議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 八代市

平成21年 6月定例会−06月01日-01号




平成21年 6月定例会

        ─────────────────────────────────
                  主  要  目  次
        1.全国市議会議長会永年勤続議員表彰の伝達…………………………4
        1.市長提出案件21件・説明……………………………………………8
        ─────────────────────────────────
            平成21年6月八代市議会定例会会議録(第1号)

・平成21年6月1日(月曜日)
           ─────────────────────────
・議事日程(第1号)
                        平成21年6月1日(月曜日)午前10時開議
 議長の諸報告
 第 1 会期の決定
 第 2 議案第57号・平成21年度八代市一般会計補正予算・第1号
 第 3 議案第58号・平成21年度八代市介護保険特別会計補正予算・第1号
 第 4 議案第59号・専決処分の報告及びその承認について
 第 5 議案第60号・専決処分の報告及びその承認について
 第 6 議案第61号・専決処分の報告及びその承認について
 第 7 議案第62号・専決処分の報告及びその承認について
 第 8 議案第63号・専決処分の報告及びその承認について
 第 9 議案第64号・専決処分の報告及びその承認について
 第10 議案第65号・国土利用計画(八代市計画)を定めることについて
 第11 議案第66号・八代市男女共同参画都市宣言について
 第12 議案第67号・八代市長等の給料の減額に関する条例の制定について
 第13 議案第68号・八代市都市公園条例の一部改正について
 第14 議案第69号・八代市国民健康保険条例の一部改正について
 第15 議案第70号・八代市立中学校設置条例の一部改正について
 第16 議案第71号・八代市立学校体育施設等条例の一部改正について
 第17 議案第72号・八代市公共施設の暴力団排除に関する条例の一部改正について
 第18 議案第73号・八代市商工業振興基本条例の制定について
 第19 議案第74号・八代市働く婦人の家条例の一部改正について
 第20 議案第75号・専決処分の報告及びその承認について
 第21 議案第76号・専決処分の報告及びその承認について
 第22 議案第77号・専決処分の報告及びその承認について
           ─────────────────────────
・会議に付した事件
 1.日程第 1
 1.日程第 2
 1.日程第 3
 1.日程第 4
 1.日程第 5
 1.日程第 6
 1.日程第 7
 1.日程第 8
 1.日程第 9
 1.日程第10
 1.日程第11
 1.日程第12
 1.日程第13
 1.日程第14
 1.日程第15
 1.日程第16
 1.日程第17
 1.日程第18
 1.日程第19
 1.日程第20
 1.日程第21
 1.日程第22
 1.休会の件(6月2日から同5日まで)
           ─────────────────────────
・出席議員及び欠席議員の氏名
 (1)出席議員(34人)
      1番 渡 辺 俊 雄 君        2番 村 上 光 則 君
      3番 上 村 哲 三 君        4番 成 松 由紀夫 君
      5番 鈴木田 幸 一 君        6番 橋 本 幸 一 君
      7番 田 方 芳 信 君        8番 松 浦 輝 幸 君
      9番 福 嶋 安 徳 君       10番 中 村 和 美 君
     11番 増 田 一 喜 君       12番 友 枝 和 明 君
     13番 古 嶋 津 義 君       14番 山 本 幸 廣 君
     15番 田 中   安 君       16番 島 田 正 道 君
     17番 前 田   慧 君       18番 片 山   篤 君
     19番 太江田   茂 君       20番 藤 井 次 男 君
     21番 笹 本 サエ子 君       22番 百 田   隆 君
