議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成17年 3月 定例会(第1回) 03月15日−05号




平成17年 3月 定例会(第1回) − 03月15日−05号







平成17年 3月 定例会(第1回)



                    
          平成17年第1回宇城市議会定例会(第5号)

                           平成17年3月15日(火)
                           午前10時00分 開議 
1 議事日程
 日程第1  議案第20号 平成17年度宇城市一般会計暫定予算
 日程第2  議案第21号 平成17年度宇城市国民健康保険特別会計暫定予算
 日程第3  議案第22号 平成17年度宇城市老人保健特別会計暫定予算
 日程第4  議案第23号 平成17年度宇城市介護保険特別会計暫定予算
 日程第5  議案第24号 平成17年度宇城市奨学金特別会計暫定予算
 日程第6  議案第25号 平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計暫定予算
 日程第7  議案第26号 平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計暫定予算
 日程第8  議案第27号 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計暫定予算
 日程第9  議案第28号 平成17年度宇城市水道事業会計暫定予算
 日程第10 議案第29号 平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計暫定予
              算
 日程第11 休会の件
              
2 本日の会議に付した事件
 日程第1  議案第20号 平成17年度宇城市一般会計暫定予算
 日程第2  議案第21号 平成17年度宇城市国民健康保険特別会計暫定予算
 日程第3  議案第22号 平成17年度宇城市老人保健特別会計暫定予算
 日程第4  議案第23号 平成17年度宇城市介護保険特別会計暫定予算
 日程第5  議案第24号 平成17年度宇城市奨学金特別会計暫定予算
 日程第6  議案第25号 平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計暫定予算
 日程第7  議案第26号 平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計暫定予算
 日程第8  議案第27号 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計暫定予算
 日程第9  議案第28号 平成17年度宇城市水道事業会計暫定予算
 日程第10 議案第29号 平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計暫定予
              算

3 出席議員は次のとおりである。(77名)
  1番 吉 冨 元 浩 君           2番 稲 葉 茂 見 君
  3番 大 嶋 秀 敏 君           4番 益 田 和 成 君
  5番 田 端 好 隆 君           6番 尾 ? 治 彦 君
  7番 松 本 民 雄 君           8番 五 嶋 映 司 君
  9番 藤 木   保 君          10番 右 山   剛 君
 11番 前 川 克 己 君          12番 椎 野 和 代 君
 13番 久 保 洋 行 君          14番 橋 田 和 征 君
 15番 稲 田   覺 君          16番 河 野 一 郎 君
 17番 坂 本 順 三 君          18番 中 村 友 博 君
 19番 山 本 輝 博 君          20番 元 田 幸 一 君
 21番 坂 ? 改 輝 君          22番 平 野 保 之 君
 23番 山 岡 ? 二 君          24番 野 田   寛 君
 25番 谷 川 敏 勝 君          26番 深 田 義 實 君
 27番 緒 方 市 男 君          28番 正 垣 安 博 君
 29番 松 下 倫 三 君          30番 西 村   智 君
 31番 ? 島   晃 君          32番 栗 ? 秀 人 君
 33番 宮 ? 正 光 君          34番 長 谷 誠 一 君
 35番 松 野 孝 敏 君          36番 亀 田 靖 紘 君
 37番 上 村 宏 一 君          38番 北 岡 宏 一 君
 39番 村 田 幸 博 君          40番 緒 方 幸 一 君
 41番 入 江   學 君          42番 堀 川 三 郎 君
 43番 有 馬 俊 一 君          44番 中 村 勝 也 君
 45番 末 松 立 身 君          46番 原 田 正 義 君
 47番 清 水   忠 君          48番 米 村 和 雄 君
 49番 坂 本   茂 君          50番 宮 中   叶 君
 51番 川 本 盛二郎 君          52番 深 水   格 君
 53番 枝 村 範 嗣 君          54番 中 山 弘 幸 君
 55番 鯛 瀬 優 一 君          56番 豊 田 紀代美 君
 57番 岩 ? 紘 一 君          58番 古 川 紀 満 君
 59番 沖 村 昭 夫 君          60番 石 川 洋 一 君
 61番 松 本 一 誠 君          62番 岡 本 泰 章 君
 63番 米 田 隆 男 君          64番 福 田 俊 男 君
 65番 豊 田 茂 稔 君          66番 北 園 國 光 君
 67番 宮 田 研 藏 君          68番 坂 田 清 一 君
 69番 清 成 澄 人 君          70番 高 橋 節 夫 君
 71番 中 内   孝 君          72番 岩 ?   卓 君
 73番 小 石 義 輝 君          74番 西 岡 ミチ子 君
 75番 楠 田   浩 君          76番 坂 本 勝 藏 君
 77番 吉 野 不二夫 君                       

4 欠席議員は次のとおりである。(1名)
 22番 平 野 保 之 君(午後)

5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長  吉 田 耕 治 君
 書    記  河 村 孝 義 君   書    記  松 田 きよみ 君
 書    記  平 井 親 美 君   書    記  坂 本 優 子 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長       阿曽田   清 君   教育長     吉 ?   潔 君
 教育委員長    山 田   毅 君   総務企画部長  上 野 和 範 君
 市民部長     沖 村   清 君   福祉部長    米 村   諭 君
 経済部長     鉄 石 憲 一 君   土木部長    土 村 千佳雄 君
 教育部長     丸 目 季 廣 君   総務企画部次長 河 田 信 之 君
 三角支所長    尾 ? 基 雄 君   不知火支所長  坂 ? 秀 直 君
 松橋市民  
          松 田 節 子 君   小川支所長   村 本 憲 昭 君
 センター長 
 豊野支所長    宮 村 成 信 君   市民病院事務長 千葉? 孝 穂 君
                      農業委員会 
 会計課長     川 上 輝 幸 君           増 田 幸 一 君
                      事務局長  
 監査委員事務局長 浦 ? 一 成 君

 





               開議 午前10時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(楠田浩君) これから、本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1  議案第20号 平成17年度宇城市一般会計暫定予算



△日程第2  議案第21号 平成17年度宇城市国民健康保険特別会計暫定予算



△日程第3  議案第22号 平成17年度宇城市老人保健特別会計暫定予算



△日程第4  議案第23号 平成17年度宇城市介護保険特別会計暫定予算



△日程第5  議案第24号 平成17年度宇城市奨学金特別会計暫定予算



△日程第6  議案第25号 平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計暫定予算



△日程第7  議案第26号 平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計暫定予算



△日程第8  議案第27号 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計暫定予算



△日程第9  議案第28号 平成17年度宇城市水道事業会計暫定予算



△日程第10 議案第29号 平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計暫定予算



○議長(楠田浩君) 日程第1、議案第20号、平成17年度宇城市一般会計暫定予算から日程第10、議案第29号、平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計暫定予算までを一括議題とします。

 まず、議案第20号 平成17年度宇城市一般会計暫定予算について、各部の所管に関する詳細説明を求めます。

 総務企画部長、上野和範君。



◎総務企画部長(上野和範君) 議案第20号、平成17年度宇城市一般会計暫定予算について、総務企画部の所管事項について詳細説明を申し上げます。

 詳細説明に入ります前に、本予算の総括的な編成方針について申し上げます。本予算は、本年4月から6月までに必要とする経費の暫定予算であります。予算総額を歳入歳出それぞれ54億4,463万5千円と定めるものでございます。

 歳入につきましては、4月から6月までに見込まれる市税や譲与税、交付金及び各事業に伴う国県の負担金補助金、市債を計上しております。

 歳出につきましては、同期間に要する人件費、扶助費等の義務的経費をはじめ、各施設の維持管理費等の経常経費を計上しております。建設事業費につきましては、緊急的に必要とするもの、また国・県補助事業につきましては事業が確定しており、6月までに執行手続きが必要なものを計上しております。

 本予算の概要を構成比で申し上げますと、歳入につきましては歳入総額に対し市税が25%、地方交付税が43%、国県支出金が17%の構成比となっております。また、歳出につきましては歳出総額に対し人件費が32%、扶助費が18%、物件費17%、普通建設事業費15%の構成となっております。

 それでは、総務企画部の所管についてご説明申し上げます。歳入から順をおって説明をいたします。予算書の11ページをお開きください。款2地方譲与税、項2自動車重量譲与税は国税であります。自動車重量税の3分の1に相当する額を市町村の道路延長及び面積で按分し、3期により交付されるものであります。6月交付分として7,284万5千円を見込んでおります。項3地方道路譲与税は、揮発油に対して課税される地方道路税の42%の額を市町村の道路延長及び面積で按分し、3期により交付されるもので、6月交付分として3,055万6千円を見込んでおります。

 款6地方消費税交付金は、県税であります。地方消費税の2分の1に相当する額を市町村の人口及び事業所統計による従業者数で按分し、4期により交付されるもので、6月交付分として1億3,621万3千円を見込んでおります。

 款9地方特例交付金は、平成11年度の恒久的減税に伴う地方税の減収の一部補てんでありまして、減収見込額の4分の3に相当する額から市町村たばこ税の増収を控除した額を2期により交付されるもので、4月交付分として7,691万7千円を見込んでいます。

 12ページをお開きください。款10地方交付税の普通交付税は、広く知られておりますように所得税をはじめとする主要国税の5税の一定割合を財源とし、基準財政需要額が基準財政収入額を超える額を4期により交付されるもので、4月及び6月交付分として23億3,894万9千円を見込んでおります。

 次に、使用料及び手数料について説明を申し上げます。款13使用料及び手数料、項1使用料、目1総務使用料、節1市営駐車場使用料の45万円につきましては、小川駅前の駐車場でありまして、月額2,500円の60区画分であります。申しわけございません。町営駐車場となっておりますけれども、市営駐車場ということでございます。申しわけございませんでした。

 温泉水使用料の16万2千円につきましては旧小川町で行っているもので、宇城市社会福祉協議会及び医療法人仁水会のグループホームに対する使用料で、供給の使用料でございます。節2交通船運送使用料につきましては、三角港から戸馳島まで運行されている乗船運賃であり、大人100円、3ヵ月間で3,300人を見込んでおります。

 15ページをお開きください。目3教育手数料、節1海技学院受験手数料の1,341万2千円につきましては、船舶免許取得のための受験手数料及び講習手数料、身体検査手数料でございます。

 19ページをお開きください。

 財産収入について説明を申し上げます。款16財産収入、項1財産運用収入、目1財産貸付収入、節1土地建物貸付収入54万5千円は、ハローワーク、警察駐在所、NTT通信基地、ショッピングプラザ等の貸付収入であります。目2利子及び配当金は、財政調整基金をはじめ記載のとおりの基金の利子でありまして、それぞれの基金に利子として積み立てるものであります。

 20ページをお開きください。諸収入について説明いたします。款20諸収入、款3貸付金元利収入、目3地域総合整備資金貸付金元利収入の972万6千円につきましては、旧松橋町の医療法人本田会、旧不知火町の理化電子株式会社及び旧三角町の学校法人青照学舎の地域総合整備事業債のふるさと融資の償還金でございます。

 目4住宅新築資金等貸付元利収入の885万6千円につきましては、旧豊野町において地域改善対策事業で実施したもので、町が借り入れたものを対象者が償還するものでございます。

 21ページをお開きください。項6雑入について説明をいたします。目3納付金、節4消防費納付金の292万9千円につきましては、消防団員の福祉共済金3,000円のうち2分の1が個人負担として納付されるものであります。これにつきましては、出動時の補償のほかに消防団員の日常のときの事故等についての補償ということで、消防団員からその負担金の2分の1を徴収するというものでございます。

 22ページをお開きください。市債について説明をいたします。目2農林水産業債、節1農地債は旧小川町の国庫補助による農村整備事業でありまして、起債充当率75%の1,010万円を予定しております。節2水産債の水産業振興事業債は、国県補助による松合漁港水産基盤整備事業でありまして、起債充当率90%の940万円を予定しております。漁港改良事業債は国県補助による松合漁港及び太田尾漁港海岸保全施設整備事業並びに松合漁港漁業集落環境整備事業でありまして、起債充当率90%の1億4,210万円を予定しております。

 目3土木債、緊急地方道路整備事業債は、国庫補助による国道57号と国道266号を接続する塩屋太田尾線及び戸馳島から国道266号線へ接続する黒崎内潟線の道路改良でございまして、起債充当率95%の6,840万円を予定しております。

 次に、歳出についてご説明いたします。25ページをお開きください。

 款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費について説明いたします。主なものについて説明をいたします。節1報酬につきましては、197名の嘱託員報酬として均等割分1,997万6千円、戸数割1,386万円の合計3,383万6千円であります。節10交際費は市長交際費として50万円を計上しております。節11の需用費の消耗品費につきましては、事務用品等を本庁、支所、松合出張所を合わせて555万7千円を計上しております。節12役務費の通信運搬費につきましては、本庁及び4支所及び出張所の電話代194万4千円でございます。節13委託料につきましては、逓送便シルバー人材センター委託料90万1千円、26ページにまたがりますけれども、電話交換委託料として176万4千円を計上しております。交換手は本庁に3名、不知火支所に2名の配置でございます。節14使用料及び賃借料につきましては、各支所のコピー機、輪転機及びファックス等の使用料696万2千円が主なものであります。節19負担金補助及び交付金については、宇城広域連合負担金として811万2千円、宇城市町会負担金として257万円、団体生命共済として676人分の324万5千円の計上でございます。

 27ページをお開きください。目2の文書管理費について説明いたします。主なものとしまして、節1委員報酬は、情報公開審査会委員及び個人情報保護審査会委員報酬として10万円、節12役務費は後納郵便の通信運搬費として1,545万円を計上しております。

 目3財政管理費について説明いたします。主なものとしまして、財政調整基金等の利子をそれぞれの基金に積み立てるもので、89万1千円の計上でございます。

 目5財産管理費について説明いたします。財産管理費の7,821万円につきましては、普通財産、本庁舎、市支所の庁舎、公用車の維持管理経費でございます。本庁舎、支所庁舎ごとに申し上げますと、本庁舎が約4,100万円、三角支所760万円、不知火支所1,160万円、松合出張所79万円、小川支所1,180万円、豊野支所530万円でございます。28、29ページをお開きください。主なものとしましての節の11需用費の光熱水費1,542万7千円は、本庁及び支所等の庁舎の電気代、上下水道代などでございます。節12の役務費の主なものは、各施設の保険料及び公用車の保険料としての1,663万円であります。節13委託料1,383万8千円は、庁舎の警備保安業務、清掃業務、設備保守点検業務などの委託料が主なものでございます。節14使用料及び賃借料1,256万1千円の主なものは、電話機及び公用車のリース代など、事務機器等使用料として567万7千円、土地建物賃借料として小川町の温泉源泉地、豊野町の誉ヶ丘公園などの借上料であります。

 30、31ページをお開きください。目6企画費について説明いたします。主なものとしまして、節1報酬、非常勤職員の159万3千円は、旧三角町の市営交通船乗務員の船長及び係員の報酬であります。この市営交通船は、宇城市交通運送条例に基づきまして運送されているもので、三角港から戸馳島の野崎まで1日に27便運行され、旅客運賃は大人100円であります。15年度では延べ約1万人の住民の方が利用されておられます。節19負担金補助及び交付金の254万9千円についても、主なものについて説明します。八代宇城地方拠点都市建設促進協議会負担金17万円、九州中央地域連携リーフレット作成負担金35万円、八代海北部沿岸都市地域連携創造会議負担金29万円、宇土・天草地域医療推進協議会負担金21万円、浅川大野川改修促進協議会負担金33万円、三角港振興協議会負担金50万円であります。32、33ページをお開きください。

 目7交通安全対策費について説明いたします。主なものとしまして、節1報酬につきましては交通安全対策推進員の報酬として11万円、節15の工事請負費としましてカーブミラーの工事費37万5千円であります。節19負担金補助及び交付金として、松橋地区交通安全協会の負担金でありまして、その中での主なものは教育指導員費ということでそこに掲げております130万9千円ということになります。交通災害共済負担金として、全市民を対象とし1人当たりの掛金は50円でありまして、319万9千円を計上しております。

 目8防犯対策費について説明いたします。主なものとしまして、節11需用費の光熱水費177万6千円は、防犯灯の電気代であります。節19負担金補助及び交付金は、松橋地区防犯協会連合会負担金125万円が主であります。

 目9人権・男女共生費について説明いたします。主なものとしまして、報酬として、男女共同参画推進懇話会委員報酬32万8千円、節19負担金補助及び交付金として、法務省所管の人権擁護委員の特設相談事業等に係る負担金45万4千円を計上しております。

 目10の広報公聴費について説明いたします。節11の需用費の印刷製本費452万円は、広報うき3ヵ月、6回分の印刷費であります。34ページをお開きください。節13の委託料、宣伝広告委託料15万8千円は、FMラジオを通してイベントや観光情報を提供するための委託料であります。旧不知火町からの継続事業でございます。ふるさとメールサービス運用委託料15万円は、熊日新聞社の宇城市関係の記事と宇城市から提供する情報をインターネットを通して登録会員あて無料配信する委託料であります。松橋町からの継続でございます。市勢要覧作成業務委託料150万円は、宇城市の概要を紹介するパンフレットと届出や各種手続き等の方法などをまとめた冊子の作成委託料でございます。

