議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇城市

平成18年 6月 定例会(第2回) 06月05日−01号




平成18年 6月 定例会(第2回) − 06月05日−01号







平成18年 6月 定例会(第2回)



                    
          平成18年第2回宇城市議会定例会(第1号)

                           平成18年6月5日(月)
                           午前10時00分 開議 
1 議事日程
 日程第1  会議録署名議員の指名
 日程第2  会期の決定
 日程第3  諸報告
 日程第4  常任委員会報告(文教常任委員会)
 日程第5  発議第 4号 宇城市議会会議規則の一部を改正する規則の制定につい
              て
 日程第6  報告第 1号 平成17年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報
              告について
 日程第7  報告第 2号 平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰
              越計算書の報告について
 日程第8  報告第 3号 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計繰越明許費
              繰越計算書の報告について
 日程第9  報告第 4号 平成17年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告につ
              いて
 日程第10 報告第 5号 平成17年度三角町振興株式会社の経営状況の報告につ
              いて
 日程第11 報告第 6号 平成17年度不知火温泉有限会社の経営状況の報告につ
              いて
 日程第12 報告第 7号 平成17年度有限会社アグリパーク豊野の経営状況の報
              告について
 日程第13 議案第56号 工事請負契約の締結について(三角支所庁舎建設工事)
 日程第14 議案第57号 工事請負契約の締結について(豊野支所庁舎建設工事)
 日程第15 議案第58号 宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する
              条例の制定について
 日程第16 議案第59号 宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第17 議案第60号 宇城市男女共同参画推進懇話会条例の一部を改正する条
              例の制定について
 日程第18 議案第61号 宇城市税条例の一部を改正する条例の制定について
 日程第19 議案第62号 宇城市環境基本条例の制定について
 日程第20 議案第63号 宇城市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する
              条例の制定について
 日程第21 議案第64号 宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例の一部を改正
              する条例の制定について
 日程第22 議案第65号 宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定につい
              て
 日程第23 議案第66号 古屋敷辺地総合整備計画の変更について
 日程第24 議案第67号 字の区域の変更について
 日程第25 議案第68号 あらたに生じた土地の確認について
 日程第26 議案第69号 字の区域の変更について
 日程第27 議案第70号 宇城市市道路線の廃止について
 日程第28 議案第71号 宇城市市道路線の認定について
 日程第29 議案第72号 下益城火葬場組合規約の一部変更について
 日程第30 議案第73号 平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)
 日程第31 議案第74号 平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第
              1号)
 日程第32 議案第75号 平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算
              (第1号)
 日程第33 諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦について
 日程第34 諮問第 3号 人権擁護委員候補者の推薦について
 日程第35 休会の件

2 本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

3 出席議員は次のとおりである。(29名)
  1番 福 田 良 二 君           2番 河 野 正 明 君
  3番 橋 田   章 君           4番 ? 永 雄 一 君
  5番 ? 田 幸 夫 君           6番 大 嶋 秀 敏 君
  7番 尾 ? 治 彦 君           8番 藤 木   保 君
  9番 椎 野 和 代 君          10番 橋 田 和 征 君
 11番 河 野 一 郎 君          12番 坂 本 順 三 君
 13番 中 村 友 博 君          14番 山 岡 ? 二 君
 15番 野 田   寛 君          16番 松 下 倫 三 君
 17番 西 村   智 君          18番 栗 ? 秀 人 君
 19番 長 谷 誠 一 君          20番 松 野 孝 敏 君
 22番 入 江   學 君          23番 堀 川 三 郎 君
 24番 末 松 立 身 君          25番 米 村 和 雄 君
 26番 中 山 弘 幸 君          27番 古 川 紀 満 君
 28番 石 川 洋 一 君          29番 岡 本 泰 章 君
 30番 楠 田   浩 君

