議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 天草市

平成19年12月 定例会(第7回) 12月06日−02号




平成19年12月 定例会(第7回) − 12月06日−02号







平成19年12月 定例会(第7回)



          平成19年第7回天草市議会定例会会議録

1.議事日程(第2号)
                    平成19年12月6日(木曜日)午前10時開議
 第1 報告第21号 専決処分事項の報告について
 第2 報告第22号 専決処分事項の報告について
 第3 議第 153号 専決処分事項の承認について
 第4 議第 154号 天草市議会議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条
          例の一部を改正する条例の制定について
 第5 議第 155号 天草市非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例等の一部を改
          正する条例の制定について
 第6 議第 156号 天草市支所設置条例の一部を改正する条例の制定について
 第7 議第 157号 天草町役場庁舎建築基金条例を廃止する条例の制定について
 第8 議第 158号 天草市立保育所条例の一部を改正する条例の制定について
 第9 議第 159号 天草市天草宝島国際交流会館ポルト条例の制定について
 第10 議第 160号 天草市下田温泉ふれあい館ぷらっと条例の制定について
 第11 議第 161号 天草市天草文化交流館条例の制定について
 第12 議第 162号 字の区域の変更について
 第13 議第 163号 指定管理者の指定について(本渡老人福祉センター)
 第14 議第 164号 指定管理者の指定について(倉岳老人福祉センター)
 第15 議第 165号 指定管理者の指定について(天草市在宅介護支援サテライト施設
          ふたうら)
 第16 議第 166号 指定管理者の指定について(天草市在宅介護支援サテライト施設
          おにき)
 第17 議第 167号 指定管理者の指定について(河浦生活支援ハウス)
 第18 議第 168号 市道路線の認定について
 第19 議第 169号 平成19年度天草市一般会計補正予算(第5号)
 第20 議第 170号 平成19年度天草市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 第21 議第 171号 平成19年度天草市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)
 第22 議第 172号 平成19年度天草市介護保険特別会計補正予算(第2号)
 第23 議第 173号 平成19年度天草市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
 第24 議第 174号 平成19年度天草市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算
          (第1号)
 第25 議第 175号 平成19年度天草市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
 第26 議第 176号 平成19年度天草市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
 第27 議第 177号 平成19年度天草市浄化槽市町村整備推進事業特別会計補正予算
          (第1号)
 第28 議第 178号 平成19年度天草市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)
 第29 議第 179号 平成19年度天草市国民健康保険診療施設特別会計補正予算
          (第2号)
 第30 議第 180号 平成19年度天草市歯科診療所特別会計補正予算(第1号)
 第31 議第 181号 平成19年度天草市斎場事業特別会計補正予算(第1号)
 第32 議第 182号 平成19年度天草市病院事業会計補正予算(第2号)
 第33 議第 183号 平成19年度天草市水道事業会計補正予算(第1号)
 第34 議第 184号 天草市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定につ
          いて
 第35 請願の付託について
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.本日の会議に付したる事件
   議事日程のとおりである。
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.出席議員は次のとおりである。(29名)
  1番 宮 下 重 康 君             2番 田 中   茂 君
  3番 浜 崎 義 昭 君             4番 野 嶋 健 一 君
  6番 中 尾 友 二 君             7番 宮 下 幸一郎 君
  8番 勝 木 幸 生 君             9番 若 山 敬 介 君
  10番 蓮 池 良 正 君             11番 船 辺   修 君
  12番 中 村 三千人 君             13番 鎗 光 秀 孝 君
  14番 赤 木 武 男 君             15番 松 江 雅 輝 君
  16番 池 田 裕 之 君             17番 脇 島 義 純 君
  18番 平 山 泰 司 君             19番 中 村 五 木 君
  20番 楠 本 千 秋 君             21番 平 石 水 穂 君
  22番 大 塚 基 生 君             23番 本 田 武 志 君
  24番 吉 川 ? 澄 君             25番 江 浦 政 巳 君
  26番 ? ? 昭 臣 君             27番 藤 ? 正 博 君
  28番 濱   廣 昭 君             29番 北 野 鋼 一 君
  30番 池 田 次 人 君
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.欠席議員は次のとおりである。(1名)
  5番 古 賀 源一郎 君
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.説明のため出席した者の職氏名
  市長      安 田 公 寛 君   副市長     吉 添 圭 介 君
  教育長     岡 部 紀 夫 君   総務部長    鶴 田 謹 一 君
  財務部長    田 口   學 君   企画部長    金 子 邦 彦 君
  健康福祉部長  矢 田 勝 行 君   市民環境部長  生 嶋 隼 人 君
  経済部長    奈良崎 利 幸 君   建設部長    山 下 秀 文 君
  水道局長    黒 鶴 進 治 君   教育部長    新     勲 君
  病院局次長   森 田 勝 善 君   会計管理者   山 下 誠 喜 君
  牛深支所長   戸 谷 洋 典 君   有明支所長   加々見 孝 美 君
  御所浦支所長  脇 島 榮 志 君   倉岳支所長   橋 詰 孝 一 君
  栖本支所長   原 田   茂 君   新和支所長   山 下 富 康 君
  五和支所長   井 上 英 二 君   天草支所長   西 岡 恒 幸 君
  河浦支所長   大 平 健 次 君   総務課長    梅 川 三 郎 君
  財政課長    森     孝 君   秘書課長    嶺     力 君
−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−
6.職務のため出席した事務局職員の職氏名
  首席審議員
          田 代 隆 一 君   議事調査係長  濱   仙 明 君
  議会事務局長
  庶務係長    林   泰 裕 君   主査      谷 口 哲 也 君
  書記      石 田 健 作 君




              午前10時00分 開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(宮下重康君) おはようございます。定足数以上の御出席でありますので、再開いたします。

 ただいまから、本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に印刷配付してあるとおりであります。

 本日の日程は質疑となっておりますが、先日、議会運営委員会で御協議いただきました結果、議第153号は委員会の審査を省略し、本日議決することに御了解をいただいておりますので、よろしく御協力をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 報告第21号専決処分事項の報告について



○議長(宮下重康君) 日程第1、報告第21号専決処分事項の報告についてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 報告第22号専決処分事項の報告について



○議長(宮下重康君) 日程第2、報告第22号専決処分事項の報告についてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議第153号専決処分事項の承認について



○議長(宮下重康君) 日程第3、議第153号専決処分事項の承認についてを議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 昨年度、たしか牛深だったですか、類似の事故が発生したと記憶しておりますけれども、一応点検をしたように聞いておりましたが、念のためにですね、昨年度類似事故発生の際に、この箇所を含めてですね、点検がされているのか確認したいと思います。

 それから、こういう可動式のですね、グレーチングの施工箇所は市道関係でいいますと、どのくらい数的にあるのか。

 それと改善といいますか、今しっかりしているのは固定式が出回っておりますけども、その固定式などへの改修計画は立てられているのか確認したいと思います。



○議長(宮下重康君) 建設部長。



◎建設部長(山下秀文君) お答えいたします。まず、昨年度の類似事故発生に際しての点検でございますが、昨年の6月の事故発生後、交通量の多い1・2級の幹線市道117路線で緊急に側溝ぶたの確認をいたしております。この結果、道路を横断している鋼製ぶたが1,543メートルございまして、このうち危険性の高い28メートルにつきましては、昨年、緊急に取り換え工事を実施いたしております。

 また、可動式の側溝ぶたの施工箇所でございますが、本年度も昨年度に引き続き調査、確認を続けておりまして、1・2級の幹線市道のほかに、その他の路線も含めて点検を行い、9月末現在で取りまとめをしております。224路線、2,399メートルに側溝ぶたが設置されております。このうち226メートルが可動式の鋼製ぶたでございます。

 可動式から固定式への改修計画についてでありますが、本年度は、改修が必要な箇所約130メートルを計画しておりまして、現在、73メートルについては工事実施中でございます。今後、道路を横断している可動式の鋼製ぶたについては、平成20年度中には整備が終了しますよう計画を進めているところでございます。



○議長(宮下重康君) 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) ここに載っている箇所については点検の対象になっていたんですか。一応、そこんところも明らかにしていただきたいと。

 それから、詳しく書いてありますからわかるんですけど、穴が開いていたとかですね、ありますね。だから、天草市になりまして道路が大変広域ですから、そういう情報がですね、日常点検業務としては、維持管理係ですか−−市道のですね−−していらっしゃるんでしょうけれども、機敏にですね、そういうのができるような、もうちょっと市民にお力をお借りするとかですね。既に区長さんとか、我々も気付けば当然言うわけですけれども、そういう一種のモニターみたいなですね、情報が、速やかにいくように、そういうことを考えるべきじゃないかなと思うんですが、今の制度とみてどうなのかですね。しばらく放置されていたんだろうと思うんですね、やっぱりこういう状況がですね。そこの点をお聞きしたいと思います。



○議長(宮下重康君) 建設部長。



◎建設部長(山下秀文君) まず、今回の事故の箇所は点検箇所に入っていたかということでございますが、これは、昨年は1・2級を重点的にやりまして、今年は引き続きその他の路線も含めて点検をしております。その点検対象路線には入っておりまして、点検も一応済ませていたところでございます。今回は側溝本体が陥没して跳ね上がったという事故でもございましたし、点検は行っていたという状況でございます。

 それから、天草市には約2,060キロの道路がありまして、それを管理をいたしております。このために日常の点検パトロールを実施しておりますが、完全にその掌握はできているかという部分についてはですね、難しいんじゃなかろうかなと考えております。先ほど御意見いただきました市民モニターあたりを活用して、点検、通報、そういう確認ができればと考えておりますので、今後検討させていただきたいと考えております。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は委員会の審査を省略して、直ちに採決いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員会の審査を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかになければ、討論を終わります。

 議第153号を採決いたします。

 本件は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

          [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議第154号天草市議会議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(宮下重康君) 日程第4、議第154号天草市議会議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は総務企画委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議第155号天草市非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例等の一部を改正する条例の制定について



○議長(宮下重康君) 日程第5、議第155号天草市非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 単年度でですね、今回の改正措置をしない場合と比べますと、どのくらい節約になるのか。1件1件はその半額ということなんですけどね、若干示していただきたいと思います。

 それから、通常の出張でですね、領収書が得にくい場合というのも、電車であるとか、バスであるとか、あると思うんですが、そういう場合の支出は実際上どうなさっているのか、可能なのかですね。まあお金は使うわけですけども、その公費的になっているのか。

 それから、旅費の中でですね、宿泊費については、定額支給方式に、行き先に応じて決まっているわけですけども、上限を定めた実額方式にするような検討といいますか、そういう事例も含めてですけど−−はされていないのか、この際お聞きしたいと思います。



○議長(宮下重康君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) それでは、ただいまの件にお答えをさせていただきます。

 まず、1点目にありました節約の経費がどのくらい出てくるかということでございますけれども、18年度の旅費実績をベースに試算をいたしますと、1年間でおよそ860万円ほどの節約ということになろうかと思います。ただ、金額的には出てまいりませんけれども、例えば、職員を研修とか、いろんな大会へ参加させる場合、今までは日当が必要になってきておりましたけれども、これらが全くかからないということになってまいりますので、具体的に金額でお示しすることはできませんけれども、一人参加していたのを二人でも三人でも可能になってくるという部分もあろうかと思っております。

 それから、2点目にありました、いわゆるその領収書を得にくいケースの件でございますけれども、公共の交通機関を利用して出張する場合は、熊本県内であれば目的地までの往復旅費を利用する交通機関の料金表から正確に積算し、旅行者に支給をしております。出張において旅費が不足するということはなかろうというふうに考えております。しかしながら、県外に旅行する場合は、駅などからその会場までの移動手段など、どうしても正確に旅費を積算できない場合がありますので、今回の改正では、このような不確定な旅費にあてるため、旅行雑費として現行の日当半額を支給することといたしております。

 それから3点目にありました、宿泊費について検討はしなかったのかというようなことでございますけれども、宿泊費につきましては、宿泊料金のほかに夕食代、翌日の朝食代が、それと宿泊のための雑費が含まれております。ですから、宿泊料金以外の実費の把握が非常に難しい面がありますので、国等に準じまして定額方式といたしております。したがいまして、今回は特に検討はいたしておりません。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) そすと、今の答弁にありましたように、日当というのは、よく誤解も生じるんですけども、その要するに雑費的なものというふうに今後は理解していいわけですかね。だから、まあ必要でなければもう順次−−相当今度は思い切って外されたと思うんですけど。そういう概念といいますか、理解でいいわけですね。



○議長(宮下重康君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) 従来まで、その日当の定義といいますのが、いわゆる解説書あたりによりますと、昼食代であるとか、旅行にかかる諸雑費というような定義をされておりましたので、今回、いわゆるその日当の必要性といいますか、日当についてを十分検討いたしました結果、今後は諸雑費の部分ということで半額を支給するというようなことにいたしております。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は総務企画委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議第156号天草市支所設置条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(宮下重康君) 日程第6、議第156号天草市支所設置条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は総務企画委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議第157号天草町役場庁舎建築基金条例を廃止する条例の制定について



○議長(宮下重康君) 日程第7、議第157号天草町役場庁舎建築基金条例を廃止する条例の制定についてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は総務企画委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議第158号天草市立保育所条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(宮下重康君) 日程第8、議第158号天草市立保育所条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 今回の条例が出て、あと3月で、まあ具体的にはその移譲先が出てくるんだと思うんですが、既に選考がされていると思いますので、民間移譲先の選考経過とですね、それから移譲の条件ですね。建物、設備とか、土地をどのように扱うのかですね。それから、臨時職員さんの身分とかについては、もう既に折衝といいますか、条件として、先方に、提示してあるのか、あるいは今後調整されるのか、確認したいと思います。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) 民間移譲先の選考経過について御説明いたします。

 9月1日号の市政だより「天草」で公募を行いまして、9月25日に締め切ったところでありますが、社会福祉法人育成会から応募があっております。10月10日の天草市公立保育所民間移譲選考委員会において、天草市公立保育所民間譲渡募集要項に示された事項について審査された結果、「社会福祉法人育成会へ譲渡されるのが適当である」との回答をいただいております。

 平成20年4月1日に民間移譲することとなりますが、移譲の条件の調整でございますが、天草市志柿保育所民間移譲募集要項に基づき、土地は有償となります。土地の面積は1,148.48平米で、不動産鑑定評価に基づき1,766万円で売却をいたします。なお、土地売買契約につきましては、平成20年4月1日に志柿保育所の行政財産としての用途を廃止後、契約を締結することとなります。建物は321.2平米で、建物、設備及び物品の取り扱いについては、無償で譲渡することにいたしております。なお、志柿保育所の移譲に関する仮覚書書、財産譲与仮契約書を締結をいたしておりますが、天草市立保育所条例の一部を改正する条例の交付の日に、本覚書書、本契約としての−−本覚書及び本契約としての効力を生ずるものといたしております。

 また、派遣職員の臨時の職員のことでございますけれども、処遇につきましては、園児の不安を解消するためにも、できる限り引き続き雇用していただくようお願いをいたしてまいりたいと思っております。



○議長(宮下重康君) 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 要するに、一法人しか応募がなかったということで理解していいわけですね。そこが適合したということと理解していいわけですね。要項にあったんでしょうけれども、保育所ですから、基本的には収益事業ではないはずですけれども、その財産の取り扱いですね。今回の場合は、もちろん先方もそれで条件として飲まれるということだと思うんですが、例えば、土地というのが結構広いですから、あるいは地域的な、その思い入れもあるんではないかなと、地域の方々にとりましてはですね。保育所がそのまま存続することが、まず第一に必要だと思うんですが、その辺のその、これはケースバイケースとしていくんですか、あるいは、今後これが先例として、土地については、やはり有償譲渡といいますか、適正な値段でというふうに考えていくんですか。今度は今度ということなのか。そこをお願いしたいと思います。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) ケースバイケースで対応していくというのが一番いいのじゃないかというふうに思っております。



