議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 時津町

平成21年第2回定例会(第3日 6月 4日)




平成21年第2回定例会(第3日 6月 4日)





 
            平成21年第2回定例会 (平成21年6月4日)


 出席及び欠席の状況


 出欠議員の氏名


  出席15名


  欠席 0名





  議席番号   氏   名  出欠 議席番号    氏   名   出欠





    1   浜 辺 七美枝  出    9   浜 田 孝 則   出


    2   ? 口 俊 幸  出   10   中 村 貞 美   出


    3   山 下 しゅう三 出   11   久 保 哲 也   出


    4   山 脇   博  出   12   相 川 和 義   出


    5   新 井 政 博  出   13   川 口 健 二   出


    6                14   上 野 博 之   出


    7   辻   和 生  出   15   本 山 公 利   出


    8   矢 嶋 喜久男  出   16   水 口 直 喜   出





議会事務局


  事務局長    早瀬川   康   補助職員      北 川 由紀雄





地方自治法第121条により、説明のため出席した者の職氏名


 町長       平 瀬   研   国保・健康増進課長 山 口 弘 隆


 副町長      吉 田 義 徳   高齢者支援課長   請 田 和 則


 教育長      河 野 知 周   建設部長      橋 本   悟


 総務部長     浦 川 裕 水   区画整理課長    椎 葉 徳 雄


 総務課長     島 田 静 雄   都市整備課長    浜 中 芳 幸


 企画財政課長   田 口 房 吉   産業振興課長    吉 川 忠 彦


 情報管理課長   森   高 好   水道局長      扇   好 宏


 税務課長     山 本 哲 雄   上下水道課長    吉 岡 勝 彦


 福祉部長     本 山   学   会計管理者     田 崎 正 人


 住民環境課長   前 田 純 孝   学校教育課長    岩 永   勉


 福祉課長     森   達 也   社会教育課長    小 森 康 博


 保育所長     浜 野 やす子





議  事  日  程





                   開  議





日程第1 一般質問(辻 和生議員)


      辻   和 生 議員


        1 環境基本計画の策定について


        2 都市整備事業について


        3 社会体育の推進について


日程第2 議案第35号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例


日程第3 議案第36号 平成21年度時津町一般会計補正予算(第1号)


日程第4 議案第37号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について


            (時津町日並郷)


日程第5 議案第38号 人権擁護委員候補者の推薦について


追加日程第1 議員提出議案第3号 朝鮮民主主義人民共和国の核実験に抗議し、核兵器


                 開発中止を求める決議





                   散  会





              (開議 午前 9時30分)





○議長(水口直喜君)


 ただいまから、本日の会議を開きます。


 日程に入るに先立ち、諸般の報告を行います。


 ただいま、川口健二君から、議員提出議案第3号「朝鮮民主主義人民共和国の核実験に抗議し、核兵器開発中止を求める決議」が提出されました。


 ここでお諮りします。


 この議案を日程に追加し、追加日程第1として日程の最後に議題にすることにしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。


 したがって、議員提出議案第3号、朝鮮民主主義人民共和国の核実験に抗議し、核兵器開発中止を求める決議の件を日程に追加し、追加日程第1として、議題とすることに決しました。


 引き続き、日程に入ります。


 日程第1、前日に引き続き、一般質問を行います。


 質問の通告がありますので、発言を許します。なお、通告外にわたっての発言はできないことを申し添えます。


 7番、辻 和生君。


○7番(辻 和生君)


 おはようございます。質問通告をいたしております3点について質問をいたしたいと思います。


 まず、環境基本計画の策定についてでありますが、私はこの3月議会、体調を崩しまして、定例会を欠席させていただきました。人間の体の健康というのは、非常に健康のありがたさを感じさせていただきまして、この自然の中の環境というのも、やはり健康でなくてはならんなあというような思いで、人間の体、そしてまた自然というものが健全で健康であるべきだなあとそのありがたさを非常に今回痛感いたしたところでございまして、質問のまず冒頭に環境基本計画の問題についての考えを伺いたいと思った次第であります。


 本町は閉鎖的海域、つまり大村湾を抱える自治体として、この環境問題には積極的に取り組むべきではないかと考えるのであります。今、第5次総合計画策定のための作業がスタートしたところでありますが、環境問題を第5次総合計画に盛り込むのは当然のことであると思います。それとはまた別に、総合的に網羅した環境基本計画を策定して、望ましい環境像の実現に向け取り組むべきではないかと思うのでありますが、町長の考えをお伺いいたします。


 次に、都市整備事業についてであります。


 安心・安全のまちづくりについては、ハード、ソフト両面からの整備が必要であるが、ソフト面から言えば、住民参加型のまちづくりをどのように進め、定着させるかが、どの自治体でも大きな課題となっているようであります。


 隣接する長崎市では、田上市長を先頭に、市民全員プレイヤーの合い言葉で地域リーダーの発掘に取り組み、地域の特徴にあわせた政策を推進しているようであります。このように全国各地でソフト面の展開からハード面への整備へと展開している状況であります。また、地域住民の要望解決には、行政の説明責任が問われながら、厳しい財政の中取り組んでいる状況であると考えております。


 本町の住民要望は主に自治会要望として取りまとめられて、適宜処理されているようであります。都市整備が関係の平成20年度の要望受け付けを見ると、何と518件にも及んでいるようであります。


 そこで、伺います。


 この6月梅雨を前に、重要水防区域及び災害危険区域等は要望調査計画説明実施に長期、短気の時間が経過すると思いますが、行政責任の観点から、長期の場合、担当者の異動等により関係住民との意見のずれが生じないのか。また、理解の度合いの違いが生じ、関係住民から行政への解決を求められるときの対処の方法は統一しているのか、伺いたいのであります。今後のこうした事業計画についてお示しいただきたいと思います。


 次に、昨日も出ておりましたが、一昨日ですかね、区画整理事業の推進についてであります。この件については、ほとんど質問があって回答が出たようでありますが、質問通告いたしておりますので、とりあえず主たるところをお示しいただきたいと思うのであります。この事業計画変更に伴う事業費及び仮換地の一部指定、事業着手のスケジュールについて示していただきたい。


 次に、社会体育の推進についてであります。


 時津町招待駅伝の中止の知らせは、その歴史を省みるとき、落胆させられたのであります。体協会長の無念さは中止の通知の文面によくあらわれていました。その中に、招待駅伝の趣旨を踏まえ、新たな形で復活を目指したいとあったことは、一分の希望と伝統の重さを感じさせられたところであります。


 この駅伝は体協の主催でありますが、どうか社会教育の一環ととらえ、教育委員会でも積極的に支援し、復活に向けた行動をとるべきと考えますが、教育委員会教育長の見解を伺いたいのであります。


 最後に、町内小・中学校の耐震診断の結果が報告されたところであります。その中に北小学校体育館が耐震補強の対象となっているようであります。また、示された時津中学校あるいは東小学校等々体育館及び校舎の耐震補強が必要となっているようであります。この際、体育対象の規模に建てかえを検討してはどうかということであります。本山議員もこの点について質問をしていたようでありますが、もう一度見解を改めて伺っておきたいと思います。そして、改めて再質問の中で問うていきたいというふうに考えておりますので、どうか関係理事者の明確なる御答弁を期待いたします。


○議長(水口直喜君)


 町長。


○町長(平瀬 研君)


 皆さん、おはようございます。


 本議会におけます最後の一般質問でございます。お答えを申し上げたいと思います。


 1点目の環境基本計画の策定についてでございますが、まず国の環境基本法というのがございまして、この7条におきまして地方公共団体の責務ということで定められております。その内容につきましては、地方公共団体は基本理念にのっとり環境の保全に関し国の施策に準じた施策及びその他の地方公共団体の区域の自然的、社会的条件に応じた施策を策定して、実施する責務を有すると書いてあります。


 県もこのことを受けまして、長崎県環境基本計画が策定されております。この環境基本条例につきましては、県のほかに、県内では長崎市、佐世保市、大村市が条例を制定しているということでございます。


 特に制定している自治体としては、歴史的、文化的遺産、それから美しい自然を特に有する自治体。また広範囲な行政規模を持つ自治体。また工場集積地域で環境問題に特に感心が高い自治体、そのような中での良好な環境の保全に関する施策の基本となるものを定めております。住民の健康を保護する必要があるということから制定されているようでございます。議員が御指摘されたとおりであろうかと思います。


 本町におきましては、町民、事業者、また土地の権有者、それから町が一体となりまして、花いっぱい、ごみの散乱防止等々を規制いたしました時津町環境美化条例を平成5年に制定しております。


 また、公害の発生に伴う対応といたしましては、騒音規制法、水質汚濁防止法、悪臭防止法等の法律、それから県の関係条例の適用に基づきまして、長崎県との共同処理体制をとっております。


