議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 水俣市

平成29年6月第3回定例会(第5号 6月29日)




平成29年6月第3回定例会(第5号 6月29日)





 



       平成29年6月第3回水俣市議会定例会会議録(第5号)





平成29年6月29日(木曜日)


                 午後1時30分 開議


                 午後5時59分 閉会


 (出席議員) 16人


福 田   斉 君       小 路 貴 紀 君       桑 原 一 知 君


塩 ? 達 朗 君       田 口 憲 雄 君       藤 本 壽 子 君


? 岡 朱 美 君       田 中   睦 君       谷 口 明 弘 君


? 岡 利 治 君       牧 下 恭 之 君       松 本 和 幸 君


中 村 幸 治 君       岩 阪 雅 文 君       谷 口 眞 次 君


野 中 重 男 君


 (欠席議員) なし


 (職務のため出席した事務局職員) 5人


事 務 局 長 (岩 下 一 弘 君)   次     長 (岡 本 広 志 君)


次     長 (鎌 田 みゆき 君)   参     事 (前 垣 由 紀 君)


参     事 (上 田   純 君)


 (説明のため出席した者) 17人


市     長 (西 田 弘 志 君)   副  市  長 (本 山 祐 二 君)


総合政策部長  (帆 足 朋 和 君)   総 務 部 長 (本 田 真 一 君)


福祉環境部長  (川 野 恵 治 君)   産業建設部長  (関   洋 一 君)


総合医療センター事務部長


        (久木田 美和子 君)   総合政策部次長 (深 江 浩一郎 君)


福祉環境部次長 (? 沢 克 代 君)   産業建設部次長 (城 山 浩 和 君)


水 道 局 長 (山 田 雅 浩 君)   教  育  長 (吉 本 哲 裕 君)


教 育 次 長 (藪   隆 司 君)   総合政策部政策推進課長


                              (梅 下 俊 克 君)


総務部総務課長 (緒 方 卓 也 君)   総務部財政課長 (設 楽   聡 君)


農業委員会事務局長


        (坂 本 数 馬 君)


        ──────────────────────────





〇議事日程 第5号


      平成29年6月29日 午後1時30分開議


第1 議第28号 専決処分の報告及び承認について


         専第2号 水俣市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定に


              ついて


第2 議第29号 専決処分の報告及び承認について


         専第3号 水俣市税条例の一部を改正する条例の制定について


第3 議第30号 専決処分の報告及び承認について


         専第4号 水俣市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について


第4 議第31号 専決処分の報告及び承認について


         専第5号 平成28年度水俣市一般会計補正予算(第11号)


第5 議第32号 水俣市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について


第6 議第33号 平成29年度水俣市一般会計補正予算(第1号)


第7 議第34号 平成29年度水俣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)


第8 議第35号 平成29年度水俣市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)


第9 議第36号 平成29年度水俣市水道事業会計補正予算(第1号)


第10 議第37号 工事請負契約の変更について


第11 委員会の閉会中の継続審査並びに調査について


    総務産業委員会


     1 陳第3号 水俣市の光回線(インターネット回線)全面開通に向けた陳情について


     1 陳第4号 所得税法第56条の廃止を求める意見書提出を求める陳情について


     1 一般行財政並びに商工観光、農林水産、都市計画、上下水道等に関する諸問題の調


       査について


    厚生文教委員会


     1 陳第3号 若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める陳情について(平成


            28年6月)


     1 環境、福祉、総合医療センター並びに教育等に関する諸問題の調査について


    議会運営委員会


     1 議会運営等に関する諸問題の調査について


     1 議会の情報公開に関する調査について


                                     (付託委員会)


第12 議第38号 平成29年度水俣市一般会計補正予算(第2号)         (総務産業)


第13 議第39号 農業委員会委員の過半数を認定農業者等又はこれらに準ずる者とすることに関す


        る同意について


第14 議第40号 農業委員会委員の任命について


第15 議第41号 農業委員会委員の任命について


第16 議第42号 農業委員会委員の任命について


第17 議第43号 農業委員会委員の任命について


第18 議第44号 農業委員会委員の任命について


第19 議第45号 農業委員会委員の任命について


第20 議第46号 農業委員会委員の任命について


第21 議第47号 農業委員会委員の任命について


第22 議第48号 農業委員会委員の任命について


第23 議第49号 農業委員会委員の任命について


第24 議第50号 農業委員会委員の任命について


第25 議第51号 農業委員会委員の任命について


第26 議第52号 農業委員会委員の任命について


第27 議第53号 農業委員会委員の任命について


        ──────────────────────────


〇本日の会議に付した事件


 議事日程のとおり


        ──────────────────────────


                               午後1時30分 開議


○議長(福田 斉君) こんにちは。ただいまから本日の会議を開きます。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 日程に先立ちまして諸般の報告をします。


