がない程度の診療は考えていきたいというような説明はございました。

 それから、新年度から病院事業部になると理解していいのかというような質問でしたけども、この議会を通過すれば、おっしゃるとおりになるんじゃないかなと、私は思います。

 以上です。



○議長(濱廣昭君) 病院局次長。



◎病院局次長(森田勝善君) 事業管理者の件についてお答えをしたいと思います。

 事業管理者は、病院事業に権限と責任を持つことになるわけでございますけども、運営に当たりましては、病院事業管理者を中心に、各病院の院長、それから総師長や事務長等で構成をする病院事業の経営会議を通じて経営方針等を決定していきたいと考えております。その中で、管理者を中心にそれぞれの経営状況を共有しながら、病院事業全体で取り組むこと、それから各病院が独自に取り組むことがありますので、組織としての一体性と各病院の経営のバランスをとりながら運営をしていくことになるかと考えております。

 管理者に医師の方が就任した場合、診療も行っていただくことになりますが、その際には、まずは事業管理者の業務を優先的に行い、診療については、事業管理者の業務に支障のない範囲でというふうになるかと考えております。



○議長(濱廣昭君) 9番蓮池良正君。



◆9番(蓮池良正君) ありがとうございました。職員さんにはですね、全部、9回説明会を結構丁寧にしておおむね御理解いただいたということなんですが、意識改革もありましたので、大変それが一番大事だと思うんですが、同時に、その基本的に、私も何回か質疑しましたが、基本的には今と変わらないという答弁なんで、説明せろて、難しかでしょうばってん、その患者さんとか、家族とかですね、地域の皆様に対してもやっぱりできるだけ説明する機会というのが必要ではないかなと。それは、ひいては、そのそれぞれの院・所のですね、存在意義を理解してもらう、共有してもらう作業になるように思うんですが、そういう手続き、方向性というのは、ちょっと委員会の中では何か、もしあったら、なければ次長の方からお願いできればと思います。



○議長(濱廣昭君) 脇島委員長。

          [市民環境委員長 脇島義純君 登壇]



◆市民環境委員長(脇島義純君) 地域の皆さんに説明会ということですけれども、今後、そういった実施をされるのか、執行部に答えてもらいます。



○議長(濱廣昭君) 病院局次長。



◎病院局次長(森田勝善君) まず、全部適用につきましては、市の広報紙とか、ホームページあたりを通して、まず市民の皆さんにはお知らせをしていきたいと考えております。

 それから、それぞれの病院の患者さんとか、御家族の皆様に対しての、全適関係を含めて、まあ診療関係もですけども、今現在も患者様方から意見をいただくのは投書箱、御意見箱を設置しておりますので、そういったものの中で患者さん方の御意見をいただきながら、その都度、全適によってサービスが向上していく部分とか、御協力をいただく部分について説明をしていきたいというふうに考えとります。



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第243号を除く他の案件について討論に入りますが、ただいまのところ討論の通告があっておりませんので、討論なしと認め、これをもって討論を終了いたします。

 ただいま委員長より報告のありました案件中、議第243号を除く他の案件について採決いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) まず、議第189号から議第193号まで、以上5件を一括採決いたします。

 以上5件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議第189号から議第193号まで、以上5件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第252号から議第256号まで、以上5件を一括採決いたします。

 以上5件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議第252号から議第256号まで、以上5件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 建設経済委員長報告



○議長(濱廣昭君) 日程第4、建設経済委員長報告。

 先日の本会議におきまして、建設経済委員会に付託いたしました議第185号天草市営客船待合所条例の一部を改正する条例の制定について外32件を議題といたします。

 建設経済委員長より、審査の経過並びに結果について御報告を求めます。

 建設経済委員長。24番、建設経済委員長本田武志君。

          [建設経済委員長 本田武志君 登壇]



◆建設経済委員長(本田武志君) おはようございます。建設経済委員長報告をいたします。

 さきの本会議において付託を受けました案件につきまして、去る14日に委員会を開き、審査を行いましたので、その経過並びに結果につきまして御報告をいたします。

 まず、議第185号天草市営客船待合所条例の一部を改正する条例の制定について御報告いたします。本件は、天草市営鬼池港フェリーターミナルの建設に伴い、ターミナルの位置や使用料などの規定を設けるものであるとのことでありました。

 委員会では、ターミナルの利用状況及び今後の利活用について質したのでありますが、説明によりますと、昨年は車が約12万1,000台、乗客が約35万7,000人の利用があったとのことでありました。また、その利活用については、5年間の雲仙天草の観光圏事業によるフェリーを生かした商品などの開発により利用客の増加を図り、天草及び長崎の観光情報の交流施設となるべく、ターミナルの利活用を図っていきたいとのことでありました。なお、委員からは、鬼池港整備に関しては、従前より砂置き場に係る飛砂対策の要望があっているので、本渡港の砂置き場も含めたところで、早急な対応に努めてほしいとの意見がありましたことを申し添えます。

 以上、主な内容について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第186号天草市港湾管理条例の一部を改正する条例の制定について御報告いたします。本件は、倉岳・御所浦間みなと振興交流事業による棚底港の整備・改修に伴い、駐車場の使用料を改正するものであるとのことでありました。委員会では、現地調査を行った上で審査を行い、質疑でもありました大型バスの対応について質したのでありますが、説明によりますと、第一義的に、より多くの駐車台数分を確保するためには、大型バスは駐車場内での走行・旋回にもある程度のスペースを要するため、駐車場内での区画確保は困難であるとのことでありました。なお、大型バス利用客の乗降場所としては、待合所近くにバス2台分ほどの停車スペースを確保したいとのことでもありました。また、有料化に係るこれまでの経緯について質したのでありますが、説明によりますと、地元の代表者及び関係者の方々の協議の中で、現状の利用形態は好ましくなく、有料にすべきではないかとの意見が出たとのこと。また、御所浦のジオパーク認定を受け、観光客の増加で、より安全で利便性のある駐車場が求められることから、現行の使用料、近隣の駐車料金などを勘案し、検討を重ねてきたとのことでありました。また、港から支所への道路の整備について質したのでありますが、説明によりますと、まだ市道認定はされていないが、平成24年まで港の整備計画を進めていくので、あわせて検討していきたいということでありました。

