議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇土市

平成26年 3月 定例会(第1回) 02月18日−01号




平成26年 3月 定例会(第1回) − 02月18日−01号







平成26年 3月 定例会(第1回)



        平成26年第1回宇土市議会定例会会議録 第1号

                宇土市告示第8号

平成26年第1回宇土市議会定例会を次のとおり招集する。
  平成26年2月10日
           宇土市長 元 松 茂 樹
  1.期 日  平成26年2月18日
  2.場 所  宇土市議会議場

1.会期日程                          (会期15日間)
┌────┬─┬───┬─────┬─────────────────────┐
| 月日 |曜|時間 | 会議名 |       内     容       |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|    | |   |     |開会                   |
|2月18日|火|10:00| 本会議 |会議録署名議員の指名           |
|    | |   |     |会期の決定                |
|    | |   |     |市長の提案理由説明            |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|2月19日|水|10:00|特別委員会|地域高規格道路促進等対策特別委員会    |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|2月20日|木|10:00| 本会議 |質疑・一般質問              |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|2月21日|金|10:00| 本会議 |質疑・一般質問              |
|    | |   |     |委員会付託                |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|2月22日|土|   | 休 会 |(市の休日)               |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|2月23日|日|   | 休 会 |(市の休日)               |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|2月24日|月|   | 休 会 |                     |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|2月25日|火|10:00| 委員会 |経済建設常任委員会            |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|2月26日|水|10:00| 委員会 |文教厚生常任委員会            |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|2月27日|木|10:00| 委員会 |総務市民常任委員会            |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|2月28日|金|10:00| 休 会 |議事整理                 |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|3月1日|土|   | 休 会 |(市の休日)               |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|3月2日|日|   | 休 会 |(市の休日)               |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|3月3日|月|   | 休 会 |議事整理                 |
├────┼─┼───┼─────┼─────────────────────┤
|    | |   |     |地域高規格道路促進等対策特別委員長中間報告|
|3月4日|火|10:00| 本会議 |各常任委員長報告             |
|    | |   |     |質疑・討論・採決             |
|    | |   |     |閉会                   |
└────┴─┴───┴─────┴─────────────────────┘
2.議事日程
 平成26年2月18日(第1号) 午前10時開議
 日程第 1 会議録署名議員の指名
 日程第 2 会期の決定
 日程第 3 議案第 3号 宇土市職員定数条例の一部を改正する条例について
 日程第 4 議案第 4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する
              条例の一部を改正する条例について
 日程第 5 議案第 5号 宇土市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する
              条例について
 日程第 6 議案第 6号 宇土市情報公開・個人情報保護審査会条例の一部を改正す
              る条例について
 日程第 7 議案第 7号 宇土市税徴収等の特例に関する条例の一部を改正する条例
              について
 日程第 8 議案第 8号 宇土市中小企業振興基本条例について
 日程第 9 議案第 9号 宇土市コミュニティハウスの設置及び管理に関する条例を
              廃止する条例について
 日程第10 議案第10号 宇土市公共下水道運営基金条例を廃止する条例について
 日程第11 議案第11号 宇土市立学校体育施設の使用に関する条例の一部を改正す
              る条例について
 日程第12 議案第12号 熊本県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の
              減少及び規約の一部変更について
 日程第13 議案第13号 宇土市道路線の廃止について
 日程第14 議案第14号 宇土市道路線の認定について
 日程第15 議案第15号 宇土市道路線の変更について
 日程第16 議案第16号 平成25年度宇土市一般会計補正予算(第5号)について
 日程第17 議案第17号 平成25年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第3
              号)について
 日程第18 議案第18号 平成25年度宇土市簡易水道事業特別会計補正予算(第4
              号)について
 日程第19 議案第19号 平成25年度宇土市奨学基金特別会計補正予算(第1号)
              について
 日程第20 議案第20号 平成25年度宇土市公共下水道事業特別会計補正予算(第
              4号)について
 日程第21 議案第21号 平成25年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第3号)
              について
 日程第22 議案第22号 平成25年度宇土市漁業集落排水施設整備事業特別会計補
              正予算(第1号)について
 日程第23 議案第23号 平成25年度宇土市後期高齢者医療特別会計補正予算(第
              2号)について
 日程第24 議案第24号 平成26年度宇土市一般会計予算について
 日程第25 議案第25号 平成26年度宇土市国民健康保険特別会計予算について
 日程第26 議案第26号 平成26年度宇土市簡易水道事業特別会計予算について
 日程第27 議案第27号 平成26年度宇土市北段原土地区画整理事業特別会計予算
              について
 日程第28 議案第28号 平成26年度宇土市奨学基金特別会計予算について
 日程第29 議案第29号 平成26年度宇土市介護保険特別会計予算について
 日程第30 議案第30号 平成26年度宇土市漁業集落排水施設整備事業特別会計予
              算について
 日程第31 議案第31号 平成26年度宇土市後期高齢者医療特別会計予算について
 日程第32 議案第32号 平成26年度宇土市水道事業会計予算について
 日程第33 議案第33号 平成26年度宇土市公共下水道事業会計予算について
 日程第34 諮問第 1号 滞納処分に対する異議申立てに係る決定について
        報告第1号 専決処分の報告について
         専決第1号 訴えの提起について
        報告第2号 専決処分の報告について
         専決第2号 損害賠償額の決定について

