議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成21年11月 臨時会(第3回) 11月27日−01号




平成21年11月 臨時会(第3回) − 11月27日−01号







平成21年11月 臨時会(第3回)




          平成21年第3回宇城市議会臨時会(第1号)

                           平成21年11月27日(金)
                           午前10時00分 開議
1 議事日程
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 報告第 9号 専決処分の報告について(市営住宅に係る家賃等の請求及
             び市営住宅の明渡しの請求に係る訴えの提起、和解及び調
             停について 専決第9号)
 日程第4 議案第72号 宇城市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正す
             る条例の制定について
 日程第5 議案第73号 平成21年度宇城市一般会計補正予算(第4号)

2 本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

3 出席議員は次のとおりである。(30人)
  1番 福 田 良 二 君          2番 河 野 正 明 君
  3番 橋 田   章 君          4番 ? 永 雄 一 君
  5番 ? 田 幸 夫 君          6番 大 嶋 秀 敏 君
  7番 尾 ? 治 彦 君          8番 藤 木   保 君
  9番 椎 野 和 代 君         10番 橋 田 和 征 君
 11番 河 野 一 郎 君         12番 坂 本 順 三 君
 13番 中 村 友 博 君         14番 山 岡 ? 二 君
 15番 野 田   寛 君         16番 松 下 倫 三 君
 17番 西 村   智 君         18番 栗 ? 秀 人 君
 19番 長 谷 誠 一 君         20番 松 野 孝 敏 君
 21番 永 木 伸 一 君         22番 入 江   学 君
 23番 堀 川 三 郎 君         24番 末 松 立 身 君
 25番 米 村 和 雄 君         26番 中 山 弘 幸 君
 27番 古 川 紀 満 君         28番 石 川 洋 一 君
 29番 岡 本 泰 章 君         30番 楠 田   浩 君

4 欠席議員はなし

5 職務のために議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長   村 田 一 朗 君
 書    記   河 村 孝 義 君   書    記   小 川 康 明 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長       篠 ? 鐵 男 君   教育委員長    今 村   弘 君
 総務部長     佐 藤 守 男 君   君企画部長    古 川 明 生 君
 市民環境部長   河 田 信 之 君   健康福祉部長   吉 村 和 廣 君
 経済部長     中 野   透 君   君土木部長    前 田 典 洋 君
 教育部長     川 ?   誠 君   会計管理者    千葉? 孝 穂 君
 総務部次長    松 田 立 秋 君   企画部次長    高 橋 正 博 君
 市民環境部次長  前 田 信 幸 君   健康福祉部次長  ? 本 敬 義 君
 経済部次長    佐 藤 増 雄 君   土木部次長    中 岡 秀 男 君
 三角支所長    木 下 敏 幸 君   不知火支所長   松 本 優 子 君
 小川支所長    藏 野 恭 敬 君   豊野支所長    大 杉   止 君
                      農業委員会
 市民病院事務長  平 中 孝 子 君            志 水   勉 君
                      事務局長
 監査委員事務局長 浦 ? 一 成 君   査委員事務局長  浦 ? 一 成 君





               開会 午前10時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) ただいまから、平成21年第3回宇城市議会臨時会を開会します。

 これから、本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(末松立身君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、12番、坂本順三君及び13番、中村友博君の2人を指名します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(末松立身君) 日程第2、会期の決定を議題とします。

 お諮りします。本臨時会の会期は、本日、27日の1日間にしたいと思います。

 ご異議ありませんか。

            [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、会期は、本日、1日間に決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3 報告第 9号 専決処分の報告について(市営住宅に係る家賃等の請求及び市営住宅の明渡しの請求に係る訴えの提起、和解及び調停について専決第9号)



△日程第4 議案第72号 宇城市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について



△日程第5 議案第73号 平成21年度宇城市一般会計補正予算(第4号)



