議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇土市

平成26年 6月 定例会(第2回) 06月23日−05号




平成26年 6月 定例会(第2回) − 06月23日−05号







平成26年 6月 定例会(第2回)



        平成26年第2回宇土市議会定例会会議録 第5号

          6月23日(月)午前10時35分開議

1.議事日程
 日程第1 地域高規格道路促進等対策特別委員長中間報告
      (質疑・討論)
 日程第2 各常任委員長報告
     1.総務市民委員長報告
     2.経済建設委員長報告
     3.文教厚生委員長報告
      (質疑・討論・採決)
 日程第3 請願・陳情について
      (質疑・討論・採決)
 日程第4 委員会の閉会中の継続審査並びに調査について
      (採決)

2.本日の会議に付した事件
 日程第1 地域高規格道路促進等対策特別委員長中間報告
      (質疑・討論)
 日程第2 各常任委員長報告
     1.総務市民委員長報告
     2.経済建設委員長報告
     3.文教厚生委員長報告
      (質疑・討論・採決)
 日程第3 請願・陳情について
      (質疑・討論・採決)
 日程第4 委員会の閉会中の継続審査並びに調査について
      (採決)
(追加日程)
 日程第5 議案第54号 宇土市副市長の選任について
 日程第6 議案第55号 宇土市教育委員会委員の任命について
 日程第7 発議第 1号 地域包括ケアシステム構築のため地域の実情に応じた支援を求
             める意見書
 日程第8 発議第 2号 建設業におけるアスベスト被害者の救済と被害の根絶に関する
             意見書
 日程第9 宇土市農業委員会委員の推薦について

3.出席議員(17人)
    1番 嶋 本 圭 人 君       2番 柴 田 正 樹 君
    3番 平 江 光 輝 君       4番 樫 崎 政 治 君
    5番 野 口 修 一 君       6番 中 口 俊 宏 君
    7番 藤 井 慶 峰 君       8番 芥 川 幸 子 さん
    9番 山 村 保 夫 君      10番 九 谷 新 吾 君
   12番 野 添 正 利 君      13番 杉 本 信 一 君
   14番 堀 内 千 秋 君      15番 村 田 宣 雄 君
   16番 浜 口 多美雄 君      17番 福 田 慧 一 君
   18番 岩 本 廣 海 君

4.欠席議員(なし)

5.説明のため出席した者の職・氏名
 市長      元 松 茂 樹 君   副市長     池 田 信 夫 君
 総務部長    益 田 輝 明 君   企画部長    荒 木 繁 男 君
 市民環境部長  山 本 桂 樹 君   健康福祉部長  那 須 大 和 君
 経済部長    田 川 修 一 君   建設部長    下 鶴 治 久 君
 教育部長    前 田 保 幸 君   会計管理者   中 熊   聡 君
 総務課長    中 川 玲 子 さん  危機管理課長  瀧 口 卓 也 君
 財政課長    杉 本 裕 治 君   企画課長    石 本 尚 志 君
 まちづくり推進課長
         川 上 誠 志 君

6.議会事務局出席者の職・氏名
 事務局長    西 村 清 敬 君   次長兼庶務係長 西 山 祐 一 君
 議事係長    清 塘 啓 史 君   議事係参事   牧 本   誠 君





                午前10時35分開議

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(杉本信一君) これから,本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 地域高規格道路促進等対策特別委員長中間報告(質疑・討論)



○議長(杉本信一君) 日程第1,地域高規格道路促進等対策特別委員会の審査の経過についてを議題といたします。

 特別委員長の中間報告を求めます。

 地域高規格道路促進等対策特別委員長,浜口多美雄君。



◆地域高規格道路促進等対策特別委員長(浜口多美雄君) おはようございます。

 ただいまから,地域高規格道路促進等対策特別委員会のこれまでの経過並びに審査内容について,中間報告をいたします。

 去る6月9日,執行部出席のもと本委員会を開催し,現在までの取組み状況について,執行部から説明がありましたので,ご報告申し上げます。

 まず,「熊本・宇土道路」の平成26年度の当初予算額は,前年度当初予算に比べ1,400万円増額の5億5,000万円となっております。用地取得の状況については,宇土市側,熊本市側ともに前回の報告から進捗はあっておりません。宇土市側では,6カ所,300?の未買収用地を残すのみですが,この中で道路の隅切りにあたる部分については,道路の設計変更等で対応できるものは対応していくとの国土交通省の方針であるとのことです。

 工事の状況ですが,宇土市側,熊本市側合わせて3件の地盤改良工事が行われており,新たに2件の地盤改良工事の発注が予定されております。

 (仮称)緑川大橋については,宇土市側の下部工工事が1件行われております。今後の予定としては,漁業補償に関する交渉が7月から8月に行われるということですが,条件が整い次第,下部工工事が発注されることとなっております。

 次に,「宇土道路」についてですが,平成26年度の当初予算額は,前年度当初予算と同額の1億2,000万円となっています。今年度の事業内容としては,道路設計,用地幅杭設置,用地調査が予定されております。また,早ければ今年度中に一部用地買収に着手するということであります。

 以上の報告を踏まえ,委員会で論議されました内容をご報告いたします。

 まず,委員から,未買収用地に係る道路の設計変更について質疑があり,執行部から「道路設計を変更すれば買収しなくても済む用地があるとのことで,国土交通省は設計変更でやっていければということも考えている」との答弁がありました。これに関連して別の委員から「未買収の用地は300?で,金額的に大きくはならないので前向きに対処してもらいたい」との意見が出されました。

 最後に,今後の取組みといたしまして,国土交通省及び地元選出の国会議員に対しての要望活動を行うことを,全会一致で決定いたしました。

 当委員会といたしましては,昨年度を上回る予算額を確保できたということは,これまでの要望活動の成果であると考えておりますので,今後とも1日も早い熊本・天草幹線道路の全線開通を目指して,取組んでまいりたいと思います。

 以上で,地域高規格道路促進等対策特別委員会の中間報告を終わります。



○議長(杉本信一君) 地域高規格道路促進等対策特別委員長の中間報告は終わりました。

 これより,ただいまの特別委員長の中間報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより,討論を行います。

 討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 以上で,地域高規格道路促進等対策特別委員長の中間報告を終了いたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 各常任委員長報告