 目の11電算運営費について説明いたします。節11需用費の消耗品費143万3千円は、連続帳票、A3、A4等電算打出し用紙及びプリンタートナー代等でございます。印刷製本費は200万円。修繕料150万円は、保守契約をしていない、いわゆるプリンター、パソコン等の修理代金でございます。節12役務費の通信運搬費156万6千円は、三角、小川、豊野支所等の拠点を結ぶ専用線の借上料でございます。節13委託料の主なものについて申し上げます。総合行政システム開発委託料550万円は、各システムの変更修正委託料でございます。情報系ネットワーク保守委託料312万6千円は、本庁支所間等のネットワークの機器保守料でございます。総合行政システム保守委託料535万7千円は、総合行政システムのソフト及び機器の保守料でございます。総合行政システム技術者常駐委託料の283万5千円は、電算システム初期導入段階での不具合早期対策のための常駐委託料でございます。光ファイバー電柱移設委託料100万円は、道路拡張等による電柱移設に伴う光ファイバーの付替え工事委託料でございます。節14使用料及び賃借料の183万3千円は、各種申請受付窓口専用ソフトの使用料等でございます。節18備品購入費の238万円は、パソコン用のソフトウエア及びパソコン購入代金でございます。中身としては、ライセンスの瞬快料、一太郎からの旧一太郎のソフトをWord等に変換する、あるいはパソコンの購入6台等を予定しております。節19負担金補助及び交付金の電子自治体共同運営協議会負担金711万8千円は、県下の全自治体が共同で運営する協議会の負担金です。3月から開始されました電子申請の受付用ソフト開発等を行っております。35ページをお開きください。

 目13道の駅維持費について説明いたします。主なものとして、不知火町の道の駅の管理委託料であります。管理委託先は、不知火温泉有限会社であります。この道の駅の敷地は、不知火温泉前の駐車場と便所、それに休憩施設の一部が県有地であります。この県有地は県が整備したもので、その条件として管理については町が行うことで県と町とで管理委託契約が締結されております。しかし、町では管理業務ができないため、不知火温泉有限会社と管理業務委託料年間37万1,700円の契約額で清掃等の業務委託の契約を締結しております。今回、暫定予算として3ヵ月分を計上いたしております。なお、不知火温泉有限会社から町に対して毎年繰入金等があっております。

 目15合併調整費について説明いたします。主なものとしては、節の13委託料700万円として合併に伴う看板等の作成委託料であります。

 目16契約検査管理費について説明いたします。市全般の工事、委託業務、物品購入の入札、契約に係る事務費であります。

 次に、項5統計調査費について説明いたします。40ページをお開きください。目1統計調査総務費、節19負担金は、市町村民所得推計調査の負担金6万1千円と県統計協会への負担金8千円などであります。

 目2の指定統計調査費は、5月1日付で実施する学校基本調査の必要経費4万8千円を計上しております。

 43ページをお開きください。款3民生費、項1社会福祉費、目3地域改善対策費について説明をいたします。報酬の非常勤報酬としての71万円は、管理人2名を非常勤職員として雇用している報酬でございます。特別旅費等については、地域の代表の方々の全国大会、九州大会等への旅費でございます。

 あと、需用費以下につきましては、宇城市豊野町コミュニティセンターの維持管理費に充てるものでございます。なお、この管理については豊野支所で管理をしております。

 続きまして、消防費について説明いたします。91ページをお開きください。款8消防費、項1消防費、目1非常備消防費について説明いたします。節3職員手当等の時間外手当につきましては、4月17日に開催します消防出初め式及び点検式における各支庁及び本庁で行います準備並びに開催当日の時間外手当であります。節9旅費の費用弁償は、消防団員の出初め式、訓練、出動手当等でございます。節19負担金補助及び交付金は、宇城広域消防衛生施設組合負担金1億7,335万1千円と団員の公務災害補償等共済負担金3,645万5千円であります。

 目2の消防施設費について説明いたします。主なものとしまして、節12役務費は小型ポンプ積載車65台分の任意保険123万円であります。節13委託料については、建設が予定されております宇城消防南署用地測量業務委託料100万円であります。

 目3災害対策費について説明いたします。節1報酬につきましては、6月に予定しております防災会議の委員報酬6万1千円であります。節13委託料については、防災行政無線保守点検料として303万3千円であります。

 95ページをお開きください。款9の教育費、項1教育総務費、目5九州海技学院費について説明いたします。節1報酬の非常勤職員報酬は、講師13名の報酬であります。節11需用費の消耗品費は、講習時に使用する教本代が主であります。なお、これにつきましては、三角の支所で管理運営をしております。

 129ページをお開きください。款11公債費について説明をいたします。元金の償還金として588万9千円、利子として市債利子153万7千円、一時借入金利子18万5千円を予定しております。予備費としまして1,000万円を計上しております。

 以上をもちまして、総務企画部の所管についての詳細説明を終わります。



○議長(楠田浩君) 総務企画部の詳細説明が終わりました。

 次に、議会事務局長、吉田耕治君。



◎議会事務局長(吉田耕治君) それでは、議会費の説明を行います。

 23ページをお開き願いたいと思います。議会費につきましては歳出のみでありますので、目1議会費1億2,936万9千円の中の主なものを申し上げます。報酬につきましては、6,015万2千円、給料、職員手当につきましてはご覧のとおりと思います。中で、主なものにつきましては需用費、印刷製本費の202万5千円でありますが、議会だよりの印刷製本費でございます。それから、次ページの方をお願い申し上げます。13委託料につきましては、200万円を計上いたしました。これは、会議録の作成委託料でございます。14使用料及び賃借料228万9千円につきましては、主なものといたしまして議員控え室の賃借料でございます。器具機材賃借料ということで162万3千円を計上いたしております。負担金につきましては、各議会等の負担金でございます。208万6千円を計上いたしまして、議会費6月までの暫定予算として1億2,936万9千円で計上をいたしております。よろしくお願いいたします。



○議長(楠田浩君) 議会事務局長の説明が終わりました。

 次に、会計課長、川上輝幸君。



◎会計課長(川上輝幸君) 会計課の暫定予算についてご説明申し上げます。

 平成17年度宇城市一般会計暫定予算書の27ページをお開き願います。目4の会計管理費の欄をご覧ください。今回の暫定予算では、342万8千円の歳出を計上させていただきました。内容といたしましては、節9の旅費10万6千円、内訳としましては、一般職員の普通旅費6千円、それに特別旅費としまして収入役研修10万円を見込んでおります。節11需用費は301万4千円で、事務用品の消耗品費として1万4千円。決算書の印刷代として印刷製本費300万円を見込んでおります。節12の役務費として、金融機関への口座振替手数料として30万円を、節19負担金補助及び交付金として会議負担金8千円を見込んでおります。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(楠田浩君) 会計課の詳細説明が終わりました。

 次に、市民部長、沖村清君。



◎市民部長(沖村清君) それでは、市民部関係の宇城市一般会計暫定予算の詳細説明を行います。市民部の所管は、本所の住民課、税務課、環境衛生課、また各支所と松橋センターの市民課の関係所管になります。

 まず、歳入の方からご説明いたします。10ページをご覧いただきたいと思います。

 款1市税でございます。項1市民税、個人2億8,112万1千円、法人1億6,396万9千円を計上しております。個人の現年度課税2億7,851万円のうち、均等割1,237万5千円、所得割2億6,613万5千円を見込んで計上させていただいております。この数値の税率でございます。これは地方税法第310条、これは均等割は3,000円というふうな形になります。の規定に基づきまして、平成16年度、前年度の調定額に旧5町の予定収納率を掛けまして3ヵ月分、暫定期間を掛けまして算定し計上させていただいております。ちなみに、平成16年の7月1日現在の納税義務者数は個人で2万4,053人でございます。一つだけこの均等割の各旧町の状況をお知らせいたしたいと思います。まず、三角町でございます。これは税額が3,000円でございます。3,000円の納税義務者が2,787人。それに調定額、これは平成16年度の調定額でございます、836万1千円に予定収納率を0.98というような形で見させていただきまして、それの暫定期間中の予定収納率、予定期間でございます、0.15というような形で算出方法は出しております。三角町で122万9千円というような形で出しております。ちなみに、各5町のこの金額だけを一応申し上げます。不知火町が223万1千円、松橋町が595万4千円、小川町240万6千円、豊野町55万5千円といような形で、トータルしまして1,237万5千円をこういう算式によって計算して計上させていただきました。また、法人の現年度課税でございます。1億6,391万5千円は、均等割5,521万9千円、法人割1億869万6千円を計上させていただいております。法人の納税義務者数は1,206人を見込んでおります。滞納繰越分は個人で261万1千円、法人で5万4千円といたしております。

 続きまして、項の2固定資産税でございます。土地、家屋、償却資産に対しまして、その所有者に課税するということになっております。現年度で土地2億697万円、家屋3億3,128万7千円、償却資産1億4,049万4千円として計上させていただいております。固定資産税の納税義務者数は、土地で、これはもう別々でございます、土地、家屋、償却資産別々でございまして、土地で2万7,538人、家屋で2万963人、償却資産で1,700人と見込んでおります。また、この固定資産税の税率は、地方税法の方で、第350条の方に100分の1.4というような形で出しております。これに基づきまして課税をいたしております。

 項2固定資産税のうち、目2国有資産等所在市町村交付金でございます。790万2千円。これは、国または地方公共団体は所有する固定資産に該当するものにつき、当該固定資産所在市町村に交付金を交付するということになっております。これは参考に申し上げますと、国機関、県機関あたりがあるところに交付金を交付するということでございます。ちなみに、最高で三角町が489万2千円ということで実績が出ております。平成15年度旧5町決算額では795万3,400円という15年度の決算額となっております。

 続きまして、項3軽自動車税でございます。現年度分で1億418万7千円、滞納繰越分22万7千円を計上させていただいております。

 続きまして、11ページをご覧いただきたいと思います。項4市たばこ税でございます。9,366万4千円を計上しております。この税は、製造たばこの製造者、特定販売業者または卸売販売業者が製造たばこを市の区域内に営業所の所在する小売販売業者に売り渡す場合において、売り渡しに係るたばこに対し当該売り渡しを行う卸販売業者に課するというような形になっております。

 続きまして、項5入湯税でございます。鉱泉浴場における入浴に対しまして、入浴客に課するものでございます。税率は地方税法第701条の2で1人1日150円ということになっております。

 続きまして、15ページをご覧いただきたいと思います。款13使用料及び手数料でございます。目1総務手数料は戸籍手数料264万2千円。住民票手数料258万円。諸証明手数料402万6千円、この402万6千円は、印鑑証明240万円、税務関係等で35万4千円、事務手数料といたしまして、これは地籍図の関係でございます、地籍図等の手数料でございます、これを1万9千円。また、市税督促手数料、これは1通100円でございます、これを15万9千円。また、自動車臨時運行手数料、これは1両、1台でございます、1両につき750円を取っております。これを12万7千円を計上させていただいております。

 続きまして、一般廃棄物処理手数料でございます。1,129万1千円は、ごみ袋、これは可燃物の袋、不燃物の袋とも17円。また粗大ごみに貼付します、貼りますシールが90円、1枚当たり90円の売捌き代金でございます。また、狂犬病予防手数料の登録手数料は58万5千円。犬195頭分を予定しております。1頭当たり3,000円ということでございます。また、予防注射は92万5千円、1,850頭分の手数料でございます。これ1頭当たり500円ということで予定しております。

 続きまして、21ページをご覧いただきたいと思います。21ページでは、目6雑入のうち下から2行目でございます。資源ごみリサイクル還元金88万円を計上しています。これは、資源ごみ売捌き益金、三角町12万円、不知火町16万5千円、松橋町10万円、小川町36万円、豊野町13万5千円ということで、この資源ごみ売捌き益金ということで計上させていただいております。

 続きまして、22ページをご覧いただきたいと思います。説明に記載しております生ごみ処理容器代金3万2千円と狂犬病予防注射推進費7万7千円を計上させていただいております。

 以上で、市民部関係の歳入の説明は終わらせていただきます。

 続きまして、歳出をご説明いたします。36ページをお開きいただきたいと思います。項2徴税費の目1税務総務費8,822万円を計上させていただいております。この予算は税務関係の事務的経費が主なものでございます。節13の委託料22万7千円は、課税支援システム保守委託料であり、14使用料及び賃借料140万6千円は、これも課税支援システム使用料と家屋評価システム使用料の経費でございます。システム保守委託料と使用料は富士通リース株式会社、家屋評価システムは日立キャピタル株式会社、すべて3ヵ月分の契約を締結して予定をしております。37ページの23償還金利子及び割引料でございます、279万円は、市民税、市県民税等の還付金でございます。

 目2賦課徴収費の646万6千円は、主に徴収における経費であります。節1報酬240万円は、納税相談員、現在3名でございます。3名の報酬でございます。この報酬の算定基礎であります基本報酬プラス訪問件数割、また相談件数割、収納税率割を見越しまして算定しております。節8報償費でございます。300万円でございます。納税組合長手当でございます。これを年額6,000円、1世帯割600円、口座振替の場合は1世帯300円ということで算定基礎で支給を予定をしております。ちなみに、平成17年2月28日現在の納税組合の数は744納税組合数でございます。

 続きまして、目3地籍管理費140万8千円でございます。これは土地情報及び地籍図の整理保管の経費でございます。主に委託料114万4千円でございます。地図修正等測量業務委託は、地元土地家屋調査士、また土地家屋調査士協会に業務委託を予定をしております。また、三角町は現在調査推進中でございますので、市民部の所管にはなっておりません。経済部の方で現在所管しております。地籍管理システム保守管理委託でございますけど、これは専門業者でございます福岡市の株式会社きもとという株式会社と3ヵ月分の契約を予定をしております。

 続きまして、38ページをご覧いただきたいと思います。目1戸籍住民基本台帳費9,298万7千円、これは本庁及び各支所、松合出張所を含みますが、この戸籍事務住民基本台帳事務に係る諸経費を計上しております。給料、職員手当等、共済費の職員人件費は、6,825万6千円となります。職員数29人分でございます。13委託料でございます、1,380万5千円は、事務機器等保守点検業務委託料8万8千円、掛紙見直業務委託料130万5千円、この掛紙見直といいますのは、昔の戸籍簿の手書きのところに補足といいますか、補正するといいますか、その補足紙、紙の業務でございます。その委託料が130万5千円というような形で計上させていただいております。それと戸籍システムセットアップ委託料1,241万2千円でございます。これは不知火、松橋、豊野関係がございまして、戸籍の整備をしておるところでございまして、この設置する委託料を予定しておるところでございます。14の使用料及び賃借料969万6千円は、事務機器使用料58万5千円、またシステム機器等の使用料911万1千円でございます。

 41ページをお開きください。目1社会福祉総務費の報酬158万4千円のうち、市民部関係は非常勤職員報酬151万2千円でございます。これは国民健康保険適正化対策に係るレセプト点検、これは診療報酬明細ですか、その点検に要する費用でございます。ここも、これは福祉部の方と関係がございますので、こういう形で市民部関係のみを説明させていただきます。

 次に、46ページをお開きください。46ページの目1老人福祉総務費、これも福祉部関係もございます。市民部関係は、節12役務費108万5千円の手数料101万6千円のうち、一部69万9千円ほどでございます。これは保険者別医療費通知事務手数料として含まれております。

 続きまして、47ページでございます。節の28繰出金9,959万1千円は、市民部関係でございまして、老人保健特別会計繰出金を予定しております。これは4月から6月まで支出が見込まれる3月、4月分の医療費等に係る繰出金及び事務費を計上させていただいております。

 続きまして、少し飛びまして57、58ページをご覧ください。まず、57ページでございます。目1国民年金事務費703万8千円で、社会保険事務所と協力連携し、市民の国民年金に関する事務的経費でございます。人件費555万3千円、それに住民に周知するための周知広報用パンフレット費用130万円でございます。

 続きまして、61ページと62ページでございます。61ページ、目4老人保健事業費で、これも福祉部も含んでおります。老人医療適正化対策に係る費用を計上させていただいております。非常勤職員報酬218万1千円のうち98万4千円は、先ほど申しましたレセプト点検ということで出てきました診療報酬の明細書の点検でございます。それと、節12役務費79万6千円、これは共同電算手数料と医療費通知等の手数料でございます。

 続きまして、63ページをお開きください。目1、これは環境衛生総務費でございます。環境美化対策、害虫駆除対策、食品衛生対策、不法投棄対策、狂犬病予防、動物愛護対策、放置自動車対策等の費用として計上させていただいております。また、一部事務組合負担金の経費もここに含んでおります。1報酬16万6千円は、環境対策審議員の委員報酬でございます。11需用費928万6千円は消耗品費で140万9千円。これは不法投棄禁止を促す看板、また犬飼育のマナーを啓発する看板等でございます。これが140万9千円でございます。修繕料91万5千円、これは消毒機械の点検修理費でございます。医薬材料費671万9千円を計上させていただいております。これは消毒用の薬剤でございます。64ページをお開きください。役務費の52万円は、消毒機械保険料でございます。13委託料70万円は、不法投棄の処理委託を計上させていただいております。14使用料及び賃借料13万9千円は、不法投棄の処理に伴う建設機械等の借上料を計上させていただいております。19負担金補助及び交付金でございます。1,488万5千円は、宇城広域火葬場組合負担金893万円、下益城火葬場組合負担金543万4千円が主な負担金でございます。

 目2公害対策費35万円は、地下水質動向監視のための継続的調査及び概況把握のための地下水、河川等の水質調査の費用でございます。

 目3生活排水対策費の合併浄化槽の関連でございます。この事業につきましては、平成17年度から土木部の所管となりましたので、説明を省略させていただきます。

 続きまして、65ページの目1清掃総務費でございます。1億9,513万9千円は、清掃事業に伴う費用でございます。需用費697万9千円は、消耗品、ごみ袋の購入代金625万3千円とごみカレンダー、ごみ搬入許可証の作成に要する印刷製本費72万6千円でございます。13委託料は3,293万6千円は、ごみ収集業務を委託しております12社の委託金でございます。内訳は、三角4社、不知火2社、松橋4社、小川4社、豊野2社に委託予定をしております。19負担金補助及び交付金1億5,521万円は、宇城広域消防衛生施設組合負担金2,382万円と宇城広域清掃施設組合負担金1億3,097万円、また、ごみ減量化対策に伴う電動生ごみ処理機設置補助金42万円でございます。

