議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成18年 6月 定例会(第2回) 06月22日−06号




平成18年 6月 定例会(第2回) − 06月22日−06号







平成18年 6月 定例会(第2回)



                    
          平成18年第2回宇城市議会定例会(第6号)

                           平成18年6月22日(木)
                           午前10時00分 開議
1 議事日程
 日程第1  議案第58号 宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する
              条例の制定について
 日程第2  議案第59号 宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第3  議案第60号 宇城市男女共同参画推進懇話会条例の一部を改正する条
              例の制定について
 日程第4  議案第61号 宇城市税条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第5  議案第62号 宇城市環境基本条例の制定について
 日程第6  議案第63号 宇城市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する
              条例の制定について
 日程第7  議案第64号 宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例の一部を改正
              する条例の制定について
 日程第8  議案第65号 宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定につい
              て
 日程第9  議案第66号 古屋敷辺地総合整備計画の変更について
 日程第10 議案第67号 字の区域の変更について
 日程第11 議案第68号 あらたに生じた土地の確認について
 日程第12 議案第69号 字の区域の変更について
 日程第13 議案第70号 宇城市市道路線の廃止について
 日程第14 議案第71号 宇城市市道路線の認定について
 日程第15 議案第72号 下益城火葬場組合規約の一部変更について
 日程第16 議案第73号 平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)
 日程第17 議案第74号 平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第
              1号)
 日程第18 議案第75号 平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算
              (第1号)
 日程第19 諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦について
 日程第20 諮問第 3号 人権擁護委員候補者の推薦について
 日程第21 請願第 2号 「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な
              対策を求める」請願書
 日程第22 請願第 3号 JR九州に係る経営支援策に関する請願書
 日程第23 請願第 4号 出資法に定める上限金利の引き下げ等に関する請願
 日程第24 陳情第 2号 三角島原フェリー航路の存続に関する陳情
 日程第25 発議第 5号 小川竜北インター建設促進対策調査特別委員会の設置に
              ついて
 日程第26 発議第 6号 議会改革推進対策調査特別委員会の設置について
 日程第27 発議第 7号 議員派遣の件
 日程第28        議会運営委員会の閉会中の継続調査の申し出
 日程第29        各常任委員会の閉会中の継続調査の申し出
  追加議事日程(第6号の追加1)
 日程第 1 発議第 8号 「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な
              対策を求める」意見書の提出について
 日程第 2 発議第 9号 公共輸送機関の存続へ向け、JR九州に係る経営支援策
              等に関する意見書の提出について
 日程第 3 発議第10号 出資法に定める上限金利の引き下げ等を求める意見書の
              提出について

2 本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

3 出席議員は次のとおりである。(30名)
  1番 福 田 良 二 君           2番 河 野 正 明 君
  3番 橋 田   章 君           4番 ? 永 雄 一 君
  5番 ? 田 幸 夫 君           6番 大 嶋 秀 敏 君
  7番 尾 ? 治 彦 君           8番 藤 木   保 君
  9番 椎 野 和 代 君          10番 橋 田 和 征 君
 11番 河 野 一 郎 君          12番 坂 本 順 三 君
 13番 中 村 友 博 君          14番 山 岡 ? 二 君
 15番 野 田   寛 君          16番 松 下 倫 三 君
 17番 西 村   智 君          18番 栗 ? 秀 人 君
 19番 長 谷 誠 一 君          20番 松 野 孝 敏 君
 21番 永 木 伸 一 君          22番 入 江   學 君
 23番 堀 川 三 郎 君          24番 末 松 立 身 君
 25番 米 村 和 雄 君          26番 中 山 弘 幸 君
 27番 古 川 紀 満 君          28番 石 川 洋 一 君
 29番 岡 本 泰 章 君          30番 楠 田   浩 君

