議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇土市

平成28年12月 定例会(第4回) 12月01日−01号




平成28年12月 定例会(第4回) − 12月01日−01号







平成28年12月 定例会(第4回)



         平成28年第4回宇土市議会定例会会議録 第1号

                宇土市告示第77号

平成28年第4回宇土市議会定例会を次のとおり招集する。
  平成28年11月16日
           宇土市長 元 松 茂 樹
  1.期 日  平成28年12月1日
  2.場 所  宇土市仮設庁舎 大会議室

1.会期日程                          (会期16日間)
┌────┬─┬───┬─────┬─────────────────────┐
| 月日 |曜|時間 | 会議名 |       内     容       |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|    | |   |     |開会                   |
|    | |   |     |会議録署名議員の指名           |
|12月1日|木|10:00| 本会議 |会期の決定                |
|    | |   |     |市長の提案理由説明            |
|    | |   |     |決算審査特別委員長報告 質疑・討論・採決 |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月2日|金|10:00|特別委員会|地域高規格道路促進等対策特別委員会    |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月3日|土|   | 休 会 |(市の休日)               |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月4日|日|   | 休 会 |(市の休日)               |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月5日|月|10:00| 本議会 |質疑・一般質問              |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月6日|火|10:00| 本議会 |質疑・一般質問              |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月7日|水|10:00| 本議会 |質疑・一般質問              |
|    | |   |     |委員会付託                |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月8日|木|10:00| 委員会 |経済建設常任委員会            |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月9日|金|10:00| 委員会 |文教厚生常任委員会            |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月10日|土|   | 休 会 |(市の休日)               |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月11日|日|   | 休 会 |(市の休日)               |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月12日|月|10:00| 委員会 |総務市民常任委員会            |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月13日|火|   | 休 会 |議事整理                 |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月14日|水|   | 休 会 |議事整理                 |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|12月15日|木|   | 休 会 |議事整理                 |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|    | |   |     |地域高規格道路促進等対策特別委員長中間報告|
|12月16日|金|10:00| 本会議 |各常任委員長報告             |
|    | |   |     |質疑・討論・採決             |
|    | |   |     |閉会                   |
└────┴─┴───┴─────┴─────────────────────┘
2.議事日程
 平成28年12月1日(第1号) 午前10時00分開議
 日程第 1 会議録署名議員の指名
 日程第 2 会期の決定
 日程第 3 議案第114号 宇土市議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正
               する条例について
 日程第 4 議案第115号 宇土市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正す
               る条例について
 日程第 5 議案第116号 宇土市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を
               改正する条例について
 日程第 6 議案第117号 宇土市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正す
               る条例について
 日程第 7 議案第118号 平成28年度宇土市一般会計補正予算(第9号)につい
               て
 日程第 8 議案第119号 平成28年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第
               5号)について
 日程第 9 議案第120号 平成28年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第4号
               )について
 日程第10 議案第121号 平成28年度宇土市公共下水道事業会計補正予算(第4
               号)について
 日程第11 議案第122号 宇土市職員の勤務時間,休暇等に関する条例の一部を改
               正する条例について
 日程第12 議案第123号 宇土市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条
               例について
 日程第13 議案第124号 宇土市印鑑条例の一部を改正する条例について
 日程第14 議案第125号 宇土市税条例等の一部を改正する条例について
 日程第15 議案第126号 宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の一部
               を改正する条例について
 日程第16 議案第127号 宇土市食物アレルギー対応委員会設置条例について
 日程第17 議案第128号 平成28年度宇土市一般会計補正予算(第10号)につ
               いて
 日程第18 議案第129号 平成28年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第
               6号)について
 日程第19 議案第130号 平成28年度宇土市簡易水道事業特別会計補正予算(第
               5号)について
 日程第20 議案第131号 平成28年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第5号
               )について
 日程第21 議案第132号 平成28年度宇土市入学準備祝金給付基金特別会計補正
               予算(第1号)について
 日程第22 議案第133号 平成28年度宇土市公共下水道事業会計補正予算(第5
               号)について
        報告第16号 専決処分の報告について
         専決第32号 損害賠償額の決定について
        報告第17号 専決処分の報告について
         専決第33号 損害賠償額の決定について
        報告第18号 専決処分の報告について
         専決第34号 損害賠償額の決定について
 日程第23 決算審査特別委員長報告(質疑・討論・採決)

3.本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

4.出席議員(18人)
    1番 今 中 真之助 君       2番 西 田 和 徳 君
    3番 田 尻 正 三 君       4番 園 田   茂 君
    5番 宮 原 雄 一 君       6番 嶋 本 圭 人 君
    7番 柴 田 正 樹 君       8番 平 江 光 輝 君
    9番 樫 崎 政 治 君      10番 野 口 修 一 君
   11番 中 口 俊 宏 君      12番 藤 井 慶 峰 君
   13番 芥 川 幸 子 さん     14番 山 村 保 夫 君
   15番 杉 本 信 一 君      16番 村 田 宣 雄 君
   17番 浜 口 多美雄 君      18番 福 田 慧 一 君

