議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 八代市

平成19年 6月定例会−06月04日-01号




平成19年 6月定例会

        ─────────────────────────────────
                  主  要  目  次
        1.市長提出案件23件・説明……………………………………………5
        ─────────────────────────────────

            平成19年6月八代市議会定例会会議録(第1号)

・平成19年6月4日(月曜日)
           ─────────────────────────
・議事日程(第1号)
                          平成19年6月4日(月曜日)午前10時開議
 議長の諸報告
 第 1 会期の決定
 第 2 議案第52号・平成19年度八代市一般会計補正予算・第1号
 第 3 議案第53号・平成19年度八代市老人保健医療特別会計補正予算・第2号
 第 4 議案第54号・平成19年度八代市診療所特別会計補正予算・第1号
 第 5 議案第55号・専決処分の報告及びその承認について
 第 6 議案第56号・専決処分の報告及びその承認について
 第 7 議案第57号・専決処分の報告及びその承認について
 第 8 議案第58号・専決処分の報告及びその承認について
 第 9 議案第59号・専決処分の報告及びその承認について
 第10 議案第60号・専決処分の報告及びその承認について
 第11 議案第61号・専決処分の報告及びその承認について
 第12 議案第62号・専決処分の報告及びその承認について
 第13 議案第63号・専決処分の報告及びその承認について
 第14 議案第64号・専決処分の報告及びその承認について
 第15 議案第65号・専決処分の報告及びその承認について
 第16 議案第66号・専決処分の報告及びその承認について
 第17 議案第67号・八代市総合計画基本構想を定めることについて
 第18 議案第68号・あらたに生じた土地の確認について
 第19 議案第69号・町区域の変更について
 第20 議案第70号・市道路線の廃止について
 第21 議案第71号・市道路線の認定について
 第22 議案第72号・契約の締結について
 第23 議案第73号・八代市東陽地域福祉保健センター条例の一部改正について
 第24 議案第74号・やつしろハーモニーホール条例の一部改正について
           ─────────────────────────
・会議に付した事件
 1.日程第 1
 1.日程第 2
 1.日程第 3
 1.日程第 4
 1.日程第 5
 1.日程第 6
 1.日程第 7
 1.日程第 8
 1.日程第 9
 1.日程第10
 1.日程第11
 1.日程第12
 1.日程第13
 1.日程第14
 1.日程第15
 1.日程第16
 1.日程第17
 1.日程第18
 1.日程第19
 1.日程第20
 1.日程第21
 1.日程第22
 1.日程第23
 1.日程第24
 1.休会の件(6月5日から同8日まで)
           ─────────────────────────
・出席議員及び欠席議員の氏名
 (1)出席議員(34人)
      1 番 山 本 幸 廣 君       2 番 清 水   弘 君
      3 番 島 田 正 道 君       4 番 成 松 由紀夫 君
      5 番 鈴木田 幸 一 君       6 番 村 上 光 則 君
      7 番 田 方 芳 信 君       8 番 増 田 一 喜 君
      9 番 福 嶋 安 徳 君      10 番 渡 辺 俊 雄 君
     11 番 片 山   篤 君      12 番 友 枝 和 明 君
     13 番 太江田   茂 君      14 番 古 嶋 津 義 君
     15 番 百 田   隆 君      16 番 上 村 哲 三 君
     17 番 藤 井 次 男 君      18 番 松 浦 輝 幸 君
     19 番 橋 本 幸 一 君      20 番 中 村 和 美 君
     21 番 笹 本 サエ子 君      22 番 田 中   安 君
     23 番 小 薗 純 一 君      24 番 前 田   慧 君
     25 番 太 田 広 則 君      26 番 飛 石 順 子 君
     27 番 亀 田 英 雄 君      28 番 木 田 哲 次 君
     29 番 幸 村 香代子 君      30 番 堀 口   晃 君
     31 番 矢 本 善 彦 君      32 番 大 倉 裕 一 君
     33 番 田 中   茂 君      34 番 竹 田 誠 也 君
 (2)欠席議員(なし)
           ─────────────────────────
・説明のために出席した者の職氏名