 各常任委員会及び議会運営委員会から、委員会審査報告書、閉会中継続審査・調査申出書の提出がありましたので、議席に配付しておきました。


 次に、本日、市長から、補正予算1件、議決案1件及び人事案14件の提出がありましたので、議席に配付しておきました。


 次に、本日の会議に、地方自治法第121条の規定により、坂本農業委員会事務局長の出席を要求いたしました。


 次に、本日の議事は、議席に配付の議事日程第5号をもって進めます。


 以上で報告を終わります。


        ──────────────────────────





◎日程第1 議第28号 専決処分の報告及び承認について


            専第2号 水俣市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第2 議第29号 専決処分の報告及び承認について


            専第3号 水俣市税条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第3 議第30号 専決処分の報告及び承認について


            専第4号 水俣市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第4 議第31号 専決処分の報告及び承認について


            専第5号 平成28年度水俣市一般会計補正予算(第11号)


 日程第5 議第32号 水俣市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第6 議第33号 平成29年度水俣市一般会計補正予算(第1号)


 日程第7 議第34号 平成29年度水俣市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第8 議第35号 平成29年度水俣市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)


 日程第9 議第36号 平成29年度水俣市水道事業会計補正予算(第1号)


 日程第10 議第37号 工事請負契約の変更について





○議長(福田 斉君) 日程第1、議第28号専決処分の報告及び承認についてから、日程第10、議第37号工事請負契約の変更についてまで、10件を一括して議題とします。


 順次委員長の報告を求めます。


 初めに、総務産業委員長田口憲雄議員。


  (総務産業委員長 田口憲雄君登壇)


○総務産業委員長(田口憲雄君) ただいま議題となりました議案のうち、総務産業委員会に付託されました案件について、委員会における審査の経過並びに結果について御報告いたします。


 まず、専決処分されました議第28号水俣市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。


 本案は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が公布されたことに伴い、条例の施行に急施を要したので、専決処分を行ったものである。


 改正の内容としては、消防団員等が、公務中、事故で休業補償が発生した場合、公務災害補償の算定基礎額となる扶養親族加算額及び加算対象区分を改めるものであるとの説明を受けました。


 特に質疑、討論もなく、採決の結果、全員異議なく承認すべきものと決定しました。


 次に、専決処分されました議第29号水俣市税条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。


 本案は、地方税法の改正等に伴い、市税賦課に急施を要したので、専決処分を行ったものである。


 改正の内容としては、個人市民税における配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し、軽自動車税におけるグリーン化特例の延長、固定資産税における課税標準の特例で市町村条例で定める割合の制定等であるとの説明を受け、質疑を行いました。


 質疑の中で、固定資産税のわがまち特例の対象資産「ノンフロン製品である冷蔵機器及び冷媒機器で、自然冷媒を利用したもの」については廃止されるのかとただしたのに対し、全国的に適用例が少なく、地方税法において廃止されたため、市においても廃止するものであるとの答弁がありました。


 また、わがまち特例に追加された保育施設に対する優遇措置についてただしたのに対し、待機児童の解消を念頭に、児童福祉にかかわる事業を行う施設を優遇するものであるが、現在本市では対象となる施設はないようであるとの答弁がありました。


 特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく承認すべきものと決定しました。


 次に、専決処分されました議題30号水俣市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。


 本案は、地方税法施行令の改正に伴い、国民健康保険税の賦課に急施を要したので、専決処分を行ったものである。


 改正の内容としては、国民健康保険税の算定における低所得者の軽減措置の拡充であるとの説明を受けました。


 特に質疑、討論もなく、採決の結果、全員異議なく承認すべきものと決定しました。


 次に、専決処分されました議第31号平成28年度水俣市一般会計補正予算第11号中付託分について申し上げます。


 本案は、年度末における地方債発行額の確定に伴う起債限度額の変更等により、予算措置に急施を要したので、専決処分を行ったものである。


 補正の内容としては、歳出予算における事業費の確定に伴い予算額の調整を行っている。その財源として、第11款分担金及び負担金、第13款国庫支出金、第14款県支出金、第17款繰入金、第19款諸収入、第20款市債をもって調整している。


 このほか、繰越明許費の補正として、財政管理経費を計上している。


 債務負担行為の補正として、内部情報システム使用料の廃止を計上している。地方債の補正として、過疎対策事業ほか4件の限度額の変更を計上しているとの説明を受け、質疑を行いました。


 質疑の中で、平成28年度に予定されていた袋地区の防火水槽設置工事について、補助対象とならず設置できなかったが、今後設置の計画はあるのかとただしたのに対し、今年度すでに国庫補助がついており、設置を予定しているとの答弁がありました。また、当初70基と予定していた合併浄化槽の設置について、52基になった理由はどのようなことが考えられるかとただしたのに対し、高齢化や工事費の2分の1ほどの補助を受けても、個人負担が大きいということが考えられるとの答弁がありました。