3.本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

4.出席議員(17人)
    1番 嶋 本 圭 人 君       2番 柴 田 正 樹 君
    3番 平 江 光 輝 君       4番 樫 崎 政 治 君
    5番 野 口 修 一 君       6番 中 口 俊 宏 君
    7番 藤 井 慶 峰 君       8番 芥 川 幸 子 さん
    9番 山 村 保 夫 君      10番 九 谷 新 吾 君
   12番 野 添 正 利 君      13番 杉 本 信 一 君
   14番 堀 内 千 秋 君      15番 村 田 宣 雄 君
   16番 浜 口 多美雄 君      17番 福 田 慧 一 君
   18番 岩 本 廣 海 君

5.欠席議員(なし)

6.説明のため出席した者の職・氏名
 市長      元 松 茂 樹 君   副市長     池 田 信 夫 君
 教育長     木 下 博 信 君   総務部長兼市民環境部長
                             益 田 輝 明 君
 企画部長    荒 木 繁 男 君   健康福祉部長  那 須 大 和 君
 経済部長    田 川 修 一 君   建設部長    新 樹 秀 一 君
 教育部長    山 本 桂 樹 君   会計管理者   林   留美子 さん
 農業委員会事務局長           上下水道課長  下 鶴 治 久 君
         前 田 保 幸 君
 総務課長    中 川 玲 子 さん  危機管理課長  瀧 口 卓 也 君
 財政課長    杉 本 裕 治 君   企画課長    石 本 尚 志 君
 まちづくり推進課長
         山 本 和 彦 君

7.議会事務局出席者の職・氏名
 事務局長    山 本 克 則 君   次長兼庶務係長 西 山 祐 一 君
 議事係長    渡 辺 勇 一 君   議事係参事   牧 本   誠 君




                午前10時00分開会

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(杉本信一君) おはようございます。

 ただいまから,平成26年第1回宇土市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 日程に先立ちまして,事務局長に事務報告をさせます。

 事務局長,山本克則君。



◎議会事務局長(山本克則君) はい。事務報告をいたします。

 平成25年第4回定例会以降,昨日までの議会内の行事につきましては,事務報告として議席に配付しておりますので,ご覧ください。

 以上でございます。



○議長(杉本信一君) 事務局長の報告は終わりました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(杉本信一君) 日程第1,会議録署名議員の指名をいたします。

 会議録署名議員は,会議規則第125条の規定により,議長において,4番,樫崎政治君,14番,堀内千秋君を指名いたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(杉本信一君) 日程第2,会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は,本日から3月4日までの15日間といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) 異議なしと認めます。

 よって,今期定例会の会期は,本日から3月4日までの15日間と決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3 議案第3号 宇土市職員定数条例の一部を改正する条例について



△日程第4 議案第4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について



△日程第5 議案第5号 宇土市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について



△日程第6 議案第6号 宇土市情報公開・個人情報保護審査会条例の一部を改正する条例について



△日程第7 議案第7号 宇土市税徴収等の特例に関する条例の一部を改正する条例について



△日程第8 議案第8号 宇土市中小企業振興基本条例について



△日程第9 議案第9号 宇土市コミュニティハウスの設置及び管理に関する条例を廃止する条例について



△日程第10 議案第10号 宇土市公共下水道運営基金条例を廃止する条例について



△日程第11 議案第11号 宇土市立学校体育施設の使用に関する条例の一部を改正する条例について



△日程第12 議案第12号 熊本県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の一部変更について



△日程第13 議案第13号 宇土市道路線の廃止について



△日程第14 議案第14号 宇土市道路線の認定について



△日程第15 議案第15号 宇土市道路線の変更について



△日程第16 議案第16号 平成25年度宇土市一般会計補正予算(第5号)について



△日程第17 議案第17号 平成25年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について



△日程第18 議案第18号 平成25年度宇土市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)について



