議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成18年 9月 定例会(第3回) 09月21日−04号




平成18年 9月 定例会(第3回) − 09月21日−04号







平成18年 9月 定例会(第3回)



                    
          平成18年第3回宇城市議会定例会(第4号)

                           平成18年9月21日(木)
                           午前10時00分 開議
1 議事日程
 日程第1  承認第 8号 専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成1
              8年度宇城市一般会計補正予算 専決第1号)
 日程第2  承認第 9号 専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成1
              8年度宇城市一般会計補正予算 専決第2号)
 日程第3  認定第 1号 平成17年度宇城市一般会計歳入歳出決算の認定につい
              て
 日程第4  認定第 2号 平成17年度宇城市国民健康保険特別会計歳入歳出決算
              の認定について
 日程第5  認定第 3号 平成17年度字城市老人保健特別会計歳入歳出決算の認
              定について
 日程第6  認定第 4号 平成17年度宇城市介護保険特別会計歳入歳出決算の認
              定について
 日程第7  認定第 5号 平成17年度宇城市奨学金特別会計歳入歳出決算の認定
              について
 日程第8  認定第 6号 平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算
              の認定について
 日程第9  認定第 7号 平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計歳入歳出
              決算の認定について
 日程第10 認定第 8号 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計歳入歳出決
              算の認定について
 日程第11 認定第 9号 平成17年度宇城市水道事業会計決算の認定について
 日程第12 認定第10号 平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計決算の
              認定について
 日程第13 発議第11号 決算審査特別委員会の設置について
 日程第14 議案第76号 宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定に
              ついて
 日程第15 議案第77号 宇城市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部
              を改正する条例の制定について
 日程第16 議案第78号 宇城市特別職の非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する
              条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第17 議案第79号 宇城市不知火温泉ふるさと交流センター条例の一部を改
              正する条例の制定について
 日程第18 議案第80号 宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定につ
              いて
 日程第19 議案第81号 市営住宅使用料滞納者への法的措置について
 日程第20 議案第82号 宇城市市道路線の認定について
 日程第21 議案第83号 上天草・宇城水道企業団の規約の一部変更について
 日程第22 議案第84号 平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)
 日程第23 議案第85号 平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第
              2号)
 日程第24 議案第86号 平成18年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1 
              号)
 日程第25 議案第87号 平成18年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1 
              号)
 日程第26 議案第88号 平成18年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)
 日程第27 議案第89号 平成18年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第
              1号)
 日程第28 議案第90号 平成18年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算
              (第1号)
 日程第29 議案第91号 平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算 
              (第2号)
 日程第30 議案第92号 平成18年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)
 日程第31 議案第93号 平成18年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予
              算(第1号)
 日程第32 議案第94号 工事請負契約の締結について(統合三角小学校建設事業
              (校舎・プール)建設工事)
 日程第33 陳情第 3号 建設反対要望書
 日程第34 休会の件

2 本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

3 出席議員は次のとおりである。(30名)
  1番 福 田 良 二 君           2番 河 野 正 明 君
  3番 橋 田   章 君           4番 ? 永 雄 一 君
  5番 ? 田 幸 夫 君           6番 大 嶋 秀 敏 君
  7番 尾 ? 治 彦 君           8番 藤 木   保 君
  9番 椎 野 和 代 君          10番 橋 田 和 征 君
 11番 河 野 一 郎 君          12番 坂 本 順 三 君
 13番 中 村 友 博 君          14番 山 岡 ? 二 君
 15番 野 田   寛 君          16番 松 下 倫 三 君
 17番 西 村   智 君          18番 栗 ? 秀 人 君
 19番 長 谷 誠 一 君          20番 松 野 孝 敏 君
 21番 永 木 伸 一 君          22番 入 江   學 君
 23番 堀 川 三 郎 君          24番 末 松 立 身 君
 25番 米 村 和 雄 君          26番 中 山 弘 幸 君
 27番 古 川 紀 満 君          28番 石 川 洋 一 君
 29番 岡 本 泰 章 君          30番 楠 田   浩 君

4 欠席議員はなし

5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長  吉 田 耕 治 君
 書    記  河 村 孝 義 君   書    記  小 川 康 明 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長       阿曽田   清 君   助役       飯 田 精 也 君
 収入役      坂 梨 博 幸 君   教育長      長 田 政 敏 君
 教育委員長    吉 ?   潔 君   総務部長     鉄 石 憲 一 君
 市民部長     林 田 清 春 君   福祉部長     村 本 憲 昭 君
 経済部長     上 野 和 範 君   土木部長     土 村 千佳雄 君
 教育部長     米 村   諭 君   総務部次長    長 谷   隆 君
 企画部次長    河 田 信 之 君   市民部次長    川 上 輝 幸 君
 福祉部次長    城 本 剛 至 君   教育部次長    斉 藤 久 男 君
 三角支所長    吉 田 俊 伸 君   不知火支所長   坂 ? 秀 直 君
 松橋市民  
          松 田 節 子 君   小川支所長    宮 ? 一 誠 君
 センター長 
 豊野支所長    宮 村 成 信 君   市民病院事務長  岡 本 啓 子 君
 農業委員会               
          尾 ? 基 雄 君   監査委員事務局長 村 上 民 雄 君
 事務局長                





               開議 午前10時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) 本日の会議を開きます。

 報告事項を申し上げます。市長から追加議案が提出されました。

 提出議案は、議事日程記載の日程第32、議案第94号工事請負契約の締結についてであります。

 以上、報告します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 承認第8号 専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成18年度宇城市一般会計補正予算専決第1号)



○議長(末松立身君) 日程第1、承認第8号専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成18年度宇城市一般会計補正予算専決第1号)を議題とします。

 詳細説明を求めます。



◎総務部長(鉄石憲一君) 承認第8号専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成18年度宇城市一般会計補正予算専決第1号)についての詳細説明を申し上げます。

 今回の補正予算につきましては、6月26日から27日の集中豪雨による土砂排出に伴う応急的な経費であります。まず、本予算の総額について説明をいたします。別冊の平成18年度宇城市一般会計補正予算(専決第1号)の1ページをお開き下さい。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,901万4千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ264億605万6千円と定めるものであります。

 次に、歳出から先に説明いたします。

 7ページをお開き下さい。目1農業用施設災害復旧費の958万4千円の補正につきましては、節14の使用料及び賃借料568万円を土砂排出のための建設機械等借上料として補正するものでございます。節19の補助金390万4千円につきましては、被災しました用排水路の復旧のため機械借上料等に対する補助金であります。目の公共土木施設災害復旧費の943万円の補正につきましては、復旧にかかる建設機械等の借上料943万円であります。

 次に、歳入について説明いたします。

 前に戻りますが、6ページをお開き下さい。歳出に伴う財源としまして、目1財政調整基金繰入金1,901万4千円を補正するものであります。

 急施を要し、地方自治法第179条第1項の規定により、平成18年6月28日専決処分しましたので、同条第3項の規定により議会に報告し、承認を求めるものであります。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております承認第8号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、本案については委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、承認第8号専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成18年度宇城市一般会計補正予算専決第1号)を採決します。採決は起立によって行います。承認第8号は、承認することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、承認第8号専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成18年度宇城市一般会計補正予算専決第1号)は、承認することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 承認第9号 専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成18年度宇城市一般会計補正予算専決第2号)



○議長(末松立身君) 日程第2、承認第9号専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成18年度宇城市一般会計補正予算専決第2号)を議題とします。

 詳細説明を求めます。



◎総務部長(鉄石憲一君) 承認第9号専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成18年度宇城市一般会計補正予算専決第2号)についての詳細説明を申し上げます。

 今回の補正予算につきましては、6月26日から27日の集中豪雨による災害復旧に伴う測量設計費等の経費であります。

 まず、本予算の総額について説明いたします。別冊の平成18年度宇城市一般会計補正予算(専決第2号)の8ページをお開き下さい。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,438万3千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ264億2,043万9千円と定めるものでございます。

 次に、歳出から先に説明いたします。

 14ページをお開き下さい。目2社会福祉施設費の節15工事請負費の188万4千円の補正につきましては、小川町の総合健康福祉センター体育館の天井の崩落の恐れがあるため、修繕工事費113万4千円及び同センターの雨漏り防止のための外壁修繕工事費75万円であります。目1農業用施設災害復旧費の節13委託料の349万9千円の補正につきましては、農地用排水路等の災害復旧について、補助事業の査定を受けるための測量設計委託料であります。44件を予定いたしております。目1公共土木施設災害復旧費の節13委託料の900万円の補正につきましては、道路等の災害復旧につきまして補助事業の査定を受けるための測量設計委託料であります。道路33件、河川18件、橋梁1件を予定いたしております。

 次に、歳入につきまして説明いたします。

 前に戻りますが、13ページをお開き下さい。歳出に伴う財源といたしまして、目1財政調整基金繰入金1,438万3千円を補正するものであります。

 急施を要し、地方自治法第179条第1項の規定により、平成18年7月13日専決しましたので、同条第3項の規定により議会に報告し、承認を求めるものであります。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております承認第9号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、本案については委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、承認第9号専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成18年度宇城市一般会計補正予算専決第2号)を採決します。採決は起立によって行います。承認第9号は、承認することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、承認第9号専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成18年度宇城市一般会計補正予算専決第2号)は、承認することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3  認定第 1号 平成17年度宇城市一般会計歳入歳出決算の認定について