 また、さらに良好な住環境等の確保のためということで、開発行為の協議につきましては、町開発行為等指導要綱を制定して環境保全にも努めております。このようなものを総合的にという御指摘であろうと思います。少し違いますが、いろんな安全・安心の町民の活動を総合いたしまして、安全・安心のまちづくりの町民大会を開催しました。


 その中で、大会宣言というものを採択してもらったわけでございますが、この環境につきましても、環境条例というものにするのか、こういう総合的な町民にアピールする大会をやりまして、その中の大会宣言とするのか、今御指摘がありましたように、第5次総合計画の策定に入っております。


 この中で、第4次から引き継ぐものとして、やはり協働のまちづくりであろうというふうに思います。地域にやっぱり愛着を持っていただくためには、住民参加が必要でありますし、手間を惜しまず、時間をかけて自分たちがつくってきたものにつきましては、当然愛着があるわけです。こういうものを特に第5次総合計画に盛り込みたいというふうに思っておりますので、その中におきまして、御提言をいただきました条例もしくは大会宣言等々に向けまして、内部協議、それから住民の御意見をいただきたいと、そのように考えているところでございます。


 第2点目の御指摘をいただいておりました重要水防地域もしくは災害危険区域につきましては、その地形、地質の状況、また人家も点在しておることから総合的に判断して、災害が発生する可能性が比較的高い区域を指定しております。


 これにつきましては、区域として広く住民及び行政が一体となって認識を高める、先ほどと同様でございます。災害の発生防止、災害対策事業の推進をしていくということで、御承知のとおり長崎県が調査を行っておりまして、本町におきましても、毎年度開催されます防災会議、また梅雨前に行います点検等を通じまして関係機関とその箇所の再認識また情報の共有化を図って事業を推進してきております。


 本町におきましては、時津川などの主要河川沿いをはじめといたしまして、河川、ため池を区域といたします重要水防区域が22カ所ございます。急傾斜地、それから土石流、地すべりの災害危険区域につきましては、全部で181カ所指定されております。


 また、これらの区域に対します災害対策の主な事業に関しましては、広く河川改修事業なども含まれますが、顕著な事業といたしましては、急傾斜崩壊対策事業、それから砂防事業等もあります。特に先の災害危険区域の箇所数でもわかりますとおり、本町に限らず、長崎県全体の特色ということも言えると思いますが、山手の麓に人家が連立しているというところが多くございます。崖の崩壊を防いで、人命を守るということで、急傾斜事業がされるわけでありますが、特に地元の要望が多く、現在におきましても、町事業として1カ所、県事業として3カ所施工していただいております。


 この事業につきましては、事業自体が大変複雑であるということと、一連の斜面工事を行う必要がありますので、事業区域が広範囲になります。御指摘いただきましたとおり、通常3年から5年の複数年度で事業をやっていると。当然ながら事業の実施中または地元からの要望に基づきます取りまとめの段階でも、職員の異動もあります。


 そのようなことから、当事業に関しましては担当職員を2名配置している、担当者の入れかわりがあったといたしましても、地元住民との協議が常に円滑に遂行できるように対策を講じております。


 先も申しましたとおり、事業施工中は、当然ですが、事業の要望段階におきましても、手続上大変複雑なものがあります。地元の皆様の最大限の御理解、御協力が、土地の拠出も含めて不可欠になります。そのようなことから、住民との連携が当然ながら職員同士の情報共有化を図ると。住民からの問い合わせに対しましても公平にいつでも対応できる体制が文書管理ということになります。


 さらに、この事業に限りませんが、住民の要望があれば必ず文書の作成を行う体制をつくっております。対策方法の有無について検討を行いまして、対応後までの一連の流れを課内で情報共有することとしておりますし、その結果につきましては、冒頭議員が御指摘されました平成20年度だけで518件、これにつきましては、例えばカーブミラーの角度を少し変えてみるとか、本当に草刈り、犬の糞含めた軽微なものまですべて記録をとどめているということの裏返しであろうかと思います。


 ちなみに、ほぼすべてを完了しておりまして、今現在進行中というのが、この中で約30件ほどあります。30件のうちの23件は今年に入ってから受け付けたもの、ですから20年に受け付けたものにつきましては、ほとんど解決され、またそれがすべて記録に残されているということであります。


 今後、このように課内で情報の共有をしながら、住民の皆様に対しましては素早い対応をしていきたいというふうに考えております。


 最後に、今後の事業予定といたしましては、災害関連事業に限って申しますと、河川改修事業としては、時津川の改修が平成25年までの計画ということで、鋭意進めていただいております。また、急傾斜地崩壊対策事業で申し上げますと、町事業については浜田郷の萬行寺の付近で、冬切地区で昨年度から調査測量を行っております。今年度から23年度までで工事を実施する予定。同時に、県の急傾斜地の事業といたしましては、左底の狩底地区が昨年度から今年度まで、同じく左底の中通地区が今年度から平成25年度まで、元村の藤ノ尾地区が平成19年度から平成23年度まで、野田郷の野田地区につきましては今年度で完成の予定というふうになります。


 そのほか砂防工事といたしましては、子々川の堂川地区が平成15年度から22年度まで、同じく子々川の猪子平川地区が今年度から平成25年度までというふうな予定になっております。町内の災害関連事業だけでも多くの事業が施工中でございます。この進行につきましては、住民の皆様、それから関係機関との十分な連携が必要と考えておりますので、その引き継ぎ等につきましても漏れがないようにやってまいりたいと思っております。


 最後に、区画整理事業についてであります。まず、事業計画の変更に伴う事業費でありますが、支出、収入総額が現在のところでは126億円ということで、現計画と同額になります。支出の面では築造、舗装で、アスファルト舗装から排水性、透水性の高い舗装への変更等で、試算によりますと8,127万7,000円の増額ということで見込みをしております。この分につきましては、事務費等の見直しを行いまして同額を減額し、それに向けて努力をするということで考えております。


 収入の面におきましては、基本事業費が主に用地費の下落があってあります。この分で8,800万円の減額、まちづくり交付金の23年度までの執行見込みで6億9,000万円の減額、町特定道路起債事業になりますが、これの分で5億9,500万円と町単独費の1億8,300万円が増額。全体の仮換地を確定させた後、来年度施工予定箇所で西時津左底線の浜田2地区、現在街路事業で整備をしておりますところから東小学校付近まで、元村地区お茶屋付近で仮換地の一部指定を約1ヘクタールしたいということで、直近のものにつきましては考えております。


 今後につきましては、事業計画変更の縦覧を7月ごろ、先日お答えしたとおりでございます。現在手続がおくれておりますが、でき次第縦覧をかける。変更決定を10月ごろ、仮換地の一部指定を12月ごろというふうに見込んでおります。今年度に補償交渉のための物件調査を一部行うと。建物移転を含む工事着工を平成22年度から実施していきたいということで準備をしております。


 厳しい財政と、それからまた住民の理解が当然必要になるわけでありますが、一日も早い完成を目指した着工ということで、取り組んでまいりたいと思います。


 あと、教育長が答弁をいたします。


○議長(水口直喜君)


 教育長。


○教育長(河野知周君)


 辻議員の御質問にお答えします。


 社会体育の推進についての1点目、時津町招待駅伝大会は体協の主催であるが、社会教育の一環ととらえ、教育委員会でも積極的に支援し、復活に向けた行動をとるべきではないかという御質問についてですが、時津町招待駅伝大会は、御承知のように時津町体育協会の主催として時津町陸上協会が中心になり、昭和32年に第1回目の大会を開催いたしました。


 以来、コース変更を重ねながら、平成19年1月に第50回目を開催いたしました。当初は旧時津町農業協同組合前を起点とし、町内を縦横無尽に走るコースでした。その後、旧琴海町を通り、旧西彼町白似田を折り返すコースになり、最後は長崎市琴海尾戸町方面へ走り、東部研修センター前で折り返すコ―スとなりました。


 この大会は、御承知のように長年にわたり数多くのランナーに親しまれ、県下一周駅伝大会の選手選考、並びに各郡市の前哨戦として大きな役割を果たしてまいりました。しかしながら、たび重なるコース変更は、本町の急激な都市化や国道206号線拡幅に伴い交通量が飛躍的に増加したことや、道路網の発達による交差箇所の増加に起因するものです。時津町体育協会並びに時津町陸上協会は、継続開催に向け関係諸機関と折衝しておりましたが、大会開催に伴う交通渋滞や選手の安全確保など、解決困難な問題が山積し、やむなく第50回の記念大会を最後に中止いたしました。


