議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成20年 2月 定例会(第1回) 03月05日−05号




平成20年 2月 定例会(第1回) − 03月05日−05号







平成20年 2月 定例会(第1回)




          平成20年第1回宇城市議会定例会(第5号)

                           平成20年3月5日(水)
                           午前10時00分 開議
1 議事日程
 日程第1  議案第 2号 宇城市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正す
              る条例の制定について
 日程第2  議案第 3号 宇城市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正す
              る条例の制定について
 日程第3  議案第 4号 宇城市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例
              の制定について
 日程第4  議案第 5号 宇城市地域振興基金条例の制定について
 日程第5  議案第 6号 宇城市財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一
              部を改正する条例の制定について
 日程第6  議案第 7号 宇城市支所建設基金条例を廃止する条例の制定について
 日程第7  議案第 8号 宇城市自転車放置防止条例の制定について
 日程第8  議案第 9号 宇城市公共施設の暴力団排除に関する条例の制定につい
              て
 日程第9  議案第10号 宇城市男女共同参画推進懇話会条例を廃止する条例の制
              定について
 日程第10 議案第11号 宇城市男女共同参画社会推進委員会条例の制定について
 日程第11 議案第12号 宇城市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第12 議案第13号 宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定に
              ついて
 日程第13 議案第14号 宇城市後期高齢者医療に関する条例の制定について
 日程第14 議案第15号 宇城市環境保全に関する条例の制定について
 日程第15 議案第16号 宇城市空き地等の適切な管理に関する条例の制定につい
              て
 日程第16 議案第17号 宇城市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正
              する条例の制定について
 日程第17 議案第18号 宇城市立保育所の延長保育事業及び一時保育事業利用者
              負担金徴収条例の制定について
 日程第18 議案第19号 宇城市放課後児童健全育成事業利用者負担金徴収条例の
              制定について
 日程第19 議案第20号 宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定につ
              いて
 日程第20 議案第21号 宇城市小集落改良住宅条例の一部を改正する条例の制定
              について
 日程第21 議案第22号 宇城市下水道条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第22 議案第23号 宇城市公民館条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第23 議案第24号 宇城市生涯学習施設条例の一部を改正する条例の制定に
              ついて
 日程第24 議案第25号 宇城市コミュニティーセンター条例の一部を改正する条
              例の制定について
 日程第25 議案第26号 宇城市民館条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第26 議案第27号 指定管理者の指定について(宇城市元気老人交流施設)
 日程第27 議案第28号 宇城市市道路線の廃止について
 日程第28 議案第29号 宇城市市道路線の認定について
 日程第29 議案第30号 平成19年度宇城市一般会計補正予算(第6号)
 日程第30 議案第31号 平成19年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第
              2号)
 日程第31 議案第32号 平成19年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第3
              号)
 日程第32 議案第33号 平成19年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第3
              号)
 日程第33 議案第34号 平成19年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第2号)
 日程第34 議案第35号 平成19年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第
              3号)
 日程第35 議案第36号 平成19年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算
              (第3号)
 日程第36 議案第37号 平成19年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算
              (第4号)
 日程第37 議案第38号 平成19年度宇城市水道事業会計補正予算(第3号)
 日程第38 議案第39号 平成20年度宇城市一般会計予算
 日程第39 議案第40号 平成20年度宇城市国民健康保険特別会計予算
 日程第40 議案第41号 平成20年度宇城市老人保健特別会計予算
 日程第41 議案第42号 平成20年度宇城市後期高齢者医療特別会計予算
 日程第42 議案第43号 平成20年度宇城市介護保険特別会計予算
 日程第43 議案第44号 平成20年度宇城市奨学金特別会計予算
 日程第44 議案第45号 平成20年度宇城市簡易水道事業特別会計予算
 日程第45 議案第46号 平成20年度宇城市農業集落排水事業特別会計予算
 日程第46 議案第47号 平成20年度宇城市公共下水道事業特別会計予算
 日程第47 議案第48号 平成20年度宇城市水道事業会計予算
 日程第48 議案第49号 平成20年度国民健康保険宇城市病院事業会計予算
 日程第49 陳情第 1号 ハンセン病問題の真の解決と国立ハンセン病療養所菊池
              恵楓園の存続、医療・福祉の充実を国に求める意見書採
              択の陳情書
 日程第50 陳情第 2号 障害児保育の財源確保の要望書
 日程第51 発議第 1号 道路整備財源の確保に関する意見書の提出について
 日程第52 休会の件
 追加議事日程(第5号の追加1)
 日程第 1 発議第 2号 ハンセン病問題基本法の制定と国立ハンセン病療養所菊
              池恵楓園の存続、医療・福祉の充実を求める意見書の提
              出について