     23番 清 水   弘 君       24番 小 薗 純 一 君
     25番 太 田 広 則 君       26番 飛 石 順 子 君
     27番 亀 田 英 雄 君       28番 木 田 哲 次 君
     29番 幸 村 香代子 君       30番 堀 口   晃 君
     31番 矢 本 善 彦 君       32番 大 倉 裕 一 君
     33番 田 中   茂 君       34番 竹 田 誠 也 君
 (2)欠席議員(なし)
          ─────────────────────────
・説明のために出席した者の職氏名
 (1) 長                  (2) 教育委員会
   市長         坂田孝志君       委員長        馬淵睦揮君
    副市長        畑坂純夫君        教育長        増田國夫君
    総務部長      江崎眞通君        教育次長      吉田浩一君
     秘書課長     北岡 博君         首席教育審議員   松永松喜君
     財政課長     山田 忍君     (3) 農業委員会
    企画振興部長    永原辰秋君       会長         宮崎建也君
    市民環境部長    上野美麿君     (4) 選挙管理委員会
    健康福祉部長兼福祉事務所長         委員長        上村正勝君
              西尾静子君     (5) 公平委員会
    商工観光部長    中間宏満君       委員長        園田禎子君
    農林水産部長    那須哲夫君     (6) 監査委員
    建設部長      松岡 博君       委員         福嶋達期君
           ─────────────────────────
・職務のために議場に出席した事務局職員の職氏名
   事務局長       松山俊哉君       次長         池田孝則君
   副主幹兼総務係長   澤井光郁君       議事調査係長     松川由美君
   主任         竹岡雅治君       主任         松永美由紀君
   主任         増田智郁君       主事         山本敏博君
   主事         村川知嘉子君
           ─────────────────────────
                (午前10時10分 開会)
○議長(渡辺俊雄君) これより平成21年6月定例会を開会いたします。
           ─────────────────────────
△全国市議会議長会表彰の伝達
○議長(渡辺俊雄君) 会議に入ります前に、去る5月27日、全国市議会議長会第85回定期総会において古嶋津義君が市議会議員として10年以上勤続の表彰を受けられました。まことにおめでとうございます。ここにその表彰を伝達し、祝意を表します。
 古嶋津義君は演壇にお進みください。
           (被表彰者 登壇。議長から表彰状を伝達。拍手)
○議長(渡辺俊雄君) 次に、市長から感謝状の贈呈がありますので、演壇のほうへお願いいたします。
           (被表彰者 登壇。市長から感謝状を贈呈。拍手)
○議長(渡辺俊雄君) おめでとうございました。
 この際、議員一同を代表して祝辞を述べるため、亀田英雄君から発言の申し出があっておりますので、これを許します。
 亀田英雄君。
                 (亀田英雄君 登壇)
◆亀田英雄君 皆さんおはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 甚だ僣越でございますが、御指名により、議員一同を代表いたしまして一言お祝いの言葉を申し上げます。
 今般の全国市議会議長会第85回定期総会におきまして、古嶋津義議員におかれましては、市議会議員として10年以上その職にあり、地方自治の育成・発展に貢献されたことにより表彰の栄に浴されましたことは、まことに喜びにたえない次第であります。ここに私たち議員一同、衷心よりお祝いを申し上げます。
