議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇土市

平成26年12月 定例会(第4回) 12月18日−04号




平成26年12月 定例会(第4回) − 12月18日−04号







平成26年12月 定例会(第4回)



        平成26年第4回宇土市議会定例会会議録 第4号

          12月18日(木)午前10時50分開議

1.議事日程
 日程第1 地域高規格道路促進等対策特別委員長中間報告
      (質疑・討論)
 日程第2 各常任委員長報告
     1.総務市民委員長報告
     2.経済建設委員長報告
     3.文教厚生委員長報告
      (質疑・討論・採決)
 日程第3 請願・陳情について
      (質疑・討論・採決)
 日程第4 委員会の閉会中の継続審査並びに調査について
      (採決)
 日程第5 決算審査特別委員会の設置及び付託について
      (議案第85号から議案第93号)

2.本日の会議に付した事件
 日程第1 地域高規格道路促進等対策特別委員長中間報告
      (質疑・討論)
 日程第2 各常任委員長報告
     1.総務市民委員長報告
     2.経済建設委員長報告
     3.文教厚生委員長報告
      (質疑・討論・採決)
 日程第3 請願・陳情について
      (質疑・討論・採決)
 日程第4 委員会の閉会中の継続審査並びに調査について
      (採決)
 日程第5 決算審査特別委員会の設置及び付託について
      (議案第85号から議案第93号)
 (追加日程)
 日程第6 諮問第7号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて
 日程第7 発議第7号 「手話言語法」制定を求める意見書
 日程第8 発議第8号 介護従事者の処遇改善を求める意見書
 日程第9 発議第9号 「農協改革」に関する意見書
 日程第10 議会改革推進特別委員会の設置及び付託について

3.出席議員(18人)
    1番 今 中 真之助 君       2番 西 田 和 徳 君
    3番 田 尻 正 三 君       4番 園 田   茂 君
    5番 宮 原 雄 一 君       6番 嶋 本 圭 人 君
    7番 柴 田 正 樹 君       8番 平 江 光 輝 君
    9番 樫 崎 政 治 君      10番 野 口 修 一 君
   11番 中 口 俊 宏 君      12番 藤 井 慶 峰 君
   13番 芥 川 幸 子 さん     14番 山 村 保 夫 君
   15番 杉 本 信 一 君      16番 村 田 宣 雄 君
   17番 浜 口 多美雄 君      18番 福 田 慧 一 君

4.欠席議員(なし)

5.説明のため出席した者の職・氏名
 市長      元 松 茂 樹 君   副市長     池 田 信 夫 君
 教育長     浦 川   司 君   総務部長    益 田 輝 明 君
 企画部長    荒 木 繁 男 君   市民環境部長  山 本 桂 樹 君
 健康福祉部長  那 須 大 和 君   経済部長    田 川 修 一 君
 建設部長    下 鶴 治 久 君   教育部長    前 田 保 幸 君
 会計管理者   中 熊   聡 君   総務課長    中 川 玲 子 さん
 危機管理課長  瀧 口 卓 也 君   財政課長    杉 本 裕 治 君
 企画課長    石 本 尚 志 君   まちづくり推進課長
                             川 上 誠 志 君

6.議会事務局出席者の職・氏名
 事務局長    西 村 清 敬 君   次長兼庶務係長 西 山 祐 一 君
 議事係長    清 塘 啓 史 君   議事係参事   牧 本   誠 君





                午前10時50分開議

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(村田宣雄君) おはようございます。これから,本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 地域高規格道路促進等対策特別委員長中間報告(質疑・討論)



○議長(村田宣雄君) 日程第1,地域高規格道路促進等対策特別委員会の審査の経過についてを議題といたします。

 特別委員長の中間報告を求めます。

 地域高規格道路促進等対策特別委員長,浜口多美雄君。



◆地域高規格道路促進等対策特別委員長(浜口多美雄君) おはようございます。

 ただ今から,地域高規格道路促進等対策特別委員会のこれまでの経過並びに審査内容について,中間報告をいたします。

 まず,要望活動についてご報告いたします。去る11月13日に国土交通省九州地方整備局及び熊本河川国道事務所,11月26日には熊本県選出国会議員及び国土交通省に対し,宇土市の現状と課題,及び重点要望事項についての説明を申し上げ,熊本天草幹線道路の整備促進と所要の予算額の確保を強くお願いしてまいりました。

 続きまして,去る12月4日,執行部出席のもと本委員会を開催し,現在までの取組み状況について執行部から説明がありましたので,ご報告をいたします。

 まず,「熊本・宇土道路」の用地取得の状況については,宇土市側,熊本市側ともに前回の報告から進捗はあっておりません。工事の状況ですが,宇土市側で1件の改良工事が竣工し,引き続き1件の改良工事が行われております。(仮称)緑川大橋については,来年1月に予定されている下部工工事の発注に向けて,漁業補償の協議が行われております。

 次に,「宇土道路」については,引き続き,全線にわたる幅杭の設置と用地測量,用地調査が行われております。また,11月から用地買収に向けた協議に着手をしております。

 以上の報告を踏まえ,委員会で論議されました主な内容をご報告いたします。

 まず,委員から「先日の要望活動のときにも伝えたが,地域高規格道路の要望書やパンフレットについて内容が古いところがあった。新しく作り直し,写真等も掲載すべきではないか」との意見が出され,執行部から「交通渋滞や越波の写真を掲載するなど,今後検討したい」との答弁がありました。

 次に,委員会から,漁業補償の協議の状況について質疑があり,執行部から「国土交通省から市へ協力依頼があっているがなかなか難しい状況である」との答弁がありました。

 また,別の委員から「緑川大橋の下部工工事は1月に発注が予定されている。漁業補償の交渉次第では遅れることも考えられるが,年度内に発注できればいいのか」との質疑があり,執行部から「予算が執行できないと,今後の予算措置に影響がでる可能性があるという話を国土交通省から聞いている」との答弁がありました。

 最後になりましたが,当委員会としましては,今後も予算の獲得に向け市執行部とともに要望活動に取組み,1日も早い熊本・天草幹線道路の全線開通を目指して頑張ってまいりたいと思います。

