議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成17年 3月 定例会(第1回) 03月08日−01号




平成17年 3月 定例会(第1回) − 03月08日−01号







平成17年 3月 定例会(第1回)



                    
          平成17年第1回宇城市議会定例会(第1号)

                           平成17年3月8日(火)
                           午前10時00分 開議
1 議事日程
 日程第1  会議録署名議員の指名
 日程第2  会期の決定
 日程第3  諸報告
 日程第4  承認第16号 専決処分の報告及び承認を求めることについて
              (熊本県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の
              数の減少、共同処理する事務の変更及び規約の一部変更
              について)
 日程第5  議案第 1号 宇城市行政組織条例の一部を改正する条例の制定につい
              て
 日程第6  議案第 2号 宇城市交通安全対策推進委員会条例の制定について
 日程第7  議案第 3号 宇城市総合計画審議会条例の制定について
 日程第8  議案第 4号 宇城市税条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第9  議案第 5号 宇城市税徴収等の特例に関する条例の一部を改正する条
              例の制定について
 日程第10 議案第 6号 宇城市国民健康保険税条例の制定について
 日程第11 議案第 7号 宇城市立児童館条例の制定について
 日程第12 議案第 8号 宇城市都市計画審議会条例の制定について
 日程第13 議案第 9号 国民健康保険宇城市民病院使用料等徴収条例の一部を改
              正する条例の制定について
 日程第14 議案第10号 平成16年度宇城市一般会計予算
 日程第15 議案第11号 平成16年度宇城市国民健康保険特別会計予算
 日程第16 議案第12号 平成16年度宇城市老人保健特別会計予算
 日程第17 議案第13号 平成16年度宇城市介護保険特別会計予算
 日程第18 議案第14号 平成16年度宇城市奨学金特別会計予算
 日程第19 議案第15号 平成16年度宇城市簡易水道事業特別会計予算
 日程第20 議案第16号 平成16年度宇城市農業集落排水事業特別会計予算
 日程第21 議案第17号 平成16年度宇城市公共下水道事業特別会計予算
 日程第22 議案第18号 平成16年度宇城市水道事業会計予算
 日程第23 議案第19号 平成16年度国民健康保険宇城市民病院事業会計
 日程第24 議案第20号 平成17年度宇城市一般会計暫定予算
 日程第25 議案第21号 平成17年度宇城市国民健康保険特別会計暫定予算
 日程第26 議案第22号 平成17年度宇城市老人保健特別会計暫定予算
 日程第27 議案第23号 平成17年度宇城市介護保険特別会計暫定予算
 日程第28 議案第24号 平成17年度宇城市奨学金特別会計暫定予算
 日程第29 議案第25号 平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計暫定予算
 日程第30 議案第26号 平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計暫定予算
 日程第31 議案第27号 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計暫定予算
 日程第32 議案第28号 平成17年度宇城市水道事業会計暫定予算
 日程第33 議案第29号 平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計暫定予
              算
 日程第34 議案第30号 宇城市過疎地域自立促進計画の策定について
 日程第35 議案第31号 宇城市不知火町古屋敷地区辺地総合整備計画の策定につ
              いて
 日程第36 議案第32号 松橋町土地開発公社定款の一部変更について
 日程第37 議案第33号 下益城火葬場組合規約を左横書きとし同規約の一部を変
              更する規約について
 日程第38 議案第34号 宇城中央電算共同利用協議会の廃止について

