議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 八代市

旧八代市 平成17年 6月定例会−06月13日-02号




旧八代市 平成17年 6月定例会
       ─────────────────────────────────
                  主   要  目  次
         1.市長提出案件21件に対する質疑・一般質問(第1日)
          (1)小 薗 純 一 君………………………………………4
          (2)大 倉 裕 一 君……………………………………14
          (3)竹 田 誠 也 君……………………………………22
          (4)畑 辺 忠 志 君……………………………………38
       ─────────────────────────────────
            平成17年6月八代市議会定例会会議録(第2号)

・平成17年6月13日(月曜日)
           ─────────────────────────
・議事日程(第2号)
                        平成17年6月13日(月曜日)午前10時開議
 第 1 議第44号・平成17年度八代市一般会計補正予算・第2号(質疑)
 第 2 議第45号・平成17年度八代市老人保健医療特別会計補正予算・第3号(質疑)
 第 3 議第46号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第 4 議第47号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第 5 議第48号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第 6 議第49号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第 7 議第50号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第 8 議第51号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第 9 議第52号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第10 議第53号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第11 議第54号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第12 議第55号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第13 議第56号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第14 議第57号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第15 議第58号・専決処分の報告及びその承認について(質疑)
 第16 議第59号・市道路線の廃止について(質疑)
 第17 議第60号・市道路線の認定について(質疑)
 第18 議第61号・契約の締結について(質疑)
 第19 議第62号・八代市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の制定について(質疑)
 第20 議第63号・八代市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について(質疑)
 第21 議第64号・八代市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正について(質疑)
 第22 一般質問
           ─────────────────────────
・会議に付した事件
 1.日程第 1
 1.日程第 2
 1.日程第 3
 1.日程第 4
 1.日程第 5
 1.日程第 6
 1.日程第 7
 1.日程第 8
 1.日程第 9
 1.日程第10
 1.日程第11
 1.日程第12
 1.日程第13
 1.日程第14
 1.日程第15
 1.日程第16
 1.日程第17
 1.日程第18
 1.日程第19
 1.日程第20
 1.日程第21
 1.日程第22 一般質問 (1)小薗純一君  (2)大倉裕一君
              (3)竹田誠也君  (4)畑辺忠志君
           ─────────────────────────
・出席議員及び欠席議員の氏名
(1)出席議員(30人)
     1 番 中 村 和 美 君       2 番 沢 田 行 雄 君
     4 番 増 田 一 喜 君       5 番 植 原   勉 君
     7 番 畑 辺 忠 志 君       8 番 松 浦 輝 幸 君
     9 番 村 上 光 則 君      10 番 山 本 幸 廣 君
    11 番 田 方 芳 信 君      12 番 前 垣 信 三 君
    13 番 百 田   隆 君      14 番 栗 原 伸 安 君
    15 番 渡 辺 俊 雄 君      16 番 藤 井 次 男 君
    17 番 田 中   安 君      18 番 小 薗 純 一 君
    19 番 笹 本 サエ子 君      20 番 庄 野 末 藏 君
    21 番 梅 田 玲 子 君      22 番 松 永 久 彦 君
    23 番 大 倉 裕 一 君      24 番 竹 田 誠 也 君
    25 番 矢 本 善 彦 君      26 番 前 田   慧 君
    27 番 田 中   茂 君      28 番 堀 口   晃 君
    29 番 木 田 哲 次 君      30 番 つ る 詳 子 君
    31 番 飛 石 順 子 君      32 番 前 田 秀 康 君
(2)欠席議員(なし)
           ─────────────────────────
・説明のために出席した者の職氏名
 (1) 長                 (3) 教育委員会
   市長        中島隆利君       委員長       萱嶋義邦君
    助役        冨田徹也君        教育長       馬淵睦揮君
    行政管理部長   上野美麿君        教育部長     高浪智之君
     秘書課長    山鹿茂之君         教育総務課長  丁畑ひで子君
    企画財政部長   江崎眞通君     (4) 農業委員会
     財政課長    山田 忍君       会長        川口健次郎君
    市民環境部長   西村壽美雄君    (5) 選挙管理委員会
    健康福祉部長兼福祉事務所長        委員        福田 優君
             橋口邦憲君     (6) 公平委員会
    産業振興部長   小笠原 亨君      委員        松川 勝君
    建設部長     高木 繁君     (7) 監査委員
 (2) 収入役                 委員        小嶋宣雄君
   収入役       水谷謙一郎君
           ─────────────────────────
・職務のために議場に出席した事務局職員の職氏名
   事務局長      坂田憲治君       理事兼次長     松山俊哉君
   副主幹兼総務係長  永原博英君       議事調査係長    丸山尊司君
   主任        正山茂文君       主任        竹岡雅治君
   主任        松川由美君
           ─────────────────────────
                 (午前10時02分 開議)
○議長(中村和美君) これより本日の会議を開きます。
           ─────────────────────────
△日程第1〜22
○議長(中村和美君) 日程第1から日程第21まで、すなわち議第44号から同第64号までの議案21件を一括議題とし、これより本21件に対する質疑、並びに日程第22・一般質問を行います。
 それでは、通告に従い順次発言を許します。
 小薗純一君。
                  (小薗純一君 登壇)
◆小薗純一君 どなたもおはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 1年3カ月ぶりに、この登壇はまさにいつでもやっても緊張するものであります。今回も、最後の議会となった6月議会、懸案の事項を若干質問をいたしたいと思います。
 通告を申し上げましたとおり、行政に臨む市長の基本姿勢について、久しぶりですが、第1点、係長昇任試験、何回か質問しております、その質問を含めて、今回もこの4月1日の人事異動を含めた中での懸案事項を含めて、質問をさせていただきます。
 平成14年2月から、係長職の昇任試験は資格制度になったはずでしたが、去る4月1日の異動では、係長職昇任資格試験を一度も受験せず、係長の資格がない者が複数係長になっております。どういうことなんでしょうか。
 以前は、係長昇任試験を受験しない者は参事どまりと言われておりましたが、昨年度から、係長職昇任資格試験を受けない者で人事考課等が優秀な者は、課長補佐級のスタッフ職で副主幹までにはなれると聞いておりました。係長職昇任資格試験を受けなくても、ライン職の係長にいつからなれるようになったのか。また、そのことは職員には公表してあるんでしょうか。
 当初は、試験に合格しない者は絶対係長に昇任できないということだったので、職員は必死になって勉強して受験していたと思います。今年の2月まで、資格試験を受験して係長の資格を持っていながら係長になれない者がたくさんいるのに、なぜこのような人事異動を行ったのか不思議でなりません。4月の異動で、本人たちも資格がないのに係長にさせられるというのは不本意であり、係長の資格を持った人たちに対して非常に気を使い、肩身の狭い思いをするんではなかろうかというふうに危惧をいたしております。
 平成7年度に、管理職員が組織運営の中の、組織運営の中心にあり、職員の志気及び組織を活性化し、行政目的を達成した上で重要な役割を担っていることを重きを置いて、計画的な管理職養成を図るために開始した制度を自分たちで勝手に壊して、職員に対して示しがつくのでありましょうか。このようなことをすれば、せっかく定着していた制度に水を差し、職員の士気がそがれ、組織が活性化しないのではないでしょうか。
 今回のことがもし許されるとするならば、平成15年6月の一般質問の際、何度も受験して係長の資格を取れなかった者に光を当ててほしいということを発言いたしましたが、これらの職員の取り扱いは今後どうなるのでしょうか、市長にお答えをお願いいたします。
 第2点目、文化財保護のあり方について質問をいたします。
 文化財保護のあり方について質問をいたしますが、今回この問題を質問をするに当たって、合併後に向けた現在議員各位は後援会活動の真っただ中であります。その中で、活動をする中で最も説明を要するのは、古麓・麦島・八代城の3城をまとめて国指定を図るという計画のようです。本議員は、議員として理解することができるように簡単に質問をいたします。多分、市長も同じような話はおうかがいだと思いますので、市長にお尋ねします。
 第1点、市民の声を聞きますと、国指定の道のりは険しいように受け取れるが、いかがでしょうか。
 第2点目、それぞれの城には多くの所有者がかかわっておられるようですが、計画どおり事は進みそうですか。麦島城をとってみても、本議員に届く声は大変厳しいものがあります。地元の人たちに余り理解されていないのではないかというよりは、説明がされていないのではないかと思います。事実経過について教育部長お答えください。
 いつまでも地元になぜ不満が充満しているのか、なぜなのか、市長御存じであればお答えください。
 また、文化財の調査をされる際に、土地所有者に無理な負担を強いるような話を聞いています。これは本議員の知人の所有する土地で起こったトラブルであるが、この一件にしても、住民にお願いして理解してもらわなければ進まないはずなのに、法律に従ってという、全く所有者である住民の立場を無視した仕事ぶりに、皆さんがあきれているところがあります。
 国指定の史跡になると、住民へのメリットは、1つ、固定資産税が非課税になる、2つ、譲渡所得の特別控除、3つ目、不動産取得税の軽減が地元へ言われていますが、これは住民の実質的財産権の消滅に近くなるものと危惧が生じているところも事実であります。この地域住民との信頼を取り戻すために、これからどのうような行政対応をされるのか、最高責任者として市長のお考えをお伺いいたします。
 以上、2項目申し上げます。
 第3点については、質問席から簡単に質問させていただきます。
                 (市長中島隆利君 登壇)
◎市長(中島隆利君) おはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 行政に臨む市長の基本姿勢についての、まず係長昇任試験の問題についてお答えいたします。
 ただいま小薗議員がお話がありましたように、小薗議員からは、この問題につきましては平成9年6月議会、平成13年6月議会、そして平成15年6月議会、3度にわたって取り上げていただいております。
 御案内のとおり、係長昇任試験は、試験を介した客観的な基準による昇任、若手登用による組織の活性化、計画的な管理監督者の養成及び職員の自己啓発の促進等を目的に、人材育成の重要施策として、平成7年度より、管理監督職の第1段階である係長職に対し試験制度を導入いたしました。その後、職種間の受験機会の均等確保やポストに左右されない試験システムの確保と制度の見直しを行い、平成14年度に職員に周知するとともに、資格試験へと移行してきたところであります。
 議員御指摘の、試験を受けていない職員の係長職登用についてでございますが、係長職昇任資格試験制度とは別に、平成15年度から人事考課等を活用し、さらに、各部課かい長の推薦を受けて、在職年数も考慮した上で、助役を長とする選考任用委員会において選考昇任を行い、参事から課長補佐級の副主幹への登用を行っており、これにより係長としての資格も有するものと考えております。
 これは、受験しない者、あるいは受験したが合格しなかった者においても、実務に精励し周囲のよき模範となっている職員を役職に登用することで、職員の勤労意欲の喚起や職場の活性化をねらったものでございます。
 今回の係長職への任用は、選考昇任による既に副主幹の職位でありました職員に係長職を兼務させたもので、係長職についていない有資格者も含めて、総合的に判断して任用したものでございます。
 次の、係長職試験制度を勝手に壊し、このような人事異動を行うことで職員の士気がそがれているのではないかという御質問でございますが、平成15年4月に制定いたしました八代市職員任用規則の中で、係長昇任は原則試験としますが、職務遂行能力が十分に高いと認められる等の場合は、選考による昇任も可能としたところでございます。これはこれまで以上に業務貢献度や指導力等に重点を置き、意欲を持って努力を続ける職員に対して必要な処遇を行うことができるよう制度化したもので、資格試験制度と一体化した人材育成の重要な施策であると考えております。
 以上、お答えいたします。
◆小薗純一君 ありがとうございました。
 私はくどくど言うつもりはないんですが、基本的にはですね、だんだん、前の質問のときにも見ておられると思います、だんだん減ってきましたね。何で減っているのか。試験を受けなくてもなれれば、みんな試験は受けないですよ。試験をしゃにむに受けろというんじゃなくて、もう20%ぐらいしか受験者がいませんから、じゃ80%はもう偉くなれないということでなくて、その職場のそういう推薦があったり、今おっしゃったような人事考課があるようなことが出てくるならば、試験制度はもう要らないんじゃないでしょうか。試験を一生懸命受けて、そして信じて係長級試験通ったという、勉強をした人たちの以外に、試験も受けずに、まあ人間がよくて、愛きょうがよくて、長年勤めておられれば係長級にしましょうということならば、みんなそうなってくる。そういうところは私は考え直していただきたいなというふうに思います。
 基本的には何といいますか、無資格者が、取れなかった人が、そして取れた人と、そして一度も受けなかった人間が一緒になってしまう。それが今度のこの4月人事異動の中で見える場面ではなかろうかと思います。いかがでしょうか、そのあたり、今回の人事異動を含めて市長さん、責任者としてそういう危惧はなされませんでしたでしょうか、お伺いします。
◎市長(中島隆利君) 自席からお答えいたします。
 この問題は、先ほど答弁いたしましたように、平成9年3月、平成13年6月、そして平成15年6月、3回にわたって小薗議員御質問、そしたまた御指摘、改善の要望がございました。その中で、先ほど申しましたように、平成7年度から13年度まで実施いたしました、係長昇任試験制度を実施してきたわけです。しかし、その制度で昇任の資格を取った人は、係長があけば、ポストがあけば係長になれると、こういう制度で、昇任試験制度を行ってきました。