4 欠席議員はなし

5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長  吉 田 耕 治 君
 書    記  河 村 孝 義 君   書    記  小 川 康 明 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長       阿曽田   清 君   助役       飯 田 精 也 君
 収入役      坂 梨 博 幸 君   教育長      長 田 政 敏 君
 教育委員長    吉 ?   潔 君   総務部長     鉄 石 憲 一 君
 市民部長     林 田 清 春 君   福祉部長     村 本 憲 昭 君
 経済部長     上 野 和 範 君   土木部長     土 村 千佳雄 君
 教育部長     米 村   諭 君   総務部次長    長 谷   隆 君
 企画部次長    河 田 信 之 君   市民部次長    川 上 輝 幸 君
 福祉部次長    城 本 剛 至 君   教育部次長    斉 藤 久 男 君
 三角支所長    吉 田 俊 伸 君   不知火支所長   坂 ? 秀 直 君
 松橋市民  
          松 田 節 子 君   小川支所長    宮 ? 一 誠 君
 センター長 
 豊野支所長    宮 村 成 信 君   市民病院事務長  岡 本 啓 子 君
 農業委員会               
          尾 ? 基 雄 君   監査委員事務局長 村 上 民 雄 君
 事務局長                

 





               開議 午前10時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) これから、本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1  議案第58号 宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第2  議案第59号 宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第3  議案第60号 宇城市男女共同参画推進懇話会条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第4  議案第61号 宇城市税条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第5  議案第62号 宇城市環境基本条例の制定について



△日程第6  議案第63号 宇城市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第7  議案第64号 宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第8  議案第65号 宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第9  議案第66号 古屋敷辺地総合整備計画の変更について



△日程第10 議案第67号 字の区域の変更について



△日程第11 議案第68号 あらたに生じた土地の確認について



△日程第12 議案第69号 字の区域の変更について



△日程第13 議案第70号 宇城市市道路線の廃止について



△日程第14 議案第71号 宇城市市道路線の認定について



△日程第15 議案第72号 下益城火葬場組合規約の一部変更について



△日程第16 議案第73号 平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)



△日程第17 議案第74号 平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)



△日程第18 議案第75号 平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(末松立身君) 日程第1、議案第58号宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから、日程第18、議案第75号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)までを一括議題とします。去る6月15日の会議において、審査を付託しました各常任委員会から審査結果の報告がありますので、ただいまから各常任委員会における審査の経過並びに結果について、各常任委員長に報告を求めます。

 まず、総務常任委員長に報告を求めます。野田寛君。



◎総務常任委員長(野田寛君) 総務常任委員会審査報告書について報告します。

 総務常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における審査の経過並びに結果について、ご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、条例関係4議案、予算関係1議案及びその他案件2議案であります。当委員会におきまして、委員会を6月16日第3委員会室におきまして開催しました。委員会の開催中は全委員が出席。また説明員として、総務部、企画部及び市民部の部長、次長及び課長の出席を求め、審査を行いました。

 議案の審査の過程で論議された主なものを要約してご報告申し上げます。

 まず、委員から議案第66号の「古屋敷辺地総合整備計画は、17年度から21年度までの5ヵ年計画になっているが、今回の変更の内容として主なものは何か」との質疑に対し、執行部から「市道古屋敷線の改良工事による事業費の変更であり、その内容は辺地部分及び国道266号の結節する箇所の整備である。また、消防機器整備による小型動力ポンプの購入については、合併協議会防災交通分科会において協議確認した結果に基づき、購入後25年を経過したものは更新することになっている」との答弁でした。

 次に、委員から議案第73号一般会計補正予算の企画費予算について、「特別旅費に当初200万円計上されていたが、今回18万円の増額補正について」ただしたところ、執行部から「今年度から、合併市町村地域資源活性化事業が創設され、財団法人地域活性化センターから500万円の交付内示があっている。その事業の一部として、宇城市は特にすぐれた食材に恵まれている。これを活かすため、服部料理専門学校にプロデュースをお願いするための経費である。委託料として400万円を計上しているが、現在事業の組み立てについて、企画、福祉、経済各部において協議を始めている。宇城市で採れる農産物、海産物等を食材として料理としても売出しを考えている。また、健康立市という観点から、食と健康に関する講演会も開催したい。しかし、今のところ内示があったばかりなので、今後内容を十分協議検討し、再度9月定例会において再配分をお願いしたい」との答弁でした。

