議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成20年 9月 定例会(第3回) 09月17日−04号




平成20年 9月 定例会(第3回) − 09月17日−04号







平成20年 9月 定例会(第3回)




         平成20年第3回宇城市議会定例会(第4号)

                          平成20年9月17日(水)
                          午前10時00分開議
1 議事日程
 日程第1         諸般の報告
 日程第2  発議第 7号 宇城市議会会議規則の一部を改正する規則の制定につい
              て
 日程第3  議案第61号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例
              の整理に関する条例の制定について
 日程第4  議案第62号 宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第5  議案第63号 宇城市企業振興促進条例の制定について
 日程第6  議案第64号 宇城市税特別措置条例の一部を改正する条例の制定につ
              いて
 日程第7  議案第65号 工事請負契約の締結について(宇城市防災行政無線整備
              工事)
 日程第8  議案第66号 土地改良事業の実施について
 日程第9  議案第67号 宇城市市道路線の廃止について
 日程第10 議案第68号 宇城市市道路線の認定について
 日程第11 議案第69号 宇城市土地開発公社定款の一部変更について
 日程第12 議案第70号 宇城広域連合を組織する地方公共団体の数の増減、処理
              する事務の変更及び規約の一部変更について
 日程第13 議案第71号 平成20年度宇城市一般会計補正予算(第2号)
 日程第14 議案第72号 平成20年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第
              2号)
 日程第15 議案第73号 平成20年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1
              号)
 日程第16 議案第74号 平成20年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1
              号)
 日程第17 議案第75号 平成20年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)
 日程第18 議案第76号 平成20年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第
              1号)
 日程第19 議案第77号 平成20年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算
              (第1号)
 日程第20 議案第78号 平成20年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算
              (第1号)
 日程第21 議案第79号 平成20年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)
 日程第22 議案第80号 平成20年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予
              算(第1号)
 日程第23 諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦について(山下長次氏)
 日程第24 発議第 8号 森林・林業・木材産業施策の積極的な展開を求める意見
              書の提出について
 日程第25 発議第 9号 新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出について
 日程第26 発議第10号 地域医療を守る自治体意見書の提出について
 日程第27        議会運営委員会の閉会中の継続調査の申し出について
 日程第28        各常任委員会の閉会中の継続審査・調査の申し出につい
              て

2 本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

3 出席議員は次のとおりである。(30人)
  1番 福 田 良 二 君           2番 河 野 正 明 君
  3番 橋 田   章 君           4番 ? 永 雄 一 君
  5番 ? 田 幸 夫 君           6番 大 嶋 秀 敏 君
  7番 尾 ? 治 彦 君           8番 藤 木   保 君
  9番 椎 野 和 代 君          10番 橋 田 和 征 君
 11番 河 野 一 郎 君          12番 坂 本 順 三 君
 13番 中 村 友 博 君          14番 山 岡 ? 二 君
 15番 野 田   寛 君          16番 松 下 倫 三 君
 17番 西 村   智 君          18番 栗 ? 秀 人 君
 19番 長 谷 誠 一 君          20番 松 野 孝 敏 君
 21番 永 木 伸 一 君          22番 入 江   学 君
 23番 堀 川 三 郎 君          24番 末 松 立 身 君
 25番 米 村 和 雄 君          26番 中 山 弘 幸 君
 27番 古 川 紀 満 君          28番 石 川 洋 一 君
 29番 岡 本 泰 章 君          30番 楠 田   浩 君

