議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 八代市

平成18年 6月定例会−06月05日-01号




平成18年 6月定例会
        ─────────────────────────────────
                  主   要  目  次
        1.八代生活環境事務組合議会議員の選挙…………………………………5
        1.市長提出案件22件・説明………………………………………………6
        ─────────────────────────────────
            平成18年6月八代市議会定例会会議録(第1号)
・平成18年6月5日(月曜日)
           ─────────────────────────
・議事日程(第1号)
                          平成18年6月5日(月曜日)午前10時開議
 議長の諸報告
 第 1 会期の決定
 第 2 八代生活環境事務組合議会議員の選挙
 第 3 議案第95号・平成18年度八代市一般会計補正予算・第2号
 第 4 議案第96号・平成18年度八代市老人保健医療特別会計補正予算・第2号
 第 5 議案第97号・専決処分の報告及びその承認について
 第 6 議案第98号・専決処分の報告及びその承認について
 第 7 議案第99号・専決処分の報告及びその承認について
 第 8 議案第100号・専決処分の報告及びその承認について
 第 9 議案第101号・専決処分の報告及びその承認について
 第10 議案第102号・専決処分の報告及びその承認について
 第11 議案第103号・専決処分の報告及びその承認について
 第12 議案第104号・専決処分の報告及びその承認について
 第13 議案第105号・専決処分の報告及びその承認について
 第14 議案第106号・専決処分の報告及びその承認について
 第15 議案第107号・八代市交通安全都市宣言について
 第16 議案第108号・八代市人権尊重都市宣言について
 第17 議案第109号・市道路線の廃止について
 第18 議案第110号・市道路線の認定について
 第19 議案第111号・契約の締結について
 第20 議案第112号・八代市振興センターいずみ条例の一部改正について
 第21 議案第113号・八代市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について
 第22 議案第114号・八代都市計画事業球磨川駅地区土地区画整理事業施行条例等の一部改正について
 第23 議案第115号・八代市国民健康保険税条例の一部改正について
 第24 議案第116号・やつしろハーモニーホール条例の一部改正について
           ─────────────────────────
・会議に付した事件
 1.日程第 1
 1.日程第 2
 1.日程第 3
 1.日程第 4
 1.日程第 5
 1.日程第 6
 1.日程第 7
 1.日程第 8
 1.日程第 9
 1.日程第10
 1.日程第11
 1.日程第12
 1.日程第13
 1.日程第14
 1.日程第15
 1.日程第16
 1.日程第17
 1.日程第18
 1.日程第19
 1.日程第20
 1.日程第21
 1.日程第22
 1.日程第23
 1.日程第24
 1.休会の件(6月6日から同9日まで)
           ─────────────────────────
・出席議員及び欠席議員の氏名
 (1)出席議員(34人)
      1 番 山 本 幸 廣 君       2 番 清 水   弘 君
      3 番 島 田 正 道 君       4 番 成 松 由紀夫 君
      5 番 鈴木田 幸 一 君       6 番 村 上 光 則 君
      7 番 田 方 芳 信 君       8 番 増 田 一 喜 君
      9 番 福 嶋 安 徳 君      10 番 渡 辺 俊 雄 君
     11 番 片 山   篤 君      12 番 友 枝 和 明 君
     13 番 太江田   茂 君      14 番 古 嶋 津 義 君
     15 番 百 田   隆 君      16 番 上 村 哲 三 君
     17 番 藤 井 次 男 君      18 番 松 浦 輝 幸 君
     19 番 橋 本 幸 一 君      20 番 中 村 和 美 君
     21 番 笹 本 サエ子 君      22 番 田 中   安 君
     23 番 小 薗 純 一 君      24 番 前 田   慧 君
     25 番 太 田 広 則 君      26 番 飛 石 順 子 君
     27 番 亀 田 英 雄 君      28 番 木 田 哲 次 君
     29 番 幸 村 香代子 君      30 番 堀 口   晃 君
     31 番 矢 本 善 彦 君      32 番 大 倉 裕 一 君
     33 番 田 中   茂 君      34 番 竹 田 誠 也 君
 (2)欠席議員(なし)
           ─────────────────────────
・説明のために出席した者の職氏名
 (1) 長
   市長        坂田孝志君         建設部長     高木 繁君
    副市長       片岡楯夫君      (2) 収入役
    副市長       佐藤克英君         収入役      高橋 一君