 以上、主な内容について御報告いたしましたが、本件につきましては、今回の有料化は時期尚早ではないかとの反対意見もありましたが、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第218号指定管理者の指定についてから議第242号指定管理者の指定についてまで、以上25件を一括して御報告いたします。

 以上25件は、現在、それぞれの施設に指定管理者制度を導入し管理・運営を行っているが、更新の時期を迎えるため、新規に1件を加え、来年4月1日から新たに3カ年の指定を行うものであるとのことでありました。

 委員会では、公募の状況について質したのでありますが、説明によりますと、複数の公募があったのは、天草コンポストセンター、天草ブルーガーデン、御所浦物産館及び天草市栖本温泉センター、以上4施設であったとのことでありました。また、この場合、どのような選考が行われたのか質したのでありますが、説明によりますと、副市長を委員長とする指定管理候補者選定委員会において、面接、評価、そして決定がなされ、その結果、地元に密着した団体が選定されて、今回の提案に至ったとのことでありました。

 また、議員が代表である団体の指定について質したのありますが、説明によりますと、指定管理者の指定は、行政処分とされており、請負には当たらないと解釈されることから法律上の問題はなく、地域の中で中心となる人物が代表として組織を総轄しているので、信頼して任せているとのことでありました。

 また、各施設で異なる人件費等の対応について質したのでありますが、説明によりますと、今回の更新作業からであるが、人件費等の精査において、不備な点があれば改善されるよう取締役会へ諮ってもらうことも行うようにしたとのことでありました。

 また、指定管理料を要する施設、要しない施設があることから、その算出方法について質したのでありますが、説明によりますと、施設独自で運営できるのが最善であるが、ほとんどの施設の収益部分が事業経費に満たないということであり、かかる経費、収益等から算出される管理料の不足分を指定管理料として計上しているとのことでありました。なお、今回は平成18年度から平成20年度までの3カ年の実績を精査して算出しているとのことでありました。

 また、指定管理料を要しない施設の今後について質したのでありますが、説明によりますと、施設の管理者には、譲渡等の相談を行っており、施設の老朽化などの問題により、なかなか移行できない状態であるが、アウトソーシング推進計画に基づいた民間移譲、譲渡等を推し進めていきたいとのことでありました。

 以上、主な内容について御報告いたしましたが、以上25件につきましては、いずれも、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第243号平成21年度天草市一般会計補正予算(第7号)の所管部門について御報告いたします。

 委員会では、詳細に執行部の説明を求め、審査を行ったわけでありますが、主な内容について御報告いたします。

 まず、農林水産業費の農業費で計上されております耕作放棄地解消緊急対策事業の概況について質したのでありますが、説明によりますと、今回は、3ヘクタール程度の増加を見込んでおり、今年度は、有明、志柿、五和及び亀場の4地区から温州みかん、オリーブ等の栽培を行いたいという申請があっているとのことでありました。

 また、中山間地域等直接支払推進事業について質したのありますが、説明によりますと、今回は、次年度改正に向けての事務費のみの補正であり、内容については未確定であるが、高い評価を得ている事業であるとのことでありました。なお、現在の協定数は242協定、面積は約1,700ヘクタールとのことでありました。

 次に、林業費では、森林整備地域活動支援交付金事業について質したのでありますが、説明によりますと、本事業は、国の経済危機対策事業であり、人工林の間伐時に個人所有の境がわかりづらいということで、GPSを用いて民有林の中の人工林と天然林の生育境界を確定するというもので、今回の計画では、1,000万円の予算で500ヘクタールの実施を予定しているとのことでありました。

 次に、水産業費では、広域漁港整備事業費について質したのでありますが、説明によりますと、本事業は、深海及び?津の漁港整備であり、現予算に不足が生じたために、県へ協議し計上されたものであり、今年度をもって整備はすべて完了するとのことでありました。

 次に、土木費では、清掃ボランティア支援事業費について質したのでありますが、説明によりますと、当初の申請団体は520団体であったが、22団体の追加申請があっており、その分の予算計上になったとのことでありました。また、国県道の維持にかかわる対応について質したのありますが、説明によりますと、市・県との協議の中で、危険箇所については県が計画的に実施するとのことであったので、要望箇所については、随時、打ち合わせを行っていきたいとのことでありました。

 次に、災害復旧費では、里道の該当要件について質したのでありますが、説明によりますと、生活道路として2戸以上の利用がある路線が対象となり、被害額についての最低額は特段定めていないということでありました。

 また、事業の繰り越しについて質したのでありますが、説明によりますと、12月末まで災害査定があるので、その後の工事発注になることから、規模が大きいものについては、その可能性があるとのことでもありました。

 以上、主な内容について御報告いたしましたが、本件につきましては、今回、特段の経済対策事業が計上されていないことを理由に反対意見があり、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第247号平成21年度天草市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、本件は、職員給与費等と本渡浄化センターの業務委託関係の債務負担行為を補正するものであるとのことで、特に御報告すべきようなこともなく、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第248号平成21年度天草市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議第249号平成21年度天草市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)及び議第250号平成21年度天草市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)、以上3件につきましては、いずれも前年度繰越金の確定及び職員給与費をそれぞれ補正するものであるとのことで、特に御報告すべきようなこともなく、いずれも、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第251号平成21年度天草市浄化槽市町村整備推進事業特別会計補正予算(第1号)について御報告いたします。

 委員会では、今年度の進捗状況について質したのでありますが、説明では、当初32基を計画し、現在、25基を設置しているとのことでありました。また、今後の市町村設置型及び個人設置型の方向性について質したのでありますが、説明では、来年度が県構想の策定年度であるため、それに対応できるよう見直し作業を行っていきたいとのことでありました。

 以上、主な内容について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 以上で、建設経済委員長報告を終わりますが、よろしく御賛同いただきますようお願いいたします。



○議長(濱廣昭君) ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。

 3番浜崎義昭君。



◆3番(浜崎義昭君) 議第227号から242号指定管理者の指定について、先ほど委員長報告にありました。一部に市議会議員が代表者を務める組織を指定することになっている件については、法律上問題はないということでありましたが、そのことについて懸念することはないのか−−今後ですね。委員会の審議では、内容はどうだったのか伺います。