2 本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

3 出席議員は次のとおりである。(30人)
  1番 福 田 良 二 君           2番 河 野 正 明 君
  3番 橋 田   章 君           4番 ? 永 雄 一 君
  5番 ? 田 幸 夫 君           6番 大 嶋 秀 敏 君
  7番 尾 ? 治 彦 君           8番 藤 木   保 君
  9番 椎 野 和 代 君          10番 橋 田 和 征 君
 11番 河 野 一 郎 君          12番 坂 本 順 三 君
 13番 中 村 友 博 君          14番 山 岡 ? 二 君
 15番 野 田   寛 君          16番 松 下 倫 三 君
 17番 西 村   智 君          18番 栗 ? 秀 人 君
 19番 長 谷 誠 一 君          20番 松 野 孝 敏 君
 21番 永 木 伸 一 君          22番 入 江   学 君
 23番 堀 川 三 郎 君          24番 末 松 立 身 君
 25番 米 村 和 雄 君          26番 中 山 弘 幸 君
 27番 古 川 紀 満 君          28番 石 川 洋 一 君
 29番 岡 本 泰 章 君          30番 楠 田   浩 君

4 欠席議員はなし

5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長   坂 ? 秀 直 君
 書    記   河 村 孝 義 君   書    記   小 川 康 明 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長       阿曽田   清 君   副市長      飯 田 精 也 君
 教育委員長    吉 ?   潔 君   教育長      長 田 政 敏 君
 総務部長     長 谷   隆 君   企画部長     河 田 信 之 君
 市民環境部長   林 田 清 春 君   健康福祉部長   村 本 憲 昭 君
 経済部長     上 野 和 範 君   土木部長     土 村 千佳雄 君
 教育部長     米 村   諭 君   会計管理者    川 上 輝 幸 君
 総務部次長    佐 藤 守 男 君   企画部次長    古 川 明 生 君
 市民環境部次長  宮 崎 一 誠 君   健康福祉部次長  城 本 剛 至 君
 教育部次長    尾 ? 基 雄 君   三角支所長    山 下 長 次 君
 不知火支所長   津志田 澄 男 君   小川支所長    志 水   勉 君
 豊野支所長    村 田 一 朗 君   市民病院事務長  岡 本 啓 子 君
 農業委員会
          中 村 英 助 君   監査委員事務局長 村 上 民 雄 君
 事務局長





               開議 午前10時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) これから、本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1  議案第 2号 宇城市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第2  議案第 3号 宇城市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第3  議案第 4号 宇城市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第4  議案第 5号 宇城市地域振興基金条例の制定について



△日程第5  議案第 6号 宇城市財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第6  議案第 7号 宇城市支所建設基金条例を廃止する条例の制定について



△日程第7  議案第 8号 宇城市自転車放置防止条例の制定について



△日程第8  議案第 9号 宇城市公共施設の暴力団排除に関する条例の制定について



△日程第9  議案第10号 宇城市男女共同参画推進懇話会条例を廃止する条例の制定について



△日程第10 議案第11号 宇城市男女共同参画社会推進委員会条例の制定について



△日程第11 議案第12号 宇城市手数料条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第12 議案第13号 宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第13 議案第14号 宇城市後期高齢者医療に関する条例の制定について



△日程第14 議案第15号 宇城市環境保全に関する条例の制定について



△日程第15 議案第16号 宇城市空き地等の適切な管理に関する条例の制定について



△日程第16 議案第17号 宇城市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第17 議案第18号 宇城市立保育所の延長保育事業及び一時保育事業利用者負担金徴収条例の制定について



△日程第18 議案第19号 宇城市放課後児童健全育成事業利用者負担金徴収条例の制定について



△日程第19 議案第20号 宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第20 議案第21号 宇城市小集落改良住宅条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第21 議案第22号 宇城市下水道条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第22 議案第23号 宇城市公民館条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第23 議案第24号 宇城市生涯学習施設条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第24 議案第25号 宇城市コミュニティーセンター条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第25 議案第26号 宇城市民館条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第26 議案第27号 指定管理者の指定について(宇城市元気老人交流施設)



△日程第27 議案第28号 宇城市市道路線の廃止について



△日程第28 議案第29号 宇城市市道路線の認定について



△日程第29 議案第30号 平成19年度宇城市一般会計補正予算(第6号)



△日程第30 議案第31号 平成19年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



△日程第31 議案第32号 平成19年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第3号)



△日程第32 議案第33号 平成19年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第3号)



△日程第33 議案第34号 平成19年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第2号)



△日程第34 議案第35号 平成19年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)



△日程第35 議案第36号 平成19年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)



△日程第36 議案第37号 平成19年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)



△日程第37 議案第38号 平成19年度宇城市水道事業会計補正予算(第3号)