4 欠席議員はなし

5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長   村 田 一 朗 君
 書    記   河 村 孝 義 君   書    記   小 川 康 明 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長       阿曽田   清 君   副市長      飯 田 精 也 君
 教育委員長    吉 ?   潔 君   教育長      長 田 政 敏 君
 総務部長     土 村 千佳雄 君   企画部長     佐 藤 守 男 君
 市民環境部長   宮 ? 一 誠 君   健康福祉部長   城 本 剛 至 君
 経済部長     津志田 澄 男 君   土木部長     斉 藤 久 男 君
 教育部長     河 田 信 之 君   会計管理者    川 上 輝 幸 君
 総務部次長    前 田 信 幸 君   企画部次長    古 川 明 生 君
 市民環境部次長  千葉? 孝 穂 君   健康福祉部次長  小 野 秀 博 君
 経済部次長    佐 藤 義 治 君   土木部次長    前 田 典 洋 君
 三角支所長    佐 藤 増 雄 君   不知火支所長   松 本 優 子 君
 小川支所長    志 水   勉 君   豊野支所長    大 杉   止 君
                      農業委員会
 市民病院事務長  柴 尾 逸 子 君            中 村 英 助 君
                      事務局長
 監査委員事務局長 村 上 民 雄 君




               開議 午前10時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) これから、本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 諸般の報告



○議長(末松立身君) 日程第1、諸般の報告を行います。

 去る9月9日の会議において決算審査特別委員会委員の指名を行いましたが、委員の1人、山岡?二委員から辞任の届けが提出され、昨日受理し、許可をいたしました。委員会条例第8条の規定に基づき後任の委員に堀川三郎君を指名いたしましたので、ここに報告をいたします。

 以上、報告します。これで議長の諸般の報告を終わります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 発議第7号 宇城市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について



○議長(末松立身君) 日程第2、発議第7号宇城市議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを議題とします。

 本案についての趣旨説明を求めます。議会運営委員長、米村和雄君。



◎議会運営委員長(米村和雄君) 今回提出の宇城市議会会議規則の一部改正について趣旨説明を申し上げます。平成20年6月18日に公布がなされ、9月1日に施行された地方自治法の一部改正に伴う会議規則の改正であります。

 地方自治法では、議会は会議規則の定めるところにより、議案の審査又は議会の運営に関し、協議又は調整を行うための場を設けることができるものとするとし、地方自治法第100条に第12項として追加されたものであります。これを受け、宇城市議会におきましても会議規則に条文を追加することで議会活動が拡大し、かつ明確化されるとする改正案を提出するものであります。

 議員各位の賛同をいただきますようお願いをいたしまして、提案の趣旨説明といたします。



○議長(末松立身君) 発議第7号の趣旨説明が終わりました。

 これから質疑に入ります。質疑はありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第7号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

            [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第7号については委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、発議第7号宇城市議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第7号は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、発議第7号宇城市議会会議規則の一部を改正する規則の制定については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3  議案第61号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について



△日程第4  議案第62号 宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第5  議案第63号 宇城市企業振興促進条例の制定について



△日程第6  議案第64号 宇城市税特別措置条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第7  議案第65号 工事請負契約の締結について(宇城市防災行政無線整備工事)



△日程第8  議案第66号 土地改良事業の実施について



△日程第9  議案第67号 宇城市市道路線の廃止について



△日程第10 議案第68号 宇城市市道路線の認定について



△日程第11 議案第69号 宇城市土地開発公社定款の一部変更について



△日程第12 議案第70号 宇城広域連合を組織する地方公共団体の数の増減、処理する事務の変更及び規約の一部変更について



△日程第13 議案第71号 平成20年度宇城市一般会計補正予算(第2号)



△日程第14 議案第72号 平成20年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



△日程第15 議案第73号 平成20年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)



△日程第16 議案第74号 平成20年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1号)



△日程第17 議案第75号 平成20年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)



△日程第18 議案第76号 平成20年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第19 議案第77号 平成20年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第20 議案第78号 平成20年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第21 議案第79号 平成20年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)



△日程第22 議案第80号 平成20年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)



○議長(末松立身君) 日程第3、議案第61号地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてから、日程第22、議案第80号平成20年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)までを一括議題とします。

 去る9月9日の会議において審査を付託しました各常任委員会から審査結果の報告がありますので、ただいまから各常任委員会における審査の経過並びに結果について各常任委員長に報告を求めます。

