議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 宇土市

平成25年 9月 定例会(第3回) 09月20日−05号




平成25年 9月 定例会(第3回) − 09月20日−05号







平成25年 9月 定例会(第3回)



         平成25年第3回宇土市議会定例会会議録 第5号

            9月20日(金)午前10時50分開議

1.議事日程
 日程第1 地域高規格道路促進等対策特別委員長中間報告
      (質疑・討論)
 日程第2 各常任委員長報告
     1.総務市民委員長報告
     2.経済建設委員長報告
     3.文教厚生委員長報告
      (質疑・討論・採決)
 日程第3 請願・陳情について
      (質疑・討論・採決)
 日程第4 委員会の閉会中の継続審査並びに調査について
      (採決)
 日程第5 決算審査特別委員会の設置及び付託について
      (議案第61号から議案第69号)

2.本日の会議に付した事件
 日程第1 地域高規格道路促進等対策特別委員長中間報告
      (質疑・討論)
 日程第2 各常任委員長報告
     1.総務市民委員長報告
     2.経済建設委員長報告
     3.文教厚生委員長報告
      (質疑・討論・採決)
 日程第3 請願・陳情について
      (質疑・討論・採決)
 日程第4 委員会の閉会中の継続審査並びに調査について
      (採決)
 日程第5 決算審査特別委員会の設置及び付託について
      (議案第61号から議案第69号)
 (追加日程)
 日程第6 議案第88号 宇土市教育委員会委員の任命について
 日程第7 発議第 6号 地方税財源の充実確保を求める意見書
 日程第8 議員派遣の件について
 日程第9 場外舟券売場設置計画に関する特別委員会の設置及び付託について
      (請願第1号,陳情第2号)

3.出席議員(17人)
    1番 嶋 本 圭 人 君       2番 柴 田 正 樹 君
    3番 平 江 光 輝 君       4番 樫 崎 政 治 君
    5番 野 口 修 一 君       6番 中 口 俊 宏 君
    7番 藤 井 慶 峰 君       8番 芥 川 幸 子 さん
    9番 山 村 保 夫 君      10番 九 谷 新 吾 君
   12番 野 添 正 利 君      13番 杉 本 信 一 君
   14番 堀 内 千 秋 君      15番 村 田 宣 雄 君
   16番 浜 口 多美雄 君      17番 福 田 慧 一 君
   18番 岩 本 廣 海 君

4.欠席議員(なし)

5.説明のため出席した者の職・氏名
 市長       元 松 茂 樹 君   副市長       池 田 信 夫 君
 教育長      木 下 博 信 君   総務部長      益 田 輝 明 君
 企画部長     荒 木 繁 男 君   市民環境部長    中 田 雄 士 君
 健康福祉部長   那 須 大 和 君   経済部長      田 川 修 一 君
 建設部長     新 樹 秀 一 君   教育部長      山 本 桂 樹 君
 会計管理者    林   留美子 さん  農業委員会事務局長 前 田 保 幸 君
 上下水道課長   下 鶴 治 久 君   総務課長      中 川 玲 子 さん
 危機管理課長   瀧 口 卓 也 君   財政課長      杉 本 裕 治 君
 企画課長     石 本 尚 志 君   まちづくり推進課長 山 本 和 彦 君

6.議会事務局出席者の職・氏名
 事務局長     山 本 克 則 君   次長兼庶務係長   西 山 祐 一 君
 議事係長     渡 辺 勇 一 君   議事係参事     牧 本   誠 君




                午前10時50分開議

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(杉本信一君) これから,本日の会議を開きます。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第1 地域高規格道路促進等対策特別委員長中間報告(質疑・討論)



○議長(杉本信一君) 日程第1,地域高規格道路促進等対策特別委員会の審査の経過についてを議題といたします。

 特別委員長の中間報告を求めます。

 地域高規格道路促進等対策特別委員長,浜口多美雄君。



◆地域高規格道路促進等対策特別委員長(浜口多美雄君) おはようございます。

 ただいまから,地域高規格道路促進等対策特別委員会のこれまでの経過並びに報告内容について,中間報告をいたします。

 まず,要望活動について,ご報告いたします。去る7月30日に地元選出国会議員及び国土交通省本省に対し,宇土市の現状と課題及び5項目の重点要望事項についての説明を申し上げ,熊本天草幹線道路の整備促進と所要の予算額の確保を強くお願いしてまいりました。

 続きまして,去る9月5日,執行部出席のもと本委員会を開催し,現在までの取り組み状況について,執行部から説明がありましたので,ご報告をいたします。

 まず,「熊本・宇土道路」の用地取得の状況については,宇土市側,熊本市側ともに前回の報告から進捗はあっておりません。

 工事の状況については,熊本市側で1件の工事が新たに発注され,現在は,宇土市側で前年度予算からの繰越事業2件を含む3件の地盤改良工事が,熊本市側では2件の地盤改良工事が行われています。(仮称)緑川大橋については,前回の報告以降,進捗はあっておりません。

 次に,「宇土道路」については,網田,網津の両地区で6月に市議会議員や地元期成会,沿線嘱託員等を対象に,7月には地区住民を対象にした事業に関する地元説明会が開催されております。説明会では,事業の経緯や道路の構造・ルート,今後の進め方などについて,国土交通省熊本河川国道事務所から説明を行っています。

 今後のスケジュールとしては,測量や地質調査に向け,関係嘱託員や地権者を対象とした現地調査立入説明会を開催することとしております。

 以上の報告を踏まえ,委員会で論議されました主な内容をご報告いたします。

 まず,委員から,網津地区での宇土道路の事業に関する地元説明会で割井川インターについてはどういった話があったのかとの質疑があり,執行部から,ぜひ整備してもらいたいという話はあったが,割井川インターを整備するとなると,高低差があるため取り付け道路が急勾配になり,構造的に危ない道路になる。また,コストや利用率の面から整備できない。との話が国土交通省からあり,期成会の方々も宇土道路の事業自体が進まなくなることを懸念され納得されたとの答弁がありました。

