議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成18年 6月 定例会(第2回) 06月15日−05号




平成18年 6月 定例会(第2回) − 06月15日−05号







平成18年 6月 定例会(第2回)



                    
          平成18年第2回宇城市議会定例会(第5号)

                           平成18年6月15日(木)
                           午前10時00分 開議
1 議事日程
 日程第1  報告第 1号 平成17年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報
              告について
 日程第2  報告第 2号 平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰
              越計算書の報告について
 日程第3  報告第 3号 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計繰越明許費
              繰越計算書の報告について
 日程第4  報告第 4号 平成17年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告につ
              いて
 日程第5  報告第 5号 平成17年度三角町振興株式会社の経営状況の報告につ
              いて
 日程第6  報告第 6号 平成17年度不知火温泉有限会社の経営状況の報告につ
              いて
 日程第7  報告第 7号 平成17年度有限会社アグリパーク豊野の経営状況の報
              告について
 日程第8  議案第56号 工事請負契約の締結について(三角支所庁舎建設工事)
 日程第9  議案第57号 工事請負契約の締結について(豊野支所庁舎建設工事)
 日程第10 議案第58号 宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する
              条例の制定について
 日程第11 議案第59号 宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第12 議案第60号 宇城市男女共同参画推進懇話会条例の一部を改正する条
              例の制定について
 日程第13 議案第61号 宇城市税条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第14 議案第62号 宇城市環境基本条例の制定について
 日程第15 議案第63号 宇城市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する
              条例の制定について
 日程第16 議案第64号 宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例の一部を改正
              する条例の制定について
 日程第17 議案第65号 宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定につい
              て
 日程第18 議案第66号 古屋敷辺地総合整備計画の変更について
 日程第19 議案第67号 字の区域の変更について
 日程第20 議案第68号 あらたに生じた土地の確認について
 日程第21 議案第69号 字の区域の変更について
 日程第22 議案第70号 宇城市市道路線の廃止について
 日程第23 議案第71号 宇城市市道路線の認定について
 日程第24 議案第72号 下益城火葬場組合規約の一部変更について
 日程第25 議案第73号 平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)
 日程第26 議案第74号 平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第
              1号)
 日程第27 議案第75号 平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算
              (第1号)
 日程第28 請願第 2号 「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な
              対策を求める」請願書
 日程第29 請願第 3号 JR九州に係る経営支援策に関する請願書
 日程第30 請願第 4号 出資法に定める上限金利の引き下げ等に関する請願
 日程第31 陳情第 2号 三角島原フェリー航路の存続に関する陳情
 日程第32        休会の件

2 本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

3 出席議員は次のとおりである。(30名)
  1番 福 田 良 二 君           2番 河 野 正 明 君
  3番 橋 田   章 君           4番 ? 永 雄 一 君
  5番 ? 田 幸 夫 君           6番 大 嶋 秀 敏 君
  7番 尾 ? 治 彦 君           8番 藤 木   保 君
  9番 椎 野 和 代 君          10番 橋 田 和 征 君
 11番 河 野 一 郎 君          12番 坂 本 順 三 君
 13番 中 村 友 博 君          14番 山 岡 ? 二 君
 15番 野 田   寛 君          16番 松 下 倫 三 君
 17番 西 村   智 君          18番 栗 ? 秀 人 君
 19番 長 谷 誠 一 君          20番 松 野 孝 敏 君
 21番 永 木 伸 一 君          22番 入 江   學 君
 23番 堀 川 三 郎 君          24番 末 松 立 身 君
 25番 米 村 和 雄 君          26番 中 山 弘 幸 君
 27番 古 川 紀 満 君          28番 石 川 洋 一 君
 29番 岡 本 泰 章 君          30番 楠 田   浩 君

4 欠席議員はなし

5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長  吉 田 耕 治 君
 書    記  河 村 孝 義 君   書    記  小 川 康 明 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長        阿曽田   清 君   助役       飯 田 精 也 君
 収入役       坂 梨 博 幸 君   育長       長 田 政 敏 君
 教育委員長     吉 ?   潔 君   総務部長     鉄 石 憲 一 君
 企画部長      丸 目 季 廣 君   市民部長     林 田 清 春 君
 福祉部長      村 本 憲 昭 君   経済部長     上 野 和 範 君
 土木部長      土 村 千佳雄 君   教育部長     米 村   諭 君
 総務部次長     長 谷   隆 君   企画部次長    河 田 信 之 君
 市民部次長     川 上 輝 幸 君   福祉部次長    城 本 剛 至 君
 教育部次長     斉 藤 久 男 君   三角支所長    吉 田 俊 伸 君
                       松橋市民    
 不知火支所長    坂 ? 秀 直 君            松 田 節 子 君
                       センター長  
 小川支所長     宮 ? 一 誠 君   豊野支所長    宮 村 成 信 君
                       農業委員会   
 市民病院事務長   岡 本 啓 子 君            尾 ? 基 雄 君
                       事務局長                
 監査委員事務局長  村 上 民 雄 君





               開議 午前10時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) これから、本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 報告第1号 平成17年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について



○議長(末松立身君) 日程第1、報告第1号平成17年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題とします。

 詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(鉄石憲一君) 報告第1号平成17年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について詳細説明を申し上げます。

 3ページをお願いいたします。このことについては、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、平成17年度宇城市一般会計繰越明許費について、繰越計算書を調製したので、議会に報告するものであります。

 その内容については、4ページに記載のとおりであります。4ページをお願いいたします。

 項1総務管理費の豊野支所庁舎建設事業についての繰越理由といたしまして、NTT回線移設協議に時間を要したことによるものであり、項4児童福祉費、保育園運営費の次世代育成支援対策整備事業については、小川町の大空保育園分であり、国の17年度補正予算に対応する措置でございます。項3水産業費、松合漁港漁業集落環境整備事業については、主に用地交渉が難航したことによるものであり、項2道路橋りょう費、市道出店馬立線改良事業については、県との交差点協議に時間を要したことによるものであります。また、項1消防費、消防署用地造成事業については、南署建設計画が遅れたこと。そして、項2小学校費、小川小学校大規模改造事業については、国の17年度補正予算対応によるものであり、翌年度繰越総額は3億4,887万3千円となっております。なお、この繰越明許費につきましては、3月定例議会の平成17年度一般会計補正予算(第4号)においてご承認をいただいているものであります。