 今後、大規模量販店等の出店で、交通状況がさらに悪化することが想定され、主要幹線道路を用いた42.5キロメートルの駅伝大会開催は現状では非常に困難と考えております。時津警察署の方にもお尋ねいたしましたが、詳細につきましては、御質問の中でまたお答えをすることになろうかと思います。招待駅伝の趣旨を踏まえた新たな形での復活ということにつきましては、本町陸上競技の拡大と競技力の向上を目的としながらも、大会の運営を担う時津町陸上競技協会の組織としての育成強化も重要であり、教育委員会としては側面から、支援を引き続き惜しむことなく行いたいと考えております。教育委員会では、スポーツをはじめとする社会教育の遂行については、社会教育関係団体が大きな原動力であると考えており、従来より団体主催行事への協力要請に対し団体と協議しながら、どのような支援を行うべきか、慎重に判断し、行事を契機に組織がより強化、発展するような支援に取り組んでおります。


 今後、時津町体育協会、時津町陸上協会とは、本町陸上競技のさらなる振興を念頭に置きながら、対話を重ね、具体的にどういった支援ができるか、検討してまいりたいと考えております。


 2点目の時津北小学校の社会体育対象としての規模への建てかえについてにお答えいたします。


 先般、本山議員の御質問等も重複すると思いますが、時津北小学校体育館の耐用年数は40年となっており、建築後35年を経過している状況ですが、維持管理を適正に行えばさらにこの寿命を延ばすことは可能であるという判断をしております。したがいまして、この体育館については、まずは耐震補強を行って安全性を担保したいと考えております。


 議員御提案の社会体育を対象とした規模への建てかえについては、現状では建てかえは困難であり、今後の検討課題とさせていただきます。


 以上で、答弁を終わります。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻議員、再質問どうぞ。


○7番(辻 和生君)


 再質問させていただきます。


 町長の答弁で、ほとんど了とするわけですが、特にこの環境基本計画というのは国から定められたもの、長崎県下でも、先ほどお示しのとおり、作成をしている自治体もある。その規模はるるいろいろあるというふうに思いますが、私、きのうからこの環境問題、新井議員のトップバッターに始まった今回の質問の中にも出てまいりました。


 各種条例を制定されております。そしてまた国が示す基準値も理解いたしておりますけれども、特に水問題の処理、白濁問題、水の放流、時津川での先般の件もありました。住民の中から指摘されながら、何度となく河川の水質調査をされて、そして改善に向かわれたのであります。


 それはやはり住民から新たな形で請願要望があって、町が動いたというところでありますが、私は特に大村湾の水質基準というのがCOD比で言う、非常に低い目標数値を設定しておられるようでありまして、放流水の環境基準はこの閉鎖的海域である大村湾の数値とはかけ離れているのではないかというふうに思います。特に副町長はそうしたところの担当を経て今副町長になっておられますから、どうぞ、新たな形で基準値の設定、時津町はやはりそういった意味では、大村湾沿岸の自治体に先んじてそういった放流水等の水質の基準値というものを、今の環境基準のCODの20というよりはですね、もっとはるかに高く置いて、そして厳しく規制をするというようなことを、こういった考え方に基づいて総合的な環境基本計画等に盛り込むというようなことでやってほしいなというふうに思いますが、まず再質問の中で、今言いましたCOD比、大村湾水質基準の数値と、放流水の水質基準と、これは国が示したものですけど、そういう点の違いがあるわけですが、その差が非常に大きいですね。


 そういった意味で、時津町の放流水基準というものをどう考えるのか、まず改めて伺っておきたい。これは担当ですかね、で、どう考えるのか、あるいは町長の方で総合的にそういう問題はどう考えるのか、どちらでも結構ですから、改めてお伺いしておきたいと思います。


○議長(水口直喜君)


 町長。


○町長(平瀬 研君)


 今、細かい御指摘をいただきましたが、それらの点につきましては、今後十分に検証していきたいと思います。従来から、きのうもお話出ておりました大村湾をきれいにする会、またこれらのごみ掃除をするというだけのきれいにする会では、当然ございません。そういう数値も見据えた中での会で、閉鎖性海域、いわゆる全国組織では全閉連と申します。この会をあわせて浄化槽の協会につきましても抱き合わせて、いわゆる放流水の規制ということで大村湾沿岸市町が一緒になって取り組んできたところであります。


 今まで特に大村湾が非常に水質が悪化をした時期、また時津川につきましては、ワースト1、2というのをした時期がございます。そのころに示された基準ではないかと今推測します。当然にそれはクリアしながら、先を目指す段階にきたんだなということを改めて今御指摘をいただいて、感じているところです。


 そういう意味で、今後の見直し、もしくはその基準値をどこに置いて、どう連携をしていくのかということにつきまして、勉強させていただきたいと、そのように思って答弁をさせていただきました。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 ぜひですね、そういった意味では、特に閉鎖的海域を抱える自治体ですから、他都市に先んじてやっていただいて、リードしていただきたい。大村湾の一番奥の区域になっておりますので、そういった意味ではしていただきたい。


 そしてまた、安心・安全のまちづくりの大会の中で町長が述べられたように、一つずつ、やはり提起しながら、総合的、グローバル的なものの宣言に終わるのではなくて、本年度はこういう目標で行くんだよと、今年度はこういう部分で行くんだよというようなものを、やはり宣言をする中においては、特に留意しながらやっていただければ大変ありがたいなと思います。


 総合計画とか条例とかいうのは、つくられてもですね、目標値を持って、そしてそこへ達成するためにどう努力するかというのが、私は大事ではないかというふうに思いますし、また、第5次総合計画の中で総合的な環境基本計画に一歩でも近づくような、私は基本計画から推進計画というようなものに、ぜひやっていただきたい。これは要望をしておきたいというふうに思っております。


 次に、要望ですけど、どうですかね、担当、企画財政課長が第5次を担当してるようですが、そういった意味では、この環境というようなもののとらえ方を5次の中にどう入れ込んでいくのか、そこら辺の考えをまず伺って、次にいきたいと思います。


○議長(水口直喜君)


 企画財政課長。


○企画財政課長(田口房吉君)


 総合計画の方につきましては、住民の皆様方をはじめ多くの皆様方の御意見を取り入れながら策定していきたいというふうに考えております。このような問題につきましても、その中で議論されていくものだというふうに思っております。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 住民の意見というのは、ポイントを押して、そして吸い上げて、そしてまたそれを展開するということが大事ですからね、積極的なそういう提案をやっていただきたいというふうに思います。


 次に、重要水防区域及び災害危険区域、先ほど町長答弁の中で、時津川の25年度あるいはまた浜田郷の冬切等を本年度から23年度と、これは急傾斜、河川ということで出させていただきました。そして、要望等が住民の危険箇所の要望、特に急傾斜というのは、住民の協力が必要なんですね。土地の提供であり、あるいはまた負担金の問題等であり、こういったものをする中において、当初説明したけれども、住民の理解というものがなかなか浸透しない、いざ負担金を出すときには、それは聞いてなかったというようなことが往々にしてあってるようでありましてね。ここら辺についての対処の仕方というものは具体的にどのようにされているのか、説明会においてどうされているのか、そしてまたそれはどういう資料をもってやられるのか。この大きなスケジュールというかね、ポイントというか、そしてまたその危険箇所を回避するために、工事に着工するまでの、そしてまた工事に着工した後の対処、そして完了というようなところでの住民の負担、理解、ここら辺が、何か一部にそういったずれがあるようですけれども、そういうものを感じておられるのか。感じておるとするならば、改善すべき方法というものをどう考えているのか伺っておきたい。改めてお願いしたいと思います。


○議長(水口直喜君)


 都市整備課長。


○都市整備課長(浜中芳幸君)


 お答えいたします。


 この急傾斜につきましてのスケジュール、流れというのを概略を御説明したいと思います。まず、スタートはやはり地元から上がってくる要望でございますが、まず準備説明というのがあります。調査をするために準備を行う、この説明会をまず行います。このときに、そういう準備を進めていいかというような同意等が要りますので、このときにも、このとき認め印といいますか、そういうある程度の合意が要ります。こういう説明を終わりまして、次に、本要望のためのまた説明会を行うことにしております。この後、このときに実印つきの要望書等が、説明要りますので、提出が要ります。このために、実印の押印をお願いしていくと。それから、県事業であるならば県の方に提出をしていって、協議に乗せていただくというような手はずになっております。


 それから、その町の提出を、今の話でいきますと県事業の話をしておりますが、町から出された要望書に対して県が決定をすると。そうなりますと、これから県の主催で説明会を開催するようになっております。


 まず、測量関係の説明会が開かれます。それから、この測量を中心に調査を、中心にした設計の説明会が、完了後に説明会、開催されます。そういう流れで、変更等、そういうものがありましたら逐次説明会が開催されるようになっております。


 それから、先ほど分担金のお話もあったわけですけども、その都度準備の説明会のときからですね、常に分担金はかかりますよ。これについては地元の方で決めていただきますよ。分担金というのは受益者でございます。受益者の範囲も皆さんで決めていただきますよという、そういう限定のもとに皆さんが納得され、理解されて、実印までいただいておるという経過でございます。