△日程第19 議案第19号 平成25年度宇土市奨学基金特別会計補正予算(第1号)について



△日程第20 議案第20号 平成25年度宇土市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について



△日程第21 議案第21号 平成25年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第3号)について



△日程第22 議案第22号 平成25年度宇土市漁業集落排水施設整備事業特別会計補正予算(第1号)について



△日程第23 議案第23号 平成25年度宇土市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について



△日程第24 議案第24号 平成26年度宇土市一般会計予算について



△日程第25 議案第25号 平成26年度宇土市国民健康保険特別会計予算について



△日程第26 議案第26号 平成26年度宇土市簡易水道事業特別会計予算について



△日程第27 議案第27号 平成26年度宇土市北段原土地区画整理事業特別会計予算について



△日程第28 議案第28号 平成26年度宇土市奨学基金特別会計予算について



△日程第29 議案第29号 平成26年度宇土市介護保険特別会計予算について



△日程第30 議案第30号 平成26年度宇土市漁業集落排水施設整備事業特別会計予算について



△日程第31 議案第31号 平成26年度宇土市後期高齢者医療特別会計予算について



△日程第32 議案第32号 平成26年度宇土市水道事業会計予算について



△日程第33 議案第33号 平成26年度宇土市公共下水道事業会計予算について



△日程第34 諮問第1号 滞納処分に対する異議申立てに係る決定について

        報告第1号 専決処分の報告について

         専決第1号 訴えの提起について

        報告第2号 専決処分の報告について

         専決第2号 損害賠償額の決定について



○議長(杉本信一君) 日程第3,市長提出議案第3号から,日程第34,諮問第1号までの32件を一括して議題といたします。

 市長の提案理由の説明を求めます。

 市長,元松茂樹君。



◎市長(元松茂樹君) おはようございます。

 本日ここに,平成26年第1回市議会定例会を招集しましたところ,議員の皆様におかれましては,公私ともにご多用の中にご参集をいただき,誠にありがとうございます。

 はじめに,今国会の安倍総理による施政方針演説では,未来を見据えながら,日本の中に眠るありとあらゆる可能性を開花させることが,新たな国づくりであることが示されました。その中でも,特に,「地方が持つ大いなる可能性を開花させる」ことが,最重要のテーマとなっており,農地のフル活用を図るための「農政の大改革」や,さらなる地方に対する権限移譲や規制緩和により,「元気な地方を創る」こと,などが示されております。

 さて,本市におきましても「元気な宇土市づくり」に努めてまいりましたが,本定例会開会に当たり,今年の目標を,ずっと住み続けたい宇土市を目指して「定住促進強化の年」としたいと考えております。重点を置く施策としまして,人口流出防止,そして,人口増加へつながるものを,これまでの取組みに加えて考えてまいります。

 熊本県が今月7日に公表しました,2013年県推計人口によると,県の総人口は180万1,495人で,前年から5,706人減少しております。65歳以上の老年人口は48万9,355人で,総人口に対する割合は,前年比で0.8ポイントアップの27.2%であり,伸び率は過去最高であった2012年の0.7ポイントをさらに上回っております。一方で,14歳以下の年少人口は減っており,少子高齢化の加速が裏付けられる結果となっております。

 ご承知のとおり,本市の人口は,平成15年度末をピークに緩やかに減少しております。しかし,平成25年度は,少しばかり持ち直しの傾向がございました。この点を踏まえ,人口の社会増を図るための施策,そして,人口の自然減を少しでも緩やかにするための施策など,本市ならではの施策を一層講じてまいります。そのためには,議員の皆様お一人おひとりのご理解は欠かすことができません。施策の展開に当たっては,限られた財源で,最良のものとすることができるよう,より丁寧な説明を心がけてまいります。