    総務部長     江崎眞通君      (3) 教育委員会
     秘書課長    北岡 博君         委員長      馬淵睦揮君
    企画振興部長   小笠原亨君          教育長      増田國夫君
    市民環境部長   西村壽美雄君     (4) 農業委員会
    教育次長     高浪智之君        会長        川口健次郎君
    健康福祉部長兼福祉事務所長       (5) 選挙管理委員会
             橋口邦憲君        委員長        上村正勝君
    首席教育審議員  林田 寛君      (6) 公平委員会
    商工観光部長   山中健二君        委員        園田禎子君
    農林水産部長   宮田隆則君      (7) 監査委員
                          委員        福嶋達期君
           ─────────────────────────
・職務のために議場に出席した事務局職員の職氏名
    事務局長     坂田憲治君       次長         桑崎雅介君
    副主幹兼総務係長 永原博英君       議事調査係長     丸山尊司君
    主任       竹岡雅治君       主任         松川由美君
    主任       松永美由紀君      主事         豊田恵美子君
    主事       山本敏博君
           ─────────────────────────
                (午前10時11分 開会)
○議長(山本幸廣君) これより平成18年6月定例会を開会いたします。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 会議に入る前に、3月定例会において選任同意されました副市長佐藤克英君から発言の申し出がありますので、これを許します。
 副市長佐藤克英君。
                (副市長佐藤克英君 登壇)
◎副市長(佐藤克英君) おはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 さきの3月定例会におきまして、議員各位の御高配を賜り、副市長に就任させていただくこととなりました佐藤でございます。
 4月1日付で副市長を拝命し、特別職の重責を担わせていただくことに光栄に存じますとともに、責任の重さを改めて痛感いたしております。与えられた職務遂行におきましては、20年余りの行政経験と国土交通省などでの勤務経験を生かしまして、八代市政発展のため、誠心誠意努めてまいる所存でございます。
 議員の皆様方におかれましては、今後とも御指導、御鞭撻のほどをお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、就任のあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
           ─────────────────────────
△議長の諸報告
○議長(山本幸廣君) 諸般の報告をいたします。
 本日、市長より議案22件が送付され、受理いたしました。
 その余の報告は、朗読を省略いたします。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) これより本日の会議を開きます。
           ─────────────────────────
△日程第1
○議長(山本幸廣君) 日程第1・会期の決定を議題といたします。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 本定例会の会期は、本日から6月23日までの19日間といたしたいが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
           ─────────────────────────
△日程第2
○議長(山本幸廣君) 日程第2・八代生活環境事務組合の規約変更に伴い、同組合議会議員の八代市選出の議員7名に対し2名が不足するため、その補欠選挙を行います。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選により行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 議長において指名することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 八代生活環境事務組合議会議員に福嶋安徳君、木田哲次君を指名いたします。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 ただいま議長において指名いたしました福嶋安徳君、木田哲次君を八代生活環境事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました福嶋安徳君及び木田哲次君が八代生活環境事務組合議会議員に当選されました。
○議長(山本幸廣君) ただいま八代生活環境事務組合議会議員に当選されました福嶋安徳君、木田哲次君が議場におりますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。
○議長(山本幸廣君) 以上で八代生活環境事務組合議会議員の補欠選挙を終わります。
