議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 八代市

平成17年 9月定例会−10月28日-06号




平成17年 9月定例会
        ─────────────────────────────────
                  主   要  目  次
        1.市長提出案件21件・委員長報告……………………………………17
        1.市長追加提出決算案件10件・説明…………………………………27
        1.決算審査特別委員会の設置及び同委員の選任の件…………………36
        1.議員提出発議案3件……………………………………………………38
        1.八代市選挙管理委員会委員・同補充員の選挙………………………40
        1.閉会中継続審・調査の件108件……………………………………41
        ─────────────────────────────────
            平成17年9月八代市議会定例会会議録(第6号)
・平成17年10月28日(金曜日)
           ─────────────────────────
・議事日程(第6号)
                        平成17年10月28日(金曜日)午前10時開議
 議長の諸報告
 第 1 議案第61号・平成16年度八代市水道事業会計決算(委員長報告)
 第 2 議案第62号・平成16年度八代市病院事業会計決算(委員長報告)
 第 3 議案第63号・平成17年度八代市水道事業会計決算(委員長報告)
 第 4 議案第64号・平成17年度八代市病院事業会計決算(委員長報告)
 第 5 議案第65号・平成17年度八代市一般会計予算(委員長報告)
 第 6 議案第66号・平成17年度八代市国民健康保険特別会計予算(委員長報告)
 第 7 議案第67号・平成17年度八代市老人保健医療特別会計予算(委員長報告)
 第 8 議案第68号・平成17年度八代市介護保険特別会計予算(委員長報告)
 第 9 議案第69号・平成17年度八代市八代圏域介護認定審査事業特別会計予算(委員長報告)
 第10 議案第70号・平成17年度八代市公共下水道事業特別会計予算(委員長報告)
 第11 議案第71号・平成17年度八代市簡易水道事業特別会計予算(委員長報告)
 第12 議案第72号・平成17年度八代市交通災害共済事業特別会計予算(委員長報告)
 第13 議案第73号・平成17年度八代市日奈久温泉施設特別会計予算(委員長報告)
 第14 議案第74号・平成17年度八代市農業集落排水処理施設事業特別会計予算(委員長報告)
 第15 議案第75号・平成17年度八代市浄化槽市町村整備推進事業特別会計予算(委員長報告)
 第16 議案第76号・平成17年度八代市ケーブルテレビ事業特別会計予算(委員長報告)
 第17 議案第77号・平成17年度八代市診療所特別会計予算(委員長報告)
 第18 議案第78号・平成17年度八代市久連子財産区特別会計予算(委員長報告)
 第19 議案第79号・平成17年度八代市椎原財産区特別会計予算(委員長報告)
 第20 議案第80号・平成17年度八代市水道事業会計予算(委員長報告)
 第21 議案第81号・平成17年度八代市病院事業会計予算(委員長報告)
 第22 議案第82号・平成16年度八代市一般会計決算
 第23 議案第83号・平成16年度八代市二見白島簡易水道事業特別会計決算
 第24 議案第84号・平成16年度八代市国民健康保険特別会計決算
 第25 議案第85号・平成16年度八代市老人保健医療特別会計決算
 第26 議案第86号・平成16年度八代市交通災害共済事業特別会計決算
 第27 議案第87号・平成16年度八代市公共下水道事業特別会計決算
 第28 議案第88号・平成16年度八代市公共用地先行取得事業特別会計決算
 第29 議案第89号・平成16年度八代市介護保険特別会計決算
 第30 議案第90号・平成16年度八代市八代圏域介護認定審査事業特別会計決算
 第31 議案第91号・平成16年度八代市日奈久温泉施設特別会計決算
 第32 議案第92号・平成16年度坂本村一般会計決算
 第33 議案第93号・平成16年度坂本村国民健康保険事業特別会計決算
 第34 議案第94号・平成16年度坂本村老人保健事業特別会計決算
 第35 議案第95号・平成16年度坂本村簡易水道事業特別会計決算
 第36 議案第96号・平成16年度坂本村介護保険事業特別会計決算
 第37 議案第97号・平成16年度坂本村土地開発事業特別会計決算
 第38 議案第98号・平成16年度千丁町一般会計決算
 第39 議案第99号・平成16年度千丁町国民健康保険特別会計決算
 第40 議案第100号・平成16年度千丁町老人保健特別会計決算
 第41 議案第101号・平成16年度千丁町下水道事業特別会計決算
 第42 議案第102号・平成16年度千丁町介護保険特別会計決算
 第43 議案第103号・平成16年度千丁町宅地開発事業特別会計決算
 第44 議案第104号・平成16年度鏡町一般会計決算
 第45 議案第105号・平成16年度鏡町国民健康保険特別会計決算
 第46 議案第106号・平成16年度鏡町老人保健特別会計決算
 第47 議案第107号・平成16年度鏡町公共下水道事業特別会計決算
 第48 議案第108号・平成16年度鏡町介護保険特別会計決算
 第49 議案第109号・平成16年度東陽村一般会計決算
 第50 議案第110号・平成16年度東陽村国民健康保険特別会計決算
 第51 議案第111号・平成16年度東陽村老人保健特別会計決算
 第52 議案第112号・平成16年度東陽村介護保険特別会計決算
 第53 議案第113号・平成16年度東陽村簡易水道特別会計決算
 第54 議案第114号・平成16年度東陽村宅地開発特別会計決算
 第55 議案第115号・平成16年度東陽村奨学育英資金特別会計決算
 第56 議案第116号・平成16年度東陽村集落排水特別会計決算
 第57 議案第117号・平成16年度泉村一般会計決算
 第58 議案第118号・平成16年度泉村椎原診療所特別会計決算
 第59 議案第119号・平成16年度泉村下岳診療所特別会計決算
 第60 議案第120号・平成16年度泉村歯科診療所特別会計決算
 第61 議案第121号・平成16年度泉村国民健康保険特別会計決算
 第62 議案第122号・平成16年度泉村簡易水道特別会計決算
 第63 議案第123号・平成16年度泉村久連子財産区特別会計決算
 第64 議案第124号・平成16年度泉村椎原財産区特別会計決算
 第65 議案第125号・平成16年度泉村老人保健特別会計決算
 第66 議案第126号・平成16年度泉村生活排水処理特別会計決算
 第67 議案第127号・平成16年度泉村宅地開発特別会計決算
 第68 議案第128号・平成16年度泉村介護保険特別会計決算
 第69 議案第129号・平成17年度八代市一般会計決算
 第70 議案第130号・平成17年度八代市二見白島簡易水道事業特別会計決算
 第71 議案第131号・平成17年度八代市国民健康保険特別会計決算
 第72 議案第132号・平成17年度八代市老人保健医療特別会計決算
 第73 議案第133号・平成17年度八代市交通災害共済事業特別会計決算
 第74 議案第134号・平成17年度八代市公共下水道事業特別会計決算
 第75 議案第135号・平成17年度八代市介護保険特別会計決算
 第76 議案第136号・平成17年度八代市八代圏域介護認定審査事業特別会計決算
 第77 議案第137号・平成17年度八代市日奈久温泉施設特別会計決算
 第78 議案第138号・平成17年度坂本村一般会計決算
 第79 議案第139号・平成17年度坂本村国民健康保険事業特別会計決算
 第80 議案第140号・平成17年度坂本村老人保健事業特別会計決算
 第81 議案第141号・平成17年度坂本村簡易水道事業特別会計決算
 第82 議案第142号・平成17年度坂本村介護保険事業特別会計決算
 第83 議案第143号・平成17年度坂本村土地開発事業特別会計決算
 第84 議案第144号・平成17年度千丁町一般会計決算
 第85 議案第145号・平成17年度千丁町国民健康保険特別会計決算
 第86 議案第146号・平成17年度千丁町老人保健特別会計決算
 第87 議案第147号・平成17年度千丁町下水道事業特別会計決算
 第88 議案第148号・平成17年度千丁町介護保険特別会計決算
 第89 議案第149号・平成17年度千丁町宅地開発事業特別会計決算
 第90 議案第150号・平成17年度鏡町一般会計決算
 第91 議案第151号・平成17年度鏡町国民健康保険特別会計決算
 第92 議案第152号・平成17年度鏡町老人保健特別会計決算
 第93 議案第153号・平成17年度鏡町公共下水道事業特別会計決算
 第94 議案第154号・平成17年度鏡町介護保険特別会計決算
 第95 議案第155号・平成17年度東陽村一般会計決算
 第96 議案第156号・平成17年度東陽村国民健康保険特別会計決算
 第97 議案第157号・平成17年度東陽村老人保健特別会計決算
 第98 議案第158号・平成17年度東陽村介護保険特別会計決算
 第99 議案第159号・平成17年度東陽村簡易水道特別会計決算
 第100 議案第160号・平成17年度東陽村宅地開発特別会計決算
 第101 議案第161号・平成17年度東陽村奨学育英資金特別会計決算
 第102 議案第162号・平成17年度東陽村集落排水特別会計決算
 第103 議案第163号・平成17年度東陽村ケーブルテレビ特別会計決算
 第104 議案第164号・平成17年度泉村一般会計決算
 第105 議案第165号・平成17年度泉村椎原診療所特別会計決算
 第106 議案第166号・平成17年度泉村下岳診療所特別会計決算
 第107 議案第167号・平成17年度泉村歯科診療所特別会計決算
 第108 議案第168号・平成17年度泉村国民健康保険特別会計決算
 第109 議案第169号・平成17年度泉村簡易水道特別会計決算
 第110 議案第170号・平成17年度泉村久連子財産区特別会計決算
 第111 議案第171号・平成17年度泉村椎原財産区特別会計決算
 第112 議案第172号・平成17年度泉村老人保健特別会計決算
 第113 議案第173号・平成17年度泉村生活排水処理特別会計決算
 第114 議案第174号・平成17年度泉村宅地開発特別会計決算
 第115 議案第175号・平成17年度泉村介護保険特別会計決算
 第116 発議案第4号・「市町村の合併の特例に関する法律」の経過措置団体に係る合併市町村補助金の維持に関する意見書案
 第117 発議案第5号・自治体病院の医師確保対策を求める意見書案
 第118 発議案第6号・道路整備の促進及び道路特定財源の確保に関する意見書案
 第119 八代市選挙管理委員会委員の選挙
 第120 八代市選挙管理委員会補充員の選挙
 第121 会議録署名議員の指名
           ─────────────────────────
・会議に付した事件
 1.日程第 1
 1.日程第 2
 1.日程第 3
 1.日程第 4
 1.日程第 5
 1.日程第 6
 1.日程第 7
 1.日程第 8
 1.日程第 9
 1.日程第10
 1.日程第11
 1.日程第12
 1.日程第13
 1.日程第14
 1.日程第15
 1.日程第16
 1.日程第17
 1.日程第18
 1.日程第19
 1.日程第20
 1.日程第21
 1.日程第22
 1.日程第23
 1.日程第24
 1.日程第25
 1.日程第26
 1.日程第27
 1.日程第28
 1.日程第29
 1.日程第30
 1.日程第31
 1.日程第32
 1.日程第33
 1.日程第34
 1.日程第35
 1.日程第36
 1.日程第37
 1.日程第38
 1.日程第39
 1.日程第40
 1.日程第41
 1.日程第42
 1.日程第43
 1.日程第44
 1.日程第45
 1.日程第46
 1.日程第47
 1.日程第48
 1.日程第49
 1.日程第50
 1.日程第51
 1.日程第52
 1.日程第53
 1.日程第54
 1.日程第55
 1.日程第56
 1.日程第57
 1.日程第58
 1.日程第59
 1.日程第60
 1.日程第61
 1.日程第62
 1.日程第63
 1.日程第64
 1.日程第65
 1.日程第66
 1.日程第67
 1.日程第68
 1.日程第69
 1.日程第70
 1.日程第71
 1.日程第72
 1.日程第73
 1.日程第74
 1.日程第75
 1.日程第76
 1.日程第77
 1.日程第78
 1.日程第79
 1.日程第80
 1.日程第81
 1.日程第82
 1.日程第83
 1.日程第84
 1.日程第85
 1.日程第86
 1.日程第87
 1.日程第88
 1.日程第89
 1.日程第90
 1.日程第91
 1.日程第92