 以上で,地域高規格道路促進等対策特別委員会の中間報告を終わります。



○議長(村田宣雄君) 地域高規格道路促進等対策特別委員長の中間報告は終わりました。

 これより,ただいまの特別委員長の中間報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより,討論を行います。

 討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 以上で,地域高規格道路促進等対策特別委員長の中間報告を終了いたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 各常任委員長報告



○議長(村田宣雄君) 日程第2,去る12月8日の本会議において,各常任委員会に付託いたしました市長提出議案第83号及び第84号並びに第94号から第105号までの14件,並びに請願・陳情につき,審査の経過と結果について,それぞれご報告があっておりますので,これを一括して議題といたします。

 順次,各常任委員長の報告を求めます。

 総務市民常任委員長,野口修一君。



◆総務市民委員長(野口修一君) おはようございます。

 ただいまから,総務市民常任委員会に付託を受けました議案につきまして,去る12月12日,本委員会を開催し審査を行いましたので,その審査の経過並びに結果についてご報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は,予算関係1議案,専決処分の報告及び承認2議案,条例関係1議案の合計4議案であります。

 まず,議案第83号,専決処分の報告及び承認を求めることについて。専決第15号,平成26年度宇土市一般会計補正予算(第3号)について。これは,海区漁業調整委員会委員選挙費として78万2千円の増額補正であります。

 次に,議案第84号,専決処分の報告及び承認を求めることについて。専決第16号,平成26年度宇土市一般会計補正予算(第4号)について。これは,衆議院議員選挙費として1,717万5千円の増額補正であります。

 次に,議案第94号,宇土市まちづくり基金条例について。これは,地域住民が主体的かつ自主的に行う公益的まちづくりの活動並びに幅広い視野の育成,優秀な技術及び能力を有する人材の育成のための財源を確保するために基金条例を制定するものです。

 次に,議案第101号,平成26年度宇土市一般会計補正予算(第6号)について。当委員会所管の主なものについて申し上げます。

 総務費では,一般管理一般経費(宇城広域連合負担金)として178万3千円,情報管理一般経費(光ケーブル改修委託料)として179万8千円,まちづくり基金経費(まちづくり基金設置のための積立金)として9,057万5千円の増額補正であります。このまちづくり基金につきましては,民間都市開発推進機構(ミント機構)から2,500万円拠出されております。

 次に,消防費では,常備消防費(宇城広域連合負担金)として218万6千円の減額補正。網津防災センター建設事業として4,305万5千円の増額補正を行っております。この網津防災センター建設事業につきましては,3,020万円の地方債の追加補正を行っており,基本設計,実施設計,地質調査等,年度内の事業完了が困難であることから,繰越明許費の設定を行っております。

 以上が,総務市民常任委員会に付託されました議案等の概要でありますが,議案等の審査の過程におきまして論議されました主なものをご報告申し上げます。

 まず,まちづくり基金について,委員から「基金は約9,000万円になるが,基金の必要性と活用方法について」質疑があり,執行部から「今回のまちづくり基金は,一般財団法人民間都市開発推進機構から2,500万円の拠出金を得るために,これまで企画課が所管していた人づくり基金約6,500万円を原資として,新たに設置するもので,あわせて約9,000万円の基金となる。活用方法については,これまでのまちづくり活動助成金と防犯灯設置補助金,人づくり基金助成金の合計約1,000万円の財源として活用する」との答弁がありました。

 また,別の委員から「2,500万円の拠出金は返済する必要はないのか」との質疑があり,執行部から「この拠出金は返済する必要はない」との答弁がありました。

 次に,議案以外で,事業リフォームの1つで「民間企業への職員派遣」について,委員から「個別評価で4人が要改善となっているが,具体的にどのような意見が出たのか」との質疑があり,執行部から「“フィードバックの観点から,取組みが不十分ではないかということで,職員の経験を組織に反映できるように”という建設的な意見であった」との答弁がありました。

 次に,ミニバスについて,委員から「市民から,バス停が遠いと聞く。利用者が少ないようなので路線の見直し等を図ればどうか」との質疑があり,執行部から「バス停については,路線バス事業者と競合する場合があるので,簡単にバス停の設置は難しい。路線の見直しについては,市街地までの延伸や路線を新設したことにより乗車人数は増えた。しかし,収支については,わずか4.3%しか伸びていないので,今後も関係機関と協議を図り,収支率向上に努力する」との答弁がありました。

 次に,事業リフォーム全体の結果報告の様式の問題で,委員から「結果だけでなく,委員の意見や要望など掲載してもらえれば,その後の対応や見直しの検討ができる」との要望がありました。

 最後に,場外車券売場の件について,委員から「現在,場外車券売場の設置計画があるようだが,進捗状況を教えていただきたい」と質疑があり,執行部から「10月から11月にかけて,「KT21」という民間会社が地元住民に対して説明会を開催され,予定地に隣接する周辺3行政区では同意が取れたと伺っている。計画予定地は,水町の国道3号沿いで,クロス21の国道を挟んだ向かい側で競輪とオートレースの場外車券売場の設置を計画されている。面積は,建坪が約270坪,開催日が350日,年間売上げ15億2,000万円を見込んでいる」との答弁がありました。これに対して,委員から「以前の場外舟券売場計画の時は,地元自治会の同意や議会の反対がないこと,首長の同意など3つの条件が必要であったが,今回の場合はどうか」との質疑に対し,執行部から「法律がモーターボート競走法と自転車競技法では設置要件が異なるので,前の3つの条件のような明確なものはない。今後,詳細な計画がわかり次第報告する」との答弁がありました。

 以上が,論議された主な内容でありますが,本委員会に付託を受けました議案については,原案のとおり全会一致で承認および可決されました。

 次に,陳情についてご報告申し上げます。

 平成26年,陳情第4号「道州制導入・労働法制改悪に反対し,最低賃金・公務員賃金の改善を求める意見書の提出に関する陳情」及び陳情第6号「平成27年度税制改正に関する提言について」につきましては,全会一致で原案のとおり継続審査といたしました。

