議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 時津町

平成21年第4回臨時会(第1日 9月29日)




平成21年第4回臨時会(第1日 9月29日)





 
            平成21年第4回臨時会 (平成21年9月29日)





 出席及び欠席の状況


 出欠議員の氏名


  出席15名


  欠席 0名





  議席番号   氏   名  出欠 議席番号    氏   名   出欠





    1   浜 辺 七美枝  出    9   浜 田 孝 則   出


    2   ? 口 俊 幸  出   10   中 村 貞 美   出


    3   山 下 しゅう三 出   11   久 保 哲 也   出


    4   山 脇   博  出   12   相 川 和 義   出


    5   新 井 政 博  出   13   川 口 健 二   出


    6                14   上 野 博 之   出


    7   辻   和 生  出   15   本 山 公 利   出


    8   矢 嶋 喜久男  出   16   水 口 直 喜   出





議会事務局


  事務局長    早瀬川   康   補助職員      木 下 るみ子





地方自治法第121条により、説明のため出席した者の職氏名


 町長       平 瀬   研   保育所長      浜 野 やす子


 副町長      吉 田 義 徳   高齢者支援課長   請 田 和 則


 教育長      河 野 知 周   建設部長      橋 本   悟


 総務部長     浦 川 裕 水   区画整理課長    椎 葉 徳 雄


 総務課長     島 田 静 雄   都市整備課長    浜 中 芳 幸


 企画財政課長   田 口 房 吉   産業振興課長    吉 川 忠 彦


 情報管理課長   森   高 好   上下水道課長    吉 岡 勝 彦


 税務課長     山 本 哲 雄   学校教育課長    岩 永   勉


 住民環境課長   前 田 純 孝   社会教育課長    小 森 康 博


 福祉課長     森   達 也





議  事  日  程





                  開会、開議





日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般報告


日程第4 議案審議


     議案第58号 町道の路線の認定について


            (十工区海岸外周線、十工区海岸中央線、十工区海岸縦1号線


            、十工区海岸縦2号線)


日程第5 所管事務調査について(議会運営委員会)





                  閉議、閉会





             (開会、開議 午前 9時20分)





○議長(水口直喜君)


 ただいまから、平成21年第4回時津町議会臨時会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。





          〜日程第1 会議録署名議員の指名〜





○議長(水口直喜君)


 日程第1、会議録署名議員の指名をいたします。


 会議録署名議員は、議長において、4番、山脇 博君、5番、新井政博君を指名します。





            〜日程第2 会期の決定の件〜





○議長(水口直喜君)


 日程第2、会期の決定の件を議題とします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期は、本日1日間としたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。


 従って、会期は、本日1日間に決しました。





             〜日程第3 諸般報告〜





○議長(水口直喜君)


 日程第3、諸般報告を行います。


 議長としての報告事項は、お手元に配付のとおりであります。従って、朗読を省略します。


 以上で諸般報告を終わります。





            〜日程第4 議案第58号〜





○議長(水口直喜君)


 日程第4、議案第58号、町道の路線の認定についてを議題といたします。


 本案について、委員長の報告を求めます。


 産業厚生常任委員長。


○産業厚生常任委員長(新井政博君)


 皆様、改めまして、おはようございます。


 産業厚生常任委員会委員長報告をさせていただきます。


 それでは、平成21年第3回定例会において付託されました議案第58号、町道の認定についての議案を、会議規則第77条の規定により報告いたします。


 なお、この議案については、本会議においての提出資料に誤りがあり、継続審査となっておりました。審査が終了しましたので、審査の概要と、また現地調査を行いましたので、その結果について御報告をいたします。


 報告書に沿って説明をいたしますので、よろしくお願いいたします。


 付託案件名、議案第58号、町道の認定についてでございます。


 これは4路線についてでございますけれども、一つずつ名称をつけまして、審査を行いました。


 十工区の海岸外周線、中央線、縦1号線、縦2号線の4路線についての認定でございます。


 付託年月日は平成21年9月4日でございます。


 審査方針、担当課長の説明を受けた後、現地調査を行い、その後、質疑を行いました。


 審査概要の説明、時津第十工区埋立造成事業で築造された道路を町に帰属するもので、総延長は888メートル、路線数は4路線で、以下のとおりでございます。


 質疑に入りまして、帰属に当たっての問題点はなかったのかという質問に対して、完了検査で問題はなかったということでございました。


 2番目に、町道の計画認定について、交付税に算定されるメリットがあるという理解で認定を行ってきた。このことに関し、計画認定の有無やメリットについて調査を求められていたと思うが、その後の調査結果はどのようになっているのかという質問に対しまして、これまでの調査では数件の計画認定を把握している。計画認定のメリットは、そこに3項目ありまして、1番目に道路事業への土地譲渡に伴う税の特別控除、上限を5,000万としておるそうでございます。2番目の建築基準法の道路としての適合、3番目に道路事業での起債などの活用ができるということでございます。


 なお、交付税算定については、供用開始後でないと対象とならないということであります。


 3項目ありまして、1に、前年度の4月1日現在、道路台帳に記載をされていること、2番目に、路線認定、区域設定及び供用開始の公示がされていること、3番目に、道路法第28条の道路台帳に記載されている数値であることと、この数値は面積とか長さでございます、の要件が必要であるということでございました。


