議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 水俣市

平成27年5月第2回臨時会(第1号 5月13日)




平成27年5月第2回臨時会(第1号 5月13日)





 



       平成27年5月第2回水俣市議会臨時会会議録(全)





1、平成27年5月13日水俣市長第2回水俣市議会臨時会を招集する。


1、平成27年5月13日午前10時0分水俣市議会議長第2回水俣市議会臨時会の開会を宣告する。


1、平成27年5月13日午後5時4分水俣市議会議長第2回水俣市議会臨時会の閉会を宣告する。


        ──────────────────────────


平成27年5月13日(水曜日)


                 午前10時0分 開会


                 午後5時4分 閉会


 (出席議員) 16人


福 田   斉 君       小 路 貴 紀 君       桑 原 一 知 君


塩 ? 達 朗 君       ? 岡 朱 美 君       田 中   睦 君


谷 口 明 弘 君       ? 岡 利 治 君       田 口 憲 雄 君


藤 本 壽 子 君       牧 下 恭 之 君       松 本 和 幸 君


中 村 幸 治 君       岩 阪 雅 文 君       谷 口 眞 次 君


野 中 重 男 君


 (欠席議員) なし


 (職務のため出席した事務局職員) 5人


事 務 局 長 (関   洋 一 君)   次     長 (岡 本 広 志 君)


主     幹 (深 水 初 代 君)   書     記 (前 垣 由 紀 君)


書     記 (山 口 礼 浩 君)


 (説明のため出席した者) 14人


市     長 (西 田 弘 志 君)   副  市  長 (本 山 祐 二 君)


総務企画部長  (緒 方 克 治 君)   福祉環境部長  (久木田 一 也 君)


産業建設部長  (緒 方 康 洋 君)   水 道 局 長 (松 尾 健 二 君)


総務企画部次長 (本 田 真 一 君)   福祉環境部次長 (川 野 恵 治 君)


産業建設部次長 (山 田 雅 浩 君)   総合医療センター事務部次長


                              (久木田 美和子 君)


教  育  長 (吉 本 哲 裕 君)   教 育 次 長 (黒 木 博 寿 君)


総務企画部企画課長             総務企画部財政課長


        (水 田 利 博 君)           (坂 本 禎 一 君)


        ──────────────────────────





〇議事日程


       平成27年5月13日 午前10時開議


第1 仮議席の指定について


第2 議長の選挙について


        ……………………………………………………………………


第3 議席の指定について


第4 会議録署名議員の指名について


第5 会期の決定について


第6 副議長の選挙について


第7 常任委員及び議会運営委員の選任について


第8 特別委員会の設置について


第9 水俣芦北広域行政事務組合議会議員の選挙について


                                 (付託委員会)


第10 議第52号 専決処分の報告及び承認について


         専第1号 水俣市税条例等の一部を改正する条例の制定について


                                  (総務産業)


第11 議第53号 専決処分の報告及び承認について


         専第2号 水俣市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定に


              ついて                 (総務産業)


第12 議第54号 専決処分の報告及び承認について


         専第3号 平成26年度水俣市一般会計補正予算(第9号) (各委)


        ──────────────────────────


〇本日の会議に付した事件


 議事日程のほかに


  委員会の閉会中の継続調査について


   総務産業委員会


    1 一般行財政並びに経済観光、農林水産、都市計画、上下水道等に関する諸問


      題の調査について


    1 御所浦港から水俣港間の旅客船運航再開に関する諸問題の調査について


   厚生文教委員会


    1 環境、福祉、総合医療センター並びに教育等に関する諸問題の調査について


   議会運営委員会


    1 議会運営等に関する諸問題の調査について


    1 議会の情報公開に関する調査について


 議第55号 監査委員の選任について


 議第56号 監査委員の選任について


        ──────────────────────────


                                  午前9時59分


○事務局長(関 洋一君) 皆さん、おはようございます。


 このたびのはえある御当選まことにおめでとうございます。


 本日の臨時会は、選挙後最初の議会となりますので、議長が選出されるまで、地方自治法第107条の規定によりまして年長の議員が議長の職務を行うことになっております。


 出席議員中、松本和幸議員が最年長の議員でございますので、御紹介申し上げます。


 それでは松本和幸議員、よろしくお願いいたします。


  (臨時議長 松本和幸君議長席に着く)


