議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 天草市

平成21年 9月 定例会(第4回) 09月18日−05号




平成21年 9月 定例会(第4回) − 09月18日−05号







平成21年 9月 定例会(第4回)



          平成21年第4回天草市議会定例会会議録

1.議事日程(第5号)
                  平成21年9月18日(金曜日)午前10時開議
 第1 総務企画委員長報告
    1.議第 132号 天草市非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を
            改正する条例の制定について
    2.議第 136号 工事請負契約の締結について
    3.議第 137号 工事請負契約の締結について
    4.議第 138号 訴えの提起について
    5.議第 139号 訴えの提起について
    6.議第 140号 字の区域の変更について
    7.議第 143号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第3号)所管部門
    8.議第 168号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第4号)所管部門
 第2 市民環境委員長報告
    1.議第 143号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第3号)所管部門
    2.議第 147号 平成21年度天草市国民健康保険診療施設特別会計補正予算
            (第1号)
 第3 建設経済委員長報告
    1.議第 134号 天草市一般住宅条例の一部を改正する条例の制定について
    2.議第 141号 市道路線の認定について
    3.議第 142号 財産の取得について
    4.議第 143号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第3号)所管部門
    5.議第 168号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第4号)所管部門
    6.請願第1号 ミニマムアクセス米の輸入見直しに関する請願書
    7.請願第2号 公有地の払い下げに関する請願書
    8.請願第4号 日米FTA反対、農家経営の危機打開を求める請願書
 第4 文教厚生委員長報告
    1.議第 133号 天草市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につい
            て
    2.議第 143号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第3号)所管部門
    3.議第 144号 平成21年度天草市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
    4.議第 145号 平成21年度天草市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)
    5.議第 146号 平成21年度天草市介護保険特別会計補正予算(第1号)
    6.請願第3号 国の制度として、75歳以上の高齢者と子どもの医療費無料化
            を求める請願書
 第5 議第 143号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第3号)採決
 第6 議第 168号 平成21年度天草市一般会計補正予算(第4号)採決
 第7 農業委員会委員の推薦について
 第8 議第 169号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて
 第9 議第 170号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて
 第10 議第 171号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて
 第11 議第 172号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて
 第12 議第 173号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて
 第13 議第 174号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて
 第14 議第 175号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて
 第15 議員提出第3号 地方自治体の財源確保を求める意見書の提出について
 第16 議員提出第4号 ミニマムアクセス米の輸入見直しを求める意見書の提出につ
            いて
 第17 議員提出第5号 日米FTA反対、農家経営の危機打開を求める意見書の提出
            について
 第18 議員提出第6号 フェリー・旅客船の存続及び港町活性化に関する意見書の提
            出について
 第19 特別委員会の設置について
 第20 継続審査並びに調査について
    1.議第 148号 平成20年度天草市一般会計歳入歳出決算の認定について
    2.議第 149号 平成20年度天草市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定
            について
    3.議第 150号 平成20年度天草市老人保健医療特別会計歳入歳出決算の認定
            について
    4.議第 151号 平成20年度天草市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定につ
            いて
    5.議第 152号 平成20年度天草市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認
            定について
    6.議第 153号 平成20年度天草市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認
            定について
    7.議第 154号 平成20年度天草市特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入
            歳出決算の認定について
    8.議第 155号 平成20年度天草市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の
            認定について
    9.議第 156号 平成20年度天草市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の
            認定について
    10.議第 157号 平成20年度天草市浄化槽市町村整備推進事業特別会計歳入歳
            出決算の認定について
    11.議第 158号 平成20年度天草市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定
            について
    12.議第 159号 平成20年度天草市国民健康保険診療施設特別会計歳入歳出決
            算の認定について
    13.議第 160号 平成20年度天草市歯科診療所特別会計歳入歳出決算の認定に
            ついて
    14.議第 161号 平成20年度天草市埠頭事業特別会計歳入歳出決算の認定につ
            いて
    15.議第 162号 平成20年度天草市斎場事業特別会計歳入歳出決算の認定につ
            いて
    16.議第 163号 平成20年度天草市一町田財産区特別会計歳入歳出決算の認定
            について
    17.議第 164号 平成20年度天草市新合財産区特別会計歳入歳出決算の認定に
            ついて
    18.議第 165号 平成20年度天草市富津財産区特別会計歳入歳出決算の認定に
            ついて
    19.議第 166号 平成20年度天草市病院事業会計決算の認定について
    20.議第 167号 平成20年度天草市水道事業会計決算の認定について
    21.議会運営委員会の所管事務調査について
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.本日の会議に付したる事件
   議事日程のとおりである。
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.出席議員は次のとおりである。(26名)
  1番 濱   廣 昭 君             2番 野 嶋 健 一 君
  3番 浜 崎 義 昭 君             4番 古 賀 源一郎 君
  5番 中 尾 友 二 君             6番 宮 下 幸一郎 君
  7番 勝 木 幸 生 君             9番 蓮 池 良 正 君
  11番 中 村 三千人 君             12番 鎗 光 秀 孝 君
  14番 田 中   茂 君             15番 松 江 雅 輝 君
  16番 池 田 裕 之 君             17番 脇 島 義 純 君
  18番 平 山 泰 司 君             19番 中 村 五 木 君
  20番 楠 本 千 秋 君             21番 宮 下 重 康 君
  22番 平 石 水 穂 君             23番 大 塚 基 生 君
  24番 本 田 武 志 君             25番 吉 川 ? 澄 君
  26番 江 浦 政 巳 君             27番 ? ? 昭 臣 君
  28番 藤 ? 正 博 君             29番 北 野 鋼 一 君
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.欠席議員は次のとおりである。(4名)
  8番 若 山 敬 介 君             10番 船 辺   修 君
  13番 赤 木 武 男 君             30番 池 田 次 人 君
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.説明のため出席した者の職氏名
  市長      安 田 公 寛 君   副市長     古 田 勝 人 君
  教育長     岡 部 紀 夫 君   総務部長    鶴 田 謹 一 君
  財務部長    森     孝 君   企画部長    金 子 邦 彦 君
  健康福祉部長  田 代 隆 一 君   市民環境部長  田 口 修 司 君
  経済部長    野 嶋 義 澄 君   建設部長    久保山 義 教 君
  水道局長    山 上 良 一 君   教育部長    嶺     力 君
  病院局次長   森 田 勝 善 君   会計管理者   宮 下 一 成 君
  牛深支所長   中 原 誠 也 君   有明支所長   堀 口   仁 君
  御所浦支所長  脇 島 榮 志 君   倉岳支所長   木 本   光 君
  栖本支所長   原 田   茂 君   新和支所長   浦 田   亨 君
  五和支所長   池 ? 一 彦 君   天草支所長   山 口 義 久 君
  河浦支所長   大 平 健 次 君   総務課長    梅 川 三 郎 君
  財政課長    酒 井 秀 則 君   秘書課長    金 子 正 秀 君
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
6.職務のため出席した事務局職員の職氏名
  首席審議員
          濱   仙 明 君   議事調査係長  森 下 洋 一 君
  議会事務局長
  庶務係長    平 山 高 広 君   主任      谷 口 哲 也 君
  書記      石 田 健 作 君




              午前10時00分 開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) おはようございます。

 定足数以上の御出席でありますので、再開いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に印刷配付してあるとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 総務企画委員長報告



○議長(濱廣昭君) 日程第1、総務企画委員長報告。

 先日の本会議におきまして、総務企画委員会に付託いたしました議第132号天草市非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について外7件を議題といたします。

 総務企画委員長より、審査の経過並びに結果について御報告を求めます。

 総務企画委員長。

          [総務企画委員長 藤?正博君 登壇]



◆総務企画委員長(藤?正博君) おはようございます。総務企画委員長報告をいたします。

 先の本会議において付託を受けました案件について、去る15日に委員会を開き審査を行いましたので、その経過並びに結果について御報告いたします。

 まず、議第132号天草市非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでありますが、本件につきましては、特に御報告申し上げるべきこともなく、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第136号工事請負契約の締結についてでありますが、委員会では、御所浦支所庁舎等新築工事において、支所周辺が道路に囲まれていることから、来庁者の安全性・利便性について質したのでありますが、説明によりますと、支所を囲む周辺道路は、交通量も少なく、安全面は確保できるとのことでしたが、支所と道路をまたいで設置される駐車場とは別に、庁舎敷地内に駐車区画を設置し、来庁者のさらなる利便性を図るとのことでした。

 次に、工事請負契約に関連して、本体工事と付帯工事を分割入札されている事業が見受けられるが、工事については、同時進行が望ましいことから、入札期間の間をあけず、両工事をできるだけ同じ日に入札に付してほしい旨の要望があり、執行部としても検討したいとのことでありましたので、本件については、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第137号工事請負契約の締結についてでありますが、委員会では、まず、今回の入札について、多くの企業を指名した理由について質したのでありますが、説明によりますと、市内の業者に広く呼びかけ、多くの企業が入札に参加できる機会を設けたとのことでありました。

 委員会では、現在の市の方針、手法等を評価しながらも、今後の指名については、工事箇所の地域性を考慮し、市内企業育成も踏まえ、可能な限り地元企業の活用を図ってほしい旨の要望がなされたことを申し添えます。

 次に、今回の佐伊津地区集落排水(汚水・雨水)施設整備工事において、一括発注した理由について質したのでありますが、説明によりますと、本工事における自然流下式汚水管の施工箇所は、狭隘かつふくそうしており、地域における生活道路でもあることから、工事の遅れによる地域への影響も懸念されたため、短期間で計画的に施工する必要があり、また、発注施設全体の瑕疵担保を確保することもあわせ、一括発注としたということでありましたので、本件については、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第138号訴えの提起について及び議第139号訴えの提起について並びに議第140号字の区域の変更についてでありますが、以上3件につきましては、特に御報告申し上げるべきこともなく、いずれも、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第143号平成21年度天草市一般会計補正予算(第3号)の所管部門について御報告いたします。

 委員会では、逐次、詳細に執行部の説明を求め審査を行ったのでありますが、主な内容について御報告いたします。

 歳出では、総務管理費の交通安全対策費において計上されている防犯灯設置工事に関連して、市設置分と同等の機能を果たしている自治会等管理の防犯灯に対し、維持費の救済はできないか質したのでありますが、説明によりますと、現在、防犯灯は、基本的に市が管理しており、電気料等の維持管理費についても、市が負担しているとのことで、自治会等が管理する防犯灯への対応策は、今のところ検討していないとのことでした。今後は、維持管理費についても、一部を受益者負担としてお願いすることができないか検討しているところですが、このことについても調査・検討していきたいとのことでした。