 しかし、非常にその試験制度で受験者が少ないと、だんだんだんだん少なくなってきていると、だから当然受けない人、あるいは受けた人でもその係長になれない、あるいは係長の試験に合格しない人、こういう人の中でも、能力のある人については係長の昇格試験制度を見直すべきではないかと、こういう指摘がございました。
 そういう中で、14年度から、今まで実施しておりました係長昇任試験制度を資格者制度ということに改めまして、試験とあわせて、人事考課を含めて、有能な人材を係長に選考すると、こういう要綱をつくりまして、先ほど言いました助役を筆頭にする選考委員会をつくりまして、そして係長、有資格の試験に合格した人も含めて、係長職の選考を行ってきたわけであります。
 そういう制度に見直してきたということでございますので、当然係長資格試験に合格した人も、あるいは試験を受けなかった、受けられなかった方も含めて、やはり人事考課を見ながら有能な人材は係長にしていこうというのが、今の係長有資格制度の試験制度でございます。
 そういうふうに改めてきたということを、ひとつ御理解をいただきたいと思います。
◆小薗純一君 ありがとうございました。
 市長さん、ここに私、平成16年度の係長昇任資格試験合格者名簿というのをいただいてきたんですが、(資料を示す)1人も係長になっていないですね。17名合格して1人も係長になってない。15年度もなってないんじゃないですか。我が、我が議会の中にもですね、14年度に係長昇格試験に受かっとって何にもなってない人間がおりますよ。だから、そこが私が言うことの問題点なんですね。
 それだけ一生懸命してなった連中は、職員が、職員の皆さんが含めてですね、そこの効果を得るために一生懸命努力をして係長試験に通った。通ったらば、係長職というのがどういうもんかということを、やっぱりきちんと私は制度的にして、資格だけ与えておきましょうて、いつになるかわかりませんよという資格だったらだれも、後は推薦があって、部課長の推薦があってよければと言ったら、試験は受けぬけれどもあいつをどうにかしてやろうという話になってしまう。
 私が一つだけ言いたいのはですね、その中で今回のですね、今回の異動が引き金になって、本来の定年まで7年以上も残して5月やめた優秀な職員がおります。彼は係長級試験を拒否していたと思います。しかし、しかし今度は逆に優秀だからというて上げようとしたら、本人は意思がないのに確認をしないでそういうことをしたためにやめたと、市役所の中の職員の皆さんは思っております。
 私は直接話をしたこともありませんからわかりませんけれども、そういう組織の人をないがしろにするような組織のあり方、それがこの係長試験が今後問題点をはらんでいるということになるんじゃなかろうかと思いますが、そういう事実を市長御存じでしょうか。
◎市長(中島隆利君) 自席からお答えいたします。
 平成14年度から資格試験制度に改めたわけですが、その試験結果でありますが、今御指摘がありましたように、平成14年度に27名の職員が合格しております。そして、現在係長になった人が、13名ほど係長になっておられます。平成15年度には22名が試験に合格し、5名が既に係長職についておられますが、今御指摘のとおり16年度は、昨年度試験をして17名が合格をして、その中からはまだ係長に就任していないと、こういうことでございます。
 ですから、先ほど申し上げましたように、資格試験に合格をした人、それからさらにその以外で受けてない方も含めて選考、人事考課をしながら制度を登用していくと、こういう制度でありますから、すべて資格に、制度なった人がすべて係長になると、こういうことは、御存じのとおり係長のポストというのは限られているわけでありますから、今後退職の中でポストが欠けた、あるいはあきがあった場合にその係長職を、資格試験制度あるいはその他の職員の人事考課によって登用していくと、こういう制度でございますので、御理解をいただきたいと思います。
◆小薗純一君 時間の都合で長くは質問しませんが、1点だけ市長、将来の考え方ですので。
 この係長級の資格試験は、これは合併以後もこのままで存続されるおつもりでおられるかどうか、ちょっとお伺いしたいんですが……。
◎市長(中島隆利君) 合併後も存続するかということでございますが、資格試験制度については、係長職としての能力、あるいは保有状況の確認が目的でありますので、まあ意欲と能力のある職員を計画的に養成をするという意味で、今後も継続して能力開発を行っていきたいと、こういうように思っております。
◆小薗純一君 結構です。
 次、お願いします。
                 (市長中島隆利君 登壇)
◎市長(中島隆利君) 次の、文化財保護のあり方について御答弁いたします。
 第1点は、3城跡国指定の取り組み状況とその実現性についての御質問にお答えいたします。
 本市には現在、名和氏築城による古麓城、小西氏築城の麦島城、そして加藤氏築城の八代城というものがありますが、いずれもその時代、時代には八代城の名で呼ばれ、八代地方の政治の中心でありました。
 城郭は全国的に見て、中世山城から近世の平城へと変遷しますが、八代という一つの地域での変遷をたどることができるのは全国的にもまれであることとともに、3城跡の遺構の良好な保存状況と麦島城跡の豊富な出土品からも、これら3城跡は国指定史跡の価値に十分に値するとの評価を文化庁からいただいております。
 今日の八代市の発展は、これらの3つの城郭とその城下町の発展を基盤としており、八代市としましては、3城跡を今後も国指定史跡として末永く保存し、歴史の見える特色のあるまちづくりを進めるために活用を図ってまいりたいと考えています。
 3城跡で国指定の範囲に該当します土地の所有者は約160名になります。既に地元説明会の開催や個別説明を通じて、国指定による保存の趣旨と指定のメリット・デメリット等の説明を進めております。指定への賛否両論の意見をいただいておりますが、今後も説明を進め、予定どおり申請を行いたいと考えております。
 次に、麦島城の国指定について、地元に不満が充満している状況をどのように認識しているかという質問につきまして、お答えいたします。
 これまでの麦島城跡に関する説明会において、地元から出されました意見の多くは、指定によって住民としての財産権や生活権が規制あるいは侵害され、今までどおりの生活ができなくなり、あるいは強制的に立ち退きを迫られてしまうのではないかという不安の声でした。国指定後の具体的な活用策やまちづくりの方策が見えにくいことから、このような御批判が寄せられたと認識及び反省いたし、地元への情報提供を十分に進め、不安の解消と国指定への御理解が得られますよう努めてまいります。
 麦島城跡の保存方針としましては、地域住民の生活と史跡保存との共存を原則に、下水道の布設を初め各種インフラ整備とあわせ史跡保存の両立を図ってまいります。また、活用案の一例としては、麦島城天守閣跡地を中心に、説明施設や遺構の展示を通して、野外博物館として整備活用していく方針であります。
 次に、税制以外に国指定になることの住民に対してのメリットは何か、住民の信頼をどのように取り戻すのかという御質問にお答えいたします。
 国指定史跡になりますと、その保存のために、現状変更の際には事前に許可が必要なこと、あるいは所有者変更の際の届け出等、史跡を保護するために各種の規制が生じますが、保存に協力をいただいていることに対して、地方税法による固定資産税、租税特別措置法による譲渡所得、県税条例による不動産取得の優遇制度が設けられています。また、史跡整備や管理計画の策定等に対しても国の補助制度が活用でき、市としては大きなメリットと言えます。
 しかし、こうした経済的なメリットとは別に、古麓、麦島、八代の3城跡が我が国の歴史と文化を理解する上で、貴重な歴史遺産として全国に認められることは、地元の人々にとっても誇りになることと思います。史跡指定後も現状保存と将来の整備を通して、歴史的まちづくりに活用できるという点がメリットと言えます。
 議員御指摘の発掘調査の問題につきましても、市内のどこにどのような遺跡があるか常々市民に情報提供し、設計や工法の工夫によって遺跡が最大限保存できる必要最小限の調査費用と調査期間で済み、過大な負担となりませんよう行政としましても努めますので、市民の御理解と御協力を得られますようお願いしたいと考えております。
                (教育部長高浪智之君 登壇)
◎教育部長(高浪智之君) おはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 小薗議員御質問の、麦島城跡保存につきましての地元住民への説明の事実経過についてお答えをいたします。
 御承知のとおり、麦島線建設工事における遺跡のあり方について、平成14年に、文化財や都市計画、土木関係の有識者及び地元住民の代表2名を含む計8名によります麦島城跡検討委員会が3回ほど開催をされました。翌平成15年、各方面との協議結果を踏まえ、麦島城跡を国指定史跡として保存を行うべく、また麦島線も予定どおりに完成させるため、道路の計画高や雨水管工事の工法を変更し、本丸跡部分の遺構を保存し、国指定史跡としての要件を維持するという八代市の方針が発表をされております。
 地元住民に対しての国指定申請に関する説明は、2度の地元説明会を農事研修センターで開催をいたしております。昨年3月23日には41名、ことしの3月22日には29名の皆様に御参加いただき、これまでの調査の結果、遺跡の文化財的価値、市としての今後の保存方針、そして国指定によるメリット・デメリットなどを御説明いたしております。
 その中で、国指定申請は、あくまでも土地所有者に御同意をいただけることが大前提でございますので、同意をいただけない土地については申請できない旨説明をいたしております。また、指定後も今までどおり生活していただき、下水道を初めとするインフラ整備も行われますことも説明をいたしております。
 このようにして進めておりますものの、議員御指摘のとおり、地元住民にはなかなかうまいぐあいに伝わらず、不安や心配を与えているようであります。今後は住民から同意をどのように取りつけるか、文化財の価値観を高める努力をすべきではないかと考えております。信頼を取り戻すためにも、一日も早く雪解けムードとなりますよう行政として努力をしてまいりたいと思っておりますので、議員におかれましてはさらなる御助言、御指導を賜りますようお願いをいたしまして、答弁といたします。
◆小薗純一君 ありがとうございました。
 説明を聞いていると、同意は全くとれてないようですね、今の説明からいくと。ですから、11年度にすると言ったってそう簡単にできない。地域がみんなで史跡指定してワッショイ、ワッショイ、新しい時代を頑張ってつくろうという話なら別ですけれども、私たちは嫌だと言っているんですよ、地域の人たちは。そのことの理解力をもう少しつけないと、17年度にて大上段から、初めに法ありきで物事を考えると、地域の人たちは息苦しくなってしまって身動きがとれないと思います。そこをやっぱりみんなでどうにかお互いの胸襟を開いて、話し合いしてそして方策をつくらないと、うまくいかないんじゃなかろうかと私は思います。
 先ほど壇上から言いましたが、現地の土地で起こったトラブル、具体的に申し上げますと、ある私の知人のところが建物を建てる、じゃ文化財の指定地域だから掘らしてくれと。どぎゃしこ銭のかかっとですかと言ったら、見積もりを持ってきたら2000万円というんですよ。そして掘ったら200万だった。そんな、自分たちの文化財はいわゆるそこの所有者が払わなきゃいかぬわけですから、それだけの金を出して払うということがあり得ない話なんです。そういうところから現場の不満は、掘れば金を払わにゃいかぬとか、いろんな意味でですね、地域の人たちの理解が得られない。現実にそのような状況になっているのも事実なんです。ですから、思っているほど、教育委員会が思っているほど進まないことがある。
 今回、私は先ほど申し上げましたように、麦島のあのあたり行ってみますと、あたは賛成か反対かて言われます。どっちな、あたはて。私たちは、でも何やかんやおっとらるるという話だけんなというぐらいの理解力のなさ、それはいかに地元に説明をきちんとしない、行政が勝手に法に従えという形での説明だけにとどめているところが、今回のこの問題の進まない原因の一つだろうと思います。私は、地域の方々とですね、やっぱり行政は、自分たちの町ですから、自分たちで解決する方法をですね、もっと腹を割って行政は地域に入っていくべきだと思うんです。
 そのことを申し上げてこの項を終わりたいと思いますが、何ば言うてやったら本当にわかってくれるかなと思いながら、実はある本を見てました。そしたら、やっぱりこういう文化財の問題はどこにでもあるんでしょう、肥後狂句の中にこういう言葉がありました。「文化財 指定さるっと窮屈か」。もう一句ありました。「貴重な宝 住民よりも文化財」。そういうことにならぬように、全力を挙げてやっぱり取り組んでいただくということをお願いして、次に行きたいと思います。──議長。
 時間をかけない努力を一生懸命してみたいと思います。
 3点目ですが、簡単に質問いたします。市政の最高責任者として3年数カ月、大変御苦労さまでございました。振り返ってみられて、どのように成果があって、どのように反省を考えておられるのか、簡単にお伺いしたいと思います。
                 (市長中島隆利君 登壇)
◎市長(中島隆利君) 市政を振り返ってということで、まあ簡単にということですが、少し時間をいただいて述べさせていただきたいと思います。
 市長に就任しましてからはや3年余りが経過をいたしましたが、私は公約に清潔で公平な市民参加の市政づくりを掲げ、市民第一主義、市民が主役となる生活者起点の市政づくりを目指して取り組んでいったところであります。まいったところであります。
 市民と行政が手を取り合ったまちづくりを進めるために、情報公開の徹底を図り、また政策の形成・実行に当たっては、市民の声を反映するために、市民との対話を推進してまいったところであります。
 具体的な取り組みといたしまして、情報公開の徹底と市民対話の促進を図るために、広報広聴室の充実を図り、市民ふれあいトーク、市長への手紙、タウンミーティング、まちづくり市長談話室、まちづくりの出前講座を実施するとともに、情報プラザを設置しその具体化を図ってまいりました。
 また、行政制度の透明化を推進するために、職員の採用試験制度の改革、入札制度の改革を初めとして、口ききメモ化制度の発足、各種審議委員の公募化の発足を通じて業務処理の公平化に努めてまいりました。このように行政の役割が市民のために、そして市民と協働してきめ細かく、人の痛みに思いをはせることができる市政づくりを目指してまいりました。
 本市の総合計画に対する、総合計画にあります「すべてのひとが輝くまちやつしろ」を都市像に掲げてありますが、人が尊重され安心して暮らせるまち、豊かな自然と調和したまち、交通の要衝としての特性を生かした交流を進め、活力あふれるまちづくりのために力を注いでまいったところであります。
 特に、環境関連では、生ごみの有機肥料化の実施、樹木剪定くずのリサイクルを実施、あわせて循環型社会の構築のために、エコポート構想の推進や浄化槽汚泥処理施設の整備事業の推進を図ってまいりました。
 生態系の保全に対しましては、シギ・チドリ類生息地として、球磨川河口干潟の東アジア・オーストラリア地域ネットワークの参加承認。農業関連では、環境保全型農業の推進、地産地消推進システムの構築への取り組み等を行ってまいりました。
 建設事業関連につきましては、歩道空間のバリアフリー化事業並びに緑の回廊の事業の推進、都市公園及び防災公園の整備拡充の実施、球磨川駅地区及び大村橋地区、八千把地域の土地区画整理事業の推進を図ってまいりました。さらには南部幹線、麦島幹線道路の整備、西片西宮歩道の整備、都市下水道の整備の拡充。
 教育関係では、今御指摘もありましたが、その過程でありますが麦島城の保存、二見自然の森や川の交流広場の建設、及び太田郷公民館の建設、そして市立養護学校に高等部の開設、日奈久、宮地、金剛各小学校の改築、並びに植柳幼稚園、二中体育館の改築や、本年度は五中、八中、各中学校の基本設計に着手いたしております。
 次に、福祉関連では、健康運動指導事業の支援やいきいきサロン事業の拡充、地域福祉計画の策定、次世代支援行動計画に策定し、さらにはひまわり苑、おおぞら授産所の新築移転の取り組みに着手いたしたところであります。
 任期中には市町村合併という一番大きな課題があり、議員各位には大変御心配をおかけをいたしました。紆余曲折もありましたが、6市町村が有する豊かな自然、歴史文化を考えますときに、子々孫々まで禍根を残すことなく、将来につながる新しいまちづくりがぜひとも必要であるとの認識に立ち、3月30日の廃置分合申請が成就したものと感じております。
 以上、お答えをいたします。
◆小薗純一君 たくさん仕事をされて、本当に御苦労さまでございました。
 成果は、中島市政の成果というのは、みんなに期待を持たせたことじゃなかったかと思いますね。みんな期待しましたよ。私はその成果を踏まえながら、反省点を4点市長に差し上げておきたいと思います。
 まず第1点は、市長就任早々にあった沖田市政の残滓であります職員の採用問題、100条委員会までつくって、21人どうのこうのしたとかいう話をいろいろしました。そのことは胸におさめておかれるとよいと思います。