○臨時議長(松本和幸君) おはようございます。


 地方自治法第107条の規定により臨時に議長の職務を行います。


 よろしくお願い申し上げます。


        ──────────────────────────





〇開会                            午前10時0分 開会





○臨時議長(松本和幸君) ただいまから平成27年第2回水俣市議会臨時会を開会します。


        ──────────────────────────





◎市長のあいさつ





○臨時議長(松本和幸君) 西田市長から発言を求められております。


 この際、発言を許可します。


 西田市長。


  (市長 西田弘志君登壇)


○市長(西田弘志君) お許しをいただきましたので、一言御挨拶を申し上げます。


 議員各位におかれましては、去る4月26日に執行されました市議会議員選挙に当たり、市民の負託を受け、めでたく御当選の栄を得られました。


 心からお喜びを申し上げます。


 また、本日は、改選後の初の議会を開会する運びになり、誠に御同慶の限りに存じます。


 今後、市政を支える車輪の両輪として、市議会の先輩各位が築き上げてこられた成果を踏まえ、これまで以上に議会と執行部が議論を尽くしてともに歩みを進め、水俣市が直面する課題に対応していくことが肝要であると考えております。


 そして、共通の目的であります、水俣市民の福祉の向上と水俣の振興・発展を目指してまいりたいと考えております。


 私も就任2年目を迎え、初心を忘れることなく、議会の皆様方とともに市政の発展に全力を尽くしてまいる決意であります。


 御承知のとおり、本市を取り巻く状況は、過疎化、少子高齢化等に伴う人口減少、依然として厳しい経済状況など、様々な課題が山積しております。


 しかし、現状をいたずらに悲観することなく、水俣の強みを生かしながら、あらゆる可能性に果敢に取り組み、歩みを進めていきたいと、そのように考えております。


 そして、国の地方創生の動きの中で、各地域がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会をどう創生していくのか、各自治体の経営手腕、創意工夫が試される時代となっています。


 議員各位におかれましても、市政の現状を御理解いただき、格別の御指導、御鞭撻、そして御協力を賜りますよう切にお願いを申し上げる次第であります。


 最後に、議員各位の今後のますますの御健勝と御活躍を祈念いたしまして、簡単ではございますが、御挨拶にかえさせていただきます。


○臨時議長(松本和幸君) 以上で市長の挨拶は終わりました。


        ──────────────────────────


○臨時議長(松本和幸君) これから本日の会議を開きます。


        ──────────────────────────





◎日程第1 仮議席の指定について





○臨時議長(松本和幸君) 日程第1、仮議席の指定を行います。


 この際、議事の進行上、仮議席は、ただいま御着席の議席と指定します。


        ──────────────────────────





◎日程第2 議長の選挙について





○臨時議長(松本和幸君) 日程第2、議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


  (議場閉鎖)


○臨時議長(松本和幸君) ただいまの出席議員数は16人であります。


 投票用紙を配付させます。


  (投票用紙配付)


○臨時議長(松本和幸君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○臨時議長(松本和幸君) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


  (投票箱点検)


○臨時議長(松本和幸君) 異常なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。


 点呼を命じます。


  (氏名点呼)


  (各員投票)


○臨時議長(松本和幸君) 投票漏れはありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○臨時議長(松本和幸君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了します。


 議場の閉鎖を解きます。


  (議場開鎖)


○臨時議長(松本和幸君) 開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に田口憲雄議員及び藤本壽子議員を指名します。


 したがって両議員の立ち会いを願います。


  (投票点検)


