議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成18年 9月 定例会(第3回) 09月27日−05号




平成18年 9月 定例会(第3回) − 09月27日−05号







平成18年 9月 定例会(第3回)



                    
          平成18年第3回宇城市議会定例会(第5号)

                           平成18年9月27日(水)
                           午前10時00分 開議 
1 議事日程
 日程第1  議案第76号 宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定に
              ついて
 日程第2  議案第77号 宇城市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部
              を改正する条例の制定について
 日程第3  議案第78号 宇城市特別職の非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する
              条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第4  議案第79号 宇城市不知火温泉ふるさと交流センター条例の一部を改
              正する条例の制定について
 日程第5  議案第80号 宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定につ
              いて
 日程第6  議案第81号 市営住宅使用料滞納者への法的措置について
 日程第7  議案第82号 宇城市市道路線の認定について
 日程第8  議案第83号 上天草・宇城水道企業団の規約の一部変更について
 日程第9  議案第84号 平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)
 日程第10 議案第85号 平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第
              2号)
 日程第11 議案第86号 平成18年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1 
              号)
 日程第12 議案第87号 平成18年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1 
              号)
 日程第13 議案第88号 平成18年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)
 日程第14 議案第89号 平成18年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第
              1号)
 日程第15 議案第90号 平成18年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算
              (第1号)
 日程第16 議案第91号 平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算 
              (第2号)
 日程第17 議案第92号 平成18年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)
 日程第18 議案第93号 平成18年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予
              算(第1号)
 日程第19 議案第94号 工事請負契約の締結について(統合三角小学校建設事業
              (校舎・プール)建設工事)
 日程第20 諮問第 4号 人権擁護委員候補者の推薦について
 日程第21 発議第12号 非核・平和都市宣言に関する決議について
 日程第22 発議第13号 道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書の提
              出について
 日程第23 発議第14号 議員派遣の件
 日程第24        議会運営委員会の閉会中の継続調査の申し出について
 日程第25        各常任委員会の閉会中の継続審査・調査の申し出につい
              て

2 本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

3 出席議員は次のとおりである。(30名)
  1番 福 田 良 二 君           2番 河 野 正 明 君
  3番 橋 田   章 君           4番 ? 永 雄 一 君
  5番 ? 田 幸 夫 君           6番 大 嶋 秀 敏 君
  7番 尾 ? 治 彦 君           8番 藤 木   保 君
  9番 椎 野 和 代 君          10番 橋 田 和 征 君
 11番 河 野 一 郎 君          12番 坂 本 順 三 君
 13番 中 村 友 博 君          14番 山 岡 ? 二 君
 15番 野 田   寛 君          16番 松 下 倫 三 君
 17番 西 村   智 君          18番 栗 ? 秀 人 君
 19番 長 谷 誠 一 君          20番 松 野 孝 敏 君
 21番 永 木 伸 一 君          22番 入 江   學 君
 23番 堀 川 三 郎 君          24番 末 松 立 身 君
 25番 米 村 和 雄 君          26番 中 山 弘 幸 君
 27番 古 川 紀 満 君          28番 石 川 洋 一 君
 29番 岡 本 泰 章 君          30番 楠 田   浩 君

4 欠席議員はなし
5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長  吉 田 耕 治 君
 書    記  河 村 孝 義 君   書    記  小 川 康 明 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長       阿曽田   清 君   助役       飯 田 精 也 君
 収入役      坂 梨 博 幸 君   教育長      長 田 政 敏 君
 教育委員長    吉 ?   潔 君   総務部長     鉄 石 憲 一 君
 市民部長     林 田 清 春 君   福祉部長     村 本 憲 昭 君
 経済部長     上 野 和 範 君   土木部長     土 村 千佳雄 君
 教育部長     米 村   諭 君   総務部次長    長 谷   隆 君
 企画部次長    河 田 信 之 君   市民部次長    川 上 輝 幸 君
 福祉部次長    城 本 剛 至 君   教育部次長    斉 藤 久 男 君
 三角支所長    吉 田 俊 伸 君   不知火支所長   坂 ? 秀 直 君
 松橋市民  
          松 田 節 子 君   小川支所長    宮 ? 一 誠 君
 センター長 
 豊野支所長    宮 村 成 信 君   市民病院事務長  岡 本 啓 子 君
 農業委員会               
          尾 ? 基 雄 君   監査委員事務局長 村 上 民 雄 君
 事務局長                