 第2点目は、私は、東京に市長と御一緒に陳情に行ったときのあの八代港湾の予算の話、そのときおられた議員さんもおられますが、福岡4区の渡辺具能代議士が、元運輸省港湾局長だった方ですが、第四港湾建設局長だった方ですが、私は港湾よく知っているから知事を連れてきなさい、管理責任者である知事を連れてきなさい、そして知事から八代港湾にこれだけ予算つけてくれと言われたら、そのとおり全部つけるからという話でした。とうとう実行されてない。知事を連れていくかいかぬかじゃなくて、知事が結局そういう公共事業に対する耳を持たれないのかどうかわかりませんけれども、たどり着いてない。
 第3点目は、シティプロモーションだと思います。これは中島市政の最も大きな目玉でした。あなたは基本的には労働組合の御出身でしょうけれども、プロデューサーやディレクターを解雇してしまった。後で聞くと、解雇の理由は、3月議会で予算がつかないかもしれないという話をしていたという話を聞きました。私は非常に憤慨いたしました。3年間頑張ってやる中で、やる中でですね、その方針、まだ半年間で何をやってくれとか、何をやらなきゃいけないという何にも出てないときに、何の実績もないからといって、一方的に行政側の措置に遭ってしまった。
 第4点目は、私は合併問題だと思います。必死になってみんなで論議して、歯を食いしばって八代郡市の合併に取り組んでいるときに、一番のまとめ役、リーダーシップである市長が、12月27日に法定協の場で休止を言い始めた。だれも、よその町村長はだれもそのことに答えなかった。ただ1人坂本の村長さんが、きょうはそういう話をするんじゃなかったのかということを法定協議会で言われた。
 私は、12月27日の休止発言というのは、その前に全員協議会したときにも、そういうことがあり得るということを話された。だから、私は当時の議長として聞きおくこととすることを申し上げました。しかし、やめようと言ったのはあなた1人であった。だから、今度8月1日に私たち失職してから、新しい時代に向かって新しい首長を選ぶときに、私は中島市長は出る資格はないと思います。
 それは、胸に手を当てて考えると、まさに公共事業や地域の問題やすべての問題が、今デッドロックです。これをどうやって解決するのか、そしてまたこれがもっと広がっていく中でどういう指導ができるのか、私は、そのことをやっぱり市長は頭から考えていただきたい。
 何か私の後に出馬表明されるようですが、私は水をあえてぶっかけて一般質問を終わりたいと思いますが、本当にテーマを持って新しい時代に臨んでいただきたい。全く、全く理解できないような状況でこのまま、何か保守系が割れてしまっているから出れば勝つという論理だけで八代市を見られたら、14万八代市民は、新市民は非常に不幸だと思います。そのことを申し上げて、一般質問を終わります。(拍手する者あり)
           ─────────────────────────
○議長(中村和美君) 大倉裕一君。
                   (大倉裕一君 登壇)
◆大倉裕一君 おはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)
 青空クラブの大倉裕一です。
 ただいまから私の一般質問を行いますが、まず冒頭に、若干の感懐を申し上げさせていただきたいと思います。それは全くの偶然であるのかもわかりませんが、平成15年市議会議員となりました私の1期目最後の質問の前段で、政治家として、あるいは市議会議員として赫赫たる歴史と実績をお持ちの前議長・小薗議員の後陣で登壇するという光栄についてであります。
 小薗議員と私は、その場において少しばかりの政治的なスタンスの相違はありましたものの、同じく地方自治の活性化を願い、市民生活の安寧を願う立場では何らの相違はありませんでした。そこから、小薗議員を初め諸先輩議員、同僚議員には、折々に幾つかの貴重な御助言もいただきました。この場をおかりいたしましてお礼を申し上げます。
 さて、当八代市は、平成の大合併を経て8月1日から新八代市として生まれ変わります。そこで、私は、現在の八代市議会としては最後となります今6月定例議会の位置づけを、八代市政総括の議会だと考えております。そのような視点から、中島市長並びに執行部に対しまして、以下の3点を御質問いたします。
 平成17年8月1日予定の八代地域6市町村合併に伴い、現在の市議会での一般質問は最後になると思いますが、通告に従いまして、市長就任後の3年間の市政運営に対する総括と、新たな八代市に臨む市長の基本姿勢についてお尋ねをたします。
 1点目、就任後の市政総括について。
 中島市長におかれましては、平成14年4月、清潔で公平な市民参加の市政づくり、真に豊かで活力に満ちた八代づくり、自然環境と調和した人にやさしい八代づくりを基本政策として、多くの市民の要請により市長選に出馬され、多くの市民の皆さんの支持を得られ、第19代八代市長に就任されております。
 就任直後から市民の皆さんとの対話活動を重視され、市民ふれあいトーク、市長への手紙、市長談話室などの実施により、市民が主役の生活者起点の市政運営と、みんなで参加し、話し合い、清潔で公正・公平な市政を目指し、市政の信頼回復に献身的に取り組まれました。
 さらに、昨年は角度を変え、職員に対し、市民の奉仕者としての本質をいま一度見詰め直し、意欲を持って市民に信頼される市役所づくりに努めなければならないという思いから、係長クラスとの懇談を実施されています。対話活動の成果は十分に得られているものと判断しておりますが、ふれあいトークに限っては地域の要求や要望が非常に多く、行政の政策への展開の必要性、また緊急性や困難性、個々の要求・要望への優先順位の設定とその根拠そしてその結果を、地域住民の皆さんに速やかにそして丁寧に説明が必要と感じたところであります。
 平成15年8月には、公正・公平な入札制度の実現に向けた取り組みとして、八代市入札監視委員会設置要綱を制定され入札監視委員会を設立、また地元優先発注のシステム化を導入し、入札制度の改革を実施されております。
 平成16年6月には、熊本市に次いで2例目となる口ききのメモ化に取り組まれ、行政の業務処理の公平化に取り組んでおられます。
 ここで、市民の声を紹介させていただきます。
 中島市長になってよくなった、市民税はきちんと納めて入札参加条件は満たしているのに、以前は入札にさえ参加ができなかったが、中島市長になって公平に入札に参加できるようになり仕事が出るようになったとの声を、市内各業種の方々から聞くことがふえてきました。このことは受注機会の拡大と事業経営の安定に寄与したものと考えております。
 情報公開についても、熊本県下ですばらしい評価もいただいています。今後も情報公開の徹底と充実を図っていただきたいと思います。
 市長も御存じと思いますが、八代市の人口は、昭和35年に10万人を超えました。平成17年4月30日現在10万5337人です。この間、1万人以内を増減している全国的にも非常にまれな自治体ではないかと私は感じています。
 八代市は工業と農業で発展してきました。緑そして球磨川、不知火海と恵まれた環境にある中で、活力に満ちた八代づくりにも取り組まれております。活力ある地域産業の振興と活力ある拠点づくり、観光振興と都市基盤整備、公園の整備計画にも取り組まれ、中でも公園の整備については、事業評価の結果、さらに力を注ぎ事業展開することを確認しておられます。
 また、都市公園における集会所の設置許可基準も整備され、私たち市民の余暇を満喫するため改善していただいております。
 また、歩道の段差を解消する事業や通学路の安全対策、歩道の確保など、一部は改善されておりますが、全市内早急に取り組む必要があるとも考えております。
 環境対策では、循環型社会の構築として、燃えるごみの6割を占める生ごみの分別・堆肥化で燃えるごみの量を減らし、清掃センターの延命化を図っておられます。
 市町村合併については、これまで幾多の紆余曲折はありましたが、3月29日に、1市2町3村の廃置分合の同文議案が可決され、法定協議会の会長として合併をなし遂げられたことはすばらしい成果だと評価しております。
 これまで述べてきましたこの成果の陰には、職員の皆さんの果てしない努力があったことも忘れてはならないと思います。まだまだ結果が見えてこない課題もたくさんあるわけですが、時には市長の発言の重み等マスコミに厳しく批判されたこともありました。市長就任後の市政運営について、何をどのように評価し、どう反省しておられるのでしょうか、お答えください。
 なお、ただいま私が質問いたしました項目並びに内容の細部につきましては、先ほど御質問なさいました小薗議員のものと重複している論点が多々あると思いますが、私と小薗議員との質問の視点については若干相違があると考えておりますので、御答弁については繰り返しの御答弁をされても構いませんので、中島市長の十分なる御説明をいただきたいと考えております。
 2点目を質問いたします。
 新たな八代市の市長選への出馬の意向について。
 中島市長は6月定例記者会見で、出馬への意向は市議会の6月定例会で正式に表明すると述べられており、マスコミ各社は「6月定例会で意思表明」、さらには「出馬に前向き」と報じております。私は、ぜひ中島市長に、新たな八代市が誕生して施行されます選挙に初出馬し、均衡のとれた新たな八代市の発展に向けて取り組んでいただきたいと願っております。このことは私だけでなく、多くの八代市民の皆さん、合併をして同じ市民となる5町村の住民の皆さんが切望されていることでもあります。市長の出馬に対する意向をこの場で明確にしていただきますようお願いいたします。
 また、出馬を決意されておられるのであれば、質問通告の3点目、新八代市の政策のあり方について御答弁をいただきたいと思います。地方に暮らす市民を取り巻く環境はますます厳しさを増してきております。市町村合併という大きな時代の波が訪れる中でこの合併を契機とし、新たな八代市の将来の大いなる発展に向けた土台づくりが急務ではないでしょうか。
 合併で人口約14万人、面積680平方キロメートルとなります。新たな八代市の建設計画は示されましたが、合併後に総合計画に着手することになると思います。新市の政策のあり方についてどのような考えを持っておられるのか、あわせてお尋ねいたします。
 なお、3項目すべてに関連がありますので、答弁は一括してお答えください。
 以上で壇上からの質問を終わり、再質問は発言席から行います。
                 (市長中島隆利君 登壇)
◎市長(中島隆利君) ただいま大倉裕一議員から、私の市政執行3年間に対する入念なる総括評価と、今後の当八代市が抱える課題についての御指摘を賜りました。心から感謝を申し上げます。
 まずは、第1点目の御質問にお答えいたしますが、お答えに入ります前に、御質問者の大倉裕一議員並びに御列席の議員各位に対しまして、答弁内容の幾分かにつきまして、前段で御質問いただきました小薗純一議員に対する答弁内容と重複する部分がありますことにつきまして、特別の御了解をちょうだいしておきたいと思います。
 それでは、大倉裕一議員の質問に対する答弁を申し上げます。
 私は、御承知のように、平成14年4月の八代市長選挙において、八代市をこよなく愛する多くの市民の皆さんのお力添えと御指導をいただきまして、市長に就任させていただきました。以来、3年2カ月、市政運営の責任者として、任務の重大さと市政に託されている市民の皆さんの思いの強さを痛いほどに実感をいたし、全力を振り絞って市政運営に邁進してまいりました。
 その私は、平成14年の市長選挙出馬に際して、基本政策と具体的な政策の骨子として、1つに、清潔で公平な市政づくり、2つ目に、市民参加の開かれた市政づくり、3点目に、活力ある地域産業の振興と活力ある拠点づくり、4点目に、憩い、安らぎ、潤いのある八代づくりを発表いたしました。あわせてそのことを実行するに当たっての基本理念として、市民第一主義を掲げました。
 その理念のもとで、私は市長就任以来3年の間、市政が市民に果たすべき任務と役割について、市民のために、市民と協働して、きめ細かく、市民の痛みに思いをはせる、そこから市政が市民の生活感覚に近づけるとの考え方を貫いてまいりました。
 具体的には、情報公開の徹底と市民対話の促進を図りました。市民ふれあいトークでは、年1回、全16校区を3カ月かけて、市民の皆さんとひざを突き合わせて意見の交換を行ってまいりました。
 また、タウンミーティング、まちづくり市長談話室、まちづくり出前講座等を実施し、3年間で約4000人に上る人、市民の皆様と対話を重ねてきました。
 さらに、市長への手紙制度では、3年間の通算で583通もの手紙が市役所に届けられました。このような取り組みの中でいただきました市民の皆さんの御意見、御要望、政策につきましては、都度、都度、市政の現状を詳しく報告するとともに、市政へ反映させてまいりました。
 その結果、十分ではありませんが、多くの市民の皆さんから、市民参加の開かれた市政づくりに対する努力として、理解と賛同をいただいたものと総括いたしております。
 風通しのよい行政を行うためにとの考え方から、広報やつしろの充実と強化を図るために、市長通信、市民コラムの設定を行い、若い市職員グループがかかわって開発をした新機軸のホームページを開設して、市役所が持つ情報の発信や市議会報告等を実施するなど、市民と行政の双方向による情報通信網の充実に努めてまいりました。このシステムは、全国的にも1位の評価をなされるその結果、県下における自治体の中で、情報公開率トップの評価を受けることになりました。
 私が初めて立候補いたしましたさきの市長選挙での最大の争点は、清潔で公平な市政、行政制度の透明化について、市民の皆さんにお約束できるか、できないかというものでありました。
 その点につきましては、職員採用試験制度の改革、入札制度の改革を初めとして、先ほど御紹介がありました口ききメモ制度の発足、各種審議・委員会の公募化の発足等を通して業務処理の公平化に努め、曲がりなりにも選挙時の市民の皆様への公約を果たしたものと自負いたしております。
 自然環境と調和したまちづくりや、だれもが安心して暮らせるまちづくり、子供、大人も育つ教育と文化の環境づくり等と、市民生活の安全と安心に直結する政策につきましても、具体的な施策を推進してまいりました。
 特に、環境関連では、生ごみの有機肥料化の実施、樹木剪定くずのリサイクルの事業化を実施し、あわせて循環型社会の構築のため、エコポート構想の推進や浄化槽汚泥処理施設の整備事業の推進を図ってまいりました。
 また、地場産業の一環としての位置づけで設置いたしました八代農業再生委員会では、八代の農業の再生を強力に進めるために、環境保全型農業の推進と地産地消の運動推進を、委員会活動の活発化とともに取り組んでいるところであります。
 それから、生態系の保全も緊要な環境問題でありますが、前段にも申し上げましたシギ・チドリの生息地として、球磨川河口が東アジア・オーストラリア地域ネットワーク世界の認証を受け、環境学習やグリーンツーリズム運動の拠点として獲得することができました。
 魅力ある安全で快適なまちづくりでは、ふれあいトークの市民の皆さんの多くの声に基づき、歩道空間のバリアフリー化事業を、平成16年度から全市を計画的に実施していくことといたしております。
 緑の回廊事業の推進を行い、さらには都市公園及び防災公園の整備拡充について実施をいたしてまいりました。そして、さらに長い期間中断いたしておりました大村橋地区、八千把地区の区画整理事業や球磨川地区区画整理事業につきましては、平成16年度から本格的な取り組みを推進したところであります。
 南部幹線道路の整備、麦島幹線道路の整備や西片西宮歩道の整備、その他都市下水道の整備拡充につきましても、市政の大きなテーマとして取り組んでまいりました。
 市民生活の安全と安心のための政策では、教育文化が重要な位置を占めるのは論をまたないところでありますが、教育文化政策の拡充の施策として、教育文化施設の整備及び建設に力を入れました。
 具体的なものとしては、麦島城の保存、二見自然の森の建設や川の交流広場の建設を初め太田郷公民館の建設を行いました。また、市立養護学校の高等部を開設に努力をいたしましたし、日奈久、宮地、金剛小学校の改築、植柳小と二中体育館の改築に着手し、五中、八中、中学校の改築については、基本設計の段階を迎えております。
 ここでつけ加えておきたいと思いますが、これらの学校の改築に当たっては、地域に開かれた学校づくりとして、特別教室や体育館、あるいは家庭科教室等の地域に開放型の教室の整備を、学校改築の整備を行ってきたところであります。
 福祉的政策の充実につきましては、地方自治体の力量を超えた難題が存在するのでありますが、それでも市民健康を発展をさせるために、健康運動指導事業の支援やいきいきサロン事業の拡充を行いました。地域福祉計画の策定や次世代支援行動計画の策定というソフト面での政策の実行と、ひまわり苑、おおぞら授産所の新築移転等の問題に着手をいたしました。
 八代における農業以外の産業政策についても、企業誘致の活動を活発に展開してまいりました。その結果、平成15年1社、16年3社、17年1社という成果も獲得いたしております。
 私が行いました市政の3年間の総括につきましては、以上の答弁においてほとんどの課題について網羅していると存じますが、しかしながら新清掃センターの建設問題や日奈久埋立地JRA問題や、新八代駅周辺整備等について、一定の前進を見てはいますものの、現在なお完全な解決策を見出し得ていないでおり、大きな課題として残っていますことについて、大いに反省いたしておるところであります。
 私が11万市民の皆さんの負託を受けて担当いたしました3年間の市政を総括しますとき、その光と影につきましては、11万市民の皆さんの真摯な御批判の前で検証をいたしたいと考えております。
 以上をもって、大倉議員御質問の第1点に対する答弁といたします。