○議長(宮下重康君) 19番中村五木君。



◆19番(中村五木君) 関連ですが、今回は、本渡市さんから引き継がれたために、その建物は譲与すると。土地については、結果的に1,700万円ぐらいで売却をされると。まあ、いうことですが、これ一気に売却をされてるのが、民間の保育園の方々の、経営なさる方々が無理をなさらないのかという心配がひとつあるんじゃなかろうかと思っております。そういう中で、現状では児童数と申しますか、その園児も恐らく少子高齢化で減っていくだろうということであろうかと思います。そういう現状の中で、民間移譲されるにしても、その土地の売却とか、そういうものは一定期間猶予を置きながら、約束のもとに3年なら3年、あるいは5年先に売却をするという形のものがとれないのか。せっかく御支援いただくわけですから、公的な機関はメリットが出てき、そしてお受けをなさる方も若干のメリットがあるという形でやっぱりお受けになるんでしょうけども、大変厳しい経営状況に陥るんじゃなかろうかと懸念される面があるわけです。そういうことで、その点は何か陳情もなさっているという話、正式にはどうか知りませんが、そういう話もあっておりますが、このことについて、今後、まあ今後も譲渡される計画があるわけですから、今後その検討をなさる気持ちがあるのかどうか。同じ格好で、即売却だという形でおやりになるのかということをちょっとお伺いをしたいと思います。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) 土地売却については、高額なお金でございますので、少子化の傾向から考えると、議員御指摘のとおり、今後の課題として検討していくべきだろうというふうに考えております。



○議長(宮下重康君) 19番中村五木君。



◆19番(中村五木君) 市長、どうですか。市長、どうですか。いろいろ部長が言うたけどわしは知らんじゃったじゃいかんけん、市長さん、ちょっと今んとばお願いします。



○議長(宮下重康君) 市長。



◎市長(安田公寛君) ただいま部長が答弁をいたしましたとおり、今後いろんなケースが出てくるだろうというふうに思いますので、そのケースにしたがいながら、しっかりと検討を加えてまいりたいというふうに考えております。



○議長(宮下重康君) ほかにありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 議第159号天草市天草宝島国際交流会館ポルト条例の制定について



○議長(宮下重康君) 日程第9、議第159号天草市天草宝島国際交流会館ポルト条例の制定についてを議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、順次発言を許します。

 22番大塚基生君。



◆22番(大塚基生君) 今回、天草宝島国際交流会館ポルト条例というようなことで提案をされております。この件につきましては、天草市以前の旧本渡市から引き継いだ事業で、まちづくり交付金事業で取り組んできた事業でございますが、私たち、まちづくり交付金事業として説明を受けましたときには、天草の−−その中の一つの切支丹館はまだ工事にもかかっておりませんけれども、3つの施設をつくって、天草の観光振興の拠点としたいというようなこと。それから、一緒に地域の商店街の活性化のためにこの事業が必要だというようなことで説明を受けて、今日まで来ました。そして今回、2件だけ文化交流会館も提案をされております。その中の設置の1条、設置の目的のところでみますと、今まで私たちが、そういうことで説明を受けておりましたことと、ちょっと薄く、その思いというですか、考え方が薄くなったのかなと。何かその辺が私たちは伝わってこないところがありますので、その辺どのように考えておられるのかというのが、まず1点お伺いをしたいと思います。

 それからもう1点は、これを建設をされ、できあがるわけでございますので、これを使って今後どのようなその活性化の計画なり、方法というようなことを考えておられるのか。

 この2点についてお伺いをいたします。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) まず、まちづくり交付金事業との関係でございますが、天草宝島国際交流会館ポルトは、まちづくり交付金事業として、中心市街地の賑わいを創出する施設として整備を進めております。

 交付金事業の目的にあわせまして、1階に観光物産の情報発信施設として観光案内情報コーナー、物産販売等ができるオープンスペース、2階には、まちづくり団体やNPO法人などの活動の場としての研修室などを設けているところでもございます。このポルトを多くの人々が利用し交流が図られていくことで、賑わいが生み出され、商店街や地域の振興につながるところと考えております。

 また、ポルトの利用者にとりましては、そこでの活動を通じまして生活や文化の向上などが図られていくものと思われますし、そのことを条例の設置目的とした次第でもあり、まちづくり交付金事業の目的と合致しているものと考えております。

 2番目の今後の利活用についてでございますが、周辺の商友会の皆さんと連携を行い、ポルトでの集客イベントの実施など、積極的に中心市街地の賑わいを取り戻すべく創出をしてまいりたいと考えております。

 また、交付金事業として一体的な整備を行っている天草文化交流館、切支丹館との連携の重要性も十分に認識をいたしておりますので、今後、それぞれのイベントの同時開催などを協議を進めまして、切支丹館からポルトにつながるまでの散策コースの開発など、連携を図ってまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(宮下重康君) 22番大塚基生君。



◆22番(大塚基生君) そういう関連性はちゃんと持たせながら、今後、運営をやっていくというようなことでございますけれども、できたらその辺も、その条例の中に何かそういう感じが出てくるのがいいのかなというような思いがひとつ、ございました。

 それと問題は、できあがったわけでございますので、これを使ってどれだけ今部長がおっしゃった賑わいのあるまちづくりをつくり上げていくかというようなことでございますけれども、本来ならば、やはり同時進行でというですか、一番思いましたのが、今回、参考資料として配置図あたりをいただきましたけれども、これは今までいただいておりましたし、できたら、今後は、この資料とするならば、「どういう活用をして活性化をしていきます」「こういう計画があります」というような資料の方が、私たちとしては、今回はこれはありがたっかたのかなという思いがございますので、その辺をぜひ検討していただきたいと思いますし、これを多額の金を投資をして建設をしたわけでございますので、「つくって良かったな」と住民の方が思われるような、あるいは商店街の方が思われるような利用の方法を検討をしていただきたいと思いますし、今その3つの施設、関連をして同時開催をしたりというようなことでございますけれども、議案は違いますけれども、文化交流館につきましても、そういう考えでいくならば、観光の面、あるいは地域の振興の面から、所管はその教育委員会じゃなくても、商工観光課で扱っても良かったのかなという思いもありますので、その辺は十分に関連性を持たせながら、投資効果が出るような利活用を検討をしていただきたいと思いますので、その辺まあどのように考えておられるかちゅうか、そういう計画を本来持ってからこういうことに−−必要じゃなかろうかというのが、予算は、今回も補正ありますけども、都市計画課で出てきております。ということは、都市計画課とするならば、これをつくるまでが、つくることが目標でございましたでしょうし、ならこれをどう使うかというのは商工観光課、経済部の方に来たわけですので、その辺、行政は割とこういう、つくるところと利用するところが違うというようなことで、つくるまでが目的になってしまうというようなところがありますので、その辺のところこう十分配慮をしながら、利活用を考えていただきたいと思います。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) 御指摘ありがとうございます。もともと、まちづくり交付金事業としてですね、切支丹館と天草文化交流館、それとポルトの施設が一体整備をされておりますが、今回、条例で上げておりますように、それぞれ主たる目的が少しずつ違いますが、最終的な目的はですね、中心市街地、あるいは入り込み客数、観光客の増加とか、要するに、旧本渡市の界隈の街にたくさん賑わいが戻ってくるようなことをやりましょうというのが一つあるのかと思いますので、今後そういったことで連携を深めながらですね、議員御指摘のとおり、活用策をさらに研究を進めてまいりたいというふうに考えます。



○議長(宮下重康君) 次、10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 条文にはですね、市長が管理すると、管理事務所を置くと、こうなっているんですけども、ちょうど市民センターみたいに、建物の中の一画に管理事務所が置かれるというふうに思えばいいわけですかね。そこを確認したいと思います。

 それから、一応ざっとみましたけれども、利用者の意向を反映するようなですね、運営委員会みたいなものは、どうもざっと見た感じはないようなんですけども、そういうのは設置されないのか。

 それから2点目ですが、今回の条例で、イメージが持ちやすくはなったんですけど、果たして利用する人の立場に立ったときにどうなのかなと。子どもさんとか、高齢の方は自由にどうぞと、料金はいただきません−−ある一画がでしょうけどね。それは、まあ非常に結構なことなんですけども、妥当なその料金設定なのかというのがですね、どういう議論をされて出てきたのかですね。いわゆる利用しやすい規定とか料金などについて、市民の意見を取り入れてきているのかどうか。まあ、この議会に出されていますので、通常でいけば、この12月で採決をされて、新年度に向けて準備となっていくんだと思うんですが、もう少しその周知といいますか、決定の以前に市民に開いてですね、その料金等も含めて諮っていく方がいいのではないかなと思うんですが、その辺の進め方が、いま一どうなのかなと感じがいたします。

 それから、もう何回も言ってきたことなんですけども、今、大塚議員からも利活用についてはお触れになりましたけれども、いわゆる利活用計画が、その一般論じゃなくてですね、その商友会と協議してと、それはそのとおりなんですけども、もう4月1日オープンなんですから、まあちょっとしたお祭りみたいなのをずっとやってほしいという声もあればですね、イメージがいまいち持ちにくいというのもあるわけですよね。だから、その形にやっぱりしていかないと、もう遅いんじゃないかなと、はっきり言ってですね。そういう時期にきているのではないかなと思います。

 そしてそれを保障する意味ではですね、もうくどいようですけれども、専用駐車場をどう考えていらっしゃるのかですね。三、四階に結構な催しができるようになりますね、あるいは1階もそうでしょうけれども、少なくとも100台ぐらいのですね、その駐車場が当てにできなければ、おいでになる人はどこに車を置けばいいのかというふうに多分なるんだろうと思うんですよ。あるいは、交通弱者へのそういう交通アクセスについて、巡回バスをですね、これはバスの業者さんが積極的に考えていただければいいわけですけども、なかなかその動きがありませんので、やっぱり市は、その行政がするもんじゃないということだけじゃなくてですね、先進地はやっているわけですので、そこまで踏み込んでやっていかないと、これは建物をつくってもですね、どうやっていくのかという、そもそものところがですね、何の保障もないんですよね。そこをまずお聞きしたいと思います。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) まず、1点目の管理事務所の所管はどこになるのか、また、運営委員会的なものは設置しないのかというふうな御質問であろうかと思いますが、天草宝島国際交流会館ポルトにつきましては、将来的には、指定管理者制度で管理を行う予定をいたしております。そのために、取り扱い業務の内容、管理運営方法、管理運営の経費、利用状況、利用形態など、指定管理者制度へ移行するための基礎的な資料を把握する必要がございますので、また、市民からの要望にも答えるべく、当面の期間、直営で管理運営をするようにいたしております。また、新規に運営を開始する施設であることから、利用者である市民や各種団体の皆様方から御意見をいただき、利用促進を図っていきたいと考えております。近い将来には、指定管路者制度への移行を予定しておりますので、今回、運営委員会の設置規定は設けてはおりません。

 次に、利用しやすい規定や料金など市民の意見を取り入れてきたのかというふうな御質問であろうかと思いますが、利用しやすい規定や料金等のお尋ねにつきましては、平成15年以来、数多くの会合や意見の交換、ワークショップなどを通じまして貴重な御意見を多数いただき、その要望等を取り入れております。利用しやすいという点では、2階の子ども広場や高齢者サロンにつきましては、利用許可申請の必要もございませんし、利用できるようになっておりますので、もちろん冷房・暖房の料金等もここは無料となります。研修室につきましては、営利を目的とせずに、社会一般の利益となるような活動を行う団体が利用する場合は、施設使用料については無料としております。またさらに、展示ホールにつきましては、展示目的で利用する場合は、その利用期間が長くなることを考え、施設の使用料については、類似施設より低めに設定をして、その場合の冷暖房料金はいただかないようにいたしております。以上のように、市民にとりまして気軽に御利用ができますよう料金設定をするとともに、休館日を年間1月1日と12月31日の2日だけにしておりまして、市民にとっては利用しやすい、使い勝手の良い施設になってくるのではなかろうかというふうに思っております。

 次に、今後の利活用計画や専用駐車場、あるいは交通弱者へのアクセス対策はどのようになってるのかというふうな御質問であろうかと思います。利用促進につきましては、これまでも各商友会及び商工会議所等においても協議をいただいております。今後も周辺の商友会の皆さん、あるいは商工会議所等とも連携を図りながら、集客イベントの実施など、積極的な利活用を図っていきたいというふうに考えておりますし、駐車場につきましては、施設の敷地内に身障者用駐車場を3台は確保しております。ほかに数台余裕ができておりますので、設置する計画です。また、単車や自転車などの置き場も整っております。施設外につきましては、近隣の駐車場を調査いたしまして、4カ所の駐車場経営者と相談をいたしておりましたが、1経営者とほぼ30台程度確保できる見通しが現在ついておりまして、ポルト開館前までには契約を行いたいというふうに考えております。交通弱者への交通アクセスの対策の件でございますが、過去に、100円程度で巡回バスなどの取り組み等について、バス会社との意見交換会を行った経緯はございますが、他市における巡回バスの運行等を調べてみましても、かなり厳しい現状であるということ、それと費用負担の問題等もあり、当面、施設の利用状況をみながら考えてまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたしたいと思います。



○議長(宮下重康君) 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 外側からかなり見えるようになりましてですね、工事中に比べれば印象は悪くはないと思うんですが、いかんせん、誰が見ても、どうやってあそこに行くんだろうというのは、もう素朴な疑問なんですね。今、30台ですか、身障者の方のも若干あるということ、それは当然のことなんですけれども、少しやっぱりレベルが低いように思います。だから、その辺はですね、どこのお店屋さんにとっても決してその潤沢に駐車スペースがあるわけではないんですけども、総数は結構あるんです。あの辺はですね。だから、もっと利用の仕方をですね、やっぱり検討すべきじゃないかなということと、今部長はその巡回バスはもうしないというようなことで、非常に冷たく答弁されましたけれども、やっぱりそういうところを踏み込んでいかないと、だんだんお年を召してくるわけですので、まあそういう公的交通機関がですね、あった方が絶対いいに決まっているんですよね。まあ、お金の問題でだめというふうにしないで、やっぱり間に合わせるぐらいにですね、取り組むべきじゃないかなと思うんですけど、なかなかそこは全く期待はずれな感じがいたします。そういうのがなければですね、本当ですよ、行くすべがないんです。どんなに中身が素晴らしいのがあるにしてもですね、やっぱりぐるぐるぐるぐるなって、もういかんとなるんですよ。それは、わかりきっているんじゃないですかね。

 いろんな方からですね、非常に厳しい御意見を私にも寄せていただきます。「あがんとは誰が決めたっかな」というふうにですね、なっているんですね。あまり好感度で見て下さる方は、私の知る限りでは少ないと。それは我々の責任でもあるんですけど、行政の責任でもあると思うんですよ。やっぱり、一部の商友会等とはコンタクトをとっていらっしゃるかもしれないんですけども、いろいろ関心が今あるわけですので、もっとその開いてですね、議論をしていく必要があるんじゃないかなと。特に利活用の問題ですね、駐車場の問題。これは結果を出さなければ、もう失敗は許されないと思うんですよ。だから、非常に悠長な感じがするんですけれども、相当十分ですね、ワークショップ等でしたとおっしゃるんですけど、ちょっと評価が甘いのではないかなと。もう1回、そこを確認したいと思うんですね。

 それから、利活用の具体的なこの、あれはいつ頃提示していくつもりなんですか。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) 巡回バスについて冷たくあしらったというふうなお話でございますが、そういうことではございません。今後の検討課題としてですね、他市の状況とか、いろいろ見ながらですね、議員が御指摘のあったとおり、中心市街地への交通アクセスはですね、多少困難を極める部分も認識しておりますので、今後、どこまでできるかは別としてですね、検討課題の最重点課題であるというふうに考えております。

 次に、利活用につきましてはですね、いろんな機会をとらえ、一つには、広報紙等で周知を図りながらですね、ここの施設が所期の目的、所期の−−いわゆる一応14万人ほどの利用を見込んでおりますが、それが達成できますようなことで随時評価を加えながら検討を重ねてまいりたいと思いますし、今までの経過について、大変評価が、認識が甘いんじゃないかという御指摘でございますけども、相当の議論を重ねてきてもおりますし、いろんな団体とも折衝を重ねてきておりますので、この姿勢は今後とも崩さずにですね、維持してまいりたいというふうに考えてますので、ひとついろんな側面でも議員さん方からの御支援もいただきたいというふうに思います。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

 14番赤木武男君。



◆14番(赤木武男君) 何点か、ちょっとお伺いしたいと思いますが、まず、条例の方からお伺いします。第5条の中で、利用時間が午前9時から午後10時までとなっておりますが、これは通常の勤務時間帯以降はどういうふうな委託をされるのか。例えば、シルバー人材センターにされるのか、あるいはシフト制をしかれるのか。その辺をちょっと確認をさしていただきたいと思います。