○臨時議長(松本和幸君) 選挙の結果を報告します。


 投票総数16票


 これは先ほどの出席議員数に符合しております。


 そのうち


  有効投票 16票


  無効投票 0票


 有効投票中


  福田斉議員 16票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は4票であります。


 したがって福田斉議員が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました福田斉議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により議長当選の告知をします。


 福田斉議員に御挨拶をお願いします。


  (「議長」と言う者あり)


○臨時議長(松本和幸君) 福田斉議員。


  (福田 斉君登壇)


○(福田 斉君) ただいま議員の皆様の温かい御推挙によりまして、議長に就任させていただきました。


 歴代の議長経験者の方のこれまでを省みますと、その責任の重さをただいま感じております。


 今、全国的に地方創生が叫ばれている中で、諸問題を数多く抱えましたこの水俣市においては、非常に危機的な状況というふうに認識しております。今まさに、執行部とこの議会がベクトルをあわせて、本当に前向きに議論を進めていくことが、今、市民の皆様から強く求められているというふうに認識しております。


 今後、おのおのの議員の皆様の能力を十分に発揮していただきまして、開かれた議会の中で、しっかりと議論をしながら前向きにこの市議会が発展し、そして執行部と一緒にこの水俣の発展をさせていけるように、ともに進めていくべきというふうに改めて感じております。


 本日、皆様の温かい御推挙によりまして、就任いたしました御礼の御挨拶にかえさせていただきます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。(拍手)


○臨時議長(松本和幸君) 御協力ありがとうございました。


 議長が決まりましたので、議長と交代します。


 福田斉議長、議長席にお着き願います。


  (臨時議長 松本和幸君退席)


  (議長 福田 斉君議長席に着く)


○議長(福田 斉君) この際しばらく休憩します。


                               午前10時14分 休憩


                               ─────────


                               午前10時59分 開議


○議長(福田 斉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





◎日程第3 議席の指定について





○議長(福田 斉君) 日程第3、議席の指定を行います。


 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定します。


 福田斉の議席番号を1番に、小路貴紀議員の議席番号を2番に、桑原一知議員の議席番号を3番に、塩?達朗議員の議席番号を4番に、?岡朱美議員の議席番号を5番に、田中睦議員の議席番号を6番に、谷口明弘議員の議席番号を7番に、?岡利治議員の議席番号を8番に、田口憲雄議員の議席番号を9番に、藤本壽子議員の議席番号を10番に、牧下恭之議員の議席番号を11番に、松本和幸議員の議席番号を12番に、中村幸治議員の議席番号を13番に、岩阪雅文議員の議席番号を14番に、谷口眞次議員の議席番号を15番に、野中重男議員の議席番号を16番に指定します。


 したがって各議員は、ただいま指定した議席に御着席願います。


  (議員各位新議席に着く)


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) この際諸般の報告をします。


 監査委員から、平成27年2月分一般会計、特別会計等及び公営企業会計例月現金出納検査の結果報告があり、事務局に備えつけてありますから御閲覧願います。


 次に、今期臨時会に地方自治法第121条の規定により、西田市長、本山副市長、緒方総務企画部長、久木田福祉環境部長、緒方産業建設部長、松尾水道局長、本田総務企画部次長、川野福祉環境部次長、山田産業建設部次長、久木田総合医療センター事務部次長、水田企画課長、坂本財政課長、吉本教育長、黒木教育次長、以上の出席を要求しました。


 次に、本日の議事は、議席に配付の議事日程をもって進めます。


 以上で報告を終わります。


        ──────────────────────────





◎日程第4 会議録署名議員の指名について





○議長(福田 斉君) 日程第4、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において小路貴紀議員、野中重男議員を指名します。


        ──────────────────────────





◎日程第5 会期の決定について





○議長(福田 斉君) 日程第5、会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 今期臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 御異議なしと認めます。


 したがって会期は、本日1日とすることに決定しました。


        ──────────────────────────





◎日程第6 副議長の選挙について





○議長(福田 斉君) 日程第6、副議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


  (議場閉鎖)