           ─────────────────────────
△日程第3〜24
○議長(山本幸廣君) 日程第3から日程第24まで、すなわち議案第95号から同第116号までの議案22件を一括議題として、これより提出者の説明を求めます。
 市長坂田孝志君。
                 (市長坂田孝志君 登壇)
◎市長(坂田孝志君) 皆さんおはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 今回の定例市議会に提案しております議案の説明に先立ちまして、先月27日に発生しましたインドネシアのジャワ島中部の地震により犠牲となられました皆様に、心から御冥福をお祈り申し上げます。また、被災地域の一日も早い復興を心から願うものであります。
 次に、国・県並びに市政の動向について御報告を申し上げます。
 我が国経済は、企業収益の改善を背景に、設備投資の増加の動きが製造業だけでなく非製造業にも及んでいることや、雇用者数の増加とともにパート比率が低下しており、雇用の質も改善されるなど、緩やかな景気回復が続くと見込まれております。しかしながら、原油価格の高騰が企業・家計に及ぼす影響も懸念されているところでございます。
 一方、県内においても国内経済と同様に回復基調にあるというものの、本市においては、昨年、負債金額1000万以上の企業倒産が、木村建設を初め6件、ことしに入って1件、また、先日は、石灰製品メーカーの飯田工業所が民事再生法の適用の申請をされたことや、平成18年4月の有効求人倍率を見ましても、全国の1.04倍に対し、八代管内はその約半分の0.54倍となっており、景気回復を実感できない状況であります。
 そのような中、低迷する本市の産業を活性化させるため、施策の重要な柱の一つであります八代市元気が出る産業活性化支援事業におきまして、先月2回の審査委員会を開催し、農産物の高品質化及び農作業の効率化に関する新技術の導入に取り組む事業として、変色したイグサを光センサーで取り除く色彩選別機の導入に係る経費など、57件の承認をいただいたところでございます。今後、2カ月ごとに申請を取りまとめ、順次、審査委員会を開催する予定でございます。これからも、新商品の開発や新しい技術の導入、販路開拓などに挑まれるやる気と意欲のある皆様方を支援しながら、地元景気の浮揚につながるよう努めてまいりたいと考えております。
 また、先月、中国からの安価な畳表の輸入により打撃を受けている地元農家への支援を受けるため、三浦農林水産副大臣を初め地元選出国会議員や関係省庁に、熊本い産業を守る対策に関する要望書を八代市議会山本議長とともに、熊本県議会い業振興議員団、八代地域農業協同組合、熊本県い業生産販売振興協会と連名で提出し、産地の厳しい窮状を訴えてきたところでございます。
 次に、新年度を迎え、2人の副市長による新体制がスタートいたしました。
 副市長の事務につきましては、主に部、局、委員会ごとに分担を行い、市政全般にかかわる重要な事項は両副市長に協力をお願いし、これまでの経験を十分生かしてもらうとともに、地域活性化のために、今後一層、国や県との連携強化を図り、さまざまな課題に対処していく必要があると考えております。
 次に、重要課題であります行財政改革につきましては、5月30日に行財政改革推進委員会から、行政を経営する視点から、また、市民参画を推進する視点から体系的な答申をいただき、行財政改革大綱策定の中で十分検討させていただくとともに、同委員会にも引き続き御意見を賜りながら、市民の皆様が合併してよかったと思えるまちづくりの基盤となるよう、9月末を目標に大綱の策定に努めてまいります。
 次に、新市における行財政等の実態を踏まえ、時代の潮流に即した、新しい八代市総合計画の策定に向けて、住民と行政が一体となって取り組んでいかなければなりません。このため、7月から、各種団体や市民代表から成る策定審議会や庁内の策定委員会などを発足させ、平成20年度からの基本構想・基本計画の策定作業に取り組んでまいります。
 次に、八代港と釜山港との間の定期コンテナ航路が中国華南地方及び香港まで運行ルートが延伸され、八代港の取扱貨物量の拡大につながるものと期待いたしますとともに、本市といたしましても、荷主企業への訪問を初め、新聞や関連誌への定期航路PRのための広告掲載など、八代港の利用拡大に向けたポートセールスに積極的に取り組んでまいります。
 また、本市経済の発展のみならず、本県経済の浮揚に寄与する、昨年改定されました港湾計画に基づく八代港の整備促進につきましても、国及び県に積極的に働きかけてまいりたいと考えております。
 次に、5月9日から13日にかけまして、国際友好都市であります中国北海市を訪問してまいりました。
 御承知のように、本市と北海市とは、平成8年3月5日に友好都市の締結を行い、今年度で10周年を迎えます。このため両市で各種の記念行事を実施しますが、その皮切りとして、北海市からの招聘を受け、新市誕生後、初めての公式訪問を山本議長ともどもに行った次第でございます。
 北海市におきましては、共産党北海市委員会の温書記と唐北海市長を初め、市政府幹部及び北海市民の皆様方に、熱烈な歓迎と心のこもった御接待をいただき、非常に感激いたしました。また、友好締結10周年記念展示、友好記念植樹などの公式行事への出席に加えて、北海市図書館、北海港、IT関連の上場企業を初めとする各種企業及び由緒ある町並み等を視察させていただき、北海市への理解が一層深まるとともに、両市指導者間の信頼関係も強化され、所期の目的を十分に達成することができたものと確信いたしております。
 今後とも、平等互恵の原則に基づき、両市の友好のきずなをさらに深めていきたいと考えております。