△日程第4  認定第 2号 平成17年度宇城市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第5  認定第 3号 平成17年度字城市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第6  認定第 4号 平成17年度宇城市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第7  認定第 5号 平成17年度宇城市奨学金特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第8  認定第 6号 平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第9  認定第 7号 平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第10 認定第 8号 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第11 認定第 9号 平成17年度宇城市水道事業会計決算の認定について



△日程第12 認定第10号 平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計決算の認定について



○議長(末松立身君) 日程第3、認定第1号平成17年度宇城市一般会計歳入歳出決算の認定についてから、日程第12、認定第10号平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計決算の認定についてまでを一括議題とします。

 まず、認定第1号平成17年度宇城市一般会計歳入歳出決算の認定について、詳細説明を求めます。



◎総務部長(鉄石憲一君) 認定第1号平成17年度宇城市一般会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を申し上げます。

 まずはじめに、実質収支に関して説明いたします。別冊の平成17年度宇城市歳入歳出決算書の16ページをお開き下さい。単位は千円となります。1、歳入総額につきましては、245億4,274万6千円となっております。歳出総額につきましては、235億7,072万円となっております。3番目の歳入歳出差引額につきましては、9億7,202万6千円となっております。4番目、翌年度へ繰越すべき財源につきましては、繰越明許費繰越額8,280万9千円になっており、これを差引いた実質収支額は8億8,921万7千円でございます。6番目の実質収支額のうち地方自治法第233条の2の規定による基金繰入額は4億4,500万円となり、歳計外により積み立てることになります。

 次に、本年度の決算の概要について説明いたします。概要説明にあたりましては資料を作成しておりますので、別紙の平成17年度一般会計決算概要説明資料をご覧いただきたいと思います。この資料につきましては、平成17年度財政状況調査、一般的に決算統計といいます、その決算統計に基づき、本市の平成16年度及び17年度の歳入歳出について、また主な財政指標についてグラフで表したものでございます。

 それでは、資料の1ページをお開き下さい。まずグラフの見方について説明いたします。グラフの左側の棒が16年度、右側の棒が17年度になります。グラフ上部の数値につきましては、上段が16年度との増減率、中段が歳入総額に対する構成比、下段が17年度決算額、単位100万円となっております。以下、2ページ、3ページも同様になります。歳入の内訳といたしまして、地方交付税につきましては前年度比11.4%の伸び率となっており、歳入総額の40.0%を占め、決算額は97億8,900万円となっております。増加した要因としましては、生活保護費関係と合併に伴う経費の交付税算入が主なものになります。市税につきましては、伸び率3.2%、構成比21.0%、決算額51億3,900万円となっております。増加の要因といたしましては、新築家屋による固定資産税の増加や個人市民税の増加によるもので、本年度は高額滞納者の納税も影響をいたしております。その他の収入につきましては、後でご覧いただくことで割愛をさせていただきます。

 次に、歳出につきまして説明いたします。

 2ページをお開き下さい。この表は、目的別の歳出につきまして分析したものでございます。構成比につきましては、最も多いものが民生費で29.1%を占めており、以下、公債費13.6%、総務費13.1%、衛生費10.0%の順になっております。前年度と比較しまして増減率の多いものについて説明いたします。民生費につきましては6.7%の伸び率となっており、主に要因といたしましては生活保護費及び児童手当に係る経費の増加によるものでございます。総務費につきましては40.9%の減となっており、主な要因といたしましては合併準備に係る電算関係費及び財政調整基金積立金の減少によるものでございます。土木費につきましては37.1%の減となっており、主な要因といたしましては道路新設改良費及び住宅建設事業の減少によるものとなっております。

 3ページをお開き下さい。この表は性質別の歳出につきまして分析したものです。構成比につきましては、最も多いものが人件費で23.5%を占めており、以下、繰出金14.0%、扶助費14.0%、公債費13.6%の順になっております。前年度との比較につきまして、増減率の多いものについて説明いたします。繰出金につきましては5.8%の伸びとなっており、主な要因としまして老人及び介護保険事業への繰出し、簡易水道、下水道、集落排水事業の公債費に係る繰出金の増加によるものでございます。扶助費につきましては25.6%の伸びとなっており、主な要因としまして生活保護費関係費の増加によるものでございます。補助費につきましては7.1%の減となっており、主な要因といたしまして一部事務組合等の廃止に伴う負担金の減少や納税奨励金の減少によるものであります。投資的経費につきましては52.1%の減となっており、主な要因といたしまして電算関係整備費及び市道改良事業費の減少によるものであります。

 4ページをお開き下さい。この表は財政状況の主な指標の推移につきましてグラフにしたものでございます。経常収支比率につきましては、財政構造の弾力性の程度を示すもので、市では80%程度が望ましいとされております。17年度の本市は93.2%で年々増加傾向にあり、県下の市の平均を下回っております。公債費比率について説明いたします。公債費に係る指標につきましては4種類ありまして、一般的に使用されているのが2種類あります。一つは、公債費比率というもので、公債費に充当された一般財源から地方交付税に算入された分を差し引いた数値となります。10%を超えないことが望ましいとされております。この数値が一番多く使用されておりますので、今後の参考にしていただきたいと存じます。もう一つが公債費負担比率といいます。ご承知のように、一般的に15%が警戒ラインで20%が危険ラインとされているもので、交付税で算入された分は差し引かないで計算された数値となります。グラフには一番多く使用されている公債費比率の数値を採用しております。本市の17年度の単年度分の数値は14.9%となっており、年々増加傾向にあるものの、17年度は微増となっております。ちなみに公債費負担比率は16.3%となっております。17年度から実質公債費比率が新設され、特別会計への繰出金のうち公債費に係るものを加味することになりましたので、今後の推移を注目することになります。積立金現在高につきましては年々減少しており、16年度から17年度にかけては10.2%減少しております。熊本市を除く市の平均と比較しますと積立金総額で62%、財政調整基金で66%、減債基金においては42%であり、平均を大きく下回っている状況であります。地方債現在高につきましては、ここ数年はほぼ横ばい状況にありますが、熊本市を除く市平均20%近く上回っている状況であります。

 以上を持ちまして、平成17年度宇城市一般会計歳入歳出決算認定についての詳細説明を終わらせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 認定第1号についての詳細説明が終わりました。

 次に、認定第2号平成17年度宇城市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について及び認定第3号平成17年度字城市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、詳細説明を求めます。



◎市民部長(林田清春君) 認定第2号平成17年度宇城市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、詳細説明を申し上げます。決算書の354ページをお開き願います。事項別明細により説明いたします。

 まず、歳入でございますが、歳入は決算書の354ページから361ページまででございまして、その主なものは国民健康保険税、収入済額19億1,644万855円、国庫支出金の26億8,409万186円、療養給付費等交付金の11億5,511万4,255円、県支出金の2億6,496万9,890円、共同事業交付金1億2,675万5,123円、繰入金は7億2,988万7,422円、繰越金の2億6,550万20円で、歳入合計は71億5,267万9,429円でございます。

 次に、歳出でございますが、362ページから373ページまででございまして、主なものについて説明申し上げます。362ページからの総務費は1,248万6,005円で、管理運営費等が主なものです。保険給付費は47億1,254万1,292円で、老人保健拠出金13億9,541万1,396円、介護納付金4億5,373万2,424円、共同事業拠出金1億2,684万5,824円、保健事業費4,092万2,066円、諸支出金3,484万4,371円で、歳出合計は67億7,692万1,006円でございます。

 歳入歳出差引総額3億7,575万8,423円は、翌年度繰越金となります。

 続きまして、認定第3号平成17年度宇城市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、詳細説明を申し上げます。決算書の384ページをお開き願います。事項別明細により説明を申し上げます。

 まず歳入でございますが、款1支払基金交付金は44億3,796万4,397円、款2国庫支出金として21億6,089万6,820円、款3県支出金5億4,078万4,315円、それに一般会計からの繰入金、款4でございます、8億4,977万9,000円で、歳入合計は82億4,612万4,154円となっております。

 次に、歳出を申し上げます。歳出は388ページからでございます。その主なものは、款1医療諸費の77億8,908万2,396円で、歳出全体の96.1%を占めており、歳出合計は81億228万8,683円で、歳入歳出差引額1億4,383万5,471円となり、翌年度繰越しとなります。

 以上で、詳細説明を終わります。



○議長(末松立身君) 認定第2号及び認定第3号についての詳細説明が終わりました。

 次に、認定第4号平成17年度宇城市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、詳細説明を求めます。



◎福祉部長(村本憲昭君) それでは、認定第4号平成17年度宇城市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、詳細説明を申し上げます。

 まず、歳入から申し上げます。決算書の392ページとなります。

 歳入では、款1保険料から款11諸収入までで構成いたしておりますが、次ページ、394ページにその合計額が記載されております。予算現額で48億4,418万9千円で、調定額48億8,657万5,238円に対し、収入済額48億7,308万2,482円であり、ここに不納欠損額256万7,300円を控除した収入未済額1,092万5,456円となっております。収入未済額の内訳は403ページの現年度及び過年度分の保険料の滞納額でございます。