 (1) 長                   (2) 教育委員会
   市長        坂田孝志君        委員長       馬淵睦揮君
    副市長       片岡楯夫君         教育長       増田國夫君
    副市長       佐藤克英君          教育次長     吉田浩一君
    総務部長     江崎眞通君          首席教育審議員  松永松喜君
     秘書課長    北岡 博君      (3) 農業委員会
     財政課長    山田 忍君         会長        宮崎建也君
    企画振興部長   小笠原亨君      (4) 選挙管理委員会
    市民環境部長   坂田憲治君        委員        小嶋宣雄君
    健康福祉部長兼福祉事務所長       (5) 公平委員会
             松永純一君        委員        園田禎子君
    商工観光部長   尾崎信一君      (6) 監査委員
    農林水産部長   宮田隆則君        委員        福嶋達期君
    建設部長     増田 厚君
           ─────────────────────────
・職務のために議場に出席した事務局職員の職氏名
    事務局長     本田 勉君       次長         桑崎雅介君
    総務係長     丸山尊司君       議事調査係長     松川由美君
    主任       竹岡雅治君       主任         増田智郁君
    主任       松永美由紀君      主事         豊田恵美子君
    主事       山本敏博君
           ─────────────────────────
                (午前10時12分 開会)
○議長(山本幸廣君) これより平成19年6月定例会を開会いたします。
           ─────────────────────────
△議長の諸報告
○議長(山本幸廣君) 諸般の報告をいたします。
 本日、市長より議案23件が送付され、受理いたしました。
 その余の報告は、朗読を省略いたします。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) これより本日の会議を開きます。
           ─────────────────────────
△日程第1
○議長(山本幸廣君) 日程第1・会期の決定を議題といたします。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 本定例会の会期は、本日から6月22日までの19日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
           ─────────────────────────
△日程第2〜24
○議長(山本幸廣君) 日程第2から日程第24まで、すなわち議案第52号から同第74号までの議案23件を一括議題とし、これより提出者の説明を求めます。
 市長坂田孝志君。
                 (市長坂田孝志君 登壇)
◎市長(坂田孝志君) 皆さんおはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 今回の定例市議会に提案いたしております議案の説明に先立ちまして、一言申し述べさせていただきます。
 去る5月28日、松岡利勝農林水産大臣が亡くなられました。
 松岡大臣は、農林水産省の御出身で、国会の場におかれても、農林水産業政策の第一人者として長い間御活躍され、熊本県はもとより、我が国の農林水産業振興に多大な貢献をされてこられました。農林水産大臣に就任されてからも、鳥インフルエンザ対策や中国への米輸出問題など数々の難題を、持ち前の行動力と情熱、すぐれた指導力で解決され、今後の御活躍が期待されていたところであります。また、本市の課題でありますイグサ価格安定対策などにも熱心に取り組んでいただいておりましただけに、突然の悲報に接し、まことに残念でなりません。
 また、去る4月17日、伊藤一長長崎市長が、暴漢に銃撃されるという極めて凶悪な事件により亡くなられました。
 伊藤市長は、被爆地長崎の市長として、世界平和を願い、核廃絶を強く呼びかけられるとともに、愛する郷土長崎の発展のため、3期12年にわたり御尽力され、多くの方々の期待にこたえ、4期目の選挙戦の最中、志半ばにおいて凶弾に倒れられました。御遺族の深い悲しみを推察いたしますと、断腸の思いであります。
 ここに、松岡前農林水産大臣、伊藤前長崎市長の御冥福を、市民の皆様とともに心よりお祈り申し上げます。
 それでは、最近における幾つかの市政の動向について御報告を申し上げます。
 初めに、八代港の整備につきまして、市民の悲願でありました5.5万トン級船舶に対応する水深14メートル岸壁の整備が、平成19年度では全国で唯一新規着工されることが決定いたしました。これまで市議会及び地元の経済界と一体となって要望活動を行ってまいりましたことが、実を結んだものと思っております。
