議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成26年 6月 定例会(第2回) 06月09日−01号




平成26年 6月 定例会(第2回) − 06月09日−01号







平成26年 6月 定例会(第2回)




         平成26年第2回宇城市議会定例会(第1号)

                           平成26年6月9日(月)
                           午前10時00分 開議
1 議事日程
 日程第1         会議録署名議員の指名
 日程第2         会期の決定
 日程第3         諸報告
 日程第4  報告第 3号 平成25年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書
              の報告について
 日程第5  報告第 4号 平成25年度国民健康保険宇城市民病院事業会計繰
              越計算書の報告について
 日程第6  報告第 5号 平成25年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告
              について
 日程第7  議案第44号 宇城市支所及び出張所条例及び宇城市公民館条例の
              一部を改正する条例の制定について
 日程第8  議案第45号 宇城市税条例等の一部を改正する条例の制定につい
              て
 日程第9  議案第46号 宇城市子ども・子育て会議条例の制定について
 日程第10 議案第47号 宇城市アグリパーク豊野条例の一部を改正する条例
              の制定について
 日程第11 議案第48号 宇城市戸馳花の学校条例の一部を改正する条例の制
              定について
 日程第12 議案第49号 物品売買契約の締結について(小型動力消防ポンプ積
              載車)
 日程第13 議案第50号 宇城市市道路線の廃止について
 日程第14 議案第51号 宇城市市道路線の認定について
 日程第15 議案第52号 平成26年度宇城市一般会計補正予算(第1号)
 日程第16 諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦について(遠山 明美氏)
 日程第17 同意第 8号 監査委員の選任について(入江 學氏)
 日程第18 同意第 9号 固定資産評価員の選任について(北村 孝二氏)
 日程第19        休会の件

2 本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

3 出席議員は次のとおりである。(22人)
  1番 高 橋 佳 大 君          2番 ? 本 敬 義 君
  3番 大 村   悟 君          4番 星 田 正 弘 君
  5番 福 永 貴 充 君          6番 溝 見 友 一 君
  7番 園 田 幸 雄 君          8番 五 嶋 映 司 君
  9番 福 田 良 二 君         10番 河 野 正 明 君
 11番 渡 邊 裕 生 君         12番 大 嶋 秀 敏 君
 13番 尾 ? 治 彦 君         14番 河 野 一 郎 君
 15番 長 谷 誠 一 君         16番 永 木 伸 一 君
 17番 入 江   学 君         18番 豊 田 紀代美 君
 19番 堀 川 三 郎 君         20番 中 山 弘 幸 君
 21番 石 川 洋 一 君         22番 岡 本 泰 章 君

4 欠席議員はなし

5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長   河 村 孝 義 君   書    記   野 田 知 宏 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長       守 田 憲 史 君   副市長      平 井 宏 英 君
 教育委員長    長 田 政 敏 君   教育長      大 槻   英 君
 総務部長     浅 井 正 文 君   企画部長     野 田   眞 君
 市民環境部長   北 村 孝 二 君   健康福祉部長   三 浦 誠 吾 君
 経済部長     ? 島 孝 二 君   土木部長     緒 方 伸 一 君
 教育部長     小田原 弘 則 君   会計管理者    前 田 博 幸 君
 総務部次長    本 間 健 郎 君   企画部次長    岩清水 伸 二 君
 市民環境部次長  松 本 秀 幸 君   健康福祉部次長  渡 邊 満 夫 君
 経済部次長    清 成 晃 正 君   土木部次長    小 畑   稔 君
 教育部次長    緒 方 昭 二 君   三角支所長    石 嶋 達 喜 君
 不知火支所長   中 川 義 輝 君   小川支所長    桑 田   茂 君
 豊野支所長    木 村 和 弘 君   市民病院事務長  満 島 洋 一 君
 農業委員会
          藤 本 勇 治 君   監査委員事務局長 岩 下 裕 晶 君
 事務局長君
 財政課長     成 松 英 隆 君





               開会 午前10時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(岡本泰章君) ただいまから、平成26年第2回宇城市議会定例会を開会します。

 これから、本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(岡本泰章君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本定例会の会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、3番、大村悟君及び4番、星 田正弘君の2人を指名します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(岡本泰章君) 次に日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は、本日6月9日から25日までの17日間にしたいと思います。御異議ありませんか。

              [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岡本泰章君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日6月9日から25日までの17日間に決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3 諸報告



○議長(岡本泰章君) 次に、日程第3、諸報告を行います。

 まず、諸般の報告を行います。議長の諸般の報告として、お手元に配布してありますとおり、まず1ページから9ページに、監査委員から宇城市の例月現金出納検査の結果に関する報告書について、平成26年1月分から4月分までが提出されておりますことを報告します。

 次に、主な公式行事については、10ページのとおりでございます。

 次に、陳情書等について申し上げます。6月2日の第10回議会運営委員会において、机上配布と決定した3件の陳情書等につきましては、皆様のお手元に配布のとおりであります。

 次に、議員表彰受賞者の紹介をいたします。去る5月28日、東京都で開催された全国市議会議長会第90回定期総会において、全国市議会議長会会長から議員在職10年以上の表彰を、本市では4人が受賞されました。今回の受賞者は、橋田和征前議員、椎野和代前議員、大嶋秀敏議員、尾?治彦議員であります。各位に対し、長年の御苦労に敬意を表しますとともに栄えある受賞に心からお祝いを申し上げたいと思います。おめでとうございます。また、全国市議会議長会の評議員を務められました西村前議長に感謝状が届いておりますので、こちらも後ほど、併せて伝達を行いたいと考えております。