 以上で、詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 これで、報告第1号平成17年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを終わります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 報告第2号 平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について



○議長(末松立身君) 次に、日程第2、報告第2号平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題とします。

 詳細説明を求めます。土木部長。



◎土木部長(土村千佳雄君) 報告第2号、平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告につきまして、詳細説明をいたします。

 5ページから6ページをお開き下さい。平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計繰越明許につきましては、松合地区水道管敷設工事で繰越額を640万円といたしております。この工事につきましては、当初、平成17年12月16日から平成18年3月13日までの工期で入札を行いましたが、宇城市農林水産課の松合地区漁業集落環境整備事業の地盤嵩上げ完了後に水道管を布設する予定でありました。しかし、この地盤嵩上げが盛土材の大幅な遅れによりまして、年度内での工事ができなかったことによります繰越しでございます。その後の進捗状況を申し上げますと、松合地区漁業集落環境整備事業の地盤嵩上げが6月下旬から工事を発注する予定と聞いておりますので、地盤嵩上げ完了後の7月中旬には、配水管敷設工事に着手する予定といたしているところでございます。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 これで、報告第2号平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを終わります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3 報告第3号 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について



○議長(末松立身君) 次に、日程第3、報告第3号平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題とします。

 詳細説明を求めます。土木部長。



◎土木部長(土村千佳雄君) 報告第3号、平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書につきまして、詳細説明をいたします。

 7ページから8ページをご覧下さい。平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計の繰越明許につきましては、繰越額を8,000万円とし、3月定例議会で議決を願ったところであります。松合地区特定環境保全公共下水道事業が合併に伴いまして認可変更が必要となり、県との協議で熊本県汚水処理構想の救の浦地区が漁業集落排水事業での計画となっていたため、汚水処理構想の変更に時間を要し、1月に変更の受理、次いで2月に認可申請を行い、平成18年3月14日に決定がなされたところであります。年度内での事業ができなかったことによります繰越しでございます。その後の進捗状況を申し上げますと、調査設計委託を5月に発注いたしまして、現在事業実施中であります。8月までの工期といたしているところでございます。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 これで、報告第3号平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを終わります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第4 報告第4号 平成17年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告について



○議長(末松立身君) 次に、日程第4、報告第4号平成17年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告についてを議題とします。

 詳細説明を求めます。企画部長。



◎企画部長(丸目季廣君) 報告第4号平成17年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告について、詳細説明を申し上げます。

 本公社は、宇城市が出資する法人でありますので、地方自治法第243条の3第2項及び地方自治法施行令第173条の規定により、その経営状況について報告をいたすものでございます。

 それでは、別冊の決算書をお開きいただきたいと思います。平成17年度収入支出決算額は、公有地取得等の事業を行っておりませんので、事務的経費のみでありました。収益的収入支出におきましては、1ページに記載のとおり、収入合計1万2,150円に対して支出合計11万3,565円でございます。支出の主なものは、法人税となっております。差額の当期損失10万1,415円は前期繰越準備金で補っております。

 次に、資本的収入支出においては、事業を行っておりませんので、収入支出ともに計上いたしておりません。

 以上で、平成17年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告の詳細説明を終わらせていただきます。ご審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 これで、報告第4号平成17年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告についてを終わります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第5 報告第5号 平成17年度三角町振興株式会社の経営状況の報告について



○議長(末松立身君) 次に、日程第5、報告第5号平成17年度三角町振興株式会社の経営状況の報告についてを議題とします。

 詳細説明を求めます。経済部長。



◎経済部長(上野和範君) 報告第5号平成17年度三角町振興株式会社の経営状況の報告について報告をいたします。

 別冊をご覧いただきたいと思います。地方自治法第243条の3第2項及び地方自治法施行令第173条第1項の規定に基づき、報告するものでございます。三角町振興株式会社の設立は平成2年3月で、総株数314株、出資金総額1,570万円のうち宇城市で200株1,000万円を出資をしております。ほかの株主としましては、商工会、九州商船、JA熊本宇城農協、九州産交株式会社、ニューナポリ及び個人出資者3名であります。

 まず、1ページの貸借対照表について説明をいたします。金額内訳の欄で、合併、本店、駅前支店と分けて掲載をしてありますが、合併の欄で説明をいたします。資産の部では、現金・預金等の流動資産が3,068万2,033円、工具器具備品類等の固定資産が172万1,969円で、資産合計3,240万4,002円となっております。

 負債・資本の部では、買掛金、販売受託、未払費用等の流動負債が1,581万8,571円、長期預り金の固定負債が168万3,500円で、負債合計1,750万2,071円であります。資本金は先ほど説明をいたしましたとおり1,570万円でございます。それに利益剰余金の赤字79万8,069円があり、資本合計は1,490万1,931円となりましたので、負債・資本合計額としては3,240万4,002円となっております。

 次に、2ページの損益計算書について説明をいたします。営業損益の部ですが、売上高6,029万1,004円となっておりますが、内訳は記載のとおりでございます。受託販売手数料につきましては、農産物等の売上げ1億1,358万円の15%相当の1,747万7,980円となっております。売上高から売上原価を差し引いた売上総利益は3,051万9,009円となっており、さらにこれから販売費及び一般管理費を差し引いた営業損失は2,155万6,433円の赤字となっております。

 次に、営業外損益の部ですが、営業外収益から営業外費用の雑損失を引いた残りの収益が1,807万8,552円ありますので、経常利益としては347万7,881円の赤字となりました。これに前期損益修正益、法人税・住民税及び事業税、前期繰越利益を増減した後の当期未処分利益は99万8,069円の赤字となりました。