5.欠席議員(なし)

6.説明のため出席した者の職・氏名
 市長      元 松 茂 樹 君   副市長     池 田 信 夫 君
 教育長     太 田 耕 幸 君   総務部長    荒 木 繁 男 君
 市民環境部長  石 田   泉 君   健康福祉部長  中 川 玲 子 さん
 経済部長    田 川 修 一 君   建設部長    野 添 秀 勝 君
 教育部長    前 田 保 幸 君   会計管理者   佐美三   洋 君
 総務課長    杉 本 裕 治 君   危機管理課長  瀧 口 卓 也 君
 企画課長    石 本 尚 志 君   まちづくり推進課長
                             光 井 正 吾 君

7.議会事務局出席者の職・氏名
 事務局長    宮 田 裕 三 君   次長兼庶務係長 淵 上 真 行 君
 議事係長    清 塘 啓 史 君   議事係主事   志 垣   勲 君




                午前10時30分開会

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(山村保夫君) おはようございます。

 それでは,ただいまから平成28年第4回宇土市議会定例会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

 日程に先立ちまして,事務局長に事務報告をさせます。

 事務局長,宮田裕三君。



◎事務局長(宮田裕三君) はい。事務報告をいたします。

 平成28年第3回定例会以降,昨日までの議会内の行事につきましては,事務報告として議席に配付しておりますので,御覧ください。

 以上でございます。



○議長(山村保夫君) 事務局長の報告は終わりました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(山村保夫君) 日程第1,会議録署名議員の指名をいたします。

 会議録署名議員は,会議規則第125条の規定により,議長において,3番,田尻正三君,15番,杉本信一君を指名いたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(山村保夫君) 日程第2,会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は,本日から12月16日までの16日間といたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山村保夫君) 異議なしと認めます。

 よって,今定例会の会期は,本日から12月16日までの16日間と決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3 議案第114号 宇土市議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例について



△日程第4 議案第115号 宇土市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について



△日程第5 議案第116号 宇土市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例について



△日程第6 議案第117号 宇土市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について



△日程第7 議案第118号 平成28年度宇土市一般会計補正予算(第9号)について



△日程第8 議案第119号 平成28年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)について



△日程第9 議案第120号 平成28年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第4号)について



△日程第10 議案第121号 平成28年度宇土市公共下水道事業会計補正予算(第4号)について



△日程第11 議案第122号 宇土市職員の勤務時間,休暇等に関する条例の一部を改正する条例について



△日程第12 議案第123号 宇土市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例について



△日程第13 議案第124号 宇土市印鑑条例の一部を改正する条例について



△日程第14 議案第125号 宇土市税条例等の一部を改正する条例について



△日程第15 議案第126号 宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について



△日程第16 議案第127号 宇土市食物アレルギー対応委員会設置条例について



△日程第17 議案第128号 平成28年度宇土市一般会計補正予算(第10号)について



△日程第18 議案第129号 平成28年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第6号)について



△日程第19 議案第130号 平成28年度宇土市簡易水道事業特別会計補正予算(第5号)について



△日程第20 議案第131号 平成28年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第5号)について



△日程第21 議案第132号 平成28年度宇土市入学準備祝金給付基金特別会計補正予算(第1号)について



△日程第22 議案第133号 平成28年度宇土市公共下水道事業会計補正予算(第5号)について

        報告第16号 専決処分の報告について

         専決第32号 損害賠償額の決定について

        報告第17号 専決処分の報告について

         専決第33号 損害賠償額の決定について

        報告第18号 専決処分の報告について

         専決第34号 損害賠償額の決定について



○議長(山村保夫君) 日程第3,市長提出議案第114号から,日程第22,議案第133号までの20件を一括して議題といたします。

 市長の提案理由の説明を求めます。

 市長,元松茂樹君。



◎市長(元松茂樹君) おはようございます。

 本日ここに,平成28年第4回市議会定例会を招集しましたところ,議員の皆様におかれましては,年末の公私とも御多用の中に御参集をいただき,誠にありがとうございます。

 今年4月の熊本地震から,7か月半が過ぎました。今もなお,小さい余震が続いており,不安な日々を過ごしておられる方もいらっしゃると思います。熊本地震以外にも,今年は,全国数箇所で規模が大きい地震が発生をしております。10月21日には鳥取県中部を震源としますマグニチュード6.6の地震が発生し,震度は最大で6弱が観測されております。鳥取県を中心に住宅の屋根瓦や壁が崩壊する被害が相次ぎ,約1万棟の家屋の被害があっている状況でございます。また,先週,11月22日には福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震が発生し,福島・茨城・栃木各県で震度5弱の揺れが観測されております。福島県と宮城県を中心に津波警報・注意報が発令され,太平洋沿岸には小さいもので数十センチ,大きいもので1.4メートルの津波が観測されております。