 あと一つ。第243号の一般会計補正予算、歳出の農林水産費の中で、そして商工費、土木関係で、いわゆる経済対策の予算措置があまり目立ちませんということで、年末の年を越せるかどうか心配だという声が−−一般質問でも行いましたが、それにふさわしい予算措置対応になっているのか、そして宝島クーポン券は二次募集まで実施して、売れ残った分は予算を引き上げる方針であるということで、委員会で説明されていたそうですが、そういう予算も含めてですね、経済対策、生活支援対策に生かしていくべきではないのかという−−先ほど委員長の中で、議論があったということですが、その議論の内容についてお伺いをいたします。



○議長(濱廣昭君) 建設経済委員長。

          [建設経済委員長 本田武志君 登壇]



◆建設経済委員長(本田武志君) 第1点目の指定管理者の指定についてのお尋ねですが、確かにですね、委員会におきましても、公的施設の指定管理を受託する組織団体に公的立場の人の名前があるのはいかがなものかという論議がありました。ただですね、そういった中で、今、委員長報告にも申し上げましたように、指定管理者の指定は行政処分とされており、請負には当たらないと解されるという説明で、法律上の問題はない。そういったことで、地域の中で中心となる人物が代表として組織を総轄しているので、信頼して任せてよいのではないかというような説明もあったわけでございます。

 それから、2点目の一般会計の補正というか−−中で、年末、クーポン券ですか、についてのお尋ねですが、ただいまの質問の中で、この件について、委員会の中で審議されたような内容でしたが、この件については、委員会の中では審議されておりません。一応委員会を閉じまして、協議会を開きました。協議会を開いて、今のクーポン券の状況についてはどうなっているのかということで審議をしておりますので、その辺のところは詳しく聞きたければ、担当の部長からいただきたいと思います。よろしいですか。



○議長(濱廣昭君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) クーポン券の状況でありますが、今回、第2回目をさせていただきましたが、第1回の申し込みでは余りと言いますか、出たもんですから、第二次の申し込みをしまして、12月1日から5日間でですね、二次の募集をしました。そして、15日の日に本渡の地域券の部分だけですね、本渡の部分だけオーバーしてたもんですから、抽選を行いまして、最終的に残りましたのが、牛深地域券が2,062冊分、商工会地域分がですね、494冊残っております。ということで、実質的には2,500冊ですから、500万円程度の補助金は返していただくというふうなことで考えております。

 あと経済対策につきましては、委員会のときも申し上げましたが、現実、昨年の3月議会、6月議会、9月議会、経済対策の工事関係も打ちましたし、私どもが考えておりました雇用対策の補助金等の事業も打っとります。そして、このクーポン券事業、地域振興券事業もですね、経済対策というようなことで打っとります。そういうふうな事業を、ここ議会に3回連続で出しておりますし、その検証をするべきかなというふうに考えておりまして、出してないということです。ただ、今後につきましてはですね、緊急雇用対策本部等はですね、この議会の終了した来週程度にはですね、また開催をしてですね、緊急雇用についての対策あたりは十分練るというふうなことを考えておりますので、ただ予算に上がっていなかったということでどうこうじゃなくてですね、十分な対応はしていきたいというふうに考えております。



○議長(濱廣昭君) 3番浜崎義昭君。



◆3番(浜崎義昭君) 指定管理者の指定について、制度をお伺いいたしますが、市民から見たら、どうしても利害関係ですね、雇用が生まれる問題が発生するんでですね。そういう意味じゃ、今後ですね、対応を含めて、やっぱり何度も出てくる問題ですからですね、こういう問題については、やっぱり審議を委員会でもう少し深めてもらうよう要望しときます。



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑はありませんか。

 22番平石水穂君。



◆22番(平石水穂君) 議第221号指定管理についてと補正予算について、ちょっとお伺いをいたします。

 天草市、天草町、天草コンポストセンターの指定については、前回指定された天草町コンポストセンター管理組合に今回管理指定をされておられますが、この指定管理されたこの組合に対しての内容の調査、養豚農家、何名これに今参加をされて、その管理目的に沿って、この糞尿の処理が目的どおり処理をされておるのかについてお伺いをいたします。

 また、補正予算について、?津漁港が今年度で最後の事業というようなお話がございましたけれども、?津漁港の港湾の改修によりまして、水かさといいますか、潮の水かさが上がりまして、旧国道389号、今は市道でございますが、非常に新聞、テレビ等でも大潮のときに市道がつかると。そういう影響も、私はこの工事によって出たんではないかなと、私は感じております。そういうことで、そのことについてどのように処理をされるのか、このままで−−最後だということでございますので、その点についても非常に心配しておりますので、その点についてお伺いいたします。



○議長(濱廣昭君) 建設経済委員長。

          [建設経済委員長 本田武志君 登壇]



◆建設経済委員長(本田武志君) ただいまの質問にお答えいたしますが、天草コンポストセンターにつきましては、いろいろこう一括して、それぞれが指定管理を審議したわけでございますが、このコンポストセンターについては、今お尋ねの組合に対する内容調査とか、目的をどういったふうな形の中で処理されていくのか、そういった審議はされておりませんので、担当部局の方で答えていただきたいと思います。

 それから、その?津漁港につきましても、工事に対する影響については委員会では審議されておりませんので、担当の方から答えさせます。



○議長(濱廣昭君) 経済部長。



◎経済部長(野嶋義澄君) まず、コンポストセンターでございますが、現在、5名の方がですね、実質的に使われているというようなところでございます。搬入量等につきましてはですね、糞の方が282トン、そして尿の方が451トンというふうなところでですね、持ち込みをされております。施設的にはですね、運営方針あたりの中で、堆肥あたりを使って地域農業の振興を図るというふうなところでですね、項目を入れてもらってますし、堆肥の分析結果あたりをですね、成分内容を事前に利用農家等にも周知をするというふうなことあたりも、この運営方針あたりの中にはですね、うたいこんでおられますので、適切なですね、運営をされるのかなということでですね、候補者として選定されたというふうな状況であります。

