議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成26年 1月 臨時会(第1回) 01月20日−01号




平成26年 1月 臨時会(第1回) − 01月20日−01号







平成26年 1月 臨時会(第1回)




         平成26年第1回宇城市議会臨時会(第1号)

                          平成26年1月20日(月)
                          午前10時00分 開議
1 議事日程
 日程第1        会議録署名議員の指名
 日程第2        会期の決定
 日程第3  承認第1号 専決処分の報告及び承認を求めることについて(専決第7号)
 日程第4  議案第1号 宇城広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び宇城広
             域連合規約の一部変更について
 日程第5  議案第2号 宇城広域連合から熊本市を脱退させることに伴う財産処分に
             ついて

2 本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

3 出席議員は次のとおりである。(26人)
  1番 福 永 貴 充 君          2番 溝 見 友 一 君
  3番 園 田 幸 雄 君          4番 五 嶋 映 司 君
  5番 福 田 良 二 君          6番 河 野 正 明 君
  7番 ? 田 幸 夫 君          8番 渡 邊 裕 生 君
  9番 大 嶋 秀 敏 君         10番 尾 ? 治 彦 君
 11番 椎 野 和 代 君         12番 橋 田 和 征 君
 13番 河 野 一 郎 君         14番 坂 本 順 三 君
 15番 中 村 友 博 君         16番 松 下 倫 三 君
 17番 西 村   智 君         18番 長 谷 誠 一 君
 19番 松 野 孝 敏 君         20番 永 木 伸 一 君
 21番 入 江   学 君         22番 豊 田 紀代美 君
 23番 堀 川 三 郎 君         24番 中 山 弘 幸 君
 25番 石 川 洋 一 君         26番 岡 本 泰 章 君

4 欠席議員なし

5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長   河 村 孝 義 君   書    記   野 田 知 宏 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長       守 田 憲 史 君   副市長      平 井 宏 英 君
 教育委員長    大 槻   英 君   教育長      藤 本 忠 晴 君
 総務部長     浅 井 正 文 君   教育部長     増 田 幸 一 君
 総務部次長    ? 島 孝 二 君   教育部次長    小田原 弘 則 君





               開会 午前10時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(西村智君) ただいまから、平成26年第1回宇城市議会臨時会を開会します。

 これから、本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(西村智君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、21番、入江学君及び22番、豊田紀代美君の2人を指名します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(西村智君) 日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。本臨時会の会期は、本日20日の1日間にしたいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西村智君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日1日間に決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3 承認第1号専決処分の報告及び承認を求めることについて(専決第7号)



△日程第4 議案第1号宇城広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び宇城広域連合規約の一部変更について



△日程第5 議案第2号宇城広域連合から熊本市を脱退させることに伴う財産処分について



○議長(西村智君) 日程第3、承認第1号専決処分の報告及び承認を求めることについて(専決第7号)から日程第5、議案第2号宇城広域連合から熊本市を脱退させることに伴う財産処分についてまでを一括議題とします。

 市長から、一括して提案理由の説明を求めます。市長、守田憲史君。



◎市長(守田憲史君) 平成26年第1回宇城市議会臨時会に提案しております議案についてご説明申し上げます。

 今回提出します議案は、承認1件、その他が2件となっております。承認案件につきましては、宇城市立三角幼稚園機械警備業務委託契約の解除に伴う和解及び損害賠償の額の決定についてであります。その他の案件については、熊本市の宇城広域連合から脱退に伴う規約の一部変更と財産処分についてであります。

 以上3議案であります。詳細につきましては、教育部長、総務部長から説明いたしますのでよろしくお願い申し上げます。



○議長(西村智君) 承認第1号から議案第2号までの提案理由の説明が終わりました。

 これから、承認第1号専決処分の報告及び承認を求めることについて(専決第7号)の詳細説明を求めます。教育部長。



◎教育部長(増田幸一君) 教育部長です。承認第1号専決処分の報告及び承認を求めることにつきまして、詳細説明を申し上げます。

 議案集の2ページ、3ぺージをお開き願います。

 本件は平成25年9月の大雨により、崩壊した休園中の三角幼稚園の北側のり面災害復旧工事にあたり、本園舎が当該工事に支障を及ぼすことになったことから、園舎の一部解体も同時に施行することになりました。そのため、本園の機械警備業務委託契約が不要になり、当年11月15日付けで、相手方住所、熊本市中央区帯山4丁目18番1号、氏名、株式会社キューネット、代表取締役、西川尚希と本契約の中途契約解除をすることになりました。それに伴い、残る4月半分の委託料相当額の違約金8万5,499円を支払うものであります。急を要しましたので、同年12月20日付けで地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により議会に報告し承認を求めるものです。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(西村智君) 承認第1号の詳細説明が終わりました。