 第2点の、市長選への出馬についての意向について、新市の政策のあり方についてお答えをいたします。
 今般、平成の大合併の本流の中で、6市町村合併の協議が行われたのであり、その協議の過程ではさまざまな紆余曲折がありましたが、めでたく合併合意を果たすことができました。この事業の中心的な任務と役割を担ったのは始終八代市でありました。それを可能にしたのは、合併により八代地域の将来が保障されるという、11万市民の皆さんが持っている英知のすべてを結集された結果であり、平成の大合併という大事業実現のために、日夜を分かたず、勇気と誠実の姿勢で、行政機関としてあるべき姿に徹して精励してくれた職員のみならず市議会議員の皆さん方の、本市の将来を憂いての御指導のたまものであると思います。(「そのとおり」と呼ぶ者あり)行政の長として、改めていたく感謝し感激を覚えるところであります。
 結果、人口14万人、行政面積680平方キロメートルの新八代市が誕生いたします。洋々なこれから新八代市の飛躍のための諸政策、諸方策、方策を策定し実行する段階に直面しております。私は、この間において、6市町村が合併するための法定協議会で、光栄にも座長の役を任せていただきました。その論議の中で、市民生活に果たす政治の役割がいかに大事であり、市民の皆さんが暮らしの安心のために、政治行政に多くの期待と要求をお持ちでいらっしゃることを、改めて強く認識させられたものであります。
 そんな思いを抱いた私は、市民生活に直結する地方政治の重要性について新たな視点を獲得し、身を振り返り見ないで、市民に奉仕する感激を覚えた次第であります。何としても、新──スタートをする新八代市を、その場所に集い合い、暮らし合う14万人の市民が、暮らしていて安心する町にしなければなりません。加えて地域の人々が、行ってみたい町、寄ってみたい町にしなければなりません。
 65年の歴史を持つ旧来の八代市が、八代市の誕生により現在大きく生まれ変わり、雄々しく羽ばたく、新幹線新駅の駅舎に描かれたこの駅舎のように、飛躍のチャンスがやってきました。市町村合併により、新八代市は名実ともに九州中心部に位置し、熊本県第2の人口規模を誇る都市となります。合併に合意した6市町村長は、それぞれに極めて固有の──失礼しました、合併に合意した地域、市町村はそれぞれに極めて固有の市勢的、文化的特徴を持ち合わせています。それらの特徴の一つ一つを新八代市を形成する政策の基礎として、市政が求められていることになります。
 つまり、それぞれの町村が持っている力を結集させ、合併効果の上がる政策展開を実行することこそが重要不可欠であると考えております。そして、その政策を策定する基本的な考え方は、何よりも合併に向けて策定をした新市建設計画の具体化に求められるべきであると考えます。それは新市の将来像として、豊かな資源を生かし、個性きらめく交流拠点都市の建設であるとうたわれています。
 新市は、山、川、海のすばらしい自然環境と、先人が築いた歴史文化の宝庫があり、しかも日本一の農業を持つ、かつ県下随一の工業が栄えております。九州新幹線や高速自動車道、八代港が整備され、九州中央に位置することから交通の要衝として、国内各地はもちろんアジア各国へも玄関口を持つものであります。
 これらの資源を基盤と生かし、それぞれの町村の特性に即した個性豊かなまちづくりを行う必要があります。そのようなことに思いをいたすとき、私は新八代市の帰趨を制する市長としては、旺盛な問題意識を持つ果敢な行政執行能力を備える者、そして何より市政は市民が主役だと認識する者が求められていると考えます。
 そこで、私は、私が備えますすべての人格と、30年間の政治家としての経験から取得いたしました見識のすべてを、新八代市の発展のために傾けてまいりたいと考えております。したがいまして、近日八代市長選挙が行われる予定に際しまして、一候補者として立候補する意思があることを明らかにさせていただきます。
 以上をもって大倉裕一議員御質問の第2点、第3点のお答えにさせていただきます。
 ありがとうございました。
◆大倉裕一君 市長から丁寧な総括をいただきました。今の気持ちを忘れないで、市の最高責任者として頑張っていただきたいというふうに思います。
 また、最後に市長から、新市の市長選に臨む熱い思いを述べていただきました。市民が主役の、そして生活者起点のまちづくりにですね、ぜひ継続して取り組んでいただきたいというふうに私も思っております。私もまたこの場で、地方自治のあり方について議論ができるように努力していくことをお誓い申し上げまして、私の一般質問を終わります。
 ありがとうございました。
           ─────────────────────────
○議長(中村和美君) 以上で午前中の議事を終わり、午後1時まで休憩いたします。
                 (午前11時17分 休憩)

                  (午後1時03分 開議)
○議長(中村和美君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
           ─────────────────────────
△日程第1〜22(続き)
○議長(中村和美君) 日程第1から日程第22までの議事を続行いたします。
 竹田誠也君。
                 (竹田誠也君 登壇)
◆竹田誠也君 皆さんこんにちは。(「こんにちは」と呼ぶ者あり)
 連合クラブの竹田誠也でございます。
 一般質問初日の3番目ということで、早々と登壇させていただきますことに感謝を申し上げたいというふうに思います。また、昼一ということでございますので、皆様多少はお疲れのことと思いますが、しばらくの間時間をかしていただきますように、よろしくお願いを申し上げます。
 今回は、任期最後の一般質問ということになりますので、少し欲張りまして5点通告をいたしております。それぞれ8月1日の新八代市発足を視野に入れての質問でございます。執行部におかれましてはわかりやすくかつ中身の濃い御答弁をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 早速ですが、本題に入らせていただきます。
 まず、大きな1番、八代港について質問をさせていただきます。
 この問題は、在任期間中何回も何回も質問をいたしました。コンテナヤードの稼働状況や熊本港とのすみ分け、そして今回も提出をいたしております中国航路の開設等々、執行部には大変御足労をおかけいたしました。その中で、八代港の位置づけといいますのを改めて認識をしてまいりました。コンテナヤードも着実に伸びてきておりますし、熊本県内貿易港の中での輸出・輸入の取扱量も群を抜いております。国内最高の豪華客船・飛鳥の寄港も定着をしてきております。今年度は、みなとフェスティバルも再開されます。このようなことを考えますと、やはり八代港の発展はそのまま本市の活性化に結びついてくるということだろうと思っております。このことは、新八代市が発足しましても言えることでございます。
 そこで、この2年半での自分なりの集約ということで、3点質問をさせていただきます。
 個人的には、八代港はいろんな課題を抱えておりますが、喫緊の課題といたしましては、中国航路の開設と5万トン岸壁の設置ではないかと考えております。
 そこで、まず、中国航路の開設につきまして、前回の御答弁では、民生輪船との交渉については推移を見きわめながら進める必要があるし、他の船会社とは見通しについて言及できる段階には至っていないが、県、市、港運業界と連携をとりながら情報収集に努め、最大限の努力を行ってまいりたいということでございました。ここでは、前回以降におきます行政を中心としました取り組み対応とあわせまして相手先、これは民生輪船及び新規船会社の対応につきましてどのような状況にありますでしょうか、御答弁をお願いしたいと思います。
 また、5万トン岸壁の設置についてでございますが、この件は八代港港湾計画改訂の中での話になるかと思います。この計画につきましては、一昨年前ぐらいから大まかな概要説明をいただいておりますし、その後の進状況につきましては、議会の方にも説明したいとのことでありましたが、なかなか進んでいないように伺っております。しかし、このままずるずるということにもいかないわけですから、現段階の状況につきまして、県とのすり合わせ等も含めましてどのような進状況にありますでしょうか、御答弁をお願いしたいと思います。
 この項の最後といたしまして、エコポート構想についてお伺いをいたします。
 この件につきましても計画発表から何年か経過しようとしておりますが、なかなか進んでいないといいますか、状況が見えてこないというのが率直な思いでございます。発表当初はそれなりに盛り上がりも感じておりましたし、実際に民間ベースで先行した動きも見られましたが、どうも最近動きがとまってしまったように感じております。この件につきましては、八代港の発展はもとよりですが、企業誘致の観点からも大きな効果が期待できる事業ではないかと思います。
 そこで、エコポート構想につきましては現在どのような状況にありますでしょうか、御答弁をお願いしたいと思います。
 大きな2番目、スポーツ行政についての質問をさせていただきます。
 先週8日の夜は、ワールドカップのアジア最終予選、日本対北朝鮮の試合に日本国じゅうが注目をいたしましたが、2対0の快勝によりまして3大会連続出場を決めました。ちょうど本大会まで1年ということですが、今から楽しみで仕方がございません。
 3年前に、日韓共催で開催されましたときには、今お座りでございます馬淵教育長が一中の校長先生で、急遽厚生会館を借りられまして、全校生徒に大画面で日本の試合を見せていただきました。我が家の子供も当時3年生で、興奮、感動して帰ってきたのをつい思い出してしまいました。
 この混沌とした世の中で、スポーツの話題といいますのは何か明るさと希望を与えてくれます。国境を越えまして、老若男女を問わずにでございます。青少年の健全な育成にもスポーツは大きな効果をもたらしてくれます。
 そこで、スポーツ行政という観点で、3点質問をさせていただきます。
 まず、少年スポーツの聖地づくりについてでございます。
 この件につきましては、前回御答弁をいただきましたが、残念ながら第1段階の選考には漏れてしまいました。しかし、一つの光明としまして、バドミントン競技の全国小学生ABC大会開催につきまして、6月ごろに決定されるということで、八代市バドミントン協会等とともに全市一丸となって取り組むということでございましたが、その後につきましてはどのような状況になっておりますでしょうか、御答弁をお願いしたいと思います。
 次に、小・中学校のクラブ活動についてお尋ねをいたします。
 子供たちが成長していく過程の中で、学校の勉強はもちろんですが、放課後のクラブ活動というのは大変重要な役割を果たしていると思っております。これは運動部に限ったことではありませんで、文化部も当然一緒でございます。
 ここでは運動部に限っての質問とさせていただきますが、今企業の採用に当たりましても、学業よりもクラブ活動をやっていたかということが大きな条件の一つになっているようです。それは、あいさつとか、礼儀とか、あるいはしつけとか、そのようなことがきちんと備わっている人材ということではないでしょうか。また、種目によっては、チームワークとか、先輩・後輩のつながりとか、またいろいろな経験の中で必ず感動ということを味わうことができます。ですから、私自身も、ぜひ多くの子供たちにクラブ活動に入ってもらい、いろんな感動を味わってもらいたいと思っております。しかしながら、少子化等の影響もあり、クラブ活動そのものの数も減り、あわせまして部員数も大幅に減少しているように伺っており、大変心配をいたしております。
 そこで、本市におきます小・中学校のクラブ活動につきまして、どのような状況にありますでしょうか。また将来的に少子化が進行していく中で、今後のクラブ活動の運営につきましてはどのような方法を考えておられますでしょうか、あわせまして御答弁をいただければと思います。
 この項でもう1点、町じゅうが運動場ということで質問をいたします。
 この件は、スポーツ行政といいますよりも、見方によりましては健康福祉部の管轄かもしれません。趣旨は、あくまでも国保、老人保健、介護保険、この3つの負担金を減らすということにございます。現在の八代市におきましても、今ほどの3つの特別会計への一般会計からの繰入金は28億円にも上っております。これから8月1日の新八代市発足後は高齢化率が一層高くなってまいりますので、間違いなくこの繰入金額は右肩上がりで推移してまいります。
 そこで、治療といいますよりも予防という観点で、以前より健康づくりの一環として、町じゅうが運動場、いわゆる一歩家を出れば歩くことができるウオーキングコースの設定を提案させていただいておりますが、何か進展はあっておりますでしょうか、御答弁をお願いしたいと思います。
 大きな3番目、中小企業勤労者福祉サービスセンターの設立について質問をさせていただきます。
 全国的に大手企業の業績は上向いてきており、少しずつですが明るい兆しが見え始めてきているようです。雇用情勢も改善の方向にありまして、聞くところによりますと、大学卒の求人はバブル時代にまで回復しているということでございます。また、高卒の就職状況もかなりよくなってきているようでございまして、熊本県内におきましても、今春の高校生の就職率は92.5%ということでございますから、かなり数字はよくなっているんではないかと思っております。
 また、この八代市の地におきましては、興人さん、あるいはヤマハプロダクツさん、この両者が設備投資を実施・計画されておりまして、少なからず本市に活気を注入いただき、非常にありがたいことだと思っております。
 ただ、地場企業の状況は依然厳しさを増しておりまして、給与あるいは福祉厚生の部分で切り下げが余儀なくされております。そういう意味では、大企業と中小企業のいろんな部分での格差というのが、ますます大きくなっているのではないかと危惧をいたしております。
 そこで、以前から何回となくお願いをしてまいりました中小企業勤労者福祉サービスセンターにつきまして、お尋ねをいたします。
 この中小企業勤労者福祉サービスセンターの設立につきまして、本市で考えた場合どのような条件が必要になってくるのでしょうか、また設立につきましてはどのように考えておられますでしょうか、御答弁をお願いいたします。
 4番目です、イミズ出店に伴う中心市街地との共存共栄策について、質問をさせていただきます。
 日本セメントの解体が始まりまして、あっという間にイズミ・ゆめタウン八代がオープンすることになりました。たまにあすこの道を通りますと、前のイメージが全くなくなり、余りの変わりように本当に驚いております。昨年のイオン八代の開店に始まり、いよいよ2大ガリバー店がわずかの距離の間にうごめくこととなります。イズミとイオンの流通戦争があちこちで展開されておりますが、この八代もその真っただ中に突入することとなります。
 皆さんが恐れております2つの店の競合に、中心商店街を初めとしまして地元の商店街が埋没してしまわないように、当該の店だけではなくて、我々市民も真剣に考えていく必要があると思います。出店そのものに対しましては、現状では規制も含めどうしようもできない状況でございますから、何とか共存共栄策を模索していくことが重要になってまいります。
 幸いにも、今回のイズミ出店に当たりましては、行政の方からも早目に対応されたこともあり、先日開店に当たっての覚書を調印されました。先般、経済企業委員会でも概要につきまして説明を受けました。そこで、ここではイズミ出店に伴います4者による覚書の内容につきまして、もう少し具体的に御説明をお願いしたいと思います。
 また、共存共栄という観点で、本町三丁目からイズミとの間の商店街をどう復興させていくか、大変大きなかぎを握っていると思います。そこで、行政としましては、あのかいわいにつきましてどのようなイメージを描いておられますでしょうか、御答弁をお願いしたいと思います。
 最後の5番目ですが、大村橋周辺土地区画整理事業の進状況についての質問をさせていただきます。
 大村橋周辺の区画整理事業につきましては、安全上の観点、また臨港線からの進入問題など過去何回となく質問、要望をさせていただきました。行政の方でも真摯に受けとめていただきまして、前年度より予算計上もいただいております。ちなみに、前年度当初予算が1億5600万円、本年度が2億3700万円となっており、大変ありがたく思っております。
 地元住民への説明会を初め着実に進展していると思っておりますが、確認の意味も込めまして、現在の状況と今後の見通しにつきまして御説明をいただければと思います。
 以上、5点にわたりまして壇上からの質問をさせていただきました。
 再質問につきましては質問席より行わせていただきます。よろしくお願いいたします。
               (産業振興部長小笠原亨君 登壇)
◎産業振興部長(小笠原亨君) 議員お尋ねの、八代港についての1項目め、まず中国航路開設の現状についてお答えをいたします。
 この中国航路の誘致につきましては、これまで竹田議員を初め多くの議員の皆様から、御心配と御指導をいただいているところでございます。
 まず、その航路誘致の基本方針でございますが、中国・上海と八代港との直行航路につきましては、そのメリットとして輸送コストの低減や輸送時間、すなわちリードタイムの短縮を図ることにより、八代地域経済が他の地域に十分打ち勝てる競争力を持ち、ひいては地域の経済活性化の観点からも大きな効果が期待されているところでございます。したがいまして、八代市といたしましては、ぜひとも上海を含めた他の地域をも視野に入れて、航路開設をぜひ行いたいと、このように考えております。