 





               開議 午前10時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) これから、本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1  議案第76号 宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第2  議案第77号 宇城市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第3  議案第78号 宇城市特別職の非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第4  議案第79号 宇城市不知火温泉ふるさと交流センター条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第5  議案第80号 宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第6  議案第81号 市営住宅使用料滞納者への法的措置について



△日程第7  議案第82号 宇城市市道路線の認定について



△日程第8  議案第83号 上天草・宇城水道企業団の規約の一部変更について



△日程第9  議案第84号 平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)



△日程第10 議案第85号 平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



△日程第11 議案第86号 平成18年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)



△日程第12 議案第87号 平成18年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1号)



△日程第13 議案第88号 平成18年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)



△日程第14 議案第89号 平成18年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第15 議案第90号 平成18年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第16 議案第91号 平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)



△日程第17 議案第92号 平成18年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)



△日程第18 議案第93号 平成18年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)



△日程第19 議案第94号 工事請負契約の締結について(統合三角小学校建設事業(校舎・プール)建設工事)



○議長(末松立身君) 日程第1、議案第76号宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてから、日程第19、議案第94号工事請負契約の締結について(統合三角小学校建設事業(校舎・プール)建設工事)までを一括議題とします。

 去る9月21日の会議において審査を付託しました各常任委員会から審査結果の報告がありますので、ただいまから各常任委員会における審査の経過並びに結果について、各常任委員長に報告を求めます。

 まず、総務常任委員長に報告を求めます。



◎総務常任委員長(野田寛君) 総務常任委員会審査報告につきまして報告します。総務常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における調査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました議案は、議案第83号上天草・宇城水道企業団の規約の一部変更について、議案第84号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)及び議案第94号工事請負契約の締結についての3議案であります。

 当委員会におきまして、委員会を9月22日、第3委員会室において開催しました。委員会の開催中は全委員が出席。また説明員として総務部、企画部及び市民部の部長、次長、各支所の支所長及び担当課長の出席を求め、審査を行いました。

 議案の調査の過程で論議された主なものを要約してご報告申し上げます。

 まず、委員から、議案第84号一般会計補正予算について、「企画費、難視聴地区テレビ共同受信施設設置工事費とあるが、その内容と地上波デジタル放送との兼ね合いはどうなっているのか」という質疑に対し、執行部から「対象地区は豊野の2地区で、上郷地区20世帯、下上郷地区31世帯の合計51世帯である。民放テレビの映りが悪く、これを解消するための事業である。現在の計画では、5年後の地上波デジタル放送に対応できるように考えている」との答弁がありました。また委員から、「歳入予算に民放テレビ難視聴解消事業費補助金501万4千円が県補助金として計上してあるが、難視聴地区解消事業には民放テレビの負担金はないのか」との質疑に対し、執行部から「基本的に難視聴解消補助金の考え方は、総事業費に対し、国が3分の1、県が6分の1、合計2分の1が補助金であり、残りの2分の1を受益者が3万円、残りを市が負担することになっている。その受益者分担金3万円は、歳入として分担金51世帯分153万円を計上している」との答弁でした。次に、委員から「企画費、生活交通確保方策業務委託料について、地方バスに対する県補助金が廃止される後の対策か。またこの補助金の廃止後は県費を含め宇城市で負担することになるのか」との質疑に対し、執行部から「この事業は地方路線バスの県補助金の一部廃止に伴い、生活路線バス、いわゆる公共交通サービスの見直し事業である。総事業費の2分の1、100万円を上限に県から助成される事業である。現在のところ、生活路線バスとして宇城市が補助している29路線があるが、この路線は乗客減少に伴い、その赤字分を県とそれぞれの自治体で補てんしている状態である。本年10月には県の制度改正により県補助金が廃止されることになっており、その分は宇城市において負担することになる。しかし、ほとんどの路線については隣接市町に越境することなどから、宇城市独自で見直しの判断はできない。このようなことから、他市町への影響を与えない路線の廃止を検討しながら、今回代替策として導入するのが生活交通確保のための業務委託である。今回の補正は、10月からの県補助金の一部廃止に伴い、他市町に影響のない小川町海東地区方面に運行している3路線を、廃止を前提とした利便性の高い公共交通システムを導入するための費用である」との答弁でございました。これを受け、委員から「弱者に対する交通手段の確保は基本である。補助金投資による生活路線確保を図ってきたが、財政圧迫への要因にもなる路線バスは、他の自治体と系統的につながっており、宇城市だけでの解決には困難な部分もあるが、執行部においては今後市民の公共交通機関利用の促進についても検討されたい」との提言がありました。