 そして、第10条の使用料の還付なんですが、次と次の下田温泉ふれあい館ぷらっとと天草文化交流館の条例も、同じく、その使用料の不還付につきましては、利用日の10日前までというふうに設定をしてあるんですね。これまで条例が定められているほかの条例をみますとですね、天草市町民センター条例は、使用料の不還付は3日前まで、同じく天草市体育館条例も3日前まで、そして牛深市総合体育館条例も3日前、天草市ふれあいセンター条例は5日前とか、これいろいろ日にちがですね、統一されてないんですが、その辺の整合性はどうとらえておられるのか。その10日間というのを、どういう意味で設定されたのかというのをお伺いをしたいと思います。

 そして、その改修費についてなんですが、一部の情報では、当初予定していた改修費よりも大幅に何か変わったということもちょっと聞いたんですが、実際に、実際のところどうなのか。そこをちょっと確認させていただきたいと思います。

 そして、先ほどもう1点は、質問もありましたけれども、161号、議第161号の天草文化交流会館については、運営委員会というのが設置されているんですね。規定されているんですよ。私は、このポルトの方は、よりその規模も大きいし、やっぱり多くの人の意見を聞くべきだろうと。そして、スムーズな、そしてまた活発な運営を図っていく上では、ぜひその運営委員会の設置は必要だと思うんですが、なぜその今回運営委員会が規定されてなかったのか、それを確認させていただきたいと思います。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) まず、第5条関係で、9時から10時までということで、通常の市の職員であれば8時半から5時15分までというふうになっておりますが、超勤部分をどうするのかということでございます。今、考えておりますのは、市職員を2名程度配置いたしまして、ローテーションを組みながらですね、対応してまいりたいというふうに考えます。

 それと、第10条の使用料の不還付について、10日間というのは、ほかの施設と比べて整合性がないんではないかというふうなお話でございました。確かに、ほかの施設との比較はいたしてはおりませんけども、やはり直近で施設の利用を取り止めるとかいうふうになりますと、例えば、多目的ホールの会場あたりは150人ほど収容できる部分もございましてですね、ある程度の余裕を管理者側にいただかんと、次の目的の催し事が導入できませんので、ちょっと期間的には長いかもしれませんが、10日間というふうに設定をいたしております。

 次に、改修費用について、当初よりも大幅になったかどうかは、今現在ちょっと即答しかねます。その改修費の部分は、一応私の方で工事を持っていませんので、そこまでは聞いておりませんでしたから、大変申し訳ございません。

 それと、先ほど蓮池議員からも御質問があった運営委員会をつくった方がいいんではないかというふうなお話でございますけども、ここはたくさんの人々が集う場所で、窓口にアンケート紙とか、定期的なその寄りをしましてですね、各界各層からの御意見を聴しながらですね、何年間にかかるかわかりませんけども、利用の具合を見ながらですね、最終的には、やはり指定管理者制度に導くのが一番いいのかなというふうには考えておりますので、その期間中はですね、運営委員会を設置せずに多数の声を反映したところでの集約を持っていきたいというふうに考えておりましたから、規定を設けておりません。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 建設部長。



◎建設部長(山下秀文君) 私の方から改修費の件についてお答えいたします。

 改修費の詳しい資料をちょっと持ってきておりませんけども、当初計画を立てた改修費から増額はしていないということでですね、工事は実施いたしております。



○議長(宮下重康君) 14番赤木武男君。



◆14番(赤木武男君) それでは1点だけ、使用料の不還付についてなんですが、まあ大きいイベント等が予定されたときとか、その何か中止になったときには大変困るというお話もちょっとされたんですが、牛深市総合センターもこの5日間となっているんですね。ここも、やはり大きい行事、イベントが予定されたときには大変困るということも考えられるんですが、これはいずれは整合性を持たせるために統一した規定が必要じゃないかなというふうに思っておりますが、その辺ちょっと確認させていただきたいと思います。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) 御指摘のとおりですね、市内の各公の施設につきましては、不還付が3日から5日、10日、あります。これは近い将来に、やはり統一性をもったところでですね、検討を重ねないかんのじゃなかろうかというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(宮下重康君) 2番田中 茂君。



◆2番(田中茂君) これ、参考のためにお聞きしたいんですけども、一応、利用料金等については定めてございますが、当面、市の方で管理運営をされるということですが、大体、その年間を通して、これを維持・管理・運営するのにどれくらいの費用を想定しておられるのかお聞きしたいと思います。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) 年間、大体14万人を利用者として設定をいたしております。そのうち、使用料が発生いたします収入の部分が約500万円、ちょっとアバウトな数字ですけども、500万円。そすと、いわゆる経常経費、維持管理費なるものが2,000万円かかると想定をしております。差し引き、持ち出しの1,500万円程度になるというふうに想定をいたしているところでございます。



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は建設経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議第160号天草市下田温泉ふれあい館ぷらっと条例の制定について



○議長(宮下重康君) 日程第10、議第160号天草市下田温泉ふれあい館ぷらっと条例の制定についてを議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 何点かお聞きしたいと思いますが、まず、管理事務はですね、どこで行うのか。

 先ほども、今もありましたが、その運営委員会はここにも書いてなかったようなんですけども、設置をされないのか。まず1点目です。

 それから、お休みは、定休日は水曜日と書いてあるんですが、まあ妥当なのかですね。

 それから、3点目に利活用計画、それから専用駐車場はですね、あの近辺にはどうもないように思うんですけども、確保できているのかですね。

 それから4点目ですが、障害者の方とか、高齢者に配慮した構造になっているのかですね。まあ、どういう方々があのスペースを活用されるというふうに想定しているのか、多少疑問もありますので、お聞きしたいと思います。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) まず、管理事務はどこで行うのか、運営委員会は設置しないのかという御質問にお答えをいたします。

 下田温泉ふれあい館ぷらっとは、先ほどのポルトと同様に、近い将来、指定管理者制度に移行を行う予定として進めております。そのためには、取り扱い業務の内容や管理運営の方法、管理運営に要する経費、利用状況、利用形態及び観光ニーズなど、移行するための基礎資料を収集する必要がありますので、当面は市で直営で管理運営をすることといたしております。管理事務につきましては、商工観光課が担任をいたします。

 管理の方法ですが、施設の管理責任や使用許可及び利用に伴う処分とか権限は市が有することを基本といたしまして、委託できる業務、観光案内業を含む管理業務と夜間警備業務、夜間使用時のかぎの開閉業務、あるいは清掃業務につきましては、業務委託をする予定で作業を進めているところでございます。

 運営委員会につきましては、先ほども申しましたとおり、近い将来、指定管理者制度に移行するのが最も妥当かと思われますので、運営委員会の設置は規定しておりません。しかしながら、観光で訪れられる方のニーズや地域の意見を反映するため、必要に応じましてアンケートを実施したり、関係団体などの会合等を開催し、広く御意見をちょうだいいたしたいというふうに考えております。

 次に、水曜日を定休日とすることは妥当かとの御質問でございます。休館日につきましては、従来の下田温泉観光案内所の利用状況と観光の入り込み状況を考慮し、週の中では観光客が一番減少する水曜日を休館日と設定をいたしております。また、当施設は、年末年始も観光客が多いことから、開館をするようにいたしております。

 次に、利活用計画で、専用駐車場等はできているのかという御質問でございます。まず、利用計画についてでございますが、1階のオープンスペースでは、観光パンフレットや写真、パネル、映像などにより来館された方に観光情報の提供を行い、あわせて地域住民との交流の場として活用を図ってまいりたいと考えております。多目的ホールにつきましては、観光関係などと連携を行い、観光客の陶器の絵付け体験など、各種観光事業に活用してまいりたいと考えております。また、天草宝島観光協会、あるいは地区振興会等とも連携を行い、ボランティアガイドの育成を検討したいと思っております。

 次に、専用駐車場確保についてでございますが、自家用車でのお客様用として、ふれあい館建物横に2台、隣接します温泉広場に4台の駐車スペースを配置してございます。マイクロバスで来た場合は、ふれあい館建物横にマイクロバス2台程度は駐車可能になっております。なお、大型バス等につきましては、約200メーター超えるぐらい離れておりますけども、下田町民センターの駐車場を御利用いただくようにいたしております。

 次に、障害者・高齢者に配慮した構造になっているのかという御質問でございます。ユニバーサルデザイン対策といたしまして、多目的トイレのほか、内部には各種手すりやオストメイト対応−−オストメイトとはですね、人工肛門や人工膀胱の装着者に対応できる装備としたほか、玄関出入口はスロープを設け、車椅子でもスムーズに出入りができますようになっておりますし、内部のカウンター等につきましても、低いローカウンターを設置しており、車椅子等の利用者にも十分利用いただけるものというふうに考えております。



○議長(宮下重康君) 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 所管は商工観光課で、まあ妥当ではあるんでしょうけども、そのいわゆる地域の活性化みたいなところですると、まあ支所もあるしですね、出張所もあるわけですけども、その辺の地域的な連携がですね、「あれは市でつくったけん、商工観光課で」というふうに単純にいくのかなというのが素朴な疑問ですね。そこの辺どういう連携をとっていかれるのか。

 それから、実績づくりというのがありましたですね、やがて指定管理をするということで、基礎資料をつくると。おおむね3年ぐらい見込んでいらっしゃるんですかね。

 それから、運営委員会は、これもしないと。必要に応じていろいろ聞けばいいんだということだったんですけど、これはどんどんされれば、それ大いに結構なことなんですけど、その何て言いますか、そこに座る人の意気込み次第によって、したりしなかったりと。ないわけですね、やっぱり、その保障がないわけですよ。きちんとしてないと。非常にファジーでですね、まあよくいけばいくかもしれないんだけど、いかなければ、「なしてつくらしたっだろか」というふうに、素朴なまた疑問だけ残ると。これ、なりかねないんじゃないかなと、その仕組みの面でですね。少し危険な感じがするんですけど、何かあればですね。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) 本庁の商工観光課だけで対応するのかというふうなことでございますが、基本的には、当施設ふれあい館、それと天草市の下田出張所、天草支所でも受付その他可能でございます。

 次に、指定管理者に近い将来移行するけども、何年間を想定しているのかということですが、私どもでは、最低3年間ぐらいはですね、先ほど申しましたポルトにしても、今お話になっとるぷらっとという施設にしても、3年間は市営直営で運営をいたしまして、そのデータでもってですね、やはりできることならば指定管理者へスムーズに移行できればなというふうにも考えております。以上だったですかね。

 以上です。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は建設経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 議第161号天草市天草文化交流館条例の制定について



○議長(宮下重康君) 日程第11、議第161号天草市天草文化交流館条例の制定についてを議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) これは運営委員会というのが書いてあってですね、これも簡単にお願いしたいんですけど、その運営委員会はどういう位置づけなのかですね。どういう委員構成か−−まあ8名て書いてありますかね。これも、してもいい、しなくてもいい運営委員会というのはあんまり意味ありませんので、開催頻度をどう想定していらっしゃるのか。

 それから、この本渡中央北地区のまちづくり交付金事業の中でですね、当館の役割といいますか、これも非常に厳しい御意見があるんですよね。「あれは何をするところだ」という。だから、PRが不足しているんだろうと思うんですが、基本的なことを確認したいと思います。

 それから、利活用計画と交通アクセスの対策、車いす等での移動は可能なのかどうかですね。これは歴史的建造物ということで一定評価してありますので、なかなか困難な問題があると思います。

 それから、第9条の使用料減免とうたわれてありますけれども、これはどういうケースを想定しているのか、説明をして下さい。



○議長(宮下重康君) 教育部長。



◎教育部長(新勲君) お答え申し上げます。

 まず、運営委員会の位置づけでございますけれども、当施設が国の登録有形文化財ということでございまして、館の保存及び利活用等につきまして御協議をいただきたいと考えております。運営のあり方、あるいは利活用の促進等についても御意見をいただきたいと考えております。

 それから、委員構成でございますけれども、現在、教育関係者、あるいは建築等の関係者、それから文化財、観光等の関係者の方々、それから利用団体の代表の方々等を想定をいたしております。

 それから、2番目のまちづくり交付金事業の中での当館の役割ということでございますけれども、先ほどから経済部長の方からも答弁があっておりますが、まちづくり交付金事業の中の重要な一つの施設でございます。国の登録有形文化財にも登録された歴史的・文化的価値を有する施設でございますので、それを改修・整備して保存をするということでございまして、その改修された建物を活用しまして、現在、天草の伝統工芸の継承及び文化を学ぶ学習の施設としても活用していきたいと考えております。あわせて、観光客の皆様、あるいは市民の方々の交流施設として整備を行っているものでございます。

 施設の所在地はニチイビル−−旧ニチイビル、それから祗園橋、殉教公園、切支丹館等の中間点に位置をしておりますので、地域を周遊するコース等を設定しまして、ただいま申し上げました他の施設と一体となって、観光施設としても活用を図っていきたいということで、現在整備を行っております。

 それから、利活用の計画でございますけれども、まず第1点目は、現在、これまでお話をしておりますが、天草の伝統工芸の5団体、天草手鞠の会、それから天草押絵の会、天草土人形保存会、天草凧の会、それから陶芸関係の陶輝会の方々と現在話を進めておりますけれども、1階を使っていただいて、伝統工芸を通して地域文化を継承していくために、市民の方々や小中学生等の参加を募って体験学習や講座等を開催したいと計画もいたしております。現在、団体の方々と定期的な講座に関しての詳細な打ち合わせを行っているところでございます。

 2点目は、先ほど申し上げましたけれども、観光的な施設としての活用も考えているところでございます。

 それから、3点目は、広場がございますけれども、これにつきましても、例えばお茶会であるとか、観月会であるとか、そういった多目的な広場としての利用はできないかということでも現在計画を進めているところでございます。

 それから、車いす等での移動の問題でございますけれども、お話をいただきましたように、既存の施設を改修して整備するというようなことでございまして、エレベーター等の設置ができませんけれども、1階につきましては、専用のスロープを設けて対応するようにいたしております。

 それから、減免の規定でございますけれども、小・中・高校生等の例えば書道展であるとか、絵画展であるとか、そういった作品展、あるいは市が主催する芸術文化の作品展等の展示、あるいは行事関係、それから、教育関係者等の学習会など、そういったものを現在想定いたしておりますけれども、恣意的にならないように、規定を設けまして運用をしていきたいと考えております。

 以上でございます。

 (「9条関係のは、書いてあるだけですかね。特に想定は、具体的な、使用料の問題」と呼ぶ者あり)



◎教育部長(新勲君) ただいま申し上げましたように、例えば、減免するときにはですね、考えとしましては、小・中・高校生等の書道であるとか、絵画展であるとか、あるいは市が主催するそういった文化展であるとかですね、そういったものを想定をいたしておりますけれども、減免につきましては、規定を定めまして運用をしていきたいということでございます。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

 14番赤木武男君。



◆14番(赤木武男君) この名称についてちょっとお尋ねしたいんですが、この前の条例の分では、ふれあい館ぷらっととか、国際交流会館ポルトとかって、こうされてあるんですよ。今回、天草文化交流館という名称、以前はこれは仮称ですけども、「伝しょう館」という名称でずっとこれまできてたと思うんですが、その伝しょう館というのがどこに飛んでいったのかちょっとわかりませんが、この名称になった経緯をちょっと御説明していただければというふうに思います。



○議長(宮下重康君) 教育部長。



◎教育部長(新勲君) 名称の決定につきましては、広報で募集を申し上げましたところ、9人の方から14点の名称が応募がございました。その中で、選考委員会を設けまして選定をしたわけですけれども、例えば、天草文化交流館スコレーとか、天草伝統文化交流会館、天草文化交流会館等々がございましたけれども、各共通項目である「天草」、それから「文化」「交流」という言葉を使用して名称を決定したらどうかと、委員の方々がお話し合いになりまして、最終的に天草文化交流館ということに決定をいたしております。



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 議第162号字の区域の変更について



○議長(宮下重康君) 日程第12、議第162号字の区域の変更についてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は総務企画委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 議第163号から日程第17 議第167号まで一括上程



○議長(宮下重康君) 日程第13、議第163号指定管理者の指定についてから日程第17、議第167号指定管理者の指定についてまで、以上5件を一括議題といたします。

 以上5件について質疑の通告があっておりますので、質問を許します。

 16番池田裕之君。



◆16番(池田裕之君) お尋ねをいたします。

 今回、福祉センター等の指定管理で公募をされておりますけれども、これは公平・公正という名で大儀があるということで公募をされたと思いますが、今後も公募をしていかれるのかどうか。なぜならば、今までは社会福祉協議会や、あるいはシルバー人材センターが管理をしておったものでありまして、特に社会福祉協議会につきましては、天草市の方から2億近くの運営補助をいただきながら、その福祉の一端を担っているという役割を果たしておるところであります。あえて、そういうところが管理をしておる中に、公募をして民間も参入させた中で、その指定管理の応募を受け付けるということについて、どういう意味があるのかお伺いをいたしたいというふうに思っております。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) お答えいたします。