○議長(末松立身君) 日程第3、報告第9号専決処分の報告について(市営住宅に係る家賃等の請求及び市営住宅の明渡しの請求に係る訴えの提起、和解及び調停について 専決第9号)から日程第5、議案第73号平成21年度宇城市一般会計補正予算(第4号)までを一括議題とします。

 市長から、一括して提案理由の説明を求めます。市長、篠?鐵男君。



◎市長(篠?鐵男君) 今回の臨時会に提案いたしております議案について主なものをご説明を申し上げます。

 専決処分の報告、条例改正及び一般会計補正予算、合計3議案をご提案いたしております。

 まず、専決処分の報告については、市営住宅に係る家賃等の請求及び市営住宅の明渡しの請求に係る訴えの提起、和解及び調停について、地方自治法に基づき11月13日に専決処分したものであり、報告するものであります。

 次に条例案件では、宇城市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてであります。人事院が8月11日、月例給を平均863円、0.24%引き下げるとともに、一時金期末手当、勤勉手当を0.35月分引き下げる給与勧告を行いました。今回の給与改定勧告は、経済危機の下で、民間実勢を反映したものであります。本市におきましても、人事院勧告に準拠し、関連条例の一部を改正する必要が生じましたので、ご提案するものであります。ちなみに6月期分の期末手当、勤勉手当については、5月に人事院勧告があり、それに沿い、本年度すでに0.2月分は減額いたしております。

 次に、平成21年度宇城市一般会計補正予算(第4号)といたしまして、5,198万1千円を追加するご提案をいたしております。

 今回の補正の主なものといたしまして、歳出につきましては、新型インフルエンザワクチン接種費用軽減事業補助金として、2,952万円、また新型インフルエンザワクチン接種低年齢層半額助成事業補助金として、対象者を1歳から中学3年生までとし、2,091万円を計上いたしております。また、緊急雇用対策費として、臨時職員賃金と社会保険料あわせて、103万6千円を計上いたしております。

 歳入につきましては、新型インフルエンザワクチン接種費用軽減事業補助金として、2,214万円、また新型インフルエンザワクチン接種低年齢層半額助成事業補助金として、財政調整基金繰入金から2,880万5千円を計上いたしております。

 緊急雇用創出事業補助金につきましては、県補助金として103万6千円を計上いたしております。以上が一般会計補正予算の主な内容であります。この補正によりまして、平成21年度予算は、255億1,025万3千円と相成ります。これら説明しました案件を含め、報告1件、条例案件1件、予算案件1件をご提案申し上げております。これらの議案につきまして、よろしくご審議の上、ご承認いただきますようお願いを申し上げ、提案理由の説明を終わらせていただきます。



○議長(末松立身君) 報告第9号から議案第73号の提案理由の説明が終りました。

 次に、報告第9号の詳細説明を求めます。土木部長。



◎土木部長(前田典洋君) 報告第9号専決処分の報告につきまして、詳細説明を申し上げます。

 別冊の宇城市議会臨時会議案集の2ページから3ページをお開き下さい。

 市営住宅に係る家賃等の請求及び市営住宅の明渡しの請求に係る訴えの提起、和解及び調停につきましては、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、市長が処理すべき事務事業の迅速化及び簡素化を図り、円滑な事務事業の執行をすることができるよう、議会の権限に属する軽易な事項に限り、市長の専決処分することができる事項として、平成19年9月19日の9月定例会において議員発議により指定されております。

 市営住宅滞納者に対する法的措置につきましては、滞納整理の一環として、平成16年度の旧松橋町時代から取り組んでおりまして、昨年度まで述べ66人に対して法的措置を行っております。

 平成21年度も、滞納月12か月以上又は滞納額20万円以上の者を対象に、再三の納入の指導を行ったにもかかわらず滞納が解消せず、かつ呼び出しにも応じない悪質な入居者に対して、訴訟1件の法的措置を行うことを平成21年11月13日付けで専決処分しましたので、地方自治法第180条第2項の規定により報告するものでございます。