 なお,本委員会所管事務の継続事件につきましては,議席に配布のとおり決定しておりますので,どうぞよろしくお願い申し上げます。

 議員各位におかれましても,本委員会の決定のとおりご賛同賜りますようお願い申し上げ,総務市民常任委員会の報告を終わります。



○議長(村田宣雄君) 総務市民常任委員長の報告は終わりました。

 次に,経済建設常任委員長の報告を求めます。

 経済建設常任委員長,嶋本圭人君。



◆経済建設委員長(嶋本圭人君) おはようございます。

 ただ今から,経済建設常任委員会に付託を受けました議案につきまして,去る12月10と12月16日に本委員会を開催し審査を行いましたので,その審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は,予算関係3議案,その他1議案であります。

 まず,議案第100号,指定管理者の指定について。これは,指定管理者を指定する必要があるので,地方自治法第244条の2第6項の規定により,議会の議決を求めるものです。管理を行わせる公の施設は宇土マリーナ物産館,指定管理者,予定者は株式会社ベルポート宇土,指定の期間は平成27年4月1日から平成32年3月31日までであります。

 次に,議案第101号,平成26年度宇土市一般会計補正予算(第6号)について。当委員会所管の主なものを申し上げます。

 まず,農林水産業費では,農地台帳システム改修委託料237万6千円,農地中間管理事業費260万円の増額補正であります。

 次に,土木費では,地区道路改良工事補助金100万円,公営住宅維持管理経費559万円の増額補正であります。

 また,住宅・建築物安全ストック形成事業については,年度内の事業完了が困難であることから繰越明許費の設定を行っております。あわせて,地方道路整備事業については地方債の変更を行っております。

 議案第104号,平成26年度宇土市公共下水道事業会計補正予算(第3号)について。

 補正額は350万円を増額するもので,補正後の収益的支出の総額は,10億3,448万8千円であります。これは,宇土終末処理場の光熱水費を増額補正するものであります。

 次に,議案第105号,平成26年度宇土市公共下水道事業会計補正予算(第4号)について。これは,宇土終末処理場脱水ケーキ処分委託料について債務負担行為を設定するものであります。

 以上が,経済建設常任委員会に付託を受けました議案の概要でありますが,議案等の審査の経過において論議をされました主なものについてご報告を申し上げます。

 まず,議案第101号の平成26年度宇土市一般会計補正予算(第6号)に関して,委員から「現在の経済状況下において,市営住宅の入居待機者の状況はどうか」と質疑があり,執行部から「若干増えており,現在,1年から1年半の待ちとなっている。高齢者や小さい子どもがいる家庭は団地の1階や2階を希望される方が多いため,入居まで2年以上かかる場合もある」との答弁がありました。これに対して,委員から「現在,市営住宅は造らないという方針だと思うが,不況で若い人たちが家を建てるのは難しくなってきている。市営住宅建設に対する市の考えは」との質疑があり,執行部から「駅前団地については,場所は良いが平屋や2階建ての団地であり効率が悪い。このため,今後,建替えを検討する場合は駅前団地を候補としたい」との答弁がありました。

 次に,議案以外で委員から「事業リフォームの対象に『農業・漁業経営者のためのアドバイザー制度導入と専門職員の配置事業』があがっていたが,現在,農業アドバイザーは雇用しているが,漁業アドバイザーは雇用されていない。今後,予定はあるか」との質疑があり,執行部から「雇用するために継続して努力はしているが,漁業に関しては人材確保が難しい」との答弁がありました。これに対して,委員から「技術という面では生産者の方が上である。経営のプロを雇用して,農業者・漁業者に対して経営の指導をするアドバイザーにシフトしていくべきではないか」との意見が出されました。

 次に,委員から,宇土終末処理場の業務委託について質疑があり,執行部から「今年度までは随意契約だったが,透明性・公平性の確保を図るため,来年度からの業務については公募型プロポーザル方式で委託業者を決定する予定である」との答弁がありました。これに対して,委員から「終末処理場は,今までの実績で業務の仕様書は出来上がっている。プロポーザル方式を導入して,企画・提案をしてもらう必要があるのか」との質疑があり,執行部から「さまざまな課題を提示して,どのように考えているのか,またどのように処理をしているのかを提案書として提出してもらう。公募型なので,広く業界の方に提案をしてもらうこととしている」との答弁がありました。

 また,付託された案件のうち,議案第100号,指定管理者の指定については,12月10日と16日の2日間にわたって執行部に説明を求め,管理を行わせる施設である宇土マリーナ物産館の現地視察を行うなど慎重に審議を行いました。

 まず,委員から指定管理者となるベルポート宇土について質疑があり,執行部から「アメリカに本部を置くマリーナ運営会社であるベルポート・グループのグループ会社として平成25年9月に設立された。主な業務は,マリーナの企画運営及びマリーナの背後地の開発。あせて,公共マリーナの指定管理及び企画設計である」との答弁がありました。

 次に,委員から「指定管理者が変わった場合,従業員はどうなるのか」との質疑があり,執行部から「希望する従業員については継続雇用となっている」との答弁がありました。これに対して,別の委員から「給料等の条件はどうなるのか」との質疑があり,執行部から「給料等については,新しい会社で決めることになるが,待遇面も含め配慮するように求めている」との答弁がありました。

 次に,委員から「指定管理者選定委員会での選定結果として,『出荷協議会や地域との連携が見られた』と書いてあるが,書面で書いてきているだけではないのか」との質疑があり,執行部から「書面で書いてきているということは,実行してもらわなければならない。市でチェック体制を整え注視していこうと考えている」との答弁がありました。また,委員から「この議案については,議案書だけでは賛否の検討をすることができない。執行部には,委員会で十分な審査ができるよう,関連資料を用意しておくなど配慮してもらいたい」との要望がありました。