4 欠席議員は次のとおりである。(1名)
 21番 永 木 伸 一 君

5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
 議会事務局長  吉 田 耕 治 君
 書    記  河 村 孝 義 君   書    記  小 川 康 明 君

6 説明のため出席した者の職氏名
 市長       阿曽田   清 君   助役     飯 田 精 也 君
 収入役      坂 梨 博 幸 君   教育長    長 田 政 敏 君
 教育委員長    吉 ?   潔 君   総務部長   鉄 石 憲 一 君
 企画部長     丸 目 季 廣 君   市民部長   林 田 清 春 君
 福祉部長     村 本 憲 昭 君   経済部長   上 野 和 範 君
 土木部長     土 村 千佳雄 君   教育部長   米 村   諭 君
 総務部次長    長 谷   隆 君   企画部次長  河 田 信 之 君
 市民部次長    川 上 輝 幸 君   福祉部次長  城 本 剛 至 君
 教育部次長    斉 藤 久 男 君   三角支所長  吉 田 俊 伸 君
                      松橋市民  
 不知火支所長   坂 ? 秀 直 君          松 田 節 子 君
                      センター長 
 小川支所長    宮 ? 一 誠 君   豊野支所長  宮 村 成 信 君
                      農業委員会 
 市民病院事務長  岡 本 啓 子 君          尾 ? 基 雄 君
                      事務局長  
 監査委員事務局長 村 上 民 雄 君





               開議 午前10時00分

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(末松立身君) ただいまから、平成18年第2回宇城市議会定例会を開会いたします。

 これから、本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(末松立身君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本定例会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定によって、3番、橋田章君、4番、?永雄一君の二人を指名します。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(末松立身君) 次に、日程第2、会期の決定を議題とします。お諮りします。本定例会の会期は、本日6月5日から22日までの18日間にしたいと思います。ご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日から6月22日までの18日間に決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3 諸報告



○議長(末松立身君) 次に、日程第3、諸報告を行います。まず、諸般の報告を行います。

 議長の諸般の報告として、主な公式行事については、お手元に配付のとおりであります。

 5月11日、東京都で開催された全国自治体病院経営都市議会協議会第34回定期総会において、役員の改選が行われ、私が宇城市議会議長として理事に就任いたしました。

 次に、宇城広域消防衛生施設組合議会議員に?永雄一君、宇城広域火葬場組合議会議員に松野孝敏君がそれぞれ市長から指定されました。

 次に、お手元に配付しておりますとおり、監査委員から宇城市の例月現金出納検査の結果に関する報告書について、平成18年1月分から4月分が提出されておりますことを報告します。

 以上で、議長の諸般の報告を終わります。

 次に、市長から行政報告の申し出がありますので、これを許します。

 阿曽田市長。



◎市長(阿曽田清君) 行政報告をいたします。

 去る4月25日に上天草市で開催されました熊本県市長会及び5月17日から18日にかけ霧島市で開催されました九州市長会に出席いたしましたので、その概要についてご報告を申し上げます。

 まず熊本県市長会でございますが、提出議案として本市からアスベスト対策に係る財政支援並びに九州新幹線待避駅としての新駅設置についての2議案を提案いたしました。アスベスト対策は、アスベスト新法の制定により、労災補償の対象外者にも救済制度が整備されましたが、健康被害のために精密検査等の経過観察がぜひとも必要となります。これらに要する費用等につきましても、国の責任において財政支援を行うこと等について国へ要望することを承認いただいたところであります。新幹線待避駅につきましては、南阿蘇・延岡までの交通結節点として位置づけておりましたが、対象地域を拡大し阿蘇全域並びに竹田市を含めるべきとの意見が出され、さらに発展した議案として承認をいただき、意を強くした次第であります。