 それから、着工後の対処ということでございますが、町としてもそこの個人の分担金についての問い合わせ、御相談、ここについては決定権はございませんが、そういうモデル的な、ここの地区はこういうやり方でやってますよと、そういうケースを何種類か出しまして、お宅の方はどういうやり方でいいですかと、アドバイス的なことはやっております。今回の場合も、逐次御相談も受けておりますし、説明も足を運んでいるというような経過があるようでございますので、以上のような経過でございます。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 流れとしては理解しておりますが、やはり要望がある、あるいは災害が発生したと。両方から工事着工というふうになると思うんですがね。片方のやはりこの災害のときは緊急対策だからですね、これはみな、やっぱりやってもらわないかん、やらないかんと、こうなるわけです。急傾斜に指定をしてて、その区域が広ければ広いほど、工事が1期、2期、3期、4期とこうなる。町長答弁の中に、3年から5年と言うんだけども、これがもう少し長期になるんですね。説明からするとね。


 そういった意味では、行政担当のこの人事、あるいは横断的なものになってくると、例えば道路関係のものにかかってくるとかね、そういうふうになると、その所管がまた別のところへかかるわけね。そういったときに、やはり私はね、ちゃんとした説明で、ある種の引き継ぎというものをきちっとやってもらわないかんし、そういう報告がなかなかうまくいかないような気がしております。


 そういった意味で、この横断的な所管になった場合には、担当課長とか部長あたりは、きちっとやっぱりこういう人事になったからこういう手続をしますというようなことはね、やはり具体的には言いませんがね、ここで改めてはね、そういうことがないように、どうぞやっていただきたい。


 そして、この分担金の話ありました。危険箇所の指定をした直接の地主さんはいいですよね。しかし、今言われる受益者といわれる方々、この区域をどうやって設定するのかですね、土砂が流れてくる、危険があるからあなた方もその範囲ですよというふうに設定するときに、そして、行政、私も理解しておりますが、この区域が大体ここら辺までですよと、区域がある、説明をする、案内をする。そうすると、その受益者の代表の方あたりが取りまとめていただいて、この分担金の徴収、お願いというものをしていくという中に、やはり協力者がこの意見の不一致というのかな、受益者の中でも出てくるようですから、そこら辺についてをですね、行政のかかわり、何軒かは出したけれども、あと1%の人がどうしても分担金の拠出ができないというような状況になった場合は、そら総合的にどういうふうにして整理をされるのか。そこら辺をちょっと具体的に示していただきたいと思いますし、また行政がどこまでタッチしてやれるのか。事業は公共事業でしょ。だから、そこら辺についての最終的な分担金の問題の解決の道というものを、ちょっともう一度示していただきたいと思います。


○議長(水口直喜君)


 都市整備課長。


○都市整備課長(浜中芳幸君)


 急傾斜事業の本来は、個人の責任のもとにおいてやるというのが建前だったと思っております。多額な費用と技術、そういうものがかかるので、公共事業としてやろうということで始まっていると思っております。今の事業の前提としましては、やはり事業決定をする前にですね、そういうものが整備されていないといけないということがあると思います。


 ですから、先ほどの説明会等で重々説明を行って、そして事業決定に上げる書類等つくるわけですね。その段階で確定をしておかなければいけない。ここの段階までが受益者の確定をし、そして分担金の負担をやるんだという意識、そういうものを確定させていかないと、今回の、こういうことがあったのかどうかわかりませんが、そういう状態になっているということも懸念されますので、この段階、事前説明の中でちゃんとやっていきたい、そういう思いでおります。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 僕が言いたいのはね、事前説明会の中で理解をしてる、参加しない人もいらっしゃる中に、受益者の区域に入るようなことがあってるようだからね、しっかり事前の確認をした上で、調査費はこれですよと明確にし、またその長期に分かれて、1区、2区、3区とか分かれたときに、調査は連続的にやられるわけですね。例えば、工事区間が3スパンに分かれているとした場合にね、3スパン分をしっかり調査をする、そしてまた区間ごとに、今度は工事が完成した後にね、分担金の請求をしていくというふうになっているようだから、そこら辺をもっと理解をされるように、行政もね、やはり公共工事、いわゆる今おっしゃるのはよくわかります。しかしながら、公共工事としてその分の多額の負担がかかるから公共工事でやるんですよというようなものを、もう少し理解を地元住民にしていただいて、努力をしてもらいたいというふうに思いますし、また、それを地域住民の方が受益者代表として取りまとめをされるときも、相当苦慮されておるようですから、どうぞそういった意味では、十分な配慮をして、対処していただきたいというふうに思いますので、努力をしていただきたいというふうに思っております。


 それから、あと、教育委員会の一周駅伝の選考等を兼ねて過去やっておられたこの招待駅伝、やはり形を変えた部分でやっていただきたい。特に聞いておりますのは、非常に市町村合併等の影響によって、担当される所管、特に警察の交通安全の面から非常に危惧されたということを聞いておりますが、やはりそういった意味では、長崎県もスポーツ振興、国体に向けてやるんだよというようなことを、社会教育、スポーツ振興というのは十分教育振興計画でつくっていらっしゃいます。これがなかなかそういう管轄が直接なものではないところに出てくるわけですね、運営する中で。


 ですから、そういった関係機関との連携というものをもう少し積極的にやっていただいて、そしてそういうところが、行政がサポートしてやる。そして先ほど教育長が言われたその組織の強化というのは、僕は必要だなあと思いますよ。社会教育、努力されて、先般のふれあいソフトボール大会、副町長も出ておられましたね。教育長も行っておられました。ああいう刺激は、なぜかというと、あのやっぱり組織の強化というのは、本町がそういう大きな大会の、インターハイ等でされた、ああいうものが大きく影響しているのではないかなというふうに思いますね。


 そうすると、社会体育の観点から言うと、体協あるいは陸協、ここら辺の強化をしながら、やはり自主運営をどうサポートするかというようなところを積極的にもっとやっていただきたいと思いますが、そこら辺についてはいかがでしょうか。組織の強化を含めたことを考えるならば、やはり大会を形を変えても結構ですからね、今まで時津中学校の女子の駅伝なんかは、県下優勝をして好成績を出した、そういうのはやっぱり先輩方の後姿を見、また伝統を見ながら、僕は努力を今までしてきたのではないかという気がしますから、社会教育の観点から、そういった意味での組織の強化というのをどう行事をすることによって図ろうとされているのか、もう一度答弁いただきたいと思います。


○議長(水口直喜君)


 教育長。


○教育長(河野知周君)


 お答えいたします。


 私も時津町に昭和45年に参りましたが、参る前に時津町のスポーツというのは、私は県下ではやはり陸上1町だということをよく感じておりました。特に亡くなられました本町のランナーでありました森 悟さんともいろいろ交流がございまして、陸協をつくるということにつきましても、多大な御尽力をいただきまして、そしてそれまでは32年から発足いたしました町駅伝等につきましても、招待駅伝につきましても、実行委員会をその都度つくっとったということでございますが、継続してやるならば、やはり組織をつくろうというようなことの話でちょうど私も、亡くなられまし中富議長さんの後を引き継ぎまして、会長のときに、一応陸上競技協会をつくるということで、組織固めをし、そして時津中学校を中心とした歴代の陸上部の方々の御支援をいただきまして、今のような組織拡大、50人ばかりの会をつくってるということでございます。それが原動力で、体育協会の中に陸上競技協会というようなことで、活躍していただいて、人的な組織ももちろんでございますが、非常に私は他の町村にない大きな組織として大会を運営していくためにも、御尽力をいただいたと思います。


 ですから、こうした底辺がありますので、招待駅伝につきましても、側面的に私たちは教育委員会といたしましては、もう真っ先にそれが中心だということで、県の方にも、伝統ある、西彼杵郡、あるいはこれ全県下でも、これまでと同等の大会で、大会としては駅伝ですから、チーム数は20チームぐらいでございますけれども、そういった競技人口を支えながら進めていく競技を盛んに継続していくことは大事だと言うことで、県の陸協の方にもお願いをいたしました。


 それから特に関係機関としましては、警察の方にも歴代の署長さんにお願いをいたしまして、時津町の招待駅伝にはかつて女子の白バイ隊のホワイトアローというのがありますが、それも県下で最初に走ったということがあります。そういうふうに歴代の署長さんはじめ、交通課長さん方にも協力をいただきまして開催を続けておったわけでございますが、警察の改革がございまして、西彼町が離れ、それから琴海町が離れというようなときにも、西彼町が大瀬戸署に行った場合も、大瀬戸署の方に参りまして、御協力いただいて、白似田の駐在所の方がいいから、自分たちのところまでは、私が出てきますというようなことで、いただいて、協力いただいたわけです。


 そういった形のもので、随分この警備、琴海町の交通安全協会の支部の役員の方をも、西彼町も出ていただきましたし、それで成り立ってきとったわけですが、昨今の交通渋滞ということにつきましても、これはもう私たちが大会を進める中で一本道を折り返すというので、非常に警察の方にはもう苦情がいっぱい来てるというようなことは聞いておりましたけれども、やはりそういったことを含んでいただいて、時津町の方で御協力をいただいた。そしてまた県警の方のパトの方にも相当御協力をいただいて成り立ったわけです。