 これに対し,委員から,割井川インターの設置場所の地形が悪いとの理由だけではなく,予算面を含めた理由や,県道や農免道路との接続など,網津地区の交通の利便性が向上するような代替案についての説明も,地元に対してしっかり行うようにとの要望がありました。

 最後になりますが,当委員会としましては,今後も官民一体で,1日も早い熊本・天草幹線道路の早期全線開通を目指して,取り組んでまいりたいと思います。

 以上で,地域高規格道路促進等対策特別委員会の中間報告を終わります。



○議長(杉本信一君) 地域高規格道路促進等対策特別委員長の中間報告は終わりました。

 これより,ただいまの特別委員長の中間報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでございますので,質疑を終結いたします。

 これより,討論を行います。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 以上で,地域高規格道路促進等対策特別委員長の中間報告を終了いたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第2 各常任委員長報告



○議長(杉本信一君) 日程第2,去る9月10日の本会議において,各常任委員会に付託をいたしました市長提出議案第60号及び議案第70号から議案第87号までの19件並びに請願・陳情につき,審査の経過と結果について,それぞれ報告があっておりますので,これを一括して議題といたします。

 順次,各常任委員長の報告を求めます。

 総務市民常任委員長,藤井慶峰君。



◆総務市民委員長(藤井慶峰君) おはようございます。

 ただいまから,総務市民常任委員会に付託を受けました議案につきまして,去る9月11日,本委員会を開催し審査を行いましたので,その審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は,条例関係6議案,予算関係1議案の合計7議案であります。

 まず,議案第71号,宇土市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例について。

 これは,国家公務員の退職給付の給付水準の見直し等のための国家公務員退職手当法等の一部を改正する法律の施行に伴い,本市の早期退職者募集制度を改めるため,条例を改正するものであります。主な改正内容は,早期退職者募集の対象を50歳以上から45歳以上に拡大するとともに,退職手当の基本額の算定の際,退職日給料月額に乗じる割増率を原則として100分の2から100分の3に引き上げるものであります。

 次に,議案第72号,宇土市防災会議条例の一部を改正する条例について。

 これは,副市長を防災会議の委員に充てることを明記する等のため,条例を改正するものです。主な改正内容は,委員について規定する第3条において,副市長を明記するものであります。

 次に,議案第73号,宇土市消防団員の定員,任免,給与,服務等に関する条例の一部を改正する条例について。

 これは,宇土市消防団員の定数を実人員に即して定めるため,条例を改正するものです。主な改正内容は,定員数を「620人」から「595人」に改めるものであります。

 次に,議案第74号,宇土市税条例の一部を改正する条例について。

 これは,地方税法等の改正に伴い,個人住民税の公的年金からの特別徴収制度の見直し及び上場株式等に係る譲渡所得等の課税方式の変更に伴い,条例を改正するものであります。

 次に,議案第75号,宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について。

 これは,地方税法等の改正に伴い,上場株式等に係る譲渡所得等に係る国民健康保険税の課税の特例を定める等の必要があるため,条例を改正するものであります。

 次に,議案第76号,宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例について。

 これは,ごみ置場の変更及び廃止を届出制とするため,条例を改正するものです。主な改正内容は,ごみ置場に関する届出について,従来は新設のみが届出対象であったものを,変更及び廃止についても届出対象とするものであります。

 次に,議案第81号,平成25年度宇土市一般会計補正予算(第3号)について。

 当委員会の主なものについて申し上げます。

 まず,総務費では,文書管理経費124万5千円,消防費では,津波避難場所整備事業279万2千円であります。併せまして,避難所整備事業について地方債の追加,変更補正を行っております。

 以上が,総務市民常任委員会に付託を受けました議案の概要でありますが,議案等の審査の過程において論議されました主なものをご報告申し上げます。

 宇土市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例について,委員から,国の改正に準じて年齢を引き上げるということだが,企業では再雇用や技術経験者を温存しておくということを聞く。今も職員を減らすというシミュレーションは行っているのかとの質疑があり,執行部から,定員適正化計画の中で実施しており,職員が退職,入庁と入れ替わっていく中で,若い人たちの中には優秀な人材がいる。その職員たちを様々な研修に行かせて人材育成を行っているとの答弁がありました。

 次に,議案以外として,まず,平成24年度の宇土市財政の健全化判断比率について執行部から報告があり,委員から,緊急雇用対策補助金で現在雇用されているが,今後,補助金がなくなった場合,限られた職員で業務を遂行することに支障はないかとの質疑があり,執行部から,補填しなければならないポジションについては補填している。ただ,今回は100%の補助金をいただいている中で,手厚く補完しようということで各課に配属している。将来的に,国の緊急雇用対策がなくなったら必然的に配置している雇用はなくなるので,限られた予算,限られた職員でやらなければならないとの答弁がありました。

 次に,コミュニティバス及びミニバスについて,執行部から,路線ルートの拡大や運行時間帯の見直し,比較的安全確保ができる個所のフリー降車区間の設定等の説明があり,委員から,路線を増やすことで,経費負担はどのくらいかかるのか。また,商工会や中心市街地の商業者の方々とルートの変更,時間帯の見直しの際や利用促進のための連携など運用面について,協議の場を設けたのかとの質疑に対して,執行部から,経費負担については債務負担を組んでおり,その範囲内で行っている。また,ルート変更等については,地域公共交通会議に諮って決定している。特に商工会や商業者の方々との連携については,今後,検討したいとの答弁がありました。

 次に,宇土駅西口の放置自転車について,委員から,自転車が相当な期間放置してあるように見受けられるが,市として防犯上のチェックはしているのかとの質疑があり,執行部から,年に2回ほど実施しており,シールを貼って2週間期間を設け,撤去する前は,防犯協会等に登録してあるか,盗難届が出されていないかなどを確認し,撤去を行っているとの答弁がありました。これに対し,委員から,年2回は少ない。放置自転車が多くあるということは,それだけ置けない人も出ているということ。また,今後,駅前の県道拡幅が実施されていく中,交通という観点から,警察を含め関係機関と危険個所など現場状況を確認してもらいたいとの意見が出されました。