 5−1ページをお開き下さい。ラ・ガール売上計画及び実績表の一番下の欄を見ていただくとわかりますが、売上実績は対前年比117.9%で、約18%増を達成をしております。5−2ページをお願いします。海のピラミッド、ムルドルハウス、浦島屋、いずれも前年度に対して売上げ減となっておりました。合計金額では573万9千円の減、率にして15%の減となっております。特に西港施設の売上げが20%以上落ち込んでおり、そのことが赤字決算になった大きな要因であると考えております。平成18年度の事業計画につきましては、6ページに記載のとおり、基本理念、基本方針に基づき、販管費の大幅な見直しや徹底したコストダウン、出荷協議会に野菜部会を設立をし、より綿密な出荷販売体制づくり、さらに通販事業の取り組みなど、重点施策8項目を掲げ、売上げ目標前年度対比20%アップを目指しております。平成18年度の収支につきましては7ページ、8ページでありますが、当期剰余金450万円を設定をして経営努力を継続していく計画であります。

 以上、経営状況についての報告でございます。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 これで、報告第5号平成17年度三角町振興株式会社の経営状況の報告についてを終わります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第6 報告第6号 平成17年度不知火温泉有限会社の経営状況の報告について



○議長(末松立身君) 次に、日程第6、報告第6号平成17年度不知火温泉有限会社の経営状況の報告についてを議題とします。

 詳細説明を求めます。経済部長。



◎経済部長(上野和範君) 報告第6号平成17年度不知火温泉有限会社の経営状況の報告について説明をいたします。

 不知火温泉有限会社の設立は平成7年9月で、総株数660株、出資金総額3,300万円の内、宇城市で630株3,150万円を出資をしております。ほかの株主としましては、商工会、農協及び漁協であり、それぞれ10株ずつの出資であります。

 まず、1ページの貸借対照表について説明をいたします。資産の部では、現金、

預金等の流動資産が7,339万524円、建物、機械設備等の有形及び無形、投資等の固定資産が4,396万7,107円で、資産合計1億1,735万7,631円となっております。負債・資本の部では、買掛金、未払金等の流動負債が2,112万9,682円、退職給与引当金の固定負債として65万9,689円で、負債合計2,178万9,371円であります。資本金は先ほど申し上げましたとおり3,300万円でございます。それに利益剰余金を合わせ、資本合計9,556万8,260円となり、負債資本合計としては1億1,735万7,631円となっております。

 次に、2ページの損益計算書について説明をいたします。営業損益の部ですが、

売上高1億6,404万3,687円の売上高となっておりますが、内訳は記載のとおりであります。売上高から売上原価を差し引いた売上総利益は1億481万1,452円となっており、さらにこれから販売費及び一般管理費を差し引いた営業損失が2,687万5,928円となっております。

 次に、営業外損益の部ですが、営業外収益から営業外費用の雑損失を差し引いた

営業外収益が1,781万6,827円となっております。結果として、経常損失が905万9,101円となり、赤字となりました。これに法人税、住民税及び事業税、前期繰越利益の増減をした後の当期未処理損失が391万6,740円となり、これが平成17年度決算の赤字額ということでございます。

 5ページをお開き下さい。不知火温泉有限会社の売上げについての対前年比・比

較表を見ていただくとわかりますが、全ての項目で前期を下回っており、特に入湯客が購入される券売機の売上げが21%と大きく減少しております。利用者数につきましても6ページに記載をしておりますが、全体で1万8,175人のマイナスとなっております。今後の不知火有限会社につきまして、これまでは健全経営で運営されてきましたが、開設後10年を経過をし、施設の老朽化による維持補修費が増加することが懸念されますし、入館者につきましては平成13年の21万1,500人をピークに、来館者が減少しているということであり、計画的な対応とその対策を講じなければなりません。会社の方針として、まず社員の意識改革と経費の見直し、営業時間の延長、高齢者への配慮、広報活動の強化など、入湯客及び販売額の増加に努めることとしております。

 以上、経営状況についての報告を終わります。よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 これで、報告第6号平成17年度不知火温泉有限会社の経営状況の報告についてを終わります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第7 報告第7号 平成17年度有限会社アグリパーク豊野の経営状況の報告について



○議長(末松立身君) 次に、日程第7、報告第7号平成17年度有限会社アグリパーク豊野の経営状況の報告についてを議題とします。

 詳細説明を求めます。経済部長。



◎経済部長(上野和範君) 報告第7号、平成17年度有限会社アグリパーク豊野の経営状況について報告をいたします。

 有限会社アグリパーク豊野の設立は平成16年1月で、総株数274株、出資金総額1,370万円のうち、宇城市で220株1,100万円を出資をしております。ほかの株主としましては、農協、出荷協議会、商工会であります。なお、有限会社設立まではアグリパーク豊野振興協会として物産館の運営をしておりましたが、宇城市合併を機に第3セクターとして発足したものであります。

 まず1ページの貸借対照表について説明をいたします。資産の部では、現金、預金等の流動資産が2,177万8,135円、建物・什器等の固定資産が583万8,154円で、資産合計2,761万6,289円となっております。

 負債・資本の部では、買掛金、未払金等の流動負債が266万5,951円で、同じく負債合計も266万5,951円であります。資本金は先ほど説明をしましたとおり1,370万円でありますが、それに利益剰余金を合わせ、資本合計2,495万338円となり、負債・資本合計としては2,761万6,289円となっております。

 次に、2ページの損益計算書について説明をいたします。営業損益の部ですが、売上高につきましては物産館売上げ及び受託販売手数料で3,589万7,369円となっております。売上高から売上原価を差し引いた売上総利益は2,909万5,956円となっており、さらにこれから販売費及び一般管理費を差し引いた営業利益は255万6,297円となっております。