 ただいま表彰を受けられました古嶋議員におかれましては、鏡町の町議会議員として13年11カ月にわたり、町民の信望を集められ要職を歴任されました。そして、市町村合併後の八代市議会議員として、円満なる御人格と卓越した御手腕、御見識をもって、議会の円滑な運営はもとより、福祉の増進や教育の充実、産業の振興のために営々と努力されてこられました。その輝かしい御功績に対し、深く敬意を表する次第でございます。
 さて、地方分権が大きく叫ばれている中、近年の地方自治体を取り巻く環境は厳しく、景気の低迷、農林水産業の低迷、過疎化など、数多くの課題を抱えています。このような中においても、自治体は住民ニーズを的確に把握し、自立し、持続可能な発展を目指していくことが求められております。
 八代市においても喫緊の課題が山積しており、市長とともに二元代表制の一翼を担う議会の果たすべき役割はますます増大しており、地方分権の時代における数々の問題に対応していくには、議会の立法機能、行政監視機能などの拡充や積極的な活動が求められています。市民に開かれた議会として、さまざまな課題に対応し、より多くの市民の声を反映し、市民の負託に的確にこたえていかなければなりません。その役割と責任を改めて自覚するものであります。
 どうか今回、表彰を受けられました古嶋議員におかれましては、今後ともますます御自愛いただきまして、八代市の発展のため、なお一層の御活躍をいただきますとともに、これからもよろしく御指導、御鞭撻いただきますようお願い申し上げまして、本日の表彰に対するお祝いの言葉とさせていただきます。
 本日は、まことにおめでとうございます。
○議長(渡辺俊雄君) 次に、市長から祝辞をいただきます。
 市長坂田孝志君。
                (市長坂田孝志君 登壇)
◎市長(坂田孝志君) 皆さんおはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 一言お祝いを申し上げます。
 このたび、地方自治の振興に貢献され、その功労によりまして、全国市議会議長会からはえある表彰を受けられました古嶋津義議員に対しまして、市民の皆様方とともに心からお祝いを申し上げます。
 古嶋議員におかれましては、旧鏡町議会議員として4期13年余、引き続き合併後の新しい八代市の市議会議員として1期3年余の長きにわたり、鏡町民あるいは八代市民の熱望と信頼を一身に集められ、町政及び市政の円滑な運営と健全な発展のために、終始一貫して御努力賜っているところでございます。
 旧鏡町議会では、各種常任委員会委員長を初め、町議会副議長、また八代市議会では、文教福祉常任委員会委員長などの要職を歴任され、円満なる人格と卓越した手腕とにより、それぞれの議会の円滑な運営に多大なる貢献をされてこられました。さらには、八代市体育協会会長として、本市のスポーツ振興にも大きく寄与いただいており、その幅広い御活躍は地域住民の皆様が広く認めているところでございまして、その輝かしい御功績に対し、心から深く敬意を表する次第でございます。
 八代市も、合併いたしましてやがて4年目を迎えようといたしております。さまざまな課題が山積している中でありますが、どうか古嶋議員におかれましては、八代市政の発展と市民福祉の向上のために、なお一層御尽力いただきますようお願い申し上げます。
 あわせて、御身御自愛なされまして、ますます御活躍いただきますことを心から祈念申し上げまして、お祝いの言葉といたします。
 まことにおめでとうございます。
○議長(渡辺俊雄君) 次に、謝辞を述べるため、古嶋津義君から発言の申し出があっておりますので、これを許します。
 古嶋津義君。
                 (古嶋津義君 登壇)
◆古嶋津義君 皆さんおはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 一言お礼のごあいさつを申し上げます。
 このたびの全国市議会議長会第85回定期総会におきまして、市議会議員として10年以上のゆえをもちまして表彰を受け、ただいま、渡辺俊雄議長から表彰状の伝達を賜り、議員を代表して亀田英雄議員、さらには、坂田孝志市長から身に余る御祝辞を賜り、まことに光栄に存ずるとともに、感激のきわみであり、終生忘れることのできない喜びであります。
 これもひとえに市民の皆様を初め、市議会議員の皆様、執行部各位、並びに関係各位の長年にわたる格別の御指導、御鞭撻のたまものでございまして、心より厚く御礼を申し上げます。