 指定管理者の指定については、天草市の公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例により、特別な場合を除いて公募するものになっております。議員御承知のとおり、旧本渡市老人福祉センター以外のほとんどの老人福祉センターは、社会福祉協議会が管理をされております。

 現在の利用状況でございますけれども、同センターの運営を見てみますと、17年度1万8,311人、18年度2万18人、19年度が2万人を見込んでおり、平均1万9,450人程度が利用されております。現在は、本渡ばかりではなく、天草市老人クラブの拠点として利活用をしていただいているところであります。今後も、利用が促進されるものと思っております。

 御指摘のとおり、今後の問題ではございますけれども、利用の状況の観点から、特殊な事情がある場合は、公募をしない方法等も今後考えていっていいのではないかというふうに考えているところでございます。

 以上です。



○議長(宮下重康君) 16番池田裕之君。



◆16番(池田裕之君) 公募する理由をお伺いしたわけですが、まあ特別な事由に当たるんではないかなと。例えば、本渡の場合には、老人会等が当然利用が多いということであればシルバー人材センターで妥当なことではないだろうかなと。あるいは、ほかの福祉センター、あるいはそれぞれの支援センターについても、その特別な場合に当たるんではないかなというふうに思っております。今後につきましては、ぜひそのようなことで、特別な場合ということも考えて指定管理をお願いをしたいというふうに思っております。

 それから、今申されませんでしたが、コスト削減という面、あるいは合理化する、合理的な経営をするということでの目的もあるかというふうに思っておりますが、私は、この社会福祉センターや福祉事業につきましては、人的なサービスがかなり多くの部分を占めております。そして、それは人件費ということでコストカットができない部分が多いわけでありまして、皆さん方はよくこういうものに対して、「もっと合理化して、費用を削減するんだ」ということでの契約なり、そういう形で申されますけれども、こういう人的なサービスについては、コストカットはできない、そういう限界にきておるわけでありますから、当然、引き受ける方としては、効率の良い経営をするというのは当然考えておられると思いますけれども、やはりコスト面だけではやっぱりこれも判断できないところがあるということも付け加えて、ぜひ今後につきましては、いろんな事情を勘案していただきたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(宮下重康君) 次に、10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 指定管理者を指定して管理運営することで、利用者にとっては何が変化するのか。利用者へのサービスの低下はない−−まああってはいけないわけですけども−−ないかを確認したいと思います。

 それから、今もありましたけど、公募の経過と条件ですね。結果的には、何て言いますか、その1社といいますか、しかなかったということで理解していいわけですかね。条件も、こういろいろ付いていたのか。それをクリアすれば、いろんな方が応募してよかったのかですね。

 それから、指定管理料のその算定要素ですけれども、人件費を絞り込むようなことにならないかですね、懸念されますが、その点、まあ今後の問題ですけども、お聞きしたいと思います。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) 指定管理者の指定につきましては、天草市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例により、特別な場合を除いて公募するものとなっております。指定管理者指定後の利用者への対応についての御質問ですが、今年度は、高齢者福祉5施設の指定ですが、施設の現状を十分に検討の上、利用者にとって最も利用しやすい業務内容の指定管理者募集要項及び指定管理者仕様書を策定いたしまして、選定要件といたしております。利用者が困られたり、利用者へのサービスの低下はございません。

 次に、公募の経過と条件についてですが、広報紙、市の市政だより「天草」10月1日号により募集をお知らせいたしました。12日に施設ごとに現地説明会を行い、申請書の提出を22日期限といたしました。県内に事業所を有する法人その他の団体を応募条件といたしております。11月7日に天草市の公の施設の指定管理候補者選考委員会を開催して、9日付けで選定結果を応募者に通知をいたしております。

 指定管理料についての御質問ですが、管理に要する経費を人件費と施設管理費、施設修繕費により算定して、利用料金収入を除いた指定管理委託料を市から支払うことになっております。人件費は、施設の規模、利用状況等により、天草市の公の施設の指定管理者制度に係る運用指針により、統一したランク別賃金額を適用いたしております。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 公募のところだけちょっと確認したいんですけど、結局、あがっているところだけしかなかったということですかね。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) 本渡老人福祉センターにつきましては、3つの法人の方が公募をなされました。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、以上5件は文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第18 議第168号市道路線の認定について



○議長(宮下重康君) 日程第18、議第168号市道路線の認定についてを議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は建設経済委員会に付託いたします。

 ここで10分間休憩いたします。

              午前11時15分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−

              午前11時25分 再開



○議長(宮下重康君) 再開いたします。

 休憩前に引き続き質疑を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第19 議第169号平成19年度天草市一般会計補正予算(第5号)



○議長(宮下重康君) 日程第19、議第169号平成19年度天草市一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。

 まず、第1条第1表「歳入歳出予算補正」の歳入について、質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 歳入について3点お尋ねします。

 明細書のまず10ページ、款14.国庫支出金というところに離島等医療福祉推進モデル事業というのがありますが、多分初めて出てきたのかもしれないんですけど、概要を簡単に説明していただきたいと思います。できたら、こういう行政的というか、専門的用語なり、事業についてですね、我々は勉強しないといけないので、その全部お願いしますとは言えないかもしれないんですけど、もうちょっとやっぱりそのわかりやすいですね、資料なり、市のホームページに掲載していただくなりですね、まあ議員だけじゃなくて、市民の皆さんによくわかるような、やっぱり配慮していただきたいなと。少なくとも、このモデル事業についての説明は特に書いてないように思いますので、たまたまそういうふうに思います。

 それから13ページ、款20.諸収入に特定法人貸付農地賃借料とあります。これは、一種の又貸しというふうに何か説明がありましたけど、こういうのが発生に至る経緯とですね、それから特定法人というのはどういう規定があるのか、お知らせいただきたいと思います。

 それから3つ目、同じ13ページ、款21の市債というところにいろいろありますけど、合併特例債の活用状況をお尋ねしておきたいと思います。あの、これこれを合併特例債に含めていいかどうかは一般的な基準がありますけど、天草市においてはどういう判断基準をされているのか。それから、元金−−起債の累計といいますか−−元金の合計で幾らになっているか。今回補正後ということでお願いしたいと思います。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) 離島等医療福祉推進モデル事業についてでございます。これは新規の事業でございまして、27ページに、歳出の方で保健衛生総務費がありますけれども、そこの中に旅費、委託料、借上料、合わせて同額の692万5,000円予算計上していることでございます。

 今回御提案している離島等福祉推進モデル事業ですが、この事業は、環境省が19年度新規事業として鹿児島県長島町−−主に獅子島ですけれども、御所浦町を対象に実施するもので、国から地方自治体への委託事業となっております。従来、水俣病に関しては、水俣市周辺に対し各種事業が展開をしておりましたが、今年度は御所浦町など離島地域に対する新たな事業の展開が計画をされているところでございます。新規の事業でございまして、10分の10の委託事業であります。また、国と直接交渉を行って検討をする事業でもございまして、環境省との事業内容などについての協議に手間取りまして、今議会への提案となったところでございます。環境省から11月中旬に2名の担当者が訪問をされておりまして、御所浦への視察など、事業の進め方について打ち合わせをしているところでございます。事業実施は当面20年度までということなっておりますが、成果を上げるためにも、その後の延長もお願いをしていきたいというふうに考えております。

 国の委託を受け、天草市が実施主体になるわけでございますけれども、現在、横浦島には保健福祉サービスを提供する事業所もありませんし、御所浦町で介護予防事業等を展開している事業所も余裕がない状況ですので、今回は、天草市社会福祉協議会御所浦支所へ委託を考えているところでございます。事業実施の場所は、御所浦の横浦島の実施を計画しているところでございます。横浦島は、御所浦本島ともつながっていない離島でもあり、保健福祉サービスの事業所もないところなので、今回の事業実施の場としたところでございます。

 内容につきましては、高齢化率約35.2%とかなり進んでおりまして、福祉施設の拠点もございませんので、今回新たに機能訓練などの分野を取り入れた水俣罹患者などを含む一般の高齢者の方々も含めて、体力・運動快復の維持を図ろうとするものでございます。自立支援、介護予防の観点から、運動機能向上、維持のための個別の支援プログラムの作成を行いまして、運動機器を使っての運動の場、指導を行っていきたいと思っております。足もと安心教室やら転倒予防教室などの開催を予定をしているところでございます。

 以上です。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) 13ページの諸収入でございます。

 特定法人貸付事業は、平成17年度の農業経営基盤強化促進法の改正によりまして、これまで農業生産法人だけが農地の権利を取得できなかったものが、それ以外の法人、例えば、株式会社やNPO法人なども、リース方式により農地を借りて農業生産ができるようになったものでございます。具体的には、同法に基づき作成しております農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想におきまして、特定法人貸付事業に関する事項を定めており、農業に参入を希望する法人と農地所有者の間に市が入り、それぞれ利用権を設定いたしますので、法人から小作料を市が受け入れまして、同額を市の方から土地所有者にお支払いするシステムでございます。また、市と法人の間では、農業を行うための協定を締結することも基本構想の中で明記しており、その締結も既に済ませております。

 今回、補正をお願いしておりますのは、栖本町に参入をいたしておりますSRBネクスト株式会社に係る分でございます。同社は、本社が東京でステビア製品の製造販売を行っており、栖本町でステビアの生産を行うことと、その加工を行うことを目的に、農地約2ヘクタールを借り、本年からステビアの生産を行っております。同社との協定は、平成18年12月25日に既に済ませており、本年4月3日に利用権の設定を行ったところでございます。

 なお、小作料につきましては、農業委員会の標準小作料、圃場整備勘定田1万1,000円、反当たり。未整備田、反当たり7,000円を設定して、トータル14万4,000円ということになっております。

 以上です。



○議長(宮下重康君) 財務部長。



◎財務部長(田口學君) 市債についてお答えをいたします。

 今回、合併特例債を活用する事業で補正をお願いしておりますのが、天草支所庁舎建設に2億4,700万円、小規模道路整備事業に1億3,880万円の合計3億8,580万円を計画いたしております。

 天草支所庁舎建設の財源は、当初予算の段階におきましては、建設事業費2億8,000万円の全額について、天草町役場庁舎建築基金を活用して整備を図ることにいたしておりましたが、今回、天草市の財政状況から勘案いたしました結果、合併特例債を活用することで、普通交付税の需要額算入に、需要額に70%が算入されますので、財政的に有利と判断いたしまして、組み替えをお願いしているところでございます。

 また、小規模道路整備事業につきましても、広範にわたる市道の整備状況は、地域により格差もございますので、市道の改良・整備を計画的に推進する必要があり、今回、合併特例債を活用するものでございます。

 地方債の発行につきましては、地方債残高を減額していくため、毎年の地方債残金償還額を上回らない額に努めておりますので、一般会計の地方債の本年度末の見込みは約628億8,719万円と、合併時に比較して25億2,288万円が減額する見込みでございます。また、このうち合併特例債の累計発行額は、18億3,100万円を見込んでおります。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

 21番平石水穂君。



◆21番(平石水穂君) 歳入のですね、5ページでございますが、債務負担行為の追加の案件でございます。畜産環境整備リース事業にかかわるリース料に関する補助金、20年から24年、5カ年で319万2,000円を計画しておられますが、このリース、畜産、俗に言う畜産リース事業は、どの地域を考えておられるのか。また、これによって環境対策は講じられるのかお伺いをいたします。

 次の6ページでございます。

 地方債の変更でございます。ただいまありましたように、庁舎整備事業でございます。950万円を今回2億5,650万円に変更されておるわけでありますが、私は、今年の第2回の定例議会において、天草支所庁舎の一般質問を行いました。その中で、市の財政も非常に厳しい中で、この天草町の庁舎基金を合併特例債、組み替えて運用したらどうですかと質疑をしたところでありましたけれども、執行部からは何ら答弁ございませんでした。しかし、現在に至って、この2億4,700万円を活用するということで、私にとりましても、天草町の庁舎建設が合併特例債で運用されるということは非常に良いことでありますけれども、当初は950万円、これは旧御所浦町庁舎の基金であったかと私は思いますが、県当局の許可があって今提案をされておると思いますが、ここに至るまでの経緯について、何ら今まで説明もございませんでした。これについて説明をいただくとともに、先ほどありましたように、2億4,700万円は、何カ年お借りになって、何パーセントで、どれだけの利息が付くのか、御説明をいただきたいと思います。



○議長(宮下重康君) 申し上げます。

 今のは、債務負担行為につながっていると思いますので、あとで債務負担行為について大塚議員からも質問がありますので、一緒に答弁していただきたいと思いますので御了承下さい。



○議長(宮下重康君) ほかにありませんか。

 17番脇島義純君。



◆17番(脇島義純君) 先ほどの関連の質問ですけども、御所浦の離島医療・福祉推進モデル事業、国庫委託金ですが、先ほど担当からは引き続き国の援助を求めていきたいということなんですが、今回限り援助が打ち切られた場合、このモデル事業を継続して、市としてはいかれるのかどうかというのを一つだけお尋ねをいたします。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) お答えいたします。

 環境省との話し合いの中でもですね、1年か2年で結果が出る事業ではございませんので、せめて3年間は国庫の事業としてやっていただきたいというふうに、市長の方からも依頼をしてありますので、今後その方向で私どもの方は動いていきたいというふうに考えております。



○議長(宮下重康君) 17番脇島義純君。



◆17番(脇島義純君) 今、3年という国の回答が出とるというようなことですが、3年後のことはどうなんでしょうか。その市単独でいかんばならんというようなことになればですね、この事業をそのまま継続していかれるのかどうか。高齢化社会でもございますし、先ほどおっしゃったように、御所浦でも、この横浦地区というのは、御所浦の中でも一部離島ということで、非常に福祉の面でも恵まれていない部分も多くてですね、非常に、今回の事業については楽しみにしているわけでございますけども、3年後、援助がない場合はどうなさるのか。そこまでお聞かせ願えますか。



○議長(宮下重康君) 安田市長。



◎市長(安田公寛君) 先ほど部長の方からお答えいたしましたとおり、環境省にもですね、2年や3年で結果を出せる事業ではないと考えると。そしてまた、2年間といえども、プレハブを建設しての事業になるわけでございますので、できる限り延長していただきますようにと。結果をまずは見て、そしてそれが良い事業であれば、さらに延長していただきますようにということで、国にもお願いすると同時に、私どもも良い事業であると判断するならば、その時点で天草市としての取り組みも考えていきたいというふうに考えております。



○議長(宮下重康君) 23番本田武志君。



◆23番(本田武志君) 1点だけお尋ねいたします。総務費の中で基金管理費についてお尋ねいたします。

 基金管理費のうち、財政調整積立基金7億1,000万円。この予算のこの概要によりますと、18年度繰り越しが18億1,566万6,000円、その2分の1との説明がしてあるわけでございますが、歳入の繰越の補正は4億4,533万9,000円しかないわけでございますが、補正後でも6億6,239万7,000円しか上がっていないわけでございます。そういった中でですね、この歳出の説明が違うわけでございますが、この点について、この財政調整基金積立金のこの原資はどっからどがんして−−あのうあるのか、ちょっとその辺についてお尋ねいたします。



○議長(宮下重康君) 財政課長。



◎財政課長(森孝君) お答えをいたします。

 今回、繰越金の予算計上額は4億4,533万9,000円で、繰越金の補正後の額が6億6,239万7,000円でございますが、繰越金は、18年度からの繰越金は、実質的には14億1,566万6,000円が繰り越しがなっております。これから補正後の額を引きますと、あと7億5,326万9,000円が留保財源にいたしておるわけなんですが、まだ3月の補正までですね、今後の勧奨退職者等が見込まれますし、また、歳入につきましても、見直すような案件も幾らかございますんで、そういうことを留保いたしまして、今回、繰越金自体は7億5,300万円程度留保いたしております。

 歳出の財調は14億円の約2分の1の7,100万円を計上いたしておりますが、今回、トータル的に補正額の歳入が8億5,800万円ございましたんで、繰越金で財政調整基金を積み立てるのが妥当でございますが、その他の財源等がございましたんで、そちらの方で基金積立の財源といたしております。