 特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく承認すべきものと決定しました。


 次に議第32号水俣市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。


 本案は、田平団地の一部住宅の廃止に伴う除却により、本案のとおり制定しようとするものであるとの説明を受け、質疑を行いました。


 質疑の中で、田平団地の今後の計画についてただしたのに対し、平成24年度に策定した長寿命化計画に基づき、用途廃止という計画になっており、将来的にはなくす方向で考えているとの答弁がありました。


 特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議第33号平成29年度水俣市一般会計補正予算第1号中付託分について申し上げます。


 補正の主な内容としては、人事異動等に伴う人件費調整のほか、第5款農林水産業費に水産振興対策事業、第6款商工費に商店街活性化支援事業、第7款土木費に耐震改修促進事業などを計上している。


 なお、財源としては、第13款国庫支出金、第14款県支出金、第18款繰越金、第19款諸収入をもって調整している。


 このほか、債務負担行為補正として内部情報システム使用料他1件を追加しているとの説明を受け、質疑を行いました。


 質疑の中で、いきいき商店街づくり事業等支援補助金について、申請があった2件の開店場所と業種についてただしたのに対し、ともに初恋通り商店会に開店され、1件は婦人服販売、もう1件は飲食業であるとの答弁がありました。


 また、水俣堂々推進事業を今年度も実施されるが、昨年度作成した冊子の配布先はどこか、また配布による問い合わせなどについてただしたのに対し、配布先は、旅行会社やマスコミを中心としている。効果については、現在配布中であり、現時点では配布先からの問い合わせはないとの答弁がありました。


 特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議第36号平成29年度水俣市水道事業会計補正予算第1号について申し上げます。


 今回の補正は、平成29年度水俣市水道事業会計予算第3条に定める収益的収入の額を12万円増額して、補正後の収益的収入の額を5億2,301万6,000円に、収益的支出の額を538万1,000円減額して、補正後の収益的支出の額を4億842万円とするものである。補正の内容としては、収益的収入には児童手当繰入金の増額、収益的支出には職員の人事異動に伴う人件費の調整等を行っているとの説明を受けました。


 特に質疑、討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 最後に議第37号工事請負契約の変更について申し上げます。


 水俣市防災行政無線同報系整備工事について、本事業者と交わした請負契約のうち、主な理由として、戸別受信機用アンテナの設置数等が確定したため、本案のように提案するものであるとの説明を受け、質疑を行ないました。


 質疑の中で、戸別受信機用のアンテナであるダイポールアンテナの設置数が当初の予定の2,100台から809台になった理由は何かとただしたのに対し、設置の際には電波の受信状況を確認したうえで設置するが、電波の受信状況が安定しており、必要な設置箇所が少なかったためであるとの答弁がありました。


 また、今後設置の申請があった場合、予算を増額するのかとただしたのに対し、今年度については平成28年度からの繰越明許費で対応し、平成30年度以降は、今年度の設置状況を見ながら、予算化する計画であるとの答弁がありました。


 特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上で総務産業委員会の審査報告を終わります。


○議長(福田 斉君) 次に、厚生文教委員長牧下恭之議員。


  (厚生文教委員長 牧下恭之君登壇)


○厚生文教委員長(牧下恭之君) ただいま議題となりました案件のうち、厚生文教委員会に付託されました議案について、委員会における審査の経過並びに結果について御報告いたします。


 まず、専決処分されました議第31号平成28年度水俣市一般会計補正予算第11号中付託分について申し上げます。


 本案は、年度末における地方債発行額の確定に伴う限度額の変更等により、予算措置に急施を要したため、専決処分を行ったものである。補正の内容は、歳出予算において事業費の確定に伴い予算額の調整を行っている。財源としては、第14款県支出金、第20款市債をもって調整している。このほか、繰越明許費の補正として、一般事務経費(障害福祉費)を計上している。


 また、地方債の補正として、過疎対策事業等の限度額の変更を計上しているとの説明を受け、質疑を行いました。


 質疑の中で、明水園に導入されたX線テレビシステムについて、入札残が減額されているが、本体の価格はいくらであったのかとただしたのに対し、予算額は1,134万円であったが、契約額は1,047万6,000円であったとの答弁がありました。


 特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく承認すべきものと決定しました。


 次に、議第33号平成29年度水俣市一般会計補正予算第1号中付託分について申し上げます。


 補正の主な内容としては、人事異動等に伴う人件費の調整のほか、第3款民生費に、保育対策総合支援事業、次世代育成支援施設整備事業、第9款教育費に、市民競り舟大会開催経費、幼・保等、小、中連携実践研究事業などを計上している。