 目2分別収集費638万4千円は、資源ごみ有効利用するための経費として計上させております。各旧町の委員会等に報償費という名目で12万2千円、それに需用費265万8千円、これはコンテナ、フレコン等の購入費用でございます。これは材料費でございます。また、委託料290万2千円は、リサイクル業務、収集ですね、リサイクルの収集、選別、コンテナ配付を委託している3社、3業者にといいますか、3社分の委託金でございます。今のところ3社、プログレ、津田、シルバー人材というような予定をしております。それと、19の負担金補助及び交付金69万円は、リサイクル事業補助金でございます。

 以上で市民部の歳入歳出の詳細説明を終わります。よろしくご審議のほどをお願いいたします。



○議長(楠田浩君) 市民部の詳細説明が終わりました。

 ここで、11時15分まで休憩します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               休憩 午前11時00分

               再開 午前11時15分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(楠田浩君) 会議を再開します。

 次に、監査委員事務局長、浦?一成君。



◎監査委員事務局長(浦?一成君) 総務常任委員会管轄の監査委員費の詳細説明をいたします。

 予算書の40、41ページをお願いいたします。

 歳出の主なもの、1報酬66万4千円は、監査委員3名の報酬でございます。2給料、3職員手当等、4共済費は、職員3名分であります。9旅費74万2千円は、例月現金出納検査、決算審査等の費用弁償及び各市協議会の総会、研修会の出張旅費でございます。11需用費の印刷製本費100万1千円は、決算審査意見書の印刷製本費でございます。19負担金補助及び交付金15万9千円は、各市協議会等の年会費負担金及び研修会負担金であります。監査委員費合計1,066万5千円で、詳細説明を終わります。



○議長(楠田浩君) 監査委員事務局の詳細説明が終わりました。

 次に、福祉部長、米村諭君。



◎福祉部長(米村諭君) それでは、福祉部所管予算について、詳細の説明をいたします。

 歳入から説明いたしますが、後で説明します歳出予算の各事業等に伴います負担割合による負担金使用料、国・県の補助金等でございます。

 12、13ページをお開きいただきたいと思います。款12分担金及び負担金、項2負担金、目1の民生費負担金1億1,396万7千円のうち、節1老人福祉費負担金664万6千円は、養護老人ホーム等の入所者負担金、各種事業の利用負担金でございます。節2児童福祉費負担金8,023万6千円は、公立及び私立保育園への入所者負担金でございます。節4社会福祉施設費負担金2,708万3千円は、不知火町の老人ホーム松寿園経費の各市町村からの負担金でございます。

 款13使用料及び手数料、項1使用料、目2の民生使用料555万3千円のうち、節1社会福祉施設使用料24万9千円は、通称サンアビリティーズ及び地域福祉センター等の使用料でございます。節2児童福祉施設使用料468万円は、松橋町に存在する3児童館の使用料でございます。節3老人福祉施設使用料62万4千円は、老人福祉センター使用料等でございます。目3衛生使用料の4万1千円は、松橋、三角保健センターの使用料でございます。

 15ページをお開きください。款14国庫支出金、項1国庫負担金、目1の民生費国庫負担金の節2児童福祉費負担金1億2,520万9千円。16ページをお開きください。節3障害者福祉費負担金1億8,769万2千円及び節4の生活保護費負担金9,838万8千円は、それぞれの事業に伴いますところの国庫負担率により計上いたしております。同じく、16ページの款14国庫支出金、項2国庫補助金、目1民生費国庫補助金の節1児童福祉費補助金2千円、節2の障害者福祉費補助金2,933万3千円につきましても、それぞれの事業に伴いますところの補助率により計上いたしております。

 17ページをご覧いただきたいと思います。款15県支出金、項1県負担金及び項2の県補助金、目の民生費県補助金4,703万円につきましても、それぞれの事業に伴いますところの負担率並びに補助率により計上いたしております。

 20ページ、21ページをお開きいただきたいと思います。款20諸収入、項4受託事業収入207万8千円は、宇城市外からの管内の保育所に入所者がございますけど、その保育料でございます。

 項6雑入、目3の納付金、節2衛生費納付金でございます。2,364万1千円につきましては、住民健診等の個人負担金を計上いたしております。

 続きまして、歳出をご説明いたします。41ページをお開きいただきたいと思います。

 款3民生費、項1社会福祉費、目の1社会福祉総務費でございますが、42ページの方をお開きいただきたいと思います。節19負担金補助及び交付金2,991万2千円は、社会福祉にかかわる各種団体への補助金でございます。節20扶助費の50万円につきましては、火災等の被災者への見舞金を計上いたしております。

 43ページでございます。目2の社会福祉施設費1,088万2千円は、地域福祉センター等の施設運営及び管理委託料でございます。

 続きまして、44ページ、45ページをお開き願いたいと思います。項2の障害者福祉費の目1障害者福祉総務費から項4の知的障害者福祉費まででございますが、障害者の福祉増進を図るために各種団体への補助及び医療費扶助等でございまして、総額2億4,637万1千円とするものでございます。

 46、47ページをお開き願いたいと思います。項3老人福祉費、目1老人福祉総務費1億7,187万4千円は、老人の福祉増進を図るための経費でございまして、節13委託料2,395万8千円は、介護予防等事業の委託料、節19負担金補助及び交付金3,847万円は老人ホーム入所措置費等、同じく節20扶助費711万円は、高齢者住宅改造等に対する扶助費、節28の繰出金9,959万1千円は、老人保健特別会計への繰出金でそれぞれ計上いたしております。

 目2の老人福祉施設費885万5千円は、老人福祉センターなどの福祉施設管理運営費でございます。

 48、49ページをお開き願いたいと思います。目3老人ホーム施設費3,593万7千円は、養護老人ホーム松寿園の管理運営費でございます。松寿園は、旧不知火町にございます。

 目4の介護保険費2億8,375万2千円の主なものでございますが、50ページの節28繰出金として介護給付費の法定負担金の12.5%を保険特別会計へ繰り出すものでございます。

 項4児童福祉費、目1児童福祉総務費、1億5,044万8千円は、児童福祉の事務管理運営費でございます。

 項2児童手当9,154万4千円は、節20の扶助費の児童手当が主でございます。

 52、53ページをお開きください。目3児童措置費2億7,037万3千円のうち節19負担金補助及び交付金として認可保育所等への補助金でございます。

 目4児童福祉施設費8,381万9千円は、公立保育所、保育園7施設の運営費でございます。

 55ページをお開きください。項5母子福祉費7,441万円は、母子生活支援等が主でございます。56ページの節20扶助費として7,125万5千円を予算計上いたしております。

 56ページの項6生活保護費、目1生活保護総務費286万円でございますが、事務管理費でございます。

 同じく目2生活保護扶助費2億951万円でございますが、節20扶助費として2億951万円、これにつきましては、現在のところ保護世帯191所帯、被保護者259人と推計いたしまして予算計上いたしております。

 58、59ページをお開き願いたいと思います。款4衛生費、項1保健衛生費、目1の保健衛生総務費8,845万5千円のうち主なものは、60ページでございますけど、節28の簡易水道事業へ特別会計繰出金として1,189万8千円を計上いたしております。

 同じく60ページの目2予防費2,797万円は、節11の需用費、ワクチン等の医薬材料代1,270万2千円及び節13健診業務委託料として900万5千円が主でございます。

 目3母子衛生費2,935万7千円は、節13の委託料として健診業務委託料を計上いたしております。312万8千円でございます。節20扶助費として乳幼児医療費扶助として2,091万8千円を計上いたしております。

 目4老人保健事業費1億5,820万7千円につきましては、40歳以上の住民の方々の健診委託が主なものでございます。節13委託料として、地域での複合・単独健診に1億3,993万6千円、施設一括健診委託料として1,188万2千円を予算化しております。

 62ページでございます。目5保健衛生施設費430万8千円は、各支所の保健センターの管理運営費を計上いたしております。

 以上によりまして、福祉部所管の予算の詳細を説明させていただきました。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(楠田浩君) 福祉部長の詳細説明が終わりました。

 次に、教育部長、丸目季廣君。



◎教育部長(丸目季廣君) 教育部所管予算の詳細説明を申し上げます。

 歳入につきましては、暫定予算のため3件だけ計上いたしております。

 歳出につきましては、主に経常経費でございまして、原則的に3ヵ月分を計上いたしております。

 それでは、歳入からご説明申し上げます。14ページをお開きください。

 目7教育使用料1,109万3千円は、主に保健体育施設使用料等でございます。

 17ページをお開きください。目3の教育費国庫委託金110万円は、三角中への学校給食推進事業委託金でございます。

 21ページをお開きください。目4他団体補助交付金1,080万円は、B&GからのB&Gセンター修繕費補助金でございます。

 続きまして、歳出をご説明いたします。93ページをお開きください。

 款9教育費、項1教育総務費、目2事務局費5,802万3千円は、学校給食係を除きます学校教育課9人分の人件費等が主なものでございます。

 97ページをお開きください。款9教育費、項2小学校費、目1学校管理費7,628万7千円は、市内各小学校の職員9人の人件費及び各小学校の光熱水費、保守点検の委託料等でございます。

 99ページをお開きください。目2教育振興費4,198万5千円は、本年度が小学校の教科書改訂のために、先生の指導書及び教材備品等の購入費が主なものでございます。

 100ページをお開きください。款9教育費、項3中学校費、目1学校管理費3,918万1千円は、市内各中学校職員4人分の人件費及び光熱水費、健康診断等委託料でございます。

 103ページをお開きください。款9教育費、項4幼稚園費、目1幼稚園費536万8千円は、三角幼稚園の職員3人分の人件費等が主なものでございます。

 104ページをお開きください。款9教育費、項5社会教育費、目1社会教育総務費8,561万6千円は、生涯学習課8人、文化課5人、5教育分室の公民館、図書館、松橋及び小川の文化センター、21人の職員人件費及び施設の管理費が主なものでございます。

 113ページをお開きください。款9教育費、項6文化費、目1文化振興費805万2千円は、錦織健コンサート等の委託料が主なものでございます。

 117ページをお開きください。目5松橋総合体育文化センター費2,076万6千円は、光熱水費及び舞台操作音響照明委託料等の管理運営費が主なものでございます。

 119ページをお開きください。款9教育費、項7保健体育費、目1保健体育総務費3,414万6千円は、スポーツ振興課及び各教育分室のスポーツ振興係員等の職員9人の人件費が主なものでございます。

 123ページをお開きください。目6の海洋センター管理費2,696万円は、旧三角町B&Gプールのプール上屋シート全面張替え及びプール上屋鉄骨の全面補修、塗装の修繕工事費が主なものでございます。毎年6月1日にはプール開きを開催しています。本予算に計上いたしまして、プール開きができるようにいたすものでございます。なお、本工事費にはB&Gから2分の1相当額の補助金をいただいて工事を施工するものでございます。

 125ページをお開きください。款9教育費、項8学校給食費、目1給食総務費4,734万2千円は、学校給食係職員及び各学校給食また給食センターの職員26人分の人件費が主なものでございます。

 これで、詳細説明を終わります。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(楠田浩君) 教育部の詳細説明が終わりました。

 次に、土木部長、土村千佳雄君。



◎土木部長(土村千佳雄君) それでは、土木部所管の平成17年度暫定予算につきまして、その主な内容につきまして詳細説明を申し上げます。

 予算書の13ページをお開きいただきたいと思います。歳入でございます。款の13使用料及び手数料、項の1使用料、目の6土木手数料でございます。節の1道路占用料の123万1千円でございますが、内訳といたしまして三角町の59件104万4千円、小川町の12件17万6千円、松橋町の3件1千円、豊野町の10件1万円でございます。節の3住宅使用料の3,716万3千円でございますが、内訳といたしまして市営住宅使用料3,644万6千円、3ヵ月分計上いたしております。内訳でございますが、三角町の1団地93戸、不知火町の12団地242戸、松橋町の10団地542戸、小川町の11団地267戸、豊野町の8団地92戸、合計の42団地、1,236戸でございます。改良住宅使用料16万3千円につきましては、豊野町の1団地10戸でございます。市単住宅使用料55万4千円につきましては、三角町3団地の11戸、小川町1団地の3戸、合計4団地14戸分でございます。節の4駐車場使用料の市営住宅駐車場の使用料3ヵ月分74万8千円を計上いたしております。内訳といたしましては、不知火町52区画、松橋町298区画、小川町117区画、豊野町32区画、合計の499区画でございまして、一月1区画当たり500円の3ヵ月分を計上いたしております。

 16ページをお願いいたします。款の14国庫支出金、項の2国庫補助金、目の4土木費国庫補助金、節の1道路橋りょう費補助金の8,800万円でございますが、これは三角町が道路交付金事業として継続的に事業を行っている2路線、黒崎内潟線2,200万円、塩屋太田尾線6,600万円で、工事費の国庫補助率分55%を計上いたしております。

 次に、歳出に移りたいと思います。83ページをお開きいただきたいと思います。

 款の7土木費、項の1土木管理費、目の1土木総務費でございますが、一般職員給料、職員手当、共済費等職員4名分、委託料105万5千円につきましては、三角排水機設備保守点検委託料78万円が主なものでございます。負担金補助及び交付金83万円につきましては、各種期成会協議会へ宇城市として参画している、組織に入っている協議会への負担金が主なものでございます。

 85ページをお開きいただきたいと思います。款の7土木費、項の2道路橋りょう費、目の1道路橋りょう総務費でございます。本庁及び5支所の一般職員の給料、共済費等に係る分を計上いたしております。

 同じく85ページをお願いいたします。目の2道路維持費、節の1報酬でございますが、非常勤職員報酬といたしまして、三角支所5名分183万9千円、豊野支所2名分75万円、これは軽微な補修等を行う作業員の報酬を計上いたしております。節の7賃金、不知火支所の松合地区の街並み環境整備事業に対する事務補助といたしまして臨時職員1名分33万6千円、それから節の9旅費、節の11需用費730万3千円、需用費の内訳といたしまして修繕料695万円、これが主なものでございます。暫定期間内の5支所の簡易的な道路補修等に関する費用でございます。節の14使用料及び賃借料113万5千円でございますが、5支所の河川浚渫道路土砂除去等に伴います建設機械の借上料などを計上いたしております。また節の16原材料費につきましては、同じく5支所の維持補修材料、生コン、アスファルト代の合材等201万8千円を計上いたしております。

 86ページをお願いいたします。道路新設改良費は補助事業に伴うものでございまして、目の3道路新設改良費、節の2一般職員給料214万1千円でございますが、三角支所で継続的に行っております道路交付金事業に伴う職員2名分をここで計上いたしております。節の7賃金でございますが、同じく補助事業に伴います事務的補助といたしまして、臨時職員賃金112万円を計上いたしております。87ページをお開き願いたいと思います。節の14使用料及び賃借料は、事務機器等の使用料、土木積算システム使用料、複写機、コピーカウンター等の使用料432万7千円を計上いたしております。同じく、節の15工事請負費で1億5,040万円を計上いたしております。これは三角支所で継続的に行っております道路交付金事業2本分の事業費でございまして、黒崎内潟線3,761万円、塩屋太田尾線1億1,279万円を計上いたしております。いずれも国庫補助申請のスケジュールあるいは事業費等の箇所等を勘案いたしまして計上しているところでございます。黒崎内潟線につきましては、事業年度平成6年度から平成17年度まで、総事業費10億4,000万円、延長1,236mでございまして、平成16年度につきましては橋梁1ヵ所、約100mを施工し、平成17年度は取付け部分の79mを残しており、平成17年度でその処理をするわけでございまして、17年度で竣工見込みでございます。事業の目的でございますが、戸馳島から国道266号へ接続する基幹道路としまして、また通勤通学道路としての役割があるところでございまして、急カーブが多く見通しも悪いために車両事故等が多数発生し、また海水浴場等の整備により観光客も多数訪れていると。あわせまして、花卉栽培も盛んなところでございまして、大型車の通行も煩雑であります。そのためにも、産業生活に密着した路線を早急に整備したいということで、今回継続的な事業と合わせまして暫定予算で計上しているところでございます。塩屋太田尾線につきましては、事業年度平成7年度から平成30年度までを予定している路線でございまして、現在平成13年度から平成18年度までの採択分500mを施工しておるところでございます。総事業費が5億5,000万円、総延長で3,300m、総事業費が25億7,000万円を見込んでいるところでございます。現在、18年度採択分までの施工を除く1,160mが完成しておりまして、約35%の工事進捗率でございます。事業の目的でございますが、国道57号三角町の太田尾地区から宇土半島を横断し、塩屋地区の国道266号を結ぶ路線であり、現在は見通しも悪く、カーブも多く、幅員も極小な上、非常に危険性があるということで、地域経済発展の基盤となる路線として位置づけ整備を進めているところでございます。平成17年度の予定といたしまして、太田尾地区の暫定区間約200mの法面保護掘削工事を施工予定といたしております。

 同じく87ページをご覧ください。目の1河川総務費、節の13の委託料でございますが、これは小川支所の河川除草作業委託料26団体分、140万4千円、防潮水門管理委託料等、三角町1ヵ所、不知火町2ヵ所、計3ヵ所分48万2千円を計上いたしております。また、節の14使用料及び賃借料の42万円は、小川支所管内の2級河川、砂川の護岸除草作業に伴う機械借上代を計上いたしております。

 88ページをお願いいたします。目の1港湾管理費につきましては、節の9旅費、節の11需用費の2万円を計上いたしております。

 同じく88ページ、項の5都市計画費、目の1都市計画総務費、節の1報酬の7万8千円でございますが、宇城市都市計画審議会委員の報酬でございます。

 目の3下水道費、節の28繰出金5,905万8千円でございますが、下水道事業において不足を補うため要する経費といたしまして計上いたしております。公共下水道事業一般会計繰出金、松橋不知火合わせて小川町分、それに特定環境保全公共下水道事業一般会計繰出分、松橋不知火分と不知火松合分でございます。

