議事ロックス -地方議会議事録検索-


熊本県 熊本市

平成20年第 3回都市整備委員会−09月12日-01号




平成20年第 3回都市整備委員会

               都市整備委員会会議録

開催年月日   平成20年9月12日(金)
開催場所    都市整備委員会室
出席委員    8名
        田 中 誠 一 委員長    鈴 木   弘 副委員長
        田 尻 善 裕 委員     齊 藤   聰 委員
        北 口 和 皇 委員     田 辺 正 信 委員
        税 所 史 熙 委員     落 水 清 弘 委員

議題・協議事項
  (1)議案の審査(32件)
     議第144号「平成20年度熊本市一般会計補正予算」中都市整備委員会付託分
     議第149号「平成20年度熊本市熊本駅前東A地区市街地再開発事業会計補正予算」
     議第150号「平成20年度熊本市熊本駅西土地区画整理事業会計補正予算」
     議第152号「平成20年度熊本市下水道事業会計補正予算」
     議第207号「熊本市都市景観条例の一部改正について」
     議第208号「熊本市屋外広告物条例の一部改正について」
     議第209号「熊本市営住宅管理条例の一部改正について」
     議第210号「熊本市道路占用料徴収条例の一部改正について」
     議第211号「熊本市法定外公共物管理条例の一部改正について」
     議第212号「熊本市下水道条例の一部改正について」
     議第213号「熊本都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について」
     議第214号「熊本市下水道事業の設置等に関する条例の一部改正について」
     議第215号「市道の認定について」
     議第216号「同        」
     議第217号「同        」
     議第218号「同        」
     議第219号「同        」
     議第220号「同        」
     議第221号「同        」
     議第222号「同        」
     議第223号「同        」
     議第224号「同        」
     議第225号「同        」
     議第226号「同        」
     議第227号「同        」
     議第228号「同        」
     議第229号「同        」
     議第230号「同        」
     議第231号「同        」
     議第232号「同        」
     議第233号「市道の廃止について」
     議第234号「同        」
  (2)送付された陳情
     陳情第227号「住民参加のまちづくりを求める陳情」
  (3)所管事項の調査

                            午前10時05分 開会
○田中誠一 委員長  ただいまから都市整備委員会を開きます。
 今回、当委員会に付託を受け審査いたします議案は、補正予算4件、条例8件、その他20件の、計32件であります。なお、このほか、陳情1件が参考のため議長より送付されておりますので、その写しをお手元に配付しておきました。
 それでは審査の方法についてお諮りいたします。
 審査の方法としては、議案並びに報告案件について順次執行部の説明を聴取した後、付託議案についての質疑を行い、引き続き、複数の委員より申し出があっております、「南部浄化センター」「JR新水前寺駅交通結節点改善事業」「交通局舎」等について現地視察を行い、その後、所管事務について質疑を行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
        (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○田中誠一 委員長  御異議なしと認め、そのようにとり行います。
 まず、議案についての総括的な説明をお願いします。
◎村上博一 都市建設局長 
◎石田賢一 交通事業管理者 
 (総括説明)
○田中誠一 委員長  次に、議第144号「平成20年度熊本市一般会計補正予算」中、当委員会付託分、議第149号「同、熊本駅前東A地区市街地再開発事業会計補正予算」、議第150号「同、熊本駅西土地区画整理事業会計補正予算」、議第152号「同、下水道事業会計補正予算」について、それぞれ説明を求めます。