2 本日の会議に付した事件
  議事日程のとおり

3 出席議員は次のとおりである。(74名)
  1番 吉 冨 元 浩 君           2番 稲 葉 茂 見 君
  3番 大 嶋 秀 敏 君           4番 益 田 和 成 君
  5番 田 端 好 隆 君           6番 尾 ? 治 彦 君
  7番 松 本 民 雄 君           8番 五 嶋 映 司 君
  9番 藤 木   保 君          10番 右 山   剛 君
 11番 前 川 克 己 君          12番 椎 野 和 代 君
 13番 久 保 洋 行 君          14番 橋 田 和 征 君
 15番 稲 田   覺 君          16番 河 野 一 郎 君
 17番 坂 本 順 三 君          18番 中 村 友 博 君
 19番 山 本 輝 博 君          20番 元 田 幸 一 君
 21番 坂 ? 改 輝 君          22番 平 野 保 之 君
 23番 山 岡 ? 二 君          24番 野 田   寛 君
 26番 深 田 義 實 君          27番 緒 方 市 男 君
 28番 正 垣 安 博 君          29番 松 下 倫 三 君
 30番 西 村   智 君          31番 ? 島   晃 君
 32番 栗 ? 秀 人 君          33番 宮 ? 正 光 君
 34番 長 谷 誠 一 君          35番 松 野 孝 敏 君
 36番 亀 田 靖 紘 君          37番 上 村 宏 一 君
 38番 北 岡 宏 一 君          39番 村 田 幸 博 君
 40番 緒 方 幸 一 君          41番 入 江   學 君
 44番 中 村 勝 也 君          45番 末 松 立 身 君
 46番 原 田 正 義 君          47番 清 水   忠 君
 48番 米 村 和 雄 君          49番 坂 本   茂 君
 50番 宮 中   叶 君          51番 川 本 盛二郎 君
 52番 深 水   格 君          53番 枝 村 範 嗣 君
 54番 中 山 弘 幸 君          55番 鯛 瀬 優 一 君
 56番 豊 田 紀代美 君          57番 岩 ? 紘 一 君
 58番 古 川 紀 満 君          59番 沖 村 昭 夫 君
 60番 石 川 洋 一 君          61番 松 本 一 誠 君
 62番 岡 本 泰 章 君          63番 米 田 隆 男 君
 64番 福 田 俊 男 君          65番 豊 田 茂 稔 君
 66番 北 園 國 光 君          67番 宮 田 研 藏 君
 68番 坂 田 清 一 君          69番 清 成 澄 人 君
 70番 高 橋 節 夫 君          71番 中 内   孝 君
 72番 岩 ?   卓 君          73番 小 石 義 輝 君
 74番 西 岡 ミチ子 君          75番 楠 田   浩 君
 76番 坂 本 勝 藏 君          77番 吉 野 不二夫 君

4 欠席議員は次のとおりである。(3名)
 25番 谷 川 敏 勝 君          42番 堀 川 三 郎 君
 43番 有 馬 俊 一 君

5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長  吉 田 耕 治 君
 書    記  河 村 孝 義 君   書    記  松 田 きよみ 君
 書    記  平 井 親 美 君   書    記  坂 本 優 子 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長       阿曽田   清 君   教育長     吉 ?   潔 君
 教育委員長    山 田   毅 君   総務企画部長  上 野 和 範 君
 市民部長     沖 村   清 君   福祉部長    米 村   諭 君
 経済部長     鉄 石 憲 一 君   土木部長    土 村 千佳雄 君
 教育部長     丸 目 季 廣 君   総務企画部次長 河 田 信 之 君
 三角支所長    尾 ? 基 雄 君   不知火支所長  坂 ? 秀 直 君
 松橋市民  
          松 田 節 子 君   小川支所長   村 本 憲 昭 君
 センター長 
 豊野支所長    宮 村 成 信 君   市民病院事務長 千葉? 孝 穂 君
                      農業委員会 
 会計課長     川 上 輝 幸 君           増 田 幸 一 君
                      事務局長  
 監査委員事務局長 浦 ? 一 成 君

 





               開会 午前10時10分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(楠田浩君) ただいまから、平成17年第1回宇城市議会定例会を開会します。

 これから、本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(楠田浩君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本定例会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定によって、3番、大嶋秀敏議員、4番、益田和成議員の2人を指名します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(楠田浩君) 日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日3月8日から23日までの16日間にしたいと思います。ご異議ございませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(楠田浩君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日から3月23日まで16日間に決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3 諸報告



○議長(楠田浩君) 日程第3、諸報告を行います。諸般の報告を行います。

 議長の諸般の報告として、去る3月3日宇城広域清掃施設組合議会が開かれ、監査委員に私、楠田が選出されましたことを報告いたします。

 次に、監査委員の例月現金出納検査の報告についてでありますが、地方自治法第235条の2、第3項の規定による平成16年11月分と12月分の例月現金出納検査の結果に関する報告書が旧5町の町議会に提出されておりましたので、これを宇城市議会に引き継ぎ報告するものです。