 次に,1期目の総括の時期に当たり,私が市長就任以来推進して参りました施策のうち特徴的なものについて申し上げます。

 平成22年4月の市長就任にあたり「人に元気を!まちに元気を!」をモットーに「10のチェンジ」としてマニフェストを掲げました。また,市長就任後に策定しました第5次宇土市総合計画「元気プラン」においては,市民アンケートやまちづくり座談会などを実施しました。そして,「みんなでつくろう元気な宇土市!」をスローガンに,市民の皆様との「対話」を通して,前例や慣例に捉われない「挑戦」を大事にして,各施策の実現に向けて取り組んでいるところでございます。

 具体的な施策としましては,自治体間競争力の強化の観点から,定住促進のための新築家屋固定資産税減免制度の導入や,宇土市の知名度アップを図るための,「うとん行長しゃん」事業・市公式Facebookページの開設を行っております。

 また,「市民の皆様の生の声をできる限り形にしたい」という思いがありましたので,市長と気軽に意見交換が出来る仕組みとして「市民ふれあい座談会」「市長と気軽にランチトーク」を始めたところです。

 この他,市民によるまちづくりの観点から,各審議会・委員会に公募制を導入することとしました。例えば,監査委員に公募委員を任命するなど,公募枠の拡大に努めて参りました。同時に,各審議会・委員会への女性の登用促進についても努めて参りました。

 市政運営で大事なのは,地域の力を活かすことであります。そこで,まちづくり活動支援やボランティア活動の窓口として,まちづくり推進課を新設し,文字通りまちづくり活動の支援,市民に寄り添った取組みを行っております。特に,地域生活の充実が大切であるという思いから,まちづくり活動助成金制度を設けました。さらに,超高齢化社会に備え,コミュニティバス「行長しゃん号」や,ミニバス「のんなっせ」の運行を開始しております。また,地域に密着したまちづくり及び観光交流の場づくりとして,昨年には「うとん交流館船場蔵屋敷」や,「網田レトロ館」がオープンしております。

 次に,広報PR,企業誘致,農業経営及び危機管理の分野において専門アドバイザーを配置しました。最近では,本市のPR戦略のキーマン「元気隊長 うとん行長しゃん」をはじめ,創作うまかもんやスイーツといった季節ごとのイベントなど,宇土市の色んな情報がマスメディアに取り上げていただく機会も増えております。このように,専門のノウハウを持ったアドバイザーが職員をサポートすることで,市役所機能がより強化され,大きな成果につながっていると感じております。

 このほかに,安心安全なまちづくりとしましては,国や県に対して水害対策事業の要望を行った結果,浜戸川下流の護岸改修が行われておりますし,各地区排水機場の機能強化を,県や関係自治体と連携しながら進めております。また,本町通りの大型車通行規制につきましては,本年度内に完了予定となっております。さらに,迅速な災害対応に備えるため,危機管理課を新設しました。現在は,標高掲示板や避難道整備などを急いでいるところであります。

 健康でやすらぎのあるまちづくりとしましては,健康づくり課を新設して,国保被保険者の特定健診の無料化など,受診率の向上に努めてまいりました。ほかにも,人間ドック・インフルエンザ予防接種の助成拡大や,不妊治療費の助成なども始めております。また,子育て支援では,子ども医療費助成制度の申請の簡素化や,助成対象を小学6年生まで拡大し,子育て世代の負担軽減を行っております。

 豊かなまちづくりとしましては,市内事業者の経済対策という面では,住宅リフォーム助成制度を新設をしております。本制度に関係する多くの皆さんから大変な好評をいただいており,今後も出来る限り継続したいと考えております。

 企業誘致の推進につきましては,大型複合商業施設「クロス21UTO」や,ホンダカーズ宇土店のオープンに加えまして,JRグループが網田地区へ農業参入するなど,民間の動きが出てきており,地域経済の活性化が期待されます。

 快適な生活を支えるまちづくりとしましては,国の経済対策を有効に活用し,市の持ち出しを少なくしながら,各地域の生活基盤となる道路の維持補修等を数多く行ってまいりました。

 教育文化面では,走潟小学校グラウンドの天然芝生化や鶴城中学校第2グラウンドの新設といった環境面の整備を行いました。また,市民体育館につきましては,耐震改修工事と日本初の放射式空調やLEDメイン照明を導入いたしました。生涯学習・地域活動の拠点づくりという点では,大変有利な補助金を活用して,地区公民館のバリアフリー化や調理室改修などを行っております。