 最後に、4月に開催されました熊本県市議会議長会、並びに九州市議会議長会において宇城市議会議長が双方の監事に選任されましたので、併せて御報告申し上げます。

 以上で、議長の諸般の報告を終わります。

 次に、市長から行政報告の申し出がありますので、これを許します。市長、守田憲史君。



◎市長(守田憲史君) 今市議会定例会に提出しております議案の説明に先立ち、行政報告をいたします。

 まずはじめに、宇城広域連合の報告です。平成26年度宇城広域連合一般会計予算については、酒気帯び運転で検挙された消防職員の懲戒処分に関する不満などから、去る3月議会で予算案が否決され、暫定予算により運営してきました。今般5月29日の臨時会において、総額約28億7,000万円の一般会計当初予算が可決され、所要の事業を実施できるようになりました。今回の混乱は、連合執行部と連合議会の意思疎通が不十分であったことが要因であると考えています。今後は、執行部、関係者とも真摯に反省し、二度とこのようなことがないよう取り組んでいく所存であります。

 次に、ゆめマート松橋オープンについての報告です。3月25日、旧ショッピングセンター「フレンド」跡地にゆめマート松橋店がオープンしました。雇用を生み出せる商業施設として、地元を含めて12の専門店と共同され、地元を中心に計150人の雇用が創出されました。今後とも、活力あるまちづくりのために、地域と共に発展されることを願っております。

 次に、宇城・氷川スマートインターチェンジ開通の報告です。平成23年から3か年にわたる工事期間を経て、去る3月29日、熊本県内初のスマートインターチェンジとしてめでたく開通いたしました。高速道路ネットワークにつながったことにより、企業誘致の可能性、観光・レジャー客の増加、地域住民の利便性の向上が図られますので、地域発展の取組を更に積極的に推進してまいりたいと考えております。

 次に、総合行政情報誌「うき宇城・くらしの情報ガイド」共同発行に関する協定締結の報告です。4月11日、宇城市と株式会社サイネックスとの間で官民協働による総合行政情報誌の共同発行に関する協定を締結しました。この情報誌は、行政サービスをはじめ、防災・観光・医療・子育て支援などの情報を盛り込んだガイドブックです。100ページほどのボリュームで、本年12月頃に完成予定です。市内全戸に配布し、転入世帯には窓口で配布する予定です。

 次に、市長会の報告です。去る4月16日、阿蘇市において熊本県市長会春季定例会が開催されました。また、5月15日から16日までの二日間にわたり、鹿児島県鹿屋市において第114回九州市長会総会が開催され、両市長会に参加してまいりました。

 次に、三角西港の世界文化遺産登録関係の報告です。平成26年1月29日にフランスのパリにありますユネスコ世界遺産センターに提出された推薦書は、2月末日に正式に受理されました。現在、日本国政府と国際記念物遺跡会議(イコモス)の間で現地調査の日程調整を行っていると聞いております。現段階では、おおむね9月下旬に調査が行われることが想定され、内閣官房の指示の下、各自治体において準備を行っております。イコモス調査の後は、平成27年6月頃に開催予定の第39回世界遺産委員会において登録の可否が決定されます。なお、第39回世界遺産委員会開催地が判明するのは、本年7月上旬になるものと思われます。

 次に、タウンミーティングの報告です。市民の皆様方の生の声を聞き、相互理解に基づく市政運営に役立てる目的で、「タウンミーティング2014〜市長と語ろう!地域の未来を〜」と称し、市内各小学校区15地区に出向きます。早速5月13日に小川小学校区に伺いました。市政の近況や地域の話題を報告し、地域の課題や将来のまちづくりについて、参加の皆様方の意見・要望等を聞いてまいりました。来年2月までに市内全地区に出向き、市民の皆様から出た意見・要望等を集約し、検討・協議した上で、次年度以降の政策に役立てたいと考えておりますので、多くの方々にお気軽に参加してもらいたいと思っております。

 次に、国民体育大会九州ブロック大会の報告です。来る8月23日から24日の両日、平成26年度国民体育大会九州ブロック大会、成年女子バレーボールの部がウィングまつばせにおいて開催されます。九州各県7チームの精鋭たちが宇城市に集い、白熱した大会が繰り広げられるものと思います。

 最後に、行財政改革の一環として、公共施設の見直し方針(素案)を作成しておりますので、今定例会中の各常任委員会においてお知らせいたします。

 以上、行政報告といたします。



○議長(岡本泰章君) 以上で、行政報告は終わりました。

 これで、諸報告を終わります。

 ここでしばらく休憩します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               休憩 午前10時10分

               再開 午前10時15分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(岡本泰章君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第4  報告第 3号 平成25年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について



△日程第5  報告第 4号 平成25年度国民健康保険宇城市民病院事業会計繰越計算書の報告について



△日程第6  報告第 5号 平成25年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告について



△日程第7  議案第44号 宇城市支所及び出張所条例及び宇城市公民館条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第8  議案第45号 宇城市税条例等の一部を改正する条例の制定について