 現在、私も毎年交通課長さん、警察の署長さんかわりますので、お願いをするんです。そのときに、そうしますとですね、やはり今昼間で206が1万6,000台、だから24時間で。そういうことですから、十分そのあたりを勘案して、できないということで。時津町内でするということにつきましても、左側を走るというところで、道路は町道というところが、やはり42.5キロメートルを取れるところがないということですね、左側を走るということになりますと。これも、もう木場崎から子々川までを走ってですね、また町道に入らなければいけないというようなこと等がありますので、十分そのあたりを勘案してですね、今後やろうとしておりますが、今のところ検討中でございますので、そのあたりが十分議員さんのおっしゃるようなことにできないかもしれませんので、今後もよろしくお願いします。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 ぜひですね、形を変えてでも、これやっていただきますように、努力をしていただいて、交通安全協会等もやっていらっしゃった教育長ですから、どうぞ理解をされていると思いますから、お願いしたいと思います。


 最後に、北小学校の耐震の補強、補強だけというんですがね、この北小学校ができたときのその規模、北小学校の体育館ができたときの規模と、今の適用規模というのの人数、当時は何名だったんですか。


○議長(水口直喜君)


 学校教育課長。


○学校教育課長(岩永 勉君)


 お答えいたします。現有が527平方メートルでございますけれども、学級数で基準面積が決まっておりまして、本来的には919平方メートルが基準面積でございます。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 そういった意味で非常に狭い、そしてまた文科省もですね、僕、文科省行ってね、時津北小学校体育館も含めて行ったんですよ。そしたらね、担当課長補佐がね、図面をぱっと出されてです、こっちは言ってないんですよ、ちゃんと整備してある、これは小さいですねと。この耐震の補強その他のときにですね、町長、こうおっしゃいました。もう少し適正規模に改築されたらどうですかと言うて。今は非常に小さいということ認められているから、ぜひですね、ここら辺はね、改築じゃなくて、改装と、そこら辺に切りかえて、頭をもう少し切りかえて、対社会でも使えるようなことやっていただきたい。これ、もう一つ努力するかどうか、最後に、教育長。


○議長(水口直喜君)


 教育長。


○教育長(河野知周君)


 今、耐震の問題出ておりますが、私いろいろと教育委員会の方で話し合いをしておりますが、検討しましてですね、改築をするか、改装するかですね、そのあたり十分検討してまいりたいと思っております。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 ぜひ再検討をしていただいて、やっていただきたい。時津中学校もやはり、そういった意味では、もう一度検討していただいて、もう少し改築をできるようにしていただきたいというふうに思っております。期待いたしております。


 以上で、質問を終わります。


○議長(水口直喜君)


 以上で、7番、辻 和生君の質問を終わります。


 暫時休憩します。


              (休憩 午前10時31分)


              (再開 午前10時46分)


○議長(水口直喜君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 次の日程に入るに先立ち、議員の皆様に議案審議についての留意事項をお伝えします。


 会議規則第54条で、質疑にあたっては、議題外やその範囲を超えたり、自己の意見を述べることができないことになっており、会議規則第55条で、質疑は同一議員につき、同一の議題について3回を超えることができないことになっております。


 そのような発言があったときには、議長が制止しますので、御理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。


 また、委員会へ付託される議案の質疑につきましては、所管の委員は御遠慮いただきます。そして、その遠慮された分は、委員会の審査の中で大いに質疑を交わしていただきたいと思っております。


 どうぞ議事進行に議員各位の御協力よろしくお願い申し上げます。





              〜日程第2 議案第35号〜





○議長(水口直喜君)


 日程第2、議案第35号、職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例の件を議題といたします。


 本案について、質疑はありませんか。


 1番、浜辺君。


○1番(浜辺七美枝君)


 今回の労働時間の短縮はどのような理由で行われたのでしょうか。今回、短縮が行われることで、始業時間と終業時間はどうなるんでしょうか。例えば昼休みは短くなるとかということでしょうか。お答えください。


○議長(水口直喜君)


 総務課長。


○総務課長(島田静雄君)


 ただいまの質問にお答えいたします。


 今回の勤務時間の短縮につきましては、国家公務員及び県職員等の勤務時間が4月から変更になっております。それは人事院勧告に基づきまして、民間事務局というようなことで人勧がなされております。それに伴いまして、本町におきましても7月1日から1週間の勤務時間を現行の40時間から38時間45分とするようにいたしております。


 それにすることによって、職員の勤務意欲の向上などを図って、住民サービスを行うということでございます。それと、始業時間につきましては、現行の8時45分から12時まで。それから休憩時間が、昼が12時から1時までということで、終わりは5時30分、現行と変わらないということで、15分間の短縮ということにいたしております。


 以上です。


○議長(水口直喜君)


 1番、浜辺君。


○1番(浜辺七美枝君)


 その時間短縮によって時間外の手当がふえたりだとか、また時間短縮に伴って新たな雇用とかも考えていらっしゃるんでしょうか。


○議長(水口直喜君)


 総務課長。


○総務課長(島田静雄君)


 お答えいたします。


 この昼の15分を設けて1時間にしたのは、いろいろ住民サービスの低下を招かないこと、それから他市町村の状況等踏まえまして、昼を1時間ということにいたしております。ですから、時間外についても昼に1時間した方が時間外にも影響は出ないだろうということを考慮いたしまして、こういう設定にいたしたところでございます。


○議長(水口直喜君)


 ほかに、本案について質疑はありませんか。


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 今、課長の説明、また町長の議案説明の中にありましたようなことで週38時間ということです。昼休みのこの1時間、私は窓口見てて、昼休みの昼食をやっぱり食べる場所がないから、あそこで食べてるのは印象があまりよくないんですよ。窓口業務のところでね。そこら辺の改善をこの際どうされるのか、スペースが、食堂がないし、そういったところをもう少し、普通民間で言えばあまり食事、昼の時間に、同じところで、窓口の中で食事をしてるというのは、あまり見たことないんですけどね。そういう点での改善をどのようにしたらいいのかね、検討できないのか、ちょっと伺いたいですけどね。町長どうなんですか。


○議長(水口直喜君)


 町長。


○町長(平瀬 研君)


 その件につきましては、前の議員の方からも同様の意見と言いますか、あまり格好がよくないぞということでございましたが、10年前を考えてもらえばわかりますとおり、シャッターをおろしとったわけです。それから住民サービスとしてあけてやってる。人件費をふやさない、もうあれは本当に、私から言わせてもらいますと、大変申しわけない状況を職員に強いてる。それを職員が、だれもがそこで食事したら喉通りませんし、めしもあまりうまくないと。それも十分承知の上で職員がやってくれているわけですね。


 そのことについて、提言は非常にありがたいんです。また、そのようにできればしてやりたい。昼の交替をどうするのか。30分おきでずらす、そういうことも職員組合はじめ、職員のみんなにはですね、いい方法を考えてくれということで、パーテーション等を置きまして、かわりばんこにそこでするとか、職員の工夫による提案がありましたら、それにつきましては十分応じていきたいというふうに思ってます。


 私から言わせてもらうと、本当に毎日うまくない昼飯を申しわけないというのが現状です。それをぜひ住民の皆様に、もし何か言われたときに、大変格好は確かによくない。ただ、これは限られた人数での住民サービスであるということを弁護してもらえれば、非常にありがたいと、そのように思ってます。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 大変私もですね、そういった意味でゆっくり食事ができないなというような気持ちも持ちながら、いかに改善すべきか。ですから、改善するための職員等の声、協議と言うかな、等は十分やっていただければと思いますので、どうぞよろしくお願いしときます。


○議長(水口直喜君)


 13番、川口君。


○13番(川口健二君)


 議案の2条です、改正案ですね、休暇にかかわるところですよ。この休暇に関して、せんだってテレビでやっとったわけですけど、特に育児休暇というのかな、御主人が子どもの育児のために休暇をとると。これが十二分でないと。まだ徹底して普及してないと。大手企業の一部には当たり前のことになってきてるそうですけど、これが本町の状況は実態としてどうなのか。取られてるのか取られてないのか、ほとんど取ってないのか。というのは、法律であったにしてもね、現有のうちの職員数でですね、1人の仕事、多いという中で、果たして法律に定まった休暇を取る権利はあってもね、これを履行できるのかと、申請できるのかというということなんですよ。現実はどうなんですか。


○議長(水口直喜君)


 総務課長。


○総務課長(島田静雄君)


 お答えいたします。


 育児休暇につきましては、現在女性職員だけが対象ということでなっておりまして。訂正いたします。男性も対象ですけれども、男性が取った実態がないということですね。


 それから、女性の方につきましては、取ってるということです。これは次世代育成行動計画というのがございます。それで事業主の行動計画を定めております。そこの中においてもできる限りというか、取るようにというようなことで、現在取り組んでいるところでございます。