 まず、総務常任委員長に報告を求めます。橋田和征君。



◎総務常任委員長(橋田和征君) 総務常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、条例4件、その他3件及び予算1件の8議案であります。

 委員会を9月11日、第2委員会室において開催し、全委員が出席。また説明員として関係部長、次長、各支所長及び関係課長の出席を求め審査を行いました。

 議案の審査の過程で論議された主なものを要約してご報告申し上げます。

 まず、議案第63号宇城市企業振興促進条例の制定について、委員から「第8条第4項に、その他市長が必要と認めたときとあるが、何を想定しているのか」との質疑に対して、「特に現状で想定はしていない。協議の段階で特に必要と認めた事態があるときには、臨機に対応できるようにとの思いで、掲載している。この4項を乱用するつもりもなく、この条文に記載のある範囲で運用していきたい」との答弁がありました。また、委員から「地場企業についても対応策を考慮されたい」との指摘がありました。

 次に、議案第65号工事請負契約の締結について、宇城市防災行政無線整備工事では、委員から「今回の1億8,000万円ほどの随意契約の理由は何か」との質疑に対して、「地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定を適用し、さらに本市の工事契約事務取扱要綱にのっとり随意契約を行っている。要因としては、過去2回防災行政無線が整備されており、いずれもメーカーは、NECが契約し、施工済であるので今回NECを選定し随意契約を行う。理由の第1点は、同一メーカーが施行することにより、既存施設との互換性及び適正金額での施工が可能などの有利性があり、メンテナンス関係でもすべてを網羅できる。第2点は、他社が豊野地区の事業を行う場合互換性がなくなり、互換性を保つためには部品の交換が必要となることから他に2億数千万円が必要となる。以上の理由から随意契約とした」との答弁がありました。

 次に、平成20年度宇城市一般会計補正予算(第2号)について、委員から「企画費において負担金80万円が増額されているが、先般宇城・氷川スマートインターチェンジ特別委員会が開催され、当初の予定より膨大な資金が必要というような試算がなされているようだが、このまま進むのか。またこの80万円は、どのようなことに使われるのか」との質疑に対して、「実施計画及び関係機関との協議資料の作成、費用弁償及び勉強会開催等に伴う費用である。また、多額の事業費が必要であることから財政的にも厳しい状況であることは認識しており、なんらかの国の補助金制度ができた時点で、財政見通しが立てば即座に対応できるようにということで、勉強会から進めている」との答弁がありました。

 以上が質疑と答弁の主な点でありますが、採決の結果、本委員会に付託されました議案につきましては、すべて原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 以上で、総務常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 総務常任委員長の報告が終わりました。

 次に、建設経済常任委員長に報告を求めます。野田寛君。



◎建設経済常任委員長(野田寛君) 建設経済常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における審査の経過並びに結果について、ご報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、その他案件3件及び予算案件5件の8議案であります。

 当委員会におきまして、委員会を9月11日、第4委員会室において開催しました。委員会には全委員が出席。また、説明員として、関係部長、次長及び担当課長の出席を求め、審査を行いました。

 議案の審査の過程で論議された主なものを要約して、ご報告を申し上げます。

 まず、議案第71号平成20年度宇城市一般会計補正予算(第2号)、商工費の公園費、誉ヶ丘公園駐車場等整備工事費について、委員から、「どのような整備になるのか」との質疑に対し、「公園の頂上部分の既設の駐車場の奥に、約500?程度で20台分を確保したいと思っている。また、公園等への案内板設置に、約150万円程度を予定している」との答弁がありました。

 次に、土木費、道路新設改良費の測量設計業務委託料について、委員から「港町上ノ原線は民家が密集している。この路線の計画は実行に移せるのか、あるいはルート変更が早いのではないかと言った考えもあったが、今回、測量をして試算をするということか」との質疑に対し、「この路線は、多額の事業費を想定しているが、家屋移転が事業費の大半を占めている。今回、補助事業での取組を予定しているため、地元住民の用地に対する同意、賛同を得たいということで用地測量業務を計上した」との答弁がありました。