 次に、九州市長会でございますが、平成17年度決算及び平成18年度決算が承認されました。また各県から提出議案審議が行われ、原案どおり可決されました。特に新幹線の待避駅につきましては、今回は既に案件が提案されており、理事会でご協議願いましたが、合意を得られず、秋の評議員会では取り上げていただくことになりましたので、重ねて強く要望してまいったところであります。その後、九州全国市長会の役員改選が行われ、全国市長会の評議員に私が選任されたところであります。そのほか、九州における道州制等のあり方研究委員会から道州制の実現に向けての骨子案が提言され、承認されております。また、福岡市からオリンピック競技大会の福岡誘致について、支援、協力要請があり、本件についても決議がなされたところであります。

 以上、行政報告といたします。



○議長(末松立身君) 以上で、行政報告は終わりました。

 これで、諸報告を終わります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第4 常任委員会報告(文教常任委員会)



○議長(末松立身君) 次に、日程第4、常任委員会報告を行います。文教常任委員会から閉会中の調査報告があっておりますので、委員長に報告を求めます。

 入江學君。



◎文教常任委員長(入江学君) 文教常任委員会で閉会中継続調査をしました所管事項に関する件について、調査の報告を申し上げます。

 当委員会におきまして、第2回の委員会を5月16日に開催しました。当日は、不知火支所2階大会議室に松野委員を除く全委員が出席、宇城市立図書館条例改正等を議題とした第6回宇城市教育委員会を傍聴しました。傍聴終了後、直ちに庁議室において会議を開き、教育委員会に対する文教常任委員会としての今後の活動方法を協議・確認いたしました。

 次に、第3回委員会を6月1日に開催しました。当日は、不知火支所2階大会議室に、河野委員を除く全委員が出席。また執行当局に教育長、教育部長、次長をはじめ本庁の課長及び分室長を含む全課長の出席を求めました。まず最初に学校教育について、2番目に社会教育について、3番目に文化の振興について、最後にスポーツの振興について、それぞれの担当課長から順次取り組みの方向として重点事項をはじめ主な事業及び予算状況等の説明を受けました。次いで質疑に入りましたが、質疑の主なもの、それに対する答弁について報告します。

 最初に「学社融合の積極的な推進とは具体的にどのようなものか。また、国際理解教育特区の中で英会話授業はどういう範囲での授業なのか」という質疑に対し、「学社融合については現在小川町で寺子屋教室という事業を行っている。数年が経過し、他の見本となるところもあるので、他の地域にも広められるよう学校の理解を得ながら積極的に進めたい。また国際理解教育特区については、ゲームや歌、挨拶など、簡単な会話を通じて英語に慣れ親しませ、英語でのコミュニケーションを図ろうとする能力を養うことで段階的な授業の展開を行っている」との答弁でした。次に、「伝統文化芸能まつりが今年も10月29日に計画されている。地域には補助金を支給している伝統芸能団体があるが、その団体には強制的に参加を願えないか。地域の伝統芸能であるので、お互いの絆を深めるためにも、なるべく多くの団体に参加してもらうように願いたい」との質疑に対し、「出場の強制はできないが、団体への呼びかけは行っている。また昨年出場されていない団体を今年は優先してお願いしている。なお、活動されていない団体については、補助金の見直しも今後進めていきたい」との答弁でした。

 次に、ラポートの使用料についてご報告いたします。「小学校など各種発表会に使用しているが、学校関係での使用料の減免優遇措置等はないのか」という質疑に対し、「ラポートの使用料について減免規定はないが、各方面からそのような意見が出ているので、教育委員会としても今後検討したい」との答弁でした。

 最後に、委員から青少年健全育成について、「近年痛ましい事件が多発している。それぞれの地域でそれぞれの組織を活かして取り組んでおられるが、一瞬のうちに連れ去られるような事件も起きている。警察と連携し、市民運動として守っていくよう宇城市として取り組まれたい」との提起がなされました。

 以上、文教常任委員会における所管事項に関する件についての調査報告を終わります。



○議長(末松立身君) 文教常任委員長の報告が終わりました。

 これから、質疑に入ります。質疑はありませんか。

              [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 質疑なしと認めます。

 これで常任委員会報告を終わります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第5 発議第4号 宇城市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について