 本市としましても,引き続き万全の準備を整え,万が一の災害には迅速適切な対応を行っていく所存でございます。

 さて,本市におきましては,被災者の皆様の生活再建に向けた支援を継続するとともに,震災からの早期復旧・復興を実現させていくため,『宇土市震災復興計画』第1期分に関して,今年度中の策定を目指しております。そこで,市民の皆様から復旧・復興への意見をお伺いするために,10月14日から11月1日まで,市内7地区におきまして「まちづくり座談会」を開催したところでございます。座談会におきまして,議員の皆様にも多数御出席をいただき,誠にありがとうございました。市民の皆様からその際いただいた,そして議員の皆様からは常日頃いただいている御意見・御提案を集約し,元気な宇土市をつくるために,様々な施策に取り組んでまいります。

 次に,本市の住宅被害及び住宅支援の状況について報告をいたします。

 まず,住宅被害につきましては,11月末現在の熊本地震と豪雨災害の合計のり災判定になりますが,全壊が127世帯,大規模半壊が179世帯,半壊が1,320世帯,床上浸水が130世帯,床下浸水が128世帯,一部損壊が5,314世帯であり,届け出があっているものだけでも市全体の世帯数の約5割が家屋の被害に遭われていることになります。

 次に,住宅支援の状況でございますが,境目町の境目第1仮設団地の24戸を皮切りに高柳町の高柳仮設団地の42戸など計5団地が10月中旬までに,残っておりました境目第2仮設団地の14戸が10月末に完成し,全6団地の143戸,約350名の方が入居をされ,新たな場所で生活をされておられます。建築資材等の不足により完成の遅れもありましたが,今後は入居者の方が生活再建等を落ち着いて考えられる周辺環境づくりに努めてまいります。さらに,仮設団地は入居期限が2年間と限られておりますので,仮設団地の一部については,その後,災害公営住宅として利用することの検討も行ってまいります。

 また,その他の住まいの支援として,民間賃貸住宅借上げ制度によります,みなし応急仮設住宅の提供や半壊以上の世帯を対象とした住宅の応急修理につきましては,みなし仮設住宅が11月末現在で223件,応急修理が11月末現在で400件の申込みを受けているところでございます。

 さらに,新聞・報道等で御承知のことと思いますが,熊本県は,公的支援が乏しい一部損壊世帯に対して,県の義援金を配分対象にする方針を決定しました。内容としましては,一部対象とならない家屋修理もございますが,家屋の修理費に100万円以上要した一部損壊世帯を対象に,10万円を支給する方向であり,最終的な配分額は,本市の熊本地震災害対策義援金配分委員会で協議し決定することとしております。対象世帯の申請受付につきましては,来年1月中旬からを予定しておりまして,現在,準備を進めているところでございます。今後,配分額等が決定し次第,広報やホームページ等で早急に周知徹底を図ってまいります。

 引き続き,被災された方々の生活再建に向けた支援を継続するとともに,今後は住まいを再建された方々が今後も安心して生活できるよう,「よりよい宇土市,元気な宇土市」を目指して,市民協働によるまちづくりを柱に,様々な取組を講じてまいります。

 さて,以前,御報告をさせていただきましたが,皇室行事の一つでございます新嘗祭が今年,宇城地域献穀事業推進協議会の下,上網田町の福島清幸さん,一世さん御夫妻が耕作する献穀田で実施されました。議員の皆様はじめ多くの方に御協力をいただき,無事に献納することができました。この場をお借りしまして,御礼を申し上げます。

 この新嘗祭は,毎年11月23日に天皇陛下が新穀を神々に供えられ,御自身も食される収穫と感謝のお祭りであり,このお祭りに供する米と粟が全国の都道府県の農家から奉献されるものであり,平成28年度で124回を数える歴史的,伝統的な行事でございます。

 この献穀事業が宇城地域で実施されるのは,平成18年度に美里町で行われて以来10年ぶりで,宇土市で実施されるのは昭和42年以来,実に49年ぶりでございました。去る5月20日に斎田を清め祓うための清祓祭と,種まきであります播種祭が行われ,6月18日には田植えであります御田植祭が行われました。さらに,10月8日には稲刈りの抜穂祭,10月14日には網田神社にて奉告祭が行われました。10月31日には天皇陛下へ献穀する献穀献納式が行われ,福島様御夫妻と私とで,皇居にて精米1升と精粟5合を献納してまいりました。

 御田植祭と抜穂祭には,網田中学校の生徒が「田男」,「早乙女」として神事に参加され,田植えと稲刈に御協力をいただきました。この体験を通じて,子どもたちが地域の食文化や民俗文化の取組を理解することで,自然の恵みや勤労の大切さ,感謝の気持ちを培い,郷土に愛着を抱き,大切にする心を養っていただきたいと感じております。