 内容につきましては、お手元に配付しております写しをご覧いただきたいと思います。

 これで、諸報告を終わります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第4 承認第16号 専決処分の報告及び承認を求めることについて



○議長(楠田浩君) 日程第4、承認第16号、専決処分の報告及び承認を求めることについてを議題とします。本案について、提案理由の説明を求めます。

 市長、阿曽田清君。



◎市長(阿曽田清君) 承認第16号、熊本県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少、共同処理する事務の変更及び規約の一部変更することの専決処分の報告及び承認を求めることについて、提案理由を申し上げます。

 熊本県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の一部変更の内容につきましては、阿蘇市、山都町、南阿蘇村の誕生に伴います数の減少と菊池広域行政事務組合等の脱退と菊池市を加入させるための共同処理する事務の変更を改める規約の一部改正となっております。

 急を要しましたので、平成17年2月28日に専決処分いたしたものであります。

 以上のとおり報告いたします。ご審議のうえ、ご承認賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(楠田浩君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。質疑のある方の発言を許します。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(楠田浩君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(楠田浩君) 討論なしと認めます。

 承認第16号、専決処分の報告及び承認を求めることについてを採決します。採決は起立によって行います。承認第16号は、承認することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(楠田浩君) 全員起立です。したがって、承認第16号、専決処分の報告及び承認を求めることについては、承認することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第5  議案第 1号 宇城市行政組織条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第6  議案第 2号 宇城市交通安全対策推進委員会条例の制定について



△日程第7  議案第 3号 宇城市総合計画審議会条例の制定について



△日程第8  議案第 4号 宇城市税条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第9  議案第 5号 宇城市税徴収等の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第10 議案第 6号 宇城市国民健康保険税条例の制定について



△日程第11 議案第 7号 宇城市立児童館条例の制定について



△日程第12 議案第 8号 宇城市都市計画審議会条例の制定について



△日程第13 議案第 9号 国民健康保険宇城市民病院使用料等徴収条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第14 議案第10号 平成16年度宇城市一般会計予算



△日程第15 議案第11号 平成16年度宇城市国民健康保険特別会計予算



△日程第16 議案第12号 平成16年度宇城市老人保健特別会計予算



△日程第17 議案第13号 平成16年度宇城市介護保険特別会計予算



△日程第18 議案第14号 平成16年度宇城市奨学金特別会計予算



△日程第19 議案第15号 平成16年度宇城市簡易水道事業特別会計予算



△日程第20 議案第16号 平成16年度宇城市農業集落排水事業特別会計予算



△日程第21 議案第17号 平成16年度宇城市公共下水道事業特別会計予算



△日程第22 議案第18号 平成16年度宇城市水道事業会計予算



△日程第23 議案第19号 平成16年度国民健康保険宇城市民病院事業会計



△日程第24 議案第20号 平成17年度宇城市一般会計暫定予算



△日程第25 議案第21号 平成17年度宇城市国民健康保険特別会計暫定予算



△日程第26 議案第22号 平成17年度宇城市老人保健特別会計暫定予算



△日程第27 議案第23号 平成17年度宇城市介護保険特別会計暫定予算



△日程第28 議案第24号 平成17年度宇城市奨学金特別会計暫定予算



△日程第29 議案第25号 平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計暫定予算



△日程第30 議案第26号 平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計暫定予算



△日程第31 議案第27号 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計暫定予算



△日程第32 議案第28号 平成17年度宇城市水道事業会計暫定予算



△日程第33 議案第29号 平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計暫定予算



△日程第34 議案第30号 宇城市過疎地域自立促進計画の策定について



△日程第35 議案第31号 宇城市不知火町古屋敷地区辺地総合整備計画の策定について



△日程第36 議案第32号 松橋町土地開発公社定款の一部変更について



△日程第37 議案第33号 下益城火葬場組合規約を左横書きとし同規約の一部を変更する規約について



△日程第38 議案第34号 宇城中央電算共同利用協議会の廃止について



○議長(楠田浩君) 次に、日程第5、議案第1号、宇城市行政組織条例の一部を改正する条例の制定についてから、日程第38、議案第34号、宇城中央電算共同利用協議会の廃止についてまでを一括議題といたします。市長から一括して説明を求めます。