◎本田啓修 首席土木審議員兼土木総務課長 
◎佐藤信次 河川課長 
◎中村英文 交通計画課長 
◎肝付幸治 熊本駅周辺整備事務所次長 
◎桑原芳文 首席都市審議員兼都市計画課長 
◎米野節郎 首席建設審議員兼建築計画課長 
◎肝付幸治 熊本駅周辺整備事務所次長 
◎永目工嗣 下水道総務課長 
 (平成20年第3回定例会常任委員会補正予算説明資料に基づき説明)
○田中誠一 委員長  次に、議第207号「熊本市都市景観条例の一部改正について」、議第208号「熊本市屋外広告物条例の一部改正について」、議第209号「熊本市営住宅管理条例の一部改正について」、議第210号「熊本市道路占用料徴収条例の一部改正について」、議第211号「熊本市法定外公共物管理条例の一部改正について」、議第212号「熊本市下水道条例の一部改正について」、議第213号「熊本都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について」、議第214号「熊本市下水道事業の設置等に関する条例の一部改正について」それぞれ説明を求めます。
◎松本覚 開発景観課長 
◎平井英虎 住宅課長 
◎本田啓修 首席土木審議員兼土木総務課長 
◎永目工嗣 下水道総務課長 
 (平成20年9月第3回定例会議案書に基づき説明)
○田中誠一 委員長  次に、議第215号ないし議第232号「市道の認定について」、議第233号並びに議第234号「市道の廃止について」の説明を求めます。
◎川嶋時雄 土木管理課長 
 (平成20年9月第3回定例会議案書に基づき説明)
○田中誠一 委員長  以上で、議案についての説明は終わりました。
 次に、報第29号「財団法人熊本市下水道技術センターの経営状況について」、報第30号「財団法人熊本市住宅協会の経営状況について」の説明を求めます。
◎永目工嗣 下水道総務課長 
◎平井英虎 住宅課長 
 (平成20年9月第3回定例会議案書に基づき説明)
○田中誠一 委員長  以上で、報告案件についての説明は終わりました。
 なお、このほか執行部より、報告の申し出があっておりますので、これを許可します。
 まず、「第6次総合計画基本計画素案の中間報告について」の説明を求めます。
◎高田晋 都市建設局次長 
◎桑原芳文 首席都市審議員兼都市計画課長 
◎西島徹郎 都心活性推進課長 
◎中村英文 交通計画課長 
◎本田啓修 首席土木審議員兼土木総務課長 
◎佐藤信次 河川課長 
◎米野節郎 首席建設審議員兼建築計画課長 
◎永目工嗣 下水道総務課長 
 (資料に基づき説明)
○田中誠一 委員長  次に、「新行財政改革計画案の報告について」の説明を求めます。
◎高田晋 都市建設局次長 
◎石川正憲 営繕課長 
◎吉野勇 首席都市審議員兼技術管理課長 
◎本田啓修 首席土木審議員兼土木総務課長 
◎吉野勇 首席都市審議員兼技術管理課長 
◎西本賢正 交通局総務課長 
◎永目工嗣 下水道総務課長 
 (資料に基づき説明)
○田中誠一 委員長  次に、「公園施策の基本方針案について」の説明を求めます。
◎井上修二 公園課長 
 (資料に基づき説明)
○田中誠一 委員長  次に、「熊本駅前東A地区再開発事業について」の説明を求めます。
◎岡田啓典 熊本駅周辺整備事務所次長 
 (資料に基づき説明)
○田中誠一 委員長  以上で報告は終わりました。
◆田尻善裕 委員  先日、熊本市におけるバス交通のあり方検討協議会が行われて、さまざまな意見が出ておりますので、所管の委員会であるこの委員会で説明をお願いしてよろしいでしょうか。
○田中誠一 委員長  ではこの件に関し、さらに執行部の説明を求めます。
◎中村英文 交通計画課長 
 (資料に基づき説明)
○田中誠一 委員長  以上で、執行部の説明は終わりました。
 この際、お諮りいたします。
 一たん休憩を挟み、午後から1時から質疑を行いたいと思いますが、いかがでしょうか。
        (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○鈴木弘 副委員長  今、報告案件の中に第6次総合計画の報告がなされていますけれども、実は今議会から総合計画は議決事項にしています。スケジュールでは12月議会で説明をして、3月議会で諮るというふうに言っていても、具体的にどういう形で委員会の議論とかを反映させていくのかという、基本的なことの見解をまとめて示していただいておきたいと。