 次に、営業外収益ですが、300万4,564円であります。経常利益としては556万861円となりました。これに法人税、住民税及び事業税、当期利益、期繰越利益を増減した後の当期未処分利益が1,125万338円となっております。有限会社アグリパーク豊野の経営状況につきましては健全に運営されていると思われますが、4ページに掲載のとおり、平成16年度と平成17年度の対比表では、物産館が384万434円の減、青空市場でも若干ではありますが77万円程度の減となっており、経常利益も前年比、2ページになりますけれども、402万7,516円の減額となっております。今後の予定としては、年間を通して新鮮な物産の品揃えのために、出荷組合とさらに連携を深めるとともに、売れ筋品データの整理や加工品等の開発などを検討をされております。さらに売り場の改善のため、年度内には青空市場の改築を計画をし、集客力の向上を目指しております。

 以上、経営状況についてのご報告を終わります。よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 これで、報告第7号平成17年度有限会社アグリパーク豊野の経営状況の報告についてを終わります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第8 議案第56号 工事請負契約の締結について(三角支所庁舎建設工事)



○議長(末松立身君) 次に、日程第8、議案第56号工事請負契約の締結についてを議題とします。

 詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(鉄石憲一君) 議案第56号工事請負契約の締結について詳細説明を申し上げます。議案集の13ページをお願いいたします。説明資料は、2ページから5ページでございます。工事番号、三角第A−1号。工事名、三角支所庁舎建設工事。工事場所、宇城市三角町波多地内であります。工期につきましては、議決の翌日から平成19年2月28日まで。契約金額2億2,890万円。契約の相手方は、熊本市南熊本4丁目4番10号、株式会社岩永組、代表取締役、岩永一宏。契約の方法は、指名競争入札であります。この案件につきましては、地方自治法第96条第1項第5号並びに宇城市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。入札につきましては、5月2日の指名審査会、現場説明、閲覧期間を経まして、5月29日県内8業者による入札の結果、株式会社岩永組が落札。同日、仮契約し、現在に至っております。工事内容につきましては、鉄筋コンクリート造り2階建て1棟、延床面積1,049.29?であります。1階につきましては、事務室、ロビー、エントランスホールが主なもので、1階部分の面積といたしましては644.25?となっております。また2階につきましては、大会議室、教育分室、倉庫が主なもので、2階面積といたしまして405.04?で、延床面積1,049.29?であります。いずれの階にもユニバーサルデザインを取り入れております。なお財源につきましては、支所建設基金、合併特例債が主なものでございます。

 以上で、詳細説明を終わります。ご審議方、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第56号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、本案については委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第56号工事請負契約の締結についてを採決します。採決は起立によって行います。議案第56号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 全員起立です。したがって、議案第56号工事請負契約の締結については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第9 議案第57号 工事請負契約の締結について(豊野支所庁舎建設工事)



○議長(末松立身君) 次に、日程第9、議案第57号工事請負契約の締結についてを議題とします。

 詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(鉄石憲一君) 議案第57号工事請負契約の締結について詳細説明を申し上げます。14ページをお願いいたします。資料につきましては、6ページから9ページでございます。工事番号、豊野第A−1号。工事名、豊野支所庁舎建設工事。工事場所、宇城市豊野町糸石地内であります。工期につきましては、議決の翌日から平成19年3月15日まで。契約金額4億5,990万円。契約の相手方は、熊本市神水2丁目12番11号、三ツ矢建設株式会社、代表取締役社長、宮崎隆。契約の方法は、指名競争入札であります。この案件につきましては、地方自治法第96条第1項第5号並びに宇城市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものであります。入札につきましては、5月2日の指名審査会、現場説明、閲覧期間を経まして、5月29日県内8業者による入札の結果、三ツ矢建設株式会社が落札。同日、仮契約し、現在に至っております。工事内容につきましては、鉄筋コンクリート造り2階建て1棟、延床面積1,794.28?。1階につきましては、事務室、待合室、ロビー及び保健センターが主なもので、2階につきましては大会議室、小会議室、サロンが主なものとなっております。いずれの階にもユニバーサルデザインを取り入れております。財源の主なものといたしまして、支所建設基金、合併国庫補助金、合併特例債となっております。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議方、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 詳細説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第57号については、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、本案については委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、議案第57号工事請負契約の締結についてを採決します。採決は起立によって行います。議案第57号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 全員起立です。したがって、議案第57号工事請負契約の締結については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第10 議案第58号 宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第11 議案第59号 宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第12 議案第60号 宇城市男女共同参画推進懇話会条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第13 議案第61号 宇城市税条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第14 議案第62号 宇城市環境基本条例の制定について



△日程第15 議案第63号 宇城市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第16 議案第64号 宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第17 議案第65号 宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第18 議案第66号 古屋敷辺地総合整備計画の変更について



△日程第19 議案第67号 字の区域の変更について



△日程第20 議案第68号 あらたに生じた土地の確認について



△日程第21 議案第69号 字の区域の変更について



△日程第22 議案第70号 宇城市市道路線の廃止について



△日程第23 議案第71号 宇城市市道路線の認定について



△日程第24 議案第72号 下益城火葬場組合規約の一部変更について



△日程第25 議案第73号 平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)



△日程第26 議案第74号 平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)



△日程第27 議案第75号 平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(末松立身君) 次に、日程第10、議案第58号宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから、日程第27、議案第75号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)までを一括議題とします。

 まず、議案第58号宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(鉄石憲一君) 議案第58号宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を申し上げます。

 15ページをお願いいたします。資料につきましては、10ページの新旧対照表でございます。本案は、国家公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴い変更するものでございます。本年、給与制度の改正に伴い、復職時調整の仕組みも同時に改正になったものであります。内容といたしましては、以前は復職した時点で調整が完結いたしておりましたが、今回から復職した時点の1回目の復職時調整はあくまで仮置きの処置で、2回目のいわゆる復職した最初の昇級日、つまり1月1日において復職調整が完結するという条例の一部改正でございます。

 以上、詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第58号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第59号宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(鉄石憲一君) 議案第59号宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を申し上げます。