 市長、阿曽田清君。



◎市長(阿曽田清君) 本議会における議案の提案理由の説明を申し上げます。

 議案第1号、宇城市行政組織条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由を申し上げます。市民部にあります人権及び同和対策に関する事務分掌を総務企画部に移し、また特別障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律が平成16年12月10日に公布され、平成17年4月1日から施行することになったため、市民部に特別障害給付金を追加する宇城市行政組織条例の一部を改正するものであります。

 なお、このほか条例改正及び制定について、議案第2号から議案第9号まで8件、今回議案として提案申し上げております。

 続きまして、平成16年度予算についてご説明申し上げます。

 議案第10号、平成16年度宇城市一般会計予算について提案理由を申し上げます。今回の予算につきましては、1月15日の合併日をもって専決処分し、臨時会でご承認いただきました暫定予算を再編成したものでありまして、予算の総額を歳入歳出それぞれ94億1,058万3千円といたしました。暫定予算と比較して3,973万6千円、率にして0.4%の増であります。

 歳入歳出予算の款項の区分及び区分ごとの金額は、第1表歳入歳出予算、2ページから7ページに記載のとおりであります。

 繰越明許について、説明いたします。今回6件の繰越明許費を提案するものであります。農林水産業費の果樹台風被害対策事業は、昨年6月から10月にかけて上陸した台風により、果樹園に甚大な被害が発生いたしました。平成16年度の緊急措置として実施される国・県の補助事業でありますが、交付決定が3月下旬になるため、本年度中の事業完了が見込めないため繰り越すものであります。漁港海岸保全施設整備事業は旧三角町の大田尾漁港海岸保全のための局部改良、漁協環境整備事業は旧不知火町の漁港漁業集落の環境整備のための地盤嵩上げ、災害復旧費の現年発生水産施設の補助災害復旧事業は大田尾漁協海岸保全施設及び旧不知火町の洲の前堤防の災害復旧工事です。いずれも単年度事業でありますが、10月から翌年3月までのり養殖時期のため工事が中断し、年度内には工事完了は見込めないため繰り越すものであります。土木費の住宅滞納整理調停委託事業は、旧松橋町が弁護士と調停委員会契約及び訴訟委託契約を提携しているもので、家賃滞納者への住宅明け渡し請求2件について、裁判の期日が3月16日と4月14日に決定され、調停及び裁判の成功報酬が結審後の支払いとなるため繰り越しするものであります。教育費のグラウンドゴルフ場整備事業は、旧豊野町響が原グラウンドの造成及び芝張り工事をするためのもので、2月21日に請負契約を締結し、同日着工しました。しかしながら、この工事の適正工期が90日程度要するものであることからして、今回やむなく繰り越しするものであります。

 次に、債務負担行為について説明いたします。スクールバス運行管理委託料として、平成17年度から19年度まで2,520万円を限度額として提案するものです。これについては、旧三角町の戸馳小学校と三角小学校の統合により、戸馳地区の児童90名が遠距離通学となるため、17年4月からスクールバスで対応するものであります。バス2台を旧三角町で購入し、その運行管理を3年間業務委託するため、債務負担行為を提案するものであります。

 次に、地方債について説明いたします。限度額をそれぞれの事業に応じて調整し、限度額の総額を1億7,130万円減額いたしまして34億4,270万円とするものであります。起債の方法、利率、償還の方法については、10ページに記載のとおりであります。

 次に、議案第11号、平成16年度宇城市国民健康保険特別会計予算は、過去3年の被保険者の動向及び医療費等の実績から推計し、国保該当世帯を約1万2,800世帯、被保険者数を約2万9,600人と見込み、歳入歳出予算総額は26億765万7千円といたしました。

 次に、議案第12号、平成16年度宇城市老人保健特別会計予算は、老人医療の対象者を約1万400人と推計し、平成16年11月分から平成17年2月分までの4ヵ月分の医療給付費を見込み、歳入歳出予算額を28億1,297万6千円といたしました。