 次に、同款、都市計画総務費の建築物耐震改修促進計画策定業務委託料について、委員から「この委託料はどういうところが対象となるのか」との質疑に対し、「耐震基準から外れた、昭和56年以前の建物を、A,B,Cの建築物に分け、Aを学校関係、病院、官公署等、Bを危険物貯蔵施設等、Cを道路沿いの民家等に分類し、例えば地震が起きたとき、どういう影響を及ぼすかなどの調査をし、整備計画を策定するための委託料である。今後、教育部と連携を図りながら策定に向けて取り組んで参りたい」との答弁がありました。

 次に、議案第76号、平成20年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)、施設改良費について、委員から「この工事の箇所と内容はどのようなものか」との質疑に対し、「豊野町上巣林簡易水道の配水池に、水量を確認するための水位計の設置と、豊野支所において、配水池の水位が確認できる、テレメータシステムを設置する費用である」との答弁でした。

 次に、議案第78号平成20年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、「流域下水道維持管理負担金714万8千円の増額の原因は何か」との質疑に対し、「小川町から八代流域処理場に流入する汚水量が当初計画から7万7,086t増加したものによる増額で、前年度実績に基づいて本年度精算するという方法によるためである」との答弁がありました。

 以上が質疑と答弁の主な点でありますが、採決の結果、本委員会に付託されました議案につきましては、すべて原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、建設経済常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 建設経済常任委員長の報告が終わりました。

 次に、民生常任委員長に報告を求めます。堀川三郎君。



◎民生常任委員長(堀川三郎君) 民生常任委員会に付託された予算案件5件について、本委員会における審査の経過と結果について、ご報告申し上げます。

 本委員会におきましては、委員会を9月12日、第2委員会室において開催しました。委員会には全委員が出席し、また説明員として関係部長、次長及び担当課長の出席を求め、審査を行いました。

 議案の審査の過程で論議されました主なものを要約してご報告申し上げます。

 まず、議案第71号平成20年度宇城市一般会計補正予算(第2号)について、衛生費、健康増進事業費の委託料について、委員から「減額の理由は何か」との質疑に対し、執行部から、「今までは、脳検診自己負担金として病院に支払われていたお金を歳入として受け入れ、市の財源とあわせて、検診料を病院に払っていた。職員が現金を取り扱うことや非常に手間がかかることから、病院には自己負担金を差し引いて支払うこととした。そのため、脳検診自己負担金3,000円の2,000人分ということで、600万円見込んでいたものを減額したものである」との答弁でした。

 次に、同款、病院費、建設改良費等出資金について、委員から「市民病院改修費1,219万9千円の内容は何か」との質疑に対して、執行部から「病棟屋上防水改良工事において、およそ680万円、事務室増築工事におよそ540万円をそれぞれ委託料を含めて計上している」との答弁でした。これを受け委員から「先日、常任委員会の視察で病院を見せてもらったが、確かに雨漏りがあり、衛生面において非常に心配である。また、事務所も手狭で、書類が煩雑している。予算が成立したら早急に工事に取り掛かり、充実した病院経営ができるようにすべき」との指摘がありました。

 次に、環境衛生総務費の電動生ごみ処理機購入費補助金について、委員から「40万円計上してあるが、何台分を想定しているのか」との質疑に対し、「17年度21台、18年度22台、19年度10台分の補助金支払の実績により、1台あたり最高限度額2万円の補助で20台分の予算を計上した」との答弁でした。さらに、委員から「担当者が、電動生ごみ処理機を見たことがないという上での説明を受けたが、これでは説得力はないし、PR不足は否めない。自分の目で見て、確かめて、もっと普及するようPRに努めるべき」との意見がありました。