 ?津漁港につきましては、事業年度がですね、今年度が最終年度でございます。その最終年度のですね、事業で、まあここの漁港整備等が長期間にわたるもんですから、その間に出たひずみ等がありますので、そのひずみ等のですね、修正等を加えるような工事をですね、今回追加要望して認めていただいた分をですね、予算を計上させていただいているというふうな状況ですが、この防波堤をつくって異常潮位があったのかということは、若干、私たちもちょっとはっきり明言はできませんが、確かに、異常潮位ということでですね、年間、道路が冠水をしております。そういうことにつきましてはですね、今度はまた別途事業でですね、今調査事業あたりしながらですね、事業計画を練っていくというふうなことでですね、今計画をしておりますので、御理解いただければと思います。



○議長(濱廣昭君) 22番平石水穂君。



◆22番(平石水穂君) 今、部長の方で、この管理組合については御説明をいただきました。皆さん方御存じのように、天草町大江地区においては、養豚農家が非常に多ございまして、畜産振興ということで、これまでいろんな形でやってまいりました。平成16年度の法改正によりまして、畜産の糞尿の処理についても大々的に法改正がなされまして、養豚農家におかれましては、その処理場をそれぞれ建設をされ、先ほどありましたように、5戸の農家はこのコンポストセンターで処理をされておると思いますが、処理については、目的に沿って処理をされておるというような部長の答弁がございました。大江地区には、養豚が1万5,000頭おるということでございますが、人間の10倍糞尿をするということで、実質的には15万人の処理施設が必要であるというようなことを考えますと、本当にこれだけの、5戸の農家がこの処理場で処理をされておるのかなと、非常に疑問をするところであります。畜産振興と含めて地域の環境のことをですね、もう少し担当部局は、皆さん方の管理に対する指導の徹底をですね、きちっとやりながら、地域の中で養豚経営が、また環境もよくできるように、この管理についてはお願いをしたいと思います。

 次に、補正予算ですが、?津漁港については、潮位の関係ではないんじゃないかというような、ちょっとニュアンスがありましたけれども、これは一帯、?津漁港周辺、埋立地があれだけ増えて、今まで通った道が冠水をして道路が−−旧389でございます−−389号でございますが、それが通れないことがあるわけであります。そういうことは、私は管理上あってはならないことと私は思います。水が、すごい潮位が増えて、それはしょうがないということじゃなくて、一日も早くこのことについては改善をし、市民の皆さん方が安心・安全にその道路を通ることをすることこそ、皆さん方のお仕事だと思います。どうか、先に延ばすことなく、速やかに調査をし、地域住民の御理解をいただいて、そういうことが報道関係から報道されないように、私からお願いをしときます。土木部長におかれましては、現状はよく認識をされておりますので、よろしくお願いしときます。



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第243号を除く他の案件について討論に入りますが、ただいまのところ討論の通告があっておりませんので、討論なしと認め、これをもって討論を終了いたします。

 ただいま委員長より報告のありました案件中、議第243号を除く他の案件について採決いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) まず、議第185号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第186号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、賛成の諸君の起立を求めます。

          [賛成者起立]



○議長(濱廣昭君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第218号から議第242号まで、以上25件を一括採決いたします。

 以上25件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議第218号から議第242号まで、以上25件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第247号から議第251号まで、以上5件を一括採決いたします。

 以上5件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議第247号から議第251号まで、以上5件は委員長報告のとおり可決いたしました。

 ここで10分間休憩いたします。

              午前11時26分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−

              午前11時34分 再開



○議長(濱廣昭君) 再開いたします。

 休憩前に引き続き、会議を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 文教厚生委員長報告



○議長(濱廣昭君) 日程第5、文教厚生委員長報告。

 先日の本会議におきまして、文教厚生委員会に付託いたしました議第187号天草市立保育所条例の一部を改正する条例の制定について外17件を議題といたします。

 文教厚生委員長より、審査の経過並びに結果について御報告を求めます。

 文教厚生委員長鎗光秀孝君。

          [文教厚生委員長 鎗光秀孝君 登壇]



◆文教厚生委員長(鎗光秀孝君) 文教厚生委員長報告をいたします。

 さきの本会議において付託を受けました案件について、去る15日に委員会を開き審査を行いましたので、その経過並びに結果について御報告いたします。

 まず、議第187号天草市立保育所条例の一部を改正する条例の制定について御報告いたします。委員会では、廃園が提案されております亀浦保育所の入所状況について質したのでありますが、説明によりますと、平成8年から定員割れが続く中、本年4月の園児数は4名とのことであり、同地区の出生状況からしても今後の園児数の増加は見込めず、既に地元説明会の開催により保護者や関係者からの同意も得ているとのことでありましたので、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第188号天草市老人憩の家条例の一部を改正する条例の制定についてであります。委員会では、特に本会議の論議でもありました個人利用と団体利用の使用料体系について質したのでありますが、説明では、まず20名以上の利用がある場合に団体料金を適用しており、市及び福祉団体等の利用については、減免対象となるとのことであります。また、個人利用については、一人1日当たり100円の料金を利用人数に応じて徴収するとのことでありましたので、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第208号から議第216号までの指定管理者の指定について御報告いたします。委員会では、以上9件について一括審査を行い、今回の指定管理者の選定に当たり、当該施設については公募を実施しなかった要因等について質したのでありますが、説明では、いずれの施設についても前回の応募状況並びにこれまでの実績等を勘案した上で、指定管理者選定委員会における審査の結果、非公募での指定を決定したとのことでありましたので、以上9件につきましては、いずれも、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第217号指定管理者の指定についてでありますが、委員会では、これまでの天草交流センターブルーアイランド天草の利用実績等について質したところ、説明では、20年度の宿泊利用者が1,149名に上るなど、積極的な活動が行われている状況とのことでありましたので、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第243号平成21年度天草市一般会計補正予算(第7号)の所管部門について御報告いたします。

 委員会では、まず、民生費の社会福祉費における国民健康保険特別会計繰出金の減額要因について質したのでありますが、説明によりますと、保険基盤安定繰入金において算定方式の変更や被保険者数の減少があったことから、また出産育児一時金等については、実績に基づく精算により国県支出金が減少したことが、主な要因とのことでありました。