 そこで、さきに八代港ポートセールス協議会の理事会への協議を経まして、2月中旬に、中国船会社の日本総代理店に対しまして、上海に加え寧波を含めることは難しく、当初計画のとおり上海・八代間での航路開設を検討していただきたい旨回答をし、再度お考えいただくようにお願いをいたしているところでございます。
 その後の動きでございますが、民生輪船に対しましては、4月中旬に熊本県と地元荷役業者が船会社を訪問いたしております。また、新規船会社につきましては、新たに中国・大連を拠点としている船会社への接触を試みたりしておりますが、今のところ情報提供程度でございまして、直ちに航路開設への交渉の場に着くということまで至っておりません。
 その主な理由でございますが、現在の海運業界を取り巻く環境は大変厳しいものがございます。原油高騰による燃料費の値上がり、対中国貿易の好調から輸送船舶の不足と用船──船のチャーター料の値上がり、これらによりまして船会社は新規航路開拓に対する意欲を低下させているとのことでございまして、現在、新造船の投入、あるいは新規航路開設を行うにはその時期が適当でないという考え方を持っているようでございます。しかしながら、一方では、航路維持に必要な魅力的なベースカーゴがあれば航路開設を行う用意はある、こういうような考え方もあるようでございますので、県、市、港運業界と連携をとりながら情報収集に努め、ベースカーゴの確保及び開拓に力を注いでまいりたいと、このように考えているところでございます。
 さらに、今回の寧波・上海・八代港路開設につきましては、中国側の輸出拠点を直接的に結ぶという問題が内在していたため、イグサ生産農家への配慮から、寧波と結ぶことはできないとの判断に至ったわけでございますが、一方では、JAやつしろでは、昨年の10月に行われました新高ナシの試験輸出につきまして非常に手ごたえを感じているようでございまして、農産物の輸出という新たな展開も当然考えられるわけでございます。
 このようなことから、JAと協議をいたしました結果、定期的な情報交換、あるいは議論をする場を設けるとの目的で、八代港ポートセールス協議会の会員として参画をしていただくこととなったところでございます。今後は必要に応じまして、農産物の輸出を含めたところでの協議の場を設けてまいりたいと考えているところでございます。
 次に、2点目、八代港港湾計画改訂についてでございます。
 この港湾計画改訂につきましては、策定者でございます熊本県におきまして、内部での調整に少し時間がかかっていることもありまして、これまでも竹田議員を初め多くの議員の皆様から、これまた御心配をいただいているところでございます。
 まず、その改訂作業の進状況についてでございますが、昨年度まで地元首長、経済団体代表、港運業者などの各界の代表者で構成されております八代港長期整備構想策定委員会、これが2回ほど開催をされているところでございます。そこで、計画素案についての検討が行われているところでもございます。しかし、その後、委員会開催から、先ほどお話がございましたように、既に1年以上がたっている現在に至りましても、第3回の委員会は開催されていないという状況にございます。
 その第3回の委員会につきましては、熊本県よりできるだけ早く開催したいとしているところでございますが、港湾計画改訂の全体的スケジュールにつきましても、なるだけ早い時期に県としての案を取りまとめられるようにしたいということで、現在作業が進んでいるようでございます。
 本市といたしましては、地元要望として、1つ目に、マイナス14メーター、5万トン級接岸可能な岸壁と、これに伴います航路、泊地の計画を、それから2つ目に、加賀島地区の埋立地、面積約80ヘクタールの土地利用計画について強く要望をいたしているところでございまして、引き続き知事会や地元経済界などの御支援、御指導を賜りながら、地域経済の活性化につながる港湾計画の策定に向け、関係機関へ働きかけを強めてまいりたいと考えているところでございます。
 次に、3点目の、八代エコポート構想の現状につきましてお答えをいたします。
 まず、八代エコポート構想の策定の経緯についてでございますが、この構想は平成14年12月、商工会議所を初め各経済団体5団体から八代市に対し、自然環境を含めた環境の保全及び資源の再利用、これを前提とした新たな視点による産業の活性化と雇用の促進を目的とした地域振興策として提案がなされたものでございます。これを受けまして、平成15年度に八代商工会議所が窓口となりまして、経済産業省の地域振興活性化事業による補助を受けまして、経済界と行政とが連携をとりながら構想づくりを行い、平成16年2月末に、産業の活性化と資源循環型社会の形成を図ることを目的といたしました構想の策定が出されたところでございます。
 しかしながら、今も御指摘がございましたが、構想が漠然としてわかりづらく、事業としても取り組み方がよくわからない、このような指摘もございます。そこで、民間と行政が役割を分担し、重点的に取り組む具体的事業を検討するため、構想策定に際し、産業界で組織されましたリサイクル産業部会の方を中心とした検討会、それから実務経験者を中心とした推進協議会の幹事会、さらに幹事会に参加いただいた団体の代表で構成いたします推進協議会、この3つの会をそれぞれ昨年10月から11月にかけて設置され検討を重ねておられます。
 現在の状況を申し上げますと、構想の目的でございます資源循環型社会及び産業の活性化を目指し、民間が主体となり、地域で発生する廃棄物を効率的に再資源化する方法はないのか、またその場合行政としてどのような支援が必要なのか、地元リサイクル関係業者を中心として組織されましたリサイクル検討会におきまして、具体的に数多く検討されているところでございます。
 これらの検討事項につきまして、リサイクル検討会で取りまとめた上でそれぞれの幹事会、協議会にもお諮りをし、なるべく早く市長へ具体策が提言できるよう、最終協議が現在進んでいるところでございます。
 以上、お答えとさせていただきます。
◆竹田誠也君 多岐にわたりまして御答弁いただきまして、ありがとうございました。
 まず、中国航路の開設の件でございますが、4月にですね、熊本県と地元の荷役業者が民生輪船を訪れたということで御答弁いただきましたが、その内容につきまして報告がなかったんですけれども、内容をできれば教えていただきたいというふうに思います。
 それともう一点ですが、八代市の方では大連、こちらを拠点の船会社と接触をしているということでございましたが、こちらにつきまして何かつてがあったのかなということと、あと、それともほかに理由があったのかなと、その辺がちょっとわかりませんもんですから、その辺を教えていただければというふうに思います。
◎産業振興部長(小笠原亨君) それでは、自席からお答え申し上げます。
 まず、民生輪船との交渉の状況でありますが、先ほど御答弁いたしましたように、4月に熊本県等が神戸支社を訪問いたしておりますが、その際の船会社の見解として、対中国貿易、これが好調なために全体的に輸送船舶に不足が生じておりまして、そのための船のチャーター料が、昨年同時期に比べまして約2倍の値上がりをしているというようなことでございます。
 加えて、原油価格の高騰によりまして燃料費が上昇していることなどの理由で、現在新造船の投入、あるいは新規航路開設を行うには今はその時期ではないと、このような回答であったというふうに聞いているところでございます。
 しかしながら、ただいまも申し上げましたとおり、一方では航路維持に必要な魅力的なベースカーゴ、すなわち基本となる荷物量があれば航路開設を行う用意はあると、このような一方ではお答えもいただいております。そこで、具体的には、輸出入合計で50TEU、これがあれば何とか寄港も考えられると、このようなお答えであったようでございます。
 それから次に、大連を拠点とする船会社との接触の経緯でございますが、私の方では常々港湾荷役業者、あるいは荷主企業の方々と連携をとりながらポートセールスに取り組んでおります。その中に貿易関連の方々もいらっしゃるわけでありますが、常に情報交換を行っているわけでありますが、その中でぜひとも八代港の航路開設にお手伝いをしたいと、このような申し出もございまして、今回お話を進めさせていただいたところでございます。しかし、初回でもございましたので、情報交換、ごあいさつ程度に今回はとどめたというのがその実情でございます。
 この航路誘致につきましては、やはりタイミング、それから積極さ、そして商業ベースの採算性が整ったときに実現へ向けて大きく動き出すと、このように認識をいたしているところでございます。したがいまして、効率よいセールス活動を積極的に進めながら、まずもってベースカーゴの確保、これを最大の課題として取り組んでまいりたいと、このように考えております。
 以上でございます。
◆竹田誠也君 行政の役割としましては、荷物量の確保ということがきちんとはっきりしているわけでございますから、ぜひこう努力をしていただきたいというふうに思っております。
 そのような中で、ポートセールス協議会、この会員さんにですね、JAさんも参画をしていただいたということでございますが、これはですね、ひとつ大きな進展があったんではないかというふうに思っております。これから先を見越してみますと、当然工業製品だけではありませんで農業製品、こちらの方も十分なですね、可能性がある商品でございますので、そういった意味では、この八代地域だけではなくて、熊本県内とか、あるいは南九州全般にまで見越して農産物、そういったところにも着目をしていただきたいというふうに思っております。
 それから、八代港港湾計画改訂の件ですが、先ほどありましたように1年以上もですね、開催がされていないということでございますし、一方ではですね、熊本県の方では、今年度中には県としても取りまとめたいということでございました。果たしてその中でですね、おひざ元の八代市の声が計画の中に生かされていくのかなということに非常に私は不安を感じておるわけでございますけれども、そういった意味ではですね、きちんとした正式な委員会でなくてもですね、常日ごろからですね、県の方ともっともっと話し合いを持つべきじゃないかなというふうに思っておりますけれども、その辺ができる環境にあるのかがですね、ひとつ我々にはわからないもんですから、教えていただきたいと思います。
 それから、以前畑辺議員の方からこれ質問といいますか要望だったかと思います、きょうは小薗議員さんが一時触れましたけれども、政府要望のあり方ですね、この辺もですね、せっかくああいったいい提言があったんですから、ぜひ生かしていただきたいと思っております。ちょうど来月ぐらいそういった時期ではないかと思っておりますので、その辺何かあればお答えをいただきたいというふうに思います。
               (産業振興部長小笠原亨君 登壇)
◎産業振興部長(小笠原亨君) それでは、2点につきましてお答え申し上げます。
 まず、港湾計画改訂の交渉状況というようなお話であろうかと思います。ただいま申し上げましたとおり、昨年度まで2回開催されました八代港長期整備構想策定委員会だけでは、地元としての声が生かされないのではないかと、こういう御趣旨だというふうに思います。本市といたしましては、かねがね御指摘をいただいている項目につきまして、国、県に対しまして、ワーキング等により十分に協議を重ねていると、このように考えております。
 このようなことから、今後示されるであろう素案につきましては、基本的な項目、具体的にはマイナス14メーター岸壁の整備、それからニュー加賀島地区の土地利用計画、そして大島石油配分基地の航路、泊地の整備、それから客船対応岸壁の整備などにつきまして計画に盛り込まれるよう、県へも協議の中で再三お願いをいたしているところでございます。
 これら本市の基本的な考え方につきましては、県といたしましても十分お聞きいただいていると、このように認識をいたしております。しかしながら、さらに働きかけを御指摘のとおり強めてまいりたいと、このように考えているところでございます。
 それから2点目に、政府要望のあり方についてでございますが、今年度も7月1日に九州地方整備局への要望、それから7月7日には本省要望をそれぞれ予定いたしております。そのような中にありまして、民間におきましても八代港の振興に対する要望、これも高いものがございまして、加えて民間レベルでも要望活動をしてはどうかと、こういう声も実は上がっているところでございます。
 具体的には、先般、関係行政機関と民間企業、あるいは経済団体で構成されます八代港港湾振興協会の理事会の席で、八代港の整備については民間が主導的に国、県に対してより強力に訴える必要があると、このような提言がなされたところでございます。続く総会におきましても、当該協会の民間企業団体を構成員として八代港整備・活用促進期成会、これが設置されたところでございます。この期成会につきましては、事務局を八代商工会議所に置きまして、民間での要望活動を強力に行うこととなっているところでございます。八代市といたしましても、あらわでできました期成会と共同歩調をとりながら、要望活動を強めてまいりたいと、このように考えております。
◆竹田誠也君 ぜひ要望の件につきましても、せっかく予算を使っていくわけでございますので、実のある取り組みを続けていただきたいというふうに思っております。
 それからですね、熊本県と八代市の関係ということでは、八代市の基本的な考え方につきましては県の方も十分理解しているということでございますので、ぜひ港湾計画の中に組み入れていただきますように期待をしていきたいというふうに思っております。
 先日ですね、熊日新聞だったと思いますが、八代港の取扱貨物量が100万トン増加をいたしますと、熊本県内に643億円の経済効果があるというふうにですね、試算がされておりました。まあ100万トンふやすということは並大抵のことではございませんけれども、その方策といたしましては、中国航路の開設と、あと5万トンの岸壁ですね、これは最低の条件ではないかというふうに思っておりますので、ぜひあと一踏ん張りをお願いしておきたいというふうに思っております。
 それから、エコポート構想、これにつきましてはですね、先ほど御答弁をいただきましたが、時間の関係で再質問はいたしませんけれども、何かいま一つ見えてこないといいますか、だらだらだらだら延びているのかなというふうな感じを持っております。もう少し行政の方でも立ち入っていいんじゃないかなというふうに思っておりますので、その辺はぜひお願いしておきたいというふうに思っております。だんだんだんだん皆さんの関心が薄れてきているようでございますので、ぜひよろしくお願いしておきたいというふうに思います。
 教育長、次、お願いいたします。
                 (教育長馬淵睦揮君 登壇)
◎教育長(馬淵睦揮君) こんにちは。(「こんにちは」と呼ぶ者あり)
 竹田議員御質問の、スポーツ行政についての3点についてお答えさせていただきます。
 まず、少年スポーツの聖地づくりについてお答えいたします。
 少年スポーツの聖地づくり事業は、総務省と文部科学省の連携のもと、財団法人地域活性化センターの主催により、平成16年9月に、全国小学生ABCバドミントン大会の開催の募集がありました。そこで、平成16年11月とそれから平成17年の4月に、大会開催の希望の申請をいたしたことにつきましては、竹田議員御承知のとおりであります。その間、市長を初め市バドミントン協会など関係者において、18年度大会を開催に向けて、日本バドミントン協会へ働きかけをして、大会開催への調整をお願いし、また県知事を初め多くの方にも、大会開催に向けての御尽力をお願いしたところであります。
 しかし、日本バドミントン協会と日本小学生バドミントン連盟の情報交換、連絡がうまくいっておらず、全国大会は準備の都合上2年前から決定しているということで、全国小学生ABCバドミントン大会は、既に18年度千葉県での開催が決定していることが判明いたしました。
 そのようなことから、文部科学省と検討いたしました結果、18年度の大会開催の調整ができないと判断し、18年度大会開催希望の申請を取り下げて、改めて19年度大会開催希望で申請することとしております。
 今後も市を初めバドミントン協会関係者などと協力しながら、日本バドミントン協会と日本小学生バドミントン連盟へ働きかけをして、スポーツの聖地づくりのため、本市での19年度からの大会開催希望の申請ができますよう努めてまいりたいと思っておりますので、御理解の上御支援いただきますようよろしくお願いいたします。
 2点目の、小・中学校におけるクラブ活動、いわゆる部活動の現状と方向性についてお答えいたします。
 小・中学生における運動部活動の数や運動部活動への加入率は、ここ数年ほとんど変動は見られておりません。具体的には、市内小学4年生以上の運動部活動への加入率は、平成16年度が約65%、平成17年度が約67%です。中学生全体の運動部活動への加入率も、平成16年度、17年度ともに約71%ということで、学校によっては児童生徒数の減少によりまして、1部活動当たりの部員数の減少が見られているようですが、部員数減少に対する取り組みとして、複数校による合同の部活動が、平成16年度中学校で3校実施されており、日ごろの活動の充実とともに、各種の大会にも参加しているところであります。
 課題としましては、活動場所の不足がありますけれども、小学校では週3回の活動、1日2時間程度、中学校では週5ないし6回、1日に2時間から2時間半程度、工夫をしながら活動しているところです。
 運動部活動を推進することにより、体力や競技力の向上のみならず、生涯にわたって積極的に運動に親しむ資質や能力の育成を目指しているところであります。