△日程第9  議案第46号 宇城市子ども・子育て会議条例の制定について



△日程第10 議案第47号 宇城市アグリパーク豊野条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第11 議案第48号 宇城市戸馳花の学校条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第12 議案第49号 物品売買契約の締結について(小型動力消防ポンプ積載車)



△日程第13 議案第50号 宇城市市道路線の廃止について



△日程第14 議案第51号 宇城市市道路線の認定について



△日程第15 議案第52号 平成26年度宇城市一般会計補正予算(第1号)



△日程第16 諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦について(遠山明美氏)



○議長(岡本泰章君) 日程第4、報告第3号平成25年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてから、日程第16諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦について(遠山明美氏)までを一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。市長、守田憲史君。



◎市長(守田憲史君) 市長提案理由の前に、まずは全国市議会議長会から議員在職10年以上で受賞されました橋田和征前議員、椎野和代前議員、大嶋秀敏議員、尾?治彦議員、以上4人の議員の皆さん、栄えある受賞、まことにおめでとうございます。また、全国市議会議長会の評議員を務められました西村前議長には感謝状が届いているとのことです。これも、併せて栄えある受賞、まことにおめでとうございます。

 平成26年第2回宇城市議会定例会で大変お世話になります。今回提出します議案としまして、報告3件、条例5件、その他3件、補正予算1件、諮問1件、同意2件、計15件でございます。

 条例案件につきましては、宇城市支所及び出張所条例及び宇城市公民館条例の一部改正、宇城市税条例等の一部改正、宇城市子ども・子育て会議条例の制定、宇城市アグリパーク豊野条例の一部改正、宇城市戸馳花の学校条例の一部改正についてでございます。

 予算案件につきましては、平成26年度宇城市一般会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算それぞれ5億3,262万5千円を減額し、歳入歳出予算の総額を309億3,157万円とするものでございます。

 また、人権擁護委員候補者推薦の諮問で1件提案しております。

 これらの案件につきまして、よろしく御審議の上、御承認いただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(岡本泰章君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから、議案ごとに詳細説明を求めます。

 まず、報告第3号平成25年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についての詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(浅井正文君) 報告第3号平成25年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について、詳細説明を申し上げます。まず、配布してあります議案集の1ページをお開きください。

 まず、1ページは、今回提出しております議案の目録であります。

 続きまして、議案集の2ページをお願いします。ただいま言いました平成25年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてであります。3ページから6ページまでは繰越明許費繰越計算書になっております。

 本報告は、昨年12月の定例会、今年の2月の定例会及び5月の臨時会におきまして平成25年度宇城市一般会計補正予算(第4号)、そして第7号、及び専決第2号で御承認をいただいております。

 3ページです、3ページの一番上、A4の横になっておりますけども、小川交番敷地内案内看板移設工事等ということで全28事業の繰越明許費について、別紙のとおり調整いたしました。平成26年度の繰越額の総額はということで、6ページをお願いいたします。一覧表を飛び越し6ページです。6ページの表の最後です、計のところ、ちょうど真ん中ぐらいに翌年度繰越額というのがあります。18億6,619万8,000円になっております。うち、既収入特定財源7億7,200万円、未収入特定財源16億1,847万8,000円になっております。また、備考欄、表の右側のところに備考があります、備考欄の*といいますか、これについては国の補正予算(第1号)に係る「好循環実現のための経済対策」関連事業であります。同じく、備考の欄に◎があります、◎は地域の元気臨時交付金基金の関連事業であります。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定により、今回の定例会に報告するものであります。



○議長(岡本泰章君) 次に、報告第4号平成25年度国民健康保険宇城市民病院事業会計繰越計算書の報告についての詳細説明を求めます。市民病院事務長。



◎市民病院事務長(満島洋一君) 報告第4号平成25年度国民健康保険宇城市民病院事業会計繰越計算書の報告について、詳細説明を申し上げます。議案集の7ページをお願いいたします。

 この報告は、平成26年第2回臨時会において承認いただきました平成25年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第3号)における医療施設消火設備事業の予算を繰り越しましたので、地方公営企業法第26条第3項により、今定例会に報告するものでございます。

 8ページをお願いいたします。繰越計算書でございます。平成26年度へ繰り越します額は、5,008万円でございます。繰越しの理由としましては、年度末になって国の補正予算及び施設整備費交付要綱等が決定されたため、年度内の事業完了に至らなかったことによるものでございます。

 以上で、報告第4号の詳細説明を終わらせていただきます。



○議長(岡本泰章君) 報告第4号の詳細説明が終わりました。

 次に、報告第5号平成25年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告についての詳細説明を求めます。企画部長。



◎企画部長(野田眞君) それでは、報告第5号平成25年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告につきまして、説明を申し上げます。議案集9ページをお願いいたします。それと、別冊の平成25年度宇城市土地開発公社の経営状況をお手元に配布しておりますので、どうぞ御覧いただきたいと思います。

 本公社は宇城市が出資する法人でありますので、地方自治法第243条の3第2項及び地方自治法施行令第173条の規定により、その経営状況について報告するものでございます。