 1.日程第93
 1.日程第94
 1.日程第95
 1.日程第96
 1.日程第97
 1.日程第98
 1.日程第99
 1.日程第100
 1.日程第101
 1.日程第102
 1.日程第103
 1.日程第104
 1.日程第105
 1.日程第106
 1.日程第107
 1.日程第108
 1.日程第109
 1.日程第110
 1.日程第111
 1.日程第112
 1.日程第113
 1.日程第114
 1.日程第115
 1.決算審査特別委員会の設置及び同委員の選任
 1.日程第116
 1.日程第117
 1.日程第118
 1.日程第119
 1.日程第120
 1.閉会中継続調査の件(産業・経済の振興に関する諸問題の調査・経済企業委員会)
 1.閉会中継続調査の件(病院・水道事業に関する諸問題の調査・経済企業委員会)
 1.閉会中継続審査の件(請願第1号・高田校区内近隣公園新設方について・建設環境委員会)
 1.閉会中継続調査の件(都市計画・建設工事に関する諸問題の調査・建設環境委員会)
 1.閉会中継続調査の件(生活環境に関する諸問題の調査・建設環境委員会)
 1.閉会中継続審査の件(請願第2号・小学校就学前まで医療費を無料にする国の制度創設を求める意見書の提出方について・文教福祉委員会)
 1.閉会中継続調査の件(教育・文化に関する諸問題の調査・文教福祉委員会)
 1.閉会中継続調査の件(保健・福祉に関する諸問題の調査・文教福祉委員会)
 1.閉会中継続審査の件(請願第4号・個人住宅の耐震化に対する補助制度の拡充と避難所の耐震の強化を求める意見書の提出方について・総務委員会)
 1.閉会中継続調査の件(行財政の運営に関する諸問題の調査・総務委員会)
 1.閉会中継続調査の件(新市建設計画に関する諸問題の調査・総務委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第82号・平成16年度八代市一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第83号・平成16年度八代市二見白島簡易水道事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第84号・平成16年度八代市国民健康保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第85号・平成16年度八代市老人保健医療特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第86号・平成16年度八代市交通災害共済事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第87号・平成16年度八代市公共下水道事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第88号・平成16年度八代市公共用地先行取得事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第89号・平成16年度八代市介護保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第90号・平成16年度八代市八代圏域介護認定審査事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第91号・平成16年度八代市日奈久温泉施設特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第92号・平成16年度坂本村一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第93号・平成16年度坂本村国民健康保険事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第94号・平成16年度坂本村老人保健事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第95号・平成16年度坂本村簡易水道事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第96号・平成16年度坂本村介護保険事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第97号・平成16年度坂本村土地開発事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第98号・平成16年度千丁町一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第99号・平成16年度千丁町国民健康保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第100号・平成16年度千丁町老人保健特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第101号・平成16年度千丁町下水道事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第102号・平成16年度千丁町介護保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第103号・平成16年度千丁町宅地開発事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第104号・平成16年度鏡町一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第105号・平成16年度鏡町国民健康保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第106号・平成16年度鏡町老人保健特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第107号・平成16年度鏡町公共下水道事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第108号・平成16年度鏡町介護保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第109号・平成16年度東陽村一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第110号・平成16年度東陽村国民健康保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第111号・平成16年度東陽村老人保健特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第112号・平成16年度東陽村介護保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第113号・平成16年度東陽村簡易水道特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第114号・平成16年度東陽村宅地開発特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第115号・平成16年度東陽村奨学育英資金特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第116号・平成16年度東陽村集落排水特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第117号・平成16年度泉村一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第118号・平成16年度泉村椎原診療所特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第119号・平成16年度泉村下岳診療所特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第120号・平成16年度泉村歯科診療所特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第121号・平成16年度泉村国民健康保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第122号・平成16年度泉村簡易水道特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第123号・平成16年度泉村久連子財産区特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第124号・平成16年度泉村椎原財産区特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第125号・平成16年度泉村老人保健特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第126号・平成16年度泉村生活排水処理特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第127号・平成16年度泉村宅地開発特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第128号・平成16年度泉村介護保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第129号・平成17年度八代市一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第130号・平成17年度八代市二見白島簡易水道事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第131号・平成17年度八代市国民健康保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第132号・平成17年度八代市老人保健医療特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第133号・平成17年度八代市交通災害共済事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第134号・平成17年度八代市公共下水道事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第135号・平成17年度八代市介護保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第136号・平成17年度八代市八代圏域介護認定審査事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第137号・平成17年度八代市日奈久温泉施設特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第138号・平成17年度坂本村一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第139号・平成17年度坂本村国民健康保険事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第140号・平成17年度坂本村老人保健事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第141号・平成17年度坂本村簡易水道事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第142号・平成17年度坂本村介護保険事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第143号・平成17年度坂本村土地開発事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第144号・平成17年度千丁町一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第145号・平成17年度千丁町国民健康保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第146号・平成17年度千丁町老人保健特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第147号・平成17年度千丁町下水道事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第148号・平成17年度千丁町介護保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第149号・