 5.5万トン級岸壁が完成いたしますと、九州では、北九州港、博多港に次いで3番目に深い公共岸壁を有する港となり、現在よりも大型の船舶が入港することが可能となります。それにより、輸送の効率化が図られ、地域経済の活性化はもとより、新たな企業の進出、それに伴う雇用の増大などの波及効果が期待されているところでございます。
 今後は、早期完成を目指して全力を尽くしてまいりたいと考えております。
 続きまして、地域経済の活性化や地域雇用の創出を実現することを目的として創設された地域再生法に基づきまして平成19年1月25日付で国に申請いたしておりました八代地域再生計画が、平成19年3月30日付で内閣総理大臣認定を受け、5月21日、首相官邸において、安倍総理大臣より認定書の交付を受けてまいりました。
 認定により、国の支援のもと、山間地と平野部を結ぶ道路網を整備し、森林施業の効率化・生産コスト低減による森林施業の促進を図るとともに、漁港等のしゅんせつを行い、安全な航行と出漁機会の増加を図り、本市の恵まれた環境資源を生かした地域活性化を目指してまいります。
 次に、平成18年4月から策定に向け取り組み、改正中心市街地活性化法に基づき、平成19年3月30日付で国に対し認定申請を行っておりました八代市中心市街地活性化基本計画につきまして、平成19年5月28日付で内閣総理大臣認定を受け、5月31日に首相官邸において、渡辺地域活性化担当大臣より認定書の交付を受けてまいりました。認定は、全国第1号認定となった青森市、富山市に続くもので、九州では、熊本市、豊後高田市、宮崎市とともに初の認定となります。
 認定により、国の重点的な支援を受け、八代市中心市街地活性化協議会が中心となり、商業者、地域住民、行政など、関係機関一丸となって中心市街地活性化に取り組んでまいりたいと考えております。
 その計画区域内の八代サティ跡地では、5月16日に、株式会社J・P・C所有の大型商業施設の起工式が行われたところでございます。9月ごろにオープンの予定で、1階に食品を中心とした24時間型スーパーのマックスバリュ九州が、2階には屋内テニス場やギャラリー、貸し店舗などが入る予定のほか、本市の子育て支援施設であるこどもプラザも入居を予定いたしております。この事業に対し、6月1日に、経済産業省の戦略的中心市街地商業等活性化支援事業費補助金の交付先として決定がなされたところであり、計画認定に伴う支援策としては、九州で初めてでございます。
 また、サンリブ跡地には、現在、マルショク八代店が食料品専門店を建設中であり、6月中旬にオープンの予定となっており、両施設とも、本市の顔である中心市街地活性化のための施設として大いに期待を寄せるものでございます。
 次に、昨年度から始めました元気が出る産業活性化支援事業についてでございますが、昨年は6回の審査会を開催し、新商品の開発、新技術の導入、販路開拓に係る経費など、農業関係126件、水産業関係2件、林業関係3件、商業・観光関係8件、工業関係4件で、合わせて143件の事業が実施されたところであります。イグサ色彩選別機や施設野菜に取り組む際のハウスの導入など、導入された皆様から、活用してよかったという声も多く聞かれております。
 本年度の審査会も年6回開催予定であり、5月、第1回目の審査会を開催し、農業関係41件、商業・観光関係3件、工業関係3件が承認されたところであります。
 本年度までの事業になりますので、ことしも多くの市民の皆様方にこの支援事業を積極的に御活用いただき、市民の皆様のやる気と元気を支援し、地元景気の浮揚につながるよう努めてまいります。
 次に、福岡ソフトバンクホークスの松中信彦選手からの申し出によりまして、新幹線新八代駅東側に松中信彦スポーツ記念館──仮称──を建設され、その後、市に寄附されることとなり、3月20日、覚書の調印式を行いました。さらに、福岡ソフトバンクホークスとも、スポーツ振興などで連携していくことを確認した総合交流宣言を行い、新八代駅周辺の活性化や、八代市のスポーツ振興などに大いに寄与するものと期待をいたしておるところでございます。
 次に、5月20日には、八代市総合防災訓練を実施いたしました。訓練では、水防及び地震災害対処の訓練に加え、武力攻撃を想定した国民保護に関する訓練などを実施し、自衛隊、警察、消防などの防災関係機関との連携強化を図るとともに、迅速なライフラインの復旧活動、自主防災会やボランティア団体による住民参加の防災活動を推進するという所期の目的を達成することができました。当日は多くの市民の皆様の観覧があり、市民に対する防災意識の啓発にもつながったものであると思っております。今後も、あらゆる災害に対処できるよう、防災体制の充実強化に努めてまいります。
 次に、長崎市長銃撃事件や熊本市役所で包丁を持った男が現行犯逮捕される事件が4月に相次ぎ発生したことなどから、5月15日に、県警察本部の御協力を得て、職員に対し不当要求行為防止に関する研修を実施するとともに、不審者等への防犯対策として、5月21日から、順次、さすまたを、本庁12カ所や各支所、出張所に配備しているところでございます。