○議長(杉本信一君) 日程第2,去る6月12日の本会議において,各常任委員会に付託をいたしました市長提出議案第35号から議案第53号までの19件並びに請願・陳情につき,審査の経過と結果について,それぞれ報告があっておりますので,これを一括して議題といたします。

 順次,各常任委員長の報告を求めます。

 総務市民常任委員長,藤井慶峰君。



◆総務市民委員長(藤井慶峰君) おはようございます。

 ただいまから,総務市民常任委員会に付託を受けました議案につきまして,去る6月13日,本委員会を開催し審査を行いましたので,その審査の経過並びに結果についてご報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は,条例関係3議案,予算関係1議案,専決処分の報告及び承認4議案,その他1議案の合計9議案であります。

 まず,議案第35号,専決処分の報告及び承認を求めることについて,専決第3号,平成25年度宇土市一般会計補正予算(第6号)について。

 当委員会所管の主なものについては,浄化槽設置整備事業補助金1,682万円を減額するもので,これは浄化槽設置補助事業の確定により,予定していた補助件数が当初の見込みを下回ったため,減額補正となったものであります。

 次に,議案第38号,専決処分の報告及び承認を求めることについて,専決第6号,宇土市税条例等の一部を改正する条例について。

 これは,地方税法等の改正に伴い,条例を改正するものです。主な改正内容は,肉用牛売却の事業所得に係る市民税の課税の特例や,優良住宅地造成等のための土地譲渡の長期譲渡所得に係る課税の特例など,地方税法の課税に対する特例制度を26年4月1日から3年間延長するものであります。

 次に,議案第39号,専決処分の報告及び承認を求めることについて,専決第7号,宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について。

 これは,地方税法等の改正に伴い,条例を改正するものです。主な改正内容は,高額所得者の国民健康保険税の後期高齢者支援等課税額及び介護納付金課税額の限度額を,それぞれ2万円引き上げるとともに,軽減判定所得基準の軽減基準額を拡大するものです。

 次に,議案第40号,専決処分の報告及び承認を求めることについて,専決第8号,宇土市税特別措置条例の一部を改正する条例について。

 これは,企業立地促進法関係で企業が取得した土地や建物等の固定資産税減免による市税減収分を,国が地方交付税で一部補填する制度が2年間延長されることに伴い,条例を改正するものです。

 次に,議案第41号,宇土市部設置条例の一部を改正する条例について。

 これは,建設部の分掌する事務であった下水道及び簡易水道について整理するため,条例を改正するものです。

 次に,議案第42号,宇土市税条例等の一部を改正する条例について。

 これは,地方税法等の改正に伴い,条例を改正するものです。主な改正内容は,軽自動車税の平成27年4月1日からの増税と,国が地方法人税を創設するため,法人市民税の税率を引き下げるものです。

 次に,議案第45号,特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について。

 これは,不在者投票指定施設における外部立会人の報酬を規定する必要があるため,条例を改正するものです。

 次に,議案第46号,宇土市固定資産評価員の選任について。

 これは,固定資産評価員である税務課長の人事異動に伴い,後任の委員を選任するため,地方税法第404条第2項の規定により,議会の同意を求めるものです。

 次に,議案第49号,平成26年宇土市一般会計補正予算(第1号)について。

 当委員会所管の主なものについて申し上げます。

 総務費では,庁舎建設基金経費1,000万円,交通安全対策事業費732万5千円,衛生費では,浄化槽設置事業3,412万8千円,消防費では,消防防災施設整備事業(耐震性貯水槽設置)800万円,防災行政無線デジタル化整備事業1,036万8千円等の増額であります。

 以上が,総務市民常任委員会に付託を受けました議案等の概要でありますが,議案等の審査の過程において論議されました主なものをご報告申し上げます。

 まず,交通安全事業費で,委員から「東小学校の通学路の対策はどうなっているのか」との質疑があり,執行部から「基本的には,交通規制と道路標示で対応することになる。今年度,学校周辺にカラー舗装で道路標示を考えている」との答弁がありました。

 また,「ゾーン30エリア内について,具体的に歩道を拡張することはないのか」との質疑に対して,執行部から「道路幅は変えず,カラー舗装等で歩道を拡げるなど,ドライバーに対して視覚で訴え,速度を抑制するのが狙い」との答弁がありました。

 次に,委員から,防災行政無線のデジタル化について質疑があり,執行部からは,「国はアナログ自体,周波数の幅を広くとるので,幅を小さくし無線の回数を増やすためにデジタル化を進めている。また,デジタル化についての期限は今のところ通達はないが,宇土市では緊急減災防災事業債(100%起債70%交付税)が28年度まで活用できるので,その事業債を使って整備する」との答弁がありました。

 次に,網津防災センター設置について,執行部から「現在,網津支所は老朽化しており,常に洪水の常襲地ということで建て替えをする方向で検討している。移転地については,あくまでも計画であるが,市が所有する網津小学校グラウンドの横に住環境整備をした時に併せて公園化した土地が4,000?程あるので,その一部を活用する方向で検討している。あくまでも,土地があるということにあわせて,その横に県道が一部供用開始をしており,一番の狙いは県道の改修促進を図るということで,網津地区の公共施設を集約し,地域住民が足を運ぶことにより,アクセスを充実しなければならないということで,県道改修のより早い促進を図りたい」との報告がありました。

 次に,土地開発公社の土地の売却について,委員から「公社の土地で松原と築籠の売却額は幾らだったのか」との質疑に対して,執行部から「一坪あたり松原町が12万円で築籠町が7万円。いずれも公示価格や基準地価,路線価,固定資産の評価額などを参考に出している」との答弁があり,委員から「公社が売却する直前に,当該地を20万円で購入したいという希望者がいたような記事を目にしたが,実際そのような話があったのか」との質疑に対して,執行部から「そのような事実はなかった。当該地は,当時売れ残っていた土地なので,そのような高値での購入希望の話があったらすぐに売っていたと思う」との答弁がありました。

 次に,議案以外で,マイナンバー(個人番号)制度及び,それに伴う電算システムの対応方針について執行部から説明がありました。

 主な内容は,マイナンバー制度は,国民全員に影響する大変重要な国の新しい制度であり,平成27年10月から運用が始まることになっているが,それに伴い,本市の電算システムを改修する必要があるが,今の電算システムではマイナンバーに対応させるための改修ができないということが今年の3月中旬に判明した。従って,期限まで間に合わせるためには,現在の行政システム九州と継続契約で電算システムの更新を進めなければならない。