○議長(末松立身君) 日程第1、議案第2号宇城市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから、日程第37、議案第38号平成19年度宇城市水道事業会計補正予算(第3号)までを一括議題とします。

 去る2月27日の会議において、審査を付託しました各常任委員会から審査結果の報告がありますので、ただいまから各常任委員会における審査の経過並びに結果について、各常任委員長に報告を求めます。

 まず、総務常任委員長に報告を求めます。野田寛君。



◎総務常任委員長(野田寛君) おはようございます。総務常任委員会の審査報告をいたします。総務常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における審査の経過並びに結果について、ご報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、条例案件10件及び予算案件1件の11議案であります。当委員会におきまして、委員会を2月28日、第2委員会室において開催しました。委員会には全委員が出席。また説明員として、関係部長、次長、各支所の支所長及び担当課長の出席を求め審査を行いました。

 議案の審査の過程で論議された主なものを要約してご報告を申し上げます。

 まず、議案第3号宇城市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について、委員から「市民病院の医師の待遇改善並びに招へいする条件整備と思うが、今回の改正で1%枠はどれくらいの額になるのか」という質疑に対して、執行部から「新たに入院管理手当を設ける条例改正である。金額は入院患者に係る診療報酬額の1%で、現在診療報酬は1,500万円から2,000万円で推移しているので、医師の一人当たり平均月額で5万6千円から6万円、年間67万円から70万円程度になる」との答弁がありました。

 次に、議案第8号宇城市自転車放置防止条例の制定について、委員から「この条例は駅周辺に対するものと思うが、特に松橋駅の駐輪場では、雨の日も風の日も連日ボランティアによる整理整頓が成されている。それにもかかわらず道路の中央まで自転車で溢れ、夜間放置も数多くある。そういう中での条例制定は好ましいことであるが、担当部の定期的なパトロールも必要ではないか」とただしたところ、執行部から「駐輪場として不十分なところもある。昨年中、松橋駅で126台、小川駅で48台を撤去処分した。今後パトロールを強化し、駐輪対策にかかわるとともに、本条例に基づき適正処分に努めたい」との答弁がありました。

 次に、議案第30号宇城市一般会計補正予算(第6号)総務費、駅周辺開発推進事業、松橋駅周辺地区及び新幹線駅周辺調査業務委託料について、委員から「800万円の減額になっているが、この事業は足踏み状態が続き、納得がいかない部分がある。現在の進捗はどうなっているのか」との質疑に対し、執行部から「基本構想、基本計画ができないままになっている。この委託料は、地元の意向あるいは解析調査の委託料であるが、滞っておりできなくなっているので減額補正をする。なお、再度20年度に予算計上している」との答弁がありました。これを受け、委員から「この事業はコンサルとの話し合いに食い違いがあったと説明を受けているが、駅前周辺開発推進室を設けて開発事業に取り組むという姿勢を示しておきながらこの状態にある。毎年毎年、駅前開発の予算化をしているものの計画は進んでいない。当初から取り組んできた事業や計画内容を整理し、今後委員会にも提示できるようにすべきである」との意見がありました。

 次に、指定寄附金について、委員から「個人から1,000万円の寄附金は、使い道は指定されているのか」との質疑に対し、執行部から「今回の寄附は、小川町出身者からの寄附で、旧小川町のために使ってくださいとの指定があっている。小川町の振興のためという形で慎重に検討し、寄附された本人の意向に沿えるよう基金で保管し、今後有効利用を検討したい」との答弁がありました。

 以上が質疑と答弁の主な点でありますが、採決の結果、本委員会に付託されました議案につきましては、すべて原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、総務常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 総務常任委員長の報告が終わりました。

 次に、建設経済常任委員長に報告を求めます。中山弘幸君。



◎建設経済常任委員長(中山弘幸君) 建設経済常任委員会に付託されました議案10件について、本委員会における審査の経過と結果についてご報告を申し上げます。

 当委員会におきまして、委員会を2月28日、第4委員会室において開催しました。委員会の開催中は全委員が出席。また説明員として、経済部及び土木部の部長、関係課長の出席を求め審査を行いました。

 議案の審査の過程で議論されました主なものを要約してご報告を申し上げます。

 まず、議案第29号宇城市市道路線の認定について、委員から「市道古屋敷線については、既存の道路の拡幅ではなく、新たに橋を架け、道路を新設する計画になっているが、別に存在する既存の道路を拡幅した方が事業費は安くなるのではないか」との質疑に対し、「その道路だと古屋敷線の線形が変な形となり、付替え路線としてはふさわしくない」との答弁がありました。