 次に歳出について申し上げます。決算書の396ページになります。款1総務費から款7予備費で構成しておりますが、予算現額は48億4,418万9千円に対し支出済額47億4,834万2,244円であり、不用額9,584万6,756円となっております。

 歳入歳出に関わります実質収支は、400ページのとおりでございます。収支額は1億2,474万円で、18年度の予算に繰越しいたしまして、繰越額につきましては国庫、県費、それから市の一般会計と財源別に精算を行います。事業の成果として、これは別冊になりますが、主要施策の成果説明書299ページ以降になりますが、17年度におきます要介護認定者は3,224人で、うち介護サービス受給者は2,558人となっております。保険給付費は45億5,492万7千円で、1人当たりの平均保険給付費は年額にいたしまして178万円となっております。

 以上で詳細説明を終わります。



○議長(末松立身君) 認定第4号についての詳細説明が終わりました。

 次に、認定第5号平成17年度宇城市奨学金特別会計歳入歳出決算の認定について、詳細説明を求めます。



◎教育部長(米村諭君) それでは、認定第5号平成17年度宇城市奨学金特別会計歳入歳出決算の認定について、詳細説明をさせていただきます。426ページ、7ページをお開きいただきたいと思います。

 歳入でございます。まず、款1財産収入でございますが、項目は一つしかございません。収入済額でございます、2万7,268円。これにつきましては、基金の利子でございます。款2繰入金、収入済額でございます、そのうち項の一般会計繰入金として365万4,000円、奨学基金からの繰入金としまして109万4,000円、合わせまして474万8,000円でございます。款3繰越金163万4,391円は、前年度からの繰越金でございまして、款4の諸収入143万9,000円、これは奨学金貸付者からの返済分であります。

 続きまして、歳出になりますが428ページをお開き願いたいと思います。

 款1育英事業費、これにつきましては奨学金の貸付金、利子積立金でございまして、支出済額697万9,268円となっております。この歳出の内容でございますが、貸付金として695万2,000円、これにつきましては平成17年4月1日現在、高校生、大学生、短大生の貸付者36名でありましたが、中途辞退者2名、追加者3名がございまして、年度末で37名の貸付者分でございます。積立金2万7,268円は、奨学金の利子を積み立てるものでございます。

 以上で説明をさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(末松立身君) 認定第5号についての詳細説明が終わりました。

 次に、認定第6号平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてから、認定第9号平成17年度宇城市水道事業会計決算の認定についてまでの詳細説明を求めます。



◎土木部長(土村千佳雄君) それでは、認定第6号、平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計決算の認定につきまして、詳細説明を申し上げます。決算書の440ページをお願いいたします。

 まず歳入歳出事項別明細書によりご説明いたします。歳入総額2億6,021万7,255円のうち、款1分担金及び負担金、歳入総額573万5,500円、款2使用料及び手数料1億2,129万8,436円、款4県支出金、項1県補助金、目1簡易水道県補助金65万円、款5繰入金1億267万円、一般会計からの繰入金でございます。款6繰越金2,336万7,680円。442ページをお願いいたします。款7諸収入649万5,639円であります。

 続きまして、歳出の主なものを申し上げます。444ページをお願いいたします。歳出総額2億3,453万6,386円のうち、款1総務費、支出総額1億2,077万6,866円。446ページをお願いいたします。款2建設改良費1,773万3,934円。448ページをお願いいたします。款4公債費9,602万5,586円。

 438ページに戻っていただきまして、実質収支に関する調書でありますが、歳入歳出差引額2,568万1千円を翌年度へ繰越すものでございます。

 以上で、平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の詳細説明を終わります。

 続きまして、認定第7号、平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定につきまして、詳細説明を申し上げます。決算書452ページをお願いいたします。

 平成17年度宇城市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算につきましては、歳入総額1億9,720万4,198円、歳出総額1億9,013万7,675円で、歳入歳出差引額は706万6,523円となっております。本事業につきましては事業が完了しておりまして、施設の維持管理費のみの支出でございます。今後の課題といたしまして、現在処理場5ヵ所、中継ポンプ場84ヵ所を維持管理しております。これらの施設につきまして、今後計画的な点検補修システムを構築しながら維持管理費の分散化を図る必要がございます。なお、水洗化が進んでいない中で、経営の安定化を図る上でも引続き普及促進に努めてまいります。主に維持管理費のみの支出でございますので、詳細につきましては割愛させていただきます。

 次に、認定第8号、平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定につきまして、詳細説明を申し上げます。決算書474ページをお願いいたします。

 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計につきましては、歳入総額18億5,788万2,582円、歳出総額18億2,777万1,876円で、歳入歳出差引額3,011万706円となっております。歳出の主なものでございますが、本事業につきましては松橋不知火公共下水道事業及び小川町八代北部流域下水道事業を引続き事業推進しております。

 まず、歳入の主なものでございます。款2使用料及び手数料2億3,279万7,131円、款3国庫支出金3億3,400万円、款4一般会計繰入金7億2,784万4,000円などとなっております。

 476ページをお願いいたします。歳出の主なものを申し上げます。款2公共下水道事業費、工事請負費が主なものでございますが、8億6,865万131円、款3公債費6億8,737万6,599円などとなっております。事業の主なものでございますが、17年度は事業拡張につきまして、松橋町の曲野、久具、両仲間地区、不知火町の塩浜、亀崎、鴨籠地区、小川町におきましては小川、西北小川、江頭地区などを拡張いたしております。まず、工事請負費で松橋不知火公共下水道2億4,309万8,886円、松橋不知火特定環境保全公共下水道工事請負費1億1,646万9,020円を支出いたしております。小川公共下水道につきましては、工事請負費で2億3,403万2,259円を支出しております。また、松合特定環境保全公共下水道、昨年度事業認可をいただきましたところでございますが、8,000万円を18年度へ繰越し、調査、測量設計を行ったところでございます。今後の課題といたしまして、松橋不知火公共下水道におきましては、供用開始より20年が経過しており、機械の老朽化とともに流末の配管、一部ヒューム管の埋設がございまして、その劣化が見受けられるところでございまして、修繕費及び設備の更新費用の増大が見込まれるため、17年度より再構築計画を立て、計画的に実施してまいります。また安定的な事業運営ができるよう収納率の向上、水洗化の普及促進に努力してまいります。

 以上、簡単ではございますが、平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の詳細説明を終わります。

 続きまして、認定第9号、平成17年度宇城市水道事業会計決算の認定につきまして詳細説明を申し上げます。別冊になりますが、宇城市水道事業会計決算書の2ページ及び3ページをお開き下さい。

 まず、収益的収入及び支出につきまして詳細説明をいたします。税込みの表示でありますが、まず収入、第1款水道事業収益の決算額10億2,574万6,795円であります。その内訳といたしまして、第1項営業収益7億4,295万3,227円であります。第2項営業外収益2億8,052万5,492円、第3項特別利益226万8,076円であります。

 続きまして、支出、第1款水道事業費用の決算額12億4,122万7,012円であります。内訳といたしまして、第1項営業費用9億3,998万10円、営業外費用3億124万7,002円であります。

 続きまして、資本的収入及び支出の説明をいたします。4ページから5ページをお願いいたします。第1款資本的収入の決算額1億3,178万7,455円であります。内訳といたしまして、第1項企業債9,000万円、第3項出資金1,278万7,455円、第4項補助金2,900万円であります。

 続きまして、支出を説明いたします。第1款資本的支出の決算額4億5,337万5,992円であります。主な内訳といたしまして、第1項建設改良費1億9,470万6,992円、企業債の償還金2億5,866万9,000円であります。なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額3億2,158万8,537円につきましては、当年度分消費税資本的収支調整額817万58円、過年度分損益勘定の留保資金3億1,341万8,479円で補てんいたしております。

 次に、6ページをお願いいたします。平成17年度宇城市水道事業会計損益計算書でございます。税抜きでの表示であります。1の営業収益の合計額7億765万9,184円で、2の営業費用の合計額が9億1,589万4,250円となっております。差引き営業損失といたしまして2億823万5,066円の営業損失となっております。

 次に、営業外収益の合計額が2億7,935万2,259円、営業外費用の合計額2億9,700万5,234円となっておりまして、営業外の収入から支出を差引きますと1,765万2,975円が営業外損失となっております。したがいまして、営業損失と営業外損失を合計いたしますと2億2,588万8,041円の経常損失となっております。それに5の特別利益といたしまして、固定資産の売却による利益が216万73円ありますので、当年度純損失2億2,372万7,968円となります。合わせまして、前年度までの繰越欠損金が1,662万162円とありますので、当年度末未処理欠損金は2億4,034万8,130円となります。

 このほかに資料といたしまして、7ページに欠損金の計算書、8ページに計算書、9ページ、10ページに平成18年3月31日現在の貸借対照表を記載いたしております。

 以上、簡単でございますが、平成17年度宇城市水道事業会計決算の詳細説明を終わります。ご審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 認定第6号から認定第9号までの詳細説明が終わりました。

 次に、認定第10号平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計決算の認定について、詳細説明を求めます。



◎市民病院事務長(岡本啓子君) 認定第10号平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計決算について説明申し上げます。