 これから、承認第1号の質疑に入ります。質疑のある方の発言を許します。

 24番、中山弘幸君。



◆24番(中山弘幸君) 今説明が、一部を解体することにより園舎が警備の必要がなくなったということでございますけども、その意味が分かりませんが。そこをもっと詳しくお願いいたします。



◎教育部長(増田幸一君) 教育部長です。園舎の一部を解体しなければ工事に支障が起きますので、その約30平方?ぐらいの北側の園舎を解体いたしました。それに伴いまして機械警備の保障ですので、配線等あっております。それは解除をしてしなければその警備等の配線に支障をしますので、そんなことで、今回機械警備の解除をしたというところでございます。よろしいですか。



◆24番(中山弘幸君) じゃ、今後はその警備の必要がないという意味ですかね。



◎教育部長(増田幸一君) 教育部長です。お答えいたします。今後の警備につきましては、今までが機械警備でしたので、行えば人的警備ということになります。人的警備につきましては、キューネットの方が承諾をいたしませんでしたので、警備についてはありません。ただし、そのままだとまたいろいろ支障がございますので、近くに三角支所がございます。三角支所長と協議をいたしまして、できるだけ回っていただく。また私たちも機会のあるときには行くと、今計画をしているところです。



◆24番(中山弘幸君) あくまでも休園状態でございますので、今後のこともありますので、よろしくお願いをしておきます。



○議長(西村智君) ほかにありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西村智君) これで質疑を終結します。

 ここでお諮りします。ただいま議題となっております承認第1号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西村智君) 異議なしと認めます。したがって、承認第1号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから、承認第1号の討論に入ります。討論のある方の発言を許します。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西村智君) 討論なしと認めます。

 これから、承認第1号専決処分の報告及び承認を求めることについて(専決第7号)を採決します。採決は起立によって行います。承認第1号は、承認することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(西村智君) 起立多数です。したがって、承認第1号は承認することに決定しました。

 次に、議案第1号宇城広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び宇城広域連合規約の一部変更についての詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(浅井正文君) 総務部長です。議案第1号宇城広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び宇城広域連合規約の一部変更について詳細説明を申し上げます。

 議案集の4ページをお願いします。4ページ、5ページです。

 宇城広域連合から、熊本市の脱退することについては、平成20年熊本市と旧富合町の合併に伴い、宇城広域連合長と熊本市長との間で、宇城広域連合の規約に関する協定書が締結されており、協定書の第2条、加入期間に、加入する期間は平成20年10月6日から平成26年3月31日までとなっております。つきましては、このことに伴い、宇城広域連合規約(平成9年熊本県指令市町村第15号)の一部変更をお願いするものであります。

 議案集の5ページが一部変更の規約の内容です。説明資料としまして、皆様方にお配りしておりますこの説明資料、もう一部の方があります。これの2ページから7ページまでに現行と改正案という対照表を付けて説明をしております。以上で、議案第1号の詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(西村智君) 議案第1号の詳細説明が終わりました。

 これから、議案第1号の質疑に入ります。質疑のある方の発言を許します。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西村智君) 質疑なしと認めます。

 ここでお諮りします。ただいま議題となっております議案第1号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西村智君) 異議なしと認めます。したがって、議案第1号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから、議案第1号の討論に入ります。討論のある方の発言を許します。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西村智君) 討論なしと認めます。

 これから、議案第1号宇城広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び宇城広域連合規約の一部変更についてを採決します。採決は起立によって行います。議案第1号は、可決することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(西村智君) 起立多数です。したがって、議案第1号は可決しました。

 次に、議案第2号宇城広域連合から熊本市を脱退させることに伴う財産処分についての詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(浅井正文君) 総務部長です。議案第2号宇城広域連合から熊本市を脱退させることに伴う財産処分について詳細説明を申し上げます。

 お手元の議案集の6ページ、7ページをお開き願います。

 消防関係を除く不動産、土地、建物については宇城広域連合の所有とし、消防関係の不動産、動産等については、熊本市の区域に所在するものは熊本市とし、それ以外は宇城広域連合所有としております。また、基金については、全て宇城広域連合に帰属させるものとしております。つきましては、このことに伴い、宇城広域連合から熊本市を脱退させることに伴う財産処分についての議決をお願いするものです。なお、本件財産処分のほかに、脱退に伴い、熊本市が負担すべき経費等について宇城広域連合長と熊本市長の間で協定書を交わすこととしておりますので、申し添えます。

 具体的には、まず起債未償還分のうち熊本市負担相当額1億741万2,000円。二番目です。職員退職手当引当金積立不足分のうち熊本市負担相当額8,598万円。三番目です。宇城広域連合の財政調整に係る基金積増額1億5,794万4,000円を負担金として、熊本市から宇城広域連合に支払うことを協定します。この件の支払時期は平成26年度となります。

 また今後発生する熊本市が関係していた施設、すなわち宇土・富合清掃センター、宇城クリーンセンター、浄化センター及び寂静の里については、解体経費、松山最終処分場及び栗崎最終処分場については、覆土とそれぞれに付帯する送水、水処理施設の解体に要する経費等のうち、平成25年度における熊本市の負担割合で案分した額を熊本市が負担することとします。