 私は、平成3年の初当選以来、諸先輩議員から教えを請いながら、微力ながら地域の発展と地方自治の本旨実現のためにいちずに取り組んでまいったわけでありまして、果たしてこのたびの栄誉を受けるにふさわしい功績を残したか、できたのかどうか、自分自身に問い直しているのが今の心境であります。
 近年、地方分権の流れが加速する中、地方政治、地方自治をめぐる問題は、ますます重要性を増し、同時に、執行機関を監視し、政策を提案する地方議会の役割と責任も格段に増大をしてきております。
 さらに本市には、九州新幹線、九州縦貫自動車道、南九州西回り自動車道、また、県内最大の国際貿易港である八代港などの交通・物流基盤の整備が進む交通の要衝としての立地条件を生かした、熊本県南随一の商業集積による拠点都市として着実に発展をいたしております。
 しかしながら、100年に一度と言われます急激な景気後退に伴う、鏡町のパナソニック・セミコンダクターディスクリートデバイスの生産中止・閉鎖、基幹産業であります農業の不振、中心市街地並びに日奈久地域の活性化対策、新清掃センター建設問題、行財政運営問題など、合併後の新しいまちづくりにはまだまだ多くの課題が山積をいたしております。
 私は、このたびの喜びと栄誉に報いるため、これら諸問題の解決と市政発展のために、より一層の研さんと精進努力を重ねて、誠心誠意、全力投球で引き続き今後の議会活動に取り組んでまいる所存であります。
 何とぞ皆様方におかれましては、今までに増しての御厚情により御指導、御鞭撻を賜りますよう心よりお願いを申し上げまして、甚だ簡単粗辞ではございますが、お礼の言葉とさせていただきます。
 本日は、まことにありがとうございました。(拍手)
○議長(渡辺俊雄君) 以上で全国市議会議長会からの表彰の伝達を終わります。
           ─────────────────────────
△議長の諸報告
○議長(渡辺俊雄君) 諸般の報告をいたします。
 本日、市長から議案21件が送付され、受理いたしました。
 その余の報告は、朗読を省略いたします。
           ─────────────────────────
○議長(渡辺俊雄君) これより本日の会議を開きます。
           ─────────────────────────
△日程第1
○議長(渡辺俊雄君) 日程第1・会期の決定を議題といたします。
○議長(渡辺俊雄君) お諮りいたします。
 本定例会の会期は、本日から6月19日までの19日間としたいが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡辺俊雄君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
           ─────────────────────────
△日程第2〜22
○議長(渡辺俊雄君) 日程第2から日程第22まで、すなわち議案第57号から同第77号までの議案21件を一括議題とし、これより提出者の説明を求めます。
 市長坂田孝志君。
                (市長坂田孝志君 登壇)
◎市長(坂田孝志君) 今回の定例市議会に提案をいたしております議案の説明に先立ちまして、不適正な事務処理の件に関しまして、一言申し述べさせていただきます。
 3月から実施をいたしておりました調査の結果、本市におきましても物品調達に係る不適正な事務処理が行われていたことにつきまして、市民の皆様方の信頼を大きく裏切り、議員の皆様方を初め、関係者の皆様方に大変な御迷惑をおかけいたしましたことを、心から深くおわび申し上げます。
 昨年度中にも不祥事が発生し、市政への信頼回復に向けて全力で取り組んできたにもかかわらず、このような行為が行われていたことは、まことに申しわけなく、大変遺憾に思っております。
 このような事態を厳粛に受けとめ、関与しました管理監督職員に対しまして、厳正なる処分を行うとともに、強い危機感を持って再発防止と信頼回復に取り組むよう幹部職員に直接訓示を行い、全職員に対して綱紀の粛正について通知を行ったところであります。
 また、事態の重大さを勘案し、私を初めとする市執行部四役の懲罰について、本議会に提案いたしておるところでございます。