 主な理由としては,マイナンバー制度は,国や地方自治体だけでなく民間会社もシステム改修等で対応する制度になっており,全国的にシステムエンジニア(技術者)不足のためやむを得ず継続契約で今後調整し,次の定例会で必要予算の審議をお願いしたいとの報告がありました。

 これに対し,委員から「電算システム更新の費用は幾らか。国からの補助等もあるのか」との質疑に対して,執行部から「更新の費用は,他市の例では5年間で3億3,000万円程度である。また,更新に関しての補助金はない」との答弁がありました。

 委員からは「電算システム更新の費用が高額なので,業者とはしっかりと費用面の交渉をするように」要望がありました。

 以上が,論議された主な内容でありますが,本委員会に付託を受けました議案については,全会一致で全て原案のとおり可決いたしました。

 なお,本委員会所管事務の継続事件につきましては,議席に配付のとおり決定しておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。

 どうか議員各位におかれましても,本委員会の決定のとおりご賛同賜りますようお願いを申し上げ,総務市民常任委員会の報告を終わります。



○議長(杉本信一君) 総務市民常任委員長の報告は終わりました。

 次に,経済建設常任委員長の報告を求めます。

 経済建設常任委員長,芥川幸子さん。



◆経済建設委員長(芥川幸子さん) おはようございます。

 ただいまから,経済建設常任委員会に付託を受けました議案につきまして,去る6月16日,本委員会を開催し審査を行いましたので,その審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は,予算関係3議案,専決処分の報告及び承認1議案,その他2議案であります。

 まず,議案第35号,専決処分の報告及び承認を求めることについて,専決第3号,平成25年度宇土市一般会計補正予算(第6号)について。

 当委員会所管の主なものを申し上げます。

 まず,農林水産業費では,国の緊急経済対策関連事業として,水産物供給機能保全事業経費4,962万7千円,農業基盤整備促進事業経費1億340万円の増額を行っております。

 次に,土木費では,同じく緊急経済対策関連事業として,準用河川改修事業経費6,600万円,社会資本整備総合交付金事業経費の公営住宅分4,577万3千円の増額を行っています。また,緊急経済対策関連事業を含めた,年度内の完了が困難である9事業について繰越明許費の設定を行い,併せて,農業基盤整備促進事業など5事業について地方債の追加を行っております。

 次に,議案第47号,宇土市道路線の廃止について。

 これは,市道の路線を廃止する必要があるので,道路法第10条第3項の規定により議会の議決を求めるもので,廃止する路線名は,桜畑・古コブ線であります。

 次に,議案第48号,宇土市道路線の認定について。

 これは,市道の路線を認定する必要があるので,道路法第8条第2項の規定により議会の議決を求めるもので,認定する路線名は,宮庄3号線と中登・独地蔵線であります。

 次に,議案第49号,平成26年度宇土市一般会計補正予算(第1号)について。

 当委員会所管の主なものを申し上げます。

 まず,農林水産業費では,宇土市の旬を届ける実行協議会補助金400万円,排水機場維持管理費補助金900万円の増額を行っております。

 次に,商工費では,住宅リフォーム助成事業補助金542万4千円,宇土マリーナ桟橋等補修経費800万円の増額を行っております。

 次に,土木費では,辺地道路整備事業経費2,720万円,地方道路等整備事業経費1億1,277万円,要緊急安全確認大規模建築物耐震診断補助金2,228万4千円の増額を行っております。あわせて,辺地道路整備事業など3事業について地方債の追加を行い,橋梁長寿命化事業など2事業について地方債の限度額の変更を行っております。

 次に,議案第51号,平成26年度宇土市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について。

 補正額は939万円を増額するもので,補正後の総額は9,763万5千円であります。これは,工事設計委託料と工事請負費を増額するものであります。

 次に,議案第53号,平成26年度宇土市漁業集落排水施設整備事業特別会計補正予算(第1号)について。

 補正額は150万円を増額するもので,補正後の総額は2,919万5千円であります。これは,戸口浄化センター処理水の排出先を集落からの雨水等の排出先と分離させるための工事請負費を増額するものであります。

 以上が,経済建設常任委員会に付託を受けました案件の概要でありますが,議案等の審査の経過において論議されました主なものをご報告申し上げます。

 まず,一般会計補正予算(第1号)の住宅リフォーム助成事業補助金について,委員から「この事業は市民の皆様にも好評で申し込みが多く,予算がなくなり補助が受けられない人もいる。どのくらいの期間で予算がなくなってしまうのか」との質疑があり,執行部から,「昨年度までは先着順としていたが,今年度は5月15日から6月27日までを受付期間とし,申請額が予算額を上回った場合は抽選を行うという方法に変更した。このことにより公平性を保っていきたいと考えている」との答弁がありました。これに関連して,別の委員から「中古住宅のリフォームでも対象となるのか」との質疑があり,執行部から「木材利用促進,ユニバーサルデザイン化,省エネルギー推進,子育て支援のうち1つ以上の工事を含むリフォームであれば対象になる」との答弁がありました。

 次に,委員から「宇土マリーナの修繕料として800万円が計上されている。これは委員会の中でも何回も話が出ているが,どこを修理するのか」との質疑があり,執行部から「船を泊める桟橋が老朽化で腐食してきているため修理をする。マリーナにはこまめな点検と早めの修理をするように指導を行っている」との答弁がありました。これに対して,委員から「指定管理の見直しは」との質疑があり,「指定管理の更新に向けて協定書の中身を見直す方向で検討している」との答弁が執行部からありました。

 次に,委員から「宇土市の旬を届ける実行協議会の補助金が400万円計上してあるが,どのような事業か」との質疑があり,執行部から「宇土市の農産物の販路拡大を目的として,昨年この協議会を立ち上げた。昨年度は宇土市の農産物を使った料理を,東京・有楽町の飲食店で提供してアンケートを行い,その結果を基に農産物の活用メニューの考案等をつくった。昨年度の事業費は1,000万円で,国の100%補助だったが,今年度は2分の1補助に変わったため,市からも補助を行うもので,機能性野菜等の健康食材を広める取組みなどを行う予定である」との答弁がありました。