 それからバスのあり方検討会、これは諮問機関だと思いますので、最終的には市長に諮問をすると思いますが、並行して委員会に報告なされますので、ここで出た意見を、どうあり方検討会の中で反映させていくのかという基本的な考え方、この2つをまとめて報告しておいていただければ、またいろいろな議論ができると思いますので、冒頭でお願いします。
◆北口和皇 委員  新幹線がおくれた場合の責任というのは、どのようにとられるおつもりなのかということはきちんと御質問しますので。
 市長は現場へ行かれたのかということもあわせて。
○田中誠一 委員長  では、午後1時に再開いたしますので、よろしくお願いいたします。
                            午前11時53分 休憩
                         ──────────────
                            午後 1時01分 再開
○田中誠一 委員長  休憩前に引き続き、委員会を再開いたします。
 質疑に入ります前に、午前中、鈴木委員より発言がありました件について、執行部の説明を求ます。
◎高田晋 都市建設局次長  まず第1点目、総合計画に関することでございますけれども、先ほど御説明いたしましたように、今回は御認識のとおり基本計画を議決する、新しい試みでございます。したがいまして、執行部におきましては今回9月議会において中間報告をまずさせていただく、その後市民の皆様の意見をいただき、議会で十分な議論をしていただき、市民の皆様の御意見も賜りながら、基本計画素案として12月にもう一度御議論の場をお願いしたい。そしてそこで御議論を賜った後、その素案を改正いたしましてパブリックコメントにかけていく。そして、3月に案として上程するというふうな流れになっております。
 ただ、先ほど申し上げましたように初めての試みでもございますので、我々といたしましてもこのことに関する集中審議の場だとか、そういったものが必要ではないかと考えているところでございまして、ぜひ議会、委員会の皆様方のこの場だとか時間だとかにつきまして、御提案をいただければ幸いかと考えているところでございます。
 なお、企画財政局といたしましても、お聞きしましたところ、今後の対応については改めて議会のほうとも十分に御相談をさせていただきたいというようなことでございました。
 それと第2点目、バスに関することでございますけれども、あり方協議会と委員会との関係でございますけれども、きょうも御報告させていただきましたけれども、今後とも定期的にバスのあり方協議会での質疑の内容や出しました資料について、委員会のほうにきちんと説明をさせていただきたいと思っております。そして十分な御議論をいただきまして、集約された御意見等々につきましては、バスのあり方協議会のほうにも都市整備委員会の御意見としてきちんと報告をして、議論の材料にしていただきたいと考えているところでございます。
○鈴木弘 副委員長  総合計画については本当に今度は議決事項ということですので、多分ポイントは12月の案が上がってしまっては遅いということになりますので、その前に何らかのきちっと議会での議論がなされ、それが反映された総合計画にすべきであると思っておりますので、各会派持ち帰っていただいて、また調整をして、今そういう場があれば積極的に説明または意見等の交換をしながらやっていきたいという見解を示していただきましたので、全庁的な取り組みとしてどうするかというのを各派持ち帰っていただいて詰めていただければというのを御要望したいと思います。
 それから2点目のバスのあり方検討会については、本当に並行で動きますので、実は私も委員で参加していますが、委嘱を受けた委員でしかありませんので、ぜひともうちの委員会でケースによっては集中的に議論をして、集約できるところは集約して、きちっと報告をいただくと。市長の諮問ということで答申が出されたらもういじれないと、委員を議会から出しているがためにかえってしゃべれないとならないようにしたいと思いますので、御理解、また御協力を各会派よろしくお願いしたいと思います。
◆田辺正信 委員  今の審議の関係は、私も今、鈴木委員が言われたような部分は非常に大事な部分だと思います。それで、10月はもうだれが考えてもだめでしょうから、11月に、休会中に委員会を開くと。あと、各会派での論議は当然やられると思いますから、やはりそういう方向性は確認をしていいんではないかなと思います。
○田中誠一 委員長  田辺委員の意見ですけれども、そういう休会中の審議でもということでよろしゅうございますか。