 89ページをお願いいたします。目の5街路事業費50万4千円を計上いたしております。これは不知火支所管内の松合地区街並み保存事業に伴う経費でございまして、節の19の負担金補助及び交付金36万円は、保存会交付金でございます。110名分を計上いたしております。

 項の6住宅費、目の1住宅管理費、節の11需用費の479万4千円のうち、修繕料448万5千円を計上いたしております。5町の公営住宅の修繕料でございます。節の13委託料の21万9千円でございますが、松橋町及び小川町の市営住宅団地内の樹木の枝打ち、伐採等の委託でございます。節の14使用料及び賃借料の73万5千円のうち71万8千円でございますが、宇城市松橋町豊福1786番地の一部におきまして、2,809.35?に松橋町が建設している希望の里団地、14戸分でございますが、住宅用地の賃借料でございます。県有地を市が借り受けてここに市営住宅を建設しているための住宅用地の賃借料でございます。節の15工事請負費の70万円でございますが、松橋町の市営住宅補修工事分を計上いたしております。

 90ページをご覧ください。項の8防災対策事業費、目の1崖地近接危険住宅移転費は、事務経費2万円を計上いたしております。

 同じく目の2急傾斜地崩壊対策事業費の事務的経費を計上し、目の3砂防費につきましては、同じく事務的経費等で5万5千円を計上いたしております。

 129ページをお願いいたします。129ページ、款の10災害復旧費、項の2公共土木施設災害復旧費、目の1公共土木施設災害復旧費、節の3職員手当等では、時間外勤務手当5支所の職員分13万5千円を計上し、節の14使用料及び賃借料の58万6千円につきましては、応急的な機械借上料50万円を含んでおります。

 以上で、土木部所管の詳細説明を終わります。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(楠田浩君) 土木部の詳細説明が終わりました。

 次に、農業委員会事務局長、増田幸一君。



◎農業委員会事務局長(増田幸一君) それでは、農業委員会に関する暫定予算の詳細説明をいたします。予算書の66ページをお開きください。

 款5農林水産業費、項1農業費、目1農業委員会費1,845万3千円は、農業委員81名の報酬及び費用弁償の3ヵ月分、また職員5名の人件費が主なものでございます。

 67ページをお願いいたします。目3農業者年金事務費11万6千円は、農業者年金事務事業に関する事務的経費でございます。

 以上で農業委員会に関する詳細説明を終わります。よろしくご審議のほどをお願いいたします。



○議長(楠田浩君) 農業委員会の詳細説明が終わりました。

 次に、経済部長、鉄石憲一君。



◎経済部長(鉄石憲一君) それでは、経済部局の詳細説明を申し上げます。

 まず、歳入からご説明申し上げます。13ページをお願いいたします。

 13使用料及び手数料でございます。目4の農林水産業使用料につきましては、各農業関係施設の使用料でございます。ふれあい農園につきましては、三角、松橋、不知火、豊野で実施をいたしております。

 目5商工使用料の花の学校使用料については、入園料3ヵ月分の9,050人を見込み221万円、蘭ハウス栽培施設使用料5棟分の130万円、計351万円を見込んでおります。

 16ページをお願いいたします。14国庫支出金、国庫補助金、農林水産業費国庫補助金の漁港海岸事業費補助金は、松合漁港海岸保全事業1億4,800万円の2分の1補助7,400万円、太田尾漁港局部改良7,800万円の3分の1補助2,600万円、合わせて1億円でございます。松合で実施の地域水産物供給基盤整備事業は、事業費3,000万円の2分の1補助1,500万円でございます。

 18ページをお願いいたします。県補助金でございます。目4農林水産業費補助金、節2の農地費補助金は、現在小川町が平成8年から実施いたしております農村総合整備事業補助金2,509万円でございます。水産業補助金の漁港施設整備費補助金1億3,190万円につきましては、国庫補助金で説明いたしました事業の県補助金で、漁港海岸保全施設、松合漁港分1,480万円、太田尾漁港分780万円、いずれも10分の1補助であります。松合漁港漁場集落環境事業補助金1億930万円は、台風災害復旧事業に対する国2分の1、県6分の1の補助であります。地域水産物供給基盤整備事業費補助金は松合漁港で実施しているもので、事業費3,000万円に対して15%の県補助金450万円であります。

 19ページの目2農林水産業費委託金は、平成19年から開始予定の資源保全施設の導入に向けて制度を検討するための実態調査委託金200万円でございます。

 20ページをお願いいたします。20諸収入、事業収入、1花の学校事業収入397万5千円は、花販売375万円、売店、これは喫茶店17万5千円等の事業収入でございます。

 次に、歳出をご説明申し上げます。67ページをお願いいたします。

 67ページの目2、農業経営基盤強化促進対策事業費についてでございますが、これは効率的かつ安定的農業経営を育成し、農業者の経営管理の合理化等を行うための対策費でございますが、今回は事務的経費を計上いたしております。

 4番の農業総務費。68ページをお願いいたします。目5農業振興費、6番の水田農業構造改革対策費につきましては、ほとんどが事務的経費で計上をいたしております。

 7番の農業生産総合対策事業費については、旅費のみを計上いたしております。

 目8農業構造改善事業の補助金につきましては、不知火町が実施いたしました圃場整備地区内舗装の事業償還金127万3千円でございます。

 9農業振興施設管理運営費につきましては、小川の農産加工施設等の運営費でございます。

 70ページをお願いいたします。10番の中山間地域等直接払制度事業費につきましては、事務的経費を計上いたしております。

 11番の畜産業費につきましても、旅費、需用費、負担金等を計上いたしております。

 12農地総務費について説明いたします。この中での13番委託料につきましては、歳入で説明いたしました農業農村構造調査費200万円でありますが、6月までに報告しなければならず、今回計上をお願いしたものでございます。これは圃場整備済地区が対象でございまして、県下8ヵ所、宇城市では圃場整備済地区であります郡浦地区が予定されております。19番負担金補助及び交付金の土地改良区運営費補助金につきましては、主に人件費補助であり、3ヵ月分298万9千円を計上いたしております。72ページをお願いいたします。28繰出金は、三角、豊野、不知火の農業集落排水事業特別会計への繰出金802万5千円でございます。

 目13農業施設維持管理費でございますが、13番委託料の農免農道維持管理委託料252万6千円については、供用されているものの県から移譲されていない区間の農免農道維持管理委託料でございます。19の負担金補助及び交付金のうち、農業基盤整備補助、敷き砂利60万円と機械借上料250万円は、雨季時期前の用水路の浚渫、砂利散布等の補助でございます。排水機場管理補助金2,066万円につきましては宇城管内16排水機場の管理費で、梅雨時期に増水等が集中するため経費も必要となり、7割を計上いたしております。

 次の排特事業償還金については、三角、小川、松橋、不知火、計8ヵ所の排水機場事業償還金ですが、5月末償還金分があり計上いたしているものでございます。

 次の73ページをお願いいたします。目15農道整備事業費、19負担金補助及び交付金の補助金1,586万8千円につきましては、不知火町の農道補助事業融資負担金2本分でございます。及び松橋町舗装管理補助でございます。

 目16農地用排水整備事業費の補助金820万8千円は、説明書きのとおり氷川かん排事業償還金補助でございます。

 目17ほ場整備事業費は19に補助金として、ほ場整備事業償還金補助4ヵ所分2,986万8千円を計上いたしております。いずれも早い時期での償還期限のための措置でございます。

 目18湛水防除事業費、13委託料128万円は、松橋小川第3排水機場の設計委託料でございます。節19負担金は、排水機場の適正化事業の拠出金1,516万7千円でございます。

 73ページから74ページをお願いいたします。19の農村総合整備事業費については小川町が実施しておる事業でございまして、13の、次のページ、13の委託料は宇土割集落整備工事、新田農用地改良保全工事、底張工でございますが、その設計委託料でございます。15の工事請負費につきましては、ゼロ国債対応の栗木野集落整備事業134万円、江頭集落道236mの工事費でございます。

 目の20地籍調査費は、現在三角町で実施しておる地籍調査の経費であり、現在76%の進捗率でございます。

 75ページをお願いいたします。1の林業総務費、水産業費の水産業総務費は、協会、協議会等の負担金及び事務的経費を計上しております。

 76ページから77ページにかけてお願いいたします。目3漁港海岸保全費でございますが、平成10年からの継続事業でございます松合漁港海岸保全工事の堤体工、長さ140m、基礎工、長さ39.9m、太田尾漁港海岸保全施設整備事業110mの工事に係る工事請負費、これは護岸工でございます。公有財産購入、家屋補償等に要する経費であり、9月までに完了するための事業経費を計上いたしております。

 4の漁港管理費でございますが、委託料といたしまして、13の委託料といたしまして、松合救の浦の水門管理業務委託料ほかを計上いたしております。

 78ページをお願いいたします。漁港環境整備費につきましては、平成11年9月24日に通過した台風18号により、12名の尊い生命が奪われた松合地区の復興事業でございます。今回の計上は、地盤嵩上げ、道路250mの工事請負費5,000万円、家屋の補償等1億円等を計上いたしております。

 目7地域水産物供給基盤整備事業費につきましては、昭和63年から計画的に実施しておりましたが、平成11年の台風被害で中断し、平成13年から再計画したものでございます。本年は上部工長さ100mの工事請負費810万円、地盤調査、水深調査及び測量基本設計委託料等2,195万円でありますが、国2分の1、県100分の15の補助事業でございます。

 次に、商工費、商工総務費、次のページの消費者行政推進費は、事務的経費の計上でございます。

 次に、商工振興費の負担金補助及び交付金の補助金でございますが、商工会補助金については旧5町商工会の人件費が主なものでございまして、1,834万円を計上いたしているところでございます。

 目4の観光費につきましては、13委託料に各観光施設の業務委託料383万5千円、82ページの各施設の使用料に270万8千円、19の補助金として4月9日から11日に開催予定のフラワーフェスタ補助金の150万円を計上いたしております。この観光費の中には、花の学校の報酬212万9千円、賃金89万4千円、原材料費275万円、光熱水費155万4千円、賄材料費5千円等の経費、花の学校の経費746万円が含まれております。

 目5、82ページでございますが、公園費につきましては各公園の管理委託料586万1千円、使用料及び賃借料として58万8千円を計上いたしておるところでございます。

 次に、128ページをお願いいたします。款10災害復旧費でございますが、1番の農業用施設災害復旧費に、14賃借料に雨季時の、これは梅雨時期の災害応急対策として50万円を賃借料として計上をいたしております。

 以上で、経済部所管の詳細説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(楠田浩君) 経済部の詳細説明が終わりました。

 これで、議案第20号、平成17年度宇城市一般会計暫定予算の詳細説明が終わりました。

 ここで、13時30分まで休憩いたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               休憩 午後0時12分

               再開 午後1時30分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(楠田浩君) 会議を再開します。

 議案第21号、平成17年度宇城市国民健康保険特別会計暫定予算の詳細説明を求めます。

 市民部長、沖村清君。



◎市民部長(沖村清君) それでは、議案第21号の詳細説明を行います。

 平成17年度宇城市国民健康保険特別会計暫定予算の説明をいたします。暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ20億4,965万1千円という形で暫定予算を組んでみました。

 まず、歳入の説明をいたします。102ページをご覧ください。

 1款国民健康保険税でございます。1億9,211万円としております。内訳としまして、現年度医療分を1億7,500万円、現年介護分を1,170万円、残り541万円を滞納分としております。納期は6月から翌年3月までの10期でございますので、今回は1期分相当額を計上しております。

 続きまして、5款国庫支出金でございます。15億5,000万3千円としております。これは、国庫負担金として6億3千円で、一般の被保険者の医療費の約36%交付という形で予算計上しております。国庫補助金として9億5,000万円計上していますが、繰入金についてはほとんどが後で交付されるため、この項目で調整を行っております。

 6款でございます。療養給付費等交付金でございます。3億1千円として計上しております。これは退職等の医療費の不足分に対して交付されるものでございます。

 続きまして、14款でございます。諸収入でございます。751万3千円としております。主なものとしまして、一般被保険者第三者納付金と高額療養費の貸付事業と出産育児一時金の貸付事業の収入ということで計上させていただいております。

 簡単ですが、歳入の説明はこのくらいにいたしまして、続きまして歳出の説明をいたします。104ページをご覧いただきたいと思います。

 1款総務費でございます。これは1,321万2千円としております。国保連合会負担金や連合会における共同電算システム使用料や手数料が主なものでございます。

 2款保険給付費でございます。11億3,078万2千円としております。主に医療費に係る保険者負担分でございます。

 3款老人保健拠出金は6億1,400万円としております。国保における老人医療負担分でございます。

 4款介護納付金は1億3,200万円としております。

 5款共同事業拠出金は3,001万1千円としております。これは高額医療費共同事業医療費拠出金負担金が主なものでございます。

 6款保健事業費は6,092万2千円としております。主なものとしまして、人間ドックの補助というような形で計上させていただいております。

 7款基金積立金、利子分の積立て、これは1千円。

 また8款公債費も同じく1千円としております。

 9款諸支出金は671万3千円としております。これは税の還付分の21万2千円と、また貸付金としまして高額療養費貸付金500万円、出産育児一時金貸付金で150万円、合わせまして650万円計上させていただいております。

 最後に、10款予備費でございます。これは保険給付費の3%あたりが適当だろうというような形で3%というようなところで6,200万9千円を計上させていただいております。

 なお、一時借入金の最高額といたしまして、この会計の最高額といたしまして12億円というような形で定めております。

 以上、簡単でございますけど、平成17年度の暫定予算の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどをお願いいたします。



○議長(楠田浩君) これで、議案第21号、平成17年度宇城市国民健康保険特別会計暫定予算の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第22号、平成17年度宇城市老人保健特別会計暫定予算の詳細説明を求めます。

 市民部長、沖村清君。



◎市民部長(沖村清君) 続きまして、議案第22号、平成17年度宇城市老人保健特別会計暫定予算につきまして、詳細説明をいたします。

 まず、202ページをご覧いただきたいと思います。暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ14億4,841万2千円といたしております。他の会計同様4月から6月までの歳入歳出を見込んでおりますが、医療給付費等は平成17年度に支払義務が発生します3月給付分が5月支払からですので2ヵ月分を見込む形となります。少し特殊な形になってまいります。

 まず、歳入でございます。202ページでございます。

 1款支払基金交付金は8億5,586万2千円としております。これは、医療給付費と医療費支給費の合計14億4,741万円に対する医療費交付金8億5,078万2千円と審査支払手数料交付金508万円の合計でございます。医療費交付金は平成14年10月1日施行の改正でございます健康保険法の改正により、負担割合が5年間で引き下げられるということになっております。平成17年度は9月分までが58%、10月分以降が54%の交付率になるということで、途中に変わってくるということになります。

 2款でございます。国庫支出金でございます。3億9,435万6千円としております。これも1款同様でございまして、医療給付費と医療費支給費の合計14億4,741万円に対する国庫負担金でございます。

 3款県支出金でございます。9,859万7千円としております。

 4款繰入金は9,959万1千円としております。これは3款県支出金と同率負担割合でございます。

 5款繰越金、6款諸収入は、存目予算を計上しております。

 続きまして、歳出の説明をいたします。203ページをご覧ください。

 1款医療諸費は14億4,741万円としております。これは医療給付費14億2,022万9千円と医療費支給費2,210万1千円、審査支払手数料508万円の合計額でございます。医療給付費対象者は1万600人程度と見込んでおります。

 2款諸支出金は、存目予算であります。

 3款予備費でございます。給付費の不測の事態に備えまして、予備費として100万円を計上させていただいております。

 以上で、平成17年度の暫定予算の詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどをお願いいたします。



○議長(楠田浩君) これで、議案第22号、平成17年度宇城市老人保健特別会計暫定予算の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第23号、平成17年度宇城市介護保険特別会計暫定予算の詳細説明を求めます。

 福祉部長、米村諭君。



◎福祉部長(米村諭君) それでは、平成17年度宇城市介護保険特別会計暫定予算の詳細説明を申し上げます。

 暫定予算のため、通年予算の4分の1、いわゆる4月から6月分の3ヵ月を計上いたしております。

 歳入歳出の主なものについてご説明申し上げます。302ページをお開き願いたいと思います。

 第1表歳入歳出予算表によりご説明申し上げます。歳入につきましては、介護給付費等の負担割合に基づき予算計上いたしております。それぞれの負担割合でございますが、国庫支出金は25%。その前に保険料でございます。款1の保険料は、第1号被保険者1万5,900人と見込み、負担割合18%。国庫支出金は25%、支払基金交付金は32%、県支出金並びに一般会計からの繰入金はそれぞれ12.5%となっております。

 以上の負担割合によりまして、平成17年度の介護給付費等の通年の見込額を46億600万円として、暫定予算としまして、款1の保険料から款9の繰越金まで表に記載してございますように、歳入総額として11億7,500万円とするものでございます。

 次に、歳出予算をご説明申し上げます316ページをお開き願いたいと思います。

 項3の介護認定審査会費、目1認定調査等費の節1報酬の395万4千円は、介護認定審査の非常勤報酬でございます。節12の役務費のうち手数料の477万6千円は、主治医の意見書作成料でございます。

 目2の認定審査会共同設置負担金532万3千円は、広域連合介護認定審査会への負担金第1四半期分でございます。

 318ページをお開きください。款2保険給付費、項1の保険給付費の総額といたしまして、11億5,145万2千円でございます。直近のサービス受給者2,427名の給付実績等から、本年度4月から3ヵ月分の給付費を推計し計上いたしました。主なものは、介護サービス等給付費で10億9,438万3千円、以下記載のとおりでございます。