 以上が,論議された主な内容でありますが,本委員会に付託を受けました議案については,議案第71号から議案第76号,議案第81号につきましては全会一致で原案のとおり可決いたしました。

 次に,請願・陳情につきましてご報告を申し上げます。

 平成25年請願第1号,場外舟券売場(境目町)計画に関する請願書につきましては,継続審議ということで,全会一致で可決されました。

 次に,請願第2号,国に対し「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求める請願につきましても,同じく継続審議ということで,全会一致で可決されました。

 最後に,陳情第2号,「ミニボートピア誘致」に係る陳情書につきましても,継続審議ということで,全会一致で可決されました。

 なお,本委員会所管事務の継続事件につきましては,議席に配付のとおり決定しておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。

 以上,総務市民常任委員会の報告を終わります。



○議長(杉本信一君) 総務市民常任委員長の報告は終わりました。

 次に,経済建設常任委員長の報告を求めます。

 経済建設常任委員長,芥川幸子さん。



◆経済建設委員長(芥川幸子さん) おはようございます。

 ただいまから,経済建設常任委員会に付託を受けました議案につきまして,去る9月12日,本委員会を開催し審査を行いましたので,その審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は,条例関係1議案,予算関係4議案,決算認定1議案,専決処分の報告及び承認1議案であります。

 まず,議案第60号,専決処分の報告及び承認を求めることについて,専決第14号,平成25年度宇土市一般会計補正予算(第2号)について。

 補正額は601万8千円を増額するもので,補正後の総額は136億2,599万8千円であります。これは,8月4日から5日の大雨災害に係る農業施設,公共土木施設の災害復旧費を増額したものであります。併せて,公共土木施設補助災害復旧事業について,地方債の追加を行っております。

 次に,議案第70号,平成24年度宇土市水道事業会計決算の認定について。

 平成24年度水道事業決算は,総収益4億5,695万円で,前年度より417万円の減額,また,総費用4億4,891万円で,前年度より136万円の増額であります。損益で804万円の純利益となっています。

 次に,議案第80号,宇土市地域資源を活用した作品展示施設等整備基金条例について。

 これは,中心市街地活性化につながる地域資源を活用した作品展示施設等の整備に要する財源に充てるための基金を設置するため,条例を制定するものであります。

 次に,議案第81号,平成25年度宇土市一般会計補正予算(第3号)について。

 当委員会所管の主なものを申し上げます。

 農林水産業費では,農業基盤整備促進事業経費として1,500万円,宇土南部2期農免農道整備事業経費として300万円の増額補正であります。

 次に,商工費では,地域づくり夢チャレンジ推進補助金として56万円,地域資源を活用した作品展示施設等整備基金積立金として400万1千円の増額補正であります。

 次に,土木費では,道路維持費として,修繕料2,000万円,工事請負費200万円の増額補正,河川総務費として修繕料350万円,維持管理委託料として200万円の増額補正であります。併せて,宇土南部2期農免農道整備事業,地方道路等整備事業について地方債の補正を行っております。

 次に,議案第83号,平成25年度宇土市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について。

 補正額は640万円を減額するもので,補正後の総額は8,824万4千円であります。これは,人事異動に伴う人件費の予算の組み替え及び職員等の給与の臨時特例に関する条例に基づく人件費の補正であります。

 次に,議案84号,平成25年度宇土市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について。

 補正額は871万8千円を増額するもので,補正後の総額は8億82万8千円であります。これは,終末処理場施設整備費の増額補正及び人事異動に伴う人件費の予算の組み替え等による補正であります。併せて,公共下水道事業債についての補正を行っております。

 次に,議案第87号,平成25年度宇土市水道事業会計補正予算(第1号)について。

 補正額は287万円を減額するもので,補正後の総額は4億7,976万4千円であります。これは,人事異動に伴う人件費の予算の組み替え等による補正であります。

 以上が,経済建設常任委員会に付託を受けました議案の概要でありますが,議案等の審査の経過において論議されました主なものをご報告申し上げます。

 まず,議案第70号,平成24年度宇土市水道事業会計決算の認定について,委員から,有収率が平成23年度と比較して1.5ポイント上昇しているとの説明があったが, どういう理由によるものかとの質疑があり,執行部から,有収率が上がったということは,漏水が少なくなったということであり,これは,水道管の更新や漏水が見つかった場合に迅速に修理を行っていることによるものであるとの答弁がありました。

 次に,議案第81号,平成25年度宇土市一般会計補正予算(第3号)について,委員から,地域づくり夢チャレンジ推進補助金とはどういった内容かとの質疑があり,執行部から,県から市をとおして観光物産協会へ交付し,補助率は50%。今回は,創作ランチの検討と新作スイーツの開発経費,また,「うとうまかもん お土産品認定」という形でお土産品を募集し,お墨付きをあげる取り組みを行うことになっているとの答弁がありました。これに対し委員から,市から各種団体への補助金は2分の1に減額している中で,特定的なものに対する補助は優遇されている面がある。補助金が本当に効果をあげているのか,市は実績報告等を精査して指導をしていく必要があるのではないかとの意見が出されました。

 次に,戸建木造住宅耐震診断事業について,委員から,9月末締め切りで1件も申込みがないとのことだが,広報はどのように行ったのかとの質疑があり,何度も広報うとに掲載して,周知を図ったとの答弁が執行部からありました。また,別の委員からは,耐震診断の補助は幾ら出るのかとの質疑があり,執行部から,1軒当たり8万6千円が限度額であるが,この事業は耐震工事を目的に診断をするため,耐震に問題がなければ補助が出ない制度である。もう1歩踏み込んで,耐震化を進めるための事業にも補助を考えていかなければいけないとの答弁がありました。