○議長(福田 斉君) ただいまの出席議員数は16人であります。


 投票用紙を配付させます。


  (投票用紙配付)


○議長(福田 斉君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


  (投票箱点検)


○議長(福田 斉君) 異常なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。


 点呼を命じます。


  (氏名点呼)


  (各員投票)


○議長(福田 斉君) 投票漏れはありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了します。


 議場の閉鎖を解きます。


  (議場開鎖)


○議長(福田 斉君) 開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に田口憲雄議員及び藤本壽子議員を指名します。


 したがって両議員の立ち会いを願います。


  (投票点検)


○議長(福田 斉君) 選挙の結果を報告します。


 投票総数16票


 これは先ほどの出席議員数に符合しております。


 そのうち


  有効投票 15票


  無効投票 1票


 有効投票中


  谷口眞次議員 15票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は4票であります。


 したがって谷口眞次議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました谷口眞次議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により副議長当選の告知をします。


 谷口眞次議員に御挨拶をお願いします。


  (「議長」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 谷口眞次議員。


  (谷口眞次君登壇)


○(谷口眞次君) 改めまして、おはようございます。


 このたび、改選後、初の議会におきまして、議員各位の皆様方の推挙をいただき、副議長に就任をさせていただきました。まことにありがとうございます。


 厳しい財政状況の中、また少子高齢化問題、人口減少問題、さらには雇用問題と喫緊の課題が山積をいたしておりますが、議長を支えながら、しっかりとした議会運営、そして市民にわかる議会運営を進めてまいりたいというふうに考えております。


 執行部の皆様、そして議員各位の皆様方の御理解と御協力をよろしくお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、就任の御挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。(拍手)


○議長(福田 斉君) 暫時休憩します。


                               午前11時12分 休憩


                               ─────────


                               午前11時20分 開議


○議長(福田 斉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。





◎日程第7 常任委員及び議会運営委員の選任について





○議長(福田 斉君) 日程第7、常任委員及び議会運営委員の選任を行います。


 常任委員及び議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、総務産業常任委員に小路貴紀議員、田中睦議員、?岡利治議員、藤本壽子議員、松本和幸議員、中村幸治議員、岩阪雅文議員、野中重男議員、以上8人を、厚生文教常任委員に福田斉、桑原一知議員、塩?達朗議員、?岡朱美議員、谷口明弘議員、田口憲雄議員、牧下恭之議員、谷口眞次議員、以上8人を、議会運営委員に谷口明弘議員、田口憲雄議員、藤本壽子議員、野中重男議員、以上4人を、それぞれ指名したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがってただいま指名しました以上の議員をそれぞれの常任委員及び議会運営委員に選任することに決定しました。


        ──────────────────────────





◎日程第8 特別委員会の設置について





○議長(福田 斉君) 日程第8、特別委員会の設置についてを議題とします。


        ──────────────────────────


               特別委員会の設置について


1.名  称  公害環境対策特別委員会


1.構成人員  7人


1.調査期限  平成31年4月30日まで閉会中の継続調査とする


1.調査内容  水俣病対策並びに環境保全に関する諸問題について


1.調査費用  議会費既決予算の中から支出する


        ……………………………………………………………………


1.名  称  高速交通対策特別委員会


1.構成人員  8人


1.調査期限  平成31年4月30日まで閉会中の継続調査とする


1.調査内容  南九州西回り自動車道の建設に関する諸問題について


1.調査費用  議会費既決予算の中から支出する


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) お諮りします。


 水俣病対策及び環境保全に関する諸問題の調査を行うため、委員7人で構成する公害環境対策特別委員会、南九州西回り自動車道の建設に関する諸問題の調査を行うため、委員8人で構成する高速交通対策特別委員会を議席に配付のとおり設置したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって公害環境対策特別委員会及び高速交通対策特別委員会は、設置することに決定しました。