 次に、5月21日に総合防災訓練を、自主防災会の市民の皆様、消防団、自衛隊など関係機関の御協力を得て実施いたしました。参加された皆様の真剣な取り組みに感謝いたしますとともに、今後、災害に対する連携強化をさらに推進し、災害に強いまちづくりを目指してまいる所存でございます。
 次に、耐震強度偽装問題についてでありますが、木村元社長を初め元幹部が、決算書類を粉飾した容疑により逮捕、さらに詐欺容疑で再逮捕されたことはまことに遺憾であり、一日も早く事件の全容が解明されることを切に望みます。
 また、本市において、木村建設が施工した建物で、工学的に高度な構造専門家の判断が必要であることから、日本建築防災協会へ耐震性の検証を要請しておりました建物1件について、5月30日に同協会より報告を受け、耐震性に問題がないことを確認いたしました。これで、木村建設が関与した建物で、市が調査していた物件についての検証は終了いたしましたが、幸いにも、耐震性が不足する建物はございませんでした。
 今後、建築確認の審査や検査をより厳正に行うとともに、職員の資質・能力の向上を図り、市民の皆様方の信頼を得られるように努めてまいる所存でございます。
 また、去る6月1日に、総務省九州総合通信局主催の「電波の日・情報通信月間」の記念式典が開催され、本市が全国に先駆けてインターネットを活用したソーシャルネットワーキングサービスを自治体で初めて導入し、地域コミュニティーの活性化を促進し、情報通信技術の利活用の推進に多大な貢献があったということで、本市の地域ポータルサイト「ごろっとやっちろ」が九州総合通信局長表彰を受けました。これは本市職員の不断の努力のたまものであり、優秀さ、勤勉さが認められたものであるとともに、よい意味で、八代市の名を全国にアピールすることができたものと思っております。
 以上、国・県並びに市政の動向について申し述べました。
 さて、本議会に提案いたしております案件は、予算案件2件、事件案件15件、条例案件5件でございます。
 順次その概要について御説明をいたします。
 まず、予算議案でございますが、議案第95号の平成18年度八代市一般会計補正予算・第2号では、歳入歳出予算に2億6310万円を追加し、補正後の総額をそれぞれ505億6550万円といたしております。
 今回の補正では、国・県の補助内示に伴うものなどにつきまして提案いたしております。
 その主な内容でございますが、まず、移動通信鉄塔施設整備事業におきまして、東陽地区が補助採択を受け、鉄塔4基の整備を実施いたすものでございます。
 次に、小児救急医療体制の充実を図るため、小児救急患者への診察能力の向上を目的とした内科医等対象の研修を、八代市医師会の協力を得て実施いたします。
 続きまして、農業生産総合対策事業の追加採択を受けて、JAやつしろが実施します低コスト耐候性ハウス7棟の建設に対し、補助を行うことといたしております。
 次に、南部幹線道路整備事業におきまして、補助内示額の減に伴い事業費の減額を行うとともに、南川橋梁建設工事の債務負担行為を設定いたしております。
 次に、新市の防災体制の確立を図るため、地域防災計画書を作成するとともに、洪水の浸水想定区域図に避難場所など迅速な避難のために必要な事項を盛り込んだハザードマップ作成のための調査に今年度から取り組むことといたしております。
 次に、国・県の研究指定を受け、代陽小学校・太田郷小学校・鏡小学校で子どもと親の相談員等活用事業を、八竜小学校で豊かな体験活動推進事業を、第三中学校では自立支援実践モデル事業を実施いたします。
 また、来年度予定しております松高小学校体育館改築のための設計及び地質調査を実施いたします。
 以上が一般会計補正予算の主な内容でございます。
 次に、議案第96号の平成18年度八代市老人保健医療特別会計補正予算・第2号では、歳入歳出予算に1976万円を追加し、補正後の総額を160億4970万5000円といたしております。内容としましては、老人医療電算システムの改修費用と、17年度に概算交付されました支払基金交付金などの超過交付に伴う返還金でございます。
 次に、別冊となっております事件議案及び条例議案について御説明いたします。
 事件案件のうち、議案第97号から議案第106号までは、専決処分した事件案件につきまして、地方自治法第179条第3項の規定により議会に報告し、その承認を求めるものでございます。
 議案第97号は、八代市長等の退職手当の支給に関する条例の一部を改正したものでございまして、一般職の国家公務員を特別職に選任する場合において、退職手当に係る在職期間の通算及び退職手当の算定方法について、所要の改正を行うものでございます。
 議案第98号は、八代市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正したものでございまして、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴い、補償基礎額、補償基礎額の加算額及び介護補償月額について、所要の改正を行うものでございます。
 議案第99号は、八代市市税条例の一部改正をしたものでございまして、地方税法等の一部が改正されたことに伴い、個人住民税、市たばこ税、固定資産税に関する規定について、所要の改正を行うものでございます。
 議案第100号は、八代市国民健康保険税条例の一部を改正したものでございまして、地方税法及び国民健康保険法施行令の一部改正に伴い、高齢者における所得控除、介護納付金の賦課限度額について、所要の改正を行うものでございます。