 17ページでございます。資料は10ページでございます。本案は、減少する消防団員を確保するために条例の改正をお願いするものでございます。宇城市消防団条例第4条の任用については、本市に居住する者ほか、年齢18歳以上の者、志操堅固で、かつ、身体強健な者が条件でありましたが、消防団員の減少並びに昼間における市外への勤務者の増加に伴い、防災活動に支障を来す状況となってきましたので、今回、「又は勤務する者」を追加し、それに伴い第7条第2項第2号の「区域外に転住したとき」を任用の資格を有しなくなったときに変更する条例の一部改正となっております。

 以上で、詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第59号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第60号宇城市男女共同参画推進懇話会条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(鉄石憲一君) 議案第60号、宇城市男女共同参画推進懇話会条例の一部を改正する条例の詳細説明を申し上げます。

 19ページでございます。資料につきましては、11ページの新旧対照表をお願いいたします。今回提案いたします条例の一部改正につきましては、まず条例第2条所掌事務としてあります条文を具体化するため、本年度取り組みます基本計画の策定や男女共同参画施策について必要に応じ市長に意見を述べること等を入れ込み、整理するものであります。また、第6条におきましては、機構改革前の担当課、総務課の名称になっておりますので、人権啓発課に変更するものであります。

 以上で、詳細説明を終わります。ご審議方、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第60号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第61号宇城市税条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を求めます。市民部長。



◎市民部長(林田清春君) 議案第61号宇城市税条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を申し上げます。

 議案集の21、22ページをお願い申し上げます。本案は、宇城市税条例第19条の延滞金の取扱いについて、滞納者の負担軽減措置を追加するものでございます。市税の延滞金の免除につきましては、地方税法第15条の9第2項の各号に定めてありますが、納期限までに市税を納入し又は納入しなかったことについて、納税者の申し出にやむを得ない理由があると市長が認めるものに限り、税の負担公平の原則の維持及び納税秩序を害さない範囲において、規則の定めるところにより延滞金の減免をすることができるものとするということでございます。

 ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第61号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第62号宇城市環境基本条例の制定について、詳細説明を求めます。

 市民部長。



◎市民部長(林田清春君) 議案第62号宇城市環境基本条例の制定について、詳細説明を申し上げます。

 議案集23ページをお願いします。今日の環境問題は、高度経済成長期が生んだ産業型弊害から都市化の進展や生活様式の多様化による自動車等排ガスによる大気汚染、生活排水による河川等の水質汚濁、近隣騒音などの市民生活による都市生活型環境問題へと変化してまいりました。このような環境問題を解決し、良好な環境を将来に引き継ぐためには、私たち一人一人が日常の生活や活動を見直し、自主的、積極的に取り組みを進めていくことが必要であります。宇城市におきましては、市を挙げて環境のまちづくりに取り組むため、市総合計画の中で自然と共生するエコタウンの構築が施策大綱の一つに掲げられており、その実現のため本定例議会に施策の基本方針を定めた宇城市環境基本条例の制定を提案するものであります。

 それでは、24ページをお願い申し上げます。本条例は、第1章から第3章、附則の構成としております。24ページから26ページまでは第1章で、設置目的や基本理念の総則を定めております。26ページの中程から28ページまでは第2章で、施策の基本方針や環境基本計画、基本的施策、体制整備でございます。28ページの後段から29ページまでは第3章で、環境審議会の設置でございまして、最後が附則で、これまでの宇城市ふるさと環境美化条例を廃止し、今回宇城市環境基本条例を新たに設置いたすものでございます。

 なお、条例制定後は、環境政策の長期的視点に立った総合的かつ計画的な環境問題解決へ向けての取り組みを推進するため、宇城市環境基本計画の策定を計画しているところでございます。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第62号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第63号宇城市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を求めます。土木部長。



◎土木部長(土村千佳雄君) 議案第63号、宇城市水道事業の設置等に関する条例の一部改正につきまして、詳細説明を申し上げます。

 30ページをご覧下さい。説明資料では12ページから13ページをお願いいたします。本案につきましては、水道事業認可記載事項が合併により変更の必要性が生じたため、条例の一部を改正するものであります。宇城市水道事業の設置等に関する条例第3条中の宇城市三角町郡浦簡易水道事業及び宇城市三角町石打簡易水道事業を宇城市郡浦地区簡易水道事業及び宇城市石打地区簡易水道事業に、別表(第4条関係)では、事業名欄の宇城市三角町水道を宇城市三角上水道に、宇城市松橋町水道を宇城市松橋上水道に、宇城市小川町水道を宇城市小川上水道に、宇城市三角町郡浦簡易水道を宇城市郡浦地区簡易水道に、宇城市三角町石打簡易水道を宇城市石打地区簡易水道に、また三角上水道事業の経営変更認可取得により、給水人口9,500人を6,000人、1日最大給水量5,500厭を2,600厭に条例の一部を改正する必要が生じたためでございます。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第63号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第64号宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を求めます。土木部長。



◎土木部長(土村千佳雄君) 議案第64号、宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例の一部改正につきまして詳細説明を申し上げます。

 32ページをお開き下さい。説明資料では14ページもお願いいたします。本案は、水道事業認可記載事項が合併により変更の必要性が生じたため、条例の一部を改正するものでございます。宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例、別表(第3条関係)の事業名欄の宇城市不知火町東部簡易水道を宇城市不知火東部地区簡易水道に、宇城市不知火町松合簡易水道を宇城市松合地区簡易水道に、宇城市不知火町塩浜簡易水道を宇城市塩浜地区簡易水道に、宇城市松橋町竹崎簡易水道を宇城市竹崎地区簡易水道に、宇城市豊野町西部簡易水道を宇城市豊野西部地区簡易水道に、宇城市豊野町上巣林簡易水道を宇城市上巣林地区簡易水道に条例の一部を改正する必要性が生じたためでございます。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第64号の詳細説明が終わりました。

 次に、案第65号宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定について、詳細説明を求めます。教育部長。



◎教育部長(米村諭君) 議案第65号宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定についての詳細説明を申し上げます。