 なお、5月25日には、警察からの事前通報により、職員が不審者をさすまたで取り押さえるという事件が本市でも発生し、早速、その効果があらわれたものと思っております。
 今後、庁舎内等での不審者に対応するため、八代警察署の御協力をいただき、さすまたの使用方法などについて訓練の実施も予定いたしており、さらなる防犯対策に努めてまいります。
 次に、旧東陽村・泉村で、地元産材の活用と雇用の場の確保のために設立された株式会社氷川につきましては、先日、会社から、これ以上存続は無理であるという報告を受け、大株主として検討した結果、会社側の意向を尊重せざるを得ないと判断いたしました。結果的に、市民の皆様の大切な財産を消滅させたことに対しまして、まことに申しわけなく思っているところでございます。
 次に、本市が今年度に計画しております地域イベントのトップを切って、5月27日に鏡町でふる郷愛鏡祭が、また、昨日、泉町で特産品まつりがそれぞれ開催されました。両イベントとも大変な盛り上がりを見せ、市内外からの多くの参加者、観光客が集まり、地域の活性化に寄与したものと思っております。
 次に、7月に入札予定の建築、土木工事の各1件で、指名競争入札の一部見直しを視野に入れながら、新たな試みとして、今回、制限つき一般競争入札を試行いたします。これは、事業所の所在地または当該契約に係る工事等について、経験もしくは技術的適性の有無等に関する資格を定め、当該資格を有する不特定多数の者に競争をさせるもので、公平性・透明性及び競争性を一層高めるとともに、落札率の変動などを検証し、その効果を見きわめたいと考えております。
 以上、市政の動向について申し述べさせていただきました。
 さて、本議会に提案いたしております議案は、予算議案3件、事件議案18件、条例議案2件でございます。
 順次その概要について御説明を申し上げます。
 まず、予算議案でございますが、議案第52号の平成19年度八代市一般会計補正予算・第1号では、歳入歳出予算に17億1910万円を追加し、補正後の総額をそれぞれ519億1730万円といたしております。
 その主な内容でございますが、まず、サティ八代店跡地に現在建設中の大型商業施設内にこどもプラザ──仮称──を設置し、子育て支援の拠点となるつどいの広場事業、育児について助け合う会員組織であるファミリー・サポート・センター事業をあわせて実施いたします。この施設の設置により、本市における次世代育成支援策を一層推し進めることといたします。なお、先日認定を受けました中心市街地活性化基本計画の事業メニューの一つでもあることから、中心市街地への集客効果も期待いたしているところであります。
 次に、経営構造対策事業におきまして、農業生産総合対策事業からの組みかえや追加採択など、JAやつしろが実施しますハウスの建設に対し、補助を行うことといたしております。
 続きまして、八代市土地開発公社に埋め立て・造成を業務委託しておりました日奈久埋立地の取得を行い、埋立地内に防災機能や集客機能を兼ね備えた多目的広場や道路を整備するための設計などを実施いたします。これにより、JRA誘致の早期実現を確かなものとするとともに、日奈久温泉開湯600年を迎える日奈久地域全体の活性化を目指してまいります。
 次に、去る2月の火災により焼失し、一日も早い復旧が望まれております植柳小学校体育館につきましては、本年度の卒業式を新しい体育館でとり行えるよう建設に着手いたします。あわせて、体育の授業に必要な備品などを購入いたします。
 また、国の研究指定を受け、種山小学校で、小学校における英語活動等国際理解活動推進事業を実施いたします。
 以上が、一般会計補正予算の主な内容でございます。
 次に、議案第53号の平成19年度八代市老人保健医療特別会計補正予算・第2号では、歳入歳出予算に5870万円を追加し、補正後の総額を156億4240万5000円といたしております。内容としましては、18年度に概算交付されました支払基金交付金などの超過交付されたものを返還するものでございます。
 議案第54号の平成19年度八代市診療所特別会計補正予算・第1号では、歳入歳出予算に54万3000円を追加し、補正後の総額を7595万4000円といたしております。内容としましては、下岳診療所の在宅酸素療法患者用の酸素濃縮装置等のリース契約を行うものでございます。
 続きまして、事件議案及び条例議案について御説明を申し上げます。
 事件議案のうち、議案第55号から議案第66号までは、専決処分した案件につきまして、地方自治法第179条第3項の規定により議会に報告し、その承認を求めるものでございます。
 議案第55号は、熊本県市町村総合事務組合規約の一部改正についての専決処分でございます。内容は、組織する地方公共団体数の減少、共同処理する事務の変更及び地方自治法改正に伴う改正でございます。
 議案第56号は、八代市重度心身障害者医療費助成に関する条例の一部改正の専決処分でございます。内容は、熊本県の規定改正に伴い、受給資格者及び一部負担金の定義を改正したものでございます。
 議案第57号は、八代市市税条例の一部改正の専決処分でございます。内容は、地方税法の改正に伴い、市たばこ税の税率、固定資産税の減額措置等を改正したものでございます。