 別冊になっておりますので、よろしくお願いします。

 6ページ、7ページをお開き下さい。平成17年度の決算書の報告になります。収益的収入及び支出について説明いたします。病院事業収益といたしまして、当初予算額4億8,651万1千円に対しまして、決算額4億5,242万3,584円、また病院事業費用、支出につきましては、病院事業収益の当初予算と同額の4億8,651万1千円で、補正にて減額し、予算額4億8,516万6千円に対し決算額4億5,326万1,083円となりました。

 次に、8ページ、9ページをお願いいたします。資本的収入及び支出について、収入は当初予算額250万3千円に対しまして補正額11万1千円をし、決算額261万1千円となっています。

 次、資本的支出は当初予算1,607万7千円に対し補正額411万円を補正し、決算額2,007万7,952円となっております。資本的収入額が資本的支出に対し不足する額1,746万6,952円は、過年度分損益勘定留保資金で補てんさせていただきました。

 次に、10ページ、11ページをお開き下さい。財務諸表です。損益計算書でございますが、入院収益2億3,252万9,693円、外来収益1億6,565万1,740円、その他医業収益2,158万7,209円です。合わせまして、医業収益は4億1,976万8,642円になりました。また医業費用は1の給与費から4の減価償却費2,268万6,317円を合わせまして、7のその他医業費用まで合計いたしますと4億4,151万2,585円となります。医業収益から医業費用を差引きますと医業損失は2,174万3,943円になります。次に、医業外収益の主たるものは、昨年まで一般会計から4,500万円の繰入れがあっていましたが、17年度は1,500万円の減額になり、繰入金3,000万円とその他テレビ等の電気料が入りまして、その他医業外収益が127万5,975円で、合計の3,150万661円となりました。医業外費用は支払利息及び企業債取扱諸費530万7,976円と消費税が591万7,412円と合わせまして1,122万5,388円となり、医業外収益から医業外費用を差引きますと経常利益が2,027万5,273円になります。病院事業収益総額4億5,126万9,303円から病院事業費用総額4億5,273万7,973円を差引きますと、特別損失で下から3行目の当年度純損失146万8,670円の純損失となりました。前年度分繰越欠損金1,556万6,016円と合わせて、当年度未処理欠損額は1,703万4,686円となりました。

 次に、12ページ、13ページをお開き下さい。貸借対照表でございますが、有形固定資産の合計が4億2,279万259円、無形固定資産8万600円となり、固定資産の合計が4億2,287万859円、現金預金2億832万9,462円、未収金、これは国保連合会及び社会保険庁からの2ヵ月遅れで入ってくる分です、これが6,530万6,353円。貯蔵品、薬品代等になります、これが685万2,461円で、流動資産の計が2億8,048万8,276円で、資産の合計が7億335万9,135円となりました。負債の部では未払金が1,019万2,204円、資本金合計が7億435万1,617円と欠損金合計1,118万4,686円を合わせますと、資産同額の7億335万9,135円となります。

 次に、22ページ、23ページをお開き下さい。企業債の明細書でございます。昭和58年に行った病棟の改築工事による企業債の借入金1億4,100万円に対する当年度の償還金682万3,352円であり、未償還残高は6,961万2,981円となっています。

 最後に、宇城市民病院の事業報告書については、25ページから掲載しておりますので、説明を省略させていただきます。

 以上をもちまして、簡単ではございますが、病院事業決算の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議お願いいたします。



○議長(末松立身君) これで、認定第1号から第10号までの詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第13 発議第11号 決算審査特別委員会の設置について



○議長(末松立身君) 日程第13、発議第11号決算審査特別委員会の設置についてを議題とします。

 お諮りします。認定第1号平成17年度宇城市一般会計歳入歳出決算の認定についてから、認定第10号平成17年度国民健康保険宇城市民病院事業会計決算の認定についてまでについては、会議規則第36条第1項の規定に基づき、10人の委員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託して審査が終了するまで閉会中の継続審査とすること。並びに地方自治法第98条の規定による議会の検査権を決算審査特別委員会に委任することにしたいと思います。ご異議ございませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、認定第1号から認定第10号までについては、10人の委員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託して審査が終了するまで閉会中の継続審査とすること。並びに地方自治法第98条の規定による議会の検査権を決算審査特別委員会に委任することに決定しました。

 お諮りします。ただいま決算審査特別委員会が設置されましたので、特別委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定によって、次の10人を指名したいと思います。河野正明君、?永雄一君、尾?治彦君、椎野和代君、橋田和征君、河野一郎君、山岡?二君、野田寛君、古川紀満君、岡本泰章君、以上10人を指名します。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、特別委員はただいま指名しました10人を選任することに決定しました。

 ここでしばらく休憩します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               休憩 午前11時01分

               再開 午前11時11分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) 休憩前に引続き、会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第14 議案第76号 宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第15 議案第77号 宇城市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第16 議案第78号 宇城市特別職の非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第17 議案第79号 宇城市不知火温泉ふるさと交流センター条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第18 議案第80号 宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第19 議案第81号 市営住宅使用料滞納者への法的措置について



△日程第20 議案第82号 宇城市市道路線の認定について



△日程第21 議案第83号 上天草・宇城水道企業団の規約の一部変更について



○議長(末松立身君) 日程第14、議案第76号宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてから、日程第21、議案第83号上天草・宇城水道企業団の規約の一部変更についてまでを一括議題とします。

 まず、議案第76号宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を求めます。



◎市民部長(林田清春君) 議案第76号宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を申し上げます。

 市長提出議案等説明資料の2ページをお願いいたします。宇城市国民健康保険条例新旧対照表により説明を申し上げます。今回の改正は、健康保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令が見直され、これに準じて国民健康保険においても同様の改正が行われるものでございます。世代間の負担の公平化等の観点から、現役並みの所得を有する一定以上の報酬を有する70歳以上の者について、療養の給付に関する一部負担金の割合を2割から3割に改正するものでございます。また、少子化対策として、出産育児一時金の補助額を30万円から35万円に引上げ、また財政の安定化を図るための高額医療費共同事業の70万円を80万円に引上げ、保険財政共同安定化事業の創設等が今回の改正の主なものでございます。この条例の施行日は平成18年10月1日施行となっております。

 以上で詳細説明を終わります。よろしくお願いします。



○議長(末松立身君) 議案第76号についての詳細説明が終わりました。

 次に、議案第77号宇城市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を求めます。



◎福祉部長(村本憲昭君) それでは、議案集の18ページをお開きいただきたいと思います。議案第77号、宇城市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして、詳細説明を申し上げます。本案は、この4月新しく障害者自立支援法が施行となりましたが、10月1日施行の障害児施設医療費に関し条例の一部を改正するものであります。18ページの議案書の中に、第2条第5号(5)のア、イにつきましては、これまでの条文の一部を文言訂正した分でありまして、新たにウの児童福祉法第24条の20の規定による障害児施設医療費を付け加えるものであります。これまで障害児施設入所につきましては、生活費、医療費等を含めまして、障害者福祉におきます扶助費として支給しておりましたが、医療費分はこのたびの制度改正で自立支援医療費となりました。医療を受ける際、医療費の10%を負担していただくことになりますが、負担額が月額1,020円を超える場合は、申請いただきまして公費で助成支給することといたしております。どうぞよろしくお願いします。



○議長(末松立身君) 議案第77号についての詳細説明が終わりました。

 次に、議案第78号宇城市特別職の非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第79号宇城市不知火温泉ふるさと交流センター条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を求めます。



◎経済部長(上野和範君) それでは、議案第78号宇城市特別職の非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を申し上げます。議案集の20ページになります。また議案等の説明資料では、4ページになります。本案は、消費生活の多様化に伴い、住民から寄せられる相談も多様化、複雑化の傾向にあり、高齢者の一人暮らしや高齢者夫婦等が巧妙化した悪徳商法に騙されるケースが年々急増しております。そこで、高齢者、障害者を悪徳商法被害から守り、相談体制を強化し、高齢者等が消費者被害に遭わないような体制の整備が必要になってきます。被害を未然に防ぐためには、身近に相談できる場を提供することが必要でありますが、相談体制の整備には専門知識を持った相談員の設置が必要であるため、平成18年10月から毎週2回、消費生活相談窓口の常設をしたいと考えております。これに伴い、今回消費生活委員の報酬額の制定をお願いするものでございます。アドバイザー、日額6,000円。相談員、日額5,500円とするものでございます。