 次に,委員から,要緊急安全確認大規模建築物耐震診断事業補助金について質疑があり,執行部から「平成25年の耐震改修促進法の改正に伴い義務付けられたものに対して,国が時限立法で補助を行うもので,宇土市で該当するのは1件である」との答弁がありました。これに対して,委員から「これは耐震診断の補助であるが,耐震工事の補助はないのか」との質疑があり,「また別の補助メニューがある」との答弁が執行部からありました。

 次に,簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について,委員から「工事請負費が増額されているが,どこの工事を行うのか」との質疑があり,「網津の井戸の改修工事と,耐衝撃性ではないビニール管が布設してある箇所の耐震性をもった管への布設替工事を行う予定である」との答弁がありました。

 以上が,論議された主な内容でありますが,本委員会に付託を受けました議案については,全会一致で全て原案のとおり可決及び承認致しました。

 なお,本委員会所管事務の継続事件につきましては,議席に配付のとおり決定しておりますので,どうぞよろしくお願い申し上げます。

 議員各位におかれましては,本委員会の決定のとおりご賛同賜りますようお願い申し上げまして,経済建設常任委員会の報告を終わります。



○議長(杉本信一君) 経済建設常任委員長の報告は終わりました。

 次に,文教厚生常任委員長の報告を求めます。

 文教厚生常任委員長,中口俊宏君。



◆文教厚生委員長(中口俊宏君) おはようございます。

 ただ今から,文教厚生常任委員会に付託を受けました議案につきまして,去る6月17日,本委員会を開催し審査を行いましたので,その審査の経過並びに結果について報告をいたします。

 本委員会に付託されました案件は,条例関係2議案,予算関係3議案並びに専決処分の報告及び承認3議案の合計8議案であります。

 まず議案第35号,専決処分の報告及び承認を求めることについて,専決第3号,平成25年度宇土市一般会計補正予算(第6号)について。

 当委員会所管の主なものにつきましては,介護保険事務費繰出金68万2千円を減額するものであります。あわせて,定期巡回随時対応型訪問介護・看護事業について,年度内での事業完了が困難なために,繰越明許費の設定を新たに行っております。

 次に,議案第36号,専決処分の報告及び承認を求めることについて,専決第4号,平成25年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について。

 補正額は2,810万2千円を増額するもので,補正後の総額は48億7,367万4千円であります。これは,療養給付費等の決算見込みによる増額補正を行ったものであります。

 次に,議案第37号,専決処分の報告及び承認を求めることについて,専決第5号,平成25年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第4号)について。

 これは,国庫支出金の交付決定に伴う財源組み替えを行ったものであります。

 次に,議案第43号,宇土市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例について。

 これは,熊本県ひとり親家庭等医療費助成事業費補助金交付要領の改正に伴い,条例中の用語の定義を改める必要があるため,所要の改正を行うものであります。

 次に,議案第44号,史跡宇土城跡保存整備検討委員会設置条例について。

 これは,史跡宇土城跡の保存整備に関し,専門的見地からの意見を求めるための機関を設けるため条例を制定するものであります。

 次に,議案第49号,平成26年度宇土市一般会計補正予算(第1号)について。

 当委員会所管の主なものについて申し上げます。民生費では,放課後児童健全育成事業費として589万2千円,社会福祉協議会経費として3,300万4千円,在宅介護手当等支給経費として444万円,老人福祉施設整備事業経費として1,500万円を増額するものであります。衛生費では,骨髄移植ドナー支援事業経費として10万円,高齢者インフルエンザ予防接種事業経費として996万円,乳幼児学童インフルエンザ予防接種事業経費として292万3千円を増額するものであります。教育費では,学校施設管理経費として2,090万円,社会体育施設管理経費として953万9千円,網津小学校プール改築事業経費として1億7,820万6千円,小中学校空調設備整備事業経費として914万6千円,文化的景観整備事業経費として3,784万9千円を増額するものであります。また,地方債の補正として,網津小学校プール改築事業と文化的景観整備事業について追加を行っております。

 次に,議案第50号,平成26年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について。

 補正額は55万5千円を増額するもので,補正後の総額は47億6,809万3千円であります。これは,一般管理費及び医療費適正化特別対策事業経費の増額補正となっております。

 次に,議案第52号,平成26年度宇土市奨学基金特別会計補正予算(第1号)について。

 補正額は13万円を増額するもので,補正後の額は149万円であります。これは,奨学基金積立金の増額補正となっております。

 以上が,文教厚生常任委員会に付託を受けました議案の概要でありますが,議案の審査の過程において論議されました主なものを報告いたします。

 議案第49号,平成26年度宇土市一般会計補正予算(第1号)について。

 委員から「高齢者と児童に対してのインフルエンザ予防接種について,この利用者の状況と自己負担はどうなっているのか。また,自治体によって補助額に違いがあるのか。ある場合は,本市は周辺地域と比較してどうなのか」との質疑がありました。執行部から「昨年度は学童が2,269人,高齢者の方が4,401人であった。学童については,初年度たくさんの方が受けられた。自己負担額は,学童が1,000円,高齢者が1,700円となっている。補助額は自治体ごとに違いがあり,本市は標準的な補助額である」との答弁がありました。

 次に,在宅介護手当給付費について,委員から「国の方針としても在宅介護に力を入れている現状を踏まえ,本市として給付単価を上げられないか」との質疑があり,執行部から「大きな財政負担となることが見込まれることから,今後の検討課題としたい」との答弁がありました。これに続けて,委員から「来年の介護保険法改正に伴い,要支援1及び2の方について介護給付費の対象から切り離す方向と思われる。これについて,市の対応,考え方を整理する必要があるのではないか」との質疑があり,執行部から「本市におけるサービス供給体制を勘案し,提供可能な行政サービスの検討を行い,今年度中に事業計画を作成し,平成27年度から事業着手する予定である」との答弁がありました。また,委員から「在宅介護手当の増額も併せて検討してはどうか」との意見もありました。