 また、教育委員会としましても、学校や地域の特色を生かした適正で魅力ある運動部活動を推進していくことで、たくましい健康や体力を身につけた児童生徒を育成するとともに、学校教育活動全体の活性化を図ることを期待しております。
 今後も、未来を支え、開いていく子供たちのために、学校、保護者、地域そして教育委員会等が連携して、適正で活発な部活動を展開していく所存ですので、今まで以上に御理解と御支援をお願いいたしたいと思います。
 次に、3点目の、町じゅうが運動場(ウオーキングコース)の設定についてお答えいたします。
 近年、健康ブームを反映して、ウオーキングという言葉が定着してまいりました。ウオーキングは、手軽にできる運動ということで、男女、年齢に関係なく、自分の好きな場所で自分のペースででき、健康増進、体力づくりのためには最も効果のあるものとして楽しんでおられ、また社会環境の変化によるストレスなどの心の健康にも役立つものであることは、竹田議員御承知のとおりであります。
 以前、議会でも述べてありますが、本市におきましても生涯スポーツの実現に向けてその推進に努めているところであり、ウオーキングは生涯スポーツそのものであると思っております。そのため平成16年度から健康運動教室を開校し、正しい歩き方の講習を実施いたしております。また、市保健センター、市国民年金課、スポーツ振興課の3課の連携によります健康運動推進事業企画連絡会議の中で、1年間に4校区ずつ校区巡回健康教室を開催し、体力測定と健康教室を実施しております。
 健康教室では、体力測定の結果などにより、健康運動指導士によるウオーキングなどの実技指導も行っております。また、各校区におきましても、それぞれにウオーキング大会が開催されているところであります。
 竹田議員御提案のとおり、ウオーキングコースを設定することによりさらなる健康増進が図られると思いますが、そのためには実態の把握が課題であります。現在、緑の回廊線で多くの市民の皆様がウオーキングを楽しんでおられますが、八代駅からの距離が100メートルごとに地面に表記され、500メートルごとに石に表記されていますので、それを参考にするのもよいのではないかと思っております。今後も無理のないウオーキングを生活の中に取り入れ、歩くことの魅力づくりに向け、健康運動推進事業企画連絡会議の中で検討していきたいと考えております。
 さらに、市町村合併により全市的なことを視野に入れ、緑の回廊線のチャリンコロードを取り入れた中で、健康づくり、体力づくりのための新しいコース設定についても考えなければなりませんが、関係機関との連携をとり、官民一体となって検討しなければならないと思っております。そして、竹田議員御指摘のとおり、市民の皆様が健康で明るく、豊かな市民生活を過ごしていただけるよう努めてまいりたいと考えておりますので、御理解と御支援のほどをよろしくお願いし、答弁にかえさせていただきます。
◆竹田誠也君 ありがとうございました。多岐にわたりましてまして御答弁いただきまして感謝を申し上げます。
 一つはですね、バドミントンの全国大会、これは今度の議会で八代に決定したということで伺えるのかなというふうに期待をしておりましたが、大変残念でございます。ただですね、打ち合わせの中では、平成19年度以降につきましてはですね、かなりこの八代市に向けての開催が濃厚だということも伺っております。せっかくバドミントン協会等も精いっぱい頑張っておられますので、ぜひ教育長、何としてでもですね、八代市に誘致ができるように頑張っていただきたいというふうに思っております。
 それから、子供たちのクラブ活動でございますが、加入率については下がっていないということでこれは意外だったんですが、内心ほっとしております。ただ、子供の数が全体的に減っておりますので、そういった意味での弊害が出てきているのかなというふうには思っておりますが、ただ中学校ではですね、幾つかの学校が集まって、特にソフトボールとか今参加をされているようでございますし、公式にも認められているということでございます。
 そういった意味では、小学生ではそこまでいっていないんではないかと思っておりますので、ぜひ小学校も、そういった問題が出てきておりますので、小学校の方にもですね、幅を広げられまして、そういった複数校での競技ができますように取り組んでいただきたいというふうに思っております。
 それから、町じゅうが運動場ですね、これにつきましては正直言いまして余り進んでないようでございます。いつも言っておりますが、私はあんまり難しく考える必要はないんではないかなというふうに思っております。ぜひその辺は、教育長はスポーツマンでございますので、簡単に結構でございますので、少しずつでも進んでいきますように取り組みをお願いしておきたいというふうに思います。ありがとうございました。
 次、お願いいたします。
               (産業振興部長小笠原亨君 登壇)
◎産業振興部長(小笠原亨君) それでは、中小企業勤労者福祉サービスセンターの設立につきまして御答弁申し上げます。
 このことにつきましては、それぞれ既に御案内のことではございますが、中小企業勤労者福祉サービスセンターは、中小企業の勤労者が生涯にわたり豊かで充実した生活を送ることができるように、中小企業事業主、勤労者、行政が出資し運営するいわゆる互助会組織の勤労者福祉事業を実施する施設でございます。
 設立の基準でございますが、センター設立の地域人口がおおむね10万人以上でございまして、運営は原則として公益法人であるとされております。
 そのセンターを運営していきますには、会員数2万人程度が必要でございまして、地域人口換算では、50万人から70万人程度の人口が集まる地域が一般的と言われているところでございます。
 設置状況でございますが、現在全国126のセンターで約80万人が加入をされておりまして、熊本県では熊本市のみが設置されている状況でございます。
 しかしながら、多くのセンターでは会員である勤労者が減少し、国の補助金や自治体の財政に大きく依存しておりまして、センター運営自体は厳しいものがあると聞いております。本市といたしましても、中小企業勤労者の福利厚生は大企業に比べますと必ずしも十分ではないと、このように考えておりまして、そのためにもこの必要性は感じているところでございます。
 そのようなこともございまして、これまで設置の検討はしてまいったところでございますが、現状ではなかなか厳しいものがあるところでございます。引き続き、今後実現するにはどのような手法があるのか、そういうものものも含めて今後検討をしてまいりたいと、このように考えております。
 以上、お答えとさせていただきます。
◆竹田誠也君 この中小企業勤労者福祉サービスセンターにつきましては、設立基準、この人口的な面からしますとクリアをしているということでございますし、行政の方でもですね、必要性は認識をされているということでございます。まあ申し上げるまでもありませんけれども、日本経済を支えておりますのは中小企業でございますし、本市も当然しかりでございます。したがいまして、何とか大企業との格差是正と福祉向上を充実させるために、あるいは有能な人材を地元で確保すると、そういった観点からも必要な施策であるというふうに思っております。
 設置につきましては、今の答弁からしますと十分検討する必要があるということでございますが、新しい市ができますと、ますますですね、設立条件をクリアできる可能性が高くなってくるというふうに思っております。
 また、この件につきましては、行政と労働者だけの問題ではありませんで、経営者の方の御理解もいただかなければなりません。同レベルの規模で設置されている自治体もあるというふうに思いますので、ぜひ参考にしながらですね、設置に向けての検討をお願いしたいと思っておりますが、いかがでしょうか。
◎産業振興部長(小笠原亨君) 先ほど人口要件で申し上げましたが、八代市と同程度の人口で単独設置されている地域は、九州地域にはないようでございますが、しかしながら全国を見てまいりますと、確かに室蘭市、あるいは会津若松市、さらには鹿沼市等数カ所あるようでございます。
 八代市といたしましても、先ほど申し上げましたとおり、大企業と中小企業との格差是正、こういう観点から必要性は認識をいたしておりますので、より広域的なエリアで対応できるのかできないのか、そういう問題につきましてもあわせて検討をしてまいりたいと、このように考えております。
◆竹田誠也君 はい。ぜひ、これは八代地域だけではございませんで、周辺の地域も含めてですね、広域での設置ということも検討いただきたいと思っておりますし、ぜひ新しいですね、市におきましても、できればそういった専門の方でも置いていただくとありがたいんですが、ぜひ設置できる方向で真剣に考えていただきたいというふうに思います。
 次、お願いします。
               (産業振興部長小笠原亨君 登壇)
◎産業振興部長(小笠原亨君) イズミ出店に伴います中心商店街と共存共栄につきましてお答えを申し上げます。
 今回、ゆめタウン八代の進出に当たりましては、中心市街地の西部地区への進出ということもございまして、中心商店街としても行政としても大変な危機感を有しているところでございます。
 そこで、八代地域の活性化につながる協力態勢が不可欠と、このようなことで昨年から20数回にわたり検討を進め、このほど八代市、八代商工会議所、太平洋セメント、それから株式会社イズミの4者による覚書の調印、6項目でございますが、5月27日に行ったところでございます。
 これは従前から協議を重ねてまいっておりましたので、既に調印項目が調ったものもあるわけでございますが、その覚書の具体的内容について御案内を申し上げたいと思います。
 まず、1点目、交通渋滞等の対策につきましては、県道八代港大手町線からゆめタウンへのアクセスのため、右折及び左折レーンの設置を行っております。また、ゆめタウンへのアプローチは極力左折入店の誘導を行うよう、チラシや誘導看板約40本でございますが、案内を行いますとともに、開店時には各出入り口に交通整理員の配置を行いますほか、2200台の収容の店舗隣接駐車場以外に3カ所の臨時駐車場を確保するなど、できる限りの対策を行う予定でございます。
 2点目の、共存共栄策でございますが、商店街と一体となった売り出しの一環としてイズミが発行いたしますチラシに、中心商店街の情報掲載、全市連合大売り出しへのイズミの参加、中心商店街とイズミを結ぶ貸し自転車30台の提供など予定されているところでございます。
 3点目の、地産地消への対応でございますが、イズミが取り扱います生鮮食料品のうち、野菜が5割、それから鮮魚が4割、これが八代産となる予定と聞いているところでございます。
 4点目の、従業員の採用でございますが、地元雇用が8割でございます。
 5点目の、ゆめタウン八代の事業活動に伴います外部業務委託につきましては、現在可能な限り地元企業を活用するよう要請をいたしているところでございまして、50%から60%程度がその目標であるというふうに聞いているところでございます。
 6点目の、前川右岸河畔整備でございますが、具体的な整備に関する協議の場といたしまして、市と国土交通省、商工会議所、太平洋セメント、イズミの5者で、前川右岸河畔整備推進協議会を設置いたしたところでございます。また、実務的な内容の協議の場といたしまして、前川右岸河畔整備推進実務者会議を設置いたしましまて、整備に関します基本方針や整備に関しての負担割合、基本計画及び具体的な整備計画の策定を今年中に行うことといたしております。
 なお、覚書の調印に先駆けまして、国土交通省が前川右岸の自歩道整備を現在行っておりまして、完成をいたしますと、歩行者や自転車は中心商店街まで行くことが可能となり、結果、十分とは言えないにしろ、緑の回廊線及び球磨川沿線とのネットワーク化が、暫定ではございますが可能となるものでございます。
 以上、お答えとさせていただきます。
◆竹田誠也君 今回の覚書につきましては、先ほど触れましたように、行政の方でも早い段階から協議を進められてこられまして、その結果がですね、共存共栄への6点という形で示されましたことは、非常に評価ができるというふうに私は思っております。
 内容につきましても、環境面はもとより地産地消、地元雇用、さらには地元企業への外部委託と、そして何よりも地元商店街との共存共栄策と、この件につきましてもかなり具体的に示されているというふうに思っております。もちろん、不安な面もありますけれども、ぜひこの出店をマイナスにとらえずにですね、プラスにですね、方向転換をしていただきたいというふうに思っております。
 そのような中で、前川右岸の河岸整備につきましては、大変今後ですね、重要な事業になってくるというふうに思っておりますけれども、どういったことがですね、可能かということと、あるいは民活によります事業展開、こういったことも考えておられるのかということが1つでございます。
 それから、これから協議を進めていかれますけれども、私は八代大橋ですね、あすこも非常に大きなかぎを握っているんではないかなあというふうに思っております。非常に今までみすぼらしかった橋でございますけども、あすこが整備されましたら急にですね、あの橋自体が非常に格好いいといいますか、非常に見ばえがよくなったような気もしておりますので、前もちょっと話をしましたが、橋のライトアップとかですね、そういったこともですね、ぜひ宣伝を兼ねまして、地元の企業さんとか、あるいは外からでも結構でございますので、そういったところにも協力をいただきましてですね、模索していただきたいんですが、その辺も含めていかがでしょうか。
◎産業振興部長(小笠原亨君) それでは、前川右岸のウオーターフロント整備という観点からのお尋ねであるかと思います。御案内のとおり、現在川の交流広場が右岸にできております。そして、今回国土交通省の方で、暫定ではございますがウオーターフロント計画、親水性のある遊歩道等の整備をお願いをいたしておりますし、でき得ればあそこ一帯を市民の憩いの場として活用できればというふうに考えております。
 したがいまして、今の八代大橋のライトアップ等につきましても、これから実務協議に入ってまいりますので御提案として、提案をしてまいりたいと、このように考えております。
◆竹田誠也君 ぜひお願いをいたします。
 それから、もう一点ですね、四丁目から八幡町の復興の件でございますが、これは非常に私も難しい問題であるというふうに思っておりますが、一方ではですね、ここが変わりませんと、イズミさんと本町の中心街がつながってまいりませんので、非常に重要な問題でございますので、もっともっと真剣にですね、考えていただきたいと思っております。
 私も、あの町の全盛期は知りませんけれども、今通りますと非常に古い町並みということで、何か風情があるといいますか、そういった感じもしておりますので、そういったところを生かした昔ながらのレトロの町とかですね、そういったことでまちづくりを進めていくのも必要じゃないかと思っております。当然地元の皆さんの考え方が最優先になりますけれども、その辺も含めてですね、いろいろと話を進めていただきたいと思っておりますけれども、いかがでしょうか。
◎産業振興部長(小笠原亨君) 御指摘のとおり、蛇籠周辺地区につきましては、かつて興隆をきわめたところでございます。イメージ的には、今おっしゃいましたように、レトロ的な雰囲気であるというふうに思いますので、そういうものを最大限生かしたまちづくり、これを中心商店街の方々、地元の方々とこれから協議はさせていただきたい、このように思います。
◆竹田誠也君 はい、ぜひよろしくお願いします。
 済みません、建設部長、時間がなくなりましたが、最後によろしくお願いいたします。
                (建設部長高木繁君 登壇)
◎建設部長(高木繁君) 5点目、大村橋周辺土地区画整理事業の進状況についてお答えいたします。
 大村橋周辺の交差点改良につきましては、八代市第三次総合計画における交通基盤整備の中で主要な事業の一つとして位置づけ、現在取り組みを行っているところでございます。
 長年の懸案事項でありました本事業は、平成14年度から県、市、地元が一帯となってまちづくり整備計画についての協議を行い、ようやく事業手法の合意形成が図られました。その内容につきましては、沿道区画整理型街路事業を取り入れ、変則交差点の改良と周辺宅地の利用増進を目的とした計画となっております。
 昨年度は、事業推進の母体となる土地区画整理審議会を立ち上げ、換地設計については審議会の了承をいただき、各地権者への個別説明を重ねてまいりました。その結果、一部調整を必要とはするものの、おおむね御理解を得たところでございます。そこで、今月末に予定しております審議会において、仮換地指定案をお諮りし、本年度より用地の変更取得や建物移転の交渉を開始いたしまして、事業の早期完成を目指していきたいと考えております。
 今後とも竹田議員を初め議員各位の御指導と御協力を賜りますようお願いを申し上げて、答弁といたします。
◆竹田誠也君 この事業につきましては、今ほど部長答弁ありましたように、非常に長年にわたっておりまして、当初の計画からですね、変更等もあっておりますので、いろいろと御苦労がおありかというふうに思いますけれども、これからも地元の有権者の方の同意取得といったものが待ち受けておりますけれども、一方ではですね、地元からの早期事業着手の要望も出てまいりますので、ぜひ早期完成を目指しましてですね、頑張っていただきたいというふうに思っております。