 次に、議案第30号平成19年度宇城市一般会計補正予算については、農林水産業費について、委員から「物産館建設事業の用地購入費が1億573万8千円繰越明許費補正をされており、さらには、物産館建設費で設計業務委託料が700万円減額されている。聞くところによると、用地買収については、あと1人の方との話し合いが残っているということであるが、現在の状況はどうなっているのか」との質疑に対し、「2月26日に合意をもらい、翌27日に契約同意をしている。その結果、19年度で用地買収の契約同意はすべて済んだことになる」との答弁がありました。

 次に、土木費の住宅管理費について、委員から「滞納整理等法的措置弁護士委託料が210万円減額してあるが、その理由は何か」との質疑に対し、「当初、調停を18件、裁判を5件予定していたが、結果として、調停が5件、裁判が1件のみの対処となったためである。滞納整理の方法等について、滞納者と担当課で接触しているが、分納や一括で納めてもらう約束ができたこと等によるものである」との答弁がありました。また、同じく土木費の住宅管理費について、委員から「工事請負費の市営住宅補修工事費が309万円減額してある。老朽化している建物が多いと聞いているが、補修については、雨漏りの補修などが多いと思う。これについては、時期的に工事ができないことによる減額なのか」との質疑に対し、「工事請負費については、屋根補強工事の入札残である。普通の老朽化の補修については、需用費の中の修繕費ということで挙げてある」との答弁がありました。

 採決の結果は、本委員会に付託されました議案につきましては、すべて全委員賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 以上、建設経済常任委員会における審査の経過及び結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 建設経済常任委員長の報告が終わりました。

 次に、民生常任委員長に報告を求めます。西村智君。



◎民生常任委員長(西村智君) 民生常任委員会に付託されました条例案件8件、その他案件1件、予算案件4件について、本委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。

 本委員会におきましては、委員会を2月29日、第2委員会室において開催しました。委員会には全委員が出席。また説明員として関係職員の出席を求め、審査を行いました。

 議案の審査の過程で議論されました主なものを要約してご報告申し上げます。

 まず、議案第15号宇城市環境保全に関する条例の制定について、委員から「条例制定は大変いいことだと思う。条例では罰則等の規定はないが、どういう形でこれを浸透して進めていく考えなのか」という質疑に対して、「この条例では、罰則規定は設けていない。民法等の上位法との関連もあるので、指導勧告が条例制定のギリギリの権限と考えている」との答弁でした。さらに、委員から「不法投棄禁止がうたわれているが、不法投棄の巡回、摘発はどうするのか。仮に、それが見つかった場合は、誰がどこに通報するのか」という質疑に対して、「不法投棄のパトロールは、NPO法人環境保全隊が定期的に、毎月10回程度巡回をしている。市は環境保全隊から報告を受けた後、不法投棄の名前がわかった場合は、本人に連絡し、処理しない場合は警察に通知をしている。氏名等が不明な場合は、市で処理をしている」との答弁でした。

 次に、議案第16号宇城市空き地等の適切な管理に関する条例の制定について、委員から「空き地の不良状態の定義について、『空き地等の使用の意思が確認できず』と表現してあるが、この文章は必要ないのではないか。これは、意思が確認できれば不良状態ではないことになり、この文言に固執すると紛らわしくなり、わかりづらい」という意見があります。これに対して、「条例の制定にあたっては、県及び他市等の条例を参考に作成し、こういう表現になった。今後、県とも十分連携をしながら、運用上で反映していきたい」との答弁でした。

 議案第30号平成19年度宇城市一般会計補正予算(第6号)について、委員から「老人保健事業の健康診断業務委託料、地域複合・単独健診業務委託料及び施設一括健診業務委託料、これら三つの委託料の減額の理由は何か」との質疑に対し、「健康診断業務委託料と地域複合・単独健診業務委託料は、当初見込みより受診者が少なかったため減額したものである。MRI脳検診の施設一括検診業務委託料については、年度当初3,000人分を予算計上し、当初の申し込み分に加え、新たに60歳到達者2ヶ年分を対象にした追加申し込み分を含めて予定したが、医療機関での処理能力を超えることから、20年度に約200人分を繰延べ実施することとし、19年度予算を減額したものである」との答弁でした。

 これらの質疑を終結いたしまして、討論の有無を諮りましたが、討論はありませんでした。採決の結果、本委員会に付託されました議案につきましては、すべて全員賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 以上、民生常任委員会における審査の経過及び結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 民生常任委員長の報告が終わりました。

 次に、文教常任委員長の報告を求めます。入江学君。



◎文教常任委員長(入江学君) 文教常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、条例案件4件及び予算案件2件の6議案であります。

 本委員会におきましては、委員会を2月29日、第4委員会室において開催しました。委員会には全委員が出席。また説明員として、教育部長及び各担当課長の出席を求め審査を行いました。