 次に、児童福祉費では、子育て応援特別手当について、事業の執行停止が国から示されるまでの天草市における事務の進捗状況等について質したのでありますが、説明によりますと、システム構築に伴う協議や申請資料の作成などのほか、臨時職員の雇用を既に行っていたとのことでありましたので、委員会といたしましても、当該事業の準備に要した経費については天草市の負担とならないよう、国に対して適切に請求されるよう要望した次第であります。なお、これに関連して、上天草市同様に、市の独自施策としての手当支給の考えについても質したのでありますが、説明では、天草市としても国の執行停止を受けて庁内協議を行った結果、財源の問題から独自の手当支給は困難との判断に至ったとのことでありました。

 次に、生活保護費では、医療扶助費が大幅に増額となった要因について質したのでありますが、説明によりますと、当初予算計上時には、前年度までの実績にプラスアルファして、月平均の医療扶助費を3,400万円と見込んでいたものの、被保護世帯数の増加等もあり、これまでの実績では月平均5,000万円程度となることから、今回の補正予算を計上したとのことであります。

 次に、教育費では、中学校費で計上されております現本渡中学校校舎等の解体工事費について、全施設を解体する理由や跡地利用の問題について質したのでありますが、説明では、校舎については危険校舎であること、また、体育館についても危険校舎であるとともに代替施設が近隣にあることから、全施設の解体を計画しているとのことであり、地元の各種団体長への説明の中でも、跡地の活用策として本渡南公民館用地としての意見や都市計画道路の補償用地としての意見などが出されたものの、学校施設の解体については理解を得たと判断しているとのことでありました。なお、中学校解体後の跡地利用については、教育委員会としても、普通財産としての全庁的な協議の対象になるものと認識しているとのことでありました。これに対し、委員会では、学校規模適正化とともに廃校となる学校施設については、地元の意見を踏まえた上で利活用策の検討を同時進行で取り組むべきとの意見や、廃校となる木造校舎については文化財としての視点からの取り組みを求める意見がありましたので、申し添えます。

 次に、(仮称)五和中学校の基本設計については、委員会でも現地調査を行い、事業概要について質したのでありますが、説明では、農地法の手続きに学校の配置計画が必要となることから、五和中学校の建設に係る基本設計を行うものであるが、当該用地に統合小学校の併設計画があることを踏まえた設計を計画しているとのことでありました。

 次に、債務負担行為で計上されておりますスクールバス運行管理業務委託料について質したのでありますが、説明では、本渡中学校に関しては、本町地区に1台を予定しているとのことでありましたので、あわせて、通学路の整備についても全庁的な連携を要望した次第であります。なお、スクールバスの委託契約に関しては、旧自治体時代からの経緯等も勘案した上で、子どもたちの安全な通学という目的を達成されるよう要望する意見がありましたので、申し添えさせていただきます。

 以上、主な内容等について申し上げましたが、本件につきましては、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第244号平成21年度天草市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、委員会では、雑入における介護従事者処遇改善臨時特例交付金による影響等について質したところ、説明によりますと、21年度の介護報酬改定が国保税率の上昇要因となることを抑制するため、国の緊急特別対策として同交付金を雑入で受け入れ介護納付金に充当するとのことでありましたので、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第245号平成21年度天草市介護保険特別会計補正予算(第2号)及び議第246号平成21年度天草市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)、以上2件につきましては、特に御報告すべきようなこともなく、いずれも、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、請願第5号介護保険制度見直しに関する請願書についてであります。委員会では、介護事業所の経営状況等を勘案しても意見書を提出すべきとの賛成意見も出されましたが、国としても制度改正にあわせた経過措置制度の導入などに取り組む中での意見書提出には賛同できないとの反対意見も出され、本件につきましては、採決の結果、不採択とすべきものと決定した次第であります。

 次に、請願第6号後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書の提出に関する請願書について御報告いたします。委員会では、現政権が明言している制度廃止を意見書として後押しすべきとの意見もありましたが、拙速な制度廃止を求めるよりも、今後の新制度の充実及び移行措置等の受け皿整備に重点を置くべきであるとの反対意見も出され、本件につきましては、採決の結果、不採択とすべきものと決定した次第であります。

 以上で、文教厚生委員長報告を終わりますが、よろしく御賛同くださいますようお願いをいたします。



○議長(濱廣昭君) ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。

   9番蓮池良正君。



◆9番(蓮池良正君) 243号ですが、一般会計補正予算(7号)の教育費のところです。本渡中学校解体の関連の予算計上についてでありますが、いまいちこの定例会にですね、どうしてもやっぱり計上しなければならなかったのかというのが、ちょっとよくわからない面があるんです。やっぱり、くどいようですけれども、利活用についての要望等々はあっていると思います。それから、直接的な理由は昨年度実施の耐力度調査で危険校舎と判断されたと。だから壊すんだということなんですが、その時期等とですね、既に五和の東西については、同様のことでプレハブ校舎に移行ということがなっています。もちろん、すぐ学校はないですからですね、わかるんですが。まあ本中の場合は、その、もうつくるけんよかたいということになったのかですね。そんなに危険校舎と言うならば、それなりの対応はされるべきだったのではないかなと。確か6月ぐらいに聞いたときにはですね、体育館については、その社会体育施設として云々というふうな答弁をされた記憶が私は持っております。ですから、その危険校舎の認定そのものは結構ずれ込んでいるのかですね。そういうことも含めて、ちょっとお願いしたいと思います。

 それから、(仮称)五和中学校の基本設計の関係ですが、今、委員長報告でもですね、統合小学校まで含めてというようなお話だったんですが、もうそういう方針を教育委員会として大体決めて、この予算の中には入っとらんとでしょもん、まさか。それはどういうことなんでしょうか−−が、243号です。

 それから、244号は国保の補正(2号)ですけれども、気になりますのはですね、新型インフルエンザ対策として、全被保険者世帯にですね、保険証が届くような措置を9月にされまして、これ非常によかったわけですけど、確か来年の1月でですね、期限を迎えるようになっておりますので、この点はどういうふうにしていかれるのか。もちろん、徴収業務は大事ですけれども、それとは切り離してですね、早期受診をできるような、今のような配慮を引き続きしていくというふうに担当課及び関係課では、どういうふうにしていらっしゃるのか。念のため、お知らせをいただきたい。