平成17年度千丁町宅地開発事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第150号・平成17年度鏡町一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第151号・平成17年度鏡町国民健康保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第152号・平成17年度鏡町老人保健特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第153号・平成17年度鏡町公共下水道事業特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第154号・平成17年度鏡町介護保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第155号・平成17年度東陽村一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第156号・平成17年度東陽村国民健康保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第157号・平成17年度東陽村老人保健特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第158号・平成17年度東陽村介護保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第159号・平成17年度東陽村簡易水道特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第160号・平成17年度東陽村宅地開発特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第161号・平成17年度東陽村奨学育英資金特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第162号・平成17年度東陽村集落排水特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第163号・平成17年度東陽村ケーブルテレビ特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第164号・平成17年度泉村一般会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第165号・平成17年度泉村椎原診療所特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第166号・平成17年度泉村下岳診療所特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第167号・平成17年度泉村歯科診療所特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第168号・平成17年度泉村国民健康保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第169号・平成17年度泉村簡易水道特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第170号・平成17年度泉村久連子財産区特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第171号・平成17年度泉村椎原財産区特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第172号・平成17年度泉村老人保健特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第173号・平成17年度泉村生活排水処理特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第174号・平成17年度泉村宅地開発特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続審査の件(議案第175号・平成17年度泉村介護保険特別会計決算・決算審査特別委員会)
 1.閉会中継続調査の件(議会の運営に関する事項・議会運営委員会)
 1.閉会中継続調査の件(議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項・議会運営委員会)
 1.閉会中継続調査の件(議長の諮問に関する事項・議会運営委員会)
 1.日程第121
           ─────────────────────────
・出席議員及び欠席議員の氏名
(1)出席議員(34人)
     1 番 山 本 幸 廣 君       2 番 清 水   弘 君
     3 番 島 田 正 道 君       4 番 成 松 由紀夫 君
     5 番 鈴木田 幸 一 君       6 番 村 上 光 則 君
     7 番 田 方 芳 信 君       8 番 増 田 一 喜 君
     9 番 福 嶋 安 徳 君      10 番 渡 辺 俊 雄 君
    11 番 片 山   篤 君      12 番 友 枝 和 明 君
    13 番 太江田   茂 君      14 番 古 嶋 津 義 君
    15 番 百 田   隆 君      16 番 上 村 哲 三 君
    17 番 藤 井 次 男 君      18 番 松 浦 輝 幸 君
    19 番 橋 本 幸 一 君      20 番 中 村 和 美 君
    21 番 笹 本 サエ子 君      22 番 田 中   安 君
    23 番 小 薗 純 一 君      24 番 前 田   慧 君
    25 番 太 田 広 則 君      26 番 飛 石 順 子 君
    27 番 亀 田 英 雄 君      28 番 木 田 哲 次 君
    29 番 幸 村 香代子 君      30 番 堀 口   晃 君
    31 番 矢 本 善 彦 君      32 番 大 倉 裕 一 君
    33 番 田 中   茂 君      34 番 竹 田 誠 也 君
(2)欠席議員(なし)
           ─────────────────────────
・説明のために出席した者の職氏名
 (1) 長                   収入役       高橋 一君
   市長        坂田孝志君     (3) 教育委員会
    助役        片岡楯夫君       委員長       馬淵睦揮君
    総合調整室長   小笠原亨君        教長        増田國夫君
    行政管理部長   西村壽美雄君       教育次長     高浪智之君
     理事兼秘書課長  古閑憲一君         教育総務課長  丁畑ひで子君
    企画財政部長   江崎眞通君     (4) 農業委員会
     財政課長    山田 忍君       会長        川口健次郎君
    市民環境部長   坂田憲治君     (5) 選挙管理委員会君
    健康福祉部長兼福祉事務所長        委員長       福田 優君
             橋口邦憲君     (6) 公平委員会
    産業振興部長   山中健二君       委員        櫻井 勝君
    建設部長     高木 繁君     (7) 監査委員
 (2) 収入役                 委員        福嶋達期君
           ─────────────────────────
・職務のために議場に出席した事務局職員の職氏名
   事務局長      松山俊哉君       次長        桑崎雅介君
   副主幹兼総務係長  永原博英君       議事調査係長    丸山尊司君
   主任        正山茂文君       主任        竹岡雅治君
   主任        松川由美君       主任        松永美由紀君
   主事        豊田恵美子君
           ─────────────────────────
                (午前10時01分 開議)
○議長(山本幸廣君) これより本日の会議を開きます。
           ─────────────────────────
△議長の諸報告
○議長(山本幸廣君) 諸般の報告をいたします。
 本日、市長から議案94件が送付され、受理いたしました。
 本日、前田慧君外10名から、発議案第4号・「市町村の合併の特例に関する法律」の経過措置団体に係る合併市町村補助金の維持に関する意見書案、橋本幸一君他7名から、発議案第5号・自治体病院の医師確保対策を求める意見書案、島田正道君他8名から、発議案第6号・道路整備の促進及び道路特定財源の確保に関する意見書案が提出され、受理いたしました。
 その余の報告は、朗読を省略いたします。
           ─────────────────────────
△日程第1〜21
○議長(山本幸廣君) 日程第1から日程第21まで、すなわち議案第61号から同第81号までの議案21件を一括議題とし、これより各委員長の報告を求めます。
 経済企業委員会委員長橋本幸一君。 (「頑張れ」と呼ぶ者あり)
             (経済企業委員会委員長橋本幸一君 登壇)
◎橋本幸一君 経済企業委員会に付託されました予算案7件、決算4件の審査が終了いたしましたので、その経過並びに結果について御報告申し上げます。
 なお、議案については、執行部の説明を聞き、質疑、意見が行われましたが、その詳細については委員会記録に譲ることといたしまして、その主なものを申し上げます。
 まず、議案第65号・平成17年度八代市一般会計予算中、当委員会関係分についてでありますが、第5款・農林水産業費、農業費、園芸振興費中、シルバーリーフコナジラミ対策事業費補助金に関連し、委員から、被害状況と予算の有効性について質疑があり、執行部から、本年10月5日に農業改良普及センターと合同で調査した結果、10アール当たり平均50本、約2.5%の被害発生状況となっており、前年対比で約40パーセントの発生率となっていた。これから冬季に向けて、ビニールハウスで被覆するので、発生は抑制されるのではないかと考える。予算では、トマトを栽培する旧八代市の7校区を対象として、清掃費210万円を計上しているが、一斉清掃は、トマトの定植時期の設定、ハウス施設からのシルバーリーフコナジラミの飛散防止、防除など一連の対策の中での事業であり、より効果を高めるため、トマト農家に各対策の徹底を指導しているとの答弁がありました。
 また、地籍調査費に関連し、委員から、合併後の事業の進め方及び今年度の調査予定面積について質疑があり、執行部から、本事業については合併協議で、旧市町村における計画をそのまま新市に引き継ぐこととなっている。また、調査予定面積については、八代地区5.48平方キロメートル、坂本地区15.08平方キロメートル、鏡地区0.8平方キロメートル、東陽地区4.37平方キロメートル、泉地区4.23平方キロメートルで、千丁地区は平成16年度で終了しており、全体としての進率は約3割であるとの答弁がありました。
 次に、第6款・商工費に関連し、委員から、厳しい財政運営状況の中、ハーモニーホール、勤労福祉会館等の施設使用料の改定について質疑があり、執行部から、新市になったので、ハーモニーホール、勤労福祉会館等の使用料については、他施設とのバランスを考慮して検討していきたい。なお、ハーモニーホールについては、現在シティ・プロモーションセンターが間借りしているので、その点も含めて検討したいとの答弁があり、さらに、委員から、施設管理費と使用料収入を比較した場合、不足する金額を一般財源から投入しなければならず、行政改革上検討しなければならない施設ではないかとの質疑があり、執行部から、ハーモニーホールについては、一般財源は主に人件費で占められており、現在、正職員が4名、嘱託職員が1名いるが、数年以内に指定管理者制度を導入し、正職員は本庁等へ引き揚げる方向で合理化を図りたいと考えているとの答弁があっております。
 なお、以上のほか、各地域の現状に即した事業編成と国・県支出金の活用による効率的な財源確保方、農村助成活動促進費の内容と女性起業家支援策の推進方、シティ・プロモーションセンターの位置づけの明確化と活用方、観光振興事業の内容と民間活力の活用及び企業の育成方、道の駅、温泉センター株式会社の運営内容、企業誘致対策関係事業の充実と推進方等について、質疑、意見があっております。