 以上によりまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億7,500万円とするものでございます。

 以上、介護保険の詳細説明をいたしました。よろしくお願いします。



○議長(楠田浩君) これで、議案第23号、平成17年度宇城市介護保険特別会計暫定予算の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第24号、平成17年度宇城市奨学金特別会計暫定予算の詳細説明を求めます。

 教育部長、丸目季廣君。



◎教育部長(丸目季廣君) 平成17年度宇城市奨学金特別会計暫定予算について、詳細説明を申し上げます。

 別冊の401ページをお開きいただきまして、その後402ページの第1表歳入歳出予算でご説明いたします。

 歳入の款1財産収入、項1財産運用収入3万7千円は、基金の利子でございます。

 款2繰入金351万円は、一般会計からの繰入金でございます。

 次に、歳出予算をご説明いたします。410ページをお開きくださいませ。

 款1育英事業費、項1育英事業費の節21貸付金351万円は、合併協議会におきまして基金の持寄り額が決定され、これに基づいて条例制定されました高校、短大、大学への月額2万円、2万5,000円、3万円を貸し付けるもので、宇城市の17年度貸付予定者40人分の315万円及び旧小川町分の15、16年度貸付開始の8人分36万円でございます。

 以上によりまして、平成17年度宇城市奨学金特別会計暫定予算を歳入歳出それぞれ354万8千円とするものでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(楠田浩君) これで、議案第24号、平成17年度宇城市奨学金特別会計暫定予算の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第25号、平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計暫定予算の詳細説明を求めます。

 土木部長、土村千佳雄君。



◎土木部長(土村千佳雄君) それでは、議案第25号、平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計暫定予算につきまして詳細説明を申し上げます。501ページをお開き願いたいと思います。

 宇城市簡易水道事業特別会計暫定予算につきましては、歳入歳出それぞれ3,892万円といたしております。歳入からご説明いたします。507ページをお開きください。

 507ページ、款の1分担金及び負担金、項の1負担金、目の1水道加入者負担金90万9千円を計上いたしております。3ヵ月間におきまして加入見込み数の負担金の計上でございます。

 508ページをお願いいたします。款の2使用料及び手数料、項の1使用料、目の1水道使用料2,600万6千円でございまして、4月から6月までの3町6地区分、3ヵ月分の水道料金を計上いたしております。

 512ページをお開きください。512ページ、款5の繰入金であります。一般会計から赤字補てん分といたしまして1,189万8千円を予定しております。

 以上が歳入の主なものであります。

 続きまして、歳出についてご説明いたします。517ページをお開きください。

 517ページ、款の1総務費、項の1総務管理費、目の1一般管理費3,832万5千円でありまして、職員8人分の給与費及び施設の維持管理費等の3ヵ月分を計上いたしております。同じく518ページをお開き願いたいと思います。節の13委託料で370万8千円を計上いたしております。主に水道浄水施設等の管理委託126万7千円、水道メーター検針委託料等で178万円であります。

 521ページをお開きください。款の2建設改良費、目の1事業費、15工事請負費で34万3千円でございます。不知火町給水受託工事1件、松橋町給水工事1件を計上いたしております。

 524ページをお開きください。款の6予備費といたしまして25万円を計上いたしております。

 以上が歳出の主なものであります。

 以上で詳細説明を終わります。よろしくご審議のほどをお願いいたします。



○議長(楠田浩君) これで、議案第25号、平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計暫定予算の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第26号、平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計暫定予算の詳細説明を求めます。

 土木部長、土村千佳雄君。



◎土木部長(土村千佳雄君) それでは、議案第26号、平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計暫定予算につきまして、詳細説明をいたします。

 17年度宇城市農業集落排水事業特別会計暫定予算につきましては、歳入歳出それぞれ1,988万2千円といたしております。

 歳出の主なものからご説明いたします。614ページをお開きください。

 614ページ、款の1総務費、目の1一般管理費390万7千円といたしております。人件費2人分が主なものでございます。

 615ページの款の1総務費、目の1浦地区管理費173万7千円といたしております。これは旧三角町農業集落排水事業の処理施設管理費で、節の13委託料の浄化槽保守点検業務委託料3ヵ月分が主な内容となっております。

 目の2大見地区管理費で183万5千円といたしております。これは旧不知火町の農業集落排水事業の処理施設管理費で616ページ、節の13委託料の浄化槽保守点検業務委託料3ヵ月分が主な内容となっております。

 616ページから618ページをお開きください。款の1総務費、目の3安見地区管理費196万9千円、目の4豊野西部地区管理費466万8千円、目の5豊野東部地区管理費417万6千円といたしております。これら3地区は旧豊野町における農業集落排水事業の処理施設管理費で、節の12役務費の手数料は汚泥処分手数料3ヵ月分でございます。節の13委託料の汚水処理施設保守点検業務委託料3ヵ月分がそれぞれ主な内容となっております。

 619ページをお願いいたします。目の1から目の5のそれぞれの工事請負費につきましては、新規加入に伴います公共枡の設置工事費でございます。見込み分を計上いたしております。

 次に、歳入の主なものについて説明いたします。606ページに返っていただきたいと思います。

 款の1分担金及び負担金、目の1農業集落排水事業費分担金1万円といたしております。607ページの目の1農業集落排水使用料1,183万8千円といたしております。これは前年度実績の3ヵ月分相当を見込み計上いたしております。

 609ページの目の1一般会計繰入金802万5千円といたしております。これにより、それぞれの事業の歳出に対する歳入を調整しております。

 以上で平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計暫定予算につきましての詳細説明を終わります。ご審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(楠田浩君) これで、議案第26号、平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計暫定予算の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第27号、平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計暫定予算の詳細説明を求めます。

 土木部長、土村千佳雄君。



◎土木部長(土村千佳雄君) それでは、議案第27号、平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計暫定予算について詳細説明をいたします。

 宇城市公共下水道事業特別会計暫定予算につきましては、歳入歳出それぞれ1億5,979万9千円といたしております。

 それでは、歳出の主なものから説明いたします。716ページをお開きください。

 款の1総務費、目の1一般管理費2,154万9千円といたしております。これは3ヵ月分の人件費8人分が主なものとなっております。717ページ、節の19負担金補助及び交付金の補助金で、水洗便所改造工事費等助成金としまして20件分、106万5千円を見込んでおります。水洗化の普及促進を図るものでございます。

 目の2賦課徴収費1,168万3千円といたしております。節の8報償費962万2千円は、受益者負担金一括納入に伴う報償金でございます。718ページをお開き願いたいと思います。節の12役務費191万6千円の通信運搬費は、負担金使用料等納付書発送に伴うものでございます。

 719ページの目の1松橋不知火公共下水道91万7千円といたしております。これはマンホール周り及び下水道管等の維持管理費でございます。3ヵ月分の見込みを計上いたしております。

 同じく、目の2小川公共下水道1,409万3千円といたしております。節の19負担金補助及び交付金で、四半期ごとの支払いをしている八代北部流域下水道維持管理費負担金の第1期分が主なものとなっております。

 720ページをお願いいたします。目の1松橋不知火公共下水道3,380万5千円を計上いたしております。これは節の13委託料が主なものとなっております。

 721ページの建設業務委託料2,119万9千円の内訳といたしまして、処分場及びポンプ場維持管理委託料、汚泥処分業務委託料、汚泥運搬業務委託料などとなっております。

 722ページをお開きください。款の2公共下水道事業費、目の1松橋不知火公共下水道1,000万3千円といたしております。これは節の15工事請負費789万6千円で、新規加入者に伴う公共枡設置工事が主なものとなっております。

 723ページの目の2小川公共下水道4,857万6千円といたしております。これは3ヵ月分の人件費4人分と724ページの節の13委託料が主なものとなっております。

 測量設計業務委託料3,400万円、これにつきましては、熊本県における八代北部流域関連下水道事業の変更認可に伴い、小川町公共下水道も49haの拡大を並行して行うために必要が生じたものでございます。また、節の15工事請負費500万円は、新規加入に伴う公共枡設置工事費となっております。

 726ページをお開きください。目の1松橋不知火特定環境保全公共下水道1,501万2千円といたしております。これは3ヵ月分の人件費4人分でございます。727ページ、節の15工事請負費460万円は、新規加入に伴う公共枡設置工事が主なものとなっております。

 728ページの款の3公債費、公債費利子50万円は、松橋不知火公共下水道事業運営に伴う一時借入金の利子でございます。729ページの款の5予備費、予備費350万円につきましては、事業運営上、不測の事態に対応するためのものでございます。

 次に、歳入の主なものについてご説明いたします。706ページに返っていただきたいと思います。

 款の1分担金及び負担金、目の1公共下水道受益者負担金4,555万5千円といたしております。年4期払いのうちの第1期分を予定しております。

 707ページの款の2使用料及び手数料、目の1公共下水道使用料5,514万2千円といたしております。前年度実績の3ヵ月分相当額を予定しております。

 711ページをお開きください。款の4繰入金、目の1一般会計繰入金5,905万8千円といたしております。事業、それぞれの歳出に伴う歳入の差額を調整しております。

 以上で、平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計暫定予算につきまして詳細説明を終わります。ご審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(楠田浩君) これで、議案第27号、平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計暫定予算の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第28号、平成17年度宇城市水道事業会計暫定予算の詳細説明を求めます。

 土木部長、土村千佳雄君。



◎土木部長(土村千佳雄君) それでは、議案第28号、平成17年度宇城市水道事業会計暫定予算について詳細説明を申し上げます。予算書の801ページをお開きいただきたいと思います。

 総則第1条、平成17年度宇城市水道事業会計暫定予算は次に定めるところによるということで規定しております。まず、業務の予定量でございますが、第2条で業務の予定量は次のとおりといたしております。1、給水戸数11,494戸。2、年間給水量82万5,000トン。3、1日平均給水量9,063トン。4、主要な建設改良事業、松橋町におきます浦川内送水監視システムの設置工事を計画しております。

 収益的収入及び支出でございますが、第3条収益的収入及び支出の予定額につきましては、次のとおりといたしております。内容につきましては、別に予算の明細書で説明いたしたいと思います。809ページをお開き願いたいと思います。

 まず、収入についてでございます。款の1水道事業収益1億7,834万2千円、これは項の1営業収益、1億7,395万7千円のうち、目の1給水収益が主なものでございまして、3町の3ヵ月分、合計1億6,631万1千円でございます。

 目の2受託工事収益682万5千円を計上いたしております。これにつきましては、松橋町において新規加入者50件分、1件当たり13万6千円を見込んでいるところでございます。

 次に、810ページをお願いいたします。項の2営業外収益438万2千円、これにつきましてはほとんどが目の3加入金の433万円であります。

 続きまして、支出についてご説明いたします。814ページをお開きください。

 款の1水道事業費用1億6,966万円、これは項の1営業費用1億6,462万1千円で、目の1原水及び浄水費が1億190万3千円であります。818ページの節の22、上天草・宇城水道企業団からの受水費8,736万円が主なものでありまして、原水の取水及び浄水に係る経費等であります。

 目の2配水及び給水費859万7千円は、水道水の配水及び給水に係る経費等であります。主に820ページの節の12委託料144万1千円、節の15修繕費441万4千円などでありまして、給水施設の管理、管渠の維持修繕等であります。

 822ページをお開きください。目の3受託工事費、節17工事費682万5千円を計上いたしております。松橋町における新規加入見込み分50件の13万5千円、1件当たり。宅内送水管布設工事費等でございます。

 823ページから830ページをご覧ください。目の4総係費4692万1千円、これは事業全般に関する費用でありまして、14人分の職員の給与費及び事務経費並びに検針員の委託料等であります。

 このほか、832ページをお開き願いたいと思います。832ページに項の3特別損失3万9千円、項の4予備費といたしまして500万円を計上いたしております。

 それでは、801ページに戻っていただきたいと思います。

 以上が収益的収入及び支出の款項の詳細説明であります。

 続きまして、802ページをお開き願いたいと思います。資本的収入及び支出、第4条でございますが、資本的収入及び支出の予定額は次のとおりといたしております。まず、収入においてでありますが、当該暫定予算におきましては、収入を現在では見込んでおりません。17年度当初予算が成立するまでの間、不足する額5,350万2千円につきましては、過年度分損益勘定留保資金で補てんするものといたしております。

 続きまして、支出についてご説明いたします。836ページをお開きください。

 款の1資本的支出、項の1建設改良費5,350万2千円のうち、目の1固定資産購入費250万2千円は、量水器等の購入、工具備品等の購入費を計上いたしております。

 目の2施設改良費3,500万円であります。内容といたしましては、節の2工事請負費でありますが、旧松橋町の内田浄水場から浦川内配水池までと、内田浄水場から松橋市民センター水道課までの監視盤の設置と送水監視システムの整備費を計上いたしております。

 838ページをお開きください。目の3施設拡張費1,600万円につきましては、小川町第4配水池の貯水槽設置に係る委託料、用地買収費、樹木補償費等であります。

 802ページに戻っていただきます。以上が資本的収入及び支出の款項の詳細であります。

 次の803ページをご覧ください。一時借入金、第5条一時借入金の限度額は2億円といたしております。その他、6条から8条まで予定支出の各項の経費の流用、議会の議決を経なければ流用することができない経費、たな卸資産の購入限度額について定めているものでございます。

 以上で、平成17年度宇城市水道事業会計暫定予算について詳細説明を終わります。ご審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(楠田浩君) これで、議案第28号、平成17年度宇城市水道事業会計暫定予算の詳細説明が終わりました。

 最後に、議案第29号、平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計暫定予算の詳細説明を求めます。

 市民病院事務長、千葉?孝穂君。



◎市民病院事務長(千葉?孝穗君) 議案第29号、平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計暫定予算の詳細説明を申し上げます 。

 まず、901ページをお願いします。業務予定量といたしまして、平成16年度の予算編成と同人数の1日当たりの入院患者数30人、外来患者数106人と定め予算編成しています。

 まず、収益的収入のしたものについて説明いたします。907ページをお願いします。

 款1病院事業収益、項1医業収益、目1の入院収益6,415万6千円の内訳は、1日当たりの入院患者数30人掛けるの91日掛けるの2万3,500円。

 目2、外来収益4,235万8千円の内訳は、1日当たりの外来患者数106人、平日74日掛けるの5,400円であります。

 908ページをお願いします。また、項2医業外収益の目2他会計補助金2,250万円についてですが、一般会計からの繰入金、年間予定額4,500万円の半額を計上しています。特別利益2,000円を合計いたしますと、病院事業収益は1億3,335万7千円となります。

 910ページをお願いします。項1医業費用の目1給与費についてですが、医師3名、看護師17名、医療技術員4名、事務員4名、労務員4名の計32名分で算定しています。平成16年度より看護師の1名減ということであります。その他、材料費、経費、減価償却費等で、医業費用1億3,334万8千円となります。医業外費用、特別損失、予備費を加えますと、病院事業費用は病院事業収益と同額の1億3,335万7千円となります。

 919ページから資本的収入及び支出につきましては、暫定予算のため存目のみを計上しております。 

 以上、病院の詳細説明を終了いたします。よろしくご審議をお願いします。



○議長(楠田浩君) これで、議案第29号、平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計暫定予算の詳細説明が終わりました。

 以上で、議案第20号から議案第29号までの詳細説明がすべて終わりました。

 ここで、14時30分まで休憩します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               休憩 午後2時15分

               再開 午後2時30分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(楠田浩君) 会議を再開いたします。

 これから、議案第20号から議案第29号までの総括質疑を行います。通告があっておりますので、発言を許します。

 議案第20号、平成17年度宇城市一般会計暫定予算について、通告があっております。

 40番、緒方幸一議員。



◆40番(緒方幸一君) 20号についてお尋ねいたします。

 4ページ。それと関連がございますので、56ページ、57ページ。款の3民生費、項の生活保護費についてお尋ねしますけれども、通告書に書いてありましたとおり各町の生活保護受給者、先ほどお答えでいただきましたけれども、はっきり聞き取れませんでしたけれども、191世帯と259人というふうにお聞きしましたけど、間違いございませんか。詳細にわたってご説明をお願いしたいと思います。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) ただいま緒方議員の質問にお答えいたしたいと思います。

 生活保護の世帯数でございますが、191世帯です。それから被保護者数が259人ということで、これにつきましては3月1日現在の数字でございます。詳細といいますと、各町のでございますでしょうか。

 それでは申し上げます。まず、世帯数でございます。三角38世帯、不知火34、松橋80、小川24、豊野15、以上の世帯数でございます。

 それから、被保護者数でございますが、三角60人、不知火43人、松橋108名、小川31名、豊野17名となっております。



○議長(楠田浩君) 40番。



◆40番(緒方幸一君) そこでお尋ねしますけども、厚生労働省の調査によりますと、一昨年は134万人、世帯数にして94万1000世帯という報告がなされております。恐らく100万世帯、それと150万人に生活保護受給者が増えているんじゃないだろうかというふうに想定つきます。そういう中で、市長就任のご挨拶に市民の暮らしを守るため、あるいは市民の声を聞いていろんな施策を講じたいということを言われました。そして、五つの公約の中に生活者の視点に立って安定した暮らしを実現したいというふうに言われましたけれども、これだけ未曾有の危機に達している今の社会情勢の中で、ぜひ市長の新たな施策、あるいはこれらに対する施策をお聞きして、ぜひ委員会等でも反映させていきたいと私も思っております。ぜひそういうお考えを聞かせていただきたい。それを聞きまして、私のこれに対する質問は終わります。