 以上が論議されました主な点でありますが、本委員会に付託されました議案につきましては、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 各議員におかれましては、本委員会の決定のとおりよろしくご賛同賜りますようお願い申し上げまして、総務常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 次に、建設経済常任委員長に報告を求めます。中山弘幸君。



◎建設経済常任委員長(中山弘幸君) 建設経済常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、条例関係2議案、予算関係2議案及びその他案件5議案であります。当委員会におきましては、委員会を6月16日、第2委員会室において開催いたしました。委員会の開催中は、全委員が出席。また説明員として、経済部及び土木部の部長及び課長の出席を求め、審査を行いました。

 議案の審査の過程でなされました質疑の中で主なものと、それに対する答弁について報告します。

 まず、議案第68号あらたに生じた土地の確認について、委員から「公有水面の埋め立てに対し、地域の反対はなかったのか」との質疑に対し、「今回確認していただくあらたに生じた土地は、高潮対策として県が施工した部分であり、背後地の埋め立て計画については、むしろ地域住民から早く整備してほしいという要望が強い」との答弁でした。

 次に、議案第73号平成18年度宇城市一般会計補正予算のうち、農林水産業費の園芸産地かつりょく強化対策事業費補助金について、委員から「この事業は単県事業だが、県費に市の補助を上乗せする考えはないか」との質疑があり、これに対する答弁は「市の補助を加えることは考えていない」というものでした。また、同じく農林水産業費の宇城市農業振興地域整備計画書作成業務について、委員から「市長はよく市の人口を7万人にもっていきたいと言われる。今回の農業振興地域の見直しは、何か人口の増加につながるような計画性を持った見直しを行うのかどうか」との質疑に対し、「宇城市としては、平成19年度に一本化して見直し作業を行うように進めている。見直しにあたっては、農業用区域を守るということを基本的な方針として考えているが、企業誘致等を含めたところで、企画サイドと協議をしながら進めていきたい」との答弁がありました。これに対し、委員から「市内には、下水道、水道を埋設した道路を挟んで、片方は住宅地、片方は農業振興地域となっているところがある。下水道、水道は加入者が多いほど市民の負担も少なくなるので、農振地域の見直しにあたっては、その辺も含め全体を見て検討していく必要があるのではないか」との意見が出されました。

 以上で、質疑を終結いたしまして、討論の有無を諮りましたが、討論はありませんでした。採決の結果は、本委員会に付託されました議案につきましては、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議員各位におかれましては、本委員会の決定のとおりよろしくご賛同賜りますようお願い申し上げまして、建設経済常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 建設経済常任委員長の報告が終わりました。

 次に、民生常任委員長に報告を求めます。西村智君。



◎民生常任委員長(西村智君) 民生常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における審査の経過及び結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、議案第62号宇城市環境基本条例の制定について、議案第73号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)及び議案第74号平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の3議案であります。当委員会におきましては、委員会を6月20日、第3委員会室において開催しました。委員会の開催中は、全委員が出席。また、説明員として、市民部及び福祉部の部長、次長及び課長の出席を求め、審査を行いました。

 まず、執行部から議案についての説明を求めた後、議案に対する質疑を行いました。議案の審査の過程で議論されました主なものを要約してご報告申し上げます。

 まず、議案第62号宇城市環境基本条例の制定について、委員から「環境基本条例を制定されるが、この条例が可決されたら、この条例に基づき環境基本計画というものを策定するのか」という質疑があり、「環境基本条例は、環境政策の基本方向を定めるものである。この条例が可決されたら、環境基本計画の策定に入る。計画の中では、自然と共生するエコタウンの構築に向けて、市民が暮らしやすいまちづくりを提案する。内容については、学識経験者、住民代表、各種団体の代表などで構成する組織を立ち上げて協議をし、何年までにどういうことをするという数値目標を掲げた計画書を来年の3月までに作成したい」との答弁がありました。さらに、「産業廃棄物を地下に埋設しているという話を聞くがどうか。また、宇土富合の焼却場周辺では、環境への影響を周辺住民は危険視しているが、その取り組みはどうなっているのか」との質疑に対しては、「焼却場については、宇城市にも地下水の影響がないか毎年水質検査を実施しており、検査に異常があった場合は対策を講じるようにしている」との答弁がありました。

