議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 時津町

平成23年第1回臨時会(第1日 2月15日)




平成23年第1回臨時会(第1日 2月15日)





 
            平成23年第1回臨時会 (平成23年2月15日)





 出欠議員の氏名


  出席15名


  欠席 0名





  議席番号   氏   名  出欠 議席番号    氏   名   出欠





    1   浜 辺 七美枝  出    9   浜 田 孝 則   出


    2   ? 口 俊 幸  出   10   中 村 貞 美   出


    3   山 下 しゅう三 出   11   久 保 哲 也   出


    4   山 脇   博  出   12   相 川 和 義   出


    5   新 井 政 博  出   13   川 口 健 二   出


    6                14   上 野 博 之   出


    7   辻   和 生  出   15   本 山 公 利   出


    8   矢 嶋 喜久男  出   16   水 口 直 喜   出





議会事務局


  事務局長    早瀬川   康   補助職員    竹 馬 真 人





地方自治法第121条により、説明のため出席した者の職氏名


 町長       平 瀬   研   国保・健康増進課長 溝 上 辰 雄


 副町長      吉 田 義 徳   高齢者支援課長   請 田 和 則


 教育長      神 近 孝 司   建設部長      浜 中 芳 幸


 総務部長     浦 川 裕 水   区画整理課長    椎 葉 徳 雄


 総務課長     森   達 也   都市整備課長    吉 岡 勝 彦


 企画財政課長   田 口 房 吉   産業振興課長    吉 川 忠 彦


 情報管理課長   岩 永   勉   水道局長      扇   好 宏


 税務課長     小 森 康 博   上下水道課長    吉 武 愼 時


 福祉部長     山 口 弘 隆   会計管理者     山 本 哲 雄


 住民環境課長   前 田 純 孝   教育次長      島 田 静 雄


 福祉課長     森   高 好   学校教育課長    太 田 達 也


 保育所長     扇   美智子   社会教育課長    桑 原 智 信





                議  事  日  程





                  開会、開議





日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般報告


日程第4 議案説明


     議案第1号 工事請負契約の変更について


           (時津町立時津中学校屋内運動場改築工事)


     議案審議


日程第5 議案第1号 工事請負契約の変更について


           (時津町立時津中学校屋内運動場改築工事)


日程第6 所管事務調査について(議会運営委員会)





                  閉議、閉会





             (開会、開議 午後 2時19分)


○議長(水口直喜君)


 ただいまから、平成23年第1回時津町議会臨時会を開会します。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。





           〜日程第1 会議録署名議員の指名〜





○議長(水口直喜君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、議長において、7番、辻和生君、8番、矢嶋喜久男君を指名します。





              〜日程第2 会期の決定〜





○議長(水口直喜君)


 日程第2、会期の決定の件を議題とします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期は、本日1日間としたいと思います。


 これに御異議ありますか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。


 したがって、会期は本日1日間に決定しました。





              〜日程第3 諸般報告〜





○議長(水口直喜君)


 日程第3、諸般報告を行います。


 議長としての報告事項は、お手元に配付のとおりであります。したがって、朗読を省略します。


 以上で諸般報告を終わります。





              〜日程第4 議案説明〜





○議長(水口直喜君)


 日程第4、議案第1号の件を議題とします。


 提出者、町長の議案の説明を求めます。


 町長。


○町長(平瀬 研君)


 改めまして、皆様こんにちは。


 本日は平成23年第1回時津町臨時会をお願いいたしましたところ、全議員の皆様に御出席をいただきまして、ありがとうございます。


 本日は朝から長時間にわたります御審議をいただきましたこと、大変ありがとうございます、お疲れさまでございました。御指摘がありましたように、重要案件もしくはそれのみならずでございますが事前の報告、それから協議というものにつきまして、さらに徹底させていきたいと思っておりますので、どうぞお許しを願いたいと思います。


 このたびの臨時会の案件につきましては、時津中学校屋内運動場改築工事の契約変更についてでございます。主な変更内容といたしましては、まず基礎工事で掘削時に土中から鉱さい、それから木くずまじりの土砂、建設汚泥等の産業廃棄物が出てまいりました。その処理費用の分であります。これら産業廃棄物処理及び清掃に関する法律に基づき、適正に処理をするということが必要でございます。しかしながら、県内には今回出土した産業廃棄物を処理できる管理型処分場がございませんでしたので、県外の処分場に運搬し、処分をしたということでございます。その費用が3,937万円であります。次、2点目のステージどんちょう等の設置を追加いたしております。この費用が426万円になります。3点目が、くい工事の工事日数の延長に伴います機械損料の追加として、約154万円が増額。4点目、体育館ガラスの仕様変更をいたしておりまして、これに約85万円増額ということになります。逆に体育館の基礎の底盤高を40センチメートル上げて工事をいたしましたので、これが99万円の減額。また外壁に校章をつける予定にいたしておりましたが、あとの管理等々のことを考えましてその分を排除した。また外構工事と中庭工事を除外したことによりまして142万円の減額。特に渡り廊下施工範囲内の排水枡の取りつけ位置の変更、それから校舎の消防設備更新等の増額を合わせまして税込み4,699万650円の増額ということになっております。