 議案の審査の過程で論議されました主なものを要約してご報告申し上げます。

 まず、議案第23号宇城市公民館条例の一部を改正する条例の制定について、委員から「今回の改正で、使用料はどのくらい上がるのか」との質疑に対して、執行部から「使用料については、これまで旧町それぞれの5館が時間単位、あるいは半日単位と統一されていなかったものを利用される部屋の大きさに応じて統一するものであり、基本的には変化はない。これまで1回につき使用料を設定していたものについては、時間単位に改定になることから、普通は下がるものと思われる」との答弁がありました。また、委員から「ピアノ使用料については、なぜ1回当たりなのか」との質疑に対し、執行部から「発表会などにおいては、2時間あるいは半日かかるが、実際のピアノの使用時間は、20分程度の短い使用であっても全体時間を借りる必要があり、時間単位では不利益になることから1回当たりとした」との答弁がありました。

 議案第30号平成19年度宇城市一般会計補正予算(第6号)について、委員から「教育振興費の扶助費において、要保護・準要保護児童援助費を105万円増額しているが、対象児童が増えているのか。また、現状はどうなのか」との質疑に対し、執行部から「毎年増加傾向にあり、各学校ほぼ同程度で全児童の1割弱が該当している」との答弁がありました。

 議案第34号平成19年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第2号)について、委員から「利用状況はどうなっているのか」との質疑に対し、執行部から「高校生2万円、10人、短大生2万5,000円、10人、大学生3万円、10人と5万円、10人の合計40人を予定しているが、19年度の利用者は、高校生7人、短大生1人、大学生3万円、1人、5万円、5人である」との答弁でありました。また委員から「啓発がなされていないように思える。中学校に啓発して、利用を促進しなければならないと思うが、どうか」とただしたところ、執行部から「広報紙や学校を通じて周知している。再度、校長会などで啓発を行っていきたい」との答弁がありました。

 以上が、質疑と答弁の主な点でありますが、採決の結果、本委員会に付託されました議案につきましては、すべて原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、文教常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 文教常任委員長の報告が終わりました。

 以上で、各常任委員長の報告が終わりました。

 これから、委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 これから、議案第2号宇城市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから、議案第38号平成19年度宇城市水道事業会計補正予算(第3号)までの討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第2号宇城市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第2号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第2号宇城市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第3号宇城市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第3号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第3号宇城市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第4号宇城市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第4号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第4号宇城市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第5号宇城市地域振興基金条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第5号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第5号宇城市地域振興基金条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第6号宇城市財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第6号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第6号宇城市財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第7号宇城市支所建設基金条例を廃止する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第7号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第7号宇城市支所建設基金条例を廃止する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第8号宇城市自転車放置防止条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第8号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第8号宇城市自転車放置防止条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第9号宇城市公共施設の暴力団排除に関する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第9号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第9号宇城市公共施設の暴力団排除に関する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第10号宇城市男女共同参画推進懇話会条例を廃止する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第10号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第10号宇城市男女共同参画推進懇話会条例を廃止する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第11号宇城市男女共同参画社会推進委員会条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第11号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第11号宇城市男女共同参画社会推進委員会条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第12号宇城市手数料条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第12号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第12号宇城市手数料条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第13号宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第13号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第13号宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第14号宇城市後期高齢者医療に関する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第14号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第14号宇城市後期高齢者医療に関する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第15号宇城市環境保全に関する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第15号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第15号宇城市環境保全に関する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第16号宇城市空き地等の適切な管理に関する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第16号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第16号宇城市空き地等の適切な管理に関する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第17号宇城市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第17号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第17号宇城市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第18号宇城市立保育所の延長保育事業及び一時保育事業利用者負担金徴収条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第18号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第18号宇城市立保育所の延長保育事業及び一時保育事業利用者負担金徴収条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第19号宇城市放課後児童健全育成事業利用者負担金徴収条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第19号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第19号宇城市放課後児童健全育成事業利用者負担金徴収条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第20号宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第20号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第20号宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第21号宇城市小集落改良住宅条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第21号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第21号宇城市小集落改良住宅条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第22号宇城市下水道条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第22号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第22号宇城市下水道条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第23号宇城市公民館条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第23号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第23号宇城市公民館条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第24号宇城市生涯学習施設条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第24号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第24号宇城市生涯学習施設条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第25号宇城市コミュニティーセンター条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第25号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第25号宇城市コミュニティーセンター条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第26号宇城市民館条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第26号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第26号宇城市民館条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第27号指定管理者の指定について(宇城市元気老人交流施設)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第27号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第27号指定管理者の指定について(宇城市元気老人交流施設)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第28号宇城市市道路線の廃止についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第28号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第28号宇城市市道路線の廃止については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第29号宇城市市道路線の認定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第29号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第29号宇城市市道路線の認定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第30号平成19年度宇城市一般会計補正予算(第6号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する各委員長報告は、原案可決です。議案第30号は、各委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第30号平成19年度宇城市一般会計補正予算(第6号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第31号平成19年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第31号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