○議長(末松立身君) 日程第5、発議第4号宇城市議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを議題とします。本案について、提出者の趣旨説明を求めます。

 米村和雄君。



◆25番(米村和雄君) 発議第4号宇城市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について、趣旨説明を申し上げます。

 第36条、議案などの説明、質疑及び委員会付託については、会議規則第133条の請願の委員会付託を除いては、宇城市議会として委員会審査を中心とした議会運営に移行するため、標準市議会会議規則に則り、会議に付する事件については所管の常任委員会または議会運営委員会に付託するということに改めるものであります。

 次に、第39条、修正案の説明については、付託先の文言修正で、「委員長」を「委員会」に改めるものであります。

 次に、第131条第2項、請願書の記載事項などについては、これまで請願書本体に署名または記名、押印をしておりましたのを、請願書の表紙に署名または記名押印をするよう改めるものであります。

 以上を改正するため、本案を提出するものであります。ご賛同願いますようによろしくお願い申し上げます。



○議長(末松立身君) 趣旨説明が終わりました。

 これから質疑に入りますが、ただいまのところ通告はあっておりません。したがって、質疑なしと認めます。

 これから討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。したがって、討論なしと認めます。

 これから、発議第4号宇城市議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを採決します。採決は起立によって行います。発議第4号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

                 (賛成者起立)



○議長(末松立身君) 起立多数です。したがって、発議第4号宇城市議会会議規則の一部を改正する規則の制定については、原案のとおり可決しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第6  報告第 1号 平成17年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について



△日程第7  報告第 2号 平成17年度宇城市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について



△日程第8  報告第 3号 平成17年度宇城市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について



△日程第9  報告第 4号 平成17年度宇城市土地開発公社の経営状況の報告について



△日程第10 報告第 5号 平成17年度三角町振興株式会社の経営状況の報告について



△日程第11 報告第 6号 平成17年度不知火温泉有限会社の経営状況の報告について



△日程第12 報告第 7号 平成17年度有限会社アグリパーク豊野の経営状況の報告について



△日程第13 議案第56号 工事請負契約の締結について(三角支所庁舎建設工事)



△日程第14 議案第57号 工事請負契約の締結について(豊野支所庁舎建設工事)



△日程第15 議案第58号 宇城市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第16 議案第59号 宇城市消防団条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第17 議案第60号 宇城市男女共同参画推進懇話会条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第18 議案第61号 宇城市税条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第19 議案第62号 宇城市環境基本条例の制定について



△日程第20 議案第63号 宇城市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第21 議案第64号 宇城市簡易水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第22 議案第65号 宇城市立図書館条例の一部を改正する条例の制定について



△日程第23 議案第66号 古屋敷辺地総合整備計画の変更について



△日程第24 議案第67号 字の区域の変更について



△日程第25 議案第68号 あらたに生じた土地の確認について



△日程第26 議案第69号 字の区域の変更について



△日程第27 議案第70号 宇城市市道路線の廃止について



△日程第28 議案第71号 宇城市市道路線の認定について



△日程第29 議案第72号 下益城火葬場組合規約の一部変更について



△日程第30 議案第73号 平成18年度宇城市一般会計補正予算(第2号)



△日程第31 議案第74号 平成18年度宇城市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)



△日程第32 議案第75号 平成18年度宇城市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第33 諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦について



△日程第34 諮問第 3号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(末松立身君) 日程第6、報告第1号平成17年度宇城市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてから、日程第34、諮問第3号人権擁護委員候補者の推薦についてまでを一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 阿曽田市長。