 それでは、別冊の平成25年度宇城市土地開発公社の経営状況の1ページ目から決算書を御覧いただきたいと思います。平成25年度収支決算額につきましては、公有地取得等の事業は行っておりませんので事務的経費のみでございます。収益的収入支出につきましては、1ページの記載のとおり受取利息だけで、収入合計1,543円に対しまして、支出合計は8万2,300円。支出の主なものは、公租公課であります。法人税7万1,000円と監査報酬の1万1,000円であります。

 差額の当期損失8万757円につきましては、9ページを御覧いただきたいと思います。9ページに記載しておりますが、準備金のところで前期繰越準備金116万1,142円から補填をしております。

 それでは、2ページに戻っていただきまして、資本的収入支出につきましては、事業を行っておりませんので収入支出共に計上はございません。そのほか、3ページ以降は決算の明細書、損益計算書、貸借対照表、財産目録、キャッシュフロー計算書、付属明細表と監査結果を添付しております。また、平成26年度の事業計画につきましては、収益的収入支出につきましては事務的経費を計上し、公有地取得等の事業計画はありませんので資本的収入支出につきましては計上いたしておりません。

 以上で、平成25年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告の説明を終わります。



○議長(岡本泰章君) 報告第5号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第44号宇城市支所及び出張所条例及び宇城市公民館条例の一部を改正する条例の制定についての詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(浅井正文君) まず、議案集の10ページをお願いいたします。それと、資料編、資料集ということで資料集の2ページから3ページをお願いいたします。議案第44号宇城市支所及び出張所条例及び宇城市公民館条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を申し上げます。

 本条例2本につきましては、現小川支所を小川総合文化センター「ラポート」に支所機能を移転するため、必要な条例を改正するものであります。なぜ移転なのかということで説明を申し上げます。

 1点目です。現小川庁舎が昭和56年に建設されております。耐震構造ではありません。よって、耐震工事が必要になります。

 2点目です。空調施設が建設当時のままで、いつまで使用できるか分かりません。それに、この空調施設の音が近隣住民に騒音公害になっていること。よって、空調施設の改修が必要なこと。

 3点目、市町村合併による機構改革、職員数の減により空きスペースができたこと。

 以上を考えますと、耐震・空調設備に相当の費用がかかりますので、今回の提案になった次第であります。よって、平成10年竣工のラポートへ支所機能を移転することといたします。施設内の会議室、旧教育長室を事務室へ変更し、執務スペースを広げ、対応しようとするものです。

 以上のような内容から、支所の位置を変更すること、ラポートの会議室が無くなりますので、関係部分を条例から削除するため提案するものであります。

 よろしく御審議いただきますよう、お願いいたします。



○議長(岡本泰章君) 議案第44号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第45号宇城市税条例等の一部を改正する条例の制定についての詳細説明を求めます。市民環境部長。



◎市民環境部長(北村孝二君) 議案第45号宇城市税条例等の一部を改正する条例の制定についての詳細説明を申し上げます。議案集の12ページから19ページと、説明資料の4ページから21ページを御覧いただきたいと思います。説明資料につきましては、新旧対照表となっております。

 本案は、地方税法の一部を改正する法律(平成26年法律第4号)、地方税法施行令の一部を改正する政令(平成26年政令第132号)及び地方税法施行規則の一部を改正する省令(平成26年総務省令第34号)が、平成26年3月31日にそれぞれ公布され、同年4月1日から施行されたため、宇城市税条例(平成17年宇城市条例第53号)及び宇城市税条例の一部を改正する条例(平成25年宇城市条例第37号)の一部を改正する必要が生じたため、提案するものでございます。

 主なものといたしましては、軽自動車税の見直し、法人住民税の税率引下げ等に係る部分に関する改正を行うものでございます。具体的には、地方法人課税の偏在是正のための措置といたしまして、法人税割の税率を12.3%から9.7%に引き下げる措置を講じることとしました。この改正は、平成26年10月1日以降開始する事業年度から適用することとしております。軽自動車税の見直しにおいては、軽四輪車及び小型特殊自動車の標準税率を、自家用乗用車は1.5倍、その他約1.25倍に引き上げ、原付及び二輪車の標準税率を1.5倍、最低2千円に引き上げることといたしました。この改正は、平成27年4月1日施行としております。また、グリーン化を進める観点から、新規検査から13年を経過した軽四輪車等につきまして、標準税率のおおむね20%の重課規定を新設いたしました。この改正は、平成28年4月1日施行といたしております。

 肉用牛の販売による事業所得に係る市民税の課税の特例においては、平成27年度までのところを、3年延長し平成30年度までといたしております。

 以上で、詳細説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(岡本泰章君) 議案第45号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第46号宇城市子ども・子育て会議条例の制定についての詳細説明を求めます。健康福祉部長。



◎健康福祉部長(三浦誠吾君) 議案第46号宇城市子ども・子育て会議条例の制定について、詳細説明を申し上げます。議案集の20ページ、21ページをお開き願います。

 平成24年8月に幼児期の学校教育・保育・地域の子ども・子育て支援に共通の仕組みを定める子ども・子育て支援法が成立いたしました。これを踏まえ、各市町村において保育等の需要見込みや提供体制等を盛り込んだ子ども・子育て支援事業計画(平成27年度から5か年計画)を策定するとともに、計画の策定に当たっては地域の実情やニーズ等を踏まえるため、各関係者で構成する子ども・子育て会議を設け、意見等を聞くよう務めることとされております。このことに伴い、本市においても宇城市子ども・子育て会議を設置し、宇城市にふさわしい新しい制度の構築を目指し、取り組んでまいります。