               (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第31号平成19年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第32号平成19年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第3号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第32号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第32号平成19年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第33号平成19年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第3号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第33号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第33号平成19年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第34号平成19年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第2号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第34号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第34号平成19年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第35号平成19年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第35号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第35号平成19年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第36号平成19年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第36号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第36号平成19年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第37号平成19年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第37号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第37号平成19年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第38号平成19年度宇城市水道事業会計補正予算(第3号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第38号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第38号平成19年度宇城市水道事業会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第38 議案第39号 平成20年度宇城市一般会計予算



△日程第39 議案第40号 平成20年度宇城市国民健康保険特別会計予算



△日程第40 議案第41号 平成20年度宇城市老人保健特別会計予算



△日程第41 議案第42号 平成20年度宇城市後期高齢者医療特別会計予算



△日程第42 議案第43号 平成20年度宇城市介護保険特別会計予算



△日程第43 議案第44号 平成20年度宇城市奨学金特別会計予算



△日程第44 議案第45号 平成20年度宇城市簡易水道事業特別会計予算



△日程第45 議案第46号 平成20年度宇城市農業集落排水事業特別会計予算



△日程第46 議案第47号 平成20年度宇城市公共下水道事業特別会計予算



△日程第47 議案第48号 平成20年度宇城市水道事業会計予算



△日程第48 議案第49号 平成20年度国民健康保険宇城市民病院事業会計予算



○議長(末松立身君) 日程第38、議案第39号平成20年度宇城市一般会計予算から日程第48、議案第49号平成20年度国民健康保険宇城市民病院事業会計予算までを一括議題とします。

 これから、議案第39号から議案第49号までの総括質疑を行います。

 これより質疑に入ります。通告がありますので、これを許します。17番、西村智君。



◆17番(西村智君) 質疑を行います。平成20年度宇城市一般会計予算書の43ページ、款2総務費、項1総務管理費、目6企画費、節15工事請負費、益南広場整備工事費4億4,000万円、それと前ページの益南広場測量設計業務委託料1,000万円が計上してあります。合わせると、4億5,000万円になっておりますけれども、昨年9月の第3回定例会で、答弁の中でグラウンド整備費が2億円、宿舎が2から3億円との答弁でありましたけれども、わずか6ヶ月で2倍以上の金額の計上であります。このままでいきますと、最終的に開場するまでにはいくら必要なのか、心配でたまりません。明確な説明を求めます。また、クラブハウス、不足金の195万円をNPO法人スポーツアカデミー熊本宇城からの寄附金からということになっておりますけれども、そうすることによって、一般財源を使わない、つじつま合せの計上になっております。市長は、寄附金については集まる気がするとの答弁があっておりましたけれども、9月定例会では、前にも言いましたように、宿舎は2億円から3億円が予定ということでした。先日の一般質問の答弁では、1億円という形に変わっております。この数字合せを見ると、執行部の苦肉の策なのか、皆さんが一生懸命頭をひねってこのような数字を出された結果なのか。

 以上、2点について説明を求めます。



◎企画部長(河田信之君) 西村議員のご質問にお答えいたします。

 9月定例会においての一般質問で、グラウンド整備費に約2億円程度、それから寄宿舎、クラブハウスも含めてでございますが、2億円から3億円ぐらいかかるのではないかというようなことで、今回予算で4億4,000万円計上しているが、その増額の要因はないかというような趣旨ではなかったかと思います。9月、その当時は、JFAアカデミーの活動拠点を観音山か益南広場どちらにするか定めておりませんでしたので、その当時、仮に益南広場に人工芝を敷設し、それにナイター照明やフェンス及び室内運動場等含め整備した場合、概算で約2億円程度、それからクラブハウス、いわゆる寄宿舎も含めたところで2億円から3億円と答弁したところであります。今回計上いたしました分につきましては、現在高齢者のグラウンドゴルフ、幼少年のキッズサッカー等、市民が利活用している益南広場をより利便性の高い施設として活用できることと併せ、JFAアカデミーの拠点という形で招致にも向けて整備することで、今回、測量設計業務委託料1,000万円、それから工事請負費に4億4,000万円計上いたしております。