 続きまして、議案第79号宇城市不知火温泉ふるさと交流センター条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を申し上げます。議案集の21ページ、22ページになります。また、議案等説明資料では5ページになります。本案は、不知火温泉ふるさと交流センターの市内大人の入館料を300円から400円に、同じく11枚綴を3,000円から4,000円に改正をし、また市外12歳以下の子どもの入館料を300円から200円に改正するものであります。理由といたしましては、最近の原油価格の高騰により光熱水費が増加をしておりまして、昨年度2,885万4千円だった光熱費が本年度は167万8千円の増加で3,053万2千円になることが見込まれております。報道されている世界の経済予測によれば、現在の原油の需要及び供給動向は今後も引続いていくのではないかと予測されております。また交流センターはオープンから既に10年を経過をし、鉄分等を多く含んでいる潮湯温泉の性質上から施設の損傷も進んでおり、今後は維持管理のための修繕費等も増加することが見込まれております。さらに近隣に類似する温泉施設が増えたことや景気の低迷もあり、入館料収入はここ数年は減少傾向にあります。県南の公営温泉施設の中には、この4月に五つの施設で300円から400円への値上げに踏み切っており、現在でも300円の入館料で施設を維持しているのは、近隣の市町村においては宇土市のあじさいの湯だけという状況でございます。市内大人入館料の100円の値上げによる入館者数が減少の影響を受けたとしても、11月からの収入は約500万円の増加が見込まれると考えております。一方、市外の12歳以下の子ども入館料は値下げすることにより、市外の子どもの入館者の増加を図り、それを大人の入館者の増加につなげていきたいと考えております。また、現在実施している70歳以上の老人を対象としたサービス券の配布や夏季営業時間の延長などのサービスはこれまでどおり実施をし、安定した経常収支を上げるためのさらなる経営努力を図るよう、指定管理者への指導を行ってまいりたいと考えております。施行日につきましては、市民の皆さんや利用客への一定の周知期間が必要でありますので、平成18年11月1日としております。

 以上、詳細説明を申し上げます。

 ご審議のうえ、お認めいただきますよう、お願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第78号及び議案第79号についての詳細説明が終わりました。

 次に、議案第80号宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定についてから、議案第82号宇城市市道路線の認定についてまでの詳細説明を求めます。



◎土木部長(土村千佳雄君) それでは、議案第80号宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を申し上げます。議案等説明資料6ページも併せてご覧いただきたいと思います。本案は、公営住宅法施行令の一部改正及び保証人要件の緩和などに伴い変更するものであります。内容といたしましては、施行令の改正部分を直接引用しております管理条例第5条第1項第7号に規定する特定入居事由の一部を変更するもので、これまで入居後に世帯人員の増減、加齢、病気等の事情変更があった場合に限定しておりました公募によらず他の公営住宅への入居が可能となる特定入居事由が見直され、新たに入居者または同居者の世帯構成及び心身の状況からみて事業主体が入居者を募集しようとしている公営住宅に当該既存入居者が入居することが適切である場合についても、特定入居が可能となるよう拡大されましたので改正するものであります。このことによりまして、入居当初から世帯人員に不相応な規模の住宅に居住している場合、子どもが大きくなり現在の間取りでは不適当である場合、あるいは知的障害者が作業所に近い公営住宅に移転することが適当な場合などが公募によらないで例外的に入居できることになります。また第11条第1項第1号に規定をしております保証人の住所要件緩和につきましては、今回「市内に居住し」の文言を削除して保証人の住所要件を緩和することによって、実質的に誠意と能力のある連帯保証人を付けていただくため改正するものであります。さらに第3条第2項に定める別表中に誤植がありましたので、字句の修正を提案しております。

 以上、議案第80号宇城市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定につきまして詳細説明を申し上げます。

 続きまして、議案第81号市営住宅使用料滞納者への法的措置について、詳細説明を申し上げます。議案集25ページから26ページをご覧下さい。本案につきましては、市営住宅使用料の高額滞納者、悪質な滞納者に住宅明渡し及び滞納家賃支払いを求めて調停の申立て及び提訴をするものでございます。今回、調停及び提訴するものは、使用料滞納額が20万円を超える者、または使用料滞納が12ヵ月を超える長期滞納者及び高額滞納者で、分納誓約の不履行あるいは再三の指導・督促にも応じない悪質な者18人を選定しております。その内訳といたしましては、9月11日現在で滞納額は20万円に満たないものの使用料滞納が12ヵ月を超える者2人、滞納額20万円から50万円未満の者が11人、50万円から100万円までが4人、100万円を超える者が1人となっております。議決をいただきました後は、宇城市営住宅使用料滞納整理事務取扱要綱第8条の規定に基づき、相手方と連帯保証人に予告通知書に指定された納期限を経過しても納入がなかったため、法的措置に移行した旨を法的措置移行通知書により通知することといたしております。現在、支所の担当者により率先して滞納整理を行っているところでありますが、提訴までに滞納家賃の完納等があった場合は取り下げたいと思っております。なお、このたびの法的措置の処分方法は、熊本簡易裁判所において調停に付する者12人、総額433万2,600円、平均滞納額36万1,050円で、最高滞納期間は55ヵ月、4年7ヵ月で、滞納額は39万9,700円、調停の滞納額の最高は62万円であります。また熊本地方裁判所において裁判、訴訟に付するものは6人で、総額362万900円、平均滞納額54万3,483円、最高滞納期間は107ヵ月、8年11ヵ月であります。ちなみに滞納額は57万2,300円であり、また最も高額の滞納は103万8,200円となっております。法的措置につきましては、地方自治法第96条第1項第12号の規定により議会の議決を得る必要があります。どうぞご審議のほどをよろしくお願いいたします。

 続きまして、議案第82号、市道路線の認定につきまして、詳細説明を申し上げます。本案は、道路法第8条の規定に基づき、市道路線について次のように認定を行うものでございます。議案等説明資料7ページを併せてご覧いただきたいと思います。認定をする市道路線は、路線番号269、路線名、両仲間狐塚線であります。本路線は、現況は里道でございますが、近年沿道の宅地化が進み、市道として管理、拡幅する必要が生じたことによる路線認定でございます。起点が宇城市松橋町両仲間字狐塚324番地1地先から終点が宇城市松橋町両仲間字狐塚273番地1地先まで、延長が280mでございます。

 以上、道路認定につきまして、道路法第8条第2項の規定により議会の議決を求めるものでございます。ご審議の程よろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第80号から議案第82号までの詳細説明が終わりました。

 次に、議案第83号上天草・宇城水道企業団の規約の一部変更について、詳細説明を求めます。



◎総務部長(鉄石憲一君) 議案第83号上天草・宇城水道企業団の規約の一部変更について、詳細説明を申し上げます。議案の28ページ、新旧対照表の8ページでございます。一部事務組合の規約を変更しようとするときは、地方自治法第290条の規定により議会の議決を経る必要がありますのでご提案いたしておるものでございます。これまでは組合議会の議員の選出方法については、関係市の長と議会選出議員1人の計2人をもって充てておりましたが、今回から組合議会の議員はそれぞれの関係市の議会議員2人をもって充て、企業長1人、副企業長1人体制から関係市長の4人すべてを企業長1人、副企業長3人として執務する体制へ変更することによって、執行部と議会選出議員の関係がより明確となり、構成市の均衡が保たれた良好な企業団運営ができる組織への規約改正となっております。

 以上で、詳細説明を終わります。ご審議のほどをよろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) これで、議案第76号から議案第83号までの詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第22 議案第84号 平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)



△日程第23 議案第85号 平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



△日程第24 議案第86号 平成18年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)



△日程第25 議案第87号 平成18年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1号)



△日程第26 議案第88号 平成18年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)



△日程第27 議案第89号 平成18年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第28 議案第90号 平成18年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第29 議案第91号 平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)



△日程第30 議案第92号 平成18年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)



△日程第31 議案第93号 平成18年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)



○議長(末松立身君) 日程第22、議案第84号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)から、日程第31、議案第93号平成18年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)までを一括議題とします。

 まず、議案第84号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)の詳細説明を求めます。



◎総務部長(鉄石憲一君) 議案第84号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)につきまして、詳細説明を申し上げます。別冊の宇城市各会計補正予算書の1ページをお願いいたします。

 まず初めに、予算総額につきまして説明いたします。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5億8,929万9千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ270億973万8千円と定めるものであります。

 6ページをお開き下さい。第2表継続費補正につきまして説明いたします。この継続費は、統合三角小学校建設事業に伴うもので、国庫負担金の年度別の割合を18年度が6割、19年度が4割と計画されていたものが、18年度が4割、19年度が6割と変更されたことにより、事業費の年割額を18年度が4億6,000万円、19年度が6億9,000万円に変更するものであります。

 7ページをお開き下さい。第3表債務負担行為補正につきまして説明をいたします。農業収入補填資金利子補給補助金につきましては、農産物の価格低迷等による農業収入減の補てんのための借入金の利子の一部を補助するもので、平成18年度から20年度の3年間実施するもので、限度額を179万1千円とするものであります。土木工事積算システムリース及び保守料につきましては、旧町単位で保守管理していたものを統合し、事務の簡素化を図るため、平成23年度までの5年間のリースで限度額を1,242万円とするものでございます。8ページをお開き下さい。地方債補正について説明いたします。この表は、起債の種類の変更、財源の振替え、集中豪雨による災害復旧に伴い追加するものであります。起債の方法、利率、償還の方法につきましては、表に記載のとおりであります。

 9ページをお願いいたします。この表はそれぞれの起債が事業の変更、確定等により、限度額を変更、調整するものであり、限度額の計を34億1,250万円から31億220万円に変更するものです。