○議長(水口直喜君)


 13番、川口君。


○13番(川口健二君)


 法律はどんどん進んできてるわけですよね、実際はね。ところが、経営上、100億円を優に越すね、150億円近い借金を抱えて、やってきて、それを減らしながら、職員を、休暇をやって、そして休ませるとなるとね、一人当たりの職員の業務量というのはボリュームがものすごい大きくなる。これが現実ですよ。


 そこで、今度はそれをやってれば、町内の企業はほとんど零細なんですね。中小企業か。役場はよかなと今度は批判につながるしね、非常に、役所として、お金出す、町長の立場は厳しいものがあると思うんですよ、実際はね。しかし、これはね、法律で認められた以上、やっぱりモデルケースいう意味じゃないけども、でき得るところはそういうふうにして積極的にやっぱりね、法律をやっぱり考えればですね、指導していって、そして一人が休んだときは二人が頑張ってやるという職場の雰囲気づくりね、これ非常に大事なことだと思うんです。一応、そういう努力をしてくださいということ。


 それから辻議員の質問と関連しますけどね、実はこれまた知ったふりしてって思われるかもしれんけどね、当時、ここ、もう今失礼ですけど、亡くなったし、上浜さんです。上浜課長だったんです。言われるぐらい、視察に、この二人が何回もあちこち行ってきました。報告もしております。


 そして、実際は、町内業者でもいいから、委託して、昼ぐらいはカレーかうどん程度、あっていいんじゃないか。そしてそこに町内の人たちがたまたま日並や子々川から来とって、役場寄って食べていこうかというような、そういう役場にされんかな。そうすれば職員も食べられるじゃないかということだったんです。


 職員数が絶対数違いますから、これはモデルになりませんけど、私の同期生が労働省におりました。元村の吉田君がですね、行ったことあります。そしたら案内されたのがレストランなんですね。そこでゆっくり話できましたよ。だから、それがもうできなかったら、こうしてね、今辻君が指摘するような、本当に職員は人目、私もいつもそれ言ってましたから、人目の前でめし食うわけですから、知らん人が来たところで。落ちつきませんよ。


 そこでね、これを機会にね、あの和室、和室で食べてる人もいますよね。当番に当たった人は1時過ぎかな、1時間、食べてる。あの和室をね、使っていいわけですから、もっとあれを使うように指導したり、あるいは例えば会議室なんかあるじゃないですか、遊んでる会議室が、通常は、昼11時半ぐらいから12時ぐらいが、少なくとも昼の1時間は会議も皆さんもしないと思うんです、町内の団体との会合もね。


 ああいうところをね、もう少し積極的に内部調整してね、解放してくださいよ。そうせんとね、もう私もあの臭いが好かんとやけど、昼ね、行きますとね、悪かけど弁当の臭いが、雰囲気がね、役場の中しとるとですよ。外から入ってきた人は絶対わかるから。それで食べてる人はわからないにしても。だから、そういう面でね、いやな、実は臭い、食べ物に悪臭言うちゃいかんけども、その弁当独特の臭いが充満してますので、ぜひこれを機会に、会議室もしくは和室の活用を検討していただいて、大方そこを使ってもらえるように、ぜひこの際、実は決めてほしいんですよ。よろしゅうございますか。これに文句があれば、どうぞお答えを。


○議長(水口直喜君)


 総務課長。


○総務課長(島田静雄君)


 お答えいたします。


 和室とか会議室、昼ですけれど、その使用については制限はいたしておりませんけども、先ほど町長も申しましたように、職員の、特に窓口職員、昼もやっていただいていますので、そこの職員の提案とか意見等を聞く機会を設けまして、十分協議をして、対応を考えてみたいと思っております。以上です。


○議長(水口直喜君)


 ほかに、本案について質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 ないようでございますので、これで質疑を終了します。


 これから討論を行います。


 まず、本案に反対討論の発言を許します。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に賛成討論の発言を許します。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 賛成討論なしと認めます。


 これで討論を終了します。


 直ちに採決します。


 議案第35号は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。


 従って、本案は原案のとおり可決されました。





              〜日程第3 議案第36号〜





○議長(水口直喜君)


 日程第3、議案第36号、平成21年度時津町一般会計補正予算の件を議題とします。


 本案について、質疑はありませんか。


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 一般質問でもしましたが、ここに計上されている体育館の耐震の設計ですが、特に北小学校は狭い、それもよく理解されているようでありまして、適正規模に、どのようにこの際したらいいのか。そこら辺をこの設計の中にですよ、検討して、そして予算として補正追加改修に、この改築工事設計に変更をする、そうした考えを新たに協議を、先ほどは何か検討したいというような一般質問の答弁ですが、どうでしょう。財政的にそうなった場合に、追加補正という部分に関して考えてられるのかどうか。そこら辺は、あれば答えていただければと思うんですが。


○議長(水口直喜君)


 学校教育課長。


○学校教育課長(岩永 勉君)


 お答えいたします。


 基準面積につきましては、先ほど御報告いたしたとおりでございます。御承知のとおり、10工区の埋め立てによりまして公共空地を取得しております。そこに3,000平方メートルばかりの用地があるわけですけども、でき得れば早い機会に体育館の建設ができればなという思いはございますけども、ただ、地域経済活性化の臨時交付金がおりてまいりまして、平成22年度末が期限として、いわゆるかさ上げの有利なお金がありますので、まずは耐震補強が必要な棟を重点的にやらせていただくと。そして、時期を見て新たに北小の体育館の建てかえについて考えていかなければ、財政的にもたないんじゃないかと、そういうふうに私どもは考えております。


 以上です。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 今回の臨時的な国の補正ですがね、その期限も限られてる、この際そうしてあれの建てかえというのは、非常にね、検討はしてでもね、そう簡単な財政措置はとれるのかどうか、疑問だから、逆にこの際、まず適正規模に改築をするという方向へいって、10年とか20年とか先にしてもらってもね、生徒は今のような状況の中で不便を来すわけですね。ですから適正規模に、この際改築の方向性でという質問をしているわけですから、もうこれは全くその考えはないのかどうか、今の発言ではその考える余地はないというような分ですけど。


 私はね、こう言うのは、北小学校の改築のときに、全国10箇所の3省庁のプラン、ありましたよ。補助率が2分の1とか、これはエコ対策のモデル事業というのがね、農林水産省、文科省、環境省、この3省庁の10箇所モデルがあったんです。前後30億あったですよ。


 これは設計も1割3億円ついてたんです。1割ついてたんです。それを持ってきて、当時の次長がおったとき、やったけど、プロジェクト検討をするかせんか、全く動かないんですよ。そういうものがあったからこそ僕は聞いてるんです。そしてその当時はチョンボして、補助金の対象になってるものは使い切らなかったわけでしょ。


 ですから、適材適所、その時期に応じた予算措置というものがある。22年度までという部分であれば、そこに向けて、財政的な措置があるならした方がいい。10年後ぐらい考えたってできないでしょ、それは。ですからそういうものがあるときにしたらどうですかという話をしてるんですけど、過去の経過から見て、そういうプロジェクも何も踏み切らなかった教育委員会の体質があるしね。町行政の体質があるわけですから。そういうのが、プランだけでもつくれるような柔軟性というか、そういうのをぜひ持ってほしいなというふうに思いますけど。どうです、そういった意味では。


 教育長、僕は3省庁の資料、当時の担当に渡したんですが、何の答えもない。動きもない。そのようではいかんですよ。それはぜひ上げてください。そしてあそこの図面を僕は文科省に行って見て、こうしたらどうでしょうかという提案ももらったから、僕は聞いてるんですよ。もう一度考えて、回答を。


○議長(水口直喜君)


 学校教育課長。


○学校教育課長(岩永 勉君)


 お答えいたします。


 北小学校を建てかえるとした場合、本山議員さんの質問にお答えしておりますけれども、国費が3分の1と、それから地方債に、元利償還金に交付税措置される分が40%ございまして、実質的な地方負担が26.7%になってるわけです。そして、補強の場合は金額的に少額で済みますけども、改築となりますとそれなりの費用がかかってまいりますので、この地方負担というのが大きく膨らんでくることになります。


 したがいまして、今回の耐震補強等を考えてみますと、9棟を一どきにやろうとしているわけですので、どうしてもやはり財政的には負担が来るだろうと考えておりますので、今回につきましては何とか補強にとどめさせていただいて、将来的なこととして考えてさせていただきたい、そういうふうに思っております。


○議長(水口直喜君)


 7番、辻君。


○7番(辻 和生君)


 じゃあ将来として大体どのくらいをめどにした長期計画を持っているのか、改めて聞いておきたいと思います。将来といっても、どこら辺をめどというかね、子どもたちの有効な体育環境というのをつくるためには、やっぱり目標値ぐらいはこの際示してほしいなと。そうであればね、示してほしいというのがあります。