 今後は、職員の意識改革や物品調達及び予算執行に関するシステムの改善について、具体的な方策を立て職員への周知徹底を図るなど、再発防止に徹底して取り組み、全職員一丸となって、市政の一日も早い信頼回復に向けて、全力を傾注してまいる所存でございます。
 それでは、最近における幾つかの市政の動向について御報告申し上げます。
 まず、全世界の多くの人に健康被害をもたらしております新型インフルエンザ対策につきましては、国・県の新型インフルエンザ対策行動計画に基づき、本市におきましても八代市新型インフルエンザ対策行動計画を策定し、必要な対策を講じていくことといたしております。
 現在、行われている対策としまして、県は、八代市を含む各地の保健所に発熱相談センターを設置し、突然の高熱などインフルエンザと思われる症状がある方の相談を受け付けておりますが、本市におきましても、土曜、日曜、祝日を含む毎日午前9時から午後5時半まで、健康増進課内に電話相談窓口を設置し、新型インフルエンザに対する問い合わせに対応するとともに、広報やつしろ、市のホームページなどを通じまして、発熱相談センター等の設置についての広報を行っております。
 また、初めての国内感染が確認された翌日の5月17日、八代市新型インフルエンザ対策本部を設置し、行動計画にのっとった各課の対応について検討・確認作業を行うとともに、全世帯に感染防止策など新型インフルエンザ対策を周知するチラシを配布し、感染しないよう注意を呼びかけております。
 今後につきましても、広く市民に対しまして、日ごろからのせきをする際のエチケットや手洗い、うがいの励行など、有効な感染予防策の周知徹底を図るとともに、国・県の動向を踏まえ、ウイルスの特徴や感染拡大の状況に応じて柔軟に対応してまいりたいと考えております。
 次に、鏡町のパナソニック・セミコンダクターディスクリートデバイス熊本が、生産をことし9月に終了し、来年3月で工場を閉鎖することとなった件につきまして、市といたしましては、発表があった翌日の3月28日に緊急雇用対策本部会議を開催し、3月30日には、従業員の方々を対象とした相談窓口を企業港湾課と鏡支所に開設いたしました。また同日には、鏡町の熊本本社へ、4月3日には、京都市の親会社へ直接出向き、何とか事業の継続をしていただくよう強く要請してきたところであります。
 さらに、4月20日には、県地域振興局や労働関係機関、商工団体、金融関係などから成る対策会議を発足し、今後は、月に一度のペースで会議を設け、関係機関との情報交換を図りながら、雇用対策などの検討を進めてまいりたいと考えております。
 次に、開湯600年を迎えた日奈久温泉に関しまして、新しい温泉センターの愛称が決定いたしました。愛称は、八代の特産品にちなんだ、ばんぺい湯──湯はお湯の湯でございます、でございまして、市内外からの313点の応募の中から選ばれ、特産品の晩白柚のように多くの人々に愛され親しまれる温泉にとの願いが込められたものでございます。
 また、日奈久平成町に整備中の公園につきましても、このたび公園の名称を公募いたしましたところ、137点の応募があり、それをもとに、夢がたくさん詰まった広々とした公園、海や日奈久温泉の近くにある一日じゅう遊べる公園という意味を込め、日奈久ドリームランド「シー・湯・遊」──シーは片仮名、湯はお湯の湯、もう一つの遊は遊ぶというのであります、に名称を決定したしたところでございます。
 両施設とも日奈久温泉を全国へPRする拠点施設として大きな期待を寄せるものでございます。
 なお、新温泉センター・ばんぺい湯は、7月18日のオープンを、日奈久ドリームランド「シー・湯・遊」は、8月2日に開園式を予定いたしております。
 次に、市民生活の安定、地元購買による事業者の支援及び地産地消の促進を図り、家計への緊急支援として実施される定額給付金事業を消費に結びつけ本市の経済の活性化に寄与するために、八代市地域活性化券事業を実施いたしました。この元気券の販売に当たっては、去る4月25日に販売を開始し、通町商店街のぼたもちのプレゼントやアーケード街独自の商品券プレゼントなど、各商店街や事業所の協力のおかげで、4月末日には完売となりました。購入された市民の皆様方から、みんなが笑顔になれた、プレミアがついて主婦にはうれしい限り、また販売してもらいたいなど購入してよかったという声がたくさん寄せられております。また、現在、1400件を超える事業所に登録いただいており、この元気券が、地元経済の活性化につながりますことを大いに期待いたしているところでございます。