 以上が論議された主な点でありますが、本委員会に付託されました議案につきましては、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議員各位におかれましては、本委員会の決定のとおりよろしくご賛同賜りますようお願い申し上げて、総務常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 総務常任委員長の報告が終わりました。

 次に、建設経済常任委員長に報告を求めます。



◎建設経済常任委員長(中山弘幸君) 建設経済常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、条例関係3議案、予算関係5議案及びその他案件2議案であります。

 当委員会におきましては、委員会を9月22日、第2委員会室において開催いたしました。委員会の開催中は、全委員が出席。また説明員として、経済部及び土木部の部長及び課長の出席を求め審査を行いました。

 議案の審査の過程でなされました質疑の中の主なものと、それに対する答弁について報告します。

 議案第81号市営住宅使用料滞納者への法的措置について、委員から「処分の相手方となる方々は、支払う能力があって滞納しているのか、全く支払う能力がないのか、その辺の把握はしているのか」との質疑に対し、「毎年所得収入調査を出してもらい収入の有無は把握している。その状況から見ると、7割から8割の方は収入があるにもかかわらず滞納している。なお、昨年の事例を申し上げると、ほぼ8割方は和解に達したが、訴訟案件で裁判所へ不当に出頭しなかった者と悪質な者については強制執行しか道は残されていないと判断している。今のところ、引続き滞納の督促を行っているが、強制執行をするかしないかについては市長と協議をして今後検討してまいりたい」との答弁でした。これに対し委員から「調停から裁判という形で進んでいって、最後になって強制執行を行わずに済ませるならば、今後これが例を引くのではないかと懸念される。市としては、強制執行まで順序を踏んで対応してもらいたい。また、市営住宅の建替え計画があるが、住宅を建替えても収入が入らなければ市の財政を圧迫するだけになる。これからの課題として、まずどうすれば滞納者をなくすことができるかということを考えて、金額が嵩めば徴収も難しくなるので、1ヵ月でも2ヵ月でも滞納したときにはすぐに徴収されたい」との意見が出されました。

 以上で質疑を終結いたしまして、討論の有無を諮りましたが、討論はありませんでした。

 採決の結果は、本委員会に付託されました議案につきましては、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議員各位におかれましては、本委員会の決定のとおりよろしくご賛同賜りますようお願い申し上げまして、建設経済常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 建設経済常任委員長の報告が終わりました。

 次に、民生常任委員長に報告を求めます。



◎民生常任委員長(西村智君) 民生常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における審査の経過及び結果についてご報告申し上げます。

 当委員会におきましては、委員会を9月25日、第3委員会室において開催しました。委員会の開催中は全委員が出席。また説明員として市民部及び福祉部の部長、次長及び課長の出席を求め審査を行いました。