 以上が,議論された主な内容でありますが,本委員会に付託を受けました議案については,全会一致で全て原案のとおり可決いたしました。

 次に,請願・陳情につきましてご報告申し上げます。

 平成26年,陳情第7号,「農協改革」に関する陳情書については,全会一致で採択といたしました。

 なお,本委員会所管事務の継続事件につきましては,議席に配布のとおり決定しておりますので,どうぞよろしくお願い申し上げます。

 議員各位におかれましては,本委員会の決定どおりご賛同賜りますようお願い申し上げまして,経済建設常任委員会の報告を終わります。



○議長(村田宣雄君) 経済建設常任委員長の報告は終わりました。

 次に,文教厚生常任委員長の報告を求めます。

 文教厚生常任委員長,樫崎政治君。



◆文教厚生委員長(樫崎政治君) おはようございます。

 ただいまから,文教厚生常任委員会に付託を受けました議案につきまして,去る12月11日,本委員会を開催し審査を行いましたので,その審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました議案は,条例関係5議案,予算関係3議案の合計8議案であります。

 まず,議案第95号,宇土市放課後児童クラブ施設条例の一部を改正する条例について。これは,子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育,保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い,条例を改正するものであります。

 次に,議案第96号,宇土市国民健康保険条例の一部を改正する条例について。これは,健康保険法施行令及び国民健康保険法の改正に伴い,条例を改正するものであります。

 次に,議案第97号,宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について。これは,国民健康保険事業の円滑な財政運営を確保するため,条例を改正するものであります。

 次に,議案第98号,宇土市幼稚園条例の一部を改正する条例について。これは,子ども・子育て支援法の施行に伴い,入園の資格等を改めるために条例を改正するものであります。

 次に,議案第99号,宇土市立幼稚園一時預かり保育条例について。これは,宇土市立幼稚園において一時預かり保育を実施するため,条例を制定するものであります。

 次に,議案第101号,平成26年度宇土市一般会計補正予算(第6号)について。当委員会所管の主なものについて申し上げます。

 民生費では,国民健康保険特別会計繰出金経費として7,787万2千円,保育所等緊急整備事業経費として1億6,279万2千円を増額補正するものであります。また,この保育所等緊急整備事業については,年度内に事業が完了しないことから繰越明許費の設定を行うものであります。

 衛生費では,高齢者インフルエンザ予防接種事業として492万円を増額するものであります。

 教育費では,学校管理費一般経費(小学校教師用教科書等購入費)として1,970万7千円を増額するものであります。また,この学校管理費一般経費については,平成27年度からの教科書改訂に伴い必要となる教師用の教科書や教材等を購入するためにあたり,年度内に事業が終了しないことから繰越明許費の設定を行うものであります。また,債務負担行為の補正としまして,障害者虐待防止対策支援業務委託に要する経費など7事業について追加を行っております。

 次に,議案第102号,平成26年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について。補正額は7,787万2千円を増額するもので,補正後の総額は48億5,532万9千円であります。これは,事業費確定に伴う過年度返還金及びシステム改修に伴う経費等の増額補正するものであります。また,債務負担行為の補正としまして,特定健康診査等事業に要する経費及び保険衛生普及に要する経費の2事業について追加を行っております。

 次に,議案第103号,平成26年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第3号)について。補正額は614万4千円を増額するもので,補正後の総額は32億1,680万8千円であります。これは,宇城広域連合負担金及びシステム改修に伴う増額補正並びに給付見込による介護サービス費等,介護予防サービス諸費及び特定入所者介護サービス経費等の予算の組み替えを行うものであります。

 以上が,文教厚生常任委員会に付託を受けました議案の概要でありますが,議案の審査の過程において論議されました主なものをご報告いたします。

 議案第95号,宇土市放課後児童クラブ施設条例の一部を改正する条例について。委員から「今回の改正で学童保育の対象に小学4年生から6年生も加わるが,児童が増えることで施設面や指導員などの対応が必要になってくるのではないのか」との質疑があり,執行部から「施設の面積や児童数に対する指導員の人数など,国に準じた基準を定めている。人員確保など難しい面もあるが,基準にそって対応していきたい」との答弁がありました。

 議案第97号,宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について。委員から「今回の改正を行うと一人当たり幾らになるのか。また,県内14市の中で見た場合,宇土市の状況はどうなっているのか」との質疑があり,執行部から「被保険者一人当たり平均で現状7万2千円程度であり,改正後は7万7千円程度になる見込み。また県内14市の中では金額の低いほうから3番目,改正後でも低いほうから4番目になる」と答弁がありました。

 議案第101号,平成26年度宇土市一般会計補正予算(第6号)について。委員から「子育て臨時給付金の給付開始から時間がたつが,まだ申請されていない人はいるのか。いるならば,その対応はどのようにしているのか」と質疑があり,執行部から「申請件数で考えると,おおむね97%程度が給付済みである。また,申請をされていない方については,改めて通知をお送りしており,その後少しずつ申請がされている状況である」との答弁がありました。また,委員から「轟水源の維持管理に補助を行っているが,現状は対処的なものであり,管理にあたる方も実質お一人とのことである。宇土市の貴重な財産であるので,将来,管理組合で対応できなくなる前に行政として何らかの方針が必要ではないだろうか」との意見がありました。

 議案第103号,平成26年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第3号)について。委員から「現在まで,介護保険料は上昇し続けているが,65歳以上の第1号被保険者にとって負担感は大きい。今後作成される第6期介護計画の見通しではどのようになるのか」との質疑があり,執行部から「まず,人口構造上,高齢化が進んでいることから,65歳以上の第1号被保険者と,40歳以上65歳未満の第2号被保険者の負担割合が見直される。第1号保険者21%から22%,第2号保険者29%から28%となり,仮に制度体制がそのままであったとしても,試算では月250円程度の上昇が見込まれる。それに加え,毎年増加し続けている給付費の増額対応分も必要となる」との答弁がありました。

 次に,議案以外として,「今後,市内や各地域で駅伝大会などの催しがあるが,子どもから高齢者の方までたくさんの方が参加されることになる。救護人員の配置や,AEDの準備など,万一に備えた体制などに十分な配慮をお願いしたい」との意見がありました。

 この他,「門内町の武家屋敷については,今後整備を行っていくということであるが,今のところ周辺にほとんど灯りがないので,早い時間から真っ暗になっている。防犯のためにも,また観光資源と捉えるならなおのこと,必要と思われるので検討していただきたい」との意見がありました。

 以上が,論議された主な内容でありますが,本委員会に付託を受けました議案につきましては,議案第95号,96号,98号,99号,101号,102号,103号については全会一致で,また議案第97号につきましては賛成多数で,全て原案のとおり可決をいたしました。