 議案第73号、平成20年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)について、委員から「本会議初日に、この特別会計予算の関係で、一般会計補正予算書の差替えが行われたが原因は何か」との質疑に対し、執行部から「本特別会計には一般会計から繰入金を予定していたが、繰入れできないということが判明した。にもかかわらず、特別会計のみ修正して、一般会計の修正をするのを怠ったため、今回のような差替えになった」との答弁でした。これを受け、委員から「今後、二度とこのようなことがないように横の連絡を密にし、チェック機能を高めるべき」との指摘がありました。

 以上が、質疑と答弁の主な点であります。

 これらの質疑を終結いたしまして討論の有無を諮りましたが、討論はありませんでした。

 採決の結果、本委員会に付託されました議案につきましては、すべて全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 以上、民生常任委員会における審査の経過及び結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 民生常任委員長の報告が終わりました。

 次に、文教常任委員長に報告を求めます。椎野和代君。



◎文教常任委員長(椎野和代君) 文教常任委員会に付託されました案件につきまして、審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、議案第71号及び議案第75号の2議案です。

 当委員会におきましては、委員会を9月12日、第4委員会室において開催しました。委員会には全委員が出席。また説明員として、教育部の部長、関係課長等の出席を求め、審査を行いました。

 議案の審査の過程で論議されました主なものを要約してご報告申し上げます。

 議案第71号平成20年度宇城市一般会計補正予算(第2号)については、教育費の小学校費及び中学校費について、委員から、「耐震診断の予算がそれぞれ計上されているがどのような内容か、またその診断の結果に対してどのような対策を講じるのか」との質疑に対し、執行部から「今回は2次診断であり、改築予定の不知火中学校体育館及び豊野小学校以外の耐震診断が済んでいない小・中学校全棟を対象とし診断する。その診断の結果が阪神・淡路大震災と同規模の地震がくれば危険とされるIS値0.3以下の場合は、21年度、22年度の2か年においてすべて補強を行いたい」との答弁がありました。また、この小・中学校の耐震診断の委託事業に関連し、委員から「以前三角市民センターで問題となったアスベストというものは、吹き付けるだけではなく、天井や壁などの建築資材にも含まれている場合があるので、学校の検査は済んでいると思うが再度確認すべきではないか」との指摘に対し、執行部から「前回アスベストが問題になったとき調査をしているが、再度調査をする」との答弁がありました。

 次に、議案第75号平成20年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)について、委員から「もう少し魅力ある奨学金制度に変えていく必要があるのではないか。アンケート等を実施して、情報を収集しながら、この奨学金制度の目的が果たせるようなサービスを提供できる制度に変えていく必要があるのではないか」との意見が出され、これに対し執行部から「この奨学金制度を利用する人の声は大事だと思う。現在、募集期間は年1回であるが、次年度から募集期間を年2回とし、アンケート等を実施しながら、また教育委員会の意見を聞きながら、より良い、活用しやすい制度にしたい」との答弁がありました。

 以上で、質疑を終結いたしまして、討論の有無を諮りましたが討論はありませんでした。

 採決の結果、本委員会に付託されました2議案につきましては、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 以上、文教常任委員会における審査の経過並びに結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 文教常任委員長の報告が終わりました。