 次に、消防費に関連して、個人の土地に未契約で設置してある防火水槽について、所有権のトラブルを防止する観点から、契約を交わすべきとの意見が出され、説明によりますと、新市となって設置した箇所については、契約を取り交わし管理しているとのことでありましたが、それまでの未契約で設置している箇所については、今後調査し、対応したいとのことでした。

 また、消防水利が取れない地域もいまだに現存することから、水利整備をお願いしたい旨の要望があり、執行部としては、関係部局等と調査の上、検討していきたいとのことでありました。

 以上、主な内容について御報告いたしましたが、本件については、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第168号平成21年度天草市一般会計補正予算(第4号)でありますが、所管部門の歳入については、特に御報告申し上げるべきこともなく、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 なお、委員会では、赤潮被害対策短期資金融資事業において、赤潮により被害を受けた養殖業者を救済することに対して、短期の貸し付けだけではなく、長期の貸し付けも検討してほしい旨の要望がなされたことを申し添えます。

 なお、所管部門調査の一環として御報告いたしますが、陳情第7号として提出されております、河浦支所職員の処分に関する陳情書について、執行部に説明を求めたところ、当事案については、発生後、口頭による注意を行ったとのことでありました。

 委員会では、本件については、市長の人事裁量権にかかわる内容であることは認識しているが、陳情者の心情を考慮し、本陳情については、趣旨採択と決定し、あわせて執行部に対し、配慮ある対応を講じられるよう要望した次第であります。

 以上で、総務企画委員長報告を終わりますが、よろしく御賛同くださいますようお願い申し上げます。



○議長(濱廣昭君) ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。

 9番蓮池良正君。



◆9番(蓮池良正君) 一般会計補正予算(第3号)について、ちょっと質疑をさせていただきたいと思いますが、まず、歳入については、特に委員長からお話はなかったんですが、ちょっと何点かですね、お願いしたいと思います。

 今回、補正後の今年度の歳入増加見込み財源として幾ら程度見込めるのか。場合によっては、ここ何回か補正がされてますので、こう基金が繰り入れたり、こういろいろされてますが、基金繰り入れの繰り戻しも生じるのか、お願いします。

 それから、2点目はですね、6月定例会で期末勤勉手当の削減によって約1億600万円歳出が減少するという答弁をいただいておりますが、今後12月に向けて第2弾の人事院勧告に基づく人件費のカット等が予想され、それは単純に職員とか、我々にだけの影響ではなくて、市民生活へのマイナス影響も懸念されると思います。いわゆる、市民生活支援とか、地域経済対策の財源確保をどのようにしていかれるのか。場合によっては、基金の取り崩しを行ってでも、緊急な対策に対応するという考え方なのか。

 それから、3点目ですが、新政権移行に伴う国からの財源カットが生じるかどうかについて、懸念される歳入項目もあると見ておかなければならないのか。

 以上は委員会で特に関連する議論がされておらなければですね、執行部の方から答弁をお願いしたいと思います。

 それから、歳出については、ちょっと通告はしてなかったんですが、いま藤?委員長の方でお話された中の外灯のですね ―― 外灯て言わないで防犯灯ですかね。防犯灯の受益者負担ですね。これを受益者負担を検討していくというふうにおっしゃったんで、これは執行部の方でそう言うふうにしていくという意味ですかね。委員会の中でそういう要望をされたわけじゃないんですよね。そうすると、これは行革に入ってたですかね。ちょっと意外な感じでですね、せっかく公的にそれをされているから安心・安全のまちづくりということでは、大変前向きなことだなと私思ってたんですが、その受益者負担と言えば聞こえはいいですけれども、また前のとおりになるということかなということで、ちょっと気になるんですよね、それは。委員会では、まあ報告はあったんでしょうが、それに対してどうこうということはなかったんでしょうか。

 すみません、よろしくお願いします。



○議長(濱廣昭君) 総務企画委員長。

          [総務企画委員長 藤?正博君 登壇]



◆総務企画委員長(藤?正博君) ただいまの質問にお答えいたします。

 一番目の基金の繰り入れの繰り戻しが生じるかとのお尋ねの件ですけれども、委員会では、議論されましたかということの質問ですが、委員会におきましては、基金の繰り入れ、繰り戻しについて、この件については,議論はなされませんでした。

 それと、2つ目の質問の6月定例会での期末勤勉手当の削減での答弁についての関連質問ですが、これは執行部からの答弁を求めておられますので、執行部の方からお願いします。

 それと3番目の通告をいただきました件、新政権移行に伴う国からの財源カットが生じるかどうかについて懸念される歳入項目もあるとみておかなければならないのでしょうかという御質問ですけれども、これは私が直接、発足しました鳩山内閣にお聞きをしてお答えすべきことだろうと思いますけれども、まだそういった機会を得ておりませんので、きょうのところ、大変申しわけありませんが、お答えできません。

 それと防犯灯の件なんですけれども、いま防犯灯の設置がなされておりますけれども、これは執行部の方としては、今後これが受益者負担も検討したいということで、委員の方からは別にその受益者負担をしてくださいとか、そういった意見は出されておりません。執行部としては、検討課題ではあるというような答えの中にありましたので、報告した次第です。

 以上です。



○議長(濱廣昭君) 財務部長。



◎財務部長(森孝君) 人事院勧告に伴って、市職員の人件費カットがなされた場合の市民生活へのマイナス影響についての御質問でございますが、3月議会、そして6月議会、今回の9月議会で、一般会計で経済対策の総額が約86億程度、そして、その他特別会計、企業会計を含めますと99億程度の経済対策の予算を計上させていただいております。そういうことで、完全ではないにしてもですね、必要な施策は予算において提案をいたしていると考えております。議員御指摘の人事院勧告に基づく影響につきましては、その影響がどの程度ございますのか、今後動向を注視しながら、必要に応じた検討が必要ではないかと考えております。



○議長(濱廣昭君) 9番蓮池君。



◆9番(蓮池良正君) 最初の件についても、ちょっと委員長からお話をいただいたんですけど、簡単にですね、この、例えば、決算に伴うようなものは出てきますですね、まだ未計上ですからですね。6月で未計上だったのが、今回こう計上されているようなこともありますので、その辺のその歳入にかかわるところの短期の予測をちょっとお知らせいただきたいと思います。

 それから、私が2番目に聞いたのはですね、もちろんその99億程度の経済対策はされたことは、それなりに期待するし、いま進行中そのものだと思うんですが、必ずしもそれで万全と、お金が必要だけ投資したから万全ということではなくて、いま現状に対して、その、うまく機能しているかどうかは、絶えずですね、やっぱりチェックしていかないといけないと思うんで、そういう意味で、お金がないともうその後が何もできないというふうにやっぱりなってしまうと、非常にまずいんじゃないかなということで、3番目のことも委員長は、いみじくも今からということをおっしゃって、私もそう思うんですけども、ある知事さんは、それは裁判にしてでもですね、もらうべきはもらうとおっしゃってますので、その性格によりけりだと思うんですが、やはりきちんと、毅然と対処していく必要があるものもあるのではないかなと思いますので、ぜひお願いしたいと思います。

 それから、人勧関連のことは、今後の問題なんでしょうけど、特に職員の方ばっかりでなくて、我々にかかわる分野も出てきますので、6月でも申し上げたんですが、手当ては、その審議会の対象にしていないということだったんですが、そもそものあり方についてはですね、やはりうんといま現政権も、何か2割ぐらいカットするというような意向を出されてますので、単純にその、削減するのがいいかどうかも含めてですね、やはりきちんとその審議を踏まえられる必要があるんじゃないかなと。もう人勧と言えば、国の方で付されたのをそのまま踏襲するとなるんですけれども、影響が大きいですので、それだけまあ、職員の方はこう出てくるんですけど、議員の方はつけ足しみたいにしかなりませんので、できたらきちんとその審議の機会をですね、つくっていただければと思います。客観的な場でですよ。というふうにお願いしたいと思います。

 それから、ちょっと確認したいんですが、これは最後の歳出の件なんですけど、執行部の方でその受益者負担、防犯灯の件ですね。受益者負担を検討する方向に、さっき言いましたように、行革でそういうふうになっていたんですかね。せっかく、だからこう公的に負担をして、安全にしようということでやられているんだと思うんですが、それとこう、あまりにもかみ合わなくなってくるんじゃないかなと思いますので、ちょっとそれは正式にそういうふうになっているんですかね。だから委員長の報告はまあいいとして、そのそこで行われた執行部の答弁については、私はちょっと疑問なんですね、そこは。直接議案とはまあ関係ないと言えばおかしいですけど、防犯灯を整備することはそのとおりでいいということなんですけど、よろしくお願いします。



○議長(濱廣昭君) 総務企画委員長。

          [総務企画委員長 藤?正博君 登壇]



◆総務企画委員長(藤?正博君) お答えいたします。

 1番目の基金の繰り入れ、繰り戻しの件と、人事院勧告に基づく人件費のカットに関する件と新政権移行後の財源カットが生じるかどうか。それと防犯灯の執行部の見解等お尋ねのようですので、お答えをお願いします。



○議長(濱廣昭君) 財務部長。



◎財務部長(森孝君) 9月補正予算後の歳入見込みについてでございますが、平成20年度決算に伴う今年度の繰越金が約8億円ございます。ただ、この繰越金の2分の1以上につきましては、基金に積み立てることになりますので、最終的には、財源としては4億程度、市税につきましては、景気低迷によります法人税、法人税関係の減収の影響等が予想されます。当初予算の見込みよりもまあ恐らく1億程度は減少するんではなかろうかと考えております。

 歳入全体といたしましては、議員御指摘のとおり、財政調整基金からの取り崩しを一部取りやめる可能性も考えられるところでございますが、今後の市政等の動向を考慮しなければならないということで、確定的なことは申し上げられない状況でございます。

 それから、新政権発足後の財源カットについてでございますが、いま予算の一部凍結等の報道がなされているところでございますが、既に執行しているものや執行段階にあるものもございますし、この時期になりましてですね、凍結ということにつきましては、行政の継続性という意味でも疑問もございますし、また、地域にとりましては、地域活性化のために必要な事業として予算計上しておりますので、地方の財政運営に非常に支障を来たすと考えております。