 次に、議案第13号、平成16年度宇城市介護保険特別会計予算は、介護のサービス受給者を2,427人と推計し、平成16年11月分から平成17年2月分までの4ヵ月の保険給付費等を見込み、歳入歳出予算総額を16億2,710万円といたしました。

 次に、議案第14号、平成16年度宇城市奨学金特別会計予算は、育英事業費を計上し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,371万4千円といたしました。

 次に、議案第15号、平成16年度宇城市簡易水道事業特別会計予算は、旧3町に6ヵ所の簡易水道がありまして、その給水事業の運営のため、歳入歳出それぞれ1億1,992万7千円といたしました。

 次に、議案第16号、平成16年度宇城市農業集落排水事業特別会計予算は、旧3町5ヵ所の農業集落排水事業の運営のために、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8,238万9千円といたしました。

 次に、議案第17号、平成16年度宇城市公共下水道事業特別会計予算は、3ヵ所の公共下水道事業の運営のため、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ10億5,328万1千円といたしました。

 次に、議案第18号、平成16年度宇城市水道事業会計予算は、収益的収入及び支出の予定額を水道事業収益3億5,697万円とし、水道事業費用4億1,360万円といたしました。次に、資本的収入及び支出の予定額を資本的収入6,588万3千円、資本的支出1億6,866万6千円といたしました。

 次に、議案第19号、平成16年度国民健康保険宇城市民病院事業会計予算は、収益的収入及び支出の予定額を病院事業収益9,346万円、病院事業費用を1億753万6千円、次の資本的収入及び支出の予定額を資本的収入241万7千円、資本的支出759万9千円といたしました。

 続いて、17年度の暫定予算について説明いたします。

 議案第20号、平成17年度宇城市一般会計暫定予算について提案理由を申し上げます。一般会計暫定予算をはじめ9つの特別会計の審議をお願いするにあたり、市政に対する基本理念と予算に対する指針について申し上げます。ご承知のとおり、政府は昨年12月3日、平成17年度予算編成の基本方針を閣議決定し、地方財政については三位一体改革を推進することにより、地方の権限と責任を拡大し、真に住民に必要な住民サービスを自らの責任で自主的、効果的に選択できるとしております。三位一体改革の全体像については、第一に国庫補助金を平成17、18年度において3兆円程度の廃止、縮減等の改革を行うとしております。第二に、税源移譲は概ね3兆円を目指し、所得税から個人住民税への移譲によって行うものとしております。第三に、地方交付税については、平成17、18年度は地域において必要な行政課題に対し適切に財源措置を行うとし、当面17年度においては前年度と同程度の16兆9,000億円程度といたしております。また、極めて厳しい地方財政状況を踏まえ、地方分権の時代にふさわしい簡素で効率的な行政システムを確立するため、徹底した行政改革を推進するとともに、歳出の徹底した見直しによる抑制と重点化を進め、歳入でも自主財源について積極的な確保策を講じるなど、効率的で持続可能な財政への転換を図ることが急務であるといたしております。このような状況の中で、本市におきましても国の三位一体の改革による地方交付税の減額やもう一つの主要財源であります市税の伸び悩みなど、一般財源の確保が非常に困難な状況になっております。反面、歳出においては進行する少子高齢化への対策としての保健、医療、福祉政策の推進、景気低迷による農林水産業や商工業の振興、生活水準の向上に伴う生活環境の整備、学校教育、生涯学習、スポーツ、文化の向上等、課題は山積いたしております。限られた財源の中で最大の効果を上げるべく、重点かつ効率的な配分に努めつつ、重要課題であります新市建設計画につきましては合併特例債の有効を図りながら、計画的な取り組みが必要と考えております。また、徹底した行政経費の削減、縮小を図り、健全な財政運営に配慮しながら住民サービスに努めてまいる所存であります。平成17年度の本格的な予算につきましては、6月の定例会で提案させていただくことになると存じます。今回の予算につきましては、市長就任直後につき3ヵ月の暫定予算を編成しました。編成方針としては、4月から6月までに必要な経常経費と緊急的な建設事業及び旧町からの継続的な国・県補助の建設事業としており、一般会計につきましては予算の総額を歳入歳出それぞれ54億4,463万5千円といたしました。