 次に,請願・陳情につきまして,ご報告申し上げます。

 平成26年,請願第3号「手話言語法制定について国への意見書提出を求める請願」については,全会一致で採択といたしました。

 次に,平成26年,陳情第5号「介護従事者の処遇改善を求める陳情書」については,賛成多数で採択といたしました。

 なお,本委員会所管事務の継続事件につきましては,議席に配布のとおり決定しておりますので,どうぞよろしくお願い申し上げます。

 議員各位におかれましては,本委員会の決定のとおりご賛同賜りますようお願い申し上げまして,文教厚生常任委員会の報告を終わります。



○議長(村田宣雄君) 文教厚生常任委員長の報告は終わりました。

 以上で,各常任委員長の報告は全部終了いたしました。

 これから,各常任委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより,討論を行います。討論はありませんか。

 18番,福田慧一君。



◆18番(福田慧一君) 提案されている議案の中で,2つの議案に反対をいたします。

 議案第97号,宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について。この条例改正は,国保税の医療分,後期高齢者支援分を値上げする改正であります。国保の加入者は年金生活者や派遣,パートなどで働く労働者などの加入者が多く,年間所得200万円以下の世帯が8割に達しています。そのため,国保税の負担は重く,生活を圧迫しております。4月から社会保障のためといって消費税が5%から8%に引き上げられましたが,社会保障にはほとんど回されず,年金は減らされ,介護保険や国保の医療費も負担が増えております。生活がより苦しくなっている中での増税には賛成できません。私に寄せられた市民の方からの手紙では,数年前に主人を亡くしましたが,遺族年金はありません。1人で頑張っていますが,年収が120万円弱に対し,国保税は約16万5千円支払っております。市役所に安くならないか相談に行くも却下されました。借家で家賃を支払いながら国民年金保険を支払う余裕はありません。病気しても病院代がなく行けません。このような市民の声に応え,国に対して補助金の増額を求め,負担軽減により一層努力すべきとの立場から改正に反対いたします。

 次に,議案第100号,指定管理者の指定についてであります。これは,宇土マリーナ物産館の管理運営を株式会社ベルポート宇土に委託するものですが,利益を目的とするような株式会社に指定管理を委託するのには反対であります。JA,漁協,出荷組合などが協力をし,管理運営にあたり,より多くの地元産の物品を出荷できるよう努力すべきとの立場から反対をいたします。

 以上です。



○議長(村田宣雄君) ほかに討論ございませんか。

 11番,中口俊宏君。



◆11番(中口俊宏君) おはようございます。

 提案されております,議案第100号,指定管理者の指定について。この議案につきまして,賛成いたしました委員の1人として,賛成の立場から討論をいたします。

 委員長報告と重複しますので,この点をお許しをいただきたいと思います。

 去る12月10日,経済建設常任委員会が開催されました。私委員の1人として出席し,委員会におきましては,執行部から提案につきましての詳しい説明がありました。各委員から質疑があり,このことは先ほど委員長報告のとおりであります。そのような委員会の中で,委員から「本議案は,重要な議案であり,宇土マリーナ物産館をこの委員会で,各委員で視察した後で再度委員会を開催して採決したらどうですか」との提案がありました。委員長は,この提案を受けられまして,委員長指揮のもと,12月16日,現地を視察した後で委員会を開催することが決定いたしました。12月16日,網田の宇土マリーナ物産館を視察いたしました。館内には,野菜,果物,鮮魚等々が販売されておりました。みかんの売場には,ここに誰々,誰々という生産者の名前が掲示してみかんが販売されておりました。責任者の方が,「このみかんは,うまくて甘い。みかんは高くても売れます。また,お客さんから誰々さんのみかんおいしかった。今売ってありますかと,あれば買いに行きますと,そういった電話もあります。生産者の方を指定して買いにこられるお客さんも多々あります。リピーターの方が多くなり,いいものは売れております」とのことでした。

 また,新年度から管理会社が変わることにつきまして,今後雇用をされるのかどうか,そういった不安の声も聞かれました。視察の後,こちらのほうに帰りまして,2回目の常任委員会が開催され,質疑等が行われました。委員から「管理会社が変わっても物産館で働いておられた従業員の方の再雇用は大丈夫ですか」と,再確認の意味から質問がありました。執行部から「ベルポート宇土において,現在,働いておられる従業員の方へ個々に面接を行い,希望者は継続して雇用する方針です」との答弁があり,一安心をした次第でした。

 以上,12月10日と12月16日,2日にわたりまして委員長指揮のもとで慎重な審議を行いました。このことを申し上げまして,賛成の討論といたします。



○議長(村田宣雄君) ほかに討論ございませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより,採決をいたします。

 お諮りいたします。

 議案第83号及び第84号並びに第94号から第96号までの5件について一括して採決したいと思います。

 ただいまの各常任委員長の報告は,原案のとおり承認・可決であります。

 各常任委員長報告のとおり承認及び可決することにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,議案第83号及び第84号並びに第94から第96号までの5件については,原案のとおり承認・可決されました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第97号について採決したいと思います。

 ただいまの文教厚生常任委員長報告は,原案のとおり可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(村田宣雄君) 賛成多数であります。

 よって,議案第97号については,原案のとおり可決されました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第98号から議案第99号までの2件について一括して採決したいと思います。

 ただいまの文教厚生常任委員長報告は,原案のとおり可決であります。

 委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,議案第98号から議案第99号までの2件については,原案のとおり可決されました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第100号について採決したいと思います。

 ただいまの経済建設常任委員長報告は,原案のとおり可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(村田宣雄君) 賛成多数であります。

 よって,議案第100号については,原案のとおり可決されました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第101号から議案第105号までの5件について一括して採決したいと思います。

 ただいまの各常任委員長報告は,原案のとおり可決であります。

 各常任委員長報告のとおり可決することに異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,議案第101号から議案第105号までの5件については,原案のとおり可決されました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3 請願・陳情について(質疑・討論・採決)



○議長(村田宣雄君) 日程第3,請願・陳情についてを議題といたします。

 まず,各常任委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより,討論を行います。討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより採決をいたします。