 これで終わらせていただきますが、午前中に中島市長の出馬表明なされましたので、ぜひ御奮闘いただきますということと、残された課題も多うございますので、引き続き新八代市のかじ取りができますように御祈念申し上げまして、一般質問を終わらせていただきます。
 ありがとうございました。
           ─────────────────────────
○議長(中村和美君) 畑辺忠志君。
                   (畑辺忠志君 登壇)
◆畑辺忠志君 自由民主党の畑辺でございます。
 本日4番目、最後となりました。もう少しでございます、おつき合いをお願いいたします。
 平成の大合併前の最後の定例議会で一般質問させていただきますことを、市民の皆さんに感謝するとともに、合併後もぜひ再度この場に立たせていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。(笑声あり)また、執行部におかれましても、市民の皆さんにわかりやすい御答弁をお願いいたします。
 環境問題で、国会でもクールビズという話題が盛り上がっております。洋服の文化の変化でもあります。私たち小・中学校時代には、「服装の乱れが心の乱れ」と教え込まれてきました。洋服業界でも非常に複雑な心境でございます。(笑声あり)
 それでは、質問に入らせていただきます。
 まず、1、教育政策について。
 (1)総合型地域スポーツクラブについてでございます。
 この問題は、今までも竹田議員さんら何人かの議員さんも質問されておりますが、もちろん八代市でも、市の体育協会など非常に盛んに活動されております。そして頭の下がる思いで感謝しておりますが、平成12年9月に、文部科学省のスポーツ振興基本計画で、1、国民のだれもが、それぞれの体力や年齢、技術、興味、目的に応じて、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しむことができる生涯スポーツを実現すると、2、できる限り早期に、成人の週1回以上のスポーツ実施率が2人に1人、50%となることを目指すこととなっております。
 また、平成15年2月には、熊本県スポーツ振興計画では、だれもが、いつでも、どこでも生涯にわたり、スポーツに親しめる環境づくりを促進し、健康の保持増進、体力の保持増進のみならず、スポーツによる地域づくりと子供たちの健全育成を図っていくことを、スポーツ振興に当たっての基本理念とし、また県民一人一人が心の豊かさを実感できるよう、スポーツによる豊かな熊本づくりをスポーツ振興の目標としますと。主な振興方策として、県民一人一人がそれぞれのライフスタイルに応じ、生活の一部として、スポーツに親しむことのできるスポーツ環境を整備していきます。総合型地域スポーツクラブの育成支援、平成22年度までに県内に60クラブと、国も県も計画されておりますが、この八代市の現況についてお伺いいたします。
 次に、(2)の学校等(幼稚園、保育園、小学校、中学校)の防犯対策について。
 最近、刃物を持った男が通学路に出現をしたと、5月23日に熊本市で事件が起きております。大阪では、笑いながら刃物を振り回し中学生に切りつけた事件など、つい最近も、皆さんもニュースで耳にされることが多いと思いますが、今八代市でも何が起きるかわからない時代に来ておると思います。学校等では、そういう刃物を持った不審者が乱入した場合の対策を、職員さんに対応されているのかお尋ねをいたします。
 次に、大きい2番目、観光政策について。
 九州新幹線新八代から鹿児島中央間が、昨年3月に開業し1年余りが過ぎました。マスコミの報道を見ますと、JR九州の売り上げは好調の記事や、鹿児島県のにぎわいを報じ、残念ながら八代市には新幹線開業効果にはなかったと言っています。
 経営分離された肥薩おれんじ鉄道の売り上げは、経営基本計画の75%にとどまり大変厳しい状況です。このままでは10年を待たずに赤字になるのは必至です。そうなるとまた新たな市民の負担が発生します。
 熊本県と八代市は、新幹線の開業効果を引き出すために、開業前から民間を巻き込んだいろんな計画づくりがなされたと聞いています。しかし、結果として効果はありませんでした。これは真の意味で行政も民間も対策がおくれていたし、危機感がなかったと言わざるを得ません。平成22年ごろと言われております全線開通後は、さらに厳しい状況になるのではないでしょうか。八代市の経済は、母なる球磨川の恩恵を受けて、肥沃な八代平野に広がる農業と古くから立地した大工場群、そしてその周辺に張りついた中小企業や商店街によって、今日までの発展を支えてきました。今後もそうあってほしいと願っています。
 しかし、現状は大変厳しいものがあります。これからは新しい視点で、戦略といいますか政策が必要ではないでしょうか。市民と市政が同じ方向を向いているのでしょうか。八代市は道路、鉄道、港の交通機関が、機能が充実した九州の要衝であると思います。そこで、これらの機能を武器に、観光という視点による交流人口の増大を図る必要があるのではないでしょうか。
 そこで、2番の(1)八代市における観光客の動向について、(2)体験型の観光についてお尋ねをいたします。
 次に、3番目、日奈久地域活性化の状況とウインズ日奈久の誘致についてお尋ねします。
 温泉センターの南側に、「幸ケ丘」という昔ながらの旅館があります。そこのおふろ場の入り口に、温泉街番付が張ってあります。日奈久温泉は西の関脇にランクされており、その周辺には全国の名立たる温泉街の名前があります。残念ながらこれは随分昔のものであります。
 今、日奈久町を歩けば観光客にはほとんど会いませんし、シャッターが閉まった店も多く、旅館も減りました。残念なことです。何とかしなければなりません。早急に行政と住民が手を組んで取り組みを進めなければならないと思います。
 そこで、市長さんにお尋ねをいたします。
 市はこれまで、日奈久地域の活性化のため、計画をいろいろ検討されてきたと思いますが、実現できなかった計画が多いと聞いております。なぜその計画が実現されなかったのか、市長の見解をお話しください。
 また、市長は昨年から、日奈久地域活性化検討委員会をつくられ、日奈久地域の活性化について検討をされています。今後どうされたいのかお話しください。
 再質問は質問席で行います。執行部におかれましては簡潔な御答弁をお願いいたします。
                 (教育長馬淵睦揮君 登壇)
◎教育長(馬淵睦揮君) 畑辺議員、教育政策についての質問にお答えさせていただきます。
 総合型地域スポーツクラブについてお答えをいたします。
 御承知のとおり、総合型地域スポーツクラブは、地域住民が主体となって自主運営するクラブであります。つまり、地域の皆さんが地域をはぐくみ発展させていくクラブであります。このクラブは、多様な趣味、関心、さまざまな技術レベルの人々が、子供から高齢者まで世代を超えて集い、いろいろなスポーツを楽しむことのできる地域住民の交流の場であります。
 総合型地域スポーツクラブの現況につきましては、文部科学省によりますスポーツ振興基本計画の中に、平成22年までに、全国の市町村において、少なくとも1つは総合型地域スポーツクラブを育成することを到達目標といたしております。
 熊本県内における総合型地域スポーツクラブは、平成17年1月現在、宇土市を初めとした8市4町で17クラブが活動いたしております。また、3市9町1村が設立に向けて準備中であります。
 本市におきましては、クラブ設立に向けまして、市体育協会の中に総合型地域スポーツクラブ専門委員会を設け、先進地視察などを行っております。また、市職員や体育協会などの関係者も各研修会へ出席し、知識等の習得に努めているところであります。
 先ほども申しましたが、総合型地域スポーツクラブは、地域住民の自主運営によるクラブであります。クラブを設立するためには、校区体育協会や校区の体育指導員の果たす役割が最も重要なものとなります。校区体育協会もクラブの重要性を認識されており、クラブ設立に向けて前向きな校区も幾つかありますので、働きかけをいたしておるところであります。
 そこで、機会あるごとに火の国広域スポーツセンターや、既にクラブを設立され運営されているクラブの代表の方などを講師にお迎えして、校区体育協会などへ啓発も含めたところの研修会を行っております。
 また、競技団体におきましては、バドミントン競技の日本、失礼しました、熊本八代YKKAPチームが、平成15年5月より総合型地域スポーツクラブとして活動しております。さらには、今後クラブ設立を検討されている競技団体もあるようでございます。また、県の地域振興局の担当者、市の担当者、体育協会関係者レベルでの少人数による内輪での検討会をつくり、素案づくりをして、それをもとに校区体育協会などの関係者へ、クラブ設立に向けての働きかけをした方がスムーズに運べるのではないかということで、その検討会づくりの話を進めているところであります。
 次に、学校等(幼稚園、小学校、中学校)の防犯についてお答えいたします。
○議長(中村和美君) 教育長。
◎教育長(馬淵睦揮君) はい、終わります。
◆畑辺忠志君 2年前に委員会が開かれたと聞いております。その後は何も実動はない。私には、まだ平成22年までに時間があり、合併でそれどころではない、合併が終わってからでいいとしか聞こえてきません。
 先ほどの答弁の中で、県の地域振興局の担当者、市の担当者、体育協会の方での少人数による内輪での検討会で、初めに、八代地域に合ったビジョンづくりがまずは必要だと思いますが、今後の取り組み方についてお伺いをいたします。お願いいたします。
                (教育長馬淵睦揮君 登壇)
◎教育長(馬淵睦揮君) 畑辺議員御質問の、総合型地域スポーツクラブへの今後の取り組みについてということでお答えいたします。
 総合型地域スポーツクラブは、クラブマネジャーなどの人材の確保、交流のための場の確保、既存のクラブとの兼ね合い、財源の問題等々さまざまな課題があります。そのためにも地域住民の皆さんの御理解と御協力、さらには御支援が不可欠なものであります。
 本市といたしましても、総合型地域スポーツクラブの育成は、健康増進、体力づくりのための生涯スポーツの推進はもちろんのこと、少子化の問題、青少年の健全育成などにもつながるものと考えており、クラブ設立については、目前に迫った重要な課題であると認識しております。
 今後、地域での自主的なクラブの立ち上げに向かって、総合型地域スポーツクラブの重要性を、機会あるごとに市民に周知・啓発を図っていきたいと思っております。
 また、火の国広域スポーツセンターなどから講師を招き、研修会の開催や県、市、他の団体等の担当者レベルによるクラブ立ち上げの素案づくりをして地域の皆さんに働きかけ、クラブの設立に取り組めるよう努力していきたいと考えております。一度に多くのクラブを立ち上げるのは無理なところもありますので、1校区ずつでも立ち上げられるよう努めたいと考えておりますので、御理解と御協力のほどをよろしくお願いしたいと思います。
◆畑辺忠志君 はい。市民の皆さんにですね、総合型地域スポーツクラブと耳なれない言葉だと思います。まだ市民の皆さんはもちろん御理解ない方が多いのではないか、早く市民の皆さんにかみ砕いて理解されてほしいと思っております。
 私も少し勉強させていただきました。総合型地域、何かかたい言葉なんですけれども、総合型の意味はですね、種目、世代や年齢、技術レベル、こういうのを複合して総合型。ここでの地域とはですね、余り広くない、みんなが歩いたり自転車で気軽に行ける範囲を指しております。地域でもいろいろなやはりイメージがあると思いますので、ここでの総合型とか地域と、こういう言葉をですね、市民の皆さんにかみ砕いてですね、わかりやすくしていただいて、そこに行けば希望するスポーツや指導者そして仲間たちに会える身近な場であり、地域の中でよりたくさんの人がスポーツを楽しめるクラブが早く、もちろん自主クラブですけれども、行政主導でですね、発足していることを待っております。
 次、お願いいたします。
                (教育長馬淵睦揮君 登壇)
◎教育長(馬淵睦揮君) 失礼します。
 次に、学校等(幼稚園、小学校、中学校)の防犯についてお答えいたします。
 畑辺議員御指摘のように、学校に不審者が侵入し、児童や教職員を殺傷するという事件が近年発生しております。非常に残忍で痛ましい事件が続いておりますが、改めて学校の安全管理、幼児・児童生徒の安全確保のための施策の充実が求められております。
 市教育委員会としましては、このような事件を学校や保育園で絶対に起こさないために、犯罪防止に向けて関係者が知恵を出し合い、全力でこの問題に取り組まなければならないと考えております。これまでにも市教育委員会では、幼児・児童生徒の安全確保のためのフェンスや門扉、緊急用のインターホンの設置など、ハード面の設備を進めてまいりました。また、日ごろから校長・園長会議、学校訪問及び通知文書等を通じて、安全管理、安全指導の徹底については、すべての学校・園で職員が共通理解、共通実践するよう指導してきたところでございます。
 ところで、畑辺議員御指摘の、各学校・園における不審者侵入に対する避難訓練につきましては、平成16年度においては、幼稚園はすべての園で実施、小学校は16校中11校で実施、中学校、養護学校においては11校中9校で実施されております。なお、本年度はすべての学校、幼稚園で実施が予定されており、不審者侵入に対する子供たちの危機意識向上はもとより、緊急時の対応が素早く行われるよう訓練が徹底されていくものと考えております。
 次に、職員研修の状況につきましては、各学校、幼稚園で作成した危機管理マニュアルに関する研修を実施しているところが、平成16年度は33校中22校あり、また不審者が来たときの防犯訓練を、外部講師招聘のもと実施しているところも8校見られております。なお、本年度については職員研修について27校、防犯訓練については10校が実施予定でありますが、このような子供たちの安全確保のための研修をさらに充実していくことが必要であると考えております。
 また、さすまたや棒、防犯スプレーなどの緊急時の対応器具を設置しているところが33校中22校あり、このような教職員の意識の高まりが、不審者侵入防止の抑止力になっていることを期待しているところでございます。
 市教育委員会としましては、門扉の確実な閉鎖や防犯ベル、インターホン等の活用など、施設用具類の整備をさらに検討するとともに、幼稚園教員対象の研修会で、警察署職員による不審者への対応の仕方についての研修会を実施するなど、教職員の危機意識を高め、事故発生に際する素早い対応ができるなど、教職員の安全意識の向上に努めてまいりたいと思っております。
 市民の方からも、安全な通学等についての御支援や御質問をいただいておりますが、安心・安全な学校づくりは今後の学校教育推進の重要課題であり、学校、家庭、地域はもとより関係機関と連携を図りながら、幼児・児童生徒の安全確保に向けた取り組みの充実をさらに進めてまいりたいと考えております。
 以上、答弁とします。
◆畑辺忠志君 はい。済みません、関連で、健康福祉部長は結構でございます。もう言っていただきましたので……。
 私が言いたかったことはですね、幾ら門をしようが何しようがですね、入ってこようと思えば、カメラつけようがですね、入ってこようと思えば不審者は入ってきます。そのときに、さっきちょっと言われましたが、さすまた用意しとってですね、職員が何もし切らぬだったじゃ、非常に、私もその現場に立ったら足がすくんで怖いと思います。だから一度ですね、そういう体験をですね──体験というか訓練ですけれども、それを特に幼稚園とか小学校などの先生方にはですね、実態で体験させといた方が私はいいんではないかというふうに思いました。
 健康福祉部長、大変申しわけございません、時間がありませんので先に進めたいと思います。
 次、お願いいたします。
               (産業振興部長小笠原亨君 登壇)
◎産業振興部長(小笠原亨君) 畑辺議員御質問の、本市の観光政策についてお答えいたします。
 まず、1点目の、観光客の動向についてでございますが、平成16年の本市への観光客の入り込みにつきましては、宿泊客数が19万4000人で、10年前の平成6年と比較いたしますと83.5%、日帰り客数が68万8000人で、同109.6%となっており、宿泊客は減少、日帰り客が増加という傾向にございます。
 また、対前年比、すなわち平成16年と15年では、宿泊客数で102.5%、日帰り客数で112.7%となっており、いずれも前年を上回る結果となっておりますが、これは九州新幹線を初め高速交通網の整備効果によるものと思われます。これも日帰り客数の伸びが大きい状況でございまして、日帰り客に比べ経済波及効果の大きい宿泊客数の年次推移を見てまいりますと、確かに減少傾向にあることは否めないところでございます。
 このような中、6年後と言われます九州新幹線の全線開業を視野に入れた場合、さらに日帰り客の占める割合が多くなると思われます。このことから宿泊客の誘客策を早急に実施していく必要がございます。御承知のとおり、観光振興はまちづくりの延長線上にあるものでございまして、その推進に当たりましては、まず地元の町おこし的な機運の盛り上がりが大変重要でございます。
 そこで、本市といたしましては、昨年から地元の方々を中心とした募集型による日奈久街並み観光ガイドの育成事業を実施をいたしまして、観光客へのサービス向上はもちろんのこと、地元の方々みずからが地域振興に参画できるきっかけづくりを行っているところでございます。また、ことしから着手をいたしますまちづくり交付金事業におきましても、ワークショップなどを積極的に展開をいたしまして、住民の方々と一緒に観光都市づくりを考えていくことといたしているところでございます。