 次に,スポーツの分野でございますが,宇土市出身の正代関が11月の大相撲九州場所で11勝4敗という好成績を収め,敢闘賞を獲得されました。13日目までは優勝争いにも絡む取組で,地元九州での快進撃を見せてくれました。気になる来場所の番付につきましては,今場所が西の前頭3枚目での勝ち越しということもあり,上位陣の勝敗の状況からすると来年,初場所での番付は,新三役への昇進が濃厚となっております。

 今年は新入幕の初場所で敢闘賞に輝き,その後,幕内上位に定着し,私たちにも大変元気を与えてくれました。今後,更なる躍進が期待されるところでございます。

 それでは,提出しております議案の御説明を申し上げます。通常,議案はあらかじめ予定されていた採決日に議決していただくものでございますが,今回は,先に議決をいただきたいものがあり,議案書を二つに分けて提案させていただいております。

 まず,議案その1でございます。条例関係4件,予算関係4件を提案させていただいております。

 議案第114号,宇土市議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例について。議案第115号,宇土市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について。議案第116号,宇土市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例について。これら3議案は,それぞれの条例において規定する期末手当について,国家公務員特別職の職員の給与改定等に関する人事院勧告に準じるため,条例を改正するものであります。

 議案第117号,宇土市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について。これは,国家公務員一般職の職員の給与改定等に関する人事院勧告に準じるため,条例を改正するものであります。

 議案第118号から議案第121号まではいずれも,これらの条例改正に伴う人件費の補正をその内容としております。

 議案第118号,平成28年度宇土市一般会計補正予算(第9号)について。補正額は,1,120万7千円を増額するもので,補正後の総額は247億8,644万円です。

 議案第119号,平成28年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)について。

 補正額は35万円を増額するもので,補正後の総額は54億5,539万9千円です。

 議案第120号,平成28年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第4号)について。補正額は27万円を増額するもので,補正後の総額は34億9,192万4千円です。

 議案第121号,平成28年度宇土市公共下水道事業会計補正予算(第4号)について。収益的支出の補正額は24万円を増額するもので,補正後の総額は10億1,308万6千円です。また,資本的支出の補正額は5万円を増額するもので,補正後の総額は8億2,597万1千円です。

 以上の8件につきましては,事務の都合により,本日,議決をいただきたいと考えておりますのでよろしくお願いをいたします。

 続いて,議案その2では,条例関係6件,予算関係6件の12議案及び報告が3件でございます。

 議案第122号,宇土市職員の勤務時間,休暇等に関する条例の一部を改正する条例について。これは,国家公務員一般職の職員の介護休暇等に関する人事院勧告に準じるため,条例を改正するものであります。

 議案第123号,宇土市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例について。これは,雇用保険法等の改正に伴い,条例を改正するものであります。

 議案第124号,宇土市印鑑条例の一部を改正する条例について。これは,個人番号カードを利用した印鑑登録証明書のコンビニ交付サービスを開始するため,条例を改正するものであります。

 議案第125号,宇土市税条例等の一部を改正する条例について。これは,地方税法等の改正に伴い,条例を改正するものであります。

 議案第126号,宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について。これは,外国人等の国際運輸業に係る所得に対する相互主義による所得税等の非課税に関する法律等の改正に伴い,条例を改正するものでございます。

 議案第127号,宇土市食物アレルギー対応委員会設置条例について。これは,アレルギー疾患対策基本法の施行に伴い,食物アレルギー疾患対応のための調査及び報告を行う機関を設置するため,条例を制定するものであります。

 議案第128号,平成28年度宇土市一般会計補正予算(第10号)について。補正額は20億8,890万9千円を増額するもので,補正後の総額は268億7,534万9千円です。

 補正予算の主なものについて御説明を申し上げます。

 歳入につきましては,普通交付税の増額及び特例交付金等所要の特定財源の計上のほか,財政調整基金繰入金による予算の調製を行っております。

 歳出につきましては,総務費では,震災対策事業費(財政課分),ふるさと宇土応援基金経費等の増額及び交通安全施設整備事業経費の減額を行っております。

 民生費では,扶助経費,保育所等整備事業,震災対策事業(被災者支援室分)等の増額及び臨時福祉給付金事業(経済対策分)の計上を行っております。

 衛生費では,震災対策事業(環境交通課分)の減額及び震災対策事業(被災者支援室分)等の増額を行っております。

 農林水産業費では,担い手育成支援経費等の増額を行っております。

 商工費では,消費生活対策事業の増額を行っております。

 土木費では,震災対策事業(災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業),震災対策事業(災害公営住宅整備事業)等の計上及び宅地耐震化推進事業(震災対策分)等の増額を行っております。

 消防費では,常備消防費の増額を行っております。

 教育費では,小学校空調設備整備経費等の増額及び中学校空調設備整備経費の減額を行っております。

 災害復旧費では,震災対策事業(高齢者支援課分),震災対策事業(土木課の地域がけ崩れ対策事業分)及び震災対策事業(自治公民館等復旧事業分)等の増額を行っております。