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) 人事院勧告に関連して、職員特別職等の給与のあり方についてでございますけれども、当然、今お話があった点については、私どもも十分理解をいたしておりますので、必要に応じまして、課題としての対応をしていきたいというふうに考えております。

 それから、防犯灯の件でございますけれども、行革と逆行するんじゃなかろうかというような観点から(「逆行と言うか、そういうのをちょっと入れて言いましたが」と呼ぶ者あり)行革の中にですか。行革の中では入っておりませんけれども、そのとらえ方でなくて、当然、安心・安全のまちづくりのために市で設置していくのはまあ原則になっておりますけれども、例えば、もう特定の人のみが利用されるとか、まあそういうその、いわゆる公益性ていうものがないようなものにつきましては、今後検討する必要もあろうかと思いますし、防犯灯をつくることによりまして、電気代がかかってくるという事実もございますので、そこら辺については、細かい精査が必要ではなかろうかというようなことでございます。



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第143号及び議第168号を除く他の案件について討論に入りますが、ただいまのところ討論の通告があっておりませんので、討論なしと認め、これをもって討論を終了いたします。

 ただいま委員長より報告のありました案件中、議第143号及び議第168号を除く他の案件について採決いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) まず、議第132号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第136号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第137号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第138号及び議第139号、以上2件を一括採決いたします。

 以上2件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、議第138号及び議第139号、以上2件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第140号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 市民環境委員長報告



○議長(濱廣昭君) 日程第2、市民環境委員長報告。

 先日の本会議におきまして、市民環境委員会に付託いたしました議第143号平成21年度天草市一般会計補正予算(第3号)所管部門外1件を議題といたします。

 市民環境委員長より、審査の経過並びに結果について報告を求めます。

 市民環境委員長。

          [市民環境委員長 脇島義純君 登壇]



◆市民環境委員長(脇島義純君) おはようございます。市民環境委員長報告を行います。

 先の本会議において付託を受けました案件について、去る14日に委員会を開き審査を行いましたので、その経過並びに結果について御報告いたします。

 まず、議第143号天草市一般会計補正予算(第3号)の本委員会所管部門についてでありますが、委員会では、まず、款2.総務費の戸籍基本住民台帳費における庁用の機器類購入費について質したのでありますが、説明によりますと、県からの一部権限委譲に伴い、一般旅券に関する業務を平成22年2月1日から開始する予定とのことで、これに伴う機器の購入費及び老朽化に伴う住民基本台帳カードプリンター購入費とのことでありました。

 次に、款4.衛生費の環境総務費における臨時職員賃金の内容について質したのでありますが、説明によりますと、牛深地域における野犬対策として臨時職員を2名雇用し、捕獲器の設置・回収を行うものとのことでありました。これに対し、他地域における野犬対策についても質したのでありますが、説明によりますと、現在、天草市において捕獲されている野犬の半数以上が牛深地域で捕獲されており、他地域の捕獲頭数は少ないとのことで、本渡地域においては、捕獲器を貸し出し、保健所で回収しているとのことでありました。

 次に、環境対策費の風力発電施設の災害復旧工事について、さきに実施した住民アンケート内容及び結果について質したのでありますが、説明によりますと、五和町の行政区長や中学生等を対象とし、風力発電施設を再稼動させることへの考えなどについてアンケートをとったとのことであり、その結果、「再稼動を希望」及び「条件次第で再稼動希望」との回答が約76%を占めたとのことでありました。

 また、今後の落雷対策について質したのでありますが、説明によりますと、完全に落雷を避けることは不可能ではあるが、被害を最小限に抑えるために、それぞれの機器周辺に避雷器を設置するとのことでありました。なお、今後の維持管理費として、年間約200万円かかり、また、数年ごとに損耗機器の交換が必要になるとのことでありました。

 さらに、風力発電施設に保険は掛けられないのか質したのでありますが、説明では、全国市有物件災害共済会の保険に加入する予定で、地震、津波以外の災害に対応できるとのことで、保険料は年間3万円、状況により変わるが、被害額はおおむね補償されるとのことでありました。

 次に、同じく環境対策費の共聴施設整備事業補助金の内容について質したのでありますが、説明によりますと、地上デジタル放送への移行に伴う共聴施設の改修及び新設を行う共聴組合に対する補助金で、1戸当たり3万円を超えた分について補助をするものとのことであります。

 また、地上デジタル放送の視聴用チューナー購入に対する補助について質したのでありますが、説明によりますと、生活保護世帯等のNHK受信料が全額免除されている世帯に対して支援が行われるとのことであります。

 さらに、中継局が全部設置されても難視聴地域が発生するのか質したのでありますが、説明では、現在把握している地域は、ほぼ確実に難視聴地域になることが予想されるため、共聴施設の新設・改修を進めていくが、今後、新たな難視聴地域が発生することも予想されるとのことでありました。

 委員会では、地上デジタル放送移行に伴い、新たに難視聴地域になれば、少なからず金銭的負担を強いられるため、さらなる周知徹底に努められ、今後起きる問題等を速やかに解消できるように進めていくよう要望した次第であります。

 以上、主な内容等について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第147号平成21年度天草市国民健康保険診療施設特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、本件は、地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用し、御所浦診療所においてX線撮影システムを整備するものとのことでございましたので、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 以上で報告を終わりますが、よろしく御賛同いただきますよう、お願いをいたします。



○議長(濱廣昭君) ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほか ―― 9番蓮池良正君。



◆9番(蓮池良正君) 143号の衛生費の環境対策費のところについてお尋ねします。住宅用太陽光発電システム設置費補助金が3,600万円計上してあるんですが、一つは、そもそもですね、180件ということで見込んであるんですけども、今の市民経済の状況からこれは成り立つのかどうか。

 それから、2点目に新築・改築どっちでもですね、いいのか。また、共同住宅とか、事務所兼住宅、店舗兼住宅も対象になさるのか。

 それから3点目ですが、新築以外の場合にはですね、直接的な今回のような太陽光発電システム設置費用だけでなくてですね、そういうのをやれば当然もろもろの改修が伴ってくるんですけれども、住宅リフォーム助成制度というの、前から私も御提案しているんですけども、そういうものもあわせて設置していく方が有益ではないかと思うんですが、そういう検討がされなかったのか。

 それから、4点目にですね、今回の予算で恐らく実際の仕事を全部180戸にいけばですね、5億前後なるんだろうと思うんですよ。そういうことも踏まえてですけど、天草市内での建設関係の仕事興しの一環としても、この太陽光発電システムのより普及を図る方針は検討できないのか。いわゆる設備の共同所有、共同利用とかですね。今回のやつはほとんど個人所有に補助するということだと思うんですけれども、NPOとか、地域の自治組織がありますが、そういうもの含めてでありますとか、いわゆる公的な設置、天草市も公共施設にはじわじわ付けてますが、公共施設だけでなくてですね、民間の建物を含めて推進を図るとか、こういうのは可能ではないかと思いますし、ちょうど今、二酸化炭素の排出量を削減するという大きなテーマになってますんで、それに貢献する地域でのプロジェクトにもなり得ると思いますが、今回の補正計上をそういう位置づけに発展させることはできないのかどうか。委員会での関連した御議論があれば御紹介いただきたいと思いますし、担当の執行部の方にお願いしたいと思うんですが、よろしくお願いいたします。



○議長(濱廣昭君) 市民環境委員長。

          [市民環境委員長 脇島義純君 登壇]



◆市民環境委員長(脇島義純君) まず、1点目の180件の見込みについてですけども、当初予算においては45件ということで計上してあったわけですが、一つは、県の補助が始まるということ。それから、11月から売電の価格が2倍近くになるという、そういったことがあって、既に45件を大幅に超えたということで、今回、増額補正に至ったというような説明はございました。

 それから、二つ目の対象となる住宅の件ですけども、これは天草市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付の要綱の中に、既存住宅及び新築住宅、それから店舗等の兼用住宅を含むという記載されておりますので、あとでこう参照していただければ幸いにございます。

 それから、3番目の新築以外の住宅リフォーム助成制度の設置が、同時にそういったことすれば有益じゃないかというような質問、それから公と民の共同所有、それから共同利用ですか、そういったものを含めてCO2の削減を目的としたその、補正予算にもそういった位置づけでこれから発展していくような政策はできないかというような質問だったと思うんですけども、大変こういい質問だと思いますけども、委員会の中では、質疑等はこうございませんでしたけども、ただ、その委員長報告の質疑に対してだいぶんこう幅が広くなってきたんじゃなかろうかなと、私は思うわけですけども、そういうことで、なかったということで、よければこう執行部の方に答えていただきたいというように思います。



○議長(濱廣昭君) 市民環境部長。



◎市民環境部長(田口修司君) 私の方から3点目の新築の場合等の住宅のリフォーム等に広げた補助制度の活用ということでございますけれども、現在のところは、新築・改築の太陽光だけの設置、それに対する上限20万円でという形で補助制度を設けております。貴重な御意見だと思いますが、そこの部分まで現在のところは考えていないところでございます。

 それから、4点目の件につきましても、意見としては大変貴重な御意見だと思いますんで、今後参考にさせていただきたいというふうに考えています。



○議長(濱廣昭君) 9番蓮池君。



◆9番(蓮池良正君) 要綱をよく勉強しなさいということで、委員長から御案内ありましたが、そのようにしたいと思いますが、そこでですけれども、結構まあ前より少ないんですけど、新築のお宅も建ちますですね。そうすると、これはまあ、その市民の方、建てられる方の自由意思によるものだと思うんですが、市としては、せっかく家を建てらすわけですから、よほど日当たりが悪いところは別ですけど、基本的にはですね、どこも日当たりいいわけですので、こういういい制度があるので、それをこう普及をされているような状況にはなっているんですか。今年度はもう45全部こう使い果たすということで、かなりこうペースとしてはいい感じになってきたとは思います。それから6月の御答弁いただいたときは、まだ200にいってなかったですもんね。20年度までの大体3年間でですね、ですから、気運としてはあるんでしょうけど、やっぱり微妙にお金がかかるという問題と、それからどういう位置づけなのかというのがいまいちですね、天草の世帯数は相当ありますけど、その数からすればですね、あるいは1年間どのくらい家が建っているのか、ここで私も詳しく承知しておりませんけども、できたら可能なところは、やっぱりこれを推進していくというふうに、ぐらいのつもりがあられてもいいのではないかなと思うんですが、今回とてもいい補正予算と私は思うんですけども、そこらあたりの関連がですね、いまいちこうあいまいといいますか、希薄なような感じがいたしますので、住宅リフォームのことも申し上げましたけど、今度のもそうですが、トイレの水洗化などでもですね、やっぱりそういうのがあるともっとこう進んでいくのではないかなというふうに思いますので、後半の方はお願いですけども、最初のところはちょっと答弁を、向こうの方でもいいですけども、お願いしたいと思います。