◎市長(阿曽田清君) 今回の定例市議会に提出しております議案の説明に先立ち、最近の市政の情勢についていくつかご報告申し上げます。

 まず、宇城市フラワーフェスタについてご報告申し上げます。4月7日から9日までの3日間、岡岳総合運動公園におきまして、宇城市フラワーフェスタが開催されました。好天にも恵まれ、過去最高の3万5千人もの方々に訪れていただき、花のまち宇城市をアピールすることができました。また、出店者数も59店舗の出店があり、1,300万円以上の売上げがありました。恒例の特産品無料配布では、配付前の30分以上前から長蛇の列ができ、花の苗や農産物が手渡され、大盛況でございました。入場者も宇城市内が約半分、残りの半分近くは熊本市や八代市などの市外からの多くの入場をいただき、県内での一つの行事として定着しつつあることを感じたところでございます。今後も宇城市のPRのために趣向を凝らし取り組みを行ってまいります。

 次に、空港直行バスの運行についてご報告申し上げます。3月31日をもって運行を休止しておりました宇城市と空港を直結する空港直行バスを6月6日から再開することになりました。今回は、小川町の有限会社中九州観光バスのご協力により運行することとなりました。ダイヤモンドシティから宇城市役所、そして空港へと所要時間約46分で結んでおります。また市民から要望が多かった最終便へも対応する1日6便の運行を予定しており、利用促進を図るとともに、さらなる市民の利便性の向上につなげてまいりたいと存じます。

 さて、平成18年度の主要な政策につきましては、去る3月の改選直前の議会において説明を申し上げ、ご議決をいただいているところでありますが、改選後のため、18年度の主要施策の概要を申し述べたいと存じます。市政運営の基本といたしまして、環境保全、健康立市、生活安定、安心安全、教育文化の五つのキーワードを基に、本市の未来を見据えた第1次宇城市総合計画、フロンティアシティ宇城を市民と協働して築いていくことを基本構想に掲げ、今後の宇城市が進むべき方向性を明らかにするとともに、徹底した市民サービスを提供するための市政運営を行っているところでございます。これらを実現するための宇城市の財政状況でございますが、類似団体に比べ自主財源に乏しく、地方交付税や国・県支出金への依存度が高く、国・県の動向に影響を受けやすい団体であります。また、監査法人による財政分析の結果、厳しい判定がなされた経過を踏まえ、三大改革を基本とする第1次宇城市行政改革大綱を策定し、それに向かって歩み始めたところであります。そういう状況下において、平成18年度の予算編成につきましては、地方交付税の大幅な減額が見込まれており、行政改革大綱の基本的な考え方に沿って、歳入に見合った歳出予算額の抑制に努めたところであります。歳出の総額は263億円となっており、その主な財源は市税50億円、地方交付税88億円、国・県支出金43億円、繰入金14億円、地方債35億円であります。

 以下、フロンティアシティ宇城に基づく平成18年度の主要事業を申し上げます。

 まず、環境保全といたしまして、本市が目指す自然と共生するエコタウンの構築に向けて、空気、水、緑など、恵まれた自然を守り育てることを基本に、市民や事業者、行政がそれぞれの役割と責任の下に自主的な取り組みを推進し、循環型社会の構築に努めてまいります。その実現のために、環境政策の基本となる環境基本計画を作成し、市民主導のNPO法人宇城市環境保全隊を立ち上げ、全ての環境保全事業の推進を図ってまいります。

 次に、健康立市でございますが、昨年市民の総意で健康宇城市21計画を策定し、健康立市宣言市民大会を開催いたしました。本年からはその計画を確実に実行に移すとともに、市民一人一人が100歳の長寿を目指し、自ら進んで健康づくりに参加できるよう環境づくりに努めてまいります。具体的な施策として、住民健診に併せた精密な健康チェックのためのMRI検診の受診者を3,000人に拡大し、基本健診と併せた予防健診のアップを図り、相互の健診結果に基づく生活習慣の改善のため、管理栄養士、保健師活動を強化して、健康管理システムを構築し、健康管理指導、教育相談等の保健活動を推進してまいります。