 以上で、議案の説明を終わります。


 どうぞよろしく御審議を賜りますように、お願いを申し上げます。


○議長(水口直喜君)


 以上で、議案の説明を終わります。





              〜日程第5 議案第1号〜





○議長(水口直喜君)


 日程第5、議案第1号、工事請負契約の変更についての件を議題とします。


 本案について、質疑はありませんか。


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 先ほど町長から議案の説明がありました。請負契約3億7,771万6,500円を4億2,470万7,150円に変更するというものであります。この件については今説明がありましたように、基礎工事における処理土が産業廃棄物として処理されるということが1つ。それから再入札ということでその分を除外しておった入札結果で、説明第2点目のステージのどんちょうというのが追加された。それと基礎工事に伴うくいの工事等々とであるという説明であります。3億7,700万強の工事で、これは国の耐震補助としての工事でありました。この工事における国の補助との関係で、金額4,000万以上の増額をするということで補助との関係はどうなるのか、補助枠を超した場合に対しての金額がどれだけ発生し、一般会計からの持ち出しがあるのかどうなのか、財政的な面をまず伺いたいというふうに思います。よろしくお願いいたします。


○議長(水口直喜君)


 企画財政課長。


○企画財政課長(田口房吉君)


 お答えをします。


 まず各事業が補助対象なのかどうなのかというふうな問題が発生するかと思いますが、補助対象分につきましては安全・安心交付金、これが2分の1程度というふうなことになっておりますが、基準単価というのがございますのでそれに対しての2分の1、それから公共投資交付金というふうなのが出てまいりますが、これについては全国で1.4兆円の予算を国が用意しましたので、各事業の報告をうちのほうからも上げてあるんですが、その振り分けというふうな形で国から示された金額でございます。ですからこれはパーセンテージというふうなのはちょっと判断が難しいところがございます。そのほかにつきましては、安全・安心の交付金と公共投資交付金を除いた残りの分につきましては、起債充当率が100%可能でございます。これは交付税措置率も60%となっておりますが、そういったことで補助対象事業につきましては一般財源というのは10万円未満、起債の借りられる額が10万単位になりますので10万未満のものが一般財源というふうなことになってまいります。ですから基本的には、補助対象については一般財源がふえるというふうなことは、当然繰り越しておりますので工事金額の枠内ということはございますが、繰り越し枠内での部分の増額というのは発生しないように考えております。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 今言われた交付金制度はこの事業のあとについてきたもんじゃないのかなと思うんですよね。この事業、いわゆる体育館耐震の建てかえに伴う最初の予算がどうだったのか、そして今の交付金の部分に関しては何でも使える、いわゆる臨時的なものできてるわけでしょう、国が1,400億。これは2分の1というのは22年度の事業を申請していてそれに対するものできてるんですよ、県を通して。うちはそれが2,900万ぐらいしかないのよね、それ全体的にこの2つの交付金がくると。それを今の話でしょう。もともとの財源措置を予算化したときの措置についてはどうなのかというのを聞いておきたい。臨時的な交付金の問題と外してちょっと説明してほしいんですけど。


○議長(水口直喜君)


 企画財政課長。


○企画財政課長(田口房吉君)


 今個別の事業ではなくて全体の耐震化のほうでまとめておりますので、その部分でお答えをさせていただきたいと思っております。


○議長(水口直喜君)


 暫時休憩します。


             (午後 2時30分 休憩)


             (午後 2時33分 再開)


○議長(水口直喜君)


 会議を開きます。


 企画財政課長。


○企画財政課長(田口房吉君)


 まず今回の議案に上げられてます増額の部分でございますが、一番大きな部分が産業廃棄物の処理でございますが、これが3,900万、全体が4,600万、この中でこの処理等につきましては単独事業になってまいります。ですからこれにつきましては、もともと補助対象にはならないと。実はこの中で細かいそのほかの差額の分、これについては私のほうでもまだ補助対象になるのかどうかという判断がちょっとつきませんが、今回上がってる部分のほとんどは単独事業であるというふうに考えております。