 お諮りいたします。

 平成26年請願第3号について,文教厚生常任委員長報告は採択であります。

 委員長報告のとおり決定することに異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,平成26年請願第3号は,委員長報告のとおり採択と決定いたしました。

 次に,お諮りいたします。

 平成26年陳情第5号については,文教厚生常任委員長報告は採択であります。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(村田宣雄君) 全員賛成であります。

 よって,平成26年陳情第5号については,委員長報告のとおり採択と決定をいたしました。

 次に,お諮りいたします。

 平成26年陳情第7号について,経済建設常任委員長報告は採択であります。

 委員長報告のとおり決定することに異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,平成26年陳情第7号については,委員長報告のとおり採択と決定をいたしました。

 次に,お諮りいたします。

 平成26年陳情第4号及び平成26年陳情第6号について,総務市民常任委員長報告は継続審査であります。

 委員長報告のとおり決定することに異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,平成26年陳情第4号及び平成26年陳情第6号については,委員長報告のとおり継続審査と決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第4 委員会の閉会中の継続審査並びに調査について



○議長(村田宣雄君) 日程第4,委員会の閉会中の継続審査並びに調査についてを議題といたします。

 各常任委員長,議会運営委員長から,現在,委員会において審査中の事件並びに所管事務調査については会議規則第72条の規定により,議席に配付いたしております閉会中の継続審査並びに調査の申し出があっております。

 お諮りいたします。

 各常任委員長,議会運営委員長からの申し出のとおり,閉会中の継続審査並びに調査とすることにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,各常任委員長,議会運営委員長から申し出のとおり,閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第5 決算審査特別委員会の設置及び付託について



○議長(村田宣雄君) 日程第5,決算審査特別委員会の設置及び付託についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議案第85号から議案第93号までの9件,平成25年度一般会計並びに各特別会計の歳入歳出決算の認定については,委員会条例第6条の規定により,8人の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し,これに付託するとともに,閉会中の継続審査といたしたいと思います。

 これに異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,議案第85号から議案第93号までの9件については,8人の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し,これに付託するとともに,閉会中の継続審査とすることに決定をいたしました。

 次に,ただいま設置されました,決算審査特別委員会委員の選任については,委員会条例第8条第1項の規定により,議長において,1番,今中真之助君,3番,田尻正三君,5番,宮原雄一君,7番,柴田正樹君,9番,樫崎政治君,11番,中口俊宏君,13番,芥川幸子さん,17番,浜口多美雄君,以上8名を指名いたします。

 ただいま選任されました委員の諸君は,ご会合のうえ,正副委員長を互選し,議長へご報告いただきたいと思います。

 この際,暫時休憩をいたします。

 8名の方は議員控室にご集合いただき,正副委員長のご決定を賜りたいと思います。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午前11時42分休憩

                午前11時47分再開

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(村田宣雄君) 休憩前に引き続き,会議を開きます。

 決算審査特別委員会の正副委員長の互選の結果,委員長に13番,芥川幸子さん,副委員長に1番,今中真之助君が互選されましたので,ご報告をいたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(村田宣雄君) 次に,日程についてお諮りします。

 本日,市長より,諮問第7号,議員提出として発議第7号から第9号,また,議会改革推進特別委員会の設置及び付託について,以上5件が新しく追加上程されております。この際,本日の日程に追加し,議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,日程に追加し,議題とすることに決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第6 諮問第7号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて



○議長(村田宣雄君) 日程第6,諮問第7号,人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 市長の提案理由の説明を求めます。

 市長,元松茂樹君。



◎市長(元松茂樹君) 追加提出をしております議案について,ご説明を申し上げます。

 諮問第7号,人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて。これは,人権擁護委員の本多朋隆さんの任期が平成27年3月31日で満了することから,後任の委員の候補者を推薦するため,人権擁護委員法第6条第3項の規定により,議会の意見を求めるものであります。

 後任の委員の候補者には,新たに,坂口賢一さんを推薦したいので,何とぞ原案どおりご答申いただきますようお願いいたします。



○議長(村田宣雄君) 市長の提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております諮問第7号については,会議規則第36条第3項の規定により,委員会付託を省略し,直ちに審議したいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,諮問第7号につきましては,委員会付託を省略し,直ちに審議することに決定いたしました。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 諮問第7号について,原案のとおり答申することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(村田宣雄君) 全員賛成であります。

 よって,諮問第7号については,原案のとおり答申されました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第7 発議第7号 「手話言語法」制定を求める意見書



○議長(村田宣雄君) 日程第7,発議第7号,「手話言語法」制定を求める意見書についてを議題といたします。

 まずは,議案を事務局長に朗読させます。

 事務局長,西村清敬君。



◎事務局長(西村清敬君) 「手話言語法」制定を求める意見書。

 地方自治法第112条及び宇土市議会会議規則第13条の規定により,別紙のとおり意見書を提出する。

 平成26年12月18日提出。

 提出者,宇土市議会議員,藤井慶峰,野口修一,浜口多美雄,杉本信一,山村保夫,柴田正樹,宇土市議会議長,村田宣雄様。

 以下,意見書につきましては,議席に配布しておりますので,ご覧願います。

 以上でございます。



○議長(村田宣雄君) 事務局長の朗読は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております,発議第7号については,会議規則第36条第3項の規定により,委員会付託を省略し,直ちに審議したいと思います。これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,ただいまの発議第7号については,委員会付託を省略し,直ちに審議することに決定いたしました。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより採決をいたします。

 お諮りいたします。

 発議第7号,「手話言語法」制定を求める意見書について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,発議第7号については,原案のとおり可決することに決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第8 発議第8号 介護従事者の処遇改善を求める意見書