 次に、生活安定でございますが、安全な市民生活のために災害に強いまちづくりを目指して防災行政無線の整備に着手するとともに、防災の拠点となります宇城広域消防署の建設に向け着工をいたします。また、市民の皆さんが安全で安心した暮らしが送れるよう、警察はもちろんのこと、学校、自治会、ボランティア、さらには市民が一体となって自主的な防犯活動に取り組むとともに、犯罪の防止に配慮した環境整備のため、防犯灯の設置並びに維持管理に補助制度を創設し、地域ぐるみの防犯体制の強化に努めてまいります。

 次に、教育文化でございますが、学校教育において全ての児童生徒が英語や中国語で会話ができ、これからの国際社会に貢献できるようになることを目的として、宇城市国際理解教育特区の認定を受け、教育環境の充実を図ることとしております。また、伝統文化継承条例を昨年の6月に制定し、地域の伝統ある文化の掘り起こしとともに、その文化を後世に伝えるための保存活動を図ってまいります。さらに、貴重な古文書、公文書が失われつつある中、将来の史料・資産として活用するために、アーカイブス条例の制定に向け本年から取り組んでまいる考えであります。

 そのほか、新幹線待避駅の誘致をはじめ、社会資本の整備、産業の振興、企業誘致等、山積する問題を積極的に取り組んでまいる所存であります。

 以上が現在取り組んでいる主な概要でございます。

 また、今定例会には6月一般会計補正予算として7,572万7千円を提案いたしておりますが、主な内容は財団法人地域活性化センターの補助を受けて、宇城市の特産品を活かしたレシピ募集を行い、それを一流シェフにプロデュースを依頼し、宇城市のオリジナルメニューとして発表し、また宇城市の特産品として全国へ発信する食プロデュース事業、保育園における障害児の受け入れや入所児の増加に伴う保育士、栄養士の補充のための保育園運営費、さらに園芸産地かつりょく強化対策事業として、県の補助を受けてハウスの補強材の設置、ハウス内の循環扇設置等の基盤整備事業、古屋敷辺地総合整備計画に基づく道路改良工事等々あいなるわけであります。これら予算のほかにご報告を申し上げるもの7件、議決をお願いするもの17件、諮問案件2件、合わせまして29件のご審議をお願い申し上げるものでございます。

 最後になりましたが、皆様もご承知のとおり、6月9日から開催されるサッカーワールドカップドイツ大会に宇城市小川町出身の巻誠一郎選手が見事日本代表選手に選ばれました。巻選手はマスコミ等でも皆様ご存じのとおり、どんなボールも追いかけるなど、決して夢をあきらめず、そんなひたむきな姿が私たちに感動を与えてくれました。このように巻選手が全身全霊を傾け努力をし、戦う姿勢がジーコ監督に認められ、日本代表選手に選ばれたことは、日本中に感動を呼び、宇城市でも喜びが沸き上がるなど、宇城市の明るい話題であり、市民の誇りでもあります。市といたしましても、市民挙げて応援しようと勝利の神様と言われる守山八幡宮のお守りと市民の熱い声援を巻選手に届けてほしいとご両親に託したところでございます。また、本庁舎に懸垂幕を掲げるなど、今後さらに関係各位と協力しながら応援態勢の準備を進めているところでございます。議員の皆様をはじめ、市民の皆様方の温かいご声援をよろしくお願い申し上げます。

 以上で私の説明を終わらせていただきますが、何卒よろしくご審議、ご議決賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(末松立身君) 提案理由の説明が終わりました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第35 休会の件



○議長(末松立身君) 日程第35、休会の件を議題とします。明日6日から9日までは議事整理のため休会にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

             [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(末松立身君) 異議なしと認めます。したがって、6日から9日までは休会することに決定しました。なお、10日及び11日は市の休日のため休会であります。

 以上で本日の日程は全部終了しました。これで散会します。

             −−−−−−−○−−−−−−−

               散会 午前10時30分