 次に,小中学校空調設備整備事業について,委員から「以前,宇土小学校と網津小学校の建設の際,将来的に空調設備導入が考えられるため,先行配管を行うべきだと述べているがどうなっているのか」との質疑があり,執行部から「建設時に先行配管はしています」との答弁がありました。これに続けて,委員から「宇土小学校や網津小学校の空調はどのような形式になるのか」との質疑があり,執行部から「網津小学校は一般的な天吊り型や壁掛け型になると思われるが,宇土小学校については仕切り壁や扉が少ないこともあり,全館空調方式か個別教室に対応する方式になるのか,今後検討が必要であると考えている」との答弁がありました。また,委員から,「市民体育館で採用した方式も検討していただきたい」との意見もありました。

 以上が,論議されました内容でありますが,本委員会に付託を受けました議案につきましては,全会一致で,全て原案のとおり承認及び可決をいたしました。

 次に,請願・陳情につきまして,報告をいたします。

 平成26年,請願第1号,建設業従事者アスベスト被害の早期救済解決を図るよう国に働きかける請願書。

 これについては,全会一致で採択といたしました。

 また,平成26年,陳情第1号,心の健康を守り推進する基本法の制定を求める意見書提出に関する陳情。

 これにつきましては,さらに議論を深めるため継続審査といたしました。

 なお,本委員会所管事務の継続事件につきましては,議席に配付のとおり決定しておりますので,よろしくお願いいたします。

 以上で,文教厚生常任委員会の報告を終わります。



○議長(杉本信一君) 文教厚生常任委員長の報告は終わりました。

 以上で,各常任委員長の報告は全部終了いたしました。

 これから,各常任委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより,討論を行います。討論はありませんか。

 17番,福田慧一君。



◆17番(福田慧一君) 提案されております議案の中で,次の2議案に反対をいたします。

 議案第39号,専決第7号,宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について。これは,国民健康保険税の後期高齢者支援分及び介護保険支援分の限度額をそれぞれ2万円引き上げるものであります。わずかな年金で暮らす高齢者は,年金の引き下げ,消費税の増税で生活が大変苦しくなっており,限度額の引き上げは高齢者の生活を圧迫し,今後の保険税の全体の負担増にもつながっていき,反対であります。

 次に,議案第42号,宇土市税条例の一部を改正する条例についてであります。これは,軽四輪車,特殊自動車及び原付自転車,二輪車等の標準税率を1.5倍から1.2倍引き上げるものであります。軽自動車等は維持費が安く所得が少ない人や高齢者の利用が多く,特に農村部では高齢者の移動手段で大きな役割を果たしております。大幅な負担増は生活を圧迫するため反対であります。

 以上,反対を表明し,討論を終わります。



○議長(杉本信一君) ほかに討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより,採決をいたします。

 お諮りいたします。

 議案第35号から第38号までの4件についてを,一括して採決いたしたいと思います。ただいまの各常任委員長報告は,原案のとおり承認であります。

 各委員長報告のとおり承認することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,議案第35号から議案第38号までの4件については,原案のとおり承認されました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第39号について,採決したいと思います。

 ただいまの総務市民常任委員長報告は,原案のとおり承認であります。

 委員長報告のとおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 賛成議員多数です。

 よって,議案第39号については,原案のとおり承認されました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第40号から議案第41号までの2件についてを一括して採決したいと思います。

 ただいまの総務市民常任委員長報告は,原案のとおり承認及び可決であります。

 委員長報告のとおり承認及び可決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,議案第40号から議案第41号までの2件については,原案のとおり承認及び可決されました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第42号について採決したいと思います。

 ただいまの総務市民常任委員長報告は,原案のとおり可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 賛成議員多数です。

 よって,議案第42号については,原案のとおり可決されました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第43号から議案第53号までの11件についてを一括して採決したいと思います。

 ただいまの各常任委員長報告は,原案のとおり可決及び同意であります。

 各委員長報告のとおり可決及び同意することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,議案第43号から議案第53号までの11件については,原案のとおり可決及び同意されました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3 請願・陳情について(質疑・討論・採決)



○議長(杉本信一君) 日程第3,請願・陳情について議題といたします。

 まず,文教厚生常任委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより,討論を行います。

 討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 ただいまの請願・陳情について採決いたします。

 お諮りいたします。

 平成26年請願第1号を採決いたします。

 ただいまの文教厚生常任委員長報告は,採択であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,平成26年請願第1号については,委員長報告のとおり採択と決定いたしました。

 次に,お諮りいたします。

 平成26年陳情第1号を採決いたします。

 ただいまの文教厚生常任委員長報告は,継続審査であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,平成26年陳情第1号については,委員長報告のとおり継続審査と決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第4 委員会の閉会中の継続審査並びに調査について



○議長(杉本信一君) 日程第4,委員会の閉会中の継続審査並びに調査についてを議題といたします。

 各常任委員長,議会運営委員長から,現在,委員会において審査中の事件及び所管事務調査について会議規則第72条の規定により,お手元に配付してあります閉会中の継続審査及び調査の申し出があっております。

 お諮りいたします。

 各常任委員長,議会運営委員長から申し出のとおり,閉会中の継続審査並びに調査することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,各常任委員長,議会運営委員長から申し出のとおり,閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

 次に,日程についてお諮りいたします。

 本日,市長より,議案第54号及び議案第55号の2件,議員提出として発議第1号及び発議第2号の2件,また宇土市農業委員会委員の推薦について,以上5件が新たに追加上程をされております。この際,本日の日程に追加し,議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,日程に追加し,議題とすることに決定をいたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第5 議案第54号 宇土市副市長の選任について



○議長(杉本信一君) 日程第5,議案第54号,宇土市副市長の選任についてを議題といたします。池田信夫君は,暫時退場をお願いいたします。

                (池田信夫君 退場)



○議長(杉本信一君) 市長の提案理由の説明を求めます。

 市長,元松茂樹君。



◎市長(元松茂樹君) 追加提出しております案件について,ご説明を申し上げます。

 議案第54号,宇土市副市長の選任について。

 これは,宇土市副市長・池田信夫氏の任期が本年6月30日で満了することに伴い,新たに副市長を選任するため,地方自治法第162条の規定により,議会の同意を求めるものであります。後任の副市長には,現・副市長の池田信夫氏を引き続き選任したいので,何卒,ご同意いただきますようお願いいたします。



○議長(杉本信一君) 市長の提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第54号については,会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し,直ちに審議したいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,ただいまの議案第54号につきましては,委員会付託を省略し,直ちに審議することに決定いたしました。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第54号,宇土市副市長の選任については,原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 賛成多数です。