 以上で詳細説明を終わります。



○議長(末松立身君) 報告第9号の詳細説明が終わりました。

 これから、報告第9号の質疑に入ります。質疑のある方の発言を許します。

 質疑ありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 これで、報告第9号を終わります。

 次に、議案第72号の詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(佐藤守男君) 議案第72号宇城市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について詳細説明を申し上げます。

 厳しい経済・雇用情勢の悪化が民間の給与に反映されたことを受けて、公務員と民間の給与比較において、月例給、特別給(ボーナス)が民間を公務員が上回ったことが明らかとなり、人事院は、本年8月11日に民間との格差を是正するため、国家公務員の月例給については俸給表の引き下げ改定を行うとともに、特別給(ボーナス)についても引き下げるよう勧告いたしました。

 本市においても、今回の人事院勧告による国家公務員の給与改定に準じ改正するものであります。

 改正内容につきましては、臨時会議案集4ページ、17ページに条例の一部改正条例文及び22、23ページに附則の条文、その他のページに行政職及び医療職、企業職員の給料表を掲載しております。

 なお、議案説明資料としまして、条例及び給料表の新旧対表を掲載しております。改正の内容について、第1点目に、行政職、医療職給料及び企業職員の給料表について、初任給を中心とした若年層を除き、給料月額を平均0.24%減額改定するものです。

 第2点目に、期末手当の支給割合を、12月期においては、100分の160から100分の150に、6月期においては、100分の140から100分の125にそれぞれ引き下げることとし、年間でマイナス0.25月分減額するものです。

 第3点目に、勤勉手当の支給割合を、12月期、6月期ともに100分の75から100分の70に引き下げ、年間でマイナス0.1月分減額となります。

 そのことによって期末手当、勤勉手当合わせまして、年間0.35か月分の引き下げとなります。

 なお、6月期分の期末手当、勤勉手当につきましては、5月に出されました人事院の臨時勧告に沿い、本年度すでに減額したところでございます。

 第4点目に、平成18年の給与構造改革による給料水準引き下げに伴い、経過措置額の算定基礎となる額、いわゆる現給保障額を受けている職員につきましても0.24%、引き下げることとしています。

 国におきましては、人事院勧告の内容を盛り込んだ一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案が、8月25日に閣議決定され、今月中に可決成立の見込みであります。

 また、熊本県人事委員会におきましても、10月9日にほぼ同様の勧告が出され、本日からの県議会定例会に提案されているということであります。

 なお、市長及び議会議員の皆様方の期末手当につきましては、それぞれの条例で、一般職の職員の例によることとされておりますので、12月支給分は、従来に比べマイナス0.1月分の1.5月分となり、6月支給分は前年比マイナス0.15月の1.25月分となります。以上で詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第72号の詳細説明が終りました。

 これから、議案第72号の質疑に入ります。質疑のある方の発言を許します。

 質疑ありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 ここで、お諮りします。ただいま議題となっております、議案第72号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

            [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、議案第72号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから、議案第72号に対する討論に入ります。討論のある方の発言を許します。?田幸夫君。



◆5番(?田幸夫君) 今回の条例改正につきましては、反対の立場で討論に参加をします。今回の給与引き下げは、特にボーナスの分でありますが、平均で15万4千円の引き下げとなります。今、経済の問題としては、疲弊をしていく中で、この公務員の賃金は確かに比較した場合には高いと言われる面がありますが、この単純に高いから下げるということでは問題は解決しないのではないかと思います。公務員の賃金は一定程度この地域のあらゆる職場、職業の人たちに対する目安となる賃金であります。そういう意味では、このことを例にとって、そういうところで引き下げが行われるということは、この地域の経済、活性化についてはマイナスの面が出てくるのではないかという判断をされます。そういう意味で基本的に反対の立場であります。ただし、人事院勧告が今まで果たしてきた役割は非常に大きいと思っています。そういう意味では官民の格差がこういう形で出されるということは一定程度評価するものではありますが、先ほど申しました点につきましては、問題があるだろうという立場で反対を表明いたします。ちなみに近々のところでは城南町等が夏のボーナス等につきましては、引き下げ勧告を見送っている例もあります。そういうことでありますので、各地域の状況によっては、様々な条件がありますから、そういう中での判断もして然るべきではないかという判断をしているところであります。ちなみに後2年先には地方公務員法が改正になります。人事院勧告制度そのものが無くなる可能性が今秘められておりまして、その時には、それぞれのところで違う賃金体系が生まれてくる可能性も秘めておりますので、その点では、非常に、私も含めてですが、皆さん方も注目する点があるのではないかという気がしているところであります。以上、考え方を含めながら私の思いを述べさせていただきました。