 次に、議案第73号・平成17年度八代市日奈久温泉施設特別会計予算についてでありますが、第1款・温泉施設運営費中、委託料に関連し、委員から、委託料1636万1000円の支出根拠及び温泉施設運営体制の合理化の検討状況について質疑があり、執行部から、温泉施設運営委員8名については、一昨年、日奈久財産区から旧八代市への引き継ぎ事項に基づき、旧財産区の議員を温泉施設運営委員として引き継いでいるが、今後、人数等について協議したいと考えている。また、温泉センターの運営については、温泉施設振興会に委託しているが、同振興会も、財産区の従業員を雇用確保の観点から財産区から引き継ぎ継続雇用しているもので、内容は、正職員が事務局長1名、事務補助8名で、その他に女性パート職員14名の合計23名となっている。現在、運営の効率化ついて協議を進めているとの答弁があり、これに対して、委員から、行政改革への取り組みについては評価するものの、本センターは財産区からの移管であり、本市は施設運営に多額の投資をしなければならないので、今後、運営の合理化を進めてもらいたいとの意見があっております。
 以上のほか、旧市借入金返済金の残額、今年度の施設入場見込み者数等について質疑がありました。
 次に、議案第81号・平成17年度八代市病院事業会計予算についてでありますが、委員から、一日平均患者数が平成16年度決算の数を上回っていることについて質疑があり、執行部から、この数値は平成17年度当初予算のものであり、過年度の実績と比較し、若干努力目標も加味し、高く設定しているとの答弁があり、さらに、委員から、厳しい病院経営の中で、患者数が減少したらどうすることもできない。このままでは累積も含めて赤字経営となるが、将来の病院運営についてどの程度検討を進めているかとの質疑があり、執行部から、この本予算が赤字となったのは、7月までの決算が2000万の黒字となり、平成17年度当初予算の収支見込みを上回ったため、8月以降を赤字予算とせざるを得なかったものである。また、患者数の減少要因としては、国の医療費抑制策による個人負担の増加、外来での投薬間隔の延長による来院回数の減少、新臨床医研修制度の影響で医師が4名となったことによる診療体制の縮小が考えられる。
 また、将来計画については、院内での新しい病院づくり検討委員会を設置し、昨年度3回検討を行っているが、今年度は医師不足等の状況もあり、検討委員会を開催できていないとの答弁があり、これに対して、委員から、地域の公立病院としての役割が果たせるよう、将来計画について早急に検討してもらいたいとの強い意見があっております。
 以上、予算案3件につきましては、議案第74号・平成17年度八代市農業集落排水処理施設事業特別会計予算、議案第78号・平成17年度八代市久連子財産区特別会計予算、議案第79号・平成17年度八代市椎原財産区特別会計予算、議案第80号・平成17年度八代市水道事業会計予算とともに慎重に審査いたしました結果、全会一致をもって原案のとおり可決してしかるべきものと決しております。
 次に、議案第64号・平成17年度八代市病院事業会計決算についてでありますが、執行部から、平成17年4月から7月までの4カ月の決算内容について説明がありました。
 まず、患者数及び診療収入については、入院は延べ患者数7326人、1日平均60人、診療収入総額1億4713万339円で、外来は延べ患者数5025人、1日平均50.3人、診療収入総額5164万5445円となっている。科目別患者数については、入院の内科患者数4690人、外科患者数2636人で、内科64%、外科36%。外来の内科患者数2655人、外科患者数2370人で、内科52.8%、外科47.2%となっている。病床利用状況については、一般病床延べ患者数6182人で、病床利用率76.8%。また、結核病床延べ患者数で1144人で、病床利用率31.3%となっている。
 さらに、事業収入については2億4369万4065円、事業費については2億2328万4953円となっている。また、企業債及び一時借入金の概況についてはともにゼロ円となっており、本予算での執行となるとの説明があり、これに対して、委員から、外来患者数の減少と給与費上昇が平成17年度決算に及ぼす影響について質疑があり、執行部から、平成17年度予算では外来患者数を1日平均58人と予測していたが、4カ月間の決算では50.3人となっている。これは、従来内科医2名体制で内科外来患者を診察してきたものが、医師の退職により内科医1名となったため、外来患者への対応が難しくなったことも原因と考える。このため、平成17年度の予算上は、年間1000万程度の黒字が見込まれていたが、医師の減少に伴う患者数の減少により赤字となるのではないかと考えているとの答弁がありました。
 以上、決算1件については、議案第61号・平成16度八代市水道事業会計決算、議案第63号・平成17年度八代市水道事業会計決算、議案第62号・平成16年度八代市病院事業会計決算とともに慎重に審査いたしました結果、全会一致で認定してしかるべきものと決しております。
 以上、報告終わります。
○議長(山本幸廣君) 建設環境委員会委員長島田正道君。
             (建設環境委員会委員長島田正道君 登壇)
◎島田正道君 では、建設環境委員会に付託されました予算案3件について、審査が終了いたしましたので、その経過並びに結果について御報告申し上げます。
 なお、議案については、執行部の説明を聞き、質疑、意見が行われましたが、その詳細については委員会記録に譲ることといたしまして、その主なものを申し上げます。
 まず、議案第65号・平成17年度八代市一般会計予算中、当委員会関係分についてでありますが、第4款・衛生費、第2項・生活環境費、塵芥処理費において、執行部から、焼却灰の最終処分については、これまで二見、クリーンアメニティに委託していたが、10月1日から菊池の九州産廃株式会社に委託したとの説明がありました。
 そこで、委員から、その契約期間と水島最終処分場完成までの契約継続について質疑があり、執行部から、契約は平成18年3月31日までとし、最終処分場が完成するまで継続して契約したいと考えているとの答弁がありました。
 次に、第7款・土木費、第5項・都市計画費、街路事業費に関連して、委員から、八の字線整備事業の進捗状況について質疑がありました。執行部から、未完成部分の用地購入については、既に今年度9月末に地権者の承諾を得て契約手続を進めており、現在、早期完成に向けた工事を検討しているとの答弁がありました。
 また、市街地開発費に関連して、委員から、事業見込みと予算の繰越明許との関係について質疑があり、執行部から、公有財産購入費並びに補償、補填及び賠償金については、区画整理事業としてのウエートが非常に高く、本事業では仮換地を用意しているので、移転先の問題はなく、今年度はスムーズにいけるのではないかと考えている。ただし、大村周辺の土地区画整理事業では、地区外への移転の方もいることから、移転先の選定等に日数等も必要とするものと思われると答弁がありました。
 これを受けて、委員から、繰越明許が多く残っているが、結局仕事もできないし、予算を積み残す状況が続くのでは好ましいことではないと考えるので、繰越明許が出ないように頑張っていただきたいとの要望がありました。
 次に、議案第75号・平成17年度八代市浄化槽市町村整備推進事業特別会計予算についてでありますが、歳入における第2款・使用料及び手数料、第1項の使用料に関して、委員から、東陽地区、泉地区における浄化槽設置戸数の割合について質疑があり、執行部から、その割合については、全戸数の約3割ぐらいになるだろうとの答弁がありました。
 そこで、委員から、浄化槽設置事業の開始前の状況について質疑があり、執行部から、本事業の開始前については、個人設置型の補助金制度などを活用して個人で設置がなされており、本事業開始後、設置者から申し出があれば、市が寄附を受け管理するという形になっている。なお、浄化槽が設置されていないところについては、し尿以外の排水を未処理のまま放流している状況であるとの答弁がありました。
 また、歳出における第1款・浄化槽市町村整備推進事業費、第1項・浄化槽市町村整備推進事業費に関連して、委員から、東陽地区、泉地区以外の地域での平成18年度以降の市町村整備推進事業の実施方針について質疑があり、執行部から、合併協議の確認事項で、本事業については、平成18年4月をめどに新市の生活排水処理基本計画を設け、方向性を明らかにすることになっている。ただ、実際、生活排水処理基本計画に基づいて市町村整備推進事業を行う場合に、現行の生活排水処理施設に係る使用料、分担金をいかに設定して新市の市民に御理解いただける形にするか、また、市が公費として投入すべき額についての課題を検討した上で実施したいと考えているとの答弁がありました。
 以上、予算案2件については、議案第70号・平成17年度八代市公共下水道事業特別会計予算とともに慎重に審査いたしました結果、全会一致をもって原案のとおり可決してしかるべきものと決しております。
 以上で報告を終わります。よろしくお願いします。
○議長(山本幸廣君) 文教福祉委員会委員長古嶋津義君。
             (文教福祉委員会委員長古嶋津義君 登壇)
◎古嶋津義君 文教福祉委員会に付託されました予算案7件の審査が終了しましたので、その経過並びに結果について御報告申し上げます。
 なお、議案については、執行部の説明を聞き、質疑、意見が行われましたが、その詳細については委員会記録に譲ることといたしまして、その主なものを申し上げます。
 まず、議案第65号・平成17年度八代市一般会計予算中、当委員会関係分でありますが、委員から、第3款・民生費、第1項・社会福祉費、老人福祉対策費のシルバー人材センター運営費補助金に関連して、当センターの年間契約額と補助金額の積算根拠について質疑があり、執行部から、昨年度の契約額は3億815万7000円で、市から出している補助額は、人件費を含めた年間の事務経費と、それに対する国からの補助額の差額となっているとの説明がありました。
 これを受けて、委員から、年間3億円も契約額を生み出している事業所への補助金支出の必要性について質疑があり、執行部から、シルバー人材センターの発足当時、国から、事務の人件費については各自治体で負担してもよいとの方針に基づくものである。契約額3億円は、1000人近くいる会員の労働の代償ではあるが、多額の契約があるにもかかわらず補助金を出すのかと疑問はあると思う。今後シルバー人材センターと協議していきたいとの答弁があっております。
 以上のほか、同じくシルバー人材センター関連で、旧市と旧町村のセンターの合併問題や同業種の民間企業との競合について、また、生活保護世帯認定の方法や国民健康保険特別会計や介護保険特別会計への繰出金の抑制策などについて質疑があっております。
 次に、第9款・教育費、第7項・社会教育費、社会教育総務費の成人式に関連して、委員から、本年度の開催方法について質疑があり、執行部から、来年1月8日、厚生会館で旧1市5町村一同に開催する予定である。内容は、現在18名の実行委員で協議中であるとの説明がありました。
 そこで、委員から、会場へ入場しない参加者への対応や遠方からの参加者の把握について質疑があり、執行部から、平成16年度、旧八代市では出席者数が総数の81%、入場者数はそのうちの63%であった。今年度は合併後初めての成人式でもあることから、ホールだけではなく、会場となる厚生会館のほかの会議室にも中継テレビを設置するなど入場者増加を図る方策の検討も必要ではないかと考えている。現在、式典の内容については実行委員会で検討を進めている旨の答弁があっております。
 これを受けて、委員から、式典であいさつが多いことも入場が敬遠される要因ではないかとする意見が出、これに対して執行部から、昨年の例が紹介され、あいさつも極力短縮しており、今年度も実行委員会主導で進める予定であるとの答弁がありました。
 以上のほか、学校給食のセンター方式と自校式の運営統合に関する考え方についてや通学路整備における関係課間の連携についての質疑、さらには学校建設に伴う工期などについては、学校・保護者には正確に周知されたいとの意見もあっております。
 次に、議案第68号・八代市介護保険特別会計予算についてでありますが、委員から、債務負担行為の介護認定審査支援システム整備経費と今年度の予算に計上してある介護認定審査支援システム整備経費190万円との関係について質疑があり、執行部から、債務負担行為の分は、平成18年4月からの大幅な法改正に伴い現行のシステムでは対応不可能なため、そのシステムリースを5年間債務負担行為を起こすものである。一方、今年度に予算計上している190万円は、新しい法改正に対応するための認定審査を来年2月から開始することに伴うもので、認定システムソフト改修委託費とシステム機器リース料であるとの説明がありました。
 以上、予算2件につきましては、議案第66号・平成17年度八代市国民健康保険特別会計予算、議案第67号・平成17年度八代市老人保健医療特別会計予算、議案第69号・平成17年度八代市八代圏域介護認定審査事業特別会計予算、議案第71号・平成17年度八代市簡易水道事業特別会計予算、議案第77号・平成17年度八代市診療所特別会計予算とともに慎重に審査いたしました結果、全会一致をもって原案のとおり可決してしかるべきものと決した次第であります。