 次に,宇土南部2期農免農道整備事業負担金の増額補正に関連して,委員から,事業の進捗はどうなっているのかとの質疑があり,執行部から,用地の取得に関して,相続関係の手続きがまだ出来ていないところが数カ所あり,そこについては工事ができない状況であるとの答弁がありました。これに対し,別の委員から,相続関係で用地取得に時間がかかる箇所や文化財が出たりした場合には,そこを飛ばして次の工事に取りかかるようにしないといつまでたっても開通しない。一般道に接したら部分的にでも供用開始するべきであるとの意見が出されました。

 以上が,論議された主な内容でありますが,本委員会に付託を受けました議案については,全会一致ですべて原案のとおり認定,承認及び可決いたしました。

 なお,本委員会所管事務の継続事件につきましては,議席に配付のとおり決定しておりますので,どうぞよろしくお願い申し上げます。

 議員各位におかれましては,本委員会の決定のとおりご賛同賜りますようお願いを申し上げまして,経済建設常任委員会の報告を終わります。



○議長(杉本信一君) 経済建設常任委員長の報告は終わりました。

 次に,文教厚生常任委員長の報告を求めます。

 文教厚生常任委員長,中口俊宏君。



◆文教厚生委員長(中口俊宏君) おはようございます。

 ただいまから,文教厚生常任委員会に付託を受けました議案につきまして,去る9月13日,本委員会を開催し審査を行いましたので,その審査の経過並びに結果についてご報告いたします。

 本委員会に付託されました案件は,条例関係3議案,予算関係4議案の計7議案であります。

 まず,議案第77号,宇土市老人ホーム入所判定委員会設置条例について。

 これは,養護老人ホーム等への入所措置等の要否を判定するための機関を設けるため,条例を制定するものであります。

 次に,議案第78号,宇土市地域包括支援センター運営協議会設置条例について。

 これは,地域包括支援センターの適切,公平かつ中立な運営を確保するための機関を設けるため,条例を制定するものであります。

 次に,議案第79号,宇土市地域密着型サービス等運営委員会設置条例について。

 これは,地域密着型サービス等の適切な運営を確保するための機関を設けるため,条例を制定するものであります。

 次に,議案第81号,平成25年度宇土市一般会計補正予算(第3号)について。

 当委員会所管の主なものについて申し上げます。

 民生費では,老人福祉一般経費として213万9千円,また介護予防拠点事業750万円を増額するものであります。

 教育費では,理科教育設備事業経費558万1千円,宇土東小学校駐車場整備経費として200万円を増額補正するものであります。

 次に,議案第82号,平成25年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について。

 補正額は,312万1千円を増額するもので,補正後の総額は48億1,851万円であります。これは,人件費の減額補正及び事業費確定に伴う過年度返還を増額補正するものであります。

 次に,議案第85号,平成25年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第1号)について。

 補正額は,2,113万3千円を増額するもので,補正後の総額は29億6,044万8千円であります。これは,人件費の減額補正及び事業費確定に伴う過年度返還を増額補正するものであります。

 次に,議案第86号,平成25年度宇土市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について。

 補正額は,136万円を増額するもので,補正後の総額は3億7,128万7千円であります。これは,人件費を増額補正するものであります。

 以上が,文教厚生常任委員会に付託を受けました議案の概要でありますが,議案の審査の過程におきまして論議されました主なものを報告いたします。

 議案第77号,宇土市老人ホーム入所判定委員会設置条例,議案第78号,宇土市地域包括支援センター運営協議会設置条例,議案第79号,宇土市地域密着型サービス等運営委員会設置条例,この3議案につきまして委員から,委員会等の設置規定がないので,新たに条例を制定するのかとの質疑がありました。執行部から,委員会の設置については,現在は要綱で規定してあるが,各委員について,非常勤特別職として位置付けるため,それが必要であるために,今回条例として制定するものですとの答弁がありました。また,別の委員から,老人ホームの入所判定につきまして,会議は公開するのかとの質疑があり,執行部から,個人情報が含まれているため,原則,非公開であるとの回答がありました。このことにつきまして,委員から,親族から判定委員会の意見を聞きたいなどの申し出がある場合については,どのようになるのかとの質疑がありました。執行部から,原則,非公開であると考えているが,どのような運用が正しいのか調査するとの回答がありました。

 次に,議案第81号,平成25年度宇土市一般会計補正予算(第3号)の「AEDの設置」,このことにつきまして,委員から,今回,中央公民館にAEDを設置するが,最終的には各地区公民館に1台ずつ設置をするのかとの質疑に対しまして,執行部から,今のところ中央公民館だけですとの回答があり,委員からは,学校にも設置してあるが,将来的には地区公民館への設置をお願いしたいとの意見がありました。

 次に,議案以外として,幼稚園の保育終了時間,これにつきまして委員から,花園地区の保護者について,地元保育園への希望が多いが,なかなか希望する保育園に入園できず,希望とは違う保育園に入園している状況である。一方で,地元幼稚園は比較的余裕があるように聞いているが,幼稚園を保育園のように保育時間を午後5時くらいまでに延長することはできないのかとの質疑あり,執行部から,花園幼稚園については,保育的な機能を併せ持たせることができないか,現在,子育て支援課と協議を行っている最中であり,実施に向けて検討しているとの答弁がありました。

 次に,小児用肺炎球菌ワクチンの過誤接種の概要と原因について報告がありました。今後の再発防止対策として,家庭訪問や健診時の保護者に対する予防接種間隔の周知徹底。また,「母子手帳の予防接種履歴の確認の指導」これを実施するとのことでありました。

 次に,執行部から,第1次教育振興基本計画(教育立市プラン),これにつきましては本年度で終了するため,平成26年度からの5年間の第2次教育振興基本計画を現在策定中であり,同計画案の骨子について報告がありました。また,今後,市民からのパブリックコメントや教育委員会での審議を経たのち,12月市議会定例会の常任委員会におきまして,基本計画の詳細について報告を行うとの説明がありました。