○議長(村田宣雄君) 日程第8,発議第8号,介護従事者の処遇改善を求める意見書についてを議題といたします。

 まずは,議案を事務局長に朗読させます。

 事務局長,西村清敬君。



◎事務局長(西村清敬君) 介護従事者の処遇改善を求める意見書。

 地方自治法第112条及び宇土市議会会議規則第13条の規定により,別紙のとおり意見書を提出する。

 平成26年12月18日提出。

 提出者,宇土市議会議員,藤井慶峰,野口修一,浜口多美雄,杉本信一,山村保夫,柴田正樹,宇土市議会議長,村田宣雄様。

 以下,意見書につきましては,議席に配布しておりますので,ご覧願います。

 以上でございます。



○議長(村田宣雄君) 事務局長の朗読は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております,発議第8号については,会議規則第36条第3項の規定により,委員会付託を省略し,直ちに審議したいと思います。これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,ただいまの発議第8号については,委員会付託を省略し,直ちに審議することに決定いたしました。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 発議第8号,介護従事者の処遇改善を求める意見書について,原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(村田宣雄君) 賛成多数であります。

 よって,発議第8号については,原案のとおり可決することに決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第9 発議第9号 「農協改革」に関する意見書



○議長(村田宣雄君) 日程第9,発議第9号,「農協改革」に関する意見書についてを議題といたします。

 まずは,議案を事務局長に朗読させます。

 事務局長,西村清敬君。



◎事務局長(西村清敬君) 「農協改革」に関する意見書。

 地方自治法第112条及び宇土市議会会議規則第13条の規定により,別紙のとおり意見書を提出する。

 平成26年12月18日提出。

 提出者,宇土市議会議員,藤井慶峰,野口修一,浜口多美雄,杉本信一,山村保夫,柴田正樹,宇土市議会議長,村田宣雄様。

 以下,意見書につきましては,議席に配布しておりますので,ご覧願います。

 以上でございます。



○議長(村田宣雄君) 事務局長の朗読は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております,発議第9号について,会議規則第36条第3項の規定により,委員会付託を省略し,直ちに審議したいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,ただいまの発議第9号について,委員会付託を省略し,直ちに審議することに決定いたしました。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 発議第9号,「農協改革」に関する意見書について,原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,発議第9号については,原案のとおり可決することに決定をいたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第10 議会改革推進特別委員会の設置及び付託について



○議長(村田宣雄君) 日程第10,議会改革推進特別委員会の設置及び付託についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本件については,委員会条例第6条の規定により,9名の委員をもって構成する議会改革推進特別委員会を設置し,これに付託するとともに,閉会中の継続審査とし,調査期間は調査終了するまでといたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村田宣雄君) 異議なしと認めます。

 よって,本件については,9名の委員をもって構成する議会改革推進特別委員会を設置し,これに付託するとともに,閉会中の継続審査とし,調査期間は調査が終了するまでと決定いたしました。

 次に,ただいま設置されました,議会改革推進特別委員会の委員の選任につきましては,委員会条例第8条第1項の規定により,議長において,1番,今中真之助君,5番宮原雄一君,6番,嶋本圭人君,9番,樫崎政治君,10番,野口修一君,12番,藤井慶峰君,13番,芥川幸子さん,14番,山村保夫君,17番,浜口多美雄君の以上9名を指名いたします。

 ただいま選任されました委員の諸君は,ご会合のうえ,正副委員長を互選し,議長へご報告お願いをいたします。

 この際,暫時休憩いたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午前11時55分休憩

                午後0時00分再開

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(村田宣雄君) 休憩前に引き続き,会議を開きます。

 議会改革推進特別委員会の正副委員長の互選の結果,委員長に17番,浜口多美雄君,副委員長に5番,宮原雄一君が互選されましたので,ご報告いたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(村田宣雄君) 以上で,今期定例会の日程は全部終了いたしました。

 これをもって,平成26年第4回宇土市議会定例会を閉会いたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午後0時01分閉会



○議長(村田宣雄君) 閉会にあたりまして,一言ご挨拶を申し上げます。

 去る12月3日に招集されました今期定例会は,議員各位並びに執行部の皆さんのご協力によりまして,本日ここに無事閉会の運びとなりましたことを,厚く御礼を申し上げます。

 最後に,閉会にあたり,市長からご挨拶がございます。

 市長,元松茂樹君。



◎市長(元松茂樹君) 閉会にあたり,一言御礼を申し上げます。

 今定例会に提案しました各議案につきましては,慎重なご審議により,全て原案どおりにご決定をいただき,心から感謝申し上げます。

 また,会期中に議員の皆様からいただきましたご意見,ご要望等につきましては,充分にこれを尊重し,可能なものは直ちに措置を講じるとともに,できる限り今後の市政運営に反映してまいる所存でございます。

 さて,今月14日に衆議院議員総選挙が行われ,自民党が過半数を大きく超える議席を獲得しております。12月24日には,特別国会が召集される予定で,第3次安倍内閣が発足することとなります。自民党の政権公約では,経済再生,財政再建,地方創生,女性活躍推進,少子化対策,暮らしの安全・安心及び教育再生などが掲げられました。

 国におきましては,まち・ひと・しごと創生法などに基づき,地方創生の実現に向けて,地方が主役となった取組みが推進され,大都市からの新たな人の流れが生み出されることが期待されております。これから国の動向を注視し,情報収集・情報共有を図ってまいりたいと考えております。

 本市におきましては,現在,平成27年度から平成30年度までを計画期間とする第5次総合計画後期基本計画の策定準備を行っているところでございます。当該後期基本計画は,市民にとってわかりやすい計画づくり,市民参加による計画づくり及び重点施策を明確にし,効果的で実効性のある計画づくりを策定方針としており,パブリックコメントを実施後,来年3月にはご提示できるものと思っております。

 今後も,基本構想に掲げた「みんなでつくろう元気な宇土市」の実現に向けて,地域創生・元気創造に取組んでまいる覚悟でありますので,議員各位のご協力を切にお願いいたします。

 今年も残すところ10日余りとなりました。議員の皆様におかれましては,新年を迎える準備等でお忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。これから日に日に寒さが厳しくなってまいりますので,健康管理に十分留意され,ご家族揃って健やかに新年を迎えられますよう心からご祈念申し上げます。

 最後になりましたが,市政の運営に対して,多大なるご理解とご協力を賜りましたことに深く感謝を申し上げ,御礼とさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(村田宣雄君) これをもって閉会いたします。大変お疲れでございました。ありがとうございました。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午後0時05分閉会