 それから請願の2件であります。委員長報告にあったとおりで、まあこれも厳粛に受け止めますが、特に5号については、介護の方ですけれども、もう皆さん御承知のように、その現場は非常に大変ですよね。ですから、見直しは3年ごとにちょっとずつされますけども、やっぱり不十分だという認識に立つのかどうかというところではないかと思うんです。国の方がされているから、まあそれを見守るというだけではですね、やっぱりそこで働いている方をという視点がやっぱり大事ではないかと思うんですが、そこら辺についていかがかということで、お願いしたいと思います。

 もう後期については、多少平行線になりますけれども、残念なことですけど、まあ流れとしては、やはりもうこれはだめということは大体見えておりますので、早めにすることが大事ではないかなと思います。



○議長(濱廣昭君) 文教厚生委員長。

          [文教厚生委員長 鎗光秀孝君 登壇]



◆文教厚生委員長(鎗光秀孝君) ただいまの質問にお答えいたします。

 本渡中学校解体についてですが、解体時期等それぞれお伺いでございます。また、危険校舎の認識が6月議会で質問されたということでございます。今後の進め方ということについては、委員会としては時期等は審議しておりませんので、担当より回答していただきたいと思います。

 次に、(仮称)五和中学校の統合に関しての件ですが、小学校との併設となるのでありますが、教育予算の中に組み込まれているのかというのも、予算までの件については審議しておりませんので、担当よりお願いしたいと思います。

 次に、国保のですね、インフルエンザの保険証の切りかえについてですが、議第244号でお尋ねいただき、また御意見を述べられましたが、まずお尋ねの内容は、議第244号で提案された補正内容には含まれておりませんでしたので、あらかじめ申し上げます。その上で、委員会審査の中では、お尋ねの保険証に関する意見は出されておりませんでしたので、委員会としては審議をしておりませんでした。

 次に、請願の介護の見直し−−介護保険制度見直しに関する請願書の件でございますが、この中にもですね、請願の内容の中にも1からそれぞれ3までありまして、1の場合にはですね、介護職員の方々が生きがいを持って働けるようにということに関しては、1は、委員会としても大変そのように思っているという、各委員よりも意見がございました。次に、3番目の件でございますが、これは軽度に移行する率が高く非該当者も増加していますと書いてあられますが、これにはですね、認定者自体はですね、増えているということで、ちょっと該当、非該当者というのとはちょっと相違するんじゃないかなと思います。そういう意見も出されました。次に、条件の、10月以降に介護職員処遇改善交付金というのが10月よりまた新設するということで、経過措置がつくられていくようになっておりますので、詳しい内容等がありましたらば担当より回答をしていただきたいと思います。

 次に、後期高齢者の件でございますが、後期高齢者医療制度の安心を求める意見書の提出ですが、これについても、後期高齢者の国の方針がですね、まだはっきりと打ち出しては、後期高齢者廃止制度の廃止について国の方は打ち出しておられますが、また新たな制度に移行するようにまたいろいろと検討をされております。そして、現行制度の問題点を解消していくということでありますので、私もそのように認識して、委員会でもそのように諮っております。

 以上の件で、お尋ねの委員長の回答とさしていただきます。各担当よりお答えをいただきたいと思います。



○議長(濱廣昭君) 教育部長。



◎教育部長(嶺力君) それでは、お答えをさせていただきます。

 まず、1番目の本渡中学校の解体の時期でございますが、これまでもお話をさせていただいておりますとおり、今、新本渡中学校の建設を進めておりますが、この校舎の改築とあわせまして解体をする場合に補助対象となるというふうなことでございまして、今回予算化をさせていただいて、契約をさせていただき、22年度に繰り越しをして、新校舎ができたあと解体をするというふうなことで考えておるところでございます。

 それから、2番目の五和の両中学校のように仮設校舎を建てて云々というふうなお尋ねでございましたけども、新本渡中学校につきましては、あくまで旧本渡市時代からの学校規模適正化に伴いまして、改築を進めてきたという経緯がございます。平成20年度に耐震調査をしましたところ、危険校舎であるというふうなことがわかりまして、補助等もいただいて建築もできるというふうなことで進めさせていただいておるところでございます。

 それから、3番目の基本設計でございますけども、これは、目的の建設物を建設するための基本設計図とか、工費の概算書、現地調査記録、工程計画概要書及び完成予想図等を作成する業務になるわけですけども、今回、五和地区の方から小中一貫教育等の要望もございまして、(仮称)五和中学校の基本設計の委託の場合は、中学校の基本設計のみならず、小学校も併設する計画があることから、その業務委託の中で統合小学校の配置についても検討をするというふうなことで進めているところでございます。



○議長(濱廣昭君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(田代隆一君) お答えします。

 新型インフルエンザ対策として、資格証明書発行該当のすべての世帯、被保険者に短期保険証を交付しておりますが、現段階では、期限の延長をすることは考えておりません。

 次に、請願の介護保険制度、それから後期高齢者医療制度ですが、あくまでも国の制度でございますので、新政権の政策決定にあわせて実施してまいりたいと考えております。



○議長(濱廣昭君) 間もなく正午になりますが、このまま続行いたします。

 9番蓮池良正君。



◆9番(蓮池良正君) 現本渡中学校の校舎等解体の問題ですが、そのちょっと、要するに、この判明した時期の問題とですね、今回予算をこう計上しなければならなかったというのが、私は理解しにくいんです。ですから、9月議会の後、何らそのお話もありませんでしたので−−私以外の議員さんには言われたのか知りませんけれど、そんなことは。地元の団体の代表者に説明をされたと、おおむね理解してもらったというような趣旨の御発言だったんですが、私も申し上げたように、本渡南公民館の問題というのは、これはもうずっと前から引きずっている課題なんですよね。ですから、別にその本中が移らすけん、そこを当て込んでいるというだけの問題じゃない、大きな問題でもあるんですが、結局、同時に、やはり考えていくテーマだと思うんですよね。だから、もう一切、その危険校舎とわかったということで、これ幸いに、もう全部お金ばくれらすけん壊してしまうというのは、とても乱暴な、私は議論ではないかなと。片方では、木造校舎はその残した方がいいと−−それは、また委員会としては、とても貴重な報告だったと私は受け止めているんですが、本渡中学校だって、もちろん危険校舎と言われたってですね、それなりの思い入れがあるわけですから、そんなに「うっ壊してしまえ」と、「お金もくれらすけん」というのは、やっぱりどうかなと。もう少し丁寧なですね、経過がとられていいのではないか。2月では間に合わなかったんですかね。そこが、いまいちわかりません。2月に出したって、どうせ繰り越しできるわけじゃないですか。その、まだ終わってないわけですからですね。その手続きについての丁寧さが私は足らないんじゃないかなと思います。