 それから実際の繰り越した額の中につきましては、財源としましては一般財源のほうで1億8,400万、これは耐震化だけではなくてすべての財源でございます。一応、繰り越しについては各事業の枠がいわゆる限度というふうなことになってまいりますことと、それと町で持っております繰り越しの一般財源、これが当然超えたら困るわけでございます。現在の見込みとしましては一般財源の繰り越しの中で処理ができると、単独の部分も含めましてですね。あと安全・安心交付金とか公共投資交付金とかそういったものにつきましては、補助事業に充てるということになりますけども、全体の一般財源としては1億8,400万ほどの一般財源を持っておったわけですが、今のところの見込みでは1億8,100万ぐらいの中におさまっておりますので、この精算は可能かなというふうに思ってるところでございます。以上でございます。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 最後です。先ほど全協の折に、学校教育課長から予算枠をオーバーしてるというようなことが話があったもんですから、その部分に関してどうなんだということを尋ねて、財政とよくそれを説明させますということでした。そしたら今のような答弁でありますので、うまくそういう交付金等が使えればやっていただく。先ほどの3,900万円は補助事業外だということですから、ぜひ、年度、これはまたがるんですね、またがってでも処理ができるということですから、それを了としたいというふうに思います。


 そこで今回こういう事件が発生をいたしました。そして特に所管であります教育委員会には、私どもも現地の調査を委員会として正式に調査しました。その折に、そこの地盤と質の問題については、やっぱり十分気をつけてやってほしい。そしてそこを埋めたときの状況については、委員会の委員から十分な指摘があっておりました。そして我々もそこには担当課、それから設計者も立ち会いのもとに行ってきたということであります。そういうことをしながら、今後こういうものが発生しないのが1番いいわけですが、教育委員会としてこういうものが発生した時点で、やはり速やかな議会への説明というものがもっと早くしておれば、いろんな理解が得られたし、また問題点解決のための指摘事項もそのときできたのではないかなという気がしてなりません。


 そういった意味で教育長も新しくなられたわけですけれども、今後の体制として、そして内部の協議としてどのように思っておられるのか、改めてここで伺っておきたい。そしてまたこういうものが発生したときの対処仕方についての考えを改めてお示しをいただきたいというふうに思います。


 3問目になりますので、これで質問を終わりますが、よろしくお願いしときたいと思います。


○議長(水口直喜君)


 教育長。


○教育長(神近孝司君)


 今回のこの件につきまして、本当私どもが認識不足と言いますか、経験が浅かったと言いますか、あるいは専門的、専任的なそういう技術を持たなかったと言いますか、それと同時に私たち内部での協議というのが十分でなかったとそこら辺も十分反省をいたしております。したがいまして今後のことでこういうふうなことを気をつけながらやっていきたいということについては、教育委員会内部でも十分協議をさせていただきたいと、これが第一義的でございますが、やはり事の大小を問わずに問題が発生しそうだというそういう予測的な観点から情報を収集し、また共有しながら、また町長部局とのそういうふうな情報交換等も含めて慎重なる対応をとっていきたいと、今はこの段階ではそのことしか申し上げることができません。対応の仕方等についても速やかに、あるいはまた協議を重ねた上で先ほどから何回も申し上げとりますように問題点が派生しないような状況づくりはどうあればいいのかというその条件整備等も含めて、今後対応していくということを申し添えて、答弁に終わらせていただきたいとそのように思います。以上です。


○議長(水口直喜君)


 ほかに質疑ありませんか。


 ないようでございますので、これで質疑を終了します。


 これから討論を行います。


 まず、本案に反対討論の発言を許します。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に賛成討論の発言を許します。


 13番、川口君。


○13番(川口健二君)


 討論いたします。


 約総額4,700万の補正予算にかかわる協議を少なくとも午前中から2時間半、設計者も呼んで論議いたしました。その中で教育委員会も十二分にわかったと思いますけど、やっぱり現地でも今辻議員から指摘があったとおり総務文教委員会が現地を踏みました。そこでもいろいろ話をしました。そういうことをひとつ二度とこういう場で、町長上げろと、謝罪させろということないように、やっぱり誠意を尽くして議会の言ったこと、あるいは議員がそれぞれ要望したことは真摯に受けとめていただいて、二度とこういう愚かなことはないようにひとつ改めてお願いしておきたいと思います。