○鈴木弘 副委員長  うちの委員会だけよりも、総合計画ですので、例えば総合計画の頭のところをどう理解するか、それからうちのところに関係するところをどう理解するかということもありますので、今言ったように集中審議も一つの手法ですし、それ以外の手法もないかということが、議会全体としてちょっとやる必要がありますので、そのほかの手法もあれば、スケジュール的には大変いいことだと思いますので、また知恵があったらそれも組み合わせた上で、各派で調整をしてやっていくということで進めていきたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。
◆落水清弘 委員  委員会で余りスケールの大きい話になると越権になるので言えないわけですけれども、本当に少し全体像を描かないといけないということをそれぞれ共通認識に置いておけばいいのかなと。そしてまたそれぞれの各派の代表者の方、また議運の方々、ちょっと全体像を描いていく時期に来たとは思っておりますから、その辺だけお互いに共通認識にしておこうではありませんか。よろしくお願いします。
◆北口和皇 委員  鈴木委員からの御提案が冒頭にありましたので、中間報告ということになったんですけれども、こうした提案がなかった場合は執行部はどうするおつもりだったんでしょうか。タイムスケジュールから考えれば、ちゃんときちんとやはり中間報告をしなければいけない時期というのはあるわけですけれども、今議会にそれは、冒頭からの御提案がなかった場合はどうするつもりだったのかとちょっと疑問に思うんですけれども。
◆田辺正信 委員  今の話は執行部とは関係ないんです。我々議会がこれは議論をするということで条例で決まり変わったんです。ですから、議会としてどう論議をするかですから、全体論議は今落水委員が言われましたように、議運の中での取り扱いも含めて、各会派で論議をして取り扱いを決めればいい話だから。
 だから、私は委員会そのものについてはまたその流れの中でどうするか決まってくると思いますから。ただ、私も思うんです。これは非常に大事なことですから、議会が、議員が徹底してこれを論議して、それを事業に生かしていくということになるんだと思いますから、執行部を困らせるぐらいにどんどん論議をしたほうがいいんだと思います。
○鈴木弘 副委員長  北口委員が言ったのは、私が急に言って、報告、見解をまとめてくれと言わなくてはいけないような環境ではなくて、入り口の冒頭できちっとそういうことが必要であるというのを認識して、執行部もしっかりと取り組んでほしいという強い要望であると。このことはしっかり理解してもらいたい。言わなかったら流れていってしまって、12月で私たちがという可能性があったんで、そこはしっかり受けとめてください。よろしくお願いします。
○田中誠一 委員長  各委員もそのように理解していただきたいと思います。
◆税所史熙 委員  やはり執行部の説明責任といつも言われていますので、できましたら提出される書類は事前に、やはりこういうのを提出するということを言っていただくと我々も非常にいいんですけれども、ぽっとここで出されたら何て言っていいかわからない。会派の考え方で物言わなんか、個人的に物言わなんかという問題もありますので、ぜひ今後は出される案件というのは事前に担当者の方で結構でございますので、説明をお願いしたいと思います。
○田中誠一 委員長  よろしくお願いします。
 それでは、これより質疑を行います。
 まず陳情を含む各号議案について、一括して質疑をお願いいたします。
○鈴木弘 副委員長  今度の議案で富合町の合併の議案が非常に多いんですが、その中で一つは団地の運営についてということで、建築計画課のほうで従前の団地運営のものを引き継ぎますという議案は出ていますけれども、2団地48戸かな。これは、今回の議案全体を見ると現状を維持する感じになっているんですが、例えば熊本市に10月6日合併しますので、その団地の5年間の取り扱い、例えば極端に言うと私がそこの団地が空いたときに申し込みができるのかできないのかとか、そういったこともどこまで協議できているのか、ちょっと報告をいただければ。その富合町の方のみしか入れないままでいくのかとか、そういう細かいことをちょっと教えてもらっていいですか。
◎平井英虎 住宅課長  富合町営住宅の引き継ぎに関しましては、今御紹介ありました廻江団地が31戸、国町団地が17戸ございます。現在も補充入居に関しましては、富合町におきましても抽せんということが行われております。合併後におきましても、熊本市の例によりまして6月、12月に空きがあれば抽せんという形で、対象は熊本市全域になるかというふうに考えております。