 次に、議案第73号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)について、「非常勤の保育士の報酬が約2,700万円計上してあるが、宇城市の公立保育園全体で正職員の保育士が60人で、非常勤職員の保育士は120人という状況であり、非常勤職員に頼りすぎている。不安定な状態で保育をするよりは、民営化を含めて検討すべきではないか」という質疑に対しては、「児童福祉施設の有り様としては、近隣市町を見ると民営化の方向にある。ただ、行政が独断で民営化すると問題があるので、きちんと計画を立て、市民に対して説明をし、理解を求める必要がある」との答弁がありました。さらに、「児童館の問題については、市長が一般質問の答弁において法律違反を認めた。保育園についても民営化問題が議論に上がっているが、今後どのように取り組む予定なのか」との質疑に対しては、「児童館のあり方については、以前から県の指導もあっており、市長も是正すべきであるとの答弁であった。宇城市内には3児童館を含め10の公立保育園、児童館があるが、松橋保育園、豊野保育園を除く保育所は、いずれも老朽化している。耐久度調査をした結果が8月末にわかるので、それに基づいて建替えの計画を立て、民営化も含めて検討していきたい」との答弁がありました。

 以上が議論されました主な点でありますが、本委員会に付託されました議案につきましては、すべて全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議員各位におかれましては、本委員会の決定のとおりよろしくご賛同賜りますようお願い申し上げまして、民生常任委員会における審査の経過及び結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 民生常任委員長の報告が終わりました。

 最後に、文教常任委員長に報告を求めます。入江學君。



◎文教常任委員長(入江学君) 文教常任委員会に付託されました案件につきまして、委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、議案第65号宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定について、及び議案第73号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)の2議案であります。当委員会におきましては、委員会を6月20日、第2委員会室において開催しました。委員会の開催中は全委員が出席。また、説明員として教育部長、次長、課長及び分室長の出席を求め、審査を行いました。

 議案の審査の過程で議論された主なものを要約してご報告申し上げます。

 まず、委員から議案第73号の一般会計補正予算の文化財保護費、修繕料について、「当初予算に計上できなかった理由、また内容はどのようなものか」とただしたところ、執行部から「小川町にある高さ10mほどの鉄眼禅師功徳碑が老朽化し、頭部が転げ落ちる可能性がでてきた。隣接の高速道路の通行車両に危険を及ぼすこともあり、早急に修繕を要する。このようなことが今年3月の議会中に判明したため、今回予算補正を行うものである」との答弁がありました。

 次に、委員から「図書館費、図書館協議会委員報酬増額予算補正及び協議会委員の役割」についての質疑に対し、執行部から「図書館運営のあり方等を検討する諮問機関で、委員は旧町それぞれ2名の有識者、計10名の委員で構成されている。予算の補正については、今後2回委員会を開催する必要が生じたため」との答弁でした。また、「図書館の利用状況やこれからの利用促進について、図書館協議会としての協議は行われているのか」との質疑に対し、執行部から「前年は3回開催している。内容はその開催ごとに問題点等の解決に向けた協議を行っている。なお、図書館利用促進については、今年10月の図書館ネットワーク整備事業によるシステム導入を踏まえ、職員研修等でのレベルアップに努め、ブックスタートや読み聞かせなどを多く取り入れ、さらなる利用者の増加につなげていきたい」との答弁でした。

 以上が論議されました主な点でありますが、本委員会に付託されました議案につきましては、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議員各位におかれましては、本委員会の決定のとおりよろしくご賛同賜りますようお願い申し上げまして、文教常任委員会における審査の経過並びに結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 文教常任委員長の報告が終わりました。