 事業計画の策定に当たっては、子ども・子育て支援法第77条第1項の規定に基づき、各市町村において条例で定めるところにより、子ども・子育て会議を設置し、事業計画の策定に当たるとなっておりますので、新たな条例の制定をお願いするものでございます。

 続きまして、条文の具体的内容を説明させていただきます。

 第1条は、この条令が法律の規定に基づき設置するものであることを規定するものでございます。

 第2条は、会議を構成する委員の構成について規定するものでございます。

 第3条は、委員の任期に関して規定するものでございます。

 第4条は、会長及び副会長を置く旨、及び職務に関し規定するものでございます。

 第5条は、会議の招集及び成立等について規定するものでございます。

 第6条は、この会議の庶務に関する担当部署を定めるものでございます。

 第7条は、会議の運営について規定するものでございます。

 なお、この条例は公布の日から施行し、第1回目の会議については市長が招集することとしております。

 以上で、議案第46号宇城市子ども・子育て会議条例の制定についての詳細説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(岡本泰章君) 議案第46号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第47号宇城市アグリパーク豊野条例の一部を改正する条例の制定について、及び議案第48号宇城市戸馳花の学校条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を求めます。経済部長。



◎経済部長(?島孝二君) まず、議案第47号宇城市アグリパーク豊野条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明いたします。

 議案集22ページ、23ページでございます。説明資料22ページから25ページの新旧対照表で御説明いたします。

 この条例案は、アグリパークの経営管理について社会状況に即するため、施設の定義、開館日・開館時間の変更及び維持費等の高騰による使用料を改正する条例であります。

 説明資料の22ページ、第3条の施設の定義でありますが、要望が多いレストラン事業を開始するに当たって、地域食材供給施設、研修室及び加工室を新たにうたっております。

 第4条と第5条につきましては、お客様のニーズに応えるべく、これまでの毎週火曜日の定休日を廃止し、年末年始以外を開館とするものでございます。また、開館時間を早め、午前7時から午後5時までとするものであります。

 23ページ、第10条の使用料につきましては施設使用料の改正でありまして、昨今の光熱水費の高騰により適正な使用料を取る必要があり、県内の同類施設を参考に、25ページの別表のとおり改正を御提案するものであります。

 24ページ、第16条は、指定管理者に販売委託をする出品者から徴収することができる登録料及び手数料を利用料金として定義し、文言を第1項にまとめる改正でございます。

 続きまして、議案第48号宇城市戸馳花の学校条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明をいたします。議案集24ページ、25ページです。説明資料は26ページから30ページでございますが、説明資料26ページの新旧対照表を御覧ください。

 改正内容につきましては、戸馳花の学校の管理を指定管理者で行えるように条例を改正するものであります。

 第4条は、指定管理を行う場合を考慮し、職員配置を「置く」から「置くことができる」規定に改正いたします。

 29ページ、第14条から第17条は、指定管理者による管理、指定管理者の業務内容、利用料金それぞれを新たに規定するものでございます。

 30ページの第18条から第20条までは、今回の改正に伴う条番号の変更でございます。

 以上で、議案第47号及び議案第48号の詳細説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(岡本泰章君) 議案第47号及び議案第48号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第49号物品売買契約の締結について(小型動力消防ポンプ積載車)の詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(浅井正文君) 議案集の26ページをお開き願います。資料集の31ページから35ページになります。議案第49号物品売買契約の締結について、詳細説明を申し上げます。

 議案集26ページに記載のとおり、契約の目的、小型動力消防ポンプ積載車。契約の方法、指名競争入札による契約。契約金額2,494万8,000円。契約の相手方、住所、熊本市中央区菅原町1番25号。商号又は名称、三輝物産株式会社。代表者氏名、代表取締役、西銘生治。納入の場所、宇城市総務部危機管理課。納期、平成26年12月26日までとなっております。

 この案件は、地方自治法第96条第1項第8号並びに宇城市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を経る必要がある契約のため、提案するものであります。

 今回の小型動力消防ポンプ積載車の購入は、経過年数20年の老朽化した積載車を更新するものであります。購入台数7台の内訳として、不知火方面隊に3台、小川方面隊に4台配備をいたします。以上で、詳細説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(岡本泰章君) 議案第49号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第50号宇城市市道路線の廃止について及び議案第51号宇城市市道路線の認定についての詳細説明を求めます。土木部長。



◎土木部長(緒方伸一君) それでは、議案第50号宇城市市道路線の廃止について、詳細説明を申し上げます。議案集の27ページと議案等説明資料の36ページ、37ページをお開き願います。

 今回、道路法第10条第1項及び第2項の規定に基づく宇城市市道路線の廃止路線は、三角地区の塩屋宮崎線及び松橋地区の久具市ノ口線の2路線でございます。

 まず、三角地区の塩屋宮崎線は、市道塩屋大田尾線から高野山へ通じる路線で、現在高野山登り口が終点で、山頂までは私道となっておりますが、山頂には宇城市の防災無線施設や条例公園、広域連合消防署の防災無線があり、今後は山頂まで宇城市道として適切な維持管理を行うために、一旦廃止をして再認定をするものでございます。