 議案集34、35ページになります。なお、資料は15ページの新旧対照表となっております。本案は、宇城市立図書館5館のうち、合併時から中央図書館を松橋図書館としておりましたが、今回中央図書館を不知火図書館に改めるものでございます。不知火支所敷地内には、複合施設として図書館と美術館、また体育館、温水プール、中央公民館があり、快適な環境にあるものと思われます。これらの施設を一体的に捉え、教育文化ゾーンとして活用し、宇城市の生涯学習拠点とするためにも、不知火図書館を中央図書館とするものであります。宇城市立5図書館の状況につきましては、各議員のお手元に配付させていただいております資料のとおりでございます。

 以上、詳細説明を終わらせていただきます。なお、ご審議の程をよろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第65号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第66号古屋敷辺地総合整備計画の変更について、詳細説明を求めます。企画部長。



◎企画部長(丸目季廣君) 議案第66号古屋敷辺地総合整備計画の変更について、詳細説明を申し上げます。

 議案集36ページ及び別冊資料のとおり、平成17年度から21年度までの5ヵ年計画で進めております不知火町古屋敷辺地総合整備計画を変更するにあたり、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第5項の規定により、議会の議決を要するものであります。別冊の不知火町古屋敷辺地総合整備計画書をお開きいただきまして、主な内容といたしましては1ページから3ページまでの計画書の中の市道古屋敷線改良工事計画において、国道266号との接合部分における交通の安全性を確保するため、交差点の位置変更工事を新たに追加し、改良工事計画延長200mを440mとしております。また同地区に新たに耐震性防火水槽1基を設置する計画としております。これに伴い、総事業費2,750万円を9,150万円と増額しております。併せて、年度配分計画を変更しております。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほどをよろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第66号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第67号字の区域の変更について詳細説明を求めます。経済部長。



◎経済部長(上野和範君) 議案第67号字の区域の変更について、詳細説明を申し上げます。

 本事業は、畑作経営の合理化を行い、農業生産性の向上と農業構造の改善を図るため、平成13年度に事業着手をし、翌平成14年度からは平成18年度を最終年度として5ヵ年度計画を立てて県営畑地帯総合整備事業として国・県の補助を受け事業を推進してきたところでございます。平成17年度で土地の造成工事を終えて、今年度は防風ネット等の設置工事及び換地処分のみとなっているところでございます。畑地の整備工事においては、地権者の一筆ごとの畑地面積及び地区内農地の管理の利便性を高めるため、道路を効率よく配置しているため、換地処分を行うことに伴い、地区内の字区域の変更を一部行う必要が生じたため、熊本県知事に届け出るには地方自治法第260条第1項の規定により、議会の議決を経る必要がありますので、提案するものでございます。

 以上、詳細説明を申し上げます。ご審議の上お認めいただきますようお願いをいたします。



○議長(末松立身君) 議案第67号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第68号あらたに生じた土地の確認について詳細説明を求めます。

 土木部長。



◎土木部長(土村千佳雄君) 議案第68号あらたに生じた土地の確認につきまして詳細説明を申し上げます。

 39ページと、資料では19から20ページをご覧いただきたいと思います。この土地につきましては、三角港重要港湾改修事業に伴う県施工による公有水面埋立地でございます。この埋立区域の位置につきましては、宇城市三角町戸馳字田井ノ浦2476の7地先並びに字筒井迫2150に隣接する道路に隣接する無番地地先で、面積は964.61?でございます。用途につきましては、海岸保全施設用地でございます。熊本県におきまして4億4,600万円の事業費を投入し、竣工したものでありまして、平成18年1月30日に竣工認可を受け、熊本県告示第109号、平成18年2月8日付熊本県公報に掲載されたところでございます。なお、背後地の公有水面埋立につきましては、平成11年2月25日に旧三角町が免許を取り、現在引き続き埋立造成中でありまして、平成20年度をめどに造成を終えたいと考えております。造成後は約21,000?の公有地が造成されることになります。

 ご審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第68号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第69号字の区域の変更について詳細説明を求めます。土木部長。



◎土木部長(土村千佳雄君) 議案第69号字の区域の変更につきまして詳細説明を申し上げます。

 40ページをお願いいたします。本案は、先ほど議案第68号でご提案申し上げました公有水面埋立に伴います、あらたに生じた土地に関連しての字区域の編入であります。字の区域の変更につきましては、地方自治法第260条第1項により議会の議決を得る必要がありますので、今回提案したところでございます。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第69号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第70号宇城市市道路線の廃止について詳細説明を求めます。

 土木部長。



◎土木部長(土村千佳雄君) 議案第70号、市道路線の廃止につきまして詳細説明を申し上げます。

 41ページをお願いいたします。説明資料は21ページをご覧下さい。本案は、道路法第10条の規定に基づき、市道路線につきまして次のように廃止をするものでございます。廃止をする市道路線は、路線番号469、路線名の役場裏線でございます。本路線は、宇城市豊野支所庁舎建設に伴う付替道路の廃止路線でございます。起点が宇城市豊野町糸石字北宮川3517番地1地先から、終点が同じく糸石後藤原3573番地1地先まで、延長が123.9mでございます。市道廃止につきましては、道路法第10条第3項の規定によりまして、議会の議決を得るものでございます。

 ご審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第70号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第71号宇城市市道路線の認定について詳細説明を求めます。

 土木部長。



◎土木部長(土村千佳雄君) 議案第71号、市道路線の認定につきまして詳細説明を申し上げます。

 説明資料の22ページをお願いいたします。道路法第8条の規定に基づき、市道路線につきまして次のように認定をするものでございます。認定をする市道路線名は、路線番号753、路線名の末ノ原後藤原線でございます。本路線は、宇城市豊野支所庁舎建設に伴う付替道路の認定路線でございます。起点が宇城市豊野町糸石字末ノ原3916番地先から、同じく豊野町糸石字後藤原3573番1地先まで、延長が149.6mでございます。