 以上で報告を終わります。
 訂正をさせていただきます。
 ただいまの報告中、シルバー人材センターの昨年度契約額を7億815万7000円と申し上げましたが、3億815万7000円に訂正いたします。
 以上です。
○議長(山本幸廣君) 総務委員会委員長中村和美君。
              (総務委員会委員長中村和美君 登壇)
◎中村和美君 おはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 総務委員会に付託されました予算案3件について審査が終了いたしましたので、その経過並びに結果について御報告申し上げます。
 なお、議案につきましては、執行部の説明を聞き、質疑、意見が行われましたが、その詳細につきましては委員会記録に譲ることといたしまして、その主なものを申し上げます。
 まず、議案第65号・平成17年度八代市一般会計予算・当委員会関係分でありますが、歳入において、第19款・諸収入、第4項・雑入に関連して、委員から、基金解約金の内容について質疑があり、執行部から、合併協議の中で廃止するとの申し合わせになっていた旧市町村の基金について、その一部を合併後に解約する手続をとったために基金解約金が発生したものであり、本来ならば、歳計剰余金の中に全部入ってくる予定のものであるとの説明がありました。
 これを受けて、委員から、歳計剰余金の内容について質疑があり、執行部から、この歳計剰余金は、基本的には旧市町村の今年度の4月から7月までの決算の結果、歳入から歳出を差し引いた額、つまり繰越金と同じものである。内訳は、旧市町村において合併前に基金を取り崩して事業の財源に充てるなどして既に予算計上していた基金繰入金約50億1500万円と、新市において廃止予定の基金を合併前に各市町村で取り崩して一般会計に繰り入れた額約10億5400万円等の合計であるとの説明がありました。
 次に、歳出において、第8款・消防費、第1項・消防費、防災管理費に関して、委員から、備蓄倉庫等資機材配備経費について質疑があり、執行部から、これは、災害に伴う食糧、ブルーシートなどの資機材を備蓄配備する購入経費であるとの説明があり、これを受けて、委員から、備蓄する食糧の有効期限について質疑があり、執行部から、備蓄する食糧については大体有効期限が約6年となっているが、一番早いものであと1年というものもあり、これについては1次防災組織での防災活動における訓練時に消費していく考えであるとの答弁がありました。
 以上のほか、公債費比率の推移、総合計画策定の取り組み等について質疑、意見があっております。
 以上、本予算案1件につきましては、慎重に審査しました結果、賛成多数をもって原案のとおり可決してしかるべきものと決した次第であります。
 次に、議案第72号・平成17年度八代市交通災害共済事業特別会計予算についてでありますが、執行部から説明を聴取した後、委員から、交通災害の補償内容について質疑があり、執行部から、死亡の場合は最高100万円、けがの場合は状況などに応じて17階級に分かれており、1件当たり14万6000円から1万5000円までの金額を支払うようになっている。なお、死亡された世帯に子供がいた場合、見舞金として1件当たりに10万円を支給する制度であるとの説明がありました。
 また、委員から、本予算への財政調整基金からの繰り入れについて質疑があり、執行部から、この財政調整基金は、一般会計の財政調整基金とは異なり、交通災害共済事業での財政調整基金となっており、本来であれば見舞金は共済掛金で賄っていくものであるが、過去の年度において剰余金が出た場合、これを財政調整基金として積み立て、事故が多く発生し、財源が不足した場合に、この基金を取り崩して見舞金に充てるものであり、この基金残高が現在約6890万円である旨の答弁がありました。
 以上、本予算案1件については、議案第76号・平成17年度八代市ケーブルテレビ事業特別会計予算とともに慎重に審査しました結果、全会一致をもって原案のとおり可決してしかるべきものと決した次第であります。
 以上で報告を終わります。
○議長(山本幸廣君) 以上で委員長の報告を終わり、これより、ただいまの報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 以上で質疑を終わり、これより討論を行います。
 討論の通告がありますので、これを許します。
 笹本サエ子君。
                 (笹本サエ子君 登壇)
◆笹本サエ子君 おはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 日本共産党の笹本サエ子でございます。
 私は、総務委員会において審議されました議案第65号・平成17年度八代市一般会計予算に、反対の立場から討論を行います。
 議会費の中に、海外視察費として1人当たり37万5000円、8人分、300万円計上されています。
 議員自身が海外視察を行うことで見聞を広め、市政に生かすことは大いに結構だと考えます。市民の皆さんも海外へ行く人はいますが、それは自費で行かれています。私たち議員は、市民の代表として、市民が納められた税金の使い方をチェックする立場にあります。人には厳しく、自分には優しくというわけにはいきません。財政状況が厳しさを増す現状の中で、改善しなくてはならないと考えます。
 坂田市長におかれましては、この間、いいものはいい、改善すべきは改善すると表明されています。まさに税金を使った議員の海外視察は、改善すべき事項に当たると考えます。
 県内11市の中でも、公費による海外視察は、中止、凍結する議会が相次いでいます。
 私どもの調査によりますと、熊本市、荒尾市、宇土市、人吉市、水俣市、本渡市、牛深市は凍結となっています。熊本市は2003年4月から、各派代表者会議で自粛しようと提案され、凍結となっています。牛深市は中止して12年以上経過しています。また、残りの3市の状況は、玉名市が3期以上の議員が行かれています。山鹿市は3期以上となっておりましたが、今年の予算には計上されていません。菊池市は3期以上となっていましたが、在任特例中にて中止となっています。このような状況です。
 私は、このような凍結、中止した他市の例にも学んで、税金を使った議員の海外視察については中止した方がよいと考えます。なお、議員の海外視察300万円は、今回改正された介護保険の利用者負担の増額分の減免措置に回すべきと考えます。
 以上のことから、反対討論といたします。
 終わります。
○議長(山本幸廣君) ほかにありませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 以上で討論を終わり、これより採決いたします。
 議案第61号から同第64号まで、すなわち
 平成16年度八代市水道事業会計決算、
 同 病院事業会計決算、
 平成17年度八代市水道事業会計決算、
 同 病院事業会計決算
 の4件については、委員長の報告どおり、これを認定するに賛成の諸君の挙手を求めます。
                   (賛成者 挙手)
○議長(山本幸廣君) 挙手全員、よって本4件は認定することに決しました。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 議案第65号・平成17年度八代市一般会計予算については、委員長の報告どおり、すなわち原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。
                   (賛成者 挙手)
○議長(山本幸廣君) 起立多数、(「挙手」と呼ぶ者あり)挙手多数、よって本件は原案のとおり可決されました。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 議案第66号から同第73号まで、すなわち
 平成17年度八代市国民健康保険特別会計予算、
 同 老人保健医療特別会計予算、
 同 介護保険特別会計予算、
 同 八代圏域介護認定審査事業特別会計予算、
 同 公共下水道事業特別会計予算、
 同 簡易水道事業特別会計予算、
 同 交通災害共済事業特別会計予算、
 同 日奈久温泉施設特別会計予算、
 以上8件については、委員長の報告どおり、すなわち原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。
                   (賛成者 挙手)
○議長(山本幸廣君) 挙手全員、よって本8件は原案のとおり可決されました。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 議案第74号から同第79号まで、すなわち
 平成17年度八代市農業集落排水処理施設事業特別会計予算、
 同 浄化槽市町村整備推進事業特別会計予算、
 同 ケーブルテレビ事業特別会計予算、
 同 診療所特別会計予算、
 同 久連子財産区特別会計予算、
 同 椎原財産区特別会計予算、
 以上6件については、委員長の報告どおり、すなわち原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。
                   (賛成者 挙手)
○議長(山本幸廣君) 挙手全員、よって本6件は原案のとおり可決されました。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 議案第80号から同第81号まで、すなわち
 平成17年度八代市水道事業会計予算、
 同 病院事業会計予算、
 以上2件については、委員長の報告どおり、すなわち原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。
                   (賛成者 挙手)
○議長(山本幸廣君) 挙手全員、よって本2件は原案のとおり可決されました。
           ─────────────────────────
△日程第22〜115
○議長(山本幸廣君) 日程第22から日程第115まで、すなわち議案第82号から同第175号までの議案94件を一括議題とし、これより提出者の説明を求めます。
 市長坂田孝志君。
                  (市長坂田孝志君 登壇)
◎市長(坂田孝志君) ただいま上程されました議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。
 議案第82号から議案第175号までは、市町村合併前の旧6市町村の平成16年度一般会計及び特別会計と、平成17年度合併前までの一般会計及び特別会計の決算議案94件でございます。旧6市町村の一般会計及び特別会計につきまして決算事務が完了し、監査委員の決算審査も終了いたしましたので、認定をお願いするものでございます。概要につきましては企画財政部長に説明いたさせます。
 何とぞ慎重審議の上、御認定を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。
○議長(山本幸廣君) 企画財政部長。
                (企画財政部長江崎眞通君 登壇)
◎企画財政部長(江崎眞通君) おはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 それでは、議案第82号から議案第175号までの、旧6市町村の平成16年度一般会計及び特別会計決算、合併前までの平成17年度一般会計及び特別会計の決算議案につきまして、その概要を御説明を申し上げます。
 本来は、一般会計・特別会計につきまして、それぞれ旧6市町村ごとに提出されました決算書に基づき説明をすべきところでございますけれども、94件と多くにわたりますので、決算書とは別に配付をいたしております資料により説明をさせていただきたいと思います。この資料でございます。(資料を示す)
 それでは、資料の1ページをお願いをいたします。
 各市町村の平成16年度一般会計決算の総括表でございます。
 まず、議案第82号の八代市一般会計決算でございます。
 歳入総額は382億1137万4000円で、予算現額に対します割合は95.8%、前年度に比べ0.9%の減少となっております。歳出総額は374億9243万9000円で、予算現額に対します割合は94%、前年度に比べ0.3%の増加となっております。歳入総額から歳出総額を差し引きました額は7億1893万5000円で、この額から翌年度へ繰り越すべき財源6296万9000円を差し引きました実質収支は6億5596万6000円の黒字となっております。また、この実質収支から前年度の実質収支を差し引きました単年度収支は1億6007万6000円の赤字となっております。
 また、基金からの繰入額は12億3195万8000円で、財政調整基金から3億円、減債基金から9億円の繰り入れが主なものでございます。平成16年度末の地方債現在高は413億1968万円で、前年度より1.6%、6億5357万7000円の増加となっております。
 続きまして、財政指標でございます。
 下の方に用語の説明をいたしております。