 お諮りします。


 ただいま設置されました各特別委員会の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、公害環境対策特別委員に小路貴紀議員、桑原一知議員、田中睦議員、?岡利治議員、藤本壽子議員,松本和幸議員、野中重男議員、以上7人を、高速交通対策特別委員に塩?達朗議員、?岡朱美議員、谷口明弘議員、田口憲雄議員、牧下恭之議員、中村幸治議員、岩阪雅文議員、谷口眞次議員、以上8人をそれぞれ指名したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがってただいま指名しました7人の議員を公害環境対策特別委員に、8人の議員を高速交通対策特別委員に選任することに決定しました。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) この際、各議員にお願いします。


 各常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会は、正副委員長互選のため直ちに委員会を御開催願います。


 委員会開催のためしばらく休憩します。


                               午前11時24分 休憩


                               ─────────


                               午後1時27分 開議


○議長(福田 斉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 各常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の正副委員長の互選の結果を報告します。


 総務産業常任委員会


  委員長  岩阪雅文議員


  副委員長 中村幸治議員


 厚生文教常任委員会


  委員長  田口憲雄議員


  副委員長 谷口明弘議員


 議会運営委員会


  委員長  野中重男議員


  副委員長 田口憲雄議員


 公害環境対策特別委員会


  委員長  松本和幸議員


  副委員長 藤本壽子議員


 高速交通対策特別委員会


  委員長  中村幸治議員


  副委員長 牧下恭之議員


 以上のとおりであります。


 次に、各常任委員会及び議会運営委員会から、閉会中継続調査申出書の提出がありましたので、議席に配付しておきました。


 お諮りします。


 委員会の閉会中の継続調査については、緊急を要しますので、急施事件と認め、この際日程に追加し、議題としたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって委員会の閉会中の継続調査についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。





◎委員会の閉会中の継続調査について(日程追加)


 総務産業委員会


  1 一般行財政並びに経済観光、農林水産、都市計画、上下水道等に関する諸問題の調査について


  1 御所浦港から水俣港間の旅客船運航再開に関する諸問題の調査について


 厚生文教委員会


  1 環境、福祉、総合医療センター並びに教育等に関する諸問題の調査について


 議会運営委員会


  1 議会運営等に関する諸問題の調査について


  1 議会の情報公開に関する調査について





○議長(福田 斉君) 委員会の閉会中の継続調査についてを議題とします。


 各常任委員会及び議会運営委員会から、所管事務調査について閉会中の継続調査の申し出があります。


 お諮りします。


 各常任委員会及び議会運営委員会から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがってそのように決定しました。


        ──────────────────────────





◎日程第9 水俣芦北広域行政事務組合議会議員の選挙について





○議長(福田 斉君) 日程第9、水俣芦北広域行政事務組合議会議員の選挙を行います。


 お諮りします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって選挙の方法は、指名推選によることと決定しました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長において指名することにしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって議長において指名することに決定しました水俣芦北広域行政事務組合議会議員に、福田斉、小路貴紀議員、塩?達朗議員、田中睦議員、谷口明弘議員、田口憲雄議員、藤本壽子議員、野中重男議員、以上8人の議員を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長において指名しました8人の議員を当選人と定めることに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがってただいま指名しました8人の議員が水俣芦北広域行政事務組合議会議員に当選されました。


 ただいま当選されました福田斉、小路貴紀議員、塩?達朗議員、田中睦議員、谷口明弘議員、田口憲雄議員、藤本壽子議員、野中重男議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をします。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) これから提出議案の審議に入ります。





◎日程第10 議第52号 専決処分の報告及び承認について


            専第1号 水俣市税条例等の一部を改正する条例の制定について


 日程第11 議第53号 専決処分の報告及び承認について


            専第2号 水俣市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第12 議第53号 専決処分の報告及び承認について


            専第3号 平成26年度水俣市一般会計補正予算(第9号)