 財源としては、第13款国庫支出金、第14款県支出金、第19款諸収入をもって調整しているとの説明を受け、質疑を行いました。


 質疑の中で、保育補助者雇上強化事業補助金が計上されており、主として、保育士等の負担軽減のため、人件費へ充当することを目的とした補助金である旨の説明であったが、正しく使われているのかを市が検証する方法はあるのかとただしたのに対し、定期監査だけでなく、国等の補助金でもあるので、実績報告にもとづくチェックを重ねて行う予定である。具体的には、給与明細等の個々の添付書類を確認するなかで、事業の進捗や保育士等の給与改善等の状況についても把握していきたいとの答弁がありました。


 また、小・中学校の一般廃棄物収集運搬業務委託料の予算と関連して、学校側が市のクリーンセンターにごみを持ち込み、クリーンセンターが中身のチェックを行った際に、分別が不適切であったため、再度、学校にごみを持ち帰らせたということであるが、市は状況を把握し、学校にどのような指導をしたのかとただしたのに対し、状況を確認するとともに、学校に対し、ごみ分別の徹底を文書でお願いしたとの答弁がありました。


 また、第二中学校において、子ども自身が着用したマスクや使用したティッシュ等のごみをビニール袋にいれ、各自宅へ持ち帰るという状況について、内容をただしたのに対し、第二中学校では、従来から学校版環境ISO等に取り組まれているなかで、教室のごみ箱でマスク等が資源ごみと混在していたため、ISO委員会の子どもたちが再度、分別している状況を衛生面から好ましくないと判断し、学校独自でこのような取り組みを行っていると聞いている。また、学校側から各保護者あてに、取り組みの趣旨の理解を図るために文書で周知されたと聞いているとの答弁がありました。


 なお、各委員から、子どもたちが環境意識を高めるため、ごみ分別を徹底してできるように、学校現場で指導していくことが重要である。そのため、市においては、状況を把握し、生徒や保護者の意見等も踏まえながら、学校側と連携し、対応していく必要があるとの意見がありました。


 また、今回、競り舟購入費の331万8,000円の補正予算が計上されているが、その原因は何かとただしたのに対し、当初予算を計上する際の見積りに船体製作の基礎となる木枠の作成費用が含まれておらず、その工程が納期に反映されていなかった。これは、担当者の事務手続きの認識不足及び作業工程等の事業者への確認作業が十分でなかったことに原因があった。


 併せて、窓口となっていた水俣市競り舟協会でも、事業者への事前確認等の不足や、市と水俣市競り舟協会との間の連絡調整が不十分であったことも原因であったとの答弁がありました。


 また、市外業者へ発注を検討している旨の説明であったが、その理由と今後のスケジュールについてただしたのに対し、当初は、市内業者への発注を検討していたが、対応困難との申し出があっため、市外業者を検討せざるを得なくなった。


 なお、スケジュールについては、今回の補正で議会の承認が得られれば、入札等の契約事務の諸手続後、8月からの契約であっても、来年3月までの納品が可能であるとの答弁がありました。


 また、今回の補正で十分対応が可能かとただしたのに対し、金額的には予算の範囲内で十分対応できるとの答弁がありました。


 さらに、今後、再発防止策としてどのように考えているのかとただしたのに対し、公文書の管理については規定に基づき適正に行い、事業を円滑に遂行すること、併せて管理監督の責にある者は、日頃から業務の進捗状況を把握し、担当者等への事務処理の指導管理徹底をはかる必要があるとの答弁がありました。


 なお、本件については、自由討議を行い、委員から本市の厳しい財政状況等を鑑みれば、追加の補正承認は大変厳しいものであるとの意見があり、今後の増額補正は安易に行わないこと、本件が服務規程に違反がなかったかを議会へ報告することを条件に附帯決議案が提出され、全会一致で附帯決議を付することに決しました。


 特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 ここで附帯決議を読み上げます。


 平成29年度水俣市一般会計補正予算(第1号)に対する附帯決議


 平成29年度水俣市一般会計補正予算(第1号)の審査において、下記のとおり看過しがたい問題点を認めた。


 第9款教育費第5項保健体育費第1項保健体育総務費について、今回の予算補正において、競り舟購入費の追加費用として3,318千円が計上された。当該競り舟購入費予算については、平成29年度当初予算において、現在市が保有する12艇の木造艇の老朽化等のため、競技の安全確保に必要であるとして、FRP(強化プラスティック)製船体建造及び舵、鐘等の備品購入費として、10,887千円を計上、当委員会への説明を経て、承認を受けたものである。


 予算作成にあたっては、担当者は事業計画、算定根拠を明確にし、慎重かつ精緻に取り組むべきところである。当委員会において、執行部へ質疑を行う中で、船体製作の基礎となる木枠の作成について、工程が納期に反映されていないこと、その費用が見積りに計上されていないことが判明するなど、ずさんな事務処理が明らかとなった。このことは、担当者の事務手続きに関する認識不足と作業工程について事業者への確認作業が十分でなかったことに起因するものである。