 それと、これだけを一気に発注するわけですが、これは一括発注にするのか、各校ごとの校舎、棟ごとの設計発注にするのか。そこら辺を最後に聞いておきたいと思います。


○議長(水口直喜君)


 学校教育課長。


○学校教育課長(岩永 勉君)


 お答えいたします。


 この耐震の実施設計を協議するに当たりまして、学校施設につきまして一応耐震診断の結果が出たものですから、これをどういうふうにするかということで協議をやったわけですけれども、それぞれ施設の建築年が違っておりまして、大体鉄骨造が40年、鉄筋造が60年になっております。それに応じて、例えば通常の耐用年数よりも10年延びたときは、この施設はこの時期に建てかえ等が来るとか、いろいろシミュレーションをやっております。


 それで、この北小の体育館につきましても、例えば10年後にはもう何年のころになると。15年、20年でこれくらいということに。そういうようなことは資料として持っているんですけれども、ただ、この建物が建てられた材料、鉄骨の厚みとか、あるいは地形的な要因、海に近くて錆が発生しやすいとか、あるいは構造の問題、そういったもので一概にその耐用年数を使えないというところがありまして、これはもう年ごとにずっと見ておいて、もうこれが限界に近くなったなと、そのようなときに建てかえと、そういうふうにしなければいけないんじゃないかと考えておりまして、はっきりした、いつ建てかえというのは、財政的な問題もありますし、お答えをすることができない、そういうふうな状況です。御理解をいただきたいと思います。


 それにつきましては、私どもが話の素材として、材料として出しただけですので御理解をお願いしたいと思います。


 それと、あと委託料の一括発注につきましては、大体3本ないし4本くらいで、分けて発注ができればと思っておりますけれども、これにつきましても指名委員会がございますので、そういったところと御相談させていただきながらやりたいと思っております。


 以上でございます。


○議長(水口直喜君)


 ほかに、質疑ありませんか。


 13番、川口君。


○13番(川口健二君)


 この耐震設計業務委託、約6,300万円、2項3款ということでございますけれども、よく議会が言ってきたのが、地元業者の育成振興の意味で、地元には発注できないのかということを言ってるんですが、これはどのクラスの業者ならいいのか、指名委員会がですよ。それが時津に該当する業者がいるのかどうか。これをまず聞いておきたいと思います。その上じゃないと、いろいろ噂が飛んで、今までほとんど時津町が悪いと言われてきてるんです。これは塩見町長もね、腹かいたことあるんですよ。どこまですれば納得するのかと、地元業者というのはね。あったんですよ、現実に。


 そこで、ぜひひとつそれをお尋ねしておきたいと思うんです。まずそれから。


○議長(水口直喜君)


 総務部長。


○総務部長(浦川裕水君)


 ただいまの、学校教育課長の方からちょっと話がありましたが、どういう組み合わせでまとめて業務の委託をするのかという考え方によりまして、金額の高が若干変わってまいります。そうしたことで、今の段階でどうこうというのが、ちょっと申し上げにくいんですが、極力町内の業者の配慮については、従前からいろんな話をお聞きしておりますので、こういった内容につきましては、指名委員会等でも極力考慮しながら、どういった設計ができるのか、そういったものを考えて進めていきたいと、そういうふうに考えております。


○13番(川口健二君)


 地元、おるのか、おらんのか、はっきりしてと言ってる。


○議長(水口直喜君)


 暫時休憩します。


              (休憩 午前11時14分)


              (再開 午前11時14分)


○議長(水口直喜君)


 会議を再開します。


 総務部長。


○総務部長(浦川裕水君)


 額につきましては、ここにただいま計上されております額を直接受けられる業者につきましては、町内に該当する者はおりません。したがいまして、この手法につきましては、先ほど言いましたように、検討の余地があれば指名委員会等で、どういった手法があるのかというのは、あわせて検討させていただきたいと、そういうことでございます。


○議長(水口直喜君)


 13番、川口君。


○13番(川口健二君)


 これは今後の議決後の内部検討でしょうし、年内で消化せないかん予算だと、なってくるわけですね。ぜひ地元でそういう該当する業者、いわゆる一級建築士とかいろいろあるんでしょ。ライセンス、資格がですね。


 でも、私はね、一つの提案です。公共事業、非常に冷え込んでいると言われております。業者倒産しております。これは建設であろうが、土木であろうがね。設計業務委託もできれば公平になるかどうか別として、安くつくかどうか、それはわかりませんよ、素人だから。長崎県の建築設計士の許可があるじゃないですか。ああいうところと交渉してみても、一つのいいアドバイスもらえるかもしれんし、場合によってはそこでどうなるか。それは別として、これを機会に時津町内に一社もいないとするならば、できれば県の設計業界、こういうところに問い合わせをしてみて、県あたりがどのようにそういうアドバイスくれるか、これは時津だけじゃないわけですから。またぜひそういう形で考えられないか、いかがでしょう。


○議長(水口直喜君)


 総務部長。


○総務部長(浦川裕水君)


 これまでの業者の指名につきましては、原則的に本町に登録の申し出がある業者というようなことがございます。そういったことを踏まえまして、今御提案されましたことが過去にあるのか、ちょっとこのあたりは検討させていただかないと、はっきり申し上げられませんけれども、極力地元云々につきましては考慮した形で進められればというふうには考えております。


○議長(水口直喜君)


 13番、川口君。


○13番(川口健二君)


 いいです、基本的にはね。指名願いを出している業者ということで、今までも指摘したでしょ。私は今回冷え込んどるから、県の設計建築業界からいちばん、判断してくれるんじゃないかと、適正に公平にということなんですよ。


 だから、もしそうしますとね、何社指名するか、随契でしとるかどうか知りませんよ、それは。北小はどこどこがしとったら、ああそしたらもうお宅ですよね。東はどこどこでした言うて、もうこれに絶対なるから、今でも。談合はないないと言ってますけどね、あってるんですよ、現実は。


 だからね、私言うんですよ。業界の方に出した方がかえっていいんじゃないか。例えば長与町があの役場、今の庁舎つくるときね、九地建で発注したんです。九地建がしてくれたんです。うちは国土開発ですよ。そういうこと、僕はわかっとるから、いろいろ言われたくないの、私は。はっきり言うて。だから、協会に出せと言いよるんです。問い合わせてみろと。その上で県のアドバイスももらいなさい。公平じゃないですか。それを吉田副町長をリーダーとした指名委員会がどう判断するかですよ。もう疑惑を持たれるような疑惑はないでしょ。平瀬町長だからそれはないと信じとるけども、いろいろ言われるのは嫌。あなた達のやり方ひとつ。とばっちりはこっちへ来ますから、まずは。


 だから、ぜひ私の意見を、強行に主張しとるみたいだけど、よかったら公平にいくために、協会あたりに相談されたらどうですか、県あたりに相談されたらどうですか。それで時津町がデメリットが大きいと思えば、今までどおりの指名委員会でいいじゃないですか。今までしたことないからということでしょうけど、したことないのをすることも一つの私は新しい時代の新しい経営法と思います。


 以上、もう返事要りません。いいです、要望しときます。


○議長(水口直喜君)


 ほかに、質疑はありませんか。


 1番、浜辺君。


○1番(浜辺七美枝君)


 水産即売運営事業のことでちょっとお聞きしたいんですけども、新しく雇用することになっていますけれども、人数、大体どれくらい雇用される予定なんでしょうか。また、雇用期間というのは原則1年としていますけれども、それ以上の雇用できる条件なんかあるんでしょうか。お願いします。


○議長(水口直喜君)


 産業振興課長。


○産業振興課長(吉川忠彦君)


 お答えいたします。


 人数につきましては1名を雇うような形になっております。それと、今回の事業につきましては、ふるさと雇用再生特別交付金の事業を使って行いますので、緊急対策と違いまして6カ月以上の雇用ということになっていますので、それ以上のということになっております。


 以上です。


○議長(水口直喜君)


 1番、浜辺君。


○1番(浜辺七美枝君)


 6カ月以上ということですけれども、これ過ぎたら町としてまた支援して雇うということができないんですかね。


○議長(水口直喜君)


 産業振興課長。


○産業振興課長(吉川忠彦君)


 お答えいたします。


 今年度については一応今回の補正予算で組まさせていただいているわけなんですけれども、このふるさと雇用再生事業というのが来年も行われると思いますので、その期間については、漁協との調整をしながら、必要ということであれば当然またその基金を使ったところで事業を行っていきたいと思っております。


 以上です。


○議長(水口直喜君)


 ほかに、本案について質疑はありませんか。


 11番、久保君。


○11番(久保哲也君)


 今の耐震設計に関した部分でございますけど、川口議員からもいい提言がなされておりましたけど、言わんとするところは公平な競争、そして透明度の高いことをして、決して談合させないという形をつくるべきじゃないかということに尽きるんじゃないかと思います。