 そのほか,震災対策事業ほか43件の事業について繰越明許費の追加設定を行っております。

 また,新財務会計システムに要する経費のほか7件について,債務負担行為費の追加設定及び宇土市役所仮庁舎リースに要する経費について変更設定を行っております。

 地方債の補正については,地域活性化事業債のほか9件についての追加設定及び水域環境整備事業債ほか9件の増額変更,交通安全対策事業債ほか2件の減額設定を行っております。

 議案第129号,平成28年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第6号)について。補正額は32万3千円を増額するもので,補正後の総額は54億5,572万2千円です。これは,保険者支援負担金及び前期高齢者納付金拠出額の増額を行っております。

 議案第130号,平成28年度宇土市簡易水道事業特別会計補正予算(第5号)について。補正額は50万円を増額するもので,補正後の総額は1億825万2千円です。これは,寄附採納に伴う増額となっております。

 議案第131号,平成28年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第5号)について。補正額は4,260万円を増額するもので,補正後の総額は35億3,452万4千円です。これは,地域支援事業の減額及び第7期介護保険事業計画策定に伴う事業費等の増額を行っております。

 議案第132号,平成28年度宇土市入学準備祝金給付基金特別会計補正予算(第1号)について。補正額は114万9千円を増額するもので,補正後の総額は250万9千円です。これは,寄附採納に伴う増額となっております。

 議案第133号,平成28年度宇土市公共下水道事業会計補正予算(第5号)について。収益的支出の補正額は1,019万7千円を減額するもので,補正後の総額は10億288万9千円です。これは,事業費の確定に伴う減額となっております。

 資本的支出の補正額は1億1,628万円を減額するもので,補正後の総額は7億969万1千円です。こちらも,事業費の確定に伴う減額となっております。

 報告第16号から報告第18号,専決処分の報告について。これらは,宇土市長の専決処分に関する条例第2条第1号で指定している事項について専決処分を行いましたので,地方自治法第180条第2項の規定により,御報告をするものでございます。

 報告第16号,専決第32号,損害賠償額の決定について。これは,鶴城中学校野球部活動中,通常練習であるバッティング練習での打球がグラウンドに設置されている防球ネットを越え,同校相撲場前の駐車場に駐車中の相手方軽自動車に当たり,ボンネットに損害を与えたため,その損害賠償額を決定したものでございます。

 報告第17号,専決第33号,損害賠償額の決定について。これは,市職員の運転する公用車を後退させた際,運転者の後方確認不足により,公用車後方部が停車中の相手方車両に接触し,当該車両に損害を与えたため,その損害賠償額を決定したものであります。

 報告第18号,専決第34号,損害賠償額の決定について。これは,市職員の運転する公用車を後退させた際,運転者の後方確認不足により,公用車後方部が引の花地区公民館の掲示板に接触し,当該掲示板に損害を与えたため,その損害賠償額を決定したものでございます。

 また,今定例会には,人事案件として,宇土市固定資産評価審査委員会委員の任期満了に伴う,後任委員の選任に係る議案1件,及び宇土市教育委員会委員の任期満了に伴う後任委員の任命に係る議案2件を追加提出する予定でありますので,あらかじめ御了承をお願いいたします。

 以上が提出しております議案の概要でございます。どうか十分に御審議の上,適切な御決定をいただきますようお願いを申し上げます。



○議長(山村保夫君) 市長の提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第114号から議案第121号までの8件について,会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し,直ちに審議したいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山村保夫君) 御異議なしと認めます。

 よって,ただいまの議案第114号から議案第121号までの8件について,委員会付託を省略し,直ちに審議することに決定しました。

 これより,議案第114号から議案第121号までの8件について,一括して質疑を行います。質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山村保夫君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより,議案第114号から議案第121号までの8件について,一括して討論を行います。討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山村保夫君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより,採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第114号から議案第121号までの8件について,一括して採決したいと思います。議案第114号から議案第121号までの8件について,原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山村保夫君) 異議なしと認めます。

 よって,議案第114号から議案第121号までの8件については,原案のとおり可決されました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第23 決算審査特別委員長報告(質疑・討論・採決)



○議長(山村保夫君) 日程第23,去る9月本会議において付託し,閉会中の継続審査となっておりました平成28年議案第74号から議案第81号までの平成27年度歳入歳出決算の認定8件について,決算審査特別委員長から審査の経過と結果について報告があっておりますので,これを議題といたします。

 決算審査特別委員長の報告を求めます。

 決算審査特別委員長,樫崎政治君。



◆決算審査特別委員長(樫崎政治君) おはようございます。

 ただいまから,9月定例会において決算審査特別委員会に付託されました,平成27年度宇土市一般会計歳入歳出決算及び各特別会計歳入歳出決算の認定に係る議案第74号から議案第81号までの8件について,審査の経過並びに結果について報告申し上げます。