 また、窓口となっていた水俣市競り舟協会においても、事業者への事前の確認等が不足していたこと、また、市と水俣市競り舟協会との間の連絡調整も不十分であったことが、今回の補正に至る原因と判断される。


 本市の厳しい財政状況等を鑑みれば、今回の追加補正承認については大変厳しいものであることは、明らかである。しかしながら、水俣市民の伝統行事である市民競り舟大会を実施するうえで、下記の条件を附して認めるものとする。


 なお、今後の予算管理及び事業執行にあたっては、慎重かつ真摯に対応することを強く求める。


                    記


 1 本件については、今後、増額の補正は安易に行わないこと。


 2 予算計上に際しては、担当者は事業を遂行するにあたり積極的な情報収集を行い、対象物件の仕様、積算根拠、工期等について理解して取り組むこと。


 3 事業者と打ち合わせ等を行う際は、担当者自らが現場へ赴く等、行政としての説明責任を果たすとともに、相手方へも充分な配慮を行うこと。


 4 公文書については、規定に基づいた管理を行うこと。人事異動等における事務引継ぎにおいても、支障がないようにしておき、事業を円滑に推進すること。


 5 本件が服務規程に違反がなかったかを速やかに調査し、議会へ報告すること。


 6 管理監督の責にある者は本件を重く受け止め、日頃から業務の進捗状況を把握すること。また、再発の防止策として、課内だけでなく全庁的に情報共有をはかるとともに、担当者等へ事務処理の指導管理の徹底をはかること。


 以上決議する。


 平成29年6月26日


                          水俣市議会厚生文教常任委員会


 議第33号に対する附帯決議として、本委員会の審査において出された各意見等を真摯に受け止め、今後の予算管理及び事業執行にあたっては、慎重に対応することを強く求めます。


 次に、議第34号平成29年度水俣市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号について申し上げます。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ762万4,000円を増額し、補正後の予算総額を歳入歳出それぞれ47億8,212万4,000円とするものである。


 補正の内容としては、第1款総務費に人事異動による人件費の増額、第4款前期高齢者納付金及び第6款介護納付金の増額を計上している。財源としては、第9款繰入金及び第10款繰越金をもって調整しているとの説明を受けました。


 特に質疑、討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 最後に、議第35号平成29年度水俣市後期高齢者医療特別会計補正予算第1号について申し上げます。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ1千118万1,000円を増額し、補正後の予算総額を歳入歳出それぞれ4億6万円とするものである。


 補正の内容としては、第1款総務費に、人事異動等に伴う人件費の増額及び後期高齢者医療保険料軽減特例見直しに伴う後期高齢者医療広域連合納付金の増額を計上している。財源としては、第1款保険料、第3款繰入金をもって、調整しているとの説明を受けました。


 特に質疑、討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上で厚生文教委員会の審査報告を終わります。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 以上で委員長の審査報告は終わりました。


 これから委員長の審査報告に対する質疑に入ります。


 ただいまの委員長の審査報告について質疑はありませんか。


  (「なし」「議長」という者あり)


○議長(福田 斉君) 谷口明弘議員。


○(谷口明弘君) ただいま厚生文教委員会の委員長報告にありました平成29年度一般会計補正予算第1号の第9款教育費、第5項保健体育費、第1目保健体育総務費の競り舟購入費追加費用についてお尋ねいたします。


 今の委員長報告及び附帯決議で、この予算の編成に当たっては様々な事務的な不具合等々があって、結局このような事態になったのは理解できましたけれども、委員長にお尋ねしたいのは、この件について市内の事業者は断念しざる終えない状況にいたり、市外の業者に発注することになったときいておりますが、私もちょっと聞いた話によりますと、その市内業者さんについてはもう水俣市の仕事は受注できない、請けたくないというふうなお話をされていると聞いたりしておりますので、市の行政に対する信頼を失ったという意味で、速やかにその関係を再度構築するべきだと思いまして、ぜひ委員会のほうでその市長か又は市のトップのほうから、業者さんに対して謝罪などがあったのかどうかという確認がされたのか。もしなければ、委員長のほうから謝罪等を求めていただけないか、そして、この追加予算について謝罪した上でぜひ市内業者としてもう一度、参加していただけないかということを依頼すべきだと思いますが、委員長のほうに委員会で謝罪なりなんなりの質疑があったかどうか、もしなければ、ぜひそうしていただけないかということをお尋ねいたします。


○厚生文教委員長(牧下恭之君) 業者さんが型枠を作っていて、途中でもう腹かいて壊したということもあったそうですので、ぜひ、−−−−−申入れをしたいと思います。


○議長(福田 斉君) ほかに質疑はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 質疑なしと認め、これで委員長報告に対する質疑を終わります。