○議長(濱廣昭君) 市民環境委員長。

          [市民環境委員長 脇島義純君 登壇]



◆市民環境委員長(脇島義純君) 詳細なことは、担当から答えさせますので、よろしくお願いいたします。



○議長(濱廣昭君) 市民環境部長。



◎市民環境部長(田口修司君) 失礼しました。最初の方の件でございますけれども、一応、現在いわゆる国と市だけが補助制度という形でとっておったわけでございますけれども、本年度の6月でございましたですか、県の方も新たな制度を補正予算で設けております。それと、新聞等でもあっておりますように、いわゆる国の方としてもいわゆる買い入れ価格を非常に上げてきておるわけでございます。大体平成21年の9月1日現在では、1キロワット25円 ―― ございましたけれども、11月1日は1キロワット48円に上がるというふうな状況もございます。それと、それぞれ市民の方のやはり意識の向上というものもあるかと思いまして、非常に申し込み件数等が増えているという現状がございます。

 一応、以上でございます。



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第143号を除く他の案件について討論に入りますが、ただいまのところ討論の通告があっておりませんので、討論なしと認め、これをもって討論を終了いたします。

 ただいま委員長より報告のありました案件中、議第143号を除く他の案件について採決いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 議第147号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 建設経済委員長報告



○議長(濱廣昭君) 日程第3、建設経済委員長報告。

 先日の本会議におきまして、建設経済委員会に付託いたしました議第134号天草市一般住宅条例の一部を改正する条例の制定について外7件を議題といたします。

 建設経済委員長より、審査の経過並びに結果について報告を求めます。

 建設経済委員長。

          [建設経済委員長 本田武志君 登壇]



◆建設経済委員長(本田武志君) おはようございます。建設経済委員長報告をいたします。

 先の本会議において付託を受けました案件につきまして、去る14日に委員会を開き、審査を行いましたので、その経過並びに結果につきまして御報告いたします。

 まず、議題134号天草市一般住宅条例の一部を改正する条例の制定について、御報告いたします。

 本件は、新和町にある「雇用促進住宅新和宿舎」を購入し、一般住宅として市民の利用に供するため、所要の改正を行うものであるとのことでありました。

 委員会では、家賃の額について質したのでありますが、説明によりますと、それぞれの所得に応じて新規入所者の場合は1万2,700円から1万8,900円まで、既入所者の場合は1万2,700円から3万3,700円まで、収入超過者の場合は2万7,100円から最高額4万1,200円までと公営住宅と同じ家賃体系となり、総体的には、雇用促進住宅の家賃よりも安くなるのではないかとのことでありました。

 以上、主な内容について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第141号市道路線の認定について御報告いたします。

 委員会では、該当する3路線について現地調査を行った上で審査を行いましたが、地域住民の通勤、通学などの生活道路、あるいは医療・福祉関係の公共施設をめぐる道路として広く利用されていることから、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第142号財産の取得について御報告いたします。

 本件は、先の議第134号において報告しました雇用促進住宅新和宿舎を一般住宅にして市民の利用に供するため、予定価格2,224万7,138円で取得するというものであります。

 委員会では、価格の算定方法について質したのでありますが、説明によりますと、不動産鑑定業者2社による鑑定額の平均額を基に算定したものであり、固定資産税評価額や周辺の取引額等から見ても取得価格としては適正な額であるとのことでありました。

 よって、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第143号平成21年度天草市一般会計補正予算(第3号)の所管部門について御報告いたします。

 委員会では、詳細に執行部の説明を求め、審査を行ったのでありますが、主な内容について御報告いたします。

 まず、農林水産業費の農業費で計上されております地産地消推進加工施設整備事業の概要について質したのでありますが、説明によりますと、本事業は、加工グループ等が行う地場農産物の加工施設等の整備に要する費用について50%補助を行うというもので、本渡地区1カ所、有明地区2カ所及び五和地区3カ所の計6カ所からの要望が上がっており、加工施設や設備等の小規模なものが対象になっているとのことでありました。

 また、新たな農業担い手支援事業の概要について質したのでありますが、説明によりますと、本事業は、雇用対策事業と同時に新規就農者を支援するため研修の場を設けて、即戦力として地域に定着してもらうというもので、担い手支援協議会に委託をし、デコポン等の果樹、トルコキキョウ等の花卉及び野菜栽培等に携わろうとする新規就農者の雇用を支援していきたいとのことでありました。

 また、農産物共同利用施設整備事業の概要について質したのでありますが、説明によりますと、本事業は、市の単独事業で、低温貯蔵庫、育苗ハウス、ライスセンターの改修等、比較的国の補助になりにくいものを補助するというもので、今回は、平成10年度に導入して老朽化してきたJA本渡五和の果樹光センサーの機器更新に対して助成するとのことでありました。

 次に、商工費に計上されております地域振興券交付事業について、再度提案するに至った経緯について質したのでありますが、説明によりますと、先日の質疑の際、論議にもありましたとおり、商工団体、市民生活の実情及び前回実施時に寄せられた意見等を勘案した上で、地域経済の活性化はもとより、生活支援に重きをおいた施策として実施したいとのことでありました。

 また、この経済効果について質したのでありますが、説明によりますと、前回は1億円の投資により7億8,000万円程度の経済効果があるとの報告があったが、現実には、クーポン券使用時に2、3割の現金を併用することから、1億円の投資により10億円程度の経済効果があったと推察されるとのことで、経済担当部署とすれば、経済危機対策の交付金事業として大変有意義なものであるとのことでありました。

 また、申請窓口の設置について質したのでありますが、説明によりますと、まだ想定ではあるが、今回は、まず窓口を市役所本庁、支所、出張所及び商工会の支所等に設置をし、より多くの人が申し込みができる体制を整えたいとのことであり、その確保ができて初めて事業を実施したいとのことでありました。

 また、不正防止対策について質したのでありますが、説明によりますと、前回は、購入者には購入のとき、住所、氏名を記入してもらい、加盟店には、取扱要綱により注意を喚起し、疑わしい店には出向いて内容の確認を行ったりしたとのことでありました。なお、今回は、不正があった場合は、詐欺罪の適用も含めたところで十分に検討を行っていきたいとのことでありました。

 また、事務経費について質したのでありますが、説明によりますと、これも先日の質疑の際、論議にありましたとおり、ポスターやチラシ等による周知活動を削減したり、加盟店に経費の一部負担を求めたりしたことにより、また、販売に対する人件費が2日半のみであったことから、300万円近い余剰金が出たとのことであり、今回は、新たに取り組む申請窓口の設置経費等を含めても補正予算額として600万円を認めてもらえば実施できるのではないかということで計画しているとのことでありました。

 委員会といたしましては、前回の反省に立ち、市民生活の支援に重きをおき、より広く、多くの市民にいきわたるとともに、公正・公平を確保する方法を十分に検討し、その確認の上に実施されるよう強く要望した次第であります。なお、事前の申し込みについては、特に高齢者への配慮をお願いいたしましたことを申し添えます。

 次に、土木費では、道路橋梁費の国・県道整備事業負担金について質したのでありますが、説明によりますと、県事業費の補正額1億3,070万円に対して15%の市負担額1,960万円を計上し、新規路線としては、国道266号線の龍ヶ岳町から倉岳町までの区間が計画されているとのことでありました。

 また、今後の負担金のあり方について質したのでありますが、説明によりますと、単県改良については、従来どおりの負担金となるが、舗装等維持補修関係については、平成22年度から負担金をとらない方向であるとのことでありました。

 以上、主な内容について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、追加提案されました議第168号平成21年度天草市一般会計補正予算(第4号)の所管部門についてでございますが、本件は、7月から発生した赤潮による被害を受けた地元の養殖業者に対し、無利子の短期融資制度を創設することにより、経営の安定及び健全化を図るというものでありましたので、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、請願第1号ミニマムアクセス米の輸入見直しに関する請願書についてでありますが、本件につきましては、採決の結果、願意を了とし、採択すべきものと決定した次第であります。

 また、請願第2号公有地の払い下げに関する請願書についてでありますが、本件につきましては、願意を了とし、異議なく、採択すべきものと決定した次第であります。

 最後に、請願第4号日米FTA、農家経営の危機打開を求める請願書についてでありますが、本件につきましては、採決の結果、願意を了とし、採択すべきものと決定した次第であります。

 以上で、建設経済委員長の報告を終わりますが、よろしく御賛同いただきますようお願いいたします。



○議長(濱廣昭君) ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第143号及び議第168号を除く他の案件について討論に入りますが、ただいまのところ討論の通告があっておりませんので、討論なしと認め、これをもって討論を終了いたします。

 ただいま委員長より報告のありました案件中、議第143号及び議第168号を除く他の案件について採決いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) まず、議第134号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第141号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第142号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、請願第1号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は採択であります。

 委員長報告のとおり採択することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり採択と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、請願第2号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は採択であります。

 委員長報告のとおり採択することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり採択と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、請願第4号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は採択であります。

 委員長報告のとおり採択することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり採択と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 文教厚生委員長報告



○議長(濱廣昭君) 日程第4、文教厚生委員長報告。

 先日の本会議におきまして、文教厚生委員会に付託いたしました議第133号天草市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について外5件を議題といたします。

 文教厚生委員長より、審査の経過並びに結果について御報告を求めます。

 文教厚生委員長。

          [文教厚生委員長 鎗光秀孝君 登壇]