 次に、松橋地区の久具市ノ口線は、国道218号から国道3号の下を横断し、市道南田久具線へ通じる路線でございますが、一部水田内の部分が未舗装であり、幅員も狭小で一般車両が進入した場合、農作業等に支障を来しております。そのような状況の中で、この一部区間を農道として地元地区で維持管理をされる意向があるため、今回、終点を変更することで一旦廃止し、再認定するものでございます。市道路線の廃止に当たり、道路法第10条第3項の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 続きまして、議案第51号宇城市市道路線の認定について、詳細説明を申し上げます。議案集の28ページと議案説明資料の38ページから48ページをお願いいたます。

 今回、道路法第8条第1項の規定に基づく宇城市市道路線の認定は、三角地区の1路線、松橋地区の4路線、計5路線でございます。

 まず、三角地区の塩屋宮崎高野山線及び松橋地区の久具市ノ口線は、先ほどの議案第50号市道路線の廃止で説明いたしました2路線でありまして、廃止と同時に起終点の位置を変更し、同一の路線番号で再認定するものでございます。路線名につきましては、塩屋宮崎線を塩屋宮崎高野山線へ変更いたしております。

 次の松橋地区権現前線は、現在熊本県で計画をされております松橋収蔵庫を含む旧自動車試験場跡地整備に伴うアクセス道路として、今年度新規路線を整備するために認定をするものであります。

 続いて、同じく松橋地区の久具堂ノ前線については、市道久具城堤線と久具財間川塘線を結ぶ里道でありますが、近年は数軒の住宅も建ち並び、今後生活道路としての必要性も高く、市道として適切に管理する必要があるということで認定するものでございます。

 次に、浦川内丸田ニュータウン線につきましては、位置指定道路で整備された路線であり、現在は道路用地も市へ寄附がなされており、市道認定基準を満たしているため認定するものでございます。

 市道路線の認定に当たり、道路法第8条第2項の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 以上で、議案第50号、議案第51号の市道路線の廃止、認定について、詳細説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(岡本泰章君) 議案第50号及び議案第51号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第52号平成26年度宇城市一般会計補正予算(第1号)の詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(浅井正文君) 別冊の宇城市各会計補正予算書ということでお配りをしてあります。A4の横です、これをお願いいたします。まず、1ページをお開き願います。議案第52号平成26年度宇城市一般会計補正予算(第1号)について、詳細説明を申し上げます。

 第1条です。第1条で、歳入歳出の補正で、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5億3,262万5千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ309億3,157万円としております。

 3ページをお願いいたします。今回は、平成25年度国の補正予算(第1号)の「好循環実現のための経済対策」で採択となった建設事業や補助金などの減額です。主な項目では、農業費で2億3,010万2千円、道路橋りょう費で1億2,900万円、小学校費で1億4,770万円を減額しております。

 4ページをお願いいたします。第2表債務負担行為補正について、議会配信システム業務委託と松橋駅自由通路整備業務委託の2件を追加しております。

 5ページをお願いいたします。第3表です、地方債補正ですが、好循環実現経済対策で採択となった用排水路整備事業費ほか4事業費の起債限度額を、この紙面のとおり減額変更しております。補正前から補正後ということで見ていただくとお分かりかと思います。

 それでは、個別の歳出の主なものを特定財源について説明してまいります。

 11ページをお願いいたします。まず、款2総務費、項1総務管理費、目5財産管理費、節11需用費で300万円の減額、節15工事請負費で2,400万円を増額しております。小川支所機能をラポート内に移転するもので、当初予算においては電話、LAN工事だけでの対応で計画をしておりましたが、ラポートの有効活用を図るために詳細な検討を行ったところ、施設の改修も必要となったため増額するものであります。

 目6企画費です。節18備品購入費で408万2千円を増額しております。高齢者移送支援事業に係るバリアフリー公用車の購入費用です。特定財源の一般財団法人自治総合センターコミュニティ助成金400万円を計上しております。節19負担金補助及び交付金で470万円を増額しております。コミュニティ助成事業として、不知火町の桂原区と長崎区で実施するコミュニティ無線設備、公民館備品について、事業申請に基づき計上しております。これも特定財源の一般財団法人自治総合センターコミュニティ助成金470万円をトンネル補助としております。

 款3民生費、項4児童福祉費、目1児童福祉総務費、節1報酬で49万8千円を増額しております。子ども・子育て支援法第77条第1項の規定に基づき設置をされる委員会において、子ども・子育て支援事業計画の策定を検討する委員15人分の報酬となっております。

 12ページをお願いいたします。目3児童措置費、節1報酬で80万円を増額しております。青海学童保育所への受入人員増に対応するための非常勤職員1人の増員です。その費用であります。特定財源としまして、学童保育所入所者負担金30万5千円を計上しております。節13委託料で48万6千円を増額しております。不知火学童保育所の身障者トイレ改修工事に伴う設計委託料であります。特定財源といたしまして、保護者からの指定寄附金50万円を計上しております。

 目5児童館運営費、節11需用費15万2千円、節13委託料106万円を増額しております。曲野児童館のシロアリ被害に伴う修繕料とシロアリ駆除及び防除に係る費用であります。