 3番目に、歩道の舗装の方法は何かという質問に対しまして、透水性のカラー舗装であるという説明を受けました。


 4番目に、植樹の目的は何か、どのような種類を植樹しているのかという質問に対しましては、今回の町道の区域は、商業用地と工業用地になっている。このように用途の違いがあることから、緩衝帯として植樹を行ったということでございます。種類は塩害に強い品種を数種植樹しているということでございます。


 討論に入りまして、反対討論なし、賛成討論としまして、内容の精査を十分行い、提案するよう要望し賛成とするということでございます。


 採決に入りまして、議案第58号は出席全委員異議なく可決すべきと決しました。


 以上でございます。


○議長(水口直喜君)


 以上で委員長の報告を終わります。


 ただいまの委員長の報告に対し、質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ声あり)


 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終了します。


○産業厚生常任委員長(新井政博君)


 以上をもちまして、産業厚生常任委員会に付託されました議案審査の報告を終わります。ありがとうございました。


○議長(水口直喜君)


 これから討論を行います。


 委員長の報告に反対討論の発言を許します。


              (「なし」と呼ぶ声あり)


 反対討論なしと認めます。


 次に、賛成討論の発言を許します。


 3番、山下君。


○3番(山下しゅう三君)


 第58号議案、道路認定につきまして、認定を受けようとする十工区海岸線の道路延長の錯誤の訂正と、一括路線認定ではなく、各路線に新たな路線名を付し、現場確認を行いました。


 今後、このような錯誤がないよう、注意を払って確認作業をすることを要望して賛成といたします。


 以上。


○議長(水口直喜君)


 ほかに本案に対し賛成討論はありませんか。


 13番、川口君。


○13番(川口健二君)


 賛成討論としながら苦言を呈しておきたいと思います。


 ただいま、山下議員からも指摘があっておりましたけれども、本来ならば9月定例議会の18日が最終日でした。その日に終わるべく、実は議会運営委員会で対応しようとしておったんですけれども、議案の内容を精査していく中で、もろもろ議会サイドとしては、受ける側としては、理解しがたいということが出てきたわけですね。ぜひこれは、議会に関してだけじゃないですけれども、時津町民に対して、地域に対しても、今後プロの事務執行部の立場で、自分たちはわかるということで、意外と対応してきたんじゃないか。議員はどうだろうか、議会はどうだろうか、地域住民はどうだろうかと、これでわかりやすいだろうか、理解してくれるかな、そのような発想の視点に立って、今後ひとつ議案の提出を特にお願いしておき、そして58号議案に賛成いたします。


○議長(水口直喜君)


 ほかに賛成討論ございませんか。


 14番、上野君。


○14番(上野博之君)


 賛成意見を申し上げますが、ただ、現場を調査した結果、ちょっと気づいた点についてあえて申し上げておきたいと思います。


 町道認定ということは、道路の幅員、それから歩道関係、それから延長とか、あと出来ばえとか、そういったところが確認の事項だと思いますが、現場へ行って初めて私は目にしたんですが、それに対して担当部課長から全然説明がなかったんですが、現場へ行って樹木が植えてあるんです。特に中央線ですね。十工区海岸中央線、一番広い道路です。国道に並行した真ん中に走っておる道路ですが、これに対して、高木の樹木が植えてあると。それから、歩道に緑地帯が設けてあるんですが、緑地帯にまた植栽がされておるという状況がありました。これはやはり、提案するとき、これは町に帰属する施設だと、樹木関係、植栽もですね。


 それからもう一つ言いますと水銀灯、水銀灯がもう設置されとるんですよ。いずれこういった道路に附属したものが町に帰属するわけですから、提案するときには現場で行ってこれは何だとかこうだとか新たな質問をせんでも、事前にこういったものがありますよという説明を、私は議会にしかるべくするべきじゃないかということを感じておるわけです。


 この点については、今後の提案事項として、やっぱり道路の認定は先ほど言ったように、ただ幅員とか延長と、そういったものだけじゃなくて、町に帰属するものですから、こういったもの、こういうことで町に帰属するものがありますよと含めた認定になるかと私は思っていますので、今後の認定、それから説明のあり方、議会に対するそういったものについての配慮をすべきじゃないかということを申し上げて、賛成意見といたします。


○議長(水口直喜君)


 ほかに本案に賛成討論ございませんか。


              (「なし」と呼ぶ声あり)


 ないようでございますので、これで討論を終了します。


 直ちに採決します。


 議案第58号に対する委員長の報告は可決であります。


 議案第58号は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ声あり)


 御異議なしと認めます。


 従って、本案は原案のとおり可決されました。





           〜日程第5 所管事務調査について〜





○議長(水口直喜君)


 日程第5、所管事務調査についての件を議題といたします。


 本件は、議会運営委員長から、議会の会期、日程等、議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項等に関し、会議規則第75条の規定により、閉会中も引き続き調査したい旨の申し出があっております。


 お諮りします。


 委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。


 従って、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。


 以上で、本臨時会に付議された議案の審議は全部終了しました。


 これで、平成21年第4回時津町議会臨時会を閉会いたします。





            (閉議、閉会 午前 9時31分)