◆文教厚生委員長(鎗光秀孝君) 文教厚生委員長報告を行います。

 先の本会議において付託を受けました案件について、去る15日に委員会を開き審査を行いましたので、その経過並びに結果について御報告いたします。

 まず、議第133号天草市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について御報告いたします。

 委員会では、本条例改正による出産育児一時金の増額が平成22年度末までとされている要因等について質したのでありますが、説明によりますと、今回の改正は、国による少子化対策及び安心して出産できる環境整備の一環として実施されるものであり、国においては、23年度以降についても前向きな検討が行われているとのことでありましたので、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第143号平成21年度天草市一般会計補正予算(第3号)の所管部門についてであります。委員会では、逐次詳細に執行部の説明を求め審査を行っておりますが、主な内容等について御報告をいたします。

 まず、民生費の保育所費では、児童福祉施設木製遊具整備事業における法人側の負担状況について質したのでありますが、説明では、消費税を抜いた設置費用の2分の1を補助するものであり、しろはと保育園は130万9,000円を自己負担するとのことでありました。

 次に、生活保護費では、住宅手当緊急特別措置事業の予算計上の根拠等について質したのでありますが、説明では、今回の予算計上に当たっては、完全失業率や世帯主の比率などを基にして、国が示す算式にあてはめて計算した結果181名の対象者を見込んだものであり、天草市の状況を考えた場合には、対象者は、見込みよりも少なくなると予想しているとのことでありましたので、できる限り本事業の趣旨を生かした対応に努められるよう要望した次第であります。

 次に、教育費では、小学校管理費で、学校図書の整備方針について質したのでありますが、説明によりますと、文部科学省が学級数などを基に示す各学校の図書標準数を参考に、各学校の状況を踏まえた図書購入を計画しているとのことでありましたので、委員会といたしましても、予算の早期執行に努め、児童・生徒の読書環境の改善を図られるよう要望した次第であります。

 次に、小学校建設費に関連して、これまで議会側からも指摘があっておりましたが、耐震化を行う教育施設の設計業務等の進捗状況について質したのでありますが、説明によりますと、これまでの入札で指名業者が全社辞退した事例もあったことから、辞退した業者には個別に事情の聞き取りを行うなど、契約検査課とともに、早急に対策を講じていただきたいとのことでありましたので、既に工期の遅れが懸念されている事例も見受けられることから、引き続き最大限の取り組みによる適正執行に配慮されるよう要望した次第であります。

 また、牛深小学校改築事業の補正内容等についても質したのでありますが、説明によりますと、当初は危険校舎の改築だけを計画していたものの、関係者との協議の中で、環境整備を要望する多くの意見が寄せられたことから、プールを含む全面改築を行うこととしたため、設計委託料の増額や仮設校舎建設予定地の整備費を計上したとのことであります。委員会では、新校舎の建設場所及び敷地の状況等についても質したのでありますが、説明では、旧牛深市で学校用地として計画されていた埋立地は埋立竣工前であり、新たな用地の確保も困難であることから、現在の学校敷地全体を有効活用し、全面改築を計画しているとのことでありました。

 次に、社会教育費では、栖本町青年団の全国大会出場に対する補助金の積算根拠について質したのでありますが、説明では、旅費等については、天草市のスポーツ全国大会出場補助金交付要綱を、また太鼓等の運搬費用については、文化関係の全国大会出場費補助金交付要綱を準用し、対応しているとのことでありましたので、補助を受ける団体間での格差意識が生じないよう、天草市としての統一した対応を要望した次第であります。

 以上、主な内容について御報告いたしましたが、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第144号平成21年度天草市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)並びに議第145号平成21年度天草市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)、以上2件につきましては、特に御報告すべきようなこともなく、いずれも、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 なお、国民健康保険特別会計については、先の報道等もあっております資格証明書世帯への短期被保険者証の交付については、市における新型インフルエンザ対策の一環として、インフルエンザの流行期等を勘案し、来年1月末までの期間を限定した取り組みを行うとの報告があっておりますので、あわせて御報告いたします。

 次に、議第146号平成21年度天草市介護保険特別会計補正予算(第1号)について御報告いたします。

 委員会では、認知症の方の施設入所待機状況等について質したのでありますが、説明によりますと、在宅での施設入所待機者数をおおむね100人と見込んでいることから、今回の認知症対応型共同生活介護6カ所の事業実施等により、半数程度の待機解消が見込まれるとのことでありましたので、本件につきましては、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 最後に、請願第3号国の制度として、75歳以上の高齢者と子どもの医療費無料化を求める請願書についてでありますが、委員会では、請願書記載のとおり、医療費無料化の取り組みを全国的に進めるべきとの意見もありましたが、現在の国政の状況からしても、まずは国の取り組みを注視すべきであり、現時点で天草市議会としての意見書を提出することは次期尚早ではないかとの意見も出され、本件につきましては、採決の結果、不採択とすべきものと決定した次第であります。

 以上で文教厚生委員長報告を終わりますが、よろしく御賛同くださいますようお願いをいたします。



○議長(濱廣昭君) ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。

 9番蓮池君。



◆9番(蓮池良正君) 143号の教育費ですが、ただいま委員長から御報告があったところについてなんですけれども、いわゆる小中学校の耐震補強関係の事業で、予算の増減がされております。

 また、第2表のですね、債務負担行為の補正においては、大幅に増額補正がされているんですが、そこで1点はですね、6月定例会以後のその関係事業の進行が順調に進んでいるのかどうか。入札に全社こう辞退されたというようなことが、まずそのことが典型で、大変わかりやすいことなんですけども、当初予定の進捗にですね、違いが生じているとすればどういう事情があるのかお願いしたいと思います。

 それから、2点目ですけど、仕事を発注するその、相手先の業者さんですが、これは設計及び施工、ともに確保できそうなのかどうか。そこが非常に気になるところでございまして、実際は、その市外の業者さんを含めてされているらしいんですけれども、中身がよくわかりませんので、お願いしたいと。また、できるだけ設計屋さんもそうですけど、地元の、天草市内の業者に発注する方向で、基本はですね、進められているのかどうかというところもお願いしたいと思います。

 それから、144号です。国保の特別会計補正予算(第1号)なんですが、今委員長がおっしゃったように、資格証明書該当世帯に短期保険証を交付・発送されたことは大変よかったと思います。同時にですね、新型インフルエンザの予防あるいは感染・発症後の重症化防止というのは、医療機関と行政との連携が極めて大切になってくると思うんですが、その際、ワクチン接種を徹底することも重要ではないのか。その点では、これはまあこの会計に限らないわけですが、国保に限らないんですけども、市民の皆様への啓発・支援をどのようにしていくのか。委員会での審議と執行部の基本的な考え方、対応方針をお知らせいただければと思います。

 よろしくお願いします。



○議長(濱廣昭君) 文教厚生委員長。

          [文教厚生委員長 鎗光秀孝君 登壇]



◆文教厚生委員長(鎗光秀孝君) ただいまの質問の件にお答えいたします。

 最初の件は143号、一般会計補正予算の教育費の耐震状況の関係での何点かの質問でいただきました。

 委員会では、今回の補正予算の内容を中心に審査を行っておりますので、ただいまの広範囲にわたる御質問のすべてをお答えするのは大変難しいと思います。1件1件というわけにはまいりませんので、あらかじめ御了承をいただきたいと思います。

 最初にお尋ねの進捗状況及び発注の条件については、先ほど御報告をしましたとおり、委員会でも指摘を申し上げまして、最大限の努力をもってことに当たるよう要望しております。

 なお、市内業者に発注するのかという御質問についてはですね、契約検査課の所管になるのでしょうが、教育委員会としても、契約や発注については契約検査課と十分協議をしながら進めている状況と説明を受けております。

 次に、144号、ワクチン接種の件でございますが、国保特別会計補正予算でも御質問いただきましたが、本件につきましても、委員会では、予算の内容を中心とした審査を行っております。ワクチン接種の市民啓発など、予算に計上されてない問題については、論議は行っておりません。しかし、ワクチン接種ということの重要性は委員会としては認識しておりますので、なお、国保の短期被保険者発行の関係につきましては、インフルエンザの蔓延防止という観点で取り組むということは、委員会でもお伺いしておりましたので、先ほど御報告したとおりでございます。

 それから、ワクチン接種等の今後の対応等については、所管部よりお答えしていただければと思っております。以上ですかな、進捗状況。じゃあよろしくお願いします。



○議長(濱廣昭君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(田代隆一君) 新型インフルエンザに対してお答えをいたします。

 今回の新型インフルエンザに対するワクチン接種を徹底することも重要ではないかとの御質問でございますが、今回の新型インフルエンザ対応ワクチンが10月下旬をめどに最初の出荷を予定されており、ワクチンの接種の優先順位が国より示されたばかりでございます。今回のワクチンの有効性、安全性については、明確に確認されていないことから、国も接種に当たっては、慎重に対応している段階であり、健康被害も考えられる可能性もあり得る状況でありますので、市といたしましても、このような状況において、直ちに啓発、支援を行うのは時期尚早と考えております。ただし、接種に当たっては、医師会と連携し、受託医療機関との取りまとめ依頼や、住民の方に対する接種対象者ごとに接種が受けられる時期や、受けられる医療機関の周知等を行ってまいりたいと考えております。助成につきましては、国の方で低所得者等の負担軽減措置のあり方を今後検討するということでありますので、まだ国の方向性が明確でないこともありますので、国の動向を見守りながら、市としての対応を検討させていただきます。



○議長(濱廣昭君) 9番蓮池君。



◆9番(蓮池良正君) 耐震の関係の方ですけれども、詳しくは、その何て言いますかね、予算が6月で出ましたですけど、その牛深とか、楠浦小とかは、結構大規模なことでしたので、多分工程表があったんだと思いますが、全体的にはやはり工程表みたいなのはもらっていないような感じがしましたですけども、どのくらい影響が出てきているかというところは聞いても答えられるんですかね。これは素人目にはですね、せっかく夏休みがあったもんですから、そのこう軽易なですね、そういうものについては夏休みにでもさすとかなと見てたんですけど、ゼロじゃなかったのかもしれませんけど、あまりそういうふうにも映っておりませんし、もちろん設計をして実施、施工となっていくんでしょうから、それなりのこう流れはわかりますけれども、何ていいますかね、学校統廃合の対象校も含めてやっていくという、片方では言いながらですね、こうずれていくというのは、ちょっと非常にこう矛盾しているんじゃないかなと。もちろん業者さんがおらっさんけんて言えばもうそれでお手上げみたいな感じもありますので、ここで答弁できないところもあると思うんですけど、しっかりですね、やっぱり詰めていく必要があるんじゃないかなと。やはり地元の業者さんを基本に、ベースにおきながらですね、されていく必要があるんじゃないかなと思うんですが、ちょっとなかなかわかりにくいので、そこら辺は委員長さんからちょっと気の毒ですので、執行部の方で今の状況についてお知らせをいただければと。後ほど特別委員会等も設置されますのでね、詳しくはそちらでこう状況を開示して推進を図っていくということにしていただきたいと思います。