 経過についてですが,まず執行部に対して,主要な施策の成果に関する説明書や各種資料の提出及びあらかじめ本委員会から抽出しておいた事項について,執行部から説明を求め,また監査委員の意見書なども参考にしながら,慎重に審査を進めてまいりました。

 委員会の開催は,去る10月3日から11月29日まで計7回となっております。

 なお,審査を行う際に,「予算の執行に当たって,議決の趣旨に沿って適正に,かつ効率的に行われたか。」また,その結果,「見込んだとおりの行政効果を達成することができたか。」という点を重視し,さらに「今後の行財政運営においてどのような工夫改善がなされるべきか。」という視点をもって審査を重ねてまいりました。

 まず,決算の概要について申し上げます。

 はじめに,一般会計について。歳入総額154億3,542万円に対し,歳出総額148億3,432万円で差引き6億109万円の黒字となっております。また,翌年度へ繰り越すべき財源を差し引いた実質収支額は5億2,431万円の黒字となっております。

 次に,財政指標についてですが,経常収支比率94%で前年度より2.1ポイント上昇しており,硬直化した財政状況になっております。また,実質公債費比率9.5%で前年度より0.8ポイント減少し,昨年より改善しております。

 起債現在高は159億2,187万円で前年度末より3億9,703万円の減額,各種基金の年度末現在高は50億2,863万円で,前年度末より4億5,099万円の増加になっております。

 次に,特別会計について,特別会計は全部で七つありますが,その合計で申し上げます。

 歳入総額は94億5,335万円に対し,歳出総額は93億4,907万円で差引き1億428万円の黒字となっておりますが,一般会計から特別会計に12億3,736万円が繰り出されており,それぞれの繰入金を差し引くと特別会計は全て赤字という厳しい状況になっております。

 以上が決算の概要であります。

 次に,歳入確保と予算執行について申し上げます。

 歳入総額は前年度に比べ0.52%,7,988万円の増加となっております。自主財源につきましては,前年度に比べ5億6,793万円減少し,自主財源比率は3.9ポイント減少し35.4%になっております。また,不納欠損額は一般会計と特別会計を合わせて4,969万円となっております。

 予算執行については,極めて厳しい財政状況の中,議決の趣旨に沿って適正な運用が行われており,おおむね所期の目的を達成したものと認められます。

 次に,審査の過程における議論の中から,各委員からの様々な意見や質疑についての主なものを申し上げます。

 はじめに,総務部関係について,

 災害時の備蓄について,委員から「熊本地震において,備蓄倉庫に備蓄してあった食料・飲料水の量は十分であったか。また,指定避難所ではない公民館等にも避難している方がいたので,それらの公民館等にも備蓄が必要ではないか。」という質疑があり,執行部から「食料8千食,飲料水8千本を備蓄していたが,約6,500人の避難者が出たため,4月16日には底をついてしまった。また,今後は耐震や津波等の問題が無い施設の調査を行い,地元の理解を得ながら避難所への指定への検討もしており,これらの施設への備蓄も考慮している。」との答弁がありました。

 次に,市役所に隣接する市民駐車場について,委員から「恒常的に使用する市職員や市議会議員が少しでも維持管理費の負担をすることはできないのか。」という質疑がありました。執行部から「以前,市職員から駐車料を徴収できないか検討されたこともあったようだ。しかし,駐車料を徴収すると,個々の駐車スペースを確保したり,出入口にゲートを設置すること等も必要となり,コスト面等から実現に至っていない。今後,新庁舎を建設する際に検討が必要である。」との答弁がありました。

 次に,企画部関係について,

 事業リフォームについて,委員から「判定後の市の対応状況について,また,事業リフォーム自体を見直す時期ではないか。」という質疑があり,執行部から「事業リフォーム市民会議の意見を尊重し,次年度以降,より効果的な事業展開ができるよう改善を行っている。また,事業リフォーム自体の見直しについては廃止した自治体もあることから,今後,本市としても検討する必要がある。」という答弁がありました。

 次に,ふるさと宇土応援寄附金について,委員から「寄附金の返礼品において,有明海ののりや轟水源の水を活用し,地元が潤うようにしてほしい。」という質疑があり,執行部から「今年の10月から返礼品を121品目に増やした結果,現在まで3,500万円の寄附金が集まっている。今後も,寄附金につながるような返礼品を設定していきたい。」との答弁がありました。

 それに対して,委員から「地元の産品を活用し,商品開発も検討してほしい。」との意見がありました。

 次に,市民環境部関係について,

 カーブミラーの設置について,委員から「設置の基準及び冬になるとミラーが凍結し,見えにくくなることで事故につながるのではないか。」との質疑があり,執行部から「各地区から陳情や要望書を提出していただき,その後,危険度や交通量等を考慮して優先順位を付けて設置している。また,ミラーの凍結については,現在は凍結しにくいものを設置している。」との答弁がありました。