 次に、4月25日、瀬戸内海で運航されている国内定期コンテナ航路が八代港まで延伸されることとなり、この航路開設を祝う記念式典が八代港のコンテナターミナルでとり行われました。新しい航路は、神戸、大阪、博多などを結ぶ瀬戸内海航路を開設するもので、週1回、八代港まで延伸され、南九州の農産物や工場の原材料などを運びます。国内定期コンテナ航路の開設は県内では初めてであり、八代港のさらなる飛躍が期待されるものでございます。
 このような中、八代港におきましては、昭和34年に重要港湾の指定を受け、本年50周年を迎えますことから、去る5月17日に八代港重要港湾指定50周年記念式典をとり行いました。この50周年を新たな契機といたしまして、熊本県最大の国際貿易港であることを内外にPRしてまいりますとともに、官民一体となったポートセールス活動をさらに積極的に推進してまいりたいと考えております。
 また、企業立地促進法の施行に伴い本市が策定し、昨年、国の同意を得ておりました八代市港湾利用型産業集積形成基本計画に、対象業種として、新たに運輸業、卸売業を加えた、新しい八代市港湾利用・物流拠点型産業集積形成基本計画が、本年3月25日に農林水産大臣、経済産業大臣及び国土交通大臣の同意を得ることとなりました。
 水深14メートル岸壁の建設が進んでおります八代港や全線開業を控えた九州新幹線、また、芦北まで供用が開始されました南九州西回り自動車道など、九州の物流における八代市の地理的優位性を生かして、九州・アジアのゲートウェイを目指してまいります。
 次に、八代市男女共同参画計画について、計画策定が完了し、4月1日から施行の運びとなりました。この計画は、新市になってからの新たな策定であり、市民意識調査や審議会、市民ワークショップ、パブリックコメントなどを経て、市民の皆様の意見を十分に反映したものとなっており、男性の仕事と生活の調和、女性の社会参画に重点を置いて、市民と行政が一体となって取り組んでいこうという内容でございます。
 なお、8月1日に男女共同参画宣言都市記念式典を開催し、本議会に御提案させていただいております男女共同参画社会づくりに取り組むための都市宣言を行い、男女共同参画社会の実現が市の責務であることを内外にアピールし、市民や事業者などに男女共同参画社会づくりに対する機運を広く醸成してまいりたいと考えております。
 また、新しい八代市文化振興計画を平成21年3月に策定いたしました。平成21年度から29年度にかけて、この計画に基づいて、文化の薫り高いまちづくりを進めることとなります。この計画は、合併による新しい市域において、文化・風土の異なるそれぞれの地域の特性を生かしながら、文化の継承・活用と新たな創造を総合的に推進していく基本指針となるものでございます。
 次に、八代工業高等専門学校との連携による企業誘致ホームページを作成し、5月1日に開設の運びとなりました。自治体が行う企業誘致のためのホームページを高等教育機関が作成するのは全国でも珍しい取り組みであり、本市が高い技術を持った人材を輩出している場所であることを全国にPRしてまいりたいと思っております。
 次に、本市の市民オペラ「アグネス」が、第19回くまもと県民文化賞に選ばれました。江戸時代に八代で殉教したキリシタン女性を題材に、多くの市民が力を合わせて、手づくりで取り組んだ活動が高く評価されたものでございまして、実行委員会を初め関係者の皆様に、心よりお喜びを申し上げたいと存じます。
 また、坂本町葉木の大門観音堂の鰐口及び大門薬師堂の鰐口が、ともに熊本県指定重要文化財に決定いたしました。正式な指定日は6月上旬とのことでございますが、県内に現存するもので最古──最も古い、及び4番目に古く、奉納の経緯が明らかなことが評価されたものでございます。
 次に、第14回全国青年・女性漁業者交流大会の流通・消費拡大部門で、鏡町漁業協同組合女性部の皆さんが水産庁長官賞を受賞されました。女性部の皆さんは色落ちなどして板ノリにできないノリを何とか生かせないかと、新製品の丸干しノリ・粒っこを開発され、風味がよく、食物繊維も豊富で、さまざまな料理に応用できると高い評価を受けたものでございます。
 次に、八代市立第四中学校相撲部が、去る4月26日に鳥取県倉吉市で開催されました全国選抜琴櫻記念中学校相撲選手権大会で見事初優勝を飾りました。まさに日ごろの厳しい練習の成果であろうと、選手諸君や関係者の皆様方に心からお祝いを申し上げたいと存じます。