 歳入歳出予算の款項の区分及び区分ごとの金額は、予算書の2ページから6ページになります。第1表歳入歳出暫定予算に記載のとおりであります。地方債については、限度額2億3,000万円とし、起債の目的、方法、利率、償還方法は、7ページに記載のとおりでございます。

 次に、議案第21号、平成17年度宇城市国民健康保険特別会計暫定予算は、歳入については6月まで見込めるものについてその額を計上し、歳出については経常的経費を中心に6月までを推計、算定し、暫定予算の歳入歳出総額を20億4,965万1千円といたしました。

 次に、議案第22号、平成17年度宇城市老人保健特別会計暫定予算は、老人医療の対象者を約1万600人と推計し、平成16年度の給付実績をもとに増加率を5%と見込み、歳入歳出予算総額を14億4,841万2千円といたしております。

 次に、議案第23号、平成17年度宇城市介護保険特別会計暫定予算は、平成17年度当初から3ヵ月間の暫定予算でありまして、介護給付費等3ヵ月分の経費を見込み、歳入歳出ともに11億7,500万円といたしております。

 次に、議案第24号、平成17年度宇城市奨学金特別会計暫定予算は、育英事業費で歳入歳出予算総額を歳入歳出それぞれ354万8千円といたしております。

 次に、議案第25号、平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計暫定予算は、旧不知火町3ヵ所、旧松橋町1ヵ所、旧豊野町2ヵ所の計6ヵ所で事業を実施しており、給水戸数は3,066戸、給水人口8,421人であります。予算の概要といたしましては、歳入歳出それぞれ3,892万円といたしております。

 次に、議案第26号、平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計暫定予算は、旧三角町、旧不知火町、旧豊野町においてそれぞれ事業を実施しており、主に処理施設の管理及び普及促進を行っており、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,988万2千円といたしております。

 次に、議案第27号、平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計暫定予算は、松橋不知火公共下水道事業、松橋不知火特定環境保全公共下水道事業及び八代北部流域関連公共下水道事業を継続して事業を行っており、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億5,979万9千円といたしております。

 次に、議案第28号、平成17年度宇城市水道事業会計暫定予算は、旧三角町、旧松橋町、旧小川町の水道事業であり、給水戸数1万1,409戸、給水人口3万1,554人であります。予算の概要につきましては、収益的収入及び支出の予算の水道事業収益を1億7,834万2千円とし、水道事業費用を1億6,966万円といたしました。次に、資本的収入及び支出については、資本的支出5,350万2千円といたしました。

 次に、議案第29号、平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計暫定予算は、収益的収入及び支出については、1日当たり入院患者30人、外来患者106人で算定し、病院事業収益は1億3,335万7千円とし、また支出については事業収益と同額の1億3,335万7千円となっております。資本的収入及び支出については、存目のみを計上しております。

 次に、議案第30号、宇城市過疎地域自立促進計画の策定について提案理由を申し上げます。本案は、過疎地域自立促進特別措置法第6条の規定に基づき、宇城市過疎地域自立促進計画を定める必要があり、議会の議決が必要なため提案するものであります。この計画は旧三角町に係るもので、平成12年度から21年度までの10年間の計画であります。合併しましても5ヵ年間は財政支援が受けられる後期5ヵ年間の計画であります。計画の内容につきましては、「2産業の振興」に関するものとして農業や漁港の基盤整備事業、「3交通通信体系の整備、情報化及び地域間交流の促進」に関しては、市道の整備や農道の整備及び防災行政無線通信の事業、「7教育の振興」に関するものは三角小学校の校舎建設等であります。

 このほか、宇城市不知火町古屋敷地区辺地総合整備計画の策定について、松橋町土地開発公社定款の一部変更について、下益城火葬場組合規約を左横書きとし同規約の一部を変更する規約について、及び議案第34号、宇城中央電算共同利用協議会の廃止についてまで、議案第31号から議案第34号の4件について今回議案として提案申し上げております。

 以上、34議案ご提案申し上げておりますが、よろしくご審議下さいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。



○議長(楠田浩君) 以上で、議案第1号から議案第34号までの提案理由の説明が終わりました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれで散会します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               散会 午前10時38分