 以上で、各常任委員長の報告が終わりました。

 これから、委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 これから、議案第58号宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第58号宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第58号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第58号宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第59号宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第59号宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第59号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第59号宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第60号宇城市男女共同参画推進懇話会条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第60号宇城市男女共同参画推進懇話会条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第60号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第60号宇城市男女共同参画推進懇話会条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第61号宇城市税条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第61号宇城市税条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第61号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第61号宇城市税条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第62号宇城市環境基本条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第62号宇城市環境基本条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第62号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第62号宇城市環境基本条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第63号宇城市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第63号宇城市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第63号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第63号宇城市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第64号宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第64号宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第64号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第64号宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第65号宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第65号宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第65号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第65号宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第66号古屋敷辺地総合整備計画の変更についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第66号古屋敷辺地総合整備計画の変更についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第66号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第66号古屋敷辺地総合整備計画の変更については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第67号字の区域の変更についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第67号字の区域の変更についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第67号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第67号字の区域の変更については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第68号あらたに生じた土地の確認についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第68号あらたに生じた土地の確認についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第68号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第68号あらたに生じた土地の確認については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第69号字の区域の変更についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第69号字の区域の変更についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第69号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第69号字の区域の変更については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第70号宇城市市道路線の廃止についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第70号宇城市市道路線の廃止についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第70号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第70号宇城市市道路線の廃止については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第71号宇城市市道路線の認定についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第71号宇城市市道路線の認定についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第71号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第71号宇城市市道路線の認定については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第72号下益城火葬場組合規約の一部変更についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第72号下益城火葬場組合規約の一部変更についてを採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第72号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第72号下益城火葬場組合規約の一部変更については、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第73号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第73号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する各委員長報告は原案可決です。議案第73号は、各委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第73号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第74号平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第74号平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第74号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第74号平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

 これから、議案第75号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第75号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。採決は起立によって行います。本案に対する委員長報告は原案可決です。議案第75号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、議案第75号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第19 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について



△日程第20 諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(末松立身君) 次に、日程第19、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦について、及び日程第20、諮問第3号人権擁護委員候補者の推薦についてを一括議題とします。一括して詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(鉄石憲一君) 諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦について、詳細説明を申し上げます。議案45ページをお願いいたします。人権擁護委員とは、国民の基本的人権が侵犯されることのないように監視し、その救済のため、速やかに適切な処置を取るとともに、常に自由人権思想の普及高揚に努めることを使命とされております。現在、宇城市の委員数は10名でありますが、人権相談業務の円滑な活動を図るため、法務大臣から委員定数の2名増員決定の通知がありましたので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものであり、任期は3年となっております。今回お願いいたしております坂口哲朗氏は、人格識見ともに優れ、人権擁護委員としては申し分ない方であります。なお、現在不知火町からの委員は1名であり、坂口氏の履歴につきましては、資料24ページに記載のとおりであります。

 続きまして、諮問第3号人権擁護委員候補者の推薦について詳細説明を申し上げます。議案46ページをお願いいたします。宇城市の人権相談業務の円滑な活動を図るため、法務大臣から委員定数の2名増員決定の通知がありましたので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものであります。現在、宇城市の委員数は10名であり、任期は3年となっております。今回お願いいたしております古田弘子氏は人格識見ともに優れ、人権擁護委員としては申し分ない方であります。なお、現在豊野町からの委員は1名であり、古田氏の履歴につきましては資料25ページに記載のとおりであります。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 諮問第2号及び諮問第3号の詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております諮問第2号及び諮問第3号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、諮問第2号及び諮問第3号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦についてを採決します。採決は起立によって行います。諮問第2号は、適任と認め答申することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦については、適任と認め答申することに決定しました。