 よって,議案第54号については,原案のとおり同意することに決定いたしました。

 池田信夫君の入場を求めます。

                (池田信夫君 入場)



○議長(杉本信一君) 池田信夫君からご挨拶の申し出がありましたので,発言の許可をいたします。

 池田信夫君。



◎副市長(池田信夫君) お疲れさまです。一言,ご挨拶をさせていただきます。

 本日,元松市長が提案をされました私の副市長選任の人事案件につきまして,多くの議員の皆さんから選任同意をいただき,誠にありがとうございました。身に余る光栄でありますとともに,責任の重大さを痛感いたしております。当然のことではございますが,市長を補佐し,微力ではございますが,1期4年の副市長としての経験をいかし,市長が掲げられておられるチャレンジ続行,定住交流人口の増加に向けた施策の推進に対して共通の理念と方向性を共有し,市民の皆さんの幸せのために全力で取組んでまいります。どうか,杉本議長はじめ議員の皆さんのご支援,ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 最後に,宇土市議会のますますの発展を心からご祈念申し上げ,お礼の挨拶とさせていただきます。お世話になります。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第6 議案第55号 宇土市教育委員会委員の任命について



○議長(杉本信一君) 日程第6,議案第55号,宇土市教育委員会委員の任命についてを議題といたします。



○議長(杉本信一君) 市長の提案理由の説明を求めます。

 市長,元松茂樹君。



◎市長(元松茂樹君) 議案第55号,宇土市教育委員会委員の任命について。

 これは,宇土市教育委員会委員の任期の途中での辞職に伴い,新たに委員を任命するため,地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により,議会の同意を求めるものであります。後任の委員には,浦川司さんを任命したいので,何卒,ご同意いただきますようお願いいたします。



○議長(杉本信一君) 市長の提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議案となっております議案第55号については,会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し,直ちに審議したいと思います。これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,ただいまの議案第55号につきましては,委員会付託を省略し,直ちに審議することと決定しました。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第55号,宇土市教育委員会委員の任命については,原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 全員賛成です。

 よって,議案第55号については,原案のとおり同意することに決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第7 発議第1号 地域包括ケアシステム構築のため地域の実情に応じた支援を求める意見書



○議長(杉本信一君) 日程第7,発議第1号,地域包括ケアシステム構築のため地域の実情に応じた支援を求める意見書についてを議題といたします。

 まず,議案を事務局長に朗読させます。

 事務局長,西村清敬君。



◎議会事務局長(西村清敬君) 地域包括ケアシステム構築のため地域の実情に応じた支援を求める意見書。

 地方自治法第112条及び宇土市議会会議規則第13条の規定により,別紙のとおり意見書を提出する。

 平成26年6月23日提出,提出者 宇土市市議会議員 浜口多美雄,藤井慶峰,岩本廣海,堀内千秋,野添正利,芥川幸子。宇土市市議会議長 杉本信一様。

 以下,意見書につきましては,議席に配付しておりますのでご覧願います。

 以上でございます。



○議長(杉本信一君) 事務局長の朗読は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております発議第1号については,会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し,直ちに審議したいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,ただいまの発議第1号については,委員会付託を省略し,直ちに審議することに決定しました。

 これより発議第1号について,質疑を行います。質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより発議第1号について討論を行います。討論はありませんか。

 17番,福田慧一君。



◆17番(福田慧一君) 地域包括ケアシステム構築のため地域の実情に応じた支援を求める意見書についてであります。この意見書は,社会保障税一体改革の推進を求めていますが,一体改革は社会保障のためだといって消費税を増税しながら社会保障の拡充には回さず,法人税の減税,公共事業の拡大など企業支援になっております。そのため,社会保障では年金の切り下げ,70歳からの医療費の1割負担から2割負担への段階的に引き上げる,さらに先日の参議院本会議では,強行採決されました医療・介護総合法案は,医療・介護の大改悪であります。介護では要支援1・2,訪問通所介護を保険給付からはずし市町村に事業を移す,一定以上の所得者は利用料金の1割から2割負担への引き上げ,特養入所も原則要介護3以上とし,多くの人から入所の権利を奪う,医療分野でも病床の削減など,大改悪であります。これでは介護難民,医療難民が増え,より深刻さが増すことは明らかであります。こうした改悪を前提に,国や地方自治体に対策を求めておりますが,改悪を中止し,国の責任で介護でも医療でも高齢者が安心して治療や介護サービスが受けられるようにすべきとの立場から,この意見書には反対をいたします。



○議長(杉本信一君) ほかに討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 発議第1号,地域包括ケアシステム構築のため地域の実情に応じた支援を求める意見書については,原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 賛成議員多数です。

 よって,発議第1号については,原案のとおり可決することに決定しました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第8 発議第2号 建設業におけるアスベスト被害者の救済と被害の根絶に関する意見書



○議長(杉本信一君) 日程第8,発議第2号 建設業におけるアスベスト被害者の救済と被害の根絶に関する意見書についてを議題といたします。

 まず,議案を事務局長に朗読させます。

 事務局長,西村清敬君。



◎議会事務局長(西村清敬君) 建設業におけるアスベスト被害者の救済と被害の根絶に関する意見書。

 地方自治法第112条及び宇土市議会会議規則第13条の規定により,別紙のとおり意見書を提出する。

 平成26年6月23日提出,提出者 宇土市議会議員 浜口多美雄,藤井慶峰,岩本廣海,福田慧一,堀内千秋,野添正利。宇土市議会議長 杉本信一様。

 以下,意見書につきましては,議席に配付しておりますのでご覧願います。

 以上でございます。



○議長(杉本信一君) 事務局長の朗読は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております発議第2号については,会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し,直ちに審議したいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,ただいまの発議第2号については,委員会付託を省略し,直ちに審議することに決定しました。

 これより発議第2号について,質疑を行います。質疑はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより発議第2号について討論を行います。討論はありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより採決します。

 お諮りいたします。

 発議第2号,建設業におけるアスベスト被害者の救済と被害の根絶に関する意見書については,原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 全員賛成です。

 よって,発議第2号については,原案のとおり可決することに決定しました。

 ただいまより,議事の都合により暫時休憩をいたします。

 ただちに全員協議会を開きます。

 全員協議会室にお集まりください。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午前11時37分休憩

                午後0時05分再開

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(杉本信一君) 休憩前に引き続き,会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第9 宇土市農業委員会委員の推薦について