 さらに、松山最終処分場及び栗崎最終処分場に埋設された廃棄物に起因して、万一、損害賠償または環境汚染対策が必要となった場合に、その経費の一部を廃棄物の埋設量に応じて熊本市が負担することについても、併せて協定書を取り交わすこととしております。

 今説明しました分とこの議案第2号ですけども、7ページのところが冒頭言いました熊本市に帰属させるというところの説明になります。7ぺージが協議書です。まず、一番目に建物、要するに城南分署の建物を熊本市に帰属させる。それと(2)です。城南分署に配属させている消防救急に関する車両等ということであります。消防ポンプ自動車、今ポンプ車が8台あります。そのうちの1台です。それと次に、高規格救急自動車が今10台あります。そのうちの1台ということです。連絡車ということで軽貨物の自動車を1台、それと、その他ということで椅子とかキャビネット、机というところになっております。3点目です。その他の工作物ということで、宇城広域連合総合観光案内板ということで、今南区役所前になっておりますけども、その案内板です。それと、あと城南にあります火の君文化ホールの前にあります案内板というのが熊本市に帰属させますよということになります。

 以上、詳細説明を終わらせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいまします。



○議長(西村智君) 議案第2号の詳細説明が終わりました。

 これから、議案第2号の質疑に入ります。質疑のある方の発言を許します。

 8番、渡邊裕生君。



◆8番(渡邊裕生君) 自席からお許しください。

 昨年から全員協議会等で、いろいろ説明がありましたので、ほぼ全容は皆さん方も理解できている部分があろうかと思います。今日は、すみません、市長に少しだけ感想をお聞かせいただきたいと思って発言します。

 市長、「熊本市とけんかですから」ということでですね、ずっとおっしゃっておりました。副市長が頑張られて、今熊本市の支出のトータルでは、恐らく3億5,000万円ぐらいになるんですかね。トータルで。それで、今総務部長がおっしゃられたような形の落としどころ的な決着になったのかなと思っておりますが、市長としては、これでご納得をされたのかどうかという、これは感想です、をよかったらお聞かせください。というのが、あれだけ「けんかですから」ということで、熊本市といろいろ交渉をなさっていた経緯がございますので、自分としてもこれで満足だとか、いろいろあろうかと思います。いや、本当はもう少しほしかったとか、いろいろあろうかと思います。といいますのは、今度の基金の積増しで、2年ぐらいは、それで宇城市の負担も何とかいけるだろう。しかし、3年後ぐらいからは非常にこれが重たくのし掛かってくるという状況は見えておりますので、そこら辺に向けての今後の取組も考えていかなきゃいけないという状況にあります。

 それと、もう一つは、宇土の浄化センターが5年ぐらいのうちに、これも建て替えといいますか、やり直さなくてはいけないと。そこに熊本市は関わるのか、関わらないのか。要するに、今までずっと話からすると、この広域連合の中でやってきた仕事の分に関しての責任の所在というのはあるんじゃないかという話が、今回の議論の中でもずっとあっていたような気がしております。そういう部分も含めて今後どうなるのかなという、ちょっと私もまだ分からない部分がありますので。一つは市長の今回のこの決着についてのご感想と、今後についてお聞かせいただければと思います。



○議長(西村智君) 市長。



◎市長(守田憲史君) 今回の熊本市離脱に伴う感想ということでございますが、平井副市長が最前線に立って、我々、そして皆様方、議会の皆さんにも大変なご理解をいただきながら最大限の努力をさせていただいたというのが現状で、事実であろうと。それに関しての結果について、私の個人のうんぬんに関しましては、あえて控えさせていただきます。

 それと、宇土浄化センター、今後、熊本市との関わりについてでございますが、熊本市とは関係ない、もう宇城広域連合で今後やっていかなければなりません。そういうことでございます。



◆8番(渡邊裕生君) ありがとうございました。また今後のご努力をよろしくお願いいたします。



○議長(西村智君) ほかにありませんか。



              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西村智君) これで質疑を終結します。

 ここでお諮りします。ただいま議題となっております議案第2号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西村智君) 異議なしと認めます。したがって、議案第2号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから、議案第2号の討論に入ります。討論のある方の発言を許します。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西村智君) 討論なしと認めます。

 これから、議案第2号宇城広域連合から熊本市を脱退させることに伴う財産処分についてを採決します。採決は起立によって行います。議案第2号は、可決することに賛成の方は起立願います。

(賛成者起立)



○議長(西村智君) 起立多数です。したがって、議案第2号は可決しました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。会議を閉じます。

 これで、平成26年第1回宇城市議会臨時会を閉会します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               閉会 午前10時22分



地方自治法第123条第2項の規定により署名する。







宇城市議会議長  







会議録署名議員  







会議録署名議員