 これから、諮問第3号人権擁護委員候補者の推薦についての討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、諮問第3号人権擁護委員候補者の推薦についてを採決します。採決は起立によって行います。諮問第3号は、適任と認め答申することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、諮問第3号人権擁護委員候補者の推薦については、適任と認め答申することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第21 請願第2号 「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」請願書



○議長(末松立身君) 次に、日程第21、請願第2号「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」請願書を議題とします。

 去る6月15日の会議において審査を付託しました建設経済常任委員会から審査結果の報告がありますので、ただいまから常任委員会における審査の経過並びに結果について建設経済常任委員長に報告を求めます。中山弘幸君。



◎建設経済常任委員長(中山弘幸君) ただいま議題となりました、請願第2号「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」請願書について、建設経済常任委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。

 当委員会は、委員会を6月16日、第2委員会室において開催。全委員が出席し、審査を行いました。当日は、この請願の紹介議員から趣旨説明の申し出がありましたので、これを委員会に諮って許可し、請願の趣旨・内容についての説明を求めました。その趣旨は「米国産牛肉等は、検査体制や特定危険部位の除去、肉骨粉の飼料への使用などの飼料規制、生産・流通履歴が不明確であるなど、日本に比べてBSE対策は極めて不十分なままとなっているので、米国産牛肉の拙速な輸入再々開を行わないことや、国民の食の安全を守るためBSEへの万全な対策を求める意見書を議会において政府関係機関に提出していただくとともに、この請願内容の実現のため強力な働きかけをお願いする」というものでした。

 次いで、この請願に対し委員の意見を求めたところ、委員から「食の安全については、非常に関心のあるところである。ぜひその趣旨に則り、この請願をとり上げていただくようお願いしたい」との意見が出されました。

 次に、討論に入りましたが、討論はありませんでした。

 採決の結果、賛成全員で、この請願は採択とすべきものと決定しました。

 議員各位におかれましては、本委員会の決定のとおりよろしくご賛同賜りますようにお願い申し上げまして、建設経済常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 建設経済常任委員長の報告が終わりました。

 これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 これから討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、請願第2号「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」請願書を採決します。採決は起立によって行います。本請願に対する委員長報告は採択です。請願第2号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、請願第2号「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」請願書は、採択することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第22 請願第3号 JR九州に係る経営支援策に関する請願書



△日程第23 請願第4号 出資法に定める上限金利の引き下げ等に関する請願



△日程第24 陳情第2号 三角島原フェリー航路の存続に関する陳情



○議長(末松立身君) 次に、日程第22、請願第3号JR九州に係る経営支援策に関する請願書から、日程第24、陳情第2号三角島原フェリー航路の存続に関する陳情までを一括議題とします。

 去る6月15日の会議において審査を付託しました総務常任委員会から審査結果の報告がありますので、ただいまから常任委員会における審査の経過並びに結果について、一括して総務常任委員長に報告を求めます。野田寛君。



◎総務常任委員長(野田寛君) 総務常任委員会に付託されました請願2件、陳情1件の審査について、委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 当委員会は、委員会を6月16日の1日間、第3委員会室において開催。全委員が出席し審査を行いました。

 まず、請願第3号について、「宇城市には鹿児島本線と三角線が存在するが、今後は特に三角線については、採算性の悪い線区として切り捨てにつながる可能性もある。宇城市としても死活問題として捉えるべきである」との意見が出ました。

 次いで討論の有無を諮りましたが、討論はなく、採決を行いましたが、採決の結果は全員賛成で、請願第3号JR九州に係る経営支援策に関する請願書は採択すべきものと決定をしました。

 次に、請願第4号については、意見の発言及び討論の有無を諮りましたが、討論はなく、採決を行いましたが、採決の結果は全員賛成で、請願第4号出資法に定める上限金利の引き下げ等に関する請願は、採択すべきものと決定いたしました。