 以上で、各常任委員長の報告が終わりました。

 これから、委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 これから、議案第61号地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから議案第61号地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第61号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第61号地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第62号宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第62号宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第62号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第62号宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第63号宇城市企業振興促進条例の制定についての討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第63号宇城市企業振興促進条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第63号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員であります。したがって、議案第63号宇城市企業振興促進条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第64号宇城市税特別措置条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第64号宇城市税特別措置条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第64号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第64号宇城市税特別措置条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第65号工事請負契約の締結について(宇城市防災行政無線整備工事)の討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第65号工事請負契約の締結について(宇城市防災行政無線整備工事)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第65号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第65号工事請負契約の締結について(宇城市防災行政無線整備工事)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第66号土地改良事業の実施についての討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第66号土地改良事業の実施についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第66号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第66号土地改良事業の実施については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第67号宇城市市道路線の廃止についての討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第67号宇城市市道路線の廃止についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第67号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第67号宇城市市道路線の廃止については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第68号宇城市市道路線の認定についての討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第68号宇城市市道路線の認定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第68号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第68号宇城市市道路線の認定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第69号宇城市土地開発公社定款の一部変更についての討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第69号宇城市土地開発公社定款の一部変更についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第69号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第69号宇城市土地開発公社定款の一部変更については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第70号宇城広域連合を組織する地方公共団体の数の増減、処理する事務の変更及び規約の一部変更についての討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第70号宇城広域連合を組織する地方公共団体の数の増減、処理する事務の変更及び規約の一部変更についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第70号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第70号宇城広域連合を組織する地方公共団体の数の増減、処理する事務の変更及び規約の一部変更については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第71号平成20年度宇城市一般会計補正予算(第2号)の討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第71号平成20年度宇城市一般会計補正予算(第2号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する各委員長報告は、原案可決です。議案第71号は、各委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員であります。したがって、議案第71号平成20年度宇城市一般会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第72号平成20年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第72号平成20年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第72号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第72号平成20年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第73号平成20年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第73号平成20年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第73号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第73号平成20年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第74号平成20年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第74号平成20年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第74号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第74号平成20年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第75号平成20年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第75号平成20年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第75号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第75号平成20年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第76号平成20年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第76号平成20年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第76号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第76号平成20年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第77号平成20年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第77号平成20年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第77号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第77号平成20年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第78号平成20年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第78号平成20年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第78号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第78号平成20年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第79号平成20年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第79号平成20年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第79号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第79号平成20年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第80号平成20年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第80号平成20年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第80号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第80号平成20年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第23 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について(山下長次氏)



○議長(末松立身君) 日程第23、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦について(山下長次氏)を議題とします。

 これから質疑に入りますが、通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっています諮問第2号は、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

            [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、諮問第2号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これから、諮問第2号に対する討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦について(山下長次氏)を採決します。採決は起立によって行います。諮問第2号は、適任と答申することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦について(山下長次氏)は適任と認め、答申することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第24 発議第8号 森林・林業・木材産業施策の積極的な展開を求める意見書の提出について



○議長(末松立身君) 日程第24、発議第8号森林・林業・木材産業施策の積極的な展開を求める意見書の提出についてを議題とします。本案についての趣旨説明を求めます。野田寛君。



◆15番(野田寛君) 森林・林業・木材産業施策の積極的な展開を求める意見書につきまして、発議者を代表して趣旨説明を申し上げます。

 近年、地球温暖化が深刻な環境問題となる中で、環境資源としての森林に対し強い期待が寄せられていますが、森林経営は脆弱化し、その担い手である山村は崩壊の危機に立っています。

 そのため、森林所有者の森林経営意欲を創出するため施策の推進はもとより、民間による整備が困難な水源林等公益森林の整備に対する公的機関の役割の強化、更には、森林・林業の担い手である山村の再生に向けた積極的な取組が重要となっています。

 以上のことから、森林吸収源対策の推進はもとより、水源林等公益森林の整備、更には地域林業・木材産業の振興を通じた山村の活性化に寄与できるよう意見書を提出するものです。

 議員各位におかれましては、本意見書案の趣旨をご理解いただき、ご賛同承りますよう、よろしくお願い申し上げ、発議者代表の趣旨説明といたします。



○議長(末松立身君) 趣旨説明が終わりました。

 これから質疑に入ります。質疑はありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第2号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

            [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第8号については委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、発議第8号森林・林業・木材産業施策の積極的な展開を求める意見書の提出についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第8号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、発議第8号森林・林業・木材産業施策の積極的な展開を求める意見書の提出については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第25 発議第9号 新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出について



○議長(末松立身君) 次に、日程第25、新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出についてを議題とします。本案についての趣旨説明を求めます。橋田和征君。