○議長(福田 斉君) これから討論に入ります。


 ただいままで討論の通告はありません。


 したがって討論なしと認め、これで討論を終わります。


○議長(福田 斉君) これから採決します。


 議第28号専決処分の報告及び承認についてから、議第31号専決処分の報告及び承認についてまで、4件を一括して採決します。


 本4件に対する委員長の報告はいずれも承認であります。


 本4件は、いずれも委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本4件は、いずれも委員長報告のとおり承認しました。


       ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 次に、議第32号水俣市営住宅条例の一部を改正する条例の制定についてから、議第37号工事請負契約の変更についてまで、6件を一括して採決します。


 本6件に対する委員長の報告はいずれも可決であります。


 本6件は、いずれも委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本6件は、いずれも委員長報告のとおり可決しました。


        ──────────────────────────





◎日程第11 委員会の閉会中の継続審査並びに調査について


       総務産業委員会


        1 陳第3号 水俣市の光回線(インターネット回線)全面開通に向けた陳情について


        1 陳第4号 所得税法第56条の廃止を求める意見書提出を求める陳情について


        1 一般行財政並びに商工観光、農林水産、都市計画、上下水道等に関する諸問題の調査について


       厚生文教委員会


        1 陳第3号 若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める陳情について(平成28年6月)


        1 環境、福祉、総合医療センター並びに教育等に関する諸問題の調査について


       議会運営委員会


        1 議会運営等に関する諸問題の調査について


        1 議会の情報公開に関する調査について





○議長(福田 斉君) 日程第11、委員会の閉会中の継続審査並びに調査についてを議題とします。


 各常任委員会及び議会運営委員会から、目下委員会において審査中の事件並びに所管事務の調査について、閉会中の継続審査・調査の申し出があります。


 お諮りします。


 各常任委員会及び議会運営委員会から申し出のとおり、閉会中の継続審査並びに調査に付することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがってそのように決定しました。


        ──────────────────────────





◎日程第12 議第38号 平成29年度水俣市一般会計補正予算第2号





○議長(福田 斉君) 日程第12、議第38号平成29年度水俣市一般会計補正予算第2号についてを議題とします。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 提案理由の説明を求めます。


 西田市長。


  (市長 西田弘志君登壇)


○市長(西田弘志君) 本定例市議会に追加提案いたしました議案につきまして、提案理由を御説明申し上げます。


 議第38号平成29年度水俣市一般会計補正予算第2号について申し上げます。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ2,237万5,000円を増額し、補正後の予算総額を、歳入歳出それぞれ146億6,679万円とするものであります。


 補正の内容といたしましては、第10款災害復旧費に、公共土木施設災害復旧費を計上いたしております。


 なお、財源といたしましては、第18款繰越金をもって調整いたしております。


 以上、本定例市議会に追加提案いたしました議第38号について、提案理由を御説明申し上げましたが、慎重審議を賜り、速やかに御可決くださいますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(福田 斉君) 以上で提案理由の説明は終わりました。


 この際、議案調査のため休憩します。


                               午後2時2分 休憩


                               ─────────


                               午後2時2分 開議


○議長(福田 斉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これから質疑に入ります。


 ただいま、市長から提案理由の説明がありました議第38号について質疑はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。


 ただいま質疑を終わりました議第38号は、議事日程記載のとおり総務産業委員会に付託します。


 この際、委員会審査のためしばらく休憩します。


                               午後2時3分 休憩


                               ─────────


                               午後5時30分 開議


○議長(福田 斉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 本日、牧下恭之議員から発言取消申出書が提出されましたので、議席に配付しておきました。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) この際、お諮ります。


 牧下恭之議員から、本日の本会議における発言の中で、不適当な発言があったので、水俣市議会会議規則第65条の規定により、発言取消申出書に記載した部分を取り消したい旨の申し出がありました。


 この取り消し申し出を許可することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」)と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって、牧下恭之議員からの発言の取り消し申し出を許可することに決定しました。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 先ほど委員会に付託しておりました議案について、総務産業委員会から委員会審査報告書が提出されましたので、議席に配付しておきました。


 これから委員長の報告を求めます。


 総務産業委員長田口憲雄議員。


  (総務産業委員長 田口憲雄議員登壇)


○総務産業委員長(田口憲雄君) ただいま総務産業委員会に付託されました議案について、委員会における審査の経過並びに結果についてご報告いたします。


 議第38号平成29年度水俣市一般会計補正予算第2号について申し上げます。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ2,237万5,000円を増額し、補正後の予算総額を、歳入歳出それぞれ146億6,679万円とするものである。


 補正の内容としては、去る6月25日の梅雨前線豪雨に伴う災害復旧に対して、第10款災害復旧費に、公共土木施設災害復旧費を計上している。


 なお、財源としては、第18款繰越金をもって調整しているとの説明を受け、質疑を行いました。


 質疑の中で、湯の児海岸線の和田岬公園と明水園の間の路側法面が幅約10メートル、高さ約30メートルにわたり決壊したため、通行止めにしているとのことであるが、その周知についてただしたのに対し、水天荘に登る地点から迂回路を作り、明水園と斉藤旅館には通り抜けできる旨の表示をしているとの答弁がありました。