 次に、陳情第2号について、委員から「先般3人の方からの一般質問の中で、宇城市としては支援策を打ち切るとの答弁があった。さらなる支援策が困難なら、三角町の過疎化に拍車をかけることにもなり得る。総務常任委員会としても、期限も切迫しているので、支援策の再考も利用促進の懇願も急務である」との意見がありました。また、他の委員からは「島原からの声が聞こえない。島原、熊本港間の航路を重要視し、三角航路への支援は厳しい状況にあるなど、島原市からすると産業的、観光的に支障を来さないといっている」との意見もありました。このようなことから、総務常任委員会としては、宇城市議会として執行部を含め、島原市をはじめ島原市議会及び島原市観光協会などに対し、存続の要望を意見として提示していくということの結論に達しました。

 次いで、陳情第2号について討論の有無を諮りましたが、討論はありませんでした。

 次に採決を行いましたが、採決の結果は全員賛成で、陳情第2号三角島原フェリー航路の存続に関する陳情は採択すべきものと決定しました。

 以上で、総務常任委員会における審査の経過及び結果の報告を終わります。



○議長(末松立身君) 総務常任委員長の報告が終わりました。

 これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 これから、請願第3号JR九州に係る経営支援策に関する請願書の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、請願第3号JR九州に係る経営支援策に関する請願書を採決します。採決は起立によって行います。本請願に対する委員長報告は採択です。請願第3号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、請願第3号JR九州に係る経営支援策に関する請願書は、採択することに決定しました。

 これから、請願第4号出資法に定める上限金利の引き下げ等に関する請願の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、請願第4号出資法に定める上限金利の引き下げ等に関する請願を採決します。採決は起立によって行います。本請願に対する委員長報告は採択です。請願第4号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、請願第4号出資法に定める上限金利の引き下げ等に関する請願は、採択することに決定しました。

 これから、陳情第2号三角島原フェリー航路の存続に関する陳情の討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、陳情第2号三角島原フェリー航路の存続に関する陳情を採決します。採決は起立によって行います。本陳情に対する委員長報告は採択です。陳情第2号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、陳情第2号三角島原フェリー航路の存続に関する陳情は、採択することに決定しました。

 ただいま、請願第2号、請願第3号及び請願第4号が採択されましたので、中山弘幸君から議員提出意見書、発議第8号「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」意見書の提出について、野田寛君から議員提出意見書、発議第9号公共輸送機関の存続へ向け、JR九州に係る経営支援策等に関する意見書の提出について、及び発議第10号出資法に定める上限金利の引き下げ等を求める意見書の提出についてが提出されました。

 お諮りします。発議第8号、発議第9号及び発議第10号を本日の日程に追加し、追加日程第1、追加日程第2及び追加日程第3として日程の順序を変更し、直ちに議題としたいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第8号、発議第9号及び発議第10号を本日の日程に追加し、追加日程第1、追加日程第2及び追加日程第3として日程の順序を変更し、直ちに議題とすることに決定しました。

 ここで、しばらく休憩します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               休憩 午前10時58分

               再開 午前11時10分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) 休憩前に引続き、会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△追加日程第1 発議第8号 「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」意見書の提出について



○議長(末松立身君) 追加日程第1、発議第8号「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」意見書の提出についてを議題とします。

 お諮りします。本案についての趣旨説明を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、本案についての趣旨説明を省略することに決定しました。

 これから質疑に入ります。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第8号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第8号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、発議第8号「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」意見書の提出についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第8号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、発議第8号「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」意見書の提出については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△追加日程第2 発議第9号 公共輸送機関の存続へ向け、JR九州に係る経営支援策等に関する意見書の提出について



○議長(末松立身君) 追加日程第2、発議第9号公共輸送機関の存続へ向け、JR九州に係る経営支援策等に関する意見書の提出についてを議題とします。

 お諮りします。本案についての趣旨説明を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、本案についての趣旨説明を省略することに決定しました。

 これから質疑に入ります。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第9号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第9号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、発議第9号公共輸送機関の存続へ向け、JR九州に係る経営支援策等に関する意見書の提出についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第9号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、発議第9号公共輸送機関の存続へ向け、JR九州に係る経営支援策等に関する意見書の提出については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△追加日程第3 発議第10号 出資法に定める上限金利の引き下げ等を求める意見書の提出について