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成  年  月  日

          宇土市議会議長  村田宣雄

          宇土市議会議員  西田和徳

          宇土市議会議員  浜口多美雄



         平成26年第4回宇土市議会定例会議決結果一覧

 [市長提出議案]
┌─────┬───────────────────────┬──────┬──────┬─────┐
| 議案  |       件       名       | 提案月日 | 議決月日 |議決の結果|
| 番号  |                       |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第73号 |宇土市議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を|12月3日 |12月3日 |原案可決 |
|     |改正する条例について             |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第74号 |宇土市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |正する条例について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第75号 |宇土市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |部を改正する条例について           |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第76号 |宇土市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |正する条例について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第77号 |平成26年度宇土市一般会計補正予算(第5号)に|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |ついて                    |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第78号 |平成26年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |(第3号)について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第79号 |平成26年度宇土市簡易水道事業特別会計補正予算|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |(第2号)について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第80号 |平成26年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |2号)について                |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第81号 |平成26年度宇土市水道事業会計補正予算(第2 |  〃   |  〃   |  〃  |
|     |号)について                 |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第82号 |平成26年度宇土市公共下水道事業会計補正予算 |  〃   |  〃   |  〃  |
|     |(第2号)について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第83号 |専決処分の報告及び承認を求めることについて  |      |      |     |
|     | 専決第15号 平成26年度宇土市一般会計補正|12月3日 |12月18日|原案承認 |
|     |  予算(第3号)について          |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第84号 |専決処分の報告及び承認を求めることについて  |      |      |     |
|     | 専決第16号 平成26年度宇土市一般会計補正|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |  予算(第4号)について          |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第94号 |宇土市まちづくり基金条例について       |  〃   |  〃   |原案可決 |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第95号 |宇土市放課後児童クラブ施設条例の一部を改正する|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |条例について                 |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第96号 |宇土市国民健康保険条例の一部を改正する条例につ|12月3日 |12月18日|原案可決 |
|     |いて                     |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第97号 |宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例に|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |ついて                    |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第98号 |宇土市幼稚園条例の一部を改正する条例について |  〃   |  〃   |  〃  |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第99号 |宇土市立幼稚園一時預かり保育条例について   |  〃   |  〃   |  〃  |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第100号|指定管理者の指定について(宇土マリーナ物産館)|  〃   |  〃   |  〃  |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第101号|平成26年度宇土市一般会計補正予算(第6号)に|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |ついて                    |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第102号|平成26年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |(第4号)について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第103号|平成26年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |3号)について                |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第104号|平成26年度宇土市公共下水道事業会計補正予算 |  〃   |  〃   |  〃  |
|     |(第3号)について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第105号|平成26年度宇土市公共下水道事業会計補正予算 |  〃   |  〃   |  〃  |
|     |(第4号)について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|諮問第7号|人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めること|12月18日|  〃   |原案答申 |
|     |について                   |      |      |     |
└─────┴───────────────────────┴──────┴──────┴─────┘

 [議員提出議案]
┌─────┬───────────────────────┬──────┬──────┬─────┐
| 番号  |       件       名       | 提案月日 | 議決月日 |議決の結果|
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|発議第7号|「手話言語法」制定を求める意見書       |12月18日|12月18日|原案可決 |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|発議第8号|介護従事者の処遇改善を求める意見書      |  〃   |  〃   |  〃  |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|発議第9号|「農協改革」に関する意見書          |  〃   |  〃   |  〃  |
└─────┴───────────────────────┴──────┴──────┴─────┘



         平成26年第4回定例会請願・陳情議決結果一覧

 [請願]
┌──┬───────────┬───────────────┬─────┬─────┬────┐
|受理| 請 願 の 件 名 |   請願者の住所・氏名   |提案月日 |議決月日 |議決結果|
|番号|           |               |     |     |    |
├──┼───────────┼───────────────┼─────┼─────┼────┤
|平成|手話言語法制定について|熊本市中央区水前寺6丁目9番4号 |     |     |    |
|26年|国への意見書提出を求め|一般財団法人 熊本県ろう者福祉|H26.12.8|H26.12.18| 採択 |
| 3|る請願        |協会             |     |     |    |
|  |           |理事長 福島 哲美      |     |     |    |
└──┴───────────┴───────────────┴─────┴─────┴────┘

 [陳情]
┌──┬───────────┬───────────────┬─────┬─────┬────┐
|受理| 陳 情 の 件 名 |   陳情者の住所・氏名   |提案月日 |議決月日 |議決結果|
|番号|           |               |     |     |    |
├──┼───────────┼───────────────┼─────┼─────┼────┤
|平成|道州制導入・労働法制改|熊本市神水1-30-7 熊本県労連 |     |     |    |
|26年|悪に反対し,最低賃金・|道州制阻止キャラバン熊本県実行|     |     |    |
| 4|公務員賃金の改善を求め|委員会            |H26.12.8|H26.12.18|継続審査|
|  |る意見書の提出に関する|実行委員長 中原 誠     |     |     |    |
|  |陳情         |               |     |     |    |
├──┼───────────┼───────────────┼─────┼─────┼────┤
|平成|介護従事者の処遇改善を|熊本市中央区神水1−20−15   |     |     |    |
|26年|求める陳情書     |熊本県医療労働組合連合会   |H26.12.8|H26.12.18| 採択 |
| 5|           |執行委員長 田中 直光    |     |     |    |
├──┼───────────┼───────────────┼─────┼─────┼────┤
|平成|平成27年度税制改正に関|一般社団法人 熊本県法人会連合|     |     |    |
|26年|する提言について   |会              |     |     |    |
| 6|           |会長 西銘 生治       |H26.12.8|H26.12.18|継続審査|
|  |           |公益社団法人 宇土法人会   |     |     |    |
|  |           |会長 岡村 祐司       |     |     |    |
├──┼───────────┼───────────────┼─────┼─────┼────┤
|平成|「農協改革」に関する陳|宇城市松橋町松橋357-1     |     |     |    |
|26年|情書         |熊本宇城農業協同組合     |H26.12.8|H26.12.18| 採択 |
| 7|           |代表理事組合長 小崎 憲一  |     |     |    |
└──┴───────────┴───────────────┴─────┴─────┴────┘