 以上、市道路線認定につきまして、道路法第8条第2項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第71号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第72号下益城火葬場組合規約の一部変更について、詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(鉄石憲一君) 議案第72号下益城火葬場組合規約の一部変更について、詳細説明を申し上げます。

 議案集の43ページから44ページになります。資料につきましては、資料23ページの新旧対照表をご覧いただきたいと思います。本案は、一部事務組合の規約を変更しようとするときは、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を経る必要がありますので提案するものでございます。内容につきましては、組合議会の議員の定数を8人から6人に減員し、これまでの議員の配分を美里町の議員の数に限り合併前の3人といたしておりましたが、今回美里町議員の在任特例が満了したために、関係市町それぞれに1人と統一し、組合長並びに収入役の職務代理の条件として、組合長に事故あるときに、「又は組合長が欠けたとき」を挿入する規約の一部改正となっております。

 以上で、詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第72号の詳細説明が終わりました。

 ここでしばらく休憩します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               休憩 午前10時59分

               再開 午前11時14分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) 休憩前に引続き、会議を開きます。

 次に、議案第73号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)の詳細説明を求めます。総務部長。



◎総務部長(鉄石憲一君) 議案第73号平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)につきまして、詳細説明を申し上げます。

 別冊の平成18年度宇城市各会計補正予算書の1ページをお開きお願いいたします。まず初めに予算総額についてご説明申しあげます。歳入歳出予算の総額に7,572万7千円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ263億8,704万2千円と定めるものであります。

 続いて、4ページをお願いいたします。第2表債務負担行為補正についてご説明いたします。これにつきましては、小川支所の分煙機のリース料でありまして、期間を平成19年度から平成24年度までとし、限度額をリース料70万2千円とするものであります。

 5ページをお願いいたします。第3表地方債補正につきまして説明いたします。これにつきましては、辺地対策事業債を1,040万円から1,990万円に限度額を変更するものでありますが、市道古屋敷線改良並びに防火水槽施設整備に係るものであります。

 続きまして、歳出から先に主なものについてご説明いたします。

 9ページをお願いいたします。項1総務管理費、目1一般管理費の報酬につきましては、これまで三角支所では日直業務を職員が輪番制で担当しておりましたが、他の各支所と同様に非常勤職員にて対応するための49万7千円であります。目6企画費につきましては、合併市町村地域資源活用事業補助の食プロデュース事業でありまして、地域の食材を活かしたレシピコンテスト並びに有名シェフによるレシピ制作による商品化の実現を目指すために関する経費542万5千円を計上いたしております。また、節13委託料に企業誘致に伴います水利組合の排水同意条件によります汚水処理剤の毒性試験業務委託料42万円を計上いたしております。

 款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費の節28の国民健康保険特別会計繰出金233万1千円につきましては、ヘルスアップ事業を国保特別会計により実施いたしますが、これに対する繰出金であります。続いて10ページの説明を申し上げます。目1障害者福祉総務費、節12役務費、手数料90万円につきましては、主治医の意見書作成の手数料であります。節13委託料は、障害者自立支援事業によります障害程度区分認定調査委託料の126万円であります。続きまして、項4児童福祉費、目3児童措置費、節23償還金利子及び割引料46万円につきましては、平成17年度特別保育事業県補助金の精算に伴います返還金であります。次に、目4保育園運営費、節1報酬につきましては、入園児童の数の確定による入所児童基準及び障害児受入れ等によります非常勤保育士の増員並びに調理員報酬の2,667万円であります。項5母子福祉費、目1母子福祉費、節19負担金補助及び交付金の母子家庭高等職業訓練促進給付金事業補助金247万2千円につきましては、対象者増によります増額であります。

 次に、11ページをお開き下さい。項1保健衛生費、目4老人保健事業費の568万円の減額につきましては、ヘルスアップ関係事業費でありまして、国保関係の補助事業でありますので、国保特別会計へ組み替えるものであります。

 続いて、農林水産業費について説明を申し上げます。目4農業総務費の節11需用費の印刷製本費141万8千円につきましては、三角、松橋、小川の農業振興計画書、土地利用現況図の印刷代であります。次に12ページになりますが、目5農業振興費、節19負担金補助及び交付金の美里町献穀事業推進協議会負担金として40万円、補助金として園芸産地かつりょく強化対策事業補助金の2,514万2千円でありますが、これはデコポンハウス、ハウス補強、ハウス内循環扇等の施設整備に対し3分の1を補助するものであります。次に、項3水産業費、目4漁港管理費、節13の委託料は、公有水面埋立申請に係る環境影響調査業務委託料の244万円でございます。

 次に、土木費について説明いたします。項2道路橋りょう費、目3道路新設改良費、節15工事請負費の一般市道新設改良工事は、辺地対策事業で実施いたします古屋敷線の改良工事900万円であります。続いて、13ページをお開き下さい。項8防災対策事業費、目1崖地近接危険住宅移転費、目19負担金補助及び交付金につきましては、豊野地区の崖地近接等危険住宅移転事業補助金78万円であります。

 以上が歳出の主なものでございます。

 続きまして、歳入の主なものについてご説明申し上げます。

 元に戻りますが、8ページをお願いいたします。国庫支出金について説明いたします。項2国庫補助金、目2民生費国庫補助金の363万9千円の補正につきましては、母子家庭自立支援給付事業及び障害者自立支援事業等の増額によるものであります。目5土木費国庫補助金の崖地近接等危険住宅移転事業費補助金につきましては、事業費の2分の1の補助39万8千円でありますが、県補助金としても4分の1の補助19万9千円を計上いたしております。

 次に、県支出金について説明いたします。項2県補助金、目3衛生費県補助金のヘルスアップ事業補助金の300万円の減額は、国保補助事業のため、国保特別会計へ組み替えるものであります。目4農林水産業費県補助金につきましては、歳出で説明いたしました農業振興対策に係るものであります。

 次に繰入金については、財源不足のため財政調整基金3,444万9千円を繰り入れるものであります。諸収入の目、他団体補助交付金につきましては、歳出で説明いたしました食プロデュース事業に対する交付金でございます。