○議長(福田 斉君) 日程第10、議第52号専決処分の報告及び承認についてから、日程第12、議第54号専決処分の報告及び承認についてについてまで、3件を一括して議題とします。


         ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 提案理由の説明を求めます。


 西田市長。


  (市長 西田弘志君登壇)


○市長(西田弘志君) 本臨時市議会に提案いたしました議案につきまして、順次提案理由を説明させていただきます。


 まず、議第52号専決処分の報告及び承認について、専第1号水俣市税条例等の一部を改正する条例の制定について申し上げます。


 本案は、地方税法等の一部を改正する法律が平成27年3月31日に公布されたことに伴い、市税賦課に急施を要しましたので、専決処分を行ったものであります。


 改正の内容といたしましては、ふるさと納税の特例控除額の上限の拡充、一定の環境性能を有する軽自動車の税率の軽減、固定資産税の特例の期間延長及び課税標準の各特例措置で市町村の条例で定めるべき割合の設定、税の減免申請期限の見直し等であります。


 次に、議第53号専決処分の報告及び承認について、専第2号水俣市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。


 本案は、地方税法等の一部を改正する法律が平成27年3月31日に公布されたことに伴い、国民健康保険税の賦課に急施を要しましたので、専決処分を行ったものであります。


 改正の内容といたしましては、国民健康保険税の算定における課税限度額の引き上げと、低所得者軽減措置の拡充であります。


 次に、議第54号専決処分の報告及び承認について、専第3号平成26年度水俣市一般会計補正予算第9号について申し上げます。


 本案は、年度末における地方債発行額の確定に伴う限度額の変更等により、予算措置に急施を要しましたので、専決処分を行ったものであります。


 今回の補正は、歳入歳出それぞれ3,821万7,000円を減額し、補正後の予算総額を歳入歳出それぞれ147億9,301万9,000円とするものであります。


 補正の内容としましては、歳出予算において事業費の確定に伴い予算額の調整を行っております。


 その財源としまして、第12款分担金及び負担金、第14款国庫支出金、第15款県支出金、第18款繰入金、第21款市債をもって調整いたしております。


 このほか、繰越明許費の補正として、湯の鶴地区観光開発事業外1件の追加、袋インター関連道路改良事業の金額の変更を計上いたしております。


 また、地方債の補正として、過疎対策事業外5件の限度額の変更を計上いたしております。


 以上、本臨時市議会に提案いたしました議第52号から議第54号までについて、順次提案理由の御説明を申し上げましたが、慎重審議を賜り、速やかに御可決いただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(福田 斉君) 以上で提案理由の説明は終わりました。


 この際、提出議案調査のためしばらく休憩いたします。


                               午後1時35分 休憩


                               ─────────


                               午後1時36分 開議


○議長(福田 斉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これから提出議案の質疑に入ります。


 議第52号専決処分の報告及び承認について質疑はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 質疑なしと認めます。


 議第53号専決処分の報告及び承認について質疑はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 質疑なしと認めます。


 議第54号専決処分の報告及び承認について質疑はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。


 ただいま質疑を終わりました議案3件は、議席に配付の議事日程記載のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。


 この際、委員会審査のためしばらく休憩します。


                               午後1時37分 休憩


                               ─────────


                               午後4時37分 開議


○議長(福田 斉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 先ほど各常任委員会に付託しておりました議案3件について、委員会審査報告書が提出されましたので、議席に配付しておきました。


 これから順次委員長の報告を求めます。


 初めに、総務産業委員長岩阪雅文議員。


  (総務産業委員長 岩阪雅文君登壇)


○総務産業委員長(岩阪雅文君) ただいま議題となりました議案のうち、総務産業委員会に付託されました議案について、委員会における審査の経過並びに結果について御報告いたします。