 標準財政規模190億1638万1000円は、地方自治体が標準的な行政活動を行う上に必要な市税など経常的な一般財源の総額でございます。前年度に比べ、2億3981万6000円、2.2%の減少となっております。
 財政力指数0.6は、地方自治体の財政基盤の強さをあらわすもので、標準的な行政活動を行うのに必要な財源をどれだけ自前で調達できるかをあらわした数値で、この数値が1に近いほど財政力が強いとされ、1を超えると普通交付税は交付されないものでございます。前年度に比べ0.01上昇をいたしております。
 また、実質収支比率2.7%は、実質収支の標準財政規模に対する割合でございまして、財政運営の健全性を示すものでございます。通常3%から5%程度が望ましいとされております。
 公債費比率15.2%は、地方債償還金の標準的に入ると見込まれます一般財源に対する割合でございまして、財政健全化の指標となるものでございます。この比率は、15%を超えると財政運営は黄色信号、20%を超えると赤信号と言われております。前年度に比べ0.5ポイント高くなっております。
 経常収支比率88.1%は、財政構造の弾力性・健全性を見るもので、市は80%を、町村は75%を超えると財政構造の弾力性が失われつつあると言われております。前年度に比べ5.4ポンイト高くなっております。
 続きまして、議案第92号の坂本村一般会計決算でございます。
 歳入総額56億3559万7000円で、予算現額に対します割合は89.8%、前年度に比べ6.4%の増加となっております。歳出総額は53億3065万3000円で、予算現額に対します割合は85%、前年度に比べ13.8%の増加となっております。歳入歳出差引額3億0494万4000円で、これから翌年度へ繰り越すべき財源2億0990万8000円を差し引きました実質収支は9503万6000円の黒字となっております。また、実質収支から前年度の実質収支を差し引きました単年度収支は1893万3000円の赤字となっております。
 基金からの繰入金は4億6161万2000円で、財政調整基金から2億6000万円、文教施設整備基金から1億2000万円、ふるさと創生基金から7441万円などが主なものでございます。また、地方債現在高は41億1375万1000円で、前年度より16%、5億6888万円の増加となっております。
 財政力指数は0.23で、前年度より0.01上昇をいたしております。また、公債費比率は7.9%で、前年度より0.3ポイント高くなっております。経常収支比率は87%で、前年度より8.5ポイント、それぞれ高くなっております。
 続きまして、議案第98号の千丁町一般会計決算でございます。
 歳入総額は34億4461万6000円、予算現額に対します割合は102.3%、前年度より6.2%の増加となっております。歳出総額は32億8686万5000円で、予算現額に対します割合は97.6%、前年度比8.3%の増加でございます。歳入歳出差引額1億5775万1000円で、翌年度へ繰り越すべき財源2万6000円を差し引きました実質収支は1億5772万5000円の黒字となっております。また、単年度収支は5129万6000円の赤字でございます。
 基金繰入金は2億0566万1000円で、財政調整基金から3003万7000円、減債基金から5955万1000円などが主なものでございます。地方債現在高は29億9785万7000円でございまして、前年度より3.0%、8693万9000円の増加でございます。
 財政力指数は0.28で、前年度より0.01%の上昇、公債費比率は10.7%で、前年度より0.2ポイント高くなっており、また、経常収支比率は83.7%、前年度より2.9ポイント低くなっております。
 続きまして、議案第104号の鏡町一般会計決算でございます。
 歳入総額は60億2325万6000円で、予算現額に対します割合は96.3%、前年度に比べ0.9%の増加、歳出総額は58億7173万3000円、予算現額に対します割合は93.8%、前年度比1.2%の増加となっております。歳入歳出差引額は1億5152万3000円、翌年度へ繰り越すべき財源2856万5000円を差し引きました実質収支は1億2295万8000円の黒字でございます。単年度収支は1474万5000円の赤字となっております。
 基金繰入金は5億3998万7000円で、財政調整基金からの繰入金でございます。地方債現在高は60億8149万1000円でございまして、前年度に比べ2.5%、1億5463万3000円の減少となっております。
 財政力指数は0.35で、前年度より0.1の上昇、公債費比率は13.9%で、前年度より0.1ポイント低く、経常収支比率は90.5%、前年度より5.1ポイント高くなっております。
 続きまして、議案第109号の東陽村一般会計決算でございます。
 歳入総額は27億2429万2000円で、予算現額に対します割合は97.4%、前年度比13.5%の減少でございます。歳出総額は26億0510万円で、予算現額に対します割合は93.1%、前年度比13.8%の減少となっております。歳入歳出差引額1億1919万2000円で、翌年度へ繰り越すべき財源2670万4000円を差し引きました実質収支は9248万8000円の黒字となっております。また、単年度収支は166万8000円の赤字でございます。
 基金繰入金は2億0751万4000円で、財政調整基金から9500万円、減債基金から9600万円などが主なものでございます。地方債現在高は32億4172万3000円で、前年度に比べ14.6%、4億1401万5000円の増加となっております。
 財政力指数は0.13で、前年度より0.01の上昇、また、公債費比率は16%で、前年度より1.4ポイント高くなっております。経常収支比率は95.4%、前年度比6.8ポイント高くなっております。
 続きまして、議案第117号の泉村一般会計決算でございます。
 歳入総額44億7526万4000円、予算現額に対します割合は99%、前年度に比べ32.5%の増加、歳出総額は44億1394万8000円、予算現額に対します割合は97.6%、前年度に比べ32.6%の増加となっております。歳入歳出差引額6131万6000円、翌年度へ繰り越すべき財源323万6000円を差し引きました実質収支は5808万円の黒字となっております。また、単年度収支も2214万円の黒字でございます。
 基金繰入金は3億5396万9000円で、財政調整基金からの繰入金でございます。地方債現在高は56億3207万3000円で、前年度に比べ14.9%、7億3238万円の増加となっております。
 財政力指数は0.13で、前年度と同じでございます。公債費比率は22.8%で、前年度より2.1ポイント高くなっております。経常収支比率は98.5%で、前年度比5.6ポイント高くなっております。
 以上が、総括的事項でございます。
 続きまして、資料の2ページをお願いをいたします。
 2ページにつきましては、平成16年度一般会計決算の歳入の状況でございます。
 八代市でございますが、構成比率の高いものを申し上げますと、地方税が29.8%、地方交付税が18.4%、地方債が12.9%となっております。歳入総額で前年度に比べ0.9%の減少でございますが、主な要因は、地方交付税が8.2%、地方債が7.2%の減少したことが主な要因でございます。
 続きまして、坂本村でございます。構成比率の高いものにつきましては、まず地方交付税が26.6%、地方債が16.7%、繰入金が9%でございます。歳入総額は前年度比6.4%の増加でございますが、地方税、地方交付税につきましては減少をいたしておりますけれども、ケーブルテレビ整備などによります地方債の増加と、基金からの繰入金が増加したことが主な要因でございます。
 続きまして、千丁町でございます。構成比率の高いものは、地方交付税33.2%、地方税11.7%、地方債11.3%などでございます。歳入総額は前年度比6.2%の増加でございます。これは、分譲用地の売り払い収入の増加などが主な要因でございます。
 続きまして、鏡町でございます。構成比率の高いものにつきましては、地方交付税が35.4%、地方税が18%、地方債が9.4%などでございます。歳入総額の前年度比0.9%につきましては、地方税、地方交付税、地方債につきましては減少をいたしておりますが、前年度からの繰越金が増加したことが主な要因でございます。
 続きまして、東陽村でございます。構成比率の高いものにつきましては、地方交付税が37.5%、地方債が24.5%、県支出金が8.7%などでございます。歳入総額は前年度比13.5%の減少となっておりますが、地方税は増加をいたしましたものの、まちづくり交付金事業の減少に伴います国庫補助金、地方債の減少が主な要因となっております。
 続きまして、泉村でございます。構成比率の高いものにつきましては、地方交付税が36.8%、地方債が32.1%、県支出金が9.5%などでございます。歳入総額は前年度に比べ32.5%の増加となっておりますが、小学校の大規模改修事業、ケーブルテレビ事業に伴います国県補助金、地方債の増加が主な要因でございます。
 次のページ、3ページをお願いをいたします。
 3ページは、一般会計の目的別歳出決算でございます。
 まず、八代市でございますが、構成比率の高いものにつきましては、まず民生費が28.9%、土木費が14.4%、公債費が14%でございます。前年度比0.3%の増加となっておりますが、公債費におきましては40.5%の増加、これは国の施策によります減税補てん債の借りかえに伴います償還金の増加、また、土木費におきまして、前年度に比べ20.9%の減少でございますが、これは、九州新幹線開業に合わせまして実施いたしました事業が前年度で終了したことなどが主な要因でございます。
 続きまして、坂本村でございます。総務費が48.3%と、構成比率が高くなっております。続きまして民生費9.7%、土木費9.3%でございます。歳出総額は13.8%の増加でございますが、主な要因は、ケーブルテレビの整備を始めたこと、道路新設改良費や中学校建設費などが増加したことが主な要因でございます。
 続きまして、千丁町でございますが、構成比率の高いものは、総務費が23.2%、民生費が22.5%、教育費が17.8%でございます。前年度比8.3%の増加でございますが、宅地開発事業特別会計への繰出金の増加などが主な要因でございます。
 続きまして、鏡町でございます。構成比の高いものは、民生費の26.3%、総務費の25.7%、公債費の14.7%でございます。前年度比に1.2%の増加となっております。これは、国の施策によります減税補てん債の借りかえに伴います公債費の増加が主な要因でございます。
 続きまして、東陽村でございます。歳出構成比は、農林水産業費が27.2%で最も高く、総務費が21.2%、公債費が13.1%でございます。前年度比13.8%の減少でございますが、まちづくり交付金事業の減少が主な要因でございます。
 続きまして、泉村でございます。構成比率の高いものが、総務費で32.4%、公債費18.1%、農林水産業費10%となっております。前年度比32.6%の増加でございますが、ケーブルテレビの整備、台風の影響によります災害復旧費の増加などが主な要因でございます。
 次のページ、4ページをお願いいたします。
 4ページは、平成16年度一般会計の性質別に見た歳出決算でございます。
 まず、人件費、扶助費、公債費の義務的比率の割合でございますが、八代市が47.9%、坂本村が26.4%、千丁町が43%、鏡町が47.5%、東陽村が36.2%、泉村が33.6%となっております。
 次のページをお願いをいたします。5ページでございます。
 5ページからは、平成17年度の7月までの6市町村の一般会計決算の総括表でございます。
 まず、議案第129号の平成17年度八代市一般会計決算でございますが、歳入総額118億3224万1000円、歳出総額79億5748万円で、差引額38億7476万1000円となっております。
 続きまして、議案第138号の坂本村の一般会計決算でございます。歳入総額が32億5467万3000円、歳出総額22億4354万4000円、差引額は10億1112万9000円でございます。
 続きまして、議案第144号の平成17年度千丁町の一般会計決算でございます。歳入総額は16億0119万4000円、歳出総額は6億9695万1000円で、差引額は9億0424万3000円でございます。
 続きまして、議案第150号の鏡町一般会計決算でございます。歳入総額31億1797万4000円、歳出総額23億7566万6000円、差引額が7億4230万8000円でございます。
 続きまして、議案第155号の平成17年度東陽村一般会計決算でございます。歳入総額9億1363万円、歳出総額5億7535万円、差引額3億3828万円でございます。
 続きまして、議案第164号の泉村一般会計決算でございます。歳入総額は11億0236万2000円、歳出総額は6億7699万9000円、差引額が4億2536万3000円でございます。
 次のページ、6ページにつきましては、一般会計決算の歳入でございます。
 平成17年4月から7月までに歳入の受け入れを済ませたものにつきまして、それぞれ記載をいたしております。