◆10番(橋田和征君) 新たな過疎対策法の制定に関する意見書につきまして、発議者を代表して趣旨説明を申し上げます。

 過疎対策については、昭和45年に「過疎地域対策緊急措置法」制定以来、総合的な過疎対策事業が実施され、生活環境の整備や産業の振興など一定の成果を挙げたところでありますが、人口減少、高齢化は、特に過疎地域において顕著であり、生活・生産基盤の弱体化が進むなかで、多くの集落が消滅の危機に瀕するなど、過疎地域は極めて深刻な状況に直面しています。

 現行の「過疎地域自立促進特別措置法」は、平成22年3月をもって失効することになりますが、引き続き過疎地域の振興を図り、そこに暮らす人々の生活を支えていくことが重要であります。

 この意見書は、過疎地域に住み続ける住民にとって安心・安全に暮らせる地域として健全に維持するためには、引き続き総合的な過疎対策を充実強化させることが必要であるため、新たな過疎対策法の制定を強く要望するものでございます。

 議員各位におかれましては、本意見書案の趣旨をご理解いただき、ご賛同賜りますよう、よろしくお願い申し上げ、発議者代表の趣旨説明とします。



○議長(末松立身君) 趣旨説明が終わりました。

 これから質疑に入ります。質疑はありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第9号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

            [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第9号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、発議第9号新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第9号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、発議第9号新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第26 発議第10号 地域医療を守る自治体意見書の提出について



○議長(末松立身君) 日程第26、発議第10号地域医療を守る自治体意見書の提出についてを議題とします。本案についての趣旨説明を求めます。?田幸夫君。



◆5番(?田幸夫君) ご苦労さまです。地域医療を守る自治体意見書の提出につきまして、発議者を代表しましてご提案をいたします。

 近年、地域での医療供給体制の不備が指摘されております。国民の間には、病気になったときの不安感が増大しております。よって、良質な医療を確保し、国民が安心できるような施策を求めるため関係省庁に意見書を提出したいと思います。

 内容につきましては、1、崩壊の危機に直面している地域医療を守るため、適切な医療財源の確保をはかること。1、地域医療を担う医師・看護師等の確保と養成のための支援体制を強化し、予算措置を行うこと。1、「公立病院改革プラン」の策定にあたっては、地域住民が安心して身近で継続的に医療サービスを受けられるよう、住民・利用者・医療関係者等の意見を十分に踏まえて策定・実施するようはかること。また、策定にあたっては、地域医療の後退を招くことの無いよう、医療機能の維持・強化を前提とし、必要な予算措置を行うこと。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出するものです。

 以上、意見書の趣旨説明を終わります。議員諸氏の皆さまのご理解をよろしくお願いをしておきます。



○議長(末松立身君) 趣旨説明が終わりました。

 これから、質疑に入ります。質疑はありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第10号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

            [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第10号については委員会付託を省略することに決定しました。

 これから、討論に入ります。討論はありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、発議第10号地域医療を守る自治体意見書の提出についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第10号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、発議第10号地域医療を守る自治体意見書の提出については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第27 議会運営委員会の閉会中の継続調査の申し出について



○議長(末松立身君) 日程第27、議会運営委員会の閉会中の継続調査の申し出についてを議題とします。

 議会運営委員長から議会運営委員会において調査中の事件について、会議規則第103条の規定によって、お手元に配りました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

            [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第28 各常任委員会の閉会中の継続審査・調査の申し出について



○議長(末松立身君) 日程第28、各常任委員会の閉会中の継続審査・調査の申し出についてを議題とします。

 各常任委員長から会議規則第103条の規定によって、お手元に配りました閉会中の継続審査・調査の申し出があります。

 お諮りします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査・調査とすることにご異議ありませんか。

            [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査・調査とすることに決定しました。

 これで、本日の日程は全部終了しました。会議を閉じます。

 平成20年第3回宇城市議会定例会を閉会します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               閉会 午前11時00分



地方自治法第123条第2項の規定により署名する。







宇城市議会議長







会議録署名議員







会議録署名議員