 また、湯の児海岸線について、本予算が可決された場合、完全復旧はいつ頃になるかとただしたのに対し、公共事業であるため、国の災害査定を受けることになる。順調に行けば、約2ヵ月後に災害査定があり、その後、工事の実施設計を行う。9月か10月頃に発注できるとして、工期が約半年であるため、3月か4月になる見込みであるとの答弁がありました。


 また、農業用施設の被害はあっていないのかとただしたのに対し、初野の水路への土砂の流入、葛渡、深川の水田の石積み崩落の被害があっている。これらの水路と水田について、受益者負担が発生するため、受益者と相談のうえ、必要があれば早急に対応したいとの答弁がありました。


 特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上で総務産業委員会の審査報告を終わります。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 以上で委員長の審査報告は終わりました。


 これから委員長の審査報告に対する質疑に入ります。


 ただいまの委員長の審査報告について質疑はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 質疑なしと認め、これで委員長の審査報告に対する質疑を終わります。


 これから討論に入ります。


 議第38号について討論はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 討論なしと認め、これで討論を終わります。


 これから採決します。


○議長(福田 斉君) 議第38号平成29年度水俣市一般会計補正予算第2号についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は可決であります。


 本件は、委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、委員長報告のとおり可決しました。


        ──────────────────────────





◎日程第13 議第39号 農業委員会委員の過半数を認定農業者等又はこれらに準ずる者とすることに関する同意について





○議長(福田 斉君) 日程第13、議第39号農業委員会委員の過半数を認定農業者等又はこれらに準ずる者とすることに関する同意についてを議題とします。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 提案理由の説明を求めます。


 西田市長。


  (市長 西田弘志君登壇)


○市長(西田弘志君) 本定例市議会に追加提案いたしました議案につきまして、提案理由を御説明申し上げます。


 議第39号農業委員会委員の過半数を認定農業者等又はこれらに準ずる者とすることに関する同意について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第5項の規定により、農業委員会委員の過半数を認定農業者等が占めるようにする必要がありますが、同条同項ただし書きで規定する農業委員会等に関する法律施行規則第2条第1号の規定により、本市の農業委員会委員の過半数を認定農業者等又は認定農業者に準ずる者とするため、市議会の同意を得ようとするものです。


 以上、本定例市議会に追加提案いたしました議第39号について、提案理由を御説明申し上げましたが、慎重審議を賜り、速やかに御同意くださいますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(福田 斉君) 以上で提案理由の説明は終わりました。


 これから質疑に入ります。


 ただいま、市長から提案理由の説明がありました議第39号について質疑はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。


 お諮りします。


 ただいま質疑を終わりました議第39号は、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって議第39号は、委員会の付託を省略することに決定しました。


 これから討論に入ります。


 議第39号について討論はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 討論なしと認め、これで討論を終わります。


 これから採決します。


○議長(福田 斉君) 議第39号農業委員会委員の過半数を認定農業者等又はこれらに準ずる者とすることに関する同意についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


        ──────────────────────────





◎日程第14 議第40号 農業委員会委員の任命について


 日程第15 議第41号 農業委員会委員の任命について


 日程第16 議第42号 農業委員会委員の任命について


 日程第17 議第43号 農業委員会委員の任命について


 日程第18 議第44号 農業委員会委員の任命について


 日程第19 議第45号 農業委員会委員の任命について


 日程第20 議第46号 農業委員会委員の任命について


 日程第21 議第47号 農業委員会委員の任命について


 日程第22 議第48号 農業委員会委員の任命について


 日程第23 議第49号 農業委員会委員の任命について


 日程第24 議第50号 農業委員会委員の任命について


 日程第25 議第51号 農業委員会委員の任命について


 日程第26 議第52号 農業委員会委員の任命について


 日程第27 議第53号 農業委員会委員の任命について





○議長(福田 斉君) 日程第14、議第40号農業委員会委員の任命についてから、日程第27、議第53号農業委員会委員の任命についてまで14件を一括して議題とします。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 提案理由の説明を求めます。


 西田市長。


  (市長 西田弘志君登壇)