 次の7ページにつきましてでございますが、17年度一般会計決算の目的別歳出でございます。
 これにつきましても、4月から7月までに歳出の執行を終えたものにつきまして、記載をいたしております。
 各市町村の執行率でございますが、八代市が21.3%、坂本村が36.9%、千丁町が23.8%、鏡町が36%、東陽村が26.7%、泉村が23.1%でございます。
 次のページ、8ページをお願いをいたします。平成16年度の特別会計決算でございます。
 まず、八代市の特別会計決算でございますが、主なものにつきまして説明をさせていただきます。
 議案第84号の、国民健康保険特別会計の決算でございます。
 歳入歳出総額ともに114億9999万5000円でございまして、前年度に比べ歳入が8.5%、歳出が7.9%の増加でございます。実質収支額はゼロ円となっております。一般会計からの繰入金は15億5445万3000円でございまして、前年度に比べ17.8%の増加でございます。
 議案第85号の、老人保健医療特別会計決算でございますが、歳入総額114億4232万2000円、前年度に比べ2%の減少、歳出総額は115億5023万8000円で、前年度に比べ0.6%の減少でございます。差引額1億0791万6000円の赤字でございまして、実質収支も同額の赤字となっております。この赤字につきましては、翌年度の国庫支出金から繰り上げ充用を行い、その補てんを行っております。一般会計からの繰入金は7億4000万7000円で、前年度より10.7%の増加となっております。
 議案第87号は、公共下水道事業特別会計決算でございまして、歳入総額49億3204万1000円、前年度より13.1%の減少、歳出総額48億7210万2000円で、前年度より11.4%の減少となっております。差引額は5993万9000円で、翌年度への繰り越すべき財源956万4000円を差し引きました実質収支は5037万5000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は17億1630万円で、前年度より1.4%減少をいたしております。地方債は17億2146万円、前年度より21.5%の減少でございます。
 なお、平成16年度末現在の地方債現在高、下水道の地方債現在高でございますが、240億1843万円でございます。
 次は、下の段に記載をいたしておりますけれども、議案第89号の、介護保険特別会計決算でございます。歳入総額は66億2010万5000円、前年度比5.2%の増加、歳出総額は65億9387万7000円で、前年度比4.7%の増加となっております。差引額、実質収支とも2622万8000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は10億3706万9000円で、前年度比14.4%の増加でございます。
 次のページ、9ページをお願いをいたします。9ページは、坂本村の平成16年度特別会計決算でございます。主なものにつきまして御説明をいたします。
 議案第93号の、国民健康保険事業特別会計決算でございます。歳入総額が7億3798万3000円、前年度比1.5%の減少、歳出総額7億2011万5000円、前年度比0.5%の減少でございます。差引額、実質収支とも1786万8000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は4232万円、前年度より3.8%の減少となっております。
 議案第94号は、老人保健事業特別会計決算でございまして、歳入総額が10億4704万6000円、前年度比11.4%の減少、歳出総額10億4670万1000円、前年度比11.5%の減少でございます。差引額、実質収支とも34万5000円の黒字でございます。一般会計からの繰入金は5648万6000円で、前年度より34.2%の減少となっております。
 議案第96号、介護保険事業特別会計決算につきましては、歳入総額6億1691万5000円、歳出総額6億1655万9000円で、前年度よりそれぞれ9.8%、10.1%の増加でございます。差引額、実質収支とも35万6000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は8869万3000円で、前年度より17.2%の増加でございます。
 次のページ、10ページでございますが、千丁町の16年度特別会計決算でございます。
 議案第99号の、国民健康保険特別会計決算でございますけれども、歳入総額8億4814万8000円、前年度比1.9%の増加、歳出総額は7億5674万1000円で、前年度比1.3%の増加でございます。差引額、実質収支とも9140万7000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は2007万5000円で、前年度比13.9%の減少でございます。
 議案第100号は、老人保健特別会計決算でございます。歳入総額7億2773万8000円、歳出総額7億2771万3000円で、前年度比それぞれ7.2%、5.5%の減少となっております。差引額、実質収支は2万5000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は4563万3000円で、前年度より37.7%の減少でございます。
 議案第101号は、下水道事業特別会計決算でございまして、歳入総額が4億5974万6000円、歳出総額4億5611万8000円で、前年度比それぞれ16.4%、16.3%の減少となっております。差引額、実質収支とも362万8000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は9450万9000円で、前年度より21.9%の増加となっております。
 なお、16年度末の地方債現在高は20億7845万8000円となっております。
 次のページ、11ページをお願いをいたします。鏡町の平成16年度特別会計決算でございます。
 議案第105号の国民健康保険特別会計決算では、歳入総額19億3705万1000円、歳出総額18億5050万6000円で、前年度比それぞれ3.3%、0.6%の減少となっております。差引額、実質収支とも8654万5000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は8845万5000円で、前年度より19.4%の減少でございます。
 議案第106号は、老人保健事業特別会計決算でございます。歳入総額19億4671万3000円、歳出総額19億4663万4000円で、前年度比それぞれ0.2%、1.8%の増加でございます。差引額、実質収支とも7万9000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は1億8350万8000円で、前年度比40.4%の増加となっております。
 議案第107号は、公共下水道事業特別会計決算でございまして、歳入総額6億5912万5000円、歳出総額6億2671万4000円でございます。前年度比26.1%、29.6%、それぞれ減少をいたしております。差引額は3241万1000円でございまして、翌年度へ繰り越すべき財源3164万1000円を差し引きました実質収支は77万円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は1億8367万2000円で、前年度より26.6%の増加でございます。
 次のページ、12ページは、東陽村の16年度特別会計決算でございます。
 議案第110号の、国民健康保険特別会計決算では、歳入総額3億5579万1000円、歳出総額3億1493万8000円で、前年度比それぞれ1.3%、5.6%の減少をいたしております。差引額、実質収支とも4085万3000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は1218万5000円で、10%の減少となっております。
 議案第111号は、老人保健特別会計決算でございまして、歳入総額3億7566万8000円、歳出総額3億7315万8000円で、それぞれ前年度比3.2%、2.6%の増加となっております。差引額、実質収支とも251万円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は2492万2000円で、前年度より11.4%の減少となっております。
 議案第112号、介護保険特別会計決算では、歳入総額2億8710万7000円、歳出総額2億8627万3000円で、それぞれ前年度比7.9%、9.7%の増加でございます。差引額、実質収支とも83万4000円の黒字でございます。一般会計繰入金は4812万円で、前年度比20.1%の増加でございます。
 議案第116号は、農業集落排水特別会計決算でございます。歳入総額は1億1668万4000円、歳出総額は1億1416万7000円でございまして、前年度比それぞれ3.8%の減少となっております。一般会計繰入金は6024万4000円、前年度比0.8%の増加でございます。
 次のページ、13ページをお願いをいたします。泉村の平成16年度特別会計決算でございます。
 議案第121号は、国民健康保険特別会計決算でございます。歳入総額4億2586万5000円、歳出総額4億2131万円で、前年度に比べそれぞれ7.1%、6.6%の増加でございます。差引額、実質収支とも455万5000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は2253万9000円で、前年度より3.9%増加をいたしております。
 議案第125号は、老人保健特別会計決算でございます。歳入総額5億0729万9000円、歳出総額5億0729万8000円で、前年度に比べ0.3%の増加でございます。歳入歳出差引額、実質収支とも1000円の黒字でございます。一般会計からの繰入金は3571万1000円で、前年度より3.1%減少いたしております。
 議案第126号は、生活排水処理特別会計決算でございます。歳入総額9666万円、歳出総額9640万1000円で、それぞれ前年度比6.1%、5.9%減少でございます。差引額、実質収支とも25万9000円の黒字となっております。一般会計からの繰入金は5042万2000円で、前年度より2.9%増加をいたしております。
 次の14ページをお願いをいたします。平成17年度の特別会計決算でございます。
 17年4月から7月までに歳入の受け入れ、並びに歳出の支払いを済ませたものを記載をいたしております。
 この14ページに、八代市、坂本村、千丁町、次の15ページに、鏡町、東陽村、泉村の各特別会計決算を記載をいたしておりますが、説明につきましては省略をさせていただきたいと思います。
 以上で、平成16年度並びに平成17年度の6市町村の一般会計・特別会計決算の説明を終わります。
 済いません、訂正をさせていただきます。
 資料1ページの総括表でございますが、八代市の財政力指数を6.0と説明をいたしましたけども、0.6の誤りでございます。
 次に、資料の2ページの、千丁町の歳入の地方交付税11.7%と言いましたが、地方税の11.7%の誤りでございます。
 訂正をさせていただきます。
○議長(山本幸廣君) 以上で提出者の説明を終わり、これより質疑を行います。質疑ありませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 以上で質疑を終わります。
           ─────────────────────────
△決算審査特別委員会の設置及び同委員の選任
○議長(山本幸廣君) この際、お諮りいたします。
 決算審査特別委員会の設置及び同委員の選任についてを日程に追加をし、直ちに議題といたしたいが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
○議長(山本幸廣君) 決算審査特別委員会の設置及び同委員の選任についてを議題といたします。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 ただいま質疑を終えました議案第82号から同第175号までの平成16年度及び平成17年度の八代市一般会計決算及び特別会計決算、同坂本村一般会計決算及び特別会計決算、同千丁町一般会計決算及び特別会計決算、同鏡町一般会計決算及び特別会計決算、同東陽村一般会計決算及び特別会計決算、同泉村一般会計決算及び特別会計決算、以上の94件については、11人の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 ただいま設置されました決算審査特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、太江田茂君、大倉裕一君、片山篤君、鈴木田幸一君、田方芳信君、友枝和明君、中村和美君、古嶋津義君、堀口晃君、増田一喜君、幸村香代子君、以上11名の諸君を指名いたしたいが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました11名の諸君が決算審査特別委員会委員に選任されました。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 議案第82号から同第175号までの決算議案94件については、ただいま設置されました決算審査特別委員会にその審査を付託いたします。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 正副委員長の互選のため、しばらく休憩いたします。