 続きまして、歳入歳出につきまして説明いたします。

 歳出から先に、主なものについて説明いたします。

 19ページをお願いいたします。総務費について説明いたします。款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費の補正の主なものとして、節1報酬につきましては世帯数確定に伴う嘱託員報酬及び地域審議会の開催数の増による委員報酬であります。節11需用費につきましては、書籍の追録代、渉外対策に係る食糧費であります。節18備品購入費につきましては、救命用半自動除細動器を購入するものであります。目5財産管理費につきましては、電話料金の節減と効率化を図るために、本庁舎及び支所庁舎等にIP電話の設置を工事費で計画しておりましたが、執行に際しては備品購入費が適当と判断されるため、節の組替えを行うものであります。目6企画費、節13委託料につきましては、生活交通確保方策業務委託料250万円、小川地区蓮仏工業団地候補地の地下水調査業務委託料150万円を追加するものであります。20ページをお願いいたします。目11電算運営費、節13委託料411万7千円につきましては、障害者自立支援法等法制度の改正に伴うプログラム修正及びシステムの改修業務委託料であります。目15庁舎等施設整備費の補正につきましては、豊野支所建設事業等の節の組替えであります。21ページをお願いいたします。項4選挙費、目3市議会議員一般選挙費につきましては、実績に伴いそれぞれの節を減額するものでございます。

 次に、民生費について説明いたします。22ページをお開きお願いいたします。款3民生費、項2障害者福祉費の補正につきましては、障害者自立支援法施行に伴い、身体障害者、精神障害者、知的障害者の支援費が一本化され、それぞれの目の予算を組替えることで対応するものであります。目1障害者福祉総務費の補正の主なものにつきましては、節13、日中一時支援事業委託料787万2千円につきましては、デイサービス、短期入所事業等が変更になったものであります。節19負担金の地域生活活動支援センター負担金393万3千円、相談支援事業負担金299万4千円につきましては、授産施設の活動支援、相談支援事業を宇城広域圏で実施するための負担金でございます。23ページをお開き下さい。目3精神障害者福祉費、節13委託料245万円の減額につきましては、次の節20扶助費に変更されたものであります。目4知的障害者福祉費、節20扶助費の訓練等給付350万円につきましては、就労訓練支援費であります。24ページをお願いいたします。款3民生費、項4児童福祉費、目2児童手当費、節20扶助費の8,043万円の補正につきましては、児童手当の対象が小学3年終了前から小学終了前までの改正に伴うものであります。目4保育園運営費の補正の主なものにつきましては、節1報酬、非常勤報酬446万円につきましては、松橋、青海、豊福保育園におきまして入所児童基準により保育士の増員が必要となったため、非常勤の保育士で対応するものであります。25ページをお願いいたします。款3民生費、項4児童福祉費、節19補助金、次世代育成支援対策整備事業補助金1,886万8千円につきましては、豊福保育園の病後児保育施設の整備として、国の補助を受けて行うものであります。款3民生費、項5母子福祉費、目1母子福祉費の財源組替えにつきましては、母子福祉事業の国庫補助金が一般財源化されたため財源を組替えるものであります。この国庫補助の廃止に伴う分は、地方交付税に算入されることになっております。

 次に、衛生費について説明いたします。25ページであります。款4衛生費、項1保健衛生費、目1保健衛生総務費、13委託料、パワーリハビリテーション事業委託料の160万円につきましては、三角ふれあいの館でトレーニング器具を使った健康づくりの推進を行うものであります。節19補助金、上水道高料金対策補助金3,293万9千円につきましては、高料金対策として交付税に算入された分を水道事業会計へ補助するものであります。26ページをお開き下さい。款4衛生費、項2環境衛生費、節13委託料、798万円につきましては、環境基本計画策定業務委託料であります。27ページをお願いいたします。款4衛生費、項3清掃費、目1清掃総務費の補正につきましては、宇城広域清掃組合への地方交付税に算入された分の負担金であります。

 次に、農林水産業費について説明を申し上げます。款5農林水産業費、項1農業費、目4農業総務費の補正につきましては、節13委託料、農産物直販所基本計画書作成業務委託料170万円であります。目5農業振興費の補正につきましては、節19補助金、元気人気熊本チャレンジ事業費補助金87万8千円につきましては、県の補助によりJAうきイチジク部会、スモモ部会に補助するものであります。水田営農組織化整備緊急支援事業補助金285万円につきましては、県の補助により不知火有志機械利用組合に補助するものであります。農業収入補填資金利子補給補助金72万9千円につきましては、農産物の価格低迷により、農業収入補填資金の利子の一部を3ヵ年に限り補助するものであります。節13委託料の設計業務委託料206万8千円、節15工事請負費のアスベスト飛散防止対策工事費4,153万円の減額につきましては、県の補助を受けて排水機場のアスベスト対策工事を市で実施する計画でありましたが、県事業として取り組むことになりましたので減額するものであります。それに伴いまして、市の負担金として節19負担金、28ページになりますが、県営特定農業用管水路等特別対策事業負担金726万3千円で対応することになります。目16農用地排水整備事業費の補正につきましては、三角古場地区の排水路整備工事費570万円であります。

 次に、商工費について説明いたします。30ページをお願いいたします。款6商工費、項1商工費、目3商工振興費の補正につきましては、節19補助金、まちなかづくり推進事業費補助金1,482万円であります。これにつきましては、小川町商工会が実施します、まちや活動の事業費補助及び松橋栄町商店街が実施します街路灯防犯カメラ設置等の事業費補助であります。目4観光費の補正の主なものにつきましては、節13委託料、漂流ゴミ撤去処分業務委託料399万円につきましては、集中豪雨によりまして若宮海水浴場に漂流したゴミの処分に係るものでございます。31ページをお願いいたします。節15工事請負費4,592万円につきましては、アグリパーク豊野の改築工事費であります。併せまして、節13委託料に施工監理業務委託料105万8千円を計上いたしております。財源につきましては、アグリパーク豊野整備基金3,000万円を活用することといたしております。

 次に、土木費について説明いたします。31ページになります。款7土木費、項2道路橋りょう費、目2道路維持費の補正の節11需用費、修繕料800万円につきましては、先の集中豪雨による市道の一部破損の修理を行うものであります。節15工事請負費、市道補修工事費の1,450万円につきましては、3路線の維持補修工事を予定いたしております。32ページになります。節15工事請負費438万円につきましては、小川地区の西山2号線改良工事他を予定いたしております。

 次に、消防費について説明いたします。33ページをお願いいたします。款8消防費、項1消防費、目2消防施設費の主なものにつきまして、節15工事請負費、格納庫改修工事費700万円につきましては、松橋曲野地区格納庫の移転による改修工事であります。

 次に、教育費について説明いたします。34ページをお願いいたします。款9教育費、項2小学校費、節13委託料の施工監理業務委託料558万9千円の減額及び節15工事請負費の統合三角小学校建設工事費2億564万3千円の減額につきましては、先に申し上げましたように国庫負担金の年割額の変更に伴い減額をするものであります。小学校施設改修工事費1,700万円につきましては、松橋小学校の学級数の増により特別室を教室に改修するものであります。36ページをお願いいたします。款9教育費、項6文化費、目2文化財保護費の補正につきましては、節13委託料、除草等清掃業務委託料50万円につきましては、豊福城址の竹の伐採であります。その他、教育施設及び保健体育施設の各施設の修繕料が主なものとなっております。

 次に、災害復旧費について説明をいたします。この災害復旧費は、先の集中豪雨により発生いたしました災害の復旧であります。37ページをお開きお願いいたします。款10災害復旧費、目1農業用施設災害復旧費の補正につきましては、節15工事請負費、災害復旧工事費113件2億349万円をはじめ、関連経費であります。なお、財源につきましては県の補助金が中心となっております。38ページになります。款10災害復旧費、目1公共土木施設災害復旧費の補正につきましては、節15工事請負費、89件2億6,881万6千円をはじめ、関連経費であります。財源につきましては、国庫負担金が中心となっております。

 続きまして、歳入の主なものを説明をいたします。前に戻りますが、12ページをお開きお願いいたします。

 まず、12ページの地方特例交付金について説明いたします。款9地方特例交付金は、過去の減税政策による税の減収補てんのための交付金であります。交付額が確定し、1,056万3千円の減額となったものであります。

 地方交付税について説明いたします。款10地方交付税は、地方交付税が確定したため補正するものであります。6億1,693万6千円の補正額につきましては、社会福祉費、保健衛生費及び公債費の需要増加に伴うもの及び福祉費において国庫補助金の廃止による振替分が算入されたことによるものと分析しております。

 次に、分担金について説明いたします。款12分担金及び負担金の補正につきましては、農業用施設災害復旧費の分担金、豊野町におけるテレビ共同受信施設設置に伴う加入者分担金であります。

 次に、国庫支出金について説明いたします。款14国庫支出金、項1国庫負担金、目1民生費国庫負担金、節1児童福祉費負担金の1億6,731万円の減額補正につきましては、児童手当の国庫負担金の一部が地方交付税に振替えられたことによるものであります。また、手当支給対象者が小学校3年終了前から小学終了前までの改正に伴う変更となっております。13ページをお願いいたします。節2障害者福祉費負担金の4,129万7千円の補正につきましては、障害者自立支援法の施行に伴い、国庫補助金から国庫負担金へ振替えれたものであります。目3教育費国庫負担金の1億7,887万3千円の減額補正につきましては、三角小学校建設事業の年度別割の変更によるものであります。目4災害復旧費国庫負担金の1億7,822万7千円の補正につきましては、公共土木施設災害復旧に係るものであります。款14国庫支出金、項2国庫補助金、目2民生費国庫補助金、節1児童福祉費補助金1,257万9千円の補正につきましては、病後児保育施設整備費の国庫補助金であります。節2障害者福祉費補助金の3,546万3千円の減額補正につきましては、国庫負担金に振替えられたもの及び法施行に伴う事業変更に伴う調整によるものであります。