 お尋ねの、昨年9月に答弁いたしました工事費よりも約2億円を超える増額となっておりますのは、極力一般財源を使わず特定財源を確保するため、国あるいは県と協議を数回重ねた結果、国土交通省所管のまちづくり交付金で多目的広場、要するに人工芝の敷設等の整備等をはじめ、寄宿舎とクラブハウスを分けて、クラブハウスだけ等の関連支出も認められ、総事業費4億5,000万円の内諾を得ているところであります。それを受け、今回その40%を補助金を充当し、クラブハウス等関連施設分を増額計上いたしたためであります。

 この工事請負費の内訳につきましては、2月27日に当初予算の詳細説明で説明したとおりであります。

 それから、NPO法人のアカデミー熊本宇城助成金から195万円の助成金と計上してありますが、可能性はあるかというような趣旨であったかと思いますが、NPO法人スポーツアカデミー熊本宇城は、JFAアカデミー熊本宇城の推進母体として活動しながらスポーツの普及を図り、まず寄宿舎等建設を行うため、目標に向けて募金活動の活動をいたしております。その中から、一部195万円ほど助成いただくことにいたしております。その内容については、昨日?田議員の一般質問で市長が答弁されたとおりであります。



◆17番(西村智君) 今、詳しい説明があってわかりましたけれども、益南広場だけでも3億円という数字になっております。9月議会で、この神聖な議場で発言されたことは、大変重いものと私たちは受け止めております。一時逃れの数字合せや小出しの答弁をされては、私たち議員は背中に多くの有権者の負託を担っております。宇城市民の皆様に説明責任があります。今後は、このようなことがないように執行部の対応を求め、質疑を終わります。



◎市長(阿曽田清君) 西村議員から9月答弁したのと、この3月の最終的な案が違うじゃないかというようなこと、議会においてもうちょっとその差が出るようなことはけしからんというご指摘であります。確かに、9月時点までの積み上げと、最終段階での積み上げ方につきましては、サッカー協会からのご要望、そして我々が受けて立てるだけの力というようなもの等をお互いに精査をする中で、双方の了解といいますか、これだけは満たしたというようなところで合意を達したのが最終案としてこのようにいたしたわけであります。したがって、9月の時点ですでにコンプリートされておれば、その時期に明確に今回の金額内容を説明できたと思いますけれども、最終的に日本サッカー協会とグラウンドのレベル、あるいは照明の必要性、屋内練習場はどの程度の屋内練習場が必要なのか、屋根だけでいいのか、あるいは全部覆った練習場が必要なのかといったような問題等も、こちらの予算と日本サッカー協会とギリギリ詰めさせていただいて、この程度は最低ほしいというところの中で決めさせていただいたということでありますので、日本サッカー協会といたしましても、最終的に今月の中、下旬に理事会が行われますが、その時点で決定ということでありますので、それまでずっとヒアリングを詰めてきた結果が、こうなったということでございますので、9月のは途中経過という意味合いもございますので、流動的であったということはご理解をいただきたいと思います。



○議長(末松立身君) これで、通告による質疑は終わりました。これで質疑を終結します。

 議案第39号平成20年度宇城市一般会計予算から議案第49号平成20年度国民健康保険宇城市民病院事業会計予算までにつきましては、お手元に配付しております平成20年第1回宇城市議会定例会委員会付託議案一覧表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に審査を付託します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第49 陳情第1号 ハンセン病問題の真の解決と国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の存続、医療・福祉の充実を国に求める意見書採択の陳情書



○議長(末松立身君) 日程第49、陳情第1号ハンセン病問題の真の解決と国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の存続、医療・福祉の充実を国に求める意見書採択の陳情書を議題とします。

 去る2月27日の会議において、審査を付託しました民生常任委員会から審査結果の報告がありますので、ただいまから、民生常任委員会における審査の経過並びに結果について報告を求めます。西村智君。



◎民生常任委員長(西村智君) ただいま議題となりました、陳情第1号ハンセン病問題の真の解決と国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の存続、医療・福祉の充実を国に求める意見書採択の陳情書の審査の経過及び結果についてご報告を申し上げます。

 本委員会は、委員会を2月29日、第2委員会室において開催。全委員が出席し審査を行いました。審査にあたっては、陳情書を精読した後、意見を求めましたが意見はありませんでした。以上で討論の有無を図りましたが、討論はありませんでした。

 採決の結果、全員賛成で陳情第1号は採択すべきものと決定をしました。

 以上で、民生常任委員会における審査の経過及び結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 民生常任委員長の報告が終わりました。

 これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 これから、討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、陳情第1号ハンセン病問題の真の解決と国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の存続、医療・福祉の充実を国に求める意見書採択の陳情書を採決します。採決は起立によって行います。本陳情書に対する委員長報告は採択です。陳情第1号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、陳情第1号ハンセン病問題の真の解決と国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の存続、医療・福祉の充実を国に求める意見書採択の陳情書は、採択することに決定しました。

 ここでしばらく休憩します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               休憩 午前10時00分