 次に、5月8日から10日までの3日間にわたりまして第15回九州国際スリーデーマーチ2009が開催されました。今回は、国際マーチングリーグ加盟審査大会、また、日本マーチングリーグ公式大会として行われ、国際協会のディルク・ブーバー事務総長を初め、イギリス、ドイツ、韓国などからの参加もございました。また、本市御出身の八代亜紀さんや陣内貴美子さんに加えて、さくらプリンセスも参加され、前回より5000人多い、2万人近いウオーカーで大変なにぎわいを見せたところでございます。
 次に、5月17日には八代市総合防災訓練を実施いたしました。当日は、小雨降る中、豪雨災害や日奈久断層を震源とした地震の発生に備えるため、災害対処の訓練を実施し、自衛隊、警察、消防などの防災関係機関との連携強化を図るとともに、迅速なライフラインの復旧活動、自主防災会やボランティア団体による住民参加の防災活動を推進するという所期の目的を達成することができ、市民に対する防災意識の啓発にもつながったものと思っております。今後も、あらゆる災害に対処できるよう防災体制の充実強化に努めてまいります。
 次に、本市が今年度に計画しております地域イベントのトップを切って、5月24日に鏡町でふる郷愛鏡祭が開催され、大変な盛り上がりを見せ、市内外から多くの参加者、観光客が集まり、地域の活性化に寄与したものと思っております。
 また、同日には、テレビ番組などで人気の高い米村でんじろうサイエンスショーが八代市厚生会館で開催され、多くの子供たちが観覧し、科学や理科の楽しさとおもしろさを感じてもらえたものと確信いたしておるところであります。
 以上、市政の動向について申し述べさせていただきました。
 さて、本議会に提案いたしております議案は、予算議案2件、事件議案11件、条例議案8件、計21件でございます。
 順次その概要について御説明を申し上げます。
 まず、予算議案でございますが、議案第57号の平成21年度八代市一般会計補正予算・第1号では、歳入歳出予算に1億0930万円を追加し、補正後の総額をそれぞれ503億2370万円といたしております。
 その主な内容でございますが、国・県の補助内示に伴うものといたしまして、消費者行政活性化基金活用事業を実施いたします。本年7月から振り込め詐欺や多重債務等の相談窓口の充実を図るため、本庁舎内に消費生活センターを設置するとともに、事業の拡充を図ってまいります。
 また、農業関係におきまして、県の補助採択を受けて、ハウス内の内張りカーテンや循環扇の導入などに対し、補助を行うことといたしております。
 次に、八代港県営事業負担金は、事業費の増額内示に伴います本市の負担分の増額でございます。
 次に、市内の個人及び企業より御寄附をいただきましたことから、国見岳登山道進入道路ののり面工事や、学校・幼稚園へのプランターや花の苗などの配布を行うことといたしております。
 以上が、一般会計補正予算の主な内容でございます。
 次に、議案第58号の平成21年度八代市介護保険特別会計補正予算・第1号では、歳入歳出予算に7248万1000円を追加し、補正後の総額を111億2417万9000円といたしております。内容としましては、20年度に概算交付されました支払基金交付金や国・県負担金の超過交付されたものを返還するものでございます。
 以上が、予算についての説明でございます。
 次に、別冊となっております事件議案及び条例議案について御説明を申し上げます。
 事件案件のうち、議案第59号から議案第64号までは、専決処分した案件につきまして、地方自治法第179条第3項の規定により議会に報告し、その承認を求めるものでございます。
 議案第59号は、平成20年度八代市一般会計の補正予算に係る専決処分でございます。内容は、財政調整基金への積立金の補正を行ったものでございます。
 議案第60号及び議案第61号は、地方税法の一部改正に伴い、八代市市税条例及び八代市国民健康保険税条例の一部改正を専決処分したものでございます。
 議案第62号は、長期優良住宅の普及の促進に関する法律が制定されたことに伴い、八代市手数料条例の一部改正を専決処分したものでございます。
 議案第63号及び議案第64号は、平成21年度八代市老人保健医療特別会計及び公共下水道事業特別会計の補正予算に係る専決処分でございます。内容は、いずれも、平成20年度決算において歳入不足が生じたことから、平成21年度予算をもって繰り上げ充用を行ったものでございます。