 以上が,論議された主な内容でありますが,本委員会に付託を受けました議案につきましては,全会一致ですべて原案のとおり可決いたしました。

 次に,請願・陳情につきまして,報告をいたします。

 平成25年陳情第1号,現行法(原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律)の改正を求める議会決議・意見書採択のお願いについて,これにつきましては,さらに議論を深めたいとして継続審査といたしました。

 次に,平成25年陳情第3号,「社会の支え手」を実践するシルバー人材センターへの支援要望について,これは採択といたしました。

 なお,本委員会所管事務の継続事件につきましては,議席に配付のとおり決定しておりますので,よろしくお願いいたします。

 以上で,文教厚生常任委員会の報告を終わります。



○議長(杉本信一君) 文教厚生常任委員長の報告は終わりました。

 以上で,各常任委員長の報告は全部終了いたしました。

 これから,各常任委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより,討論を行います。討論はありませんか。

 17番,福田慧一君。



◆17番(福田慧一君) 提案されている議案第74号,宇土市税条例の一部を改正する条例について,同じく議案第75号,宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について,この2件は関連しておりますので,併せて意見を述べます。

 株式等の取引で得た譲渡益については,分離課税で現在は税率が20%となっておりますが,今は特別減税で10%となっております。譲渡益が出た場合,この10%を選ぶか,あるいは年金等の所得と合わせて確定申告をし,その低いほうを選ぶことができると,このようになりました。

 もう一つは,非課税口座を設けて年間上限100万円,5年間で500万円までの株式等の取引で得た譲渡益は非課税扱い,これが新しく創設されました。株式等の取引をするのは一定の所得を得ている人であり,所得の少ない人は株式等の投資に回すお金はありません。株式等の譲渡益に対する減税や非課税扱いについては私は反対であり,この立場から,この2議案の改正には反対であります。

 以上です。



○議長(杉本信一君) ほかに討論はありませんか。

              (「ありません」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより,採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第60号及び議案第70号から第73号までの5件について,一括して採決したいと思います。ただいまの各常任委員長報告は,原案のとおり承認,認定及び可決であります。

 各委員長報告のとおり承認,認定,可決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,議案第60号及び議案第70号から議案第73号までの5件については,原案のとおり承認,認定及び可決されました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第74号について,採決いたしたいと思います。

 ただいまの総務市民常任委員長報告は,原案のとおり可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 賛成議員多数です。

 よって,議案第74号については,原案のとおり可決されました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第75号について採決いたしたいと思います。

 ただいまの総務市民常任委員長報告は,原案のとおり可決であります。

 委員長報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 賛成議員多数です。

 よって,議案第75号については,原案のとおり可決されました。

 次に,お諮りいたします。

 議案第76号から議案第87号までの12件について,一括して採決したいと思います。

 ただいまの各常任委員長報告は,原案のとおり可決であります。

 各常任委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,議案第76号から議案第87号までの12件については,原案のとおり可決されました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第3 請願・陳情について(質疑・討論・採決)



○議長(杉本信一君) 日程第3,請願・陳情についてを議題といたします。

 まず,総務市民常任委員長,文教厚生常任委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより,討論を行います。

 討論はありませんか。

 17番,福田慧一君。



◆17番(福田慧一君) 国に対し「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求める請願は,継続審議になっております。しかし,安倍総理は10月1日にも来年4月から8%に引き上げることを表明するのではないかと言われております。

 7月の参議院選挙では,自民党は消費税増税の回避については触れるのを避けてきました。この点,国民の信任を得ていないと言わなければなりません。選挙後の世論調査でも,予定どおり実施すべきは2割から3割であり,中止すべき,あるいは先送りすべきという意見が7割から8割と圧倒的であります。労働者の月給も14カ月連続で減少し,国民の所得も減っております。こうした中で,消費税を増税すれば中小企業の経営も国民の生活も大きな打撃を受けることは明らかであります。

 こうした点をしっかり踏まえて,継続審議ではなく増税中止の意見書をあげるべきだと,この立場から,継続審議には反対をいたします。



○議長(杉本信一君) ほかに討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより,採決いたします。

 お諮りいたします。

 平成25年請願第1号は,総務市民常任委員長報告は継続審査であります。委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,本件については委員長報告のとおり継続審査と決定いたしました。

 次にお諮りいたします。

 平成25年請願第2号は,総務市民常任委員長報告は継続審査であります。委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 賛成議員多数です。

 よって,本件については委員長報告のとおり継続審査と決定いたしました。

 次にお諮りいたします。

 平成25年陳情第1号,第2号は,各常任委員長報告は継続審査であります。委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,本件については,委員長報告のとおり継続審査と決定いたしました。

 次にお諮りいたします。

 平成25年陳情第3号は,文教厚生常任委員長報告は採択であります。委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,本件については,委員長報告のとおり採択と決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第4 委員会の閉会中の継続審査並びに調査について



○議長(杉本信一君) 日程第4,委員会の閉会中の継続審査並びに調査についてを議題といたします。

 各常任委員長,議会運営委員長から,現在,委員会において審査中の事件並びに所管事務調査について会議規則第72条の規定により,議席に配付しておりますとおり閉会中の継続審査並びに調査の申し出があっております。

 お諮りいたします。

 各常任委員長,議会運営委員長から申し出のとおり,閉会中の継続審査並びに調査とすることにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,各常任委員長,議会運営委員長から申し出のとおり,閉会中の継続審査とすることに決定をいたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第5 決算審査特別委員会の設置及び付託について



○議長(杉本信一君) 日程第5,決算審査特別委員会の設置及び付託についてを議題といたします。

 お諮りいたします。議案第61号から議案第69号までの9件,平成24年度一般会計並びに各特別会計の歳入歳出決算の認定については,委員会条例第6条の規定により,8人の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し,これに付託するとともに閉会中の継続審査といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,議案第61号から議案第69号までの9件については,8人の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し,これに付託するとともに閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