 また,宇土大太鼓に触れることで,子どもたちに文化芸術に対する関心を高めてもらう「太鼓アウトリーチ事業」等々,ソフト面の活動にも力を注いでいます。

 以上,この3年10カ月で行ってまいりました施策の一端を申し上げましたが,この間,多くの皆様に支えていただきました。いろいろな課題,問題もございましたが,議員の皆様方のご支援とご理解,そして多くの市民の皆様や市職員に支えていただき,市長としての重責を何とか果たすことができたと考えております。これからも「進取敢為」の精神を忘れず,宇土市発展のために尽くしてまいりますので,これまで同様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 それでは次に,提出しております議案のご説明を申し上げます。

 条例関係が9件,予算関係が18件,その他が4件の31議案及び報告が2件,諮問が1件であります。

 議案第3号,宇土市職員定数条例の一部を改正する条例について。これは,公共下水道事業に地方公営企業法の規定の全部を適用させること等に伴い,上下水道事業その他の事務部局の職員定数を改めるため,所要の改正を行うものであります。

 議案第4号,特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について。これは,退職手当審査会員の報酬及び費用弁償を規定するため,所要の改正を行うものであります。

 議案第5号,宇土市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について。これは,勤務1時間当たりの給与額の算出について,労働基準法に抵触しないものとするため,所要の改正を行うものであります。

 議案第6号,宇土市情報公開・個人情報保護審査会条例の一部を改正する条例について。これは,行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の施行に伴い,審査会の所掌事務に新たな事務を追加する等のため,所要の改正を行うものであります。

 議案第7号,宇土市税徴収等の特例に関する条例の一部を改正する条例について。これは,東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律の施行に伴い,集合徴収のうち1つの納期で徴収する対象を改めるため,所要の改正を行うものであります。

 議案第8号,宇土市中小企業振興基本条例について。これは,本市の中小企業の振興に関し,基本理念及び基本方針等を定めることにより,中小企業の健全な発展を促進し,もって市民生活の向上及び活力ある地域社会の実現に寄与するため,条例を制定するものであります。

 議案第9号,宇土市コミュニティハウスの設置及び管理に関する条例を廃止する条例について。これは,地域振興,中心市街地の活性化等に関する事業を見直すに当たり,コミュニティハウスを廃止するため,条例を廃止するものであります。

 議案第10号,宇土市公共下水道運営基金条例を廃止する条例について。これは,公共下水道事業に地方公営企業法の規定の全部を適用させることに伴い,公共下水道運営基金を廃止するため,条例を廃止するものであります。

 議案第11号,宇土市立学校体育施設の使用に関する条例の一部を改正する条例について。これは,鶴城中学校第2グラウンドの整備に伴い,テニスコート及びフットサルコートの使用料等を定めるため,所要の改正を行うものであります。

 議案第12号,熊本県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の一部変更について。これは,一部事務組合を組織する地方公共団体の数を減少させ,規約を変更しようとするときは,地方自治法第290条の規定により,構成団体の議会の議決を要するため,同文議決を行うものであります。

 議案第13号,宇土市道路線の廃止について。これは,市道の路線を廃止する必要があるので,道路法第10条第3項の規定により,議会の議決を求めるものであります。

 議案第14号,宇土市道路線の認定について。これは,市道の路線を認定する必要があるので,道路法第8条第2項の規定により,議会の議決を求めるものであります。

 議案第15号,宇土市道路線の変更について。これは,市道の路線を変更する必要があるので,道路法第10条第3項の規定により,議会の議決を求めるものであります。

 議案第16号,平成25年度宇土市一般会計補正予算(第5号)について。補正額は6億9,668万2千円を増額するもので,補正後の総額は146億1,678万8千円であります。

 補正予算の主なものについてご説明を申し上げます。

 歳入につきましては,所要の特定財源の計上,地方交付税の確定に伴う計上等の予算調整を行っております。

 歳出につきましては,総務費では,退職手当等及び庁舎建設基金経費の増額並びに宇土市地域の元気臨時交付金基金経費の計上を行っております。

 民生費では,定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業経費及び国民健康保険特別会計繰出金経費の増額並びに児童手当経費及び児童扶養手当経費の減額を行っております。