○市長(西田弘志君) 本定例市議会に追加提案いたしました議案につきまして、順次提案理由を御説明申し上げます。


 まず、議第40号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市古城に在住する松田時義氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 松田時義氏は昭和19年3月17日生まれの73歳で、長年にわたり農業に従事されています。平成20年7月20日からは農業委員として活動され、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第41号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市丸島町に在住する坂本隆司氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 坂本隆司氏は昭和27年10月16日生まれの64歳で、長年にわたり農業に従事されています。以前は認定農業者であったため、認定農業者に準ずる者となります。平成21年12月15日から平成28年3月30日まで農業委員として活動されており、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第42号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市大園町に在住する苗床勝美氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 苗床勝美氏は昭和23年6月6日生まれの69歳で、長年にわたり農業に従事され、認定農業者として活動されています。平成23年7月20日からは農業委員としても活動されており、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第43号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市古賀町に在住する廣島康雄氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 廣島康雄氏は昭和29年1月12日生まれの63歳で、市内建設会社の代表取締役を務め、水俣商工会議所の代議員をされています。これまで農業はされておらず、農業に関して利害関係を有していないことから、農業委員会等に関する法律第8条第6項に規定する中立委員として、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第44号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市袋に在住する田畑和雄氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 田畑和雄氏は昭和28年9月22日生まれの63歳で、長年にわたり農業に従事され、認定農業者として活動されています。JAあしきたの理事を2期務め、株式会社モアファームの代表取締役を務める傍ら、JAサラたまちゃん部会長、指導農業士として若手農業者の育成等にも取り組んでおられます。農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第45号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市袋に在住する元村善二氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 元村善二氏は昭和21年7月25日生まれの70歳で、長年にわたり農業に従事され、認定農業者として活動されています。平成20年7月20日からは農業委員としても活動されており、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第46号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市月浦に在住する田上哲人氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 田上哲人氏は昭和24年12月2日生まれの67歳で、長年にわたり兼業で農業に従事されています。平成14年7月20日から農業委員として活動されており、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第47号農業委員会委員の任命ついて申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市湯出に在住する戸次治夫氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 戸次治夫氏は昭和31年5月9日生まれの61歳で、長年にわたり兼業で農業に従事されています。平成26年7月20日からは農業委員として活動されており、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第48号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市江添に在住する友田勝久氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 友田勝久氏は昭和53年9月30日生まれの38歳で、長年畜産業に従事され、認定農業者として活動されています。平成28年3月31日からは農業委員としても活動されており、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第49号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市深川に在住する森口信二氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 森口信二氏は昭和20年12月6日生まれの71歳で、長年にわたり農業に従事されています。平成23年7月20日からは農業委員として活動されており、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第50号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市宝川内に在住する池田郁雄氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 池田郁雄氏は昭和19年7月4日生まれの72歳で、長年にわたり農業に従事され、認定農業者として活動されています。平成20年7月20日からは農業委員としても活動されており、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えています。


 次に、議第51号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市葛渡に在住する松本公昭氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 松本公昭氏は昭和26年11月19日生まれの65歳で、長年にわたり農業に従事されています。平成20年7月20日からは農業委員として活動されており、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第52号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市大川に在住する中村清治氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 中村清治氏は昭和30年2月22日生まれの62歳で、長年にわたり農業に従事されており、本市の農業振興に関する計画に位置付けられた中心的な役割を果たすことが見込まれる農業者 であるため、認定農業者に準ずる者となります。平成26年7月20日からは農業委員として活動されており、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 次に、議第53号農業委員会委員の任命について申し上げます。


 農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、水俣市越小場に在住する山澤親?氏を農業委員会の委員として任命したく御提案申し上げる次第であります。


 山澤親?氏は昭和20年8月28日生まれの71歳で、長年にわたり農業に従事され、認定農業者として活動されています。農事組合法人本井木生産組合の役員を務めておられ、平成20年7月20日からは農業委員としても活動されており、農業に関する高い識見と豊富な知識、経験を有していることから、農業 委員会の所掌事務を適切に行うことができる適任者と考えます。


 以上、14名のうち、認定農業者が6名、認定農業者に準ずる者が2名であり、議第39号で提案いたしました過半数の基準を満たすものであります。


 なお、任期については、平成29年7月20日から3年間であります。


 以上、本定例市議会に追加提案いたしました議第40号から53号について、提案理由を御説明申し上げましたが、慎重審議を賜り、速やかに御同意くださいますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(福田 斉君) 以上で提案理由の説明は終わりました。


 これから質疑に入ります。


 ただいま、市長から提案理由の説明がありました本14件について質疑はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。


 お諮りします。


 ただいま質疑を終わりました本14件は、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本14件は、委員会の付託を省略することに決定しました。


 これから討論に入ります。


 本14件について討論はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 討論なしと認め、これで討論を終わります。


 これから採決します。


 議第40号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第41号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第42号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第43号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第44号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第45号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第46号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第47号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第48号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第49号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第50号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第51号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第52号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


○議長(福田 斉君) 次に、議第53号農業委員会委員の任命についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 以上で本日の日程は全部終わり、今期定例会の全日程を終了しました。


 これで平成29年第3回水俣市議会定例会を閉会します。


                               午後5時59分 閉会











   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。











                       水俣市議会 議長  福 田   斉





                           署名議員  中 村 幸 治





                           署名議員  藤 本 壽 子