 まず、執行部から議案についての説明を求めた後、議案に対する質疑を行いました。

 議案の審査の過程で議論されました主なものを要約してご報告申し上げます。

 まず、委員から「環境基本計画策定業務委託料が798万円計上してあるが、環境基本計画についてどの程度の内容のものにするのか。委託期間がいつまでで、いつまでに完成するのか」との質疑に対し、「10月1日から3月31日までの工期として、常任委員会、議会への報告は3月議会までに済ませたい。内容については、環境基本条例で市の責務、事業者の責務、市民の責務ということを定めているが、その責務に従って宇城市としてどうあるべきかという方向性を出し、生活環境、自然環境、都市環境など、項目ごとに詳細に内容を定める予定である。将来的な宇城市の環境像を示すことにしている」との答弁がありました。また、「計画の策定について、コンサルタントへの委託ではなく、市民部の中で策定することはできないか」との質疑に対しては、「策定については外部の方にのみ依存して作るのではなく、宇城市の関係各部からの情報提供、市民1,000人を目標にアンケート調査、企業などの協力を得ながら、宇城市の現状、具体的な環境アセスの目標値を設定し、コンサルタントの知恵をいただきながら進めていきたいと考えており、市民から意見を聞くパブリックコメントも予定している」との答弁がありました。

 次に、民生費の中の児童福祉費の負担金補助及び交付金で、「豊福保育園の病後児保育の施設整備としての予算が計上してある。宇城市においては、本年度からの初めての試みであるが、病後児保育だけでなく、病児保育も視野に入れた施策が必要になってくるのではないか。また、病後児保育施設については、地域にいくつもというのは難しいが、もう一つぐらいあればいいと思うがいかが」との質問に対して、「熊本県でも病後児保育に相当力を入れているが、現状としてはなかなか対処が進まない状況である。さらに、病児保育となるとまだ難しいと思う。以前、病児保育についても考えてみたいという、ある病院から話があったが、経営面から考えると難しいということであった。病後児保育のスタート段階で、宇城市として豊福保育所1ヵ所だけで利用が可能かどうか意見があったが、現状を見ると、宇城市も5町合併しているが、他の地域から利用するのは困難であろうという理解をしている。病後児保育施設でお預かりするというやり方もあるが、一方ではファミリーサポート等を有効に利用すれば、病児、病後児についてもサポートできるのではないかという考えを持っているので、両者十分検討をしたい」との答弁があり、これについては委員から「次世代育成支援対策推進法の中で病後児施設をつくったということであるから、病児保育についても考えてもらいたい。宇土市や上天草市にも病後児保育施設があるので話をしてもらって、近い方に利用できるよう他の自治体との関わりも考えながら適正配置をしてもらいたい」との意見がありました。

 さらに、市民病院事業会計補正予算について、「老朽化している古い医師官舎を解体し、新たに駐車場を整地するために100万円計上してあるが、病院南側の空き地の取得及び今後の将来像はどのように考えているか」との質疑に対し、「空き地の件については所有者の特定までは済んでいるが、財政課との協議はまだである。将来像については院長とは話をしているが、どうするかはまだ未定である。駐車場不足等々について、市長とも相談したが、なるべく早めに結論を出したい」との答弁がありました。

 以上、議論がされました主な点であります。本委員会に付託されました議案につきましては、すべて全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決定をしました。

 議員各位におかれましては、本委員会の決定のとおりよろしくご賛同賜りますようお願い申し上げまして、民生常任委員会における審査の経過及び結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 民生常任委員長の報告が終わりました。

 最後に、文教常任委員長に報告を求めます。



◎文教常任委員長(入江学君) 文教常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、議案第84号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)及び議案第88号平成18年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)の2議案であります。

 当委員会におきましては、委員会を9月25日、第2委員会室において開催しました。委員会の開催中は全員が出席。また説明員として教育部長、次長及び担当課長の出席を求め審査を行いました。