○鈴木弘 副委員長  それからもう一つは、当然家賃についての変更が今後あり得るのかどうか。そこら辺もちょっとお願いします。
◎平井英虎 住宅課長  家賃につきましては合併協議の中で、廻江団地31戸につきましては建てかえが予定をされております。ですから、建てかえまでは家賃はそのまま据え置きということで、建てかえ後におきましては傾斜家賃で上がっていくという形になります。
 国町団地のほうにつきましても、こちらも建設年度が大変古うございますので、合併協議の中では建てかえが、まだ計画はありませんけれども、建てかえまでは現家賃を継続していくということで話をしております。
○田中誠一 委員長  議案について、ほかに質疑はありませんか。
        (「なし」と呼ぶ者あり)
○田中誠一 委員長  議案についてほかにないようでありましたら、本日の審査はこの程度にとどめ、これより現地視察を行いたいと思います。
 残余につきましては、16日(火)午前10時より引き続き行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
        (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○田中誠一 委員長  御異議なしと認め、そのようにとり行います。
 それでは、これより現地視察へ出発したいと思いますので、関係者は議会棟玄関前に御集合願います。
 これをもちまして、本日の委員会を閉会いたします。
                            午後 1時14分 閉会



出席説明員
 〔都市建設局〕
   都市建設局長   村 上 博 一    都市建設局次長  高 田   晋
   都市建設局技監兼都市政策部長      熊本駅周辺整備事務所長
            鹿子木   靖             奈 須 悦 雄
   都市整備部長   有 働 幸 正    下水道部長    田 尻 盛 也
   建築部長     岡 村 英 憲    土木部長     丸 岡 精四郎
   首席都市審議員兼技術管理課長      首席都市審議員兼都市計画課長
            吉 野   勇             桑 原 芳 文
   首席建設審議員兼建築計画課長      首席土木審議員兼土木総務課長
            米 野 節 郎             本 田 啓 修
   東部土木センター所長          西部土木センター所長
            森 廣 幸 喜             鳥 越 秀 一
   北部土木センター所長          首席下水道審議員兼下水道維持課長
            福 田 幸 人             谷 崎 信 夫
   都心活性推進課長 西 島 徹 郎    交通計画課長   中 村 英 文
   建築指導課長   金 子   修    開発景観課長   松 本   覚
   公園課長     井 上 修 二    用地調整課長   田 口 利 勝
   用地課長     岩 本 省 吾    熊本駅周辺整備事務所次長
                                肝 付 幸 治
   熊本駅周辺整備事務所次長        熊本駅周辺整備事務所次長兼
            岡 田 啓 典    新幹線建設推進室長福 永 卓 巳
   熊本駅周辺整備事務所次長兼       営繕課長     石 川 正 憲
   熊本駅西土地区画整理事業所長
            陶 山 敬 郎
   設備課長     中 田 道 夫    住宅課長     平 井 英 虎
   土木管理課長   川 嶋 時 雄    道路整備課長   園 田   昇
   下水道総務課長  永 目 工 嗣    下水道総務課経営計画室長
                                矢 野 幸 晴
   下水道建設課長  中 島 純 男    河川課長     佐 藤 信 次
 〔交 通 局〕
   交通事業管理者  石 田 賢 一    次長       吉 村 勝 幸
   総務課長     西 本 賢 正    営業課長     前 田 省 一
   電車課長     宮 崎 輝 昭    自動車課長    勝 谷 仁 雄