○議長(楠田浩君) 市長。



◎市長(阿曽田清君) ただいま生活保護世帯につきましてのご質問、数字のご質問があったわけでありますが、生活保護世帯のみならず、現実は非常に失業者が多いという状況であります。ご承知のとおり、経済がこういう状態でもございますし、かつまた企業サイドからすれば人員の合理化、人件費を下げるということでの採用減というようなものもまだ続いておるわけでございます。そういう中で、フリーターの方々、あるいはそういう削減、合理化によって失業した方々、そういう方々が、いわゆる失業率にも表れないほど、裏にはもっと大きい数がいらっしゃるんじゃなかろうかなというふうに思います。そういうことからして、やはり雇用対策というのは行政も積極的にやらなきゃならない大きな課題であろうというふうに思っております。したがいまして、雇用対策をどうやって進めていくかということについては、市だけではなくてハローワークあたりとの連携を取りながら、かつ現在この宇城地区にある地場産業、あるいは既に企業誘致として成功している会社の関係者の方々、そういう方々との連携を保ちながら、市としてどんな支援をすれば雇用拡大が図れるのかというようなことを直接そういう企業主側とですね、懇談の場もつくりながら、場合によっては仕事の受注、あるいはその製品の販売等についてのトップセールスあたりもやらなきゃならないのかなと、事と次第では。そういう思いもいたしておるところでございまして、何と言いましても雇用対策をどうやって図っていったらいいかということを、基本的にこの宇城地区で何がやれるかというようなことから、まず一つ一つですね、関係者と詰めていきたいというふうに考えております。引続き、新たな企業誘致というのも容易ではない状況でありますが、いわばベンチャー企業、あるいはアグリビジネスというような世界にもひとつ雇用の場がありますので、そういうところも模索してまいりたいというふうに思っております。



○議長(楠田浩君) 40番。



◆40番(緒方幸一君) もう1点について質問書を出しておりますので、そのことについてもお聞きしたいと思います。

 ページ13、歳入の方で、目の4農林水産業使用料、節の1農林水産施設使用料のことについてお尋ねします。それと関連いたしまして、歳出の方でページ69、目の農業振興施設管理運営費というところで説明したと思いますけれども、私のところに2日目の当日だったと思いますけれども、ここから弁当の注文が来て私のところに届きました。もともとこの文殊のちえというのは、地元農産物に対して付加価値を付けて販売するというのが最初の目的であったろうと思います。しかし、今、弁当を中心とした運営がなされているやにお聞きしますけども、これについて詳細にわたってご説明をお願いしたいと思います。その説明に対して、もう一度質問させていただきたいと思います。



○議長(楠田浩君) 経済部長。



◎経済部長(鉄石憲一君) それではお答えをいたします。

 ただいまご質問の件につきましては、この使用料につきましては文殊のちえの3ヵ月分の農産加工施設に対しての使用料でございます。それから、この歳出につきましての農業振興施設管理運営費につきましても、農産加工所及び戸馳の就業改善センターの運営についての運営費でございます。ただいまご質問がありました農産加工処理センターでございますけども、これにつきましては小川町に以前そういうような農産加工のグループがございまして、その中からぜひそういう加工センターをつくっていただきたいと、地域の活性化のためにつくっていただきたいというような要望がございました。その中で、平成8年に農業経営基盤強化支援対策事業、農産加工施設ということでの事業を小川町が興しまして、2分の1の補助、2分の1が小川町の支出ということでつくっております。もちろん、先ほど言いましたように、これにつきましては地域特産物の振興を図る、付加価値の高い食品加工の開発ということで、この管理委託につきましては文殊のちえの方に管理を委託されておるわけでございます。当初、18名程度で出発いたしました農産加工のグループでございますが、現在では12名程度の人数で活動を行っているわけでございますけれども、今ご質問にありましたように、弁当、それに饅頭、それに漬け物が大体平均化した農産加工物でございまして、弁当販売、それにそういう漬け物等をそれぞれのイベント等での販売をいたしておるというような状況でございます。そういう状況の中で、地域活性化のために、それと農村女性の働く場の確保という意味から、そういうのについては町も農協も支援をしてきたわけでございます。その中で、備品購入費というのがございますけども、備品をそれを建設した当時に備品を設置をいたしております。その後、二つの備品についての配備をいたしておりますが、そういう農産加工施設の中での備品の配備というのも、ぜひこれは必要なことでございますし、いつどんなグループがそこに申し込んで使用したいと。そうすると、一般住民が使用したいということがあったときに、これはいつでも対応できるというような体制づくりも必要でなかろうかと思っております。そういうふうな経過の中で現在まで来ているというような状況でございます。



○議長(楠田浩君) 40番。



◆40番(緒方幸一君) 意見を述べさせていただいて、あとは委員会の方にお願いしたいと思いますけども、当初平成9年3,600万円で施設を開設なさいました。国庫補助金1,800万円、町自己負担が1,800万円となっております。そういう中で、付加価値を付けると、私も大きな期待を抱いておったわけでございますけども、しかし残念ながら採算が合わないということで、弁当、鉢盛り等に販売を強化いたしました。そういう中で、小川町には飲食店組合、今現在は弁当組合がございますけども、両方とも文殊のちえ、入っておりません。そういう中で、行政がある特定グループと一緒になってその収益金はその特定グループが山分けをするという状況に今入っています。というのは、当初資料を集めておりますけれども、鉢盛りというのは保健所法で禁止になりました。しかし、弁当は相変わらず今でもつくっているという状況です。私は、本来あるべきであろう農産物に対する付加価値を付けるというのは賛成します。しかし、飲食店組合、民を圧迫するようなやり方というのは、到底納得できるはずがありません。それに、生産開発費年間100万円ほど3年間付いただろうと思っています。県の方にこれは確認しております。そういう中で、飲食店組合との協定書を結びました。この中に書いてありますけども、町の活性化を図る地元の原料を中心に使い、競合する部分については自粛をする。要するに弁当は自粛の方向に持っていくという協定書を私と代表は交わしました、これは平成10年です。しかし、今の売り上げはそれ以上に上がっております。ですから、飲食店組合等も含めて、何とか補助金の削減、やらないでいただきたいと。といいますのは、備品購入に対しては相当町の方からも出しております。そして、問題なのは私は電気代、あるいはガス代等も町の予算に組み込まれています。こういうやり方というのは、私たち商売人が施設をつくった場合、銀行から借入れし、それを払っていかなければなりません。しかし余りにも施設の提供、あるいは備品の購入、あるいは光熱費等の提供、私はこれは商売人のやり方だというふうには思っていません。いかにも女性の雇用を重視するかにしても、しかしこれは論点が違うだろうというふうに思っていますけれども、ぜひ委員会等でも、付託された委員会でこれをぜひご議論なさいまして、明解な意見書をお願いしたいというふうに思いますけども、これについて答えは要りませんので、ぜひ検討していただきたいというふうに思います。



○議長(楠田浩君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 次に、質疑のある方の発言を許します。

 2番。



◆2番(稲葉茂見君) 私は、この一般予算の中からいろいろ説明を受けましたけど、数点ちょっと疑問に思う、または確認の意味でちょっと質問させていただきます。

 まず、確認の方ですけど、32ページの防犯灯の負担金という部分がありますですね、177万6千円。防犯灯について、この市でする場合の範囲をちょっと確認の意味で聞きたいと思いますけど、担当の部長さん、お願いいたします。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) 33ページの負担金補助及び交付金のところの防犯灯設置補助だというふうに思います。これにつきましては、豊野、三角、不知火から上がってきている事業でありまして、地域での、各地域ですね、各区といいますか、そのあたりで防犯灯を設置する場合に2分の1、それの限度額内の2分の1の設置の補助をしておるというようなところであります。似たようなもので、通学路等の設置等も、これは教育委員会の部局で設置をしているというふうに思いますけども、各行政区あたりでの防犯灯の設置の要望が出てきた場合等に2分の1の補助をすると、このような事業の内容であります。



○議長(楠田浩君) 2番。



◆2番(稲葉茂見君) その部分は、33ページの防犯灯設置補助金の部分ですね。いや、先ほど説明の中において、それよか項目がちょっと上の32ページの下から2行目の光熱水費の部分の177万6千円のときにおいて、防犯灯の負担金という言葉をちょっと説明がありましたので、その部分についての質問です。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) 需用費の、この次の177万6千円のこれのということで、177万6千円については防犯灯の電気代ということでございます。これも豊野、三角、小川の方から上がってきている光熱水費ということでございます。



○議長(楠田浩君) 2番。



◆2番(稲葉茂見君) それでは、今まで豊野の中において、各地区において、やはり防犯の意味でいくつかそれぞれ自分たちで設置していました街灯についての補助金は、一応継続という格好で出るということですね。その部分だけをちょっと確認して、ご返答お願いします。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) この辺のまだ新市でどうするかということについての統一的なところは出ておりませんけども、そこまでの確認はまだやっておりませんけども、今回の光熱水費についてはそのようなところから電気代ということで予算計上、上がってきているところでございます。



○議長(楠田浩君) 2番。



◆2番(稲葉茂見君) 今の件は、よろしくお願いします。

 次のちょっと違う項目の中において、一般予算の64ページです。項の環境衛生費の中で、犬の避妊手術補助金という項目がありますですね、3万4千円。額は少ない額ですけど、私も昨年、一昨年の合併協議会、法定協議会で、あそこのホワイトパレスでありましたあれに傍聴に数回行きましたけど、その段階の中において、この犬の避妊手術の補助金というのは、認めてなかったような気がしてます。その保留という段階かな、新市において協議するという段階のような私はそういう受け止め方をしていました。だからその中で、何でいつこれがここに決まって出されているかということに対する疑問ですけど、その点についての答弁をお願いします。



○議長(楠田浩君) 市民部長。



◎市民部長(沖村清君) お答えいたします。

 確かに合併協議の段階ではまだ決定はしてなかったということを聞いております。ただここの項目の3万4千円でございます。まず、部内の方で協議しまして、狂犬病予防、この点につきましてはこれを即執行するというようなところまではまだ結論は至っておりません。実際上がっておりますけど、ここのところはまだ正式な決定といいますか、ここを支出するというようなところまでは、これから検討していきたいというようなところで計上させていただいておるところでございます。



○議長(楠田浩君) 2番。



◆2番(稲葉茂見君) それちょっとおかしいんじゃありませんかね。決定されて、初めてこういう予算書に出されるべきものなのに、勝手に、協議会の中で保留という段階になっているので、一応議会なら議会に正式に協議の中に出していただいて、それから初めて決定権が生まれるはずなのに、どうもここがちょっと逆のような感じしますけど、本来ならここは削除すべきではないかなという格好で、そして改めて提案すべき問題じゃないですかね。どうもちょっとそこが不思議で私はなりません。そこのところをお願いします。



○議長(楠田浩君) 市民部長。



◎市民部長(沖村清君) お答えいたします。

 この暫定予算が4月から6月までというような形で期間つきというような形でございまして、この3万4千円はまだ確定の段階、先ほど答弁申し上げましたけど、3万4千円につきましては確定はしておりませんけど、これは急々的な形というような捉え方で私たちは考えまして、この計上をさせていただいておるところでございます。これが即予定があって、この金額3万4千円を即3ヵ月で執行するというようなところまでは、まだ確定はしておりませんのでご了解をいただきたいと思います。



○議長(楠田浩君) 2番。



◆2番(稲葉茂見君) 今の点については、わかりました。ただ私がやっぱり一つおかしいというのは、あくまでも昨年、一昨年の中に協議をずっと皆さんが、この議員の中でも各旧町から代表としてから、それぞれの中で検討していただいたはずです。それを勝手にやっぱりただ上げるという部分に対して、私がどうも疑問に思っているということです。だからその面は、いろんな補助金がカットという部分が、一応凍結というかな、その部分が多々あったと思います。ただ私は議員としながら考えていました。それぞれの地区、また今から新市の中において、やはりすべてを凍結じゃなく、必要な部分はみんなの協議の中で進めていかなん。それが当然のことだし、私たち議員が持つべき今後新市の新しい姿を進めることの大体基本だと考えています。だから、いろんな執行部の人たちも、一応合併協議会に出た部分を真摯に受け止めながら、今の部長さんの答えじゃありませんけど、まずここはどうだろう、各委員会の中にもそれぞれ今から検討期間がありますので、正式に出していただいて、初めて上程すべきじゃないでしょうかということの私の意見です。今の問題は、一応これで終わります。

 それから、ページがちょっとさかのぼりますけど、12ページについてちょっとお願いします。民生費負担金の中で、児童福祉、節の中の児童福費祉負担金とありますね。公立保育園と私立保育園というものがありますけど、それと一緒に後の51ページで出ました認可外保育園という一つの言葉ありましたけど、公立保育園と私立保育園の数とその保育園の園児の数、それとともに認可外保育園というもののちょっと説明及びそこにどのくらいのそういう児童、幼児たちが携わっているかを、数だけをちょっと確認させていただきたいと思います。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) まず、12ページの公立保育園でございますが、7施設でございます。それから認可保育園ということでございますが、私の記憶では宇城市として10施設。私立保育園というのが、いわゆる認可の保育園ということになるかと思います。それから認可外保育園とは私もちょっと勉強といいますか、ちょっとあれですが、公立保育園で保育園を設置して、なおかつ児童、保育園入所者の待機とか、いろいろ含めまして、設置基準にみたった場合は認可を県とか下ろして、その公立保育園で賄いきれない待機者ですかね、それを入れるということになるかと思います。



○議長(楠田浩君) 2番。



◆2番(稲葉茂見君) 認可外というのは、今の公立、私立及びそれに定員問題でさしより収容というのはいかんばってん、そこに賄いきれない部分の一時預かりみたいな感じですか。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) すいません。認可が10施設が公立保育園に対応できない入所待機者といいますか、そのあたりは県の基準とか厚生省の基準に満たした施設であれば、認可が下りとる。その認可外というのは、いわゆる言葉どおりといいますか、認可をされない保育所が松橋の場合もございますけど、人数的にはですね、そうした、多くはございません。これにつきましては、これは認可外保育施設児童健康管理支援事業実施要項というのがございまして、そこで謳ってありますが、対象者としては入所児童が概ね6人以上で、事業所内保育施設、従業員のために設置された保育施設とかございますですね、病院とかなんかの看護師さんで乳児を預かるとか、そうしたこと。それから僻地、保育所を除いた認可施設ということでございます。ちょっとあれですけど、以上です。



○議長(楠田浩君) 2番。



◆2番(稲葉茂見君) いやあの私がちょっとわからないので聞きたかったのだけど、要するに大きい病院と、また会社等におけるそれぞれの保育施設という、そういう受け止め方でいいんでしょうかね。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) いいと思いますけど、あとでまた確認して稲葉議員の方にはお知らせしたいと思います。



○議長(楠田浩君) 2番。



◆2番(稲葉茂見君) 私はまず、その内容がわからなかったので、わからない点について、今、大小に問わず一応予算書が組んであるということだったので、確認しとかにゃいかんかなと思って今の項目は持ってきました。ただ、始めにちょっと戻りますけど、保育園の数が公立が7、私立が一応10というお返事いただきました。それぞれの中にいろんな補助金というか、負担金等がありましたけど、そういう負担金というのは比率的に言えば園児当たり1人ですか、それとも公立と私立の場合の負担金の割合というか、一応どのくらいの割合、負担金の割合はなっていますか。もしも1人とした場合。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) ここに上がっております保育所負担金というのがございますが、入所者、入所の幼児ですけど、これにつきましては生活保護世帯とか、低所得者とか、段階がそれぞれいくつかございます。それに応じたところの国・県補助でございますので、国・県補助が入ってくると。それと残りの残分を公立保育園の入園者、保護者から取るということで、段階がいくつかございますもんですから、一律にここでどの世帯がどのくらいかというのは、ちょっとわからないかと思います。



○議長(楠田浩君) 2番。



◆2番(稲葉茂見君) その面は、おいおいいいとしますけど、一応ここに出してある部分は部長さんは全部把握しているものという形で私たちは質問しますので、いろんな役職に変わられてまだ何ヵ月もないので全部把握するということは難しいと思いますけど、いろんな面を出した、ここに出した以上というとは答弁をスムーズにできるように、私の要望として一応質問を終わります。



○議長(楠田浩君) 先般からですね、答弁できないものを提出することはまかりならんというような意見も出ておりますので、答弁ができないものは提出しないと。提出した以上は責任を持って答弁するということで、ひとつ議長の方から忠告をしておきます。

 ほかにありませんか。

 11番。



◆11番(前川克己君) 私は、この前から聞いている水道事業についてちょっと質問したいと思います。この水道事業という収益は1億7,834万2千円となっておりますけれども、支出の方が1億6,966万円という形になっておるし、それと資本的支出が5,350万2千円となっておりますが、これはどういう形でこのようになっておりますか。土木部長、お願いします。



○議長(楠田浩君) 土木部長。



◎土木部長(土村千佳雄君) 特別会計予算書の801ページになります。平成17年度宇城市水道事業の会計、暫定予算でございます。収益的収入1億7,834万2千円、支出が1億6,966万円でございます。これにつきましては、いわゆる通常の一般会計におきましては歳入歳出それぞれ同額というような定めになっております。この事業会計につきましては、特に暫定予算というようなこともありますけれども、要するに収入、支出、不足する分につきましての充当、いわゆる平たく言いますと資金繰りといいますか、そういう面につきましては、いわゆる過年度の留保資金等を充当するというような形を取っているところでございます。特に802ページの資本的収入と支出につきまして、元来ですと通常の標準的な予算の提出からしますと、支出で建設改良費5,350万2千円、改良、いわゆる特定財源を見込める事業も予定しておりますので、ここで起債と、その資本的収入の中で企業債という収入の項目がございますが、ここにその起債というのが見込めるわけでございますが、6月の本予算のときではここで見込みたいと思っておりますが、詳細説明でも申し上げましたように、この欄では、いわゆる不足する額5,350万2千円につきましては、過年度分の損益勘定留保資金5,350万2千円で補てんするというふうにいたしておるところでございます。



○議長(楠田浩君) 11番。



◆11番(前川克己君) この予算でいった場合は、結果的には水道事業というのはやっぱり6月の決算で赤字になるんじゃなかですか。これをどうしてこの収益プラスマイナスゼロぐらいのあれで組めなかったんですか。これだけをお聞きします。