 それから、後半の方のですね、そのワクチンの問題で、まあ国の方で助成は検討されるべきだろうと思います。ですから、積極的にやはりそこは市長初めですね、推進をしていっていただきたいと思うんですが、いかんせん、安全性はいろいろ言わすけれども、やっぱりそれをしないことには予防が十分できないと思いますので、情報を十分こう市民にも提供していただくように引き続きお願いしたいと思います。



○議長(濱廣昭君) 文教厚生委員長。

          [文教厚生委員長 鎗光秀孝君 登壇]



◆文教厚生委員長(鎗光秀孝君) 耐震状況の進捗状況の件についてお尋ねでございます。影響と、また現在の状況等をお尋ねでございますので、委員会としては、一応報告は受けておりますが、詳しい説明等は担当より発表していただきます。

 ワクチンについては要望でしたというふうに思っておりますので、はい。



○議長(濱廣昭君) 教育部長。



◎教育部長(嶺力君) それでは、耐震補強関連事業につきましてお尋ねでございますので、お答えをさせていただきたいと思います。

 まず、改築を予定しております楠浦小学校、牛深小学校、五和東中学校、五和西中学校のうち、楠浦小学校と牛深小学校につきましては、仮設校舎や新築校舎の設計の入札を既に終えているところでございます。

 また、五和東中学校の仮設校舎の建設につきましては、建築確認等の関係がございますけども、9月末から10月上旬にかけまして着工する予定といたしております。

 それから、五和西中学校の仮設校舎の入札につきましても、10月中の予定をいたしているところでございまして、設計・施工業者とも確保できるものと考えております。

 それから、業者につきましても、地元業者の方にできるものであれば、積極的にお願いをしてまいりたいというふうに考えておるところでございます。



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑ありませんか。19番中村五木君。



◆19番(中村五木君) 今、牛深小学校のその建築の最終的な、まあきょうが最終になるんでしょうけど、もともと現有地の小学校が建っているところが、まあその建てかえの候補地として当然これはあるわけですね。現在の場所に。それと旧牛深市時代からその、まあ今後はその小・中一環教育のことも一つ考慮するべきじゃないかという考え方の中で、まあ漁港整備をやっております背後地の牛深中学校の横なんですが、そこが相当面積があるということで、もし水産庁の目的外使用とか、そういうものが間に合うとすれば、そちらに建てたらどうですかということで、まあ青写真等も内々ではあってやってきたわけです。今回、結局耐震度の調査をなさった中で、0.3以下だということで、まあ結局は全面改修に今回執行部がお決めになったということで、これは大変地域にとってはありがたいことなんですが、ただ、二つ並行した中でずっと用地の問題がきたもんですから、今委員長さんの中に、なぜその現有地の牛深小学校を全面撤去して、そこに建てるかということで、じゃあなぜその牛深市が優先的に考えてきた漁港の背後地に建てることを断念したのかということが、全然その今御説明がなかったみたいなんです。これはあのですね、そういう意味でずっとその背後地に建てたらどうかということできてますから、今、現有地に建てられるのはもう当然私は、私自身は執行部の皆さん方からも理由を聞いて知ってますが、地域の方はですね、ある程度御存じないと思っているんですよ。ですから、まあ何点かあると思います。その要するに、水産庁の関係で、今漁港整備をやっているところに何で建てられないのかということは。まあ、これは3年以内に建てると、まあ補助率が大変高いから、有効な仕事だから3年以内に建てるということでいいことなんですが、それだけはですね、何でその背後地に建てられないのかということだけは、きちっとおっしゃっていただかないと、後でいろいろその問題が出てくるんじゃなかろうかと。私は反対しているんじゃないですよ。今のところでいいと思っています。いろいろ事情は私は知ってますから。ですから、それだけでもですね、きちっと1点がこういう理由があります。こういう理由があります。こういう理由で現在の小学校を解体して、現在地に建てることに決定をしましたということをきちっとおっしゃっていただけませんかね。一応記録に残していた方が、私はいいと思ってます。そういうことで、委員長、すみません。執行部の方からお願いしたいと思います。



○議長(濱廣昭君) 文教厚生委員長。

          [文教厚生委員長 鎗光秀孝君 登壇]



◆文教厚生委員長(鎗光秀孝君) ただいまの牛深小学校の件でございます。現有地のところに建てるか。それとも埋め立てのところに建てるかという、そのような件でお尋ねでございます。担当よりお答えをいただきたいと思います。



○議長(濱廣昭君) 教育部長。



◎教育部長(嶺力君) 今議員おっしゃいましたとおり、私どもも牛深小の改築に係りましては、旧牛深市の方で検討されておりました埋立地等につきましても検討をいたしましたところでございます。ただ、今一番大きな埋め立て、3カ所ぐらいに分けて検討いたしたんですけども、1カ所につきましては、まだ現在埋め立てが行われているところでございまして、埋め立てが完了してません。そういったことで建てられないというふうな状況でございます。それから、市営グラウンド等にも検討してみたんですけども、ここは非常にこう利用頻度が高くて、現在のところなかなか住民の方も御理解いただけないだろうということで断念をした経緯がございます。それから、今度、仮設校舎を建てます埋立地につきましては、地番等をですね、調査をいたしまして、そちらの方に建てるわけですけども、その土地につきましては、面積が現在の牛深小学校の敷地よりも狭うございますので、現在地の方が適当だろうというふうなことで考えました。総合的に考えまして、やはりこの現在の牛深小学校の敷地に全面改築をするというふうなことが一番いいだろうと。これは耐震化のために急ぐというふうな時期的なこともございまして、結論を出したところでございます。



○議長(濱廣昭君) 19番中村五木君。



◆19番(中村五木君) わしも執行部じゃなくて申しわけないんですが、ただ一言つけ加えさせていただきますれば、要するに、まだ竣工してないんですね、これ工事途中、まあ5万立米ぐらいまだ埋め立てないかんということですが、まあそうしますと、結局旧牛深市が計画してきましたよりも、要するに、何が変わったかといいますと、要するに、完成の時期が変わってしまったわけですね、この耐震度の調査によって。ですから、牛深市は何年度に建てようということじゃなくして、今度建て替えをするときは、その背後地にもっていこうという考え方でやってきたから。要するに、時間的に急遽短縮されたということで、要するに、期限が切られてしまったわけですね、こう建てる期限が。その中で、要するに水産庁の一部竣工とか、あるいはその竣工までいくのかという問題があるわけです。そうしますと、要するに事務的に間に合わないですね、これ結果的に。ですから、そういうことも含めて、今回やはり、ものすごい補助率のいい時期に建てようという、市長の御判断で今回こういうことになったってことをはっきりですね、やっぱりおっしゃっていただかないと、地域の方は、まだ若干ですね、何で背後地に建てないかという方もおいでになるわけですよ。そういうことを払拭するためには、やっぱりきちっとそこら辺をおっしゃっていって、要するに、間に合いませんということをはっきりおっしゃった方がいいんじゃないですか。ですから、今の場所にちょっと狭隘であるけれども、何とかいろいろなことを工夫しながら建てていくということでよろしいんですよね。はい、そういうことですから、よろしく、あとは頑張っていただきますように、よろしくお願いします。



○議長(濱廣昭君) 答弁要りませんか。



◆19番(中村五木君) はい、要りません。



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑ありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第143号を除く他の案件について討論に入ります。請願第3号について討論の通告があっておりますので、これを許します。9番蓮池良正君。

          [9番 蓮池良正君 登壇]



◆9番(蓮池良正君) おはようございます。9番日本共産党の蓮池良正です。

 ただいま、文教厚生委員長は、請願3号国の制度として75歳以上の高齢者と子どもの医療費無料化を求める請願書について、賛成少数で不採択とする旨御報告されました。私は、不採択ではなく、ぜひ採択していただきたい。採択までは時期尚早と思われる議員各位においても、不採択という委員会審査結果については、不同意をしていただき、天草市においても御高齢の方々や、子育て中の皆さんの安心をより充実させる道を御一緒に探求していっていただきたいとお願いする次第であります。

 6月定例会の一般質問で、私は、OECD加盟国中、大部分が医療費の窓口負担がゼロになっていることを紹介しました。イギリスでは、病院の窓口は、患者さんがお金を払うのではなく、交通費の支給を受けるところになっているそうです。日本では想像ができないようなことです。窓口負担がある国でも、日本のように医療費の3割を患者が負担するというのは珍しいほど、有料でも少額負担です。決して経済力で日本が劣ることはありません。私は、近い将来、日本でも世間並みの医療制度に改善できると確信します。

 今回の請願は、医療費患者負担軽減の第一弾として、75歳以上の御高齢の方々と就学前の子どもの医療費を国の制度として無料化を図るよう求めるもので、このことが実現して、天草市も、天草市民も困ることは何もありません。時期尚早という御意見もあったようですが、新しい政権の各与党や建設的野党を自任する日本共産党が、社会保障関係施策の充実を総選挙マニフェストで掲げ、その実現に向かって進もうとしているときだけに、地方自治体と住民にとって、歓迎されることは待ちではなく、積極的に要求していくのが少なくとも私たち市議会の役目ではないでしょうか。そういうこともしないで、国から流れる予算の承認だけにとどまっていたら、存在意義が十分果たせているといえるでしょうか。私は、市議会と議員がその職責を果たすためにも、こういう請願に基づく意見書を出すことに積極的であるべきと考えます。

 また、新型インフルエンザの感染・発症が懸念されています。しっかりした予防とともに、早期受診、早期治療が徹底できるように、国保では対象となる被保険者市民一人一人の手元に保険証があることが、まず大切ですが、いざ外来受診するとき、場合によっては入院するとき、患者負担のことを考えて、治療を抑制するようなことがあってよいのでしょうか。まず、75歳以上の御高齢の方々と就学前の子ども医療費を国の制度として無料にできれば、天草市では、小学生までの医療費を無料にする展望が生まれます。待ちではなく、国の制度を地方から活用し、改善の方向に転換を求めていこうではありませんか。