 次に,ただいま設置されました決算審査特別委員の選任については,委員会条例第8条第1項の規定により,議長において,2番,柴田正樹君,4番,樫崎政治君,6番,中口俊宏君,8番,芥川幸子さん,10番,九谷新吾君,12番,野添正利君,14番,堀内千秋君,16番,浜口多美雄君,以上8人を指名いたします。

 ただいま選任されました委員諸君は,ご会合のうえ正副委員長を互選し議長へご報告をいただきます。

 この際,暫時休憩をいたします。8名の方は議員控室にご集合ください。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午前11時35分休憩

                午前11時40分再開

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(杉本信一君) 休憩前に引き続き,会議を開きます。

 決算審査特別委員会の正副委員長の互選の結果,委員長に10番,九谷新吾君,副委員長に4番,樫崎政治君が互選されましたので,ご報告をいたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(杉本信一君) 次に,日程についてお諮りいたします。

 本日,市長より,議案第88号,宇土市教育委員会委員の任命について,また,議員提出として発議第6号,地方税財政の充実確保を求める意見書,議員派遣の件,場外舟券売場設置計画に関する特別委員会設置及び付託の以上4件が新たに追加上程されております。この際,本日の日程に追加し,議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,日程に追加し,議題とすることに決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第6 議案第88号 宇土市教育委員会委員の任命について



○議長(杉本信一君) 日程第6,議案第88号,宇土市教育委員会委員の任命についてを議題といたします。

 市長の提案理由の説明を求めます。

 市長,元松茂樹君。



◎市長(元松茂樹君) 本日追加提出しております案件について,ご説明を申し上げます。

 議案第88号,宇土市教育委員会委員の任命について。

 これは,教育委員会委員の木村峰子さんの任期が平成25年10月14日で満了となりますので,後任の委員を任命するため,地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により,議会の同意を求めるものであります。

 後任には,現委員の木村峰子さんを引き続き任命したいので,議会の同意をお願いするものでございます。

 以上が今回提出しております議案の説明でございます。

 どうか,十分にご審議のうえ,適切なご決定をいただきますよう,よろしくお願い申し上げます。



○議長(杉本信一君) 市長の提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第88号については,会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し,直ちに審議したいと思います。これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) 異議なしと認めます。

 よって,議案第88号につきましては,委員会付託を省略し,直ちに審議することと決定いたしました。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより採決をいたします。

 お諮りいたします。

 議案第88号については,原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

                 (賛成議員起立)



○議長(杉本信一君) 全員賛成です。

 よって,議案第88号については,原案のとおり同意されました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第7 発議第6号 地方税財政の充実確保を求める意見書



○議長(杉本信一君) 日程第7,発議第6号,地方税財政の充実確保を求める意見書についてを議題といたします。

 まず,議案を事務局長に朗読をさせます。

 事務局長,山本克則君。



◎議会事務局長(山本克則君) 発議第6号,地方税財政の充実確保を求める意見書。

 地方自治法第112条及び宇土市議会会議規則第13条の規定により,別紙のとおり意見書を提出する。

 平成25年9月20日提出,提出者 宇土市議会議員 浜口多美雄,藤井慶峰,岩本廣海,福田慧一,堀内千秋,野添正利,宇土市議会議長 杉本信一様。

 以下,意見書につきましては,議席に配付してございますので,ご覧ください。

 以上でございます。



○議長(杉本信一君) 事務局長の朗読は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております発議第6号については,会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し,直ちに審議したいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) 異議なしと認めます。

 よって,ただいまの発議第6号については,委員会付託を省略し,直ちに審議することに決定しました。

 これより質疑を行います。質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 発議第6号,地方税財政の充実確保を求める意見書については,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,発議第6号については,原案のとおり可決することに決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第8 議員派遣の件について



○議長(杉本信一君) 日程第8,議員派遣の件についてを議題といたします。

 議席に配付しておりますとおり,次の議会までの間に議員派遣を要する件が1件あります。なお,緊急を要する派遣及び期日,場所等に変更が生じた場合には議長において決定し,次回に報告することといたします。

 これより,議員派遣について質疑を行います。質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,質疑を終結いたします。

 これより,議員派遣の件について討論を行います。討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) どなたもないようでありますので,討論を終結いたします。

 これより,採決いたします。

 お諮りいたします。

 議員派遣の件について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議なしと認めます。

 よって,議員派遣の件については,原案のとおり可決することに決定いたしました。

             −−−−−−−○−−−−−−−



△日程第9 場外舟券売場設置計画に関する特別委員会の設置及び付託について



○議長(杉本信一君) 日程第9,場外舟券売場設置計画に関する特別委員会の設置及び付託についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 平成25年請願第1号,場外舟券売場(境目町)計画に関する請願書及び平成25年陳情第2号,「ミニボートピア誘致」に係る陳情書の2件については,委員会条例第6号の規定により,7人の委員をもって構成する場外舟券売場設置計画に関する特別委員会を設置し,これに付託するとともに,期限については調査終了までといたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本信一君) ご異議ないものと認めます。

 よって,平成25年請願第1号及び陳情第2号については,場外舟券売場設置計画に関する特別委員会を設置し,これに付託することに決定いたしました。

 次に,ただいま設置されました場外舟券売場設置計画に関する特別委員会委員の選任については,委員会条例第8号第1項の規定により,議長において2番,柴田正樹君,4番,樫崎政治君,6番,中口俊宏君,7番,藤井慶峰君,8番,芥川幸子さん,9番,山村保夫君16番,浜口多美雄君,以上7人を指名いたします。

 ただいま選任されました委員の諸君は,ご会合のうえ正副委員長を互選して議長へご報告をください。

 この際,暫時休憩をいたします。7名の方は議員控室にご集合お願いいたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午前11時48分休憩