 ところが、この予算が上がっておりますけど、それの前段では、恐らくこれを予算積算をした基本設計ですか、基本計画をつくった業者がおるんじゃないんですか、まず。ちょっとお尋ねします。


○議長(水口直喜君)


 学校教育課長。


○学校教育課長(岩永 勉君)


 今回は耐震診断を行いまして、今度設計委託を行うわけですけれども、今からその設計業者を選ぶわけでございます。指名委員会等と相談をしながらやりたいと思っております。よろしくお願いします。


○議長(水口直喜君)


 11番、久保君。


○11番(久保哲也君)


 これは、ちょっと私の記憶では、指名委員か何かだったと思いますが、やはりこのもとになる、この予算の根拠になるものを積算した設計業者に頼まれておられたような、そういう気はしますけど、それは、課長の話ですとそうじゃないということですが、間違いありませんか。


○議長(水口直喜君)


 学校教育課長。


○学校教育課長(岩永 勉君)


 お答えいたします。


 平成20年度に実施しましたが、あくまでも耐震診断でございます。耐震診断をやりまして、その建物の強さがどうだというような診断をやっていただいておりますけれど、これは今からそれに基づいて補強計画というものをつくらなければいけませんので、その設計委託業者につきましては、今から決めさせていただくということになります。


○議長(水口直喜君)


 11番、久保君。


○11番(久保哲也君)


 わかりました。いずれにしても、その段階でもコンサルに頼んで診断はしてもらったという前例があるわけですね。そうしますと、必然的に川口議員、先ほど指摘したような形の中で、いわばそこが優先権を取って、裏でまとめてしまうというようなことも考えられるわけです。ですから、その辺のところを実は何とか、どうして回避するかということになるわけですが、私の考えでは、いわゆる談合というのは知らないところで必ずやっぱり密約がなされるわけですね。


 ですから、そういったところで、これにはこれなりの事情がありますのでね、やっぱりそういうふうな材料にしやすいような物件ですな、はっきり言いますとね。ですから、今回指名でいくか、どう投じるかはわかりませんが、いずれにしても参加業者には談合しないという誓約書を全部入れさせると。そうして、とにかくフェアな競争をさせる、そういったことをやっていただければと私は思いますが、この辺についてはどうですか。


○議長(水口直喜君)


 暫時休憩します。


              (休憩 午前11時24分)


              (再開 午前11時25分)


○議長(水口直喜君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 学校教育課長。


○学校教育課長(岩永 勉君)


 この業務委託の補正につきましては、この積算の本がございますので、それに基づきまして担当が設計をしまして計上させていただいております。


 以上です。


○議長(水口直喜君)


 本案について、ほかに質疑ありますか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 ないようでございますので、質疑を終了します。


 これから討論を行います。


 まず、本案に反対討論の発言を許します。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に賛成討論の発言を許します。


 13番、川口君。


○13番(川口健二君)


 こうして2項6款の耐震に耐え得る校舎が改築されるということは非常にいいことですから、これが業務委託を終わって、文科省が進めてるラインに乗って一日も早くやっていただきたい。


 それと、この際申し上げておきます、今後の問題もありますからですね。時津中学校の体育館です、当時あまりにも設計が複雑なんです、天井の部分。これは本当に、そこまでせないかんのかと、きのうかな、きのう、きょうの答弁は、重量があり過ぎると言ったんですね、あの太陽光の施設ね。まさにそれを、当時、現場員から僕は聞いたんです。こんなね、複雑な、僕ら仕事しますよ、図面どおり、ところが、これ、もし雨漏りがしたりとか何とかというのがね、不可抗力の中で生まれる可能性あるんです。そのときは相当な金かかりますよと言われたんですよ。それを私は覚えております。


 それで、ぜひ今後そういうことも含めて、議会で私が公式に言ってなかったけども、その件は。あまりにも複雑だということを言っております。だから、ぜひそういうことも参考にしていただいて、今度、改築する場合も十二分に考えていただいて、そして対応してもらえればありがたいなと。一日も早い安全な施設、学校であることを祈っておきたいと思います。頑張ってください。


○議長(水口直喜君)


 ほかに本案について賛成討論はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 これで討論を終了します。


 直ちに採決します。


 議案第36号は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





              〜日程第4 議案第37号〜





○議長(水口直喜君)


 日程第4、議案第37号、あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての件を議題とします。


 本案について、質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終了します。


 お諮りします。議案第37号は、なお内容審査のため産業厚生常任委員会へ付託したいと思います。これに御異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。


 したがって、本案は産業厚生常任委員会へ付託することに決しました。


 続いてお諮りします。ただいま産業厚生常任委員会へ付託した議案第37号の件は、6月9日までに審査を終わるよう期限を付したいと思います。これに御異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。したがって、議案第37号は、6月9日までに審査を終わるよう期限を付すことに決しました。





              〜日程第5 議案第38号〜





○議長(水口直喜君)


 日程第5、議案第38号、人権擁護委員候補者の推薦についての件を議題とします。


 本案について、質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終了します。


 これから討論を行います。


 本案に反対討論の発言を許します。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に賛成討論の発言を許します。


 15番、本山君。


○15番(本山公利君)


 今、推薦に当たられる田中幹雄さんについて、私もせんだって会いに行ってきました。日並に7年ぐらい前に移転してこられたということで、お話をしましたら、やはり三十数年間、学校教諭として点々と異動しながら働いてきたと。そういうことから、時津町に住むのは短いですけれど、やはり教職員として働いてきたことを少しでも地元に恩返しをしたいというお話をいただきました。


 いろいろ話をしてみましたら、やはり温厚で非常に人当たりもやわらかい人だと私は感じております。そういうことから、人権擁護委員として立派に働いていただけると確信しましたので、推薦したいと思います。


○議長(水口直喜君)


 ほかに本案について賛成討論はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 これで討論を終了します。


 直ちに採決します。


 議案第38号は、原案のとおり適任であるとすることに御異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。


 従って、議案第38号は、原案のとおり適任であるとすることに決しました。





            〜追加日程第1 議員提出議案第3号〜





○議長(水口直喜君)


 追加日程第1、議員提出議案第3号、朝鮮民主主義人民共和国の核実験に抗議し、核兵器開発中止を求める決議の件を議題とします。


 提出者、川口健二君の議案の説明を求めます。


○13番(川口健二君)


 ただいま議長のお許しを得ました、議長からありましたとおり、議員提出議案第3号として、朝鮮民主主義人民共和国の核実験に抗議し、核兵器開発中止を求める決議、これを読み上げまして、御賛同いただきたいと思います。


 上記の議案を別紙のとおり提出する。2枚目に配付してあると思いますけど、お読みください。


 平成21年6月4日に提出いたしております。提出者、川口健二、賛成者、中村貞美君、議長あてに出しておりまして、この議決後には、朝鮮民主主義人民共和国、国防委員長、金 正日、国際連合、朝鮮民主主義人民共和国代表部大使、申 善虎、内閣総理大臣、麻生太郎、ということで提出を3カ所に絞っております。


 まず、内容について御説明申し上げ、御賛同いただきたいと思います。


 朝鮮民主主義人民共和国の核実験に抗議し、核兵器開発中止を求める決議


 2009年5月25日、朝鮮民主主義人民共和国は、国連決議や6者会議共同声明、さらには日朝平壌宣言に反して2回目の核実験を強行したとの報道に接した。時津町議会は、平成20年3月24日に「時津町核兵器廃絶平和の町宣言」(平成6年9月29日宣言)に基づき、核兵器廃絶を目指す国是としての非核三原則の厳守及び恒久平和の実現に関する基本原則を定め、町民の平和で安全な生活の維持向上に資することを目的とした「時津町核兵器廃絶平和推進の基本に関する条例」を制定している。


 今回の核実験は、「核兵器のない世界」を求める動きを阻むものであり、決して容認できるものではない。よって、被爆地時津の本町議会は厳重に抗議するとともに、核兵器の開発を即時に中止することを強く求める。以上決議する。


 平成21年6月4日、長崎県時津町議会。送付先朝鮮民主主義人民共和国国防委員長金 正日、国際連合朝鮮民主主義人民共和国代表部大使申 善虎、内閣総理大臣麻生太郎、以上、三方であります。よろしく御審議くださいますようお願いします。


○議長(水口直喜君)


 以上で、議案の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 本案について、質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終了します。


 これから討論を行います。


 まず、本案に反対討論の発言を許します。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に賛成討論の発言を許します。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


 賛成討論なしと認めます。


 これで討論を終了します。


 直ちに採決します。


 議員提出議案第3号は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


 御異議なしと認めます。


 従って、本案は原案のとおり可決されました。


 以上で、本日の日程は全部終了しました。


 明日から本会議は休会とし、6月10日に議会終了日として本会議を開会いたします。


 本日は、これで散会いたします。





             (散会 午前11時35分)