○議長(末松立身君) ほかにありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) これで討論を終結します。

 これから、議案第72号宇城市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は、起立によって行います。議案第72号は、原案のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立多数です。したがって、議案第72号宇城市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 次に、議案第73号の詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(佐藤守男君) 議案第73号平成21年度宇城市一般会計補正予算(第4号)につきまして、詳細説明を申し上げます。

 配付いたしております、平成21年度宇城市各会計補正予算書、宇城市一般会計補正予算(第4号)をお願いします。

 1ページをお開きください。

 歳入歳出予算の補正は、第1条、歳入歳出予算の総額に、それぞれ5,198万1千円を追加し、歳入歳出予算総額をそれぞれ255億1,025万3千円とするものでございます。

 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正によります。

 なお、今回の予算補正は新型インフルエンザ対策に係るものでございます。

 まず、歳出からご説明申し上げます。7ページをお願いします。

 款2総務費、項1総務管理費、目8緊急雇用対策費103万6千円は、節4共済費12万4千円と節7賃金91万2千円でありますが、これは新型インフルエンザ対策事業に関する事務処理のための臨時職員2人を4か月間雇用するための費用でございます。

 次に款4衛生費、項1保健衛生費、目2予防費の補正額5,094万5千円として、まず、節11需用費の51万5千円でございますが、これはワクチン接種助成事業周知用チラシの印刷製本費でございます。

 次に節19負担金補助及び交付金の5,043万円につきましては、インフルエンザワクチンの優先接種該当者で、かつ、生活保護世帯及び非課税世帯に属する者に、接種費用の全額を補助する新型インフルエンザワクチン接種費用軽減事業補助金に係る費用に2,952万円を計上しております。

 次の低年齢層半額助成事業補助金2,091万円につきましては、宇城市単独事業として1歳以上、中学生以下の幼児及び児童生徒に対して予防接種費用の半額を助成する費用でございます。

 次に歳入を説明申し上げます。

 6ページをお開き下さい。款15県支出金、項2県補助金、目1総務費県補助金、節1総務費補助金の、緊急雇用創出事業補助金103万6千円は、先ほど説明しました臨時職員の賃金に対する補助金でございます。

 目3衛生費県補助金、節1保健衛生費補助金は新型インフルエンザワクチン接種助成費臨時補助金2,214万円でございます。内訳は国が2分の1、県が4分の1の負担、残りを市が負担することになります。

 款18繰入金、項2基金繰入金、目1財政調整基金繰入金2,880万5千円は、新型インフルエンザ対策補助事業分の宇城市持ち出し分789万5千円及び単独事業費2,091万円に対する基金繰入でございます。

 以上で詳細説明を終わります、ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第73号の詳細説明が終わりました。

 これから、議案第73号の質疑に入ります。質疑のある方の発言を許します。

 質疑ありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 ここで、お諮りします。ただいま議題となっております、議案第73号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

            [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、議案第73号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから、議案第73号に対する討論に入ります。討論のある方の発言を許します。討論はありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、議案第73号平成21年度宇城市一般会計補正予算(第4号)を採決します。採決は起立によって行います。議案第73号は、原案のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第73号平成21年度宇城市一般会計補正予算(第4号)は、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 これで、平成21年第3回宇城市議会臨時会を閉会します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               閉会 午前10時22分



地方自治法第123条第2項の規定により署名する。







宇城市議会議長







会議録署名議員







会議録署名議員