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、次に、歳出について質疑の通告があっておりますので、順次発言を許します。

 6番中尾友二君。



◆6番(中尾友二君) 事項別明細書では19ページの徴収費になりますが、こっちの概要では3ページに載っているんですが、市税還付金及び還付加算金で1,600万円の固定資産税・都市計画税の課税誤り等による還付件数増加のためとありますが、これはいつ、どのような形でわかったのか。具体的な説明をお願いいたします。



○議長(宮下重康君) 財務部長。



◎財務部長(田口學君) 1,600万円お願いしております理由は2点ございます。

 まず、1点目でございますが、本年1月中旬ごろ、有明支所より、地方税法第348号第4項の規定に基づき、農協・漁協等が所有する事務所及び倉庫に対する固定資産税の非課税の取り扱いにおいて課税誤りがあったので、課税を見直す必要があるとの報告がございました。そこで課税の公平性を保持するため、対象物件について全市的に調査を実施しました。本年2月の書類調査において、93件の課税誤りを把握しましたが、固定資産税は現況課税が基本でございますので、すべての物件について現地調査を実施しましたところ、予想以上の時間を要する結果となりました。しかし、現地調査を実施したことにより、課税資料には倉庫と表記されているが、実際には、工場であったり、販売品を収納する倉庫であったり、あるいは現業に属する事務所であったり、有料で貸し付けてあったりなどした物件が30件ございました。これらについては、課税の取り扱いとなりますので、非課税とするべきところを誤って課税していた物件は有明支所分を含めまして60件約1,200万円となりましたので、地方税法第17条の第5第3項の規定に基づき還付することといたしたものでございます。

 2点目といたしまして、固定資産税において、同定作業による土地・家屋の異動に伴う税額変更がありましたので、本年11月末現在は、平成18年11月末現在に比較しまして、約件数で1.5倍、還付で3.6倍ほどになっており、19年度末において、約400万円ほど不足する見込みとなりましたので、あわせて1,600万円の補正をお願いするものでございます。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 次、22番大塚基生君。



◆22番(大塚基生君) 事項別明細書の32ページ、イノシシの有害鳥獣被害対策事業補助金550万円についてでございますが、これはイノシシ対策というようなことで、今回、電気牧柵について、また補正を組んでいただくというようなことで、非常に被害が広がっているというようなことで、要望が多くてこういう状況になったのかと思います。それに、まあ関連しまして、それなら現在、年間どれくらいの捕獲頭数があっておるのか。ここ近年、どういう状況にあるのかというのが、まず1点お聞きをしたいと思いますし、そして、現在非常に被害が多いというようなことで、それぞれの議員さん、いろんな住民の方から要望なり陳情を受けていらっしゃると思いますが、執行部はその辺をどのように認識を、どういう被害の状況という認識を持っておれるのか、まず2点目としてお伺いをいたします。

 それから、この電気牧柵だけでは、どうしてもイノシシの頭数そのものは減少しませんので、今後どうやって捕獲・駆除を考えておられるのか。

 この3点についてお伺いをいたします。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) 有害鳥獣被害対策事業補助金についてお答えをいたします。

 まず、イノシシの捕獲実績の推移を申し上げますと、平成17年度が1,084頭、平成18年度が2,442頭、平成19年度11月現在で1,010頭の捕獲実績が上がっております。また、被害の現状につきましては、平成18年度の農作物被害が3,370万円となっております。甚大な被害であると認識をいたしております。

 このような農作物被害が深刻であることから、イノシシ防護の電気牧柵等設置に対しまして、当初990万円予定しておりましたが、現在、11月現在で既に352件の申請を済ませ、金額にして987万9,000円を支出しております。しかしながら、追加申請で、まだ手元に40件ほど防護柵の申請が上がっておりますし、来年3月までを考えますと、180件を超える申請があるだろうと予測できますので、今回、その分も含めましてですね、550万円の補正予算を計上したところでもございます。

 また、今後の対策といたしましては、捕獲対策が1点と、やはり防除対策の両面政策を推進しながら対応をしなければいけないというふうにも考えておりますし、先ほど議員さんからございましたように、多数の議員さんからも、また私どもが現場に行きますと、農民の方が開口一番、「イノシシをどがんかして下さい」という声を特に強く拝聴をしておりますので、しかるべく対応をとってまいりたいというふうに考えております。



○議長(宮下重康君) 22番大塚基生君。



◆22番(大塚基生君) 今、捕獲頭数を見ましても、去年は2,400頭近くまでいっているというようなことですし、今年は、今現在のところ1,010頭だったですか、ということは、かなり捕獲頭数としては減っているなというような状況だと思いますし、あと3カ月、4カ月近くありますけれども、そこでこの前年度までいくかなというような思いがあります。ということは、かなりの頭数が天草の中に増加をし、増えているというようなことはもう現実でございますし、これだけの電気牧柵の要望があるというようなことも、そのあらわれだというふうに思います。そこで、ただもうこうなってくると、捕獲隊員の方だけで間に合うのかなという思いが非常に強くございますので、これこそ、よく市長なり、執行部の皆さん方がお話になります「行政と住民が協働して」という言葉がよく使われますけども、イノシシ対策に対しても行政と住民が協働をして駆除なり、捕獲をしていくというようなことで、住民の方にもかなりのお手伝いをいただかなければ、なかなか頭数は減らないのかなという思いが強うございますので、その辺のところをぜひ検討をしていただきたいと思いますし、よく農林水産関係でやられるのは、事業をされるときには、必ず漁協なり、農協と事業のタイアップをしながら進められるということもありますので、その辺なり、あるいは捕獲隊員なり、住民の方にもお手伝いのところはお手伝いをしていただくようなシステムづくりをしないと、なかなか、そのものは減っていかないのかなという思いが非常に強うございますので、その辺はあと一般質問も出ます。委員会もございますので、その辺までには、何か良い検討策を、対策を立てていただければなと思いますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(宮下重康君) 次、26番??昭臣君。



◆26番(??昭臣君) 通告の1番目ですが、款4.衛生費、項2、目の19、28ページの環境対策費ですけども、概要をみますと浄化槽設置補助金、これが設置基数の減とございますが、当初予算からしますと約1割強の減になるわけですけども、これの減の基数をできれば具体的に教えていただきたいと思います。

 それから、通告の2番目ですが、款5.農林水産業費、項の1、目6.園芸振興費ですが、すみません、通告でページ数を間違っております。当初予算のページを書いておるようです。31ページです。元気な地域づくり交付金事業とか、果樹園芸、また果樹施設について、2割前後ぐらい当初予算からすると減になっておりますが、単純にもったいないのかなというふうな気がいたします。有効活用法はなかったのかどうか、お願いいたします。

 それから3点目ですが、同じく款5です。項の3、目の2.水産振興費、33ページです。これもすみません、ページ数を間違っておりますので、お詫び申し上げます。熊本四季の魚流通支援事業補助金と、それから県営事業負担金でございますが、この内容の説明をお願いいたします。

 それから、概要の天草南地区とございますが、これの具体的地区名を教えていただければと思います。

 よろしくお願いします。



○議長(宮下重康君) 建設部長。



◎建設部長(山下秀文君) 浄化槽設置補助金の減額でございますが、この事業は、個人設置型の補助事業でございます。浄化槽設置の補助事業でございます。浄化槽の補助の区域でございますが、栖本町、有明町、旧牛深市の全域と、御所浦町、五和町、河浦町、旧本渡市の下水道事業の集合処理区域として整備が済んだ区域、あるいは実施中の区域を除く地域が、この事業の対象地域となっております。今回の補正で、需要見込み、計画基数が304基から279基に、25基減らしております。その内訳でございますが、5人槽が増の32基、7人槽が減の58基、10人槽が増の1基となっております。当初、前年度並みの需要があると見込んでおりましたが、4月から10月までの申請実績をみますと、計画見込みの約42パーセントと、昨年の同時期に比べて減少している状況にございましたので、今度の需要を見込んで減額したところでございます。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) 元気な地域づくり交付金事業その他におきまして、減額をしております。単純にもったいないような気がするけども、有効活用手段はなかったのかという御指摘でございます。元気な地域づくり交付金事業、通称リースハウス事業では、当初、補助対象事業費1億8,614万7,000円の計画をしておりましたが、生産者の都合と事業内容の変更や取り組み面積の減少が発生し、最終的に入札を行った結果、補助対象事業費が1億5,171万8,000円で確定をいたし、今回、補助対象事業費で3,442万9,000円の減額になり、これに伴い、今回の予算を補助金で2,065万9,000円と事務費で14万4,000円、合計の2,080万3,000円を減額するものでございます。

 また、果樹園芸単県補助事業補助金の624万円の減額につきましては、当初、熊本県の単県補助事業の補助率3分の1である園芸新たな挑戦強化対策事業費で予定をしていました遮光ネット設置事業でございます。今回、別の単県補助事業の市の予算を経由をせずに補助率が2分の1になります果樹産地構造改革支援事業で採択をされたことにより、減額補正をするものでございます。

 次に、果樹施設整備事業費補助金の300万円の減額につきましては、マンゴーハウス10アールを設置する市単独の補助金として計上いたしておりましたが、生産者から事業辞退の申し出がございましたので、減額をいたしております。

 有効活用すべきというふうな御指摘でございます。リースハウス事業につきましては、JA等事業主体も、十分に前年度に事業参加を募った上の事業費確定でありますし、単県補助事業につきましても説明いたしましたとおり、別の補助事業、率が良い別の補助事業に乗り換えたということでございますし、果樹施設整備事業の減額につきましては、諸般の事情でマンゴーを10アール予定していた農家の方が御辞退をされたということでございます。今後、事業を今の時期に推進をいたしましても、工期等の関係で年度末までに完成の見込みが立ちませんので、今回減額補正をお願いしている次第でございます。

 次に、熊本四季の魚流通支援事業の内容説明をということでございます。熊本四季の魚流通支援事業につきましては、合併した漁協の支援事業の一つとして、国・県の補助金を受け、天草漁業協同組合が事業主体となって実施している事業でございます。ちなみに補助率は国が50%、県が15%、65%でございます。事業の内容でございますが、主に流通システムの構築による販路拡大、さらには付加価値を付けたブランド化による販売の活性化を図るため、大手の市場の調査、試験出荷、商談会への参加など販売事業の体制強化を促進するためのものでございます。今回の補正に当たりましては、当初事業費500万円で計画しておりましたが、県の方から300万円の追加決定がなされましたので、合計800万円となり、その市町村負担分36万1,000円を補正いたしておる次第でございます。

 次に、水産業振興費県営事業負担金について事業説明を申し上げます。本事業は、熊本県が老朽化の進んでいる牛深久玉地区の浮消波堤を平成19年度から24年度までの6カ年間をかけて補修する事業でございます。当施設は、昭和58年度から62年度の5カ年間にかけて熊本県が設置した幅13.5メートル、高さ5.25メートル、長さ延長54メートルの浮消波堤の、「6かん」と申しますけども、6基からなっている施設でございまして、所定の耐用年数15年を既に超過いたしておりますが、依然として波浪の軽減能力を有し、背後地、養殖場の保全に欠かせぬ施設でもございます。そのため、天草市といたしましても養殖漁業の振興を図る観点から事業費の10%を負担金として支払うものでございます。

 また、天草南という地区名についてでございますが、県御当局の話によりますと、以前は牛深地区とか、熊本南地区とかという名称において事業が実施されておりましたが、それらの地区名が他の補助事業等において多様に活用されており、ほかの事業に対して、本事業の明確化・個別化を図るため、また今後の事業計画の変更等を考慮して、ある程度広域的な地区名を検討した結果、天草南地区に決定したというふうに聞いております。

 以上でざいます。



○議長(宮下重康君) 26番び??昭臣君。



◆26番(??昭臣君) 園芸振興費で、ちょっともう1度お尋ねします。

 先ほど来出ておりました土地建物借上料のところで、農業生産者以外の法人が云々とあるわけですが、こういう場合にも、やっぱりこの辺は適用されるんですかね。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) この場合は、JAさん、JAあまくさとJA本渡五和が事業主体となりますので、どちらとも農地保有合理化法人の資格を取得してございますので、その手続の必要はございません。だから、普通の民間の一般会社が農業に参入したいということであればですね、地権者から市が1回借り受けて、それを必要な、先ほど申しました契約条項でうたいこみをしてですね、市は地権者にお支払いをするというふうなシステムですから、この場合は別に問題ございません。



○議長(宮下重康君) 次、10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 総務費の16ページ、地域振興費というところに、9月補正でもあったんですけど、地域拠点施設整備補助金というのが1,600万円計上してあります。今回は一般財源のみのようですけれども、どういう経緯なのかですね。それから、これは事業費の全額なのかですね、多少その利用される方が負担されるのか、確認したいと思います。

 それから、奈良崎部長のところにひっついたのは、もう今詳しくされました2件はやめます。

 それから、まちづくり交付金ですね、40ページにありますが、城山の地すべり等防止区域がありましてですね、その関連の事業なんですけれども、結局、大幅に日程がずれてはいるわけですけど、結局どういうことだったのかですね。もう簡潔で結構ですけれども、経過と今後の対応をおっしゃっていただきたいと思います。

 それから教育費、44ページ、45ページのところなんですが、小中学生の要保護・準要保護とか、それから幼稚園のですね、就園奨励費、もちろん実績を見て増減してあるんですけども、増額はわかるんですけども、減額があってですね、まだ年度途中なので、その減額をしないといけないのかというのが、いまいちちょっと理解しにくいんですよね。簡単な理由を説明して下さい。

 それから、50ページに公債費がありますが、繰上償還の経緯を御説明して下さい。



○議長(宮下重康君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) 私の方から地域拠点施設整備補助金についてお答えをしたいと思います。この件につきましては、非常に新しい事業でございますので、最初の事業の経過から、少し時間を取らせていただいてお答えをさせていただきたいと思います。

 この事業につきましては、18年の5月に熊本市内にありますNPO法人「ひと・学び支援センター熊本」の方から提案をいただいた事業でございます。主たる目的といたしましては、少子高齢化が進んでいく天草市におきまして、特に目立ってまいりますのは、お年寄りだけの世帯とか、お年寄り一人の世帯とか、そういった世帯が非常に増えてきていると。そういったことで、お年寄りの方が安心して地域の人と交流をしながら暮らせる地域をつくりたいといったふうなことが、最も主眼となるような事業でございます。

 具体的な取り組みといたしましては、牛深にあります天附中学校の校舎を活用いたしまして、1階には認知症デイサービス、これは介護保険対象となる事業でございます。2階につきましては、先ほど申し上げましたけれども、お年寄りの人と、例えば子どもたち、地域の人たちが交流をしながら、例えば、健康予防教室でありますとか、バルーン教室あたりを使いながら、いかに老後を健康に過ごすかといったふうなコミュニケーションを図る施設整備を行いたいと。そして3階でございますけれども、3階につきましては、介護認定を受けるまではなくても、一人ではなかなか不安を抱えておられる方、そういった方を対象に共同住宅8棟でございますけれども、これを整備したいと。1階では収益事業、その収益で上がった事業を2階の公益事業に回したいといったふうなお考えでございました。それとまた、それを実施するに当たっては、地元の雇用、これも10名程度の雇用が見込めると、それと事業展開によっては、臨時職員あたりの雇用も考えられるといったことから、市としても重要な事業としてとらえておりました。

 ただ、問題になりますのは、その学校を借り上げることによる転用の問題、あるいは財政的な問題もございましたので、内閣府が進めております地域再生事業、この事業で取り組むことを確認いたしまして、内閣府と協議を進めてまいりました。先ほど申し上げましたように、この事業が多機能型複合施設といったふうな特異な施設もあることから、NPO法人が持っている経営面、そしてNPO法人は、いろんな財団等からの財政支援も受けられますので、事業を進めながら、そういったNPOが持っているノウハウ、こういったものを生かせばどうかといったことで、この地域再生計画には、天草市が事業実施主体でありますけれども、NPO法人の運営というのを明記してほしいといった指摘もありました。また、加えまして、天草市が熊本大学と包括連携を結んでおりますので、この熊本大学の資源の活用、こういった部分も明記して欲しいといったことで指摘を受け、結果といたしましては、地域再生計画の中では、天草市が主体でありますけれども、NPO法人、そして熊本大学、これらが連携をして、先ほど申し上げましたけれども、高齢者の方が地域で健やかに過ごせる、そういった施策を打つといったことで、19年度の3月に内閣府の方から認定を受けたところです。