 次に、県支出金について説明いたします。14ページをお願いいたします。款15県支出金、項1県負担金、目1民生費県負担金、節1児童福祉費負担金7,199万5千円につきましては、児童手当の支給対象が小学校終了前までに改正されたためであります。節5障害者福祉費負担金の1億2,509万2千円の補正につきましては、障害者自立支援法の施行に伴う新規事業及び県補助金から振替えられたものであります。項2県補助金、目1総務費県補助金、節1総務費補助金の熊本県地域振興総合補助金250万円につきましては、誉ヶ丘・萩尾ため池周辺整備基本構想策定に伴うものであります。15ページをお開き下さい。節4障害者福祉費補助金1,814万3千円の減額補正につきましては、障害者自立支援法の施行に伴う新規事業及び県負担金へ振替えられたものであります。目4農林水産業費県補助金、2農地費補助金、16ページになります、特定農業用管渠等特別対策事業費補助金の3,001万円の減額につきましては、歳出で説明いたしましたように排水機場のアスベスト対策事業を県事業で行うための減額であります。目8災害復旧費県補助金につきましては、農業用施設災害復旧に係るものであります。

 次に、繰入金について説明いたします。款18繰入金、項1特別会計繰入金の補正につきましては、老人保健事業及び介護保険事業につきまして、17年度事業の確定に伴う精算金をそれぞれの特別会計から繰入れするものであります。17ページをお願いいたします。款18繰入金、項2基金繰入金、目1財政調整基金繰入金の補正につきましては、7億367万6千円を減額するものであります。目2その他特定目的基金繰入金の補正につきましては、アグリパーク豊野改築工事に伴い、その財源としてアグリパーク豊野整備基金を繰入れるものであります。この基金は、旧豊野町から持ち寄られたもので、17年度末で3,341万5千円の現在高となっております。市債につきましては、先に地方債の補正で説明いたしましたので割愛させていただきます。

 以上で、詳細説明を終わらせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第84号についての詳細説明が終わりました。

 ここでしばらく休憩します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               休憩 午前11時54分

               再開 午後 1時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) 休憩前に引続き、会議を開きます。

 次に、議案第85号平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)及び議案第86号平成18年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を求めます。



◎市民部長(林田清春君) 議案第85号平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、詳細説明を申し上げます。補正予算書101ページをお願いいたします。

 歳入歳出予算の総額にそれぞれ4億3,600万9千円を追加し、歳入歳出予算の総額を76億4,731万7千円とするものであります。

 107ページをお願いします。補正の主なものは、歳出で款2保険給付費の出産育児一時金を275万円増額をお願いします。また、款5共同事業拠出金として4億4,197万3千円を拠出するものです。款10予備費871万4千円の減額につきましては、財源調整によるものでございます。

 歳入につきましては、106ページにお戻りを願います。

 款6共同事業交付金、目2で保険財政共同安定化事業交付金として、今年度創設され4億3,417万6千円が県の連合会より交付されるものでございます。款8繰入金は、一般会計より183万3千円を繰入れるものでございます。

 続きまして、議案第86号平成18年度宇城市老人保健特別会計補正予算(第1号)について、詳細説明を申し上げます。補正予算書201ページをお願いします。

 歳入歳出の総額にそれぞれ2億9,617万1千円を追加し、歳入歳出の総額を69億1,136万円とするものでございます。

 206ページをお願いします。補正の主なものは、平成17年度分の精算に伴い、款1支払基金交付金3,167万2千円、款2国庫支出金1億796万3千円、款3県支出金1,270万2千円の増額及び款5繰越金1億4,383万4千円の確定に伴い、一般会計へ2億9,617万8千円の繰出しに伴う補正でございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第85号及び議案第86号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第87号平成18年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1号)について詳細説明を求めます。



◎福祉部長(村本憲昭君) 議案第87号平成18年度宇城市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、詳細説明を申し上げます。

 予算書の301ページをお開きいただきたいと思います。今回の補正は、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ1億2,555万8千円を増額し、48億7,755万8千円といたしております。今回の補正の主な理由でございますか、17年度決算による剰余金の精算と介護保険法改正に伴いましての予算の組替えによるものでございます。

 まず、歳入から説明申し上げます。

 306ページになります。款10繰越金、目1繰越金1億2,473万9千円の増額でありますが、これは17年度の決算剰余金でありまして、本年度予算に繰入れ、歳出で財源ごとに精算を行うものでございます。次のページ、款11諸収入、目5第三者納付金81万9千円の増額は、交通事故におきまして賠償責任に伴う第三者からの納付金でございます。

 次に、歳出を申し上げます。309ページになります。款2保険給付費でございますが、これにつきましては制度改正に伴い、居宅支援サービス等給付費、それから介護予防サービス等給付費、それに高額介護サービス等費で、この三者間で組替えをいたしたところでございます。したがいまして、既定の予算の増額はあっておりません。

 それから、次ページの款4基金積立金、目1介護給付費準備基金積立金3,952万3千円は、前年度の財政安定化基金の借入れにおきまして剰余金となった額を積み立ていたしまして、今後の償還財源に充てるものでございます。311ページ、款6諸支出金、目2償還金6,759万1千円は、前年度の介護保険給付費の実績をもとに国庫・県費の超過交付額を精算する予算でございます。 

 最後に、次ページの目1一般会計繰出金1,834万4千円は、国庫等との精算と同じように介護給付費におきまして市の一般会計繰入金との精算を行うための予算でございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(末松立身君) 議案第87号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第88号平成18年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を求めます。



◎教育部長(米村諭君) 議案第88号平成18年度宇城市奨学金特別会計補正予算(第1号)について説明いたします。401ページをお開き願いたいと思います。

 既決予算の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ788万8千円を減額いたすものでございます。

 408ページをお願いいたします。歳出でございます。款1、項1、目1の育英事業費、節21貸付金788万8千円の減額は、奨学金貸付者、中途辞退者2名、追加1名並びに18年度貸付対象者40名に対して14名でございました。また、今後追加者3名を見込んだところで減額するものでございます。

 続きまして、406ページの方にお戻りいただきたいと思います。歳入でございます。款2繰入金、項2基金繰入金、目1奨学基金繰入金875万6千円の減額は、先ほど歳出でご説明いたしました理由によりまして減額するものでございます。407ページの目1繰越金でございますが、前年度決算剰余金86万8千円を繰越すものでございます。

 以上、奨学金特別会計補正予算について詳細説明をさせていただきました。よろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第88号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第89号平成18年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)から議案第92号平成18年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)の詳細説明を求めます。



◎土木部長(土村千佳雄君) それでは、議案第89号平成18年度宇城市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について、詳細説明をいたします。予算書501ページをお開きいただきたいと思います。

 今回の補正は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ3,017万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額を2億9,411万8千円と定めるものであります。

 504ページをお願いいたします。第2表地方債の補正でございます。不知火松合地区の高潮対策復旧工事に係る水道管の布設工事の財源といたすものであります。総事業費2,792万5千円のうち2,600万円を借入れするもので、限度額に2,600万円を追加し3,400万円の限度額とするものであります。

 続きまして、歳入の主なものにつきまして説明いたします。507ページをお願いいたします。款1分担金及び負担金、目1水道加入者負担金の現年度分で189万円の増額を見込んでおります。これも先ほど申し上げました不知火松合地区の布設工事分の加入者負担金の分でございます。508ページをお願いいたします。款2使用料及び手数料、目1水道使用料の現年度分で3万5千円を増額いたしております。これも同じく不知火松合地区の分でございます。509ページをお願いいたします。款5繰入金、目1繰入金の一般会計からの繰入金を1,702万9千円減額するものでございます。これにつきましては、510ページの関連ございますので、510ページをお願いいたします。款6繰越金、目1繰越金に前年度の繰越金1,927万9千円を増額するものでございます。歳出と繰越金相殺いたしまして繰入金を1,702万9千円減額するものであります。511ページをお願いいたします。款8市債、目1簡易水道事業債に2,600万円を追加するものでございます。先ほど504ページで申し上げました分でございます。

 次に、歳出の主なものにつきまして説明いたします。512ページをお願いいたします。款1総務費、目1一般管理費の11需用費、修繕料225万円の増額でございます。水道管施設等の修繕費に充てるものでございます。513ページをお願いいたします。款2建設改良費、目1施設改良費に係るもので、先ほど申し上げました不知火松合地区の高潮対策復旧工事に係る水道管の布設工事、測量委託費250万円と布設工事費2,542万5千円、2,792万5千円の増額でございます。

 続きまして、議案第90号平成18年度宇城市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について詳細説明をいたします。601ページをお願いいたします。

 今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ63万1千円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億1,914万9千円と定めるものでございます。

 まず、歳入からご説明いたします。606ページをお願いいたします。款3繰入金、目1一般会計繰入金におきまして643万4千円の減額をいたしております。これは、前年度繰越金が増額となりましたので、減額調整いたしているところでございます。款4繰越金、目1繰越金で706万5千円を増額いたしております。これは、前年度繰越金の確定によるものでございます。