○議長(末松立身君) 追加日程第3、発議第10号出資法に定める上限金利の引き下げ等を求める意見書の提出についてを議題とします。

 お諮りします。本案についての趣旨説明を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、本案についての趣旨説明を省略することに決定しました。

 これから質疑に入ります。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第10号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、発議第10号については、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 討論なしと認めます。

 これから、発議第10号出資法に定める上限金利の引き下げ等を求める意見書の提出についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第10号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、発議第10号出資法に定める上限金利の引き下げ等を求める意見書の提出については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第25 発議第5号 小川竜北インター建設促進対策調査特別委員会の設置について



○議長(末松立身君) 日程第25、発議第5号小川竜北インター建設促進対策調査特別委員会の設置についてを議題とします。本市南部の商工業地域の活性化のため、小川竜北インター建設促進対策について調査するため、10人の委員で構成する小川竜北インター建設促進対策調査特別委員会を設置して、調査が終了するまで閉会中の継続調査とすることにしたいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、小川竜北インター建設促進対策調査については、10人の委員で構成する小川竜北インター建設促進対策調査特別委員会を設置し、これに付託して調査が終了するまで閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 お諮りします。ただいま小川竜北インター建設促進対策調査特別委員会が設置されましたので、特別委員の選任については委員会条例第8条第1項の規定によって、次の10人を指名したいと思います。?田幸夫君、橋田和征君、坂本順三君、山岡?二君、野田寛君、栗?秀人君、松野孝敏君、永木伸一君、米村和雄君、岡本泰章君。以上、10人を指名します。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、特別委員はただいま指名した10人を選任することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第26 発議第6号 議会改革推進対策調査特別委員会の設置について



○議長(末松立身君) 日程第26、発議第6号議会改革推進対策調査特別委員会の設置についてを議題とします。議会改革を推進するにあたり、適切な議員定数、議員報酬及び政務調査費の取扱い等を調査するため、10人の委員で構成する議会改革推進対策調査特別委員会を設置して、調査が終了するまで閉会中の継続調査とすることにしたいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、議会改革推進対策調査については、10人の委員で構成する議会改革推進対策調査特別委員会を設置し、これに付託して調査が終了するまで閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 お諮りします。ただいま議会改革推進対策調査特別委員会が設置されましたので、特別委員の選任については委員会条例第8条第1項の規定によって、次の10人を指名したいと思います。河野正明君、?永雄一君、大嶋秀敏君、尾?治彦君、椎野和代君、中村友博君、長谷誠一君、古川紀満君、石川洋一君、楠田浩君。以上、10人を指名します。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、特別委員はただいま指名した10人を選任することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第27 発議第7号 議員派遣の件



○議長(末松立身君) 次に、日程第27、発議第7号議員派遣の件を議題とします。議員提出議案の3ページをご覧いただきたいと思います。本案は、会議規則第158条の規定により、議員を派遣することについて提案するものであります。これから、発議第7号議員派遣の件を採決します。採決は起立によって行います。発議第7号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立全員です。したがって、発議第7号議員派遣の件は、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第28 議会運営委員会の閉会中の継続調査の申し出



○議長(末松立身君) 日程第28、 議会運営委員会の閉会中の継続調査の申し出を議題とします。議会運営委員長から議会運営委員会において調査中の事件について、会議規則第103条の規定によって、お手元にお配りした申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第29 各常任委員会の閉会中の継続調査の申し出



○議長(末松立身君) 日程第29、各常任委員会の閉会中の継続調査の申し出を議題とします。各常任委員長から所管事務のうち会議規則第103条の規定によって、お手元にお配りしました所管事務の調査項目について、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) これで、本日の日程は全部終了しました。会議を閉じます。

 平成18年第2回宇城市議会定例会を閉会します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               閉会 午前11時21分


地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


                            
宇城市議会議長  



会議録署名議員  



会議録署名議員