 まず、専決処分されました議第52号水俣市税条例等の一部を改正する条例の制定について申し上げます。


 本案は、地方税法等の一部を改正する法律が平成27年3月31日に公布されたことに伴い、市税賦課に急施を要したため専決処分を行ったものである。


 改正の内容としては、ふるさと納税の特例控除額の上限の拡充、一定の環境性能を有する軽自動車の税率の軽減、固定資産税の特例の期間延長及び課税標準の各特例措置で市町村の条例で定めるべき割合の設定、税の減免申請期限の見直し等であるとの説明を受け、質疑を行いました。


 質疑の中で、ふるさと納税をされた方で特例控除額の上限が住民税所得割の1割から2割に拡充となることについてただしたのに対し、扶養控除の関係で一律ではないが、寄附金額のうち2,000円を除き、おおむね、控除額が2割にふえるということであるとの答弁がありました。


 特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく承認すべきものと決定しました。


 次に、専決処分されました議第53号水俣市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。


 本案は、地方税法等の一部を改正する法律が平成27年3月31日に公布されたことに伴い、国民健康保険税の賦課に急施を要したため、専決処分を行ったものである。


 改正の内容としては、国民健康保険税の算定における課税限度額の引き上げと、低所得者軽減措置の拡充であるとの説明を受けました。


 特に質疑、討論もなく、採決の結果、全員異議なく承認すべきものと決定しました。


 次に、専決処分いたしました議第54号平成26年度水俣市一般会計補正予算第9号中付託分について申し上げます。


 補正の内容としては、歳出予算において事業費の確定に伴い予算額の調整を行っている。


 その財源として、第12款分担金及び負担金、第14款国庫支出金、第15款県支出金、第18款繰入金、第21款市債をもって調整している。


 このほか、繰越明許費の補正として、湯の鶴地区観光開発事業外1件の追加、袋インター関連道路改良事業の金額の変更を計上している。


 また、地方債の補正として、過疎対策事業外5件の限度額の変更を計上しているとの説明を受け、質疑を行いました。


 質疑の中で、市内の防火水槽の設置計画についてただしたのに対し、各地域の消防団からの設置要望があった場合に、財政課と協議し予算計上しているとの答弁がありました。


 また、平成26年度は合併処理浄化槽設置予定数が75基に対し、63基に補助をしたとのことだが、合併浄化槽の設置は行き渡ったと考えてよいのかただしたのに対し、平成26年度は予定よりも少ない設置数であった。平成27年度においても70基の設置を予定し、今後も引き続き設置していく必要があるとの答弁がありました。


 特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく承認すべきものと決定しました。


 以上で総務産業委員会の審査報告を終わります。


○議長(福田 斉君) 次に、厚生文教委員長田口憲雄議員。


  (厚生文教委員長 田口憲雄君登壇)


○厚生文教委員長(田口憲雄君) ただいま議題となりました議案のうち、厚生文教委員会に付託されました議第54号専第3号平成26年度水俣市一般会計補正予算第9号中付託分について、委員会における審査の経過並びに結果について御報告いたします。


 本案は、年度末における地方債発行額の確定に伴う限度額の変更等により、予算措置に急施を要したため、専決処分を行ったものである。


 補正の内容は、歳出予算における事業費の確定に伴い予算額の調整を行っている。


 その財源としては、第21款市債をもって調整している。


 このほか、繰越明許費の補正として、公害測定関係事業を追加しているとの説明を受け、質疑を行いました。


 質疑の中で、太陽光発電システム設置補助金とエコ住宅建築促進総合支援事業補助金がそれぞれ減額となっているが、それだけ応募が少なかったのかとただしたのに対し、エコ住宅建築促進総合支援事業補助金については繰越分を含め15件、太陽光発電システム設置補助金については41件の補助を行った。基本的には、予算を余裕をもって確保したうえで、募集に対する申請の実績により、減額を行ったものであるとの答弁がありました。


 また、公民館の空調設備改修工事の事業費が基金の対象外となった理由についてただしたのに対し、電気料の削減等を目的に、小さい会議室をセパレート方式、ホール等一部をチラー方式としたが、チラー方式に対しては起債の対象とならなかったものであるとの答弁がありました。