 審査の過程で論議された主なものを要約してご報告申し上げます。

 まず、議案第84号一般会計補正予算の学校管理費、松橋小学校施設改修工事費について、委員から「児童数が増加し、教室が不足するための増設か」と質したところ、執行部から「今年3月31日に1人転入生があり、1クラス増室になったため、今のところ全室を使用している状況にある。現在2クラスある6年生が来年卒業し、その後新入生が3クラス予定され、どうしても1クラス分の教室が不足するということで、その内部改修費用である」との答弁がありました。また委員から「小学校の児童がその校区を越境し、希望する小学校に通学できるという自由選択の区域があると聞くが状況はどうか。また同校区内での自由選択を、他区域へ拡充する配慮はしないのか」との質疑に対し、執行部から「その区域は旧町時代からの選択制を引き継いでいる。現在においても、保護者からの申請に基づき、審査後、弾力的に運用し、許可している状況である。小学校の場合、歩いて通学できることが原則であり、教育委員会としては保護者の考えを尊重し、学校区内を基本姿勢として進めている」との答弁でした。

 次に、議案第88号平成18年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)について、委員から「国立大学の授業料と比較すると月額が安いと思うが、制度を含め、見直す考えはないか」との質疑に対し、執行部から「大学費用との比較は確かに低額であるが、高額に設定すると返済時の負担が懸念される。現在月額3万円ないし5万円の選択制を検討している」との答弁でした。また委員から「奨学金借用申請に保証人が必要であるが、その保証人の確保ができず、やむなく借り入れできなかったという例を聞く。連帯保証人の条件はあるのか」との質疑に対し、執行部から「連帯保証人は2人が必要である。うち1人は扶養者であること。もう1人は宇城市在住者であるが、やむを得ない場合は宇城市外でも可能としている」との答弁でした。

 以上が論議されました主な点でありますが、本委員会に付託されました議案につきましては、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議員各位におかれましては、本委員会の決定のとおりよろしくご賛同賜りますようお願い申し上げまして、文教常任委員会における審査の経過並びに結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 文教常任委員長の報告が終わりました。

 以上で、各常任委員長の報告が終わりました。

 これから、委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 これから、議案第76号宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第76号宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第76号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第76号宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第77号宇城市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第77号宇城市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第77号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第77号宇城市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第78号宇城市特別職の非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第78号宇城市特別職の非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第78号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第78号宇城市特別職の非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第79号宇城市不知火温泉ふるさと交流センター条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第79号宇城市不知火温泉ふるさと交流センター条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第79号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第79号宇城市不知火温泉ふるさと交流センター条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第80号宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第80号宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第80号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第80号宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第81号市営住宅使用料滞納者への法的措置についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第81号市営住宅使用料滞納者への法的措置についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第81号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第81号市営住宅使用料滞納者への法的措置については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第82号宇城市市道路線の認定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第82号宇城市市道路線の認定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第82号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第82号宇城市市道路線の認定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第83号上天草・宇城水道企業団の規約の一部変更についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第83号上天草・宇城水道企業団の規約の一部変更についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第83号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第83号上天草・宇城水道企業団の規約の一部変更については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第84号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第84号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する各委員長報告は、原案可決です。議案第84号は、各委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第84号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第85号平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第85号平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第85号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第85号平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第86号平成18年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第86号平成18年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第86号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第86号平成18年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第87号平成18年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第87号平成18年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第87号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第87号平成18年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第88号平成18年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第88号平成18年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第88号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第88号平成18年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第89号平成18年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第89号平成18年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第89号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第89号平成18年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第90号平成18年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第90号平成18年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第90号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第90号平成18年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第91号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第91号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第91号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第91号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第92号平成18年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第92号平成18年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第92号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第92号平成18年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第93号平成18年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第93号平成18年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第93号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第93号平成18年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第94号工事請負契約の締結について(統合三角小学校建設事業(校舎・プール)建設工事)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第94号工事請負契約の締結について(統合三角小学校建設事業(校舎・プール)建設工事)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は、原案可決です。議案第94号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第94号工事請負契約の締結について(統合三角小学校建設事業(校舎・プール)建設工事)は、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第20 諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(末松立身君) 日程第20、諮問第4号人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。詳細説明を求めます。