 いよいよ事業にかかりますけれども、事業に関連いたしましては、厚生労働省の先進的事例補助金、この補助金を受けることといたしました。当初予算といたしましては3,000万円。この3,000万円につきましては、2階部分のコミュニティ施設整備に充てることといたしておりまして、予算の決定をいただきましたが、その後、国の方から少し財政的な余力があるといったふうなお話で、追加交付をしてはどうかというお話がありましたので、3,000万円追加交付を受け、そして3階の共同住宅の整備に充てるということで、9月議会の方で承認をいただいたところです。

 いよいよ、その国の交付決定もいただきましたし、議会の議決もいただきましたので、建築に関しての確認申請を県の方に提案いたしましたところ、それだけの利用状況が見込める施設であるので、合併処理浄化槽、この改修が必要といったことで、70人槽の合併処理浄化槽の設置が必要といった指摘を受けております。私たちといたしましても、どれくらいかかるかということを業者さんの方に見積もりをとったわけですけれども、1,600万円程度かかるといったことで、国の方に対しましても、建物の改修と合併処理浄化槽というのは一体的なものであるから、どうかその1,600万円についても国の方からの財政支援をお願いしたいといったことを申し出ておりましたけれども、国の方としては、建物の改修は可能だけれども、合併処理浄化槽まではですね、やはり市の方で、市の事業であるから、市の方でやっていただければというふうなことでございました。私たちも議会では、これまで国の財政支援を受けてやるというふうなことで説明を申しておりましたので、NPO法人の方でその手だては何かできないかといった相談もしておりましたけれども、NPO法人としても、その合併処理浄化槽の改修までの財政支援を受けることというのは非常に難しいと。そして、仮に自分たちが借り入れをして、その1,600万円を手だてをすれば、1階の認知症のデイサービスで収益で上がった部分をその償還に返さなければならないと。そうすると、2階でのコミュニティー事業そのものができなくなると。そうなりますと、この地域再生計画そのものが実行できなくなるといったふうなお話を受けておりましたので、今回、市といたしましても、この合併処理浄化槽には、単独でも補助金を流して実施しなければならないといったふうな判断をしたところです。

 この補助金につきましては、NPO法人の方で実施をしていただきますけれども、契約、そして支払い、それらをみまして、仮にこの1,600万円を下回っておりますと、その範囲内で補助を執行したいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(宮下重康君) 建設部長。



◎建設部長(山下秀文君) まず、経過でございますが、本年の4月に地すべり防止法に基づく協議書を県知事に提出いたしております。協議書の主なものにつきましては、城山公園整備の設計説明書、天草切支丹館の解体設計説明書、基本設計説明書、地質調査等の報告書でございました。協議に、回答につきましては、当初、審査が6週間程度予定しておりましたが−−いや−−当初、審査が6週間ぐらいということで回答を得るということに予定しておりましたが、県におきましても、地すべり斜面カルテが作成から10年を経過しているということで、現地調査などが必要ということで実施され、斜面カルテの更新が行われまして、回答が9月下旬になっております。回答の主なものは、地滑り防止法の遵守と、施工に当たっては水の浸透防止措置を講ずること、また地形の変化を伴う防災及び水質の保全などに留意することとなっております。その後、11月になりまして、警察との交通規制等の協議を行い、交通規制のお知らせを広報などにより市民の皆さんへ周知を図ったところでございまして、現在、切支丹館の解体工事も発注しているところであります。今後の対応につきましては、交通規制など、市民の皆さんの御理解と御協力をいただきながら、天草切支丹館につきましては、本年度に解体を終えて、平成21年度完成に向けて取り組んでまいりたいと考えております。



○議長(宮下重康君) 教育部長。



◎教育部長(新勲君) お答えいたします。

 まず、就学援助費についてでございますけども、小学校の準要保護の世帯に係る人数でございますが、当初計画といいますか、人数は459人を予定いたしておりましたけれども、現在504人ということで45人が増えております。特に新入学児童分が22人と増えておりまして、こういったことで小学校費につきましては増額をお願いしたところでございます。

 それから中学校につきましては、当初339人で計上いたしておりましたけれども、360人、21人、人数としては増えておりますけれども、中学校費の費目の中で、校外活動費、それから医療費につきましては、それぞれ総合的な学習活動支援、通学費補助の方で予算措置をしておりました。大変申し訳ございませんけれども、この2つの校外活動費、それから医療費につきましては不要というようなことでございましたので、今回、減額をお願いするということでございます。

 それから、幼稚園の就園奨励費でございますけれども、これにつきましては、当初予算では71人ということで、695万3,000円をお願いをいたしておりました。申請時、9月でございますけれども、現在では50人でございまして、376万1,000円ということになっております。プラスアルファを見込みまして436万1,000円を現在見込んでおります。といったことで、259万2,000円の減額をお願いしたということでございます。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 財務部長。



◎財務部長(田口學君) 公債費の繰上償還についてお答えいたします。

 従来の政府資金等の繰上償還をする場合には、繰上償還に必要な補償金の支払いが必要でございました。今回、公債費負担の軽減策として、徹底した総人件費の削減等を内容とする財政健全化計画または公営企業健全化計画を策定し、行政改革・経営改革を行う地方公共団体を対象に、平成19年度からの3年間で5兆円規模の公的資金の補償金免除繰上償還等を行うこととされました。繰上償還の対象となる地方債は、旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金及び公営企業金融公庫資金で、平成4年5月までに貸し付けられた金利5%以上の普通会計債及び公益企業債となっております。今回の一般会計における公的資金補償金免除繰上償還でございますが、財政融資資金が金利7%以上のもの8件、約5,257万円、公営企業金融公庫資金が5%以上7%未満のもの6件の約9,100万6,000円で、合計いたしますと件数で14件、繰上償還元金が1億4,357万6,000円となります。

 また、平成20年度の予定でございますが、件数で90件、繰上償還元金が4億2,549万2,000円、平成21年度の予定が、件数53件、繰上償還元金約4億2,861万円を計画いたしております。このことで、繰上償還額の合計額は9億9,767万8,000円で、これらを実施することで約1億4,040万円の利子の軽減が図られることとなります。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 一つしか聞きませんけど、天附中の件ですけど、要するに、100かゼロかという話のような感じがしたんですけど、その補助金て書いてあるので、そこら辺は、まあわかりますけどね、お金儲けの事業じゃないわけですから、趣旨はわかりますけど、その辺はその全く可能性はなかったんですかね。全額補助と、補助といいますかね。補助と言うのかな。要するに、市の施設だからするということなんですかね。



○議長(宮下重康君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) ちょっと足らなかったと思いますが、NPO法人の方もですね、全額じゃないんですけど、確か400万円ぐらいはですね、手持ちで設計等に充てたいということと、それと先ほど申し上げましたけれども、今後の改修に向けてもですね、財団とか、そうしますと県なんかの補助金、そういったのをですね、活用しながら、実際、事業に着手して少しづつ改修をしていきたいというふうな申し出がありましたので、市としても、財源が少なく、そしてNPO法人の持っている力というのをお借りしながらですね、やった方が効果的ではないかといったふうな判断をもって、それで補助金として流しているところです。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

 19番中村五木君。



◆19番(中村五木君) 2点ほどお伺いしたいと思います。

 まず、すみません、蓮池さんは通告なさっておるもんですから、わしより先にやらすですもんね。ほとんど蓮池さんと重複すっとですが、50ページの公的資金ですが、従来これは大変ありがたいことで、従来は、副市長も国からおいでですが、幾らその金利が高いから繰上償還をさせてくれって言ったってやってくれなかったわけですね、これ。そして、今回、結局残った分の利息を免除するということです。ですから、補償金の免除がなかなかされずに、地方自治体は繰上償還ができなかったという経緯で、今回、そういう政策のもとに3年間で−−財政課長、お答えいただけますかね。これは事務的なことですから、お願いします。結局、今は一般会計の方だけおっしゃったんですが、ついでに公共下水道、簡易水道、上水道の分の繰り上げが全体で約47億円ということですね、3年間で。そうしますと、約10億円ぐらいが補償金の免除によって当分の間は儲かるわけですね。極端に言いますと、儲かったという形です。しかし、この47億円をすべて今積み立てている浄財で補わすわけじゃない。要するに、財政部長にお聞きしたいのは、全体的にまとめて、特別会計も。19年度が何件で幾ら。3カ年をやっていただいて幾らになるのかということが、一つと。

 それからもう一つは、この借換債、要するに、窮屈した現状の中で47億円を拠出していくわけですが、一たん戻したものを全部100%充当できるのかというのが、まあ心配あるわけですね。多分、それは全部充当じゃなくて、若干は持ち出しで、結局償還しなきゃならないと、繰上償還をするという形がどれぐらいあるのか。なければ100%とおっしゃっていただければいいわけです。まあ、大変これはありがたい政策ですから、できればもっとあればやらしていただければというぐらいありがたいことです。それだけ、一般会計と特別会計も入れてお知らせいただければと思います。

 それから、今度は返りまして16ページになりますが、今、要するに拠点整備と、金子部長が大変親切にお答えいただいたんですが、これはですね、大変ありがたい事業なんですね、地域にとりましては。私たちの牛深地域にも1町4村で合併したと。やっぱり、それぞれその区域が若干、その連結しているわけじゃなくして、そこにやっぱり10分、あるいは15分、遠いところで25分のやはり離れている地域であるわけです。そういう意味からしますと、今回牛深の天附地域は、当然御承知のとおり、かなりへんぴなところにございます。橋は架かったといえども。そういう意味で、ここで、NPO法人、要するに地域再生事業の中にのせて、NPO法人が新装されて、こういう事業をおやりになるということは大変ありがたいこと。感謝申し上げたいくらいです。しかし問題は、このもともとですね、一番、ここで1,600万円を、まあ金子部長が今ちょっと蓮池さんのやつに説明なさったんですが、要するに合併浄化槽が−−結局いろいろ打ち合わせてる中で、要するに70人も使用するて、これでは単独浄化槽はだめですよと。ですから合併浄化槽にかえなさいということじゃないんですよ、これは。法律が、平成13年の4月1日から単独浄化槽はだめですよと、法律で禁止されているんですよ、6年前に。それを利用がなんだからかんだからって今さら理由を付けても困るんですがね、これは。執行部の方が御存知ないということは、まずありえない。6年前に、単独浄化槽の設置はだめですよと、法律でこれは禁止されているわけ。しかし、経過措置として、その例えば小学校、廃校になった小学校がそのまま継続するとして、単独浄化槽であっても、形を変えなければ、手を加えなければ法律として認めますよという条件だけが付いてるだけなんです。今回は加えるわけですから、何で今になって6年も前から法律が禁止されているものを、今になってあなた方はそういう理由付けをなさってお出しになるんですか。私は実に考えられない。じゃあ、今まで法的なことは全然知らなくて、違法であったものをあなたたちはやるということに、やってきて、近々で気付いたということだけのことじゃないですか。その出資が、どっちで出すかで困って、向こうももう3月31日、明けての3月31日まで出さなきゃいかん、完成させないかん、今年の分は。時間がない。時間がないからって、こっちにお持ちになってきたんですか。

 それと、もう一つですね、市長もよくお聞きしていただきたいのは、もともと今、内之原小学校というのがございます。これも廃校になっているんですが、17年合併前に、牛深市では、この天附中学校を利用なさるNPO法人、今回契約なさるNPO法人と、地元の法人ですが、明照園さんて方が、2人が結局計画をもって利用のお願いをされてたわけです。その時に、さあ合併前にもう時間がないと、どうしようか。要するに、17年の4月1日からこの地域再生法というのはできて、それにかけるにしても間に合わないわけですね、時間的に。要するに、もう18年の1月ぐらいはもう申請せないかん。そうすると、3月27日には合併ですから。そういう兼ね合いもありまして、その査定の中、要するに最終的には明照園に、地元の明照園に牛深市は判断して許可をしたわけです。その経緯というものは、この−−私は執行部じゃございませんので、はっきりは知りませんが、その明照園にお決めになった一つの理由というのが、NPO法人さんは、我々はある程度のもの、80%、90%はすべて補助でやりますと。ですから、熊大も含めた、今あなたが説明したような、地域、要するに熊大、今現在では天草市、そしてNPO法人、そして地域の方々の協働でつくり上げましょうという、一つの事業をやる。間に合わないということで、明照園さんの方には、じゃあお宅はどうしますかって言ったら、明照園さんは、すべて自費でやらせていただきますということでおやりになったわけです。それで、これも単独浄化槽ですよ。1階は、矢田部長御承知のとおり、同じ福祉、通常の補助金で流していくやつ。それも明照園さんはやっている。じゃあ明照園さんのは、もう私がお聞きしましたところが−−自分で単独浄化槽を−−浄化槽つくっていらっしゃるんですよ。これはどうなさるんですか、じゃああなた方は。地域再生計画にのせたからといって、片方だけお出しになるんですか。私は、出しちゃいかんてことを言ってるんじゃないですよ。これから大きな問題が出てきはしないですかということを、皆さん方に今お願いしているわけです。これを出すことによって、じゃあ今後、公共施設をどんどんお貸しになるということ、あるいは民間でいろいろおやりになるときに、民間から条件を付けられたとすれば、これで逃げられることができるんですかって、今後。「はい、わかりました」「そこまでしてお貸ししましょう」ていうことで、やれるんですかと、いろいろ波及してきますよということを私は申し上げたいんです。

 そして、この、部長さん、これはあなたからいただいた資料ですよ。(資料提示)この中に、もともとここは精神的事業という中にあるんですよ、ちゃんと。向こうさんは承知していらっしゃるんです、これは。別にもらわなくてもいいということは。当初は。だって、その他工事、施設外の工事、要するに、あなた方が論議している中のほかに枠外で書いてあるんですよ。給水及び浄化槽設置工事費192万2,000円。何で1,600万円もなるんですか。もともと、もらわなくていいということになっているんですよ、これ。解釈は、私はそういう解釈をしているんですよ。あなたからいただいた資料です。それなのに、何で今さら。NPO法人さんは、それはお困りでしょう。おそらく国といろいろ折衝なさって、国からはいろいろ補助をもらおうとした中で、これはおそらく国がお外しになったんでしょう。どこにも持っていくとこがない。じゃあ急遽、浄財もないということで、天草市にお願いされたって経緯じゃないんですかね、これは。私はそのように思ってるんです。

 そういう中で、同じ地域で同じ施設をやるのに、片方の、地元の民間は自分でやった。じゃあ、この地域再生にのせた事業だからといって、1,600万円を今から市が投資する。これについて、私は絶対反対です。今後どうされるんですか、これは。事業はいい事業じゃないですか。それはそれとして、これは、もうちょっと知恵を絞るべきじゃなかったかと、私は思いますよ。あなたの今の説明では、何か四百何十万円も向こうもお出しになっていると。そんな悠長なこと。合併浄化槽には、向こうの設計で幾らかかると、そのうちの幾らはうちは捻出しますというような、それぐらいの説明はしてくれらっさんと、私は実にですね、これはとんでもない出し方であろうと思います。

 いろいろあると思うんですよ。我々一般家庭が利用する浄化槽の設置補助金、そういうのにも対応したやり方でもいくらでもあるわけですよ。そういう中で1,600万円全額をお出しになる。しかも、天草市−−当時合併前は、市のことしか知りませんが、本渡市が1,000万円まではそういう公の施設に補助をしますと、単独で。牛深は2,000万円ぐらいまで出しておりました。これ地域性があるからです。しかし、合併後には、こういうものについては一切出さないということは内部で決まっていることじゃないですか。それを何で今回お出しになるんですか。だから、当初予算に組んでないんでしょう。どうですかね、これは、はっきりお答えいただけませんか。私が言ってるのがうそなのかどうか。