 気になる財源の問題でも、新政権のかじ取りが注目されますが、本請願書に記載のとおり、天草市民の目からみてもむだ遣いを改めることや、行き過ぎた大企業・大資産家減税の適正な見直しで、財源は確保できます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(濱廣昭君) 以上で、9番蓮池良正君の討論を終わります。

 ほかに討論の通告があっておりませんので、これをもって討論を終了いたします。

 ただいま委員長より報告のありました案件中、議第143号を除く他の案件について採決いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) まず、議第133号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第144号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第145号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、議第146号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、請願第3号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は不採択でございます。

 委員長報告のとおり不採択とすることに、賛成の諸君の起立を求めます。

          [賛成者起立]



○議長(濱廣昭君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり不採択と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議第143号平成21年度天草市一般会計補正予算(第3号) 採決



○議長(濱廣昭君) 日程第5、議第143号平成21年度天草市一般会計補正予算(第3号)について、これより討論に入りますが、ただいまのところ討論の通告があっておりませんので、討論なしと認め、これをもって討論を終了いたします。

 議第143号を採決いたします。

 本件に対する各委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議第168号平成21年度天草市一般会計補正予算(第4号) 採決



○議長(濱廣昭君) 日程第6、議第168号平成21年度天草市一般会計補正予算(第4号)について、これより討論に入りますが、ただいまのところ討論の通告があっておりませんので、討論なしと認め、これをもって討論を終了いたします。

 議第168号を採決いたします。

 本件に対する各委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 農業委員会委員の推薦について



○議長(濱廣昭君) 日程第7、農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

 本件は、農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、4名を推薦したいと思います。

 これに御異議ございませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、4名を推薦することに決定いたしました。

 委員の選任については、指名推選の方法により、議長において指名したいと思います。

 これに御異議ございませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、委員の選任については、指名推選の方法により、議長において指名することに決定いたしました。

 農業委員会委員に、住所、牛深町1640番地2、氏名、戸谷泰典、住所、有明町大浦900番地、氏名、松川兼光、住所、御所浦町御所浦又540番地2、氏名、平岡秀樹、住所、河浦町新合274番地、氏名、大塚 宏、以上4名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました、以上4名を農業委員会委員に推薦することに御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました、以上4名の諸君を農業委員会委員に推薦することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議第169号から日程第18 議員提出第6号まで一括上程



○議長(濱廣昭君) 日程第8、議第169号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてから日程第18、議員提出第6号フェリー・旅客船の存続及び港町活性化に関する意見書の提出についてまで、以上11件を一括議題といたします。

 議第169号から順次提案理由の説明を求めます。

 安田市長。

          [市長 安田公寛君 登壇]



◎市長(安田公寛君) 追加議案につきまして提案理由の御説明を申し上げます。

 今回、追加提案をいたします7件につきましては、いずれも人権擁護委員の候補者の推薦につき、議会の意見を求めるものでございまして、人権擁護委員法の規定によりまして、御提案をいたすものでございます。

 まず、追加議案書その2の1ページをお願いいたします。

 議第169号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてでございますが、住所、天草市川原町8番9号、氏名、本多祐子、生年月日は議案書に記載のとおりでございます。本渡地区の金子和幸委員が本年12月末日をもちまして任期満了となり、退任されますので、その後任といたしまして御推薦いたすものでございます。本多さんは、平成18年3月まで38年間にわたり教職につかれておりますが、この間、人権教育に熱心に取り組んでこられ、人権擁護委員として適任と考え、御推薦をいたすものでございます。

 次に、2ページの議第170号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてでございますが、住所、天草市有明町下津浦3422番地、氏名、河内大成、生年月日は議案書に記載のとおりでございます。有明地区の山川道明委員が本年12月末日をもちまして任期満了となり、退任をされますので、その後任といたしまして御推薦をいたすものでございます。河内さんは、平成19年3月まで38年間にわたり教職につかれており、現在は、本市教育委員会の教育指導アドバイザーとして御尽力をいただいております。これまで小・中学校のいじめ問題や不登校問題、虐待問題などに取り組んでこられており、人権擁護委員として適任と考え、御推薦をいたすものでございます。

 次に、3ページの議第171号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてでございますが、住所、天草市有明町上津浦1110番地、氏名、柴田久美子、生年月日は議案書に記載のとおりでございます。柴田さんは、これまでも人権擁護委員として御活躍をいただいておりますが、本年12月末日をもって任期が満了いたします。人格・識見ともに優れておられ、人権擁護委員として適任と考え、引き続き候補者として御推薦を申し上げるものでございます。

 次に、4ページの議第172号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてでございますが、住所、天草市有明町須子1073番地、氏名、盛田政文、生年月日は議案書に記載のとおりでございます。有明地区の河田憲明委員が本年12月末日をもちまして任期満了となり、退任をされますので、その後任といたしまして御推薦をいたすものでございます。盛田さんは、昨年6月まで郵便局に勤務され、退職後は天草地区交通安全協会有明部会須子支部長として御活躍をいただいており、地元の皆様方からの信望も厚く、人権擁護委員として適任と考え、御推薦をいたすものでございます。

 次に、5ページの議第173号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてでございますが、住所、天草市倉岳町宮田2508番地、氏名、山?昭次、生年月日は議案書に記載のとおりでございます。山?さんは、これまでも人権擁護委員として御活躍をいただいておりますが、本年12月末日をもって任期が満了いたします。人格・識見ともに優れておられ、人権擁護委員として適任と考え、引き続き候補者として御推薦を申し上げるものでございます。

 次に、6ページの議第174号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてでございますが、住所、天草市天草町高浜南2727番地2、氏名、?田國秀、生年月日は議案書に記載のとおりでございます。?田さんは、これまでも人権擁護委員として御活躍をいただいておりますが、本年12月末日をもって任期が満了いたします。人格・識見ともに優れておられ、人権擁護委員として適任と考え、引き続き候補者として御推薦を申し上げるものでございます。

 最後に、7ページの議第175号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてでございますが、住所、天草市河浦町河浦1075番地1、氏名、斉藤千鶴子、生年月日は議案書に記載のとおりでございます。斉藤さんは、これまでも人権擁護委員として御活躍をいただいておりますが、本年12月末日をもって任期が満了いたします。人格・識見ともに優れておられ、人権擁護委員として適任と考え、引き続き候補者として御推薦を申し上げるものでございます。

 以上で提案理由の説明を終わりますが、よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(濱廣昭君) 議会運営委員長。

          [議会運営委員長 大塚基生君 登壇]



◆議会運営委員長(大塚基生君) 議員提出第3号地方自治体の財源確保を求める意見書の提出について説明をいたします。

 地方自治法第99条の規定により、別紙のとおり意見書を提出するものとする。

 提出年月日は平成21年9月18日。

 提出者は、議会運営委員長、大塚基生であります。

 それでは、意見書(案)の朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。

 地方自治体の財源確保を求める意見書(案)

 先の衆議院議員総選挙で政権が交代することとなり、私たちの地域においても期待と不安の両面から新政権のかじ取りを見守っているところである。

 天草市は、「日本の宝島天草の創造」を基本理念に旧2市8町が合併して3年半を経過しようとしているが、この間、行政改革大綱に沿って、民間委託等の推進や職員定数の適正化のほか、投資的経費の節減等に取り組んできている。しかしながら、農林漁業や中小商工業のウエートを置く地方都市において、地域経済の疲弊は著しく、若年人口の流出に伴う人口減少と少子高齢化は全国平均のはるか先をいく状況にある。このような中、自主財源としての市民と地域経済の担税力向上は容易ではなく、そのため地方交付税や国県支出金が重要な財源を占めている状況にある。

 平成21年度補正予算では、地域活性化・公共投資臨時交付金及び地域活性化・経済危機対策臨時交付金の創設により地域活性化のための支援策が示されたが、これらは、地方が強く訴えてきた地方交付税の増額や緊急経済対策の早期実施の要請にこたえるものであり、高く評価するところである。しかしながら、三位一体の改革以降、地方財政は年々厳しさを増し、住民生活や地域経済と直結した地方自治体の施策を展開するための財源には限界が生じており、地方自治体が今後も市民生活に欠かすことのできない行政サービスの提供を確保し、安全・安心の実現と地域の活性化を図っていくためには、更なる地方自治体の財源確保が不可欠である。

 よって、国においては、地方の実情を十分勘案の上、下記事項の実現に努力されるよう強く要望する。

                 記

 1.地方交付税の基準財政需要額算定における単位費用については、公共サービスが維持できるように改善するとともに、過疎地・農山漁村地域における補正係数については適切な加算を行うこと。

 2.福祉や教育におけるナショナルミニマムを財源的に保障するなど、住民生活に不可欠な行政サービスの維持・向上に必要な財政措置を講じること。

 3.災害防止並びに災害復旧対策のための財源確保に配慮すること。

 4.地域主権の理念に基づき地方の自主財源を十分に確保すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

 平成21年9月18日

                   熊本県天草市議会議長 濱 廣昭

 以上の意見書を内閣総理大臣ほか関係大臣に提出するものであります。

 何とぞ全会一致をもって御賛同いただきますようお願いいたします。



○議長(濱廣昭君) 建設経済委員長。

          [建設経済委員長 本田武志君 登壇]



◆建設経済委員長(本田武志君) 議員提出第4号ミニマム・アクセス米の輸入見直しを求める意見書の提出について。

 地方自治法第99条の規定により、別紙のとおり意見書を提出するものとする。

 提出年月日は平成21年9月18日。

 提出者は、建設経済委員長、本田武志であります。

 それでは、意見書(案)の朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。

 ミニマム・アクセス米の輸入見直しを求める意見書(案)

 先に発覚したミニマム・アクセス米を含む汚染米不正転用事件は、食の安全に対する国民の信頼を著しく失墜させ、農政行政のあり方が鋭く問われた事件であった。

 事件発生後、農林水産省は、米を目的以外に使用・販売した業者の罰則を強化する改正食糧法や米の原産地情報の記録と保存を義務づける「米トレーサビリティー法」の成立などの再発防止策を打ち出したが、いまだに国民の食の安全に対する不安感は根強く、汚染米流通に対する懸念が完全に払拭されたとは言えない状況にある。