 次に,合併浄化槽の整備について,委員から「走潟地区は高い整備率だが,網津・長浜・網田地区の整備率は低い。整備率が伸びない理由は何か。」という質疑がありました。執行部から「基本的に,合併浄化槽は家を建て替える際に設置することが多い。高齢者が多い地区では,なかなか整備率が上がっていないようだ。今後とも,広報等で広く周知していく。」との答弁がありました。

 次に,経済部関係について,

 有害鳥獣の状況について,委員から「今年のイノシシの捕獲状況及びタイワンリスの捕獲数が減少していることについて。」の質疑があり,執行部から「今年のイノシシの捕獲数は百数十頭だが,時期的に今後,増えてくる。また,タイワンリスについては,生息数は減少していると思うが,いなくなったわけではないので今後も引き続き捕獲を続けていく。」という答弁がありました。

 次に,宇土市の旬を届ける実行協議会について,委員から「実行協議会で地元産品を活用してメニューを開発したいと思うが,その後,どうなっているのか。」という質疑があり,執行部から「宇土マリーナにおいて,プレミアムバーベキューイベントを開催し,その際に披露することで本市農産物のPRと消費拡大を図った。」との答弁がありました。

 それに対し,委員から「今後もそのレシピを活用し,広く市内外へPRしてほしい。」との意見がありました。

 次に,建設部関係について。

 宇土中央線の舗装工事について,委員から「宇土中央線は,大型車が通行する際の振動が大きい。舗装工事の際,それを考慮した工事を行っているのか。」との質疑があり,執行部から「なるべく,マンホールや路面の繋ぎ目に段差ができないようにしているが,元々の地面が軟弱なため,振動を抑えるのはなかなか難しい。」との答弁がありました。

 それに対し,委員から「日常生活に支障が出ているのであれば,大型車を通行させないような規制も考えないといけないのではないか。」という意見がありました。

 次に,宇土駅広場前駐車場について,委員から「課金の状況及び収入と維持管理費のバランスはとれているのか。」という質疑があり,執行部から「課金について,最初の30分は無料,その後,30分ごとに100円課金される。平成27年度は収入が約170万円に対し,維持管理費が約140万円と少し黒字である。」との答弁がありました。

 それに対して,委員から「宇土駅月極駐車場も含め,今後の利用が増えるよう広く周知してほしい。」との意見がありました。

 次に,健康福祉部関係について。

 人間ドック受診者について,委員から「人間ドックの受診者が少ないようだが,どれくらいの補助が行われているのか。」との質疑があり,執行部から「40歳から5歳刻みで45歳,50歳,55歳,60歳,65歳の節目の年齢で男性2万円,女性3万円の補助を行っている。」との答弁がありました。

 それに対して,委員から「節目の年齢で人間ドックに行けなかった場合,翌年にでも行けるような方策を考えてほしい。」との意見がありました。

 次に,はり・きゅう・マッサージ助成事業について,委員から「施術所の指定が緩和されたがどのような内容か。」という質疑があり,執行部から「宇土市内に限って,市に申請をすれば鍼灸師会の非会員でも可となった。」との答弁がありました。

 それに対して,委員から「市民からの評判は良いが,この制度を知らない市民もいるので広く周知を図ってほしい。」との意見がありました。

 次に,教育委員会関係について,

 各小中学校における図書司書及び司書補について,委員から「児童生徒が図書に親しむため,どのような取組をしているのか。」との質疑があり,執行部から「学校訪問等で図書室を訪れる機会があるが,図書の先生方は新刊が入ったら紹介するなど,児童生徒が利用しやすい方法を工夫されている。今後も学校との連携を図り,取り組んでいきたい。」との答弁がありました。

 次に,小規模特認校制度について,委員から「本制度は網田地区においても,また,通学する子どもたちにとっても良い制度と認識している。申請や相談について,どのように周知しているのか。」との質疑があり,執行部から「申請や相談については,随時,受け付けており,現在も広報等で周知を行っているが,今後は記事の掲載を増やすなど,周知徹底に努めたい。」との答弁がありました。

 以上が審査の過程において,各委員から出された主な事項であります。

 最後に,本市の財政状況は,経常収支比率は上昇しており,硬直化しておりますが,実質公債費比率は減少し,昨年より改善しております。今後も徹底した行財政改革に取り組み,財政運営の健全化に努めていただきたいと思います。

 以上のとおり,本委員会は慎重な審議を重ねた結果,付託されました議案第74号から議案第81号までの8件については,全て全会一致で原案のとおり認定することを決定いたしました。

 議員各位におかれましては,本委員会の決定のとおり賛同賜りますようお願い申し上げまして,決算審査特別委員会の報告を終わります。



○議長(山村保夫君) 決算審査特別委員長の報告は終わりました。

 これより,決算審査特別委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山村保夫君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより,討論を行います。討論はありませんか。