○議長(杉本信一君) 日程第9,宇土市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

 本件は,農業委員会等に関する法律第12条第2項の規定に基づき,学識経験者4人以内を議会において推薦するものであります。

 お諮りいたします。

 宇土市農業委員会委員の推薦については,議長において指名したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,宇土市農業委員会の推薦については,議長において指名することに決定いたしました。

 宇土市農業委員会委員に,網津町の太田桂子さん,8番,芥川幸子さん,16番,浜口多美雄君,18番,岩本廣海君,以上,4人を指名いたします。

 まず,太田桂子さんについて採決をいたします。

 お諮りいたします。太田桂子さんを宇土市農業委員会委員に推薦することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 全員賛成です。

 よって,太田桂子さんを宇土市農業委員会委員に推薦することに決定いたしました。

 次に,8番,芥川幸子さんについて採決をいたします。

 芥川幸子さんは,地方自治法第117条の規定により除斥されますので,暫時退場をお願いいたします。

                (芥川幸子さん 退場)



○議長(杉本信一君) お諮りします。8番,芥川幸子さんを宇土市農業委員会委員に推薦することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 全員賛成です。

 よって,8番,芥川幸子さんを宇土市農業委員会委員に推薦することに決定しました。

 芥川幸子さんの入場を許可します。

                (芥川幸子さん 入場)



○議長(杉本信一君) 次に,16番,浜口多美雄君について採決をいたします。

 浜口多美雄君は,地方自治法第117条の規定により除斥されますので,暫時退場をお願いいたします。

                (浜口多美雄君 退場)



○議長(杉本信一君) お諮りします。16番,浜口多美雄君を宇土市農業委員会委員に推薦することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 全員賛成です。

 よって,16番,浜口多美雄君を宇土市農業委員会委員に推薦することを決定しました。

 浜口多美雄君の入場を許可します。

                (浜口多美雄君 入場)



○議長(杉本信一君) 次に,18番,岩本廣海君について採決をいたします。

 岩本廣海君は,地方自治法第117条の規定により除斥されますので,暫時退場をお願いいたします。

                (岩本廣海君 退場)



○議長(杉本信一君) お諮りします。18番,岩本廣海君を宇土市農業委員会委員に推薦することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 全員賛成です。

 よって,18番,岩本廣海君を宇土市農業委員会委員に推薦することに決定しました。

 岩本廣海君の入場を許可します。

                (岩本廣海君 入場)



○議長(杉本信一君) 以上で,今定例会の日程は全部終了いたしました。

 これをもって,平成26年第2回宇土市議会定例会を閉会いたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午後0時11分閉会



○議長(杉本信一君) 閉会にあたりまして,一言ご挨拶を申し上げます。

 去る6月6日に招集されました今期定例会は,議員各位並びに執行部の皆様方のご協力によりまして,本日ここに無事閉会の運びとなりましたことに,厚く御礼を申し上げます。

 閉会にあたりまして,市長からご挨拶がございます。

 市長,元松茂樹君。



◎市長(元松茂樹君) 閉会にあたりまして,一言御礼を申し上げます。

 今定例会には,平成26年度肉付け補正予算案をはじめ,多数の重要案件をご提案しましたが,慎重なご審議により,全て原案どおりにご決定をいただき,心から感謝申し上げます。また,会期中に議員の皆様から頂きましたご意見,ご要望につきましては,十分にこれを尊重し,可能なものは直ちに措置を講じるとともに,できる限り今後の市政運営に反映してまいる所存でございます。

 さて,本年4月に宇土市の旬を届ける実行協議会が,本市の産品・産物に関する情報を掲載した「うとほんと?」と題するパンフレットを発行しましたので,少しご紹介させていただきます。このパンフレットは,キクイモをはじめとするヘルシー食材,有明海の魚介類,そしてフルーツなど,それぞれの生産者の方々やそれらを用いた料理などを提供する店舗の情報が盛りだくさんに掲載されております。これをごらんいただければ,宇土にはこんな産物・産品があったのかと再発見していただけるものと思われます。また,その中で紹介されております生産者特殊部隊(UTO)の皆さんとは,先月ランチ特区を開催させていただきました。UTOの皆さんは,こだわった農産物を自ら売り込み,首都圏での販路開拓などを図っている若手農業者グループでございます。農業の苦労や課題についても話題となりましたが,何より枠にとらわれずに挑戦する姿勢に,私も感化されるところがございました。ぜひ,このような若い力が本市にますます育っていってほしいと願っております。

 梅雨入り後,雨の少ない日が続いておりましたが,福岡管区気象台のこれからの1カ月の九州北部地方の見通しとしては,気温は平年並みか低い見込みで,降水量はほぼ平年並みの見込みとなっております。例年,梅雨の後半は雨量が増える傾向にありますので,本市としましても警戒を怠らず,万が一の災害には迅速・適切な対応を心がける所存でございます。

 これから湿度の高い日が続き,寝苦しさや食が進まないというようなことがあるかと思われます。議員各位におかれましては,体調管理に十分留意され,ますますお元気でご活躍されますことをご祈念申し上げ,閉会にあたっての挨拶といたします。

 ありがとうございました。



○議長(杉本信一君) これをもって散会いたします。本日はありがとうございました。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午後0時14分終了