 次に、議案第65号の国土利用計画(八代市計画)を定めることについては、国土利用計画法に基づき、八代市域における国土の利用に関する基本的事項を定めるものでございます。
 議案第66号の男女共同参画都市宣言については、男女共同参画社会の実現に向けての機運を広く醸成し、市を挙げて男女共同参画社会づくりに取り組むため都市宣言を行うものでございます。
 議案第67号の八代市長等の給料の減額に関する条例の制定については、市職員の物品調達に関する不適正な事務処理の問題を重く受けとめ、管理監督者である市長などの減給処分を行う条例を制定するものでございます。
 議案第68号の八代市都市公園条例の一部改正については、日奈久ドリームランド「シー・湯・遊」の設置に伴い、施設の使用料等を定めるものでございます。
 議案第69号の八代市国民健康保険条例の一部改正については、健康保険法施行令の一部改正に伴い、出産育児一時金の額を引き上げるものでございます。
 議案第70号・八代市立中学校設置条例の一部改正について、及び議案第71号の八代市立学校体育施設等条例の一部改正については、八代市立第八中学校の校舎と体育館の建てかえに伴い、学校の位置を変更し、及び一般の利用に供する屋内運動場の使用料を追加するものでございます。
 議案第72号の八代市公共施設の暴力団排除に関する条例の一部改正については、日奈久温泉施設条例の全部改正に伴い、字句を修正するものでございます。
 議案第73号・八代市商工業振興基本条例の制定については、八代市の商工業の持続的な発展を促進するため、商工業振興の基本理念となる条例を制定するものでございます。
 議案第74号の八代市働く婦人の家条例の一部改正については、体育室への冷暖房設備の設置に伴い、当該設備の使用料を定めるものでございます。
 議案第75号から議案第77号までは、人事院勧告を受け、国家公務員の平成21年6月期の期末手当等が引き下げられることにあわせ、市の一般職及び市長等特別職並びに市議会議員の期末手当等を引き下げるもので、八代市一般職員の給与に関する条例のほか2条例の一部改正を専決処分したものでございます。
 なお、別冊として予算繰越報告書、八代市土地開発公社経営状況報告書、八代市学校給食会経営状況報告書、サンライフ八代経営状況報告書、八代市社会福祉事業団経営状況報告書及び請願陳情処理状況報告書を提出いたしております。
 以上が、本議会に提案いたしております議案の概要でございます。
 今回提案いたしております議案につきまして、よろしく御審議の上、何とぞ速やかに御賛同くださるようお願いを申し上げ、提案理由の説明といたします。
○議長(渡辺俊雄君) 以上で提出者の説明を終わります。
           ─────────────────────────
○議長(渡辺俊雄君) 日程第2から日程第22までの21件の議事をしばらく中止いたします。
           ─────────────────────────
△休会の件
○議長(渡辺俊雄君) この際、休会の件についてお諮りいたします。
 明6月2日から同5日まで休会といたしたいが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡辺俊雄君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
           ─────────────────────────
○議長(渡辺俊雄君) 日程第2から日程第22までの21件の議事を再開いたします。
           ─────────────────────────
○議長(渡辺俊雄君) この際、お諮りいたします。
 本21件に対する本日の議事は、この程度にとどめ、延会といたしたいが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡辺俊雄君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
 なお、明2日から7日までは休会とし、次の会議は8日定刻に開き、質疑並びに一般質問を行います。
 質疑、質問御希望の諸君は、明2日午前10時までに発言通告書を御提出ください。
○議長(渡辺俊雄君) 本日はこれにて延会いたします。
                (午前10時54分 延会)