 18番,福田慧一君。



◆18番(福田慧一君) おはようございます。

 決算審査特別委員長の報告の中で,4議案に反対をいたします。

 議案第74号,平成27年度宇土市一般会計歳入歳出決算の認定についてであります。起債残高は159億2,100万円で,前年より3億9,700万円減少し,実質公債費率も減少しておりますが,経常収支比率は上昇し,厳しい財政状況に変わりはありません。こうした厳しい中でも国民健康保険特別会計の赤字分として2億1,000万円の基準外繰り入れを行い,加入者負担の軽減を図り,また,住宅リフォーム助成制度を継続し,中小業者の仕事確保や地域経済の活性化に取り組み,努力される点は評価するものであります。しかし,業務量は増えているのに職員の削減は続いておりますし,有給休暇も十分に取れない状況に変わりはありません。職員の削減は賃金全体の減少につながり,消費が落ち込み,地域経済にも影響を与えております。年収100万円程度で働くパート職員の増加も問題であります。行きすぎた職員の削減は,地籍調査などで誤りを生む原因にもなっております。熊本地震災害でも十分対応できない問題も出ております。業務量に応じた適正な職員の配置が必要であります。職員の負担軽減を図り,市民サービスの充実を求めて反対をいたします。

 次に,議案第75号,平成27年度宇土市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定であります。国民健康保険は,年金生活者や派遣で働く所得の少ない人の加入が増えております。そのため,年間所得200万円以下の世帯が8割を占めております。一般会計から2億1,000万円の基準外繰り入れを行い,加入者の負担軽減が図られております。大変喜ばれているわけであります。それでも27年度は値上げをされまして,加入者1人当たり保険税は26年度の7万2,809円から,27年度は7万8,947円に増えて,生活がより厳しくなっており,生活が苦しくて払いたくても払えない人も増え,不納欠損も1,912件,2,449万3千円になっております。これは,明らかに所得に対して国保税が高く,負担限度を超えていると言わなければなりません。国保財政の健全化には,国の財政支援を大幅に増やすようにしなければなりません。国に対し財政支援を求めると同時に,健診などに力を入れて,市民の健康を守る取組を進めることを求めて反対をいたします。

 次に,議案第79号,平成27年度宇土市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。高齢化が進み,介護を必要とする人は増えておりますが,3年ごとの保険料や制度の見直しは,介護利用者や事業者の声は届かず,保険料は増え,サービスの切り下げは進んでおります。そのため,保険料だけ負担をし,利用料金が払えずサービスが受けられない人も出てきております。これを改善するには,国の社会保障予算を増やし,自宅でも施設でも安心してサービスが受けられるようにすべきとの立場から反対をいたします。

 次に,議案第81号,平成27年度後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。75歳になれば強制的にこの保険制度に加入させられ,高い保険料を一人一人から取り,年金天引きされ,保険料でも医療でも問題が多く,制度を廃止し,元の保険制度に戻し,国の財政支援で高齢者が安心して医療を受けられるようにすべきとの立場から反対をし,討論を終わります。



○議長(山村保夫君) ほかに討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山村保夫君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより,採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第74号,平成27年度宇土市一般会計歳入歳出決算の認定については,委員長の報告は,原案のとおり認定であります。委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(山村保夫君) 賛成議員多数です。

 よって,議案第74号については,原案のとおり認定することに決定いたしました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第75号,平成27年度宇土市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については,委員長の報告は,原案のとおり認定であります。委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(山村保夫君) 賛成議員多数です。

 よって,議案第75号については,原案のとおり認定することに決定いたしました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第76号,平成27年度宇土市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてから,議案第78号,平成27年度宇土市奨学基金特別会計歳入歳出の認定についてまでの3件について,一括して採決いたしたいと思います。ただいまの委員長の報告は,原案のとおり認定であります。委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山村保夫君) 異議なしと認めます。

 よって,議案第76号から議案第78号までの3件については,原案のとおり認定することに決定いたしました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第79号,平成27年度宇土市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については,委員長の報告は,原案のとおり認定であります。委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(山村保夫君) 賛成議員多数です。

 よって,議案第79号については,原案のとおり認定することに決定いたしました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第80号,平成27年度宇土市漁業集落排水施設整備事業特別会計歳入歳出決算の認定については,委員長の報告は原案のとおり認定であります。委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山村保夫君) 異議なしと認めます。

 よって,議案第80号については,原案のとおり認定することに決定いたしました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第81号,平成27年度宇土市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定については,委員長の報告は,原案のとおり認定であります。委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(山村保夫君) 賛成議員多数です。

 よって,議案第81号については,原案のとおり認定することに決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(山村保夫君) 以上で,本日の日程は全部終了いたしました。

 明日10時から,地域高規格道路促進等対策特別委員会になっておりますので,よろしくお願い申し上げます。

 次の本会議は,12月5日月曜日に開き,質疑・一般質問を行います。

 本日は,これをもって散会いたします。ありがとうございました。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午前11時18分散会