○議長(宮下重康君) 財政課長。



◎財政課長(森孝君) 公的資金補償免除関係についてお答えをいたします。

 今回、公的資金の繰上償還をいたしますのが、一般会計が3カ年で約9億9,700万円、公共下水道事業が3カ年で17億6,500万円、簡易水道事業が8億4,000万円、上水道事業が10億9,700万円でございます。全会計の合計額が約47億円でございますので、そのうち19年度が21億3,700万円、20年度が14億6,000万円、21年度が11億300万円。47億円の繰上償還をいたしますと、利子の軽減額の見込額が約9億7,600万円になります。なお、一般会計につきましては、繰上償還をいたしまして、今のところ、今回もお願いしておりますように借り換えをいたしませんで、減債基金が18年度末で13億2,000万円程度ございますんで、一般会計部分については、借り換えをしないで減債基金で繰上償還を考えております。そして、上水道につきましては、今年の6億5,700万円のうち一般会計が今後負担すべき分につきまして、約5,700万円については、減債基金の繰り入れをいたしまして、そちらの方で補てんをいたしたいというような考えを持っております。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) ただいま合併処理浄化槽の件を指摘いただきましたけども、私たちも行政としてですね、当然、法律事項というのは熟知して実施すべきということを認識しておりました。会議の中でも、建物の3階部分の耐震等については配慮したわけでございますけれども、この合併浄化槽の単独槽から70人槽への切り替えということにつきましては、借る側、私たち貸す側についてもその認識がなくて、事業がこのように遅れてきたということについては、大変申し訳ないというふうに思っております。明照園さんの事業につきましては、詳しい内容は、私は知っておりませんけれども、確かに、社会福祉法人でございますので、公益性はあろうかというふうに思っておりますけれども、私がお聞きする範囲では、明照園さんは、認知症のデイサービス事業をされるということで、これは介護報酬の費用の中でですね、その運営はされていかれるんだろうと思いますけれども、このNPO法人が天附で実施いたしますのは、特にこの地域再生でお願いしておりますのは、2階の公益事業部分でございまして、冒頭申し上げましたように、下の認知症デイサービス、この収益事業で上がった収益を2階の公益事業に充てたいというふうな思いで、天草市が実施する事業でございますので、市としてこの合併処理浄化槽にかかる部分は補助を出すといったふうなことでいたしております。

 では、市が実施するんであれば、そのことについては、市としてその整備をすべきではないかというふうな御意見もあろうかというふうに思いますけれども、建物1階、2階、3階、これはNPO法人でされますし、合併処理浄化槽も一体のものとして整備して、そして建築確認等も受けた方が、よりスムーズにこの事業は進むのではないかといったふうな判断をいたしまして、やむなく1,600万円の補助金を予算計上させていただいたところでございます。

 どうぞ、御理解いただきたいというふうに思います。よろしくお願い申し上げます。



○議長(宮下重康君) 19番中村五木君。



◆19番(中村五木君) 財政課長のあれですが、まああのう当分の、その自己資金が窮屈にならないということであれば、借換債というのは心配しなくていいわけですが、当然やっぱり47億円も借り換え、繰上償還なさるということになりますと、やっぱり当面の資金が若干いろいろ調達、取り崩したり、いろいろすることにおいてはできますけども、当面、やっぱり私は純粋には、やっぱり裏財源のついた借換債というのを利用するというのが妥当であろうと。これが100%であれば理想ですが、今お聞きしますと、取り崩しも若干なさるということで、それはそれで手法ですからいいと思いますが、できればいろいろな財源を、その借換債の調達をされるということを要望しておきたいと思います。

 それから、今この件ですがね、まあ今、部長さんの説明を聞けばそうなんですよね。部長の説明を聞けば、それはそれでいいんですよ。ところがやっぱりですね、その一番私が問題なのは、何でもそうなんですが、やはりこの法律的に禁止になっているものを、やはり行政と、それから熊大も含めた、そしてNPO法人の方々が、何でその−−まあ私は気付かなかったと思ってるんですよ、改修しなきゃならんということを。それが一番わかりやすいんです。理解しやすいんですね。それと、何で当初にこの計画書の中に入ってないのかということが問題なんですよ。ということは、ほかに充当するものがあったからなかったというだけの話じゃないんですかね。それが不調に終わったから、こっちにきたと。私は、この経緯から、書類の経緯から見るとそういうふうに判断をしているんです。何で当初予算ではなかったんですか。その時からわかっているはずなのに。何で遅れたのかと。その説明はどうなさるんですかね。ですから、どっちかがやる予定になってたやつが、要するに、外れたわけでしょう、思惑が。どっちかが。外れたために12月の補正ということでしょう。要するに、よく考えて下さいよ。3階部分を若干見誤ってたから補正しますということじゃないんでしょう。根本なんですよ。浄化槽なんていうのは、基本的なところなんですよ、これは。もともとから1階・2階・3階が何をするという計画はあるんですよ。それを何で見落としたかという問題は残っているわけです。これ、あなたたちがどんな説明をしようが。だから、素直におっしゃった方がいいんじゃないですか、これは。どっちか。一番簡単なのは、見落としてましたって、お互い全部見落としてましたというのが簡単なことなんですね、これは。だからといって、今、支出するのはどうかという問題ですよ。だから、私が言いますのは、どう理由づけ、これから、今後、私たち地域のそういう社会福祉法人の方々が、それぞれやっぱりこれは市も行政も行政指導をしながら、そういう方に、やっぱり高齢化社会ですから、いろいろなケアとか、いろいろな問題で福祉事業をこれから推進していかなならん時代なんです。そういう中で、やはり不公平感を、誤解を招いた中で、やっぱり予算を付けて執行していくというのは、私は非常に危険性があると思っているんですよ。だから、その意味でしつこく申し上げているんですよ。

 どんなに説明されても、私はですね、何で当初をやらなかったかという問題は残るんですよ、これはすべて。もうちょっとですね、すべて、もう我々議会も大変なんですよ。こういう時期に出されて、じゃあこれだけ差しより、まあ継続審議というのもいかんでしょう、予算ですから。じゃあ修正可決、そうもいかんでしょう。もう時間がないんですから。そういう時期に、悩ましいものを持っておいでになるよりも、もうちょっと時間をかけて、難しい問題は難しいなりに、我々にもそれだけの審議の時間をもっといただくような、補正の仕方というのはないもんですかね。どうなんですかね、これ。部長、これ実際言ってどうなんですか、本当のことをおっしゃっていただけませんかね。まあ、総務委員会で十分論議されますから、ここじゃ言えないとおっしゃれば、「言えない」とはっきり言えば、私はこれでやめますが、どうなんですかね。真実はどうなのか。どっちなんですかね。もう、どうぞあなたに任せます。



○議長(宮下重康君) 企画部長。



◎企画部長(金子邦彦君) 合併処理浄化槽のことにつきましては、先ほど申し上げましたけども、借る方、私たち貸す方が気付きませんでした。そのような、最も基本的なことについて認識とか、もう少しこう深い議論とか、それぞれ支所からのいろんな状況とか、そういった部分を聞かずに事業を進めたことの手落ちというのは確かにあろうかというふうに思っておりますし、このことによって事業が遅れたことについては、大変申し訳なく思っております。今後、こういった事業を展開する場合には、もっと深く慎重に対応してまいりたいというふうに考えております。

 よろしくお願い申し上げます。



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、次に、第2条第2表「債務負担行為補正」について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 22番大塚基生君。



◆22番(大塚基生君) 債務負担行為の公立保育所職員派遣業務委託料についてと、資料館等職員派遣業務委託料、一緒にですけれども、当初では、派遣業務委託料というようなことで予算を計上されておりました。そして、20年は債務負担行為というようなことですけれども、まずこの委託業務そのものの内容、どういう内容なのか。そしてどこに委託をされるのか。それから、委託をすることによる利点なり、あるいは必要性、あるいは利便性というのはどういうものがあるのか。お伺いをいたします。



○議長(宮下重康君) 執行部にお願いいたします。

 先ほど21番平石水穂君から質問もありましたけど、あわせて答弁お願いいたします。

 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) 保育所の保育士、料理員の派遣業務を委託するものでございまして、業務の内容は、公立保育所21カ所の保育業務または給食調理業務でなります。派遣保育士60名、派遣調理員10名の総計1億4,377万1,000円の業務委託料でございます。

 保育所の職員等を通常で週40時間就労できる職員として確保するため、平成20年4月1日から平成21年3月31日までの1年間、人材派遣会社に委託するものであります。臨時職員で雇用する場合、5カ月で雇用期間が終了し、1カ月経過後、再雇用するため、次の職員を確保することが大変困難となっておりまして、また、派遣業務で契約しますと、1年間の雇用ができておりまして、職員を確保するのは容易になるということでございます。

 12月議会に債務負担行為を提案させていただくのは、平成19年度内に入札を行い、平成20年4月1日から派遣業務を委託したいというふうに思っております。保育所の職員は、入所児童の定数基準に基づき配置を行っておりまして、また職員の退職数により、派遣職員を設置する−−配置する必要がありますので、1年ごとに委託する必要があります。単年度の債務負担行為で提案をさせていただく理由でございます。

 平成19年度におきましては、19年4月1日から4月30日まで、臨時職員として賃金で雇用し、5月1日から保育所労働者派遣業務委託を九州総合サービス株式会社と締結して、業務を委託をしております。平成19年11月1日現在、保育所職員数は186名であり、うち正職員の保育士99名、調理員23名の計122名です。派遣職員として、保育士55名、調理員9名の計64名を委託して業務を行っております。



○議長(宮下重康君) 教育部長。



◎教育部長(新勲君) 資料館等の職員の派遣業務の件でございますけれども、考え方はただいま健康福祉部長が申し上げましたとおりでございます。

 業務の内容についてでございますけれども、切支丹館が2名、それから天草コレジヨ館が2名、天草ロザリオ館、それから玩具館あわせて3名、それから五和歴史民俗資料館の2名の方にお願いをするものでございます。受付業務、案内業務ほか施設の維持管理等業務をお願いするものでございます。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 経済部長。



◎経済部長(奈良崎利幸君) 畜産環境整備リース事業にかかわる債務負担行為の御説明を申し上げます。これは、財団法人畜産環境整備機構というところが実施する事業でございまして、牛・豚等の処理施設を主に建設するような事業になっております。今回は、排水処理施設整備事業で、天草町の方で2件、リース事業として採択を受けましたので、毎年償還額の事業費分10%ずつを債務負担行為として平成24年度まで御提案をしているところでございます。なお、本事業は、畜産環境整備機構が実施する事業のために、申請書などが自治体を経由することなく採択される制度になっております。

 採択されて、完成時点前に、県を通じて市町村等へこういう事業をいたしましたといふうな通知がくるもんですから、今の時期になったことにつきましては、大変 申し訳ないと思っております。

 以上です。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。ほかに質疑ありま−−財務部長。



◎財務部長(田口學君) 合併特例債の件についてお答えをいたします。

 これまでの経緯について、特別御報告する経緯等はございませんけれども、御提言等をいただきまして、先ほどお答えいたしましたけど、天草市の財政状況から考えまして、合併特例債を活用することで普通交付税の需要額に70%を算入されると非常に有利であるということから、財政的に判断いたしまして、今回借り換えを行うものでございます。

 それと何年償還か、利子はというような御質問でございますけれども、合併特例債につきましては、2億4,700万円借りまして、そのうち償還総額が2億9,646万円になります。利率が1.8%で20年償還ということで想定し、考えております。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、次に、第3条第3表「地方債補正」について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は所管の各常任委員会に付託いたします。

 ここで、昼食のため休憩いたします。午後は1時50分から再開いたします。

              午後0時50分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−

              午後1時50分 再開



○議長(宮下重康君) 再開いたします。

 午前に引き続き質疑を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第20 議第170号平成19年度天草市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



○議長(宮下重康君) 日程第20、議第170号平成19年度天草市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 国保の補正予算(第2号)ですが、64ページ、繰入金で、この一般会計の繰入金がですね、説明欄の事項にいろいろ書いてありまして、増減の結果として約4,000万円減額というふうになっているんですが、一般会計の方の歳入ではですね、県の支出金で保険基盤安定費として約3,600万円ぐらいですね、4,000万円弱増額計上してあるんですけれども、整合性がよくわかりにくいんですね。簡単に説明していただきたいと思います。

 それから、歳出の方の67ページ、保険給付費1億2,000万円増額計上してあります。医療費の動向で気になるものがあるのかないのか。この点もお願いしたいと思います。

 またですね、本市の国保での制裁率が県下のほかの自治体に比べても大変高いというデータが、県の担当課の資料で非常に明確になっているんですが、この短期保険証とかですね、資格証明書ではですね、やっぱりお医者さんに行きにくいということはあると思うんですね。これは受診が抑制的になると思われるんですが、追跡調査をしているかどうか、確認したいと思います。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) お答えいたします。

 まず、1点目の国民健康保険特別会計補正予算の一般会計繰入金と一般会計補正予算の歳入、県支出金の保険基盤安定費についてお答えいたします。保険基盤安定費は、保険税軽減と保険者支援分がございまして、保険税軽減分につきましては、その4分の3を県、4分の1を市が負担する事になっております。また、保険者支援分につきましては、その2分の1を国、4分の1を県、4分の1を市が負担することになっております。保険基盤安定費の増額決定に伴い、当初推計しておりました県負担金についても補正をお願いしておりますが、今回の補正には、この保険基盤安定費のほかに、新たに国民健康保険事業運営安定化基準超過費用額共同負担金の県負担金6分の1もあわせて計上させていただいております。これらの合計で3,599万円の増加補正となっております。一方、国民健康保険特別会計補正予算の一般会計繰入金につきましては、交付税に算入しております財政安定化支援事業分の減額が大きく影響し、一般会計繰入金の総額では3,930万7,000の減額となっているところでございます。

 続いて、2点目の医療費の動向についてでございますが、平成18年度は、診療報酬改定、マイナス3.16%があり、医療費の伸びも鈍化しておりましたが、現在では、当初見込みより高い前年度比7.3%程度の伸びで推移をしておりますので、今回増額補正をお願いするところでございます。医療費の動向で気になる点につきましては、本年度は、インフルエンザが例年より早く流行期に入ったとの情報がございます。今後は、これが爆発的に流行しますと、国保財政にも大きく影響してまいりますので、非常に心配をしているところでございます。

 次に、資格証明書につきましては、医療機関受診に抑制的になると思われるが、追跡調査をしているのかとの御質問でございますが、長期滞納者の方へは、保険証にかえて資格証明書を発行しておりますが、特別な事情があり、相談をしていただければ、短期被保険者保険証を発行し、3割負担で受診をしていただいております。ちなみに、平成18年度において1,180名の無受診の方がおられましたが、この中に資格証明書発行者は27名、2%でございました。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 最初の件ですけど、財政安定化支援云々が、確かに説明の中にもたくさんマイナスになっているんですが、それ自体はどういうことなんですかね。その引き算の結果、この数字が計上されているのはそのとおりなんですけども、そこのところをもうちょっとわかるように言って下さい。

 それからですね、その資格証明書でも受診している人はいるんだというふうな、今の何となく説明でですね、結局、資格証明は10割払わんばいかんわけですね。何らかのその理由で、相談に来らっせば保険証をあげますということで、全部そういう、あの、何ていいますか、理解していいんでしょうか。そこが少し心配なんですね。この一覧表によりますとですね、天草市の場合は、滞納者の数は若干減っているんです。去年の6月時点と比べて、今年はですね。若干減ってますけれども、資格証明書の発行は増えているように県に報告をしてあるんです。もちろん、その月々、あるいは4カ月ごとですね、数はかわってきますので、これを固定的に見る必要はないと思うんですが、熊本市に次いで多いんですよ。資格証明書がですね、今年の6月の数で、熊本市が500弱ですけど、天草市がですね、460−−要するに460云々という数字なんですよ。これはですね、無視できないと思いますよ。八代は、我が天草市より人口多いですけど200台ですよ。だから、そのペナルティといいますか、それは法律がそうなってますから、やむ得なくそうなることはあるんでしょうけれども、ちょっとですね、やはり制裁率が高すぎると。だから、受診できなくなって手遅れになるようなことになったら、これは結果的に医療費増えるんですから、いろんな自治体の事例がありますようにですね、保険証はやはり持っていただくというところにですね、もっと踏み込んでしないといけないんじゃないかなと思うんですけども、少し悠長な答弁のように感じたんですけど、そうではないんですかね。必要な方はかかっていると言いたかったんですかね、部長さんの答弁は。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) この繰越金のいろんなこの仕組みにつきましては、すみませんが、詳細に承知しておりませんので、できれば担当課の方にきちっとお尋ねをしていただければというふうに思います。誠に申し訳ありません。

 それから、資格証明書の件ですけども、これはどうしても医療が必要である方を制限するものではございませんので、そこはそういう方々が率直にですね、担当課と話し合われて、方法等を考えていただければというふうに思います。確かに、ペナルティー率が他市に比べて高いということはありますけれども、これが天草市の実態でございますので。しかし、そういうものの実態を踏まえて、今後も施策を考えていく必要があるだろうというふうには考えております。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第21 議第171号平成19年度天草市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)