 それから五和の方ですが、これも、いまいちよくわからないんですが、その用地みたいなところは、もう差し当たり、もう地元の方が詳しいので、大体当て込んであるのかもしれませんけれども、あくまでこの基本設計の委託料は中学校だけのものと理解していいんですかね。おそらく、それは必要に応じて学校はつくっていかなきゃいけませんけれども、中学校をつくる費用だって莫大だと思います。新本渡中学校をつくるのにたくさんお金がかかったので、場合によっては、今の現本渡中学校の用地を売っ払ってですね、財源を確保したいと。そういう答弁だってあってるわけですよ。だから、ある意味では財源確保も大事になってくるわけで、非常に計画的な、財政の面からもですね、考えなきゃいけない問題があると思うんですが、決定的になるわけですね、今度のそれが、ある意味ではですね。それは、そのわかりますけれども−−一般質問の議論もあったのでですね。そういうふうにつながっていくと。もう1回念を押しますけれども、もうなのか、いやそこまではないと、隣に来てもいい程度に構想だけを練るということなのか。ちょっと教えていただきたいと思います。

 それから、国保の関係の保険証の問題ですが、まあ、あっさりおっしゃったので、それは期限ですから、そういうお考えといいますか、前提なんですけど、その後のことをやっぱり考えてもらわなきゃいけないので、もう安全宣言というのをされたわけじゃないでしょう。ちょっと、今の部長のは無責任と思いますよ。9月にされた状況とですね、決してそんなに大きく改善されたわけじゃないんですから。まあ、もうちょっと見直していただきたいと。そんなに急いで、私に冷たい答弁をされなくてもいいですから、お願いしたいと思うんです。

 以上、お願いします。



○議長(濱廣昭君) 文教厚生委員長。

          [文教厚生委員長 鎗光秀孝君 登壇]



◆文教厚生委員長(鎗光秀孝君) お答えいたします。

 現本渡中の解体の件についてですが、判明した時期並びに予算計上した時期等はどういうことかというお尋ねでございます。そしてまた、今の時期に上げるのはちょっと不具合−−不具合というか−−乱暴ではないかというお尋ねでございますので、委員会としましてはそういう審議はしておりませんので、担当よりお答えしていただきたいと思います。

 次に、中学校の五和中学校、(仮称)五和中学校の基本設計の件のお尋ねなんですが、これは委員会としましては、先ほども委員長報告でしましたとおり、小学校を含めての基本設計ということで認識しております。詳しいことは、また担当よりと思います。

 保険証の件は、見直しの要望ということで理解しましたので、はい。そのようにと思っております。詳しいことは担当よりと思いますので、お願いします。



○議長(濱廣昭君) 教育部長。



◎教育部長(嶺力君) まず、本渡中学校の件でございますけれども、一般質問の折にもお答えをさせていただいたんですが、10月の28日の日に本渡南地区の各種団体長さんとの意見交換会の中で、危険校舎であるというふうなことが判明をして、解体について説明をさせていただきました。今後の跡地利用につきましては、さらにこう意見を集約をしてですね、されるというふうなことでございましたので、委員会としても、その意見交換会の中での意見や要望を踏まえまして、さらに関係各課とですね、協議を進めていきたいというふうに考えております。

 それから、五和中学校の基本計画についてお尋ねでございますけども、これ、あくまで構想としましてですね、併設できることを前提としまして、敷地について検討していくというふうなことでございます。



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第243号を除く他の案件について討論に入りますが、ただいまのところ討論の通告があっておりませんので、討論なしと認め、これをもって討論を終了いたします。

 ただいま委員長より報告のありました案件中、議第243号を除く他の案件について採決いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) まず、議第187号及び議第188号、以上2件を一括採決いたします。

 以上2件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議第187号及び議第188号、以上2件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第208号から議第217号まで、以上10件を一括採決いたします。

 以上10件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議第208号から議第217号まで、以上10件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第244号から議第246号まで、以上3件を一括採決いたします。

 以上3件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議第244号から議第246号まで、以上3件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、請願第5号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は不採択でございます。

 委員長報告のとおり不採択とすることに、賛成の諸君の起立を求めます。

          [賛成者起立]



○議長(濱廣昭君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり不採択と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、請願第6号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は不採択でございます。

 委員長報告のとおり不採択とすることに、賛成の諸君の起立を求めます。

          [賛成者起立]



○議長(濱廣昭君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり不採択と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議第243号平成21年度天草市一般会計補正予算(第7号) 採決



○議長(濱廣昭君) 日程第6、議第243号平成21年度天草市一般会計補正予算(第7号)について、これより討論に入ります。討論の通告があっておりますので、順次これを許します。

 3番浜崎義昭君。

          [3番 浜崎義昭君 登壇]



◆3番(浜崎義昭君) 主に経済対策生活支援の対策の必要性から、議第243号に反対の討論をいたします。

 一般会計補正予算(第7号)の特徴は、歳入で、前年度繰越金の確定に伴う計上として、それに連動する財政調整基金、繰り入れの減額調整です。そして、国県支出金では、政権交代により子育て応援特別手当の執行停止が行われ、これに伴う約8,500万円の減額など、予算の増減はありますが、市民の暮らしの視点からみると、生活保護予算の増額がされている程度で、市政からの温もりが感じられません。