 議案第101号は、八代市重度心身障害者医療費助成に関する条例の一部を改正したものでございまして、国及び熊本県の制度改正に伴い、助成対象医療費などに関する規定を改正するものでございます。
 議案第102号及び議案第103号は、平成17年度八代市一般会計及び診療所特別会計の補正予算に係る専決処分でございます。内容は、いずれも、市債額の確定に伴いまして歳入の調整をいたしたものでございます。
 議案第104号から議案第106号は、平成18年度八代市老人保健医療、公共下水道事業、及び日奈久温泉施設の3つの特別会計補正予算の専決処分でございます。内容は、いずれも、平成17年度決算において歳入不足が生じたことから、平成18年度予算をもって繰り上げ充用を行ったものでございます。
 議案第107号の八代市交通安全都市宣言については、合併前の旧八代市、千丁町及び泉村において交通安全に関する都市宣言を行ったところでございますが、昨年の市町村合併によりその効力を失ったことから、新市においても議会に提案し、交通事故のない社会の実現に向けて交通安全都市を宣言しようというものでございます。
 議案第108号の八代市人権尊重都市宣言については、平成14年度に、人権を尊重する地域社会の実現に向けて、八代市郡1市7町村が統一した都市宣言を行ったところでございますが、昨年の市町村合併によりその効力を失ったことから、新たに議会に提案し、人権尊重都市を宣言しようというものでございます。
 議案第109号の市道路線の廃止については、道路法第10条第3項の規定に基づき、議会の議決を経て、市道1路線を廃止しようというものでございます。
 議案第110号の市道路線の認定については、道路法第8条第2項の規定に基づき、議会の議決を経て、2つの路線を市道として認定しようというものでございます。
 議案第111号の契約の締結については、工事請負契約の締結について、予定価格が1億5000万円以上でございますので、八代市議会の議決に付すべき契約に関する条例第2条の規定に基づき、議会にお諮りするものでございまして、北部汚水幹線工事について、契約金額2億0863万5000円で太陽開発・渡辺産業建設工事共同企業体と契約を締結しようというものでございます。
 議案第112号は、八代市振興センターいずみ条例の一部を改正するものでございまして、八代市振興センターいずみの管理については、平成19年4月から指定管理者制度の導入を予定しております。地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき、制度導入に伴う所要の規定を条例に加えるものでございます。
 議案第113号は、八代市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正するもので、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部改正に伴い、所要の改正を行うものでございます。
 議案第114号は、球磨川駅地区、八千把地区、大村橋周辺において進めております土地区画整理事業の施行条例につきまして、土地区画整理法の一部改正に伴い、所要の改正を行うものでございます。
 議案第115号は、八代市国民健康保険税条例の一部を改正するもので、国民健康保険税の税率構成の平準化を行うため、所得割率、均等割額及び平等割額について改正するものでございます。
 議案第116号は、やつしろハーモニーホール条例の一部を改正するものでございまして、やつしろハーモニーホールの管理については、平成19年4月から指定管理者制度の導入を予定しており、地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき、制度導入に伴う所要の規定を条例に加えるものでございます。
 以上が、本議会に提案をいたしております案件の概要でございます。
 なお、別冊として、予算繰越報告書、八代市土地開発公社経営状況報告書、八代市学校給食会経営状況報告書、サンライフ八代経営状況報告書及び請願陳情処理状況報告書を提出いたしております。
 今回提案しております議案につきまして、よろしく御審議の上、何とぞ速やかに御賛同くださるようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。
○議長(山本幸廣君) 以上で提出者の説明を終わります。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 日程第3から日程第24までの22件の議事をしばらく中止いたします。
           ─────────────────────────
△休会の件
○議長(山本幸廣君) この際、休会の件についてお諮りいたします。
 明6月6日から同9日までは休会といたしたいが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 日程第3から日程第24までの22件の議事を再開いたします。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) この際、お諮りいたします。
 本22件に対する本日の議事はこの程度にとどめ、延会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
 明6日から11日まで休会とし、次の会議は12日定刻に開き、質疑並びに一般質問を行います。
 質疑、質問を御希望の諸君は、明6日午前10時までに発言通告書を御提出ください。
○議長(山本幸廣君) 本日はこれにて延会いたします。
                (午前10時41分 延会)