○議長(宮下重康君) 日程第21、議第171号平成19年度天草市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 老健特別会計の補正予算(1号)ですが、この会計でのですね、制度の実施と、いわゆる大体同じ対象者となりますけど、来年4月スタートのですね、後期高齢者医療保険制度との移行関係について、簡単に説明していただきたいと思います。

 既に広報等で特集をされておりますが、意外とですね、意外とと言いますか、あまり皆さんがよく知らない状況もあります。ですから、市民への制度周知はどのようにされていくのか。

 それから現行のですね、医療内容−−この老健のですね、制度のもとにされている医療内容とですね、どう変わっていくのか。規制されることにならないのか。今ちょっと、その辺が議論されているところでもあります。

 それから、市としては、負担がどのように変化するのか。

 以上の点をお願いしたいと思います。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) 老人保健医療制度と後期高齢者医療制度の移行関係についてお答えいたします。

 医療給付につきましては、平成20年4月診療分から、後期高齢者医療制度で処理することになりますが、20年3月分は、老人保健特別会計で処理することになっております。また、翻って、過誤調整事務等もございますので、老人保健医療特別会計につきましては、当分の間、設置しておく必要があります。

 次に、市民への制度周知についてでございますが、広域連合におきましては、既にホームページで周知を図っておりますが、今後は、パンフレットの配布及びテレビやラジオを利用した広報活動が行われる予定になっております。市におきましても、広報紙を活用してPRを行っておりますが、今後は各地域で実施をされます老人学級などの機会を利用して、周知を図っていきたいというふうに考えております。

 3点目の現行の医療内容が規制されることはないのかという御質問でございますが、医療給付の仕組みにつきましては、これまでの老人保健医療制度と同じでございますが、診療報酬体系につきましては、現在、国において検討されているようでございます。詳細につきましては、今のところわかっておりません、私の方では承知をしておりません。

 4点目の市としての負担ではどのような変化があるのかとの御質問でございますが、医療費に対する市の負担割合は同じでございますが、保険基盤安定事業負担金や広域連合運営経費の負担金、また新たに保険料徴収事務が発生しますので、事務も含めた負担増になるものと考えております。



○議長(宮下重康君) 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 老人学級等でということだったんですが、それでどのくらい補足されるのかもあるんですね。それから、肝心なことが、今部長がおっしゃったように、よくわからないという状況なんです。これが一番困るんですね。今までのことはちゃんとやりますよということではないんです、どうも。だから、そういうことに対して市民の皆さんの意向がどう反映するのか。安田市長が連合の議会の議員ですけれども、恐らく突っ込んだ議論になっていないと思うんですよね。だから、ありのままの状況で、やはりもっと身近なところでですね、私は説明をされていく責任が天草市としてもあるんじゃないかと思うんですが、ちょっと消極的な感じがしますけれども、どうなんですか、その辺は。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) これは国の方で確定をしていただかないと話ができないという内容でありますので、そこら辺は、私の方ではなんともお答えしようがないわけですが、申し訳ありませんが、そういうことで御勘弁を願いたいと思います。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第22 議第172号平成19年度天草市介護保険特別会計補正予算(第2号)



○議長(宮下重康君) 日程第22、議第172号平成19年度天草市介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 補正予算の2号ですが、歳入で89ページ、国庫支出金2,500万円のですね、地域介護福祉空間整備交付金がございます。これはどういう使い道になるのか、御説明願います。

 それから予備費ですね、93ページ。5,000万円増額計上してあるんですが、これは概ねですね、収支に余裕があるという−−これは財源調整ですからですね−−その反映だと読みとれるわけですけれども、このくらいの余っていることを、例えば、活用すればですね、保険料とか、利用料の軽減にあてることも可能ではないかと。例えば、第2ランクの保険料は、本市の場合は65%に軽減してありますけど、それをさらに10%軽減するためには5,000万円ぐらいでかなり足るんじゃないかなという感じもします。だから、単に、この特別会計としてですね、余裕があるというところに満足しないで、やはり見ていく必要があるんじゃないかと思うんですが、これはいじることはできないんですか。



○議長(宮下重康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(矢田勝行君) 平成18年度介護保険制度で創設された地域密着型サービス等の整備促進のために制度化された交付金でございますが、本年度に公募を決定して−−きた民間事業者への交付金となります。具体的には、河浦地区に認知症対応型通所介護1,000万円及び認知症対応型共同生活介護、これはグループホームのことでございますが、1,500万円を整備される医療法人社団孔和会−−これは牛深の松本内科眼科医院でございますが−−へ同額の施設整備のための交付金となります。なお、歳出科目につきましては、ページ、91ページでございますが、款第1.総務費、項1.総務管理費、目の1の一般管理費の負担金補助及び交付金に計上をいたしているところでございます。

 それから、予備費の件でございますが、介護保険の保険料は、介護保険事業計画において3年度を単位とした計画期間ごとに、介護保険事業計画に定めるサービス費用見込額などに基づき、計画期間を通じて財政の均衡を保つことができるように設定することとなっております。現在の第3期事業計画は、平成18年度から20年度になりますが、この計画期間の1年目の実績では、在宅介護サービス利用者は増加しているものの、施設サービス利用者及び地域支援事業の対象者が少なかったことなどにより、財政運営上は黒字になっております。しかし、今後の地域密着型サービスを初めとする利用者の増加等により給付の増加が見込まれており、また介護療養型医療施設の廃止に伴う施設サービスの動向が不明であるため給付費の見込みが難しく、予断を許さない状況でございます。保険料の独自減免につきましては、生活困窮者について、国が示している減免三原則を守りながらどのようにするかを今後検討してまいりたいというふうに思っております。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第23 議第173号平成19年度天草市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(宮下重康君) 日程第23、議第173号平成19年度天草市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 歳入の方、1点だけお聞きします。

 102ページですが、受益者負担金が相当増額して計上してあるんですけども、これはどういう要因なのか、簡単に説明して下さい。



○議長(宮下重康君) 建設部長。



◎建設部長(山下秀文君) 公共下水道受益者負担金の増額になった要因についてでございますが、当初予算では、台帳地目が宅地・雑種地について収入を、見込んでおりましたが、受益者からの申告に基づいて見直しを行った結果、面積が増となったこと、また、一括納付による収入を前年度実績から80%と、見込んでおりましたけども、実際、88%と増えたことによって、今回補正をお願いするものでございます。



○議長(宮下重康君) 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) その面積が増えると、計算の根拠が多少くるってくるんじゃないんですか。そこは心配いらない。単価は同じでということで理解すればいいんですかね。どうも、そこんところがですね、ちょっとおかしな感じですけどね。要するに、市民の方がおっしゃってわかったということなんですか。地目がどうのこうのとおっしゃったんですけども、その対象になるところとならないところの線引きが当初間違ってたわけでしょう。カウントが漏れていたといいますか。



○議長(宮下重康君) 建設部長。



◎建設部長(山下秀文君) 面積の増加でございますが、当初、台帳地目ということで、宅地あるいは雑種地に課税するということで進めていたわけですが、実際、申告の段階では現況地目ということで、大分農地が宅地に変わっていた部分があったりということでございます。面積的には、当初12万平方メートルみておりましたが、約3万5,000平方メートルほど、賦課面積は増えております。区域は同じ区域で、この分が増えたということでございます。また、金額的な問題でございますが、平米当たり514円ということでいただいておりますが、これも分割納付でございまして、その辺の調整をいたしまして、今回補正したわけでございます。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は建設経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第24 議第174号平成19年度天草市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(宮下重康君) 日程第24、議第174号平成19年度天草市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 1点だけお尋ねします。歳入の116ページ。雑入にですね、工事前払金保証金というのが計上してあるんですけども、これはどういう関連なんですかね。歳入にあるので、ちょっとわかりにいくんですよね。



○議長(宮下重康君) 建設部長。



◎建設部長(山下秀文君) 雑入に上げておりますが、この関係は、工事関係で前払い保証した分のですね、保証金の返ってきた分ということで上げております。これは、天草町の高浜地区の管渠布設−−その管渠布設工事で2件契約を解除したということで、その時に前払金を払っていた分について、払い戻しを受けたということで計上したものでございます。

 高浜地区の管渠布設工事その8工事の−−まあ経過でございますけども、平成19年の1月に請負額1,148万7,000円で契約をしております。そして、19年2月に前払いの請求がありまして、19年2月26日に前払金を459万4,000円支払っております。その後、自己破産の申し立てがありまして、そして19年5月には工事続行不能届出を受理いたしまして、19年5月に請負契約の解除を通知して、出来高を確認したところでございます。その後、19年5月19日に保証会社に前払保証金の請求をいたしまして、19年5月の29日に保証会社から入金があっております。

 次に、同じく2件目の工事でございますが、これも高浜地区の管渠布設その9工事でございまして、これも19年の1月に請負額1,250万5,500円で契約いたしました。2月には、前払金の請求がございました。額は493万1,357円でございます。3月の8日に前払金を支払いまして、これも先ほどの工事と同様に工事続行不可能ということになりまして、まあ契約を解除いたしまして、そして保証会社には前払金についての請求をいたしまして、平成19年5月19日に保証会社から入金、前払金についての入金があっております。前払金額の合計は、この2件で952万5,357円となっております。

 以上、2件の工事につきましては、保証金の入金後、本年5月と6月に再度入札をいたしまして、現在、工事は完了しているということでございます。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は建設経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第25 議第175号平成19年度天草市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(宮下重康君) 日程第25、議第175号平成19年度天草市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は建設経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第26 議第176号平成19年度天草市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)



○議長(宮下重康君) 日程第26、議第176号平成19年度天草市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は建設経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第27 議第177号平成19年度天草市浄化槽市町村整備推進事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(宮下重康君) 日程第27、議第177号平成19年度天草市浄化槽市町村整備推進事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は建設経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第28 議第178号平成19年度天草市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)



○議長(宮下重康君) 日程第28、議第178号平成19年度天草市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は市民環境委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第29 議第179号平成19年度天草市国民健康保険診療施設特別会計補正予算(第2号)



○議長(宮下重康君) 日程第29、議第179号平成19年度天草市国民健康保険診療施設特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は市民環境委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第30 議第180号平成19年度天草市歯科診療所特別会計補正予算(第1号)



○議長(宮下重康君) 日程第30、議第180号平成19年度天草市歯科診療所特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は市民環境委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第31 議第181号平成19年度天草市斎場事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(宮下重康君) 日程第31、議第181号平成19年度天草市斎場事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は市民環境委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第32 議第182号平成19年度天草市病院事業会計補正予算(第2号)



○議長(宮下重康君) 日程第32、議第182号平成19年度天草市病院事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

 23番本田武志君。



◆23番(本田武志君) 1点だけお尋ねいたします。

 3ページ、職員給与の追加がかなり大きな金額で行われておりますが、これはどういったものなのか。

 また、第7条にですね、他会計からの補助金が7億1,182万9,000円ですか、4,972万9,000円に大幅に減額をされているわけでございますが、これについてちょっと説明をお願いいたします。



○議長(宮下重康君) 病院局次長。



◎病院局次長(森田勝善君) まず、職員給与費の関係でございますけれども、これが大きいのは、退職の勧奨退職分が病院事業で7名ございまして、その分で大きくなっております。定年退職分は当初予算で組んでありましたけどもですね。

 それから、他会計からの補助金でございますけども、これが7億1,182万9,000円から4,972万9,000円に減額になっとる分でございますけども、当初予算では、繰入金の全額、それから在宅介護支援センター運営費補助金等、すべての金額をこの他会計からの補助金の項目に上げておりましたけども、地方公営企業法第17条の3に基づく繰入金につきましては−−繰入金をこの他会計からの補助金に上げることになっておりますので、改めて分類をし直しまして、ここに上げておりますのは、研修費、共済追加費用、基礎年金、国保繰出金等の金額に改めたものでございます。総額は、変わりはないということであります。



○議長(宮下重康君) ほかにありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は市民環境委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第33 議第183号天草市水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(宮下重康君) 日程第33、議第183号平成19年度天草市水道事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本件について質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は市民環境委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第34 議第184号天草市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(宮下重康君) 日程第34、議第184号天草市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 本件について質疑の通告があっておりますので、発言を許します。

 10番蓮池良正君。



◆10番(蓮池良正君) 幾つかお尋ねしますが、今回の給与改正のポイント、理由について、簡単に説明をお願いしたいと。参考となる民間給与の実態についても、どういうふうになっているのかですね。

 それから、2点目ですが、改正しない場合と比べて、1年間といいますか、総額で幾らの増額になるのか。

 3点目ですが、天草地域の民間企業の実態把握というのは、正式のその調査機関はないんでしょうけれども、どのように把握されているのか、いないのか。

 4点目ですけど、天草市管内で今回の改正に連動してですね、まあ給与が上がることは、それ自体はとてもいいことだと思うんですが、どういう影響といいますか、第3セクターとかですね、あるいはこの前職員を派遣すると決まった宝島協会ですか、そういうものには連動していくんだろうなと思うんですが、どういうふうに理解されているか。

 以上です。



○議長(宮下重康君) 総務部長。



◎総務部長(鶴田謹一君) それでは、給与改定のポイントなどでございますけれども、まず、公務員の給与制度につきまして、平成17年度に50年振りと言われた抜本的な大改革がなされております。平成18年度から新給与制度に移行されておりまして、主なものとしましては、国の給料表が11級制から10級制へ、天草市では7級制までを導入をいたしております。給料額につきましては、率にして平均4.8%の引き下げとなっております。この給与制度の改革に伴いまして、本市では、若年層を除く約3分の2の職員は給料が下がることになりますが、経過措置としまして、元の給料に追いつくまでの期間は、その差額は補償をされております。ただ、結果的には、新しい給料が元の給料に追いつくまでの期間は大体4年から5年間になりますけれども、給料が上がらない状況となっております。

 そのような中で、今回の給与改定は、本年度の人事院勧告に準拠して、給料表の1級から3級までの職員、これは概ね33歳以下の職員になりますけれども、その給料につきまして、1級の者が1.1%、2級で0.6%、3級で0.02%、それぞれ引き上げることになっております。2点目に、子などにかかる扶養手当を月額6,000円から6,500円に、500円引き上げます。それから、勤勉手当の支給割合を0.05月引き上げるというものでございます。給与改定をする理由といたしましては、先ほど申しましたその給与制度の改革のもとで人事院勧告に基づく国の改正に準じて取り扱っております。なお、県下各市の状況も給与改正が行われると聞いておりますし、また、国家公務員の給与改正が去る11月30日に行われましたので、御提案をいたしております。

 なお、参考となります民間企業の実態でございますが、まず、人事院の調査によりますと、民間給与が38万4,893円、これに対し公務員給与が38万3,541円となっており、公務員が低いとのことでございます。

 次に、総額で幾らの増額になるのかという御質問でございますけれども、給与改定を行った場合の経費は、一般会計で3,966万6,000円、約4,000万円でございます。

 また、民間給与の実態調査の件でございますけれども、今回の人事院勧告は、従業員50人規模以上の全国約1万2,000事業所の約43万人を対象に、平成19年4月分の給与を調査・比較し出されております。なお、本市には、人事委員会もありませんので、改めて地域企業の実態等の把握は行っておりません。

 最後に、今回の改正で3セク等に連動するようなことはあるのかというようなことかと思いますけれども、第3セクターについては、改正の話は聞いておりません。なお、従来までは、社会福祉法人などから改定の内容等についてのお尋ねなどがあっておりましたので、今後、お尋ね等があるかもしれません。それから、宝島観光協会の件もお話になりましたけれども、この件は、今回の改定に伴います補正額は30万円程度ということでございましたので、既決していただいております補助金の中での対応が可能ではないかというようなことで、今回はあえて増額というような補助の方は行っておりません。

 以上でございます。



○議長(宮下重康君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

          [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(宮下重康君) ほかに質疑がなければ、本件は総務企画委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第35 請願の付託について



○議長(宮下重康君) 日程第35、請願の付託について。

 本定例会に受理した請願は、お手元に配付の請願文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(宮下重康君) 以上で、本日の議事日程は終了いたしました。

 明7日から11日までは休会し、次の本会議は12日午前10時から一般質問を行います。

 本日は、これにて散会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○ −−−−−−−−−−−−−−−−−−

              午後2時26分 散会