                午前11時50分再開

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(杉本信一君) 休憩前に引き続き,会議を開きます。

 場外舟券売場設置計画に関する特別委員会の正副委員長の互選の結果,委員長に16番,浜口多美雄君,副委員長に7番,藤井慶峰君が互選されましたので,報告をいたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−



○議長(杉本信一君) 以上で,今定例会の日程は全部終了いたしました。

 これをもって,平成25年第3回宇土市議会定例会を閉会いたします。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午前11時51分閉会



○議長(杉本信一君) 閉会にあたりまして,一言ご挨拶を申し上げます。

 去る9月4日に招集されました今定例会は,議員各位並びに執行部の皆様方のご協力によりまして,本日ここに無事閉会の運びとなりましたことに,厚く御礼を申し上げます。

 最後に,閉会にあたりまして,市長からご挨拶がございます。

 市長,元松茂樹君。



◎市長(元松茂樹君) 閉会にあたり,一言御礼を申し上げます。

 今定例会には,一般会計補正予算案をはじめ多数の重要案件をご提案しましたが,慎重なご審議により,すべて原案どおりにご決定をいただき,心から感謝申し上げます。また,会期中に議員の皆様からいただきましたご意見,ご要望につきましては,十分にこれを尊重し,可能なものは直ちに措置を講じるとともに,できる限り今後の市政運営に反映してまいる所存でございます。

 さて,先日,日本列島を縦断しました台風18号につきましては,福井,京都,滋賀の3府県に数十年に一度の規模が発表の基準である大雨特別警報が発表され,8月30日の運用開始後初めての適用となりました。新聞報道によりますと,対象自治体では特別警報発表のタイミングに対する評価が二分しているとのことですが,いずれにしても多くのマスメディアがこの情報を取り上げることで,災害発生の可能性に対する住民の危機意識が高まるという効果があったものと思われます。今後,本市においても台風接近,大雨が予想される際は,特別警報発表の可能性に十分留意し,住民の予防的避難の実施に努めてまいります。

 次に,昨年10月から運行開始しましたコミュニティバス「行長しゃん号」とミニバス「のんなっせ」につきましては,ダイヤ改正を10月1日に行います。今回のダイヤ改正に伴い,今月下旬にはPRを兼ねてミニバス「のんなっせ」の新規路線や延伸する路線の沿線区長さんを対象に試乗会を計画しております。また,10月1日から14日までの2週間は,お試し乗車期間を設け周知を図ります。期間中は,コミュニティバス「行長しゃん号」,ミニバス「のんなっせ」ともに運賃無料となります。ぜひご利用いただきますとともに,今後の周知のご協力につきまして,併せてお願い申し上げます。

 次に,今月15日まで開催されました県民体育祭では,本市の出場チーム中,相撲が2年連続17回目の優勝を果たしました。このほかにも,今回は高齢者の方のご活躍が光っております。岩古曽町の内田三代志さんは,今大会最高齢の99歳でゲートボール男子の部に出場されました。ご高齢にもかかわらず,はつらつと競技をされる姿に,大会を通じて元気をいただいた次第でございます。

 また,同じく高齢者の方のお話として,今月13日,走潟町の田代スエ子さんが熊本県知事から県ご長寿かがやきよかライフ表彰を受けられました。田代さんも99歳になられますが新聞を愛読され,いきいきした生活をされていることから今回の受賞となったものです。このような高齢者の皆様の頑張り,ご活躍を拝見しますと,私たちも明るく元気なまちづくりについて,さらに頑張らなければならないと感じた次第でございます。

 朝晩は肌寒く感じるようになりました。季節の変わり目にあたり,議員の皆様におかれましては体調管理に留意され,ますます元気でご活躍されますことをご祈念申し上げ,閉会にあたっての挨拶といたします。

 ありがとうございました。



○議長(杉本信一君) 以上,これをもって散会いたします。ありがとうございました。

             −−−−−−−○−−−−−−−

                午前11時59分終了





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成  年  月  日

          宇土市議会議長  杉本信一

          宇土市議会議員  嶋本圭人

          宇土市議会議員  福田慧一



         平成25年第3回宇土市議会定例会議決結果一覧

 [市長提出議案]
┌─────┬───────────────────────┬──────┬──────┬─────┐
|  議案  |        件     名        | 提案月日 | 議決月日 |議決の結果|
|  番号  |                       |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|     |専決処分の報告及び承認を求めることについて  |      |      |     |
| 第60号 | 専決第14号 平成25年度宇土市一般会計補正| 9月4日 | 9月20日 | 原案承認 |
|     |  予算(第2号)について          |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第70号 |平成24年度宇土市水道事業会計決算の認定につい|   〃   |   〃   | 原案認定 |
|     |て                      |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第71号 |宇土市職員の退職手当に関する条例の一部を改正す|   〃   |   〃   | 原案可決 |
|     |る条例について                |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第72号 |宇土市防災会議条例の一部を改正する条例について|   〃   |   〃   |  〃  |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第73号 |宇土市消防団員の定員,任免,給与,服務等に関す|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |る条例の一部を改正する条例について      |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第74号 |宇土市税条例の一部を改正する条例について   |   〃   |   〃   |  〃  |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第75号 |宇土市国民健康保険税条例の一部を改正する条例に|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |ついて                    |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第76号 |宇土市廃棄物等の減量化,再資源化及び適正処理等|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |に関する条例の一部を改正する条例について   |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第77号 |宇土市老人ホーム入所判定委員会設置条例について|   〃   |   〃   |  〃  |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第78号 |宇土市地域包括支援センター運営協議会設置条例に|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |ついて                    |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第79号 |宇土市地域密着型サービス等運営委員会設置条例に|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |ついて                    |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第80号 |宇土市地域資源を活用した作品展示施設等整備基金|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |条例について                 |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第81号 |平成25年度宇土市一般会計補正予算(第3号)に|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |ついて                    |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第82号 |平成25年度宇土市国民健康保険特別会計補正予算|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |(第1号)について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第83号 |平成25年度宇土市簡易水道事業特別会計補正予算|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |(第2号)について              |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第84号 |平成25年度宇土市公共下水道事業特別会計補正予|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |算(第2号)について             |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第85号 |平成25年度宇土市介護保険特別会計補正予算(第|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |1号)について                |      |      |     |
└─────┴───────────────────────┴──────┴──────┴─────┘