 特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく承認すべきものと決定しました。


 以上で厚生文教委員会の審査報告を終わります。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 以上で委員長の審査報告は終わりました。


 これから委員長報告に対する質疑に入ります。


 ただいまの委員長の審査報告について質疑はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 質疑なしと認め、これで委員長報告に対する質疑を終わります。


 これから討論に入ります。


 ただいままで討論の通告はありません。


 したがって討論なしと認め、これで討論を終わります。


 これから議第52号専決処分の報告及び承認についてから、議第54号専決処分の報告及び承認についてまで、3件を一括して採決します。


 本3件に対する委員長の報告はいずれも承認であります。


 本3件は、委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本3件は、いずれも委員長報告のとおり承認することに決定しました。


        ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) この際、しばらく休憩します。


                               午後4時46分 休憩


                               ─────────


                               午後4時58分 開議


○議長(福田 斉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 この際、御報告します。


 ただいま市長から、人事案2件の提出がありましたので、議席に配付しておきました。


 お諮りします。


 この際、議第55号監査委員の選任について、議第56号監査委員の選任について、以上2件を急施事件と認め、日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって議第55号監査委員の選任について、議第56号監査委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。





◎議第55号 監査委員の選任について(日程追加)


 議第56号 監査委員の選任について(日程追加)





○議長(福田 斉君) 議第55号監査委員の選任について、議第56号監査委員の選任についてを議題とします。


         ──────────────────────────


○議長(福田 斉君) 地方自治法第117条の規定により、?岡利治議員の退席を求めます。


  (?岡利治君退場)


○議長(福田 斉君) 提案理由の説明を求めます。


 西田市長。


  (市長 西田弘志君登壇)


○市長(西田弘志君) 本日臨時議会に追加提案をいたしました議案につきまして、提案理由の御説明申し上げます。


 まず、議第55号監査委員の選任について申し上げます。


 本案は、本市の監査委員として、今井光義監査委員の後任に、福山勲氏を選任いたしたく御提案申し上げるものであります。


 同氏は、税理士として事務所を開業しており、会計事務に精通し、人格、識見ともにすぐれ、本市の監査委員としましてまことに適任であると存じます。


 次に、議第56号監査委員の選任について申し上げます。


 本案は、議員のうちから選任する本市の監査委員として、牧下恭之委員の後任に、?岡利治議員を選任いたしたく御提案申し上げるものであります。


 同氏につきましては、総務産業常任委員会委員長、副議長等を歴任され、人格、識見ともにすぐれ、本市の監査委員としましてまことに適任であると存じます。


 以上、本臨時市議会に追加提案をいたしました議第55号から議第56号までについて、順次提案理由の説明を申し上げましたが、慎重審議を賜り、速やかに御同意をいただきますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(福田 斉君) 以上で提案理由の説明は終わりました。


 これから質疑に入ります。


 ただいま市長から提案理由の説明がありました本2件について質疑はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。


 お諮りします。


 ただいま質疑を終わりました本2件は、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本2件は、委員会の付託を省略することに決定しました。


 これから討論に入ります。


 本2件について討論はありませんか。


  (「なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 討論なしと認め、これで討論を終わります。


  (?岡利治君入場)


○議長(福田 斉君) これから採決します。


 議第55号監査委員の選任についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


        ──────────────────────────


  (?岡利治退場)


○議長(福田 斉君) 議第56号監査委員の選任についてを採決します。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(福田 斉君) 異議なしと認めます。


 したがって本件は、同意することに決定しました。


        ──────────────────────────


  (?岡利治君入場)


○議長(福田 斉君) 以上で今期臨時会の全日程を終了しました。


 これで平成27年第2回水俣市議会臨時会を閉会します。


                               午後5時4分 閉会








  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。








    水俣市議会 臨時議長  松 本 和 幸








          議  長  福 田   斉








          署名議員  小 路 貴 紀








          署名議員  野 中 重 男