 最後に、市債950万円の補正につきましては、辺地対策事業に対します道路橋梁整備事業及び消防施設整備事業に係るものでございます。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第73号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第74号平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を求めます。市民部長。



◎市民部長(林田清春君) 議案第74号平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を申し上げます。

 補正予算書101ページをお開き願います。平成18年度に市民の健康づくりを推進するため補助事業を要望しておりましたところ、補助事業の見込みがつきましたので、歳入歳出それぞれ860万7千円を追加し、歳入歳出予算の総額を72億1,130万8千円とするものであります。今回取り組みます国保ヘルスアップ事業は、メタボリックシンドローム、内臓脂肪症候群の改善を目的とする保健事業であり、厚生労働省のマニュアルに沿って、脳梗塞、心筋梗塞の発生リスクの高い満40歳以上74歳未満の前期高齢者までの被保険者を対象とし、被保険者個々の生活習慣の改善のための3ヵ月を1クールとする運動指導、食生活改善プログラム等を取り入れ、健康教育、健康相談、健診等の総合的な取り組みにより、健康の保持増進に努め、ひいては国保医療の抑制につなげるものであります。

 それでは、106ページをご覧下さい。事項別明細書により説明いたします。まず歳入は、款3国庫支出金、目1財政調整交付金543万6千円と款8繰入金、目1一般会計繰入金233万1千円及び款10諸収入で、参加者140人分の一部負担金84万円等でございます。

 107ページをお願いします。歳出の主なものは、款6保健事業費、目3健康づくり推進費の委託料で、ヘルスアップ教室及び水中運動教室の委託料325万5千円を熊大教育学部内にありますNPO法人スポーツ福祉くまもとに委託、各種健診等506万1千円は、済生会熊本病院健診センターに委託を計画をしているところでございます。参加者は旧町の5地域を対象に、140人を予定しております。そのうち、国保被保険者を7割100名、一般住民を3割40名と見込んでおるところでございます。また、款1総務費、目1一般管理費390万円は、保険証切替え等に伴う通信運搬費、普通郵便対応1万3,000通を配達記録郵便へ変更のための増額で、予備費で対応するものでございます。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 議案第74号の詳細説明が終わりました。

 次に、議案第75号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を求めます。土木部長。



◎土木部長(土村千佳雄君) 議案第75号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、詳細説明をいたします。

 201ページをお開き下さい。今回の補正につきましては、国庫補助金の内示が増額されたことに伴います補正予算を提案いたしておるところでございます。歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億7,480万円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ23億572万9千円といたしております。

 まず、歳入の主なものにつきまして説明いたします。207ページをお願いいたします。款1分担金及び負担金、項1負担金、目1公共下水道受益者負担金の現年度分でも、負担金2,410万円の増額を見込んでおります。款3国庫支出金、項1国庫補助金、目1公共下水道費補助金1億2,270万円の増額を見込んでおります。款7市債、項1市債、目1公共下水道事業債におきまして、1億2,800万円の増額をいたしております。

 次に、歳出につきましてご説明いたします。208ページをお願いします。款2公共下水道事業費、項1公共下水道建設改良費、目1松橋不知火公共下水道で、7,810万円の増額をいたしております。このうち節13委託料として3,300万円を増額し、松橋町の両仲間地区及び松橋9区の管渠埋設設計を予定しております。節15工事請負費3,460万円の増額につきましては、松橋町の両仲間地区、久具地区の整備を予定いたしているところでございます。節22補償補填及び賠償金1,000万円の増額につきましては、下水道工事に伴い支障となります水道施設敷設替えの補償費でございます。同じく公共下水道建設改良費の目2小川公共下水道で1億1,270万円の増額をいたしております。このうち節13委託料として320万円を増額し、マンホールポンプ1ヵ所の設計委託を予定しております。節15工事請負費1億950万円の増額は、県道下郷北新田線及び市道川尻出村線への管渠埋設整備を予定しているところでございます。款2公共下水道事業費、項2特定環境保全公共下水道建設改良費、目1松橋不知火特定環境保全公共下水道で8,400万円の増額をいたしております。このうち節13委託料として3,200万円を増額し、不知火町の浦上地区の調査設計を予定しているところでございます。節15工事請負費4,400万円の増額につきましては、不知火町の亀崎地区及び松合地区の整備を予定しております。節22補償補填及び賠償金800万円の増額につきましては、下水道工事に伴い支障となります水道施設敷設替えの補償でございます。いずれも国庫補助金の内示変更増額に伴う変更でございます。

 以上で詳細説明を終わります。ご審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(末松立身君) 議案第75号の詳細説明が終わりました。

 これから、議案第58号から議案第75号までの総括質疑を行います。ただいまのところ通告はありません。したがって、質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております議案第58号宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから、議案第75号平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)までにつきましては、お手元に配付しております平成18年第2回宇城市議会定例会委員会付託議案一覧表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に審査を付託します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第28 請願第2号 「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」請願書



○議長(末松立身君) 次に、日程第28、請願第2号「ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める」請願書を議題とします。

 本請願は、所管の建設経済常任委員会に審査を付託します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第29 請願第3号 JR九州に係る経営支援策に関する請願書



△日程第30 請願第4号 出資法に定める上限金利の引き下げ等に関する請願



△日程第31 陳情第2号 三角島原フェリー航路の存続に関する陳情



○議長(末松立身君) 次に、日程第29、請願第3号JR九州に係る経営支援策に関する請願書から日程第31、陳情第2号三角島原フェリー航路の存続に関する陳情までを一括議題とします。

 本請願及び陳情は、所管の総務常任委員会に審査を付託します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第32 休会の件



○議長(末松立身君) 日程第32、休会の件を議題とします。お諮りします。16日、19日、20日及び21日は、各常任委員会の審査及び議事整理のため休会にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、16日、19日、20日及び21日は休会することに決定しました。なお、17日及び18日は市の休日のため休会であります。

 以上で本日の日程は全部終了しました。本日はこれで散会します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               散会 午前11時35分