 [市長提出議案]
┌─────┬───────────────────────┬──────┬──────┬─────┐
|  議案  |        件     名        | 提案月日 | 議決月日 |議決の結果|
|  番号  |                       |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第86号 |平成25年度宇土市後期高齢者医療特別会計補正予| 9月4日 | 9月20日 | 原案可決 |
|     |算(第1号)について             |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第87号 |平成25年度宇土市水道事業会計補正予算(第1号)|   〃   |   〃   |  〃  |
|     |について                   |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
| 第88号 |宇土市教育委員会委員の任命について      | 9月20日 |   〃   | 原案同意 |
└─────┴───────────────────────┴──────┴──────┴─────┘

 [議員提出議案]
┌─────┬───────────────────────┬──────┬──────┬─────┐
|  議案  |        件     名        | 提案月日 | 議決月日 |議決の結果|
|  番号  |                       |      |      |     |
├─────┼───────────────────────┼──────┼──────┼─────┤
|  発議  |地方税財源の充実確保を求める意見書      | 9月20日 | 9月20日 | 原案可決 |
| 第6号 |                       |      |      |     |
└─────┴───────────────────────┴──────┴──────┴─────┘

 [報告]
┌─────┬──────────────────────────────────┬────────┐
|  報告  |             件      名             |  報告月日  |
|  番号  |                                  |        |
├─────┼──────────────────────────────────┼────────┤
| 第10号 |平成24年度宇土市財政の健全化判断比率について           |  9月4日  |
├─────┼──────────────────────────────────┼────────┤
| 第11号 |平成24年度宇土市簡易水道事業資金不足比率について         |    〃    |
├─────┼──────────────────────────────────┼────────┤
| 第12号 |平成24年度宇土市公共下水道事業資金不足比率について        |    〃    |
├─────┼──────────────────────────────────┼────────┤
| 第13号 |平成24年度宇土市漁業集落排水施設整備事業資金不足比率について   |    〃    |
├─────┼──────────────────────────────────┼────────┤
| 第14号 |平成24年度宇土市水道事業資金不足比率について           |    〃    |
├─────┼──────────────────────────────────┼────────┤
| 第15号 |専決処分の報告について                       |    〃    |
|     | 専決第13号 損害賠償額の決定について              |        |
└─────┴──────────────────────────────────┴────────┘

             平成25年第3回定例会請願・陳情結果表

 [請願]
┌──┬──────────────┬─────────────┬─────┬─────┬─────┐
|受理|   陳 情 の 件 名   |  陳情者の住所・氏名  | 提案月日 | 議決月日 | 議決結果 |
|番号|              |             |     |     |     |
├──┼──────────────┼─────────────┼─────┼─────┼─────┤
|  |              |松山団地区長 中川 数信 |     |     |     |
|  |              |境目団地一区区長     |     |     |     |
|  |              |       田川 勝也 |     |     |     |
|平成|              |境目団地二区区長     |     |     |     |
|25年|場外舟券売場(境目町)計画に|       原田 洋子 |     |     |     |
| 1 |関する請願書        |境目団地三区区長     | H25.9.10 | H25.9.20 | 継続審査 |
|  |              |       坂本 孝介 |     |     |     |
|  |              |境目団地四区区長     |     |     |     |
|  |              |       下野 幸雄 |     |     |     |
|  |              |上松山区長  榎島 繁  |     |     |     |
├──┼──────────────┼─────────────┼─────┼─────┼─────┤
|平成|国に対し「消費税増税中止を求|宇土市築籠町177-7     |     |     |     |
|25年|める意見書」の提出を求める請|消費税廃止宇城各界連絡会 |  〃  |  〃  | 継続審査 |
| 2 |願             | 代表 緒方 幸一    |     |     |     |
└──┴──────────────┴─────────────┴─────┴─────┴─────┘

 [継続審査になっていた陳情]
┌──┬──────────────┬─────────────┬─────┬─────┬─────┐
|受理|   陳 情 の 件 名   |  陳情者の住所・氏名  | 提案月日 | 議決月日 | 議決結果 |
|番号|              |             |     |     |     |
├──┼──────────────┼─────────────┼─────┼─────┼─────┤
|平成|現行法(原子爆弾被爆者に対す|熊本市中央区花畑町3-1   |     |     |     |
|25年|る援護に関する法律)の改正を|熊本県原爆被害者団体協議会| H25.6.17 | H25.9.20 | 継続審査 |
| 1 |求める議会決議・意見書採択の|会長 後藤 利之     |     |     |     |
|  |お願い           |             |     |     |     |
├──┼──────────────┼─────────────┼─────┼─────┼─────┤
|平成|「ミニボートピア誘致」に係る|宇土市境目町970番地    |     |     |     |
|25年|陳情書           | 境目区 区長 本郷 均 |  〃  |  〃  | 継続審査 |
| 2 |              |             |     |     |     |
└──┴──────────────┴─────────────┴─────┴─────┴─────┘

 [陳情]
┌──┬──────────────┬─────────────┬─────┬─────┬─────┐
|受理|   陳 情 の 件 名   |  陳情者の住所・氏名  | 提案月日 | 議決月日 | 議決結果 |
|番号|              |             |     |     |     |
├──┼──────────────┼─────────────┼─────┼─────┼─────┤
|平成|「社会の支え手」を実践するシ|公益社団法人       |     |     |     |
|25年|ルバー人材センターへの支援の|宇土市シルバー人材センター| H25.9.10 | H25.9.20 |  採択  |
| 3 |要望について        |理事長 池田 信夫    |     |     |     |
└──┴──────────────┴─────────────┴─────┴─────┴─────┘