 款5です、農林水産業費、項1農業費、目5農業振興費、節19負担金補助及び交付金2,069万8千円を増額しております。まず、くまもと稼げる園芸産地育成対策事業補助金933万9千円については、受益戸数3戸以上の認定農業者等に対する施設整備補助で、小川町自動開閉装置利用組合ほか3団体に対し、自動開閉装置ほか3品目について、事業の3分の1を事業申請に基づき計上しております。特定財源として、県があります。県の事業補助金939万円をトンネル補助としております。それと、その下の段です、経営体育成支援事業補助金1,135万9千円については、新規就農者、意欲のある経営体等が経営規模の拡大や経営の多角化を図っていくために必要な農業用の機械の整備等に対する補助であります。6地区7人に対し、スピードスプレイヤー、トラクターの購入費等について、事業の3分の1を事業申請に基づき計上しております。特定財源、県の同事業補助金1,135万9千円をトンネル補助としております。目11農業施設維持管理費で650万円を減額しております。小川町の出村排水機場除じん機傾斜ベルトコンベア改修工事において、設計業務委託料50万円、工事請負費600万円を減額しております。特定財源に、補助率50%の農業基盤整備促進事業費補助金325万円を減額充当しております。

 続きまして、目13農道整備事業費で1,030万円を減額しております。不知火町鴨籠地区農道整備工事ほか1件において、測量設計業務委託料80万円、工事請負費950万円を減額しております。特定財源に、工事費の20%の農道整備分担金190万円、補助率55%の農業基盤整備促進事業費補助金566万5千円を減額充当しております。目14農地用排水整備事業費で2億1,780万円を減額しております。松橋町浅川の頭首工改修工事ほか12件において、測量設計業務委託料980万円、工事請負費2億800万円を減額しております。特定財源に、工事費の20%の用排水施設整備分担金4,160万円、補助率50から55%の農業基盤整備促進事業費補助金1億955万5千円、合併特例債6,270万円を減額充当しております。目15ほ場整備事業費で1,620万円を減額しております。松橋町豊川南部地区経営体育成基盤整備事業において、県営事業負担金1,620万円を減額しております。特定財源に、合併特例債1,530万円を減額充当しております。目11から目15については、いずれも平成25年度国の補正(第1号)に採択されたことに伴い、減額するものであります。

 13ページをお願いいたします。項2林業費、目2林業振興費、節19負担金補助及び交付金で47万5千円を増額しております。熊本県特用林産物振興基本計画に掲げられている重点振興作物の振興対策としての特用林産物関係補助事業補助金で、豊野竹林整備隊に対し、竹林整備、簡易作業道整備について事業費の2分の1から3分の1を事業申請に基づき予算計上をいたしております。特定財源の県の同事業補助金47万5千円をトンネル補助としております。

 款6商工費、項1商工費、目4観光費です、節1報酬160万2千円を増額しております。第三セクターの経営アドバイザーとして、専門的な知識を持つ方に経営診断や経営指導を行っていただくものであります。

 款7土木費、項2道路橋りょう費、目2道路維持費で1億1,500万円を減額しております。宇城市道路防災点検委託ほか3件において、委託料1億1,500万円を減額しております。特定財源に、補助率60%の社会資本整備交付金6,900万円を減額充当しております。目4橋りょう維持費で、委託料として長寿命化修繕計画策定業務委託料1,400万円を減額しております。特定財源に、補助率60%の社会資本整備交付金840万円を減額充当しております。いずれも平成25年度国補正(第1号)に採択されたことに伴い、減額するものであります。

 項3河川費です、目1河川総務費、節13委託料11万7千円を増額しております。長崎川ほか2水門の防潮水門等の管理業務及び不知火排水機場の土木排水機場管理業務における県の労務単価増額による委託料の増額であります。特定財源として、護岸雑草処理業務費委託金50万9千円、水門管理委託金9万3千円、排水機場管理委託金5万1千円、台湾ナギ対策事業委託金10万円で、合計75万3千円を充当しております。

 款9教育費です。項2小学校費、目1学校管理費で1億4,830万円を減額しております。三角小学校非構造部材改修工事ほか5件において、建設業務委託料300万円、工事請負費1億4,530万円を減額しております。特定財源に、公立学校施設整備費補助金5,139万7千円、小学校施設改修事業債9,690万円を減額充当しております。これも、平成25年度国補正(第1号)に採択されたことに伴い減額するものであります。

 続きまして、目2教育振興費60万円の増額です。道徳教育用郷土資料「熊本の心」を活用した授業や、先進地視察等授業を実施するための道徳教育総合支援事業費委託金で、指定校である当尾小学校において実施されます。特定財源として県の同事業委託金60万円を充当しております。

 続きまして、14ページ、中学校費になります。目1学校管理費で6,320万円を減額しております。三角中及び不知火中非構造部材改修工事において、建設業務委託料120万円、工事請負費6,200万円を減額しております。特定財源に公立学校施設整備補助金2,142万3千円、中学校施設改修事業債4,170万円を減額充当しております。これも、平成25年度国補正(第1号)に採択されたことに伴い減額するものであります。

 続きまして、目2教育振興費10万円の増額は、県教育委員会指定研究、学校給食食育推進校補助事業を活用した学校教育活動全体を通した食育推進を図るために、指定校であります三角中学校において実施されます。特定財源として、県の研究指定校の補助金10万円を充当しております。項7保健体育費、目4体育館費で、不知火体育館耐震補強工事に伴う建設業務委託料300万円を減額しております。特定財源として、補助率30%の社会資本整備交付金86万9千円、合併特例債200万円を減額充当しております。