 一連の汚染米不正転用事件の背景には、ミニマム・アクセス米を過剰に抱えた農林水産省から購入先である米穀業者に対して適切な検査が行われなかったことが指摘されているが、そもそもミニマム・アクセス米は、ガット・ウルグアイ・ラウンド農業交渉の中で、我が国全体の経済的利益を考慮する中で、国家貿易方式による輸入機会の提供として行われているものであり、国民の食の安全を脅かすだけでなく、国際的な価格高騰による途上国の人々の食糧不安の一因とも指摘されているところである。一方、国内においては、生産過剰が米価低迷の原因であるとして生産調整が拡大・強化されており、日本の農業経営の面からしても、不必要な米の輸入は許されるものではない。

 よって、国においては、ミニマム・アクセス米の輸入について、全面的に見直されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

 平成21年9月18日

                   熊本県天草市議会議長 濱 廣昭

 以上の意見書を内閣総理大臣ほか関係大臣に提出するものであります。

 何とぞ全会一致をもって御賛同くださいますようお願いいたします。

 続きまして、議員提出第5号日米FTA反対、農家経営の危機打開を求める意見書の提出について。

 地方自治法第99条の規定により、別紙のとおり意見書を提出するものとする。

 提出年月日は平成21年9月18日。

 提出者は、建設経済委員長、本田武志であります。

 それでは、意見書(案)の朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。

 日米FTA反対、農家経営の危機打開を求める意見書(案)

 近年、農産物の輸入量増加による国内産農産物の価格低迷及び長期化する米価低迷により、地域における農家経営は持続困難な状況が広がっている。このような状況下で、農業と農村を再生させるためには、農家の農業生産意欲を高めることが不可欠であり、農産物価格保障制度や所得保障制度の抜本的充実とともに、農産物輸入自由化を見直し、国内産農産物の価格安定を図る必要がある。

 特に、いま問題となっている日米FTA、現に交渉が進められている日豪FTA及びEPAは、農産物の輸入全面自由化につながることが懸念されており、日本農業並びに地域経済の崩壊につながるおそれもあることから、断じて看過できないものである。

 また、米の生産コストが増す中で、既に出荷が始まった平成21年度産米の米価も回復の兆しを見せない状況にあり、このままでは農家経営を根幹から揺るがしかねない事態となることは明らかである。

 よって、国においては、日本農業や農家経営の当面する危機打開策として、下記事項の実現に努力されるよう強く要望する。

                 記

 1.日本農業への大きな影響が懸念される日米FTA交渉は行わず、日豪交渉も中止すること。

 2.政府備蓄米の適正備蓄水準(100万トン)買い入れによる米価安定を図ること。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

 平成21年9月18日

                   熊本県天草市議会議長 濱 廣昭

 以上の意見書を内閣総理大臣ほか関係大臣に提出するものであります。

 何とぞ全会一致をもって御賛同くださいますようお願いいたします。



○議長(濱廣昭君) 総務企画委員長。

          [総務企画委員長 藤?正博君 登壇]



◆総務企画委員長(藤?正博君) 議員提出第6号フェリー・旅客船の存続及び港町活性化に関する意見書の提出について。

 地方自治法第99条の規定により、別紙のとおり意見書を提出するものとする。

 提出年月日は平成21年9月18日。

 提出者は、総務企画委員長、藤?正博であります。

 それでは、意見書(案)の朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。

 フェリー・旅客船の存続及び港町活性化に関する意見書(案)

 我が国は、四方を海に囲まれていることから、国民生活や経済活動に不可欠な国内外物流の大半を海上輸送に依存している。海の国道である離島航路においては、住民の生活物資輸送や交通手段として、フェリー・旅客船業界が大きく寄与してきたところであり、我が天草市においても、フェリー・旅客船輸送は、東京・関西圏等の大生産・大消費地を最短で直結するルートとして重要な役割を果たしているところである。

 フェリー・旅客船輸送は、長距離の一括大量輸送が可能で、環境面においても二酸化炭素排出量の抑制など、大きな効果が期待される。

 しかしながら、昨今の燃油高騰や世界的不況の直撃をはじめ、高速道路料金の休日割引制度開始により、輸送需要が著しく減少し、フェリー・旅客船業界においては、企業の存続さえも危ぶまれている。

 よって、国においては、下記の事項について適切な対策を講じられるよう強く要望する。

                 記

 1.フェリー・旅客船事業の維持・向上が可能となるように、海上運賃引き下げのための補助制度の創設や船舶の燃料効率の改善対策の拡充など経営基盤の強化策を講じること。

 2.地球温暖化対策の観点から、環境負荷の低い海上輸送を促進すること。

 3.フェリー・旅客船事業者に対する港湾や漁港施設使用料の減免を拡大するとともに、港湾及び漁港管理者に対して必要な財政措置を講じること。

 4.フェリー・旅客船輸送の利用促進のために、二次交通網の整備等、発着港の活性化を図る施策への支援を強化すること。

 5.円滑な世代交代と高度な船舶運航能力を持つ海技者の育成・確保のための施策を拡充すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

 平成21年9月18日

                   熊本県天草市議会議長 濱 廣昭

 以上の意見書を内閣総理大臣ほか関係大臣に提出するものであります。

 何とぞ全会一致をもって御賛同いただきますようお願いいたします。



○議長(濱廣昭君) まもなく正午になりますが、このまま続行いたします。

 以上で提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入りますが、ここでお諮りいたします。

 日程第8、議第169号から日程第18、議員提出第6号まで、以上11件は委員会の審査を省略し、本日議決したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、日程第8、議第169号から日程第18、議員提出第6号まで、以上11件は委員会の審査を省略し、本日議決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) まず、日程第8、議第169号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第169号を採決いたします。

 本件は、市長提案のとおり同意することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は市長提案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、日程第9、議第170号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第170号を採決いたします。

 本件は、市長提案のとおり同意することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は市長提案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、日程第10、議第171号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第171号を採決いたします。

 本件は、市長提案のとおり同意することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は市長提案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、日程第11、議第172号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第172号を採決いたします。

 本件は、市長提案のとおり同意することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は市長提案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、日程第12、議第173号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第173号を採決いたします。

 本件は、市長提案のとおり同意することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は市長提案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、日程第13、議第174号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第174号を採決いたします。

 本件は、市長提案のとおり同意することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は市長提案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、日程第14、議第175号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより議第175号を採決いたします。

 本件は、市長提案のとおり同意することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は市長提案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、日程第15、議員提出第3号地方自治体の財源確保を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかになければ、討論を終わります。

 議員提出第3号を採決いたします。

 本件は、原案のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、日程第16、議員提出第4号ミニマム・アクセス米の輸入見直しを求める意見書の提出についてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかになければ、討論を終わります。

 議員提出第4号を採決いたします。

 本件は、原案のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、日程第17、議員提出第5号日米FTA反対、農家経営の危機打開を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかになければ、討論を終わります。

 議員提出第5号を採決いたします。

 本件は、原案のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 次に、日程第18、議員提出第6号フェリー・旅客船の存続及び港町活性化に関する意見書の提出についてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかに質疑がなければ、これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) ほかになければ、討論を終わります。

 議員提出第6号を採決いたします。

 本件は、原案のとおり可決することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第19 特別委員会の設置について



○議長(濱廣昭君) 日程第19、特別委員会の設置についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 ごみ及びし尿処理施設等の建設に関する件を調査・研究するため、14名の委員をもって構成する廃棄物処理施設建設に関する特別委員会を、また、学校統廃合及び耐震化に係る学校施設の建設等に関する件を調査・研究するため、13名の委員をもって構成する学校施設等整備に係る特別委員会をそれぞれ設置し、調査が終了するまで継続して審査することにしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、廃棄物処理施設建設に関する特別委員会及び学校施設等整備に関する特別委員会をそれぞれ設置し、調査が終了するまで継続して審査することに決定いたしました。

 ただいま設置されました廃棄物処理施設建設に関する特別委員会及び学校施設等整備に関する特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、それぞれ指名したいと思います。

 まず、廃棄物処理施設建設に関する特別委員会の委員に、7番勝木幸生君、9番蓮池良正君、11番中村三千人君、14番田中茂君、15番松江雅輝君、16番池田裕之君、17番脇島義純君、22番平石水穂君、23番大塚基生君、24番本田武志君、26番江浦政巳君、27番??昭臣君、28番藤?正博君、30番池田次人君、以上14名を指名いたします。

 次に、学校施設等整備に関する特別委員会の委員に、3番浜崎義昭君、4番古賀源一郎君、6番宮下幸一郎君、8番若山敬介君、10番船辺修君、12番鎗光秀孝君、13番赤木武男君、18番平山泰司君、19番中村五木君、20番楠本千秋君、21番宮下重康君、25番吉川?澄君、29番北野鋼一君、以上13名を指名いたします。

 ここで両特別委員会の正副委員長互選のため、暫時休憩いたします。

              午後0時08分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−

              午後0時21分 再開



○議長(濱廣昭君) 再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を続行いたします。

 廃棄物処理施設建設に関する特別委員会及び学校施設等整備に関する特別委員会において、それぞれ正副委員長の互選が行われましたので、その結果を御報告いたします。

 廃棄物処理施設建設に関する特別委員会委員長、16番池田裕之君、副委員長、7番勝木幸生君、学校施設等整備に関する特別委員会委員長、20番楠本千秋君、副委員長、6番宮下幸一郎君、以上のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第20 継続審査並びに調査について



○議長(濱廣昭君) 日程第20、継続審査並びに調査について。

 一般会計決算特別委員会に付託いたしました議第148号、特別会計決算特別委員会に付託いたしました議第149号から議第165号まで、企業会計決算特別委員会に付託いたしました議第166号及び議第167号及び議会運営委員会の所管事務調査について、以上21件は、各委員長から閉会中、継続審査並びに調査の申し出があっております。

 各委員長の申し出のとおり、継続審査並びに調査に付することに、御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(濱廣昭君) 御異議なしと認めます。

 よって、以上21件は各委員長の申し出のとおり、閉会中、継続審査並びに調査に付することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(濱廣昭君) 以上で、本定例会に提出されました案件全部を議了いたしました。

 これをもちまして議事を閉じ、平成21年第4回天草市議会定例会を閉会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−

              午後0時24分 閉会




地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

         議長   濱   廣 昭

         議員   中 村 三千人

         議員   大 塚 基 生