 衛生費では,乳幼児学童定期予防接種事業経費の減額を行っております。

 農林水産業費では,担い手育成総合支援協議会経費及び県営排水対策特別事業経費の減額を行っております。

 商工費では,マリーナ振興経費の減額を行っております。

 土木費では,道路維持一般経費,辺地道路整備事業経費及び急傾斜地崩壊防止対策事業経費の減額を行っております。

 教育費では,学校校庭芝生化整備事業経費の減額を行っております。また,次世代育成支援行動計画策定評価事業経費,外6事業について,繰越明許費の設定を行っております。

 その他,地方債の補正については,県営排水対策特別整備事業債,外6件につきまして限度額の変更を行っております。

 議案第17号,平成25年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について。補正額は2,942万1千円を減額するもので,補正後の総額は48億4,557万2千円であります。これは,療養給付費等の決算見込みによる増額補正並びに国庫支出金及び各種交付金等の決算見込みに伴う財源組替えとなっております。

 議案第18号,平成25年度宇土市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)について。簡易水道事業について,繰越明許費の設定を行っております。

 議案第19号,平成25年度宇土市奨学基金特別会計補正予算(第1号)について。補正額14万9千円を増額するもので,補正後の総額は191万1千円であります。これは,寄附に伴う増額補正となっております。

 議案第20号,平成25年度宇土市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について。補正額は1,840万5千円を増額するもので,補正後の総額は8億2,073万3千円でございます。これは,決算見込みによる減額及び予算の組替え並びに運営基金積立金の増額となっております。

 また,管渠工事(起債)事業でございますが,外2事業について,繰越明許費の設定を行っております。

 その他,地方債の補正については,資本費平準化債の変更を行っております。

 議案第21号,平成25年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第3号)について。補正額は256万5千円を増額するもので,補正後の総額は30億7,817万4千円であります。これは,介護保険システム改修費用の増額となっております。

 議案第22号,平成25年度宇土市漁業集落排水施設整備事業特別会計補正予算(第1号)について。補正額は79万円を減額するもので,補正後の総額は2,337万7千円であります。これは,決算見込みによる減額となっております。

 議案第23号,平成25年度宇土市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について。補正額は93万5千円を増額するもので,補正後の総額は3億7,222万2千円であります。これは,決算見込みによる増額となっております。

 議案第24号,平成26年度宇土市一般会計予算について。平成26年度の予算案の概要について申し上げます。今回提案しております新年度予算は,任期満了に伴います市長選挙が3月に予定されておりますので,骨格予算として,主に経常的な経費を計上しております。その概要について若干申し述べさせていただきます。

 今日,アベノミクスによるデフレ脱却と経済再生に向けた取組みにより,日本経済は明るさを取り戻しつつあるといわれておりますが,こうした動きは,中小企業・小規模事業者や地域経済には十分浸透していないというのが,私ども地方の実感です。

 国が示します平成26年度の「地方財政対策」では,地方の一般財源総額を前年度から1.0%増となる60.4兆円を確保することとされました。これは,消費税率引き上げに伴い,3,500億円もの「社会保障の充実分の地方負担額」を含むものであり,前年度の水準を相当程度上回る額を確保するものであるとされております。要因としまして,景気回復等により地方税が大きく伸びる点があげられていますが,一方で,地方交付税がその分減る要因となってまいりますので,税収の大きな伸びが見込めず,交付税に依存せざるを得ない自治体にとっては,財政運営上,難しい状況にあるところでございます。

 地域経済の活性化や雇用の確保,福祉・介護・子育ての充実,教育振興,減災・防災対策など,地方自治体が担う役割はますます大きくなってまいります。そうした財政負担に適切に対応していくため,平成26年度の当初予算編成にあたっては,限られた財源をいかに有効に活用するかという点に主眼をおいて,事業の構築,精査を重ね,予算案を調製いたしております。

 骨格予算ではございますが,議会の議決を受けました債務負担行為に基づく予算及び早急に実施する必要がある事業や継続的な事業の予算につきましては計上いたしておりますので,この点につきましては,ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 それでは,平成26年度一般会計予算案の概要について,ご説明を申し上げます。

 歳入歳出総額は132億9千万円で,前年度当初予算に比べ4億6,500万円,3.4%のマイナス予算となっております。

 歳入は,市税がプラス3.7%の増額,地方交付税がプラス2.7%の増額としております。

 また,国庫支出金は,平成26年度において消費税率引き上げの対応として給付される臨時福祉給付金及び子育て世帯臨時特例給付金の影響でプラス5.9%の増額となっております。