◎総務部長(鉄石憲一君) 諮問第4号人権擁護委員候補者の推薦について、詳細説明を申し上げます。議案につきましては、29ページでございます。本案は、林田勝次委員が平成18年12月31日をもって任期満了となりますため、同委員候補者を法務大臣に再推薦するにあたり、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を聞く必要がありますのでお願いするものであります。林田氏は、人格・識見とも優れ、人権擁護委員には申し分ない方であります。履歴につきましては、資料にありますとおりでございます。ご審議のほどをよろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 諮問第4号の詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております諮問第4号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、諮問第4号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから、諮問第4号人権擁護委員候補者の推薦についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、諮問第4号人権擁護委員候補者の推薦についてを採決します。採決は起立によって行います。諮問第4号は、適任と答申することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、諮問第4号人権擁護委員候補者の推薦については、適任と認め答申することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第21 発議第12号 非核・平和都市宣言に関する決議について



○議長(末松立身君) 日程第21、発議第12号非核・平和都市宣言に関する決議についてを議題とします。お諮りします。本案について、提出者の趣旨説明を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、本案について、提出者の趣旨説明を省略することに決定しました。

 これから、質疑に入ります。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第12号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第12号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、発議第12号非核・平和都市宣言に関する決議についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第12号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立多数です。したがって、発議第12号非核・平和都市宣言に関する決議については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第22 発議第13号 道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書の提出について



○議長(末松立身君) 日程第22、発議第13号道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書の提出についてを議題とします。

 本案についての趣旨説明を求めます。



◆26番(中山弘幸君) 発議第13号道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書の提出について、趣旨説明を申し上げます。

 本案は、本年7月、国が打ち出した経済財政運営と構造計画に関する基本方針により、公共事業の3%削減が継続され、かつ引続き検討が進められている道路特定財源の一般財源化によっては、宇城市の道路整備に重大な影響を与えることが危惧されることから、一層の道路整備促進と道路財源の確保を求めるために、各省庁に対し意見書を提出するものであります。

 なお、この意見書において要望する項目は、第1に受益者負担による合理的な制度である道路特定財源の制度を堅持し、道路整備に必要な予算を確保すること。第2に、道路特定財源の使途については、道路利用者や納税者である国民の意思を適切に反映すること。第3に、安全で安心な暮らしの確保や道路交通の円滑化を図り、また地方の活性化や経済活動の発展を支えるため、道路の整備等を計画的に推進し、国民の期待する道路整備を実現すること。以上、3点であります。本市では、「安定した生活・産業のインフラ整備」という大きな目標を掲げ、その中で交通基盤の整備を重点的に推進しているところであり、道路財源の確保は最重要の課題であります。

 議員各位におかれましては、この点をご理解いただき、よろしくご賛同賜りますようお願い申し上げまして、本意見書案を提出する趣旨の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 趣旨説明が終わりました。

 これから、質疑に入ります。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第13号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第13号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、発議第13号道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書の提出についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第13号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立多数です。したがって、発議第13号道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書の提出については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第23 発議第14号 議員派遣の件



○議長(末松立身君) 次に、日程第23、発議第14号議員派遣の件を議題とします。議員提出議案の5ページをご覧いただきたいと思います。本案は、地方自治法第100条第12項及び会議規則第158条の規定により、議員を派遣することについて提案するものであります。

 これから、発議第14号議案派遣の件を採決します。採決は起立によって行います。発議第14号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、発議第14号議員派遣の件は、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第24 議会運営委員会の閉会中の継続調査の申し出について



○議長(末松立身君) 日程第24、議会運営委員会の閉会中の継続調査の申し出についてを議題とします。議会運営委員長から議会運営委員会において調査中の事件について、会議規則第103条の規定によって、お手元にお配りしました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第25 各常任委員会の閉会中の継続審査・調査の申し出について



○議長(末松立身君) 日程第25、各常任委員会の閉会中の継続審査・調査の申し出についてを議題とします。各常任委員長から会議規則第103条の規定によって、お手元にお配りしました閉会中の継続審査・調査の申し出があります。

 お諮りします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査・調査とすることにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査・調査とすることに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) これで本日の日程は、全部終了しました。会議を閉じます。

 平成18年第3回宇城市議会定例会を閉会します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               閉会 午前10時55分


地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


                            
宇城市議会議長  



会議録署名議員  



会議録署名議員