○議長(楠田浩君) 土木部長。



◎土木部長(土村千佳雄君) おっしゃられる意味は、十分わかります。通常、いわゆる企業会計予算以外の一般会計につきましては、先ほども申し上げましたように収入、支出、同じ財源といいますか、支出、収入見込んで立てるところでございます。企業会計につきましても、基本的にはそういう立て方が正当かと思いますが、先ほどから申し上げましたように3ヵ月間の暫定予算ということと、必ずしも最初から、要するに赤字決算といいますか、3ヵ月分の暫定の中で言いますと赤字決算を見て、本予算で修正し、さらに決算の予測をもって予算を調整するという手続きを年間通して、年間のスパンの中でそういった手続き、予算の措置を取ります。その中で、いわゆる不足する額につきましては一般会計からの補助金をお願いするというところでございますので、どうぞご理解をお願いしたいと思います。



○議長(楠田浩君) ほかに質疑ございませんか。

 8番。



◆8番(五嶋映司君) 8番の五嶋でございます。いくつかお尋ねをしたいと思います。

 まず、24ページ、款1議会費ですね、節の19、このところにですね、実は熊本県市議会議長会負担金と宇城市町議会議長会負担金。今までは市議会は市議会で構成する、町議会は町議会、町村議会は町村議会で構成するというような感じで受け取ってましたけれども、今回いわゆる市議会と町村とか一緒になって二つこういう形が出てきている点ですね。これは、次の款2の総務費の総務管理費の中でも市長会負担金と宇城市町会負担金という二つ出てきております。これでいきますと、例えば仮に宇城市町会の負担金は250万円です。約1,000万円ほど、4分の1と単純計算しますと1,000万円ほど。議長会と両方合わせるとここで1,500万円程度の負担金が出てくるような感じがしまして、この辺の、これは制度上いろいろあるかもしれませんけれども、ちょっと詳細な説明をいただきたい。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) 1月15日の宇城市の誕生に伴いまして、自然的に熊本県の市長会、九州の市長会、全国市長会等に加入するということになりました。これは、新市になってからのことであります。それまでには旧5町とも宇城町村会、俗に宇城町村会というふうに呼んでますけれども、村がありませんので宇城市町会ということで今運営をされておるということであります。この中には法令外負担金ということで宇城郡内でいろんな協議会が立ち上げておられます。それの負担金等も含めての、それと宇城の市町会の運営費、職員等もおりますし、それ等の経費ということになります。これについては、旧5町の町長の合併後の宇城市町会に対しての見解が、見解といいますか、話し合いが行われておりまして、当面は宇城市町会にも加入をするということで、脱退をしないというふうな話し合いが行われたということでありまして、今回の暫定予算の中にもそのような形で入れておるということでありまして、はっきり言えば二足のわらじをつくっておるというような状況であります。これは議長会もそうだというふうに考えてはおります。これについては、市長決まりまして、早速その話も出しております。これについては、17年度中には何らかの結論を出して、どちらか一方をですね、すべきじゃないかと。かなりの負担額でありますし、今回宇城市の誕生によりまして人口も増えたしということで、全体の運営費の相当額を宇城市が支払わなければならないというような状況にあります。ただこれを脱退するということになりますと、いろんな法令外の協議会の負担金もあります。何々協議会とかですね、そういうものが付随するということで、ほかの町等にですね、一方的にどうかということもありますので、その辺は17年度中にはある程度の結論をですね、出したいという考えではおります。



○議長(楠田浩君) 8番。



◆8番(五嶋映司君) 今、おっしゃったとおり、なかなか難しい問題だろうと思うんですね。そういう意味では、今まで私どもは町村の場合もそうでしたけれども、こういう負担金を出すときに相手方の予算は一切関知せずに負担金という形で出しておりました。今、総務企画部長の説明によりますと、宇城市の負担が非常に大きい、それはもう多分そうだろうと思います。そういう意味では、こういう負担金を出していく部分の相手側の予算書を僕らがこの審議する段階でいただきたい。見せていただきたい。参考資料としてでもいいですから、こういう状況で、こういうところにこんだけの金を出すんだということで、そういう提起。それはですね、この予算書の一連の部分に、かなりの部分にそういう部分があります。ぜひそういうことをお願いしたいと思いますが、それは後でご返事をいただきたいと思いますけども。

 続けて、そういうことからするとですね、もう一つは、例えばこれは予算の中でも説明ございましたけれども、ページ35、項総務管理費の目の11電算運営費の節の19、電子自治体共同運営協議会負担金というのは、県全体のいわゆる電子自治体の問題とか、電子入札の問題とか、いろいろの電子化の問題がございます。その辺の県全体の運営費の負担金だとおっしゃいました。ところが711万8千円を全市に合わせると、これが4分の1とすると数十億の予算規模になるというような気がするんですね、この電子自治体共同運営協議会というのは。ちょっとこれはどういう意味なのか、もう少しわかれば説明いただきたい。そういう数十億の規模があるようなものというのはあるのかどうかというようなことも、非常に私の概算ですけど711万円を宇城市で出すとすると、数十億にならんにしても何億かの、かなりの規模の共同運営を行える協議会があるんだというようなことになりますけれども、ちょっとその辺の説明を。先ほどの前の説明と含めて。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) 宇城の法令外負担金の件につきましては、それぞれの項目、協議会ごとの負担金の状況等については、お知らせしてもいいというふうに思っております。

 それから、電子自治体の共同運営協議会の負担金711万8千円であります。またそのほかに地方自治情報センターの負担金と合わせての721万8千円ということであります。これにつきましては、予算の積み上げの中で見てみますと、年間という形になっているようでございます。申し訳ございませんでした。



○議長(楠田浩君) 8番。



◆8番(五嶋映司君) 年間ということならば、わかりましたけど、その辺はぜひそのときに説明をいただければありがたいと思いました。

 それでは、いくつかほかに申し訳ないですけども、合併後ですね、合併のための機構統一がなされないまま予算が組まれた部分がかなりございます。例えば社会福祉協議会だとか、これは42ページの社会福祉費、民生費の項の社会福祉費の節の19のいわゆる負担金補助金の部分に社会福祉協議会負担金2,200万円。これは、社会福祉協議会の規模からすると、金額的に妥当であるかということは問題にしておりません。このくらいは必要なんだろうかと思いますけども、これの予算を執行していく上で効率的な財政云々ということから考えると、いわゆる統一の状態にするのか、今後社会福祉協議会をどういう形で進めていくのか、その辺の議論が進んでこういう予算になってきているのかどうかということが一つ。

 全くそれと同じ問題で、商工会の予算がございますね。ちょっとページは見忘れましたけれども、商工会の経済部関係のやつで、各商工会も全く同じ状況です。これにも当然予算が必要ですから、予算をつける云々の問題じゃなくて、今後どういう展望を持ってこの予算がその展望に向かってどういう役割を果たすのかということで予算を付けないことには意味がないと思いますので、その辺のご説明をいただきたいと思います。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) まず、42ページの補助金の中で社会福祉協議会の補助金ということでございます。組織的には各町の社会福祉協議会が今統合いたしまして、一つの宇城市としての社会福祉協議会が設立されておるということでございます。したがいまして、この予算の作成時におきましては、各町、旧5町の予算をそれぞれ計上いたしておりますが、当然ながら統合いたしておりますので、そのあたりの社会福祉協議会の中での運営状態等を見極めながら、今後も補助金として精査して出す、出さない、出さないということはないんですけど、額の決定等はいたしていきたいと思っております。



○議長(楠田浩君) 経済部長。



◎経済部長(鉄石憲一君) それでは、商工会の補助金につきましてご説明を申し上げたいと思います。この商工会の補助金につきましては、旧5町それぞればらつきがございます。この点につきましては、合併協議会の中でも幾度か論議になったものでございまして、調整の内容といたしましては商工会と行政とで商工会合併問題研究会を設置し、当然これは将来的には合併を視野においたところでの考え方を持っていかなきゃならないというところでのそのような研究会を設置して、商工会の補助金の調整についても協議を行ってきたところでございます。調整の結果につきましては、財政部会が示したその調整基準の取り扱いについては基本方針のとおりとしまして、平成17年度は現行の基準額を維持しまして、平成18年度から小規模事業者数の商工会の規模別と経営改善復旧事業等の事業費別割に激変緩和対策法として均衡の調整額を勘案した補助金額とするということでございまして、今後逐次そういうふうな事業内容、商工会員数等を勘案いたしまして激変緩和を対策すると。人件費補助等が多くなっておりますし、そういう面からして商工会の運営に非常に支障をきたすという面もございますので、急激にそれをどう変革することもできない状態でありますので、暫時そういうふうな調整を図っていくというようなことでございます。



○議長(楠田浩君) 8番。



◆8番(五嶋映司君) 商工会の件についてはですね、いろいろな問題があると思います。あまり無理しないように、今、商工会の発展というのは、地域、いわゆる産業の発展というのは市長の公約でもおっしゃっているとおりですから、ぜひその改善については細心の注意を払っていただきたいと思います。

 それとですね、44ページの民生費、款3民生費、社会福祉費の節の19の中に、熊本県人権啓発推進連絡協議会への負担金補助金ですか、項目がございます。これは初日のですね、事務分掌の変更の問題とも絡んで、民生費の中にこれが入ってくるのがいかがなものかと。ということならば、これに事業費が絡んでいる部分があるのか。本来ならば、これは総務企画部の総務管理費の中に入るべき問題じゃないかと思いますけども、その辺はいかがでしょうか。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) 今、五嶋議員の言われたような形で、今回条例出ておりましたように、総務企画部の方に6月段階で予算を組み替えるといいますか、お願いしたいというふうに思っております。



○議長(楠田浩君) 8番。



◆8番(五嶋映司君) 8番、五嶋です。度々申しわけありませんか。一応最後にしたいと思います。

 最後にですね、61ページの款4衛生費の目の4老人保健事業費の委託料、節の13委託料ですね。地域複合・単独健診委託1億3,900万円。これは、年間総額にするとどのくらいの予算になるのかということとですね、特別会計の方で宇城市民病院の予算が提案されましたけども、宇城市民病院、経営は楽ではないのは事実です。この辺の兼ね合いでですね、宇城市民病院との連携が可能なものであれば、いわゆる地域内の予算の還流という問題もありますので、何とか考えられないのかと。だから、これちょっと私の理解不足かもしれませんから、これがどういう性格のもので、どういう使われ方をしているのかというのをご説明をいただければ、あと委員会での議論ということでもあると思いますので、ちょっとその辺の説明を。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) 61ページの老人保健事業費の委託料の中で、地域複合・単独健診委託、あるいは施設一括健診委託というのがございますが、これは地域複合・単独健診につきましては、集団健診等がございまして、胃ガンとか大腸とか大腸ファイバー、子宮ガン等がございます。それから、地域一括健診としましては、これはそれぞれの地域で単発型といいますか、というのが出てくるかと思います。

 それと、総予算としましては、今現在6月段階までの予算、健診等をいたしております。総予算としましては、ちょっと申し訳ありませんが把握はできておりませんので、後でお知らせしたいと思います。



○議長(楠田浩君) いいですか。



◆8番(五嶋映司君) はい。



○議長(楠田浩君) 48番。



◆48番(米村和雄君) 総務企画部長にお伺いしたいと思いますが、今回の3月定例議会、54億4,463万5千円上程されておりますけれども、一番大事な書類が、書類といいますか、予算編成をしていく中での振興計画、あるいは実施計画あたりの何が出ておりませんけれども、これが出ないわけには、この予算編成はできないと思いますけれども、そこら辺からぜひお伺いしたいと思います。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) 今、言われていること、十分わかっております。ただ1月15日の合併に伴いましての期間的な問題等がありまして、総合計画審議会の設置の条例も今回の議会でお認めいただいたところでありますし、これからその審議をやっていくということになります。また新市長も決まりまして、新市長のいろいろな考えもありますし、選挙公約等もあります。このあたりを含めての見直しというのが、合併協議会で行われておりました、承認をいただいておりました新市建設計画を見直すと、それにまた新市長の考え等もを加えていくということで、かなりの時間的な振興計画をつくるということについてはかなりの時間がかかるんじゃないかなというふうに思っております。今回の暫定予算の編成につきましては、それぞれ旧5町で16、17、18年度の実施計画、振興計画に基づく実施計画のローリング計画がなされております。その中で、緊急に要するような事項、事業、それから継続的に取り組んでいた重要な事業等をいくつか上げてご承認をいただくということで予算計上をしているということでございまして。本来は今米村議員が言われたように振興計画に基づいての基本計画、実施計画をつくった中での予算計上という形になるかと思いますけども、今言いましたような形での今日までの経過でありますので、その辺が時間的な中ではできておらないということでありますので、とりあえずは旧5町での実施計画の中で載っていた、先ほど言いましたような事業を今回は計上しておるということでございます。よろしくお願いします。



○議長(楠田浩君) 48番。



◆48番(米村和雄君) 縷々説明ございましたけれども、私は総務企画部長の言い訳の一端だろうと思います。1月15日、合併はもう前々から決まっておりました。そしてまた、3月のこの定例議会、もうわかっとったと思います。そこら辺がなぜこの定例議会までそういう諸々の何ができなかったならば、予算編成の仕方を変えなきゃいけないと思いますけれども、そういう意味で、後でまたこういう問題は詳しく出てくるだろうと思いますので、私は事業計画を残したほかで質問していきたいと思います。そこら辺、総務企画部長、この会議中にどう対応されるのか。

 まず、市民部長にお伺いしたいと思いますが、21ページの款の諸収入、項雑入の中で、保育所の職員賄材料代金200万2千円、計上してありますけれども、この詳細説明を願います。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) 福祉部長の方から答弁させていただきたいと思います。

 保育所職員の賄いの材料代金とございますが、これは保育所に勤務いたします職員の昼食の材料代ということで、職員から徴収しているお金でございます。



○議長(楠田浩君) 48番。



◆48番(米村和雄君) そしたら、職員の方々の給食費ということですか。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) はい、そのとおりでございます。



○議長(楠田浩君) 48番。



◆48番(米村和雄君) わかりました。

 そしたらですね、総務部長にお伺いしたいと思いますが、26ページの款の総務費、項の総務管理費の中で、先ほど確か電話交換委託料176万4千円、その詳細説明の中で、交換士の方々が本庁に3名と確かお聞きしたと思いますけれども、本庁に3名も交換士が必要なんですか。どういう役割分担で3名も交換士が必要なのか。そこら辺からお伺いしたいと思います。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) 先ほどの詳細説明の中で、電話交換手については本庁3名、不知火支所2名ということでご説明をしたところでございます。今、1月の15日の合併に伴いまして、それまでには松橋の役場の中では臨時職員1名を雇って電話交換をやっておりました。かなり一度に電話がかかってくるということで、職員がそれを取っておりました。職員については、それぞれの職務をやっておるところでありまして、かなり集中できないということがありまして、それと新市になりましてかなりの職員数が増えたということもありまして、2名を電話交換については委託をするということになりました。2名で最初やっておりましたけども、2名でも対応できないような状況がありました。お客さんに大変待たせるというような状況がありましたので、1名を入れて3名にしているところでございます。そのような状況でございます。



○議長(楠田浩君) 48番。



◆48番(米村和雄君) 市民サービスは結構だろうと思います。しかしですね、こういう行財政改革を進めていかなければならない時代に、3名もの交換手が果たして必要なのか。どういう分担をしながら3名にその交換事務を委託しているのか。そこら辺、お伺いしたいと思います。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) 今、3名の中で1名につきましては総合案内という形で1階のカウンターのところにおってのお客さんに対しての総合案内をやっております。これは宇土市あたりでもそのような形態を取っておるということでありまして、3名をそのような電話交換、それからフロアの案内係、これをローリングで回しておるような状況でございます。



○議長(楠田浩君) 48番。



◆48番(米村和雄君) ぜひですね、総務課担当だろうと思いますので、そこら辺職員が敏速に市民の方々にサービスを低下しないような指導をして、ぜひこれから1名あたりでそういう対応ができるように要望しておきたいと思います。

 福祉部長にお伺いしたいと思いますが、42ページの民生費、項の社会福祉費、さっきの五嶋議員と関連質問になりますけれども、社会福祉協議会補助金が2,200万円計上してございますけれども、今ご案内のとおり、介護保険が導入されまして各個人の事業所あたりはデイサービスあるいは介護の認定のランクによって非常に事業所あたりは以前と比べて事業所の運営が楽になってきた話を聞きます。そういう中で、この社会福祉協議会ももちろん、各事業所の項目と何ら変わりなく事業がなされていると思いますけれども、そこら辺にぜひ行政として指導を行っていただいて、一般会計から補助金を出さなくても立派に事業が成り立っていくように、ぜひ指導をお願いしたいと思いますが、ご答弁をお願いします。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) 今の社会福祉協議会の中でもいろいろ事業をやっている中で、経営内容についてのこともございました。今、米村議員が言われますように、先ほども申し上げましたが、社会福祉協議会の予算の補助金申請等が上がってきた時点、あるいは今こうした事業をやっている分、効率的に事業をやる中で、社会福祉協議会として単独でもやっていけるというか、そうした方向にできはしないかという指導はやっていきたいというふうに思っております。



○議長(楠田浩君) 48番。



◆48番(米村和雄君) 指導ばかりではだめだと思います。ぜひ、そういう強力な指導をしていただいて、これから6月本予算を計上されると思いますけれども、ぜひこの社会福祉協議会あたり、一般会計から補助金を出さないように指導をお願いしたいと思います。 