 このような一つ一つの取り組みから、住民の意識改革を進め、観光都市八代に向けたイメージづくりを展開してまいりたいというふうに考えているところでございます。
 次に、2点目、体験型の観光についてお答えをいたします。
 近年のグリーンツーリズムに代表されます体験型観光につきましては、農業あるいは漁業といった第1次産業にかかわる内容を主としたものが大半でございます。本市といたしましても、このような事業に取り組みたいと考えておるところではございますが、地域に定着し継続した体験交流型の観光を成功させますためには、資源やメニューもさることながら、それを支える地域の人、あるいは組織、そして事業のシステム、これをきちんと整えることが大変重要であろうというふうに思います。
 そのためには、地域の第1次産業や文化を継承する幅広い資源や人材の連携が不可欠でございまして、これらを含め準備を始めたところでございます。具体的には、早急に宿泊体験型の観光推進につきましての調査研究を行いますとともに、合併を契機といたしまして、泉村、東陽村、坂本村等に内在いたします素材を使ったメニューづくりなど、これを前面に掲げまして事業化につなげていければと、このように考えているところでございます。
 以上、お答えとさせていただきます。
◆畑辺忠志君 はい、わかりました。
 体験型観光はですね、より早く気づくことですよね。今非常にニュースなどでも、こういう事業が、小さいことがよく取り上げられております。早く気づいて実績を上げること。市としてもメニューづくりなどを包括的に考慮し、同事業の具体化を図りたいと言っておられますが、本当に早く実績を出すこと、そして口コミで広げること、非常に大切ではないかと思います。
 その口コミということでですね、私はまちづくりの総仕上げがですね、観光につながってくると思います。できてるでしょうか。八代市民の人が今八代に誇りを持っているでしょうか。地域で自信を持って、八代はよかとこばいて言っている人がいますでしょうか。八代は何なかていう声の方が多いのではないかと思います。
 市民の人がですね、一人一人が八代のよさを見つける方向に持っていくのは、市を愛する心、誇りを持った心を養うのはどこがやるべきでしょうか。いいところを市民の方に見つけてください、絶対八代いいところがあると思います。10万市民が、一人一人が八代のよさを見つけてですね、一言でも、八代来てみなっせ、よかとこですばいて言いなはれば、10万人の広報マンになると私は思います。観光客もふえると思います。その点はどうでしょうか。
◎産業振興部長(小笠原亨君) 議員お説のとおりだというふうに思います。多くの市民の方々から、八代は遊ぶところがない、あるいは見るところがない、このような指摘を受けている、私もそのような認識をいたしているところでございます。
 そういう中で、観光を取り巻く環境の変化を考えますと、観光の形態といたしましては、これまでの団体からグループ、個人化へ、また参加体験型観光へと大きくシフトをいたしているところでございます。また、観光は字のごとくキラッと光るものがある、その光るものにこだわりが加わったときに観光都市八代が構築できると、このように認識をいたしております。
 そのような観点から、八代の観光素材を考えますと、現段階では御指摘のとおり残念ながら魅力ある観光地ではないと、このように思います。しかしながら、まだ埋もれている観光資源、これは数多くございます。その素材を発掘し、そして丹念に磨き、それにこだわりを加えたときに、新しい魅力ある八代観光が育つというふうにも思います。
 このようなことを考えまして、例えば神社仏閣、八代城、あるいは松浜軒、伝統工芸など歴史文化を生かした観光、この発掘につきましても、これまでと異なった視点での仕掛けづくりが非常に重要ではないかというふうに思います。すなわち、学芸員でございますとか郷土史家、あるいはその所有者、さらにはたくみなどを交えまして、観光化へ向けた協議の場の設定ができましたときに、おのずからこだわりが生まれまして一つの大きな観光資源になるのではないかと、このように思われます。
 恐縮ですが、もう一つ例を申し上げさせていただきますと、観光舟出浮き、これは昔から伝わる漁法を体験し、賞味をいただくものでございますが、観光である以上、観光舟出浮きの由来、そしてその歴史に基づく演出、すなわち殿様の舟遊び、こういう仕掛け、演出があって初めて観光に結びつくのではないかと、このように考えているところでございます。これが実現できたときに八代市の宝となるものであろうというふうに思います。
 幸い、熊本県でも、今観光パートナーシップ・アクションプランが策定されたばかりでございます。ただいま申し上げましたような宝を磨き、生かし、知らせる、これを基本テーマとすることがこのほど決定をいたしたわけでありますが、私どももこのような基本姿勢で観光素材の発掘に努めたいと、このように考えております。
 以上、お答えとさせていただきます。
◆畑辺忠志君 はい。観光客が来てですね、歩く楽しさ、食べる楽しさ、お土産を買う楽しさ、こういうところに、ああ行ってよかったなというふうに思うわけです。ぜひですね、もちろん市の広報、商政観光課、市民の啓発も非常に大切ではないでしょうか。頑張ってください。
 次、お願いいたします。
                 (市長中島隆利君 登壇)
◎市長(中島隆利君) 議員御質問の、日奈久活性化の状況についてお答えいたします。
 まず、これまでの計画がなぜ実現されなかったのかとの御質問でございますが、議員御指摘のとおり、これまで日奈久地域の活性化を目的として、昭和61年の日奈久温泉地域観光開発基本計画を初め幾つかの計画を策定いたしております。それらの計画に基づき、平成2年に日奈久温泉イベント広場と温泉神社参道の石畳化、平成13年には憩いの広場などの整備を行いましたものの、バブル崩壊による経済事情の変化や本市の財政等で対応し切れない部分もあり、思うように実現できなかったものと考えております。
 次に、日奈久地域活性化検討委員会について、今後どのような──どうするのかとの質問でございますが、本委員会は、地元の代表や公募による委員など幅広いメンバー構成で、実現可能な具体的な方策を見出し、順次可能なものから実施に移していくために、昨年8月に設置いたしたものでございます。
 現在、平成9年に策定いたしました日奈久開発研究委員会の報告書である「よみがえれ 湯の街 日奈久」の内容をもとに、さらに新たな視点で、活性化のためのソフト事業、ハード事業について検討をいただいております。本年4月の中間報告では、日奈久地域の活性化に向けて、地域住民が自主的に取り組む組織の設置、地域が一体で取り組むイベントの実施、地域のおもてなし運動など、必要なソフト事業を報告いただいております。
 今後は、町並み整備や埋立地の活用策などのハード事業について検討をいただき、本年秋ごろを目途に最終の報告を取りまとめていただきたいと考えております。また、報告いただいた内容につきましては、財源の見通しを立てた上で、行政と地域が連携をとりながら、できる部分から順次事業化に向けて取り組んでまいりたいと考えております。
 以上、御答弁申し上げます。
◆畑辺忠志君 はい。日奈久地域の活性化の重要性は、市長も私も同じ考えだと思います。いや、一時期日奈久にお住まいだった市長には、私以上に日奈久に対する思い入れは熱いのではないでしょうか。日奈久企業誘致期成会を中心に、ウインズ日奈久の誘致が長い間取り組まれております。この実現の取り組みは議会も認めたものであり、経済界や多くの市民がその実現を望んでいます。
 残念ながら、1町内の反対により誘致が進んでいません。市長は1町内でも反対があれば誘致は進められないと言われています。手続上はそうかもしれません。であれば、なぜ市長は反対町内の説得をなされないのですか。私が聞くところによると、町民の皆さんには十分な説明がなされていないように思います。確かに、交通問題や青少年問題などの住民の不安はあるのは当然です。であるならば、その対策は当然行政としてとらなければならないし、その対策をわかりやすく説明すべきです。
 市長は、日奈久の活性化策にウインズ日奈久は必要はないとお考えではないですか。ウインズ日奈久の反対者には市長の支持者が多いと聞いています。そのために市長は積極的に誘致を進められないのではないですか。
 日奈久平成町の埋立地は、昭和59年から平成3年まで7年を費やし埋め立てられました。その目的は、新しい観光地としての性格づけを図る日奈久地区再開発用地の確保、1つ、高規格道路の用地の確保、1つ、地域の人々や観光客が楽しめるスポーツ施設、広場等を配置した緑地用地の確保でありました。
 そこで、土地開発公社の理事長であります助役に、埋立地の状況についてお尋ねをします。
 1、この埋立地の管理に必要な年間予算、2、現在の負債残高、3、市が取得して活用するための費用を教えてください。
                 (助役冨田徹也君 登壇)
◎助役(冨田徹也君) 議員御質問の、日奈久埋立地の状況についてお答え申し上げます。
 日奈久埋立地につきましては、ただいまお尋ねの中でもお触れになりましたとおり、平成3年5月に約23.7ヘクタールの埋め立てを完了し、これまで西回り自動車道用地及び市施設用地として約7.8ヘクタールを売却し、現在護岸用地、道路用地を除いた約12.7ヘクタールが処分可能な土地として残っております。
 この埋立地の維持管理費といたしまして、年間約150万円程度を支出いたしております。
 主な内訳といたしまして、わずかながら地盤沈下している部分が若干ございますので、その追跡調査のための測量試験費、これが大体45万円程度、それから八代市土地開発基金への支払い利息として約8万円、除草費として約100万円程度の支出となっております。
 また、現在の負債残高でございますが、平成17年3月末におきまして約14億9000万円となっております。内訳は、市への借入残額が約12億1000万円、八代市土地開発基金への借入残額が約2億8000万円となっております。
 また、市が取得して活用するための費用ということでございますが、土地開発公社の通常のやり方といたしましては、売買時点での鑑定価格を出し、その値段で売却することになるわけでございます。ちなみに、平成4年度から平成9年度にかけまして、南九州西回り自動車道用地として国へ売却した事例がございますので、それに準じてみますと、処分可能な約12.7ヘクタールの土地の価格といたしましては、約36億8000万円程度になるものと見込んでおります。
 以上、お答えといたします。
◆畑辺忠志君 はい、わかりました。
 市が独自に埋立地に何かをつくろうとするならば、まず巨費を投じて土地を取得しなければなりません。その上で整備する費用が必要になる。市の──今の市の財政事情を考えると、すぐにでも土地を取得して何かを整備することはできますか。企画財政部長いかがですか。
◎企画財政部長(江崎眞通君) 自席よりお答えをいたします。
 議員御承知のとおり、新市の財政計画は大変厳しい状況でございます。したがいまして、市が独自で、また短期間に埋立地を取得して整備するということは、大変厳しいものがあると考えております。
 以上、答弁いたします。
◆畑辺忠志君 すぐにでも埋立地を買収して、日奈久地域の活性化につながるような企業進出の可能性があればいいのですが、現在の経済状況でそのような企業は望めないと思います。これまで埋立地は塩漬けの土地として残り、管理のための市民の血税が使われ続けます。現状では、ウインズ日奈久の誘致が最も優位な日奈久地域活性化策になるのではないでしょうか。市長さんどうでしょうか。
◎市長(中島隆利君) 自席からお答えいたします。
 先ほどの質問の中にも、市長が地元への説明、話が不足をしているんではないかという御指摘もございましたが、その点にもお答えしたいと思います。
 ただいま部長が申し上げましたように、市の財政状況は非常に厳しい中で、この埋立地活用については、現在のJRA誘致が非常に大きな課題であるという認識は変わらないわけでありますが、地元の同意の取りつけでございますが、御承知のとおり、私が就任して以来この問題が既に平成7年から経過をしている大きな課題でございました。そこで、私も就任以来、地元の同意をとれない地域の皆さん方に、それぞれ現地に行きまして、八代市の考え方等をお話ししながら同意のお願いをしてきたわけであります。そういう中で、現在で1町内だけ同意がとれないという状況が昨年から続いております。
 そういう中で地元にお話ししてきたのは、いわゆる最終的に地元の同意を、全住民の同意を把握する中でお聞かせいただきたいということをお願いしながら、御承知のとおり住民投票がなされたわけであります。そういう住民投票がなされた結果、最終的な判断として、町内全体であくまでも誘致は反対と、こういう市に対する最終的な回答があったわけであります。
 そこで、市としては、行政としては、この誘致については法によって、1町内でも同意ができなければ誘致できないという法があるわけでありますから、これまでの市の立場は、同意がとれない限り誘致はできないという立場から、現在の1町内の住民投票を重く受けとめ、市としてはこれ以上働きかけはやらないと、こういうことを今まで申し上げてきたわけであります。
 しかし、この誘致については、御承知のとおり、地元の期成会及び議会でも決議をされた誘致事業であります。そこで、今既に地元期成会等も含めて、一定の結論を出す時期に来ているんではないかということで現在話を続けているところであります。
 そこで、そのような現状の中で、日奈久活性化検討委員会がいよいよ具体的な、ハード的な事業の検討にも入っております。そういう面でこの埋立地活用の問題も含めて、ウインズ計画に限らず幅広い角度から埋立地の活用策を検討していただきたいと、こういうふうに今考えているところであります。私も含め、執行部も含め、ウインズにかわる開発計画はないかという検討も含めて今いたしておるところであります。
 以上、お答えいたします。
◆畑辺忠志君 はい。日奈久地域の活性化は、第三次総合計画にもきちんと位置づけられています。これは市長さんの責務だと思います。その責務を果たすには財源が必要です。今検討されている日奈久地域活性化策の実現も、財源がなければ絵にかいたもちです。過去に計画された活性化策が実現できないのは、財源がなかったことが大きな理由ではなかったのではないですか。
 ウインズ日奈久ができるだけで日奈久がにぎわうとは思っておりません。ウインズに来たお客さんを温泉街に引きつける町にするための自助努力が必要です。しかし、年間30万とも40万とも言われるウインズ来場者と、ウインズ日奈久誘致によって発生する埋立地の売却益や固定資産税が、日奈久地域の活性化につながる可能性があることは事実なんです。
 市長の支持者が反対される中で、推進すると言えない心中はお察しします。しかし、市長は支持者のためだけの市長ではありません。10万市民の市長なんです。八代市民のための一番の営業マン、市民のための。市長は反対町内のそばにお住まいだったと聞いています。市長のお知り合いがいっぱいいらっしゃるんではないですか。市長さんが直接説明されると理解される市民が多いんではないですか。
 新市まで時間はありません。市長、ぜひ先頭に立ってウインズ日奈久の誘致実現に努力していただきたいと思いますが、努力されるお考えはありますか。
◎市長(中島隆利君) 自席からお答えいたします。
 先ほど答弁をいたしましたとおり、このウインズ誘致については非常に厳しい状況にあると。これはやはり先ほど来御指摘があっておりますように、後援会等との意見が言われていますが、全くそういうような意思で私が判断をしているということではございませんので、ひとつ御理解をいただきたいと思います。
 というのは、やはりこれは法に基づいて住民の意思表示がされているわけです。それを行政は無視するわけにはいかないわけです。ですから、ウインズにかわる開発も含めて検討しながら、期成会とも議会とも協議したいというのが今の私の意思であります。やはり当然、これからの開発する場合には、行政が全部土地を買ってあそこを開発するということは不可能です。そういうことはできないわけでありますから、JRAにかわる開発が、民間も含めて、八代地域の観光地区に活性化のできるような事業がないのかを含めて検討することも私は必要であるというふうに考え、今活性化の中でもひとつ検討をいただきたいということを申し上げているところであります。
 以上、お答えいたします。(発言する者あり)
◆畑辺忠志君 いろいろ意見が出ておりますけれども、8月1日に新市が誕生します。この合併は一人では生きていけない地域が集まることでむだを省き、助け合って生きる道を探るもので、決してバラ色のものではありません。ですから、新八代市の活性化策につながるものには積極的に取り組んでいかなければなりません。
 ウインズ日奈久の実現は多くの可能性を秘めておりますし、多くの市民が望んでいます。残された期間は短いですが、市長が先頭に立って、現実に向けて努力していただくことを期待して、質問を終わります。(「よし」と呼ぶ者あり)
           ─────────────────────────
○議長(中村和美君) お諮りいたします。
 本日の議事はこの程度にとどめ、延会といたしたいが、これに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(中村和美君) 御異議なしと認め、そのように決しました。
 なお、次の会議は明14日定刻に開き、質疑並びに一般質問を続行いたします。
○議長(中村和美君) 本日はこれにて延会いたします。
                 (午後2時57分 延会)