 以上で、歳出予算の説明を終わります。

 続いて、歳入予算の説明をいたします。特定財源については歳出予算の説明の中で一部説明をいたしましたので、主なものを中心に説明をいたします。

 予算書の9ページをお願いいたします。款18繰入金、項2基金繰入金、目1財政調整基金繰入金で財源調整のため3,566万5千円を減額し、補正後の財政調整基金繰入金を13億5,128万1千円といたしております。

 以上で、平成26年度一般会計補正予算(第1号)の詳細説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(岡本泰章君) 議案第52号の詳細説明が終わりました。

 次に、諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦について(遠山明美氏)の詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(浅井正文君) 議案集の29ページをお願いいたします。資料集は43ページになります。諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦について、詳細説明を申し上げます。

 今回、小川町の遠山明美さんが、平成26年9月30日付けで任期満了になりますので、法務大臣へ再推薦するに当たり、議会の意見を聞く必要があるため提案するものであります。

 遠山明美さんは、平成14年度から法務大臣の委嘱を受けており、以来4期  12年間、委員として御活躍されていることから、この度推薦するものであります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(岡本泰章君) 諮問第1号の詳細説明が終わりました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第17 同意第8号 監査委員の選任について(入江學氏)



○議長(岡本泰章君) 次に、日程第17、同意第8号監査委員の選任について(入江學氏)を議題とします。ここで、地方自治法第117条の規定によって、入江學君の退場を求めます。

                (入江學君 退場)



○議長(岡本泰章君) 提案理由の説明を求めます。市長、守田憲史君。



◎市長(守田憲史君) 同意第8号監査委員の選任について、提案理由の説明を申し上げます。議案集30ページをお願いいたします。

 市議会選任の監査委員につきましては平成26年4月30日までの任期があり、今回任期満了に伴う選任同意をお願いするものであります。地方自治法第196条第1項の規定に基づく市議会選任の監査委員として、入江學氏の選任同意について、御提案申し上げる次第であります。



○議長(岡本泰章君) 同意第8号の提案理由の説明が終わりました。

 なお、同意第8号については先議の申出があっておりますので、採決まで行います。詳細説明は省略します。

 これから、同意第8号に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

               [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岡本泰章君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております同意第8号は、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

              [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岡本泰章君) 異議なしと認めます。したがって、同意第8号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから、同意第8号の討論を行います。討論はありませんか。

               [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岡本泰章君) 討論なしと認めます。

 これから、同意第8号監査委員の選任について(入江學氏)を採決します。採決は起立によって行います。同意第8号は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(岡本泰章君) 起立多数です。したがって、同意第8号は、これに同意することに決定しました。

 審議が終了しましたので、入江學君の入場を求めます。

                (入江學君 入場)

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第18 同意第9号 固定資産評価員の選任について(北村孝二氏)



○議長(岡本泰章君) 次に、日程第18、同意第9号固定資産評価員の選任について(北村孝二氏)を議題とします。

 提案理由の説明を求めます。市長、守田憲史君。



◎市長(守田憲史君) 同意第9号固定資産評価員の選任について、提案理由の説明を申し上げます。議案集31ページをお願いいたします。

 本案は、前任者の退職による人事異動に伴い、宇城市固定資産評価員に選任するには地方税法第404条第2項の規定により、議会の同意を要するものであります。御審議よろしくお願いいたします。



○議長(岡本泰章君) 同意第9号の提案理由の説明が終わりました。

 なお、同意第9号についても先議の申出があっております。採決まで行います。詳細説明は省略します。

 これから、同意第9号に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

               [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岡本泰章君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております同意第9号は、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

              [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岡本泰章君) 異議なしと認めます。したがって、同意第9号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから、同意第9号の討論を行います。討論はありませんか。

               [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岡本泰章君) 討論なしと認めます。

 これから、同意第9号固定資産評価員の選任について(北村孝二氏)を採決します。採決は起立によって行います。同意第9号は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(岡本泰章君) 起立多数です。したがって、同意第9号は、これに同意することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第19 休会の件



○議長(岡本泰章君) 日程第19、休会の件を議題とします。

             [「数字の訂正」と呼ぶ者あり]



○議長(岡本泰章君) 五嶋映司君。



◆8番(五嶋映司君) 繰越明許のところで、6ページの既収入特定財源を7億7,200万円とお読みになったけど、これは77万2,000円の間違いだと思うんですよ。多分語句の訂正をされていた方がいいと思いますけれども、終わった後でもよかったんですけれども、この場でやっておいた方がよかろうと思います。是非、御訂正をお願いしたいと思います。



◎総務部長(浅井正文君) 失礼いたしました。単位が円です、77万2,000円です。御指摘のとおりです。失礼しました。



○議長(岡本泰章君) よろしいですね。

 日程第19、休会の件を議題とします。

 お諮りします。明日10日(火曜日)及び11日(水曜日)は、議事整理のため休会にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(岡本泰章君) 異議なしと認めます。したがって、10日及び11日は休会することに決定しました。

 以上で本日の日程を全部終了しました。本日はこれで散会します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               散会 午前11時16分