 地方債は,骨格予算に伴い歳出の投資的経費が減額しておりますので,マイナス27.6%の減額となっております。

 歳出は,義務的経費及び経常的経費については,市民生活等に支障をきたすことがないように1年間を通した予算を計上しております。また,投資的経費のうち,継続事業,市民生活等に影響が予想される経費等につきましては,必要に応じて1年間を通した予算の一部または全部を計上しております。

 今回は,骨格予算ですので,目的別の総額と前年度比及び大きなポイントのみ説明させていただき,各事業費につきましては,配付しております予算書をもって説明に代えさせていただくことをあらかじめご了承いただきたいと思います。

 まず,議会費は,1億9,638万1千円で前年度比プラス628万5千円,プラス3.3%の増額となっております。これは,主に,市議会議員改選に伴う経費の計上によるものです。

 総務費は,13億8,189万1千円で前年度比マイナス1億2,315万3千円,マイナス8.2%の減額となっております。これは,主に,退職予定者が前年度より少ないため,人件費が減額となることによるものです。

 民生費は,56億5,368万円で前年度比プラス3億4,165万7千円,プラス6.4%の増額となっております。これは,生活保護経費や障害者福祉サービス事業経費等の扶助費が増加していることにあわせて,主に,消費税率引き上げに伴う措置として「臨時福祉給付金事業」及び「子育て世帯臨時特例給付金事業」を計上していることによるものです。

 衛生費は,8億5,744万6千円で前年度比マイナス1億9,259万9千円,マイナス18.3%の減額となっております。これは,主に,宇城広域連合負担金のうち,旧施設解体工事の終了等により宇土・富合清掃センター分が減額したこと等によるものでございます。

 農林水産業費は,5億703万1千円で前年度比マイナス1億6,859万円,マイナス25%の減額となっております。これは,主に,県営排水対策特別事業等の減額や骨格予算のため市単独補助金等が減額となっていることによるものです。

 商工費は,3億6,499万1千円で前年度比プラス2,534万6千円,プラス7.5%の増額となっております。これは,主に,マリーナ浚渫経費を計上していることによるものです。

 土木費は,5億6,315万1千円で前年度比マイナス3億5,657万3千円,マイナス38.8%の減額となっております。これは,主に,骨格予算のため,社会資本整備総合交付金事業等の投資的経費が減額となっていることによるものです。

 消防費は,5億3,812万6千円で前年度比プラス4,451万2千円,プラス9%の増額となっております。これは,主に,宇城広域連合負担金の消防費分が増額していることや避難道整備事業を計上していることによるものです。

 教育費は,11億8,570万4千円で前年度比マイナス4,567万7千円,マイナス3.7%の減額となっております。これは,主に,学校施設防災対策事業や学校校庭芝生化事業等が減額となっていることによるものです。

 以上で,一般会計の説明を終わりますが,議案第25号から議案第33号までの平成26年度特別会計及び水道事業会計,公共下水道事業会計につきましては,配付しております予算書をもって説明に代えさせていただきます。

 続いて,報告案件を申し上げます。

 報告第1号,専決第1号,訴えの提起について。報告第2号,専決第2号,損害賠償額の決定について。これらは,宇土市長の専決処分に関する条例第2条第1号及び第2号で指定している事項について,専決処分を行いましたので,地方自治法第180条第2項の規定により報告するものであります。

 続いて,諮問案件を申し上げます。

 諮問第1号,滞納処分に対する異議申立てに係る決定について。これは,滞納下水道使用料を徴収するため,異議申立て人を第三債務者とした差押処分に対する処分取消しの申立てに係る決定をするため,地方自治法第231条の3第7項の規定により,議会に諮問するものであります。

 なお,今定例会には,「人権擁護委員の候補者の推薦について」を3件,及び「滞納処分に対する異議申立てに係る決定について」を1件,合計4件の諮問案件を追加提出する予定でありますので,あらかじめご了承をお願いたします。

 以上が提出しております議案の概要であります。

 どうか,十分にご審議のうえ,適切なご決定をいただきますようお願い申し上げます。



○議長(杉本信一君) 市長の提案理由の説明は終わりました。

 以上で,本日の日程は全部終了いたしました。

 明日,10時から地域高規格道路促進等対策特別委員会になっておりますので,よろしくお願いをいたします。

 次の本会議は,20日木曜日に開き,質疑・一般質問を行います。

 本日は,これをもって散会いたします。

 ありがとうございました。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午前10時30分散会