                 (午前11時31分 休憩)
           ─────────────────────────
                 (午前11時50分 開議)
○議長(山本幸廣君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 報告いたします。
 決算審査特別委員会の正副委員長互選の結果、委員長に片山篤君、副委員長に友枝和明君が互選されました。
           ─────────────────────────
△日程第116〜118
○議長(山本幸廣君) 日程第116から日程第118まで、すなわち発議案第4号から同第6号までの発議案3件を一括議題とし、これより発議者の趣旨弁明を求めます。
 まず、発議案第4号について、前田慧君。
                  (前田慧君 登壇)
◎前田慧君 ただいま上程されました発議案第4号・「市町村の合併の特例に関する法律」の経過措置団体に係る合併市町村補助金の維持に関する意見書案について、発議者一同を代表して趣旨弁明を申し上げます。
 内容につきましては、別紙議案記載のとおりでありますが、合併市町村補助金については、国による市町村合併支援プランの中で、新市建設計画に基づく各種事業を円滑に実行するための財政支援策として必要不可欠なものであります。
 しかしながら、その取り扱いについては、国の予算編成過程を通じて明らかにするとされているものの、いまだにその結果は明らかにされていない状況にあります。
 本市においては、「旧合併特例法と同様の支援が受けられる」との認識のもと、多くの協議を重ね策定した新市建設計画や財政計画に、この合併市町村補助金を含めた国の財政支援を織り込んでおり、仮に国の予算措置がなければ、新市建設に大きな支障を来たすことは明白であります。
 よって、合併市町村補助金について、旧合併特例法の財政支援と同様に、経過措置団体を含めて交付対象とし、現行の制度を維持されるよう意見書を政府に提出する必要があると判断した次第であります。
 どうか、この趣旨に御理解いただき、満場一致御決定いただきますようお願い申し上げます。趣旨弁明といたします。
 よろしくお願いいたします。
○議長(山本幸廣君) 発議案第5号、橋本幸一君。
                  (橋本幸一君 登壇)
◎橋本幸一君 ただいま上程されました発議案第5号・自治体病院の医師確保対策を求める意見書案について、発議者一同を代表して趣旨弁明を申し上げます。
 内容につきましては、別紙議案記載のとおりでありますが、皆様御承知のとおり、自治体病院は、地域の中核病院として、市民が安心して生活できる地域医療の確保のため、小児医療、救急医療など多くの不採算部門を担いつつも、日夜、その役割を果たしてきております。
 しかしながら、昨年4月から実施された医師臨床研修制度により、大学による医師の引き揚げや医師の地域偏在などにより、地域医療を担う自治体病院の医師不足が深刻化しており、本市の市立病院においても同様な状況にあります。
 このような中、各自治体は、医師確保に向けて懸命の努力を続けておりますが、医師の確保は大変困難な状況にあり、各地で診療の縮小・休止や廃止に追い込まれる自治体病院も相次ぎ、地域医療の確保・継続が困難な状況となってきている地域もあります。
 つきましては、地域医療に従事する医師確保対策として早急に対応がなされるよう、別紙意見書案のとおり、国に対して意見書を提出するものであります。
 どうか、この趣旨に御理解いただき、満場一致御決定いただきますようお願い申し上げ、趣旨弁明といたします。
 よろしくお願い申します。
○議長(山本幸廣君) 発議案第6号について、島田正道君。
                  (島田正道君 登壇)
◎島田正道君 ただいま上程されました発議案第6号・道路整備の促進及び道路特定財源の確保に関する意見書案について、発議者一同を代表して趣旨弁明を申し上げます。
 内容につきましては、別紙の議案記載のとおりでありますが、道路は、市民の経済活動だけでなく、社会を支える基礎であり、広域的な生活圏確保に不可欠なものであります。
 本市において、合併に伴う地域間連携のため、幹線道路ネットワークの充実を図るとともに、交通要衝としてポテンシャルを生かした物流拠点都市を形成するためには、幹線道路から市道に至るまで、道路網の整備が新市発展のかぎを握っていると言っても過言ではないと思います。
 こうした中、政府税制調査会等において、道路特定財源については全般的な見直しがなされようとしており、今後さらなる使途拡大や一般財源化が懸念されるところであり、地方道路整備促進のためには、道路特定財源を確保し、今後とも国の責務において高規格幹線道路網を整備することなどを盛り込んだ意見書を政府に提出する必要があると判断した次第であります。
 どうか、この趣旨に御理解いただき、満場一致御決定をいただきますようお願い申し上げ、趣旨弁明といたします。
 よろしくお願いします。
○議長(山本幸廣君) 以上で趣旨弁明を終わり、これより質疑を行います。質疑ありませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 以上で質疑を終わります。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております発議案3件については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
 これより討論を行います。討論ありませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 以上で討論を終わり、これより採決いたします。
 発議案第4号から第6号まで、すなわち
 「市町村の合併の特例に関する法律」の経過措置団体に係る合併市町村補助金の維持に関する意見書案、
 自治体病院の医師確保対策を求める意見書案、
 道路整備の促進及び道路特定財源の確保に関する意見書案
 の3件については、原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。
(賛成者 挙手)
○議長(山本幸廣君) 挙手全員、よって本3件は原案のとおり可決されました。
           ─────────────────────────
△日程第119〜120
○議長(山本幸廣君) 日程第119・八代市選挙管理委員会委員の選挙、及び日程第120・八代市選挙管理委員会補充員の選挙を行います。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、選挙の方法は指名推選によることに決しました。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 指名の方法については、議長において指名することに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、議長において指名することに決しました。
○議長(山本幸廣君) まず、選挙管理委員会委員についてお諮りいたします。
 上村正勝君、小嶋宣雄君、高見治君、宮川男君、以上の4名であります。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 ただいま議長において指名いたしました4名の諸君を選挙管理委員会委員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました4名の諸君が選挙管理委員会委員に当選されました。
 なお、当選人に対する告知は、議長において文書をもっていたします。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 次に、選挙管理委員会補充員の指名を行います。
 西村壽美雄君、松永京子君、榎本節男君、石田清春君、以上の4名であります。
○議長(山本幸廣君) お諮りいたします。
 ただいま議長において指名いたしました4名の諸君を選挙管理委員会補充員の当選人とし、補充の順位は指名の順位により定めることに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、ただいま指名いたしました4名の諸君が選挙管理委員会補充員に当選され、その補充の順序は指名の順序とすることに決しました。
 なお、当選人に対する告知は、議長において文書をもっていたします。
○議長(山本幸廣君) 以上で八代市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙を終わります。
           ─────────────────────────
△閉会中の継続審・調査の件
○議長(山本幸廣君) 次に、閉会中の継続審査及び調査についてお諮りいたします。
 別紙、閉会中継続審査・調査申し出のあった案件のとおり、
 経済企業委員会委員長から、
 所管事務調査2件、
 建設環境委員会委員長から、
 請願1件、所管事務調査2件、
 文教福祉委員会委員長から、
 請願1件、所管事務調査2件、
 総務委員会委員長から、
 請願1件、所管事務調査2件、
 決算審査特別委員会委員長から、
 議案第82号から同第175号までの決算議案94件、
 議会運営委員会委員長から、
 議会の運営に関する事項、
 議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項、
 議長の諮問に関する事項、
 以上108件について、それぞれ閉会中の継続審査及び調査の申し出があります。
 本申し出のとおり決するに御異議ありませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山本幸廣君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
           ─────────────────────────
△日程第121
○議長(山本幸廣君) 日程第121・会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第81条の規定により、会議録署名議員に島田正道君、田中茂君を指名いたします。
           ─────────────────────────
○議長(山本幸廣君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
○議長(山本幸廣君) 閉会に当たり、市長から発言の申し出がありますので、これを許します。
 市長坂田孝志君。
                 (市長坂田孝志君 登壇)
◎市長(坂田孝志君) 閉会に当たりまして、一言お礼を兼ねてごあいさつを申し上げます。
 去る10月11日に開会しました定例市議会におきましては、議員各位には慎重な御審議を賜り、提案いたしました全議案について原案どおり御賛同をいただき、まことにありがとうございました。
 また、本日追加提案し、継続審議となりました決算案件につきましては、提案の趣旨を御理解いただき、速やかに御同意を賜りますようお願い申し上げます。
 さて、10月も下旬となりましたが、本格的な秋の訪れとともに、朝夕は冷え込むことも多くなってまいりました。議員各位には健康に十分留意されて、今後ともますます御活躍いただきますよう、心から祈念申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。
 ありがとうございました。
○議長(山本幸廣君) これをもって平成17年9月定例会を閉会いたします。
                (午後零時04分 閉会)



地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

      平成17年10月28日



              八 代 市 議 会 議 長   ────────────────
                              ( 山 本 幸 廣 )



              同    議    員   ________________
                              ( 島 田 正 道 )



              同    議    員   ________________
                              ( 田 中   茂 )