 議案第58号は、八代市国民健康保険税条例の一部改正の専決処分でございます。内容は、地方税法施行令の改正に伴い、課税限度額を改正したものでございます。
 議案第59号は、八代市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正の専決処分でございます。内容は、法律の改正に合わせ、扶養手当月額を改正したものでございます。
 議案第60号は、八代市職員定数条例の一部改正の専決処分でございます。内容は、市長部局と教育委員会の組織再編に伴い定数を改正したものでございます。
 議案第61号は、平成18年度八代市一般会計の補正予算に係る専決処分でございます。内容は、後期高齢者医療制度の創設に伴う電算システム開発の準備経費や、職員の死亡等に伴う退職手当、日奈久温泉施設特別会計などへの繰出金が主なものでございます。
 議案第62号及び議案第63号は、平成18年度八代市国民健康保険特別会計及び介護保険特別会計の補正予算に係る専決処分でございます。内容は、いずれも、後期高齢者医療制度の創設に伴い、電算システムの改修を行うものでございます。
 議案第64号は、平成18年度八代市日奈久温泉施設特別会計の補正予算に係る専決処分でございます。内容は、使用料の収入不足に伴い、歳入調整を行ったものでございます。
 議案第65号及び議案第66号は、平成19年度八代市老人保健医療特別会計及び公共下水道事業特別会計の補正予算に係る専決処分でございます。内容は、いずれも、平成18年度決算において・歳入不足が生じたことから、平成19年度予算をもって繰り上げ充用を行ったものでございます。
 議案第67号の八代市総合計画基本構想を定めることについては、地方自治法第2条第4項の規定により、議会の議決を経て総合計画の基本構想を定めるものでございます。
 議案第68号のあらたに生じた土地の確認については、公有水面の埋め立てにより生じた土地を、地方自治法第9条の5第1項の規定により、議会の議決を経て確認するものでございます。
 議案第69号の町区域の変更については、公有水面の埋め立てにより生じた新たな土地を町区域に編入するため、地方自治法第260条第1項の規定により、議会の議決を経て町区域を変更するものでございます。
 議案第70号及び議案第71号の市道路線の廃止及び認定については、既設の市道1路線について終点の変更が生じたため、道路法第10条第3項の規定に基づき、議会の議決を経て路線を一たん廃止し、道路法第8条第2項の規定に基づき、議会の議決を経て市道として再認定しようというものでございます。
 議案第72号の契約の締結については、予定価格が1億5000万円以上となる工事請負契約の締結を、議会の議決に付すべき契約に関する条例第2条の規定に基づき、議会に諮るものでございます。
 次に、条例議案の説明を申し上げます。
 議案第73号の八代市東陽地域福祉保健センター条例の一部改正については、施設の管理に指定管理者制度を導入できるよう、所要の規定を条例に加えるものでございます。
 議案第74号のやつしろハーモニーホール条例の一部改正については、球磨川駅地区土地区画整理事業の完了による住居表示の変更に伴い、施設の位置の表示を変更するものでございます。
 以上で各議案の提案理由の説明といたします。
 なお、別冊といたしまして、予算繰越報告書、八代市土地開発公社経営状況報告書、八代市学校給食会経営状況報告書、サンライフ八代経営状況報告書、八代市社会福祉事業団経営状況報告書を提出いたしております。
 今回提案しております議案につきまして、よろしく御審議の上、何とぞ速やかに御賛同くださるようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。
○議長(山本幸廣君) 以上で提出者の説明を終わります。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 日程第2から日程第24までの23件の議事をしばらく中止いたします。
           ─────────────────────────
△休会の件
○議長(山本幸廣君) この際、休会の件についてお諮りいたします。
 明5日から同8日までは休会といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 日程第2から日程第24までの23件の議事を再開いたします。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 本23件に対する本日の議事はこの程度にとどめ、延会といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
 なお、明5日から同10日までは休会とし、次の会議は11日定刻に開き、質疑並びに一般質問を行います。
 質疑、質問御希望の諸君は、明5日午前10時までに発言通告書を御提出ください。
○議長(山本幸廣君) 本日はこれにて延会いたします。
                (午前10時36分 延会)