               再開 午前11時10分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 先ほど陳情第1号が採択されました。ただいま、西村智君から議員提出意見書、発議第2号ハンセン病問題基本法の制定と国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の存続、医療・福祉の充実を求める意見書の提出についてが提出されました。

 お諮りします。発議第2号を日程に追加し、追加日程第1として日程の順序を変更し、直ちに議題としたいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第2号を日程に追加し、追加日程第1として日程の順序を変更し、直ちに議題とすることに決定しました。

 ここで、書記に資料を配付いたさせますので、そのまましばらくお待ちください。

                [資料配付]

             −−−−−−−○−−−−−−−



△追加日程第1 発議第2号 ハンセン病問題基本法の制定と国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の存続、医療・福祉の充実を求める意見書の提出について



○議長(末松立身君) 追加日程第1、発議第2号ハンセン病問題基本法の制定と国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の存続、医療・福祉の充実を求める意見書の提出についてを議題とします。

 お諮りします。本案について、提出者の趣旨説明を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、本案について、提出者の趣旨説明を省略することに決定しました。

 これから質疑に入ります。質疑はありませんか。

             [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第2号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第2号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、発議第2号ハンセン病問題基本法の制定と国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の存続、医療・福祉の充実を求める意見書の提出についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第2号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、発議第2号ハンセン病問題基本法の制定と国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の存続、医療・福祉の充実を求める意見書の提出については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第50 陳情第2号 障害児保育の財源確保の要望書



○議長(末松立身君) 日程第50、陳情第2号障害児保育の財源確保の要望書を議題とします。地方自治法第117条の規定により、石川洋一君の退場を求めます。

              [石川洋一議員 退場]



○議長(末松立身君) 去る2月27日の会議において、審査を付託しました民生常任委員会から審査結果の報告がありますので、ただいまから民生常任委員会における審査の経過並びに結果について、報告を求めます。西村智君。



◎民生常任委員長(西村智君) ただいま議題となりました、陳情第2号障害児保育の財源確保の要望書の審査の経過及び結果について、ご報告を申し上げます。

 本委員会は、委員会を2月29日、第2委員会室において開催し審査を行いました。審査にあたっては、陳情書を精読した後、意見を求めました。

 まず、「要望事項の第1点目、第2点目については、今まで国庫補助を受けていたもので、一般財源化されることによる継続とさらなる拡充をお願いするもので賛成だが、第3点目は加配基準の改善ということで、現行の国、県基準は障害児4人に対して保育士1人であるのに対し、障害児2人に対して1人の保育士を要望するもので、このことについては検討する必要があるのではないかと思う。よって、第1点、第2点目は賛成するが、第3点目は今後検討する必要がある」との意見がありました。この意見に対して、「これは、あくまで要望であり、努力していただきたいということであるので、それをはずしての採択はいかがなものかと思う」との意見が出されました。

 以上で、討論の有無を図りましたが、討論はありませんでした。

 採決の結果、全員賛成で陳情第2号は、採択すべきものと決定をしました。

 以上で、民生常任委員会における審査の経過及び結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 民生常任委員長の報告が終わりました。

 これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 これから討論に入りますが、通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、陳情第2号障害児保育の財源確保の要望書を採決します。採決は起立によって行います。本陳情に対する委員長報告は採択です。陳情第2号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、陳情第2号障害児保育の財源確保の要望書は、採択することに決定しました。

 なお、お諮りします。採択した陳情第2号を執行機関に送付し、その処理の経過と結果の報告を請求したいと思いますが、ご異議ございませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、陳情第2号を執行機関に送付し、その処理の経過と結果の報告を請求することに決定しました。

 ここで、石川洋一君の入場を求めます。

              [石川洋一議員 入場]

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第51 発議第1号 道路整備財源の確保に関する意見書の提出について



○議長(末松立身君) 日程第51、発議第1号道路整備財源の確保に関する意見書の提出についてを議題とします。

 発議第1号は、会議規則第36条第3項の規定により、趣旨説明を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第1号は、趣旨説明を省略することに決定しました。

 これから質疑に入ります。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第1号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第1号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、発議第1号道路整備財源の確保に関する意見書の提出についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第1号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立多数です。したがって、発議第1号道路整備財源の確保に関する意見書の提出については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第52 休会の件



○議長(末松立身君) 日程第52、休会の件を議題とします。

 お諮りします。明日6日、明後日7日、来週10日及び12日は、各常任委員会の審査のため、11日、13日及び14日は議事整理のため休会にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、6日、7日及び10日から14日までは休会することに決定しました。なお、8日、9日、15日及び16日は市の休日のため休会であります。

 以上で本日の日程は全部終了しました。本日はこれで散会します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               散会 午前11時23分