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成  年  月  日

          宇土市議会議長  杉本信一

          宇土市議会議員  中口俊宏

          宇土市議会議員  野添正利



         平成26年第2回宇土市議会定例会議決結果一覧

 [市長提出議案]
┌─────┬───────────────────────┬──────┬──────┬─────┐
| 議案  |       件       名       | 提案月日 | 議決月日 |議決の結果|
| 番号  |                       |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第35号 |専決処分の報告及び承認を求めることについて  |6月6日  |6月23日 |原案承認 |
|     | 専決第3号 平成25年度宇土市一般会計補正予|      |      |     |
|     |  算(第6号)について           |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第36号 |専決処分の報告及び承認を求めることについて  |  〃   |  〃   |  〃  |
|     | 専決第4号 平成25年度宇土市国民健康保険特|      |      |     |
|     |  別会計補正予算(第4号)について     |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第37号 |専決処分の報告及び承認を求めることについて  |  〃   |  〃   |  〃  |
|     | 専決第5号 平成25年度宇土市介護保険特別会|      |      |     |
|     |  計補正予算(第4号)について       |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第38号 |専決処分の報告及び承認を求めることについて  |  〃   |  〃   |  〃  |
|     | 専決第6号 宇土市税条例等の一部を改正する条|      |      |     |
|     |  例について                |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第39号 |専決処分の報告及び承認を求めることについて  |  〃   |  〃   |  〃  |
|     | 専決第7号 宇土市国民健康保険税条例の一部を|      |      |     |
|     |  改正する条例について           |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第40号 |専決処分の報告及び承認を求めることについて  |  〃   |  〃   |  〃  |
|     | 専決第8号 宇土市税特別措置条例の一部を改正|      |      |     |
|     |  する条例について             |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第41号 |宇土市部設置条例の一部を改正する条例について |  〃   |  〃   |原案可決 |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第42号 |宇土市税条例等の一部を改正する条例について  |  〃   |  〃   |  〃  |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第43号 |宇土市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例の一|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |部を改正する条例について           |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第44号 |史跡宇土城跡保存整備検討委員会設置条例について|  〃   |  〃   |  〃  |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第45号 |特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |関する条例の一部を改正する条例について    |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第46号 |宇土市固定資産評価員の選任について      |  〃   |  〃   |原案同意 |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第47号 |宇土市道路線の廃止について          |  〃   |  〃   |原案可決 |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第48号 |宇土市道路線の認定について          |  〃   |  〃   |  〃  |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第49号 |平成26年度宇土市一般会計補正予算(第1号)に|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |ついて                    |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第50号 |平成26年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |(第1号)について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第51号 |平成26年度宇土市簡易水道事業特別会計補正予算|6月6日  |6月23日 |原案可決 |
|     |(第1号)について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第52号 |平成26年度宇土市奨学基金特別会計補正予算(第|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |1号)について                |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第53号 |平成26年度宇土市漁業集落排水施設整備事業特別|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |会計補正予算(第1号)について        |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第54号 |宇土市副市長の選任について          |6月23日 |  〃   |原案同意 |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|第55号 |宇土市教育委員会委員の任命について      |  〃   |  〃   |  〃  |
└─────┴───────────────────────┴──────┴──────┴─────┘

 [議員提出議案]
┌─────┬───────────────────────┬──────┬──────┬─────┐
| 発議  |       件       名       | 提案月日 | 議決月日 |議決の結果|
| 番号  |                       |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|発議第1号|地域包括ケアシステム構築のため地域の実情に応じ|6月23日 |6月23日 |原案可決 |
|     |た支援を求める意見書             |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|発議第2号|建設業におけるアスベスト被害者の救済と被害の根|  〃   |  〃   |  〃  |
|     |絶に関する意見書               |      |      |     |
└─────┴───────────────────────┴──────┴──────┴─────┘

 [報告]
┌─────┬──────────────────────────────────┬──────┐
| 報告  |             件      名             | 報告月日 |
| 番号  |                                  |      |
├─────┼──────────────────────────────────┼──────┤
|第3号  |平成25年度宇土市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について    | 6月6日 |
├─────┼──────────────────────────────────┼──────┤
|第4号  |平成25年度宇土市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告につ|  〃   |
|     |いて                                |      |
├─────┼──────────────────────────────────┼──────┤
|第5号  |平成25年度宇土市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告に|  〃   |
|     |ついて                               |      |
├─────┼──────────────────────────────────┼──────┤
|第6号  |宇土市土地開発公社の経営状況の報告について             |  〃   |
├─────┼──────────────────────────────────┼──────┤
|第7号  |宇土市新型インフルエンザ等対策行動計画の報告について        |  〃   |
├─────┼──────────────────────────────────┼──────┤
|第8号  |専決処分の報告について                       |  〃   |
|     | 専決第9号 訴えの提起について                  |      |
├─────┼──────────────────────────────────┼──────┤
|第9号  |専決処分の報告について                       |  〃   |
|     | 専決第10号 訴えの提起について                 |      |
├─────┼──────────────────────────────────┼──────┤
|第10号 |専決処分の報告について                       |  〃   |
|     | 専決第11号 訴えの提起について                 |      |
├─────┼──────────────────────────────────┼──────┤
|第11号 |専決処分の報告について                       | 6月6日 |
|     | 専決第12号 損害賠償額の決定について              |      |
├─────┼──────────────────────────────────┼──────┤
|第12号 |専決処分の報告について                       |  〃   |
|     | 専決第13号 損害賠償額の決定について              |      |
├─────┼──────────────────────────────────┼──────┤
|第13号 |平成25年度宇土市水道事業会計予算繰越計算書の報告について     |  〃   |
└─────┴──────────────────────────────────┴──────┘

         平成26年第2回定例会請願・陳情結果表

 [請願]
┌──┬─────────────┬─────────────┬─────┬─────┬────┐
|受理|  請 願 の 件 名  |  請願者の住所・氏名  |提案月日 |議決月日 |議決結果|
|番号|             |             |     |     |    |
├──┼─────────────┼─────────────┼─────┼─────┼────┤
|平成|建設業従事者アスベスト被害|熊本市中央区九品寺1丁目  |     |     |    |
|26年|者の早期救済・解決をはかる|17−9           |     |     |    |
|  1|よう国に働きかける請願書 |熊本建設じん肺・アスベスト|H26.6.12|H26.6.23| 採択 |
|  |             |被害者と家族を支える会  |     |     |    |
|  |             | 会長 木村 正     |     |     |    |
└──┴─────────────┴─────────────┴─────┴─────┴────┘

 [継続審査になっていた陳情]
┌──┬─────────────┬─────────────┬─────┬─────┬────┐
|受理|  陳 情 の 件 名  |  陳情者の住所・氏名  |提案月日 |議決月日 |議決結果|
|番号|             |             |     |     |    |
├──┼─────────────┼─────────────┼─────┼─────┼────┤
|平成|「こころの健康を守り推進す|宇城市不知火町高良2710  |     |     |    |
|26年|る基本法」の制定を求める意|宇城地域精神障害者家族会 |H26.2.24|H26.6.23|継続審査|
|  1|見書提出に関する陳情   | 会長 右山 剛     |     |     |    |
└──┴─────────────┴─────────────┴─────┴─────┴────┘