 それと合わせて、シルバー人材センターに補助金が350万円ですか、流れておりますけれども、ここら辺もですね、人材センターを頼んだ方々は、もしこの人材センターに派遣職員といいますか、その日当で仕事に行かれる方々は、多分、10%ぐらいの手数料を取られて日当をもらっていらっしゃると思います。そういう意味で、人材センターあたりもそういう手数料をもらいながら、なぜ一般会計から補助金もらわなきゃいけないのか。もし一般会計から補助金をもらわなければ運営ができなければ、10%を15%なり、20%ぐらい取っていただいて、独自で運営ができるようにぜひご指導願いたいと思います。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) シルバー人材の補助金のことでございますが、米村議員の言われることも私は重々わかります。やはりそれぞれの一つの事業としてやっているわけでございますので、強力といいますか、指導はしていきたいと思っております。



○議長(楠田浩君) 48番。



◆48番(米村和雄君) 私は何遍も申し上げますとおり、こういう財政の厳しい折、そういう補助金をできるだけカットできるように、ぜひそういう指導をお願いしたいと思います。そして、先ほど総務企画部長に申し上げておりましたとおり、どういう対応をしていかれるのか。終わります。



○議長(楠田浩君) ここで、16時まで休憩します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               休憩 午後3時43分

               再開 午後4時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(楠田浩君) 会議を再開いたします。

 ほかにございませんか。

 54番。



◆54番(中山弘幸君) 34ページをお願いします。電算運営費の13の委託料の総合行政システムの技術者常駐委託料、詳細説明で趣旨はわかったんですけども、これは何名常駐されるのか、ちょっとお尋ねします。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) まだ今から新年度に入りまして、住民税等の、あるいは国保税等の本算定が始まります。そのために常駐のSEをお願いするということでありまして、一応3名を考えております。



○議長(楠田浩君) 54番。



◆54番(中山弘幸君) この事業費が2億500万円ぐらいだったと思うんですけども、普通考えてですよ、システムが入った場合に、それくらいはアフターフォローというか、その事業費の中でそういったことは普通できないのかと思っていましたけれども、そういったことは考えてなかったんですかね。お尋ねします。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) ほかのシステム関係での委託料と、またこのSEを常駐させるということにつきましては、業者から言わせると別物ということで、どうしてもSEの常駐という形になりますので、別途常駐の委託契約をするということになるということです。



○議長(楠田浩君) 56番。



◆56番(豊田紀代美君) 1点ほどお尋ねをいたしたいと思います。議案第20号のページ45、款3、項2、目2の13の委託料329万9千円、宇城地域療育センター事業というふうに計上がされております。この件につきまして、この委託料の構成市町別の事業費の負担金の内訳をまずお知らせ願いたいと思います。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) ただいまの豊田議員の質問でございますが、構成市町は現在の2市3町、旧でいきますと、宇土市、三角町、不知火町、城南町、富合町、松橋町、小川町、豊野町、中央町、砥用町ということで、その当時の宇城郡市といいますか、の構成でメンバーでございます。



○議長(楠田浩君) 56番。



◆56番(豊田紀代美君) 負担金、人口割と均等割があると思いますけれども、その分で、今おっしゃった分で2市3町にまとめていただいて結構ですので、この329万9千円の内訳をお知らせください。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) 今、申されました329万9千円の中身でございますが、申し上げられましたように均等割、人口割、総事業費の2分の1ずつということでございます。2市3町ということでございましたけど、ちょっとまとめておりませんが、一つずつ申し上げますと、宇土市が59万8,435円、それから城南町が39万3,904円、富合町が25万6,778円、それから中央町と砥用町が、美里町でございますが、48万円ほどでございます。あと、残が宇城市の額となります。宇城市の旧町からいきますと、三角町が28万5千円ほど、不知火町が27万9千円、松橋町が45万6千円、小川町が32万6千円、豊野が22万4千円と、かようになっております。



○議長(楠田浩君) 56番。



◆56番(豊田紀代美君) お知らせいただきまして、ありがとうございました。この療育センター事業でございますけれども、今現在お取り組みいただいておりますけれとも、今現在の状況とどの程度の利用があっておるのか、お知らせを願いたいと思います。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) 今現在の状況ということでございますが、当初の計画では1日10名ということでございます。それから、1月末で登録者が12名ということになっております。現在の状況でございますが、利用状況と、あるいは相談件数の状況でございますが、宇城市として1月からでございますが、1月、2月続けて申し上げたいと思います。宇城市では1月に1人、のべ回数4回、2月に4人、のべ回数にして15回、あと先ほど言いました宇城市外の利用状況でございますか、1月が6人でのべ16回、2月が7名でのべ25回と。1月からいたしますと2月の方が利用状況が多くなっているという傾向にございます。



○議長(楠田浩君) 56番。



◆56番(豊田紀代美君) 担当部長に今ご答弁をいただきました。この宇城地域療育センター事業というのは、まずはその今出ました社会福祉協議会に委託をしながら、熊本県こども総合療育センターとのタイアップでやっている事業でございますけれども、この中で実はご要望しておきたいことが1点だけございます。と申しますのは、高機能自閉症やアスペルガー症候群、あるいは学習障害、LDと申しますけれども、注意力欠陥多動性障害、ADHD等の発達障害の早期発見のために、この宇城市管内の保育園、たくさんございますけれども、先ほどから出ておりますが、このときの定期健康診断にあわせましてですね、事前に保護者に発達障害相談表とかに記入してもらって、家庭での子どもの様子や育児不安などについて相談をしていただく。また、発達障害は集団生活の場面でよく見つけられることがございますので、保育園内の子どもの様子を保健師や心理相談員、この心理相談員というのはこの療育センターに派遣をさせてあります。そういう方に観察をしていただきながら、必要があれば県子ども療育センターの中で専門医による乳幼児二次検診を受けるようなアドバイスもいただくというようなお取り組みをぜひお願いをしたいと思います。そのためには、保護者と県、子ども療育センターの専門医、あるいは宇城市のですね、中にございますこれは公立、私立共に保育園等でですね、リンクさせた形の中の事業をお取り組みいただいて、発達障害の子どもたちの早期発見についてぜひお取り組みをいただきたいというふうに思います。さらには、この地域療育センターの事業のさらなる充実をお願いをしておきたいと思いますが、もう1回、さらにご答弁を。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) ただいまのご要望ということでございますが、保育園外における障害児の早期発見する必要があるんじゃないかということでございます。それにつきましては、検討するといいますか、早期発見する体制づくりをまずやっていく必要があるかと思いますし、それに向かって内部的にも前向きに検討させていただきたいと思います。



◆56番(豊田紀代美君) よろしくお願いします。



○議長(楠田浩君) ほかに質疑ございませんか。

 62番。



◆62番(岡本泰章君) 総務企画部長にちょっとお尋ねいたしますが、暫定予算ではございますが、一般会計の暫定予算54億4,463万5千円ですか、今回。私ども旧小川町においては、当初予算がこれをちょっと下回るぐらいのだったんですよ。そういうところで、先ほど2番議員からですかね、質問があっておりました犬の、これ合併協議会のときには検討を持ち込むと、いろいろあっております。なけなしの中で予算組んで、そしてやはり新市長も決まり、本当にこう1日も猶予を保てんような時期に入っております。そこでですね、今後またあと3ヵ月後、本当の予算になりますので、各課の折衝型の予算編成では、これだけたった一時の、3ヵ月の暫定予算が54億円ですよ、一般会計だけで。だから5町全部集まって今度の6月のときには本予算、そういうときは私はやはり市長も申しておられましたように、中期計画、長期計画、これを立てて見直して、そして財政主導型の予算編成をやってもらいたいと思いますが、この点についてですね、総務企画部長のですね、お考えをお聞かせ願います。



○議長(楠田浩君) はい、総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) 1月15日の合併に伴いまして、職務執行者で、新市長が決まりますまでに、職務執行者を中心に新市の運営に当たってきたところでありまして、やっと2月の28日に新市長が決まりました。予算の編成等は多少ずれがありましたけれども、やっと頭が決まったという感想を持っております。今、言われましたように、これから頭が決まりましたので、いろんなことが本格的に進んでいくかというふうに思います。6月の本予算の編成につきましても、市長を中心に今言われたようなことについても最大限努力をしてまいりたいというふうに考えております。



○議長(楠田浩君) 62番。



◆62番(岡本泰章君) 最大限とは聞きますがですな、もうあと3ヵ月です。今回のこのいろいろ、やはり財政主導型なら主導型でやっていただきます。そしてですね、各部長さん方が、部長が寄って、そして課長も寄って、横の連携を取りながらなけなしの金で最小で最大の効果を上げるような予算編成、縦割りじゃだめですよ、そういうところをひとつ今後部長が中心になって、総務企画部長というのは予算編成の大事な柱でございますので、そのような手をひとつ打っていただきたいと。その点について、もう一つお答え願います。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) 今、岡本議運の委員長から言われましたことを肝に銘じまして、これからの本予算についての編成作業等も市長を中心にやっていきたいというふうに考えております。



○議長(楠田浩君) 62番。



◆62番(岡本泰章君) 市長にお尋ねしておきます。市長、ただいま総務企画部長に申しましたような財政主導型の予算編成に取り組んでいただくか、いただけないか、ひとつお考えをお聞かせ願います。



○議長(楠田浩君) はい、市長。



◎市長(阿曽田清君) 胸突き八丁来たなという感じを持っております。あと2ヵ月で6月ということになりますが、今までみたいなペースで進んでおったんでは、なかなか皆さん方のご期待に添うようなことにはまいらんだろうと。そういう意味で、我々も全力を挙げて、そして健全経営の下で財政が行われて、そして最小にて最大の益を挙げていけるように精いっぱい頑張ってまいりたいというふうに思います。議会の皆さん方のご協力も切にお願い申し上げます。



○議長(楠田浩君) 62番。



◆62番(岡本泰章君) 強く検討を要請して、終わります。



○議長(楠田浩君) ほかに質疑ございませんか。

 68番。



◆68番(坂田清一君) まず、市民部長にお伺いいたします。本予算で市税の歳入の中にご存じのとおり、滞納分の歳入を計上してあります。この滞納分が今現在宇城市の中でいくらあるんですか、滞納額をまず教えていただきたいと思います。



○議長(楠田浩君) 市民部長。



◎市民部長(沖村清君) お答えいたします。

 まず、細目、税目ごとに一応、また旧町ごとにお知らせいたしたいと思います。



◆68番(坂田清一君) 旧町は要らん、まとめてよか。



◎市民部長(沖村清君) まとめてよかですか、はい。それでは、まず、市税でございますけど、16年4月1日現在でございます、9,284万3,628円でございます。これが滞納金額でございます。軽自動車税704万8,795円。固定資産税でございます、4億1,168万9,223円でございます。特別土地保有税でございます、1,543万5,590円です。国保税でございます、4億8,815万9,110円。入湯税、3万3,900円ということになります。



○議長(楠田浩君) 68番。



◆68番(坂田清一君) そうしますとですね、この暫定予算の中には、これらの滞納分を徴収するという歳入が入っております。そこでお尋ねしたいんですが、国保まで含めると相当の額になります。国保分だけで約520万円歳入予定をされております。そうしますとですね、今の税務課の体制でこの3ヵ月の間にこれだけの滞納を収納できるわけですか、今の体制で。いかがでしょうか。それをお伺いします。



○議長(楠田浩君) はい、市民部長。



◎市民部長(沖村清君) お答えいたします。

 非常に、収納係という形で、現在本所の方にございます。合併までには旧町の税務課の徴収係というようなところで、各旧町に税務課のところでございましたけど、今度は本庁だけで収納していくということで、非常に厳しいものがございます。その職員、また現在3人、納税の徴収員3名おります。そういう体制で非常に厳しいものがございますけど、できるだけこの予算に滞納繰越分を予算に上げた以上、できるだけこの金額に徴収できますように、私たちも頑張っていきたいという考えでおります。



○議長(楠田浩君) 68番。



◆68番(坂田清一君) そこでですね、まず総務企画部長にお尋ねしますが、合併の協議の中でも、この収納事務の分担をどこが分担したが一番効率がいいのかというような話もあっておりました。5町で集合体になって、本庁で5人の税務課職員が担当されるという話になっておりますけれども、実際5人の方が各旧町のですね、実情を本当に把握できるかのというような問題が必ず発生してきます。そうしますとですね、やはり各支所に税務課なりを配置をして、そして収納事務に当たらせるというようなことが一番効率の良い組織の、機構のあり方というふうに思いますけど、総務企画部長はどういうお考えなのか、まずお聞かせをいただきいと思います。



○議長(楠田浩君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(上野和範君) 税金の収納体制につきましては、幹事会等でも話が出ておりまして、どのような組織の中で徴収体制を持っていくかということは協議があったかというふうに思っております。その中で、本庁の中に今言いましたように5名の徴収専門の職員を配置をするということでありまして、それとどうしても5名では宇城市内網羅することができないと、対応することができないということで、支所の税務課の職員が一番精通しとると、地域の実情もわかっとるということでもありますし、滞納者の状況等についても把握ができとるということでありますので、本庁の徴収の職員と支所の税務課の職員とが相まって、その辺の徴収にあたるというようなことで一応の組織の配置をしたというところでございます。



○議長(楠田浩君) 68番。



◆68番(坂田清一君) 今、部長からお答えをいただきましたけれども、実際、その事務をやる上において、支所の税務の職員は滞納の徴収まで本当に担当するような今の状態ではないわけですよね。それで、もう一回機構、組織を見直して滞納処分をするには、やはり支所の税務課を設置して、そこで充実してやってもらうというような見直しを今後はぜひ検討してもらいたい、こういうふうに思います。これは、特に市長にお願いをしておきます。

 次に、福祉部長にお聞きしますが、まず予算書、児童福祉費の中でご存じと思いますけれども、児童福祉法が改正になりまして4月1日からこれは施行されることになっております。これはご存じと思いますが、その中で児童虐待の問題が提起をされております。そうして、今まで人口10万から13万人に1人の児童福祉士の配置を基準で定めてあります。ところが4月1日からは5万から8万人に1人とするように法律が改正されております。これはご存じでしょうか。まず、お答えいただきたいと思います。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) 誠に勉強不足でございまして、まだそこまで把握はいたしておりません。



○議長(楠田浩君) 68番。



◆68番(坂田清一君) それで、これは4月1日施行ですよね。そうしますと、児童福祉士を採用してですね、この職員の中におればベターと思いますけれども、そういう専門職を配置することにこれは決まっておりますけれども、これは予算の中には一つも出てきておりません。そういうことを決まった法律をですね、これは守るようにしてもらわんと困ると思いますが、いつごろそういう児童福祉士の配置を予定されるのか。まず、担当の福祉部長にお伺いをいたします。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) ただいまの件につきましては人事案件でもございますので、早急に市長等も含めて検討させていただきたいと思います。



○議長(楠田浩君) 68番。



◆68番(坂田清一君) これは市長に特にお願いしておきます。法律ですから、法律を守らにゃいかんのが原則ですから、そういう体制をですね、早く取ってもらって、児童福祉法の趣旨に合うような施策を実行してもらいたいと思っております。

 それから、もう一回福祉部長にお伺いしますが、この民生費の中の児童福祉費の中に、今までありました児童館運営費が私は見たところ目として載っておりませんが、予算的にはどこに載っておるのか、説明をお願いいたします。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) お答えいたします。

 52ページの目3児童福祉費の節13委託料1,272万8千円の中にございます。



○議長(楠田浩君) 68番。



◆68番(坂田清一君) 今、部長が説明されたこの委託料、放課後児童健全育成事業委託1,272万円、これはどんな事業ですか。これが児童館なんですか。今までこの前から私が説明を聞いておりますと、この今言われた放課後児童健全育成事業に当てはまらんのじゃないですか。いかがですか。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) すいませんでした。ここは放課後児童の委託料ということでございました。児童館につきましては、目の4の児童福祉施設費に入っているんじゃないかと思っております。



◆68番(坂田清一君) どこに入っとるか。



◎福祉部長(米村諭君) 53ページです。53ページの目4児童福祉施設費です。



◆68番(坂田清一君) その節はどこですか。



◎福祉部長(米村諭君) 節といいますか、児童福祉施設費の中で運営費として報酬から節19の負担金まで含めたところでの児童館の運営費になっております。



○議長(楠田浩君) 68番。



◆68番(坂田清一君) 今、あなたが言われる目の児童福祉施設費、この中に児童館の費用も入っているという説明なんですが、どこに入っておりますかと私はお聞きするんですが、児童館の費用はどの部分なんですか。節の説明をできますか。ただここにあるのはですね、全国児童館連絡協議会負担金5万円だけなんですよ。ほかに児童館を運営する費用は見あたりませんが、私が先に質問したとおり、児童館は今年から止められるんですか。いかがですか。私が見る限り、児童館の経費は上がっておりません。止められるのは結構ですが、いかがですか。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) 児童館の節といいますと、中でございますが、報酬、賃金、それから主なものでございますが、旅費、需用費、通信運搬費とあと委託料として施設の警備等の委託料、それから14の使用料、土地借上料等でございます。



○議長(楠田浩君) 68番。



◆68番(坂田清一君) あなたの先ほどの詳細説明を私は聞いておりましたが、この児童福祉施設費、目の4、これは公立保育園7ヵ所分ですよという説明でしたが、いかがですか。違うんですか。この中に児童館も含まれるわけですか。お伺いします。



○議長(楠田浩君) 福祉部長。



◎福祉部長(米村諭君) 申し訳ありませんが、後で整理してお答えさせていただきたいと思います。



○議長(楠田浩君) ここでお諮りいたします。この審議が非常に重要なところにきておりますけれども、時間も4時半を過ぎましたので、福祉部長の方ももう少し詳しく説明ができるように、本日の会議はこれで延会にしたいと思いますが、いかがですか。坂田議員。



◆68番(坂田清一君) はい、よかですよ。



○議長(楠田浩君) どうも時間が長くかかるようでございますので、延会にいたしまして、委員会が3日取ってありますので、明日からまたやりたいと思いますが、ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(楠田浩君) 異議なしと認めます。したがって、本日はこれで延会することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               延会 午後4時42分