 次に、歳出につきましてご説明いたします。607ページをお願いいたします。款1総務費、項2施設管理費、目4豊野西部地区管理費におきまして60万円の増額をいたしております。これは、マンホールポンプ制御板の落雷による故障のための修繕料でございます。

 以上で、議案第90号につきまして詳細説明を終わります。

 次に、議案第91号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきまして詳細説明をいたします。701ページをお願いいたします。

 今回の補正予算につきましては、歳出を伴わない歳入の調整のみの補正であります。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正によるものでございます。

 まず歳入について説明いたします。704ページをお願いいたします。款4繰入金、目1一般会計繰入金におきまして、2,610万9千円の減額をいたしております。これは、前年度繰越金が増額となりましたので減額調整しているものでございます。なお、繰越金につきましては、2,610万9千円を増額いたしております。これも全額繰越金の確定によるものでございます。

 次に、議案第92号平成18年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)につきまして、詳細説明を申し上げます。

 801ページをお願いいたします。今回の補正予算は、収益的収入及び支出において、水道事業収益3,920万9千円の増額、水道事業費用886万8千円の増額といたしております。802ページをお願いいたします。資本的収入及び支出におきまして、資本的収入31万1千円の増額、資本的支出3,860万円の増額をお願いするものであります。

 その主な内容は、次のとおりでございます。

 807ページをお開き願いたいと思います。まず、収益的収入及び支出からでございます。水道事業収益といたしまして、小田良・大田尾地区簡易水道の編入に伴う給水の収益分627万円の増額、高料金対策に係る一般会計からの補助金3,293万9千円の増額。

 808ページをお願いいたします。水道事業費用といたしまして、小田良・大田尾地区簡易水道事業の編入に伴う事業費用886万8千円の増額。

 810ページをお願いしたいと思います。資本的収入及び支出の部でございますが、まず資本的収入といたしまして、一般会計からの繰入金に係る出資金31万1千円の増額、資本的支出といたしまして、松橋地区5ヵ所の配水管布設工事に係る施設拡張費に3,860万円の増額をいたしております。この事業の主なものといたしまして、広域消防南署建設に伴いまして給水管布設工事975万円、その他松橋町におきまして新築住宅・アパート等への布設費等が主なものでございます。

 以上で、議案第92号平成18年度宇城市水道事業会計補正予算(第1号)につきまして詳細説明を申し上げました。

 ご審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第89号から議案第92号までの詳細説明が終わりました。

 次に、議案第93号平成18年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)の詳細説明を求めます。



◎市民病院事務長(岡本啓子君) 議案第93号平成18年度国民健康保険宇城市民病院事業会計補正予算(第1号)について、詳細説明を申し上げます。

 901ページをお開き下さい。資本的収入について説明申し上げます。

 補正の内容は、収入についてはありません。

 次に、支出ですが、資本的支出の既決予定額2,615万8千円に対し、補正予定額280万円を計上し、合計2,895万8千円になります。上の方に第4条の括弧書きに説明しておりますが、今回の補正の支出について、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2,895万5千円は、過年度分損益勘定留保資金2,895万5千円で補填するものでございます。

 次に、903ページをお願いいたします。支出の1病院施設設改良費、節の工事請負費100万円の補正についてですけど、18年度から政府管掌の健診を始めたことと4月から診療科が1科増え、それに伴い外来患者が増加し、外来駐車場不足が生じております。患者さんから苦情が出ている状況です。そこで、現在使用していない老朽化した医師官舎を解体し駐車場に整地したいと考え、それに係る費用を補正にお願いいたしました。

 次に、2有形固定資産購入費の節1器械及び備品購入費の180万円について、生活習慣病の早期発見、早期治療に役立つ動脈硬化検査をする機器で、血圧脈波検査装置の機械を購入し、市民の方の健康をサポートできるように今回補正にお願いいたしました。

 以上をもちまして、病院事業補正(第1号)についての詳細説明を終わらせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願いいたします。



○議長(末松立身君) これで、議案第84号から議案第93号までの詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入ります。通告がありますので、これを許します。 

 17番、西村智君の発言を許します。



◆17番(西村智君) 議案第84号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第3号)、予算書では21ページになります。款2総務費、項4選挙費、目3市議会議員一般選挙費、これについてお聞きをいたします。金額的なものではございませんけれども、現在選挙につきましては投票時間が夜の8時までとなっておりますけれども、以前は6時締切りでした。それが2時間延びて8時ということになっておりますけれども、6時で締切った場合と8時で締切った場合のこの2時間の時間差による経費の違いを教えていただきたいと思いますし、参考までに6時から8時まで投票された数、はっきりした数字がわかるかどうかわかりませんけれども、大まかな数字でも結構です。それともう一つは、期日前投票の数がわかりますならば、その辺のところも教えていただきたいと思います。



◎総務部長(鉄石憲一君) ただいまの西村議員の質問に対してお答えをいたしたいと思います。

 期日前投票と当日投票がございます。6時までの投票者と午後8時までの投票者ということで、まずご報告申し上げたいと思います。まず当日の投票者数につきましては、3万4,937名。そのうち6時以降の投票者につきましては2,360人。率にいたしまして6.76%でございます。期日前投票につきましては、投票者総数が7,638名、6時以降につきましては1,574名、率にいたしまして20.61%でございます。期日前と当日と合わせますと4万2,575名の投票者でございまして、6時以降になりますと3,934名、9.24%が6時以降2時間での投票者の率ということになります。

 それから、経費でございますが、経費につきましては当日の2時間の経費でございますが、ほとんど人件費、時間外等になろうかと思いますが、この差額が時間外で173万1,794円、諸経費、弁当代等が入ると思います、が10万8,000円、合計の183万9,794円の差額ということになるわけでございます。



○議長(末松立身君) 以上で、通告による質疑が終わりました。

 これで質疑を終結します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第32 議案第94号 工事請負契約の締結について(統合三角小学校建設事業(校舎・プール)建設工事)



○議長(末松立身君) 日程第32、議案第94号工事請負契約の締結についてを議題とします。提案理由の説明を求めます。



◎市長(阿曽田清君) 議案第94号工事請負契約の締結について、提案理由を申し上げます。

 本案は、平成18年9月20日に指名競争入札に付した統合三角小学校建設事業建設工事について請負契約を締結するため、議会の議決を求めるものでございます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 提案理由の説明が終わりました。

 次に、本件について詳細説明を求めます。



◎総務部長(鉄石憲一君) 議案第94号統合三角小学校建設事業、校舎・プールの工事請負契約の締結について、詳細説明を申し上げます。お手元の市長提出追加議案等説明資料をご覧いただきたいと思います。工事番号、教育第A−11号、工事名、統合三角小学校建設事業(校舎・プール)建設工事。工事場所、宇城市三角町三角浦地内であります。工期につきましては、議決の翌日から平成20年2月29日まで。契約金額9億8,175万円。契約の相手方は、東洋・マコト建設工事共同企業体、代表者、熊本市健軍本町11−3、東洋建設株式会社熊本営業所所長、福島直紀。入札の方法は、共同企業体8社による指名競争入札であります。

 今回の工事につきましては、宇城市建設工事共同企業体運用基準による共同企業体対象工事の設計金額が概ね5億円以上であること、かつ設計額が10億円以上の大型工事であり、構成員2社による共同企業体により工事施行を行うことといたしました。また、工事の内容、工事の特殊性など検討いたしました結果、中堅ゼネコンと県内の建築工事A2業者で当該工事を確実かつ円滑に施工することができると判断し、指名願の登録、資格、過去2年間の受注高、技術者数、経営状況また宇城市建設工事共同企業体運用基準等に適合しているかなど、総合的に検討いたしました結果、中堅ゼネコン36社の中から8社、県内業者は地域性を考慮し、熊本管内、八代管内の建築工事A2業者14社の名から8社を選定し、8月18日の指名審査会を経て、同日予備指名通知、Aグループ8社、Bグループ8社を発送し、8月28日JV申請受付、審査を行い、同日本指名の通知、9月20日の入札を執行、同日落札者との仮契約を締結し、本日に至っております。

 この案件は、地方自治法第96条第1項第5号並びに宇城市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を経る必要があるため提案するものでございます。設計概要等につきましては、別紙資料のとおりでございます。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入ります。質疑はございませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 議案第76号宇城市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてから、議案第94号工事請負契約の締結についてまでにつきましては、お手元に配布してあります平成18年第3回宇城市議会定例会委員会付託議案一覧表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に審査を付託します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第33 陳情第3号 建設反対要望書



○議長(末松立身君) 日程第33、陳情第3号建設反対要望書を議題とします。本件は、三角町に計画されております廃棄物最終処分場建設に反対する要望書でござさいます。したがって、所管の民生常任委員会に審査を付託します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第34 休会の件



○議長(末松立身君) 日程第34、休会の件を議題とします。

 お諮りします。22日及び25日は、各常任委員会の審査のため、26日は議事整理のため休会にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、22日、25日及び26日は休会することに決定しました。なお、23日及び24日は市の休日のため休会であります。

 以上で本日の日程は全部終了しました。これで散会します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               散会 午後1時34分