 それと、総務部長以下副町長も指名ね、選考委員、今後ますます仕事が厳しい中で不落とか何とかというのが既に出てきておりますけど、不落にならないようなあり方というのはないのか。そして問題は今回も不落が原因で設計変更だと、しかも議案の説明の中でここに載っとります、それも産廃でも何でもいいんですよ、ところがあそこは産廃と言われてもやむ得んことを過去してきとるわけですから、それはどうでもいいです、金額も問題じゃない。ただやり方なんですよね。だからここでもう既に町長の議案説明であったとおり、県外の処分場に運搬し処分をしておりますと、その費用が3,937万でありますということが報告にあったわけです、提案理由の中で。やっぱり考えてみますと、過去形ですよね、もうこれについてはきょうのこの日補正予算を議決するわけでしょう。それに見合うだけのことを、総額4,700万。とすれば、もう執行したということは財政運用上どうなのか、地公法上どうなのかわかりませんけど、もし法律違反じゃないということだからされたと思うんです、執行したと思うんですけど、予算ないのにですよ。ということは、言いかえると議会は当然了解するさ、反対するもんか、否決するもんかという前提に意識があっているんじゃないかって、やっぱり疑うわけです。


 昨年12月の人勧に伴う否決の問題もそうです。議会は認めるもんということで対応しとったということがわかったです。町長はあれは個人的にも失礼なことだとおっしゃったけど、町長はわかっとっても下がわからんで議会認むっさ、よかやっか、貸しとけ、これじゃ今後議会と理事者方うまくいきませんよ。不信感が出てきますから、議会側に。


 きょうも、1週間延ばしてよかやっか、どうあっか、今せんちゃという意見も実も冗談まじりに出たんですよ。だから最終的には町長に来てもらって、町長がトップとしておわびしましょうと、反省しますと、二度とこういうことはいたしませんと、させませんということでのけじめづけやったわけですよ。だからぜひ、今後二度とこういうことがないように、2時間半も3時間も要らん時間ですよ、実際は。だから手続をもっと早くしとってもらえばこういうこともなかったと思いますし、ぜひひとつきょうの2時間半3時間のこの苦い経験を本当の経験として、町長以下執行者側は今後業務を整理してください。そして3月12日の落成式、18日の卒業式、快く迎えたいなとそういう思いがあってるる皆さんが質問してきたわけですから、ぜひひとつこれで議会に対する嫌なイメージは決して持たないでください。気持ちは同じです、皆さんと。それが二元性の今問題なっとるけど、私は究極だと思う。ともに知恵を出し合う、ともに苦労する、ともに喜び合う、ともにまちづくりに励むと、ひとつぜひそういうことできょうこの臨時会を通じて大変厳しいことを言いましたけど、意見を付して賛成しますけど、町長最後にやはりうちの技術力のなさというかな、恐らく技術者で雇った人はほとんどいないんじゃないですか。そしてこれだけの公共事業をやってるわけですよ。だからぜひ今後は新年度から県なり市なり、あるいは民間なりのOBさんというんですか、そういう方をぜひ臨時的に採用していただいて、うちの各事業部の若い担当職員に少しでも専門職的な能力、スキルを高めていただいてこういうことがなるだけ議会でもないように、指摘されんように御尽力いただきたいということを意見として付して賛成いたします。


○議長(水口直喜君)


 ほかに本案について賛成討論ありませんか。


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 本議案は、先ほどから意見を付された賛成討論がありました。今後この倉庫の建設、それから外構工事、テニスコートの設置と建設、こういうものが行われてまいります。そして総合的に立派な校舎、学校設備が整うんではないかなというふうに思います。今後こういう学校施設、そしてまた教育委員会所管の施設、こういうものをやはり管理する体制というのを私はもう少し強化してほしいということを要望しておきたいなと。日ごろから一般質問でも申しております、いわゆる教育委員会参加体制を提唱しておるわけでありますが、ここにしっかりとした総務管理というところの責任あるポジションが確立されると本来の学校教育のあり方というものと、やはり仕事量が違うわけですから、業務も違うわけですから、そういったものについても町長部局、教育委員会、これは十分今後検討していただいて、そして管理体制の強化に努めていただきますように強くこの機会に要望して、そして立派な今後の体育館ができ上がって地域に貢献し、あるいは生徒の学習面というものに有効活用し元気な子供たちがこの中学校で育つことを期待をして、賛成の討論とさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(水口直喜君)


 ほかに賛成討論ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


 これで討論を終了します。


 直ちに採決します。


 議案第1号は、議案のとおり決することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





           〜日程第6 所管事務調査について〜





○議長(水口直喜君)


 日程第6、所管事務調査についての件を議題とします。


 本件は、議会運営委員長から議会の会期、日程等会議運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項に関し、会議規則第75条の規定により閉会中も引き続き調査したい旨の申し出があっております。


 お諮りします。


 委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。


 したがって、委員長からの申し出のとおり閉会中の継続調査することに決しました。


 以上で、本臨時会に付議された案件の審議は全部終了しました。


 これで、平成23年第1回時津町議会臨時会を閉会いたします。





            (閉議、閉会 午後 2時50分)