 私は、一般質問で年越し資金の対策を求めましたが、融資制度で言えば、借りたい人が借りられないという仕組みがあります。納税証明が条件になっていたり、融資の期間が短期であったり、利用しにくい現状があります。一般質問では、セーフティネット資金があると答弁されましたが、実際に金融機関や信用保証協会との手続きなどにおいて、多くの業者や市民に希望よりも、むしろ落胆やあきらめをもたらす場面が生じています。社会福祉協議会が窓口となっている生活福祉資金も、市民に十分周知されていないことに加え、保証人がいなくても融資が可能である新制度のポイントを現場担当者が十分掌握する課題を感じます。生活福祉や緊急資金の名称に偽りがないよう、手続きもスムーズにすべきです。福祉金庫が財源の社会福祉協議会の駆け込み融資も、上限5万円を借りるのに保証人をつけないと断わられます。社会福祉協議会にももっと温かみをもった対策が必要ですが、それ以上に天草市として何らかの対策が求められます。

 夏の1回目が完売され、2回目の事業が進行中の宝島クーポン券は2割のプレミアムがつくので、購入できる人にとってはそれなりに意義があるでしょうが、少なくとも1冊購入するには1万円、今回上限とされた3冊購入するには3万円の金額を用意しなければなりません。2回目の宝島クーポン券が主に牛深地区で売れ残ったことの背景にも、それだけ市民の暮らしに余裕がなく、少しでも出費を抑える段階になってきていることの反映ではないかと思います。

 年越し派遣村を再現させるようなことにならないよう、天草市としての温もりある市政運営に−−と、そして緊急施策が求められると思います。困っている市民が路頭に迷うことなく、安心して暮らせる必要な対策を求めまして、私の討論といたします。



○議長(濱廣昭君) 次に、9番蓮池良正君。

          [9番 蓮池良正君 登壇]



◆9番(蓮池良正君) すみません、二人も出てきて。すぐ終わりますので、よろしくお願いします。

 9番共産党の蓮池でございます。同じく、議第243号に討論をさせていただきますが、私は、先ほど質疑も、委員長報告に対する質疑も行いましたけれども、本渡中学校の校舎、体育館、プールを解体する予算を今回計上されている。それを認めることには反対をしたいと思います。

 体育館はもとより、校舎の一部についても耐震補強を施せば利用可能であり、利活用の要望もあっております。解体事業を予算化する前に、もっと地元住民や諸団体の意向を反映させる機会を持つべきと、私は考えます。いみじくも財源論として、新本渡中学校建設事業に多額の公費が投入されているので、処分できる市有財産については活用したい旨の答弁が、せんだってされてもおります。現本渡中だけでなく、佐伊津・本町においても現校舎等は地域住民のよりどころであり、その跡地の利活用については財務サイドがリードした方策ではなくて、やはりもっと住民サイドのいろんな声を生かしたような活用策を考えていくべきではないかと思います。とりわけ、本渡南地域では、本渡南公民館と図書館が併設をされておりまして、どちらも手狭であり、旧本渡市時代より整備が大きな課題として残っております。私は、地域に密着した公共スペースとして、現本渡中学校校舎・体育館・プールの利活用を−−この解体という選択肢を一つだけ押しつけるということではなく、一度白紙に戻して検討をされるべきだということを求め、討論といたします。



○議長(濱廣昭君) ほかに討論の通告があっておりませんので、これをもって討論を終了いたします。

 議第243号を採決いたします。

 本件に対する各委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、賛成の諸君の起立を求めます。

          [賛成者起立]



○議長(濱廣昭君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議第258号から日程第8 議第259号まで一括上程



○議長(濱廣昭君) 日程第7、議第258号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて及び日程第8、議第259号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて、以上2件を一括議題といたします。

 議第258号から順次提案理由の説明を求めます。

 安田市長。

          [市長 安田公寛君 登壇]



◎市長(安田公寛君) 追加議案書その2の1ページの議第258号及び2ページの議第259号の2件は、いずれも、人権擁護委員の候補者を推薦するには、人権擁護委員法の規定により議会の意見を聞く必要がありますので、御提案いたすものでございます。

 まず、議第258号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてでございますが、住所、天草市亀場町亀川174番地2、氏名、宮澤欣一、生年月日は議案書に記載のとおりでございます。本渡地区の井上秀彦委員が来年3月末日をもちまして任期満了となり、退任されますので、その後任として御推薦をいたすものでございます。宮澤さんは、平成19年3月まで40年間にわたり税務署に勤務され、退職後は税理士として御活躍でございます。人格・識見ともに優れておられ、人権擁護委員として適任と考え、候補者として御推薦申し上げるものでございます。

 次に、議第259号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてでございますが、住所、天草市五和町鬼池1165番地2、氏名、相川浩一郎、生年月日は議案書に記載のとおりでございます。相川さんは、これまでも人権擁護委員として御活躍いただいておりますが、来年3月末日をもちまして任期満了となります。人格・識見ともに優れておられ、人権擁護委員として適任と考え、引き続き候補者として御推薦申し上げるものでございます。

 以上で提案理由の説明を終わりますが、よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(濱廣昭君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入りますが、ここでお諮りいたします。

 日程第7、議第258号及び日程第8、議第259号、以上2件は委員会の審査を省略し、本日議決したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、日程第7、議第258号及び日程第8、議第259号、以上2件は委員会の審査を省略し、本日議決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) まず、日程第7、議第258号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第258号を採決いたします。

 本件は、市長提案のとおり同意することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は市長提案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、日程第8、議第259号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第259号を採決いたします。

 本件は、市長提案のとおり同意することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は市長提案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 継続審査並びに調査について



○議長(濱廣昭君) 日程第9、継続審査並びに調査について。

 建設経済委員会に付託いたしました請願第8号及び議会運営委員会の所管事務調査について、以上2件は、各委員長から閉会中、継続審査並びに調査の申し出があっております。

 各委員長の申し出のとおり、継続審査並びに調査に付することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、以上2件は各委員長の申し出のとおり、閉会中、継続審査並びに調査に付することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 以上で、本定例会に提出されました案件全部を議了いたしました。

 これをもちまして議事を閉じ、平成21年第5回天草市議会定例会を閉会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−

              午後0時18分 閉会




地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

       議長   濱   廣 昭

       副議長  野 嶋 健 一

       議員   鎗 光 秀 孝

       議員   平 石 水 穂